カテゴリ:スーパーロボット大戦J( 13 )
備考
・存在する場合、特殊セリフの発生率が、ものすごく高い。

・使い回しが多い。
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:45 | スーパーロボット大戦J | Comments(2)
オリジナル系
男主人公(カティア)
援護攻撃
甲児 カティア「ターゲット、目標範囲内で捕捉したわ!」 「甲児の次は俺達だ、行くぞ!」
鉄也  「援護します、鉄也さん!」 カティア「この距離なら、やれるわ!」
豹馬 「カティア!コン・バトラーの動きに合わせろ!」 カティア「了解!」
健一 「ボルテスだけで終わりじゃない!」 カティア「行くわ!」
忍 カティア「(主人公)!ダンクーガに続くわ!」 「了解…これでとどめだ!」
ドモン カティア「援護するわ、ドモンさん!」 「同じ箇所を叩く、行くぞ!」
キラ 「体勢が崩れた!キラの後に続く!」 カティア「ええ!」
アスラン  カティア「アスランさんの影から攻撃するわ!」 「敵の死角からなら!」
勇 「ブレンの動き、利用させてもらう!」 カティア「照準完了! 今よ、(主人公名)!」
比瑪 カティア「ヒメさんに続くわよ!」  「ああ、カティアまかせた!」
エイジ カティア「後は任せて、エイジさん!」 「この隙を突くんだ、カティア!」
ブレード 「テッカマンの動きに気を取られてると…」 カティア「こっちからも攻撃が来るわよ!」
マサト カティア「マサトさん、あとは私達に任せて!」 「もう一発!くらえ!」
アキト 「ここにいるのはエステだけじゃないっ!」 カティア「次は私達の番よ!」
宗介 「相良、支援する!」 カティア「行くわよ!」
ボン太くん カティア「ボン太クン、かわいいわ」 「カティア…、中身は相良だぞ…」
        カティア「カルヴィナ、敵がボン太クンに油断してる隙に!」 「今がチャンスだ!」
        カティア「敵がボン太クンの愛くるしい仕草で隙だらけだわ!」 「お前もだ、カティア!」
        カティア「カルヴィナ、ボン太クンがふもふも言ってて可愛いわよ!」  「カティア!今はそれどころじゃない、行くぞ!」
攻撃
アル=ヴァン 「言えよ!(機体名)の何を知っている!?」 カティア「(主人公名)、集中して!」
         「くそっ、何なんだあんたらは!俺が一体何だって言うんだ!?」 カティア「(主人公名)!落ち着いて、周りを見て!」
         「ちくしょう…わけのわかんない事ばっかりだ!!」 カティア「(主人公名)!」
         「行くぞアル=ヴァン!カティア、奴の足を止めろ!」 カティア「ええ!」
         カティア「(主人公)!」 「心配するなカティア、今日は決着を付ける!」
         「アル=ヴァン、勝負だ!」 カティア「正面から!?(主人公名)無茶よ!」
ジュア=ム 「冗談じゃない!俺は何も知っちゃいない!くっそぉおおお!」
        「(機体名)を狙うって言うなら!」 カティア「(主人公名)、気をつけて!」
        「やってやるよ!何もわからないまま、やられてたまるか!」 カティア「(主人公名)!」
        「そこだ、ジュア=ム!」 
        「来い、ジュア=ム!(機体名)で勝負だ!」
        「やらせるか、ジュア=ム!カティア、奴を逃がすな!」 カティア「了解!」
        「貴様の思い上がり…叩き直してやる!カティア、行くぞ!」 カティア「ええ!」
        カティア「(主人公名)!目標捕捉、今よ!」 「墜ちろっ、ジュア=ム!」
フー=ルー 「くそっ、流石に速い!だけど(機体名)なら!」
        「あんたが狙ってるのは俺だろ!ならこっちから行ってやる!」 カティア「気をつけて、(主人公)!敵の射撃は正確よ!」
        「フー=ルー…あんたは俺が墜とす!行くぞ、カティア!」 カティア「ええ!」
グ=ランドン 「総代だか何だか知らないけど、そんな物!」
         「(機体名)で決める!カティア、いいな!?」 カティア「ええ、いつでもいいわ!」
         「こいつさえ仕留めれば!」 カティア「行くわ、(主人公名)!」


男主人公(メルア)
援護攻撃
甲児 メルア「ターゲット、目標範囲内に捕捉しました!」 「甲児の次は俺達だ、行くぞ!」
鉄也  「援護します、鉄也さん!」 メルア「この距離なら、やれます!」
豹馬 「メルア!コン・バトラーの動きに合わせろ!」 メルア「はい!」
健一 「ボルテスだけで終わりじゃない!」 メルア「行きます!」
忍 「(主人公)さん!ダンクーガに続きます!」 「了解…これでとどめだ!」
ドモン メルア「援護します、ドモンさん!」 「同じ箇所を叩く、行くぞ!」
キラ 「体勢が崩れた!キラの後に続く!」 メルア「はい!」
アスラン  メルア「アスランさんの影から攻撃します!」 「敵の死角からなら!」
勇 「ブレンの動き、利用させてもらう!」 メルア「照準完了! 今です、(主人公名)さん!」
比瑪 メルア「ヒメさんに続きます!」  「ああ、メルアまかせた!」
エイジ メルア「後は任せてください、エイジさん!」 「この隙を突くんだ、メルア!」
ブレード 「テッカマンの動きに気を取られてると…」 メルア「こっちからも攻撃が来ますよ!」
マサト メルア「マサトさん、あとは私達に任せてください!」
アキト 「ここにいるのはエステだけじゃないっ!」 メルア「次は私達の番です!」
宗介 「相良、支援する!」 メルア「行きます!」
ボン太くん メルア「ボン太くん、可愛いです!」 「メルア…中身は相良だぞ…」
       メルア「(主人公)さん、ボン太くんがふもふも言ってて可愛いです!」 「メルア!今はそれどころじゃない、行くぞ!」
       メルア「敵もボン太くんの愛くるしい動作で隙だらけです!」 「お前もだ!メルア!」
攻撃
アル=ヴァン 「ちくしょう…わけのわかんない事ばっかりだ!!」
         「くそっ、何なんだあんたらは!俺が一体何だって言うんだ!?」
         「言えよ!(機体名)の何を知っている!?」
         メルア「(主人公)さん…」 「心配するなメルア、今日は決着を付ける!」
ジュア=ム 「そこだ、ジュア=ム!」 
        「来い、ジュア=ム!(機体名)で勝負だ!」
        「やらせるか、ジュア=ム!メルア、奴を逃がすな!」 メルア「はい!」
        「貴様の思い上がり…叩き直してやる!メルア、行くぞ!」 メルア「はい!」
フー=ルー 「あんたが狙ってるのは俺だろ!ならこっちから行ってやる!」 メルア「気をつけて、(主人公)さん!敵の射撃、正確ですよ!」
        「フー=ルー…あんたは俺が墜とす!行くぞ、メルア!」 メルア「はい!」
グ=ランドン 「総代だか何だか知らないけど、そんな物!」
         「こいつさえ仕留めれば!」 メルア「行きます、(主人公)さん!」

