第56話 シャア・アズナブルの真実
ヒビキVSシャア
シャア「いい素質を持っているな…!」
ヒビキ「そうやって、あんたはいつまでも上から人類を見下ろすつもりか!
    何が特異点だ!絶望の未来を見たからって、それが地球を破壊する理由になるか!
    あんたのやろうとしている事は、ただの虐殺だ!」
シャア「………」
ヒビキ「反論できないのなら、行くぞ!あんたを倒して、ジェミニスを倒して俺達は地球を守ってみせる!」
シャア「いい覚悟だ
    ならば、お前がそれを成し遂げられるだけの力があるか、確かめさせてもらうぞ!」
ヒビキ「その大物気取りが、いつまで続くかな?
    覚悟しろ、シャア・アズナブル!赤い彗星の伝説は俺が終わらせてやるさ!」

カミーユVSギュネイ
ギュネイ「ここで決着をつけるぞ、カミーユ!」
カミーユ「ギュネイ!まだそんな事を…!」
ギュネイ「もう大佐は関係ない!お前という男を超えて、俺は自分の中の迷いと決別する!」
カミーユ「そんな言葉を聞かされたら、なおさら負けるわけにはいかない!
     目を覚ませ、ギュネイ!地球に俺達が戦っているような余裕はないんだ!」

カミーユVSシャア
カミーユ「クワトロ大尉!」
シャア「まだ私を、その名で呼ぶか!」
カミーユ「勘違いするな、シャア・アズナブル!これはあなたと決別するためだ!」
シャア「カミーユ…」
カミーユ「あなたの起った事情が絶望の未来を垣間見た事だとしても…いや、そうだからこそ俺はあなたを許せない!
     何故、俺達にそれを話してくれなかった!?」
シャア「それは…」
カミーユ「そうすれば戦争を起こす以外の方法だって見つける事が出来たかも知れない!
     あなたは一年戦争の時の赤い彗星と変わっちゃいない!自分一人で自分の目的のために動いて…!
     そんなやり方で世界を変えられると思うな、シャア・アズナブル!」
シャア「…お前の言う通りだな、カミーユ。私は自分を過大評価していたかも知れない…」
カミーユ「だから、俺はあなたに教えてやる!あなたが無力である事を!」
シャア「だが、私にも自負がある!まだお前に負けるわけにはいかない!」
カミーユ「行くぞ、シャア!あなたの背負った使命を俺達にも渡してもらう!」

アムロVSクェス
クェス「アムロ!大佐の邪魔はさせないよ!」
アムロ「子供の出る幕じゃない!」
クェス「そうやって、私を子供扱いするならちゃんと大人をやってよ!」
アムロ「…!」
クェス「アムロも大佐も勝手だよ!周りの事なんてお構いなしで自分達だけで勝手に盛り上がって!」
アムロ「お前の言う通りかもな、クェス…」
クェス「アムロ!」
アムロ「だからこそ、俺はあいつから真実を聞き出さなきゃならない!
    ここを通してもらうぞ、クェス!」

アムロVSシャア
シャア「ついにこの時が来たか、アムロ…!」
アムロ「今ならわかる…!お前は過去と決別するために俺との決着をつける気か!」
シャア「私は絶望の未来を知った者として人類を導かねばならない…!
    その前にアムロ…!お前を倒し、私はこれまでの自分を超える!」
アムロ「思い上がるなよ、シャア!お前一人が背負えるほど、人類の未来は軽いものじゃない!」
シャア「ならば、それを私と共に背負う覚悟がお前にあるのか!」
アムロ「誰かが世界を背負うなんて考え方が思い上がりだと言うんだ!
    人の未来は、それぞれのものだ!俺達に出来るのは、それを守る事だけのはずだ!」
シャア「フ…」
アムロ「何がおかしい?」
シャア「その言葉を聞かせてもらえば、私も一人の男に戻れる…!
    決着をつけるぞ、アムロ!これが私とお前の最後の戦いだ!」
アムロ「シャア!お前を止めるのは俺だ!!」

ブライトVSシャア
ブライト「お互いに手の内は知っている…!こうなれば、後は意地の張り合いだ!
     総員、一瞬たりとも気を抜くな!相手は赤い彗星だぞ!」
シャア「やるな、ブライト…!それでこそだ!」

