カテゴリ:スーパーロボット大戦K( 15 )
オリジナル系
ミスト・レックス
援護攻撃
アンジェリカ 「突っ込むのは俺の役割だろ、アンジェリカ!」
        「ナイスサポート、アンジェリカ!」
シェルディア 「上手いぞ、シェルディア!でも、詰めが甘い!」
        「よく引きつけておいてくれた、シェルディア!」
甲児 「兜さん!出しゃばらせてもらいますよ!」
ゴオ 「猿渡さん!葵博士によろしくです!」
杏奈 「雑用係は雑用係らしく手伝いますよ!」
ダイヤ 「ダイヤ君は他の味方機のサポートに!」
剣児 「剣児君!俺もいるぞ!」
ゲイナー 「悪いな、ゲイナー君!スコアはもらうよ!」
ヴァン 「ヴァンさん、らしくないですよ!」
ルージ 「手伝うよ、ルージ君!」
チーフ 「チーフさんには余計なことかもしれないけど…!」
ロール 「ダンガイオーのみんな!ここは俺にやらせてくれ!」
キラ 「キラさんは先に!」
カガリ 「ちょっとは見直してくださいよ、アスハ代表!」
セレーネ 「博士は下がってください!」
一騎 「手を貸すよ、一騎君!」
攻撃
イスペイル(最終) 「一度追い詰めた相手なんだ!今度だって!」
           「イスペイル!俺はお前を絶対に許さない!」
ヴェリニー 「ベザードで会えなかった指揮官機…ここで!」
       「ヴェリニー!お前はここまでだ!」
       アンジェリカ「シェルディアのためにも、あいつを倒しましょう!」 「よし…!いくぞ、アンジェリカ!」アンジェリカルート)
       シェルディア「お前達が来なきゃベザードは…レムは…!」 「ダメだ、シェルディア!憎しみの心で戦っちゃ…!」(シェルディアルート)
ガズム 「どうやったらレムを助けられる…!?」(アンジェリカルート)
     「助けてやるからな…待ってろよ、レム!」 アンジェリカ「シェルディアを安心させてあげなきゃね!」(アンジェリカルート)
     「レムの体を返してもらうぞ、ガズム!」 アンジェリカ「レムちゃん…!もう少しの辛抱よ…!」(アンジェリカルート)
     「隊長…!何とか助けてみせる!」(シェルディアルート)
     「今助けます、隊長…!」 シェルディア「隊長さん…!待っててね…!」(シェルディアルート)
     「隊長の体を返せぇぇっ!!」 シェルディア「ミスト…!ボクも手伝うよ…!」(シェルディアルート)
ル=コボル 「隊長…!俺はあなたを…!」(アンジェリカルート)
       「アンジェリカ…隊長を攻撃するぞ…」 アンジェリカ「大丈夫よ、ミスト。私は覚悟を決めてるわ…!」
       「隊長、もしかしたら助けられないかも知れません…!」 アンジェリカ「許して、お父さん…!地球の未来を守るためなの…!」(アンジェリカルート)
       「レム…!すまない…!」(シェルディアルート)
       「シェルディア…レムを倒すぞ…」 シェルディア「ボクの事はいいよ…!もう、覚悟はできてるから…!」(シェルディアルート)
       「レム、もしかしたら…君を助けられないかも知れない…」 シェルディア「許してね、レム…地球の未来を守るためなんだ…!」(シェルディアルート)
       「レムの体を返してもらうぞ、ル=コボル!」 シェルディア「レム…!ボク達が助けてあげる…!」(シェルディアルート)
ル=コボル(最終) 「ル=コボル!2000年前の戦い、ここでケリをつけてやる!!」
           「ル=コボル…!ここでお前を消滅させてやる!」
           「いくぞ、アンジェリカ!俺達の心でル=コボルを倒す!」 アンジェリカ「ええ!これが最後の戦いよ!」(アンジェリカルート)
           「シェルディア!あいつを倒して、イディクスとの戦いに決着をつける!」 シェルディア「わかってる!いこう、ミスト!」(シェルディアルート)
イスペイル兵 「お前達のボスはどこだ!どこに隠れている!」
        「アトリームでの無念…ここで晴らさせてもらうっ!」
ヴェリニー兵 「ベザードの時のようにはいかない!」
        「今度こそ倒すさ…!お前達を!」

アンジェリカ・シャルティール
援護攻撃
ミスト 「もう…!私がいないとどうしようもないんだから!」
     「詰めが甘いわよ!しっかりしなさい、ミスト!」
シェルディア 「気を抜いちゃダメ!ミストからダメな所ばかり学ばない!」
        「型破りなのはいいけど。結果が伴わなけりゃダメよ、シェルディア!」
攻撃
イスペイル兵 「アトリームでの屈辱…晴らさせてもらうわ!」
        「あなた達だけは絶対に許さない!」
イスペイル 「お父さんの命を奪った侵略者…命に代えても倒してみせる!」
       「新しい故郷…地球まで…侵略されてたまるもんですか!」
ガズム 「ガズム!お父さんの体から出て行きなさい!」(シェルディアルート)
     「お父さん!私の声を聞いて!正気に戻って!お願い!」(シェルディアルート)
ル=コボル 「他の誰かに倒されるくらいなら…この私が倒すわ…お父さん!」(アンジェリカルート)
       「本当はお父さんを助けたい…でも今は、戦うしかないのよ!」(アンジェリカルート)

シェルディア・ルージュ
援護攻撃
ミスト 「ボクはもう一人前だからね!そこで見てて、ミスト!」
     「どうしたのさ、ミスト!また何か悩んでるの?」
アンジェリカ 「ごめんね、アンジェリカ!こいつはボクがやっつけるよ!」
        「ボクのやり方を見てなよ、アンジェリカ!」
攻撃
ヴェリニー 「お前らのせいで妹は…ボクの怒りを思い知れっ!」
       「ボクは地球を守るんだ…また侵略されてたまるかっ!」
ガズム 「ガズム!今すぐレムの体から出て行けっ!」(アンジェリカルート)
     「レム!ボクだよ!頼むから元のレムに戻って!」(アンジェリカルート)
ル=コボル 「他の誰かにやられるくらいなら…ボクがこの手で倒すよ…レム!」(シェルディアルート)
       「レム、ほんとは助けてあげたい…でも今は戦うしかないんだ!」(シェルディアルート)
ヴェリニー兵 「もう悲劇はたくさんだ!ボクは絶対負けないよ!」
        「ボクの怒りの一撃、受けてみろ!」
        「よくもベザードを…お前達、絶対に許さないぞ!」

イスペイル
攻撃
ミスト 「お前のような小僧にレヴリアスは乗りこなせん!」
     「アトリームの生き残りにこんな偏狭で再会するとはな…」
     「レヴリアス…何とか生け捕りにしたいのだがな…」

ヴェリニー
攻撃
ミスト 「イスペイルが敗れたという力…見せてみなさい!」
     「イスペイルの仇を取りたいわけじゃないけど、バラバラにしてやるよ!」
     「何が合体ロボットよ!今すぐバラしてやるわ!」
     「合体したからって勝てると思ったら大間違いよ!」

ガズム
攻撃
ミスト 「レヴリアス!貴様だけはこの手で倒す!」
     「レヴリアスも憑代も…まとめて手に入れてやる…」
     「イスペイル、ヴェリニー…お前達の無念は私が晴らす!」
     「なるほど、イスペイルがレヴリアスを欲しがるわけだ…」
アンジェリカ 「ル=コボル様の命令だ…お前を生け捕りにする!」(シェルディアルート)
        「父親に攻撃されるのはどんな気分かね…?」(シェルディアルート)
        「お前を殺すわけにはいかん。死なない程度にいたぶってやる…」(シェルディアルート)
シェルディア 「ル=コボル様の命令だ…お前を生け捕りにする!」(アンジェリカルート)
        「妹に攻撃されるのはどんな気分かね…?」(アンジェリカルート)
        「お前を殺すわけにはいかん。死なない程度にいたぶってやる…」(アンジェリカルート)

ル=コボル
攻撃
ミスト 「ミストよ…おとなしく私に倒されろ!」(アンジェリカルート)
     「上官に逆らうつもりか?馬鹿め…」(アンジェリカルート)
     「そこでじっとしてて、お兄ちゃん。痛いのは少しだけだから…!」(シェルディアルート)
     「ミスト兄ちゃん!私がやっつけてあげる!」(シェルディアルート)
     「お前達のような未熟者に…その機体の真の力は引き出せん!」
     「クリスタル・ハート…忌々しい存在め!」
     「クリスタル・ハートをえぐり取って…にぎり潰してやるぞ!」
     「ソルヴリアス・レックス…お前だけは絶対に叩き潰す!」
     「ソルヴリアス・レギーナ…お前だけは絶対に叩き潰す!」
     「お前はもはや無力なのだ!ソルヴリアス・レックス!」
     「お前はもはや無力なのだ!ソルヴリアス・レギーナ!」
アンジェリカ 「お前は私が始末してやる。それが父の最後の優しさだ…」(アンジェリカルート)
        「アンジェリカよ!父の手にかかって滅するがいい!」(アンジェリカルート)
シェルディア 「かわいい妹の攻撃…避けたりしないよね?」(シェルディアルート)
        「お姉ちゃん、ごめんね…ちょっと痛いかもしれないよ…」(シェルディアルート)

ル=コボル(最終)
攻撃
ミスト 「我らが力は不完全…だが、クリスタル・ハート2基程度、一瞬の内に滅ぼしてくれる!」
     「貴様らだけがクリスタル・ハートを持っていたところで、意味はない…!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:48 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
神魂合体ゴーダンナー!!
猿渡ゴオ
援護攻撃
杏奈 「杏奈、下がれ!」
    「いいぞ、杏奈!」
静流 「静流、後は俺がやる!」
    「すまねえ静流、見せ場もらうわ!」
光司 「ツメが甘いぞ!光司!」
    「光司、代われ!俺がやる!」
ルウ 「もう充分だ!ルウ!」
    「ルウ、無理すんな!」
ミラ 「ミラ、流石だな!」
    「援護するぞ、ミラ!」
剣 「ふん、剣、甘いぜ!」
   「その腕は認めるぜ、剣!」
攻撃
マックス 「なんとかマックスの動きを止めなければ!」
      「俺がマックスを止めてやる!」
      「くそっ!マックスと戦うしかないのか!」
剣 「行くぞ!メナージュ・ゼロ!」
   「メナージュ・ゼロ、貴様を破壊する!」
   「行くぞ!ブレイドガイナー!」(第30話)
   「ブレイドガイナー!ルウを返してもらうぞ!」(第30話)
   「ブレイドガイナー!今度こそ俺はお前を倒してみせる!」(第30話)
回避
マックス 「やめろ!マックス!」
      「頼むマックス、もうやめてくれ!」

猿渡杏奈
援護攻撃
ゴオ 「お待たせ、ゴオちん!」
    「あ・うんの呼吸ってやつね、ゴオちん!」
静流 「静流さんの作ってくれた隙を突けば!」
    「静流さんとのコンビネーションも練習したんだから!」
光司 「光司さんの後に続くわ!」
    「光司さん、任せて!」
ルウ 「ルウだけじゃ終わらないわよ!」
    「ルウ、無理しないで、後はあたしが!」
ミラ 「アンナ・ミラーズ行くわよ!」
    「ミラさん、任して!」
剣 「援護は任せてください、剣さん!」
   「剣さん、援護します!」

藤村静流
援護攻撃
ゴオ 「私の戦い…見ててよね、ゴオ!」
    「ゴオ、帰ったらおごってもらうわよ!」
杏奈 「杏奈ちゃんと束になって戦えば!!」
    「杏奈ちゃん、下がって!さあ、あなたの相手は私よ!」
光司 「光司、相変わらず、ヘタレ満開ね!」
    「光司、あんたにしては上出来、褒めてあげるわ!」
ルウ 「ルウ、私に任せて!」
    「ルウ、お待たせ!飛んで来たわよ!」
ミラ 「ミラ、ここは私がなんとかするわ!」
    「私に出番がまわってくるなんて…。かなり苦戦しているようね、ミラ!」
剣 「ブレイドガイナーらしくないわね!」
   「ブレイドガイナーのサポートにまわるわっ!!」

光司鉄也
援護攻撃
ゴオ 「猿渡さん、援護は任せてください!」
    「さすが猿渡さん、いいタイミングです!」
杏奈 「ナイス!杏奈ちゃん!」
    「杏奈ちゃん、OKです!」
静流 「静流さんとの呼吸ピッタシ!」
    「静流さんとの愛の連携をくらえ!」
ルウ 「ルウちゃんは囮…こっちが本命だ!」
    「ルウちゃん、素質あるっスよ!」
ミラ 「ミラさんの援護に入れるなんて、超光栄です!」
    「ミラさん、完璧です!」
剣 「剣に続くぜ!」
   「剣の意思は俺が引き継ぐ!」
攻撃
ゴオ 「勝負だっ!猿渡ゴオ!!」

ルウ・ルー
援護攻撃
ゴオ 「ゴオ、私も戦う!」
    「見てて、ゴオの役にたってみせるわ!」
杏奈 「杏奈、まかせて!」
    「私だってちゃんとできるでしょ、杏奈!」
静流 「静流に続くわ!」
    「静流、トドメは私にやらせて!」
光司 「やっぱり光司じゃ無理だったみたいね!」
    「甘いわよ、光司!」
ミラ 「ミラとの連携だってうまくできるわ!」
    「ミラ、援護に入るわ!」
剣 「剣との連携は完璧よ!」
   「剣と一緒なら戦える!」
攻撃
擬態獣 「許さない…絶対お前達を許さない!!」
     「お父さんの仇!」
     「擬態獣は全て私が倒してやるんだから!」