女主人公 (フェスティニア)
援護攻撃
甲児 フェスティニア「ターゲット、攻撃範囲内に捕捉したよ!」 「甲児の次は、こっちよ!」
鉄也 「援護するわよ、剣鉄也!」 フェスティニア「この距離、もらった!」
豹馬 「テニア!コン・バトラーの動きに合わせて!」 フェスティニア「OK!」
健一 「ボルテスだけで終わりじゃないわよ!」 フェスティニア「行くよ!」
忍 フェスティニア「(主人公名)、ダンクーガに続くよ!」 「了解…とどめはこっちで刺してあげるわ」
ドモン フェスティニア「援護するよ、ドモン!」 「同じ箇所を叩く、行くわよ!」
キラ 「体勢が崩れた!キラの後に続く!」 フェスティニア「うん!」
アスラン フェスティニア「アスランの影から攻撃するよ!」 「敵の死角からなら!」
勇 「ブレンの動き、利用させてもらう!」 
比瑪 フェスティニア「ヒメに続くよ!」 「テニアまかせたわ!」
エイジ フェスティニア「後は任せてよ、エイジ!」 「この隙を突く!」
ブレード 「テッカマンの動きに気を取られてると…」 フェスティニア「こっちからも攻撃が来るんだから!」
マサト フェスティニア「マサト、後はアタシ達に任せてよ!」 「悪いわね、獲物はもらった!」
アキト 「ここにいるのはエステだけじゃないっ!」 フェスティニア「次はアタシ達の番だよ!」
宗介 「サガラ軍曹、フォーメーションを組め!」 フェスティニア「行くよ!」
ボン太くん フェスティニア「敵もボン太くんの愛くるしい仕草で隙だらけだよ!」 「テニア、あなたも隙だらけね…」
        フェスティニア「(主人公名)、敵がボン太くんに油断してるよ!」 「今がチャンスね!」
        フェスティニア「ボン太くん、可愛いよ!」 「テニア…中身はあのサガラ軍曹よ…」
        フェスティニア「(主人公名)、ボン太くんがふもふも言ってて可愛いわよ!」 「テニア!今はそれどころじゃないわ、行くわよ!」
攻撃
アル=ヴァン 「言ったはずだ!貴様は殺すと!」
         「あんたの相手は私よ!他の誰にもやらせはしない!」
         「アル=ヴァン!貴様だけは!貴様だけは私の手で!」 フェスティニア「(主人公名)!落ち着いてよ、周りを見て!」
         「アル=ヴァン、貴様ぁ!逃げるなぁあっ!!」 フェスティニア「(主人公名)!」
         「私を生かしておいたことを…死んで悔やめ!」
         「距離を詰めなさい、テニア!」 フェスティニア「う、うん!」 「逃がさない…逃がさないわよ!」
ジュア=ム 「よくも私の前に出てきてくれたわね、ジュア=ム!」
        「機体の性能だけじゃ、動きのクセまでは直せない!」
        「そこだ、ジュア=ム!」 フェスティニア「ターゲット確認終わり!」
        「あんたの思い上がり…叩き直してあげるわ!テニア、行くわよ!」 フェスティニア「うん!」
        「やらせるか、ジュア=ム!テニア、奴を逃がすな!」 フェスティニア「うん!」
        「相変わらず動きが荒い!いくら速くたって!」 フェスティニア「前に出るよ、(主人公名)!」
      フェスティニア「(主人公名)!目標捕捉したよ!」 「墜ちろっ、ジュア=ム!」
フー=ルー 「(機体名)で相手をするわ!」 フェスティニア「気を付けて、(主人公名)!敵の射撃、正確だよ!」
        「女同士だからって、遠慮は無しで行くわよ!」 フェスティニア「わかってるって!」
        「危険な敵は…撃たれる前に落とす!」 フェスティニア「目標、射程圏内で捕捉したよ!」
グ=ランドン 「(機体名)で決める!テニア、いい!?」 フェスティニア「うん、いつでもいいよ!」
         「騎士団だか何だか知らないけど、そんな物!」
         「こいつさえ仕留めれば!」 フェスティニア「行くよ、(主人公名)!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 19:02 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
マジンカイザー
兜甲児
援護攻撃
さやか 「さやかさん、後は俺に任せなって!」
ボス 「ボス、何モタモタしてんだよ!」
鉄也 「鉄也さん、こいつは俺がやりますよ!」
ジュン 「ジュンさん、後は俺が始末つけてやるぜ!」
ローリィ 「ローリィさん、ロールさん、無理しないで!あとは俺がやる!」
攻撃
あしゅら 「あしゅら男爵!この俺は、逃げも隠れもしないぜ!」
      「行くぜ、あしゅら男爵!」
      「あしゅら男爵!てめえの出番はこれで終わりだぁ!」
      「来るなら来い、あしゅら男爵!」
機械獣 「機械獣め!こいつを食らいやがれ!」
      「機械獣なら、俺に任せろってんだぁ!」
      「行くぜ、機械獣!俺が相手になってやるぜ!」
ミケーネ系 「お前らミケーネの野望は…、俺が打ち砕く!!」
被ダメージ
甲児 「何っ!血迷ったか、兜!」
あしゅら 「へっ、あしゅらめ!調子が悪いみたいじゃねえか!」
      「あしゅら男爵め、覚えてろよ!」
      「おお、あしゅら男爵…てめえにだけは負けねえぞぉ!」
機械獣 「まっ、機械獣じゃそんなもんだろうよ」
      「くそぉー!機械獣相手に油断しちまったかぁ!?」
      「やいやい機械獣!この借りは倍にして返してやるぜ!」
      「チキショー!機械獣の分際でよくもやりやがったなぁ!」
妖機械獣 「新型といってもその程度か?」
       「今までの機械獣とはどうやら違うようだな」
回避
あしゅら 「あしゅら男爵!こっちだ、こっち!」
      「どうだあしゅら男爵!この兜甲児、そう易々と負けねえぜぇっ!」
      「見たか!あしゅら男爵!」
機械獣 「あ~らよっと!機械獣の攻撃なんかに当たるかよ!」

弓さやか
援護攻撃
甲児 「安心して、甲児くん!あとは私が戦うわ!」
ボス 「うまくいったわね、ボス!」
鉄也 「鉄也さん、次は私がやってみるわ!」
ジュン 「ジュンさん、わたしも手伝うわ!」
ローリィ 「ローリィさん、ロールさん、私も!」
攻撃
あしゅら 「あしゅら男爵!あなた達の勝手にはさせないわ!」
機械獣 「機械獣は私が食い止めるわっ!」
      「かかってきなさい、機械獣!」
妖機械獣 「それ以上やらせないわ、新型機械獣!」
被ダメージ
妖機械獣 「…攻撃力も破壊力も、今までの機械獣とぜんぜん違うわ!」

ボス
援護攻撃
甲児 「兜ぉ、安心しろ!俺様が来たからには、あいつは倒してやるぜ!」
さやか 「さやか、俺もやるぜ!」
鉄也 「鉄也、たまには俺にもオイシイとこよこせよ!」
ジュン 「ジュン、やっぱ、俺様の助けが必要だろ!?」
ローリィ 「ローリィちゃん、ロールちゃん!任しとけぃ!!」
攻撃
機械獣 「やいやい、機械獣!好きにはさせねえぞ!」
      「機械獣なんか、クソくらえだぜ!」
妖機械獣 「新型だろうがクワガタだろうが、俺様がとっ捕まえて、ボッコボコにぶん殴ってやる!」

剣鉄也
援護攻撃
甲児 「待ってろ兜!俺がとどめを刺してやるぜ!」
さやか 「さやかさんは下がってな!後は俺がやる!」
ボス 「どいてろ、ボス!お前には無理だ!」
ジュン 「ジュン、こいつは俺の獲物だ!どけ!」
ローリィ 「ローリィさん、ロールさん、退いてくれ!俺がやる!」
攻撃
あしゅら 「あしゅら男爵、覚悟!」
あしゅらマジンガー 「そんな人類の守り神はこの俺が叩き潰してやる!」
機械獣 「機械獣は俺に任せろ!いくぜ、機械獣!」
      「来やがったな、機械獣ども!俺が相手になってやる!!」
被ダメージ
あしゅら 「話にならんな、あしゅら男爵!」
      「つぅ!あしゅら男爵め、なかなかいい攻撃だったぜ…だが!」
      「ぐはっ!やるな、あしゅら男爵…だが一人では死なん!」
戦闘獣 「くそー!こいつは機械獣よりはるかに強い!」

炎 ジュン
援護攻撃
甲児 「甲児くん!次は私が行くわ!」
さやか 「さやか!今度は私がやってみるわ!」
ボス 「ボス、邪魔よ!どいて!」
鉄也 「鉄也!ここは私に任せて!」
ローリィ 「ローリィさん!ロールさん!続けて行くわ!」

ローリィ
援護攻撃
甲児 「甲児くん!私達に任せて!」
さやか 「さやかさん!私達も手伝うわ!」
ボス 「ボスくん!私達でなんとかするわ!」
鉄也 「鉄也くん!ここは私達がやってみるわ!」
ジュン 「ジュンさん!私達も!!」

あしゅら男爵
攻撃
甲児 「おのれ、マジンガー!この手で倒してやる!」
    「にっくき兜甲児!これでもくらえ!」
    「マジンカイザーめ、叩きのめしてくれる!」
    「お前は間もなくマジンガーZと同じ運命をたどるのだ!」
    「死ねぇっ、兜甲児!」
グレートマジンガー 「トドメだ、グレートマジンガー!」
被ダメージ
甲児 「おのれ、兜甲児!必ずお前をあの世へ送ってやる!」
    「くっ!兜甲児め、このままでは…!」
鉄也 「おのれ、剣鉄也!このくたばりぞこないめが!」

ハーディアス
攻撃
女性 「このブス!」
    「このブス!あんたなんか死んでおしまい!」
被ダメージ
甲児 「なんなのよ!マジンカイザー!」

バーダラー
攻撃
甲児 「待っていたぞ!兜甲児!」
    「兜甲児、貴様さえ殺せば!」
    「兜甲児、死ねっ!!」
被ダメージ
甲児 「のおぉぉぉーっ!!マジンカイザーの力がこれほどとは!?」

ドレイドウ
攻撃
マジンガー系 「マジンガー軍団もこれまでだ!!」
         「貴様らマジンガー軍団も、最後だな!!」
被ダメージ
甲児 「恐るべしマジンカイザー!」

