テュッティ ヤンロン
テュッティ・ノールバック
援護攻撃
マサキ 「マサキ、支援するわ!」
ヤンロン 「後は任せて、ヤンロン!」
ミオ 「援護するわね、ミオ」
リューネ 「リューネ、バックアップするわ!」
セニア 「セニア様、次は私が!」
プレシア 「手伝うわね、プレシア!」
ゲンナジー 「ゲンナジー、後は任せて!」
サフィーネ 「もう……しょうがないわね。これっきりよ、サフィーネ」
モニカ 「モニカ様、お手伝いします」
援護防御
マサキ 「マサキ!危ないっ!」
ヤンロン 「ヤンロン、ここは私が!」
ミオ 「ミオ、油断しないで!」
リューネ 「リューネ、ここは私が!」
セニア 「セニア様、下がってください!」
プレシア 「危ない、プレシア!」
ゲンナジー 「ゲンナジー、下がって!」
サフィーネ 「もう、世話焼かせないでよ、サフィーネ」
モニカ 「モニカ様、危険です!」
攻撃
ジョグ 「意外とやり手ね、この相手……心してかからないと」
     「構えに隙がない……油断ならない相手ね」
     「この反応速度……ただの兵士ではないようね。気をつけないと」
ロドニー 「ザムジードは、あなた達が勝手に使ってはいいような機体じゃないのよっ!」
      「シュテドニアスの手に渡ってるなんて……必ず取り戻してあげるわ、ザムジード!」
      「あのザムジードを無理やり従わせるなんて……許さない!」
ザンボス 「いい動きをしてるわ……かなりの手練れね。気を付けないと」
      「一筋縄ではいきそうにない相手ね。慎重にいかないと」
      「あの相手、特殊部隊経験者……?用心に越したことはないわね」
ミラ 「ライオネス少尉、でしたわね。こんなことに命を懸ける必要はありません。撤退して下さい」
    「あなた……もしかして、ラテルのために戦ってるの?」
    「どうしても戦うというのなら、遠慮はしませんよ、ライオネス少尉!」
ラテル 「テリウス王子を奪われた以上、戦う意味なんてないでしょうに!」
     「ラテル!こんな無意味な戦いを続ける必要はありません!投降しなさい!」
     「仕方ないわね……あくまでも抵抗を続けるというのなら、実力を行使します!」
アハマド 「アハマド、あなたにはあなたの正義があるんでしょう……けど!私はそれに与しません!」
      「どういうつもりなの、アハマド!あなたのやっていることは、魔装機操者として許されることではないわ!」
      「ラングランの魔装機操者同士が戦うなんて……こんなの、おかしいと思わないの!?」
カークス 「カークス将軍、力は抑制するためにあるのです!無闇に振り回すのは子供と同じです!」
      「いったい、何があなたをそこまで変えてしまったのですか、カークス将軍!」
      「確かにあなたの実力は認めます、カークス将軍。しかし、簒奪行為は見過ごせません!」
オールト 「さすがはオールト将軍……ブローウェルをここまで改造してしまうなんて……」
      「あなたの忠誠心には敬意を表します、オールト将軍……しかし私は、魔装機神操者です!」
      「オールト将軍……あくまでも殿下と共に戦うのなら……私も力の限りを尽くします!」
フェイル 「……もはや、退く道は残されていないのですね、殿下……ならば、これが私にできる唯一の手向けです!」
      「……殿下、心中の苦しみ、お察しいたします……しかし、私はガッデスの操者です!」
      「殿下!理由を教えて下さい!そうでないと、私は……私は!」
      「何故……何故なんですか、殿下!?私には、殿下の御心がわかりません……」
      「殿下……何を隠しておられるのです!?本当の理由を教えて下さい!」
      「私が……もっと早く殿下のことに気づいていれば……他に手立てがあったかもしれないのに!」(イベント後)
ルオゾール 「いつもみたいにさっさと逃げ出せば?ルオゾール!」
