オレグ ムラタ アラセリ
オレグ・ナザロフ
攻撃
エクセレン 「死ね、アインスト!」
        「アインスト!貴様を生かしておくわけにはいかん!」
        「この傷の痛み……貴様にも味わってもらう!」
        「アインストは残らず駆逐せねばならんのだ!」
レオナ 「トロイエ隊の生き残りが鋼龍戦隊にいるとはな……!」
     「貴様も裏切り者だな!」
ユウキ 「ユウキ・ジェグナン……この裏切り者が!」
     「ユウキ!見所のある奴だと思っていたがな!」
ユウキ カーラ 「裏切り者にかける情はない!」
           「貴様……!バン大佐の恩義を忘れたか!」
ゼンガー 「ゼンガー・ゾンボルト……DCを混乱させた罪、許すわけにはいかん!」
       「ゼンガー……貴様はDCの理念を理解していたはずだ!」
レーツェル 「エルザム少佐……我ら側に付いて然るべきではないのか?」
        「エルザム少佐!何故、父親の遺志を継いで立ち上がらんのだ!」
マサキ 「仕留めてやるよ、サイバスター!」
     「サイバスター……最優先の標的だ!」
リューネ 「ビアン総帥の娘と言えど、敵対するのであれば!」
      「DC再興に協力しないのならば……死んでもらう!」
      「邪魔をするのであれば、総帥の娘と言えど!」
魔装機神 「魔装機神を仕留めれば、手柄になる!」
       「この世界じゃ、魔装機神は極上の獲物だからな……!」
アルトアイゼン 「潰してやるさ、アルトアイゼン!」
           「奴さえ仕留めれば、鋼龍戦隊は!」
           「奴もアインストになるかも知れんからな……!」
鋼龍戦隊 「どこであろうと、連邦に与する者は死ね!」
       「相手が貴様らなら、戦う理由がある!」
       「この異界の地で果てるがいい!」
       「行くぞ、鋼龍戦隊!」
       「鋼龍戦隊、貴様らとの因縁を断つ!」
       「連邦の力の象徴、鋼龍戦隊を討つ!」
       「今度は貴様らが煮え湯を飲む番だ!」
被ダメージ
エクセレン 「チッ、アインストめ!」
       「アインスト、やはり貴様は許せん!」
       「アインストめ、やってくれたな!!」
       「ぐうう……古傷がうずくぜ……!」
       「ううっ、アインストにやられてたまるかよ!」
       「ア……アインスト!貴様ぁっ!!」
ユウキ 「効かんぞ、ユウキ・ジェグナン!」
     「貴様はもう少しやると思っていたがな」
     「まだ甘いな、ユウキ・ジェグナン!」
     「ちいっ!ユウキ、貴様……!」
     「お、おのれ、ユウキ!!」
     「ユウキ、貴様に後れを取るとは……!」
カーラ 「フン、やはり、ユウキほどではないな」
     「チッ、裏切り者めが!」
     「裏切り者が調子に乗るな!」
     「ぐうっ……裏切り者にやられてたまるか!」
     「くそっ!裏切り者がよくもこんな!!」
ゼンガー 「そんなものか、ゼンガー・ゾンボルト!」
      「案外非力だな、ゼンガー!」
      「ぬうっ!ゼンガーめ、よくも!」
      「ゼンガー!まだ勝負は付いていない!」
      「ぬぐっ……!ゼンガーを止められんのか!」
      「う、受け止めたぞ、ゼンガー!!」
マサキ 「浅いな、サイバスター!」
     「サイバスター……スピードは大したものだがな」
     「さすがにやるな、サイバスター!」
     「おのれ、サイバスターめ!」
     「ええい、サイバスターを止められん!」
     「ぐああっ!サイバスターめ!」
リューネ 「そんなものか、ヴァルシオーネの力は!」
      「甘いな、リューネ・ゾルダーク!」
      「ぬぐっ!やるな、ヴァルシオーネ!」
      「リューネ・ゾルダーク、まだ終わってはいないぞ!」
      「こ、これがヴァルシオーネの力なのか……!」
      「リュ、リューネ・ゾルダーク……やってくれる!!」
魔装機神 「どうした?魔装機神の名が泣くぞ」
       「魔装機神など、大したことはない」
       「魔装機神相手で、油断したつもりはないが……!」
       「やはり、魔装機とは一味違うな……!」
       「こ、これが魔装機神の力か……!!」
       「何としても、魔装機神を止めなければ……!!」
アルトアイゼン 「アルトアイゼン……買い被り過ぎたか」
           「ただ突っ込んでくるだけか、アルトアイゼン!」
           「ア、アルトアイゼン……何てパワーなんだ!!」

ムラタ
攻撃
ブリット リュウセイ ラウル マサキ 「勢いだけの若造など!」
                       「青二才が!」
                       「若造が!貴様では食い足りん!」
ゼンガー 「兄弟弟子同士の対決か…面白い!」
      「下らぬ大義に縛られた剣など!」
      「参るぞ、ゼンガー・ゾンボルト!」
      「ゼンガー!貴様との死合を待ち望んでいたぞ!」
      「艦を斬る剣は斬艦刀だけではないわ!」
リシュウ 「貴様から学ぶことはもうないわ!」
