カテゴリ:スパロボOGs(OG2)( 22 )
キョウスケ・エクセレン
キョウスケ・ナンブ
援護攻撃
エクセレン 「何をやっている、俺が止めを撃つぞエクセレン!」
        「エクセレン、援護するぞ…!」
        「下がれ、エクセレン!おれも仕掛ける!」
ブリット 「ブリット、援護に入る…下がれ…!」
クスハ 「クスハ、後はおれに任せろ」
ラミア 「ラミア、お前は先に行け」
     「ラミア、援護するぞ…!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護に入るぞ…!」
タスク 「タスク!おれが行く!」
アラド 「アラド、目の前に集中しろ」
ゼンガー 「隊長、こっちで合わせる…!」
       「隊長が仕留め切れんか!ならばおれが…!」
マサキ 「マサキ、援護に入るぞ…!」
少佐系 「少佐、援護に入ります」
アルトアイゼン搭乗 「アルト、ここで決めるぞ!」
援護防御
エクセレン 「下がれ、エクセレン!」
       「エクセレン、ここはおれに任せろ」
ブリット 「迂闊だぞ、ブリット!」
ラミア 「下がれ、ラミア!」
リュウセイ 「リュウセイ、気を抜くな!」
アルトアイゼン搭乗 「鈍い分、装甲は厚いんでな」
              「フォローに入る!アルト向きの相手だ!」
攻撃
アルフィミィ 「アルフィミィ…お前の目的は何だ?」
        「真実を教える気がないなら、それで構わん。ただし、ただで済むと思うな」
エクセレンS 「エクセレン…お前らしくない話だな…!」
        「エクセレン!おれだ、キョウスケだ…!わからないのか!?」
        「お前はおれが取り戻す。それまで待っていろ、エクセレン」
シュテルン・ノイレジセイア 「貴様が女王蜂か…!」
                  「ゴタクはいい。後は頭を潰すだけだ…!」
アインスト 「だんまりか、ならば、しゃべる気にさせるまでだ…!」
       「お前達、何が言いたい…?」
       「雑魚のアインストに用は無い…!」
       「数でおれを止められると思うなよ…!」
ウォーダン 「ウォーダン…お前の手の内はわかっている…!」
       「ウォーダン…!立ち塞がる者は、打ち砕くのみ!」
       「その剣…打ち砕く!」
アクセル 「接近戦での勝負…望む所だ、アクセル」
      「勝負だ、アクセル・アルマー…!」
      「おれを倒せると思うな、アクセル…!」
      「アクセル、チップを払ってもらうぞ!」
      「アクセル…撃ち貫けると思うな、このおれを…!」
レモン 「お前とエクセレン…いったい何の関係がある?」
ヴィンデル 「理想と共に消え去れ、ヴィンデル・マウザー!」
        「これまでのツケ、ここで払ってもらうぞ…ヴィンデル!」
        「元の世界には帰さん。ここで朽ち果てろ…!」
ウェンドロ 「ウェンドロ…お前の能書きは聞き飽きた…!」
       「俺達を裁けるものなら、裁いてみろ…!」
被ダメージ
アルフィミィ 「お前は…何が言いたい?」
        「アルフィミィ…お前の誘いには乗らんぞ」
エクセレンS 「攻撃に迷いが…?エクセレン、何とかならないのか!」
        「敵に回すと、これほど厄介な相手だったとはな…!エクセレン!」
        「エクセレン…!撃ち落とすわけにもいかん…!正気に戻れ!」
ウォーダン 「ゼンガー少佐と同等の力か。だが…!」
        「その剣、俺の命には届かん…!」
アクセル 「そう簡単にはやられん、アクセル・アルマー…!」
      「くっ…!アクセルのほうが一枚上手だったか…!」
ボス系 「なるほど、この威力…!だが、一撃でこちらを仕留める事はできんらしいな…!」
回避
アルフィミィ 「何故、おれに付きまとう?」
        「何故、おれを呼ぶ?お前はいったい何者だ?」
アインスト 「奴らはいったい何を…!?」
       「数と勢いだけでおれを止められると思うな」
エクセレンS 「エクセレン…!おれに当てる気か…!」
アクセル 「お前の手の内は読めたぞ、アクセル・アルマー」
       「アクセル、お前との勝負に負けるつもりはない…!」
ボス系 「どんなに強力な攻撃だろうと、回避に集中すれば!」

エクセレン・ブロウニング
援護攻撃
キョウスケ 「キョウちゃ~ん!あらいやん、私ったら大胆?」
       「どいてどいて~!援護しちゃうわよ、キョウスケ」
       「もう、あんまり世話焼かせないでよね、キョウスケ」
       「んふふふ~、これもラブラブアタックね!」
ブリット 「ブリット君、お姉さんが援護してあ・げ・る」
      「ブリット君、こういうトコも奥手ねえ」
クスハ 「クスハちゃん、手伝っちゃうわよ!」
ラミア 「エクセのお姉様に任せてちょうだい!」
     「私を呼んだよね、ラミアちゃん!」(35話以降)
     「はいは~い!ラミアちゃん、後はお任せ!」(35話以降)
     「ここで美女姉妹の勢揃いでございま~す!」(35話以降) 
ライ 「色男さ~ん、援護はいかが?お安くするわよ」
ヴィレッタ 「お姉さま~!後ろから失礼~!」
カチーナ 「カチーナ中尉に続いて、こっちもツッコミ入れましょうか!」
ラッセル 「ラッセル君、男はもっと強気じゃなきゃね」
タスク 「タスク君、ツッコミが甘いわよ!…なんでやねん!」
ラーダ 「んふふふふ~、ヨガヨガ天国へようこそ!」
アラド 「アラド君、後ろ、後ろ~っ!…行っちゃったのね」
ゼンガー 「ボス、役に立つ部下でしょ?お給料…上げてくれる?」
マサキ 「マーサ、後はお姉さんにお任せ!」
リューネ 「わお!いいアプローチじゃない、リューネちゃん!」
カーラ 「カーラちゃんに続いて、こっちも華麗に踊りましょっか!」
アルフィミィ 「アルフィミィちゃん、ここはお姉さんが手伝うわよ!」 
少佐系 「少佐、後はお任せってことで!」
援護防御
キョウスケ 「ちょっとキョウスケ!前に出過ぎだって!」
       「キョウスケ、フォローはお任せよん!」
       「キョウスケの傍には私がいるってこと、忘れないでよね!」
ブリット 「ブリット君、危ない!」
ラミア 「ラミアちゃん、今の内に逃げて!」
     「ラミアちゃん、いくら身体が頑丈だからって…!」
クスハ 「クスハちゃん、無茶はダメダメよん!」
攻撃
カーラ 「そういうノリ、お姉さん嫌いじゃないわよ?」
アーチボルド 「細かくて暗い男はモテないわよ?」(後半のみ)
         「ほんっとに色々とやってくれるわね…ツケは払ってもらわないと!」(後半のみ)
ゼオラ 「ラトちゃん達のためにも、何とかしてあげたいところなのよね」
     「アラド君やラトちゃんの気持ち、もう少しわかってあげられない?」
     「どうも本心で言ってる気がしないのよね」
アルフィミィ 「あの子、他人のような気がしない…?」
        「あのお嬢ちゃん、何でキョウスケ、キョウスケって…?」
        「つっ、かわいい顔して、やることえげつないんだから!」
        「究極の進化を求めるなら、私を基にするのは間違ってるってことよ…!」(最終)
アインストクノッヘン 「ホネホネさん!バラバラになってもらうわよ!」
アインストグリート 「サラダの材料には…なんないわよね、やっぱし」
アインストゲミュート 「見た目は硬そうだけど、中身はどうかしら?」
アインストアイゼン 「不法コピーはノーサンキューよん!」
アインストレジセイア 「あれは…女王蜂じゃない…」
              「全部入りアインストって感じね!」
シュテルン・ノイレジセイア 「究極の進化を求めるなら、私を基にするのは間違ってるってことよ…!」 
                 「究極の進化なんて、何の意味もないのよ、親玉さん」
アインスト 「胸騒ぎが収まんないわね…」
       「また何か喋ってる…?」
ウォーダン 「ちょっとちょっと、あの斬艦刀、何かおっきくなってない!?」(前半のみ)
       「キョウスケも心配してるし…どういうこと?」(前半のみ)
       「ちょっと、ボス!私達が戦う意味、全然わかんないんだけど…!?」(前半のみ)
       「ボスとは微妙に違う気がするんだけど…」(前半のみ)
       「ボス仮面さん、お相手願うわよ!」
アンサズ スリサズ 「ボク、おイタは程々にしないと、お姉さん怒るわよ!」
             「あららん、美少年がよりどりみどり、って感じ」
             「あんまり悪さばっかりしてると、痛い目に遭うわよ!」
             「ボク、もう少し大人になってからいらっしゃいな」

アクセル 「キョウスケの代わりに、私がお相手するわよ!」
      「キョウスケにちょっかい出すの、やめて欲しいのよね!」
      「行くわよ、ヒゲ男さん!」
レモン 「あなた達が投降するなら、まだ機会はあると思うけど?」
     「この戦い…あなたが本当に望んでいたものなの?」
     「レモン…あなたは…!」
ヴィンデル 「ヴィンデル…あなたに勝ち逃げなんてさせるわけにはいかないのよね」 
        「悪いけど、もうキョウスケの敵に回るつもりはないのよね」
ヴィガジ 「んじゃま、怪獣退治といきましょっか!」
インスペクター系 「さっさと自分の星に帰ってくんないかしら?」
            「インスペクターさん、覗き見は関心しないのよね~!」
被ダメージ
DC 「DCの残り火、まだまだ燻ってるみたいね…!」
ゼオラ 「っ!…生半可な説得じゃダメみたい」
     「くっ!聞く耳持たないって感じねぇ…」
アルフィミィ 「き、きっついわね~、お嬢ちゃん!」
        「お嬢ちゃん、おイタは程々にね!」
シュテルン・ノイレジセイア 「くうっ!女王蜂のように刺す、って感じ…!?」
アインスト 「この感じ、いったい何なの…!?」
       「ちょっと!今のどういう攻撃なの!?」
       「私を…呼んでる…!?」
       「くっ!ダメージも化け物クラスってこと…!?」
       「あなた達のお友達になる気はないのよね!」
アンサズ スリサズ 「ボク、そんなアプローチじゃ女の子に嫌われるわよ!」
             「うふふ、かわいいわよ、坊や。…なんて言ってる場合じゃないわね…!」
アクセル 「そんなんじゃ、キョウスケは倒せないわよん?」
      「うう…っ!キョウスケが手こずるのもわかるわ…!」
レモン 「レモン、私だってここで退けないのよね…!」
アギーハ 「とりあえず、若さじゃ負けてないわよん!」
インスペクター系 「わわっ!異星人だけに、威勢がいいって感じ!?」
           「んもう!異星人は強いって相場が決まってるわけ!?」
ボス系 「さ、さっすが大将さん…当たるときっついわね~!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:47 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
ブリット・クスハ
ブルックリン・ラックフィールド
援護攻撃(虎龍王乗り換え前まで)
キョウスケ 「さすがだ…!このタイミングなら、いける!」
       「あの人には余計な真似かもしれないけど…逃がすわけには!」
       「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてください!」
       「手伝います!エクセレン少尉!」
       「少尉!どこへ行くんですかっ!」
       「続けていきます、エクセレン少尉!」
クスハ 「クスハ、後は俺がやる!」
     「ここは任せてくれ、クスハ!」
     「先に行ってくれ、クスハ!」
ラミア 「ラミアさんは次のターゲットを!」
     「ラミアさん、後は引き受けます!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護します!」
タスク 「タスク、詰めが甘いぞ!」
     「悪いが、タスク…とどめは俺が刺す!」
レオナ 「レオナ、援護するぞ!」
リオ 「リオ!助太刀する!」
リョウト 「リョウト、手を貸すぞ!」
アラド 「アラド、援護するぞ!」
     「後ろがガラ空きだぞ、アラド!」
ゼンガー 「ゼンガー隊長、援護します!」
       「ゼンガー少佐、連携攻撃で行きます!」
レーツェル 「レーツェルさん、後は任せてください!」
ユウキ 「ユウ!後は任せてくれ!」
     「助太刀するぞ、ユウ!」
カーラ 「一本決めるまで油断するな!カーラ!」
リシュウ 「リシュウ先生!助太刀します!」

