ブリット クスハ ラミア
ブルックリン・ラックフィールド
援護攻撃
キョウスケ 「さすがだ…!このタイミングなら、いける!」
       「あの人には余計な真似かもしれないけど…逃がすわけには!」
       「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてください!」
       「手伝います!エクセレン少尉!」
       「少尉!どこへ行くんですかっ!」
       「続けていきます、エクセレン少尉!」
クスハ 「クスハ、後は俺がやる!」
     「ここは任せてくれ、クスハ!」
     「先に行ってくれ、クスハ!」
ラミア 「ラミアさんは次のターゲットを!」
     「ラミアさん、後は引き受けます!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護します!」
タスク 「タスク、詰めが甘いぞ!」
     「悪いが、タスク…とどめは俺が刺す!」
レオナ 「レオナ、援護するぞ!」
リオ 「リオ!助太刀する!」
リョウト 「リョウト、手を貸すぞ!」
アラド 「アラド、援護するぞ!」
     「後ろがガラ空きだぞ、アラド!」
ゼンガー 「ゼンガー隊長、援護します!」
      「ゼンガー少佐、連携攻撃で行きます!」
レーツェル 「レーツェルさん、後は任せてください!」
ユウキ 「ユウ!後は任せてくれ!」
     「助太刀するぞ、ユウ!」
カーラ 「一本決めるまで油断するな!カーラ!」
ラウル 「ラウル、後は任せろ!」
フィオナ 「援護するぞ、フィオナ!」
アクセル 「アクセルさん、助太刀します!」
コウタ 「コウタ、後は任せろ!」
リシュウ 「リシュウ先生!助太刀します!」
フォルカ 「フォルカさん、後は俺が!」
少佐系 「少佐、後は自分が!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、下がってください!」
エクセレン 「エクセレン少尉!早く後ろへ!」
       「少尉、何やってんですっ!」
クスハ 「無茶をするな!クスハ!」
     「クスハ!離脱するんだ!」
ラミア 「ラミアさん、今の内に離脱を!」
リュウセイ 「リュウセイ、突っ込み過ぎだぞ!」 
タスク 「下がれ、タスク!」
レオナ 「レオナ、後退しろ!」
リオ 「リオ!前に出すぎだ!」
リョウト 「リョウト!奴は俺に任せろ!」
アラド 「アラド、どこを見ているんだ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、下がってください!」
レーツェル 「レーツェルさん、後退を!」
ユウキ 「後退しろ、ユウ!」
カーラ 「カーラ、早く下がるんだ!」
ラウル 「下がるんだ、ラウル!」
フィオナ 「フィオナ、離脱するんだ!」
コウタ 「コウタ、前に出過ぎだ!」
フォルカ 「フォルカさん、退いてください!」
攻撃
ラミア(第10話) 「ラミア少尉、行きます!」
アラド 「行くぞ、アラド!」
ゼオラ 「行くぞ、ゼオラ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、遠慮はしないぞ!」
ムラタ 「ムラタ、お前の剣は曇っている!」
     「人を斬るためだけに振るう剣なんて!」
     「真剣勝負だ、ムラタ!」
     「お前の剣速を超えてやる!」
ミロンガ 「あいつの運動性を甘く見るわけにはいかない…!」
      「模擬戦の時と同じようにいくと思うなよ!」(11話以降)
バルトール 「あいつらを止めなければ、多くの人々が…!」
       「俺の動きがお前に見切れるか!」
       「奴らのデータを上回ってみせる!」
       「人間の力を甘く見るなよ!」
       「必ずODEシステムを止めてみせる!」(13話以降)
       「人間を部品にする機動兵器なんて!」(13話以降)
バルトール(洗脳系) エミィ 「コックピットは外さなければ…!」
                「制御装置を壊す!」
                「コックピットは狙えない…!」
ラミア 「必ずODEシステムを止めてみせる!」
     「コックピットは外さなければ…!」
ユルゲン 「捕らえられた人々を返してもらうぞ、ユルゲン博士!」
      「必ずODEシステムを止めてみせる!」 
      「ユルゲン!よくもラミア少尉を!!」
ティス ラリアー デスピニス 「お前達の真意は、いったいなんなんだ…!?」
デュミナス 「勝負だ、デュミナス!」
       「デュミナス!俺がお前の暴走を止めてやる!」
マグナス 「あいつ、ふざけた真似を!」
      「遊び気分で戦うな!」
      「重震のマグナス!お前の好きにはさせない!」