暗黒大将軍
攻撃
甲児 「マジンカイザーは我がミケーネの地上支配における最大の障害…」 「なんとしても、地獄に葬り去ってくれる!」
    「兜甲児!ここを貴様の墓場にしてやる!」
    「兜甲児!ここで貴様は死ぬのだ!!」
    「くたばるがいい、兜甲児ぃいいい!そして、マジンカイザー!!」
    「くたばるがいい、兜甲児ぃいいい!」
被ダメージ
甲児 「どうした!?兜甲児!!そんなことでは倒せんぞ!」
    「兜甲児め!これで勝てると思うたか!?」
    「ぐうっ…死なばもろともだ、兜甲児!!」
マジンガー系 「光子力研究所の連中め…こざかしい真似を…」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:55 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
ブレンパワード
伊佐見勇
援護攻撃
比瑪 「前に出過ぎだ、比瑪!」
    「呼んだな?比瑪!」
カナン 「カナン、援護するぞ!」
ブレンパワード 「ブレン同士なら!」
攻撃
比瑪 「ブレンパワードは使っちゃいけないんだ!」
    「ベラベラうるさい女が、いいかげんなこと言うな!」
カナン 「カナン!オルファンから離れなくちゃ駄目だ!」
     「カナン!そんなにオルファンに認められたいのか!?」
ジョナサン 「ジョナサン・グレーンッ!!」
       「ジョナサン!観念しろ!」
       「ジョナサン!オルファンに従うことは絶対に正義じゃない!」
クインシィ 「姉さん…何が不満なんだ、この世界に!」
       「この感触…クインシィ・イッサーか!」
       「姉さん!いつになったら直るんだ、その性格は!」
       「姉さん!真の抗体になってしまったのか!?」
シラー 「闇雲にオルファンのために戦って、お前の弟達が喜ぶものか!」
     「こんな内輪喧嘩が何になるんだっ!」
エッガ 「あいつ!グランチャーをあんな風に使って!」
バロン 「バロン!何故罪を重ねる!?」
     「強すぎる力は、身を滅ぼすぞ!!」
リクレイマー 「オルファンが絶対者なら、全てを救えるはずだっ!」
         「リクレイマーはオルファンの使いじゃない!」
被ダメージ
比瑪 「くっ!ブレンパワードは不完全なアンチボディなんだぞ!」
    「ブレンパワードのことを知らないのに乗るんじゃない!」
ジョナサン 「邪魔をするな!ジョナサン!!」
       「ジョナサン!グランチャーの任務も、オルファンの目的だっておかしいんだ!!」
       「ぐうっ!ジョナサン…!これ以上は!」
クインシィ 「いつもこうだ!姉さんのやり方は!!」
       「くっ!おかしいのは姉さんの方だ!」
       「ぐあっ!!クインシィになりきって…!」
シラー 「目を覚ませ、シラー!」
バロン 「バロン!何故、俺を殺そうとする!?」
     「奴はどうしてああもジョナサンを…!?」
     「あ、あのバロンズゥは…危険すぎる!!」
回避
カナン 「カナン!オルファンを捨ててくれないか!?」
ジョナサン 「させるか!ジョナサン!!」
クインシィ 「姉さん…!まったく抗体になりきってる!」
       「やめようよ、姉さん!こんなこと!!」
シラー 「弟達のことを覚えているなら…オルファンから離れろよ!」
バロン 「バロンズゥのあの力…どこから来る!?」

宇都宮比瑪
援護攻撃
勇 「勇!一人じゃ戦えないのよ!」
カナン 「カナンさん、援護しますっ!」
攻撃
カナン 「勇を取り返しに来たんでしょあなたは!」
ジョナサン 「魂胆悪いからでしょ!宇津宮比瑪・ブレン…根性直してやるから!」
クインシィ 「考えすぎです、依衣子さん!オルファンさんは一人でやっていける方です!」
       「勇の姉さん…!?」
バロン 「ブレン、怖がらないで!あんなロボット!!」
     「あんな敵、まともじゃあ…!」
     「あの人を止めないと大変なことになる!」
リクレイマー 「あんたみたいのがグランチャーに取りつかれてやってるのよ!」
回避
勇 「あなたたちが来たおかげでびっくりして怖がってるわ!」
カナン 「あの人、迷ってくれている!?」
バロン 「何なの、あのエナジーは!?」

ラッセ・ルンベルク
援護攻撃
勇 「前へ出るぞ、ユウ!」
比瑪 「やるじゃないか、ヒメちゃん!」
ナンガ 「どうした、ナンガ!詰めが甘いぜ!」
攻撃
ジョナサン クインシィ 「指揮官機を落とせば!」
バロンズゥ 「バロンズゥとかいう奴…!」
リクレイマー 「相手はグランチャーか!」
       「そこまでだ、リクレイマーさんよ!」
被ダメージ
リクレイマー 「そっちのアンチボディはそんなものかい?」
         「ブレン、落ち着け!」
         「リクレイマーめ…やってくれる!」
回避
リクレイマー 「こっちだって、アンチボディをちゃんと使えるさ!」

ナンガ・シルバレー
援護攻撃
勇 「ユウの奴、相変わらず突っ走りやがって…!」
比瑪 「ヒメ!後は任せろ!」
ラッセ 「ラッセに続け、ナンガ・ブレン!」
攻撃
リクレイマー 「オルファンのアンチボディなんぞ!」
         「来たな…グランチャー!」
         「リクレイマーの好きにはさせんよ!」
被ダメージ
リクレイマー 「チッ、リクレイマーめ!」
         「グランチャーなんぞに負けるな、ナンガ・ブレン!」
         「ぐあっ!こ、これがグランチャーの力なのか!?」
回避
リクレイマー 「グランチャーとだって、互角にやり合える!」

カナン・ギモス
援護攻撃
勇 「勇、後は任せて!」
ラッセ 「ラッセ!前に出過ぎないで!」
ヒギンズ 「君!弟の手伝いをしてあげて!」
攻撃
勇 「ユウ!何で相談してくれなかったの!?」
比瑪 「あなたに会わなければ、ユウもあたしも迷うことなんかなかったのに!」
ジョナサン 「ジョナサン!勇の所へは行かせない!」
        「ジョナサン・グレーン!!」
クインシィ 「クインシィ・イッサー!そんな戦い方をして!!」
       「クインシィが先頭に立つ作戦なら、彼女を倒すしかないけど!」
       「ユウとあのグランチャーを戦わせては…!」
       「赤いバロンズゥ…!!」
シラー 「シラー、邪魔をしないで!」
     「シラー!私はオルファンに戻るつもりはないわ!」
ブレン系 「ブレンパワードにリバイバルしたら、撃破するのが規則だ!」
被ダメージ
ジョナサン 「ジョナサン!いい加減にして!」
「あなたの好きにはやらせないわ、ジョナサン!」
シラー 「オルファンの抗体になりきって!」
リクレイマー 「リクレイマーの目的は間違っているのよ!」
回避
ジョナサン 「ジョナサン!いい加減にして!」
        「ジョナサン!私はオルファンを捨てたのよ!」
シラー 「オルファンの抗体になりきって!」
リクレイマー 「リクレイマーの目的は間違っているのよ!」

ヒギンズ・サス
援護攻撃
勇 「やるわね、勇!」
比瑪 「君!ヒメ・ブレンに続いて!」
カナン 「君!カナンに続いて!」
攻撃
ジョナサン 「ジョナサン!私の邪魔はさせない!」
クインシィ 「勇の代わりに私が!」
シラー 「シラー!あんたに同情なんてしないわ!」
リクレイマー 「そんなんだから、グランチャーはあんたを選んだ!」
回避
ジョナサン 「遊びのつもりか?ジョナサン・グレーン…」
クインシィ 「クインシィ!オルファンは私が止めて見せる!」
シラー 「私だって!家族を死なせてしまった運の無い女よ!」

ナッキィ・ガイズ
援護攻撃
勇 「ユウ・イサミ!オレも手伝ってやる!!」
比瑪 「さすがゲイシャガール!続けて行くぜ!」
カント 「もともと俺のもんだからな!カント・ブレン、援護するぜ!」
攻撃
グランチャー 「グランチャーめ!」

カント・ケストナー
攻撃
リクレイマー系 「僕たちは、この母なる地球で生きるしかないんですから!」

ネリー・キム
被ダメージ
ジョナサン 「ああっ…!さすがバロンのグランチャー」

ジョナサン・グレーン
援護攻撃
勇 「どけ、ユウ!奴は俺がやる!!」
クインシィ 「どけ、クインシィ!奴は俺がやる!!」
攻撃
勇 「いくじなしめ!男じゃないんだよ、貴様は!!」
   「ユウの小僧はっ!」
   「ユウ!消えてなくなれぇ!!」
   「生きているのが辛いだろ、ユウ!楽にしてやるよ!」
比瑪 「小娘がっ!!」
    「ユウと一緒に始末してやるぅっ!!」
    「ユウ・ブレン以外、興味はないんだよ!」
カナン 「裏切り者は死ねぇっ!!」
     「オルファンを捨てた奴にかける情けはない!!」
ブレン系 「またあのブレンかっ!」
      「そんな機能不全のブレンパワードでっ!」
      「ハハハハハッ!ブレンパワードなんか!!」
被ダメージ
勇 「ハハハハ!非力なんだよ、ユウ!」
   「ユウ!貴様は私のアンチボディを!!」
   「ユウっ!貴様ぁっ!」
   「ぬうう!俺はユウなんかに負けちゃいないっ!!」
ブレン系 「ブレンパワードがこんなに使えるのか!?」
      「何なんだ!あのブレンは俺に傷を負わせる!」
      「こうも戦えるというのか!?ブレンごときが!?」
      「うおっ!出来損ないの分際でぇっ!!」
回避
勇 「甘いぞ!イサミ・ユウ!!」

