近況報告
今年に入ってより子供が出来たり、仕事が忙しくなったりと
なかなかゲームに避ける時間が少なくなってまいりました。

今回の第3次スーパーロボット大戦Z 時獄編で、いったんゲームは休止します。
また時間ができるようなら、再開したいかと思いますが…

8年間、本ブログを閲覧いただき、ありがとうございました。

[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:55 | Comments(3)
バンプレストオリジナル・1

ヒビキ・カミシロ

援護攻撃

宗介 「後は任せろ、宗介!」

アルト 「とどめは俺がやる、アルト!」

甲児 「フォローするぞ、甲児!」

シンジ 「上出来だ、シンジ!」

ワッ太 「さすがは小学生社長だ!」

正太郎 「鉄人に続くぞ!」

カレン 「カレンが隙を作ってくれたか…!」

アクエリオン 「手を貸すぞ、アクエリオン!」

ボランティア部 「これもボランティア精神だ!」

援護防御

宗介 「うかつだぞ、宗介!」

アルト 「動きが軽いぞ、アルト!」

甲児 「ここは下がれ、甲児!」

シンジ 「油断するな、シンジ!」

ワッ太 「調子に乗り過ぎだぞ、ワッ太!」

正太郎 「正太郎!鉄人を下がらせろ!」

カレン 「一度退け、カレン!」

アクエリオン 「アクエリオンは後退しろ!」

ボランティア部 「部活仲間をやらせるか!」

攻撃

正体不明機(01) 「相手の正体など構っていられるか!」

           「今は街を守るのが先か!」

FB団員(02) 「こんな所で戦争をやる気だと…!」

          「平和な日常に戦いを持ち込むな!」

FB団員 「俺は戦争をやる気はない!一方的に殲滅する!」

     「目には目をという言葉を教えてやる!」

機械獣 「こいつが噂に聞く機械獣か!」(第03話)

    「しつこいぞ、機械獣!」

ブロッケン 「俺達の学校を襲ったツケを払ってもらうぞ!」(第03話)

ミケーネ神 「神を名乗る相手なら、狩り甲斐がある!」

      「お前達には邪神の名がお似合いだ!」

異星人系 「地球に攻めてきた事を後悔させてやる!」

     「敵対外来種は狩るまでだ!」

無人機 「AIには出来ない戦い方を見せてやる!」

    「人を殺すための機械か!」

バナージ 「しっかりしろ、バナージ!心を強く持て!」

バナージ MIXY 「少しだけ我慢してもらうぞ!」

          「コクピットは狙えない…!ならば!」

          「こうなった以上、手加減するつもりはない…!」

          「俺は…誰が相手でも全力で戦う!」

ブランチ団 「ロボットマフィアめ!まだ懲りないか!」

      「悪党にかける情けがあると思うなよ!」

シャア 「あれが赤い彗星か…!」

    「赤い彗星の伝説を確かめさせてもらう!」

フロンタル 「あいつ…!下手すればシャア以上の相手か!」

ハマーン 「さすがに鉄の女と言われるだけはある…!」

ニュータイプ 強化人間 ニーバ 「あの敵…!異質な気を感じる!」

                「まるで殺気のかたまりだな…!」

                「考える必要はない…。敵意は感じている!」

ガンダム系 「ガンダム…!腕試しには丁度いい!」

      「ガンダムの相手は訓練で散々やってきた!」

ネオ・ジオン兵 「ネオ・ジオンのモビルスーツか!」

        「もうジオンの時代じゃないんだ!」

        「地球にあんなものを落とさせるか!」(第5657話)

        「こんなやり方で戦争が終わるものかよ!」(第5657話)

マリーメイア兵 「女の子を担ぎ上げて…!恥を知れよ!」

        「そんなに平和が嫌いなら、そう扱ってやる!」

軍隊系 「戦争しかやり方がないのかよ!」

    「戦争をする気なら、やられても文句を言うなよ!」

親衛隊 「親衛隊か…!相手に取って不足なしだ!」

怪物系 「害獣駆除は散々やってきた!」

ムガン 「やるか、やられるかの相手だ!迷いはない!」

宇宙怪獣 インベーダー ムガン 「人類の底力を思い知らせてやる!」

                「根絶やしになるのは俺達かお前達か…勝負だ!」

バジュラ 「バジュラが、また来たか!」

     「悪いが、俺は歌は歌えないんだ!」

エンジェル 「世界はまだ終わらせない!」

ミカゲ 「お前の呪詛に世界を飲み込ませはしない!」

人間 「戦場で情けをかければ、死ぬのは自分だ…!」

スピード系 「ちょこまかと動かれる前に仕留める!」

Sサイズ 「小型機だろうと侮るつもりはない!」

指揮官系 「隊長機を優先的に叩く!」

     「相手は敵部隊のエースか!」

     「相手がエース級だろうと退く気はない!」

戦艦 「艦砲射撃さえ、かいくぐれば!」

   「懐に飛び込みさえすれば、勝機はある!」

リアル系ボス系 「お前に世界を背負う覚悟があるのか!」

        「お前のやろうとしている事は、エゴの押しつけだ!」

ボス系 「世界をお前の欲望に渡してたまるものか!」

    「力で相手をしてやるさ!お前の望み通りにな!」

アンチスパイラル 「お前の言う絶望など、俺は何度も超えてきた!」

         「絶望を超える力を俺達は持っている!」

所属不明機 「襲ってくる相手を撃つのにためらいはない!」

      「正体の詮索より、今は撃破を考える!」

ジェミニス 「ジェミニス!お前達の薄汚い野望は叩き潰す!」

      「こそこそ隠れていたほうが良かったと思い知らせてやる!」

      「日陰からのこのこ出てきたのが、運の尽きだ!」

      スズネ「ヒビキ君!敵はジェミニスよ!」 「あいつらは俺の手で叩きます!」

      スズネ「ナイト君!敵はジェミニスよ!」 「あいつらは俺の手で叩きます!」

      スズネ「ジェミニス、こちらに接近!」 「来い!俺の怒りを思い知らせてやる!」

      「とどめだ、ジェミニス!」(最強技使用時)

      「終わりだ、ジェミニス!」(最強技使用時)

      「ジェミニス、これがお前の末路だ!」(最強技使用時)

アンナロッタ 「卑怯な連中の隊長には、それなりの報いを受けてもらう!」

       「お前が奴らの隊長か!」

       「アンナロッタ!逃げられると思うなよ!」

       「アンナロッタ!お前との因縁も決着をつけるぞ!」(最終)

       スズネ「ヒビキ君、あの人は…」 「あの女は敵なんです、スズネ先生!」(最終)

       スズネ「ナイト君、あの人は…」 「あの女は敵なんです、スズネ先生!」(最終)

       スズネ「正面、ジェミニス隊長機!」 「行くぞ、アンナロッタ!」

       「終わらせるぞ、アンナロッタ!」(最強技使用時)

       「覚悟しろ、アンナロッタ!」(最強技使用時)

       「消えろ、アンナロッタ!」(最強技使用時)

ガドライト 「ガドライト!貴様だけは…!」

      「俺とジェニオンは、お前を超えてみせる!」

      「勝負だ、ガドライト・メオンサム!」

      「お前のせいで死んでいった人達の無念…!俺が晴らす!」

      「ガドライト・メオンサム!逃がさん!」 スズネ「何なの、あの人は…」

      「全ての決着をつけるぞ、ガドライト!」(最終)

      「ガドライト!お前の全てを終わらせてやる!」(最終)

      スズネ「ヒビキ君!あの人が来るわ!」 「決着はこの手でつけます!」(最終)

      スズネ「ナイト君!あの人が来るわ!」 「決着はこの手でつけます!」(最終)

      スズネ「哀れだな、ガドライト・メオンサム」 「その業は、俺が終わらせてやる!」

      「行くぞ、ガドライト!」(最強技使用時)

      「ガドライト…これが、ジェニオン・ガイだ!」(最強技使用時)

      「俺の勝ちだ、ガドライト…!」(最強技使用時)

尸空 「いったい何なんだ、お前は…!」

   「お前がスフィア・リアクターだろうと…!」

被ダメージ

ジェミニス 「ジェミニス!得意なのは卑怯な手だけか!」

      「実戦はからっきしのようだな、ジェミニス!」

      「やってくれるな、ジェミニス!」

      「ジェミニス!この程度で勝ったと思うなよ!」

      「こいつら…!1人1人がエース級の腕か!」

      「お前達だけには負けられない…!」

アンナロッタ 「笑わせるなよ、アンナロッタ!」

       「卑怯者には似合いの攻撃だな、アンナロッタ!」

       「くそっ!アンナロッタめ!」

       「ジェミニスの隊長は伊達じゃないか!」

       「アンナロッタ!まだ俺は生きているぞ!」

       「アンナロッタ!俺を倒したいなら、死ぬ気で来い!」

ガドライト 「俺は生きてるぞ、ガドライト!」

      「遊びのつもりか、ガドライト!」

      「ガドライト…!よくもっ!!」

      「悔しいが、やはり…強い!」

      「勝てない…!俺では奴に勝てないのか!?」

      「刺し違えても、あいつだけは俺の手で…!」

回避

ジェミニス 「ジェミニス!得意なのは卑怯な手だけか!」

      「実戦はからっきしのようだな、ジェミニス!」

アンナロッタ 「笑わせるなよ、アンナロッタ!」

       「卑怯者には似合いの攻撃だな、アンナロッタ!」

ガドライト 「俺は生きてるぞ、ガドライト!」

      「遊びのつもりか、ガドライト!」

アドヴェント

援護攻撃

ヒビキ 「ヒビキ、後は私がやろう!」

    「君を助けるのは、私の喜びだよ」

援護防御

ヒビキ 「ヒビキを守るのは、私の務めだ!」

    「彼をやらせるわけにはいかない!」

攻撃

宇宙怪獣 インベーダー 「バアルよ!お前達の好きにはさせない!」

            「人類の滅亡など、私は認めない!」

            「人類は未来へと進む!お前達を乗り越えて!」

ジェミニス 「哀れだな、ジェミニス!私が引導を渡してやろう!」

      「哀しき残され人よ!その業を払ってやろう!」

      「君達の願いを、私は認めない!」

ガドライト 「ガドライト・メオンサム!私が相手になる!」

      「太極の力を使えるのが自分だけだと思わぬ事だな!」

      「君のスフィアの力、使わせるわけにはいかない!」

被ダメージ

宇宙怪獣 インベーダー 「バアル…!人類の敵め!」

            「この理不尽な暴力を止めなくては…!」

ジェミニス 「諦めるのだな、ジェミニス」

      「君達では、私には勝てない…!」

      「ジェミニス…!まだ罪を認めないか!」

ガドライト 「無駄だ、ガドライト・メオンサム!」

      「いがみ合う双子のスフィアでは、私は倒せない!」

      「ガドライト・メオンサム!君という男は…!」

      「いがみ合う双子のスフィア…!その根を断つには…!」

回避

ジェミニス 「諦めるのだな、ジェミニス」

      「君達では、私には勝てない…!」

ガドライト 「無駄だ、ガドライト・メオンサム!」

      「いがみ合う双子のスフィアでは、私は倒せない!」

アンナロッタ・スタールス

援護攻撃

ジェミニス 「ジェミニスの連携で仕留める!」

ガドライト 「ガドライト!後は私に任せろ!」

      「何をしている、ガドライト!遊んでいるのか!?」

援護防御

ジェミニス 「部下を守るのは上官の務めだ」

ガドライト 「ガドライトはやらせん!」

攻撃

ヒビキ 「その機体の存在は、許されないのだ!」

    「我らの誇りを汚した罪、万死を以て償え!」

    「貴様だけは私の手で倒す!」

    「貴様の存在自体が、我々への侮辱だ!」

アドヴェント 「貴様はいったい何なのだ!」

       「何のために貴様は我々の邪魔をする!」

甲児 「光の力を宿した魔神か!」

ゲッターロボ 「ゲッター線を利用するとはな!無知とは恐ろしい!」

シモン ゲッターロボ 「貴様は進化の先に待つものを知らないようだな!」

タケル 「あの男…!私の念動力に匹敵する力を持つか!」

アクエリオン 「噂に聞く機械天使が相手とはな!」

シモン 「男のロマンなど、女には通用せんぞ!」

葵 「そのむき出しの攻撃衝動…!まるで獣だな!」

EVA 「あの機体から禍々しい何かを感じる!」

バサラ 「道化が戦場に出てくるな!」

バルキリー 「その翼をもぎ取ってやるぞ!」

      「空戦には自信があるようだな!だが…!」

ボン太くん 「う…うう…何だか戦いにくい…!」

ガンダム系 「噂に聞くガンダムが来るか!」

      「随分とバリエーションのあるシリーズのようだな!」

ニュータイプ 「やはり…この者、進化の萌芽を宿すか!」

       「貴様達の存在が、地球の不幸を招いたと知れ!」

スーパー系 「パワー頼りの木偶の棒め!」

      「自慢のパワーも我々の戦術には通用しないぞ!」

スピード系 「その程度の機動力で私を引き離せると思うな!」

      「甘いな!スピードで翻弄できると思ったか!」

2Lサイズ以上 「戦いは、サイズで決まるものではないのを知れ!」

Sサイズ 「猛きエスムは卑小なサルダを狩るのも全力を尽くす!」

指揮官系 「どうやら鍛え上げられた兵士のようだな!」

     「なかなかの戦技だな。私の部下に欲しいくらいだ」

     「いい兵士だ。倒すのが惜しくなる」

     「貴様の戦術眼は作戦遂行の障害になる!」

     「指揮官を倒すのは戦術のセオリーだ!」

     「私とてジェミニスにその人ありと言われた女だ!負けられん!」

     「エース同士の戦いだ!相手にとって不足はない!」

戦艦 「戦艦などブリッジを狙えば一撃で落とせる!」

   「動力部に直撃させれば、戦艦だろうと!」

被ダメージ

ヒビキ 「所詮は形だけの偽物だな!」

    「貴様だけには、やらせはしない!」

    「我らジェミナイドの希望とは、似ても似つかぬな」

    「馬鹿な!偽物にここまでやられるとは…!」

    「貴様にやられる事は、私にとって最大の屈辱となる!」

    「ジェミナイドとして、貴様にだけは負けられんのだ!」

ガンダム系 「くっ…!ガンダムの名は伊達ではないか!」

      「さすがは火の文明の産物だけはあるな、ガンダム!」

スーパー系 「これが地球のスーパーロボットの力か!」

      「これだけのパワーを持った機体が、何故こんな辺境に…!」

      「この圧倒的なパワー…!いったい何なんだ!?」

スピード系 「私の念動力でも追えないだけのスピードか!」

ボン太くん 「強い…!そして…可愛い!」

Sサイズ 「あのサイズに、どれだけの戦闘力を詰め込んでいるんだ!」

回避

ヒビキ 「所詮は形だけの偽物だな!」

    「貴様にだけには、やらせはしない!」

    「我らジェミナイドの希望とは、似ても似つかぬな」

ガドライト・メオンサム

援護攻撃

ジェミニス 「必殺、ジェミニスフォーメーションってな」

アンナロッタ 「手を貸すぜ、ハニー」

       「二人の共同作業と行こうじゃないの」

       「どけ、アンナロッタ!後は俺がやる!」(本気時)