       「お決まりのアストラルシフト装甲……しかも、対エクトプラズマ処理まで。これは、相手にするだけ無駄ね」
       「あなたを相手にしている暇はないの、ルオゾール!さっさと退散しなさい!」
ヴォルクルス 「あんな化け物が神の名を騙るなんて……おこがましいにも程があるわ!」
         「あれは……神というより、ヨツンヘイムの巨人ね……おぞましい」
トウマ 「待っていて……必ず助けるわ!」
ガイアセイバーズ 「これ以上、地上世界を混乱させてどうするの!」
           「あなた達に、地球の守護者を名乗る資格はないわ!」
           「戦う相手を間違ってるでしょう、あなた達は!」
夏喃 「夏喃、あなたの誘いには乗らない!」
泰北 夏喃 「不老不死が人を本当に幸せにするとは思えない……!」
       「人が人でなくなることに、幸福は見出せないわ!」
四凶 「禍々しい怪物ね……!」
    「四凶の超機人……人に仇なす存在であれば、容赦はしない!」
光龍 「孫光龍……一筋縄ではいかない相手ね」
    「光龍、あなたの価値観に賛同する気は毛頭ないわ!」
超機人 「超機人……油断出来ない相手ね」
      「あんなものが存在していたなんて……中国の歴史は奥が深いわね」
イルイ 「あんなものが神だなんて……!」
     「ガンエデン……あなたは地球の守護神なんかじゃない!」
妖機人 「デモンゴーレムとは違うみたいだけど……」
     「妖機人……早々に退治しなければ!」
     「よく見ると可愛い……と言えないわね」
ゼブ ロフ セティ 「異星人の中にも、変わった人がいるのね……」
ゼゼーナン 「覚悟しなさい、ゼゼーナン!」
       「ゼゼーナン、あなたの目論見はここで潰えることになる!」
ゲスト系 「私達の星を蹂躙することは許さない!」
      「魔装機神で異星人と戦うことになるなんてね……!」
      「ゲスト……地球圏から出て行きなさい!」
イグニス 「炎には水……このガッデスなら!」
      「その炎……水で掻き消す!」
ペルフェクティオ 「”破滅の王“……容赦はしないわよ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ……油断は出来ないわね」
メリオルエッセ ルイーナ 「あなた達が恐怖と絶望を撒き散らすのなら……!」
ルイーナ 「ルイーナ……放っておくわけにはいかないわね」
ユーゼス 「ユーゼス、あなたの運命は変わらない……ここで終わることになる!」
       「随分と大それた野望ね、ユーゼス……でも、あなたはいかなる未来へも進めない!」
被ダメージ
ジョグ 「なるほど……小手調べ、という所かしら」
     「うっ、やはりやるわね……!」
     「油断ならない相手とはわかっていたけど、ここまでやるなんて……」
ザンボス 「この程度なら、支障はないわ」
      「狙いが的確!?ただ者じゃない!」
      「ゆ、油断はしていなかったつもりだけど……かなり危険だわ……」
ロドニー 「この程度……あなたにはザムジードを扱えないわ!」
      「くっ……さすがはザムジード……敵に操られていても、そのパワーは健在ね」
      「ザ、ザムジードを敵に回すとやはり強敵ね……!」
ラテル 「ラテル!遠慮するくらいなら戦いをやめて!」
     「やるわね、ラテル!」
     「くうっ!!あ、侮っていたわ、ラテル……」
ミラ 「その程度で、ガッデスに立ち向かうつもりなの?ライオネス少尉」
    「うっ……少し油断したわ」
    「あうっ!?ま、まさかここまでやるなんて……」
アハマド 「あなたにしては、詰めが甘いわね、アハマド!」
      「くっ!さすがはアハマド、腕は落ちていないわね」
      「くうっ!!アハマド……手加減をする気はさらさらないようね……」
カークス 「損傷軽微。カークス将軍、慢心しましたね!」
      「つっ、さすがはここまで戦い抜いてこられただけのことはありますね、カークス将軍」
