SRXチーム
リュウセイ・ダテ
援護攻撃
ブリット 「ブリット!後は任せろ!」
クスハ 「いい位置だぜ、クスハ!」
     「クスハ、後は任せろ!」
タスク 「タスク!どこへ行くんだ!?」
レオナ 「レオナ、援護するぜ!」
ライ 「援護するぜ、ライ!」
    「ライ、コンビネーション・アタックだ!」
    「ライ!フォーメーションDだ!」
アヤ 「アヤ、後は任せろ!」
    「フォーメーションDで行くぜ、アヤ!」
    「アヤ、俺がとどめを刺す!」
ヴィレッタ 「さすが隊長…!俺も負けてられねえ!」
      「隊長、援護するぜ!」
マイ 「マイ、コンビネーションでいくぞ!」
    「マイ、後は俺が引き受けるぜ!」
    「頑張ってんな、マイ!」
イルム 「イルム中尉、援護するぜ!」
リオ 「援護するぞ、リオ!」
リョウト 「手伝うぜ、リョウト!」
ラトゥーニ 「援護するぜ、ラトゥーニ!」
       「ラトゥーニ、お前は先に行け!」
       「よし!後は任せろ、ラトゥーニ!」
アラド 「手を貸すぜ、アラド!」
マサキ 「マサキ、後は任せろ!」
ユウキ 「ユウ、後は引き受けたぜ!」
カーラ 「カーラ、こっちからも行くぜ!」
援護防御
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ライ 「ライ、貸しにしとくぜ!」
    「下がれ、ライ!」
アヤ 「アヤ、早く逃げろ!」
    「アヤ、ここは俺が引き受ける!」
ヴィレッタ 「隊長!危ねえっ!」
       「ヴィレッタ隊長、早くこっちの後ろにっ!」
マイ 「マイ、下がれ!」
    「マイ、無理すんな!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ!今の内に逃げろ!」
       「ラトゥーニ、あいつは俺に任せろ!」
アラド 「何やってんだ、アラド!」
マサキ 「マサキ、今の内に!」
攻撃
ミロンガ 「バルトールのプロトタイプか…」
      ライ「リュウセイ、ミロンガの運動性を甘く見るなよ!」 「ああ!」
バルトール 「覚悟しやがれ、新型!」
       「要は相手が予測出来ねえ方法で仕掛けりゃいいんだろうが!」
       「人間を生体コアにするマシンなんて!」(13話以降)
       「誰も乗ってねえんなら、遠慮はしねえ!」(13話以降)
       ライ「正面上方、バルトール!」 「ああ、任せろ!」
バルトール(洗脳系) 「間違いねえ…あれにはあいつらが乗ってる!」
バルトール(洗脳系) エミィ 「待ってろ…すぐに助け出してやる!」
                「機体をうまく止められれば、助けられる!」
                「コックピットに当てるわけにはいかねえ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ!今助けてやる!」
ユルゲン 「多くの人間をコアにする防衛システムなんて、本末転倒じゃねえか!」
デュミナス 「行くぞ!デュミナス!」
       「デュミナス!てめえは答えの求め方が間違っているんだ!」
フェルナンド ライ「奴はヤルダバオトと同等の力を持っている。ぬかるなよ」 「ああ、任せろ!」
マグナス ライ「奴の耐久力を侮るなよ」 「了解!仕掛けるぞ!」
アルティス ライ「相手は閃光のアルティス…油断するなよ!」 「了解!行くぜ!」
ミザル 「正面きっての勝負なら、負けやしねえぞ!」
     「てめえら、やり方が卑怯なんだよ!」
アルカイド 「奴は修羅の王…!生半可な攻撃は通用せん。全力でやれ」 「よっしゃ!行くぜ!」
修羅将 ライ「接近戦なら負けねえぜ!」 リュウセイ「奴は兵卒ではない。気をつけろ!」(表記とボイスが逆)
     ライ「奴は上級の修羅神だ。間合いに気をつけろ」 「ああ!」
修羅系 「てめえらの生き方を俺達に押し付けるな!」
     「勝負だ、修羅神!」
     「接近戦なら負けねえぜ!」
     ライ「左下方、レンジ3!修羅神が来る!」 「よし!こっちから仕掛けるぞ!」
     ライ「リュウセイ、修羅共の暴虐を食い止めろ!」 「ああ、任せろ!」
     ライ「無防備に修羅神の懐に飛び込むなよ」 「ああ!」
イエッツト系 ライ「正面下方、イエッツトだ!」 「よっしゃ!行くぜ!」
        ライ「右上方レンジ3!イエッツトが来る!」 「了解!行くぜ!」
        ライ「アインストとはパターンが違う。気をつけろ!」 「ああ!」
怪物系 「相手は怪獣か…!ヘッ、望む所だぜ!」
     「行くぞ、怪獣野郎!」
     「怪獣退治の専門家ってわけじゃねえが、やるしかねえ!」