マックス・ジュニア
攻撃
ゴオ 「ゴオ、お前はミラを裏切った!」
    「ゴオ、あの時お前さえいなければ!」
    「ゴオ、お前はまた俺からミラを奪うつもりか!」
    「ゴオ、お前のせいだ!お前のせいでミラは!」
被ダメージ
ゴオ 「ゴオ、お前はまた俺からミラを奪うつもりか!」
    「ゴオ、お前のせいだ!お前のせいでミラは!」
    「ゴオ、お前はミラを裏切った!」
    「ゴオ、あの時お前さえいなければ!」
回避
ゴオ 「ゴオ、お前はミラを裏切った!」
    「ゴオ、お前はまた俺からミラを奪うつもりか!」
    「ゴオ、あの時お前さえいなければ!」
    「ゴオ、お前のせいだ!お前のせいでミラは!」


援護攻撃
ルウ 「ルウ、腕を上げたな!」
    「ルウ!後は俺が引き受ける!!」
    「まだまだ未熟だな、ルウ」
攻撃
擬態獣 「俺はこの日を待っていた!」
     「貴様がローザの仇かっ!」

ミラ・アッカーマン
援護攻撃
ゴオ 「ゴオ、サポートは任せて!」
    「ゴオ、あの頃を思い出すわね!」
杏奈 「杏奈ちゃん、私が行くわ!」
    「アンナ・ミラーズの連携をかわせるかしら!」
静流 「静流、譲ってくれてありがとう!」
    「さすが静流ね!」
光司 「私がなんとかするから、光司は下がって!」
    「光司、いい間合よ!」
ルウ 「ルウちゃん、手伝うわ!」
    「ルウちゃん、ここは任せて!」
剣 「剣の力を利用すれば!」
   「剣に続くわ!」
攻撃
ゴオ 「ごめんなさい…ゴオを殺して私も死ぬわ!」
    「私はゴオと死ぬわ、ゴオと一緒に5年前のあの日に帰るのよ!」

猿渡ゴオ(ラピッド
攻撃
杏奈 「杏奈…俺を殺してくれ!」
被ダメージ
杏奈 「杏奈…俺を殺してくれ!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:47 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
マジンガーZ
兜甲児
援護攻撃
さやか 「さやかさん、後は俺がやるぜ!」
     「さやかさん、後は俺に任せなって!」
     「へへっ!さやかさんだけじゃないぜ!」
ボス 「ボス、何モタモタしてんだよ!」
    「ボス!こいつは貸しにしといてやる!」

弓さやか
援護攻撃
甲児 「安心して、甲児君!後は私が戦うわ!」
    「甲児君、次は私がやってみるわ!」
ボス 「うまくいったわね、ボス!」
    「ボス、わたしも手伝うわ!」

ボス
援護攻撃
甲児 「兜!やっぱり俺様が必要だろ!?」
    「兜ぉ、安心しろ!俺が来たからには、奴は倒してやるぜ!」
さやか 「さやか、俺もやるぜ!」
     「さやかを助けるのは俺様の役目だぜ!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:47 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
ツワブキ・ダイヤ
援護攻撃
リー 「リーさん、後は任せてくれ!」
    「待たせたなぁ、リーさん!」
ピュリア 「ピュリア!詰めが甘いんじゃねぇの?」
      「大空魔竜の撃墜王も仕留め損なうんだな!」
ヤンマ 「みんな!大丈夫か!?」
     「三人ともやるじゃんか!」
ディック 「バッドラック!…なんちゃって!」
      「ディックが仕留め損なうなんて珍しいな」
ノーザ 「ライキングとガイキングの連携攻撃だぜ!」
     「お前って味方だと本当に心強いよな!」
ヴェスターヌ 「リーさんじゃなくて悪いんだけどチャンスは逃がさねぇ!」
        「ヴェスターヌ!的にされるぞ!」
ケイン 「ケイン!あまり無茶するなよ!」
     「ケイン!後は任せろ!」
攻撃
ノーザ 「俺はお前を超えてみせる!」
     「何でだ…?怖ぇのにワクワクしやがる…!」
     「スゲェ殺気だ…!」
プロイスト 「テメェだけは許さねぇぞ!プロイスト!」
       「俺たちが相手だ!プロイスト!」
       「プロイスト!お前を地上に行かせない!」
ダリウス軍 「母さんのいる地上を好きにさせてたまるかぁぁぁっ!!」
       「地上侵略なんてさせねぇ!!」
       「お前達のせいで父さんが…!」
擬態獣 「擬態獣も魔獣も戦い方は変わんねぇぜ!」
カシマル 「ダイヤ、ダイヤってうるせえな!」
被ダメージ
ノーザ 「ノーザの奴、また強くなってやがる!」
プロイスト 「こいつだけには…負けるわけにはいかねぇんだよ!」
       「まだだ!お前を倒して父さんと帰るまでは負けらんねぇ!!」

キャプテン・ガリス
攻撃
ノーザ 「厄介な奴が現れたな…!」
     「ダイヤに手は出させん!」
     「くっ…!ノーザか!?」
プロイスト 「この悪魔め…!!」
       「プロイスト!貴様だけはこの手で…!」
       「貴様が全ての元凶…必ず仕留める!」
ダリウス軍 「大空魔竜はお前たちを止めるために存在している!」
       「やはり間違っている…今のダリウス大帝のやり方は!」
       「言ったはずだ!地上侵攻などさせんと…!」

ルル・アージェス
プロイスト 「よくもお母さんを…!」 ローサ「落ち着きなさい、ルル!」
       「止めなきゃ!大空魔竜の総力を尽くして!」
       「大空魔竜クルー全員の炎の力で、あなたを倒して見せます!」
ダリウス軍 「地上侵攻なんてさせない!」
       「戦い方次第で大空魔竜にも勝機はあります!」
       「お父さんの想い…私が受け継ぐ!!」
       「私にもお母さんからもらった赤い炎がある!」

リー・ジェンシン
援護攻撃
ダイヤ 「大丈夫か!?ダイヤ!」
     「しっかりしろ、ダイヤ!お前は俺とは違うんだ!」
ピュリア 「ピュリア!ここは俺に任せろ!」
      「突っ込みすぎなんだよ…チミは!」
ヤンマ 「3人共!あんまり無茶すんな!」
     「さすが1.5人前ってとこか!」
ディック 「お前のバックアップもやぶさかじゃないさ」
      「ディック!俺の分もとっとけよ!」
ノーザ 「さすがダリウスナイト様々ってことみたいね…」
     「あんたほんとにお強いねぇ…!」
ヴェスターヌ 「美人の頼みとあっちゃ!」
        「ヴェスターヌ!大丈夫か!?」
ケイン 「あんたも苦労してるよな…」
攻撃
プロイスト 「お前を見過ごすわけにはいかないんでね!」
       「この悪魔めっ!」
ヴェスターヌ 「君の信じた道に、俺たちが立ち塞がってるわけね!」
        「俺にも信じた道があるんでね!」
        「あんたとは戦場で再会したくなかったんだけどねぇ!」
魔獣ドメガ 「お前にはもう負けないと誓ったんでね!」
       「あ…あれは!!」

ピュリア・リチャードソン
援護攻撃
ダイヤ 「ダイヤ!こっちは引き受けた!」
     「しょうがねぇ、馬鹿ダイヤに付き合ってやるか!」
リー 「何やってんだよ、リー!」
    「リー!美味しい所はアタシがもらうよ!」
ヤンマ 「姉御としてフォローくらいしてやるよ!」
     「何だぁ!だらしねえな、お前ら」
ディック 「おい死神!後はアタシに任せな!」
      「お前と組むのは気が進まないけどっ!!」
ノーザ 「ディックと一緒でお前も気に食わないけど…!」
ヴェスターヌ 「さすがリーの見込んだ軍人さんだね!」
ケイン 「ケイン!下がってくれ、後はアタシがやる!!」
攻撃
プロイスト 「お前を倒せば…!!」
       「この元凶めぇっ!!」
       「胸くそ悪いヤローだ!」
ダリウス軍 「この地上とダリウスの争いは、アタシ達が終わらせてみせる!」
       「元はといえば、お前たちが仕掛けてきたせいで!」

ヤンマ
援護攻撃
ダイヤ 「ダイヤの兄貴、大丈夫ですかい?」
     ハッチョ「兄貴!手柄もらっちゃいますぜ!」 ブビィ「おぉー!」
リー 「リーのダンナ、後方支援は任せてくだせぇ!」
    ハッチョ「リー、トドメは俺達がしといてやるよ!」 ブビィ「うんうん…!」
ピュリア ブビィ「姉御の敵は俺たちの敵!」 ハッチョ「良い事言うぜ、ブビィ!」
      「姉御には俺達がついてますぜ!」
ディック ブビィ「キルジャガーの食べ残しにありついてるみたい…」 「何言ってんだ、作戦さ、作戦!」
      ハッチョ「ディック、助けてやるよ!」 ブビィ「やるよ!」
ノーザ 「え、え、援護に入るっす!」 ハッチョ「味方にビビってどうすんだよ!」
ヴェスターヌ 「フッ…助けてやんよ!」 ブビィ「それ、リーのマネ?」 「う、うるせぇ!」
ケイン ハッチョ「おい、新入り!助けてやるよ!」 「だから俺たちの事は兄貴って呼ぶっすよ!」
攻撃
ノーザ 「ダイヤの兄貴が相手をするまでもないっす!」 ブビィ「うんうん…!」
     「ダイヤ兄貴と戦いたいなら、あっしらを倒してからにするっす!」 ハッチョ「大丈夫かよ、そんなこと言って…」
プロイスト ブビィ「……」 「やる前からビビってどうする!!」
       「大物がかかったっす!」 ブビィ「カニに食いついたぁ!」 ハッチョ「笑えねぇ…」
       ブビィ「ねぇ、ダイヤの兄貴に任せようよぉ!」 ハッチョ「バカ!俺たちが倒せば大手柄じゃねえか!」
ダリウス軍 「いい思い出はないけれど…」 ハッチョ「俺達の世界はやらせねえ!」
       「あっしらの胸の炎の力、受けてみるっす!」

ディック・アルカイン
援護攻撃
ダイヤ 「ほんとミスターと付き合ってると退屈しないですむ!」
     「後は任せな!ミスターガイキング!」
リー 「リーダー殿に合わせてやるよ!」
    「アンタが撃ちもらしとはね…」
ピュリア 「ピュリア!後は俺がやる!」
      「援護は、アリだろ?」
ヤンマ 「俺の足を引っ張ってくれるなよ!」
     「お前らにしちゃ頑張ったじゃねぇか」
ノーザ 「悪いな、獲物は貰うぜ!」
ヴェスターヌ 「ノロマな魔竜は下がってろ!」
ケイン 「天空魔竜か…、後は任せな!」
攻撃
ノーザ 「アンタはオレにどんなスリルをくれる…?」
     「アンタの相手はこの俺だろ?」
プロイスト 「俺の女神に指一本触れさせるかよ!」
       「貴様がどんなに強くて強大でも…、今日は負ける気がしないぜ!」
       「とんだ大物がかかりやがった…!」

サスページ
攻撃
ゴオ 「出ましたね、地上製の炎の巨人!!」
    「ムカつきますね…あなたのその炎も!!」
ダイヤ 「いくら炎の巨人といえど…!!」
     「でましたね…!ガイキング!!」
     「バルキングをガイキングと一緒と思うなよ!」(最終)
ガリス 「大空魔竜、今日こそ沈めてやる!」
     「忌々しい大空魔竜を沈めれば、いずれは僕が大帝に…!」

ノーザ
援護攻撃
ダイヤ 「ダイヤ!貴様と共に戦う事になるとはな!」
     「貴様にツワブキ・ダイヤはやらせん!!」
リー 「バルキングの足では追いきれんだろう!」
    「バルキングが堕としきれない奴か、おもしろい!」
ピュリア 「撃墜王というのは名前だけか?」
ヤンマ 「貴様ら!戦い方がまるでなってないぞ!」
ディック 「ディックとか言ったか、手を貸してやろう!」
ヴェスターヌ 「ヴェスターヌ!下がれ、後は俺がやる!」
        「ヴェスターヌ!後は任せておけ…!」
ケイン 「ケイン、俺の戦い方を見せてやろう!」
攻撃
ダイヤ 「いいぞぉ…最高だ!」 「炎の巨人に選ばれただけの事はある!」
     「ダイヤ!もっと俺を楽しませろ!!」
     「勝ち逃げなど許さんぞ…!」 「ツワブキ・ダイヤァァァーッ!!」(第11話以降)
     「このバレオンならばガイキングとて敵ではない!」(第11話以降)
     「フェイスオープンしたところで、このスピードにはついてこれまい!」(第30話)
ガリス 「ガリス、貴様への死刑を執行してやろう!」
     「俺の前に再び現れたことを後悔するんだな!」
     「ガリス!俺から逃げられると思っているのか!?」
リー ピュリア ヤンマ 「大空魔竜の艦載機の分際で…!」
             「貴様ら艦載機ごとき興味がないわ!」
             「艦載機など…これで十分だ!」
ディック 「地上人にも活きのいい奴がいるじゃないか…!」
      「貴様は他のザコどもより面白そうだ…!」
プロイスト 「俺は貴様の部品などには成りさがらんぞぉぉぉ!」
       「今すぐその下品な笑い声を止めてやるぜ…!」
       「貴様がダリウス大帝など、絶対に認めん…!!」
ニキータ 「貴様が俺の後釜か…!」
      「所詮、お前はプロイストのパーツだろうが!」
ダリウス軍 「プロイストの言いなりのコマごとき!」
       「貴様、それでもダリウス軍人か…!!」
被ダメージ
ダイヤ 「期待外れだな…ガイキング!」
     「当てるので精一杯か?ダイヤァァァ!」
     「それでこそガイキングよ!」
     「やはりオレの選んだ宿敵に間違いはなかった!」(第11話以降)
     「貴様を倒すまでは俺は死なん!!」
     「なぜだ!俺と奴の差は一体何なんだっ!?」(第11話以降)
回避 
ダイヤ 「ツワブキ・ダイヤァ!!貴様の力はその程度か!」
     「俺をがっかりさせるな!ガイキング!」
プロイスト 「どうしたプロイスト、俺はここだぞ!」