      「み、見事だわ、カークス将軍……ここまでやるなんて……!」
オールト 「いくらカスタム化しても、所詮はブローウェル!パワー不足は否めませんね!」
      「さ、さすがは将軍が手塩にかけたブローウェル……なめてかかれる相手ではないわ」
      「あうっ!まさか、ブローウェルにここまでのパワーがあるなんて……」
フェイル 「殿下……迷っておられるのですか?ですが、手心を加えるのは無用です!」
      「くっ……殿下……どうしても退けないのですね……」
      「くうっ、殿下……やはり、本気なのですね……!」
ルオゾール 「ルオゾール、腕が落ちたわね!」
        「くっ、ルオゾールなんかに構っている暇はないのに!」
        「駄目だわ、こんなのまともに相手にしていては……」
ヴォルクルス 「思ったよりダメージが小さいわね。見掛け倒しかしら」
         「くっ、この程度で済んだのは、僥倖と言うべきかしら」
         「くううっ!さ、さすがに、とんでもないパワーね」
エルデ 「取り込まれずに済んだのはいいけれど……!」
     「こ、このまま膨張し続けるというの……!?」
ガイアセイバーズ 「効いていないわよ、ガイアセイバーズ!」
            「くっ……どうあっても邪魔をする気なのね、ガイアセイバーズ!」
夏喃 「夏喃、狙いは正確ね」
    「や、やるわね、夏喃……!」
四凶 光龍 「ううっ……他の超機人より強い……!」
光龍 「くうっ!光龍、私はまだ!」
超機人 「くうっ!超機人……何てパワーなの……!」
イルイ 「ガンエデン……あの光に囚われるわけにはいかない……!」
     「こ、これが神の力だとでも……!?」
妖機人 「近くで見ると、さすがに……ね」
     「妖機人の動きは、ちょっと読みにくいわね……!」
ゼブ ロフ セティ 「……量産型とは一味違うわね」
            「ううっ……さすが指揮官機ね……!」
ゼゼーナン 「効いていないわよ、ゼゼーナン!」
        「ゼゼーナン、悪あがきを!」
ゲスト系 「侵略者に屈するものですか!」
      「地球を……あなた達の好きにさせるわけには……!」
ペルフェクティオ 「くっ、あの邪念は……!」
          「こ、これが”破滅の王”の力……!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセと言っても、大したことはないわね」
          「メリオルエッセ……さすがにやるわね」
ルイーナ 「ここでルイーナを食い止めなければ……!」
      「ルイーナにやられるわけには……!」
ユーゼス 「くっ、ガンエデン以上の力ね……!」
       「何としてもあの男を……ユーゼスを止めなければ!」
回避
ジョグ 「あなたの攻撃パターンは解析したわ!」
ザンボス 「何とかかわせたけど……要注意ね」
ロドニー 「ふう、いい腕ね。油断ならないわ」
ラテル 「ラテル、およしなさい!」
ミラ 「ライオネス少尉、あなたの腕でガッデスに立ち向かうのは無謀よ」
アハマド 「さすがに速い!でも、当たらなければ!」
カークス 「ふう……確かに以前と比べると雲泥の差ね、カークス将軍。でも、当たらなければ!」
オールト 「やめて下さい、オールト将軍!」
フェイル 「くっ、さすがは殿下……でも、かわせた!」
ルオゾール 「あなたの攻撃パターンは予測済みよ、ルオゾール」
ヴォルクルス 「ふう、危ないところだったわ。さすがに当たると、ただでは済みそうにないわね」
エルデ 「エルデ、あなたに取り込まれるわけには!」
ガイアセイバーズ 「あなた達は戦う相手を間違っている!」
夏喃 「夏喃、あなたの手には乗らないわ!」
泰北 夏喃 「仙人と言っても、互角に戦えそうね」
光龍 「凄い攻撃だけど……無駄よ、光龍!」
超機人 「超機人……動きをよく見れば、大丈夫ね」
イルイ 「神を騙る者などに!」