援護防御

アンナロッタ 「ハニーはやらせないぜ!」

       「下がってろ、アンナロッタ!」

       「アンナロッタ、お前だけは…!」(本気時)

攻撃

ヒビキ 「相手をしてやるよ、イミテーション・ボーイ!」

    「実力の差ってのを知るんだな、少年!」

    「決着をつけてやるぜ、ヒビキ!」(本気時)

    「偽物じゃ本物には勝てないんだよ、絶対にな!」(本気時)

    「俺のスフィアは誰にも渡さねえ!お前にも、奴らにも!」(本気時)

    「お前の機体が何なのかなんてどうでもいい!お前は俺が潰す!」(本気時)

    「死ね、ヒビキ!」(必殺技使用時 本気時)

    「偽物が!消えやがれっ!」(本気時)

アドヴェント 「お節介は怪我の元ってのを教えてやるぜ!」

       「どうにも気に食わないんだよ、お前はよ…!」

       「地球人の歴史は俺が終わらせる!邪魔はさせねえ!」(本気時)

       「いったい何なんだよ、お前はよ!」(本気時)

甲児 「光の神ね…。まぶしい、まぶしい…!」

   「光なんてねえんだよ!この宇宙には!」(本気時)

   「光の神の力を受け継ごうと無駄なんだよ!」(本気時)

ゲッターロボ 「進化なんて無駄なんだよ。それを俺が教えてやるさ」

       「わかってるのかよ、ゲッター!進化の先に何が待つか!」(本気時)

       「ゲッター線にも超えられないものがあるんだよ、この宇宙には!」(本気時)

赤木 「サラリーマンがのこのこと、こんな所に出てきちゃって…!」

   「お前らは、あくせく金を稼いでりゃいいんだよ!」(本気時)

ワッ太 「頑張ってるねぇ、若社長!だけど、ここまでだ!」

正太郎 「悪いね、少年。君のオモチャは、おじさんが壊すよ!」

ワッ太 正太郎 「ガキが!こんな所にしゃしゃり出てくんじゃねえよ!」(本気時)

        「このクソガキが!お前に俺の怒りがわかるかよ!」(本気時)

タケル 「見せてみなよ、そのインチキ超能力をさ!」

    「何が愛だ…!そんなもんじゃ何も守れねえんだよ!」(本気時)

キリコ 「お前さん…自分は死なないと思ったら大間違いだぜ」

    「異能生存体!因果律を超えてお前を殺してやる!」(本気時)

桂 「特異点!恨むんなら、お前の運命を恨みな!」

  「特異点!元はと言えば、全てお前が悪いんだよ!」(本気時)

  「こうなりゃ三つの因子の一つを俺が殺してやる!」(本気時)

ノリコ 「教えてやるよ。奇跡なんて起こらないってのをな!」

    「お前さんの炎に水をぶっかけてやるよ!」

    「お前の炎と俺の怒りの炎、どっちが上か教えてやるぜ!」(本気時)

    「火の文明の終焉を、お前にも見せてやる!」(本気時)

シモン 「螺旋の男さんよ!風の行き先は絶望なのさ!」

    「螺旋の男!お前に待っているのは絶望だけなんだよ!」(本気時)

    「螺旋の渦が風を生む!だが、それもここまでだ!」(本気時)

ロジャー 「今日は酒の代わりに、こいつを振舞うぜ!」

     「馬鹿な男だよ!あのまま退廃に沈んでりゃよかったのに!」(本気時)

     「お前におごった酒代の代わりだ!死ねや!」(本気時)

シンジ 「こいつは子供の使うオモチャじゃないな…!」

    「扉は開けさせねえ!そのためにもお前は潰す!」(本気時)

    「鍵を潰せば、お前を使ってる連中は泡を食うだろうぜ!」(本気時)

葵 「獣の血の継承者か。少しは楽しませてくれよ!」

  「獣の血はここで絶える!俺の手によってな!」(本気時)

  「原初の本能、野生…!だが、それもここまでだ!」(本気時)

バサラ 「歌ってくれよ。お前さんの生命の歌をよ!」

    「その耳障りな歌を二度と歌えないようにしてやる!」(本気時)

アルト 「愛だの恋だの、そんな事を言ってられるのもここまでだ!」(本気時)

バルキリー 「ぶんぶんと飛び回られると鬱陶しいんでな…!」

      「その目障りな翼を引きちぎってやる!」(本気時)

刹那 「なるほどね。お前さんが噂のイノベイターか」

   「イノベイター!お前はここで終わらせる!」(本気時)

シン キラ 「SEEDね…。面白いもんだ」

      「お前達の中の種が、芽吹く事はないんだよ!」(本気時)

ガンダムW系 「宇宙の心なんてものを認める気はねえんだよ!」(本気時)

シャア 「シャア・アズナブル!お前さえ、余計な事をしなけりゃ…!」(本気時)

ガンダム系 「なるほどね。これが火の文明の証ってやつか…」

      「少しガンダムは間引きしてやらんとな…!」

      「ガンダム!お前達はこれ以上、進ませねえ!」(本気時)

      「火の文明の証は全て叩き潰す!」(本気時)

ニュータイプ 「手強いな…。これがニュータイプってやつか」

       「何が新時代だ!何がニュータイプだ!」(本気時)

ニュータイプ 刹那 「地球人に可能性なんてものがあるか…!あってたまるかよ!」(本気時)

宗介 「いい動きだ。兵士としては、そこそこなようだな!」

   「一兵卒が!この俺に勝てるとは思うなよ!」(本気時)

   「その分不相応な力、地球人が持つものじゃねえんだよ!」(本気時)

ボン太くん 「ちいっ!色んな意味でやりにくい相手だぜ!」(本気時)

アクエリオン 「水の交わりも全ては無駄なんだよ、機械天使!」

       「澄んだ水も濁った水も全てぶちまけろ!」(本気時)

       「機械天使!お前の中の怒りの記憶を呼び覚ましてやる!」(本気時)

ゼロ 「継承者め!お前が望む未来なんてのは来ねえんだよ!」(本気時)

被ダメージ

ヒビキ 「やるじゃねえかよ、ヒビキ!だが、お前だけには負けられねえ!」(本気時)

    「こいつの機体…まさか!?」(本気時)

    「奴の機体のシステム…!まさか、俺のスフィアを…!?」(本気時)

アドヴェント 「まさか、こいつ…!スフィア・リアクターなのか!?」(本気時)

       「こいつの力…!いったい何なんだ!?」(本気時)

甲児 「馬鹿な…!神と人の力が一つになってやがるだと!」(本気時)

ゲッターロボ 「認めねえぞ!地球人がゲッター線に選ばれたなんて事は!」(本気時)

赤木 「何故だ!?ただの民間人に、何故ここまでやられる!」(本気時)

ロジャー 「これがザ・ビッグとドミュナスの力…!」(本気時)

ゼロ 「ゼロ!ここまでやって、まだ未来を信じてやがるのかよ!」(本気時)

宗介 「ただの一兵卒だが、極上の兵士か!」(本気時)

   「こいつ…!迷いなく意志を力に変えてやがる!」(本気時)

ボン太くん 「な、何なんだよ、お前はよ!」(本気時)

ノリコ 「くそっ!奴の炎は俺の怒りの上を行くのか!」(本気時)

    「伊達に火の文明を守り抜いただけはあるぜ!」(本気時)

シモン 「うぜえんだよ、螺旋の男!そのドリルを止めやがれ!」(本気時)

    「風の行き先は絶望なんだよ!それをわかれよ!」(本気時)

シンジ 「ちいっ!今の状態でも、これだけの力を出すとは!」(本気時)

    「まさか、こいつ…!扉を開けかけているのか!」(本気時)

タケル 「奴の超能力が、俺の念動力を上回ってるってのか!」(本気時)

キリコ 「異能生存体!お前だけが因果を超えるってのかよ!」(本気時)

桂 「何でだよ!どうしてお前は、そんなに自由なんだよ!」(本気時)

葵 「これが獣の血…!野生の力だってのか!」(本気時)

バサラ 「その歌をやめろ!やめろって言ってんだよ!」(本気時)

アルト 「守るべきものが、奴に力を与えてるってのか!」(本気時)

アクエリオン 「これが水の交わり…!愛も憎しみも溶け合って力に…!」(本気時)

       「機械天使!何故、お前が俺達を拒む!」(本気時)

ニュータイプ 刹那 「俺は認めねえ!地球人の可能性なんざ潰してやる!」(本気時)

ガンダム系 「ガンダム!お前らだけを未来に進ませやしねえぞ!」(本気時)

      「火の文明も終局まで来てるってのか!」(本気時)

少年 「ガキが!大人を舐めやがって!」(本気時)

   「こうなりゃガキだろうと容赦はしねえ!」(本気時)


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:48 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
バンプレストオリジナル・2