ヴェスターヌ
攻撃
ダイヤ 「今日こそ沈めさせてもらうぞ、ガイキング!」
     「偉大なるダリウス大帝のために…ガイキングは必ず仕留める!」
ルル 「鉄獣兵団の威信にかけて、大空魔竜はここで沈める!!」
    「大空魔竜は我が鉄獣兵団が仕留める!!」
リー 「何故だ、何故私はこの男に…!!」
    「私は…私の信じた道をゆく…!!」
プロイスト 「貴様、ダリウスの民を何だと思っている!」
       「ダリウス人の風上にもおけん!」
バニシューム 「プロイストのコマが私に何の用だ!!」
        「新たな西方将軍か…!」
ダリウス軍 「くっ…許せ…!」
       「これのどこがダリウスのためになると言うのだ!」


プロイスト

攻撃
ダイヤ 「ガイキングなど、この私が…」
     「ガイキング…、その命貰い受けよう…」
ガリス 「ガリス…、逃げられると思っているのか…」
     「今までと同じようにはいかない…」

次大帝プロイスト
攻撃
ダイヤ 「貴方の首を持ち帰れば、きっとお父さまもお喜び下さる」
     「ガイキングの小僧!覚悟はいいだろうなぁぁぁーっ!!」
     「ザコがいくら合体したところで、俺の勝利は揺るがねぇ!」
     「よくも…よくも、よくも、よくもぉぉぉーっ!!」(最終)
     「貴方たち親子は…絶対に許しませんわ!!」(最終)
ガリス 「お父様を裏切っただけでなく、地上人の女と…!」 「簡単に殺すと思うなよ!キャハハハハ…!」
     「覚悟はいいかしら?」 「ガリス!これがテメェへの罰だぁぁぁっ!!」
     「バルキングの恐ろしさ…あなたはよくご存知でしょ?」
ルル 「ルル…呪われた子…」 「ガリス同様、あなたにも罰が必要ですわね」
    「母親の所に送って差し上げますわ」 「あの世になぁぁぁっ!キャハハハハ…!」
リー 「あなたね…ヴェスターヌをたぶらかした地上人は…」 「地獄に落ちやがれぇぇぇーっ!!」
    「よくもわたくしのヴェスターヌを…!」 「死をもって償いやがれぇぇぇーっ!!」
ディック 「口の悪い子は嫌いじゃありませんわ…」
      「残念ですわ、良いお友達になれると思いましたのに…」
ノーザ 「もうお前に部品の価値はねぇ!」 「フフフッ…生ゴミに戻して差し上げますわ!」
     「貴方こそ愚か者の象徴よ!ノーザ!」
     「ノーザ…貴方という子は…」 「俺に刃向かったこと、後悔させてやるぜ!」
ヴェスターヌ 「残念ですわ…」 「せめてわたくしの手で、葬って差し上げますわ」
        「ヴェスターヌ…美しい人…」 「だがっ!テメェも俺を裏切った!」

ケイン
攻撃
ダイヤ 「赤き炎の巨人…勝負!!」
     「ノーザ様には申し訳ないが!!」
ガリス 「大空魔竜は必ず仕留める!!」
     「逃がしませんよ、大空魔竜!」
プロイスト 「ノーザ様の定めた敵は私にとっても!!」
       「ダリウス全ての民のためにも!!」
       「たとえ相手が皇族であろうと!!」
被ダメージ
ダイヤ 「なるほど…ノーザ様が目をつけるわけだ…!」

ヒガント
攻撃
ダイヤ 「ほぅ…赤い炎の乗り手か」
     「反逆者共の象徴ガイキング、葬ってやろう!」
ルル 「大空魔竜、これ以上プロイスト様の邪魔はさせん!」
リー 「バルキングか…おもしろい!」
    「バルキングはプロイスト様の物だ!返して貰う!」
ノーザ 「貴様もプロイスト様の生体パーツだろう!」
     「出来損ないめ!」
ケイン 「付く者を間違えたようだな!」
     「ノーザン・ファイブ・ナイトも落ちたものだな!」

バニシューム
攻撃
ダイヤ 「ほぅ…赤い炎の乗り手か」
     「反逆者共の象徴ガイキング、葬ってやろう!」
ルル 「大空魔竜、これ以上プロイスト様の邪魔はさせん!」
リー 「バルキングはプロイスト様の物だ!返して貰う!」
    「バルキングか…おもしろい!」
ノーザ 「出来損ないめ!」
     「貴様もプロイスト様の生体パーツだろう!」
ケイン 「付く者を間違えたようだな!」
     「ノーザン・ファイブ・ナイトも落ちたものだな!」

テルミナ
攻撃
ダイヤ 「忌々しいガイキングめ!」
     「反逆者共の象徴ガイキング、葬ってやる!」
ルル 「呪われた子よ、報いを受けるがいい!」
リー 「バルキングはプロイスト様の物だ!返して貰う!」
    「バルキングか…おもしろい!」
ノーザ 「貴様もプロイスト様の生体パーツだろう!」
     「出来損ないめ!」
ヴェスターヌ 「地上人と馴れ合うなど…!」
        「プロイスト様のご寵愛を賜りながら…!」
ケイン 「付く者を間違えたようですね!」
     「ノーザン・ファイブ・ナイトも落ちたものですね!」

ニキータ
攻撃
ダイヤ 「へぇ…赤い炎の乗り手か?」
     「反逆者共の象徴ガイキング、葬ってやる!」
ルル 「呪われた子よ、報いを受けるがいい!」
リー 「バルキングはプロイスト様の物だ!返して貰う!」
    「バルキングか…おもしろい!」
ノーザ 「貴様もプロイスト様の生体パーツだろう!」
     「出来損ないめ!」
ヴェスターヌ 「地上人と馴れ合うなど…!」
        「プロイスト様のご寵愛を賜りながら…!」
ケイン 「ノーザン・ファイブ・ナイトへ戻る気はない?」
     「付く者を間違えたようですね!」

ドロイド兵
攻撃
ゴオ 「ここにも炎の巨人が…!」
ダイヤ 「反逆者の象徴…ガイキングさえ倒せば!」
ガリス 「大空魔竜を堕とせば、地上侵攻もたやすくなる!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:46 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
鋼鉄神ジーグ
草薙 剣児
援護攻撃
鏡 「鏡、わりぃが、おいしいところはいただくぜ!」
   「さすが鏡、いいタイミングだぜ!」
柳生 「柳生隊長の前で活躍したら、もしかして…!」
    「柳生隊長のおかげで隙ができた!」
磁偉倶 「同じジーグ同士、俺も負けてらんねえぜ!」
     「宙さん、援護は任せな!」
美和 「婆ちゃん、50年経っても腕はなまっちゃいないようだな!」
    「婆ちゃん、ここは俺に任してくれ!」
攻撃
妃魅禍 「妃魅禍、てめえをのさばらせておく訳にはいかねえんだよ!」
     「妃魅禍、これで終わりだっ!」
     「妃魅禍!てめえだけは、ゆるさねえっ!」
邪馬大王国 「邪馬大王国め、俺が相手になってやる!」
       「俺がこの手で邪馬大王国を全滅させてやる!」
ハニワ幻神 「俺が土に還してやるぜ、ハニワ幻神!」
       「かかってきやがれ!ハニワ幻神!」

美角 鏡
援護攻撃
剣児 「剣児、ツメが甘いぞ!」
    「剣児、交代だ!」
    「剣児、油断するな!」
    「剣児、後は任せろ!」
    つばき「バカ剣児をフォローできるのは私だけね!」
    つばき「こら、エロ剣児、どきなさい!」
    つばき「ビッグシューターとジーグは一心同体なんだから!」
    つばき「剣児、後は任せて!」
柳生 「ビルドエンジェルとの連携ならば!」
    つばき「柳生隊長とのコンビネーションは抜群よ!」
磁偉倶 「さすがだな、動きに無駄がない!」
     つばき「宙さんに遅れないようにしなきゃ!」
美和 「司令に続く!」
    つばき「お婆さまに無理はさせない!」
攻撃
妃魅禍 「妃魅禍、今日こそ貴様を倒す!」
     「妃魅禍、ここで決着を付けよう!」
     「そこまでだ妃魅禍っ!」

磁偉倶
援護攻撃
剣児 「剣児が作った隙を突く!」
    「剣児だけで終わったと思うなよ!」
鏡 「鏡、お前だけにいいカッコさせるかよ!」
   「鏡、トドメは任せろ!」
柳生 「ビルドエンジェルに続く!」
    「相変わらずいい腕だ!」
美和 「ミッチー、援護するぜ!」
    「ミッチーとのコンビは最高だぜ!」
    「ミッチーとの息はピッタリだぜっ!」
    「俺とミッチーは常に一緒さ!」
    「ミッチー、待たせたな!」
攻撃
邪魔大王国 「邪魔大王国、今度こそ俺が滅ぼしてやるっ!!」
       「邪魔大王国、貴様たちこそ全滅だっ!!」
ハニワ幻神 「行くぞ!ハニワ幻神!」
       「ハニワ幻神ども、くたばれっ!」
妃魅禍 「妃魅禍、貴様が何度蘇ろうとも俺が封印してやるぜっ!!」
     「妃魅禍、今日が貴様の命日だっ!!」

珠城 美和
援護攻撃
剣児 「さすがは剣児ですね!」
鏡 「鏡に続きます!」
柳生 「柳生隊長、援護は私が!」
磁偉倶 「宙さん、50年前を思い出すわ!」
     「宙さんと一緒なら戦える!」
     「宙さんと私ならできる!」
     「援護するわ、宙さん!」
     「宙さん、私に任せて!」
攻撃
妃魅禍 「妃魅禍、今度こそあなたを倒します!」
     「妃魅禍、永遠の眠りにつきなさい!」

壱鬼馬
攻撃
剣児 「ジーグ、貴様だけは何としても!」
    「我々の標的はジーグの首一つ」
    「ジーグ、今度こそ貴様の最期だ!」
磁偉倶 「磁偉倶、今度こそ貴様の最期だっ!」
     「磁偉倶、貴様だけは何としても!」
     「我々の標的は磁偉倶の首一つ」

阿麿疎
攻撃
剣児 「ジーグ、貴様は終わりだぁぁぁーっ!!」
    「ジ、ジ、ジ、ジーグ!死ねぇぇぇーっ!!」
    「ジーグめ、くたばれぇぇぇっ!!」
磁偉倶 「磁偉倶、貴様は終わりだぁぁぁーっ!!」
     「ジ、ジ、ジ、磁偉倶!死ねぇぇぇーっ!!」
     「磁偉倶め、くたばれぇぇぇっ!!」

