ラトゥーニ シャイン
ラトゥーニ・スゥボータ
援護攻撃
ラミア 「援護します、ラミア少尉」
     「ラミア少尉、フォローします」
リュウセイ 「援護するわ、リュウセイ」
       「リュウセイの力になる…!」
       「リュウセイの邪魔にならないように…」
ライ 「少尉、援護します」
マイ 「マイ、後のことは気にしないで。私がやるから…!」
    「マイ、手伝うわ」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、援護します」
レーツェル 「艦長、後は私が」
カイ 「カイ少佐、バックアップに入ります」
アラド 「アラド…こっちの攻撃に当たらないでね」
     「アラド、先を急ぎすぎ…」
     「続けて攻撃するわ、アラド」
ゼオラ 「さすがゼオラ…こっちの動きも計算に入れてる…」
     「フォーメーションIね、ゼオラ」
     「ゼオラが離脱した…私も攻撃を」
シャイン 「シャイン王女、そちらに合わせます」
      「シャイン王女、後は私が…!」
      「王女のコントロールをフォロー……攻撃!」
      「シャイン王女の動きに合わせて…!」
ラウル フィオナ 「エクサランスのバックアップを…」
フィオナ 「フィオナ、援護するわ」
新教導隊 「新教導隊の連携を見せてあげる…!」
援護防御
ラミア 「ラミア少尉、離脱を!」
リュウセイ 「リュウセイ…危ない…っ!」
       「リュウセイは…私が守る!」
       「あの人を失いたくない…!」
マイ 「マイ、無理をしないで…!」
アラド 「いくら身体が頑丈だからって…!」
ゼオラ 「ゼオラ、回避に専念して!」
シャイン 「シャイン王女、早く私の後ろに!」
      「シャイン王女、コントロールを預かります!」
      「王女、コントロールをこちらに!」
カイ 「カイ少佐、後退して下さい…!」
スクール系 「もう仲間を失いたくない!」
攻撃
ウェンディゴ 「類人猿の行動パターンが組み込まれているみたいね」
        「見た目よりも動きが俊敏…」
ミロンガ 「ミロンガの運動性を侮ってはダメ…」
      「あれがゲシュタルト…ミロンガ…」
      「ターゲット、ミロンガ…!」
ミロンガ バルトール 「まず彼らの連携を崩さないと…!」
バルトール 「VTX-001…バルトール…」
       「あなた達のデータは持っている…」
ラミア 「少尉を機体から引き離さなければ…!」
     「ラミア少尉…必ず助けてみせる…!」
     「助け出してみせる…必ず…!」
     「もう昔のような想いをするのは嫌…」 
     「制御装置を破壊すれば…!」
ユルゲン 「あれはもうユルゲン博士じゃない…!」
      「必ずODEシステムを止めてみせる…オウカ姉様との想い出を守るためにも…」
デュミナス 「間違いは誰にでもあること…でも…」
       「最終ターゲット…デュミナス…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「明らかに人の手が加えられた生物…」
                  「あれは魚じゃない…」
                  「魚の行動パターンに似てはいるけど…」
フェルナンド 「ターゲット、ビレフォール」
        「性能はヤルダバオトとほぼ同等…」
マグナス 「命中させやすい修羅神だけど…!」
アルカイド 「あなたの勝手な概念を押しつけないで…!」
       「戦いを終わらせようとする意思はなくならない…!」 
       「終わりの無い闘争は…世界を消耗させていくだけ…!」
修羅将 「指揮官用の修羅神…油断は出来ない」
     「量産型の修羅神と同じ手は通用しない…」
     「あの修羅神、パワーは特機と同等か、それ以上…」
修羅兵 「量産タイプの修羅神…」
     「そんなに戦いたいなら、相手になってあげる…」
     「…戦う時と場所を選ばないのね」
鋳人 「あれはアインストじゃない…」
    「該当、相似データなし…」
イエッツト系 「何のためにあんなものを…」
        「ターゲット、イエッツト…!」
        「アインストと似て非なるもの…」
エミィ 「もう昔のような想いをするのは嫌…」
     「少しだけ我慢して、ショウコ…!」
     「ショウコ、あなたを助けてみせる…!」
     「助け出してみせる…必ず…!」
     「制御装置を破壊すれば…!」
ソーディアンズ・ガード 「あれは修羅神じゃない…!」
ダークブレイン 「最終ターゲット…ダークブレイン…!」
         「あなたに私達の全てを解析することは出来ない…!」
シュウ 「ファイナルターゲット、ネオグランゾン…!」
     「シラカワ博士…私達の手であなたを止める」

被ダメージ