ジェミニス

援護攻撃

ジェミニス 「ジェミニスの連携を見せるぞ!」

アンナロッタ 「援護します、アンナロッタ少佐!」

       「少佐、後は自分がやります!」

ガドライト 「隊長に続きます!」

      「隊長との連携ならば!」

援護防御

ジェミニス 「戦友をやらせるものか!」

アンナロッタ 「お下がりください、アンナロッタ少佐!」

       「少佐はジェミナイドの希望なのだ!」

ガドライト 「隊長をやらせるものか!」

      「ジェミニアの盾になるなら本望です!」

攻撃

ヒビキ 「お前の存在は許されない…!」

    「ジェミニアの偽物め!叩き落としてやる!」

    「我らの誇りを傷つけた報いを受けろ!」

アドヴェント 「この機体、霊子力を使っているか!」

       「どこまで俺達の邪魔をする気だ…!」

甲児 「まさに魔神のごとくか…!」

ゲッターロボ 「この機体、ゲッター線を使っているのか!」

正太郎 「こいつ…!念動兵器の類か!」

タケル 「乗っているのは念動力者か!」

葵 「獣は力で屈服させてやる!」

赤木 「民間人が戦場に出てきたか!」

ロジャー 「鈍重な機体は、スピードで翻弄する!」

     「口で戦いに勝てると思うなよ!」

アクエリオン 「まさか、伝説の機械天使だというのか…!?」

シモン 「ご自慢のドリルを砕いてやる!」

EVA 「この機体…!生きているのか…!?」

モビルスーツ 「地球の主力のモビルスーツか!」

ニュータイプ専用機 「この機体、ディオスクと同じコンセプトか!」

Sサイズ 「ちいっ!照準が合わせづらい!」

     「小型機なら、一撃で叩き落としてやる!」

バルキリー 「機動力が売りの可変機か!」

      「大した運動性能だ!だが…!」

バサラ 「お前はいったい何のつもりだ!?」

    「なぜ戦場にこんな奴がいる…!?」

    「ええい!戦いづらい相手だ!」

ガンダム系 「叩き落としてやるぞ、ガンダム!」

      「相手はガンダムか!」

      「いったい地球には何体のガンダムがいる!?」

      「ここにもガンダムがいるか!」

スーパー系 「噂に聞く地球のスーパーロボットか!」

      「いわゆるスーパーロボットというやつか!」

      「ワンオフのカスタム機が来るか!」

      「パワーだけで勝負は決まらんぞ!」

装甲が高い機体 「自慢の装甲をズタズタにしてやる!」

2Lサイズ以上 「これだけのサイズだ!小回りは利かないはずだ!」

子供 「子供に戦場の厳しさを教えてやる!」

   「子供は引っ込んでいろ!」

可変機 「形態を変えられる前に叩く!」

指揮官系 「指揮官を叩くのは戦術の基本だ!」

     「相手は敵戦力の中核と見た!」

戦艦 「敵艦に仕掛ける!」

   「相手は戦艦だ!ブリッジを狙う!」

被ダメージ

ヒビキ 「笑わせるなよ、偽物め!」

    「やはりジェミニアには似ても似つかぬな!」

    「偽物にここまでやられるとは…!」

    「お前にだけは、やられるわけにはいかない!」

ガンダム系 「無様だな、ガンダム!」

      「甘いな、ガンダム!」

      「ガンダムの名は伊達ではないか!」

      「ガンダムめ!よくも!」

      「ガンダムの力は、ここでも変わらんか!」

スーパー系 「名前負けだな、スーパーロボット!」

      「どうした、スーパーロボット!その程度か!」

      「スーパーの看板に偽りなしか!」

      「あのパワーに正面からぶつかるのは、まずいか…!」

      「さすがにスーパーロボットを名乗るだけはある!」

スピード系 「これ以上、好きに飛ばせないぞ!」

      「ちいっ!あのスピードを捉えられん!」

Sサイズ 「あのサイズで、なんて戦闘力だ!」

尸空

攻撃

ヒビキ 「お前が新たないがみ合う双子のリアクターか」

    「妙だな…。お前は何だ?」

ニュータイプ 「なるほどな、そういう事か…」

       「禁断の領域に踏み込んだか…」

甲児 「光の神を味方につけたか」

ゲッターロボ 「まさかゲッター線とはな…」

葵 「獣の血か…」

アクエリオン 「水の交わりか…」

シモン 「風の行方か…」

ガンダム系 ノリコ 「火の文明か…」

FB隊員

援護攻撃

ベック 「続くぜ、ベックの兄貴!」

ゲイツ 「フォローするぜ、ゲイツ先輩!」

カン・ユー 「どいてな、カン・ユー!」

援護防御

ベック 「ベックの兄貴は俺が守る!」

ゲイツ 「ゲイツ先輩の盾になる!」

カン・ユー 「引っ込んでろ、カン・ユー!」

攻撃

赤木 ワッ太 「サラリーマンは気楽な稼業…とは、いかねえぜ!」

       「ボーナスを差し出すなら、見逃してやるぜ!」

       「サラリーマンも気楽…じゃねえな!」

シモン 「や、やめろ!ドリルを見てると目が回る!」

    「お前は自分で墓穴を掘ってろ!」

葵 「怖くない、怖くない!動物は友達だ!」

アクエリオン 「このリア充集団が!」

ノリコ 「デカいって言っても、限度があるだろうがよ!」

EVA 「EVAってんじゃねえよ、この!」

    「そのケーブルで縄跳びしてやるぜ!」

ゼロ 「口が巧い男ってのは信用しねえんだよ!」

バサラ 「カーン!鐘一つだぜ、お前!」

バルキリー 「ハエ叩きは得意なんだよ!」

      「ちょこまか変形する前に仕留めてやるぜ!」

      「そのスピードで地獄へ直行しな!」

バナージ 「新種のガンダム発見!」

ガンダムW系 「イメチェンかよ、ガンダムちゃん!」

CB系 「しぶといんだよ、ソレスタちゃん!」

ガンダム系 「ガンダムちゃん!会いたかったぜ!」

      「今日から俺はガンダムキラーだ!」

      「ガンガンガンガン、うるせえんだよ!」

      「ガンダムは捕獲して、連邦に売り飛ばす!」

      「ガンダム!今日こそ落としてやるぜ!」

      「ガンダム!俺が間引きしてやるぜ!」

      「ガンダム祭りだ!ワッショイ!ワッショイ!」

宗介 「おっ!何だかかっこいいAS!」

   「俺のバーグラーと白黒つけてやるぜ!」

ボン太くん 「か、可愛いぜ!ボン太くん!」

      「もふらせろ!もふらせろぉっ!」

      「ボ、ボ、ボボン!ボン太くん!ボン!」

AS 「ミスリルちゃんよ!スリルを楽しもうぜ!」

   「欠員が出来れば、ミスリルに就職できるかも知れねえ!」

   「ここで会ったが百年目!覚悟しな、ミスリル!」

スーパー系 「勇ましいねぇ、スーパーちゃんは!」

      「スーパーだけに、すぱっといくぜ!」

      「スーパーロボットの看板は俺がもらうぜ!」

      「ウドの大木はさっさと斬り倒す!」

ゲッターロボ アクエリオン 「くっついたり、離れたりで忙しい奴め!」

合体機 「せっかくくっついたようだが、バラバラにしてやるぜ!」

Sサイズ 「いかん!追い回していると目が回ってくる!」

     「俺…小さい奴には気がデカくなるんだよね!」

装甲が高い機体 「この堅物め!覚悟しろよ!」

        「自慢の装甲をぶち抜いてやるぜ!」

Lサイズ以上 「デカけりゃ、勝てると思うなよ!」

指揮官系 「隊長格を落とせば、ボーナスが出るんだ!」

エース系 「エースの相手は、エースが務める!」

戦艦 「戦艦を沈めれば、俺がヒーローだ!」

   「ブリッジに直撃させれば、ちょろいもんだぜ!」

新兵 「おおっ!?いいカモ見つけたぜ!」

   「およ?ちっとは成長してるみてえだな!」

テッサ 「ねえ君、新たな姫になる気ない?」

    「俺達は新たな姫を見つけてみせる!」

    「テ、テッサたん!僕達の姫になってください!」

被ダメージ

ガンダム系 「マジかよ!ガンダムちゃん!」

      「シャレが通じねえな、ガンダムは!」

      「これだからガンダムって奴はよ…!」

宗介 「あのAS、かっこよくて強い!」

   「ちょっと、お前!あーばれ過ぎだろ!」

ボン太くん 「ああ、ボン太くんにやられるなら本望だ…」

      「もっと!もっとだ、ボン太くん!」

      「昔から夢見てたんだ…こうやってボン太くんと遊ぶの…」

テッサ 「効いた~!新しい姫に相応しい強烈な一撃!」

    「この衝撃!俺は新しい姫を見つけたかも!」

AS 「やるじゃねえか、ミスリルちゃんよ!」

   「正義が必ず勝つと思うんじゃねえぞ!」

スーパー系 「スーパーロボットの看板は俺がもらうぜ!」

      「な、名前以上にスーパーだぜ!」

      「ちょっと待て!スーパー過ぎんぞ、おい!」

      「だから、スーパーロボットって嫌いなんだよ!」

Sサイズ 「ちょっと待て!さっきのはスピード違反だ!」

     「な、何だ!?手品か何かかよ!」

     「ヤベ!小さいと思ってなめてた!」

回避

スーパー系 「スーパーロボットの看板は俺がもらうぜ!」

FB隊員

援護攻撃

ベック 「詰めが甘いぞ、ベック!」

ゲイツ 「口ほどでもないな、ゲイツ!」

カン・ユー 「尻拭いをしてやるぞ、カン・ユー!」

援護防御

ベック 「これは貸しだぞ、ベック!」

ゲイツ 「ゲイツ、後ろから撃つなよ!」

カン・ユー 「どいてろ、カン・ユー!」

攻撃

赤木 ワッ太 「お互いに雇われの身だ!悪く思うなよ!」

       「戦って給料もらうのは、俺達も一緒なのさ!」

       「サラリーマンめ!出てきたのが運の尽きだ!」

シモン 「自慢のドリルをへし折ってやる!」

    「ここはトンネル工事の現場じゃないのさ!」

葵 「獣ってのは、力で従わせるものだ!」

アクエリオン 「戦場で恋愛ごっこをやっているな!」

ノリコ 「何なんだ、このデカブツは…!」

EVA 「ロボットと言うより、まるで人間だな…!」

    「そのケーブルを引き千切ってやる!」

ゼロ 「このペテン師め!お前の口車に乗るか!」

バサラ 「歌なら、あの世で歌わせてやる!」

バルキリー 「高速戦闘に持ち込まれる前に!」

      「ご自慢のスピードも、俺には通用しない!」

複数乗り 「弱い奴ほど群れるものだな!」

バナージ 「また新しいガンダムか!」

ガンダムW系 「随分と派手になったもんだな!」

CB系 「ソレスタルビーイング…また出てきたか!」

ガンダム系 「お手並み拝見といくぞ、ガンダム!」

      「ガンダムの伝説は、俺が終わらせる!」

      「どいつもこいつもガンダムかよ!」

      「またガンダムが相手か!」

      「どこに行ってもガンダムがいやがる!」

      「ガンダム!相手に取って不足なしだ!」

モビルスーツ 「モビルスーツの相手は慣れてるんでな!」

宗介 「相手は最新鋭のASか!」

   「純白のASとは潰し甲斐がある!」

AS 「噂に聞くミスリルか!」

   「お互い傭兵だ!恨むなよ!」

   「俺達とお前達…何の違いがある!」

ボン太くん 「な、何だ…!?何なんだ、お前は!」

      「くっ…!見ていると戦う気が失せてくる!」

      「ええい!動物と遊んでいる暇はない!」

スーパー系 「スーパーの名に相応しいか、試してやる!」

      「力自慢のデカブツめ!」

      「パワーだけで勝てると思うなよ!」

      「派手なワンオフ機は、いい的だ!」

Sサイズ 「チョコマカと動きやがって…!」

     「そのサイズで向かってくるか!」

     「どんな素早い奴でも隙はある…!」

装甲が高い機体 「ご自慢の装甲を砕いてやるぜ!」

        「装甲に頼ってると痛い目に遭うぜ!」

2Lサイズ以上 「目障りなデカブツめ!」

可変機 「あいつに変形されると、面倒な事になる!」

指揮官系 「隊長格を落とせば、勝負は決まる!」

     「どうやら、相手はエース級のようだ!」

戦艦 「対艦戦なら、お手の物だ!」

   「大物食いといくぜ!」

新兵 「素人が戦場に出てきたか!」

   「勢いはいいが、それだけではな」

被ダメージ

ガンダム系 「ちいっ!ガンダムは伊達ではないか!」

      「くそっ!噂以上だな、ガンダム!」

      「やはり奴は、ただのモビルスーツとは違う!」

宗介 「あのAS…化け物か!?」

   「伊達に目立つ外見をしていないか!」

ボン太くん 「お、俺は悪夢を見ているのか…!?」

      「くそっ!あのクマは正真正銘の化け物か!」

      「く、食われる!動物に食われる!」

AS 「さすがと言っておくぞ、ミスリル!」

   「ミスリル…!噂以上にやってくれる!」

スーパー系 「くそっ!名前通りにスーパーな奴だ!」

      「ただのパワー自慢ではないらしいな!」

      「こ、こちらの機体とは格が違う!」

Sサイズ 「いったい何だ、あのスピードは!?」

     「解析不能!あの力は何なんだ!?」

     「いかん!完全にサイズに騙された!」


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:47 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
無敵ロボ トライダーG7