メイシス 「女だからって…手加減すれば、こっちがやられる!」
      「勝負だ!氷槍のメイシス!」
アルティス 「行くぞ、閃光のアルティス!」
       「奴より速く打ち込む!」
ミザル 「お前が何を企もうと…俺は負けはしないっ!」
      「正々堂々と勝負しろ!」
アルカイド 「修羅王!お前を倒して、この戦いを終わらせる!」
       「修羅王…!その気迫を打ち破ってみせる!」
修羅将 「相手が修羅の将軍でも!」
修羅系 「修羅界など俺達には不要だ!」
     「戦いだけが、全てじゃないはずだ!」
     「ここでお前達の戦いを終わらせてやる!」
     「この世界を、お前達の好きにはさせない!」
     「永遠に闘争が続く世界なんて!」
     「修羅神など、打ち砕いてやる!」
フラットフィッシュ タッドボール 「その見た目にひるむ俺じゃない!!」
                  「生き物だったら、倒せるはずだ!」
鋳人 「俺の力を吸えると思うなよ!」
    「虎龍王の激しい怒りを感じる…!」
    「奴も槍を使うのなら!」
イエッツト系 「化け物共め、覚悟しろ!」
        「数で攻めてきたって!」
        「逃がしはしないぞ、イエッツト!」
ダークブレイン 「ダークブレイン!いざ勝負!」
         「ダークブレイン!この世界…いや、全ての世界から去れ!」
シュウ 「DC戦争の時からこの機会を狙っていたとでも言うのか!?」
     「ついに本性を見せたな、シュウ・シラカワ!」
被ダメージ
ミロンガ 「くそっ!これじゃ模擬戦の時と同じだ!」(11話以降)
バルトール 「バルトールめ、俺の動きを見切ったのか!?」
ラミア 「ラミア少尉だけに狙いは正確だけど…!」
デュミナス 「ぐうっ!これがデュミナスのパワーか!」
修羅系 「これが修羅神の実力か!」
化け物系 「お前のまやかしは通用しないぞ!」
ダークブレイン 「ダークブレインめ、やってくれる!」
回避
ムラタ 「お前の剣など届かない!」
バルトール 「そう簡単に俺の動きを解析できると思うなよ!」
ラミア 「あれは…ラミア少尉じゃない!」
デュミナス 「少なくとも、今の攻撃は失敗だったぞ!デュミナス!」
修羅系 「お前の拳は通用しない!」
     「修羅神の力はそんなものか!?」
鋳人 「お前のまやかしは通用しないぞ!」
    「どうした、化け物!」
    「槍の動きを見極めれば!」
ダークブレイン 「遠慮はいらないぞ、ダークブレイン!」

クスハ・ミズハ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、手伝います!」
ブリット 「ブリット君、私も!」
      「ブリット君、後は任せて!」
ラミア 「ラミアさん、援護します!」
リュウセイ 「リュウセイ君、手伝うわ!」
ヴィレッタ 「大尉、続けて行きます!」
タスク 「タスク君、後は任せて!」
     「タスク君、どこへ行くの!?」
レオナ 「レオナ、援護するわ!」
     「レオナには余計なお世話かもしれないけど…」
リオ 「後は任せて、リオ!」
    「リオ、頑張ってるのね…!」
リョウト 「リョウト君が隙を作ってくれた…!」
ラトゥーニ 「援護するわ、ラトゥーニ!」
アラド 「先走っちゃダメよ!アラド君!」
レーツェル 「レーツェルさん、続きますっ!」
マサキ 「マサキ君、後は私が!」
リューネ 「リューネ、援護するわ!」
ユウキ 「ユウキ君、後は私が!」
カーラ 「カーラ、援護するわ!」
アイビス 「アイビスさん、援護します!」
ラウル 「手伝うわ、ラウル君!」
フィオナ 「フィオナ、後は私が!」
リシュウ 「リシュウ先生、後は任せてください!」
コウタ 「コウタ君、後は任せて!」
フォルカ 「フォルカさん、私も続きます!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、離脱してください」
エクセレン 「エクセレンさん、ここは任せてください!」
ブリット 「ブリット君、無茶しないで!」
ラミア 「離脱してください、ラミアさん!」
リュウセイ 「下がって、リュウセイ君!」
タスク 「タスク君、危ない!」
レオナ 「レオナ、ここは任せて!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
リョウト 「リョウト君、後退して!」
アラド 「アラド君、よそ見しちゃダメ!」
レーツェル 「レーツェルさん、ここは私が!」 
マサキ 「マサキ君、無理しないで!」
リューネ 「リューネ、早く逃げて!」
ユウキ 「ユウキ君、後退して!」
カーラ 「カーラ、早く逃げて!」
アイビス 「アイビスさん、早く離脱してください!」