ハサウェイVSクェス
クェス「どきなさいよ、ハサ!あんたまで、私の邪魔をするの!」
ハサウェイ「クェス!今は君から戦う力を奪う!
      全てはそれからだよ!地球も僕達も、まだ終わっちゃ駄目なんだ!」

ハサウェイがクェスを説得
ハサウェイ「クェス!こんな戦争のためのマシンなんかに乗っちゃ駄目だ!」
クェス「離れてよ、ハサ!でないと…!」
ハサウェイ「駄目だよ、クェス!そんなんだから敵を作るんだ!」
クェス「まだそんな事を言う!私は大佐を信じて、戦うって決めたんだ!」
ハサウェイ「ハッチを開いて、クェス!顔を見れば、そんなイライラ、すぐに忘れるよ!」
クェス「子供は嫌いだ!ずうずうしいから!」
ハサウェイ「君だって子供だよ!それにシャアもだ!」
クェス「え…」
ハサウェイ「ちゃんとした大人が戦争なんてやるもんか!そんな奴の言う事なんか聞くな、クェス!」
クェス「う、うるさい!うるさいっ!!」
ハサウェイ「クェス!」
カツ「ハサウェイ!モビルアーマーから離れろ!」
ハサウェイ「でも…!」
フォウ「その機体は、あの子の攻撃衝動を高めている!それに乗っている限り、あの子は戦うわ!」
カミーユ「モビルアーマーを破壊するぞ!クェスを助けたければ、それしかない!」
ハサウェイ「わかりました!」
アムロ「シャア!子供に殺し合いの道具を与えて!
    お前はララァの悲劇を繰り返したいのか!」
シャア「………」
アムロ「言い返す事さえ出来ないような情けない男に成り下がったのか、シャア!」

バナージVSシャア
バナージ「あなたは、こんなやりかたで世界が変わると思っているんですか!」
シャア「ユニコーンを駆る少年か…!」
バナージ「答えてください!あなたはジオンというスペースノイドの神として地球を滅ぼすんですか!」
シャア「ジオンという存在が、神なのではない。希望を見出す人の中の可能性こそが、運命を…未来を変えるもの…
    すなわち神だ」
バナージ「人間だけが神を持つ…」
シャア「どうやら、君はそれを理解しているようだ。そんな人間にこそ、ユニコーンは託されて然るべきだろう」
バナージ「誤魔化さないでください!俺が知りたいのは…」
シャア「それ以上の答えは自分で見つけるんだ…!君が新たな時代を望むのなら!」
バナージ「あなたを止めた先に、それがあるのなら!俺は!!」

オットーVSシャア
オットー「相手は、あの赤い彗星だ!とにかく近づけるな!」
レイアム「落ち着いてください、艦長。我々は何度も、フル・フロンタルと戦ってきたではありませんか」
オットー「奴を甘く見るな、副長!シャアの発するプレッシャーはフロンタルとは段違いだ!
     だからこそ奴を仕留めれば、こちらの勝ちが決まる!何としても赤い彗星を落とすぞ!」
レイアム「了解です!」

ヒイロVSシャア
ヒイロ「シャア・アズナブル…。お前はゼロの見せた未来に囚われている」
シャア「未来は変える事が出来る。私はそれを信じて戦っている」
ヒイロ「だが、そのために誰かを不幸にする権利は誰にもない」
シャア「では、教えてもらおう、ヒイロ…!どうすれば、全ての人間を幸福に導ける!」
ヒイロ「それを決めるのはお前でも俺でもない
    俺達がすべき事は不幸を…平和の敵を排除する事だ」
シャア「…!」
ヒイロ「シャア・アズナブル…。お前は俺達の手で止める…!」

ゼクスVSシャア
シャア「ゼクスか…!」
ゼクス「余計な言葉は不要だ!私はあなたを止めて、人類の可能性を見せる!」
シャア「礼を言おう、ゼクス・マーキス」
ゼクス「感謝の言葉を述べている余裕はないぞ!私は戦士として、あなたを倒す!
    そして、トレーズから続く、悲しい戦争は、ここで完全に終わらせる!」

