カテゴリ:格闘ゲーム( 14 )
KOF99・1

汎用「一人で充分だ…!」
   「返り血かよ…。また拳がいやな色になったぜ」
   「おまえらは蝿か?うざってえんだよ…!!」
対怒チーム「こんな所で会うとはな。傭兵部隊か…、つまらん女だぜ」
対ストライカー京オリジナル「わざわざ自分の方からやって来たか 手間が省けたぜ!」
対京オリジナル「ここで会えるとはな…。聞きたいことがある、くさる程な!」

マキシマ
汎用「全て見切らせてもらったぜ。俺には『いい眼』があるからな」
  「ごきげんだな。腕がいい音立ててやがる」
  「俺の強さの秘密か?企業秘密ってことにしておこうぜ!」
対怒チーム「誰かと思えば懐かしい顔がいるな。元気だったかい、お嬢ちゃん?」
対京オリジナル「あそこからよく逃げ出せたもんだぜ 草薙流の看板は伊達じゃないわけだ。」

二階堂紅丸
汎用「俺の姿をよく見てくれよ!花の命は短いからね!」
 「悪く思うなよ。勝利の女神は俺が好みだってさ!!」
 「どうだい今年の俺の活躍は?どれも見逃してほしくないな。君には!」
対女性格闘家チーム「今年はずいぶんと入れ替わったね。だが、どの娘も俺の好みだよ!」
対京オリジナル「やはり生きていたな。だが、この展開はちょっとおいしすぎやしないか?」

矢吹真吾
汎用「とにかく、前へ前へ。お笑いも格闘も基本は同じです!」
  「日々強くなってる感じが掴めます!草薙さん!おれ、がんばります!!」
  「ふぅ、まだ胸がドキドキいってる、何度、出ても緊張するなぁ」
対京1or2「わ!?草薙さんの偽物だぁ!!え?何?何?ろ、ロボ?」
対庵「草薙さんの敵はおれの敵!このスタンスは変わりません!」
対京オリジナル「草薙さん!オレ強くなりましたよ!これも友情パワーのおかげです!!」

テリー・ボガード
汎用「BE COOL!」
  「THIS’S WHAT MAKE A LEGEND!」
  「SPARE ME THE SOUR GRAPES!」
対主人公チーム「TALK ABOUT A DISAPPOINTMENT!」
対女性格闘家チーム「STOP MOPING!GIVE ME A SMALE!」

アンディ・ボガード
汎用「君の目を見ていると、技が見切れてしまったよ!」
「常識のレベルでは強い!だが、僕らはそれを超えてしまっているんだ!」
「論より証拠!この戦いでわかったろ?」
対竜虎チーム「川の流れは船を運ぶが、時に舟を沈める。極限の技も使い方次第だね!」
対超能力チーム「余計なことかもしれないけど、チャックが開いてるよ。」

ジョー・ヒガシ
汎用「やる気、あんのか?」
「てめぇに一曲、”負け犬ブルース”でも唄ってやろうか?」
「理屈ばかりで無防備すぎるぜ!」
対怒チーム「強烈~強烈~強れつぅっ!ハ・リ・ケーン…あっぽぁ~♪」
対女性格闘家チーム「で…誰がデートしてくれるの?」

不知火舞
汎用「嗚呼々…☺やっぱりこの快感は忘れられないわよね…♥」
「そんなにムキになっちゃって…全くかわいいんだから♥」
「よ・ゆ・う・よね!余・裕!ほほほほほほほほほほほ…!」
対竜虎チーム「駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目駄目っ!!全然っ、駄目!!」
対女性格闘家チーム「お色気お色気が通用しないなんて、とってもマイっちんぐ!!」
対アンディ「強くて華麗、一途で健気、こんな私をほっとく気?」

リョウ・サカザキ
汎用「実践空手は極限流が本家!格の違いは明らかだ!!」
「いくら鍛錬に精進しようとも、気合がなくては意味がないぞ!!」
「極限流空手をなめるな!一撃必殺はうちの十八番だ!!」
対主人公チーム「仲間交代とは喧嘩でもしたのな?それが敗因の元かもな!」
対餓狼チーム「極限流と双璧をなす餓狼チーム!今回は、うちに軍配が上がったな!」

ロバート・ガルシア
汎用「どや、闘う男は光ってるやろ?ワイの魅力も爆発うなぎのぼりや!」
「ワイの強さをあの子ににアピールや!これならわかってもらえたやろ!!」
「多彩な蹴り技がワイの持ち味や!まあ、見切ることはできへんやろな!」
対主人公チーム「極限流の洗礼はキツかったやろ!これがKOFのレベルやで!」
対女性格闘家チーム「極限流がライバルなんやろけど、世間には出来へん事もあるんやで!」

ユリ・サカザキ
汎用「テスト合格よ!極限流に入門させてあげる!」
「力より技、技より心!この気持ちを持たなくちゃ!」
  「格闘人生がむしゃらって感じ!そんなに慌てたら息切れするわよ!」
対超能力チーム「あら、可愛い子が入ったのね!これからもよろしくね!」
対女性格闘家チーム「お久しぶりです!この次はいっしょにチーム組んでね!」

タクマ・サカザキ
汎用「極限魂は正攻法にあり!!」
「勝つ事への執着心は並ではない!だが、それでは勝てぬ!」
「地上最強を謳うのが極限流空手だ!断じて負けることはできん!」
対超能力チーム「超能力!うーむ!相変わらず、信じがたい格闘術だ!」
対キムチーム「闘う男は美しいかもしれんが…約2名は違うようだ!!」

レオナ・ハイデルン
汎用「障害を排除。任務を継続します」
  「抵抗はやめて。あがけば痛みが増すだけよ」
「ここは引き下がるか立ち向かうかよ 私はどちらでも構わないわ」
対主人公チーム「炎の技…ただのコピーではなさそうね」
対庵「草薙とは引き合ってしまうのね。おもしろいわ、あなた達」

ラルフ・ジョーンズ
汎用「拳がうずいてしょうがないぜ!まだまだ不完全燃焼だってな!!」
「がたがた騒ぐな!痛みがあるうちはまだ生きているんだからよ!」
「てめえ勝手のはかりで物を見んな!痛い目にあういい例だろうが!!」
対主人公チーム「ひねたガキにゴツイおっさんか。組み方に進歩がないんだよ、お前ら!」
対キムチーム「公正方法の相違だって?痴話ゲンカにしか見えないぜ!」

クラーク・スティル
汎用「辛勝、惜敗なんて言葉は負け犬が作ったんだ。俺はそう思ってる」
 「楽しめたのはせいぜい五秒か。…最短記録だな」
「楽をしたぜ。あんたら相手におつむを使う必要もなかったからな」
対主人公チーム「招待選手のスペシャルチームとはな 主催者側の苦労がにじみ出てるぜ」
対超能力チーム「手加減なしだ。戦う子供は戦場でもザラにいるしな」

ウイップ
汎用「勝機を逃さないこと。これだけがたった一つの冴えたやり方だと思う」
  「手間をとらせたわね。ここから先はお休みの時間よ」
  「あなた達の目で追えて?ウッドドゥの速さは並ではないわ」
対主人公チーム「お久しぶりね。いずれは会えると思っていたわ」
対京オリジナル「こんな形で大会をかき回すなんてとてもあなたらしい…」
[PR]
by 7071sprw | 2008-02-09 23:38 | 格闘ゲーム | Comments(0)
KOF99・2
麻宮アテナ
汎用「これ、最近出した私の写真集です。よければ見てくださいね」
  「良き相手がいるからこそ、力が発揮出来ますよね。本当感謝してます!」
  「みなさんの強さも日進月歩ですね。私も一生懸命修行しなければ!」
対主人公チーム「このチーム構成は一体…紅丸さん、何かあったのですか?」
対キムチーム「コンサートにいらっしゃってましたよね?ありがとうございました!」

シイ・ケンスウ
汎用「そう『永遠』なんてないんや、何事もあんまり過信せん方がええで」
  「まだ見えへんみたいや、オレを取り戻す道標は…」
  「超能力は使えんけど、それだけやと思わんことやな!」
対女性格闘家チーム「中国拳法の使い手か…なかなかやったで。次、楽しみにしとくわ」
対キムチーム「さも”仲悪い”ですって感じやな!そりゃ、勝てるわけないで」

チン・ゲンサイ
汎用「どうじゃ?儂も、まだまだ捨てたものじゃないじゃろ?」
  「KOFは団体戦じゃ。個々が強くても勝てやせん、仲間も大切じゃぞ」
  「この服よかろう?婆さんに作ってもらったんじゃよ」
対怒チーム「ふむ、新顔の傭兵か…物騒な世の中じゃわい」
対女性格闘家チーム「最近食べ物に凝っておってな、どこかおいしい所を知っておるか?」


汎用「んじゃ、再見!」
  「はぅぅぅ…肚子餓了…」
  「嘩呀!かてちゃった!?高栄梃♥」
対女性格闘家チーム「また、たたかって下さい!ねっ?小姐」
対キムチーム「吋特要死!!ペチャンコになるかと思った…」

キング
汎用「ムエタイってものを知らなすぎるね!対戦相手の技ぐらい調べときな!」
  「甘い甘い!そんな攻撃余裕だね!足蹴りでカウンターがとれるよ!!」
  「なめると痛い目みるって言ったろ?中途半端な鍛え方は見苦しいね!」
対餓狼チーム「ムエタイ馬鹿はまだ一緒なのかい!はぁ、よくやってるよあんた達は!」
対竜虎チーム「極限流師範は荷が重いかい?でも泣き言はなしだよ!」

ブルー・マリー
汎用「極めたら即折るわ!容赦はしないわよ!」
  「一流の闘いは0コンマの奪い合い!勝敗はそこで決まるわ!」
  「シュートしたいですって?ものは考えて言うべきね!!」
対餓狼チーム「その子が入って戦力増強ね!でも、もう戦力は計算済みよ!」
対怒チーム「実力主義よ!新顔さん!軍事格闘術も大した事はないわね!」

藤堂香澄
汎用「やっぱり藤堂流古武術は強かった!私、信じていてよかった!」
  「勝つためには手段は選ばない!禁じ手も使うのが真剣勝負です!!」
  「いつも、命をかけてます!!今に始まったことではありません!」
対餓狼チーム「狼達は藤堂流で返り討ちです!勝負はもう見えていましたから!」
対竜虎チーム「空手家のあやしかたは知ってます!予想通りの結果です!」

李 香緋
汎用「えーと、こんな時はなんて言うのかな 白叔父さんに聞いてこよっと!」
  「私の勝ちだから、おごってよね!そね、飲茶、飲茶、飲茶がいー!!」
  「シャンフェイ流拳法はどう?いいとこ取りの技だから強いよー!」
対餓狼チーム「餓狼チーム攻略ビデオ見たからね!ばっちりオッケーだったよ!」
対超能力チーム「強くなるのに超能力はいらないよ!私が証明したでしょ!」

キム・カッファン
汎用「単調な戦いは読まれて当然!安易に勝とうとは思わないことだ!」
  「跆拳道は知と理を活動力の総合体にして意欲を育成する。君もどうですか」
  「闘いの向こうに未来は見えたか?結果より次への心がけが大切だ!」
対餓狼チーム「手の内を見透かされていますね。ハハ、長い付き合いも善し悪しです」
対女性格闘家チーム「中国拳法や古武術と本格派揃い、私もうかうかしてられませんね」
対ジョン「技の切れも変わっていませんね。昔を思いだしましたよ、ジョンさん」

チャン・コーハン
汎用「気力全開、鉄球パワーでむかつく奴らを 大・撲・殺!」
  「”大圧殺(U)=mgh”位置エネルギーはお前のもの!」
  「黒き力は破壊の力!オレの残酷ハートがドキドキするぜ!!」
対主人公チーム「また、お兄ちゃんキャラの登場か?ブッ潰す相手が、増えちまったぜ!」
対超能力チーム「オレは手加減が出来ねぇんだ もう、子供相手は勘弁してくれ!」

チョイ・ボンゲ
汎用「アッサリと勝ちすぎて、汁も出ないでヤンス!!」
「ズバーーッと相手をけちらして 小さな怪物、大登場でヤンス!!」
「ネイルでルンルン、グルルンルン!回る度に苦痛を与えるでヤンスよ!」
対超能力チーム「キョーーッ!公式にこんな子供をいたぶれるなんてよかったでヤンス!」
対怒チーム「イヤ~ン♥もっとムチで叩いて欲しいでヤンス♥…んなわけあるか」