竹尾 ワッ太

援護攻撃

柿小路 「うちの社員を可愛がってくれたな!礼を言うぜ!」

    「後は社長にお任せあれ!」

    「いいぞ、専務!ナイスアシスト!」

    「さすが鉄つぁん!頼りになるぅ!」

    「木下さん!撃ち過ぎると専務に怒られちゃうよ!」

    「俺の活躍を見ててよ!郁絵ちゃん!」

赤木 「ライバル会社も今は仲間だもんな!」

   「ダイ・ガードとトライダーのコンビなら!」

正太郎 「鉄人の攻撃に耐えるなんて、やるじゃん!」

オックス 「よく頑張ったな、オックス!」

グーラ 「グーラ、後は俺に任せとけって!」

ボランティア部 「これもボランティア活動だ!」

スーパー系 「さっすがスーパーロボット!すっげえパワー!」

ガンダム系 「ガンダムの次はトライダー!常識だよね!」

援護防御

柿小路 「俺は社長だ!社員のみんなは守ってみせる!!」

    「待てぇっ!うちの社員に手を出すな!」

    「社員を守れなくて、何が社長だ!とりゃーっ!!」

    「張り切り過ぎなんだよな、専務はさ」

    「今のうちに逃げてくれ、鉄っぁん!」

    「もう!何やってんだよ、木下さん!」

    「郁絵ちゃんをやらせるもんかっ!!」

赤木 「同じサラリーマン、助け合わないとね!」

   「突っ込み過ぎだよ、赤木さん!」

正太郎 「正太郎!鉄人が危ないぞ!」

オックス 「無茶はダメだぞ、オックス!」

グーラ 「友達を放っておけるかよ!」

ボランティア部 「ボランティア精神でやるぞ!」

攻撃

機械獣 「機械獣め、覚悟しろい!」

    「勝負だ、機械獣!」

    「とっちめてやるぜ、機械獣!」

スーパー系 「スーパーロボット対決なら、負けらんねえぞ!」

ヘテロダイン 「行くぞぉ、ヘテロダイン!」

       「ヘテロダインって、何考えてるかわかんねえから苦手…」

怪物系 「トライダーで化け物退治だ!」

    「怪獣相手に怯むワッ太様じゃねえぞ!」

    「怪獣退治も我が社にお任せ!」

宇宙怪獣 インベーダー 「こんな奴らを通したら、地球が滅茶苦茶にされちまう!」

            「宇宙で暴れる怪獣を野放しにはしておけねえや!」

軍隊系 「コックピットに当てないようにしないと!」

    「兵隊さんは戦うのが仕事なんだろうけどさ!」

    「命令で戦う奴なんかに負けるもんか!」

    「くっそー!このわからず屋め!」

戦艦 「艦ならやっぱり、ウチのシャトルが一番さ!」

2Lサイズ以上 「デカいだけで、勝てると思うなよぉっ!」

宇宙 「宇宙は俺の庭みたいなもんだ!いっくぜー!」

赤木 「さ~て、いいとこ見せちゃおっかな~」

   「赤木さん達には悪いけど、勝たせてもらうぜ!」

   「行くぜ、赤木さん!」

   「21世紀警備保障には、負けられねえもんな!」

   「トライダーとダイ・ガード!どっちが上か、いざ勝負!」

グーラ 「グーラ!正太郎の気持ちも考えろってんだ!」

    「父ちゃんに認められたいってのはわかるけどよ…!」

宇宙魔王 「宇宙魔王!グーラには悪いけど、俺が相手になってやる!」

     「ブラックホールでもトライダーを呑み込めるもんか!」

バナージ MIXY 「へんな所に当たんないでくれよ…!」

          「本当はこんな事したくねえけど…!」

          「こっちの言葉を聞かないんなら、しょうがない!」

ガンダム系 「ガンダムが相手でも、やってみせらぁ!」

      「トライダーは、ガンダムにだって負けねぇぞ!」

ベック 「悪事でお金を儲けようとする奴は許さねぇぞ!」

    「真面目に働こうとしない奴には、容赦しないぞ!」

異星人系 「さっさと荷物まとめて、自分の星に帰れってんだ!」

     「悪い宇宙人はやっつけてやる!」

ボス系 「こいつを倒せば、我が社の評判もうなぎ登りだ!」

    「お山の大将なんかに好きにはさせねえぞ!」

    「悪者の大将め!俺が懲らしめてやるから覚悟しろ!」

    「あいつが親玉だな!よーし!!」

リアル系ボス系 「難しい事ばっか言ってないで、みんなの幸せを考えろい!」

アンチスパイラル 「最終回だ!出し惜しみなしで行くぜ!」

         「最後の大勝負!経費がどうのなんて言ってられねえや!」

         「最後の戦いだ!勝って終わりにしてやるぜいっ!」

所属不明機 「わけのわかんないやつが相手でも、負けねえぞ!」

      「とっ捕まえて、自由研究の課題にしてやる!」

ジェミニス 「お前達の悪事はトライダーが叩き潰してやる!」

      「悪巧みばっかりしやがって!許さねえぞ!」

被ダメージ

バジュラ 「虫みたいにワラワラ飛んできやがって!鬱陶しいんだよ!」

ギシン星人 「ヘッ!超能力がどうしたってんだ!」

      「修理費の請求書、お前の星まで送りつけてやるからな!」

機械獣 「くっ、機械獣め!」

    「機械獣め、何しやがんだ!」

    「機械獣なんかにやられてたまるかよ!」

    「あの機械獣、手強いぞ!」

    「き、機械獣にここまでやられちまうなんて…!」

スーパー系 「凄いスーパーロボットだ!でも、最後に勝つのはトライダーだぜ!」

      「世界一のロボットはトライダーなんだ!負けてたまるか!」

ヘテロダイン 「ヘテロダインめ、よくも!」

       「ちぇっ…ヘテロダインに修理費の請求書は出せねえしなあ」

       「くっ!ここでヘテロダインを食い止めねえと…!」

       「ヘテロダインめ、好き勝手やってくれちゃって!」

       「くっそー!あのヘテロダイン、何やったんだ!?」

怪物系 「うわー、近くで見ると気持ちわりぃ…」

    「怪獣なんて怖かねえぜ!」

    「怪獣に食われてたまるかよ!」

    「ええい、この!大人しくしろよ!」

    「これ以上、化け物の好きにさせるかよ!」

    「わわっ!こっちが退治されたら洒落にならねえ!」

    「くっそー!見た目も力も化け物クラスってことかよ!」

    「ええい!もう気持ち悪いとか言ってられねえ!」

赤木 「赤木さん、遠慮はいらねえぜ!」

   「へへっ、赤木さんの戦い方はよ~く知ってるからね!」

   「苦労するね、いぶきさんも青山さんも」

   「やっぱ、ダイ・ガードよりトライダーって事かな?」

   「っとと、赤木さん!ちょっとは手加減してよ!」

   「うああっ!大人気ねえな、赤木さん!」

   「このままじゃ、竹尾ゼネラルカンパニーの評判が…!」

   「トライダー…!ダイ・ガードに負けちまうのか!?」

グーラ 「グーラ!そんなへっぴり腰じゃ、俺は倒せないぜ!」

    「グーラ!この石頭めぇっ!」

宇宙魔王 「ブラックホールの力はそんなもんかよ!」

     「わわっ!宇宙の魔王を名乗るだけはあるや!」

2Lサイズ以上 「大きいくせに攻撃は大した事ねえな」

回避

ギシン星人 「覚えときな!地球にはトライダーがいるんだぜ!」

      「へへっ、超能力者はスプーンでも曲げてろってんだ!」

怪物系 「見た目は気持ち悪いけど、大したことねえな」

    「怪獣なんて怖かねえぜ!」

    「化け物にとっつかまってたまるか!」

機械獣 「機械獣め、ざまぁ見ろ!」

    「何だよ、機械獣なんて見掛け倒しじゃねえか!」

ヘテロダイン 「ヘテロダインなんて、ちょろいもんだぜ!」

       「ヘテロダインにやられるトライダーじゃないぜ!」

2Lサイズ以上 「デカいくせに、情けねえの!」

Sサイズ 「小さいのがいくら来ても、トライダーの敵じゃないよ!」

撃墜

赤木 「こ、これで仕事の契約はパーか…!」

   「あ~あ、トライダーの負けかぁ…」

柿小路 梅麻呂

援護攻撃

ワッ太 「若社長!お手伝い致します!!」

    「トライダーの援護をするのです!」

赤木 「21世紀警備保障様にはお世話になってますからな!」

タケル ケンジ 「大塚長官!クラッシャー隊の援護はお任せをっ!」

援護防御

ワッ太 「我々が社長の盾となるのです!」

    「社長―っ!今行きますぞーっ!!」

赤木 「ライバル社とは言え、見捨てるわけにはいきません!」

タケル ケンジ 「我が社の活躍!大塚長官にお伝え下されーっ!」

攻撃

超能力者 郁絵「相手は超能力者みたいですよ、専務!」 「心配無用!既にシャトル内のスプーンは隠してあります!」

ギシン星人 「地球を襲う卑劣な異星人!いざ勝負!」

機械獣 木下「や、やっぱり、機械獣のお相手はマジンガーZの方が…」 「人に頼ってばかりではいけません!」

ヘテロダイン 「21世紀警備保障に負けていられませんぞ!」

       木下「専務!ヘテロダインはダイ・ガードに任せましょう!」 「何を言っておる!我々もやりますぞ!」

化け物系 「おのれ、化け物め!成敗してくれるわ!」

     「怪物が相手でも退いてはなりませんぞ!」

軍隊系 厚井「シャトルで人と戦わなきゃならんとは!」 「私も同じ気持ちです、ハイ…」

    厚井「シャトルを甘く見てると、怪我するぞ!」

    「そちらもお仕事、こちらもお仕事です!いざ!」

ボス系 「さあ、皆さん!ここが勝負所ですぞ!」

     郁絵「専務さん!相手は凄く強そうです!」 「無理は出来ませんが、逃げる訳にもいきません!」
[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:46 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
太陽の使者 鉄人28号