シンVSギュネイ
シン「そこをどけ、ギュネイ!」
ギュネイ「通すかよ、シン!お前は俺が止めてやる!」
シン「こんな戦いに何の意味がある!お前だってエタニティ・フラットの事を知っているはずなのに!」
ギュネイ「俺は大佐に賭けた…!きっと大佐は、この状況をひっくり返すだけの策を持っている!」
シン「だったら、その魔法を直接あの人から聞き出してやる!ここを突破してな!!」

シンVSシャア
シン「クワトロ大尉!あの日の約束を今、果たします!」
シャア「シン…」
シン「あの日、月で見た最悪の結末…。アムロ大尉とあなたが戦う事になったら俺とカミーユはあなたを止めると誓った…!」
シャア「今の私はシャア・アズナブルだ…。クワトロ・バジーナではない」
シン「…!」
シャア「だが、お前の気持ちには感謝する。強くなったな、シン」
シン「その力であなたを止める!それが俺を導いてくれたあなたへの礼代わりだ!
   行くぞ、シャア・アズナブル!あなたを止めて、この戦争を終わらせる!!」

キラVSシャア
キラ「クワトロ大尉!あなたにはあなたのやり方があるのだとしても、僕達はそれを認める気はありません!」
シャア「お前達がきっとそう言うのはわかっていた。だから私は、シャア・アズナブルとして起った
    そして、キラ…。お前ならわかるはずだ。他人に何と言われようとも曲げられないものがある事が」
キラ「だけど、僕は…!
   そうする事の危険性を知りました!言葉を尽くさずに行動だけを起こしても余計な衝突を生むだけなんです!
   あなたの真意を…想いを聞かせてください!力を示すだけでは、何も変わらないんです!」
シャア「それを理解しているお前なら、もう心配は要らない」
キラ「クワトロ大尉…」
シャア「私の想いは、もう話した…!後は互いに譲れない覚悟のために力でぶつかるだけだ!
    来い、キラ!信じるものがあるならば、私を止めてみせろ!」
キラ「僕はもう…迷わない!
   あなたを止めます、クワトロ大尉!それが僕の信じる戦いです!」

刹那VSシャア
刹那「シャア・アズナブル!あなたは何を考えている!?」
シャア「刹那…。お前もイノベイターとして覚醒したのなら、私の意思が感じられるはずだ」
刹那「そんな事が問題じゃない!俺はあなたの口から、真実を知りたいんだ!」
シャア「何…?」
刹那「わかる事とわかり合う事は違う!あなたが何故こんな事をやったのか、あなたの口から話してくれ!」
シャア「君のような男がファースト・イノベイターでよかったよ」
刹那「あなたは…」
シャア「刹那・F・セイエイ。君もアムロと同じだ
    君という人間の生き方が人類を導く。だから君は、君の思うままに生きるがいい」
刹那「俺の想い…それは…!
   人と人が対話で互いを分かり合い、戦争のない世界をつくる事…!そのためにもあなたを止める!!」

甲児VSシャア
甲児「クワトロ大尉!今すぐ戦いをやめてくれ!」
シャア「それは出来ない。と言ったら、どうする?」
甲児「決まっている!あなたが相手だろうと俺は地球を守るために戦う!」
シャア「やはり、そうか」
甲児「どういう事だ!?」
シャア「お前という人間はたとえ世界が変わろうと、その本質は揺るぎない…
    私はお前の中の悪を憎む心を愛する」
甲児「そういう風に知ったような口は、たくさんだ!特異点だからって、あなたは神様じゃないんだ!
   そんなに戦いを望むのなら俺とマジンガーが相手になってやるぞ!」
シャア「それでいい、兜甲児」

竜馬VSシャア
竜馬「もう御託は結構だ、赤い彗星!後はお互いに行動で示そうぜ!」
シャア「フ…話が早いな」
竜馬「地球を賭けた大勝負だってのにワクワクしてきやがるぜ!」
シャア「相手が君では、私も死力を尽くさねばならないようだな
    だが、いかにゲッターといえども私の覚悟を簡単に砕けると思うな!」
竜馬「行くぜ、シャア・アズナブル!この戦争のケジメとしてお前を叩く!
   俺達とゲッターの全力でな!」