少佐系 「少佐、後は自分が!」
援護防御(虎龍王乗り換え前まで)
キョウスケ 「キョウスケ中尉、下がってください!」
エクセレン 「エクセレン少尉!早く後ろへ!」
       「少尉、何やってんですっ!」
クスハ 「無茶をするな!クスハ!」
     「クスハ!離脱するんだ!」
ラミア 「ラミアさん、今の内に離脱を!」
リュウセイ 「リュウセイ、突っ込み過ぎだぞ!」 
タスク 「下がれ、タスク!」
レオナ 「レオナ、後退しろ!」
リオ 「リオ!前に出すぎだ!」
リョウト 「リョウト!奴は俺に任せろ!」
アラド 「アラド、どこを見ているんだ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、下がってください!」
レーツェル 「レーツェルさん、後退を!」
ユウキ 「後退しろ、ユウ!」
カーラ 「カーラ、早く下がるんだ!」

攻撃
念動能力者 「あいつの思念が、感じられる…!」
        「この感じ、この気配は…!」
        「この感じ…あいつは!」
DC 「今は、地球人同士で戦ってる場合じゃないんだぞ!」
    「聞け!俺達の敵は同じはずだ!」
アルフィミィ 「虎龍王、お前はあいつを知っているのか…!?」
        「お前の言葉に、惑わされはしないぞ!」
        「お前達の真意は、いったい何なんだ…!?」
エクセレンS 「エクセレン少尉!正気に戻って下さい!!」
        「少尉!しっかりしてください!」
        「いつものノリはどうしたんです!少尉!」
シュテルン・ノイレジセイア 「お前の勝手な都合で世界をリセットさせてたまるか!」
アインスト 「化け物共め、覚悟しろ!」
       「数で攻めてきたって!」
スリサズ アンサズ 「人間の力を甘く見るなよ!」
             「お前達…何様のつもりだ!」
ウォーダン 「行くぞ!ウォーダン・ユミル!」
        「斬られる前に…斬る!!」
アクセル 「勝負だ!アクセル・アルマー!!」
      「あの男相手に、油断は出来ない…!」
ヴィンデル 「ヴィンデル・マウザー!お前の野望は、俺達が打ち砕く!」
シャドウミラー系 「戦いだけが、全てじゃないはずだ!」
           「ここでお前達の戦いを終わらせてやる!」
           「この世界は、お前達の好きにはさせない!」
ウェンドロ 「決着を付けるぞ!ウェンドロ!」
インスペクター系 「これ以上、地球へ干渉するのはやめろ!」
            「お前達の干渉や監査など、不要だ!」
ボス系 「この戦い、絶対に負けられない!」
被ダメージ
アルフィミィ 「あの思念に、引きずられちゃ駄目だ…!」
        「人の念じゃない…!あいつはいったい…!?」
        「あいつの言葉に惑わされたのか!?」
エクセレンS 「エクセレン少尉、本気で俺を…!」
        「エクセレン少尉!目を覚ましてください!」
シュテルン・ノイレジセイア 「強力なのは攻撃だけじゃない…!」
                 「新しい宇宙の創造など、認められるか!」
アインスト 「くっ!トリッキーな攻撃を!」
       「これがアインストの真の実力か!」
ウォーダン 「奴の…ウォーダンの太刀筋を見切らなければ…!」
        「くっ…!実力はゼンガー少佐と互角か!」
ヴィンデル 「奴を止めなければ、この世界までもが!」
ウェンドロ 「様子見のつもりか?ウェンドロ!」
インスペクター系 「地球をお前達に、渡してたまるものか!」
回避
念動能力者 「見切った…いや、奴の考えがわかった…!?」
        「あいつの思念が、感じられる…!」
ウォーダン 「見切ったぞ、ウォーダン・ユミル!」
        「ゼンガー少佐並の速さだ…だが!」
アクセル 「見切ったぞ、アクセル・アルマー!」
アルフィミィ 「この感覚…!あいつの思念なのか!?」
        「お前のまやかしは通用しないぞ!」
エクセレンS 「エクセレン少尉!やめてください!」
         「少尉、アインストに取り込まれては駄目です!」
         「本気なんですか、エクセレン少尉…!?」
アインスト 「意外性のある攻撃を仕掛けてくる奴だな…!」
       「どうした、化け物!」
ヴィンデル 「邪念に囚われた攻撃など!」
ウェンドロ 「どうした、ウェンドロ!俺はここだ!」
インスペクター系 「どうした!口先ばかりか!?」
            「地球人の力を甘く見るなよ!」

クスハ・ミズハ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、手伝います!」
ブリット 「ブリット君、私も!」
      「ブリット君、後は任せて!」
ラミア 「ラミアさん、援護します!」
リュウセイ 「リュウセイ君、手伝うわ!」
ヴィレッタ 「大尉、続けて行きます!」
タスク 「タスク君、後は任せて!」
     「タスク君、どこへ行くの!?」
レオナ 「レオナ、援護するわ!」
     「レオナには余計なお世話かもしれないけど…」
リオ 「後は任せて、リオ!」
    「リオ、頑張ってるのね…!」
リョウト 「リョウト君が隙を作ってくれた…!」
ラトゥーニ 「援護するわ、ラトゥーニ!」
アラド 「先走っちゃダメよ!アラド君!」
レーツェル 「レーツェルさん、続きますっ!」
マサキ 「マサキ君、後は私が!」
リューネ 「リューネ、援護するわ!」
ユウキ 「ユウキ君、後は私が!」
カーラ 「カーラ、援護するわ!」
アイビス 「アイビスさん、援護します!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、離脱してください」
エクセレン 「エクセレンさん、ここは任せてください!」
ブリット 「ブリット君、無茶しないで!」
ラミア 「離脱してください、ラミアさん!」
リュウセイ 「下がって、リュウセイ君!」
タスク 「タスク君、危ない!」
レオナ 「レオナ、ここは任せて!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
リョウト 「リョウト君、後退して!」
アラド 「アラド君、よそ見しちゃダメ!」
レーツェル 「レーツェルさん、ここは私が!」 
マサキ 「マサキ君、無理しないで!」
リューネ 「リューネ、早く逃げて!」
ユウキ 「ユウキ君、後退して!」
カーラ 「カーラ、早く逃げて!」
アイビス 「アイビスさん、早く離脱してください!」
攻撃
アルフィミィ 「この思念はいったい…!?」
        「あの子の感じ、まるで…!」
エクセレンS 「エクセレン少尉、しっかりして下さいっ!」
         「私達の想いが、エクセレン少尉に届けば…!」
         「お願いです!私達の声を聞いてください!」
シュテルン・ノイレジセイア 「お願い、龍虎王!アインストを倒すためにあなたの力を貸して!」
                 「私も…退くわけにはいかないんです!」
アインスト 「龍虎王が言っている…あれは…敵!」
       「彼らを倒すのが…私達の使命…!」
ヴィンデル 「戦争が永遠に続く政界なんて、私達は望んでいません!」
ウェンドロ 「私達を裁くのは、あなたじゃありません!」
インスペクター系 「負けられない…あの人達には!」
           「私達の星を、あなた達の好きにはさせません!」
念動能力者 「感じる…あの人の思念を…!」
         「あの人も私と同じ力を…?」
         「私にはわかる…あなたは…!」
         「あの人…どこかで…?」

被ダメージ
アルフィミィ 「あの子にこっちの動きが読まれてるの…!?」
        「あ、あの子…強い…!」
        「う、くうう…!頭の中に、あの子の声が…!」
エクセレンS 「エクセレン少尉、キョウスケ中尉や私達のことを、思い出してください!」
        「エクセレン少尉から、別の思念を感じる…!」
        「お願いです!いつものエクセレン少尉に戻って下さい!」
シュテルン・ノイレジセイア 「う、うう…この力で、宇宙を壊すと言うの…!?」
アインスト 「そ、そんな手で仕掛けてくるなんて!」
ウォーダン 「この攻撃…あの人に似ている!?」
        「あの剣をかわせなかった…!」
ヴィンデル 「あ、あなたの理想を実現させるわけにはいきません!」
ウェンドロ 「ううっ!あなたの裁きを受け入れるわけには!」
インスペクター系 「くっ!インスペクターに負けるわけには…!」
           「こ、これがインスペクターの実力なの…!?」
           「このままじゃ、地球があの人達に…!」
ボス系 「ここでやられたら、私達の地球が…!」 
念動能力者 「あ、あの人、こっちの動きがわかるの…!?」
         「くっ!あたしの考えが読まれたの!?」
         「こ、この感じはやっぱり…!」

回避
エクセレンS 「もしかして…外してくれたんですか、エクセレン少尉…!?」
アインスト 「あんな攻撃をしてくるなんて…!」
念動能力者 「あの人の攻撃が読めた…!」
         「私に干渉しようとしている…!?」

