カテゴリ:スパロボMX マップ( 62 )
備考
・ありとあらゆる攻略本を立ち読みしたが、特殊セリフ発生の組み合わせ表が見つからなかったので、自分調べ。抜けは相当あると思う。
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:14 | スパロボMX マップ | Comments(0)
R-1 追撃者
ジュドーVSダン
ダン「大尉殿への土産だ!噂のガンダムチームは我らプラクティーズが落とす!」
ジュドー「プラクティーズだかプラモデルだか知らないがそう簡単にやられるかよ!」

ジュドーVSカール
ジュドー「あんたら!戦いを広げようってのならまず俺が相手になってやるぜ!!」
カール「な、何だ!?こいつの動き、セオリーを全く無視しているぞ!」

ジュドーVSウェルナー
ウェルナー「火力重視のガンダムか…!ならば懐に飛び込むまでだ!」
ジュドー「そんな教科書通りの戦術にひっかかるかよ!」

ルーVSダン
ダン「我らプラクティーズの一糸乱れぬ連携をかわせるか!」
ルー「もう!3機でしつこいったらありゃしない!」

ルーVSウェルナー
ルー「速い…!これがギガノス帝国のメタルアーマー!?」
ウェルナー「噂のガンダムチームも我らにかかれば知れたものだな!」

ルーVSカール
カール「ネオ・ジオン抗争を戦い抜いたガンダムの力、見せてもらう!」
ルー「こっちだって伊達や酔狂で戦ってきたんじゃないんだから!やられてたまるもんですか!」

ビーチャVSウェルナー
ウェルナー「金色のモビルスーツ!クワトロ・バジーナか!?
…が、それにしては動きがぎこちない…。もしや、何かのワナか!?」
ビーチャ「ちょ、ちょっと待った!あんな大物と間違えるなって!」

エルVSカール
カール「プラクティーズは選ばれた人間…エリートの集まりだ!その力、見せてやる!」
エル「冗談!エリートだか何だか知らないけど、こっちだってやられてなるかっての!」

モンドVSダン
モンド「くそっ!こいつらチョコマカ動き回ってよ!」
ダン「サブ・フライト・システムがメタルアーマーの運動性についてこれるものか!」

プルVSプラクティーズ
プル「相手が誰だろうとジュドーとプルツーがいっしょなら負けないんだから!」

プルツーVSプラクティーズ
プルツー「ネオ・ジオンが倒れても戦いは続く…。なら、あたしにも出来ることがある…!
     ジュドー達と共に戦いを終わらせるために戦うということがな!」

ブライトVSダン
ダン「ネェル・アーガマを落とせば、連邦の士気を削ぐことが出来る!」
ブライト「これ以上、接近させるな!メタルアーマーに懐に入られればブリッジをやられる!」

ブライトVSウェルナー
ブライト「あの青い機体…新型のメタルアーマーか!」
ウェルナー「母艦を落とせば大気圏まで追ってはこれまい!」

ブライトVSカール
ブライト「前方に火線を集中しろ!あの青い機体は新型だ!」
カール「さすがは名艦長の誉れ高きブライト・ノア大佐だ。簡単にはやらせんか!」

ヒューゴVS???
アクア「き、来た!行動予測パターンを!」
ヒューゴ「黙ってろ、アクア!舌をかむぞ!」
???「さあ、サーベラスの力を見せてもらおうか!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:12 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S-1 来訪者、彼方より
デュークVS敵
デューク「この美しい地球をフリード星の二の舞にさせはしない!」

甲児VS敵
甲児「そっちがその気ならもう容赦はしねえ!兜甲児様とTFOをなめるなよ!」

ヒューゴVS???
R-1と同様
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:11 | スパロボMX マップ | Comments(0)
R-2 D and E
ケーンVSマイヨ
マイヨ「どこまで腕を上げたか、見せてもらおうか!ドラグナーのパイロット!」
ケーン「こんな所まで追いかけてきやがって!いい加減、しつこいんだよ!!