妃魅禍
攻撃
剣児 「ジーグめ、今日こそ引導を渡してくれる!」
    「忌々しいジーグめ、ここで永久の眠りにつくがいい!」
    「ジーグ、今日こそ決着をつけようぞ!」
磁偉倶 「磁偉倶、今日こそ決着を付けようぞ!」
     「司馬宙よ…積年の恨み、今ここで晴らしてくれる!」
     「さあ苦しむがよい、司馬宙!」
     「磁偉倶め、今日こそ引導を渡してくれる!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:44 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
OVERMAN キングゲイナー・1
ゲイナー・サンガ
援護攻撃
ゲイン 「詐欺みたいな戦い方ですね、ゲインさん!」
     「ゲインが仕留め切れなかった!?なら!」(第26話以降)
サラ 「サラさん!そりゃ無茶ってもんだ!」
    「サラ一人の手に負える相手じゃない!」(第26話以降)
ガウリ 「ガウリさんに続きます!」
ベロー 「手伝うぞ、ベロー!」
アデット 「教師なんだから、生徒の手本になってください!」
シンシア 「シンシアの手伝いなら、いつでもしてやるさ!」
攻撃
シベ鉄系 「シベ鉄がっ!!」
      「シベ鉄が頭を使うのかっ!」
      「僕らはシベ鉄のために生きてるんじゃない!」
セント・レーガン系 「何でこんな所まで来るんです!セント・レーガンの人は!」
           「正式な命令も来てないでしょうに、おかしいですよ!」
アンダーゴレーム 「仏像オーバーマン!行くぞ!」
          「肩こりも治せるオーバースキルなんてぇっ!」
ドミネーター 「変形に惑わされちゃダメだ!ワンポイント攻撃でいく!」
ヤッサバ 「お前が時を止めるなら、キングゲイナーで止め返せばいい!」
シンシア 「癇癪持ちに殺されたくは…ないっ!!」
      「シンシアから、戦う道具を奪わなくっちゃ!」
      「シンシア!?やめろーっ!!」
オーバーマン 「オーバーマンの相手は、オーバーマンがするっ!」
        「こっちだってキングゲイナーだ!オーバーマン相手でも!」
        「性懲りもなく出てくる!セント・レーガンのオーバーマンって奴は!」
オーバーデビル 「オーバーデビルくらい超えられなければ、キングじゃない!」(オーバーヒート時)
         「この音響、歌のように聞こえるけど…!」
         「全てを凍らせるからって、限界を超えてみせれば!」
         「こっちの動作が遅い!?あいつからの機動干渉か!!」
オーバーデビル ブリュンヒルデ 「怪物か恐竜にしか見えないものか…!」
                 「あれが伝説のオーバーマンだというのなら…!」
被ダメージ 
シンシア 「ぐあっ!シンシアのおもちゃにされてる!?」
      「痛めつけは趣味が悪いぞ!シンシアっ!」
      「た、戦いは遊びじゃないよ、シンシア!」
      「何て大胆で繊細な攻撃なんだ、シンシア!」
      「やめるんだ、シンシア!勝負ならゲームですればいい!」
シベ鉄系 「くっ!シベ鉄の罠にハマったの!?」
      「シベリア鉄道が悪あがきをっ!」
      「鉄道公社の大人がやることかっ!?」
      「やる事が汚いぞ!シベ鉄!」
      「シベ鉄にだけは負けたくない!絶対嫌だ!」
セント・レーガン 「いけるぞ!中央の仕様がこの環境にアジャストしてないみたいだ!」
          「何だ!?シベ鉄のとわけが違うぞ!」
          「機体性能のせいか!?実戦経験は少なそうなのに…!」
シルエット・マシン 「わあっ!シルエット・マシンだと思って油断した!」
オーバーマン 「攻撃能力の低いオーバーマンなのか?助かるけど!」
        「向こうのオーバースキルに押されてる!?」
        「くそっ!オーバーマン相手なら負けないはずなのに!」
        「オーバーマン相手に負けたら、シンシアに怒られちゃう!」
        「こっちにだってオーバースキルはある!まだ負けちゃいないぞ!」
オーバーデビル 「一度はミイヤが封印してるんだ!絶望する相手じゃない!」
         「ぐっ!どう…なってるんだ…?寒い…?」
         「こんなのがオーバースキルだなんて!氷の悪魔だ!」
         「フォトンマットリングまでオーバーフリーズさせてくるなんて!」
回避
シンシア 「シンシア!言い訳をさせてくれ!」
      「僕らは戦う事はないんだ!シンシア!」
シベ鉄系 「怠け者のシベ鉄なんかにっ!」
セント・レーガン 「セント・レーガンだって、キングゲイナーには!」
シルエット・マシン 「そんなシルエット・マシンに後れを取るものか!」
オーバーマン 「当たらなければ、どんなオーバーマンの攻撃だって!」
        「向こうのオーバースキルに押されてる!?」
オーバーデビル 「寒気がする…!なら、当たるわけにはいかないってことだ!」
         「オーバーデビルの攻撃…当たるわけには…!」

ゲイン・ビジョウ
援護攻撃
ゲイナー 「ゲイナー君!よく誘い出してくれた!」
      「やるじゃないか、青少年!」
      「ゲイナー、こっちは任せろ!」(第26話以降)
サラ 「可愛い女性は放っておけんさ!」
ガウリ 「さすがヤーパンニンポーだ!こっちも負けてられんな!」
ベロー 「ベロー君!君は退がったほうがいい!」
アデット 「課外授業、ご苦労さん!」
攻撃
アスハム 「アスハム!俺だけを狙ってくればいいだろうに!」
      「その執念に付け入ればな!」
      「シベ鉄に紛れ込んでまで俺を狙うか、アスハム!」
カシマル 「貴様のやりようは気に入らんな、カシマル・バーレ!」
シンシア 「調子に乗ったな、化け物オーバーマン!」
ブリュンヒルデ 「お前をいただくぞ、ブリュンヒルデ…!」
オーバーデビル 「奇妙な音の誘いに騙される俺じゃない!」
         「化け物と言っても、弾が当たるのなら!」
         「エンペランザの左腕が震えている…!しかし…!」
         「オーバーデビルの封印、今ここで成し遂げろ!」(ブラックホール使用時)
ゲイナーB 「ゲイナァァーッ!!」
       「聞こえるか!この俺の声が!」
被ダメージ
アスハム 「アスハム!いくら頑張っても、これがお前の限界なんだよ!」
      「腕が鈍ったな、アスハム兄さん!」
      「くっ、いい加減にしつこいぞ!アスハム!」
      「お前の気晴らしに付き合うのも痛いんだぞ…!」
      「俺の名を貶めれば満足か、アスハム!」
      「見直したよ…!ここまでやる外道になっていたとは…!」
シベ鉄系 「シベ鉄め、満足な武器の一つもないのか?」
      「手柄を取るのに必死だな、シベ鉄の奴ら…!」
      「いい大人がムキになって!!」
セント・レーガン系 「セント・レーガンは伊達じゃなかったか!」
オーバーマン 「おっ?オーバーマンにしては非力だな」
        「伊達にオーバーマンはやってないってことか…!」
        「ぐおっ!随分と厄介なオーバーマンだな…!」
オーバーデビル 「ブリュンヒルデの腕が守ってくれたのか!?被害が少ない…」
         「よし!直撃さえ食らわなければ、オーバーデビルでも!」
         「くそおっ!伝説はウソじゃないってことか!」
ゲイナーB 「ゲイナーらしくない攻撃だ!」
       「ゲイナー!貴様、心の奥までフリーズしちまってるのか!」
       「ゲイナー!俺に借りを返すんじゃなかったのか!?」
回避
アスハム 「100年ワンパターンか!アスハム・ブーンのお兄ちゃん!」
      「なめるな!アスハム!」
シベ鉄系 「サボり癖がついた警備隊じゃ無理だね!」
セント・レーガン系 「都会人には必死さが足りないんだ!」
オーバーマン 「オーバーマンの攻撃か…厄介だな…!」
オーバーデビル 「くそっ、動きが鈍い!機動干渉だってのか!?」
ブリュンヒルデ 「奇妙な攻撃だが、避けられないことはない!」
ゲイナーB 「子供のやる事などお見通しだ!」

サラ・コダマ
援護攻撃
ゲイナー 「ゲイナー君、後は任せてちょうだい!」
      「あたしが見てるからって舞い上がっちゃダメでしょ、ゲイナー!」(第26話以降)
ゲイン 「ゲインさん、お疲れ!あとはなんとかしてみる!」
ガウリ 「ガウリ隊長、援護します!」
ベロー 「ベローの頑張り、ちゃんと見てたからね!」
アデット 「アデット先生!無闇に撃ち過ぎです!」
シンシア 「シンシア、さすがね!あたしだって!」
攻撃
アスハム 「悲しい人ね…!情けなく、自分勝手なアスハム・ブーン…!」
カシマル 「運行部長だかなんだか知らないけど、趣味が悪いのよ!」
シベ鉄系 「あなた達の都合で、世界が回っていいわけないでしょう!」
      「通行料とか税金とか、そんなことばかりに夢中で!」
      「ミイヤの街で戦うのはよしなさい!」(第05話限定)
セント・レーガン 「セント・レーガンだからって、何でも許されると思うわけ!?」
シルエット・マシン 「相手がシルエット・マシンなら…!」
オーバーマン 「オーバーマンが相手…油断は禁物か…!」
オーバーデビル 「何か聞こえる…?世界中を凍らせるような…!?」
         「あいつもオーバーマンなの…!?」
ゲイナーB 「あなたがどんな姿になっても、あたしは諦めない…!」
       「愛してるよ…愛してるから…!」
被ダメージ
シベ鉄系 「それがシベ鉄のやり方!?根性曲がってるんだから!」
      「乱暴なやり方!だからシベ鉄は嫌われるのよ!」
      「見境無しかぁ!?シベ鉄―っ!」
セント・レーガン 「女の子をいたぶるのが、中央流ってわけ!?」
          「セント・レーガンが力押しで来るなんて!」
          「これで気が済んだでしょ!中央に帰りなさいよ!」
オーバーマン 「くうっ!オーバーマン相手じゃ分が悪いかも…!」
        「オーバーマンの相手はゲインさんに任せれば良かった…!」
オーバーデビル 「ミ、ミイヤ様…あたしはオーバーデビルに勝てるのでしょうか…!」
         「くそぉっ!オーバーフリーズなんてさせてたまるか!」
ゲイナーB 「キングのあなたはもっと強かったのよ!戻りなさい!」
       「ゲイナー、お願い!オーバーデビルに負けちゃダメよ!」
       「ぐすっ…ダメなの…!?ゲイナー~…!」
回避
シベ鉄系 「目的を忘れた組織になんかっ!」
セント・レーガン 「都会の人は止まった的でしか訓練してないのかしら?」
オーバーデビル 「そんな歌に惑わされてたまるもんかっ!」
ゲイナーB 「ゲイナー!こんなの、あなたらしくない!」

ヒューズ・ガウリ
援護攻撃
ゲイナー 「手助けが必要か、ゲイナー君!」
ゲイン 「請負人、手伝うぞ!」
サラ 「サラ・コダマは後方へ!」
ベロー 「ベロー!無理をするんじゃない!」
攻撃
ヤッサバ 「シベ鉄のヤッサバ・ジンか!」
オーバーマン 「オーバーマンが相手か…!」
        「オーバーマン相手なら、オーバースキルの弱点を突けば!」
        「とっておきを使う以上、オーバースキルは使わせん!」
シベ鉄系 「シベ鉄め!調子に乗って!」
      「鉄道警備隊が何ほどのものか…!」
セント・レーガン系 「いたか!セント・レーガン!!」
           「中央の連中め、わざわざ」
ゲイナーB 「目を覚ませ、ゲイナー君!」
       「私の全身全霊を懸けて、君を救うぞ!」
オーバーデビル 「フリーズさせられた借り、返させてもらう!」
         「オーバーデビルとはよく言ったものだ!」
被ダメージ
シベ鉄系 「これだから規律に縛られた連中ってのは…!」
      「くそっ!お前達の飯の種になる気はない!」
      「ぐおっ!シベ鉄め、今日はやけに調子がいいな…!」
オーバーマン 「それじゃオーバーマンの意味が無いだろう!」
        「オーバースキルが使えるからと言って!」
        「くそっ!俺もオーバーマンに乗ってりゃ…!」
        「オーバーマン同士の戦いに慣れてないせいか…!」
オーバーデビル 「化け物め、まだ本調子じゃないようだな!」
         「さすがだ…!俺の忍法でもかわし切れんか…!」
         「パワーも見た目通りか!化け物め!!」
         「強い…!知ってはいたが、これほどとは!」
         「いかん!奴のパワーをまともに受けちまった!」
シルエット・マシン 「同じシルエット・マシンだ!力に差はない!」
           「あのシルエット・マシン、こちらと互角か!」
回避
シベ鉄系 「金で雇われてる警備隊などにやられるか!」
      「シベ鉄どもめ!遅いぞ!」

ベロー・コリッシュ
援護攻撃
ゲイナー 「やっぱりお前は凄いぜ、ゲイナー!」
ゲイン 「さっすが請負人だぜ!俺もあやかって、と!」
サラ 「サラだけじゃ無理だろ!?俺も行くぜ~!」
ガウリ 「隊長!援護の準備は出来てますって!」
アデット 「先生!お礼は成績表につけてくれよな!」
攻撃
シベ鉄系 「シベ鉄の連中め、どこにでも出てきやがって!」
      「出やがったな、シベ鉄!」
セント・レーガン系 「セント・レーガンが相手かよ!?」
オーバーマン 「どんなオーバーマンだって無敵じゃねえ!」
オーバーデビル 「伝説のバケモノ相手だって、びびったりしねぇぞ!」
         「何をやっても無駄かも知れねぇけどよぉ…!」
ゲイナーB 「ゲイナー!そんなンなって、何やってんだよぉ!」
サラB 「サラにしちゃ、とんがりすぎてんだろぉ!?」
被ダメージ 
シベ鉄系 「ゆすりたかりばっかやってっからだ!」
      「シベ鉄め、やる事が強引なんだよ!」
      「よ、容赦無しかよ!シベ鉄の奴らっ!!」
セント・レーガン系 「そんな腕でも、中央じゃ威張れんのか!?」
           「セント・レーガンってのは、ホント厄介な相手だぜ!」
           「ぐあっ!エリートさんは遠慮ってもんを知らねえ!」
オーバーデビル 「見かけ倒しか、バケモノ野郎!」
         「ぐうっ!伝説の存在ってのは伊達じゃねえってことかよ!」
         「あいつにだって弱点くらいはあるんだろうけどよぉ…!」
ゲイナーB 「くっ、ゲイナー!やっぱりやるのかよ!?」
       「ぐえっ!そういうのはホント困るぜ、ゲイナー!」
       「ダメだぁ~!ゲイナー相手に俺なんかが出ても!」
サラB 「やめろ、サラ!俺はお前と戦いたくねえ!」
     「サ、サラ!きついぜ、こりゃ!」
     「サラぁ!目を覚ましてくれよぉ!!」
回避
シベ鉄系 「シベ鉄の奴らも大したことねえなぁ!?」
      「ゆすりたかりばっかやってっからだ!」
セント・レーガン系 「都会の人もハズすのね…!」
オーバーマン 「オーバーマンったって、当たらなきゃよぉ!」
オーバーデビル 「くそぉ!バケモンめ、遊んでやがる!」
ゲイナーB 「ゲイナー!本気で俺達とやる気なのかよぉ!?」