[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:45 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
ラミア
ラミア・ラヴレス
援護攻撃
キョウスケ 「中尉、後はお任せしちゃったり…いや、お任せを」
        「中尉、援護しますです」
        「中尉と私の連携ならば…!」
        「中尉の後に続く…!」
エクセレン 「エクセ姉様、後は私が」
       「エクセ姉様、援護するですの」
       「エクセ姉様…後は私に任せるということか」
ブリット 「ブルックリン少尉、援護する」
ATXチーム 「これがATXチームの連携か」
援護防御
キョウスケ 「中尉、すぐに後退を」
        「中尉を狙ってきたか…!」
エクセレン 「エクセ姉様、今の内に離脱を」
       「エクセ姉様、お下がりなさってください」
ブリット 「少尉、今の内に後退を」
攻撃
アルフィミィ 「他のアインストとは明らかに違う…」
        「あの少女…あの感じは…」
エクセレンS 「エクセ姉様、あなたは…!」
         「エクセ姉様…あなたを助けるために…!」
アインストレジセイア 「指揮官クラスのアインストか…」
シュテルン・ノイレジセイア 「欠陥があるから抹消する…それでは何も改善できん」
                 「お前も…この世界に存在するべきではないのだ…!」
アインスト 「あのような物が現れるとは…この世界はどうなっている?」
       「アンノウンのデータ、収集開始…」
       「アインスト……撃破する」 (後半)
       「アインスト…彼らが混乱の源となるのは間違いない」(後半)
       「彼らはこの世界のものではない…!」(後半)
スリサズ アンサズ 「私もお前達が言うような欠陥品だ。しかし…!」
             「勝負だ、マシンナリー・チルドレン」
             「彼らも私と同じような存在…」
ウォーダン 「W15か…」
        「同じWナンバーズならば…!」
エキドナ 「行くぞ、W16…!」
      「これも任務だ。行くぞ…!」
      「互いの任務を遂行するまでだ、W16」
      「お前の手の内はわかっている…!」
アクセル 「隊長…勝負…!」
      「行くぞ、アクセル隊長…!」
      「行きます、隊長…!」(離反後のみ)
      「アクセル隊長…どうかお覚悟を…!」(離反後のみ)
      「勝負です、アクセル隊長…!」(離反後のみ)
      「私はあなたを倒し、自分の道を切り開きます」(離反後のみ)
リー 「裏切り者同士というわけか…」
    「立場が逆転したな、リー・リンジュン」
レモン 「レモン様…私は自分の足で、次の楽園を探します」
     「レモン様、これが私の戦いです…!」
     「レモン様…戦いを望む者に居場所はないのかも知れないのです…!」
ヴィンデル 「ターゲット…ツヴァイザーゲイン!」
       「ヴィンデル様…勝負…!」
       「ヴィンデル様…我々は、この世界に来るべきではなかったのです…!」(離反後のみ)
       「殺し合い、壊し合い、奪い合う世界…それを維持する理論は、恐らく間違っているのです…!」(離反後のみ)
量産型W 「これも任務だ。行くぞ…」
      「相手は量産型か…」
      「お前の手の内はわかっている…!」
ウェンドロ 「ウェンドロ…お前の誤算は我々の前に現れた事だ」
       「お前達が目をつけ、利用しようとした力…その身で直に味わってもらう」
インスペクター系 「インスペクター…やり口は本隊と似ているが…」
          「インスペクターの指揮官機か…」
          「借り物を使っているだけではないようだな」
          「頭を潰せば、乱れが生じる。セオリーだ」
被ダメージ
シュテルン・ノイレジセイア 「アインストを束ねるだけのことはある」
アインスト 「…その程度か、アインスト」
       「やるな、アインスト…だが、より正確なデータが取れた」
       「アインストのデータを再検討する必要があるな」
スリサズ アンサズ 「一押し足りんぞ、マシンナリー・チルドレン…!」
ウォーダン 「…これがW15の実力か」
        「踏み込みの速さはさすがだな、W15…」
エキドナ 「様子見のつもりか、W16…?」
      「どうした?遠慮は無用だぞ、W16」
      「正確な攻撃だ、W16…!」
      「やるな、W16…!」
      「まだ結果は出ていないぞ、W16…!」
アクセル 「アクセル隊長にしては当たりが弱い…」
      「隊長に追いつかれたか…!」
      「隊長、まだ終わってはいない…!」
      「ここで消えるなら、私もそこまでの存在…!その答えを出しましょう、隊長!」(離反後のみ)
      「あと一撃、隊長の攻撃を受ければ…!」
      「ソウルゲインの動きに対応できんとはな…!」
レモン 「レモン様にはお見通しというわけか…!」
ヴィンデル 「ツヴァイザーゲインのパワーはこんなものではないはずだ」
       「ツヴァイザーゲイン…予測以上のパワーだ」
       「ヴィンデル様、まだ私は…!」
量産型W 「…量産型がスペック以上の力を出したか」
       「量産型に遅れを取るとはな…」
ウェンドロ 「ウェンドロ、私を裁くのはお前ではない…!」
インスペクター系 「まだ終わりではないぞ、インスペクター」
            「…指揮官機のデータを再検討しなければならんな」
回避
シュテルン・ノイレジセイア 「なるほど…その力で新たな宇宙を創る気か」
アインスト 「アインスト…お前達のパターンは見切ったぞ」
       「意外性のある攻撃だな、アインスト」
スリサズ アンサズ 「そんなものか?マシンナリー・チルドレン…」
             「お前達にも欠陥があるようだな」
ウォーダン 「見切ったぞ、W15」
エキドナ 「甘いな、W16」
      「W16…私の動きを計算し切れなかったようだな」
アクセル 「牽制のつもりか?アクセル隊長」
      「隊長、当たりはしない」
      「アクセル隊長…もう人形とは言わせない」(離反後のみ)
レモン 「この能力…レモン様が与えてくれたもの」
ヴィンデル 「無駄です、ヴィンデル様」
        「ヴィンデル様…私達の戦いは、ここで終わるのです」(離反後のみ)
量産型W 「ナンバーズに勝てると思うな」
       「量産型とナンバーズの差は歴然としている」
       「量産型ではそんなものか」
ウェンドロ 「当たりはしないぞ、ウェンドロ」
インスペクター系 「指揮官機とは言え、その程度の実力ではな」
            「それで終わりか、インスペクター?」
            「それでは監査官の名が泣くぞ」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:43 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
SRXチーム
リュウセイ・ダテ
援護攻撃
ブリット 「ブリット!後は任せろ!」
クスハ 「いい位置だぜ、クスハ!」
     「クスハ、後は任せろ!」
タスク 「タスク!どこへ行くんだ!?」
レオナ 「レオナ、援護するぜ!」
ライ 「援護するぜ、ライ!」
    「ライ、コンビネーション・アタックだ!」
    「ライ!フォーメーションDだ!」
アヤ 「アヤ、後は任せろ!」
    「フォーメーションDで行くぜ、アヤ!」
    「アヤ、俺がとどめを刺す!」
ヴィレッタ 「さすが隊長…!俺も負けてられねえ!」
       「隊長、援護するぜ!」
マイ 「マイ、コンビネーションでいくぞ!」
    「マイ、後は俺が引き受けるぜ!」
    「頑張ってんな、マイ!」
イルム 「イルム中尉、援護するぜ!」
リオ 「援護するぞ、リオ!」
リョウト 「手伝うぜ、リョウト!」
ラトゥーニ 「援護するぜ、ラトゥーニ!」
       「ラトゥーニ、お前は先に行け!」
       「よし!後は任せろ、ラトゥーニ!」
アラド 「手を貸すぜ、アラド!」
マサキ 「マサキ、後は任せろ!」
ユウキ 「ユウ、後は引き受けたぜ!」
カーラ 「カーラ、こっちからも行くぜ!」
援護防御
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ライ 「ライ、貸しにしとくぜ!」
    「下がれ、ライ!」
アヤ 「アヤ、早く逃げろ!」
    「アヤ、ここは俺が引き受ける!」
ヴィレッタ 「隊長!危ねえっ!」
       「ヴィレッタ隊長、早くこっちの後ろにっ!」
マイ 「マイ、下がれ!」
    「マイ、無理すんな!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ!今の内に逃げろ!」
       「ラトゥーニ、あいつは俺に任せろ!」
アラド 「何やってんだ、アラド!」
マサキ 「マサキ、今の内に!」
攻撃
イルム 「行くぜ、イルム中尉!」
オウカ 「操られているのはラトゥーニじゃない!あんたの方なんだ!」
     「ゲイム・システムを使い続けたら、タダじゃ済まねえんだぞ!」
     「俺達はラトゥーニの記憶なんて操作してねえ!」
アーチボルド 「てめえとケリをつけるのは俺じゃねえ…ライだ!!」
         「観念しやがれ、アーチボルド!」
アルフィミィ 「てめえはいったい何者なんだ!?」
        「門とか扉とか、ワケのわからねえことを言いやがって!」
シュテルン・ノイレジセイア 「てめえにリセットボタンを押させてたまるか!」
                 「行くぞ、親玉!ここで決着をつけてやる!」
アインスト 「覚悟しやがれ!アインスト!」
       「勝負だ、アインスト!」
アインスト ヴィガジ 「相手は怪獣か…ヘッ、望むところだぜ!」
             「怪獣退治の専門家ってわけじゃねえが、やるしかねえ!」
             「行くぞ、怪獣野郎!」
スリサズ アンサズ 「新人類だか何だか知らねえが、調子に乗るんじゃねえぞ!」
            「欠陥品で上等!だが、てめえには負けねえ!」
            「てめえらが見下す人間の力がどんなものか…見せてやるぜ!」
ウォーダン 「その斬艦刀、叩き折ってやる!」
アギラ 「許せねえ…てめえみたいな人間は!人の記憶や感情を弄ぶ奴だけは!!」
     「人を操り、戦わせる…!そんなの、もうたくさんだ!」
     「アヤやマイ達が受けた苦しみ、今こそ思い知りやがれ!」
シャドウミラー機 「どこの新型機か知らねえが、勝負だ!」
アクセル 「勝負だ、アクセル・アルマー!」
       「殴り合いなら負けねえぞ!」
ヴィンデル 「あのマシン、ただのスーパ-ロボットじゃねえな…!」(初登場時)
       「そんなに戦いてえのなら、自分達でやれ!関係のない人間を巻き込むな!」
       「ヴィンデル!てめえらの戦いはここで終わるんだ!」 
ウェンドロ 「ウェンドロ!てめえに裁かれる筋合いはねえ!」
インスペクター系 「見せてやるぜ!地球人の力をよ!」
           「俺達の星にちょっかい出すんじゃねえ!」
           「指揮官機さえ叩けば!」
被ダメージ
オウカ 「勘違いするな!ラトゥーニ達は、あんたを助けるために…!」
アルフィミィ 「くっそぉ~、素っ頓狂な攻撃してきやがって…!」
シュテルン・ノイレジセイア 「や、やりやがる!さすがは親玉だぜ…!」
                  「あ、あいつに取り込まれてたまるか!」
アインスト 「ちっ!ハッタリだけじゃねえってことか!」
       「ぐっ!これじゃ本当に怪獣モノだぜ!」
念動能力者 「単に動きが読まれてるだけじゃねえ…!頭の中を覗かれてるみてえだ…!」
ヴィンデル 「くそっ!あのスーパーロボット、やりやがるぜ!」(初登場時)
       「くっ!こちとら、戦争を延々とやり続けるつもりはねえんだ!」 
ウェンドロ 「ウェンドロめ…偉そうな口を叩くだけの事はあるぜ」
インスペクター系 「ぐうっ!伊達に指揮官をやってるわけじゃねえようだな…!」
            「インスペクターめ…ここから巻き返してやるぜ!」
回避
アーチボルド 「アーチボルド、姑息な手は通用しねえぞ!」
オウカ 「くっ!ラトゥーニやアラドの気持ちも知らねえで!」
アインスト 「ヘッ、見た目ほど怖くはねえようだな!」
       「どうした、アインスト!それで終わりか?」
アギラ 「暗示だの記憶操作だの…!そんなのはもうたくさんなんだよ!!」
アクセル 「アクセル!俺はここだぜ!」
ヴィンデル 「ヴィンデル!俺を甘く見るなよ!」
ウェンドロ 「当たらねえぞ、ウェンドロ!」
アギーハ 「てめえのメカにはちょっと興味があるがな、やってる事と言ってる事は認められねえ!」
インスペクター系 「どうした、インスペクター!それがてめえらの実力かよ!?」

ライディース・F・ブランシュタイン
援護攻撃
ATXチーム 「さすがだな、ATXチーム」
        「ATXチームのバックアップを!」
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護する」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてもらおう!」
リュウセイ 「リュウセイ、フォーメーションDを仕掛けるぞ」
       「リュウセイ、後は俺がやる!」
       「射線軸から退避しろ、リュウセイ」
       「上出来だ、リュウセイ。こちらも続く!」
アヤ 「大尉、こちらからも攻撃します」
    「大尉、援護します!」
    「連携ですね、大尉!」
ヴィレッタ 「隊長、援護します」
       「隊長、続けていきます!」
マイ 「マイ、後は俺に任せろ」
    「援護するぞ、マイ!」
イルム 「イルム中尉、後は自分が!」
     「さすがはイルム中尉…相手に隙が出来た!」
レオナ 「とどめを忘れるな、レオナ!」
     「レオナ、後は俺に任せろ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、援護するぞ!」
アラド 「アラド、先を急ぐな!」
     「まったく、ああいう所はリュウセイと同じだな…」
シャイン 「王女、お下がりください」
      「シャイン王女、援護します!」
レーツェル 「続けていくぞ、兄さん」
        「エルザム兄さん、援護する!」
        「我が一族の絆…とくと見るがいい」
        「俺達の連携…かわせまい!」
カイ 「カイ少佐、続けていきます!」
援護防御
リュウセイ 「リュウセイ、攻撃ばかりに気を取られるな!」
       「リュウセイ、油断は禁物だぞ!」
アヤ 「大尉を狙ってきたか…!」
    「大尉をやらせはしない…!」
ヴィレッタ 「隊長、早く離脱を!」
イルム 「イルム中尉、ここは自分が!」
レオナ 「レオナ、無茶をするな!」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ!」
シャイン 「王女、御身は自分が守ります!」
レーツェル 「兄さん、この場は俺が預かる!」
少佐系 「少佐、今の内に後退を!」
攻撃
ゼオラ 「出てくる度、記憶が調整されているというわけか…!」
     「やはり、彼女は記憶を操作されている…!」
オウカ 「ゲイム・システムを持ち出してくるとはな…!」
オウカG 「時間勝負になるが…彼女を救い出すことは不可能ではない!」
アーチボルド 「貴様だけは…貴様だけはこの手で!」
         「アーチボルド・グリムズ…!貴様だけは許さん!」
         「アーチボルド…俺の過去にもう一つの楔を打ち込んだ男…!」
         「義姉上や多くの人々を死に到らしめた罪…今こそあがなえ!」
DC 「奴らはただのゲリラじゃない…!」
   「ノイエDC…戦うべき敵を間違えるな!」
   「お前達ノイエDCの大義、見せてもらおうか!」
   「色々とやってくれたな。無事では済まんぞ…!」
アインストレジセイア 「奴はSRXを狙ってくる…!」
シュテルン・ノイレジセイア 「お前が作る世界など、俺達には不要だ!」
                  「過去と共に消え去れ、アインスト!」
アインスト 「奴らは何故にアインストと名乗るのだ…?」
       「アインスト…『古』というわけか…」
       「ターゲット、アインスト…!」
ウォーダン 「あの男は本当にゼンガー少佐なのか…!?」(前半)
        「あの斬艦刀を受けるわけにはいかん…!」
        「奴との距離を取れば、勝機はある!」
アクセル 「迂闊に奴の間合いに飛び込むわけにはいかん…!」
ヴィンデル 「戦場がお前の理想郷というわけか。だが、それを認めるわけにはいかん…!」
シャドウミラー系 「シャドウミラー…お前達の暗躍もここまでだ!」
ウェンドロ 「俺達の手で、お前に裁きを下してやる…!」
インスペクター系 「行くぞ、インスペクター!」
            「指揮官機を落とす!」
            「頭狙いでいく!」
被ダメージ
スクール系 「彼女にこちらの話は通用しないようだな…!」
アーチボルド 「おのれ、アーチボルド…!!」
         「どうした?その程度か、アーチボルド!」
         「くっ…!貴様に二度も楔を打ち込まれるわけには!」
         「アーチボルド…!そう簡単には沈まんぞ!」
DC 「その力…何故、地球人相手に使う!?」
ウォーダン 「うぐっ!斬れ味はさすがだな…!」
回避
アーチボルド 「アーチボルド、貴様の手にかかるわけにはいかん!」
        「貴様との因縁…断ち切ってみせる!」
アインスト 「雑魚に用はない!」
       「…奇想天外な攻撃だな」
ウェンドロ 「フン、それがお前の裁きというわけか」
ヴィンデル 「終わりが見えたな。お前達の闘争とやらに」
インスペクター系 「俺達を観察するのは、もう止めてもらおうか」 