ジョン・フーン
汎用「この程度とは…非常に残念です」
「少し過小評価をしていたようです。次からは、本気を出すとしましょう」
「失礼ですが、格闘センスはないようです。おやめになられた方がいい」
対竜虎チーム「風貌・言動・行動。全て化石レベルです。今時、流行りませんよ」
対超能力チーム「麻宮さんと闘えたとは光栄ですね。後で、サインをいただけますか?」
対キム「キム君解っていただけたかな?君の実力はこんなものなのですよ」

草薙京ー1
汎用「オレの勝ちだ…」

草薙京ー2
汎用「オレの勝ちだ…」

草薙京オリジナル
汎用「やるべきことはまだあるはずだぜ!負け惜しみならその後にしな!!」
  「まさかとは思うが、偽物なんかにだまされてないよな?」
  「どうしょうもないのろさだな。動きが全部止まってみえるぜ!!」
対主人公チーム「教えてやれることは何一つないぜ。こっちが聞きたい位なんだからな!」
対庵「ここまで追ってこれるとはな。あきれるどころが敬意を表するぜ!」

八神庵
汎用「自分でどうにかすることだ。とどめまでさしてやるヒマはない」
  「キサマらでは無理だ…ヤツでなければな!」
  「おまえじゃない…ヤツは…どこだ?」
対主人公チーム「キサマが俺に勝つことなど無理だ。所詮はヤツの亜流なのだからな!!」
対京オリジナル「ここで出会えるとはな。今は神とやらを信じてやってもいいくらいだ!!」

クリザリッド
汎用「使い物にならないデータだ。参考になるのはここまであがれた運だけか」
  「いよいよだ。新しい時代が始まる。我々の手によって!!」
  「心音停止を確認。これよりトリガーデータを転送する」
対主人公チーム「いいデータだ。K’、クローン風情にしてはよくやったと言っておこう」
対餓狼チーム「これ程までに予想を上回る物か?腐れ縁が生み出す力とは!」
対竜虎チーム「熟成された技の数々は称賛に値する それを扱う人格は論外だが…」
対怒チーム「こんな所に紛れていたとは…だが、なぜだ…!」
対超能力チーム「超能力の数値化には以前から興味があった!大切に扱わせてもらうよ」
対女性格闘家チーム「豊富な格闘スタイルか。裏を返せばまとまりがないということだ」
対キムチーム「精神派と理論派が調和したチームか データとしては大変興味深い。」
対京オリジナル「わざわざ戻ってくるとはな。取り損なっていたデータをいただく」
対庵「お目当ての相手はここにはいないぞ まがいものなら余るほどいるがな。」
[PR]
by 7071sprw | 2008-02-09 23:33 | 格闘ゲーム | Comments(0)
KOF2001・1

汎用「くだらねえぜ!勝つのがわかりきってる戦いは!」
  「もう十分だろ!それが限界だってわかったはずだ!」
  「勝負にならねえな。まったく、ガッカリさせやがる」
対日本チーム「日本チームだと!?あんた達、過去を引きずりすぎだ!」
対ネスツチーム「俺をつぶしにきたか!フッ、甘く見られたもんだ」
対ウイップ「あんたには期待してたんだがな…チッ、正直がっかりだぜ!」
対クーラ「俺はお前のことを知っている気がする…なぜだ…」

マキシマ
汎用「受けるかい?俺のラストショット!」
  「まだやるかい?引き際も大事ってもんだぜ!」
  「勝負はついてんだ。無理に命を落とすこともねえだろ」
対庵チーム「俺達と戦って何かつかめたかい?ま、こっから先は俺達に任せな!」
対ネスツチーム「お前達!命だけは助けてやる!だが!俺の質問には答えてもらおう!」
対K´「やっぱり俺の助けがいるだろ?なあ、相棒!」
対ヴァネッサ「悪いが、お前達の手を借りるまでもない…」

ウイップ
汎用「私は信じる武器があったから勝てた。それは大切なことよ」
  「よく戦ったわね!私のウッドドゥも喜んでるわ!」
  「私の部隊にも凄腕は大勢いたわ。でも、それだけでは勝てないの」
対怒チーム「お久しぶりです、皆さん。お会いできて嬉しいです」
対ネスツチーム「組織も甘いわね。こんなチームで倒す気だったなんて」
対K´「急ぎすぎね。何でも、慎重に物事を進めるのが大切なのよ」
対クーラ「あなたとはゆっくりと、話がしたいわ」


汎用「…生きたければ…命をかけろ…」
  「毒はゆっくり回る…そう…ゆっくりとな…」
  「飛賊の技…なめれば死ぬぞ…」
対日本チーム「…雷…炎…笑わせるな…」
対ネスツチーム「…最後に聞く…ロンはどこだ…」
対紅丸「相変わらずの自意識過剰ぶりだ…」
対セス「…取引はなしだ…」

草薙京
汎用「勝利するのは当たり前だな。格が違うんだよ!」
  「何事も経験だがな。まぁ、頑張りな!」
  「修羅場はこんなものじゃないぜ!」
対主人公チーム「ネスツに用があるのか?安心しな!俺が挨拶しといてやるよ!」
対ネスツチーム「ずい分と世話になったからな、礼はたっぷりとさせてもらったぜ!」
対大門「腕は落ちてないな!久々に楽しめたぜ!」
対庵「もう俺を追うな…」

二階堂紅丸
汎用「勝利することは約束されている!この美貌がある限りね!」
  「俺の流儀は知ってるだろ!華麗に勝つ!これだね!」
  「どうだいこのポーズ!この俺にピッタリだな!」
対主人公チーム「チームメイトと相性はいいのかい?信頼関係で勝敗は決まってしまうぜ!」
対庵チーム「変わったチームだな。まるで誰かさんを監視してるみたいだぜ」
対セス「悪いな、今回は先に行かせてもらう!」
対女性キャラ「ハ~イ♥君達!相変わらず俺に見とれてたね!」

大門五郎
汎用「ウーム…久しぶりの充実感だ!」
  「ふんっ!手応え十分であった!」
  「やはりKOFは特別だ…体の震えが止まらぬ…」
対怒チーム「するどい切れ味だ…さすがは軍人である!」
対超能力チーム「超能力…毎回大会出場とは…本物か…」
対京「うむ!久しぶりの真剣勝負!昔を思い出したぞ!」
対真吾「師匠を超えられるよう、精進あるのみだ…見込みはあるぞ!」

矢吹真吾
汎用「俺は中途半端な真似はしません!いつでも限界バリバリです!」
  「その努力は無駄じゃありません!!きっと次につながります!」
  「やったー!勝ちましたよ!これも草薙さんのおかげです!」
対庵チーム「草薙さんに用があるなら、俺を倒してからにしてください!」
対ネスツチーム「草薙さんにメーワクかけて!謝って下さい!!」
対K´「あの人、やっぱりなんか怖いなぁ…」
対京「草薙さーん!俺、ついにやりましたよ!」

八神庵
汎用「…くだらん…」
  「…雑魚め!」
  「…二度と俺に近付くな…」
対日本チーム「チームだと…馬鹿が…」
対ネスツチーム「フンッ…ネスツなど眼中にない…」
対京「どうした…京…きかんぞ…そんなものでは…」
対ヴァネッサ「邪魔するなら…女子供だろうと関係ないぞ…」

ヴァネッサ
汎用「通販でいいトレーニングマシーンあったわよ。買ってみたらどう?」
  「大人の女はどう?フフッ、勘違いしないでね」
  「ま、勝ったってわけ。お姉さんは強いでしょ?」
対主人公チーム「何かと厳しい世の中だけど、後は任せてちょうだいね」
対怒チーム「あら?意外な人が出場してるわ。それだけ事態は切迫してるってことね」
対K´「フフッ、坊やも強くなったじゃない?お姉さん嬉しいわ♥」
対ラモン「ありがとね、随分と役に立ってくれて♥」

セス
汎用「一言で護身術と言ってもね、極めるとなるとまた奥が深いのだよ」
  「悪いな、エージェントは簡単に負けられないのだよ」
  「事前に相手を調べるのは大切だ。盗聴はそんな時、便利だがね」
対主人公チーム「何か分かったかい?情報があれば俺に教えてほしいね」
対怒チーム「皆さんそろって大会に出場とは…本気で動いているってことですか」
対紅丸「なんか嬉しいね。こうして拳を交えるのも…」
対ヴァネッサ「お互い実力は認めているはずだ。まあ今回は俺の勝ちだったがね…」

ラモン
汎用「俺の空中殺法!受け切れるかい?ま、それは無理だろうな!」
  「反則は嫌いでね。やっぱり戦いは正々堂々だろ!」
  「バランス感覚がないと、空中戦はつらいかもな!」
対餓狼チーム「勝ち組がいっつも、あんた達だってわけじゃねえぜ」
対怒チーム「俺の眼帯のほうが似合ってるかな~?」
対ヴァネッサ「俺が勝ったんで、お茶でもどうですかね」
対ジョー「俺もたいがいだが、あんたもすっげぇお調子ものなんだな!」

レオナ・ハイデルン
汎用「さあ、行きなさい…命まではとらないわ」
  「勝者は常に私になるわ…それはもうわかっていたはずよ…」
  「戦いは勝つか負けるか…ただ、それだけ…」
対主人公チーム「あなた達を拘束します」
対庵チーム「あなた達の任務はここまでよ。あとはこちらで処理します」
対ハイデルン「教官、暗殺術はマスターしました…任務を続行します」
対メイ・リー「あなた…ふざけてるの…?」

ラルフ・ジョーンズ
汎用「ほぉ~れ!俺のパンチは痛いぜぇ~!」
  「土壇場の一発!これがねぇと勝てやしないぜ!」
  「軍人が負けると思うか?やれやれ、とんだ甘ちゃんだぜ!」
対主人公チーム「厄介事ばっか起こしやがって!お前達!お仕置きだぜ!」
対ネスツチーム「悪党の手先が!この償いは必ずしてもらうぜ!」
対ウイップ「お前!生きてんなら顔見せに来いよ!」
対ハイデルン「教官!もう歳ですかい?でも引退ってのはナシですよ!」

クラーク・スティル
汎用「日ごろの実践がモノを言う!そんなもんだ、戦いはな」
  「いくらバカでも丸腰じゃ戦わんな!俺は持ってるぜ!拳というガンをな!」
  「血を見るのは嫌いかい?だったら命のやりとりは止めとけ!」
対主人公チーム「全く人騒がせな連中だ。だが、それももう終わりだな」
対ネスツチーム「最悪の奴らだ…それなりの覚悟はしてもらう!」
対ウイップ「ムチ子!無事だったんだな…心配させやがって、この野郎!」
対ハイデルン「教官、暗殺術は健在ですね。正直、殺られるかと思いましたよ」

ハイデルン
汎用「一つだけ言っておく!私にブランクはない」
  「今も昔も参加者は優秀だ。だが格闘技者以上にはなれん…」
  「一瞬の気の緩みが命取りだ。そんなことも分からんとは…」
対主人公チーム「お前達!事情は後でゆっくりと聞かせてもらう!」
対ネスツチーム「残念だろうがもう逃げ場はない。洗いざらい吐いてもらうぞ!」
対ウイップ「無事だったのか…今までどこにいた?」
対怒チーム(ハイデルン除く)「何をしている?任務中に余計なことは考えるな!」

テリー・ボガード
汎用「格闘は残酷だ…だからこそ自分を賭けることができる!」
  「負けるのは簡単だが、勝ち続けるってのは難しいんだぜ!」
  「わかったかい?伊達に俺達は常連じゃないぜ」
対竜虎チーム「文字通り極限まで鍛えたって顔だな。だが、真価は発揮できなかったか」
対ネスツチーム「今までの騒動…教えてほしいもんだな」
対アンディ「もう幾度となく闘ったが…なぁ、兄弟対決ってのはいいもんだな」
対マリー「どうだいここらで一息ついたら。調査ばかりじゃ息もつまるだろ?」

アンディ・ボガード
汎用「勝負に賭ける意気込み、十分に伝わってきたよ!」
  「やはり最後は精神の強さだな!これは経験の積み重ねだね!」
  「負けられないのはどちらも同じだが、一瞬の重みを知っていたのは俺達だ!」
対竜虎チーム「2大巨頭のぶつかり合い!観客には面白い試合だったろう!」
対女性格闘家チーム「全くひるまない!これが女性とは驚嘆したよ!」
対テリー「兄さんの技は熟知している。だからこそ、勝てたんだよ!」
対舞「舞、今大会は本当にヤバいんだ!俺と当たって良かったよ!」