アデット・キスラー
援護攻撃
ゲイナー 「ゲイナーだけに戦わせられるか!」
ゲイナー サラ ベロー 「先生がお手本を見せてやるよ!」
ゲイン 「ゲイン!あんたにしちゃ詰めが甘いね!」
サラ 「このしなやかに鍛えた体!サラに負けられるか!」
ガウリ 「ガウリ!後はあたしに任せな!」
ヤッサバ 「ヤッサバ隊長でも仕留めきれないとはね!」
ケジナン 「ちっとは口だけじゃなく実力を見せな!」
ジャボリ 「ちっ!ジャボリに任せるとこれだ!」
攻撃
ゲイナー 「逃がしゃしないってんだよ、ゲイナー・サンガ!」
ゲイン 「ゲイン・ビジョウ!観念して投降しな!」
オーバーマン 「お出ましかい!オーバーマン!」
オーバーデビル 「氷の美女なんてゴメンだよ!」
ゲイナーB 「そんな情けない男に育てた覚えはないよ!ゲイナー!」
サラB 「サラもどきには悪いけど!」
キングゲイナー系 「生意気なピープルとその他風情が!」
シベ鉄系 「強い男のいないシベ鉄なんて、ゴメンだね!」
      「お調子モンのシベ鉄が!」
セント・レーガン系 「鼻持ちならない奴だね!セント・レーガン!」
子供 「大人だから出来る戦い方を見せてやるよ!」
被ダメージ
シベ鉄 「シベ鉄にも骨のある奴が残ってたみたいだね…!」
セント・レーガン系 「度胸が足りないよ、セント・レーガン!」
           「へぇ、セント・レーガンと言うだけはあるじゃないか!」
           「さすが都会育ちだね…!人情のかけらもない…!」
オーバーデビル 「動きを鈍らせてくるのか、あの化け物は!?」
         「うええっ!オーバーフリーズってか!?」
         「ええい、機動干渉かい!?化け物め…!!」
ゲイナーB 「腰が入ってないよ、ゲイナー!」
       「そんなに冷たくなって楽しいかい、ゲイナー!?」
       「ゲイナーの氷…あたしの魅力でもダメだってのかい…!」
回避
シベ鉄系 「フッ、シベリア鉄道の質も落ちたもんだねぇ…」
セント・レーガン系 「戦争は会議室でやるもんじゃないんだよ、ボンボンが!」
オーバーデビル 「化け物め…避けるのも一苦労だ…!」
ゲイナーB 「メガネまで凍ってちゃ、見えるもんも見えないだろ、ゲイナー!」

アスハム・ブーン
援護攻撃
ゲイン 「無様だぞ、ゲイン!後は私がやる!」
     「この呼吸!久々だな、ゲインよぉ!」
ケジナン エンゲ 「素人の集団でも、牽制役くらいにはなったか…!」
ジャボリ 「いい攻撃に感謝いたしますよ。シベリアの野の花殿!」
攻撃
ゲイナー 「ヤーパンのオーバーマン!お前はここでーっ!」
      「しろがね色のオーバーマンといえど、私の手にかかれば!」
ゲイン 「来たか!女ったらしの悪党がーっ!!」
     「ゲインめ!我が妹カリンのためにぃぃぃっ!!」
     「女ったらしがノコノコと出てきてくれたかァーッ!」
シンシア 「調子に乗るな!突撃娘がーっ!」
オーバーマン 「そんなオーバーマンで、私に勝とうなどと!」
キングゲイナー系 「ヤーパンの愚民どもが!」
          「市民憲章第9条、通称エクソダス法の違反だ!」
シルエット・マシン 「シルエット・マシンごとき、一撃で屠ってくれよう!」
           「シルエット・マシンなど、もはや相手にもならん!」
被ダメージ
ゲイナー 「ふん、この程度のオーバーマンに警備隊は手こずっていたのか?」
      「さらに速くなっているのか…?ヤーパンのオーバーマン…!」
      「やはり貴様オーバーデビルの仲間じゃないか…!伝説の通りだとすると恐ろしいぞ~」
ゲイン 「どうした、ゲイン?口惜しいか?情けないか?」
     「ぐうっ!この、のろまな毛長象以下の野蛮人が!」
     「まだだ!貴様を中央に連れ帰るまではーっ!!」
シンシア 「どうしたどうした、突撃嬢ちゃん!」
      「メガロポリスの女が!私がセンス不足だというのか!?」
      「ぐあっ!こんなオーバーマンを、シベ鉄が独自に開発するなど!」
キングゲイナー系 「ヤーパンの連中め…!」
          「ヤーパンめ、やる事がいちいち不愉快な!」
          「まだだ!この私が生きている限りエクソダスなどはやらせん!!」
回避
ゲイナー 「ヤーパンのオーバーマンに劣る私ではない!」
ゲイン 「哀れだな、ゲイン・ビジョウ君」
シンシア 「天才パイロットもこんな風になっちゃあなぁ!」
キングゲイナー系 「貴様らヤーパンも、大人しく我々に従え!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:38 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
OVERMAN キングゲイナー・2
ケジナン・ダッド
援護攻撃
アデット 「アデット姐さん、僕に任せてくれません!?」
アスハム 「チキショーッ!都会のネズミを手伝うなんて!」
ヤッサバ 「隊長もだらしなくなったもんだよなぁ!」
エンゲ 「エンゲ!ここからは俺の仕事よ!」
ジャボリ 「詰めが甘いんだよ、ジャボリ!」
シンシア 「お任せください、シンシア殿!」
攻撃 
ゲイナー 「てめェを倒せば、その場で俺が主人公よォ!」
      「白いオーバーマンめ、どこまでもいつまでも!」
      「恨み、思い知れ!ヤーパンのオーバーマン!!」
ゲイン 「ゲイン・ビジョウかよ!どっから攻めりゃいいんだ!」
     「黒いサザンクロス相手でも、不意打ちすりゃあ!」
アデット 「一緒に帰りましょうよ、姐さん!」
      「姐さんには死んでもらいますよ!それともお嫁に来てくれますか!?」
シンシア 「天才のシンシア殿が相手かよ!?」
オーバーマン 「俺達のオーバーマンを勝手に使いやがって!」
シルエット・マシン 「自警団のシルエット・マシンごとき!」
           「ちょこまかと動いてくれちゃって!」
キンゲイナー系 「これでヤーパンの連中はおしめぇだぜ!」
被ダメージ
ゲイナー 「ガキがオーバーマンで悪あがきかぁ!?」
      「白いオーバーマンめ!痛ぇじゃねーかよ!」
      「何て強情なオーバーマンなんだ!?あの白いのは!」
ゲイン 「銃の腕が良くても、武器がヘッポコじゃなァ!」
     「こ、これが黒いサザンクロスの腕か!」
     「ぐええっ!黒いサザンクロスからは逃げられねぇのかよ!」
アデット 「姐さん、もうよしましょうや」
      「くっ!姐さん…本気なんスか!?」
      「つけあがりやがって!姐さんでも許さねぇぞ!」
オーバーマン 「それでもオーバーマン乗りかよ!」
        「ううっ!オーバースキルは反則だぜ!」
        「オーバーマンの攻撃なんて、見切れるわけねえだろ!」
キングゲイナー系 「ヤーパンめ、無駄な抵抗しやがって」
          「ぐえっ!このクソヤーパンがァっ!!」
          「何でヤーパン野郎共がこんなに強ぇえんだよ!?」
回避
ゲイナー 「元がアンティークだ、所詮、こんなもんだろ?」
ゲイン 「ゲイン・ビジョウめ、おちょくりやがって!」
アデット 「はなっから勝負になりゃしませんぜ、姐さん」
オーバーマン 「そのオーバーマンをよこしな!てめえにゃもったいねえ!」
キングゲイナー系 「うおっ!?ヤーパンの連中、こっちを狙ってんな!?」

エンゲ・ガム
援護攻撃
アデット 「後はやりますよ、姐さん!」
アスハム 「アスハムの野郎の手伝いか…!」
ケジナン 「ケジナン、俺も行くぜ!」
      「ケジナン隊長!ここは俺がやりますよ!」
ジャボリ 「ジャボリには荷が重いんじゃねえの!?」
ヤッサバ 「ヤッサバ隊長、手伝いますぜ!」
シンシア 「シンシア殿には手間取らせませんぜ!」
攻撃
ゲイナー 「丸刈りにしてやるぜぇ!」
      「待ちくたびれたぞ、ヤーパンのオーバーマン!」
ゲイン 「てめえがいなくなりゃ、エクソダスも終わる!」
     「あれが黒いサザンクロスなら色々やべぇが…!」
アデット 「姐さんでも容赦はしませんぜ!」
      「すんませんね、姐さん!」
シンシア 「何でシンシア殿と戦わなきゃならねえんです!?」
キングゲイナー系 「ヤーパン野郎がノコノコと!」
          「ヤーパンの奴らが攻めて来たな!」
被ダメージ
ゲイナー 「主役みたいな格好しやがって!見かけ倒しか!?」
      「あのオーバーマン、コロコロ顔色変えやがって!」
      「うげえっ!あの髪の毛オーバーマン、やっぱり強ぇっ!」
ゲイン 「黒いサザンクロスだなんて名前負けじゃねえか!」
     「チッ!エクソダス請負人め!」
     「だ、ダメだ!黒いサザンクロスはただの女殺しじゃねえ!」
ガウリ 「ぐうううっ!これが噂のヤーパンニンポーって奴かよ!?」
アデット 「そんなやり方じゃ、いくら姐さんでも無理ですぜ!」
      「や、やるう!さすが姐さん…!」
      「うげえっ!見逃してくださいよ、アデット姐さん!」
キングゲイナー系 「牢獄がおいでおいでして待ってるぜ、ヤーパンよぉ!」
          「ヤーパンを抑えきれねえのか!?俺達、警備隊なのに!」
オーバーマン 「オーバーマンの持ち腐れって奴だな!」
        「くそっ!オーバーマン相手はどうもやりにくい!」
        「くそっ!やっぱり機体の性能差が…!」
ゲイナー 「黒いサザンクロスならともかく、ガキじゃな!」
ゲイン 「ゲイン・ビジョウも噂ほどじゃないな!」
アデット 「手加減ってわけじゃなさそうですね、姐さん!」
キングゲイナー系 「ピープル上がりのヤーパンじゃ、無理ってことよ!」

ジャボリ・マリエーラ
援護攻撃
アデット 「アデット姐さんが始末に失敗した…!?」
アスハム 「やらせていただきますわん、白百合の人!」
      「アスハム様っ、ここはお任せください!」
ケジナン 「ケジナン!とどめは私が!」
エンゲ 「エンゲはロクに足止めも出来ないのか!」
ヤッサバ 「ヤッサバ隊長、見てください!」
攻撃
ゲイナー 「白いオーバーマンは、あたしの手で!」
      「こんの髪の毛!引っこ抜いてやる!」
ゲイン 「今日こそ逃がしませんよ、黒いサザンクロス!」
     「ライフルを捨てなさい!ゲイン・ビジョウ!」
アデット 「あたしが撃てないと思ってるの、お姉様!?」
      「ごめんなさい、お姉様!化けて出ないでね!」
キングゲイナー系 「お前達のような連中がいるから、警備隊が苦労するんだ!」
          「面倒なヤーパンめ!」
          「格下をいじめたくないんだけどね!」
被ダメージ
ゲイナー 「武器が錆び付いてるのか、白いオーバーマン!」
      「何で白いオーバーマンがここまで出来る!?」
      「ウルグスクのオーバーマンが何でこんなに強いのぉ!?」
ゲイン 「そんな腕でエクソダスを請け負うなどと!」
     「ぐうっ!黒いサザンクロスの名は伊達じゃないと…!?」
     「黒いサザンクロスの相手なんて、あたしには無理だったのよ~!」
アデット 「ひぃ~っ!姐さんのオモチャは勘弁して!」
      「む~っ!アデット・キスラー…よくも!」
      「やめて、お姉様っ!」
      「そんなの嘘でしょ!?お姉様―っ!」
      「さすがアデット姐さん!手加減のての字もない!」
オーバーマン 「オーバーマンだって戦い方次第でしょうが!」
        「オーバースキルを使う事は違法なんだぞ!一応…」
キングゲイナー系 「その程度でエクソダスなんて出来っこない!」
          「ウルグスクの自警団くずれがっ!」
          「何て乱暴なピープルなんでしょ!」
          「あーもう!エクソダスでも何でもすればいいじゃない!」
          「嘘!?ヤーパンにこんなに苦戦するなんて!」
回避
ゲイナー 「ガキじゃ相手にならないよ!」
ゲイン 「今なら投降すれば許してあげますよ、ゲイン・ビジョウ」

ヤッサバ・ジン
援護攻撃
アデット 「アデットは強い俺を見ていろ!」
ケジナン 「ケジナン!てめェ、手を抜いてるんじゃねえ!」
攻撃
ゲイナー 「どういう素性のオーナーマンだ、てめェ!」
      「白いオーバーマン!調子に乗んなよォ!!」
ゲイン 「黒いサザンクロス!ここでてめぇは終わりだ!!」
キングゲイナー系 「ピープルが2本足のマシンを使うんじゃねェ!」
          「エクソダスなどする奴ァ!皆殺しだァァァ!!」
女性 「キレイな姉ちゃんだな!俺の隊に入らねェか!?」
被ダメージ
ゲイナー 「見かけ倒しか!白いオーバーマン!」
      「ガキが!オーバーマンに乗ってるからって浮かれてるんじゃねぇ!」
      「どうなってやがる!?メダイユ公の隠してたアンティークがこうまで!」
ゲイン 「当てるだけではな!ゲイン・ビジョウ!」
     「くそっ!正確な射撃をしてきやがる…!」
     「くっ、これが黒いサザンクロスと呼ばれた男の力か!」
キングゲイナー系 「無駄な抵抗だな!エクソダスなんかやめちまえ!」
          「エクソダスだからって調子に乗ってんじゃねぇ!」
          「ぐうっ!ウルグスクのピープルにこんな根性があったのか!?」
回避
ゲイナー 「てめぇみたいなガキに使いこなせるオーバーマンじゃねぇんだ!その白いのはなァ!」
ゲイン 「黒いサザンクロスも名前だけってことか!」
キングゲイナー系 「自警団のママゴトで俺に勝てるかよ!」
          「自警団がシベリア鉄道に逆らうのか!?」
女性 「あ?お姉ちゃん、何やろうっての?」