アヤ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
       「リュウ!連携攻撃を仕掛けるわ!」
       「続けていくわよ、リュウ!」
ライ 「さすがね、ライ!このタイミングなら!」
    「連携で行くわよ、ライ!」
    「ライ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
    「援護するわ、ライ!」
ヴィレッタ 「隊長が隙を作ってくれた…!」
       「隊長との連携なら…!」
マイ 「あなたと私なら…やれる!」
    「マイ、後はこちらに任せて!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
ラーダ 「ラーダさん、後は私が!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、こちらからも行くわ!」
アラド 「あの子ったら…ああいう所はリュウとそっくりなんだから」
マサキ 「援護するわ、マサキ!」
リューネ 「リューネ、あなたは他の敵を!」
カイ 「カイ少佐、援護します!」
少尉系 「少尉、後は私が!」
少佐系 「少佐、私も続きます!」
援護防御
リュウセイ 「リュウ、前に出過ぎよ!」
        「リュウ、無茶しちゃダメよ!」
ライ 「ライ、あなたに頼ってばかりは…!」
    「ライ、ここは任せて!」
ヴィレッタ 「隊長、ここは退いてください!」
       「ヴィレッタ隊長、今の内に離脱を!」
少佐系 「少佐、今の内に!」
SRXチーム 「少しは、リーダーらしいことをさせてね!」
攻撃
オウカG 「あの子…ゲイム・システムに取り込まれてしまっている…!」
      「あの子も…以前の私と同じように…!?」
アギラ 「私の昔の記憶があなたに作られ、与えられた偽物だとしても…今の私には関係がない!」
     「私に必要なのは過去じゃない…未来なのよ!」
     「アギラ・セトメ…あなただけは許せない!」
アルフィミィ 「あの子はいったい…?」
        「これは…あの子の思念…!?」
ノイ・レジセイア 「私が今まで感じていた思念…その大元があのアインスト…!」
           「私達の世界を、あなた達の好きにはさせない!」
エクセレンS 「エクセレンの後ろに強い思念を感じる…!」
アインスト 「行くわよ、アインスト!」
       「何かしら、この感じ…!?」
       「何者かの思念を感じる…!」
ヴィンデル  「私達の世界にこれ以上干渉しないで!」
        「この戦いは…ここで終わらせてみせる!」
インスペクター系 「インスペクターの指揮官機…!油断をするわけにはいかない!」
            「行くわよ、インスペクター!」
被ダメージ
アインスト系 「あの思念が壁になって…!」
インスペクター系 「やってくれたわね、インスペクター!」
回避
アルフィミィ 「あなたの本当の目的は何なの…!?」
エクセレンS 「早くあの思念からエクセレンを引き離さないと…!」
アギラ 「セトメ博士!ここで因縁を断ち切らせてもらうわ!」
インスペクター系 「さすが指揮官機…凄い攻撃をしてくるわね」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:40 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
ヴィレッタ・マイ
ヴィレッタ・バディム
援護攻撃
ATXチーム 「ATXチームへ。連続攻撃を行う」
ラミア 「ラミア、連携で行く」
リュウセイ 「リュウセイ、後は私に任せなさい」
       「リュウセイ、攻撃はもっと正確に行いなさい」
       「詰めが甘いわね。後で特訓よ」
ライ 「援護するわ、ライ」
    「ライ、連携で行くわ!」
アヤ 「続けて行くわよ、アヤ」
    「アヤ、あなたは先に行きなさい」
マイ 「マイ、援護するわ」
    「マイ、後は私に任せて」
ラーダ 「ラーダ、後は任せて」
ギリアム 「援護するわ、ギリアム少佐」
ダイテツ 「スティール2へ。これより援護に入る」
レフィーナ 「ドラゴン2へ。これより援護に入る!」
テツヤ 「アイアン3へ。これより援護する」
少佐系 「少佐、援護するわ」
少尉系 「少尉、連携を仕掛けるわ」
中尉系 「続けていくわよ、中尉!」
援護防御
リュウセイ 「回避がなってないわね。後で特訓よ」
       「下がりなさい、リュウセイ」
ライ 「ライ、すぐに離脱を!」
アヤ 「アヤ、回避運動を取りなさい」
マイ 「マイ、下がりなさい」
ギリアム 「ギリアム少佐、後退を!」
ラーダ 「ラーダ、ここは私が引き受けるわ」
少尉系 「少尉、早く離脱を!」
中尉系 「中尉、すぐに後退を!」
攻撃
ゼオラ オウカ 「あの子にも枷がはめられている…!」
          「本人に自覚はない…なら、荒療治でいくしかないわね」
          「今の彼女は操り人形も同然…!」
          「私の部下…いえ、仲間を守ってみせる!」(34話のみ)
シュテルン・ノイレジセイア 「あれがアインストの中枢…!ならば!」
アインスト 「数に屈する私達ではないわ」
       「ターゲット、アインスト…!」
       「あれらを操っているものが必ずいるはず…!」
       「性質や役割はエアロゲイターの無人機に似ているが…」
アンサズ スリサズ 「私と似たような存在というわけね…!」
             「ターゲット、マシンナリー・チルドレン…!」
             「お前達も偽りの存在に過ぎないのよ!」
             「自分という存在に、迷いや疑問はないようね」
アギラ 「報いを受ける時が来たようね…アギラ・セトメ!」
アクセル 「ターゲット、マスタッシュマン…!」
ヴィンデル 「ヴィンデル・マウザー…お前の野望も戦いも、ここで終わることになる!」
シャドウミラー系 「文字通り、影でうごめく者というわけね…!」
           「お前達の存在は世界の秩序を乱す…!」
           「彼らの正体を暴かなければ…!」
ウェンドロ 「ウェンドロ…お前もかつてのエアロゲイターと同じ運命を迎えることになる!」
インスペクター系 「先客の正体はお前達か…!」(初登場時)
           「ようやく正体を現したわね…!」(初登場時)
           「お前達も地球という星に引き寄せられたようね…」
           「地球人はお前達が思っているほど楽な相手ではないわ…!」
           「あの時の屈辱…ここで晴らさせてもらう!」
被ダメージ
ゼオラ オウカ 「当ててきた…?さすが、スクールということか」
          「…枷がある分、迷いはないというわけね」
          「あのまま戦い続ければ、いずれ…!」
アンサズ スリサズ 「あの子達…大口を叩くだけのことはあるようね」
             「マシンナリー・チルドレンといえど、欠点はあるはず…!」
ヴィンデル 「くっ、ヴィンデル…!この程度で私が倒れると思わないことね」
ウェンドロ 「くうっ…!ディカステス…予想以上のパワーね」
インスペクター系 「インスペクター…!お前達に負けるわけにはいかない!」
           「インスペクターの力は、こんなものではないはず…!」
           「倒れるわけにはいかない…!あの時の屈辱を晴らすまでは!」
回避
シュテルン・ノイレジセイア 「確かに人智を超えた存在ね。でも、倒せない相手ではないわ」
ウォーダン 「踏み込みのタイミングまで酷似しているわね」
アンサズ スリサズ 「狙いは正確…それだけに読みやすいわ」
             「その傲慢さが必ず綻びを生む…」
             「お前達の遊びに付きあうつもりはないわ」
ヴィンデル 「ヴィンデル、お前の手は通用しないわ」
ウェンドロ 「ウェンドロ、お前の裁きを受け入れるわけにはいかない」
インスペクター系 「今まで何を監査していたのかしら?」
            「こちらの情報が足りなかったようね」

マイ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウが隙を作ってくれた…!」
       「リュウ、後は任せて!」
ライ 「ライディース、援護する…!」
    「ライディース、続けていく!」
アヤ 「二人で力を合わせれば!」
    「アヤ、私も続く…!」
    「アヤの力になる…!」
ヴィレッタ 「隊長、援護する…!」
       「ヴィレッタ隊長、後は私が…!」
ラトゥーニ 「手伝うよ、ラトゥーニ」
       「ラトゥーニ、後は任せて」
シャイン 「シャイン王女、後は私が…!」
マサキ 「マサキやシロ、クロのためにも…!」
援護防御
リュウセイ 「危ない、リュウ!」
       「私がリュウを守ってみせる!」
ライ 「ライディース、下がって!」
アヤ 「アヤをやらせはしない!」
ヴィレッタ 「隊長、下がって!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、早く逃げて!」
攻撃
アルフィミィ 「かつての私と同じような存在だと言うのか…!?」
        「お前の念には囚われない!」
        「赤い奴…!行くぞ!」
        「あの子の念…これは、悲しみ…!?」
エクセレンS 「あの人にまとわりつく念を何とかしなければ…!」
シュテルン・ノイレジセイア 「あまりにも巨大な思念…!でも、負けるわけには!」
                  「お前の思念…打ち破ってみせる!」
アインスト 「人ならざるモノの念を感じる…!」
       「彼らは何者かに操られている…」
オウカG 「ラトゥーニ達のためにも…その機体を破壊する!」
アギラ 「アギラ・セトメ…お前を許すわけにはいかない!」
     「私はナンバー5でも、レビでもない…マイ・コバヤシだ!」
     「私はアヤ達の力になると決めた…!お前の言葉にはもう惑わされない!」
     「私はもう過去には縛られない…!」
ウェンドロ 「ホワイトスターは、もう私の物でも…お前の物でもない!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:37 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
PTXチーム
イルムガルト・カザハラ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ、後は任せろ!」
       「援護するぜ、キョウスケ!」
リュウセイ 「ほらよ、リュウセイ…手伝ってやるぜ!」
       「リュウセイ、あいつは俺が落とす!」
ライ 「ライよ、お前にしちゃ詰めが甘いな」
アヤ ヴィレッタ 「大尉、援護するぜ!」
リン 「伊達にコンビを組んでなかったってこと…教えてやるぜ!」
   「こういう時は息が合ってるんだけどな」
   「リン、続けて行くぜ!」
   「ま、これもパートナーの務めだからな」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、後は任せな!」
アラド 「…気が早いねぇ、アラドの奴」
シャイン 「こっちがエスコートされてちゃ、しょうがねえな」
カイ 「カイ少佐、ここは俺が!」
   「こき使ってくれるねえ、少佐も」
マサキ 「マサキ、お前は先に行け!」
リューネ 「援護するぜ、リューネ!」
メキボス 「手伝うぜ、メキボス!」
女性 「後でお茶に付き合ってくれよな」
    「お礼はデートって事でよろしく!」
援護防御
リン 「そいつに手を出すのはやめときな。怖いぜ?」
   「リン、ここは任せろ!」
   「リン、こういう時は頼りにしてくれよ?」
若者 「これも先輩の務め、ってね!」
女性 「女の子は大事にしないとな」
    「その誘いは俺が受けてやるぜ!」
攻撃
リュウセイ 「手加減はしないぜ、リュウセイ!」
女性 「美しい薔薇には棘があるってか?」
    「敵でなきゃ、即効で口説いてたんだけどな」
    「出来れば、こういう形で会いたくなかったねぇ」
シャドウミラー機 「あいつ…どこの機体だ?」(前半)
           「新型の性能を試してやるぜ!」(前半)
           「墜としはしないが…代わりにその機体をいただく!」(前半)
エルアインス 「あんなのが実在してるたあ、驚きだな」(前半)
         「幽霊の正体見たり何とやら…ってね」
オウカ 「ゲイム・システムなんてものを持ち出された以上…強攻策でいくしかないな!」
アルフィミィ 「あの声…高確率で美少女だな」
        「わけのわからんお誘いは、ここまでにしてもらおうか」
        「惜しいな。磨けば、いい女になるってのに」
シュテルン・ノイレジセイア 「怪物の説教なんざ、聞く気はないぜ!」
アインスト 「まるで怪獣映画だな、こりゃ」
       「なかなかいい面構えをしてんじゃないの」
       「植物に骸骨…何でもありだな、こいつは」
ヴィンデル 「ヴィンデル…!あんたの戦争はここで終わりだ!」
        「戦うだけの人生なんてつまらねえぜ!」
メキボス 「メキボス…!ここいらでケリをつけようぜ!」
      「行くぜ、メキボス!」
ヴィガジ  「人の家に土足で踏み込んだ報いは、きっちりと受けてもらうぜ!」
ウェンドロ 「覚悟を決めな、ウェンドロ!」
       「ウェンドロ!あの世で兄貴に詫びな!」
インスペクター系 「人の星にちょっかい出すのは止めてもらおうか!」
            「偉そうなことばかり言いやがって…何様のつもりだ?」
            「行くぜ、インスペクター!」
            「インスペクター…そろそろご退場願おうか!」
            「異星人にもああいう濃いキャラがいるとはな」
被ダメージ
女性 「何とまあ…情熱的なことで」
     「チッ!これじゃ口説いてる余裕なんてねえな!」
     「可愛い顔してやってくれるぜ、まったく!」
     「女性に何されても怒らない…てなわけにはいかないか」
     「もう少し優しくしてもらいたいもんだね、女性には」
     「キッツい女はあいつ一人だけで十分だぜ…!」
メキボス 「こんなものか、メキボス!」
       「ぐっ!さすがにやるな、メキボス…!」
インスペクター系 「インスペクターめ、やってくれるじゃないの!」
            「どうした、インスペクター!それで終わりか!?」
回避
女性 「どうせなら、スマートに口説いてもらいたいもんだね」
    「お嬢さん、強引なアプローチは嫌われるぜ?」
シュテルン・ノイレジセイア 「まったく…もったいぶって喋りやがって」
スリサズ アンサズ 「生意気な子供は嫌われるぜ!」
アギラ 「いくらなんでもあのバアさんは範疇外だな」
ヴィガジ 「ああいうタイプはわかりやすくていいぜ」
メキボス 「いいとこ狙ってくるじゃねえか、メキボス!」
      「メキボス、その手にゃ乗らないぜ!」
ウェンドロ 「詰めが甘いな、ウェンドロ!」
インスペクター系 「さっさとお帰り願おうか…自分の星へな!」
ボス系 「おお!?凄い攻撃だな、こりゃ」
     「大将さんよ、もっとしっかり狙うこった」