ジョー・ヒガシ
汎用「俺に勝たせてくれたって?ヘッ!負け犬の言いそうなことだぜ!」
  「なんせ俺は絶対無敵だからな!勝って当たり前だぜ!」
  「勝利ポーズもいかすだろ?オラオラァ!」
対キムチーム「わかっただろうが!正義感だけじゃ勝てねーんだよ!」
対女性格闘家チーム「女共!目にもの見せてやるぜ!ッシャー!!」
対餓狼チーム(ジョー除く)「ハッ!ヤッパ俺がいないと駄目だろ!」
対大門「お互い日本のヒーロー同士、頑張っていこうぜ!」

ブルー・マリー
汎用「私のコマンドサンボはどうかしら?闘いには最適な技だって思うけど…」
  「誰でも気付くのよ、自分の限界を…でも、そこが出発点にもなるのよ」
  「あわれみなんてかけないわよ。格闘家の誇りを傷つけるだろうから」
対女性格闘家チーム「久しぶり。でもまぁ、知り合いと闘うのはどうもね…」
対ネスツチーム「もう逃げられないわよ。どういう事か、説明してちょうだい」
対ヴァネッサ「闘う女は美しい…私もあなたみたいになりたいわね」
対テリー「あなたらしくないわね。私に遠慮することなんてないのに…」
[PR]
by 7071sprw | 2008-02-05 00:33 | 格闘ゲーム | Comments(0)
KOF2001・2
リョウ・サカザキ
汎用「極限流に勝てると錯覚したか?現実を直視すべきだな!」
  「極限状態で力を発揮する!それが極限流だ!」
  「戦いは勝敗が全てではない!厳しい修行をすればわかるはずだ!」
対餓狼チーム「不敗伝説の狼か!だが、その伝説も今日で終わりだ!」
対女性格闘家チーム「チームリーダーがいいのだろうな!統率力が取れている!」
対ロバート「ロバート!闘いに集中しろ!浮き足立っているぞ!」
対キング「ここで手を抜くのは失礼だからな。すまんが別の形で借りは返す!」

ロバート・ガルシア
汎用「勝つためならそれなりのことせな!負けた言い訳は見苦しいだけやで!」
  「人目を気にしてたんやて?まったく、自意識過剰やで!」
  「誰でも初めから強い奴はおらへん。努力が全てやと思うで!」
対餓狼チーム「毎度のことやけど、宿命の対決やな。でも今回はわいらの勝ちやで!」
対ネスツチーム「言いたいことはわかるやろ?あんたらの好きにはさせへんで!」
対ユリ「ユリちゃんに極限魂は消えてへん。ほれなおしたで!」
対ケンスウ「あれから彼女とどないなってん!後でおしえてな」

ユリ・サカザキ
汎用「ユリのちょう必殺技は、だれにもマネできないよっ!」
  「わたし「っち」なんて口癖ないっち!!あ、あれ?」
  「勝った勝ったー!今日もユリちゃんは絶好調!」
対女性格闘家チーム「へえ、ほお、ふうん。やっぱ、私がいないとこんなものなのかな」
対リョウ「ふっふっふー、お兄ちゃん!今日からこの私が極限流よ!」
対ロバート「ブルジョアな生活に浸りきって、練習不足なんじゃない?」
対タクマ「どう?極限流にユリちゃんパワーが加わったらもう完全無敵でしょ?」

タクマ・サカザキ
汎用「極限流は無敵の拳!それは勝利することで証明しておる!」
  「最初から勝負は見えていた!この古傷を見ていればわかる!」
  「極限流に後退の文字はない!ただ前進あるのみ!」
対女性格闘家チーム「まだ、大会に未練があるか…だがそれも今回で終わりだ!」
対ネスツチーム「お前達のボスに会わせてもらう!いいな!!」
対ハイデルン「機会があればまた一緒にチームでも組みたいものじゃな」
対キング「リョウは良い男だ。待っておるぞ、キング」

キング
汎用「これは私からの忠告だけど、強くなるだけの人生はつまらないよ」
  「格闘に自分が何を求めているのか、よく考えることだね」
  「立場をわきまえてもらいたいね。そんな調子だから負けるんだよ」
対餓狼チーム「さすがというか、常連さんは強いね。手を焼いたよ」
対竜虎チーム「今度また一緒に大暴れしたいね!」
対リョウ「この前のことを気にしてるのかい?だったら考えすぎだよ」
対タクマ「命を助けられた恩は忘れちゃいない。でも、それとこれとは話が別だよ」

不知火舞
汎用「私の魅惑的なボディラインは、文句のつけ所がないわね…」
  「もっと感じさせてほしかったわ。ちょっと物足りないかな…」
  「強い女は美しい…誰が言ったのかしらね」
対餓狼チーム「私を仲間外れにするから、それって自業自得よね…」
対超能力チーム「うーん、超能力ねぇ~。ホントにあったら強いんだろうけど」
対アンディ「アンディ!甘く見すぎね。簡単に私を倒せるはずがないじゃない」
対アンヘル「また私のライバルが現れたのね…ヒロインって本当につらいわ」

四条雛子
汎用「まだまだ稽古をつけませんと、立派な力士にはなれませんわね!」
  「部の方々にも、私の活躍、お見せしませんと!」
  「この重み…相撲の歴史を感じさせますわ」
対日本チーム「元日本チームですか~、投げ技専門の方がいらしたのですね」
対キムチーム「正義の方々ですか。あぁ~、あの方がいらっしゃったなんて」
対マキシマ「力士向きのお体ですわ~。ぜひ私達と相撲を極めましょう」
対チャン「ああ…大きな体…私もがんばりませんと!」

李香緋
汎用「闘ってお腹空いちゃった…じゃ、またね」
  「今度は早食い競争する?負けないけどね~」
  「大会記念のバッジでも買えば?」
対餓狼チーム「有名なストリートファイターなのに、案外、名前だけかも…」
対超能力チーム「本場中国の超能力拳法かー…って、ほんもの?」
対ケンスウ「やっぱ肉マンは、うちの店がダントツだね!」
対チン「おじいちゃん!あたしもスイケンできるよー!ヒイック、ヒョイ!」

クーラ・ダイヤモンド
汎用「けっこう遊べて楽しかったな!」
  「大丈夫だよ!ケガなんて全然しなかった!」
  「もしもし?勝ったよ!次はぢーするの?」
対主人公チーム「勝たせなかったよ!これでいいんだよね?」
対怒チーム「なんか、怖い人達だったよ!」
対K´「あいつ、子供の頃見たような…ううん、何でもないよ!」
対K9999「あいつ、体壊れてるみたい…直してもらったらいいのにね!」

フォクシー
汎用「胸に一突き…これで終わりね」
  「実力なしで大きい態度はやめなさい」
  「この世界で生きていくなら勝ち続けること…それだけよ」
対主人公チーム「組織からは逃れられない。わかっているはずよ…」
対怒チーム「何を探っている…邪魔よ、消えなさい」
対クーラ「よく戦ってるわ。でも、もう少し力を出さないとね」
対K9999「組織が選んだことはある…そういう事かしら…」

K9999
汎用「強いのか!?グハッ…お笑いだなぁ~!!」
  「勝ってやる!何がなんでもよォ!!」
  「フゥゥ…フゥゥ…ち、力が溢れて抑えられねぇ…」
対主人公チーム「お前等邪魔なんだよ!裏切りモンがぁ~っ!!」
対日本チーム「てめえの力は用済みだ!安心して寝てなぁ~!!」
対K´「お前はつぶす!絶対になぁ~!!」
対クーラ「グウッ!!できそこないがぁ!俺の前に出てくんじゃねぇ~!!」

アンヘル
汎用「強いってことは罪?まぁ、生きてる間に考えておいてね」
  「私の投げと打撃は刺激的だった?体験できて最高でしょ♥」
  「善人だろうが、悪人だろうが、最後に勝つのは結局、あたしなのよね~」
対主人公チーム「この~裏切り者共~ 私の手で始末してア・ゲ・ル♥」
対キムチーム「なに正義の使者気取ってる訳?そういう奴が一番うざったいのよね」
対K9999「あんた殴りたくないんだから、私をスパッと倒してよね~」
対アンヘル「あらぁ?この子なんか、超カワイクな~い?」

麻宮アテナ
汎用「きれいでしょ?このクリスタル、気の集中に役立つんですよ」
  「この新コスチュームはどうですか?結構気に入ってるんです!」
  「格闘アイドルって両立難しいです。でも、ファンのために頑張ります」
対女性格闘家チーム「女性だけのチームって憧れます。私も一度は組んでみたいです」
対ネスツチーム「もう、悪いことはやめて下さいね。約束ですよ」
対ケンスウ「随分と良くなったみたいだけど、まだ本調子じゃないみたいね」
対チャン「あ、あれ?ジョンさんがいない?何かあったのですか?」

シイ・ケンスウ
汎用「どや!この技は手品と違うで!」
  「気力充実!肉マンの味も最高や!」
  「この肉マンは絶ピンやで。俺に勝ったらやってもええで!」
対竜虎チーム「竜や虎やいうても所詮は獣やからな。人間様には勝たれへんで」
対キムチーム「正義、正義言うてる奴が、ホンマ、一番妖しいで!」
対シャンフェイ「何や食べたいんか?相変わらずのはらぺこ娘やな」
対アテナ「俺は大丈夫!気づかいは無用やで!」

チン・ゲンサイ
汎用「うーーむ、この一杯、心に染み渡るぞい」
  「世の中ままならぬことも多いが、何事も辛抱じゃぞ」
  「まさに命の水じゃ。この瓢箪、手ばなせんて」
対ネスツチーム「悪事に加担しておると、心までも邪悪になってしまうぞい」
対キムチーム「お主たち、正義の大安売りじゃの…いやはや、困ったものじゃて」
対超能力チーム(チン除く)「うむうむ。お主達の成長が楽しみじゃわい」
対K´「これからの時代、お主たちが必要なんじゃ…しっかりしてくれ…」


汎用「また遊んでほしいな。じゃあ、またね~」
  「子供だからって、油断は禁物だよ!」
  「えへへ、超能力ばっかに頼ってないでしょ!」
対女性格闘家チーム「お姉さん達、勉強になりました。また、教えてくださいね」
対キムチーム「あれ?今回はいないんですね。アテナお姉ちゃんのファンの人」
対超能力チーム(包除く)「わーい!これで一人前のサイコソルジャーだよね!」
対K9999「な、何か怖いよォ…」

キム・カッファン
汎用「私に勝ちたいと!?フフッ、それは鍛錬あるのみ!」
  「フフフフフッ…私が負けるなど、断じてない!」
  「強くなりたいなら私の元へ!必ず強くして差し上げよう!」
対竜虎チーム「名うての極限流空手!だが、私のテコンドーの前に敵はない!」
対ネスツチーム「フッフッフ…これから私が、君達を真人間にしてやろう」
対ケンスウ「誰だ、正義をうたう人間が妖しいなどと困った事を言う奴は!」
対メイ・リー「うむ、見込んだだけのことはある!だが正義を貫くにはまだ弱いぞ!」

チャン・コーハン
汎用「力まかせってか?見りゃわかるだろ?」
  「ふが、ふがふが、ふがが!」
  「もう、面倒だあ~ 勝てる勝負はよ~」
対日本チーム「日本チーム復活?そんなチームあったかぁ?」
対女性格闘家チーム「そんな細腕で勝つだぁ?俺以外の奴になら勝ったかもなぁ」
対雛子「そんなに見つめてどうした?俺に惚れると危険だぁ~」
対チョイ「なぁ、俺達の修行、なんか役に立ってんのかぁ~?」

チョイ・ボンゲ
汎用「あっしの技は真似不可能!昔もこれからも!でヤンス~」
「キラーーン!勝ったでヤンス!」
  「目にも止まらぬ早業!でヤンス~!」
対女性格闘家チーム「可愛いあの子にグサッ!これも愛の一つの形でヤンス~」
対超能力チーム「超能力でヤンスか?もう見飽きたでヤンス!」
対フォクシー「同じ刺すでもアッシの方が元祖でヤンス~」
対チャン「チャンのだんな…修行の成果の賜物…そう思うしかないでヤンス!」

