第57話 BEYOND THE TIME
ヒビキVSフロンタル
フロンタル「自分の力量を見誤った愚かな兵士がここにもいるか」
ヒビキ「自分の器の大きさもわからずに身勝手な世直しをやろうとしている奴とどっちが馬鹿だろうな」
フロンタル「口が達者な分だけ可愛げというものがない…!」
ヒビキ「たとえ裏切り者扱いされようとジェミニスやクロノに抵抗を続けたシャアとあんたはやはり別ものだ!
    そんな奴に最強のパイロットの名である赤い彗星の称号をくれてやるわけにはいかないな!」

カミーユVSハマーン
カミーユ「やめろ、ハマーン!お前だって、こんな戦いは望んでいないはずだ!」
ハマーン「人の内側に入り込もうとするな、カミーユ!
     そこをどけ!私はシャアと決着をつけなければならないのだ!」
カミーユ「あの人には自分のやってきた事の責任は取ってもらう!だが、それは世界の未来を守ってからだ!
     ハマーン!お前にあの人を討たせはしないぞ!」

カミーユVSフロンタル
カミーユ「お前が何者であるかなんて、どうでもいい!お前は倒すべき敵だ!」
フロンタル「君は心の中ではシャア・アズナブルを認めている。なのに、私は認めないと言うのか?」
カミーユ「あの人にもけじめをつけてもらう!だが、お前は違う…。お前は他人の存在を何とも思っていない男だ!」
フロンタル「手厳しいな。だが、そういう人間でなければ、これからの時代に人類を導く事は出来ない」
カミーユ「ふざけるな!そんな男の導くような未来など認めるものかよ!」

アムロVSフロンタル
フロンタル「決着をつけるぞ、アムロ!」
アムロ「お前がシャアとどういう関係かは知らないが、そんな言葉を聞くつもりはない
    俺のやるべき事は、どんな手段を使おうとお前を抑え、時空を修復する事だ…!」
フロンタル「その力が愚民達に利用されている事を知りながらか」
アムロ「お前の言う愚民など、どこにもいない!地球に住む生命を平然と切り捨てる事が出来るお前は俺達が止める!
    お前は赤い彗星ではない!その皮を被った人間以外の何かだ!」

シャアVSハマーン
ハマーン「シャア!ネオ・ジオンを騙してきた報いを受けてもらうぞ!」
シャア「目を覚ませ、ハマーン!連邦の地球至上主義者を…クロノを倒せば、地球とコロニーには和解の道がある!」
ハマーン「ならば、スペースノイドの怨嗟の声はどうする!?」
シャア「それを晴らせば、そこに待っているのは終わりのない憎しみの戦いだ!
    それが人類のためになるのか!?そんな事では人類は永遠に次のステージへと進む事は出来ないぞ!」
ハマーン「…理性で感情を抑える事は出来ない…。それが人の性なのかも知れない…」
シャア「ハマーン…」
ハマーン「だが、貴様には報いを与える!ネオ・ジオン総帥として、一人の男として責任を果たさなかった罪を償え!」
シャア「駄目なのか、ハマーン…!」

シャアVSフロンタル
シャア「結局はこうなったか」
フロンタル「並行世界間の同一人物は基本的には同じ世界に存在しないそうですよ」
シャア「だから、私とお前は赤い彗星の座を賭けて、戦うというのか?」
フロンタル「似た者同士は反発し合うという事ですよ」
シャア「不快だな。お前のような男と同じにされるのは
    お前の出自の目星はついている…!だが、それとこの戦いは無関係だ!
    トレーズもゼロも手段はそれぞれだったが、共通しているのは世界の未来を信じての戦いだった!」
フロンタル「それは私も変わりませんよ」
シャア「違うな、フロンタル。お前は未来など求めていない!」
フロンタル「だから?」
シャア「ようやく生の感情を見せたな」
フロンタル「そうまでして私を怒らせたいか、シャア・アズナブル!」
シャア「フロンタル!人を導く者は人間でなくてはならない!
    お前のような存在に世界は渡せない!私と共に時空修復の人柱になってもらうぞ!」