     ライ「リュウセイ、奴に食いつかれるなよ!」 「ああ!」
ソーディアンズ・ガード 「奴は修羅神と違う。慎重に行け」 「了解!仕掛けるぞ!」
ダークブレイン ライ「計算だけで全てが決まるわけではない。そのことを奴に教えてやれ」 「よっしゃ!行くぜ!」
           「てめえが全ての元凶かっ!!」
           「ここでケリをつけるぞ!ダークブレイン!」
シュウ ライ「以前のグランゾンとは桁違いだ。気をつけろ!」 「了解!仕掛けるぞ!」
被ダメージ
カイル 「くそっ!ここで長引いたら、ラトゥーニ達が生体コアにされちまう!」
バルトール 「チッ!バルトールに動きを読まれちまったか!」
       「新型め、俺の邪魔をするんじゃねえ!」
バルトール (洗脳系) 「ちいっ!こっちは簡単に手出しできねえってのに!」 
デュミナス 「ぐあっ!やってくれたな、デュミナス!」
修羅系 「く!あの修羅神、なかなか素早いじゃねえか!」
怪物系 「ちっ!ハッタリだけじゃねえってことか!」
     「ぐっ!これじゃ本当に怪獣モノだぜ!」
ダークブレイン 「この…!上等じゃねえか、ダークブレイン!」
回避
バルトール 「データが足りねえようだな、バルトール!」
       「性能差だけで負けてたまるか!」
       「あいつら、能力を上げてきていやがるのか!?」
デュミナス 「少なくとも、今の狙いは間違いだったな!」
ダークブレイン 「いくら頭が良くてもそんな動きじゃあな!」

ライディース・F・ブランシュタイン
援護攻撃
ATXチーム 「さすがだな、ATXチーム」
        「ATXチームのバックアップを!」
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護する」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてもらおう!」
リュウセイ 「リュウセイ、フォーメーションDを仕掛けるぞ」
       「リュウセイ、後は俺がやる!」
       「射線軸から退避しろ、リュウセイ」
       「上出来だ、リュウセイ。こちらも続く!」
アヤ 「大尉、こちらからも攻撃します」
    「大尉、援護します!」
    「連携ですね、大尉!」
ヴィレッタ 「隊長、援護します」
       「隊長、続けていきます!」
マイ 「マイ、後は俺に任せろ」
    「援護するぞ、マイ!」
イルム 「イルム中尉、後は自分が!」
     「さすがはイルム中尉…相手に隙が出来た!」
レオナ 「とどめを忘れるな、レオナ!」
     「レオナ、後は俺に任せろ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、援護するぞ!」
アラド 「アラド、先を急ぐな!」
     「まったく、ああいう所はリュウセイと同じだな…」
シャイン 「王女、お下がりください」
      「シャイン王女、援護します!」
レーツェル 「続けていくぞ、兄さん」
       「エルザム兄さん、援護する!」
       「我が一族の絆…とくと見るがいい」
       「俺達の連携…かわせまい!」
カイ 「カイ少佐、続けていきます!」
援護防御
リュウセイ 「リュウセイ、攻撃ばかりに気を取られるな!」
       「リュウセイ、油断は禁物だぞ!」
アヤ 「大尉を狙ってきたか…!」
    「大尉をやらせはしない…!」
ヴィレッタ 「隊長、早く離脱を!」
イルム 「イルム中尉、ここは自分が!」
レオナ 「レオナ、無茶をするな!」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ!」
シャイン 「王女、御身は自分が守ります!」
レーツェル 「兄さん、この場は俺が預かる!」
少佐系 「少佐、今の内に後退を!」
攻撃
ミロンガ 「どうやら、この事態は最初から仕組まれていたようだな」
      「あの新型、どういうつもりだ…!?」
      「ミロンガか。奴のスピードを侮るわけにはいかん」
バルトール 「ターゲット、バルトール…!」
       「奴らに対して同じ手は通用しにくい…!」
       「あのバルトールは…無人機か」(12話以降)
       「制限時間内にODEシステムを止めなければ…!」(14話以降)
バルトール(洗脳系) 「今はこうするしかない…!」
            「コックピットに当てるわけにはいかん!」
            「機体の動きさえ止めれば!」
デュミナス 「デュミナス!答えの求め方を誤ったな!」
アルカイド 「アルカイド!修羅の道はお前一人で往くがいい!」