メイ・リー
汎用「私、メイ・リーがいる限り、この世に悪は栄えない!」
  「勝利のポーズは正義の証!だよ…ね?」
  「正義は我にあり!師匠、これですね!」
対ネスツチーム「天に代わって悪をくじく!これが私の生き方よ!」
対超能力チーム「正義の使者は私達!この役目だけは譲れない!」
対庵「出たな!怪人!でも、もう倒したから大丈夫」
対キム「師匠!手合わせありがとうございます!」

オリジナルゼロ
汎用「力はそれを使う者の器に影響される。そのような小さい器では話にならんな」
  「勝敗は戦う前から分かっていた。ふっ、それがわからぬようでは…」
  「KOFの勝者がこれでは人類に未来はないな」
対主人公チーム「能力の使い方がわからぬか、愚か者め」
対日本チーム「伝説の日本チーム…この程度で伝説とは片腹痛いわ」
対庵チーム「こうるさい犬どもが。ネスツの敵ではないわ!」
対怒チーム「ふふふふ、力の差は歴然だな、ハイデルンよ」
対餓狼チーム「餓狼?狼ごときでは獅子を倒すことはできんわ!」
対竜虎チーム「これが極限流か?私にはダンスにしか見えんな」
対女性格闘家チーム「これは失礼、お嬢様方。女子供の相手は慣れていないのでね」
対ネスツチーム「貴様達のようなゴミがネスツの一員だったとはな!」
対超能力チーム「貴様達の超能力などネスツの前では見世物にもならんわ!」
対キムチーム「愚か者が!正義とはネスツのような組織のことをいうのだ!」

イグニス
汎用「すべては定められたことなのだ。それを理解したまえ」
  「大いなる力、いや私の力の前には何者も無力だ」
  「私は選ばれたのだ。そう、全てを導く者として」
対主人公チーム「弱すぎる…お前達の恨みはこんなものか?」
対日本チーム「私が作ったクローンの方が強くはないか?草薙京よ」
対庵チーム「君の力はこんな物ではなかろう、八神庵君」
対怒チーム「もう降伏するのか?ハイデルン」
対餓狼チーム「ウォーミングアップは終わったかね?餓狼チームの諸君」
対竜虎チーム「極限流の奥技を出さずに勝てると思ったのかね?」
対女性格闘家チーム「まだ時間はある。もっと楽しもうではないかね」
対ネスツチーム「これで終了か?我が愛しのモルモット達よ」
対超能力チーム「今のが超能力ではあるまい。真の力を見せてほしいものだな」
対キムチーム「正義とは弱さのことなのか?さあ、何度でもかかってきたまえ」
[PR]
by 7071sprw | 2008-02-05 00:33 | 格闘ゲーム | Comments(0)
KOF2000・1

汎用「勝てない奴らが…失せろ!」
  「これじゃな…負けないわけだぜ」
  「かえって面倒だぜ。弱い奴らとやるのはな…」
対紅丸チーム「いるなら言えよ。面子が濃すぎて気付かなかったぜ」
対怒チーム「何を嗅ぎまわっている?度が過ぎるようなら遠慮はしないぜ」
対ウイップ「無駄口はいらない。知ってることだけを話せ!」
対京「悪いがかまっちゃいられないんだ。お前との因縁はどうでもいいんだよ」

マキシマ
汎用「下手な計算ならあきらめるこった。絶対にあんたより速い自信があるぜ」
  「動きが止まって見える。まんざら嘘でもないんだぜ!!」
  「いい奴なんだがな。抑えの効かんところがうちの相棒の悪い所だ」
対紅丸チーム「悪くはないんだろうけどな…「食い合わせ」って知ってるか?」
対怒チーム「強面さんのお出ましか?ただ参加してるだけってわけじゃないよな?」
対ウイップ「まだ調べものでもあんのかい?律儀だな、あんたも」

ラモン
汎用「ゴキゲンだぜ!その勢い、いなしがいがあるってもんだよな!!」
  「どうだろ?俺の技とあんたのおつむ、どっちが軽いのかね?」
  「傑作だったよ!驚いたあんたの顔、俺のルチャよりウケてたぜ!」
対紅丸チーム「いいメンツだ!シブい匂いがプンプンするぜ!」
対女性格闘家チーム「うわさに違わぬナデシコ揃い!いいね、和食は大好物だよ!!」
対クーラ「心配事なら片してやるよ。アンタのボスにはそう言っときな」

ヴァネッサ
汎用「テンポアップしてきたわね。で、これって練習?」
  「こういうのって、「余裕」っていうのかしら?」
  「また会いましょう。あなたが強くなれば」
対怒チーム「あなた達…使えないわね!引っこんでなさいよ!」
対女性格闘家チーム「若いわねぇ。テクニックもだけど」
対セス「かち合うなんてついてないわねぇ。後のことは任せといて、セス」
対ラルフ「そんなに任務が好きなの?ループレバーでも使ってれば?」

二階堂紅丸
汎用「それはお遊びかい?そういうふざけた奴には厳しくなるぜ!」
  「“刺激”を求めてるなら、いつだって相手になってやるぜ!」
  「君の戦いは熱いな…薔薇のように美しい俺は、熱さは苦手なんだ」
対竜虎チーム「そこのLady…野蛮な奴らと付き合ってないで、俺と組もうぜ!」
対女性格闘家チーム「Lady…お手をどうぞ…」
対K´「新顔が増えたな…訳ありの奴が多そうだぜ」
対京「手を抜いてるのか?それともそれが限界か!?答えろ京!!」

矢吹真吾
汎用「真吾…エンジン全開です!!」
  「か…勝てた…真吾、最高ーーでーーーすーーー!!」
  「拝啓、母さん…真吾は毎日熱くなっています。とても幸せです」
対主人公チーム「お二人とも元気そうで何よりです!草薙さん見ませんでした?」
対超能力チーム「どんな仕掛けになってるんすか?俺にも使えます?」
対京「お、俺、あんたがいなけりゃ、駄目なんだよーーーーっ!!」


汎用「我が毒はどんな薬も効かぬ…死を待つが一番の薬…」
  「…叫べ…叫べ…」
  「苦しいのは始めだけだ…後は気持ち良くなる…」
対竜虎チーム「極限流…?くくくっ…この程度か…」
対超能力チーム「…道化が…」
対庵「本当に…貴様が影二を破った者か…?」

セス
汎用「さあ、火をつけてくれたまえ!勝った後の葉巻の香りはまた格別だね!」
  「生半可な気持ちでやるんじゃない!…茶番劇はもう、沢山だ」
  「勝利にワイン、チンチラ…これだけ揃えば私は幸福なのだよ」
対主人公チーム「こいつらの力はこんなものじゃないはず…抑えられているのか?」
対怒チーム「ハイデルンと合流するがいい…君達の任務はここまでだ…」
対マリー「君の犬より私のチンチラの方が可愛いぞ。猫を飼いなさい、猫を」

テリー・ボガード
汎用「時代はまだまだ俺のことを離しちゃくれないみたいだな!」
  「俺とやるってのはこういうことだぜ?次は覚悟してくるんだな!」
  「ライフ・イズ・ビューティフル!生きてることに感謝しな!」
対主人公チーム「事情はそれぞれあるだろうが、俺らの前はあけてもらうぜ!」
対怒チーム「今年は俺らも訳アリでね。あんた達にはここで引いてもらう!」

アンディ・ボガード
汎用「どんな結果もねじ曲げずに、素直に受け止めることだ!」
  「資質だけでは勝てはしない!」
  「厳しい時ほど力は発揮できるもの。御協力ありがとう!」
対竜虎チーム「そのメンバーチェンジ、極限流に死角を生じさせたようだね!」
対女性格闘家チーム「みなさん、舞を頼みます…」

ジョー・ヒガシ
汎用「一~つヒガシはかっこいい、二~つヒガシは超無敵…きりねぇな」
  「ヒガシが歩けば、勝利にあたるぅ!」
  「聞こえる…聞こえるぜ!俺の勝利をたたえる声が!!」
対主人公チーム「そこの眼帯、覚えときな!つけるならこれ、ハチマキよ!」
対紅丸チーム「2番はどこまでいっても、1番の後ろってこったな!」

ブルー・マリー
汎用「OK!…あら?誰かさんのがうつっちゃったかしら?」
  「みえみえよ?下手な変化球は逆効果かもね」
  「そんなアプローチで、私が「落ちる」とでも思った?」
対怒チーム「負けられないのは私も同じ。先に行かせてもらうわよ」
対女性格闘家チーム「みんなごめん!!今度うめあわせするからね」

リョウ・サカザキ
汎用「よくよく考えてみると、極限流に挑むのが過ちかもな!」
  「倒れている間にも時は進んでいく!早く立ち上がり、かかってこい!」
  「極限流に死角はない!気付くのが遅かったようだな!」
対紅丸チーム「新人との組み合わせは失敗だな!それでは呼吸が乱れて当然だ!」
対女性格闘家チーム「こっちにキングがいるからか?迷いは断ち切ってもらいたいものだ!」

ロバート・ガルシア
汎用「こつこつ積み上げることは怠いやろ!でもな、勝つためには必要なことやで!」
  「何事も余裕は必要や!けど、ちょっと余裕持ち過ぎやで!」
  「負けられへんのはお互い様や!」
対餓狼チーム「まあ、こんな世の中や。狼も生き抜くのに必死ちゅうことやな!」
対女性格闘家チーム「技の一つ一つに華があるで!女性ならではやな!」
対ユリ「わいのことも真剣に考えてや!こっちはいつでもOKやで!」

キング
汎用「頑張るのもいいけどね!オーバーワークに気をつけな!」
「バトル後半意気消沈って感じかい?ラッシュに弱いのが最大の弱点ね!」
  「結果が見えている戦いはごめんだよ!次は骨のある奴と戦いたいね!」
対キムチーム「テコンドーに固執しすぎだね!他から吸収することも大切だよ!」
対女性格闘家チーム「私がいなくてもいい線いってるね!正直ホッとしたよ!」

タクマ・サカザキ
汎用「こんな世の中だからこそ!腕を磨くことが必要なのじゃ!」
  「明日になれば悔しさも闘志になる!そうでなければ真の強者にはなれん!」
  「多くを語るのはやめにしよう。それがお前のためになるからだ!」
対餓狼チーム「戦い続け牙が脆くなったようだな!ゆっくりと養生するがよかろう!」
対女性格闘家チーム「我が娘も最早一人前の格闘家だ。容赦はせん!それが極限流である!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-02-02 00:06 | 格闘ゲーム | Comments(0)
KOF2000・2
レオナ・ハイデルン
汎用「怖さを感じていないのね。それでは勝てないわ」
  「楽なものね。勝ち負けだけで済むのなら」
  「ここで終わり。次はないわ」
対主人公チーム「あなた達の身柄を預かります。ヴァネッサ、御苦労様」
対紅丸チーム「任務は終了よ。本隊に戻りなさい、セス」

ラルフ・ジョーンズ
汎用「歯は食いしばっとけ!負け顔も少しはマシにならあ!!」
  「手数勝負で負けるわけがねえだろ!少しは頭を使えっつーの!!」
  「完全燃焼?常識だ。全開越えてからがなんぼの世界なんだよ!」
対主人公チーム「使えねえのはどっちだ!?答えは分かってるよな、嬢ちゃん!」
対紅丸チーム「潜り込んでそのザマか?オッサン!この仕事向いてないんじゃねぇの!?」

クラーク・スティル
汎用「開いた口は閉じておけよ。泣き言が血まみれってのはみっともないぜ」
  「悔やむことはないだろう。ここまでやれたとほめればいいさ」
  「センスもなけりゃテクもない、二つも欠けてりゃ絶望的だよな」
対主人公チーム「新入りがルチャ使いとはな。いい線いってるぜ、まったく」
対紅丸チーム「実力か?それともチームワークの結果かよ?」

ウイップ
汎用「動きすぎよ。止まったところを狙うだけ、簡単ね」
  「あなた達が弱かった、それだけよ。敗因がいくつもあっても困るでしょ?」
  「覚悟していたはず。あなたも、私も…!」
対主人公チーム「今は私に任せてくれない?後でわかるわ、たくさんのことがね」
対紅丸チーム「お目当ては見つかったのかしら?紅丸さんに、セスさんだったわね」
対K´「あなたは一体誰なの…!」

麻宮アテナ
汎用「何度出場しても、学ぶことはたくさんあります。日々勉強ですね」
  「がんばれと一方的には言いません。お互いに、がんばりましょう」
  「これ、オフィシャルHPのURLです。よかったら、見てくださいね」
対キムチーム「え、なんですか?あ、はい握手?お互いがんばりましょう」
対女性格闘家チーム「舞さんのチームって、日本人色強いですね。私もいれてほしいなぁ…」