      「師匠殺しの汚名、望むところよ!」
      「老木は朽ち果てるのみ!」
      「無意味な題目など、元より馬耳東風!」
ラウル 「小僧!俺の邪魔をした報いを受けろ!」
ジガンスクード 「巨大なる盾か。たちどころに両断してくれる!」
ATXチーム 「参るぞ、ATXチーム!」
        「ATXチームの実力、見せてもらおうか!」
        「ATXチーム…この俺に相応しい相手だ!」
教導隊 「元教導隊…この俺に相応しい相手だ!」
新教導隊 「馴れ合いの教導隊など、相手ではないわ!」
特機系 「特機か…。フフフ、血が騒ぐわ!」
     「準特機型の機体を甘く見るわけにはいかん。神速で斬る!」
     「大物の特機だな。我が剣の錆となれ!」
     「獲物は大きければ、大きい程良い!」
     「特機こそ、我が獲物に相応しい!」
女性 「我が前に立ちし者は、たとえ女子供でも斬る!」
    「女子供だろうと、容赦はせん!」
    「情などかけん。覚悟せい!」
被ダメージ
ブリット リュウセイ マサキ ラウル 「貴様の情動など、通用せんわ!」
                       「どうした、小僧…それが貴様の気迫か?」
                       「若造…叫んでいれば勝てるというものではないぞ」
                       「ふふふ…怒りに任せた打ち込みか、小僧」
ブリット ゼンガー 「リシュウの弟子など、所詮その程度よ」
            「お前はリシュウの題目に囚われている!」
            「リシュウと違い、死合を経てきただけのことはある!」
ゼンガー 「甘いぞ、ゼンガー・ゾンボルト!」
     「フン……浅いな、ゼンガー!」
      「ゼンガー!貴様にも斬れぬ物があると知れい!」
     「どうした、ゼンガー!それで終わりか!」
     「艦は斬れても、この“無明”を斬ることは出来ん!」
     「う、受け止めたぞ…!貴様の斬艦刀を!!」
     「フハハハ!ゼンガー、まさにこれが死合よ!!」
     「貴様の剣風で、俺の命の火は消せん!!」
リシュウ 「ふふ…老体に鞭打ったというわけか」
     「老いぼれの力など、そんなものよ!」
     「道場剣法で、この俺を倒すことは出来ん!」
     「うぐっ!老いぼれめ、さすがだな!」
     「こ、この老いぼれめが!」
教導隊 「旧教導隊など、解散して当然よ」
    「どうした!教導隊とは名ばかりか!」
    「所詮は過去の遺物…!俺を斬り捨てるには至らん!」
特機系 「噂の特機も大したことはないな」
    「図体の割には非力だな」
    「フン、食い足りん特機だ」
    「ほう…その威力、さすがだと言っておこう」
    「フハハハ!小物相手では味わえぬ高ぶりよ!」
    「凡百の機体とは一味違うようだな!」
    「うぐっ!特機の力でも我が“無明”は落とせん!」
    「そ、その巨体は伊達ではないようだな!」
    「俺を奇胎に追い込むとは…非凡なる人機よ!」
女性 「チッ…女子供と侮ったか!」
    「女…逃げずに向かってきた度胸は認めてやろう」
    「女ごときにこの俺は倒せん!」
    「ぐっ!女子供に遅れを取るとは!」
    「ぬぐっ!女!必ず斬る!!」
    「おのれ、女!!」

アラセリ・ガルシア
援護攻撃
スレイ 「援護するぞ、スレイ!」
援護防御
スレイ 「スレイ、下がりたまえ!」
攻撃
エクセレン 「ライン・ヴァイスリッター……相手に取って不足はない」
リュウセイ 「SRX……相手に取って不足はない」
アイビス 「アルテリオン……仕上がり具合を見せてもらおうか」
       「アルテリオンの性能を試してやる」
       「それがシリーズ77の最終形態と言うわけか!」(ハイペリオン搭乗時)
       「流星も彗星も、まとめて地に堕ちるがいい!」(ハイペリオン搭乗時)
       「ハイペリオン……このサイリオンで落としてみせる!」(ハイペリオン搭乗時)
アイビス スレイ 「このサイリオンも、シリーズ77の産物なのだよ」
           「サイリオンならば、シリーズ77と互角以上に戦える!」
           「このサイリオンは、シリーズ77を凌駕するのだよ!」
           「プロジェクトTDの機体など、相手ではない!」
マサキ 「魔装機神サイバスター……格好の相手だ」
      「データを取らせてもらうぞ、サイバスター」
リューネ 「ああいう人型との交戦データは貴重だからな」
      「ヴァルシオーネとの交戦データは、高く売れる」
アルトアイゼン 「アルトアイゼンか。いい交戦データだ」
ATXチーム 「しばしの間、相手をしてもらうぞ、ATXチーム」
SRXチーム 「Rシリーズ……いい交戦データが期待できるな」
        「Rシリーズの性能を試させてもらおう」
        「相手をしてもらおうか、SRXチーム」
ダブルG 「ダブルG……この上ない交戦相手だ」
      「ダブルGと教導隊出身者の組み合わせは、申し分ない」
魔装機神 「魔装機神は地上でも貴重な存在だからな……」
特機系 「鋼龍戦隊の特機か。望む所だ」