ケーンVSダン
ダン「おのれ、ドラグナー!これまでの借り、今日こそ返してくれる!」
ケーン「黙りな、お坊ちゃん!こっちはチェホフのオッサンの仇を討たせてもらうぜ!」
ダン「チェホフ?ああ…あの実験ステーションにいた我が軍の中尉か。
   奴を討ったのは我々の任務の邪魔をしたからだ!」
ケーン「何言ってやがる!てめえらは自分の手柄のためにオッサンを撃ったんじゃねえかよ!
    見ててくれよ、チェホフ中尉!あんたに教えてもらった戦い方でこいつをぶっ叩いてやるぜ!」

ケーンVSカール
ケーン「へ!お坊ちゃんがわざわざやられに来てくれたかい!」
カール「黙れ!貴様達の減らず口も今日で終わりにしてくれる!」

ケーンVSウェルナー
ウェルナー「ドラグナー!貴様達の悪運も今日で終わりだ!」
ケーン「俺達だっていつまでもシロウトじゃねえんだ!それを思い知らせてやるぜ!」

タップVSマイヨ
マイヨ「その機体は、お前のような者が好きに出来る物ではない!」
タップ「な~に言ってんの!実際、こうやって使いこなしてんでしょうが!」

タップ VS ダン
タップ「あんたらもいい加減しつこいんだよ!」
ダン「黙れ! 貴様らが抵抗するから大尉殿も我々も地球にまで来たのだ!」

タップVSカール
タップ「あんたらもご苦労だねえ、わざわざ俺達を追って地球まで降りてくるなんてよ」
カール「これというのも貴様らが大人しくドラグナーを渡さないからだ!」

タップVSウェルナー
ウェルナー「いかに火力があろうと、懐に入り込みさえすれば!」
タップ「おっと!その前に狙い撃ちといかせてもらうぜ!」

ライトVSマイヨ
マイヨ「そんな機体で私の前に出てくるとはな!」
ライト「確かに、戦闘にゃ不向きだが…その分、目鼻はそっちより利くぜ!」

ライトVSダン
ダン「D兵器の要である貴様を落とせば勝負は決まる!」
ライト「さすがはエリートさん。だが、だったらなおさらやられるわけにはいかないな!」

ライトVSウェルナー
ライト「あんたらも相変わらず蒼き鷹の金魚のフンってわけね」
ウェルナー「貴様!大尉殿、そして我々を侮辱した罪、その身で償うがいい!」


ライトVSカール
カール「ドラグナー!貴様達だけは、この手で討つ!」
ライト「おやおや、お坊ちゃんにしては随分と熱血なことで」

アスカVSマイヨ
マイヨ「これがエヴァンゲリオンか。その力、試しておくのも悪くはないが…」
アスカ「ギガノスのトンビだか鷹だか知らないけど!
    空を飛べるからっていい気になるんじゃないわよ!」

アスカVSダン
アスカ「鷹のお付きのヒヨコには用はないわよ!」
ダン「こいつ!我々を新兵扱いするつもりか!」

アスカVSカール
カール「我々プラクティーズは選ばれた人間だ。敗北はありえない!」
アスカ「じゃ、そのありえないことを起こしてあげるわ!」

アスカVSウェルナー
ウェルナー「大気圏内の戦闘において、上空からの攻撃が、どれだけ有利か教えてやる!」
アスカ「飛べなくたって、頭上のハエぐらい追えるわよ!」

ジュドーVSマイヨ
マイヨ「この動き…!実戦で鍛えられた手練れの者と見た…!」
ジュドー「こっちもそれなりの修羅場はくぐってる!
     ギガノスの蒼き鷹だか知らないが、とっととお帰り願うぜ!」

ビーチャVSマイヨ
マイヨ「金色のモビルスーツ…!確か、クワトロ・バジーナの…赤い彗星の機体だったはずだ。
    ならば、相手にとって不足はない!」
ビーチャ「ギガノスのエースを落とせば今度は俺がエースだ!やらせてもらうぜ!」
マイヨ「このファルゲン、つまらぬ功名心で落とせる機体ではないぞ!」

エルVSマイヨ
マイヨ「遅い!」
エル「ちょ、ちょっと!あんたが速過ぎるんだってば!」

モンドVSマイヨ
モンド「うわっ!こ、こいつ、速い!!」
マイヨ「ここは戦場だ。嘆くなら己の無力さを嘆け!」

イーノVSマイヨ
イーノ「た、大気圏内でもこの機動性を維持できるなんて…!」
マイヨ「これこそギガノスの誇るメタルアーマーの力…連邦に鉄槌を下す我らの剣だ!」

プルVSマイヨ
プル「相手が誰だろうとやらせないよ!」
マイヨ「何っ!?連邦は年端のいかぬ少女まで戦場に駆り出しているのか!?」
プル「子供だと思って甘く見てると怪我じゃ済まないんだから!」