シイ・ケンスウ
汎用「もっと、ガンガンきてくれんと!!これじゃリハビリにならんがな!」
  「なんか、“同情”とかしてへんか?えらい手応えなかったで」
  「スタートラインに戻ることでわかることもあるで。負けることに臆病になりなや」
対竜虎チーム「なぁ、ロバートの兄ちゃん、あんた、ホンマに極限流か?」
対キムチーム「長髪の兄ちゃん!あんたはファンでしかないけど、俺はちがうで…!」

チン・ゲンサイ
汎用「さすがに、こたえたわい。次はストライカーにでもしてくれんかのう」
  「おっと、これは格闘の大会じゃ。だから暴力表現ではないぞ」
  「こんな爺さんに負けてどうする。次の担い手はお主らなんじゃぞ」
対紅丸チーム「毒手か…話には聞いておったが、こんな表舞台に出てくるとはな…」
対女性格闘家チーム「ほう、“スモウ”とはな、珍しいものを見せてもらったわい」


汎用「后会有期、でわでわ」
  「次の相手は誰かな?真令人六奮」
  「今日はたまたま勝てただけです。打起精神来」
対主人公チーム「大棒了!眼帯さんの技、ビデオで見たことあるよ♥」
対女性格闘家チーム「真的?教えてくれるんですか♥わーい!約束だよ!」

キム・カッファン
汎用「皆、跆拳道をやろうではないか!そうすれば、少年犯罪もおこるまい!」
  「この緊張感、息子達にも体験させてやらねばなりませんね」
  「ふぅ、いい汗かけた試合でした。また闘いましょう」
対紅丸チーム「セスさん!“盗聴”がご趣味だそうですが…それは、いけませんねぇ」
対怒チーム「その強さ、本職で発揮されることのない世の中になってほしいものだ」

チャン・コーハン
汎用「知力、体力をパワーアップした俺に“負け”なんて言葉はないぜ」
  「U=m…n ん?えっと、とにかくだ!位置エネルギーはお前のもの!」
  「なかなか運のいいヤツだな、いいだろ、トドメをさすのはやめてやるぜ」
対超能力チーム「お前のCD、思わずクセで買っちまったじゃねーか!」
対女性格闘家チーム「冗談じゃねーってんだ!こなれた手つきで俺達を倒そうなんてよ!」

チョイ・ボンゲ
汎用「爪で裂かれた真っ赤なアンタにZOKKON命(ラヴ)でヤンス♥」
  「きゅい~ん♥惨害、旋回、爽快でヤンスですぅ♥」
  「勝利は素敵!ああ、それなのに…トホホ、ナケルデヤンスネェ…」
対主人公チーム「人妻をブスリ…う~ん、快感でヤンスねぇ」
対紅丸チーム「わっしより、そっちの方がよっぽど悪人面じゃないでヤンスか?」

ジョン・フーン
汎用「おてんとさまに聞いてみては?“勝利”の夢が叶うかどうかは」
  「PERFECT!私達は完璧ですね。世界中の人に誓ってもいいですよ」
  「苦情は受けつけませんよ。お引取り下さい」
対超能力チーム「素晴らしい!今年もアテナさんと闘えるとは…KOF、感謝しますよ」
対女性格闘家チーム「そこの君はいつも言葉の最後に「っチ」をつけるのか。誰から教わった?」

不知火舞
汎用「戦いは駆け引きだと思うのよ。今日はそれを勉強しなくちゃね!」
  「円熟の極みというのかしら?技の切れは過去最高のものよ!」
  「もう新世紀かあ~今年も何かいいことありそうだわ!」
対紅丸チーム「色物チームに転向?美形もいろいろ大変ねぇ」
対餓狼チーム「私がいてのチームでしょ!?代打はいないってことがわかったわよね!」
対アンディ「ホンッとにいい加減にしてよね!わたしを一体何だと思っているの!?」

ユリ・サカザキ
汎用「闘いの中に楽しさを見つける!これが格闘の「だいごみ」!よね!」
  「闘うだけなら猿でもできる!ようは頭を使うってことね!」
  「最強!負けナシ!私ってスゴい!そう思うでしょ?」
対竜虎チーム「戦いに私情は禁物でしょ!お兄ちゃん達が教えてくれたことよ!」
対キムチーム「師弟愛…っていうの?それも燃え尽きちゃったって感じね!」
対キング「敗北の二文字は極限流にはないの!キングさん!慰めてあげて下さい!」

藤堂香澄
汎用「私に技の不得手はないです!全ての攻撃さばいてみせます!」
  「大会でもどこでも私は真剣勝負!それが日々の修行だからです!」
  「あなたを見てると情けなく思います。本気のあなたはどこにいるの!?」
対餓狼チーム「狼の雄叫びも私には効果なしです!負け犬の遠吠えに聞こえます!」
対竜虎チーム「極限流は最強の宿敵です!勝ち続けなければ意味はないです!」

四条雛子
汎用「私の学校の校歌を歌いませんか?心が穏やかになりますよ」
  「ああ~あこがれの…舞台です。胸のドキドキが止まりません」
  「あの…体が無意識に反応して…大丈夫?じゃないですよねぇ」
対餓狼チーム「狼と皆さんが称するのもわかります。そのしなやかな動きに惚れ惚れです」
対超能力チーム「超能力ですか?それは、良いことに使えそうですねぇ」

草薙京
汎用「並べられるほどの原因もないぜ!あんたらの負け方にはな!」
  「どんな手も無意味だぜ。誰にも消せない、この炎はな!」
  「先に行っても望みはない!退くなら今だぜ」
対主人公チーム「引っ込んでろ!終わらせられねぇ…お前らじゃな!」
対紅丸チーム「久しぶりと言いたいが、今度の面子はクセ者が多いな、紅丸!」
対庵「ケリはついたはずだぜ?あとはてめえ次第だ。好きにしな!」

八神庵
汎用「くたばるのに力を貸したまでだ!恨むなら自分の弱さを恨め!」
  「悔しいか?だが貴様はその悔しさも力に変えられん弱者だということだ!」
  「力のない奴が刃向かうつもりか!俺はこういう無駄な時間が嫌いだ!」
対主人公チーム「この程度か?これでは火傷することもできんぞ」
対紅丸チーム「奴を追っても無駄だ。奴は俺がしとめる。かならずだ!」
対京「負けてケリがついたと言うのか?とことん甘いな、貴様という奴は!」

クーラ・ダイヤモンド
汎用「力を人に使っちゃった。ほんとによかったのかな…」
  「悪いのはゼロだよ。あなた達のせいじゃないからね」
  「つまんない。もう帰りたいな…」
  「ごめんね、バイバイ…」
  「たおしたよ。これでいいんだよね」
対K´「あなたがK´…?わたしは火は嫌い。あついから」
[PR]
by 7071sprw | 2008-02-02 00:04 | 格闘ゲーム | Comments(0)
ワールドヒーローズパーフェクト・1
ハンゾウ
字幕
フウマ 戦闘前 ひさしぶりでござるな
     圧勝  ふ…ふうまどの!?
     辛勝  くっ、さすがでござる…
リョウコ 戦闘前 がんばるでござるよ
      圧勝  ガンバルでござる!!
      辛勝  もうこれほどまで…
勝利せりふ
フウマ 「フウマ殿、忍びとは忍ぶものでござる」
     「女人ばかりに気をとられて、修行を怠ったようでござるな!」
リョウコ 「これにめげずに、がんばるでござるよ!」
      「リョウコ殿、修行の成果が生かされておらんようでござるな!」
その他 「忍道を極めるのはまだまだ遠いでござる」
     「力みすぎでござるよ」
     「まだまだ勝負はこれからでござる」
     「伊賀の忍術、まだ全てを見せたわけではござらん!」
     「挑まれるなら拒まず!全てを討つのみでござる!」
     「これほどの強者に出会えるとは…世界は広いでござる」
     「この世に光ある限り、拙者、修羅の道を歩み続けるでござる!」

フウマ
字幕
ハンゾウ 戦闘前 いくぜ!!ハンゾウ!!
      圧勝  てめえ!?なめてんのか
      辛勝  あいかわらずやるな!
ジャンヌ 戦闘前 あいたかったぜ~♥
      圧勝  オレさまにみとれたか
      辛勝  マジになっちまったぜ
勝利せりふ
ハンゾウ 「借りは返したぜぇ!!ハンゾウ!!」
      「ハンゾウ!!てめえ一年間何してやがったんだ!?」
ジャンヌ 「ナンパ癖を直せだと!?う~ん…ま、いいか!!フハハハハ!!」
      「あっと悪りぃ!!つい本気になっちまった!!どっかケガはねぇか!?」
その他 「無敵の風魔忍法に、俺様の実力を加えれば鬼に金棒ってもんよ!」
     「くっくっくっ、最高の気分だぜぇ!!」
     「いい線いってるが、所詮は雑魚!俺様の敵じゃねぇ!!」
     「お前じゃねぇ!!ハンゾウに用があるんだ!!」
     「オラオラオラオラァッ!!」
     「俺の名はフウマ、地獄に落ちても忘れるな!!」
     「殺されなかっただけ、ありがたく思え!!」

ドラゴン
字幕
シュラ 圧勝 いいけりだったよ!
     辛勝 ムエタイおそるべし!
孫悟空 戦闘前 おもしろそうだな…
     圧勝  クンフーがたりないね
     辛勝  なかなかのクンフーだ
女性 戦闘前 やあおじょうさんがた
勝利せりふ
シュラ 「ホアチャ!君はスター性に乏しいね…」
リョフ 「アチャ!君は中国2千年だが、私には4千年の歴史がある」
女性 「ホー!!今度、私の主演映画に友情出演しないか!?」
    「アッチャー!!せっかくの美貌が台無しになったね」
その他 「アチャーッ!これに懲りずに、また手合わせ願いたいものだ」
     「ホッチョー!勝負は水物、次も勝てるかは、わからないね」
     「ホチョッ!すまない。手抜きの出来ない性分でね」
     「アチョーッ!!まだ来るか!?次は命のやり取りしかないぞ!!」
     「アチャチャ!!つまらないプライドは捨てることだ!」
     「ホアッチャ!噂どおりの強さだ!しかし相手が悪かったようだね!」
     「ハッチャー!私の拳法も極まったようだね!」

ジャンヌ
字幕
フウマ 戦闘前 またやられにきたのぉ
     圧勝  ごめんあそばせホホホ
     辛勝  おぼえてらっしゃい!!
リョウコ 戦闘前 てかげんしてほしい?
      圧勝  しょせんはこむすめね
      辛勝  まあよくやったほうね
勝利せりふ
フウマ 「ねぇ、前から思ってたんだけど、あなた本気出してるの?」
     「なによ、このサルッ!」
リョウコ 「おほほほほっ!小娘が私に勝とうだなんて100年早くてよ!」
      「やっぱり小娘は、いつまでたっても小娘ね!」
その他 「ふふっ、史上最強の美少女剣士、ジャンヌ様に勝とうだなんて…♥」
     「そう落ち込むことはないわ。あなたは私と戦えた、それだけで十分よ!」
     「まあ当然の結果ね♥」
     「おほほほほっ、土下座でもしてくれたら負けてあげてもよくてよ!」
     「こんなんじゃ、またお嫁にいけないかもっっ」
     「ああっ、私って、どうしてこんなに強いのかしらっ♥」
     「おほほほほほほほっ!次は手加減してあげましょうか~♥」

ブロッケン
字幕
リョフ 戦闘前 こんどはみのがさん!
     圧勝  まっさつ!
     辛勝  きさまはきけんすぎる
ネオディオ 戦闘前 !!きさまはあのときの
       圧勝  できがちがいすぎる!
       辛勝  ドイツのしょうりだ
勝利せりふ
ジャンヌ 「何だッ!このトキメキはッ!?こ、これが『愛』なのかァァァァッ!?」
      「美しい…ッ!ハッ!何だ、今の感情はァァァッ!!」
ネオディオ 「ドイツのォォ、科学力はァァ、宇宙一ィィィ!」
       「胸の回路に指令が走るッ!全ての戦いに『勝利』しろとッ!」
その他 「フハハハハ!勝利はァァ、我が手にィィィ!」
     「俺が勝つ確立は50%だったッ!単に運が傾いただけのことだッ!」
     「我がドイツのォォ、科学力をもってすればァァ、当然の結果ァァァ!」
     「我がドイツの最高機密と戦えたことを光栄に思えェェェ!」
     「俺にィィ、歯向かったがァァ、運の尽きィィィ!」
     「これほどの戦闘能力を持った英雄がいたとはなッ!」