クインシィ・イッサー
援護攻撃
勇 「勇!援護してやる!」
ジョナサン 「左翼は任せろ、ジョナサン!」
シラー 「シラー、援護してやる!」
攻撃
勇 「勇…私を姉と思うなら、この世から消えてなくなれぇっ!!」
  「見つけた、勇っ!!」
  「勇!あたしに討たれなさい!」
  「落ちろ、落ちろ!ガバナーに殺されるわけにはいかないんだ!落ちろぉっ!」
  「勇がいた!勇がぁっ!」
比瑪 「お前じゃない!勇だよ!勇を出しなさい!!」
    「消えろっ!ウツミヤ・ヒメ!!」
    「お前とそのブレンは目障りなんだっ!」
カナン 「カナン・ギモス!オルファンに戻らないのか!?」
     「お前まで勇に惑わされたのか!」
     「脱走者は撃破のみ!」
ブレン系 「ブレンに汚染された者など!」
      「出来損ないのアンチボディがっ!」
被ダメージ
勇 「くうっ!私の邪魔をするな!勇っ!!」
  「勇っ!この裏切り者がっ!!」
  「お前のおかげで私はガバナーに誓った忠誠を疑われているんだぞ!」
  「勇!よくもっ!!」
  「勇…お前だけはこの手で!」
  「あんたはオルファンを出て行った…両親を裏切り、家族の絆を断ち切って!!」
ブレン系 「そんなアンチボディで私を倒せると思っているのか」
      「ば、馬鹿な!ブレンにこんな力など、あるはずがない!」
      「話が違う…話が違うっ!ブレンは連携して戦っている!!」
回避
勇 「勇!お前など弟ではない!」
ブレン系 「だから、お前のアンチボディは不完全なんだよ!」

シラー・グラス
援護攻撃
ジョナサン 「そうだよ、ジョナサン!!」
攻撃 
勇 「裏切り者を倒すのに、ジョナサンが出ることはない!」
  「逃がしゃしないよ、ユウ!」
  「お前を倒すことで、全てを変革できる!」
比瑪 「小娘がっ!お前も死になっ!!」
    「ユウと一緒に仲良く死なせてあげるよ!!」
カナン 「カナン!裏切りの代償は払ってもらう!」
     「あんたはオルファンの抗体にはなれやしないのさ!」
ブレン系 「ブレンパワードなんか!」
      「ブレンに汚染されたものなど!」
被ダメージ
勇 「ユウのブレンは体力を付けてるのか!」
   「ううっ!ユウめぇぇっ!!」
   「ぐうっ!あんたさえ消せば、ジョナサンは!!」
ブレン系 「所詮アンチボディの出来損ないだね!」
      「何っ!?ブレンごときにっ!!」
      「な、何なんだ、あのブレンは!?」
      「あのアンチボディ…活性化している!?」
      「ブ、ブレンがグランチャーに勝るというのかい!?」

エッガ・ブランカン
攻撃
勇 「覚悟!ユウ!!」
  「親を裏切るガキなどは、親不孝以下だろうっ!」
  「裏切り者なんぞはいなくなっちまえぇぇぇぇっ!!」
比瑪 「このアマ!!」
ブレン系 「アンチボディの出来損ないなど、このエッガ・グランチャーで叩き落してくれる!」
      「出来損ないがぁっ!!」
      「何がブレンパワードだ!」
被ダメージ
勇 「どうした、ユウ!その程度か!?」
   「裏切り者がぁ!調子に乗るんじゃねぇっ!」
   「ぐおっ!ユウめえっ!」
ブレン系 「ブレンごときが、この俺に勝てるかぁっ!」
      「フン!アンチボディのなりそこないが!!」
      「何ぃっ!ブレンごときがこんな力を!?」

バロン・マクシミリアン
援護攻撃
ジョナサン 「見ていなさい、ジョナサン!あなたの敵は私が排除してあげる!」
攻撃
勇 「イサミ・ユウ、死ねよや!!」
   「喜べ、ジョナサン!お前の望みは私がかなえてやる!」
比瑪 「小娘!ジョナサンの邪魔はさせんぞ!」
被ダメージ
勇 「私をこうさせたのはイサミ・ユウ…お前だ!」
   「お、おのれ!お前さえいなければ!!」
ブレン系 「ブレンなど、我がバロンズゥの前には無力だ!」
       「チッ…小賢しいアンチボディめ!」
       「ば、馬鹿な…!ブレンパワードごときに、私のバロンズゥが!?」

リクレイマー
攻撃
ブレン系 「ブレンを動かした貴様は死ぬんだよ!」
      「アンチボディの出来損ないが!」
      「ブレンパワードは撃破するのが規則だ!」
      「ブレンパワードなど!」
被ダメージ
ブレン系 「何!?ブレンごときに!」
      「ブレンパワードに汚染されている者などにっ!」
      「ぐああっ!不完全なアンチボディのくせに!!」
      「ブレンがああも…!聞いてないぞ!」
      「何でブレンがあんなに使えるんだ!?」
      「ブ、ブレンパワードが…グランチャー並の力を発揮している!?」
      「な、何だ!あのブレンパワードは!?」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:54 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
超電磁系
葵豹馬
援護攻撃
健一 「健一!ここはコン・バトラーにまかせろ!」
    「よっしゃ、ボルテスに続けて攻撃だ!」
    「健一!コンビネーション・アタックだ!」
    「超電磁ロボの連続攻撃だ!」
    「みんな、ボルテスチームに遅れるな!」

剛健一
援護攻撃
豹馬 「豹馬、ボルテスで仕留める!」
    「コン・バトラーに続け!」
    「豹馬、後は任せろ!」
    「コン・バトラーに遅れるな!」
攻撃
ジャンギャル 「行くぞ!ジャンギャル!!」
         「ジャンギャル!真っ向勝負だ!」
カザリーン 「これまでだ!リー・カザリーン」
ズール 「ド・ズール、覚悟っ!」
     「ド・ズール!お前だけは許さん!」
ベルガン 「逃がさないぞ、ド・ベルガン!」
       「勝負だ、ド・ベルガン!」
ハイネル 「勝負だ、プリンス・ハイネル!」
       「行くぞ!プリンス・ハイネル!」
       「ハイネル!俺達は負けないっ!」
獣士 「行くぞ!ボアザンの獣士め!」
被ダメージ
ジャンギャル 「ジャンギャル!遠慮はいらないぞ!!」
         「まだまだ!本気で来い、ジャンギャル!!」
         「ジャンギャル…!何てパワーだ…!!」
ベルガン 「ベルガン!俺達は逃げも隠れもしないぞ!」
       「そうだ、ベルガン!正面からかかってこい!」
       「ベルガン…俺達はまだ倒れちゃいないぞ!」
ハイネル 「くっ!やるな、ハイネル…!!」
       「どうした、ハイネル!お前の力はそんなものか!」
       「くっ!さすがは敵の総大将だ…!」
       「ぐうっ!ハイネル…!俺達はまだ生きているぞ!」
       「ハイネル…!俺達の底力を見せてやるぞっ!!」
       「まだだ!まだ勝負はついていないぞ、ハイネル!」
ボアザン星人 「ボアザン貴族に屈しはしないぞ!」
         「お前達を倒さなければボアザン星は…!!」
         「ボアザン星のみんなのためにも負けられないんだ!」
         「これ以上、お前達貴族の好きにはさせない!!」
回避
ジャンギャル 「当たりはしないぞ、ジャンギャル!」
ベルガン 「ベルガン!正面からかかってこい!」
ハイネル 「甘いぞ、プリンス・ハイネル!」
       「ハイネル!俺達はここだぞ!」
ボアザン星人 「それがボアザン貴族の誇りとやらか!?」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:52 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
レイズナー
アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ
援護攻撃
デビッド 「デビッド、ここは任せろ!」
ロアン 「ロアン、ここは引いてくれ!」
シモーヌ 「シモーヌ、1人じゃ無理だ!」
ゲイル 「先輩!ここは僕が!」
ジュリア 「姉さん、援護します!」
攻撃
ゲイル 「先輩!このような戦いは…!」
ジュリア 「姉さん!やめてください!」
ゴステロ 「生きていたんだな、ゴステロ!」
       「来い、ゴステロ!勝負だ!」
       「ゴステロ!貴様のそれ以上の非道は許さない!」
ル・カイン 「ル・カイン!俺がお前を倒す!」
       「ル・カイン!お前の自由にはさせない!」
       「ここで本当の決着を…この手でつけてやる!」
AI系 「相手が機械なら、遠慮はいらない!」
有人機 「パイロットは殺したくない!」

デビッド・ラザフォード
援護攻撃
エイジ 「エイジばっかりに任せてられるか!」
     「エイジの影からなら!」
ロアン 「ロアン!交代だ!」
     「ロアン!バトンタッチだ!」
シモーヌ 「シモーヌ!愛してるぜ!」
      「シモーヌ!無理すんな!」
攻撃
ゴステロ 「ゴステロ!俺が相手だ!」

ロアン・デミトリッヒ
援護攻撃
エイジ 「エイジ!僕に任せて!」
     「エイジ、僕が援護を!」
デビッド 「デビッドとのコンビネーションなら!」
      「デビッド、いいタイミングです!」
シモーヌ 「シモーヌ、下がって!」
      「シモーヌ!無茶です!」

シモーヌ・キュリアン
援護攻撃
エイジ 「エイジ!あたしが!」
     「エイジにこれ以上辛い思いはさせないわ」
デビッド 「デビット!あまいわよ!」
      「ありがと、デビット!気が利くじゃない!」
ロアン 「ロアン!どいて!」
     「ロアン!攻撃はこうするのよ!」

カルラ
攻撃
エイジ 「死ね、エイジ!」
     「エイジ!貴様だけはこの手で殺してやる!」

ゴステロ
援護攻撃
ル・カイン 「閣下!こいつを叩く役は自分こそがうってつけの戦士でございます!」
マンジェロ 「マンジェロ、取り逃がすんじゃねぇ!」
ボーン 「ボーン、お前にはもってぇねぇ相手だ!」
ゲティ 「ゲティ、いただくぜ!」