リン・マオ
援護攻撃
ラーダ 「ラーダ、援護する!」
イルム 「イルム、昔のタイミングだな」
     「お互い、勘は衰えていないようだな」
リオ 「リオ、後は任せろ!」
リョウト 「リョウト、お前は下がれ!」
アラド 「アラド、後は任せろ」
ギリアム 「ギリアム少佐、後は私が!」
援護防御
ラーダ 「無理をするな、ラーダ!」
イルム 「イルム、どこを見ている!」
     「下がれ、イルム!」
攻撃
シュテルン・ノイレジセイア 「この星を、お前達に蹂躙されるわけにはいかん…!」
                「お前が新たな進化を司る存在だと…!?冗談ではない!」
                「全ては今、この時のために!」
ヴィンデル 「今ここでお前達の戦いに終止符を打つ!」
       「永遠の闘争など、我らには不要だ!」
メキボス 「お前達の狙いは新型機だけではあるまい!」(初登場時)
       「あれは明らかに地球の機体ではない…!」(初登場時)
ウェンドロ 「ここで全ての決着を付けさせてもらう!」
インスペクター系 「インスペクター…お前達に全てを渡す気はない!」
           「お前達に利用されたままでは終わらんぞ!」
量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ 「その機体の性能は、私が一番よく知っている!」
                   「自社の製品をこの手で破壊せねばならんとはな…!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:35 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
カチーナ・ラッセル
カチーナ・タラスク
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ!ここはあたしがシメるぜ!」
エクセレン 「エクセレン!もうちょい気合を入れやがれ!」
ブリット 「ブリット!詰めが甘いぜ!」
ゼンガー 「こっちも突っ込むぜ、大将!」
タスク 「仕留め切れなかったな、タスク!あとで仕置きだッ!!」
     「しょうがねえ…面倒見てやるぜ、タスク!」
レオナ 「レオナ、手伝ってやるぜ!」
     「レオナ!奴はあたしに任せな!」
ラッセル 「ラッセル!あいつはあたしがやる!」
       「ラッセル!もっと思い切っていけってんだよ!」
       「そこをどきな、ラッセル!」
ラーダ 「ラーダ!後はあたしがやるぜ!」
アラド 「アラド!その調子でドンドン行け!」
リューネ 「リューネ、後は任せな!」
レフィーナ 「ヒリュウ改へ!援護するぜ!」
SRXチーム 「後は任せな、SRXチーム!」
援護防御
ラッセル 「ラッセル!早く逃げろ!」
      「ラッセル!ボサッとすんな!」
タスク 「タスク!あたしの仕置きの方が痛てえぞ!」
レオナ 「らしくねえな、レオナ!」
アラド 「アラド!てめえもタスクと一緒に後で仕置きだ!」
リューネ 「リューネ!ここは任せろ!」
攻撃
アルフィミィ 「ガキの相手をしている暇はねえんだよ!」
        「あのガキ、わけのわからねえことばかり言いやがって…!」
エクセレンS 「エクセレン!少々の痛みは我慢しろよ!」
シュテルン・ノイレジセイア 「総大将を倒せば、あたしらの勝ちだ!」
                  「デカブツめ!もったいぶって喋るんじゃねえ!」
アインスト 「ヘッ、怪物狩りの始まりだぜ!」
       「そこを動くなよ、化け物!」
       「ああいう敵はやりやすくて好きだぜ!」
スリサズ アンサズ 「何が新人類だ、ふざけんな!」
             「てめえらは紛らわしいんだよ!名札でもつけやがれ!」
             「ガキの分際で余裕ぶちかましてんじゃねえ!」
             「偉そうなその態度が気に食わねえんだよ!」
ウォーダン 「ありゃあ、どう考えたってゼンガーの大将だろうが!」(前半のみ)
        「勝負だ!トンデモ野郎!!」(前半のみ)
        「ウォーダンだか冗談だか知らねえが!」
エキドナ 「そんなに赤い奴が好きなら、今から血ィ見せてやるぜ!」
アクセル 「そのヒゲ、むしり取ってやる!」
       「行くぜ、ヒゲ野郎!」
       「アクセル!ドツキ合いなら負けねえぞ!」
リー 「リー!てめえ、何を血迷ってやがんだ!」
ヴィンデル 「逃がしはしねえぞ、ヴィンデル・マウザー!」
ヴィガジ 「そこを動くんじゃねぇぞ!白目ハゲ!!」
      「ヘッ、わかりやすい野郎だぜ!」
      「行くぜ、怪物野郎!!」
シカログ 「ちったあ喋ってみやがれ、このデカブツが!」
アギーハ 「若作りは程々にするんだな、年増女!」
ウェンドロ 「ウェンドロ!その細目を丸くしてやるぜ!」
インスペクター系 「宇宙人共め、タダで帰れると思うなよ!」
赤い機体 「赤い奴には三倍のダメージを与えてやる!」
       「機体だけじゃなく、てめえ自身も赤く染めてやるぜ!」
ボス系 「覚悟を決めな!大将らしくな!」
被ダメージ
アルフィミィ スリサズ アンサズ 「ガキとままごとすんのもここまでだ!」
                    「チッ!このあたしがガキに翻弄されるたぁな!」
                    「くっ!ガキが調子に乗りやがって!」
アインスト系 「おいおい、インパクトがあるのは見た目だけかよ」
         「化け物め、面白え攻撃をしてきやがって…!」
         「やりやがったな、化け物!」
         「わけのわからねえ攻撃をしてきやがって…!」
ウォーダン 「ったく…!本当にゼンガーの大将に似てやがるぜ」
        「ウォーダンめ、冗談じゃねえぜ!」
ヴィガジ 「そんなんじゃ、あたしは白目をむかねえぜ!」 
      「トカゲ野郎め…黒焼きにして食っちまうぞ!」
インスペクター系 「少しはやるじゃねえか、インスペクター」
           「フン、これがインスペクターの実力かよ」
           「宇宙人め…!後で念入りに仕置きしてやる!」
ボス系 「さすがに総大将だけあって、いい攻撃してきやがる」
     「もっと気合を入れな、総大将さんよ!」
     「かすっただけでこれかよ。さすが、敵の大将だぜ…!」
回避
エクセレンS 「避け続けるにも限界があるぜ…!」
        「目を覚ませ、エクセレン!」
アインスト 「化け物なんぞに退治されてたまるか!」
アインスト シカログ 「おい!何か喋ってみやがれ!」
アンサズ スリサズ 「で、てめえは何て名前なんだ?」
             「ったく、本当に紛らわしい連中だぜ!」
ウォーダン 「問答無用でかわしてやるぜ!」
アクセル 「それで終わりか?ヒゲ野郎!」
ヴィンデル 「ヘッ、そんなんでよくアタマを張ってられんな!」
ヴィガジ 「ハッ!白目をむく必要はねえよな!」
ウェンドロ 「それじゃ総大将の名が泣くぜ!」
       「何が裁きだ!笑わせんな!」
インスペクター系 「そんなもんかよ、宇宙人!」

ラッセル・バーグマン
援護攻撃
カチーナ 「カチーナ中尉!前に出過ぎです!」
      「カチーナ中尉に追いつかなければ!」
      「よし…!中尉のいつものタイミングだ!」
タスク 「タ、タスク少尉!どこへ!?」
     「タスク少尉、焦っちゃ駄目だ!」
レオナ 「レオナ少尉、後は任せて!」
     「さすがレオナ少尉だ…!」
ラーダ 「ラーダさん、後は自分に任せてください!」
     「ラーダさん、援護します!」
アラド 「アラド、まだ終わってないぞ!」
レフィーナ 「レフィーナ艦長、援護します!」
リューネ 「リューネ、君は先へ行くんだ!」
少佐系 「少佐、援護します!」
援護防御
カチーナ 「先走っちゃ駄目です!カチーナ中尉!」
       「中尉をやらせはしない!」
      「カチーナ中尉!左から敵が!!」
タスク 「タスク少尉、早く下がるんだ!」
レオナ 「レオナ少尉、離脱を!」
ラーダ 「ラーダさん、後退を!」
     「ラーダさん、自分が楯になります!」
アラド 「アラド、敵に気づいてないのか!?」
レフィーナ 「ヒリュウ改をやらせるものか!」
リューネ 「リューネ、そこから離れて!」
少佐系 「少佐!ここは自分が引き受けます!」
攻撃
スリサズ アンサズ 「あいつの勢いに押されるものか!」
            「どういうつもりで戦おうと、そっちの勝手だが…!」
アルフィミィ 「あの子はいったい…!?」
エクセレンS 「何とかして助け出さなければ!」
        「コックピットを狙うわけにはいかない…」
シュテルン・ノイレジセイア 「最終目標を確認…!」
アインスト 「見た目に誤魔化されはしないぞ!」
アクセル 「カチーナ中尉と同じくらい…いや、それ以上に恐ろしい相手だ…!」
アギーハ 「ああいうタイプには慣れてる…」
ウェンドロ 「ウェンドロ!いつまでも笑っていられると思うな!」
インスペクター系 「ここで負けたら、地球圏が!」
           「逃げるわけにはいかない!地球の人々のためにも!」
           「異星人と言ったって、同じ人間のはずだ!」
           「あいつらを倒せば、インスペクターが!」
ボス系 「虐げられる者の気持ちがわかるか、お前に!」
被ダメージ
アインスト系 「見た目に驚いたわけじゃないぞ…!」
        「くっ!人間の動きと違いすぎる!」
        「あ、あいつのモーションが読めない…!」
        「ううっ!いったい、どういう攻撃なんだ!?」
アギーハ 「カ、カチーナ中尉以上か…!?」
       「あ、あの手のタイプを引き付けているのか…!?」
       「や、やっぱり、あの手のタイプとは縁があるみたいだ…!」
       「ぐっ!強い女性には慣れてるつもりだけど…!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:34 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
タスク・レオナ
タスク・シングウジ
援護攻撃
キョウスケ 「分の悪い賭け…合点承知!」
       「キョウスケ中尉、その賭け乗ったぁ!」
エクセレン 「姐さん、頼りにしてくださいよ!」
       「エクセ姐さん、お呼びとあれば即参上ッス!」
ブリット 「ブリット、もう一本打ち込むぜ!」
クスハ 「クスハ、俺が手伝ってやるぜ!」
ラミア 「ラミアさん、手伝うッス!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護するっス!」
      「ここで援護しなきゃ、後でブン殴られるんだろうなぁ」
ラッセル 「ラッセル、後は任せな!」
ラーダ 「ラーダ姐さん、手を貸すぜ!」
レオナ 「レオナちゃんのためなら、エーンヤコーラ!」
     「レオナちゃん、少しは頼りにしてくれよ!」
     「二人のラブラブアタックの前に敵はねえ!」
     「よし、俺も行くぜ、レオナ!」
リオ 「リオ、あいつは俺に任せろ!」
リョウト 「リョウト、とどめはもらうぜ!」
アラド 「人のふり見て我がふり直せ、かな?」
ゼンガー 「親分!あっしも行きやすぜ!」
ユウキ 「わりぃがユウキ、手柄はもらったぜ!」
カーラ 「カーラ、後はドーンと俺に任せな!」
少佐系 「少佐!こっちからも行くっス!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、その賭けはさすがにまずいッス!」
エクセレン 「姐さん、困った時のタスク・シングウジッス!」
ブリット 「何やってんだ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ラミア 「ラミアさん、この場は引き受けるッス!」
ラッセル 「ラッセル、早く逃げろ!」
ラーダ 「ラーダ姐さん、あいつの相手は俺が!」
レオナ 「レオナ、下がれ!!」
     「レオナに手ェ出すんじゃねえ!」
     「レオナちゃん、後でご褒美よろしくね!」
     「人の彼女に何してやがんだ!」
リオ 「逃げるんだ、リオ!」
リョウト 「リョウト、早く逃げろ!」
アラド 「アラド!そこどけ!すぐどけ!」
ユウキ 「お前らしくねえな、ユウキ!」
カーラ 「カーラ、どこ見てんだ!」
女性 「騎士の出番はここでないと!」
攻撃
アーチボルド 「あんたの手札は、気にいらねぇんだよ!」
        「ちったあ勝つための手段って奴を選びやがれ!」
        「男なら、正々堂々と勝負しろってんだ!」
        「策士、さっくし策におぼれるってな!」
        「レオナを悲しませる奴は、俺が許さねえ!」
アルフィミィ 「この声…きっと美少女だ!間違いねえ!」(初登場時)
        「毎回毎回ワケのわからねえことを言いやがって…!」(後半)
エクセレンS 「エクセ姐さん!いつものノリに戻ってくれ!」
        「姐さんを機体から引きずり降ろせば…!」 
        「普通にやったら、コックピットにゃ当たらずに済む!」
シュテルン・ノイレジセイア 「覚悟しやがれ!アインストの親玉!!」
                 「あれだけデカけりゃ、目を閉じてても当たるぜっ!!」
                 「総大将の首、取ったるでえ!!」
アインスト 「あいつら、ウジャウジャ群れやがって!」
       「化け物退治の始まりだぜ!」
       「てめえら、刺身にして食っちまうぞ!」
       「アインストだかコイントスだか知らねえが!」
アンサズ スリサズ 「ガキのくせにナマ言うんじゃねえ!」
           「てめえら、何様のつもりだってんだ!」
           「てめえら、紛らわしいんだよ!名札でもつけやがれ!」
ウォーダン 「デカい剣なんざ怖くねえぜ!」
        「斬艦刀にゃ、慣れてんだ!」
アクセル 「勝負だ!顎ヒゲ男!!」
       「そのヒゲを剃ってやるぜっ!!」
ヴィンデル 「ヴィンデル・マウザー!あんたの運もこれまでだ!」
        「戦いばっかやってる世界なんざ、願い下げなんだよ!」
ウェンドロ 「判決!てめえは有罪だ!!」
インスペクター系 「真っ向勝負だ!インスペクター!」
            「キャラは面白えが、やってる事は面白くねえ!」
            「インを取って、スペクターにしてやるぜ!」
念動能力者 「何だ?このピキピキは?」
         「ん?頭にピキーンときたぞ?」
         「何だか知らねえが、勘が冴えてきたぞ!」