ラウル 「ラウル君、ここは任せて!」
フィオナ 「フィオナ、下がって!」
リシュウ 「先生!無理しないでください!」
コウタ 「コウタ君、早く逃げて!」
フォルカ 「フォルカさん、逃げてください!」
攻撃
ラミア(第10話) 「行きます、ラミア少尉!」
アラド 「行くわよ、アラド君!」
ゼオラ 「何とかして、ゼオラの動きを捉えなきゃ…!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ相手に油断は出来ない…!」
バルトール 「バルトールを野放しにしておくわけには!」
       「バルトールを止めてみせます!」
       「もうあなた達には捕まらない!」
ラミア 「ラミア少尉!必ず助けますから!」
ユルゲン 「最初から割り切って多くの人を不幸にするなんて…許せない!」
デュミナス 「デュミナス…あなたは答えの求め方を間違ったんです!」
       「誰だって過ちを犯します…でも、あなたは!」
アルカイド 「修羅王…あなたとこの戦いを止めて見せます!」
       「私達の世界を、修羅界にはさせません!」
修羅将 「あなた達が、兵を退かないと言うのなら!」
修羅系 「これ以上の乱暴は許しません!」
     「私達の星を、あなた達の好きにはさせません!」
     「これ以上、この混乱を続かせるわけには!」
     「戦いを続けるための戦いなんて…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「あんなお魚がいるなんて…!」
                  「ちょっと気持ち悪いけど…逃げません!」
                  「見た目より動きが速い…!気をつけなきゃ!」
鋳人 「あれは人の魂を…生命力を吸う…!」
    「龍虎王が激しい敵意を抱いている…!?」
    「あれは敵…龍虎王の敵…!」
    「あの怪物の狙いは、私達と龍虎王…!」
イエッツト系 「アインストに何か別の物が混じってる…!?」
        「あれはアインストとは違う…!」
エミィ 「何とかして、あの子を機体から降ろさなきゃ…!」
ソーディアンズ・ガード 「あれがソーディアンの主なの…!?」
ダークブレイン 「ダークブレイン!あなたに私達の世界を渡しはしません!」
         「その闇を、振り払ってみせます!」
         「あれを壊さなければ、この戦いは終わらない…!」
シュウ 「あのグランゾンから、得体の知れない邪念を感じる…!」
     「最後の戦い…ここで負けるわけにはいかない!」
被ダメージ
バルトール 「ああっ!あのバルトール、パワーアップしてるの!?」
       「早くバルトールを止めなきゃ!」
       「バ、バルトールの動きが速くなっている…!」
ラミア 「くっ!ラミア少尉、私は!」
     「ううっ、ラミア少尉を助けるまでは…!」
ユルゲン 「ユルゲン博士!そんなもので私は止められません!」
      「ユルゲン博士、私はまだ!」
デュミナス 「デュミナス、あなたには…!」
       「こ、こんなのは答えじゃない…!」
アルカイド 「う、受け止められた…修羅王の攻撃を…!」
       「しゅ、修羅王には勝てないの…!?」
       「つ、次もあの拳を受けたら…!」
修羅将 「ううっ、他の修羅とは力が違う…!」
     「あ、あの技をまともに…!」
修羅系 「ここで修羅を食い止めなきゃ…!」
     「しゅ、修羅神の動きについていけなかった…!」
     「負けられない…!あの人達には!」
鋳人 「あ、あの槍に注意しなきゃ!」 
    「瞬発力は虎龍王並だわ!」
    「ううっ、力が抜けていく…!」
    「わ、私の念も吸い取ろうとしてる…!?」
フラットフィッシュ タッドボール 「あ、あのお魚、強い…!!」
イエッツト系 「くっ!アインストより動きが速い!?」
エミィ 「早く機体に取り付かなきゃ!」
     「動きが速くて捕まえられない…!」
ダークブレイン 「ここでやられたら、私達の地球が…!」
         「お、おびただしい数の人の念が…!」
         「くっ!ダークブレイン…あなたに負けるわけにはいきません!」
         「くうっ…!ここでダークブレインに負けたら…!」
シュウ 「あの人が手加減なんてするはずがない…!」
     「このままじゃ、グランゾンに…!」
     「シラカワ博士、私はまだ戦えます!」
回避
アラド ゼオラ ラトゥーニ ラミア(第10話) 「実戦と同じにやってみせる!」
バルトール 「バルトールのことは…よく知っているもの」
       「あれには囚われない…!」
       「あたしのデータを持っていたって!」
デュミナス 「デュミナス、私はここよ!」