プルツーVSマイヨ
プルツー「このパイロット…ニュータイプとかじゃないけど…かなり出来る!」
マイヨ「私の気を感じたか。だが、それに気づいたとしても逃れられんぞ!」

ヒューゴVSマイヨ
マイヨ「カール達から報告のあった新型機か…」
アクア「あのメタルアーマー、他のと動きが違う…!機体性能のせいなの!?
    それとも、パイロットの腕…!?」
ヒューゴ「その両方だ。ブルーゾーンで安定させなきゃ、こっちがやられるぞ!」
アクア「な、何とかしてみせるわよ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:10 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S-2 不滅のマシン ゲッターロボ
デュークVSバレンドス
バレンドス「デューク・フリード!こんな辺境の星で生き恥をさらしていたとはな!」
デューク「お前は!?」
バレンドス「ベガ大王親衛隊長、バレンドス!冥土の土産に覚えておくがいい!」
デューク「黙れ!貴様らのような悪魔にこの美しい緑の星を渡しはしないぞ!」

甲児VSバレンドス
バレンドス「馬鹿め、そんな円盤でマザーバーンを落とせると思っているのか!?」
甲児「うるせえ!これくらいは丁度いいハンデだぜ!」

竜馬VSバレンドス
隼人「さあ、覚悟してもらおうか…!」
弁慶「ムサシ先輩が生命を懸けて守ったこの地球…」
竜馬「俺達とゲッターロボがいる限り、お前達に渡しはしない!」
バレンドス「小賢しい!前回と同じ目にあわせてやるわ!!」

ヒューゴVSバレンドス
ヒューゴ「こいつを落とせば、奴らは総崩れになるはず…!アクア、出力を落とすなよ!」
アクア「ええ、わかってるわ!」

甲児VSグランゲン
甲児「てめえだけは…てめえだけは許せねえ!ムサシ君の仇、今こそ討ってやる!!」

竜馬VSグランゲン
竜馬「ムサシ…!お前の無念、今こそ晴らす!!」

隼人VSグランゲン
隼人「ムサシ、俺からの手向けだ…!奴が地獄へ落ちる様を見せてやる…!!」

弁慶VSグランゲン
弁慶「ムサシ先輩、見ていてください!先輩の仇は俺達の手で!!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:09 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S1 TOKYO JUPITER近海 3 神人目覚める
ヒューゴVS???
ヒューゴ「乗っているのは誰だ!?答えろ!」
???(フフフ…知らぬほうがお前のためだ)
ヒューゴ「どうした?何故、答えない!?」
アクア「ヒューゴ、こうなったら…!」
ヒューゴ「ああ!メディウスを破壊してでも!」

エルフィVSドーテム
エルフィ「仲間の仇だ!砕け散れ、泥人形め!」

竜馬VSドーテム
竜馬「ここでこいつらを止めなければ15年前の繰り返しだ!」

ジュドーVSドーテム
ジュドー「何だ、こいつは…。機械?それとも生物なのか…?」

デュークVSドーテム
デューク「何だ…この機体の向こうに意志のようなものを感じる…」

ヒューゴVSドーテム
ヒューゴ(くそ…!早めに勝負をつけなければ、いつまた俺の手足が…)
アクア「ヒューゴ!大丈夫なの!?」
ヒューゴ「…もちろんだ!今は目の前の敵に集中するぞ!」

ケーンVSドーテム
ケーン「このハニワ野郎!東京から出てきたんなら俺達が相手になってやるぜ!」

甲児VSドーテム
甲児「くそ…このまままたMUの侵略が始まるのかよ…!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:08 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S1星見町 4 碧い奇跡
ベガVSオービトン
ベガ「ガルファ…ついに戦う時が来たのね!あの二人と電童は必ず守ってみせる!」