妖機人 「妖機人に捕まるわけにはいかないわ」
ゼゼーナン 「それで終わりかしら、ゼゼーナン」
ゲスト系 「ゲスト……量産機は、大したことなさそうね」
      「もう地球圏に干渉するのはおよしなさい!」
イグニス 「あなたの炎は、私には届かない!」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ、元いた所に還りなさい!」
メリオルエッセ 「そう簡単に絶望などしないわ」
ルイーナ 「無駄よ、ルイーナ」
ユーゼス 「ユーゼス、あなたに進む道などないわ!」

ホワン・ヤンロン
援護攻撃
マサキ 「よし、とどめは僕に任せておけ、マサキ」
テュッティ 「助太刀しよう、テュッティ!」
ミオ 「ふむ、よかろう。手伝うぞ、ミオ」
リューネ 「仕留め損ねたか、リューネ。仕方ない、手伝ってやろう」
セニア 「セニア様、手伝いましょう」
ゲンナジー 「うむ、ゲンナジーの力になろう」
サフィーネ 「仕方あるまい……手伝うぞ、サフィーネ」
シュウ 「貴様の手伝いか……まあ、今はいいだろう」
援護防御
マサキ 「いかん、マサキ!下がれ!」
テュッティ 「いかん、テュッティ!無理だ!」
ミオ 「くっ、ミオをかばう事になるとは!」
リューネ 「リューネ、下がれ!やられるぞ!」
セニア 「セニア様、下がってください!」
ゲンナジー 「ゲンナジー、僕の後ろに回れ!」
サフィーネ 「ちっ、仕方がない!下がれ、サフィーネ!」
シュウ 「くっ……まさか、貴様の盾になるとは」
攻撃
ジョグ 「ほう、なかなかの手練れのようだな。だが、相手が僕だったのが君の不幸だ」
     「なるほど、少しは出来ると見える。油断禁物だな」
     「あの動き……ただの雑魚ではないな。少し気を付けておくか」
エリス 「面白い気を持ってはいるが……まだまだ荒削りだな」
     「こうも感情的になるとは……御し難い女だ」
     「ふん……そう感情的になっては、魔装機の扱いはおぼつかんぞ」
ザッシュ 「少しは成長したようだな、ザッシュ。だが、魔装機神の相手をするにはまだまだ力不足だ」
      「君の力では僕は倒せん。不本意ではあるが、力ずくでもそれを教えてやろう」
      「血気盛んなのはいいが、君の場合は、匹夫の勇という言葉こそが相応しいな」
アハマド 「貴様の義は、僕の義と相容れん!大義なくして、何の戦いか!」
      「義を通さずして、真の平和はない!アハマド、見損なったぞ!」
      「不仁にして天下を得ることは、未だこれ非ず。貴様の考えは、本末転倒だ!」
カークス 「将軍、奸臣に成り果てましたね……ならば打ち倒すのみ!」
      「将軍、あなたは道を誤りました!僕は魔装機神操者として……あなたを倒します!」
      「残念ですよ、カークス将軍……僕はあなたの義を信じてきましたが、裏切られました」
オールト 「オールト将軍、あなたのその義を通す姿勢には感銘しますが……ここは譲れません!」
      「オールト将軍、それがあなたの信義なのですね……ならば僕も、全力を以てあたりましょう!」
      「王臣蹇蹇たり。躬の故にあらず、か……見事な忠臣ぶりです、オールト将軍」
フェイル 「殿下……僕は魔装機神操者として、殿下の行動を阻止します!」
      「殿下……!まさか、殿下までもがこのようなことを為されるとは……断腸の思いです」
サフィーネ 「もう、貸し借りはないからな。遠慮なく倒させてもらうぞ、サフィーネ!」
       「何を企んでいるかは知らんが、どうせろくでもないことだろう。今の内に阻止するぞ、サフィーネ」
       「何を企んでいるか、正直に言え。場合によっては見逃してやらんこともないぞ」
シュウ 「む……やはり以前とは変わったな、シュウ。地上で何かあったか?」
     「やれやれ、リューネのわがままで戦うことになったか……まあいい、行くぞ!」
     「王都でのテロ事件に、君は関与していたのか?……今の君に聞いても無駄か」