バナージVSアンジェロ
アンジェロ「バナージ・リンクス!大佐へ無礼を働いた貴様は、ここで私が討つ!」
バナージ「こんな状況でも自分のプライドが大切なのか!」
アンジェロ「貴様にわかるまい!大佐の偉大さが!
      大佐こそが新たな世界の指導者に相応しいのだ!」
バナージ「うまく言えないけど、あの人は…危険だ!
     あの人を止める…!そのためにはこいつを突破しなければ!」

バナージVSジンネマン
バナージ「退いてください、ジンネマンさん!こんなやり方で地球に恨みを晴らすつもりなんですか!」
ジンネマン「………」
バナージ「聞こえているんでしょ、ジンネマンさん!フラストさん、アレクさん!」
フラスト「…どうします、キャプテン?」
ジンネマン「あいつは敵だ…。叩き落とせ」
バナージ「ジンネマンさん!」
ジンネマン(バナージ…俺はもう引き返せない所に来ちまってるんだ…
      もう俺達は止まれない…。あのアクシズと同じなんだよ)

バナージVSフロンタル
バナージ「あなたという人は!」
フロンタル「君も現実を直視せず、都合のいい夢だけを見ているようだね、バナージ君」
バナージ「今を越えて、未来を夢見る事の何が悪いんです!可能性を否定する事の方が、俺には理解できません!」
フロンタル「そういう選択を出来る人間がこれからも世界を管理すべきだ。それが私の答えだよ」
バナージ「それでも…!
     それでも僕は!抗ってみせます!!」

ヒイロVSフロンタル
フロンタル「君もコロニーのために戦ってきた人間ならば、今の地球の歪みが理解できるはずだ」
ヒイロ「だが、それは変わりつつある」
フロンタル「スペースノイドは、それを待てないのだ。だから、赤い彗星が必要となる」
ヒイロ「戦いによる変革の時代は終わったはずだ
    フル・フロンタル…。お前の描く世界に未来はない!」

シンVSフロンタル
シン「戦争なんかしなくたって世界は変わるはずだ!どうして、その道を選ばない!」
フロンタル「それでは世界がもたないのだよ。ジェミニスやバアルの襲来が、その証だ」
シン「ならば、なおさらだ!人類同士が争っている場合じゃないのに!」
フロンタル「その通りだよ。だから、人類には指導者が必要なのだ」
シン「そんな理屈があるかよ!平和のために戦争を起こすような奴にこの世界を任せられるものか!」

キラVSフロンタル
キラ「あなたはプラントもこの戦争に巻き込もうとしているんですか?」
フロンタル「それは彼等の意思だよ
      別の言い方をすれば、地球に対する潜在的な不満が顕在化を始めているに過ぎない」
キラ「あなたは、それを誘導しているんですか?」
フロンタル「私とて、そこまで万能ではないさ。プラントの事は、プラントの人間に任せているよ
      今、私がすべき事は、この世界を正しき方向に導く事だ」
キラ「未来のない世界が正しいはずがありません!あなたは僕達が止めます!」

刹那VSフロンタル
フロンタル「イノベイターとして覚醒した君ならば、人類はより良き方向へ進まなくてはならない事も理解できよう」
刹那「それは誰かが強要する事ではない!」
フロンタル「それでは人類がもたないのだよ。私が見た未来では」
刹那「それを変えるためにするべき事は戦争ではないはずだ!
   未来を放棄したお前にこの世界を好きにはさせない!!」

甲児VSフロンタル
甲児「あんたはクワトロ大尉とは違う!あんたの言葉からは、まるで温度が感じられない!」
フロンタル「ほう…」
甲児「あんたの言葉は人を動かす熱がない!まるで誰かに与えられた台本を読んでいるようだ!」
フロンタル「それは赤い彗星に未来を託した人々の意思だよ。私はそれを集める器だ」
甲児「あんたの器の大きさじゃ、人の心を受け止められない!そのハンパな器を俺が砕いてやるぞ!」

竜馬VSフロンタル
竜馬「行くぜ、ニセ者!お前をとっ捕まえて、この戦いを終わらせる!」
フロンタル「既に赤い彗星が堕ちた以上、その名は私が引き継いだ
      そして、その輝きはスペースノイドのみならず、人類全てを導く事になるだろう」
竜馬「そういう風に自分を高く置こうとする人間ってのはロクな奴がいないんだよ!
   少なくともお前が、戦闘ではシャア・アズナブルに遠く及ばないのを俺が証明してやるぜ!」