ジンギスカン
字幕
Jカーン 戦闘前 こんじょうをみせい!
      圧勝  こんじょうがたりん!
      辛勝  ワシがはおうじゃあ!
女性 戦闘前 ようしゃはせんぞ
勝利せりふ
Jカーン 「大陸の覇者は、このワシじゃあっ!!」
      「ワシの根性の入ったツメの垢を煎じて飲めッ!」
女性 「その腕前で挑む度胸だけは、認めてやるわいっ!」
    「ガッハッハッハッ!根性が足りん!根性がっ!」
その他 「人間、根性があれば何もいらぬわっ!」
     「いい根性じゃった!満足、満足、ガッハッハッハッ!!」
     「甘いわっ!!」
     「見事な根性じゃ!だが、まだまだじゃ!」
     「玉砕覚悟の肝っ玉を持つワシに、敵うと思ってか!」
     「不利な戦いを勝利に導くもの…それが根性じゃぁっ!!」

ラスプーチン
字幕
マッドマン 戦闘前 じゃきょうのしとめ!
       圧勝  じゃきょうをやぶった
       辛勝  かいしんしなさい
女性    戦闘前 しんじゃにならぬか!?
       圧勝  いまからわがしんじゃ
       辛勝  つよいむすめさんだ
勝利せりふ
マッドマン 「何故このものは愛を拒むのでしょう!私の愛がまだ足りないのですね」
       「そのような邪神に仕えておらずに、私の信者になりなさぁい」
シュラ 「あなたが地味なのは、カルマの法則なのです」
エリック 「家庭があるのだろう。帰るがよい」
ジャック 「どんな悪人であれ、救いを求めるものには愛を与えよう」
その他 「あなたに足りないものは愛!さあ私の胸に飛び込んできなさぁい!」
     「私が愛の調べを歌ってしんぜよう。ほっほっ、もう感激しておるわ」
     「私の使命、私の宿命はこの地球を愛の惑星にすることなのです!」
     「さあ、顔をあげるがよい。結果が全てではないのですから」
     「さあ、恥ずかしがらずに私の愛の花園で一夜を明かすがよい」
     「私の愛はいかなる荒んだ心も和ませる。さあ、心を開きなさぁい」
     「誰にでも過ちはあるのです。さあ、私に懺悔をおこないなさぁい」
     「許されよ!あれも愛!これも愛!愛ゆえのムチなのです!」

マッスルパワー
字幕
ドラゴン 圧勝 にくだんせんいちばん
      辛勝 てこずったぜ
ジョニー 戦闘前 きんにくいちばん!!
      圧勝  アメリカでもいちばん
      辛勝  きたえてでなおせ!
勝利せりふ
ドラゴン 「素手で挑んでくる勇気は認めるが、その細い筋肉じゃなあ」
      「スピードじゃない、筋肉だぁっ!」
ジョニー 「そんな防具より、俺様の鍛え抜かれた筋肉のほうが頑丈だったようだな!」
      「ワッハッハ、フットボーラーがプロレスラーに勝てると思ったか?」
リョウコ 「俺様の大胸筋は、お前の貧弱なバストの倍はあるぜ!」
その他 「戦いを制するものは筋肉!!これでわかっただろう!!」
     「世界のNO.1に勝てると思ったか!?お前、頭悪りいなぁ!」
     「その貧弱な上腕二等琴じゃ、俺には勝てないぜ」
     「俺様の筋肉は、たとえ核爆弾でも砕けやしねえぜ」
     「お前、見込みあるぜ!もう少し筋肉をつければな!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-01-28 00:36 | 格闘ゲーム | Comments(0)
ワールドヒーローズパーフェクト・2
ジョニー
字幕
ドラゴン 圧勝 …じつりょくのさだ
      辛勝 …あまいな
マッスル 圧勝 …くつじょくだろう
      辛勝 …あたまのちがいだ
勝利せりふ
その他 「…帰れ」
     「…頭脳の勝利だ」
     「…。…。」
     「…俺…キラーマシン」
     「…惜しかったな」
     「…屈辱だろうな」
     「…いい試合だったな」

リョウコ
字幕
ハンゾウ 戦闘前 おねがいします!
      圧勝  かいしんのしょうり!
      辛勝  やったぁ
ネオディオ 戦闘前 がんばらなくっちゃ!!
勝利せりふ
ハンゾウ 「あたしが知ってるハンゾウさんは、こんなじゃないわ!!」
      「ハンゾウさん、またいつかお手合わせお願いします♥」
ジャンヌ 「ジャンヌお姉さまって、男に飢えてらっしゃるのね…」
      「許して、お姉さま!これもお姉さまのためなのよ!」
その他 「あなた強いのね。全力を出さないと勝てなかったわ♥」
     「ご、ごめんなさい!!…こんなにしちゃって…」
     「言っちゃっていい?あなたってタコスケね♥」
     「柔よく剛を制す。これ、うちの家訓なのよ」
     「出雲流柔術の奥はまだまだ深いのよ♥」
     「えへっ♥道場破りの成果が出たのかな?」

マッドマン
字幕
ラスプーチン ジャック 戦闘前 へんたいザマス 
               圧勝  よわいへんたいザマス
               辛勝  やはりへんたいザマス
シュラ 戦闘前 ジミなやつザマス
     圧勝  カゲがうすいザマス
     辛勝  やはりジミザマス
勝利せりふ
ラスプーチン 「そんな腰つきじゃ駄目ザマス!!神様への踊りはこうザマス!!」
         「早く邪教から足を洗うザマス!!」
ジャック 「神様は心が広いザマス!今から悔い改めれば許してくれるザマス!」
      「この精霊を一口食べれば、あなたも善人ザマス!」
その他 「神様に逆らうと、不幸になってしまうザマス!」
     「君ならいい使途になれるザマス!さあ、大地を敬うザマス!」
     「精霊がなついているザマス!君はいい人ザマス!」
     「神様が負けることは絶―――――対ないザマス!」
     「もっと大地を敬うザマス!さあ、私と一緒に踊るザマス!」
     「この踊りを大地神ファーファに捧げるザマス!」

キャプテン・キッド
字幕
エリック 戦闘前 かいぞくしきでいくぜ
      圧勝  うみにわらわれるぜ!!
      辛勝  さすがはうみのおとこ
女性 戦闘前 もうちょいいろけが…
    圧勝  あとじゅうねんだな…
    辛勝  あんたやるねえ
勝利せりふ
エリック 「さすが海の男。やるねぇ」
      「そろそろ現役引退じゃねーのかい、おっさん!」
女性 「あと10年たちゃー、いー女かもしんねーな」
    「女はもっとしとやかにしてなきゃな!」
その他 「あんた、なかなかやるじゃなぁ~い!!」
     「あんたの戦い方、気に入ったぜ!」
     「このぶんじゃ、今夜の酒もうまそーだぜ!」
     「攻めて攻めて攻めまくるのが海賊流よ!」
     「いつでも相手になってやるぜ!!」
     「次の試合、俺かあんたか賭けてみねーか?」

シュラ
字幕
ドラゴン 戦闘前 いくっスよアニキィ!
      圧勝  どうしたんスかアニキ
      辛勝  さすがだったっス
リョウコ 戦闘前 こっ…こまったっス…
      圧勝  ゆるしてくれっス!!
      辛勝  マジでやばかったっス
勝利せりふ
ドラゴン 「ドラの兄貴には悪いけど、全力でやらしてもらったっス!」
      「あんたを見てると、アニキを思い出すッス!」
シュラ 「あんた、すごく地味ッスね~!!」
     「兄貴だったら、あんたなんか3秒で終わりッス!」
その他 「ムダの多い、ハデな技ばっか使ってるから負けるんスよ!!」
     「兄貴!!かーちゃん!!俺はやったっス~!!」
     「へへへ…少し怖かったけど、楽しかったッス!」
     「汚くないっスよ~!一撃離脱しか戦法ないんスからぁ」
     「なまじっか必殺技を乱用すると、こうなるッス!」
     「負けたからって、そんな怖い顔しちゃ駄目っスよー!」
     「ムエタイは最強の格闘技ッス!」

エリック
字幕
ジンギスカン 圧勝 このヒヨっこがぁ!
         辛勝 ワシがうみのおうだ!
キッド 戦闘前 このあおにさいめが!
     圧勝  みぐるみはがすぞ!
     辛勝  さあ、たからをだせ!
エリック 戦闘前 ワシがおさだっ!!
勝利せりふ
ジャンヌ 「お前なんぞより我が妻レアの方が100万倍色っぽいぞ!」
ラスプーチン 「お前の故郷は何処だ?何っ!!北国とな!?ワシもだ!!」
キッド 「海の男が、そんなにチャラチャラしてはいかん!」
     「時には退くことも覚えておけ。勇敢なだけでは部下はついてこぬ」
その他 「泣きたいのなら止めはせぬ。この胸で泣くがいい…」
     「海よりも広くて深いもの…それは一人の人間の心なのだぁっ!!」
     「貴様は3度の飯を食っておるのか?ワシは5度食っておる!!」
     「息子よ、元気に3度の飯を食べておるだろうか…」
     「我が妻レアよ、晩御飯を作って待っておれ!」
     「恥じることはない。お前は全力を尽くしたのだからな」
     「お前には戦いの才能がある!修行を怠るなよ…」

ジャック
字幕 
ジャンヌ 戦闘前 おしえてやるぜぇ!
リョウコ 戦闘前 きもちよくしてやるぜ
女性 圧勝 もうイッたのかぁ?
    辛勝 イッちまったのかぁ?
勝利せりふ
ラスプーチン 「…。なんか変な味がするぜぇ…」
シュラ 「ウシャシャッ、地味ッ!!地味過ぎるぜぇ!!」
その他 「キシャシャッ、この快感、病み付きだぜェ!!」
     「キャオキャオ、こいつは苦戦したぜぇ!!」
     「シャシャシャ、なかなか切り裂き甲斐があったぜ!!」
     「ヒャヒャヒャ、壊れ易いよなぁ、この玩具はよぉ!!」
     「ウキャキャッ、いいなぁ!!その屈辱の表情!!」
     「シャオシャオ、変態だって!?ケヘヘヘ…照れるぜ!」
     「ケッケッケッ、もっと泣けぇ!!泣き声がそそるぜ」

リョフ
字幕
ブロッケン 圧勝 オレのぶかになれっ!!
       辛勝 オレとくまぬか!?
ゼウス 戦闘前 うらぎりではないぞ!!
     圧勝 あるじとよべいっ!!
     辛勝 たちばがかわったな!!
女性 戦闘前 くるか!?こむすめ!!
勝利せりふ
女性 「頼む!!俺の後継ぎを産んでくれっ!!」
    「天下が欲しいか?ならば俺の妃になれい!」
その他 「天下は近い!…おぬしが力を貸してくれたらの話だがな」
     「やるな!この腕の震えがまだ収まらぬわ」
     「誰にでも誘いをかけているわけではない。おぬしだけだ」
     「なかなかの腕前!俺の右腕にならんか?」
     「こんなに燃えたのは久しぶりだぞ」
     「今は一人でも多くの兵力が欲しい、手下にならぬか?」
     「おぬしのような未熟者などいらぬわっ!!」

孫悟空
字幕
ドラゴン 戦闘前 おもしろそうだな!!
      圧勝  たいしたことないや!
      辛勝  おもしろかったなぁ!
女性 戦闘前 お?おめぇおんなか?
    圧勝  オレのかちだな
    辛勝  ほんとにおんなか!?
勝利せりふ
ラスプーチン 「おめぇの術もてぇした事ねぇなぁ!!ガッカリしたぞ!」
ジョニー 「おめぇ、八戒より鈍ぃぞ!!」
リョウコ 「おめぇの胸、柔らかそうだなぁ…触ってもいいかぁ?」
その他 「おめぇ、もっと修行しな!!今の力じゃ、俺の相手になんねぇぞ!!」
     「おめぇ強ぇなあ!俺を本気にさせたんだからな!」
     「おめぇの技なんか、痛くも痒くもねぇぞ!!」
     「おめぇ、弱っちいなぁ!もう闘わねえほうがいいぞ!!」
     「おめえ、本っっっっっ当に弱ぇなぁ!!」
     「おめぇ、なかなかやるな!ちょっとだけ見直したぞ!」
     「おめぇみたいなタフな野郎は初めてだぁ!」