攻撃
エイジ 「たっぷりと礼はさせてもらうぜ!」
     「ジュリアの悲しむ顔が目に浮かぶぜ!」
     「エイジィ、エイジィィィッ!」
     「死ねぇぃ、エイジ!」
被ダメージ
エイジ 「怒ったか、エイジ!」
     「ハハハハハ、どうしたエイジ!」
     「おのれ、エイジィィィーッ!」
     「フン…人殺しもできんくせに!」
回避
エイジ 「あいかわらずの甘ちゃんだな、エイジ!」
     「あいかわらずアマちゃんだなぁ!」

マンジェロ
援護攻撃
ル・カイン 「ル・カイン様、こやつは必ずや仕留めてご覧に入れます!」
ゴステロ 「ゴステロ、貴様のやり方はまだるっこしいんだよ!」
ボーン 「ボーン、離れろ!そいつは俺が殺す!」
ゲティ 「ゲティ、なぜ仕留められん!貴様の取り柄は馬鹿力だけなんだぞ!」

攻撃
エイジ 「死鬼隊はレイズナーを倒せとの命令だ!死ねぇっ!」
     「エイジめ…貴様はぜってぇに俺が殺す!」
     「ヒハハッ!レイズナーもろともぶっ殺してやる!」

ゲティ
援護攻撃
ル・カイン 「閣下!ここは私にやらせてください!」
ゴステロ 「ゴステロ、腕が鈍ったんじゃねえのか?」
マンジェロ 「マンジェロ!チビのくせにでしゃばるな!」
ボーン 「ボーン、ドジこいたな!」
攻撃
エイジ 「叩き潰してくれるぜ、レイズナー!」
     「エイジ、お前の首は俺が頂いたぁぁぁっ!」

グラドス兵
攻撃
エイジ 「この裏切り者がぁっ!」
     「レイズナーめ、落ちろ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:51 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
Gガンダム
チボデー・クロケット
援護攻撃
ドモン 「こいつの後ってのが気に入らねえが…仕方ねえ!」
サイ・サイシー 「どいてろ、チャイニーズ!俺がやってやる!」
ジョルジュ 「相変わらずキザな攻撃だぜ、まったくよ!」
アルゴ 「おっさん!トドメはまかせな!」
アレンビー 「てめえの攻撃は軽いんだよ!こうやるんだ!」
レイン 「がんばるじゃねえの、レイン。シメは俺がやるぜ!」
シュバルツ 「忍者の次はボクサーだぜ!」
攻撃
ドモン 「ドモン…この力なら…もうお前には負けない…!」(DG)
東方不敗 「ドモンのティーチャーか!面白え!」
デビルガンダム 「ここがてめえの最終ラウンドだ、デビルガンダム!」
被ダメージ
東方不敗 「どうしたよ!歳には勝てねえか!?」
       「異種格闘技戦もいよいよ面白くなってきたぜ!」
       「ヘッ…何が流派東方不敗だ…俺はまだ生きてるぜ…!」
デビルガンダム 「見かけ倒しのデカブツがぁ!」
           「シット!これがデビルガンダムの力かよ!?」
           「これが…力ぁ!?認めねぇ!俺は認めねぇ!」

サイ・サイシー
援護攻撃
ドモン 「アニキ!後はおいらがやるよ!」
チボデー 「チボデーのアニキ!おいらがフィニッシュするぜ!」
ジョルジュ 「そんじゃま、おいらも美しくいきますか!」
アルゴ 「おっさん!コンビネーションといくぜ!」
アレンビー 「おいらも派手に舞ってみるか!」
レイン 「レイン姉ちゃん、結構やるじゃん!」
シュバルツ 「忍術に負けてられるかってんだ!」
攻撃
ドモン  「アニキ…今度はおいらが勝つ…負けねェ!」(DG)
東方不敗 「あんたに勝たなきゃ、ドモンのアニキにも勝てない!」
       「東方不敗!あんたの強さはわかる…だけどっ!」
デビルガンダム 「デビルガンダム!ここで消えてもらうぜ!」
           「ここで会ったが百年目!カタをつけさせてもらうぜ!」
四天王 「四天王だかなんだか知らねぇが、目にものみせてやるぜ!」
被ダメージ
東方不敗 「遊んでじゃないぜ!マスターアジア!」
       「押されてる…!?これが…東方不敗!」
       「このオッサン…強い…!だけど…オイラにも意地がある!」
デビルガンダム 「なんだよ、こんなもんなの?デビルガンダムってさ!」
           「まだまだ!ゲテモノガンダムには負けねえって!」
           「ここで倒れたら…こいつを野放しにしちまう…っ!」

ジョルジュ・ド・サンド
援護攻撃
ドモン 「ドモン!後は私に任せて!」
チボデー 「もう少し美学のある戦いをしたらいかがですか?」
サイ・サイシー 「相変わらず元気ですね、あなたは!」
アルゴ 「私はエレガントに攻めさせていただきましょう!」
アレンビー 「飛んだり跳ねたりばかりが美しさではないのでね」
レイン 「マドモアゼル・レイン、後はお任せを」
シュバルツ 「さすがはシュバルツ・ブルーダー!ならば私も!」
攻撃
ドモン 「もうあなたには負けない!負けないと言っているんですよォ!」(DG)
東方不敗 「先代キング・オブ・ハート…!相手にとって不足はありません!」
       「私達はここで先代のあなたを超えなければならない…!」
デビルガンダム 「その呪われたDG細胞…滅ぼします!!」
           「あなたを倒すことが、私達の使命!!」
被ダメージ
東方不敗 「どうしました?それではドモンの方が、まだ手強い」
       「さすがは東方不敗…しかし!」
       「さすがは先代キング・オブ・ハート…!私をここまで追い込むとは!」
デビルガンダム 「その程度の力で、最強のガンダムを名乗るつもりですか?」
           「デビルガンダム!戦いはまだまだこれからです!」
           「ここで私が倒れたら、デビルガンダムが…!」

アルゴ・ガルスキー
援護攻撃
ドモン 「ドモン、後は俺に任せろ!」
チボデー 「フィニッシュブローは撃たせてもらう…!」
サイ・サイシー 「どけ!サイ・サイシー!」
ジョルジュ 「美学など関係ない。打ち砕くだけだ!」
アレンビー 「攻撃に華やかさなどはいらん!」
レイン 「女だてらによくやるものだ」
シュバルツ 「忍術か…興味深いが、今は敵を叩き潰すのみ!」
攻撃
ドモン 「いつも勝てると思うなよォ…!ドモン・カッシュ!」(DG)
東方不敗 「あんたは俺達が越えねばならぬ壁…!」
       「東方不敗…相手にとって不足はない!」
デビルガンダム 「デビルガンダム…ついに会えたな…!」
           「貴様こそ、俺が倒すべき敵なのだ!」
被ダメージ
東方不敗 「老いたか…先代キング・オブ・ハート!」
       「ようやく本気を出してきたかマスターアジア!」
       「やはり、強い…!だが、まだ終ってはいないぞ、マスターアジア!」
デビルガンダム 「デビルガンダム!貴様の力はこの程度ではあるまい!」
           「そうだ!そのくらいでなければなぁデビルガンダム!」
           「指一本でも動けば…まだ戦えるぞ、デビルガンダム…!」

アレンビー・ビアズリー
援護攻撃
ドモン 「ドモン!これで決めるよ!」
チボデー 「ハァイ、チャンプ。邪魔するよ!」
サイ・サイシー 「アチョーッ!って、こんな感じにね!」
ジョルジュ 「あたしもエレガントにやっちゃうから!」
アルゴ 「あたしは軽やかにいくわよ!」
レイン 「レイン!女の子の力、見せてやろうよ!」
シュバルツ 「忍者なんかに負けないよ!」
攻撃
デビルガンダム 「デビルガンダム!絶対やっつけてやるんだからっ!」
           「あんたを壊せば、あたし達の戦いも終わりよ!」

被ダメージ
デビルガンダム 「デビルガンダム…!さすがに一筋縄じゃいかないか…!」
           「ううっ…!デビルガンダムの力がここまで強くなってるなんて…」