ワッ太VSフロンタル
ワッ太「あんたみたいに何でもホイホイ受け入れる奴に地球とコロニーを任せてたまるかよ!」
フロンタル「子供は大人の言う事に従うものだ。それが世界の摂理というものだよ」
ワッ太「だったら、その子供に負けたら、あんたは子供以下って事だ!
    見てろよ、ニセ者の赤い彗星!俺達はあんたを倒して、アクシズも止めてやる!」

正太郎VSフロンタル
フロンタル「君のように自分の正義を信じている少年には残酷な現実は受け入れられないだろうな」
正太郎「そこに目を背け、何もない小さな世界を造ろうとしている人の言葉なんて聞く気はありません!
    あなたのやろうとしている事はただ困難から逃げているだけです!僕はそんなものよりも辛くても未来を求めます!」

タケルVSフロンタル
タケル「何なんだ…!確かにあの男からクワトロ大尉の…シャア・アズナブルの気を感じる!」
フロンタル「それは私が真のシャア・アズナブルの意識を継ぐべき人間だからだよ」
タケル「危険だ…!この男の持つ虚無が世界の未来を包み込む前に止めなくては!」

キリコVSフロンタル
フロンタル「ATといえど、侮れん相手か…!」
キリコ「この戦争を早く終わらせるためにはお前を叩くしかないようだ」
フロンタル「そのためなら捨て身で来るというのか」
キリコ「勘違いするな。俺は自ら死を選ぶつもりはない
    そして、お前のような空っぽの男のつもりもない」

桂VSフロンタル
フロンタル「特異点と特異点の戦いか…!なかなか見られるものではないな!」
桂「責任を放棄して好き放題をやっているお前とお仲間に見られたくないね」
フロンタル「私は至らないなりに世界のために動いているつもりだよ」
桂「そうじゃないね。お前は勝手に限界を決めて、人類を狭い型にはめようとしているだけだ!
  そんな男に世界をどうこうしようとする権利なんてないんだよ!」

ロジャーVSフロンタル
ロジャー「お前の言う正しい世界というものの一端を私は見た事がある」
フロンタル「君はパラダイムシティの住民か」
ロジャー「荒涼とした死の世界…。私は、そんなものを正しいと認める気はない!」
フロンタル「それを決めるのは君ではないさ」
ロジャー「そして、お前でもない!
     その選択肢を奪うお前という存在を私とビッグオーは止めてみせる!」

赤木VSフロンタル
赤木「わかっているのか、あんた!あんなものを地球に落とせば、人が住めない死の星になっちまうんだぞ!」
フロンタル「そして、人は生活の場を完全に宇宙に移し、新たな時代が始まる」
赤木「そのために今の時代を終わらせていいのかよ!そんな事を決める権利があんたにあるのか!」
フロンタル「私は正しい歴史を遂行しているに過ぎないよ」
赤木「歴史とか、未来なんてのは、決まってないんだよ!だから、みんな一所懸命に生きて、少しでもいい世界にしようと頑張ってるんだ!
   それがわかってない奴に好き放題をさせるものかよ!!」

アルトVSフロンタル
アルト「ここでお前を倒し、赤い彗星の伝説を終わらせる!」
フロンタル「出来るかな、君に?」
アルト「やるんだよ!全てを投げ出したお前と違って、俺には背負ってるもの…守るべきものがあるんだ!
    赤い彗星って名前しか持ってない空っぽの男に負けてたまるかよ!」

バサラVSフロンタル
バサラ「つまんない御託を並べてる場合かよ!もうすぐクライマックスなんだぜ!」
フロンタル「君は自由だな、熱気バサラ君
      だが、自由は常に代償を必要とする。君の場合、それは世界から追放される事だよ」
バサラ「世界が俺を無視しようと俺は歌う!俺の歌声を世界に響かせるために!
    行くぜ、フル・フロンタル!お前も俺の歌を聴けぇぇぇぇっ!!」

葵VSフロンタル
葵「初めて戦った時から、あんたの存在って胡散臭かったのよね」
フロンタル「それは私がシャア・アズナブルの影だったためだろう
      だが、彼が消えた今、私は真の赤い彗星として世界を導こう」
葵「そういう芝居がかった言葉はやめなよ!あんたの本心を聞かせてみな!」
フロンタル「何と言われようと、これが私の偽らざる想いだ」
葵「だったら、その仮面をたたき割って、生のあんたを見せてもらうよ!!」