銀河VSオービトン
北斗「銀河君、行くよ!!」
銀河「おう!これ以上、俺達の町をブッ壊されてたまるかってんだ!!」

ジュドーVSデビルサターン6
ジュドー「次から次へとおかしな奴がやってきやがって!」
デビルサターン6「ワイらかて好きでこんな辺境に来たわけやない!そこんとこヨロシクや!」

竜馬VSデビルサターン6
隼人「どうやらこいつも地球外から来たらしいぜ!」
弁慶「くそっ!新たな侵略者ってやつか!」
竜馬「行くぞ、ハヤト、ベンケイ!三つの心を合わせれば恐れるものは何もない!」
デビルサターン6「あいにくやったな!こっちは六つの心を一つにしとるんや!6対3でワイらの勝ちや!」

ケーンVSデビルサターン6
デビルサターン6「ワイらの邪魔をする奴は誰であろうといてまうだけや!」
ケーン「おいおい!こりゃ関西弁じゃねえかよ!…ってことは…
    …もうかりまっか?」
デビルサターン6「ボチボチでんな!」
ケーン「こいつ…どうやら本物だぜ!」

甲児VSデビルサターン6
甲児「こいつ…明らかに地球のメカじゃないな!」
デビルサターン6「そんなちっこい円盤で向かってくるとはいい度胸やないか!」
甲児「関西弁をしゃべる宇宙人だって!?…こりゃ団兵衛さんにいい土産話が出来たぜ!」

デュークVSデビルサターン6
デューク「宇宙犯罪組織ギャンドラー!この地球をお前達の好きにはさせないぞ!」
デビルサターン6「おほっ!グレンダイザーやないか!?この星におったんかい!
         丁度いい!フリード星のお宝を手に入れればぎょうさんポイントがもらえるわ!」

銀河VSデビルサターン6
デビルサターン6「ホンマ紛らわしいカッコしおって!お前はワイが片付けてやるわ!」
銀河「へえ…宇宙人ってのは関西弁をしゃべるものなのか…」
北斗「銀河君!驚いてる場合じゃないよ!」
銀河「わかってるって!それより俺の拳法の動きに合わせろよ!」
北斗「う、うん!」
デビルサターン6「な、何や!こいつも天空宙心拳を使うんか!?」
銀河「俺のは少林拳だ!覚えとけ、お笑い宇宙人!」

ドモンVSデビルサターン6
デビルサターン6「な、何や!こいつも拳法を使うんかいな!?」
ドモン「どうやら拳法家に手ひどくやられた経験があるようだな。ならば、その記憶の上塗りをしてやる!」

ベガVSデビルサターン6
ベガ(やはり機獣ではない…。まさか、ガルファに協力者がいるの!?)
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:07 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S1関東廃墟 5 悪夢のガンダムファイト
ドモンVSサイ・サイシー
サイ・サイシー「冷たいぜ、兄貴。おいら達を見捨てるなんてよ」
ドモン「お前がサイ・サイシーであるなら、俺は命を懸けてお前を救おう…
    だが、俺の心は…拳はお前達を絶対に許すなといっている!」

ドモンVSジョルジュ
ジョルジュ「ドモン…あなたはこの私を…友である私を討つというのですか?」
ドモン「黙れ!俺の知るジョルジュはバラの如き気高さに満ちていた!
    力に溺れる今の貴様なぞそれに比べると泥の中の亀同然だ!」

甲児VSサイ・サイシー
甲児「この野郎!チョコマカと動き回りやがって!」
サイ・サイシー「そんなちっこい円盤でおいらに挑むなんて死ぬつもりかい?」

甲児VSジョルジュ
ジョルジュ「そのような非力な機体で私に挑むとは…日本人の得意技カミカゼですか」
甲児「うるせえ!インチキで力を手に入れた奴に負けてたまるかよ!」

デュークVSサイ・サイシー
サイ・サイシー「おいらの動きが見切れると思うなよ!」
デューク「歪んだ力に溺れたものが勝利をつかむことはない!それを僕達が教えてやるぞ!」

デュークVSジョルジュ
デューク「DG細胞…この美しい地球を蝕む悪魔の技術を僕は許すわけにはいかない!」
ジョルジュ「おためごかしを…。理想も信念も愛も勇気も力にひれ伏す…それを教えてあげましょう」