ルオゾール 「ええい、邪魔をするな!貴様などに拘っている暇はない!」
        「相変わらず卑怯な手を使ってるな、ルオゾール!」
        「あんな奴の相手をしている場合ではないというのに……しつこいぞ、ルオゾール!」
ヴォルクルス 「ヴォルクルスか……確かに捨て置けぬ相手だな」
         「尋常ではない負の気を感じる……やはり、ラ・ギアスに脅威をもたらす存在とはこいつか……」
ヴォルクルス 四凶 コンターギオ 「何とも禍々しい怪物だな。このままには出来ん。葬り去ってくれよう」
ブーステッド・チルドレン 「女子と小人とは養い難し、か……」
                「子供の相手をしている暇はない!」
トウマ 「まず、その操り糸を断つ!」
     「その呪縛、僕が断ち切ろう!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ、お前達にもはや大義はない!」
          「兵は詭道なりと言うが……お前達は論外だ!」
          「地球の守護者などと……魚目燕石の輩め!」
泰北 「仙才鬼才は、強制的に与えられるものではあるまい!」
    「仙を羨まず、人は与えられた寿命を全うして然るべきだ!」
泰北 夏喃 「四神と言えど、人に仇なすのであれば、瑞獣ではないな」
窮奇王 「虎に翼と言うが、僕を止めることは出来ん!」
饕餮王 「山海の妖獣共め……!」
光龍 「孫光龍、お前の妄言には惑わされん!」
    「その逆鱗を砕く!」
イルイ 「天に順う者は存し、天に逆らう者は亡ぶ。ガンエデン、それはお前にも言えることだ!」
     「人心を惑わす偽神を討つ!」
妖機人 「邪鬼は疾く退散すべし!」
     「怪力乱神を語らずといえど、人に仇なすのであれば!」
ゼゼーナン 「所詮は夜郎自大の輩か……!」
ゼゼーナン ユーゼス 「大巧は拙なるが若し……と言うが、お前には当てはまらないようだな」
ゲスト系 「白眼を以て迎えるべき客だな」
      「捲土重来というわけか。だが、僕達がいる以上、画餅に帰すことになる!」
      「お前達にどのような義があろうと、地球を蹂躙する権利はない!」
ペルフェクティオ 「その邪気、我がクランヴェールの力にて振り払ってみせよう!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ……気の抜けぬ相手だな」
          「異なる気と言えど、臆しはせん!」
ユーゼス 「亢龍有悔……いや、お前が栄華を極めることはない!」
一般兵 「兵は多きを益とするにあらざるなり。数で僕を止められると思うな」
被ダメージ
ジョグ 「ほう、当てたか。だが、そこまでだな」
     「むう、やはりなかなかの手練れだったか」
     「ぐうっ!!や、やはり、一筋縄ではいかん相手か」
エリス 「非力だな……所詮は蟷螂の斧」
     「ちっ、侮り過ぎたか……」
     「ちいっ!!ここまでの力を持つとは……予想外だった!」
ザッシュ 「当てたことは褒めてやろう、ザッシュ。だが、それだけだ!」
      「なるほど……確かに上達したな、ザッシュ」
      「何っ!?これ程までに腕を上げていたか、ザッシュ!」
アハマド 「腕が鈍ったな、アハマド!」
      「くっ!相性の悪い風系にしてはよくやる!」
      「ぐあっ!アハマド……何故、そこまで戦える!」
カークス 「グランヴェールを相手にするには、力不足でしたね、カークス将軍!」
      「なるほど……大口を叩くだけのことはありますな、カークス将軍」
      「伊達に戦歴を重ねてはいないということですか……!」
オールト 「その程度の攻撃は通用しませんよ、オールト将軍!」
      「ぐうっ!たかがブローウェルと侮るつもりはなかったが……!」
      「なっ!?ブローウェルをここまで仕上げるとは……!」