金田 正太郎

援護攻撃

ブラックオックス 「オックスの次は鉄人だ!」

ワッ太 「ワッ太に負けていられないや!」

タケル 「タケルさんに続くぞ!」

援護防御

ブラックオックス 「鉄人!ブラックオックスを助けるんだ!」 

ワッ太 「ワッ太!前に出過ぎちゃ駄目だ!」

タケル 「タケルさん!ここは鉄人が引き受けます!」

攻撃

ブランチロボ 「鉄人!ブランチロボを叩きのめすんだ!」 鉄人「!」

       「ブランチ一味め!性懲りもなく!」

       「何度、ブランチロボが出てきたって!」

       「ブランチの一味の残党か!」

ブラックオックス 「勝負だ、ブラックオックス!」

         「やめるんだ、オックス!」

グーラ 「グーラ!今、目を覚まさせてやるぞ!」

    「グーラを止めるんだ、鉄人!」 鉄人「!」

ダンカン 「勝負だ、魔人将軍!」

     「相手は魔人将軍だ!頑張れ、鉄人!」

宇宙魔王兵 「宇宙魔王の手下なら、遠慮はなしだ!」

巨大円盤 「鉄人!円盤母船を叩き落とせ!」 鉄人「!」

スペースロボ 「来たな、スペースロボ!」

       「鉄人!スペースロボをやっつけろ!」 鉄人「!」

宇宙怪獣 「宇宙怪獣!ここから先へは行かせないぞ!」

     「宇宙怪獣は絶対に止めなくては…!」

悪人 「悪い奴には、容赦しないぞ!」

   「ICPOの一員として、悪者は許さない!」

バナージ MIXY 第9の使徒 ダミープラグ 「やり過ぎるなよ、鉄人!」

ガンダム系 「ガンダムが相手だって、怯むもんか!」

モビルスーツ 「敵はモビルスーツだ!行くぞ!」 

戦艦 「戦艦にだって負けるもんか!」

インベーダー 「インベーダーは通さないぞ!」

異星人系 「宇宙に叩き返してやる!」

     「地球の平和を乱す奴は許さないぞ!」

     「侵略者はここでやっつけてやる!」

テロリスト 「テロリスト相手に、遠慮なんてするもんか!」

軍隊系 「わからず屋の軍人さんなんかに!」

    「そっちが戦う気なら相手になるぞ!」

怪物系 「鉄人!怪物を叩き潰せ!」 鉄人「!」

ボス系 「どんな強い相手にだって、鉄人は負けない!」

    「あいつがリーダーだな!行け、鉄人!」 

    「親玉め、追い詰めたぞ!」

    「あなたに、この世界を好きにはさせない!」

    「力だけで、ねじ伏せようとしたって!」

アンチスパイラル 「最後の勝負だ!絶対に勝つぞ、鉄人!」 鉄人「!」

         「これが最後だ!絶対に勝ってみせる!」

所属不明機 「得体の知れない相手でも、やるしかない…!」

      「正体を解明するためにも負けられない…!」

ジェミニス 「よくも地球人を騙してくれたな!」

      「お前達の悪巧みも、ここまでだ!」

被ダメージ

グーラ 「グーラ!そんな攻撃が通用すると思うな!」

    「グーラ!どうしても戦うつもりなのか!」

ダンカン 「魔人将軍なんか、ちっとも恐くないぞ!」

     「見たか、魔人将軍!僕達の力を!」

     「これが、魔人将軍の本当の力なのか…!」

     「魔人将軍め!よくもやったな!」

宇宙魔王兵 「宇宙魔王の手下なんかに!」

      「お前達に地球を好きにさせるものか!」

      「宇宙魔王の手下なんかに、負けるものか!」

宇宙魔王 「宇宙魔王!鉄人を甘く見るなよ!」

     「宇宙魔王…!何てパワーなんだ!」

悪人 「どうだ!悪者の攻撃は通用しないぞ!」

   「悪者の攻撃なんか、怖くない!」

   「このまま悪者にやられてたまるものか…!」

   「悪者に負けたら、世界は闇に閉ざされてしまう!」

怪物系 「見掛け倒しの怪物なんかに!」

    「立つんだ…!怪物なんかに負けるな!」

回避

グーラ 「グーラ!そんな攻撃が通用すると思うな!」

ダンカン 「魔人将軍なんか、ちっとも恐くないぞ!」

     「見たか、魔人将軍!僕達の力を!」

宇宙魔王兵 「宇宙魔王の手下なんかに!」

      「お前達に地球を好きにさせるものか!」

宇宙魔王 「宇宙魔王!鉄人を甘く見るなよ!」

悪人 「どうだ!悪者の攻撃は通用しないぞ!」

   「悪者の攻撃なんか、怖くない!」

怪物系 「見掛け倒しの怪物なんかに!」

ブラックオックス

ブランチロボ 「オックス!ブランチロボを破壊するんだ!」 ブラックオックス「!!」

グーラ 「気を付けろ、オックス!相手はグーラだ!」

ダンカン 「オックス!魔人将軍を倒すんだ!」

宇宙魔王 「行け、オックス!宇宙魔王を倒せ!」 ブラックオックス「!!」

スペースロボ 「スペースロボは任せたぞ、オックス!」

怪物系 「オックス!怪物を倒すんだ!」 ブラックオックス「!!」

アンチスパイラル 「オックス!これが最後の戦いだ!」 ブラックオックス「!!」

グーラ・キング・Jr

援護攻撃

正太郎 「後は任せろ、正太郎!」

ブラックオックス 「よし、いいぞ!オックス!」

タケル 「手伝わせてもらうぞ、マーズ!」

ワッ太 「詰めが甘いぞ、ワッ太!」

ダンカン 「手緩いぞ、ダンカン!」

     「それでこそ魔人将軍だ!」

援護防御

正太郎 「正太郎、鉄人を退かせるのだ!」

ブラックオックス 「オックスはやらせんぞ!」

タケル 「しっかりしろ、マーズ!」

ワッ太 「下がっていろ、ワッ太!」

ダンカン 「何をしている、ダンカン!」

     「どうした、それでも魔人将軍か!」

攻撃

正太郎 「覚悟しろ、正太郎!」

    「決着をつけるぞ、鉄人!」

ブラックオックス 「オックスを叩き落とす!」

タケル 「マーズ!邪魔をするのなら!」

    「見せてもらうぞ、ゴッドマーズの力を!」

ヒビキ 「この機体…!禁忌の力を持つものか!」

甲児 「魔神の力、私に通じると思うな!」

ゲッターロボ 「ゲッター線の使徒よ、覚悟しろ!」

葵 「獣は力で従わせるのみ!」

シモン 「その螺旋の進む先に待つのは絶望だけだ!」

アクエリオン 「機械天使よ!ここで滅べ!」

ワッ太 「竹尾ワッ太!お前も私の邪魔をするか!」

ニュータイプ 「地球人よ!お前達の進化は許されない!」

タケル アマタ アルト 「愛…。そんなものは全て暗黒に呑まれるのだ!」

バサラ 「生命の力も、全てはブラックホールに呑まれる!」

ダンカン 「道を空けよ!魔人将軍!」

宇宙魔王兵 「お前達!私の行く手を阻むことは許さんぞ!」

宇宙魔王 「父上!あなたは私が止めてみせます!」

     「父上…!私は自分の信じた道を行きます!」

被ダメージ

正太郎 「もう諦めろ!正太郎!」

    「ハハハハ…!鉄人、どうした!」

    「うわっ!よくもやったな、正太郎!」

    「さすがは鉄人だ…!このままでは…!」

ブラックオックス 「そんなものか、ブラックオックス!」

         「くそぉっ!オックスめっ!」

タケル 「マーズ!お前の超能力とはそんなものか!」

    「くうっ!これがマーズの超能力か!」

タケル アマタ アルト 「信じられん…!これが愛とやらの力なのか!?」

ヒビキ 「これがスフィアの力…!奴らの力か!?」

ワッ太 「やってくれたな、竹尾ワッ太!」

甲児 「魔神の力…!恐るべし!」

ゲッターロボ 「ゲッター線の使徒め!よくもっ!」

シモン 「これが滅びの力…螺旋力!」

葵 「この私が、野生の力に押されているだと…!?」

アクエリオン 「機械天使の力は、底なしだとでもいうのか…!?」

ニュータイプ 「地球人め!進化の道を進むか!」

バサラ 「これが命の力…暗黒をも跳ね返す力か!」

宇宙魔王 「もうおやめください、父上!」

     「これが父上の本気…!何という力だ!」

     「私は…暗黒に負けません!」

回避

正太郎 「もう諦めろ、正太郎!」

    「ハハハハ…!鉄人、どうした!」

ブラックオックス 「そんなものか、ブラックオックス!」

タケル 「マーズ、お前の超能力とはそんなものか!」

宇宙魔王 「もうおやめください、父上!」

撃墜

正太郎 「この場は預けるぞ、鉄人!正太郎!」

ダンカン

援護攻撃

グーラ 「グーラ殿下、援護しますぞ!」

援護防御

グーラ 「グーラ殿下、お退きください!」

攻撃

正太郎 「この攻撃に耐えられるか、小僧」

    「鉄人め!叩き潰してやる!」

ブラックオックス 「鉄くずにしてやるぞ、ブラックオックス!」

         「ブラックオックスも、ここで終わりだ」

タケル 「死ぬがいい、マーズ!」

    「噂に聞くゴッドマーズが来たか!」

スーパー系 「地球製のスーパーロボットが相手か」

      「パワーは、スペースロボと互角か!」

スピード系 「ちょこまかと鬱陶しい奴め!」

Sサイズ 「ええい!小さくて狙いがつけづらいわ!」

戦艦 「戦艦を叩き落として、勝負をつけてやる!」

被ダメージ

正太郎 「もう諦めろ、小僧!」

    「噂の鉄人も、大した事はないな」

    「小僧!もう許さんぞ!」

    「おのれ、小癪な鉄人め!」

ブラックオックス 「非力だな、ブラックオックス」

         「ブラックオックス!忌々しい奴め!」

タケル 「笑わせてくれるな、マーズ」

    「ぬうっ!これがマーズの真の力か!」

スーパー系 「地球のロボットの実力など、この程度よ!」

      「ええい!地球のロボットを見くびっていたようだ!」

      「この力…!まさにスーパーロボットだ!」

撃墜

正太郎 「ぬうう、おのれ…!覚えておれ、小僧!」

    「忌々しい鉄人めが!この借りは、必ず…!」

宇宙魔王

攻撃

正太郎 「くたばれい、鉄人28号!」

    「鉄人よ!ここが貴様の墓場となるのだ!」

ブラックオックス 「ここまでだ、ブラックオックス!」

グーラ 「グーラ…!せめて一思いに…!」

    「聞き分けのない息子には、躾が必要だ!」

タケル 「ズールに代わり、ワシが死をくれてやろう!」

    「愛の力も、無間の闇の前には無意味だ!」

タケル 葵 「神も魔王の前にひれ伏すのだ!」

甲児 「光の魔神も、ワシの闇の前には無力だ!」

ゲッターロボ 「ワシの闇には、ゲッター線も届かぬぞ!」

シモン 「その螺旋の力で、ワシの闇を貫けると思うなよ!」

アクエリオン 「機械天使よ、無間の闇に呑まれよ!」

ニュータイプ 「革新も理解も、絶対的な闇の前には無意味なのだ!」

ゼロ 「王を語る愚か者!自らの無力さを嘆くがいい!」

被ダメージ

正太郎 「その程度か、鉄人28号!」

    「どうした、小僧!それでワシを倒すつもりか!」

    「鉄人28号…!奴のどこに、これだけの力が…!」

    「おのれ、地球の小童めっ!」

ブラックオックス 「ブラックオックスごとき、ワシの敵ではないわ!」

         「ブラックオックス…!目障りな奴よ!」

グーラ 「グーラよ、大人しく父の元に戻るのだ!」

    「グーラ…!ここまで成長していたとは…!」

タケル 「やるな、マーズ!ズールを倒しただけの事はある!」

甲児 「光の魔神の力…!ワシの闇以上の力なのか…!?」

ゲッターロボ 「ゲッター線が、ワシの闇に入り込んでくるだと…!?」

アクエリオン 「機械天使め!あくまでワシに刃向かうか!」

シモン 「螺旋の男よ!何故、絶望へと進もうとする!」

ニュータイプ 「人間の力が、ブラックホールを超えるだと…!?」

バサラ 「闇を恐れぬ生命の力…!まだ諦めぬか!」

宇宙魔王兵

攻撃

正太郎 「ターゲット、鉄人28号」

    「鉄人は我々の敵だ」

ブラックオックス 「ブラックオックスを破壊する」

グーラ 「グーラ殿下の捕獲を試みる」

    「抹消、グーラ・キング・Jr」

タケル 「マーズの生存は許されない」

スーパー系 「地球のスーパーロボットは危険だ」

      「スーパーロボットは全て破壊する」

モビルスーツ 「攻撃目標、モビルスーツ」

ガンダム系 「攻撃目標、ガンダム」

バルキリー 「攻撃目標、可変戦闘機」

AT 「攻撃目標、AT」

AS 「攻撃目標、AS」

KMF 「攻撃目標、KMF」

EVA 「攻撃目標、人造人間」

戦艦 「攻撃目標、敵戦艦」

被ダメージ

正太郎 「鉄人28号の攻撃は予測の範囲内」

    「鉄人28号、恐るべし…!」

ブラックオックス 「ブラックオックスを注意対象から除外」

         「注意…!ブラックオックスは危険!」

タケル 「マーズのデータを下方修正」

    「マーズの超能力、解析不能…!」

スーパー系 「地球のロボットのデータ解析完了」

      「地球のロボットの攻撃力、解析不能…!」

ブランチメンバー

援護攻撃

ブランチメンバー 「ロボットマフィアの連携を見せてやる!」

援護防御

ブランチメンバー 「ブランチメンバーの結束を見せるぞ!」

攻撃

正太郎 「鉄人め!鉄クズに変えてやるぞ!」

    「この攻撃に耐えられるか、鉄人!」

    「鉄人め!これまでの恨みだ!」

ブラックオックス 「もらったぞ、ブラックオックス!」

         「ブラックオックス!忌々しい奴め!」

赤木 ワッ太 「ロボットマフィアの怖さを小市民に教えてやる!」

       「サラリーマンがしゃしゃり出てきたか!」

タケル ケンジ 「大塚の部下め!また我々の邪魔をするか!」

        「大塚の部下などに負けるものか!」

シモン 「ドリルごときで勝てると思うなよ!」

葵 「ハハハ、猛獣退治といくぞ!」

ガンダム系 「噂のガンダムが相手か!」

      「ここにもガンダムがいるのか!」

      「ガンダムを倒せば、箔がつくというものだ!」

スーパー系 「スーパーロボットが出てきたか!」

      「パワーなら、スーパーロボットにも引けは取らんぞ!」

合体ロボ 「合体ロボットめ!バラバラにしてやるぞ!」

     「チームワークなら我々も負けてはいない!」

Sサイズ 「チョコマカと小うるさい奴め!」

バルキリー 「叩き落としてやるぞ、カトンボめ!」

エース系 「奴め…!並のパイロットではないか!」

戦艦 「戦艦を叩き落とす!」

   「戦艦を落とせば、俺達の勝ちだ!」

被ダメージ

正太郎 「そんなものか、金田正太郎!」

    「早くコントローラーを渡したらどうだ?」

    「やってくれたな、鉄人め!」

    「こ、これが鉄人の力なのか!」

ブラックオックス 「笑わせてくれるな、ブラックオックス!」

         「恐るべし、ブラックオックス…!」

         「ブラックオックスめ!よくもっ!!」

赤木 ワッ太 「マフィアがサラリーマンに負けるというのか!」

タケル ケンジ 「おのれ!大塚の部下め!」

スーパー系 「それでスーパーロボットを名乗るとはな!」

      「見掛け倒しか、スーパーロボット!」

      「さ、さすがはスーパーロボット!」

      「この力…!まさにスーパーと呼ぶに相応しい!」


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:44 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
六神合体ゴッドマーズ

明神タケル

援護攻撃

ケンジ 「隊長!俺も続きます!」

    「クラッシャー隊の攻撃はまだ終わってないぞ!」

正太郎 「鉄人と力を合わせれば!」

オックス 「手伝うぞ、オックス!」

グーラ 「いい気合だった、グーラ!」

援護防御

ケンジ 「隊長!ここは無理せず後退を!」

    「コスモクラッシャーはやらせないぞ!」

正太郎 「鉄人を下げるんだ、正太郎!」

オックス 「無茶するな、オックス!」

グーラ 「グーラ、油断は禁物だ!」

攻撃

超能力者 「超能力を悪のために使うなら、俺が相手になる!」

宇宙魔王 「俺が相手だ、宇宙魔王!」

ダンカン 「魔人将軍を倒せば、指揮が乱れるはずだ!」

宇宙魔王兵 「宇宙魔王の手先め!ここまでだ!」

グーラ 「正太郎のためにもグーラを止めなければ!」

    「グーラ!心を開いてくれ!」

怪物系 「無差別に暴れるだけならば、容赦はしない!」

    「怪物め!これ以上はやらせないぞ!」

    「みんなの平和と幸せを守るために、俺は戦う!」

軍隊系 「命令されるだけの人間はどこにでもいるのか…!」

    「同じ星の人間同士で争っている場合ではないのに…!」

    「何故、人は戦いという手段を取るんだ…!」

    「こんな戦いをしていて、本当に平和を勝ち取れるのか…!」

バナージ MIXY 第9の使徒 ダミープラグ 「戦いたくはない…!だけど、今は…!」

                       「その機体を止める!少し我慢してくれ!」

                       「戦闘能力を奪うしかない…!」

使徒 「奴の中に意思を感じる…!?」

バジュラ 「意思の疎通ができない以上、今は戦うしかない…!」

宇宙怪獣 インベーダー 「根源的災厄…!人類の天敵、バアルか!」

            「奴らの突破を許したら、地球は終わりだ!」

ミケーネ神 「お前達もズールと同じ邪神だ!」

      「たとえ神を名乗ろうとも悪は悪だ!」

エンジェル 「あの人の心は悲しみに満ちている…!」

2Lサイズ以上 「どんな巨大な敵だろうと怯むものか!」

        「その巨体、ゴッドマーズが打ち破る!」

ボス系 「手強い相手だ…!だが、負けられない!」

    「戦いの元凶、ここで断ってみせる!」

    「強敵だ…!だが、俺は負けない!」

アンチスパイラル 「全ての戦いに決着をつける時が来た…!」

         「宇宙を駆ける王者、ゴッドマーズが行く!」

         「これが最後の戦いだ!俺の全てを懸ける!」

         「お前を倒して、この戦いを終わらせる!」

所属不明機 「不気味な相手だ…!だが、負けられない!」

      「テレパシーで心が読めない…!こいつは…!」

ジェミニス 「暗躍する悪意…!ここまでだ!」

      「お前達の卑劣な企み…!俺が打ち砕く!」

被ダメージ

超能力者 「お前の超能力では俺には勝てないぞ!」

     「くっ…!奴の超能力に押されたか!」

宇宙魔王 「お前のブラックホールに呑まれてたまるものか!」

     「これが宇宙魔王のブラックホールの力か!」

宇宙魔王兵 「宇宙魔王の手下などに負けるものか!」

      「宇宙魔王の手先め、よくもやってくれたな!」

グーラ 「やめろ、グーラ!俺もお前とは戦いたくない!」

    「グーラ!正太郎の気持ちがわからないのか!?」

回避

超能力者 「お前の超能力では俺には勝てないぞ!」

宇宙魔王 「お前のブラックホールに呑まれてたまるものか!」

宇宙魔王兵 「宇宙魔王の手下などに負けるものか!」

グーラ 「やめろ、グーラ!俺もお前とは戦いたくない!」

ケンジ

援護攻撃

タケル 「タケル!我々がかく乱するぞ!」

援護防御

タケル 「タケル!あまり突っ込み過ぎるな!」

攻撃

ギシン兵 「目標!正面、ギシン星のメカだ!」

怪物系 「人々の平和を脅かす者は、何であろうと!」

アンチスパイラル 「敵の総大将だ!総員、仕掛けるぞ!」

超能力者

攻撃

タケル 「ガイヤーめ!叩き潰してくれる!」

    「マーズ!お前は死すべき宿命なのだ!」

    「マーズを倒せば、地球は終わりだ!」

    「覚悟しろ、マーズ!」

    「ゴッドマーズを倒せば、こちらの勝ちだ!」

    「暗黒の世界に消えろ、ゴッドマーズ!」

ケンジ 「マーズの仲間から始末してやる!」

    「ロゼ!この裏切り者め!」

ガンダム系 「勝負だ、ガンダム!」

バルキリー 「ええい!小うるさく飛び回りおって!」

合体ロボ 「あいつもゴッドマーズと同じ合体メカか!」

Sサイズ 「小型メカなど、蹴散らしてくれる!」

被ダメージ

タケル 「そんなものか、マーズ!」

    「マーズ!それがお前の超能力か!」

    「マーズ、貴様だけは!」

    「チッ、さすがにやるな、マーズ!」

    「マーズ!貴様を倒すまでは!」

    「おのれ、マーズめ!」

    「それだけの力を持ちながら、何故ズール皇帝に刃向かう!?」

    「こ、これが超A級超能力者の力か!」

回避

タケル 「甘いぞ、マーズ!」

ケンジ 「裏切り者の攻撃などに!」
[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:43 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
装甲騎兵ボトムズ