竜馬VSサイ・サイシー
サイ・サイシー「わかんないかねえ…この力の素晴らしさがさ!」
竜馬「修行で手に入れた強さなら胸を張って誇るべきだ!」
弁慶「だが、お前さんの力はインチキで手に入れたものだからな。威張るのは筋違いだぜ」
サイ・サイシー「言ってくれるぜ…。だったら、自分たちの身体でおいらの実力を味わうんだな!」

竜馬VSジョルジュ
隼人「油断するなよ!出所はともかく、こいつの強さは掛け値なしのガンダムファイターだ!」
ジョルジュ「間違えないでいただきたい。私の力は既にそれを超えているのです」
竜馬「だが、お前がその力を私利私欲に使う限り、俺達は負けるわけには行かない!」

ケーンVSサイ・サイシー
サイ・サイシー「おいおい…そんなスローな動きでおいらをとらえられると思ってるのかい?」
ケーン「うるせえ、ドーピング野郎!本気を出すのはこれからだぜ!!」

ケーンVSジョルジュ
ケーン「いけねえな!正義の味方のシャッフル同盟がインチキをしちゃあよ!」
ジョルジュ「何とでもいうがいい。今の私は力という甘美な調べの中に己が身を浸している…
      この快楽は貴様ごとき凡人にわかりはしまい!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:06 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S1宇宙科学研究所 6 仮面の下の悲しき瞳
ジュドーVSマイヨ
ジュドー「あんた、何のために宇宙科学研究所を狙うんだよ!ここは民間の施設なんだぞ!」
マイヨ「子供が口を挟むことではない!全ては戦略の一環なのだ!」
ジュドー「命令だからやってるってことか…!ギガノスの蒼き鷹も所詮はただの軍人さんかよ!」

ドモンVSマイヨ
マイヨ「このガンダム…キング・オブ・ハートのドモン・カッシュか!」
ドモン「その通り!地球の自然と人々に仇なすギガノス!シャッフルの名の下、お前達を討つ!」
マイヨ「貴様が自分の正義を信じるように私にも掲げた理想がある!それを邪魔するものは…斬る!」

銀河VSマイヨ
マイヨ「データにない特機…新型か!」
銀河「くそおっ!ギガノスの蒼き鷹だか何だか知らないが降りてこいってんだ!」
北斗「でも、銀河君…。地面に降りたら鷹じゃなくなっちゃうよ」
銀河「お前もいちいち下らないことで突っ込むな!とにかく行くぞ!!」

甲児VSマイヨ
甲児「俺達がいない隙に仕掛けるやり口が汚いんだよ!ギガノスの蒼き鷹が聞いて呆れるぜ!」
マイヨ「今は、その汚名にも耐えよう…。全てはギガノスの勝利のために!」

デュークVSマイヨ
マイヨ「この機体…特機とも違う…!もしや、地球外で作られたたものか!」
デューク「その通りだ!グレンダイザーはフリード星の守り神だったのだ!」
マイヨ「フリード星だと!?では、貴様は…」
デューク「地球は僕の第二の故郷…それを汚す者ならば、僕が相手になる!」
マイヨ(この男…異星人でありながらここまで地球のことを…
   だが、私はこの男を討たねばならない。統一帝国ギガノスの兵として!)

デュークVSダン
ダン「重装甲の特機といえど我らの連携の前には無力!」
デューク「グレンダイザーを甘く見るな!お前たちが仕掛けてくるのなら僕は一歩も退かないぞ!」

デュークVSカール
デューク「なぜギガノス帝国が宇宙科学研究所を襲う!?」
カール「貴様達は地球連邦に協力している!それは充分に粛清に値するのだ!」
デューク「では、聞く!なぜ連邦政府とギガノスとの戦いに民間人を巻き込む!?
     理想の実現のために罪なき人々を苦しめるなら僕はお前達と命を懸けて戦うぞ!」

デュークVSウェルナー
ウェルナー「地球連邦に味方するならば貴様は我々の敵だ!」
デューク「僕は自分の信じるもののため…地球のために戦っている!
     ギガノスが自然を破壊し、人々の生活を脅かすのなら僕はお前達を許してはおかない!」