ネオディオ
字幕 
ネオディオ 戦闘前 へんなにんげんだな!
      圧勝  かみはひとりだ!!
      辛勝  わたしはむてきだ
ゼウス 戦闘前 いのちぼっするときだ
     圧勝 わたしはふじみだ!!
     辛勝  すべてをこえたぞ!
勝利せりふ
ブロッケン 「虫けらにしてはよくやったほうだな」
       「人間とは違うようだが、不完全には違いないな」
ネオディオ 「神は一人で十分だァァァッ!!」
その他 「しょげかえっていろっ!!マヌケがぁっ!」
     「無駄、無駄、無駄ァ~!このDIOは、全ての超人を超えたのだ!」
     「貴様は犬死するために、ここへ来たのだ!」
     「圧倒的な力の差がわからんのかァァァッ!!」
     「生物の頂点であるDIO様にちょいとでも勝てると思ったかァ~!」
     「そんな眠っちまいそうなノロい動きでこのDIOが倒せるかァッ!!」
     「はっはっは!楽しませてもらったぞ!」
     「こびろっ!!虫けらめ!」

ゼウス
字幕
ジャック・リョフ 戦闘前 ふははっかかってこい
          圧勝 きさまにはむりだ!!
          辛勝 やつのてさきか?
ネオディオ 戦闘前 おまえはもしやっ!!
       圧勝 はなしにならぬわっ!!
       辛勝 たいしたことないわぁ
[PR]
by 7071sprw | 2008-01-28 00:33 | 格闘ゲーム | Comments(0)
天外魔境真伝
戦国マンジ丸
マンジ丸 「タヌキが化けてたんじゃぁ、練習相手にもならないよ!」
ジライヤ 「ヘンッ!盗人の戦い方じゃ、正義の剣には勝てないのさ!」
カブキ 「カブキ!女にかまけて、腕が落ちたんじゃねぇのか!?」
八雲 「きれいなのはいいけど、それだけじゃ勝てないのさ!」
絹 「ごめんよ絹…俺には信じる道があるんだ!」
綱手 「な、なんだぁ、この娘は…?すごいバカ力だったけど…」
極楽太郎 「極楽は、相変わらず強えぇや!俺も、もう子供じゃないよ!」
オロチ丸 「そんな女みたいな長物着てちゃ、勝負にならないよ!出直してきな!」
マントーA 「こんなんじゃ納得いかないよ!バカザル相手の戦いなんてさ!」
カラクリ兵 「デカくたって、人形は人形!俺の敵じゃないよ!」
邪神斎 「まやかしに負けるほど、火の勇者は弱くないよ!」

ジライア
マンジ丸 「ケッ!!ふざけんなよ!オレがガキっちょに負けるかよ!」
ジライア 「あん??タヌキだぁ?オレのマネして、どうするんだ?」
カブキ 「ケッ!弱すぎるぜ!!派手なだけじゃねぇか!」
八雲 「けっこういい女だったけど…いけね!色仕掛けはもう懲り懲りだ!」
絹 「オレに勝ちてえなら、犬に「お手」から教えるこったな!」
綱手 「すこしおしとやかになれよ綱手、いつまでこんなことやってんだ!?」
極楽太郎 「このウスノロデブめっ!もっと体を絞ってこいってんだ!」
オロチ丸 「悪いなオロチ丸、目の前の敵はかならず倒すのが、オレの主義なんだ」
マントーA 「マ、マントー!生きてたのか!?でも息の根、止めちゃったけど…」
カラクリ兵 「このポンコツ野郎め!からっきし弱いな、お前!」
邪神斎 「何度現れようと、結果は同じだぜ、邪神斎!」

カブキ団十郎
マンジ丸 「オレ様に勝とうなんざ、カニの縦歩きほどムチャなことよ!」
ジライア 「てめぇみたいな田舎もんに、オレ様が負けるわけがねえんだよ!」
カブキ 「オレ様みてぇな二枚目は、この世に二人といらねぇんだよ!」
八雲 「こいつ、阿国にそっくりだけど、まっ、他人の空似ってとこか!」
絹 「絹はちっとも悪くねえぜ。ダメなのは、しつけの悪い犬のほうさ」
綱手 「おそろしく力のある女だな…女はおしとやかが一番だぜ!」
極楽太郎 「老いたな極楽!年だよ、年!千年も生きてりゃ、ジジィだよな!」
オロチ丸 「久しぶりに戦ってみたけどよ、手応えねぇぜ!兄弟子さんよ!」
マントーA 「マントーよ、オレ様にはわかるぜ。お前が本当のバカだってことがよ」
カラクリ兵 「ったく、無愛想なヤツだぜ。粗大ゴミは捨てっちまえってんでい!」
邪神斎 「オレ様を、そんなまやかしで煙にまこうなんざ一万年早えぜ!」

八雲
マンジ丸 「なーに、火の一族ってしょせん、こんなモンなんだね!」
ジライア 「アンタも火の一族?じゃあ、火の一族より強いあたしはなに?」
カブキ 「阿国姉さんから聞いてたカブキとは大違い!あなた本物?」
八雲 「あたしの美しさは真似できても、召喚は真似できなかったみたいネ!」
絹 「生き物を使って戦おうなんて、卑怯にも程があるってもんよ!」
綱手 「あたしの召喚奥義に勝てるのは、阿国姉さんしかいないのよ!」
極楽太郎 「このスケベオヤジ!汚い手であたしにさわんな!」
オロチ丸 「コイツうぬ惚れが過ぎるんじゃない?化粧なんかしちゃってさー、変な奴―!」
マントーA 「こんなところにいなきゃ、あんたも幸せに暮らせただろうに…」
カラクリ兵 「アンタ一体、何者なんだよ!ただのガラクタじゃないか!」
邪神斎 「気分悪いんだよ!アンタみたいなの、とっとと消えな!!」


マンジ丸 「どんなに小さな油断でも、命を落とす結果に変わりはないの」
ジライア 「ありがとう、やっぱり最後に信じられるのは、シロだけね!」
カブキ 「カブキさんは、あいかわらず、派手さだけは日本一ですね!」
八雲 「美しい舞だったわね、シロ。機会があったらまた見たいわ」
絹 「キツネさん、今度イタズラしたら、許しませんからね!ねぇ、シロ」
綱手 「力だけでは、戦いに勝てないわ。信じあえる仲間と知力よね、シロ」
極楽太郎 「極楽さん、お千代さんが悲しむことは、どうかなさらないで下さいね」
オロチ丸 「華麗、優雅、優美、そして優しさ!そんなの戦いに役に立たないわ!」
マントーA 「マントーさんも、相変わらずお元気そうで何よりでした…」
カラクリ兵 「どんなに強力な相手でも、シロはわたしを守ってくれる!」
邪神斎 「邪悪な心!悪魔の誘い!そんなものにわたしは負けないわ!」

綱手
マンジ丸 「こんなションベンくさいガキに、あたいが負けるわけないじゃーん!」
ジライア 「キャハハハ!ジライアの戦法って、変わんないからつまんなーい」
カブキ 「チャラチャラした変なヤツー、これでもうカッコつかないね!」
八雲 「あたいには劣るけどカワイイ方ね。でも女の一番の魅力は力強さよ!」
絹 「なによー、かわい子ぶっちゃってさ、こーゆー子、一番大っ嫌い!」
綱手 「あっ、化けギツネじゃーん!キツネのくせに小さいじゃーん!」
極楽太郎 「おいしそうなお肉のかたまりね!あとで丸焼きにしよーーーっと」
オロチ丸 「キャハハハ!オロチ丸に勝った!約束よ、デートに行きましょう!」
マントーA 「キャハハハ!マントー死んだ!マントー死んでも、おもしろいや!」
カラクリ兵 「これって食べれるのかなぁ?おいしくなさそうだけど…」
邪神斎 「気色悪いヤツーっ!怖いから、もう帰れよオヤジーっ!」

極楽太郎
マンジ丸 「マンジ丸も落ちたもんよのぉ、また暗黒ランから出直すか?」
ジライア 「お前、本当に火の勇者か?ウソもほどほどにしとけよ!」
カブキ 「ガハハハ!たいしたことねぇな!それじゃ、天下一のホラフキ男だな」
八雲 「悪いのぉ!お千代さん以外は、ワシのとってみんな男なんじゃ!」
絹 「できることなら、同士として絹を傷つけたくなかった…」
綱手 「このハナタレ娘め!チョコマカとうるさいんじゃ!」
極楽太郎 「この化けダヌキ!ワシはもっとハンサムでスマートじゃぞ!!」
オロチ丸 「こんな、ひょーろく青二才、ワシが勝って当たり前じゃい!」
マントーA 「おメェ、本当に馬鹿だな!馬鹿だ、うん本当に馬鹿だ!」
カラクリ兵 「ガタイはワシより大きくても、力では極楽様には叶わんのじゃ!」
邪神斎 「邪神斎だかザーサイだか知らんが、ラーメンの具にでもなっとれ!」

オロチ丸
マンジ丸 「無残なのは敗者ばかりではない。相手を傷つけた勝者も無残なのだ」
ジライア 「戦いの道は無形なり。人の生きる道もまた無形なり」
カブキ 「無敵とは、戦いの中で吐く言葉ではない。己に勝って気付く衝動だ!」
八雲 「無心で戦ってこそ、真の勝利が得られる。無心こそが、勝利の近道…」
絹 「あなたのように無垢な人が、戦いの道に足を踏み入れてはならぬ」
綱手 「ツナデよ、出来ることなら、お前とは無縁でいたかった…」
極楽太郎 「戦いの歴史は無限だ。無限ゆえに人は傷つく…」
オロチ丸 「貴様の敗因は、腕の覚えまで化けることができなかったことだ!」
マントーA 「無知な猿ごときに負けては、人として生きる術もない…」
カラクリ兵 「力だけでこの私に勝とうなど、あまりにも無策というもの…」
邪神斎 「人は戦いを繰り返し成長する。無駄な戦いなどこの世にはない…」

マントーA
マンジ丸 「マンジ丸、ここであったが百年目!オメェの母ちゃんが泣いてるぞ!」
ジライア 「見たか!ウマシカの術の力を!!ジライア!お前の負けだ!!」
カブキ 「カブキ!女を紹介しろっ!オラは、花嫁募集中なんだぁぁあ!!」
八雲 「八雲!お前、阿国と双子らしいな!どっちかオラの嫁さんになれ!」
絹 「絹ちゃぁーん!そんな犬さ別れて、オラの所、嫁に来い!」
綱手 「ツナデ!完敗を認めるな?三べん回ってワンと言え、ワンと!」
極楽太郎 「極楽、お前新婚らしいじゃねえか。今度、メシ食いにいってもいいか?」
オロチ丸 「オロチ丸!まさに惨敗だな。ヘッヘーン!お尻ペンペン!!」

カラクリ兵
マンジ丸 「…ヒ…ノ…イ…チ…ゾ…ク…ヨ…ワ…ス…ギ…ル…」
ジライア 「…ジライア…ノ…チカラ…ネコニモ…オトル…」
カブキ 「…カブキ…ノ…ワザ…ミジュク…ノ…キワミ…」
八雲 「…ヤグモ…ノ…オウギ…オクニ…ニ…オトル…」
絹 「…サイキョウ…ノ…ザ…ハ…ウバウ…モノ…ダ…」
綱手 「…チカラ…ダケデハ…テンカ…ハ…トオイ…」
極楽太郎 「…オソイ…ウゴキ…ガ…ゴクラク…ノ…チメイショウ…」
オロチ丸 「…オロチ…マル…ユダン…ハ…イノチ…トリ…ダ…」

邪神斎 
マンジ丸 「命に代替などありえぬ。よって、貴様は地獄行きとなる」
ジライア 「私の勝利は夢ではない。貴様にとっての悪夢ではあるがな」
カブキ 「口先だけで最強の男になれるほど、甘くは無いということだ…」
八雲 「もがけ!苦しめ!泣きわめけ!二度と、こんな考えをもつな!」
絹 「グフフフフ…そう簡単には、ジパング最強の座は渡せん!」
綱手 「火の勇者を制圧してこそ、最強の称号にハクがつくのだ!」
極楽太郎 「遠い!果てしなく遠い!最強への道に終わりはないのだ!」
オロチ丸 「どんなに私を斬ろうとも、結果は己がもがき苦しむが如し」