修羅将 「貴様らの理屈が通用すると思うな!」
    「兵卒共より腕は立ちそうだな!」
修羅系 「修羅共よ、この世界から立ち去れ!」
     「ここはお前達がいるべき世界ではない!」
フラットフィッシュ タッドボール 「宇宙を泳ぐ魚など…ナンセンスだな」
イエッツト系 「イエッツト…『今』というわけか」
        「人の手で生まれ変わったアインストなど!」
        「イエッツト!貴様らに未来はない!」
ソ-ディアンズ・ガード 「ソーディアンごと消え去るがいい!」
ダークブレイン 「闇に消えろ、ダークブレイン!」
シュウ 「やはり、貴様とはこうなる運命だったようだな」
被ダメージ
バルトール 「くっ!一手ごとにモーションがアップグレードしている!」
       「チッ、こちらのパターンを読まれたか!」
アルカイド 「修羅王…こちらの耐久力を甘く見るなよ!」
       「あの剛拳をまともに食らっては…!」
修羅将 「フッ…さすがに兵卒共とは一味違うようだ」
     「これが上級修羅神のパワーか!」
修羅系 「伊達に戦い続けてきたわけではないようだな」
     「修羅共に足止めを食うわけには!」
イエッツト系 「パワーはアインスト以上か!」
        「それなりの進化をしてるということか…!」
シュウ 「俺達相手に様子見など必要あるまい」
     「くっ!これがネオ・グランゾンのパワーか!」
回避
バルトール 「バルトール…簡単に俺の手が読めると思うなよ!」
       「こちらの動きを読まれるわけにはいかん…!」
アルカイド 「修羅の王と言えど、この程度か」
修羅将 「これでは兵卒共と変わらん」
修羅系 「修羅の兵卒などに…」
     「所詮は有象無象の集まりか」
フラットフィッシュ 「魚と戯れる趣味は無いのでな」
イエッツト系 「その程度か、イエッツト」
        「アインストとほぼ同じパターンか」
ダークブレイン 「全てがお前の計算通りに行くと思うな!」
シュウ 「手加減は不要だぞ、シュウ・シラカワ」

アヤ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
       「リュウ!連携攻撃を仕掛けるわ!」
       「続けていくわよ、リュウ!」
ライ 「さすがね、ライ!このタイミングなら!」
    「連携で行くわよ、ライ!」
    「ライ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
    「援護するわ、ライ!」
ヴィレッタ 「隊長が隙を作ってくれた…!」
       「隊長との連携なら…!」
マイ 「あなたと私なら…やれる!」
    「マイ、後はこちらに任せて!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
ラーダ 「ラーダさん、後は私が!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、こちらからも行くわ!」
アラド 「あの子ったら…ああいう所はリュウとそっくりなんだから」
マサキ 「援護するわ、マサキ!」
リューネ 「リューネ、あなたは他の敵を!」
カイ 「カイ少佐、援護します!」
少尉系 「少尉、後は私が!」
少佐系 「少佐、私も続きます!」
援護防御
リュウセイ 「リュウ、前に出過ぎよ!」
       「リュウ、無茶しちゃダメよ!」
ライ 「ライ、あなたに頼ってばかりは…!」
    「ライ、ここは任せて!」
ヴィレッタ 「隊長、ここは退いてください!」
       「ヴィレッタ隊長、今の内に離脱を!」
少佐系 「少佐、今の内に!」
SRXチーム 「少しは、リーダーらしいことをさせてね!」
攻撃
ミロンガ 「トライアル機が敵になるなんて…!」
バルトール 「敵の予測を上回りさえすれば!」
       「バルトールに同じパターンの攻撃は通用しない…!」
       「人間の思念を強制的に統一しようだなんて…!」(13話以降)
バルトール(洗脳系) 「制御装置さえ壊せば…!」
            「まだ間に合う…!助けられる!」
            「待っていなさい!今助けてあげる!」
被ダメージ
バルトール 「くうっ!こちらのパターンを見切られてしまったの!?」
回避
バルトール 「そう簡単にこちらのパターンを読ませるものですか!」
       「私の動きを読み取れなかったみたいね」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:56 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)