[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:50 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
ガンダムSEED・1
キラ・ヤマト
援護攻撃
アスラン 「手を貸すよ、アスラン!」
     「さすがだね、アスラン…僕も続くよ!」
      「アスラン、君は先に行くんだ!」
カガリ 「突っ込みすぎだよ、カガリ!」
    「カガリ、早く下がって!」
ムウ 「援護します、フラガ大尉!」
    「フラガ大尉!僕だってやってみせます!」
    「下がって、ムウさん!僕がやります!」  (両者乗り換え後)
    「ムウさん、後は任せてください!」  (両者乗り換え後)
マリュー 「アークエンジェルを援護します!」
      「マリューさん!前に出すぎです!」
ラクス 「ラクス、後は任せて!」
     「エターナルの陰から仕掛ける!」
攻撃
アスラン 「どうして僕らが戦わなきゃならない…!」
      「アスラン!そこをどいてくれ!」
      「退いてくれ、アスラン!これ以上は!」
      「本当は君と戦いたくなんかない、だけど…!」
クルーゼ 「隊長機!?ならば…こいつを倒せば!」
      「何なんです!あなたは!」
クルーゼ(最終) 「そうやってあなたは何を手に入れようというんです!」
           「あなたは…あなただけは!!」
           「僕には…守りたい世界があるんだ!!」
ナタル 「ナタルさん、どうしても戦うんですか!?」
     「アークエンジェルと同型なら、弱点も同じはず!」
ザフトガンダム系 「向こうのOSも、ザフトで改修されているのか!」
            「同じGならば戦い方はある!」
            「Gが相手だからって…!」
新型ガンダム系 「新型だろうとやらせはしない!」
           「そんなに戦いがしたいのか、お前達はーっ!?」
ザフト兵 「自分達が特別だなんて思っているから!」
      「プラントと地球、戦わなくてはならないのか…!」
      「やめるんだ!こんな戦い…やってはいけないんだ!」(乗り換え後)
      「同じ人間なら分かり合えるはずです!」(乗り換え後)
核ミサイル 「一発だって通すものかっ!」
        「こんなものがあるから、人は戦いをやめないのか!」
被ダメージ
アスラン 「この攻撃…アスランか!」
       「アスラン、どうしても戦うのか…!」
       「アスラン、これが君の答えなんだね…」
       「僕だって落ちるわけにはいかないんだ…アスラン!」
       「アスラン…!アスラン!!」
       「アスラン!もう止めてくれ!!」
       「これが戦争なんだね…アスラン!!」
クルーゼ(最終) 「あなたの憎しみに飲まれはしない…!」
           「あの新型の力が、この程度とは思えない…!」
           「勝手な理屈で世界を滅ぼされてたまるかぁっ!」
           「ぐうっ!これが憎しみの力なのか…!」
           「僕は…それでも僕はっ!!」
           「やられるわけにはいかない!あなたを倒すまでは!!」
新型G系 「くっ!これが新型の力か…!」
       「当てられた…!?やはりナチュラルじゃない…!」
       「くっ!何なんだ、このパイロットと機体の力は!」
       「このパイロットの戦闘力…コーディネーター以上か…!!」
回避
アスラン 「アスラン、攻撃に迷いがあるのか…?」
      「アスラン、もう退いてくれ!」
      「外れた…?どういうつもりだ、アスラン!」
クルーゼ(最終) 「憎しみに囚われた攻撃なんか!」
           「あなたの闇に飲まれはしない!」
           「どうして憎しみ以外に眼を向けようとしないんです!」
新型ガンダム系 「この機体とパイロット…甘く見てるとやられる!」
           「この動き…ナチュラルではない…!?」

アスラン・ザラ
援護攻撃
キラ 「キラ、俺も続くぞ!」
    「後は任せろ、キラ!」
カガリ 「カガリ、後は俺がやる!」
     「下がるんだ、カガリ!」
ムウ 「援護します、大尉!」
マリュー 「支援するぞ!アークエンジェル!」
イザーク 「イザークの作った隙を突けば!!」
ディアッカ 「ディアッカ、手を貸すぞ!」
ニコル 「ニコル、いいタイミングだ」
ラクス 「ラクスだけを戦わせるわけには!」
攻撃
キラ 「お前が地球軍にいる理由が何処にある!?キラ!」
    「キラ!いいように使われていると何故気づかない!」
    「状況の分からぬナチュラル共が、こんなものを造るから…!」
    「キラ、なぜ俺達が戦わなきゃならない!?」
マリュー 「落とさせてもらうぞ、足つき!」
      「足つきといえど、死角に回り込みさえすれば!」
クルーゼ(最終) 「人類を裁く権利など誰にもない!」
           「クルーゼ隊長…いや、ラウ・ル・クルーゼ!あなたは俺が倒す!」
           「ラウ・ル・クルーゼ!あなたの思う様にはさせない!」
新型ガンダム系 「お前達は何だ!?一体何のために戦っている!?」
           「Gに乗っているだけで勝てると思うな!」
ナチュラル 「ナチュラルめ…!」
連邦 ザフト兵 「互いを滅ぼすだけの戦いに何の意味がある!」
          「やめろ!こんな戦いは無意味だ!」
          「こんな戦いが一体何になる!」
          「本当に滅ぼしたいのか!?お前達も全てを!!」
          「戦いが生むのは憎しみだけだとなぜわからない!」
核ミサイル 「何故、そんなものを使う!」
        「あの悲劇を再び起こしてなるものかぁっ!」
被ダメージ
キラ 「キラ、これがお前の答えか…!?」
    「キラ、お前はっ!」
    「くっ!いい加減にしろ、キラ!」
    「キラ!これ以上やると言うのなら!」
    「キラ…これ程の腕を持っているとは…!」
    「どうやら本気のようだな、キラ!!」
マリュー 「くっ…!戦艦の砲撃を受けるとは…!」
      「やってくれるな、足つき!」
      「ぐっ…!あの艦の戦闘力、データ以上だぞ!」
クルーゼ(最終) 「あなたに倒されるわけにはいかない!」
           「遊んでいるのか、ラウ・ル・クルーゼ!」
           「あなたにだけは…負けられないんだ!」
           「さすがはラウ・ル・クルーゼ…手強い!」
           「何だ、あの攻撃は!?振り切れないぞ!」
           「くっ!俺が倒れるのはあなたを倒してからだ!」
新型ガンダム系 「新型の力、活かしきっていないようだ!」
           「新型のGの力は、この程度か!」
           「このパワー…さすが新型ということか!」
           「速い!これが新型のGの性能か!」
           「新型とは言え、これほどの力があるとは…!」
           「その力でプラントを攻撃させてたまるか!」
回避
キラ 「キラ…!わざと外してるとでもいうのか…!?」
    「仕掛けてくるなら、例え相手がキラだろうと…!」
    「キラ…やはり戦う気か…!」
マリュー 「照準が合っていないようだな、足つき!」
      「イージスを捉えられると思わないことだ、足つき!」
クルーゼ(最終) 「何故、そうまで人類を憎む!?」
           「ラウ・ル・クルーゼ!あなたの手口はわかってる!」
新型ガンダム系 「連携も何もあったものではないな…」
           「Gの性能を引き出せていないようだな!」
           「めちゃくちゃだな、おい…」

カガリ・ユラ・アスハ
援護攻撃
キラ 「キラの作った隙をつけば!」
    「キラ、後は任せろ!」
アスラン 「支援するぞ、アスラン!」
      「アスラン、お前は先に行け!」
ムウ 「大尉、後は私がやる!」
    「お嬢ちゃんかどうか、ちゃんと見てろよな!」
マリュー 「止めは任せろ!アークエンジェル!」
ラクス 「エターナル!後は私に任せろ!」
攻撃
新型G系 「オーブの…お父様の仇、とらせてもらう!」
       「お前達は…お前達は何のために戦っているんだっ!!」
       「お前らは絶対に許さないっ!!」
被ダメージ
新型G系 「うっ…!連邦のGめ、よくも!」
       「まだだ!お前らを倒すまでやられるものか!」
       「こ…これじゃオーブの二の舞じゃないか!」
回避
新型G系 「Gとはとても思えないな!」

ムウ・ラ・フラガ
援護攻撃
キラ 「凄い奴だよ、お前は!」
    「坊主、止めは任せてもらうぞ!」
    「上出来だ、キラ!後は任せろ!」(両者乗り換え後)
アスラン 「しっかりしてるねぇ、君は。キラとは大違いだ」
カガリ 「続けていくぞ、お嬢ちゃん!」
     「やるねえ、お嬢ちゃん!」
マリュー 「追撃をかけるぜ、艦長!」
      「後は任せてもらうぜ、艦長!」
      「マリュー!後は俺が引き受ける!」(乗り換え後)
      「続けていくぜ、マリュー!」(乗り換え後)
ラクス 「凄いもんだねぇ、ピンクのお姫様!」
イザーク 「いい攻撃だったぜ、赤服さんよ!」
ディアッカ 「俺がまだ若いってとこ証明してやるよ!」
攻撃
クルーゼ 「何だ、こいつ…この感じは!?」
       「そこか!ラウ・ル・クルーゼ!」
       「決着をつけさせてもらうぞ!ラウ・ル・クルーゼ!」
       「貴様ぁ!今日こそ!」
ザフトガンダム系 「しつこいんだよ、お前らぁっ!!」
            「元はこっちのものなんだ、返してもらうぜ!」
新型G系 「連邦の新型かっ!」
被ダメージ
クルーゼ 「この程度で落ちると思ったか、ラウ・ル・クルーゼ!」
       「くそ…あの野郎よくも…!」
       「当てられた!?やってくれるな、ラウ・ル・クルーゼ!」
       「くそっ!奴には勝てないってのか!?」
       「くそっ!ラウ・ル・クルーゼめ!」
       「くっ…!奴に動きを読まれたってのか…!?」
       「ラウ・ル・クルーゼ、貴様にだけは!」
ザフトガンダム系 「はて?Gの力はこんなもんじゃないはずだが…」
           「Gの性能を引き出せてないようだなっ!」
           「ったく!しつこいのはクルーゼだけにしてほしいぜ!」
           「さすがはGと言ったとこか…だが!」
           「奪われたGにやられちゃ、笑い話にもならないぜ!」
           「エリートさんもいよいよ本気ってわけかい!」
新型G系 「ぐっ…!やってくれんじゃないの、連邦のGさんよぉ!」
       「くそっ!連邦の奴ら、とんでもないもの造りやがって…!」
回避
クルーゼ 「来たか!ラウ・ル・クルーゼ…!」
       「この感じ…ラウ・ル・クルーゼか!」
       「貴様の攻撃に当たる俺じゃないぜ!」
ザフトガンダム 「所詮、あの野郎の部下だな!」
          「しつこいぞ、お前ら!」
          「それで狙ってるつもりか、エリートさんよ!」
新型G系 「Gの発展系といってもそれじゃあねぇ」
       「何だ、こいつら!?遊んでるつもりか!?」