ミロンガ 「ここで手間取っていたら、ゲシュタルトのアビリティが向上する…!」
ミロンガ バルトール 「さすが新型…でも…!」
            「見た目よりも動きが速い…!」
            「さすがに運動性はPTより上ね…!」
            「運動性はともかく、攻撃力は…」
            「彼らの連携に惑わされた…!」
            「スペック・データ以上の力を…!」
バルトール 「が、学習能力が高い…!」
       「バルトールの性能が上がってきている…!?」
ラミア 「パターンをアレンジしないと、ラミア少尉には…」
     「さすが、ラミア少尉…!」
     「あなたを助けるまで、倒れるわけには…!」
ユルゲン 「ユルゲン博士、私は機械の部品じゃない…!」
デュミナス 「これがデュミナスの力…!」
アルカイド 「うくっ!さすがに攻撃が重い…!」
修羅将 「くっ!これが上級修羅神の力…!」
     「さすがにあの修羅神は…強い」
修羅系 「くっ!修羅神に押し切られた…!」
     「戦うためだけに生きているなんて…!」
フラットフィッシュ 「私はあなたの獲物じゃない…!」
イエッツト系 「アビリティはアインストよりも上…」
        「アインストの対戦データが通用しない…!?」
ダークブレイン 「くうっ!ダークブレイン…私はまだ戦える…!」
シュウ 「ネオ・グランゾン…!こちらの予想以上の力を…!」
回避
ミロンガ 「ゲシュタルトのモーション・データを更新…」
ミロンガ バルトール 「ODEシステムはデータを更新していないの…?」
            「学習はしているみたいだけど…!」
            「こっちだって、データを最適化しているもの…」
            「解析速度でも負けてはいない…!」
バルトール 「もうバルトールには捕まらない…!」
ラミア 「早く機体に取り付かなきゃ…!」
     「ラミア少尉…」
     「こちらの手の内は知られている…でも…!」
ユルゲン 「意思の統合なんて、私は望まない…」
ティス ラリアー デスピニス 「あなた達には惑わされない…」
デュミナス 「あなたは今、間違いを犯した…」
       「存在の否定なんて…!」
フェルナンド 「闘いだけが全てじゃないはず…」
        「ヤルダバオトとはパターンが違う…!」
マグナス「押し潰されるつもりなんてない…」
メイシス 「凍るのは嫌だもの…」
アルカイド 「これまでの修羅神とアビリティが違う…」
       「さすが修羅の王…だけど」
修羅将 「さすがに量産型の修羅神とは違う。でも…」
     「上級の修羅神と言えど…」
     「上級修羅神のモーション・データを更新…」
修羅系 「ただ暴れているだけ…」
     「闇雲に攻撃してきてるだけ…」
     「修羅神のデータ、収集…」
     「修羅は力押しで来る。間合いに気をつけないと…」
フラットフィッシュ 「こちらを捕食するつもりなの…?」
           「まるで怪獣…リュウセイが喜びそう」
イエッツト系 「早くイエッツトを排除しなければ…」
        「行動パターンはアインストと似ている…」
怪物系  「人間や機械じゃなくても…パターンは読める」
      「生物のようでもあり、機械のようでもある…」
ダークブレイン 「ダークブレイン…あなたが計算した通りの結果にはならない」
         「あなたの計算を上回ってみせる…」
シュウ 「グランゾンのアビリティ・データを応用すれば…!」
     「シラカワ博士、あなたの本当の目的は…!」

シャイン・ハウゼン
援護攻撃
ライ 「続いていきますわ、ライディ様!」
    「ライディ様、お手伝いしたしますわ!」
    「ライディ様には余計なお世話かも知れませんけど…!」
マイ 「マイも頑張っていますのね。なら、私も!」
    「マイ、お手伝い致しますわ!」
ラトゥーニ 「協力しちゃったりしますわ、ラトゥーニ!」
       「タイミングはバッチリですわ、ラトゥーニ!」
       「私達の連携をお見せ致しますわ!」
アラド 「アラド、後はお任せくださいませ!」
     「アラド!ちょっとお待ちなさいませ!」
ゼオラ 「ゼオラ、私も行きますわ!」
     「援護しますわ、ゼオラ!」
オウカ 「ラトゥーニ達のためにも、お力になります!」
レーツェル 「ライディ様のお兄様、お手伝い致しますわ!」
ラウル 「ラウル、お手伝い致しますわ!」
フィオナ 「フィオナ、後はお任せくださいませ!」
コウタ 「コウタ、援護致しますわ!」
アルフィミィ 「アルフィミィ、後はお任せくださいませ!」
フォルカ 「フォルカ、拳を…いえ、手をお貸ししますわ!」
援護防御
ライ 「ライディ様、危のうございますっ!」
    「ライディ様、御守り致します!」
    「ライディ様のお役に立ちたい…!」