ワッ太VSシャア
ワッ太「やめてくれよ、クワトロ大尉!俺はあんたと戦いたくないんだ!」
シャア「今の私はシャア・アズナブルだ。もう君の知るクワトロ・バジーナではない」
ワッ太「そんなこと言われて、ハイそうですかって納得できるもんかよ!
    勝手すぎるんだよ、大尉は!自分さえよければ、周りの人の気持ちなんてどうでもいいのかよ!」
シャア「すまない…。だが…」
ワッ太「言い訳なんか、するなよ!そんな大尉なんか見たくなかったよ!!
    大尉はいつだって格好いい大人でいてくれよ!!」

正太郎VSシャア
正太郎「クワトロ大尉…!僕は…!」
シャア「正太郎!たとえ相手が誰であろうと悪には容赦しないのが君のはずだ!
    君は君の正義を貫け!私もそれを望んでいる!」
正太郎「だけど…!だけど、僕はあなたと戦いたくありません!あなたは本当に悪なんですか、クワトロ大尉!?」
シャア「それは君自身が確かめろ!この私と戦う事で!」
正太郎「…やるぞ、鉄人!僕達でクワトロ大尉を止める!
    そして、確かめるぞ!大尉が何のために戦っているのかを!」

タケルVSシャア
タケル「もうやめてください、クワトロ大尉!機体を通して、あなたの悲痛な決意が伝わってきます!」
シャア「なるほどな、タケル。君の相手の意思を感じ取る力はニュータイプと同じようなものか
    だが、それだけでは人は前には進めない!その感じ取った意思に対して、君自身が何をすべきかを考えろ!」
タケル「…その答えは決まっています…!」
シャア「ならば、来い!君の信じるもののために私と戦え!」
タケル「クワトロ大尉…いえ、シャア・アズナブル!俺の戦いは、あなたを止める事です!
    地球に住む人達の生命を守るために俺はあなたと戦います!」

キリコVSシャア
シャア「お前相手に余計な言葉は要らないようだな」
キリコ「お前が望むなら、相手をしてやる。もう戦いは飽き飽きだ」
シャア「それでいい、キリコ。その想いは私も同じだ
    だからこそ、私は越えてみせる…!因果を…誰かに決められた運命を!」

桂VSシャア
桂「あんたは真面目すぎるんだよ、クワトロ大尉!特異点の責任を一人で抱え込み過ぎだ!」
シャア「君に言われては返す言葉もない」
桂「ふざけるなよ!アムロ大尉や俺達じゃ、相談相手には足らなかったってのかよ!
  それにだ!あんたが新世時空震動の時、どんな未来を垣間見たか知らないが、戦争なんて手段を取ったツケは払ってもらう!」
シャア「他人に何を言われようと私は最善の手を尽くしたつもりだ。それだけは胸を張って言おう
    だから、退くわけにはいかない!アクシズは落とす!」
桂「お互いの意地と意地のぶつかり合いってわけか!それなら、こっちも退けないな!
  今度は誰かに騙されての同士討ちじゃない!お互いマジなら、俺も負けられない!」

ロジャーVSシャア
ロジャー「あなたほどの男が決めた事だ。もはや、私の言葉も何の意味も成さないだろう」
シャア「だからと言って、賛同してくれるわけではないようだな」
ロジャー「私はある人物と未来を約束した。無論、そこは希望あふれる世界だ
     多くの生命が事情も知らされないままに失われるような世界など、誰も望んでいない。それはあなたも理解しているはずだ」
シャア「それでも、そうする必要がある」
ロジャー「陳腐な台詞だが、真実を言おう…。人の生命は、地球と同じくらい重いものだ
     諦めや妥協の産物での戦争など私は認めない。そして、それを引き起こし者もだ」
シャア「ならば、遠慮無く向かってくるがいい、ロジャー。この戦いを君の対話と認めよう」
ロジャー「私の職務に敬意を払ってくれた事は感謝しよう
     では、シャア・アズナブル!ネゴシエイターの誇りに懸けて、あなたを止めてみせよう!」