被ダメージ
シュテルン・ノイレジセイア 「くっ、さすが総大将戦だ…緊張感が違うぜ!!」
                 「こ、このザマじゃ、大金星なんざ狙えねえぜ…!」
                 「うぐうっ!!大ボスの攻撃ってのは、一味も、二味も違うぜ…!」
アインスト系 「この!何しやがんだ、化け物!」
        「くっそぉ~!アインストのトリックに騙されたぜ!」
        「ええい、化け物に動きを読まれちまうとはな!」
        「くそっ!退治されるのは俺の方じゃねえ!」
        「ア、アインストめ!俺はまだやられてねえぞ!」
アンサズ スリサズ 「顔だけじゃなく攻撃まで紛らわしいぜ!」 
アクセル 「チッ!力任せにブン殴りやがって!」
ヴィンデル 「て、てめえらと延々と戦う気なんてねえんだ!」
ウェンドロ 「ヤ、ヤバい!このままじゃ、裁判に負けちまう!」
インスペクター系 「インスペクターめ、調子に乗るんじゃねえぞ!」
            「ちっ!こっちのフンドシを持って行かれてたまるか!」
回避
エクセレンS 「早いとこ何とかしねえと…!」
アインスト 「化け物相手でも、俺の勘はバッチグーだな」
       「ホント、トリック紛いの攻撃だねぇ」
スリサズ アンサズ 「どうした?勝負を楽しませてくれるんじゃなかったのかよ?」
ウォーダン 「そう何度も斬艦刀を受けるわけにはいかねえ!」
ヴィンデル 「ヴィンデル!俺の山勘を甘く見るなよ!」
ウェンドロ 「どうしたどうした、それがてめえの裁きかよ!?」
インスペクター系 「わざわざ遠い星までご苦労さん!」
           「異星人って言ったって、そんなもんかよ?」
念動能力者 「くっ!頭にピキピキきやがる!」

レオナ・ガーシュタイン
援護攻撃
ブリット 「援護するわ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、後は私に任せなさい」
タスク 「まずまずの牽制と言ったところね、タスク」
     「仕方ないわね…手伝ってあげるわ、タスク」
     「勘違いしないでね。あなたを追いかけているのではなくてよ」
     「待ちなさい、タスク!相手はまだ動けるわよ!」
ライ 「援護するわ、ライディース!」
    「ここは任せてもらうわよ、ライディース」
アヤ ヴィレッタ 「大尉、バックアップに入ります!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護します!」
ラッセル 「少尉、後は私が!」
リオ 「援護するわ、リオ!」
リョウト 「リョウト、後は任せなさい!」
アラド 「あの子、やっていることはタスクと同じね」
レフィーナ 「ドラゴン2へ。援護を行います!」
ユウキ 「ユウキ、あなたは前方の敵機を!」
カーラ 「カーラ、射線軸から退避なさい!」
少佐系 「少佐、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット、早く離脱を!」
クスハ 「後退しなさい、クスハ」
カチーナ 「中尉、今の内に後退を!」
ラッセル 「少尉、早く離脱を!」
タスク 「どこを見ているの、タスク!」
     「タスク、早く退避なさい!」
     「タスク!調子に乗ってはダメよ!」
ライ 「ライディース…!あなたらしくないわね」
リオ 「リオ、下がりなさい!」
リョウト 「リョウト、今の内に退避なさい!」
アラド 「周りをよく見なさい、アラド!」
ユウキ 「ユウキ、私が時間を稼ぐわ!」
カーラ 「カーラ、よそ見をしていてはダメよ!」
攻撃
スレイ 「スレイ・プレスティ…あなたとこんな形で再会するとはね」
     「スレイ・プレスティ…相手にとって不足はなくてよ」

アーチボルド 「あの男を生かしておけば、また悲劇が起きる…!」
         「あなたのせいで、カトライア様は…!」
         「アーチボルド、あなたを許すわけには行かなくてよ!」
         「アーチボルド、あなただけは…!」
念動能力者 「これは…ただの圧迫感ではないわね」
         「この感じは…!」
         「気配以上の何かを感じる…!」
DC 「今のDCに、マイヤー総司令やビアン総帥の遺志など存在しない…!」
    「今のあなた達に、DCを名乗る資格はないわ!」
    「あなた達は、世界を混乱させるだけの存在に成り果てている…!」
エクセレンS 「少尉、あなたを元に戻す方法は、これしかなくてよ」
         「少尉の繰り糸を断ち切る!」
シュテルン・ノイレジセイア 「あなたが創る宇宙など、私達には不要よ」
                 「この宇宙から消え去るのは私達ではなく、あなたの方よ!」
アインスト系 「何を考えているのか知らないけど…!」
         「ターゲット、アインスト…!」
         「アインスト!ここから消え失せなさい!」
         「あのようなものを野放しにしておけないわ…!」
ヴィンデル 「その野望と共に潰えなさい!ヴィンデル・マウザー!」
        「私達があなたの戦いを終わらせてあげるわ!」
ウェンドロ 「ウェンドロ!あなたの陰謀もここまでよ!」
       「私達を裁く前に、まず自分の行いを省みることね!」
インスペクター系 「あなたたちの価値観で、私達を量るのはおやめなさい!」
           「わざわざ異星を監査しに来るなんて…よほどお暇なようね」
           「自分たちの方が優れていると思わないことね!」
           「あなた達の監査など、私達には不要よ!」
被ダメージ
アーチボルド 「あの男の手に引っかかるなんて…!」
         「ううっ!アーチボルド…!よくも!」
         「アーチボルド…!あの男だけには負けられない!」
DC 「私一人にてこずっているようでは…世界の支配など、夢物語よ」
   「偽りのDCに屈するつもりはないわ」
    「邪な心で世界を支配しても、あなたたちが迎える運命は決まっているわ!」
   「あ、あなた達には大義などない…!あるのは欲望だけ…!」
   「ノイエDCを名乗る資格があるかどうか、私が試してあげるわ…!」
アインスト系 「常識では量れない相手だということね…!」
         「…アインストの力を侮るのは禁物のようね」
インスペクター系 「あなた達の支配を受け入れるつもりはなくてよ…!」
           「前線で指揮を執るだけのことはあるようね…!」
回避
スレイ 「狙いが甘いわね、スレイ」
アーチボルド 「達者なのは口先だけのようね、アーチボルド!」
         「アーチボルド!あなただけは…!」
         「アーチボルド、あなたの手にかかるつもりはなくてよ」
念動能力者 「向こうの攻撃のタイミングがわかる…!」
         「裏の裏をかいて正解だったわ」
         「やはり、この感覚は…!」
DC 「総司令達の遺志を捨てたDCなどに…!」
    「志を違えたDCなどに…!」
    「以前ならいざ知れず、今のあなた達に私達を止めることは出来なくてよ」
シュテルン・ノイレジセイア 「大きい分、狙いが絞り込めていないようね」
ヴィンデル 「私を倒せなければ、あなたの目的を達成することは出来なくてよ」
ウェンドロ 「あなたの裁きを受けるつもりはなくてよ」
インスペクター系 「フッ…監査不足のようね」
            「これがインスペクターの実力なのかしら?」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:33 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
リオ・リョウト・ラーダ
リオ・メイロン
援護攻撃
ブリット 「ブリット君、援護するわよ!」
クスハ 「クスハ、下がって!後は私が!」
     「まだよ、クスハ!私からも!」
タスク 「タスク君、詰めが甘いわよ!」
レオナ 「レオナ、手伝うわ!」
リュウセイ 「リュウセイ君、援護するわ!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
リン 「社長、後は任せて下さい!」
リョウト 「リョウト君、気を抜いちゃダメよ!」
     「手伝うわ、リョウト君!」
     「リョウト君、私も行くわ!」
     「後は私が…ってことね、リョウト君!」
ラーダ 「ラーダさん、手伝います!」
アラド 「待ちなさいよ、アラド君!」
ユウキ 「ユウキ君、後は任せて!」
カーラ 「カーラ、まだ終わってないわよ!」
艦長 「こちらリオ!艦長、援護します!」
ダイテツ 「これよりスティール2の援護に入ります!」
テツヤ 「これより、アイアン3の援護に入ります!」
レフィーナ 「これより、ドラゴン2の援護に入ります!」
援護防御
ブリット 「ブリット君、前に出過ぎよ!」
クスハ 「クスハ!あなたは早く逃げて!」
     「今行くわよ、クスハ!」
タスク 「タスク君!何やってんのよ!」
レオナ 「レオナ、すぐに後退して!」
リュウセイ 「リュウセイ君、早く後ろに!」
イルム 「イルム中尉、離脱してください!」
リン 「社長を守って見せるっ!」
リョウト 「リョウト君、ディフェンスは私に任せて!」
     「リョウト君!無理しないで!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に逃げて!」
アラド 「アラド君!装甲を過信しちゃダメ!」
ユウキ 「下がって!ユウキ君!」
カーラ 「カーラ!ちゃんと集中しなきゃダメよ!」
中尉系 「中尉、私が時間を稼ぎます!」
大尉系 「大尉、ここは任せてください!」
少佐系 「少佐、後退してください!」
攻撃
DC兵 「ノイエDC…性懲りもなく!」
エクセレンS 「少尉、自分を取り戻して下さい!」 
シュテルン・ノイレジセイア 「黙ってあなたにリセットされるつもりなんてない!」
アインスト シカログ 「少しは何とか言ったらどうなの!?」
アインスト 「あなた達に悪意があるのなら!」
       「あんなのがこれ以上増えたら…!」
       「化け物相手に容赦はしないわよ!」
リー 「あなたのやり方は許せない!」 
ヴィンデル 「あなたの大義と私の正義…どちらが通るか勝負よ!」
        「あなたの大義はわかったわ!でも、それは私の正義じゃない!」
メキボス 「メキボス!あの時みたいにはいかないわよ!」
      「あの時の借り、ここで返させてもらうわ!」
ウェンドロ 「あなた、何様のつもりよ!」
       「あなたに私達を裁く権利なんてないわ!」
インスペクター系 「インスペクター!あなた達に渡すものなんてないわ!」
            「理由はどうあれ、侵略行為は許せない!」
            「インスペクター!あなた達がやっているのは、悪そのものよ!」
            「地球をあなた達の好きにはさせないわよ!」
念動能力者 「何なの…?この感じは…!?」
         「もしかして…あの人もそうなの…!?」
         「考えて攻撃しなきゃ、動きを読まれる!」

