ゲンナジー ザッシュ
ゲンナジー・コズイレフ
援護攻撃
マサキ 「手伝うぞ、マサキ」
テュッティ 「後は任せろ、テュッティ」
ミオ 「ミオ、手伝おう」
プレシア 「プレシア、詰めが甘いぞ」
援護防御
マサキ 「マサキ、ここは俺が!」
テュッティ 「テュッティ、危険だ!下がれ!」
ミオ 「ミオ、下がれ!」
プレシア 「いかん、プレシア!俺の後ろに回れ!」
攻撃
ジョグ 「なるほど……手強そうな相手だ」
     「む……こやつ、出来るな」
     「ほう、いい反応だ。気を引き締めてかからんとな」
エリス 「ほう、気の強い女だ。だが、それもまた……」
     「む……女か。だが、手は抜かん」
ザッシュ 「カークス将軍の息子か。その腕前、拝見させてもらおう」
      「素質はあるようだが……まだまだ青二才だな、ザシュフォード!」
アハマド 「同じ風系の魔装機操者として、貴様の行動は捨ておけんな、アハマド」
      「貴様の正義は、俺のものとは相容れんようだな、アハマド!」
カークス 「あなたの野心もここまでです、カークス将軍!」
      「カークス将軍!討ち取らせていただく!」
オールト 「オールト将軍、お覚悟を」
      「同じ武人として、将軍の心情はお察ししますが……今は敵!」
フェイル 「フェイルロード殿下、よもやこのようなことになろうとは……こうなれば、是非もなし!」
      「俺には全てを救うだけの力がない……殿下、お覚悟を!」
サフィーネ 「サフィーネか……その腐った性根、叩き直してくれるわ!」
       「軟弱者めが!性根を入れ替えろ!」
       「相も変わらず、不真面目な奴め……貴様の道楽などに付き合っていられるか!」
シュウ 「貴様……地上で何があった!?」
     「貴様……王都テロ事件とどう関わっていた!?」
ルオゾール 「また貴様か、ルオゾール……しつこい男だ」
        「怪しげな呪い師が……どうせろくでもないことを企んでいるのだろう」
ヴォルクルス 「むう……何という威圧感だ。破壊神と呼ばれるだけはあるな」
         「醜き化け物め、退治してくれる!」
被ダメージ
ジョグ 「その程度か……見込み違いだったな」
     「ええい、この程度の攻撃を避け損なうとは……」
エリス 「ふっ……やはり、その程度か」
     「ほう、なかなかの腕だな……」
ザッシュ 「どうした、ザシュフォード。その程度の力では俺には勝てんぞ!」
      「くっ、意外とやるな、ザシュフォード!」
      「ぬおおっ!や、やるな、ザシュフォード……見事だ!」
アハマド 「アハマドよ、腕が鈍ったか!」
      「くっ!さすがだと言っておこう、アハマド!」
      「ぐおっ……!まずいぞ……アハマドめ、腕を上げた!」
カークス 「効きはしませんよ、カークス将軍」
      「む、さすがはカークス将軍。やるものですな」
      「ぐあぁっ!!ま、まだだ……まだやられてはおりませんぞ、カークス将軍!」
オールト 「ジャオームの装甲とて、引けは取りませんよ、将軍」
      「ぬうっ!?ブローウェルにこれ程のパワーがあるとは……!」
フェイル 「殿下、手を抜いておられるのですか?」
      「くうっ!デュラクシール……さすがにパワーがある!」
      「こ、これがデュラクシールの力か……!」
サフィーネ 「心根が軟弱だから、その程度なのだ、サフィーネ!」
       「ぬ、甘く見過ぎていたか。やるな、サフィーネ」
       「俺をここまで追い詰めるとは……やるな、サフィーネ!」
シュウ 「どうした、シュウ。貴様の力、その程度ではあるまい?」
     「むっ、シュウ・シラカワ……やはり、只者ではない……!」
     「ぬぐっ!グランゾン……恐るべし!」
ルオゾール 「ふっ……甘く見たな、ルオゾール」
        「ちっ、貴様と遊んでいるヒマはない!さっさと立ち去れ、ルオゾール!」
ヴォルクルス 「ふん……存外大したことはないな」
         「ぬっ!なるほど、破壊神と呼ばれるのは伊達ではないということか」
         「ぬうっ!!な、何という力だ……恐るべし、ヴォルクルス……」
回避
ジョグ 「いい腕だが、当たらなければな」
エリス 「見くびってもらっては困るな」
ザッシュ 「ふっ、まだ若いな」
アハマド 「貴様の攻撃パターンは読めている!」
カークス 「当たりませんよ、将軍」
オールト 「オールト将軍、無理をなさるな」
フェイル 「殿下……本気のようですな」
サフィーネ 「ふっ……ふざけているからそうなる」
シュウ 「相変わらず恐ろしい力だ……だが、かわしてしまえば!」
ルオゾール 「貴様の相手などしていられるか!」
ヴォルクルス 「いくらパワーがあろうと、当たらなければ!」

ザシュフォード・ザン・ヴァルハレヴィア
援護攻撃
マサキ 「援護します、マサキさん!」
テュッティ 「テュッティさん、僕がフォローします!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、僕にも手伝わせてください!」
ミオ 「ミオ、ここは僕に任せてくれ!」
リューネ 「リューネさん、後は任せて下さい!」