      「特機との交戦データは高値で売れる」
      「大物相手の方が、好都合なのでな」
エース系 「フッ、好カードだな」
      「このカード、望む所だ!」
      「奴と戦えるのは僥倖だな」
      「貴重なカードだ。いいデータが期待できる」
      「奴との交戦データは高く売れる」
被ダメージ
エクセレン 「ヴァイスリッター……以前より弱体化しているのか?」
       「アインストの力を手に入れたと聞いていたが……」
       「ほう……思っていたより速いな、ヴァイスリッター」
       「ヴァイスリッターめ、なかなか読みにくい動きをする」
       「パーソナルトルーパーの動きではないぞ、あれは!」
       「これもアインストの力が成せる業か……!」
アイビス 「アルテリオンの力は、その程度ではあるまい?」
      「さすがのスピードだな、アルテリオン」
      「くっ!そう簡単に振り切れんか、アルテリオンは!」
      「くっ!ハイペリオンを振り切れん!」(ハイペリオン搭乗時)
      「チッ、サイリオン以上のスピードか!」(ハイペリオン搭乗時)
      「な、何だ……!?ハイペリオンの動きが見えん!」(ハイペリオン搭乗時)
      「ハ、ハイペリオン……!あの大きさであれだけの速度を出すとは……!」(ハイペリオン搭乗時)
      「くううっ!速すぎるぞ、ハイペリオン!」(ハイペリオン搭乗時)
      「ぐううっ!ハイペリオンに対応出来ん!」(ハイペリオン搭乗時)
スレイ 「フッ、浅いな、スレイ」
     「その程度か、スレイ」
     「くっ!やるな、スレイ」
     「スレイ……これ以上はやらせんよ」
     「こ、こちらはベガリオン以上の性能なのだぞ!」
マサキ 「なかなかのスピードだ、サイバスター」
     「くっ……!おかげでいいデータが取れたよ、サイバスター」
     「サイバスターの動きを見切れんとは……!」
リューネ 「ヴァルシオーネ……もう少しやってもらわねばな」
      「ヴァルシオーネ……思ってた以上に柔軟な動きだな」
      「くっ……!ヴァルシオーネめ、やってくれる!」
アルトアイゼン 「もう少し手強いはずだ、アルトアイゼンは」
          「アルトアイゼンがこの程度だとは思えんが……」
          「所詮は欠陥機ということか」
          「さすがだと言っておこう、アルトアイゼン」
          「記録したぞ、アルトアイゼン」
          「欠陥を補う別の長所があるようだな……!」
          「ちいっ!押しの強さは噂以上だな、アルトアイゼン!」
          「アルトアイゼンのデータを更新せねば……!」
SRXチーム 「Rシリーズ……期待外れだな、これでは」
        「他のパーソナルトルーパーと変わらんようだな」
        「記録したぞ、Rシリーズ」
        「Rシリーズを甘く見たつもりはないが……!」
        「他のパーソナルトルーパーとは、一味違うか……!」
        「Rシリーズの実力、見せてもらったぞ」
ダブルG 「ダブルGは、これほどまでに非力だったのか?」
      「ダイナミック・ゼネラル・ガーディアンなどと……名前だけは大層だがな」
      「さすがダブルGだ。いいデータが取れた」
      「データを取らせてもらったぞ、ダブルG」
      「ダブルGめ、何というパワーだ!」
      「これ以上ダブルGを相手にするのは危険か……!」
ジガンスクード 「ジガンスクード……所詮は旧型機か」
         「ぐっ!現行の特機と遜色ないか……!」
グルンガスト系  「グルンガストがこの程度などと……物足りんな」
           「グルンガストならば、もう少しやると思っていたがな」
           「記録したぞ、グルンガスト」
           「ちっ!侮れんな、グルンガストは」
           「さすがにやるな、グルンガストは!」
           「グルンガストを相手にして、無傷でデータは取れんか……!」
リオン系 「それでは、改造した意味がないようだな」
      「増加パーツを付けただけではないらしいな」
      「パーツを寄せ集めただけの機体ではないらしいな!」
魔装機神 「魔装機神の力、侮れんな」
      「チッ、魔装機神を甘く見たか……」
      「魔装機神は一筋縄ではいかんな……!」
特機系 「鋼龍戦隊の特機なら、いいデータが得られると思っていたが……」
     「特機ならば、もう少し手応えがあるはずだがな」
     「くっ、特機ならではのパワーだな……!」
     「フッ……特機相手のデータ取りは、それなりの覚悟がいるな」
     「ぐっ……!サイズ差によるダメージは、如何ともし難いか」
     「特機の攻撃は、受け流しつつデータを取らねば……!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-19 21:48 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)