ザッキ・ブロンコ
攻撃
ゲイナー 「ヤーパンのオーバーマンはここでーっ!」
ゲイン 「黒いサザンクロス、この手で仕留める!」
シルエット・エンジン 「よーし、ターゲットはシルエット・エンジン!」
キングゲイナー系 「我々の眼が黒い内はエクソダスなどさせん!」
          「ヤーパンめ!大人しくしろ!」
被ダメージ
ゲイナー 「速い…!ヤーパンのオーバーマンめ!」
      「銀色のオーバーマンの力が異常なのか…!?これ程とは!」
ゲイン 「確かに必中だが、必殺ではないようだな!」
     「ぐうっ、ゲイン・ビジョウめ!許さん!」
     「く、黒いサザンクロス…!恐るべし!」
シンシア 「い、いたぶってるのか…?キッズ・ムントの虎の子は!」
      「ダ、ダメだ!あの奇妙な動きが相手では!」
      「小娘なんぞに、こうまで好きにやられるのか~!?」
キングゲイナー系 「ヤーパンの下賎な挑発になど!」
回避
ゲイナー 「どうした?ヤーパンのオーバーマン」
ゲイン 「悪あがきをせずにアスハム大尉に従え、黒いサザンクロス!」

カシマル・バーレ
攻撃
ゲイナー 「髪の毛のオーバーマン…潰しますよッ!」
      「さぁ来なさい!ヤーパンのオーバーマン!」
ゲイン 「フン…黒いサザンクロスか…!」
     「金剛石の前には南十字星の輝きなんて!」
ヤッサバ アデット 「裏切り者の末路がどうなるか教えてあげますよッ!」
キングゲイナー系 「あなた達ヤーパンは、シベリアのゴミなのですよ!」
ダイヤ 「あなた、実にいいお名前をお持ちだこと…」
被ダメージ
ゲイナー 「噂ほどではないですね、ヤーパンのオーバーマン」
      「さすがはヤーパンのオーバーマン!中々のスピードですねェ!」
      「髪の毛のオーバーマンめ、このままでは終わらせません…!!」
ゲイン 「ホホホッ、ゲイン・ビジョウも落ちたものですねェ!」
     「ゲイン・ビジョウ…。私が出てきた甲斐がありますねェ」
     「く、黒いサザンクロス…!ここまでとは…!」
キングゲイナー系 「ヤーパンの連中は無駄な事が好きなのォ!?」
          「いつでもどこでも邪魔をしますか、ヤーパンは!」
          「ヤーパンどもめ…!これは本社に報告しなければ…!」
ダイヤ 「どうやら名前負けしているようですねェ」
     「名前通りには行きませんよ!」
     「くぅ…!これも名前通りだということですか!?」

シンシア・レーン
援護攻撃
ゲイナー 「ゲームにしようよ、ゲイナー!落とせた方の勝ち!」
      「キングとクイーンのコンビネーションアタック!」
サラ 「サラお姉ちゃん、手伝うよ!…なんてねっ!」
ケジナン エンゲ ジャボリ 「そんなんだから、シベ鉄がナメられるんでしょ!」
攻撃
ゲイナー 「逃がさないって言ってんのよ、ゲイナー!」
      「友達なら遊んでよ、ゲイナー!」
      「勝負しましょう、ゲイナー!」
ゲイン 「その腕、気持ち悪いっ!」
オーバーマン 「ふ~ん…何か良さそうなオーバーマンって感じ?」
アンダーゴレーム 「出てきた!五百羅漢とか千人菩薩ぅ!」
          「トリオやコンビじゃないと戦えないもんね~」
セント・レーガン 「セント・レーガンなんて、スカしてるだけじゃない!」
          「ここまでよ、都会のネズミさん!」
被ダメージ
ゲイナー 「さすがキング!そうこなくっちゃ!」
       「やっぱりゲイナー、センスあるね!」
       「さすがゲイナー!愛しちゃう!」
       「嬉しいよ!あたし達、やっぱりライバルなんだね!」
       「うあっ!ちょっと許せないな、ゲイナー…!」
       「ぐうっ!やるね、ゲームチャンプ!それでこそ!」
セント・レーガン 「あら、ネズミさんに当てられるとは思わなかったよ」
          「へえ、見直したよ。ロンドンの人は違うね!」
          「いいセンス持ってるじゃない…!見くびってたかな」
回避
ゲイナー 「友達なら、本気を出して遊んでよ!」
ゲイン 「気持ち悪い奴に触られてたまるか!」
セント・レーガン 「やっぱりダサダサだよ、セント・レーガンさん!」

ゲイナーB
攻撃
ゲイン 「君は僕を馬鹿にし続けてきたーぁっ!」
サラ 「君が一番僕を使うのが上手だったよねぇ…」
    「もっといい顔をしなよ。サラは美人さんなんだからさ…」
ベロー 「留年した君じゃ、僕のやる事は理解できないだろ?」
アデット 「大人という立場を利用して、好き勝手やってくれましたね」
女性 「女…女なんて…!」
    「そうやって男を使うんだ、君達は!」
被ダメージ
ゲイン 「あっはっはっはっは!現実はこうなんだよ、ゲイン君!」
     「ゲインの攻撃だって、僕には通用しないよ」
     「狙いが正確だと、本気で僕を殺そうとしたのがわかってしまったなあ!」
     「そうやって相棒を手にかけるのが君のやり方だ!」
     「さすが黒いサザンクロス…!!だが、まだまだだーっ!!」
     「くそおおおおっ!!なぜゲインに勝てない!」
回避
ゲイン 「遅いよ、ゲインさん!」
     「黒いサザンクロスというあだ名があったが、どうした!?」

サラB
攻撃
ペロー 「あたしはとんがっちゃいない…!」
キングゲイナー系 「全てが凍ってしまえば、エクソダスの必要もなくなる…」
          「エクソダスなど、心の逃げに過ぎない…!」

シベ鉄隊員
援護攻撃
ケジナン 「ケジナン野郎の手伝いかよ!」
エンゲ 「エンゲめ!目立たないように頑張るつもりだろうが!」
ジャボリ 「夢見てるだけじゃ仕事は終わらないぞ!ジャボリ!」
ヤッサバ 「援護します、ヤッサバ隊長!」
アデット 「アデット姐さんに取り入っておきゃあ…!」
アスハム 「中央の兄ちゃんの手伝いかよ!」
カシマル 「カシマル様!援護いたします!」
シンシア 「シンシア殿に続けーっ!」
攻撃
ゲイナー 「ウルグスクのオーバーマンか!くっそ~!」 
      「ヤーパンのオーバーマンだ!どうせ勝てないから適当にやっとくぞ!」
ゲイン 「黒いサザンクロスを片付けりゃ、出世できる!」
     「ゲッ!あれ、黒いサザンクロスのマシンだ!」
オーバーマン 「オーバーマンが相手かよ~!」
        「オーバーマンか…!やるしかないのか!」
2Lサイズ以上 「デカくていいのは、シベリア鉄道だけだ!」
         「あんなデカブツを相手にするのかよ!?」
被ダメージ
ゲイナー 「髪の毛のオーバーマンも大した事ないな!」
      「何だ!?白いオーバーマンのパイロットはガキじゃねえのかよ!」
      「ど、どんなオーバーマンだよ!あの白い奴!」
      「ええい!髪の毛のオーバーマンめ!」
ゲイン 「噂ほどじゃねえな、黒いサザンクロス!」
     「ゲイン・ビジョウめ!カッコつけやがって!」
     「し、白黒付けようってか!黒いサザンクロス!」
     「か、勝てるのか!?黒いサザンクロスに!」
キングゲイナー系 「ヤーパンの奴ら、エクソダスで疲れてやがるな!」
          「おいおい、こんなんでエクソダス出来ると思ってるのかよ!」
          「ヤーパンめ、場馴れしてやがるな!」
          「くそっ!あいつらのエクソダスを止めないと!」
          「ヤーパンも必死だってことかよ!」
          「何でウルグスクの連中がこんなに強いのさ!?」
回避
ゲイナー 「何をしようってんだ?白いオーバーマンはさ!」

セント・レーガン兵
援護攻撃
アスハム 「大尉、援護します!」
      「大尉、後は自分が!」
攻撃
ゲイナー 「虚仮脅かしのオーバーマンなどに!」
ゲイン 「エクソダスを扇動するなど言語道断!」
シベ鉄系 「鉄道員ごときに!」
キングゲイナー系 「エクソダスは、法に反しているのだぞ!」
          「ピープルはドームポリスに住んでいればいい!」
被ダメージ
ゲイナー 「ぐおおっ!ヤーパンのオーバーマンめ!」
      「馬鹿な!奴はアンティークじゃなかったのか!?」
      「あ、あのオーバーマン…!ただ者じゃない!」
ゲイン 「ハッ!何が黒いサザンクロスだ!」
     「やるな…!ゲイン・ビジョウ!」
キングゲイナー系 「やはり抵抗するか!罪が重くなるだけだぞ!」
          「ヤーパンめ…どこまでも逃げる気か!」
          「ぐっ!ウルグスクの田舎者が!」
          「ドームポリスの自警団ごときに!」
回避
ゲイナー 「無様だな、しろがね色のオーバーマン!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:37 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
ガン×ソード
ヴァン
援護攻撃
レイ 「お前みたいな外道と組んだらエレナを汚すことになるが…!」
    「お前は…信用できない!」
ネロ 「爺さん達は囮なんだからまともに戦うなって!」
    「ふん、全く変なジジィ共だ!」
プリシラ 「プリシラ、帰るなら今のうちだぞ?」
      「認めるよ、お前とそのヨロイは確かに強い!」
ファサリナ 「お前は戦う気があるのか!?」
       「お前と仲良くする気はないが…!」
ミハエル 「何もたついてやがる、バカ兄貴!」
      「何だ、バカ兄貴だったのか!」
攻撃
魔獣ドメガ 「カメは苦手なんだが…!!」
レイ 「シベ鉄の用心棒ごときに負けやしねえ!」
    「いくら貰うか知らないが、損な取引だったな!」
    「カギ爪を殺すのはこの俺だ!」(第24話以降)
    「お前はもう人じゃねぇな!」(第24話以降)
    「あのガキのクソ兄貴か!」(第24話以降)
ガドヴェド 「アンタが邪魔なら力ずくで押し通る!!」
       「アンタの迷いなんざ、知るかぁぁっ!!」
       「悪いが恩は仇で返す!」
ウー 「大切なものを捨てる奴には、俺を止められない!!」
    「お前にはでかい借りがある!」
    「お前には無理だ、誰にも出来ない!俺とエレナを離すことだけは!」
カロッサ メリッサ 「ガキは引っ込んでろ!」
ファサリナ 「おっかねぇ女だなぁ!お前は!!」
       「もう分かってんだ!お前時間稼ぎたいだけだろ!」
       「カギ野郎が死ぬ前に俺がソッコー駆けつけて、この手で息の根止めてやる!」
ミハエル 「お前なんかバカで十分だ!引っ込め、バカ!」
      「残念だが約束したんだ、ウェンディとなぁ!お前をぶん殴るって!!」
      「ウェンディのバカ兄貴か!」
カギ爪の男 「テメェ!この死ねぇぇぇ!!」
       「俺は!お前をブッ殺しに来たんだ!」
       「もう逃がさない!必ず俺が殺す!」
       「エレナのかたきぃぃぃ!!」
       「殺してやる!殺してやる!殺してやるぅぅ!!」 
       「ぶっ殺してやる!」 「俺がテメェの息の根を止めてやる!」 「死ね!死ね!死ねぇぇぇーっ!!」(突撃使用時)
オリジナルセブン 「カギ爪の野郎はどこにいるっ!!」
          「オリジナル…カギ爪の仲間か」
          「だから言ってるだろ!俺をカギ爪のとこへ連れてけって!」
被ダメージ
カギ爪の男 「テメェをぶっ殺せるんなら腕の一本くらいくれてやる!」
       「俺はレイほど善人じゃねぇから覚悟しとくんだなぁ!」
       「この野郎!このやろぉぉーっ!!」
       「俺はてめぇのヨタ話を聞きに来たんじゃねえ!」
       「お前だけは絶対にぶっ殺してやるぅぅ!!」
       「かぎヅメェェッ!てめぇぇぇーっ!!」
回避
カギ爪の男 「テメェの攻撃なんざ食らうかよ!」
       「さっさと俺に殺されろ!」