赤木VSシャア
赤木「クワトロ大尉!あんたはぁぁぁっ!!」
シャア「赤木か…。君の反応は予想していたよ」
赤木「俺の事はどうでもいい!考えるんなら、地球に住んでいる人達の事だろうが!」
シャア「………」
赤木「どんな理由があろうと、あんたは失われる生命を前にして自分のやろうとしている事に胸を張れるのか!
   そんな人が宇宙に住んでる人達の希望だって言えるのか!」
シャア「罪は背負うつもりだ!」
赤木「そんな覚悟をする必要はない!俺達はあんたから、その罪ってやつを引っぺがしてやる!」
シャア「な…」
赤木「地球の人達を守って、仲間に罪を犯させない!それが正義の味方ってもんだ!」

アルトVSシャア
アルト「クワトロ大尉!あんたは俺達を裏切った!」
シャア「私とお前達は道を違えたのだ!」
アルト「俺が言いたいのは、そんな事じゃない!あんたが裏切ったのは、俺達の信頼だ!」
シャア「………」
アルト「たとえ、どんな事になってもあんたは戦争なんてやり方を選択するとは思ってなかった…!
    それなのに…!」
シャア「ならば、どうする?」
アルト「決まっている!俺があんたを止めてやる!」
シャア「出来るかな、アルト!お前の翼でも私に追いつく事は簡単ではないぞ!」
アルト「やってやるさ!地球で暮らしている人達の生命を守るためにも!
    覚悟はいいか、クワトロ大尉!俺は本気だぞ!!」

バサラVSシャア
バサラ「戦争なんて下らねえぜ!あんただって、それはわかってるはずだ!」
シャア「その下らない事をやらなければならない道化が私なのだろう」
バサラ「バカらしい!そんな風に自分のやりたくない事を無理にやる事に何の意味があるんだよ!
    お前のソウルはそんな事のために燃やすもんじゃねえだろ!!」
シャア「………」
バサラ「へ…言い返せなくなったようだな」
シャア「君の前では何を言っても言い訳になるだろうからな」
バサラ「そんじゃ行くぜ!シャア・アズナブル!あんたのソウルを燃やしてやる!
    俺の歌を聴けぇぇぇぇぇっ!!」
シャア「いい歌だ…」

葵VSシャア
葵「幻滅したよ、クワトロ大尉。あなたは、もっとスマートな大人だと思っていたけどね」
シャア「それは君の買いかぶりだ。私はいつも必死にやってきただけだ」
葵「この戦いは、その答えってわけね。だったら、あたし達はそれを真っ向から否定するよ!」
シャア「それが君の野生が出した結論か。…だが、私もそれを望んでいたのかも知れない」
葵「御託はいいよ、大尉!きっとあなたのやってる事はある側面から見れば、正しい事だと思うから!
  後は大尉とあたし達…どっちが勝つかだよ!」
シャア「野生に火が点いたか…!来るがいい、チームD!」
葵「行くよ、大尉!あたし達の全力で…
  やってやろうじゃんっ!!」

シモンVSシャア
シモン「もうやめろ、クワトロ大尉!あんただって本当は、こんな事は望んではいないはずだ!」
シャア「シモンか…」
シモン「過去のあんたは知らないが、あんたは俺達の仲間だった男だ!
    そんな男が今まで自分がやってきた事に泥をぶちまけるような事をするはずがねえ!」
シャア「それでも誰かがやらねばならないのだ!」
シモン「それをあんたがやる必要があったのか!俺達を裏切ってまで!」
シャア「では、誰が世界を導く役をやるのだ!」
シモン「悪役を誰かに押しつける必要なんかないんだ!どんな大きな問題だって、それが世界のためになるならみんなで考えるべきだろうが!」
シャア「…さすがだよ、螺旋の男。新たな時代を創るのはお前のような男だろう」
シモン「俺はいつでもがむしゃらにやってきただけだ」
シャア「ならば、私を止めてみせろ!お前の愛するものを守りたいのなら!」
シモン「そのつもりだ!行くぞ、シャア・アズナブル!!」