キリコ・キュービィー

援護攻撃

シャッコ 「シャッコが目隠しになったか」

宗介 「ウルズ7、援護する」

ゼロ 「ゼロ、手を貸す」

カレン 「カレン、俺も行く」

援護防御

宗介 「後退しろ、ウルズ7」

ゼロ 「らしくないな、ゼロ」

カレン 「下がれ、カレン」

攻撃

軍隊系 「やり方が気に食わないな」

AT乗り 「ただのゴロツキではなさそうだな」

カン・ユー 「いい加減にしてもらいたいな」

ニーバ 「奴もPSか」

テイタニア 「秩序の盾とやらが相手か」

      「お前とは立て込んだ時ばかり出会うようだ」

防衛隊員 「マーティアル教団か…」

     「俺に構うな…!」

     「神の手先か…!」

バナージ ロニ MIXY 「安心しろ。眠らせるだけだ」

             「暴れれば、余計に痛い目を見る」

ミケーネ神 「たとえ神にだって俺は従わない」

怪物系 「あんな奴とも戦う事になるとはな」

    「戦い方は人間相手と変わらない」

    「こんなものまで出てくるとはな」

    「化け物退治も慣れている」

Lサイズ以上 「ATでも戦いようはある」

       「急所に直撃させればいい」

アンチスパイラル 「お前が何者だろうと…俺がやる事は一つだ」

         「これで全てを終わらせる」

         「俺は生きるためにお前と戦う」

ジェミニス 「出てきたのなら叩くまでだ」

被ダメージ

カン・ユー 「いい加減に俺につきまとうのはやめろ」

      「執念だけは一端のようだな」

ニーバ 「どうやらポンコツの戦艦らしいな」

    「これで気が済んだか?」

    「相手がPSでも戦い方はある」

    「確かに俺はレッドショルダーだった。だからどうだと言うのだ」

テイタニア 「やはり能力はPS並みか」

回避

カン・ユー 「いい加減に俺につきまとうのはやめろ」

ニーバ 「どうやらポンコツの戦艦らしいな」

    「相手がPSでも戦い方はある」

カン・ユー

援護攻撃

ニーバ 「援護致しますぞ、ニーバ様!」

援護防御

ニーバ 「ニーバ様、お下がりください!」

攻撃

キリコ 「キリコ、今度こそは…!」

    「貴様に関わってから、俺の人生は急降下だ!」

    「疫病神め!俺のこの手で始末してやる!」

シャッコ 「シャッコ!この恩知らずめ!」

テイタニア 「ネクスタントの化けの皮を剥いでやる!」

ゼロ 「貴様の口八丁振りもここまでだ!」

カレン 「いつかの借りをここで返してくれる!」

AS 「ASなど、ATの敵ではないわ!」

ガンダム系 「ガンダムを落とせば、俺の仕官先も引く手あまただ!」

2Lサイズ以上 「デカブツめ、一泡吹かせてやるぞ!」

        「た、戦いは大きさではないわ!」

スピード系 「ええい!動きが速すぎて狙いが定まらん!」

被ダメージ

キリコ 「腕が鈍ったようだな、キリコ!」

    「キリコ!これが貴様の真の実力よ!」

    「キリコめ、やはり奴は危険だ…!」

    「くそっ!どこまでも忌々しい奴め!」

シャッコ 「や、やめろ、シャッコ!俺はお前の元上官だぞ!」

2Lサイズ以上 「う、うわあっ!踏み潰される!」

ガンダム系 「ガンダム!強過ぎるではないか!」

スーパー系 「い、いかん!パワーが違い過ぎる!」

スピード系 「だ、ダメだ!スピードについていけん!」

回避

キリコ 「腕が鈍ったようだな、キリコ!」

    「キリコ!これが貴様の真の実力よ!」

ル・シャッコ

援護攻撃

キリコ 「キリコ、後は任せろ」

援護防御

キリコ 「後退しろ、キリコ」

攻撃

カン・ユー 「あんたは人間のクズだな」

怪物系 「砂モグラみたいなものだな」

アンチスパイラル 「クエント人として、お前の思い通りにはさせん」

テイタニア

攻撃

キリコ 「キリコ・キュービィー…!」

    「キリコ、最早逃げられんぞ!」

    「フィアナに会いたければ、私を倒すことだ…!」

    「触れ得ざる者…!私のこの手で倒す!」

スーパー系 「ずいぶん頑丈な相手のようだな」

      「どれだけ硬くとも、破れんわけではない」

Lサイズ以上 「私にとっては、大きさなど問題ではない」

タケル 「不可思議な力を使うか」

スピード系 「機動力に優れる敵か…!」

ガンダム系 「噂は聞いているぞ、ガンダム!」

EVA 「マシン…!?いや、巨人か!」

2Lサイズ以上 「な、何だ、あれは…!」

        「フッ、ここまでサイズ差があると笑ってしまうな」

指揮官系 「あのパイロット…他の者とは動きが違う…!」

     「やはり、指揮官から落とすべきか」

     「お前を倒して、私はネクスタントの力を証明する」

戦艦 「戦艦さえ沈めてしまえば…!」

被ダメージ

キリコ 「キリコ、こっちだ!」

    「触れ得ざる者!期待外れだな!」

    「キリコォォォォォ…!」

    「これほどまでに特異なのか、キリコ…!」

    「触れ得ざる者の名を持つに足る男か…!」

回避

キリコ 「キリコ、こっちだ!」

    「触れ得ざる者!期待外れだな!」

撃墜

キリコ 「間違いない、奴は触れ得ざる者だ…!」

    「見事だ、キリコ…」

ニーバ

援護攻撃

カン・ユー 「しっかり働け、カン・ユー!」

援護防御

カン・ユー 「カン・ユー!俺の邪魔をしてんのか!?」

攻撃

キリコ 「死ね、レッドショルダーめ!」

    「来たな、レッドショルダー!」

    「奴はレッドショルダーだ!生かしておけない…!」

    「オロムの荒野で、俺はレッドショルダーにやられた…!」

シャッコ 「クエント人か…!面白い獲物だぜ!」

スーパー系 「ずいぶんと派手な機体だぜ!」

Lサイズ以上 「でかい図体だからって勝てると思うなよ!」

ガンダム系 「会うのを楽しみにしていたぜ、ガンダム!」

モビルスーツ 「モビルスーツごときが俺に勝てると思うなよ!」

AS 「同じ臭いがしやがるぜ…!」

   「最新装備のASが来やがったか!」

宗介 「真っ白なASとは、潰し甲斐があるぜ!」

バルキリー 「その細い腰をぽっきり折ってやるぜ!」

      「ハエがいるみてえだな!」

指揮官系 「歯応えがありそうな獲物だぜ!」

     「頭を叩き潰してやる!」

戦艦 「大物をいただくぜ!」

被ダメージ

キリコ 「そんなものかよ、レッドショルダー!」

    「笑わせるなよ、レッドショルダー!」

    「奴は…奴だけは生かしておけねえ…!」

    「間違いない!お前はレッドショルダーだ!」

    「レッドショルダーめぇぇぇっ!」

回避

キリコ 「そんなものかよ、レッドショルダー!」

    「笑わせるなよ、レッドショルダー!」

バララント兵

攻撃

キリコ 「奴はレッドショルダーか!?」

    「あいつ、並のAT乗りじゃないぞ…!」

    「レッドショルダーから落伍した奴などに…!」

    「本気の共食いってわけかよ…!」

ガンダム系 「あいつを仕留めれば、俺の名も上がる!」

      「噂のガンダムが相手か!」

バルキリー 「ちょろちょろ飛び回るんじゃねえ!」

可変機 「変形などさせるか!」

    「脆い所を突けば!」

Sサイズ 「こっちだって小回りが利く!」

     「随分と華奢な機体だな!」

     「ATにはおあつらえ向きの獲物だ!」

Lサイズ以上 「その分厚い装甲をぶち抜いてやる!」

       「ヘッ、狙い易い相手だぜ!」

       「急所に直撃させれば、デカブツが相手でも…!」

       「フン、随分と大きい的だな!」

被ダメージ

ガンダム系 「ハッ!ガンダムが何だってんだ!」

      「噂ほどじゃねえな、ガンダム!」

      「よくもやりやがったな、ガンダム!」

      「ガ、ガンダムめ!」

バルキリー 「ちっ!ちょこまかと飛び回りやがって!」

      「奴に頭を押さえられるわけには!」

      「くそっ!あの翼を叩き折るしかねえ!」

Sサイズ 「奴め、何て早さだ!」

     「あいつ、何であんな動きが出来るんだ!?」

     「は、速過ぎる!動きが見えねえ!」

Lサイズ以上 「デカいだけかよ、てめえは!」

       「図体の割にはしょぼい攻撃だな!」

       「ええい、こうも大きさが違うと…!」

       「こ、このままじゃ、奴に踏み潰される!」

防衛隊員

援護攻撃

テイタニア 「秩序の盾に続く!」

      「テイタニア様、援護させていただきます!」

援護防御

テイタニア 「秩序の盾をお守りせねば!」

      「テイタニア様、お下がりください!」

攻撃

キリコ 「貴様だけは何としてでも止める!」

    「触れ得ざる者の存在は許されんのだ!」

    「異能者など存在してはならんのだ!」

    「あれが神を殺した男…!」

シャッコ 「クエント人の傭兵か!」

スーパー系 「運動性能で翻弄してやる!」

Lサイズ以上 「しかるべき場所を狙いさえすれば!」

       「サイズの差は腕でカバーする!」

ガンダム系 「噂は聞いているぞ、ガンダム!」

      「ガンダムとの戦いを、神に捧げる!」

バルキリー 「攻撃目標、高機動可変機…!」

AS 「ASならば、サイズ差の不利はない!」

   「ミスリルの傭兵などに後れを取るか!」

KMF 「KMFが相手か…!」

    「黒の騎士団の残党が!まだいたか!」

EVA 「マシン…!?いや、巨人か!」

ノリコ 「懐に入りさえすれば、勝機はある!」

戦艦 「まずは戦艦を落とす!」

指揮官系 「エースパイロットと見た!」

     「指揮官を落とせば、敵は混乱する!」

被ダメージ

キリコ 「異能が聞いて呆れるな!」

    「触れ得ざる者の伝説も、眉唾ものだな!」

    「ま、まさにその名の如くか…!」

    「こ、これが触れ得ざる者、キリコ・キュービィー!」

    「駄目だ!やはり、奴は禁忌の存在だ!」

シャッコ 「クエント人め、無駄な事を!」

     「さすがはクエント人、一筋縄ではいかないか!」

スーパー系 「見掛け倒しの木偶の坊め!」

      「勝負は大きさで決まるものではない!」

      「いかん!パワーが違い過ぎる!」

      「あの力…まさに巨神だ!」

EVA 「ま、まさか奴こそが伝説の禁忌の…!」

    「奴は禁断の領域に踏み込みし者か…!」

ガンダム系 「ガンダムの力も、たかが知れるな!」

      「ガンダムめ…!噂以上の力だ!」

空中ユニット 「空から狙われてはどうしようもない!」

AS 「傭兵風情など、恐るるに足らずだ!」

   「強い…!これが戦いを生業にする者達か!」

KMF 「忌々しい黒の騎士団の亡霊共め!」

回避

キリコ 「異能が聞いて呆れるな!」

    「触れ得ざる者の伝説も、眉唾ものだな!」

シャッコ 「クエント人め、無駄な事を!」

スーパー系 「見掛け倒しの木偶の坊め!」

      「勝負は大きさで決まるものではない!」

ガンダム系 「ガンダムの力も、たかが知れるな!」

AS 「傭兵風情など、恐るるに足らずだ!」

撃墜

キリコ 「ご再考を、猊下!奴は…!」

    「奴こそは、まさしく触れ得ざる者…!」


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:42 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
超時空世紀オーガス

桂木桂

援護攻撃

女性 「後は、あなたの騎士にお任せあれ」

   「夜霧に包まれ逃避行…ってな感じで行こうか!」

援護防御

女性 「女の子を守るのは男の務めってね!」

   「俺のハニーをやらせるか!」

攻撃

女性 「落としてみせるさ、機体ごと君をね!」

   「相手がご婦人なら、話は別ってね」

   「戦いなんてやめて、俺と遊ばない?」

   モーム「相手が女の人だからってデレデレしないでください!」

   モーム「桂様!浮気は許しませんよ!」

   「どうしても君が武器を下ろさないなら…」 「丸裸にさせてもらう!」 「その後は、俺と…楽しもうじゃないの!」 「ごちそうさま。…脱出できたよね?」(一斉射撃時)

   「習慣でね。つい女性は落としたくなっちまうのさ」(一斉射撃時)

   「縁があったら、また逢いたいね」(一斉射撃時)

ネオ・ジオン兵 モーム「どうして人間は戦争するのよ…!?」

        モーム「桂様も怒ってるんだからね!」

バナージ MIXY 第9の使徒 ダミープラグ 「こっちもやられたくはないんでね!」

地上ユニット 「地べたにいたんじゃ、オーガスには届かないぜ!」

リアル系ボス系 「自分勝手なんだよ、あんたは!」

        「世界が一人の力だけで変わると思うな!」

        「俺は俺のやり方で世界を守る!あんた達の好きにはさせない!」

怪物系 「あんなバケモノまで出てくるとはね!」

    モーム「あんな怪物まで出てくるなんて…!」

    モーム「桂様、怪物が来ます!」

    モーム「あんた達なんかの好きにはさせないから!」

    「さあて、怪獣退治といこうか!」

    「なかなかいい面構えじゃないの!」

異星人系 「変わっちまっても地球は地球、出て行ってもらうぜ!」

     「この世界じゃ、異星人なんかで驚いてられないって!」

Lサイズ以上 モーム「どんなに相手が大きくても桂様は負けないんだから!」

ジェミニス モーム「桂様、ジェミニスです!」 「嫌いなんだよね…!そうやって、陰でこそこそしてる奴は!」

ガドライト モーム「卑怯な人は許しません!」 「全ての元凶は、どうやらお前のようだな!」

アンチスパイラル 「柄じゃないけど、言わせてもらう!世界は俺達が守る!」

被ダメージ

男性 「男のくせに、ずいぶんとお上品な攻撃だな!」

   「男に追いかけられるのは、嫌だねぇ」

   「あ~やだやだ。これだから男って奴は…」

   「本気で頭に来たぜ!相手が男なら容赦無しだ!」

女性 「…もしかして、本当は俺と戦うのが嫌だとか?」

   「綺麗なバラには棘がある…。忘れていたよ」

   「女性にやられたのなら悪い気は…やっぱりするな…!」

   「うわっと!女性のヒステリーには近づかないに限る!」

   「も、もしかして君、相当の男嫌い?」

Lサイズ以上 「大男、総身に知恵が…の割にやるじゃない」

       「デクの坊かと思ったが、少し甘く見すぎたみたいだ!」

       「お、思いっきりやってくれちゃって…!」

       「こらこら!こっちは華奢なんだぞ!」

地上ユニット 「あいた!よく地上から当てたもんだ!」

       「嘘だろ!?どうやって地上から!?」

飛行ユニット 「へえ…空戦でオーガスについてくるとはね」

       「チッ!ドッグファイトで遅れを取るとはな!」

回避

男性 「あんまりしつこいと、女の子に嫌われるぞ!」

   「俺を取り合うのは、女の子だけでいいの!」

女性 「襲われるのは戦場以外でお願いしたいね」

   「欲しいのはビンタじゃなくて、キスなんだけどな」

Lサイズ以上 「力任せにやったってねぇ」

       「ふぅ、あんなのをモロに食らっちゃたまらんぜ!」

新兵 「雑な動きだ。新兵さんかい?」

飛行ユニット 「空戦で負けるわけにはいかないのよね!」

地上ユニット 「そんな対空攻撃じゃ、こっちには当たらないな!」


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:41 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
機動戦士Zガンダム