竜馬VSマイヨ
竜馬「ギガノス帝国が、なぜ民間施設の宇宙科学研究所を襲う!?」
マイヨ「その問いに答える義務はない。ただ、私は任務を遂行するだけだ!」

ケーンVSマイヨ
ケーン「来やがれ、鷹野郎!」
マイヨ「小僧、今までよくやったとほめてやる…。だが、これで最後だ!」
ケーン「その手の台詞を言われて、本当にそうなった試しはねえんだよ!」

ケーンVSマイヨ(2回目)
ケーン「あんたもいい加減しつこいぜ!そんなに俺達にひっつきたいんなら蒼き鷹を蒼きタコに改名しやがれ!」
マイヨ「ふ…どうやら達者になったのは口だけのようだな」
ケーン「何っ!?」
マイヨ「実力の差がわからんようだな。勇気と無謀を履き違えている貴様ごときは私の敵ではない!」

タップVSマイヨ
タップ「くそ…こう動きが速くちゃ狙いがつけられねえぜ!」
マイヨ「未熟者め!せっかくのD-2の火力を生かす術を知らんようだな!」

ライトVSマイヨ
マイヨ「D-3…!貴様を落とせばD兵器の実力は半分以下となる!」
ライト「く…さすがにわかってやがる!こりゃしんどい相手だぜ!」

ヒューゴVSマイヨ
アクア「この機動性…!蒼き鷹と呼ばれるだけのことはあるわ!」
ヒューゴ「スピード勝負に持ち込まれたら自滅するだけだ!とにかく奴の足を止めるぞ!」
アクア「いちいち命令しないでよ!」

ジュドーVSプラクティーズ
ジュドー「行くぜ、青い三連星!」
ライト「違う違う、ジュドー。奴らはプラクティーズだ」

甲児VSバレンドス
甲児「とっとと降参したほうが身のためだぜ?バレンドス!」
バレンドス「小うるさいミニ円盤め…貴様など叩き落してくれるわ!」
甲児「やれるもんなら、やってみろ!俺を見くびると痛い目に遭うぜ!」

デュークVSバレンドス
デューク「来い、バレンドス!相手になってやるぞ!」
バレンドス「ほざけ、デューク・フリード!この星を貴様の墓場にしてやる!」

デュークVSバレンドス(2回目)
デューク「バレンドス!ベガ星連合軍は既に地球圏に前線基地を造り上げているのか!?」
バレンドス「いい目の付け所だ。だが、貴様がそれを知ったところでどうするつもりだ?」
デューク「決まっている!一人でもそこへ乗り込み、お前達悪魔の野望を叩き潰してやる!」

竜馬VSバレンドス
竜馬「ベガ星連合軍!性懲りもなく、また攻撃を仕掛けてきたか!」
バレンドス「ゲッターロボめ…俺達の力を甘く見るなよ!
      貴様達も地獄へ送ってやる…巴武蔵とかいう奴と同じようにな!」
竜馬「貴様…絶対に許さないぞ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:04 | スパロボMX マップ | Comments(0)
S2第三新東京都市 8 CONFLICT
北斗VSアルテア
北斗「行くよ銀河、ユニコーン!」
銀河「鳳牙だか何だか知らないがあいつのデータウェポンも奪ってやるぜ!」

(後半)
甲児VSディオンドラ
甲児「こいつ、マシンか…!?それとも生きているのか!?」
ディオンドラ「機械生命体を見るのは初めてかい?これだから辺境の星ってのは困るよ」
甲児「…しかし、どうせ出会うんなら年増じゃなくてカワイコちゃんに会いたかったぜ…」
ディオンドラ「…聞こえてるよ…!あんた、生きて帰れると思うんじゃないよ!」

デュークVSディオンドラ
ディオンドラ「報告通りとはいえ、実際に目にするとやっぱり驚くね…グレンダイザーがこの星にいたとは」
デューク「ギャンドラー!お前達の目的は何だ!?何のために地球へ来たんだ!」
ディオンドラ「さすがは王子様だ、おっしゃることが立派だよ。
       だがね…余計な事に首を突っ込むと、死ぬのはあんたの方だよ!」

竜馬VSディオンドラ
ディオンドラ「ほう…このマシン、ゲッター線を動力にしているのかい」
竜馬「こいつ…!ゲッター線を知っているのか!」
隼人「ということは、予想通りこいつらも宇宙から来た侵略者ってことだろうぜ」
ディオンドラ「侵略ね…。残念ながら、あたしたちの目的はそんな面倒なことじゃないんでね!」