マリュー・ラミアス
援護攻撃
キラ 「キラくん、フォローするわ!後退を!」
ムウ 「さすがに引き際も見事ですね、大尉」
    「引き際も見事ね、ムウ」(乗り換え後)
    「ムウ、後は任せて!」(乗り換え後)
攻撃
ナスカ級 「目標、前方ナスカ級!」
       「機を逃さず、前方ナスカ級を撃ちます!」
ザフトガンダム系 「改良されたとはいえ元は同じGのはず!」
            「Gシリーズの弱点はわかってるわ!」
            「奪われたまま終らせるわけにはいかないわ!」
新型G系 「新型のGに攻撃を仕掛けます!」
      「相手は新型よ!警戒を怠らないで!」
ナタル 「新造艦とは言え、同型なら!」
     「私達は止まるわけにはいかないの、ナタル!」
     「戦場で会ってしまったわね…ナタル」
クルーゼ(最終) 「世界を滅ぼす権利など誰にもないわ!」
被ダメージ 
ザフトガンダム系 ナタル「この程度なら問題ありません、艦長」 「ならば、今の内にGを叩きます!」
           サイ「右舷に被弾!G、さらに接近中です!」 「迎撃!これ以上近づけさせないで!」
           「こ、ここまでGを使いこなすなんて!」
新型G系 「この性能…ストライク以上だわ!」
       「く…!私達の戦闘データが応用されているのね…!」
ナタル 「同型艦とは言え、この程度ならば!」
     「さすがね、ナタル…でも、負けるわけには!」
     「艦長としての器がここまで違うと言うの!?」
     「わ、私達は負けるわけにはいかないの、ナタル!」
回避
ザフトガンダム系 「外れたようね」 ナタル「相手はGの性能を引き出せていないようです」
ナタル 「鋭い攻撃ね…さすがはナタルだわ…」
    
ラクス・クライン
援護攻撃
キラ 「キラの援護を」
キラ アスラン バルトフェルド「いい攻撃だったぞ、少年!」
アスラン 「アスランの後に続いてください」
カガリ バルトフェルド「なかなかだな、お嬢さん!」
ムウ バルトフェルド「エンデュミオンの鷹に続くぞ!」
マリュー 「アークエンジェルに続きます!」
攻撃
クルーゼ バルトフェルド「隊長としては立派だったよ…人としては最低だがな…!」
       「クルーゼ隊長、もっと未来を信じてください」
       バルトフェルド「僕は君が嫌いでね…ここでさよならといこうか!」
       「あなたの心の闇…危険すぎます」
       バルトフェルド「方法は1つしかなさそうだ…」 「あの闇の衣…私達の手で払います!」
被ダメージ
クルーゼ 「そうまでして滅びを望むと言うのですか、クルーゼ隊長!?」 バルトフェルド「何を言っても無駄ですよ、あいつにはね…!」
       バルトフェルド「噂ほどの実力は持ってないようだねぇ…クルーゼ隊長!」
       バルトフェルド「やはり好きにはなれそうもないよ…クルーゼ!」
       「ラウ・ル・クルーゼ…」 バルトフェルド「やってくれる!噂は伊達じゃないってことか!」
       バルトフェルド「クルーゼめ!こちらに狙いを絞ったか!」 「これ以上あの方を近づけてはなりません!」
       「この力…あの方の背負った悲しみゆえか…」 バルトフェルド「だからといって、やらせるわけには!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:49 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
ガンダムSEED・2
イザーク・ジュール
援護攻撃
アスラン 「何をもたもたやっている、アスラン!」
      「下がれ、アスラン!こいつは俺が!」
      「お手並み拝見といこうと思ったが…!」
ディアッカ 「ディアッカ!俺が攻めると言ってるだろうが!」
       「後は任せろ、ディアッカ!」
ニコル 「邪魔だ、ニコル!下がっていろ!」
     「ニコル、後は俺がやる!」
攻撃
ストライクガンダム 「現れたな、ストライクッ!!」
            「そこか、ストライク!」
            「貴様だけは許せないんだよ!!」
            「今日は逃がさんぞ、ストライクーッ!!」
            「この傷の礼だ!」
            「ストライクゥゥゥゥゥッ!!」
フリーダムガンダム 「このパワー…いったい…!?」
             「あの動き…!あの威力…!」
マリュー 「今日こそ終わりだ!足つき!」
      「足つきは俺が沈める!」
アスラン 「貴様はっ!我らを裏切って!」
      「裏切り者などーっ!」
ディアッカ 「ディアッカ…くっ!」
       「貴様―っ!よくもディアッカの機体で!!」
ナチュラル 「これで終わりだな、ナチュラルども!」
        「どのツラ下げてきた!ナチュラル!」
        「行くぞ、ナチュラルども!」
核ミサイル 「あのミサイルを落とせーっ!プラントをやらせるな!」
        「プラントは守ってみせる!一つたりとも通すか!」
被ダメージ
ストライクガンダム 「ストライク!貴様の力はこの程度か!?」
            「貴様…!貴様だけは!!」
            「おのれ、ストライク!この屈辱は忘れんぞ!」
            「くそっ!貴様は俺の獲物だ!!」
            「ぐぅぅぅ…ストライクめぇ…!!」
            「ゆ、許さん!許さんぞ、ストライクッ!!」
回避
ストライクガンダム 「その程度か、ストライク!」
             「笑わせるな、ストライク!」

ディアッカ・エルスマン
援護攻撃
キラ 「キラ!後は俺がやる!」
アスラン 「アスラン、引っ込んでな!」
      「珍しくタイミングが合うじゃんか」
ムウ 「おっさん!俺も続くぜ!」
イザーク 「続くぜ、イザーク!」
      「後詰めは任せな、イザーク!」
ニコル 「下がんな、ニコル!後は俺がやる!」
クルーゼ 「隊長!援護します!」
攻撃
キラ 「いただくぜ、ストライク!」
    「大人しく奪われてればよかったのによ!」
    「ストライク!ちっとは楽しませてくれよ!」
イザーク 「イザーク…まさかお前とやりあうことになるとはな…」
       「デュエル…イザークか…!」
クルーゼ 「まさかクルーゼ隊長が相手とはね…」
       「あんたの本性…見せてもらったぜ!」
       「認めたくないが、敵に回すと恐ろしい相手だぜ…!」
ナチュラル 「いくぜ、ナチュラルども!」
        「ナチュラル、食らいな!」
核ミサイル 「こいつらを通しちゃ、プラントもやばいぜ!」
        「核を使うなんてどうかしてるぜ、あいつら!」
        「核なんて俺が落としてやる!」
メビウス・ゼロ 「目障りなんだよ、モビルアーマーが!」
          「モビルアーマーごときが邪魔なんだよ!落ちろ!」
ランチャーストライクガンダム 「設計コンセプトが同じなら、後は腕の差だ!」
                   「砲撃戦仕様か!いかしたマッチアップだぜ!」
被ダメージ
キラ 「笑わせるなよ、ストライク!」
    「こいつ…乗っているのはコーディネーターかよ!」
    「機体性能は互角ってことかよ!」
    「ストライク!こいつ…何者だ!?」
    「くそっ!兄弟機にやられちゃシャレにならないぜ!」
イザーク 「ちっ…!さすがはイザークってところかよ…!」
       「本気ってことかよ…イザーク…!」
       「くそっ!できれば戦いたくないんだが…!」
       「やるしかないのかよ、イザーク!」
       「イザーク、本気かよ…!」
       「何とかしねえと、マジでシャレになんねえな…!」
クルーゼ 「ちっ…さすがは隊長ってことにしとくぜ…!」
       「隊長の肩書きは伊達じゃないってことかよ!」
       「くそっ!この男の力、底無しかよ!!」
       「隊長相手に正面からはキツいぜ…!」
ナチュラル 「ま…ナチュラルにしては頑張ったな」
        「これがナチュラルの限界って奴かよ?」
        「やってくれるぜ、ナチュラルがよ!」
        「ちっ、ナチュラルがよくも!」
        「この俺がナチュラルにやられるのか…!?」
回避
ナチュラル 「間抜けなもんだ…ナチュラルなんてのは」

ニコル・アマルフィ
援護攻撃
アスラン 「手伝わせてください、アスラン!」
      「アスラン、見事な攻撃でした!」
イザーク 「支援します、イザーク」
ディアッカ 「ディアッカ、後は任せてください」
クルーゼ 「隊長の後に続きさえすれば…!」
攻撃
キラ 「くっ!ナチュラルが乗っているとは思えない動きを…!」
    「最後の1機、奪わせてもらいますよ!」
キラ マリュー 「あいつ、今日こそ!」
マリュー 「逃がしませんよ、足つき!」
      「艦底部から仕掛けます!援護を!」
被ダメージ
キラ 「やはりナチュラルでは動かせない機体のようですね」
    「くっ!さすがはG兵器、ブリッツと互角ですか!」
    「OSを変更したようですね…。いい動きを!」
    「そんな!性能は向こうの方が上だとしても、パイロットは!」
    「奪えなかったのがここまで響くなんて!!」
回避
キラ 「元のOSがボロボロでしたからね…仕方ないのかもしれませんが」
ナチュラル 「ナチュラルだからですかね」
        「ナチュラルの攻撃なんかに…」