カミーユ・ビダン

援護攻撃

シャア 「クワトロ大尉!あいつは僕が!」

    「これがシャア・アズナブルの実力か…!」

アムロ 「アムロさんの動きに合わせられるか…!?」

ブライト 「ラー・カイラムを援護する!」

ハサウェイ 「ハサウェイ、後は任せるんだ!」

ギュネイ 「ギュネイとの連携で…!」

クェス 「クェス…!さすがに動きがいい…!」

バナージ 「ユニコーンはこちらで援護する!」

リディ 「リディ少尉、後は俺が!」

オットー 「ネェル・アーガマの陰から仕掛ける!」

ファ 「深追いするな、ファ!」

シン 「シン、迂闊に飛び込むな!」

援護防御

シャア 「前に出過ぎです、クワトロ大尉!」

    「赤い彗星は、みんなの希望になれる存在なんです!」

アムロ 「アムロさん!…やらせはしない!」

ブライト 「ラー・カイラムはやらせない!」

ハサウェイ 「気持ちが前に出過ぎだ、ハサウェイ!」

ギュネイ 「落ち着くんだ、ギュネイ!」

クェス 「敵意に呑まれるな、クェス!」

バナージ 「ユニコーンを下がらせろ!」

リディ 「リディ少尉、一時後退を!」

オットー 「ネェル・アーガマは退避を!」

ファ 「ファ!下がれっ!」

シン 「シン、ここは任せろ!」

攻撃

シャア 「俺は本気ですよ、大尉…!いや、シャア!」

    「シャア・アズナブルは俺が止めます!」

    「あなたがシャアを名乗るというのなら…!」

バナージ 「やめろ、バナージ!マシンに取り込まれるな!」

     「バナージ!ユニコーンを拒絶しろ!」

ロニ クェス 「このモビルアーマーは危険だ…!」

       「人を支配するマシンなんて…!」

バナージ ロニ MIXY 「今は機体を止める事に集中する!」

             「取り返しのつかない事になる前に機体を止める!」

ハマーン 「ハマーン!こんなやり方をするのなら…!」

フロンタル 「クワトロ大尉なのか…!」(第12A

      「フル・フロンタル!ここで!」

ニュータイプ 強化人間 「こっちにプレッシャーをかけて来る相手か…!」

            「そんなプレッシャーなんて!」

            「このプレッシャーは…!」

強化人間 「また強化人間なんかを生み出して…!」

ジオン兵 「その憎しみ…!忘れろとは言わないけど!」

ネオ・ジオン兵 「下がれよ!ネオ・ジオンは!」

        「何故、戦いという手段しか取れない…!?」

        「こんなやり方じゃ駄目だって、まだわからないのか!」

マリーメイア兵 「そんなにまでしてお前達は戦いたいのか!?」

        「あの戦いを見ても、まだ戦うというのか!」

ガンダム系 「向こうにいるのもガンダムか!」

軍隊系 「目の前の状況が理解出来ないのか!?」

ガウルン アマルガム 「戦いを食い物にする連中なんかに…!」

           「戦争屋は、ここから消えろ!」

所属不明機 「何者なんだ、奴らは…!?」

      「また新たな敵が現れたのか…!?」

宇宙怪獣 インベーダー 「人類の天敵を通すわけにはいかない…!」

            「こんな奴等を野放しにしていたら人類は…!」

            「バアル…!根源的災厄か!」

ボス系 「暴力とか恐怖とか、いつまでもそんなもので!」

リアル系ボス系 「俺は認めない!お前のそのエゴを!その傲慢さを!」

アンチスパイラル 「この戦い、ここで終わらせる!」

         「教えてやる!世界は戦いなど望んでいない事を!」

         「俺達は絶望に呑まれるつもりはない!」

         「ここでお前達を突破して、絶望を打ち破る!」

ジェミニス 「お前達のやり方は卑怯だ…!」

      「自分の手を汚さずに利益だけを得ようとする奴に…!」

被ダメージ

シャア 「いくら赤い彗星だからって!」

    「大尉!迷いがあるなら機体を降りてください!」

    「違う…!これまでのクワトロ大尉とは!」

    「これがシャアを名乗る覚悟の強さか!」

    「これがシャアの出した答えなんですか…!?」

ハマーン 「ハマーンから迷いを感じる…!」

     「ハマーン!怒りと憎しみに囚われて!」

フロンタル 「遊んでいるのか、フル・フロンタル!」

      「このプレッシャー…!クワトロ大尉以上か!」

バナージ 「このままではバナージの身体がもたない!」

     「お前はマシンに負けるのか!?」

クェス 「戦場は遊び場じゃないんだぞ、クェス!」

    「やめるんだ、クェス!取り返しのつかない事になる前に!」

ジオン兵 「もうやめてくれ!こんな事を何度繰り返す!?」

     「死ぬつもりで戦ってるって言うのかよ!」

ネオ・ジオン兵 「そっちが戦いという手段を取るのなら…!」

        「こんな事をしても地球と宇宙の溝は深まるだけなのに!」

        「この分からず屋がっ!」

        「そんなに宇宙を戦いで包みたいのか!?」

強化人間 「敵意が前に出過ぎた攻撃だ!」

     「強化人間に負けるのは、その存在を認める事になる…!」

回避

シャア 「いくら赤い彗星だからって!」

    「大尉!迷いがあるなら機体を降りてください!」

ハマーン 「ハマーンから迷いを感じる…!」

フロンタル 「遊んでいるのか、フル・フロンタル!」

バナージ 「このままではバナージの身体がもたない!」

クェス 「戦場は遊び場じゃないんだぞ、クェス!」

ジオン兵 「もうやめてくれ!こんな事を何度繰り返す!?」

ネオ・ジオン兵 「そっちが戦いという手段を取るのなら…!」

        「こんな事をしても地球と宇宙の溝は深まるだけなのに!」

強化人間 「敵意が前に出過ぎた攻撃だ!」

エマ・シーン

援護攻撃

カミーユ 「下がって、カミーユ!後は私が!」

     「カミーユ、援護するわ!」

     「カミーユ、下がりなさい!」

シャア 「クワトロ大尉、援護します!」

    「クワトロ大尉、後は私が!」

アムロ 「援護します、アムロ大尉!」

    「アムロ大尉、後は私が!」

カツ 「カツ!迂闊に手を出してはダメよ!」

援護防御

カミーユ 「カミーユ!迂闊よ!」

シャア 「クワトロ大尉、そちらにも攻撃が!」

アムロ 「アムロ大尉!動きが鈍くなっています!」

ブライト 「ブライト艦長!艦を下がらせてください!」

カツ 「カツ!敵がいるというのに何を!」

攻撃

アンチスパイラル 「私も命を懸けるわ…!これで最後にするために!」

         「勝つのよ…!戦いを終わらせるために…!」

2Lサイズ以上 「大きいわ…!でも、それだけでは!」

        「並の攻撃では通用しないようだけど…!」

カツ・コバヤシ

援護攻撃

カミーユ 「カミーユ、後は僕が!」

シャア 「クワトロ大尉、援護します!」

アムロ 「アムロさん!後は任せてください!」

ブライト 「ブライト艦長、援護します!」

     「ラー・カイラムに続きます!」

エマ 「エマさん、援護します!」

ファ 「ファには負けていられない!」

ハサウェイ 「やるじゃないか、ハサウェイ!」

リディ 「リディ少尉、援護します!」

オットー 「ネェル・アーガマを援護します!」

援護防御

カミーユ 「カミーユ、下がって!」

シャア 「離脱してください、クワトロ大尉!」

アムロ 「アムロさん、今の内に!」

ブライト 「ブライト艦長!後退してください!」

エマ 「エマさん、危ない!」

ファ 「ファをやらせるもんか!」

ハサウェイ 「下がるんだ、ハサウェイ!」

リディ 「体勢を立て直してください、リディ少尉!」

オットー 「ネェル・アーガマを沈ませるものか!」

攻撃

クェス 「ハサウェイのところに帰れよ!」

シャア 「クワトロ大尉!あなたはどうしてこんなことをっ!」

    「あの人はシャア・アズナブル…僕達の敵なんだ!」

ハマーン 「ハマーン!お前だけは!」

フロンタル 「お前はクワトロ大尉とは違う!」

親衛隊 「親衛隊か…!?」

ニュータイプ 強化人間 「なんだ、この感じは…!」

強化人間 「強化人間のプレッシャーなんかに…!」

ネオ・ジオン兵 「まだこんな事を続ける気なのかよ!」

        「あんた達は、そんなに戦争がしたいのか!」

        「地球にはレツやキッカもいるんだから!」(第5657話)

ジオン兵 「恨みなら、こっちにだってあるんだ!」

ジュアッグ 「こんなの、親父の博物館にもなかったな…」

宇宙怪獣 「あんなものに滅ぼされるなんてゴメンだ!」

怪物系 「化け物の好きにさせるか!」

ボス系 「ここまで来て、後に退けるものか!」

    「こんな所で終わるつもりはない!」

    「この世界にお前の居場所はないんだ!」

アンチスパイラル 「サラ、これで最後にしてみせるよ…!」

         「人が正直に生きられる…!そういう時代を迎えるためにも!」

         「お前で最後だ!この戦いを終わらせる!」

ジェミニス 「倒すべき相手が誰なのか、僕にだってわかる!」

ファ・ユィリィ

援護攻撃

カミーユ 「カミーユ!あなたは先に行って!」

シャア 「クワトロ大尉、援護します!」

援護防御

カミーユ 「カミーユをやらせはしない!」

     「カミーユ!速く逃げて!」

シャア 「大尉!ここは私が!」

攻撃

アンチスパイラル 「あなたにこの世界を渡しはしません!」

         「ここで負けるわけにはいかない…!何としても!」

被ダメージ

ガンダム系 「さ、さすがガンダムって事…!?」

      「くうっ!ガンダムには敵わないの…!?」

      「な、何なの…あのガンダムは…!?」

フォウ・ムラサメ

援護攻撃

カミーユ 「カミーユ、下がって!」

     「カミーユが私を導いてくれる…!」

援護防御

カミーユ 「カミーユはやらせるものか!」

     「今度は私がカミーユを守る…!」

攻撃

アンチスパイラル 「そのエゴでお前は何人の人間を不幸にする気だ!」

         「お前に私達の未来を渡しはしない!」

ニュータイプ 強化人間 「この感じは覚えがある…。これは…!?」

            「プレッシャーが来る…!」

            「何だ…?このザラッとした感覚は…!?」

            「あの子、私と同じだ…!」

マリーダ 「私達は戦争の道具なんかじゃない!」

被ダメージ

ニュータイプ 強化人間 「…この感じ、間違いない…。相手も私と同じ…!」

            「くっ…!あのパイロット…あたしを不愉快にさせる…!」

            「あ、頭が…!このプレッシャーは…!」

回避

ニュータイプ 強化人間 「そのプレッシャーに引っ張られるわけにはいかない!」

ハマーン・カーン

援護攻撃

アムロ 「いい攻撃だ、アムロ・レイ」

シャア 「シャア、後は任せてもらおう」

    「シャア、私に助力を請うか」

カミーユ 「ご苦労だったな、カミーユ」

バナージ 「強くなったな、バナージ・リンクス」

クェス 「まだまだだな、クェス・パラヤ」

マリーダ 「手を貸すぞ、マリーダ・クルス」

フロンタル 「遊びが過ぎるな、フロンタル」

ニュータイプ 「ニュータイプなら当然の働きと言えよう」

艦長 「艦長、射線を空けろ」

ネオ・ジオン兵 「あとはこの私に任せてもらおう」

援護防御

アムロ 「アムロ・レイともあろう男が…!」

シャア 「シャアはやらせん!」

    「貴様を失うわけにはいかんのでな!」

カミーユ 「うかつだな、カミーユ」

バナージ 「私を失望させるなよ、バナージ・リンクス」

クェス 「所詮、まだまだ子供だな」

マリーダ 「マリーダ・クルス、今の内に退け!」

ニュータイプ 「お前の心が私を呼んだ!」

ネオ・ジオン兵 「むざむざ兵をやらせはしない!」

艦長 「艦長!艦を退避させろ!」

攻撃

アムロ 「アムロ・レイ!お前の存在がシャアを惑わせる!」

    「このプレッシャー…アムロ・レイか!」

    「俗物共に…その力を利用されるだけの男が!」

シャア 「シャア…!」

    「今生の別れだ、シャア!」

    「シャア…!二度までも私を裏切った報いを受けろ!」

    「うかつだな、シャア!」

カミーユ 「カミーユ・ビダン!私の中に踏み込むな!」

     「カミーユ・ビダン!貴様の存在は目障りだ!」

     「カミーユ!貴様の無礼を許すわけにはいかない!」

バナージ 「そのガンダム、渡してもらうぞ!」

     「お前にそのガンダムの存在を背負えるか!?」

フロンタル 「フロンタル、所詮貴様は紛い物だ!」

アンジェロ 「フロンタルの飼い犬が…!」

強化人間 「強化人間風情が、私の相手になるつもりか!」

ネオ・ジオン兵 「理想を忘れ、フロンタルの私兵に成り下がったか!」

        「目を覚ませ!今のジオンに大義はない!」

ロンド・ベル隊 「ロンド・ベル…!これで幕引きだ!」

ニュータイプ 「体制に使われるニュータイプが…!」

       「私の元に来れば、犬死にせずに済むものを!」

       「ニュータイプか…小賢しい!」

       「フン、わかるぞ…貴様は!」

       「自らの力の使い方を知らぬ男などに…!」

ボス系 「貴様の器、どれほどのものか見せてもらおう」

    「暴力と恐怖だけでは地球の覇は叶わぬ事を知れ!」

アンチスパイラル 「これが最後となるか…!ならば!」

         「貴様こそ悪しきものの根源だ!」

被ダメージ

アムロ 「アムロ…お前にこの私を倒すことは出来ん」

    「チッ、やるな!シャアがてこずっただけの事はある…!」

    「ア、アムロ…!これが奴のプレッシャーだと!?」

シャア 「シャア!どこまでも醜態をさらすか!」

    「フフフ…貴様との因縁、そう簡単に切れるものではないらしい」

    「シャア!口の利き方に気をつけてもらおう!」

    「うぬっ!シャア、貴様だけはこの手で!!」

    「シャア…!お前に私を終わらせる権利はない!」

    「これで終わりにするか、続けるか、シャア!」

カミーユ 「それ以上偶然は続かんよ、カミーユ!」

     「カミーユ!俗物が私に!」

     「黙れ、カミーユ!貴様もシャアと同じだ!!」

バナージ 「期待外れだったよ、バナージ・リンクス」

     「いい攻撃だ、バナージ・リンクス!」

フロンタル 「フロンタル!やはり貴様は赤い彗星にはなれんな!」

      「やってくれるな、フロンタル…!だが!」

ニュータイプ 「ニュータイプならば、私に従うべきだ!」 

       「何だ?鳥肌が立っている…何だと言うのだ?」

       「その程度のプレッシャーなど!」

       「!何だ、この感覚は…!?」

       「小賢しい…!この私にプレッシャーをかけてくるとは!」

       「貴様…ニュータイプでありながら、何故その力を愚民共のために使う!?」

       「お前にはわからんか!?私達は同じ人種だということが!!」

       「ぐうっ!こうもこちらの動きを読む…やはり、お前は危険な存在だ!」

強化人間 「強化した力を使いこなせてないようだな」

     「戦闘に特化した強化をしただけはある…!」

回避

シャア 「甘いな、シャア!」


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:40 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア・1

アムロ・レイ

援護攻撃

カミーユ 「カミーユ、さがれ!後は俺がやる!」

シャア 「シャアにしては、らしくない!」

ブライト 「続けて行くぞ、ブライト!」

ハサウェイ 「よくやった、ハサウェイ!」

クェス 「深追いするな、クェス!」

バナージ 「バナージ、こちらの呼吸と合わせろ!」

オットー 「やるな、オットー艦長!」

ヒイロ 「援護するぞ、ヒイロ!」

ゼクス 「さすがはプリベンター・ウインドだ!」

シン 「モビルスーツの性能を引き出せ、シン!」

キラ 「キラ、後は任せろ!」

中尉 「中尉、道を空けてくれ!」 

少尉 「詰めが甘いぞ、少尉!」

カツ ハサウェイ バナージ 「筋はいい。後は経験だな」

援護防御

カミーユ 「カミーユ!後ろにも気をくばれ!」

     「迂闊だぞ、カミーユ!」

シャア 「シャア!何をしている!?」

ブライト 「ブライト!前に出過ぎだ!」

ハサウェイ 「冷静になれ、ハサウェイ!」

クェス 「クェス、状況をよく見ろ!」

バナージ 「体勢を立て直せ、バナージ!」

オットー 「オットー艦長、回避運動を!」

ヒイロ 「無茶はよせ、ヒイロ!」

ゼクス 「まだ君を死なせるわけにはいかない!」

シン 「シンのカバーに入る!」

キラ 「下がれ、キラ!」

中尉 「機体を前に出す!いいな、中尉!」

少尉 「少尉、それでは駄目だ!」

カツ ハサウェイ バナージ 「そんな事じゃ死人に引っ張られるぞ!」

攻撃

シャア 「シャア!」

    「貴様は急ぎすぎたんだ!」

    「人が人に罰を与えるなどと!」

    「俺たちと一緒に戦った男がなんで地球潰しを!」

    「何を考えている、シャア!」

    「これがお前の答えなのか、シャア!」

ハマーン 「ハマーン!お前は何のために戦う!?」

クェス 「クェス・パラヤか!」

    「シャアに取り込まれたのなら…!」

    「利用されているだけだと何故気づかない!」

    「敵意が無邪気すぎる…!」

バナージ 「しっかりしろ、バナージ!目を覚ませ!」

     「ユニコーンがバナージの意識に干渉しているのか!?」

フロンタル 「シャアか…!?いや、違う!」(第12A

      「何なんだ、この男のプレッシャーは…!?」

      「何故だ!?この男からシャアを感じる!」

ロニ 「その機体は乗っている人間を歪ませる!」

   「システムに呑まれるんじゃない!」

バナージ MIXY 「搭乗者を縛るマシンを破壊すれば…!」

          「可能な限り早く機体を無力化する…!」

モビルアーマー 「相手はモビルアーマーか…!」

ニュータイプ  「前方からプレッシャーが来る…そこだ!」

        「身体にまとわりつく敵意…奴からか!」

ネオ・ジオン兵 「他にいくらでもやり方はあるはずだ!」

        「何故、答えを急ぎ過ぎる!?」

        「戦う事でしか意志を示せないのか…!」

        「たかが石っころ一つ!何とかしてみせる!」(第5657話)