被ダメージ
アインスト 「い、今の攻撃は何!?何をしてきたの!?」
       「数だけじゃない…!パワーもある!」
       「くっ!人型を相手にするのとは、わけが違う…!」
ヴィンデル 「あ、あなたにだけは、負けないわよ!!」
        「くっ…!あなたの大義も、底が見えたわ!」
ウェンドロ 「ううっ…!大口を叩くだけのことはあるみたいね!」
       「さ、さすがに、インスペクターの指揮を執るだけのことはある…!」
インスペクター系 「くうっ!地球人の力を、甘く見ないでよ!」
            「本当の敵相手に引き下がれるもんですかっ!!」
回避
シュテルン・ノイレジセイア 「どんなに凄い攻撃でも、ちゃんと回避できれば!」
アインスト 「あんな手を使ってくるなんてね…!」
メキボス 「メキボス!その手には乗らないわよ!」
ウェンドロ 「あなたの正義は、私には通用しないわ!」
インスペクター系 「地球圏を守るためにも、当たるわけには!」

リョウト・ヒカワ
援護攻撃
ブリット 「援護するよ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、後は僕が!」
タスク 「援護するよ、タスク!」
レオナ 「レオナ、援護するよ!」
リュウセイ 「リュウセイ、バックアップするよ!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
リン 「リン社長、後は任せて下さい!」
リオ 「リオ、後は僕に任せて!」
   「リオが作ってくれたチャンスを逃すわけには!」
   「わかってるよ、リオ。後は僕がやる!」
   「リオ、ここからは僕の仕事だ!」
ラーダ 「ラーダさん、後は僕が!」
ギリアム 「援護します、ギリアム少佐!」
アラド 「アラド!先を急いじゃ駄目だ!」
ユウキ 「ユウ、こっちからもいくよ!」
カーラ 「カーラ、君は先に行って!」
艦長 「こちらリョウト!艦長、援護します!」
少尉系 「少尉、後は任せてください!」
少佐系 「少佐、援護します!」
大尉系 「大尉、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット、あいつは僕に任せて!」
クスハ 「クスハ、危ないっ!」
タスク 「タスク、早く下がって!」
レオナ 「レオナ、ここは僕に任せて!」
リュウセイ 「リュウセイ、ここは僕が引き受ける!」
イルム 「イルム中尉、ここは僕が!」
リン 「リン社長、下がってください!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
    「リオ、突っ込み過ぎちゃダメだ!」
    「リオ、君は僕が守る!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に離脱を!」
アラド 「アラド、周りをよく見るんだ!」
ユウキ 「ユウ、君は離脱を!」
カーラ 「カーラ、無茶しちゃ駄目だ!」
少尉系 「少尉、すぐに離脱を!」
少佐系 「少佐、後退してください!」
大尉系 「大尉、離脱してください!」
攻撃
アルフィミィ 量産型W 「この感覚…相手は人間じゃない…!?」
               「あの機体は、いったい…!?」
               「何だろう、あのパイロット…?」
エクセレンS 「エクセレン少尉!自分を取り戻してください!」
         「コックピットを狙わずに…!」
         「少尉!あなたはアインストに利用されているんです!」
アインストレジセイア  「ボクサーの性能を発揮すれば、あのアインストとだって互角に渡り合えるはずだ!」(ボクサー時)
シュテルン・ノイレジセイア 「アインスト!僕達の世界に干渉するな!」
                 「この世界ごと、あのアインストを破壊しなければ…!」
アインスト 「弱点を見つけ出せば、アインストといえども!」
       「アインスト相手に手こずれば、数で押される…!」
       「彼らのコアを破壊すれば…!」
スリサズ アンサズ 「僕達のデータも彼らに利用されているのか…!?」
             「生半可な攻撃パターンじゃ、彼らには通用しない…!」
アクセル 「相手は、マスタッシュマンか…!」
ヴィンデル 「永遠に闘争が続く世界なんて、認めるわけにはいかない!」
メキボス 「僕にだって、守らなきゃならないものがある!」
ウェンドロ 「僕達の技術を応用した機体なら、僕達の兵器で壊せるはずだ!」
インスペクター系 「僕達に、あなた達の監査なんて不要だ!」
           「あなた達が、地球圏への干渉を止めないのなら!」
念動能力者 「この感じは…」
         「相手の念を感じる…!」
         「間違いない。あの人も…!」

被ダメージ
アルフィミィ 「ううっ…!こ、このプレッシャーは…!」
        「くっ…!こっちの考えが読まれているのか…!?」
アインスト 「ただやられたわけじゃない…!そっちのデータは取った!」
       「くっ!人間相手の戦いとは、わけが違うのか…!?」
スリサズ アンサズ 「ううっ…!これが、マシンナリーチルドレンの実力か…!」
量産型W 「やはり、動きがどこか機械的だ…!」
インスペクター系 「くっ!僕達のことを、よく研究しているみたいだね…!」
           「これが、インスペクターの実力なのか…!?」
回避
アルフィミィ 「強い念だ…!でも!」
エクセレンS 「ここで手間取っていたら、助けられるものも助けられなくなる!」
シュテルン・ノイレジセイア 「これ以上、僕達の世界に干渉するな!」
アインスト 「攻撃パターンを解析すれば、アインストだって!」
       「アインストのパターンは読みにくいけど、何とかなる!」
スリサズ アンサズ 「こっちの反応が遅れていれば、彼らにやられていた…!」
            「僕は、君達を楽しませるために戦ってるんじゃない!」
量産型W 「この感じ、寒気じゃない…。悪寒…!?」
インスペクター系 「インスペクターに負けるわけにはいかない…!」
           「こっちだって、そっちのデータを入手しているんだ!」
           「僕達が作ったマシンを渡すわけにはいかない!」

ラーダ・バイラバン
援護攻撃
エクセレン 「エクセレン、あなたは先に行って…」
ブリット 「ブリット、私の力も…」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ、こちらからも…」
アヤ 「…アヤ、私の力も…」
リン 「社長、お手伝いします…」
カチーナ 「カチーナの援護を…」
ラッセル 「援護するわ、ラッセル…」
タスク 「タスク、後は任せて…」
レオナ 「援護するわ、レオナ…」
リオ 「リオ、私の力も…」
リョウト 「リョウト、後は任せて…」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、後は任せて…」
アラド 「アラド、先を急いではダメ…」
ゼオラ 「ゼオラ、手伝うわ…」
シャイン 「シャイン王女、お手伝いします…」
カイ 「カイ少佐、援護します…」
ギリアム 「ギリアム少佐、お手伝いします…」
レフィーナ 「ヒリュウの援護を…」
援護防御
エクセレン 「エクセレン、今の内に…!」
ブリット 「後退して、ブリット…!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ、今の内に…!」
リン 「社長に手出しはさせない…!」
カチーナ 「カチーナ、無茶しないで…!」
ラッセル 「ラッセル、今の内に…!」
タスク 「タスク、迂闊よ…!」
リオ 「…リオ、無理は禁物よ」
リョウト 「リョウト、逃げて…!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、後退して…!」
アラド 「アラド、もっと集中しなきゃ…!」
     「逃げて、アラド…!」
ゼオラ 「ゼオラ、今の内に…!」
少佐系 「少佐、後退を…!」
シュッツバルト搭乗 「敵という風を防ぐ林となる…!」
攻撃
ゼオラ オウカ 「あの子…強い暗示を受けている…」
          「彼女の記憶を歪めているものを取り除けば…!」
オウカ 「彼女を物理的にシステムから切り離せば…!」
     「システムが暴走したら、あなたが取り戻すべき記憶まで失ってしまうかもしれないのよ!?」
アーチボルド 「あなたは人間を何だと思っているの…!?」
         「あなたの手には乗らないわ…」
アルフィミィ 「彼女の中にあるものは…?」
        「アインストとは違う意思を感じる…」
エクセレンS 「…エクセレン…今はこの方法しか…!」 
シュテルン・ノイレジセイア 「あのアインストを止めなければ…この宇宙は…!」
アインスト 「アインストの目的とはいったい…?」
       「彼らは何かを求めている…?」
       「強い敵意を感じる…!」
クエルボ 「クエルボ…あなたは何故…!?」
      「クエルボ…それがあなたの選んだ道なの…!?」
      「あなた達の研究結果がアラド達に何をもたらしたのか、わかっているの…!?」
アギラ 「アギラ・セトメ…あなたを許すわけにはいかない…!」
     「博士…今までの報いを受ける時が来たわ…!」
ウォーダン 「あの気迫に押されてはいけない…!」
ウォーダン アクセル ヴィンデル 「あの闘争心の裏にあるものは…」
ヴィンデル 「戦いだけが全てではないはず…!」
シャドウミラー系 「あなた達にこの世界を変貌させる権利はない…!」
           「彼らに迷いやためらいはない…」
被ダメージ
ゼオラ 「あの子…心が乱れている…?」
     「その意思はあなた自身のものではないのよ!」
オウカ 「彼女の心の揺れを見つけなければ…!」
エクセレンS 「エクセレンの心が…揺れている…?」 
スリサズ アンサズ 「くっ!迷いがない分だけ強い…!」
ウォーダン アクセル ヴィンデル 「ううっ…強いのは闘争心だけじゃない…!」
回避
ゼオラ 「やはり、あの子は…!」
オウカ 「そのままだと取り返しのつかないことに…!」
アインスト 「彼らの敵意…これは…」
クエルボ 「やめて、クエルボ!」
ヴィンデル 「何という闘争心なの…!?」
ウェンドロ 「この強烈な破壊衝動は…!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:26 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)
アラド・ゼオラ
アラド・バランガ
援護攻撃
キョウスケ 「分の悪い賭け、おれも乗るッス!」
エクセレン 「エクセレン少尉、こっちもびっちりばっちりッス!」
ラミア 「ついて行きますよ!ラミアさん!」
ATXチーム 「これでおれもATXチーム入りだぁ!」
マイ 「マイ、こっちからも行くぜ!」
タスク 「タスク少尉!ツッコミ二番手、いきます!」
ラーダ 「援護ッスか?よ~がす!」
ラトゥーニ 「ラト、後は任せろ!ちゃんとやるから!」
       「ここはおれが締めるぜ、ラト!」
       「ラト、おれを信じて先に行け!」
       「ラト、呼ばれてないけど、手伝いに来たぜ!」
ゼオラ 「あいつの尻に敷かれてるわけじゃねえからなっ!」
     「フォーメーションIだな、ゼオラ!」
     「おれ達のコンビネーション、見せてやるぜ!」
     「ゼオラ、ドンピシャだぜ!」
オウカ 「姉さん、無理するな!後はおれがやる!」
シャイン 「シャイン王女、援護するッス!」
      「王女さん、ラトの代わりにおれが手伝うッス!」
カイ 「カイ少佐!おれ、ちゃんとやりますから!」
    「ここは突っ込んでいいんスよね、少佐!」
ユウキ 「ユウキ少尉、おれも行きます!」
カーラ 「待ってくださいよ!リルカーラ少尉!」
少尉系 「少尉、おれも突っ込むッス!」
アルトアイゼン 「ATX計画コンボ、行くぜぇっ!!」
          「アルト譲りの突進力、見せてやるぜっ!!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、装甲はこっちの方が上ッス!多分!」
エクセレン 「エクセレン少尉、蝶のように逃げちゃってください!」
ラミア 「ラミアさん、こっちで引き受けます!」
マイ 「マイ、無理すんな!」
タスク 「すみません、タスク少尉!ツッコミ、入れます!」
ラーダ 「ラーダさん、早いとこ逃げてください!」
ラトゥーニ 「ここはおれに任せろ、ラト!」
       「ラト、こういう時は頼ってくれよな!」
       「ラトをやらせはしねえぞ!」
ゼオラ 「ゼオラ!お前との約束、守ってみせるっ!」
     「ゼオラはおれが守る…!」
     「ゼオラ!早く下がれっ!!」
     「ゼオラに手を出すな!後でうるせえぞ!!」
オウカ 「オウカ姉さん、危ねえっ!」 
シャイン 「ロイヤルガードだ!いっけぇ!」
      「シャイン王女、早く逃げるッス!」
カイ 「カイ少佐!頑丈なのが取り柄ッスから!」
ユウキ 「ここはおれの出番ッスよ、ユウキ少尉!」
カーラ 「無茶ッスよ、リルカーラ少尉!」
少尉系 「踏み込み過ぎッスよ、少尉!」
攻撃
ゼオラ 「ゼオラ、おれはお前を…!」
     「おれの話を聞け!ゼオラ!」
     「仕方がねえ!ファルケンの動きを止める!」
     「あいつをファルケンから降ろせば…!」
     「おれはお前の敵じゃねえってのに!」
     「コックピットは…外す!」
オウカ 「オウカ姉さん!姉さんは騙されてるんだ!」
     「オウカ姉さん!おれの話を聞いてくれ!」
     「あの頃のオウカ姉さんに戻ってくれ!」
     「姉さんをあの機体から引き離せば…!」
     「くっ、姉さんと戦うことになるなんて…!」
ユウキ 「ユウキ少尉!ここは退いてください!」
カーラ 「リルカーラ少尉!俺は少尉と戦いたくない!」
アーチボルド 「そのニヤケ面もこれまでだ!」
       「卑怯な手は通用しねえぞ、アーチボルド!」
       「覚悟しろ、アーチボルド!」
       「てめえがどんな手を使おうとも、おれは真っ向勝負でいく!」
エクセレンS 「あのヴァイスを何とかしなきゃ、エクセレン少尉が…!」
         「少尉は助けられる…!必ず!」
アインストグリート 「あいつ…食ったらうまいかな?」
アインストアイゼン 「偽アルトなんざブッ潰してやる!」
アインストレジセイア 「あいつがアインストの親玉か…!」
           「頭を潰せば、他の奴らも!」
           「デカくて強けりゃ、偉いのかよ!?」
シュテルン・ノイレジセイア 「もったいぶって喋るんじゃねえ!」
              「難しいことはわかんねえが…てめえを放っておくわけにいくかっ!!」
アインスト 「アインスト!言いたいことがあるなら、はっきり言ってみろ!」
       「化け物退治だ!」
       「勝負だ、化け物!」
       「グニョグニョ動くんじゃねえ!」
アンサズ スリサズ 「黙って聞いてりゃ、言いたい放題言いやがって!」
          「てめえ、何様のつもりだ!」
          「何が新人類だ、ふざけんな!」
          「欠陥品、欠陥品って、うるせえんだよ!」
          「何を偉そうに!てめえだって子供じゃねえか!」
          「落ちこぼれの実力を見せてやるぜ!」
          「そのニヤケ面もこれまでだ!」
          「おれはブロンゾ28じゃねえ!アラド・バランガだ!」
ウォーダン 「その剣、ギリギリで見切ってやらあ!」
        「肉を斬らせて、骨も斬らせる!」
クエルボ 「セロ博士!どういうつもりなんだ!?」
アギラ 「アギラ!てめえだけは絶対に許せねえ!!」
     「おれ達はてめえの人形じゃねえんだ!!」
     「今までの仕打ち、百万倍にして返してやる!!」
アクセル 「打たれ強さには自信があるんだ…!いけるっ!」
     「何とかして懐に飛び込まなきゃ…!」
ヴィンデル 「こうなったら、本命狙いだっ!」
      「わけもわからず戦わされるのは、おれ達だけでもう充分だ!!」
ヴィガジ 「行くぜ、恐竜野郎!」
      「おれの必殺技を見て、白目を剥くんじゃねえぞ!」
      「ヴィガジ、あの時の借りを返してやる!」