マイ 「マイ、早く下がりなさいませ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、お下がりなさいませ!」
       「今は私が守る番でございます!」
アラド 「アラド!骨まで切らせてはダメですわよ!」
     「アラド、何をやってるんでございますの!?」
ゼオラ 「ゼオラ、ここは私が引き受けますわ!」
レーツェル 「ライディ様のお兄様、お下がりくださいませ!」
ラウル 「ラウル、お逃げなさいませ!」
フィオナ 「フィオナ、ここは私が!」
フォルカ 「お助けいたしますわ、フォルカ!」
攻撃
ラミア 「お助け致します。待っていて下さいませ!」
     「ラトゥーニのお友達は私のお友達。お助け致しますわ!」
バルトール 「数で攻めて来ても!」
       「操り人形には負けませんわ!」
       「放っておけば、多くの民が大変な目に…!」
ティス ラリアー デスピニス 「あなた達の目的はいったい何ですの!?」
                「私と同い年ぐらいの子なのに…!」
デュミナス 「私は、あなたがやっていることが間違っていると思います!」
マグナス 「行きますわよ、暴れんぼう将軍!」
メイシス 「氷漬けになるつもりはございません!」
アルカイド 「修羅の王様!覚悟なさいませ!」
       「王としての責務、それはわかります…!でも、私にも守るものがあるのです!」
修羅将 「あれが敵の将軍…!」
     「将軍相手に油断は禁物ですわ!」
修羅系 「あなた達!暴れるのはいい加減になさいませ!」
     「乱暴狼藉は許しませんわよ!」
     「無礼者!覚悟なさいませ!」
     「しゅ、修羅神!…ちょっと言いにくいですわ!」
フラットフィッシュ 「焼き魚にしてやりますわ!」
           「宇宙を泳ぐお魚なんて非常識ですわ!」
化け物系 「お化け退治ですわ!」
      「アインストを見た後ですもの。怖くありません!」
      「怪獣なんて怖くありません!」
      「頑張って、3分で退治してみせますわ!」
      「お化けが相手でも、ひるんだりしませんわ!」
ソーディアンズ・ガード 「その剣、ヘシ折ってやりますわ!」
ダークブレイン 「頭でっかちの機械に、私達の未来を渡しはしませんわ!」
シュウ 「ここでシラカワ博士を止めなければ!」
     「シラカワ博士!私はここで退いたりはしません!」
ボス系 「不退転の決意で挑みますわ!」
     「ここが正真正銘の正念場でございます!」
     「国や、多くの人達を守るためにも、ここで負けるわけにはいきません!」
被ダメージ
ラミア 「ううっ…ここで手間取っていたら、助けられない…!」
バルトール 「ううっ…!バ、バルトールに捕まってしまったら…!」
デュミナス 「ぐううっ、間違ってしまったのは、私の方…!?」
マグナス 「こ、このままでは潰されてしまいます!」
アルカイド 「あ、あんな凄い拳に耐えるなんて…ありがとうですわ、フェアリオン…」
修羅将 「きゃああっ!あ、あの修羅神は!」
フラットフィッシュ 「ううっ!魚に食べられるのは御免でございます!」
イエッツト系 「ううっ、アインストより強い…!」
化け物系 「ぐううっ!やっぱりお化けは嫌です!」
      「こ、怖くなんてありません!お化け相手でも!」
ダークブレイン 「ダ、ダークブレインに負けるわけには…!」
シュウ 「くううっ…!シラカワ博士、私はまだ!」
回避
ラミア 「あなたを助けるまで、やられちゃったりはしません!」
ミロンガ 「ゲシュタルトより、こちらのスピードの方が上ですわ!」
デュミナス 「少なくとも、あなたの狙いは間違っていましたわ!」
マグナス 「あのような物にぶつかられたら、潰されてしまいますわ!」
メイシス 「このフェアリオンを凍らせることなんて出来ませんわ!」
アルティス 「閃光と言えど、私のフェアリオンには追いつけません!」
アルカイド 「修羅の王様、私はここですわよ!」
修羅系 「修羅の者!無礼は許しませんわよ!」
     「修羅さん、こちら!でございますわ!」
     「もう乱暴はお止めなさい!」
フラットフィッシュ 「そのまま魚河岸にでもお行きなさいませ!」
化け物系 「お化けなんかにやられませんわ!」
      「そのままお化け屋敷にでもお行きなさいませ!」
      「や、やっぱりちょっと気持ち悪い…!」
ソーディアンズ・ガード 「斬られちゃうのは嫌ですもの!」
シュウ 「シラカワ博士!私はここにおりますわ!」
ボス系 「す、凄い攻撃ですのね…!」
     「かわせましたけど…油断は禁物ですわ」
     「あんなのに当たるわけにはいきませんわ…!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:41 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)