        「こんな戦いを続けていたら、本気で人類はもたないぞ!」(第5657話)

        「やらなけりゃ地球が終わるんだ…!」(第5657話)

        「相手をしている時間はないというのに…!」

        「何時になったらこんな馬鹿げた事の繰り返しを止められる…!」

ジオン兵 「ジオンの亡霊か…!」

     「今さら報復などと!」

     「まだこんな事を続けていたのか…!」

マリーメイア兵 「あの戦いから何も学ばなかったとは…!」

        「トレーズの死を無駄にするつもりか!」

ミケーネ神 「こんなものが神であってたまるものか!」

使徒 「使徒の突破を許すわけにはいかない…!」

エンジェル 「世界を終わらせるわけにはいかない!」

ミカゲ 「押し付けるだけの愛など!」

コダール ベヘモス 「ラムダ・ドライバ搭載機だろうと!」

          「力場さえ感じ取れば!」

宇宙怪獣 インベーダー 「奴らがバアル…!根源的な災厄か!」

宇宙怪獣 インベーダー ムガン 「互いが滅びるまで戦うしかないのなら…!」

リアル系ボス系 「貴様は急ぎ過ぎたんだ!」

ボス系 「貴様の思い通りになどさせるものか!」

    「お前の存在は危険だ!ここで止めてみせる!」

    「お前が戦いを生む存在ならば、俺はそれを止めるために戦う!」

アンチスパイラル 「人の心の光…その力で!」

         「貴様を倒して、この馬鹿げた戦いを終わらせる!」

         「来てもいない絶望に怯えて!」

         「可能性があるなら、なぜそれに賭けようとしない!」

ジェミニス 「人類はお前達が思うほど、愚かではない!」

      「戦いの裏にいた黒幕を叩く…!」

被ダメージ

シャア 「赤い彗星も地に落ちたものだな!」

    「シャア!これがお前の覚悟か!」

    「シャア!迷いを振り切ったか!」

    「この感覚…一年戦争以来か…!」

    「シャアを仕留めなければ、死に切れるもんじゃない…!」

クェス 「相手をしている時間はないというのに…!」

ハマーン 「何のつもりだ、ハマーン!遊んでいるのか!」

     「ハマーンのプレッシャーが増大している…!」

バナージ 「バナージ!意識はないのか!?」

     「バナージ!ユニコーンを抑えられるのはお前だけだ!」

フロンタル 「そう来るか、フル・フロンタル!」

      「シャアとは異質な気…。だが、確かにシャアを感じる…!」

ロニ 「人はまた過ちを繰り返すのか…!」

ネオ・ジオン兵 「こんなやり方が世直しだと信じているなら…!」

        「指導者のエゴに、踊らされた結果がこれか!」

        「踊らされている事に気づいていないのか…!?」

回避

シャア 「赤い彗星も地に落ちたものだな!」

    「シャア!これがお前の覚悟か!」

ハマーン 「何のつもりだ、ハマーン!遊んでいるのか!?」

バナージ 「バナージ!意識はないのか!?」

フロンタル 「そう来るか、フル・フロンタル!」

ネオ・ジオン兵 「こんなやり方が世直しだと信じているなら…!」

        「指導者のエゴに、踊らされた結果がこれか!」

ブライト・ノア

援護攻撃

アムロ 「背負い込みすぎるなよ、アムロ!」

シャア 「さすがだな、シャア!」

カミーユ 「カミーユ、いい攻撃だ!」

カツ 「カツ、深追いはするな!」

ハマーン 「ハマーンを手伝うぞ!」

ハサウェイ 「ハサウェイ!あまり離れるなよ!」

バナージ 「バナージ、大したものだ!」

リディ 「焦るなよ、リディ少尉!」

オットー 「タイミングはネェル・アーガマに合わせる!」

大尉 「大尉が戦線に穴を開けてくれたか!」

中尉 「中尉に続いて仕掛けるぞ!」

少尉 「少尉の援護をするぞ!」

援護防御

アムロ 「何をしている、アムロ!」

シャア 「赤い彗星には、まだやるべき事がある!」

カミーユ 「カミーユを落ち着かせろ!」

カツ 「カツ、また無茶な真似を!」

ハマーン 「ハマーンの前に出るぞ!」

ハサウェイ 「すまんな、みんな…!」

バナージ 「バナージに後退指示を!」

リディ 「リディ少尉、功を焦り過ぎだ!」

オットー 「ネェル・アーガマは本艦の後方へ!」

大尉 「大尉をやらせるわけにはいかん!」

中尉 「中尉を下がらせろ!」

少尉 「少尉をサポートするんだ!」

攻撃

シャア 「何としてもシャアを抑えるんだ!」

    「相手は赤い彗星だ!細心の注意を払え!」

    「奴のやり方は知っているつもりだ…!」

    メラン「先頭の一機は、後続機の約3倍の速度で接近中です!」 「相手は赤い彗星だ!足だけでも止めろ!」

ハマーン 「ハマーンめ!自ら出て来たか…!」

バナージ 「バナージ…!ガンダムに呑み込まれたのか…!」

バナージ ロニ MIXY 「今は、こんな手段しか取れない…!」

             「各砲座、直撃はさせるなよ!」

             メラン「どうにもやりづらいものですな…」 「だからこそ、我々の手でやらねばならん!」

フロンタル 「フロンタルが来るぞ!迎撃だ!」

ジンネマン 「攻撃目標、ガランシェール!」

ヒル 「レウルーラに仕掛けるぞ!」

親衛隊 「袖付きの親衛隊だ!来るぞ!」

強化人間 「あれは強化人間の機体だ!締めてかかれ!」

モビルアーマー 「モビルアーマーが来るぞ!弾幕、厚くしろ!」

ガンダム系 「相手はガンダムだ!抜かるなよ!」

      「あのガンダムは、我々で落とすぞ!」 メラン「厳しいですが、やってみましょう!」

ジオン兵 「一年戦争の続きをしようっていうのか…!」

     「奴らの一年戦争を終わらせてやるぞ!」

ネオ・ジオン兵 「ネオ・ジオンの好きにさせるなよ!」

        「ネオ・ジオンめ…!こんな時に…!」

        「奴らを叩くのが、ロンド・ベルの任務だ!」

        メラン「アクシズ、速度を増しています!」 「最大船速!敵防衛ラインを突破するぞ!」(第5657話)

        メラン「艦長、いくら何でも無茶です!」 「無茶でもやるんだよ!」(第5657話)

宇宙怪獣 インベーダー 「奴らが人類の天敵なら、我々は奴らの天敵となるぞ!」

            「奴らを止めるためにも、この戦線を死守する!」

使徒 「戦艦でも使徒を落としてみせる!」

怪物系 「化け物をのさばらせておくなよ!」

異星人系 「侵略者は我々の手で排除するぞ!」

スピード系 「相手のスピードに翻弄されるなよ!」

Sサイズ 「狙いがつけづらい相手だ!十分に引きつけろ!」

スーパー系 「相手は重装甲だ!火力を集中させろ!」

指揮官系 「指揮官機を優先的に狙え!」

     「奴が戦術の中心だ!奴さえ叩けば…!」

戦艦 「敵艦を狙え!対艦戦闘を仕掛けるぞ!」

   「足を止めての撃ち合いになるか…!」

リアル系ボス系 「エゴに染まった独裁者の言葉など聞く必要はない!」

ボス系 「力による支配など、認めるわけにはいかない…!」

アンチスパイラル 「総員、奮起せよ!この戦いに終止符を打つぞ!」

         「諸君らの命、預からせてもらう!総員、攻撃準備!」

所属不明機 「相手の正体はわからないんだ!注意を怠るなよ!」

ジェミニス 「戦争の黒幕は我々の手で片を付けるぞ!」

      「奴らに自分達のしてきた事のツケを払わせてやるぞ…!」

被ダメージ

シャア 「各員、赤い彗星と言えど臆するなよ!」

    「遊んでいるのか、シャア…!」

    「シャア…!本気という事か!」

    「赤い彗星の脅威を、また味わう事になるとはな…!」

ハマーン 「ハマーンが、この程度とは思えんが…」

     「ハマーンめ…!こちらの死角を突いてきたか!」

フロンタル 「フロンタルめ、余裕を見せてくれる…!」

      「確かに戦いぶりは、赤い彗星の名に相応しいか…!」

ジオン兵 「無駄に士気だけは高いという事か…!」

     「投降を呼びかけても無駄か…!」

     「怯むな!ロンド・ベルの力を見せるぞ!」

     「執念が連中に力を与えてると言うのか…!」

ネオ・ジオン兵 「ネオ・ジオンは波状攻撃で来る!気を抜くなよ!」

        「ネオ・ジオンめ…!まだ続ける気か!」

        「ネオ・ジオンめ…!やってくれる!」

        「士気の高さは、こちら以上か…!」

        メラン「艦長!これ以上は無茶です!」 「無茶でもやるんだよ!今はその時だ!」

        メラン「機関出力、低下!」 「もたせろ!アクシズが落ちるんだぞ!」

ガンダム系 「ガンダムの名を持つ以上、これで済むとは思えんな…」

      「認めたくないが…やはりガンダムだけの事はある!」

怪物系 「化け物め…!ロンド・ベルを甘く見るなよ!」

    「見た目だけではなく力も化け物か…!」

宇宙怪獣 インベーダー 「各員、怯むなよ!人間の底力を見せてやれ!」

            「くっ…!人類の天敵というのが実感できるな…!」

ハサウェイ・ノア

援護攻撃

アムロ 「さすがはアムロさんだ!」

アムロ シャア 「あれがエースパイロットの戦い方か…!」

ブライト 「父さん、後は任せて!」

カミーユ 「カミーユさんの次は僕だ!」

カツ 「カツさんだって、頑張ってるんだ!」

ギュネイ 「あいつにだけは負けられない!」

クェス 「ちゃんとやれるってクェスに見せないと!」

シャア 「あの人、本当に彗星みたいだ…!」

オットー 「オットー艦長、援護します!」

ガンダム系 「やっぱり、ガンダムはすごいや!」

援護防御

アムロ 「アムロさんをやらせるわけには…!」

ブライト 「父さん!ラー・カイラムを下げて!」

カミーユ 「カミーユさんは後退を!」

カツ 「カツさん、無茶し過ぎだよ!」

ギュネイ 「クェスを守るんじゃないのかよ!」

クェス 「クェスは僕が守るんだ!」

シャア 「情けないですよ、こういうの!」

オットー 「オットー艦長、今のうちに後退を!」

ガンダム系 「ガンダムだって不死身じゃないんだから!」

攻撃

クェス 「罵りあってるだけじゃいけないよ、クェス!」

    「クェスを取り戻す方法が、これしかないなら…!」

    「この光の中にクェスがいる…!」

シャア 「クェスをマシーンにして!」

    「シャア!あんたさえいなければ!」

ギュネイ 「クェスはあんた達とは違うんだ!」

     「あんたにクェスを渡すもんか!」

フロンタル 「何だ、こいつ?シャアなのか…!?」

アンジェロ 「フル・フロンタルのおまけだろ!」

ネオ・ジオン兵 「ジオンはそんなに戦争がしたいのかよ!」

        「やる事が極端すぎるんだよ!」

        「これだから、大人って…!」

        「あんた達がそんなだから、子供が頑張らないといけないんだ!」

        「もう、戦争は終わったんだ!わかってよ!」

        「アクシズを止めなきゃ!」(第5657話)

        「地球にはママとチェーミンがいるんだ!」(第5657話)

ニュータイプ 「そんなプレッシャーが何だ!」

強化人間 「人を戦争の道具にするだなんて…!」

     「クェスと同じだ…!利用されている!」

軍隊系 「戦争をしてる場合じゃないのに…!」

ガンダム系 「敵にもガンダムがいるなんて…!」

バジュラ 「な、何だ?心のようなものを感じるけど…!」

     「今は戦うしかないけど、いつかは…!」

異星人系 「星が違うってだけで戦いを仕掛けるなんて…!」

宇宙怪獣 インベーダー 「こんなのを通したら、本当に地球が滅んじゃうよ!」

怪物系 「こんなのをチェーミン達に近づけさせるわけには…!」

    「こんな化け物までやってくるなんて…!」

リアル系ボス系 「憎しみを吐き出すだけの大人なんて…!」

ボス系 「独善的なものの見方しかしないで!」

アンチスパイラル 「みんなが笑って暮らせる世界にするんだ!」

         「あのサイコ・フレームの輝きを信じるんだ…!」

ジェミニス 「そういうのはやっちゃいけないんだよ!」

      「守るんだ!絶対に地球を!」

被ダメージ

クェス 「そんなんだから、敵だけを作るんだよ!」

    「もうやめるんだ、クェス!」

    「その機体から下りるんだ、クェス!」

    「顔を見れば、そんなイライラすぐに忘れるよ!」

シャア 「相手が赤い彗星だからって…!」

    「や、やっぱり、赤い彗星だ…!」

フロンタル 「強い…!それ以上に怖い相手だ…!」

回避

クェス 「そんなんだから、敵だけを作るんだよ!」

    「もうやめるんだ、クェス!」

シャア 「相手が赤い彗星だからって…!」

撃墜

クェス 「クェス!君はどうして…!?」


[PR]
# by 7071sprw | 2014-07-06 09:38 | 第3次スーパーロボット大戦Z | Comments(0)