シモンVSムガン
シモン「待ってろよ、アンチスパイラル!こっちが片付いたら、必ずお前の所に殴り込んでやる!
    そして、必ず取り返す!ニアと!地球の平和を!!」

シモンVSフロンタル
フロンタル「アンチスパイラルとの件もある。君には消えてもらおう」
シモン「あいつの目的は人類の殲滅だ!俺一人の問題じゃないぞ!」
フロンタル「だが、君というトップランナーが抹消され、さらにエタニティ・フラットが完成すれば彼等も納得する
      理解してもらおう。私は世界を救うために行動を起こしているのだよ」
シモン「お前のやろうとしている事は、かつての螺旋王と同じだ!そんなものは逃げでしかねえ!
    そんな奴が俺を止められると思うなよ!お前のやろうとしている事なんざ、俺のドリルがぶち抜いてやるぜ!!」

ゼロVSフロンタル
フロンタル「ゼロ…。君ならば世界を変えるためには痛みが必要である事を理解しているだろう?」
ゼロ「同時に、その愚かしさもな
   フル・フロンタル!だから、俺の手でお前を止めてやる!
   そして、教えてやる!世界を変えるために犠牲になっていい生命などないという事を!」

シンジVSフロンタル
フロンタル「無理をする事はないんだよ」
シンジ「え…」
フロンタル「君は今の恐怖と戦いながら、戦場にいる。そんな人間が無理に戦う必要はないんだ」
シンジ「そうやって優しいだけの言葉を言う人なんて僕は…信用できません
    僕を助けてくれる人はみんな、自分の痛みや苦しみを越えて戦っている人達です!だから、僕も一緒に戦えるんです!」
フロンタル「残念だよ。私は後退を勧めたのにな」
シンジ「僕だって戦います!僕にだって守りたいものがあるんです!」

アマタVSフロンタル
アマタ「地球は守ってみせる!それが父さんと母さんとの誓いだ!」
フロンタル「君のような近視眼的な考え方では究極的には世界は滅びへ向かう事になる」
アマタ「誰かの生命を切り捨てるような人間が考える世界の未来なんてものを俺は認める気はない!
    人の生命は数字じゃないんだ!簡単に増やしたり減らしたり出来ると思うな!!」

宗介VSフロンタル
フロンタル「ASでは、このシナンジュを止める事は出来んよ」
宗介「………」
フロンタル「余計な言葉は発しないか。どうやら君は、優秀な兵士のようだ」
宗介「少なくともマシンのスペックに頼り、戦場で余裕を見せるような男よりはマシな兵士のつもりだ」
フロンタル「何…?」
宗介「赤い彗星の伝説にこだわり、前線に出てきた時点でお前の敗北は決まった…!
   俺の学校がある地球にあんな岩の塊を落とさせてたまるものか!」

ボン太くんVSフロンタル
ボン太くん「ふももふ!ふもふも!」
フロンタル「仮面の私と着ぐるみの君…。まさか、こんな形で巡り会うとはな」
ボン太くん「ふも!ふもふふ、ふももふも!」
フロンタル「なるほど…。いわゆる中の人…つまり、意志がある自分は私と違うと言いたいか…」
ボン太くん「ふも!」
フロンタル「だが君は、誰かに望まれたから、そんなもので出撃している…。つまり、スペースノイドの願いを集めた私と同じだよ」
ボン太くん「ふもも、ふも!ふもっふ!」
フロンタル「いいだろう!私を否定するのなら、君の意志というものを見せてもらおう!」

ノリコVSフロンタル
フロンタル「この世界に漂着した君に私のやろうとしている事を止める権利はないな」
ノリコ「あたしだって、この世界で生きているんです!一つの生命として、あなたには言いたい事があります!
    失った生命は二度と戻らないんです!それがわからないような人はあたしが相手になります!」
フロンタル「その巨体では、私とシナンジュの動きにはついてこれまい」
ノリコ「あたしの怒りがガンバスターの炎となる!それは絶対に止められない!相手が誰だろうと!!」
[PR]
by 7071sprw | 2014-07-03 21:22 | 第3次Z マップ | Comments(0)