レイ・ラングラン
援護攻撃
ヴァン 「俺を巻き込むな!」
     「目的が同じならば成功の確率は高い方がいい!」
ネロ 「見せ場を取られたくなければ、早く仕留めることだな…!」
    「まったくこの連中はバカ揃いだ!」
プリシラ 「援護射撃は俺がしてやる!」
      「ほぉ…速いな」
ファサリナ 「どけ、女…!」
ミハエル 「見ておけ!このヴォルケインの力を!」
攻撃
ヴァン 「どうやら俺にふさわしい敵のようだな!」
     「なかなか骨のある奴だ!」
     「悪いがカギ爪は俺が殺す!」(第24話以降)
     「目的は同じでも邪魔をするならば…!」(第24話以降)
カギ爪の男 「俺の夢はお前を八つ裂きにする事だ!」
       「この場で、俺の手で死ね!」
       「今すぐ、死ねぇぇぇーっ!!」
       「夢を奪われた者の先…その目で見るがいい!」 「終わることのない永遠の苦しみ…」 「その身をもって!」(94口径エナジーキャノン使用時)
       「貴様の夢もこれで終わりだ!」 「シノの造ったこのヴォルケインで…」 「死ねぇぇぇーっ!!」(94口径エナジーキャノン使用時)
オリジナルセブン 「奴は!カギ爪はどこにいる!?」
         「礼を言う、よくぞ現れてくれた!」
被ダメージ
カギ爪の男 「貴様を殺せるならこの程度…くれてやる!」
       「シノを汚す気かぁーっ!!」
       「まだだ、ヴォルケイン!まだシノの仇をとってない!」
       「俺の夢もまた俺を殺させないようだな!」
       「カギ爪、きさまぁぁぁ!!」
       「殺す!必ずこのヴォルケインで…!」
回避
カギ爪の男 「シノのヴォルケインを触らせるかぁぁぁっ!!」
       「そんな鈍い攻撃でヴォルケインを捉えようなどと!」

ネロ
援護攻撃
ヴァン 「お前は俺たちの弟子だからなぁ!」
     「お前にはピンクアミーゴの借りもあるしな!」
     「そうだ!それでこそ!」 ホセ「俺たちの弟子だ!」
レイ 「ちゃんと美味しい所はとっておいたようだな!」
    「レイ!ここは任せておけ!」
プリシラ 「お嬢ちゃんが頑張ってるんだ!」
      「プリシラ、ここを凌いだらヴァンを婿にくれてやる!」
ファサリナ 「昨日の敵は今日のアミーゴだ!」
       「クネクネと…相変わらず変な女だな!」
ミハエル 「ちゃんと戦わんと酒は飲まさんぞ!」 ホセ「この小僧は未成年だ!」
      バリヨ「お前にも正義の魂が伝わったようだな!」
衛 「そんな奴も倒せんようでは破門するぞ!」
   ホセ「勇者らしい良い戦いだったぞ、坊主!」
攻撃
カギ爪の男 「悪人カギ男は俺たちエルドラソウルが倒す!」
       ホセ「俺たちは幸せ者だ、最期にこんな大勝負ができるとは!」
オリジナルセブン ホセ「おい!悪のヨロイだ!」 「よし!勇者の力見せてやろう!」
          「お前ら、悪のヨロイで世界征服を企んでるんだろ!?」
          「エルドラソウルが悪のヨロイに負けるはずがない!」
ファサリナ ホセ「女だからといって容赦はせんぞ!」 「そうだとも!」

プリシラ
援護攻撃
ヴァン 「ヴァーン!あなたを追いかけてきたの!」
     「危ないよぉ、ヴァン!」
レイ 「ブラウニーの速さなら追いつける!」
    「近接戦闘は私に任せて!」
ネロ 「だからぁ!口上長すぎだって!」
    「お爺さんたち!大丈夫!?」
ファサリナ 「ブラウニーはオリジナルにも負けてない!」
       「あの~、大丈夫ですか?」
ミハエル 「仲良くやりましょ!」
      「ウェンディのお兄さんって強いんですね!」
攻撃
レイ 「カギ爪の人を倒すのはヴァンなの!」
カギ爪の男 「あなたが私の中に入ってくるのはイヤ!」
       「私は辛いこともあるけど、この世界が好きなの!」
オリジナルセブン 「ヴァンのヨロイと同じタイプ…!?」
          「ヴァンの邪魔はさせない!」
          「ブラウニーを舐めないでよね!」

ガドヴェド・ガオード
攻撃
ヴァン 「この3年の成果を見せてもらおう、ヴァン!」
     「贖罪か!?断罪か!?」
     「私が正義ならここで倒れろ!」
     「私が過ちだったなら倒してみろ!」
被ダメージ
ヴァン 「口先だけの未熟者がぁ!」
     「どこを切っても未熟だな!」
     「ガッカリしたぞ、ヴァン!」
     「断っておくが、力任せで私の心は開かんぞ!」
     「何故私はこんな流れ者にダンを与えてしまったのか!」
     「お前は全くダンを知らない、全くダンを使いこなせていない!」
     「ほぉ、この土壇場で化けたか!!」
回避
ヴァン 「それでもオリジナルセブンか!!」
     「こんなやつに私は何を期待していたというのだぁ!」
     「所詮はただのはぐれ者かぁっ!!」

ウィリアム・ウィル・ウー
被ダメージ
ヴァン 「拾った命を粗末にするならば!」
     「奴も乗り越えたというのか…!?」
     「こ、この短期間の間に何があったというのだ!?」
     「い、以前とはまるで違う…!」
     「改造しなければ乗れぬ出来損ないごときに…!」
     「私の愛より、奴の愛が上回っているというのか!?」
回避
ヴァン 「貴殿の太刀筋は読みやすい…」
     「所詮は愚か者のままか…!」

カロッサ
攻撃
ヴァン 「お前殺してそのヨロイ、同志に!」
     「倒す!オリジナルセブンとして!」
     「お前倒したら褒めてくれる、きっと!」
キラ 「お前、ミハエルみたい!」
    「ミハエルみたいな奴!オレ嫌い!」
被ダメージ
ヴァン 「ダン、大したことない!」
     「欠番、この程度!」
     「欠番のくせに…!」
     「調子に乗るな!欠番!」
     「ガドヴェドやられた、本当みたい!」
     「殺す!お前だけでも!!」
回避
ヴァン 「オレだってオリジナルセブン!」
     「オレ、ガドヴェドと違う!」
被撃破
ヴァン 「オレ…欠番なんかに…!!」

メリッサ
援護攻撃
カロッサ 「カロッサ、私は絶対カロッサを捨てないよ」
      「カロッサ…私も戦う!」
攻撃
ヴァン 「同志、ワタシ達が殺させない…」
     「この人、ガドヴェドさんを殺した人だ…」
     「オリジナルセブン相手でも負けない…」
被ダメージ
ヴァン 「オリジナルの乗り方知らないの…?」
     「ダンがかわいそう…」
     「どうして同志の邪魔をするの!?」
     「欠番の人がこんなに強いなんて…!」
     「この人をこのままにしたら、同志が…!」
     「これが、ダンの力なの…!?」
回避
ヴァン 「ワタシだってオリジナルセブンだもん…!」
     「本当にガドヴェドさん倒したの?」
被撃破
ヴァン 「この人を同志の所に、行かせちゃ駄目なのに…!」

ファサリナ
援護攻撃
ヴァン 「ダンで倒せない敵…あぁ楽しみです!」
     「ヴァンさん…仲良くしましょう」 
レイ 「自慢の銃火器でも倒せないのですか?」
    「ダリアが時間を作るのでその間に充填を…!」
ネロ 「お爺さん達…仲良くしましょう」
    「あのぉ、そんなに叫んでて意味あるんですか?」
プリシラ 「レプリカには厳しい相手かもしれませんね…」
      「女同士仲良くしましょう」
ミハエル 「ミハエル君はやらせない…」
      「ミハエル君、ここは私がやるから」
攻撃
ヴァン 「んふっ!楽しいお方…」
     「今からでもオリジナルセブンに入りませんか?」
     「さあ、見せてください、貴方の欲望を…」
     「ヴァンさん…でしたか?」
レイ 「その執着が、個人的な感情が、妄念が煩わしい…!」
    「命は守るものを持つほうが強いのです!」
キラ 「ミハエル君…?」
被ダメージ
ヴァン 「うふふ…ガドヴェドさんに聞いた通りの人ですね」
     「ヴァンさん、あなたって面白い方ですね…」
     「この力…オリジナルの乗り方を完全に会得している!?」
     「さすがガドヴェドさんが見込んだお方…」
     「ヴァンさん、あなたというお方は…!!」
     「欠番メンバーにここまでやられては…!!」
レイ 「ただのヨロイが、オリジナルにかなうとでも…?」
    「ただのヨロイがダリアに傷をつけるなんて…!」
    「どうしてただのヨロイにこれほどの火力が…?」
    「同志は間もなく消えます…それでいいじゃないですか」
    「あなたもまたこの星の新たなる可能性だと…?」
    「ただのヨロイがなぜオリジナルと互角に!?」
回避
ヴァン 「ヴァンさん…どうしてそんなに一途なのですか?」
     「んふ、あなたって可愛いわ」
レイ 「コックピットを狙って…そうですか!」
    「どうしても同志の命を狙うというのですね…!」

ミハエル・ギャレット
援護攻撃
ヴァン 「何故私が貴様の援護など…!」
     「相変わらず野蛮な戦い方だ…!」
レイ 「遺憾だが手を貸そう…!」
    「ヴォルケインの火力でも堕ちない奴か!」
ネロ 「何をやってるんだ、あなた達は!」
    「ここはサウダーデに任せて下さい!」
プリシラ 「ブラウニーがかき回してくれた隙をつけば!」
      「その機動力…レプリカでは群を抜いている…」
ファサリナ 「ファサリナさん!ここは私が!」
       「ファサリナさんから離れろ!」
キラ 「不思議だ…あなたは他人な気がしない…」
攻撃
ヴァン 「不安材料は消しておくのが得策!」
     「消え失せろ!ジョーカー!」
     「ここお別れだ!欠番メンバー!!」
     「ヴァン!貴様という奴は!」
キラ 「私の真似をしているつもりか!!」
    「何なんだ!お前は!!」
被ダメージ
ヴァン 「ガドヴェドさんを倒したというのも偶然ではないようだな!」
     「欠番メンバーにやられる私ではない!」
     「お前が手を出さなくても同志は消えるというのに…!」
     「やはりお前を同志の所へ行かすわけにはいかない!」
     「何故欠番などにこんな力が…!!」
     「欠番のぉ…くせにぃぃぃっ!!」
回避
ヴァン 「所詮は欠番メンバーか…」
     「正直、戦ってみたかったが…この程度か」
     「何故貴様は未来に目を向けない…!」
被撃破
ヴァン 「な、なぜ…!?旧式が何故!?」

カギ爪の男
攻撃
ヴァン 「ヴァン君…あなたという人は」
     「夢に向かうその執念…素晴らしい!」
     「あのぅ、私の話聞いてます?」
     「あぁ…バカよ、愛しきバカよ!」
     「ヴァン君、ありがとう、ありがとう!!」
レイ 「あなたの夢が私を殺すことなら構いません…しかし今はダメです!」
    「今からでも遅くありません、オリジナルセブンに入りませんか?」
被ダメージ
ヴァン 「ヴァン君…本当に…あなたって!」
     「ヴァン君、私はあなたを愛しているんですよ?」
レイ 「夢に殉ずるその姿…あなたは実に素晴らしい!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:35 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
機獣創世記ゾイドジェネシス
ルージ・ファミロン
援護攻撃
レ・ミィ 「ミィ、任せて!」
ラ・カン 「さすがです、ラ・カン!」
コトナ 「すごいですねコトナさん、ドンピシャです!」
ガラガ 「ガラガ、俺も行く!」
ロン 「ロン、こいつは俺がっ!」
セイジュウロウ 「やっぱり凄いですね、セイジュウロウさんは!」
ティ・ゼ 「ティ・ゼさんに続く!」
ザイリン 「俺とザイリンが一緒に戦えば、どんな相手にだって負けはしない!」
ア・カン 「俺も無敵団だっ!」
攻撃
ザイリン 「ザイリン!勝負だ!」
      「よくも俺の村のジェネレーターを壊してくれたな!」
      「相手がザイリンだろうと、今の俺なら勝てるはずだっ!」
ジーン 「ジーン、覚悟!!」
     「ジーン、お前だけは絶対に許さない!」
     「みんなが笑顔で暮らせる世界を作るために、ジーン、お前を倒す!」

レ・ミィ
援護攻撃
ルージ 「ルージ、私がお手本を見せてあげるわ!」
     「ルージ、あんたには無理よ!」
     「ルージ、何ボケッとしてんのよ!」
ラ・カン 「おじさま、ここは私が!」
コトナ 「コトナ、援護は任せなさい!」
ガラガ 「ガラガの短絡的攻撃に続けば!」
ロン 「相変わらず何考えてんのよ、ロン!」
セイジュウロウ 「史上最強のゾイド乗りが取りこぼすなんて!」
ティ・ゼ 「ティ・ゼ、援護するわ!」
ザイリン 「迂闊なのよ、あんたは!」
ア・カン 「なにが無敵団よ、全然無敵じゃないじゃない!」
ソウタ 「ギンちゃん、無理しないで!」
攻撃
ジーン 「ルージが生きている限り、あなたの思うようにならないわよ!」

ラ・カン
援護攻撃
ルージ 「ルージに負担をかけさせるわけにはいかんのでな!」
レ・ミィ 「ミィ、下がれ!」
コトナ 「コトナに続く!」
ガラガ 「ガラガ、相変わらず良い腕だ!」
ロン 「ロン、後は任せよ!」
セイジュウロウ 「史上最強のゾイド乗りの腕は確かだな!」
ティ・ゼ 「ティ・ゼ、よくやった!」
ア・カン 「無敵の名は伊達ではないな!」