フェイル 「フェイル殿下!まさかこの期に及んで、まだ迷っているのですか!?」
      「くっ!操者としての腕も確かでしたか、殿下……!」
      「ぐあっ!こ、これがデュラクシールの力か……!」
サフィーネ 「どうした、サフィーネ!遊んでいるのか!」
       「パワーが足りんな、サフィーネ」
       「む……腕を上げたな、サフィーネ」
       「ぐううっ!見くびったと思いたくはないが……サフィーネの力がこれほどとは……」
シュウ 「ふん、本調子ではないとでも言うつもりか、シュウ?」
     「くっ、予想していたとは言え、このダメージは大きいな……!」
     「や、やはりただ者ではなかったか、シュウ・シラカワ……!」
ルオゾール 「ふん、遠慮でもしてるつもりか?ルオゾール」
        「つっ……貴様とまともにやり合っても意味がないというのに!」
        「い、いかん……これ以上こいつと関わるのは得策ではない」
ヴォルクルス 「侮っているのか、それとも、所詮その程度なのか?ヴォルクルス」
         「むっ……さすがはヴォルクルス、ということか」
         「ぐうっ!この力……やはり捨て置けん!」
エルデ 「うぬっ!あの妄念に呑まれるわけには!」
泰北 「泰北、僕を退けるには程遠いぞ」
夏喃 「非力だな、夏喃」
泰北 夏喃 「やはり、瑞祥などもたらさぬようだな……!」
        「ぬうっ!仙才故の技ということか!」
四凶 「ぐっ、四凶を名乗るだけのことはある!」
光龍 「効かんぞ、光龍!」
    「光龍……やはり、只者ではないか!」
    「ぐうっ!これが応龍の力か!」
超機人 「超機人……なかなかの速さだな」
イルイ 「ぐっ!神を名乗るだけのことはあるようだな……!」
妖機人 「ふん、妖しげな動きをする」
     「あのような物の怪に押されるとは……!」
ゼゼーナン 「ちいっ!ゼゼーナンめ、思ったよりやる!」
ペルフェクティオ 「ぐうっ!あれを世に放つわけにはいかん!」
メリオルエッセ 「ぐうっ!やるな、メリオルエッセ!」
          「これがメリオルエッセの力か……!」
ユーゼス 「お前の道理を認めるわけにはいかない!」
       「あのような者が、新たな人祖になるなどと!」
回避
ジョグ 「動きはいいが……相手が悪かったな」
エリス 「ふ、所詮その程度か」
ザッシュ 「まだまだだ、ザッシュ!」
アハマド 「確かに速いが、見切れぬほどではないな!」
カークス 「無駄です、カークス将軍!」
オールト 「いくら改造を加えても、ブローウェルでは限界がある!」
フェイル 「速いな、デュラクシール。だが、かわせぬほどではない!」
サフィーネ 「お前のお遊びに付き合っていられるか」
        「詰めが甘いな、サフィーネ」
シュウ 「少し反応が遅いな。何を考えている、シュウ?」
ルオゾール 「ええい!鬱陶しいぞ、ルオゾール!」
ヴォルクルス 「かなりの力だが……当たらなければ!」
エルデ 「その邪念は、必ずや身を滅ぼすことになる!」
泰北 「遅いぞ、泰北!」
夏喃 「無駄だ、夏喃!」
泰北 夏喃 「四神の力は、そんなものか」
四凶 「四凶の災禍など、僕には届かん!」
光龍 「応龍は四龍の長と言うが……その程度か」
    「竜頭蛇尾とは、まさにこのことか」
イルイ 「ガンエデン、僕はここだ!」
妖機人 「妖機人などに!」
ゼゼーナン 「詰めが甘いな、ゼゼーナン!」
ペルフェクティオ 「どうした、”破滅の王”!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセとは、その程度か!」
ユーゼス 「ユーゼス、妄言はそこまでにしてもらおう」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-20 21:27 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)