ウェンドロ 「おれ達をサル呼ばわりするんじゃねえ!」
       「舌をかみそうな名前の機体に乗りやがって!」
インスペクター系 「地球人の馬鹿力を見せてやる!」
           「さっさと地球から出て行きやがれってんだ!」
           「偉そうな事を言ってられるのも、これまでだ!」
被ダメージ
ゼオラ 「ええい!強情なところは相変わらずかよ、ゼオラ!」
     「くっ!ゼオラ、お前は!」
     「遠慮なしかよ、ゼオラの奴!!」
     「あ、相変わらずきっついことを…!」
     「ゼオラ!おれは諦めねえぞ!」
     「お、おれは…お前にやられるなんてごめんだからな…!」
     「まだだ、ゼオラ!おれはまだやられねえ!」
     「ゼオラ…おれのしぶとさは知ってるはずだろ!?」
オウカ 「姉さん!おれのことがわからねえのか!?」
     「ううっ!さ、さすがオウカ姉さんだ…!」
     「くそっ!このまま姉さんの攻撃を受け続けたら…!」
     「うぐっ!姉さん、おれはまだ落ちねえぞ!」
     「くうっ!や、やっぱり、姉さんには…!!」
     「オ、オウカ姉さん…!どうしてもおれを…!」
スリサズ アンサズ 「くっ!紛らわしいのは見た目だけじゃねえ!」
             「あいつら、おれをいたぶるつもりかよ!」
             「笑ってられるのも今の内だぞ!マシンナリー・チルドレン!」
             「くっ!しぶとさだけはてめえらに負けねえぞ!」
             「ううっ…!新人類とか言い出すだけのことはあるぜ…!」
             「てめえらが優秀なのはわかったぜ…!だがな!!」
アギラ 「これぐらい、姉さん達の痛みを思えば!」
     「アギラ!てめえなんぞにやられてたまるかっ!!」
ヴィンデル 「くそっ!こんな戦いをいつまでも続けられてたまるか!」
インスペクター系 「インスペクターなんかに、やられてたまるかよ!」
            「今から地球人の超ド根性を見せてやるぜっ!!」
ボス系 「この大一番、負けてたまるかっ!!」
     「くそっ!親玉を目の前にして、やられるかよっ!!」
回避
ゼオラ 「ゼオラ!そう簡単に当たりはしねえぞ!」
     「何とかして、ファルケンに取り付かなきゃ…!」
     「あいつのクセは…よくわかってんだ!」
アーチボルド 「当たらねえぞ、アーチボルド!」
         「アーチボルド!おれだってな、日々成長してんだよ!」
オウカ 「オウカ姉さん!おれの話を聞いてくれ!」
     「姉さんと戦うしかねえのかよ…!」
     「さすが姉さんだ…いい所を狙ってくるぜ…!」
エクセレンS 「少尉の攻撃に当たるわけには…!」
シュテルン・ノイレジセイア 「さすがアインストの親玉…当たってたらヤバかったぜ」
アインスト 「どうした、化け物!それで終わりかよ!」
ウォーダン 「あの剣より、速く動くんだ!」
スリサズ アンサズ 「てめえらがそんなに偉いってのかよ!?」
             「どうしても、おれを倒す気か!」
             「どうだ!これでもおれは欠陥品か!?」
             「どうした、マシンナリー・チルドレン!悔しかったら当ててみろよ!」
クエルボ 「やめてくれ、博士!」
アギラ 「アギラ・セトメ!もう昔のおれじゃねえんだよ!」
ヴィンデル 「偉そうな口を叩いて、そのザマかよ!」
ウェンドロ 「ウェンドロ!ちゃんとこっちが見えてんのか!?」
インスペクター系 「ヘッ!いい気になるなよ、インスペクター!」

ゼオラ・シュバイツァー
援護攻撃
エクセレン 「少尉、援護します!」
ラミア 「ラミアさん、援護します!」
ラーダ 「ラーダさん、続けて攻撃します!」
ラトゥーニ 「やっぱり息が合うわね、あの子とは!」
       「わかったわ、ラト!後は任せて!」
       「ラト、あなたは先に行って!」
アラド 「もう!世話が焼けるんだからっ!」
     「アラド、いつものタイミングね!」
     「ちょっと、アラド!どこ行くのよっ!?」
     「アラド、フォーメーションIで行くわ!」
オウカ 「オウカ姉様、あまり無理をしないで!」
     「オウカ姉様、続きます!」
シャイン 「シャイン王女、後は私が!」
ユウキ 「隊長、続けて行きます!」(敵時)
カーラ 「リルカーラ少尉、援護します!」(敵時)
援護防御
エクセレン 「下がってください、少尉!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に!」
ラトゥーニ 「ラト、そこをどいて!」
       「ラトをやらせるわけには!」
アラド 「アラド!よそ見してる場合じゃないわよ!」
    「ちょっ、アラド!?何やってんのよ!」
    「アラド!さっさと後退しなさい!」
    「もう!アラドったら!」
オウカ 「姉様、早く逃げて!」 
シャイン 「王女、危ないっ!」
攻撃
ラトゥーニ 「ラト、あなたは私や姉様と一緒にいるべきなのよ!」
       「私達の所へ戻ってきて!ラト!」
       「帰って来なさい、ラト!これは母様の命令よ!!」
       「あなたの機体を破壊し、姉様の所へ連れて帰るっ!」
       「ラト、あなたはあの人達に利用されているのよ!」
アラド 「アラド・バランガ…!倒すべき敵!」
     「絶対に許さない…!アラド、あなただけは!」
     「よくもラトを連れ去ってくれたわね!」
     「私はあなたを倒し、ラトを連れ戻すっ!」
     「アラド・バランガ!あなたは私の敵よ!」
カイ 「あなたね!ラトを無理矢理戦わせてる張本人は!」
オウカG 「行きます、オウカ姉様…!あなたを助けるために!」
      「オウカ姉様!私達の話を聞いて!」
      「戦うだけのマシンになんてならないで!オウカ姉様!」
アーチボルド 「アーチボルド・グリムズ…!あなたみたいな人がいるから!」
シュテルン・ノイレジセイア 「私達は、欠陥品なんかじゃないわ!」
                 「地球を…この宇宙を消されてたまるもんですか!」
アインスト 「覚悟しなさい、アインスト!」
       「アインストなんかに負けてたまるもんですか!」
スリサズ アンサズ 「私は操り人形じゃない!」
             「人類の粛清なんてさせてたまるもんですか!」
             「あなた達、何様のつもりなのよ!?」
             「私はブロンゾ27じゃない!ゼオラ・シュバイツァーよ!」
クエルボ 「私達の邪魔をしないでください、博士!」
アギラ 「セトメ博士!あなただけは許せない!」
     「もう私は、あなたの言いなりなんかにならない!」
アクセル 「行きます…!アクセル隊長!」
       「あなたは…私達を利用していたんですね!」
ヴィンデル 「逃がしはしないわよ!ヴィンデル・マウザー!」
        「訓練代わりに戦争をやろうだなんて!」
量産型W 「あの人達には…昔の私と同じように、番号が…!」
シャドウミラー系 「あなた達なんかに負けるもんですか!」
ウェンドロ 「ウェンドロ!あなたに命乞いなんてしないわよ!」
インスペクター系 「インスペクター!地球から出ていきなさいよっ!」
            「地球人の力を…見せてあげるわ!」
被ダメージ
ラトゥーニ 「うっ!あの子に手の内が読まれてる…!?」
       「ラト!私の言うことを聞きなさい!」
       「ラ、ラト…本気なのね…!?」
       「ラト!私はあなたを助けに来たのよ!」
       「そ、そんなに私達のところに戻るのが嫌なの、ラト!?」
アラド 「この腕でどうやってラトを…?」
     「くっ!やってくれたわね、アラド・バランガ!」
     「少しはやるようね、アラド・バランガ!」
     「ラトを取り返すまで、諦めはしない!」
     「アラド・バランガ…!やっぱり、あなたは許せない!」
     「ま、まだやられはしないわよ!アラド・バランガ!」
     「ううっ…!アラド・バランガがこれほどの腕を持っているなんて…!」
オウカG 「姉様、やめて!」
      「オウカ姉様!私がわからないの!?」
      「ね、姉様の動きが見えない…!」
      「このままじゃ、姉様に落とされる…!」
アーチボルド 「くっ!少佐の手に乗せられてしまった…!」
シュテルン・ノイレジセイア 「くっ!あんな化け物にやられはしないわ!」
                 「あ、あのアインストには勝てないの…!?」
スリサズ アンサズ 「あ、あの子の動き…何て素早いの…!?」
             「やってくれたわね、マシンナリー・チルドレン!」
ヴィンデル 「ま、まだ私は倒れないわよ!ヴィンデル!!」
       「こ、ここで負けたら、戦いが永遠に続いてしまう…!」
ウェンドロ 「あ、あなたなんかに裁かれてたまるもんですか!」
       「さ、さすがに…強い!!」
インスペクター系 「こ、ここで負けたら、あの人達に地球が…!」
回避
ラトゥーニ 「ラト!まだわからないの!?」
       「当たらないわよ、ラト!」
アラド 「どういうこと…?手加減でもしてるというの…!?」
     「あなたなんか所詮その程度よ!」
オウカG 「姉様、正気に戻って!」
アーチボルド 「少佐、あなたの手は通用しないわよ!」
アルフィミィ 「わけのわからないことばかり言って!」
シュテルン・ノイレジセイア 「どんなに凄い攻撃をしてきたって、当たらなきゃ意味はないわ!」
スリサズ アンサズ 「何が新人類よ!」
             「マシンナリー・チルドレンなんて!」
アギラ 「セトメ博士!あなたの思い通りにはならないわ!」
ヴィンデル 「あなたの理想に付き合う気なんてないわ!」
ウェンドロ 「当たらないわよ、ウェンドロ!」
インスペクター系 「インスペクターの手にかかってたまるもんですか!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-08-21 01:25 | スパロボOGs(OG2) | Comments(0)