ルシフェラー
マンジ丸 「悪夢だ!マンジ丸が落ちた悪夢だ!二度と、醒めぬ悪夢に落ちたぞ!」
ジライア 「火の一族もこの程度か?!あきれて笑いが止まらぬわ!」
カブキ 「この姿を見たもので、生き残ったものは誰もおらぬわっ!」
八雲 「召喚?痛くもかゆくもないわ!初心に戻って、出直すことだな」
絹 「私を怒らせてしまっては、もはや未来はないと同じ事だ!」
綱手 「単細胞とは、お嬢ちゃんのことかな。戦略なくして、勝利はないのだ!」
極楽太郎 「少しは反省したかな極楽君、もう二度と立ち直れないほどにな」
オロチ丸 「オロチ丸も、ついに力尽きたか。まあこれが力量の違いだな!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-01-24 22:42 | 格闘ゲーム | Comments(0)
超人学園ゴウカイザー
ゴウカイザー
ゴウカイザー 「ワザをマネることはできても、俺のハートは真似できないぜ!」
アトランティス 「なんてアヤシい動きだ!さすがの俺もアブナかったぜ!」
かりん 「キミはここでおとなしくしているんだ。あとは俺にまかせろ!」
不動丸 「そんなナマクラで俺が斬れるわけないだろう!出直してきな!」
マリオン 「気をつけな、ポンコツ。俺の技は計測不能だぜ!」
シャイア 「なぐって悪かったな…。でも、手加減したんだぜ」
シェンロン 「老けたな、オヤジ…。引退しなよ」
京介 「お前の魂、この拳にきざんだ。見てな!俺はやるぜ」
スティンガー 「これで目が覚めたろ!俺と共に悪と戦え!」
ブライダー 「へっ、なかなかやるじゃないか。お前のパンチ、きいたぜ」
Pツインズ 「いよいよ大ボスのお出ましか!みんな、力を貸してくれ!」
オーガ 「見たか!人のみがもつ無限の力を!」

キャプテン・アトランティス
ゴウカイザー 「今日から私のことをお兄さんと呼んでもい・い・ん・だ・よ♥」
アトランティス 「むーん、ナイスボディですよ!ウットリ…♥」
かりん 「私の肉体に見とれていては、勝てないぞ!」
不動丸 「キミキミ、スマイルはパワーの源、笑顔を絶やしちゃダ・メ・だ・ぞ!」
マリオン 「ありがとう!肩周りのマッサージはGOODでしたよ!」
シャイア 「おじょうさん。次の私の映画のヒロインは、君で決まりだ!」
シェンロン 「なかなかステキなフロントラインですよ。ミスター!」
京介 「さあ、これから私と一緒にアメリカまでランニングです!」
スティンガー 「キミのキンニクはつくりもの!見なさい!これが本物の肉体です!」
ブライダー 「キンニクがたりないなぁ。飲むかい?キャプテンプロテイン!」
Pツインズ 「美しきかな、愛の力。さらに美しきかな、私のボディ」
オーガ 「また、いつでも来なさい。全力で指導してあげましょう!」

かりん
ゴウカイザー 「ゴウカイザー様、ごめんなさい…。だって負けるのやなんだもん」
アトランティス 「ムキムキでかっくいー♥ポーズとって、ポーズ!」
かりん 「イジメてゴメンね、でも、もうトモダチよ!」
不動丸 「ふみーん、怒んないでよぉ!お面が怖いよー!」
マリオン 「うおいっす、ロボットさん!こーはんせん、いってみよー!」
シャイア 「わーカワイイ♥おねえさんこのロボット、私にちょーだい!」
シェンロン 「おじさまってば、おクチくさ~い!」
京介 「元気出して、ホラ!明るく、負けないぞぉーってスマイル!」
スティンガー 「おどろいた?こう見えても、体育のせーせきいいんだよ♥」
ブライダー 「今日から私のパシリなのだぁ!」
Pツインズ 「ひゅー、あついよ、おふたりさん!もっとくっつけ!くっつけ!」
オーガ 「わーい、勝っちゃった!今日から絶対神かりん様なのだ!」

不動丸
ゴウカイザー 「天地天命、なん人たりとも我が灯火、消すことかなわず!」
アトランティス 「怨瑳の鳴咽になぶられて、我、覚悟の高みにいたる」
かりん 「そは、女子のいでたちにあらず、はやくなにかはおられよ」
不動丸 「我がゆくは修羅の道なれど、理、すたれば覇王の道とならん」
マリオン 「むう!みごとなカラクリなり!」
シャイア 「けたたましき音楽なり!浪曲を吟ぜい、浪曲を!」
シェンロン 「ご老体、まだまだ壮健と見受けしもご無念、時には逆らえませぬ」
京介 「バテレンの呪術にたよるなど…もとより勝負はついておったな」
スティンガー 「ここは日本なり!日本語を使わんか!」
ブライダー 「たわけめ!先生は悲しいぞ!遊んどらんでテストに備えんか!」
Pツインズ 「呪われしか、悲しき兄妹よ。後はまかせて、成仏せい!」
オーガ 「屍群の征城、赤雲の平野、我が剣の前には歯牙もなし」

マリオン
ゴウカイザー 「アナタノ戦闘能力ハCランクデス。サア、ガンバッテ再チャレンジ!」
アトランティス 「ボディービル部ナラ、西3号棟校舎ニナリマスガ…」
かりん 「ターゲットハ戦意喪失。ホスピタルモードニハイリマス」
不動丸 「サイトロックオン!バーベキューモードニハイリマス!」
マリオン 「ワタシノ戦闘コンピューターハ、最強ノDES=COMナノデス!」
シャイア 「ボールボーイサン、ワタシハマエカラアナタノコトヲ…♥」
シェンロン 「イイカゲンニシテクダサイ!老人保護ノセーフティーヲ解除シマスヨ!」
京介 「メガロマリオン砲、発射用意!住民ノカタガタハヒナンシテクダサイ」
スティンガー 「夜ハシズカニ!苦情ガデテイマスヨ!」
ブライダー 「アナタノソノカッコウ…アア、ワタシニハ理解不能デス」
Pツインズ 「次ハ強敵、最終戦闘プログラムヲダウンロードシマショウ!」
オーガ 「EXP9999999ポイント!レベルマックスデース!」

シャイア
ゴウカイザー 「うっとーしいヤツね!ちょームカつき!」
アトランティス 「そのコスチューム、ちょーエッチィ!アブナーい!」
かりん 「お願いだから泣かないでよぉ。私がイジメてるみたいじゃない」
不動丸 「ううっ、古典ってムズかしすぎると思うわ」
マリオン 「今日からあなたは“マリオボーイ”として生まれ変わるのよ」
シャイア 「あなたの場合、ルージュに品がないの。真似するならしっかりね♥」
シェンロン 「おじさん、私のファンなの?どなるならサインしてあげないんだから」
京介 「なんだかフシギな人…このキモチ…ひょっとして…」
スティンガー 「わたしのバックバンド、入ってよぉ。そこそこ目立つと思うし」
ブライダー 「趣味悪ぅ!そんなカッコしてハズカしくないの!?タ・チ・バ・ナ!」
Pツインズ 「ぬいぐるみ?え?ホントに合体してたの?キショクわるぅ!」
オーガ 「もう、顔にキズがつくところだったじゃない!バカバカバカ!」

シェンロン
ゴウカイザー 「あいかわらず甘い拳だ!そんな拳でこの父が超えられるか!」
アトランティス 「なにをニタニタ笑っておる!このキンニクダンゴが!」
かりん 「戦いはママゴトではない。次は女といえどツブす!」
不動丸 「刀がきさまの凶器なら、わしの凶器はこの拳よ!」
マリオン 「おい、ガラクタ。次はミサイルでもつんでこい!」
シャイア 「えーい、チャラチャラしおって!見苦しい!」
シェンロン 「戦いの神…。バトルマスターは、わしただ一人よ!」
京介 「なかなかの狂気をはなっておるが、しょせんは人の域!遊びにもならん」
スティンガー 「ふん!マッサージにしてはいささか荒っぽくはないか?こぞう」
ブライダー 「きさま、そのカッコウ、ハズカシくはないのか?」
Pツインズ 「しょせんはくぐつよ…。血塗られたわしの闘気にはおよばん」
オーガ 「さらばだ、王牙…。あとはわしにまかせて逝くがよい…」

京介
ゴウカイザー 「怒りは本来の力を半減させる。学べよ…」
アトランティス 「満腹の獅子は、兎を狩らない…。貴様から学ぶものは何もないのさ」
かりん 「たち去れ!でないと、おれはキミを殺さなければならない」
不動丸 「貴様の闘気などクビラ一匹にも劣る!オン マリシェイ ソワカ!」
マリオン 「魂なき者に負けられん!オン ソバンバ シェダ ソワカ!」
シャイア 「おかしなオモチャだ。マコラ、お前なら気が合いそうだな…」
シェンロン 「試合がしたいなら町へ行け。リングに繋がれた犬が相手をしてくれる」
京介 「俺をかたったところで、集まってくるのは悪霊くらいだぞ」
スティンガー 「貴様の心にも『敗北』をきざんでやろう。噛みしめてみるんだな」
ブライガー 「貴様…そのカッコウで闘うというのか?ハズカシい男だ」
Pツインズ 「あと一人だ…。見ててくれ、姉さん…」
オーガ 「あえて言わせてもらうよ。サヨナラだ、兄さん…」

ヘルスティンガー
ゴウカイザー 「おっと、おきないほうがいい。次は本当に殺すよ」
アトランティス 「ダメダメ!キミのステップじゃカントリーがおにあいだな!」
かりん 「いいノリしてるじゃないの。いわゆるモンキーダンスってヤツ?」
不動丸 「ボクの世界じゃ、生きていけない人だね」
マリオン 「悪いけど、テクノは趣味じゃないんでね」
シャイア 「キミはアイドル、ボクはアーティストさ」
シェンロン 「だめだな、オジサン…。ノリが演歌だよ…」
京介 「キミの生き方には美しさがあった。それだけは認めよう」
スティンガー 「キミじゃダメだ。ボクにあこがれるきもちは解るけどね」
ブライダー 「『正義』なんてデタラメじゃあ、ボクには勝てないよ」
Pツインズ 「ハモってないよ、お二人さん!デュエットはコ・コ・ロ!」
オーガ 「なんだ、もう終わりかい?まだマツリはこれからなんだぜ!」

ブライダー
ゴウカイザー 「悪の力をもって正義を行う、それがこの俺、ブライガーだ!」
アトランティス 「正義はかならず勝つ!おぼえておくがいい!」
かりん 「なんてハズカシいカッコウだ…いや、オレも同じというわけか…」
不動丸 「ときめくな俺のココロ!当然の勝利なのだ!」
マリオン 「俺には、熱いちしおがながれているのだ!オマエとはちがう!」
シャイア 「何て美しい人だ…。しかし、俺には使命がある!許してくれ!」
シェンロン 「あきらめろ!この世に悪の栄えたためしは無い!」
京介 「俺の目を見ろ!正義の炎が見えるハズだ!」
スティンガー 「今までのキミは死んだ!これからはその力、正義のために使え!」
ブライダー 「センパイ!炎の特訓、ありがとうございました!」
Pツインズ 「あと一人だ!おうえんしてくれ、チビッコたち!」
オーガ 「そして今…また一つ悪が滅んだのだ!」

プラトニック・ツインズ
ゴウカイザー 「愛の力が最強なのだ!」「これでわかったでしょ!」
不動丸
シェンロン
ブライダー
アトランティス 「死が二人を分かつまで、俺たちは敗けん!」「うん、お兄ちゃん!」
かりん
マリオン
京介
シャイア 「よかったらサインを…」「おにーちゃんっ!」
スティンガー 「あのーサインください!」「す、鈴!お前―!」

オーガ
ゴウカイザー 「燃えつきてしまったか。はかなき炎の男よ」
アトランティス 「私に殺されるのだ。胸をはって、笑顔で逝くがいい」
マリオン
ブライガー
かりん 「神となった私に、わずかなりとも勝てると思ったか?」
不動丸 「死を恐れることはない。私との同化を意味するだけだ」
シャイア
シェンロン 「学ばぬな、轟一郎殿…。あのときの忘れ物だ。今こそ死を与えてやろう」
京介 「おまえだけはと思っていたのだが…。しょせんそこまでの男か」
スティンガー 「死とは甘美なもの。お前はいつもそう歌ってきたではないか…」
[PR]
by 7071sprw | 2008-01-22 00:12 | 格闘ゲーム | Comments(0)