ドモンVSディオンドラ
ディオンドラ「ち…どうやらこいつも拳法使いのようだね…!」
ドモン「お前の素性は問わない!だが、地球に仇なす存在である限り、俺の拳はお前達を討つ!」
ディオンドラ「ち…こいつも自分に酔った自称正義の使途ってやつかい…!小憎たらしいね!」

ジュドーVSディオンドラ
ジュドー「な、何だ!?こいつマシンなのにしゃべるのか!?」
ディオンドラ「ふふふ…ボウヤ、機械生命体を見るのは初めてかい?」
ジュドー「俺は年増は苦手なんだ…!お前らが地球を襲う侵略者なら遠慮なく相手をするぜ!」
ディオンドラ「ち…まったくいけ好かないガキだよ!」

ケーンVSディオンドラ
ディオンドラ「このあたしに向かってくるとは死ぬ気かい!?」
ケーン「黙んな、年増!せっかくの女ロボットならもっとカワイコちゃんを造りやがれ!」
タップ「俺としちゃショートカットの元気な子がタイプだな」
ライト「ま…俺はお姉さま型も嫌いじゃないがね」
ディオンドラ「こ、こいつら…!!」

ロムVSディオンドラ
ディオンドラ「久しぶりだね、ロム。あんた、わざわざあたし達を追ってきたのかい?」
ロム「ディオンドラ!どういうカラクリかは知らないがこの世に悪の栄えた試しはなしだ!
   何度甦ろうと、どこへ逃げようと正義と真実の光はお前たちを見逃しはしないぞ!」

銀河VSディオンドラ
銀河「行くぜ!レオが信じてくれた勇気の力、見せてやるぜ!」
ディオンドラ「黙れ、小僧!あたしは勇気とか友情とか信頼って言葉が大嫌いなんだよ!!」

ロムVSデブルサターン6
ロム「デビルサターン6!お前達もまとめて復活していたか!」
デビルサターン6「こら!ワイら6人をじっぱからげにするんやない!」
ロム「6人だろうと100人だろうとお前達程度の相手にやられる俺ではない!」
デビルサターン6「く~!しばらく会わん間にこいつの態度、さらにデカくなってるわ!」

甲児VSアルテア
甲児「来やがれ、仮面野郎!俺達がいる限り、データウェポンも地球もてめえらには渡さねえぜ!」
アルテア「中々の気迫だ。だが、乗っている機体がそれでは鳳牙の敵ではない!」

竜馬VSアルテア
アルテア「そこをどけ!私の邪魔をするものは力で排除する!」
竜馬「そうはいくか!お前の敵は電童だけではないぞ!
   地球の平和を乱す以上、俺達はお前を見逃すわけにはいかない!」

ドモンVSアルテア
ドモン「むう…!」
アルテア「ほう…私の気を感じるとは貴様、少しは出来るようだな」
ドモン「そちらもな…。だが、邪悪に染まった拳では俺を倒すことは出来んぞ!」

ジュドーVSアルテア
ジュドー「北斗と銀河には俺達がついているんだ!あんたにやらせやしないぜ!」
アルテア「いいだろう。ならば、電童を葬る前に貴様を先に叩きのめしてやろう!」

ケーンVSアルテア
ケーン「その澄ました面は気に食わねえな!俺が仮面を叩き割ってやるぜ!」
アルテア「貴様ごときが鳳牙の面に触れるなど、叶わぬ夢だと思え!」

ロムVSアルテア
アルテア「ほう…クロノスの戦士までがこの星に来るとはな…
     どうやら、この星は線の交わり上にあるらしい」
ロム「もし、お前との戦いが宿命ならそれはお前の敗北をもって終わる…」
アルテア「何!?」
ロム「悪の栄えた試しはない!それは、この宇宙の真理だ!!」

ベガVSアルテア
アルテア「またお前か…!」
ベガ「やはり、この男…!私のことを知っているのか…!」

ベガVSアルテア(2回目)
ベガ(アルテアは…我が兄アルテアはあの戦いで死んだ…!死んだはずだ!)
アルテア(この女…何者だ…?私の頭痛…この女が原因なのか…!)
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-11 02:02 | スパロボMX マップ | Comments(0)