コトナ
援護攻撃
ルージ 「やるじゃないルージ!」
     「ルージ、後は任せて!」
レ・ミィ 「ミィ、おいしいところは頂くわ!」
ラ・カン 「ラ・カンの援護に回るわ!」
ガラガ 「ガラガ、譲ってくれてありがとう!」
ロン 「ちょっとロン、手を抜いてるの!」
セイジュウロウ 「さすが、史上最強のゾイド乗りね!」
ティ・ゼ 「ブラストルタイガーの死角から攻めれば!」
ザイリン 「相変わらず迂闊ね、ザイリン!」
ア・カン 「無敵団が作った隙に!」
ソウタ 「天才的な段取りね!」
フェルミ 「まさかあなたと組むなんてね!」
攻撃
ソウタ 「子供は子供らしくしてなさい!」
回避
フェルミ 「しつこい女って大っ嫌い!」

ガラガ
援護攻撃
ルージ 「ヘヘッ!さすがルージだ!」
     「どうした?しっかりしろルージ!」
レ・ミィ 「任せとけ、ミィ!」
      「さすが、恐怖の丸焼き料理人だぜ!」
ラ・カン 「ラ・カン、任せろ!」
コトナ 「俺はいつでもコトナの後ろにいるぜ!」
ロン 「ロン、相変わらず手回しがいいな!」
セイジュウロウ 「史上最強のゾイド乗りでも倒せねえのかよ!」
ザイリン 「まさかお前の援護をするとはな!」
ア・カン 「ほう、無敵だということだけはある…なかなかやるじゃねえかっ!」
ソウタ 「天才さん、邪魔するぜ!」
フェルミ 「フン!仕方ねえな!」
攻撃
ザイリン 「そのすましツラに冷や汗流させてやる!」
ジーン 「図体がデカいからって、勝てるとは限らねえんだよ!」

ロン・マンガン
援護攻撃
ルージ 「ルージ君、任せろ!」
レ・ミィ 「さすが、ミィ君だね!」
ラ・カン 「ラ・カン、援護するよ!」
コトナ 「コトナが作った隙を突かせてもらうよ!」
ガラガ 「しょうがねえなぁ、うちの大将は!」
セイジュウロウ 「セイジュウロウのお陰で体勢が崩れた!」
ザイリン 「ザイリン、僕がフォローしちゃうよ!」
ア・カン 「さすがの無敵団も手こずっているようだね!」
ソウタ 「ソウタ君、君は天才だね!」
フェルミ 「おっと、こっちに回すの?フェルミ!」
攻撃
ザイリン 「こりゃ強敵だね、僕に勝てるかな!」
      「この程度でやられてくれる敵なら苦労はないんだけどね!」
フェルミ 「フェルミ、君の好きにはさせないよ!」
      「邪魔はさせないよ、フェルミ!」

ザイリン
援護攻撃
ルージ 「たいしたものだよルージ君、どうりで勝てない訳だ!」
     「ルージ君、まさか君と協力することになるとはな!」
ソウタ 「どうした?ソウタらしくないな!」
フェルミ 「相変わらずツメが甘いな、フェルミ!」
攻撃
ルージ 「標的はルージ君、ただひとり!」
     「これでお終いだよ、ルージ君!」
     「ルージ君、今日こそ決着をつけさせてもらうぞ!」
     「フフフ…今まで楽しかったよ、覚悟したまえルージ君!」
     「ルージ君、どれだけ成長したか見せてもらうよ!」
     「私の勝ちだっ!ルージ君!」
     「ルージ君との決着は私自身の手でつける!」
     「始末してやるよ、ルージ君!」
ガラガ 「特殊なコングタイプかっ!」
セイジュウロウ 「さらば、史上最強と呼ばれたゾイド乗りよ!」
ジーン 「ジーン、貴様の最期だっ!」
     「ジーン!勝負だっ!!」
     「真に倒すべきは敵は、ジーン、お前だっ!!」
被ダメージ
ルージ 「君は本当に楽しませてくれるよ!ルージ君!」
     「ルージ君!これだ、君こそ私の胸を熱くさせる!」
     「フッ!…さすが、ルージ君!」
     「子供だと思ってなめすぎたかっ!」
     「赤いライガーでこのヴォルケーノを倒すことは不可能だ!」
     「小僧があぁぁぁーっ!!」
     「馬鹿な…この私がルージ君に負けるというのか…!」
     「ルージ君…随分腕を上げたな!」
     「見事だよ…ルージ君!」
被撃破
ルージ 「完敗だよ…ルージ君…!」
     「見事だ…ルージ君…!」

セイジュウロウ
援護攻撃
ルージ 「…修行不足だ」

ティ・ゼ
援護攻撃
ルージ 「ルージ、後はこの灼熱のティ・ゼに任せよ!」
レ・ミィ 「姫様に続く!」
ラ・カン 「殿、援護に参りました!」

ア・カン
援護攻撃
ルージ ガラガ 「無敵団員を助けることは、リーダーとして当然だよ!」

ゲオルグ
攻撃
ラ・カン 「ラ・カン、息の根止めてくれる!」
      「ラ・カン、覚悟!」
      「ラ・カン、ディガルドに害をなす貴様を地獄の底に葬る!」
      「ラ・カン、貴様の最後だ!」
      「ラ・カン、貴様さえ倒してしまえば!」
被ダメージ
ラ・カン 「ラ・カン、貴様の力は所詮この程度…!」
      「さすが、キダ藩のラ・カン…だがっ!」
ゾイド系 「メタルZiの武器を持っていようが、恐るるにたらん!」
回避
ラ・カン 「ラ・カン、その腕で今まで良く生きてきたな!」
      「フン、どうしたラ・カン!」

ソウタ
援護攻撃
ルージ 「ルージ、僕に任せて!」
レ・ミィ 「レ・ミィ、大丈夫、僕がいるよ!」
ザイリン 「やるね、ザイリン!」
フェルミ 「フェルミとならやれる!」
攻撃
ルージ 「ライガータイプか?ザイリンには悪いけど、始末するよ!」
     「僕がザイリンより早く倒しちゃうよ!」
     「ザイリンの狙っているヤツか?フ…ザイリンの悔しがっている顔が眼に浮かぶなぁ~!」
被ダメージ
ルージ 「ムラサメライガー、お前だけはゆるさない!」
     「そんなライガータイプが、僕のバイオケントロに勝てると思っているのかい?」
     「ムラサメライガー!絶対にぶっ潰してやるからな!」

フェルミ
援護攻撃
コトナ 「やるじゃん!レインボージャーク!」
     「まさかレインボージャークの援護をするなんてね!」
ロン 「ロンのやっていることの方が楽しいわね!」
    「ロン、調子がいいんじゃなかったの?」
ザイリン 「ザイリン、手間掛けさせないでね!」
      「ザイリンに援護なんているの?」
ソウタ 「ワガママなお子様ね!」
     「子守りは大変ね!」
攻撃
コトナ 「レインボージャーク、ケリを付けてやるわ!」
     「レインボージャーク、あなた邪魔よ!」
     「空飛ぶゾイドが、あなただけとは限らないわよ!」
被ダメージ
コトナ 「レインボージャークのくせにやるじゃない!」
     「レインボージャークめ!」
ソウタ 「本当にウザい、お子様ね!」
     「玩具は玩具らしくしてればいいのよ!」

ジーン
攻撃
ザイリン 「かつて私の友だった男よ…お前の役割は終わりだ!」
ソウタ 「お別れだ…小僧!」
被ダメージ
ルージ 「おのれ、エヴォルトするライガーかっ!」
ルージ セイイジュウロウ 「早さだけが取り柄のゾイドが、どうにかできると思ったか!馬鹿め!」
レ・ミィ 「うるさい小娘だ、すぐに黙らせてやる!」
      「ランスタッグ如きに何ができる!」
ザイリン 「私を裏切るのか?」
ソウタ 「裏切り者めがっ!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:33 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)
電脳戦機バーチャロンマーズ
チーフ
援護攻撃
フェイ 「フェイ、お前は先に行け」
ハッター軍曹 「ハッター、援護する」
攻撃
シャドウ 「並行世界への干渉を防ぐため、シャドウVRに特別指導を行う!」
     「翳に取りつかれしVR、か…」
ダイモン系 「過去の亡霊とて、それなりの指導が必要だ!」
      「超特別指導対象、ダイモン…!」
ダイモン・T 「MARZの犬であろうと無かろうと、貴様に指導する事に変わりは無い!」

フェイ
援護攻撃
チーフ 「チーフ、続くよっ!」
ハッター軍曹 「ハッター、ヌルっ!」

アファームド・ザ・ハッター
援護攻撃
チーフ 「ヘイ、兄弟!手を貸すぜ!」
    「友よ、待たせたな!」
フェイ 「フェイ・イェン!後は俺に任せろ!」

シルビー
攻撃
チーフ 「MARZが絡んできてるとなると…!」
フェイ 「邪魔をするんじゃない、小娘!」
ハッター軍曹 「ちっ、MARZの暑苦しい奴かい…!」
被ダメージ
チーフ 「様子見のつもりかい?つくづく、お堅い攻めだね」
    「や、やるね、MARZ!」
    「ちいっ!仕事の虫にはつきあいきれない!」
フェイ 「あんたなんかとじゃれ合うつもりはない!」
    「ああっ!まったく小うるさいねっ!」
    「フェイ・イェンなんぞにここまでやられる!?」
ハッター軍曹 「ええい!暑苦しい!」
       「あうっ!奴の間合いか…!」
       「うああっ!奴のマッチョ脳には通用しないか!?」
回避
チーフ 「まさに教則通り、面白みのないヤツ!」
フェイ 「小娘なんぞにつきあってられるか!」
ハッター軍曹 「吠えるな!バレバレなんだよ!」

デボラ
攻撃
フェイ 「ちょこまかとウザいんだよ!」
ハッター軍曹 「毒蛇じゃないっつってんだろ!」
MARZ系 「MARZ相手なら、思いっ切り暴れてやるぜ!!」
被ダメージ
チーフ 「面白みはねぇが、強ぇな、あんたぁ!」
    「なっ!?野郎、テムジンの性能を引き出しきってんのか!?」
フェイ 「話にならねぇぇ!!」
    「気に入らねぇ!フェイ・イェンタイプのくせにぃぃっ!!」
    「カマトトぶってんじゃねぇぇ!!」
ハッター軍曹 「上等だぁぁ!来いぃっ!糞マッチョ!!」
       「ちぃぃっ!奴の間合いだったって事かよぉぉ!!」
MARZ系 「んな攻撃はカユいぜ、MARZ!!」
回避
フェイ 「当ててみな、小娘がぁ!」
ハッター軍曹 「かすらねぇぇ!軍曹よぉぉぉ!!」
MARZ系 「どうした、MARZ!?」

ジェニファー
攻撃
チーフ 「楽しんでいただけてますかしら…?」
フェイ 「貴女の相手は私…」
ハッター軍曹 「軍曹さん、筋肉脳の替えどきですよ!」
被ダメージ
チーフ 「牽制のおつもり…?」
    「さすがですね、MARZ…!」
    「さすがはテムジン…!相応の方が乗ると…!」
フェイ 「か弱い装いもそこまでです…!」
    「スピード勝負で負けるつもりはないのですけど…!」
    「くふうっ!嫌味な攻撃ですわね…」
ハッター軍曹 「魂が緩んでますよ、軍曹さん」
       「あううっ!さすがは軍曹さん…強烈です!」
       「その強烈さ、クセになりそうです…」
回避
チーフ 「お堅い攻撃ですね、チーフさん…」
フェイ 「私、あなたのような方が嫌いです…!」
ハッター軍曹 「強烈な一撃で…なおさらいただけません…」

クリアリア・バイアステン
援護攻撃
チーフ ハッター軍曹 「MARZの戦士、しっかりせよ!」
攻撃
バーチャロン系 「君の言葉を信じぬわけではないが…」
        「己が身を偽る者か…確かめさせてもらう!」
シャドウ 「シャドウ確認!」
     「雨後のタケノコのようにシャドウが現れるとは…!」
ダイモン・T 「討たせてもらうぞ、ダイモン!」
回避
シャドウ 「シャドウに不覚を取るわけにはいかない!」

ギル
攻撃
チーフ 「火力なら貴様らより上!仕留めて見せる!」
    「MARZ、邪魔しないでもらおうか!」
    「これとてビジネスだ…MARZと言えど邪魔はさせん!」
フェイ 「フェイ・イェン系…好かん!」
ハッター軍曹 「懐に飛び込まれる前に撃破!」
被ダメージ
MARZ系 「貴様のVRとは格が違うわ!」
     「さすがはMARZ、慣れている…!」
     「おのれ、MARZめ!!」

レドン
攻撃
チーフ 「タイプ747Jをロックオン!攻撃します!」
フェイ 「動きさえ見切れば!」
ハッター軍曹 「接近戦になれば勝ち目は無い…なら!」
MARZ系 「相手はMARZか…!」
被ダメージ
フェイ 「不意を突かれた!?」
MARZ系 「並のVRで勝てると思うなよ!」
     「うぐっ!MARZめ!」
     「こ、これがMARZの精鋭の実力…!」

ダイモン・T
攻撃
MARZ系 「MARZの犬どもよ…」
      「待っていたぞ、負け犬くん…」
      「MARZよ、己の反社会性を思い知るがいい…!」
被ダメージ
MARZ系 「MARZの犬よ、それで精一杯というわけではなかろう?」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-18 21:29 | スーパーロボット大戦K | Comments(0)