ゼロVSシャア
ゼロ「やはり、こういう結果になったか」
シャア「残念ながらな」
ゼロ「失望したよ、シャア・アズナブル。あなたなら俺やトレーズのような愚かな選択をする事はないと思っていたのにな」
シャア「ののしってくれて構わない。だが、誰かがその愚か者を演じなければならなかったのだ
    トレーズが未来を託したのは私ではない…。君達だったのだよ」
ゼロ「…クロノと地球至上主義者の脅威は私も認めよう。そして機に乗じて、彼等を叩いた功績も認める。だが、俺はあなたを認めない!
   あなたの手段を肯定する事はかつての自分を許す事になる!だから、俺はあなたと戦う!」
シャア「それでいい、ゼロ。君はいつか仮面を外す時が来るだろう」
ゼロ「それを決めるのは私でも、あなたでもない!世界だ!
   そして、そこに住む人々を守るためにも俺はあなたを止めよう!」

シンジVSシャア
シンジ「これが本気の赤い彗星…!」
シャア「震えているのか?」
シンジ「使徒との戦いとは違う人同士の戦い…。確かに怖いですよ…
    だけど、逃げちゃ駄目なんだ!」
シャア「その決意があるのなら、きっと君は強くなる」
シンジ「そんな言葉を聞くために戦ってるんじゃない!僕は…あなたを止めるために戦います!
    地球に住んでいる人達の生命…!僕達が守ってみせます!」

アマタVSシャア
シャア「アクエリオンを駆る者か…。確かにお前はアポロに似ているな」
アマタ「あなたはわからないのか!あの星を守るために生命を投げ出してまで戦ってきた人達がいるのに!」
シャア「私のやろうとしている事も地球を守るためだ」
アマタ「そこに住む人達の生命を奪うようなやり方に何の意味があるんだ!」
シャア「それでもやらなければならない…。それが特異点となった私の使命だ」
アマタ「あなたは俺の父さんと同じだ…!使命という言葉で自分の心を殺している!
    もう、そんな人間を見るのは御免だ!俺があなたを解放してやる!
    そして、父さんと母さんの願いのためにもヴェーガは…地球は守ってみせる!」

宗介VSシャア
宗介「さすがは赤い彗星と呼ばれた男だ。隙がない…!」
シャア「よく訓練された、いい兵士のようだな。だが、それだけでは私には勝てん」
宗介「勝敗を決する要素が、戦技以外にあるというのか?」
シャア「お前もZ-BLUEの一員ならば、理解しているだろう」
宗介「なるほどな。やはり貴様の精神は未だに彼等と一緒に戦っていた時のままのようだ
   だが、お前の言う背負っているものは俺にもある…!だから、負けるわけにはいかんな!」
シャア「訂正しよう。お前は兵士ではなく、戦士のようだ」
宗介「肩書きなど、どうでもいい!俺が求めるのは貴様を倒す事だ!
   覚悟しろ、シャア・アズナブル!余計なしがらみのない俺がお前を叩く!」

ボン太くんVSシャア
ボン太くん「ふもふも、ふもふ!ふも、ふもふ!」
シャア「わかる…!私にもわかるぞ、ララァ!
    君も言っていた…!可愛らしいものが嫌いな人などいない!」
ボン太くん「ふ、ふも?」
シャア「だからこそ、私はあれを…!あの動物を撃たなくてはならないのだ!」
ボン太くん「ふも!ふもっふ!!」

テッサVS敵
マデューカス「ついに、この時が来ましたか」
テッサ「これからは、この宇宙が私達の海です
    そして、ここが海である以上、我々に敗北はありません」
マデューカス「その通りです」
テッサ「総員、戦闘準備!トゥアハー・デ・ダナンの二度目の初陣です!
    我々に必要なのは勝利だけです!各員の奮闘に期待します!」

ノリコVSシャア
ノリコ「アムロ大尉と一緒に世界を守ろうとした人がどうしてこんな事をするの!?」
シャア「その時の想いに今も変わりはない。彼等とは道を違えただけだ」
ノリコ「もう昔のようには戻れないの?」
シャア「過去には帰れない。だから、人は己の信じた道を前へと進んでいくだけだ」
ノリコ「私は…あなたとアムロ大尉達の間に何があったかはわかりませんし、あなたの考えている事も、よくわかりません
    だけど、地球を守ってみせます!あの星で生きている人達のために!」
シャア「それでいい…!きっと君が、この世界にたどりついた事にも意味があるはずだから!」
[PR]
by 7071sprw | 2014-07-03 21:23 | 第3次Z マップ | Comments(0)