アルカイド 「修羅王の拳を受けたら、ただじゃ済まない…!」
修羅将 「あれが修羅の将軍の力…!」
     「私にもあの拳が見切れた!」
修羅系 「凄い技…でも!」
フラットフィッシュ タッドボール 「お魚に食べられるつもりなんてないもの!」
鋳人 「あれに触れられたら、力を吸われちゃう…!」
    「私達を集中的に狙ってる!」
イエッツト系 「あの動きには惑わされない…!」
        「あんな動きをしてくるなんて…!」
ダークブレイン 「邪悪な闇の思念…でも、負けません!」
シュウ 「シラカワ博士、あなたは…!」
ボス系 「凄い攻撃…!でも!」
     「ここで負けられないもの!絶対に!」

ラミア・ラヴレス
援護攻撃
キョウスケ 「中尉、後はお任せしちゃったり…いや、お任せを」
       「中尉、援護しますです」
       「中尉と私の連携ならば…!」
       「中尉の後に続く…!」
エクセレン 「エクセ姉様、後は私が」
       「エクセ姉様、援護するですの」
       「エクセ姉様…後は私に任せるということか」
ブリット 「ブルックリン少尉、援護する」
ATXチーム 「これがATXチームの連携か」
ラトゥーニ 「援護するぞ、ラトゥーニ」
       「ラトゥーニ、あの敵は私に任せろ」
アラド 「アラド、どこへ行くつもりだ?」
     「待て、アラド。…もう遅いか」
ゼオラ 「ゼオラ、お前は先に行け」
     「ゼオラ、援護する」
ギリアム 「ギリアム少佐、あの敵は私が」
カイ 「少佐、後は私が」
    「少佐、あの敵は私が」
ラウル 「援護するぞ、ラウル」
アクセル 「隊長、後はボク…いや、私が」
      「アクセル隊長、バックアップします」
      「隊長…ああ見えてこちらの動きも計算の内か」
      「フッ…以前では考えられなかった連携だな」
フォルカ 「先に行け、フォルカ」
援護防御
キョウスケ 「中尉、すぐに後退を」
       「中尉を狙ってきたか…!」
       「中尉、逃げちゃってくださりませ」
エクセレン 「エクセ姉様、今の内に離脱を」
       「エクセ姉様、お下がりなさってください」
ブリット 「少尉、今の内に後退を」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ」
アラド 「アラド、ペナルティだぞ」
ゼオラ 「ゼオラ、私が時間を稼ぐ」
カイ 「少佐、すぐに後退を」
ラウル 「無理をするな、ラウル」
アクセル 「アクセル隊長、迂闊でございますです」
      「隊長をやらせるわけには…!」
フォルカ 「フォルカ、前に出過ぎだ」
攻撃
ミロンガ 「新型機の性能を見せてもらおう」
      「VTX-000、ミロンガ…」
      「バルトールのプロトタイプか…」
バルトール 「バルトールの性能は把握している」
       「バルトール…撃破する!」
       「二度と私を取り込めると思うな」
       「繰り糸が切れてもなお動く人形か…」
デュミナス 「デュミナス、お前は答えを求める方法を間違えた…!」
       「自分自身に対する疑問…それは誰にでもあるもの。だが…!」
アルカイド 「修羅王…ヴィンデル・マウザーと同じく、お前の理論は間違っている」
       「この世から去れ、修羅王…!」
修羅系 「彼らはシャドウミラーと同じだ…!」
     「闘争は永遠には続かん。この世界ではな」
     「戦うための存在…以前の私と同じだな」
     「ターゲット…修羅神!」
     「修羅よ…お前達はこの世界に相応しくない存在だ!」
イエッツトレジセイア 「頭を潰せば、乱れが生じる。セオリーだ」 
ダークブレイン 「私達は規格外の存在…お前の思い通りにはならん!」
         「覚悟してもらおう、ダークブレイン!」
被ダメージ
バルトール 「バルトールの攻撃力が上がってきたか…」
       「再び私をコアにするつもりか…?」
デュミナス 「くっ!これがデュミナスの実力か…!」
ダークブレイン 「ダークブレイン…こちらの動きを読み切ったか」
アクセル 「アクセル隊長…さすがにやる」
回避
ミロンガ 「ミロンガの命中精度は今一つのようだな」
バルトール 「二度目はないぞ、バルトール」
       「お前が持っている私のデータは、もう使えんぞ」
デュミナス 「デュミナス…私の存在を否定できると思うな」
ダークブレイン 「計算が甘いようだな、ダークブレイン」
レモン 「レモン様…私はここです」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:57 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)