援護防御 
マサキ 「マサキさん、ここは僕に任せて下さい!」
テュッティ 「下がってください、テュッティさん!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、僕が盾になります!」
ミオ 「ミオ、ここは僕が受け止める!」
リューネ 「リューネさんは僕が護る!」
攻撃
ヤンロン 「ヤンロンさん、僕も軍人となった以上、命令には背けません。お覚悟を!」
      「くっ、この圧倒的なプラーナ……これが魔装機神、グランヴェール……!」
      「相手はグランヴェール、生半な方法で勝てる相手じゃない……ならば、先手必勝!」
リューネ 「リューネ・ゾルダーク……だ、駄目だ、闘志が湧いてこない……」
      「あんな子と戦わなきゃならないなんて、何て残酷な運命なんだ……」
      「どうして君と戦わなきゃならないんだ……リューネ、僕は……!」
アハマド 「アハマド殿、僕だって色々と考えているんです!一方的に断罪なんて!」
      「僕はこれが正しいと思ったんです!後悔なんてしません……するもんかっ!」
      「戦いを広げない正義と、妥協は違うんですよ!アハマド殿!」
カークス 「父さん、もう止めてよ!!終わったんだ……終わりなんだよっ!!」
      「何が大義だよ、父さん!そんなのただの野心じゃないか!」
      「父さんのやってることは間違ってる!何としてでも止める!」
オールト 「ただのブローウェルじゃない。一目見ればわかる……どれだけ改造したんだ、いったい!?」
      「オールト将軍の忠義はわかります!けど、見過ごせないこともあるんです!」
フェイル 「フェイルロード殿下……殿下まで、父と同じようになるなんて……」
      「フェイルロード殿下、こんなのって……こんなのって、あんまりですよ!」
ヴォルクルス 「あれが破壊神ヴォルクルス……何て邪悪なプラーナなんだ……!」
         「あんな化け物が神だなんて……僕は認めないっ!絶対に!」
ヴォルクルス コンターギオ 「くっ、気圧されるな……あんな奴を野放しにしちゃいけないんだ!」
エルデ 「あなたの理屈を一方的に押し付けられたって!」
イルイ 「あなたのやることは加護なんかじゃない!呪縛ですよ!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン!あなたは独善的過ぎるんです!」
ゲスト系 「ゲストの好きにはやらせない!」
      「ここでゲストを食い止めてみせる!」
ペルフェクティオ 「あれが、”破滅の王“……!」
メリオルエッセ 「たとえメリオルエッセが相手だろうと、全力を尽くすのみ!」
ルイーナ 「そのルイーナは、僕が引き受けます!」
       「あんなのを野放しには出来ない!」
       「行くぞ、ルイーナ!」
ユーゼス 「自分の妄想に、世界と僕達を巻き込まないで下さい!」
被ダメージ
ヤンロン 「手加減したんですか、ヤンロンさん!」
      「グランヴェールにやられてこの程度なんて、運がいいってことか……!」
      「だ、ダメだ!グランヴェールが相手じゃ、もうもたない!」
リューネ 「情けを加えたつもりかい?だとしたら、侮辱だよっ!」
      「うっ!凄いな、ヴァルシオーネって。あの細身に、よくこれだけのパワーが……!」
      「強い……!何て力なんだ、リューネ・ゾルダーク!」
アハマド 「何だ、これは……!勝機!?」
      「うぐっ!これがソルガディの力か……でも、まだいける!」
      「つ、強い……!これがアハマド殿の本気か!」
カークス 「父さん!もうやめてくれっ!」
      「くっ……父さん!本気なんだね……」
      「と、父さん……何で……何でここまでしてっ!」
オールト 「無駄です、オールト将軍!投降してください!」
      「ブローウェルのパワーとは思えないな、これは……!」
      「う、嘘だろ!?何でブローウェルにここまでやられるんだ!?」
フェイル 「もうやめて下さい、フェイルロード殿下!」
       「ぐっ……!デュラクシールの力、想像以上だ……でも、まだ!」
       「ぐああっ!な、何て強さだ、デュラクシール……!」
ヴォルクルス 「くっ……かすっただけでもこれか……」
         「やるっ!破壊神と言われるだけのことはある!」
         「こ、この化け物め……!!」
回避
ヤンロン 「グランヴェールの攻撃……食らったら終わりだ!」
リューネ 「くっ!いくら君でも、当たるわけには!」
アハマド 「くっ!さすがアハマド殿。一瞬判断が遅れていたら、やられていた……」
カークス 「このっ!父さん!!」
オールト 「元がブローウェルなら、限界はある!」
フェイル 「甘いです、フェイルロード殿下!」
ヴォルクルス 「くっ!当たってないのに何てプレッシャーだ……」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-20 12:46 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)