ミゲル
援護攻撃
アスラン 「いいぞ、アスラン!さすがだ!」
イザーク 「イザーク、後は俺がやる!」
ディアッカ 「ディアッカ、援護する!」
ニコル 「ニコル、フォローしてやる」

ラウ・ル・クルーゼ
援護攻撃
アスラン 「後は私に任せたまえ、アスラン!」
イザーク 「イザーク、いい攻撃だったぞ!」
ディアッカ 「いい攻撃だったぞ、ディアッカ!」
ニコル 「ニコル、仕留めねば自分がやられると思え」
攻撃
キラ 「その機体、放っておくわけにはいかんのだよ!」
    「確かにナチュラルの動きではないな…」
    「君を討って、任務完了とさせてもらうよ」
ムウ 「時には互いに感じるのも役に立つな!ムウ!」
    「いい加減に私の前から消えたまえ…ムウ・ラ・フラガ!」
    「その力、貴様だけのものではないのだよ!」
  「貴様の父が残した業…その業が貴様を倒す!」
    「不幸な宿縁だな、ムウ・ラ・フラガ!」
    「お前はいつまでも邪魔だな、ムウ・ラ・フラガ!」
    「貴様との因縁、今日こそ断ち切ってくれる」
被ダメージ
ムウ 「少しは楽しませてくれよ…ムウ・ラ・フラガ!」
    「当てられた!?存在を感じられたのか!?」
    「貴様ごときにやられる私ではない!」
    「ムウ・ラ・フラガ!やってくれる!!」
    「こうまで私を追い詰めるとは…!やはり宿縁か…!」
回避
ムウ 「ムウ・ラ・フラガ!今回も私の勝ちだな!」
    「貴様の攻撃などお見通しだ!ムウ・ラ・フラガ!」

ラウ・ル・クルーゼ(最終)
攻撃
キラ 「あってはならない存在だというのに!」
    「人のねたみなど君にはわからぬさ!」
    「君は世界にいてはいけないのだよ…君は!」
アスラン 「私の元から離れたのを後悔するがいい!」
      「アスラン、せめて苦しまずに沈めてあげよう…」
      「君の父上には随分と世話になったよ!」
ラクス 「戦場はコンサートを開くところではないのだよ」
     「君の歌は好きだったがね。だが、世界は歌のように優しくはない」
マサト 「偽善ぶる事など無いのだよ!心の声を聞き、自らの運命を、ただ受け入れれば良いっ!」
     「君に代わって、私が冥王計画とやらを成し遂げてあげよう…」
     「君もいわば、コーディネーター、いや、私と同じクローンと言ったところか…」
被ダメージ
キラ 「この機体の前にはいくら君とて恐るるに足らんよ!」
    「君の力はこの程度なのか、キラ・ヤマト?」
    「さすがだよキラ・ヤマト…だが、私はまだ生きている!」
    「君のような存在がいるから、私もいるのだよ!」
    「この力…!やはり、君の存在は許せんのだよ、キラ・ヤマト!」
    「ぐうっ!認めん…認めんぞ!君の存在など!!」
マサト 「そうだ、それで良い!どの道貴様は戦う運命にあるのだよ!」
     「ふっ…」 「私と貴様、どちらが残ろうともこの世の終焉が拝めそうだな!」
     「いいぞ!己の血のおもむくまま、破壊の限りを尽くすが良い!」
回避
キラ 「君といえど、私の怨念の前には勝てんよ!」
マサト 「甘いっ!そんな事ではこの世に終焉を迎える事など出来ぬぞ!」
被撃破
マサト 「その力…。所詮貴様も宿縁には逆らえぬという事だよ!」 「はーっはっはっはっはっ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:47 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)
ガンダムSEED・3
アンドリュー・バルトフェルド
攻撃
キラ カガリ 「いい目だねぇ、まっすぐで」
キラ 「さあ、これをどうするかな…奇妙なパイロット君!」
    「通常弾頭でも76発でフェイズシフト装甲はその効力を失う!」
    「フェイズシフトだって無限じゃないんだ!」
マリュー 「さて、噂の大天使の相手をしてみるか!」
スカイグラスパー 「飛んでいれば落とされないとでも思ったのかね?」 
被ダメージ
キラ 「この攻撃…益々パイロットに興味がわいてきたよ」
    「どうした!?君の本当の力を見せてみろ!」
    「まさか、これ程とは!奇妙なパイロット君!」
    「どうした、僕はまだ戦えるぞ!」
    アイシャ「なるほど、いい腕ね」 「だろう?だけど、まだまだ彼は伸びるよ」
マリュー 「さすが新造艦だけのことはあるねぇ…だが!」
      「くっ…!さすがここまで来ただけのことはある!」
      「まったく、大天使が死神に見えてきたよ…」
回避 
キラ 「何処を狙ってるんだい、奇妙なパイロット君?」
    「噂ほどではないのかな、ストライクとやらは?」
マリュー 「名前負けかな、大天使殿は?」

オルガ・サブナック
援護攻撃
クロト 「どけよクロト!てめえも撃っちまうぞ!」
     「どけよ運転手!止めは俺がやる!」
シャニ 「何やってんだ、シャニ!俺にもやらせろ!」
     「てめえは弾除けになりゃいいんだよ!」
攻撃 
アスラン 「見つけたぜ、赤いの!」
      「どうせなら炎で真っ赤に染めてやるぜ!」
ガンダム系 「その白いボディ、いい的なんだよ!」
        「目立ちすぎなんだよ、白いの!」
        「白いのか!相手になってやるぜ!」
被ダメージ
ガンダム系 「くそっ!白いのがチョロチョロと!」
        「てめえのことは覚えとくぜ、白いの!」
        「面白いじゃねえかよ、ガンダムが!」

クロト・ブエル
援護攻撃
オルガ 「オルガ!うざいんだよ、お前は!」
     「お前はドカドカ撃ち過ぎなんだよ!バーカ!!」
シャニ 「邪魔すんな、シャニ!」
     「シャニ、この野郎!」
攻撃
アスラン 「赤い奴もうざいんだよ!」
      「出てきたな、赤いの!」
ガンダム系 「もらうよ、白いの!滅殺!」
        「白い奴!邪魔なんだよ!!」
        「目障りなんだよ、白いのが!」
        「これでも食らいな、白いの!」
被ダメージ
ガンダム系 「へえ…やるじゃないか、白いの!」
        「チョロチョロすんな!白い奴!!」
        「うあっ!やってくれたな、白いの!」
        「チッ!白い奴め、よくも!」
        「ハッ!白いのは伊達じゃないってか!?」

シャニ・アンドラス
援護攻撃
オルガ 「守ってばっかじゃ、つまんねーよ!」
クロト 「俺も乗っていいかな、その背中…」
攻撃
キラ アスラン 「あの2機!」
          「お前、お前、おまえー!」
          「へ~まだいたんだ。変なモビルスーツ」
被ダメージ
キラ アスラン 「あいつがっ!」
          「あいつだ」
          「ちぃ、あいつムカつくよ!」

ナタル・バジルール
攻撃
ナデシコ 「前方の目障りな艦を攻撃!」 アズラエル「何か私見が入ってませんか?」
キラ アスラン 「あれを鹵獲すればよろしいのですね?」 アズラエル「そうです。必要なのはデータだけですから」
マリュー アズラエル「不沈艦アークエンジェル、今日こそ沈めて差し上げる」 ナタル「アズラエル理事…!」
      「…本艦はこれより、アークエンジェルに対し、砲撃を行う」 アズラエル「その調子です、艦長」
      アズラエル「どうしたんです?早く攻撃してくださいよ」 ナタル「…わかっています」
被ダメージ
マリュー アズラエル「本気で戦ってるんですか?艦長」 「相手は歴戦の艦です。その実力は本物です」
       「だから甘いというのだ…あなたは…」
       アズラエル「おかしいですねぇ、損傷がこの程度とは」 ナタル「アークエンジェルも疲弊しているのでしょう」
       「くっ…!さすがですね、ラミアス艦長!」
       アズラエル「…こうまでてこずるとは思わなかったですね」 ナタル「アークエンジェルを甘く見すぎです」
       アズラエル「アークエンジェルめぇ…!よくも僕の顔に泥を!」 ナタル「これがあの艦の力です!認めて下さい、理事!」
ナデシコ 「あの艦の艦長…、ラミアス艦長より何を考えているのか解らない…」 アズラエル「そうですか?あなたならよく解るのでは…」
       「あんな艦の艦長にしてやられるとは…!」 アズラエル「あなたも大した事ありませんね」
       「くっ!こんな戦法、有り得ない!」 アズラエル「あなたが常識に囚われすぎなのでは?」
回避
マリュー アズラエル「性能はドミニオンの方が上のようですね」 「しかし、実戦経験はあちらが上です」
      「あなたの戦法は分かっているつもりです、ラミアス艦長」
ナデシコ 「あの艦の艦長は、何を考えている! 」 アズラアエル「案外、キミと同じ事かもしれないね、艦長?」
被撃破
マリュー 「これでいい…マリュー・ラミアス…」
ナデシコ 「私はあの艦の艦長よりも劣っていると言うのか…!」 アズラエル「あんたを信じた僕が間違ってたよ!」

連合兵
攻撃
コーディネーター 「調子に乗るなよ、コーディネーターが!」
            「くたばれ、宇宙のバケモノ!」
戦艦 「デッキを破壊する!」
被ダメージ
コーディネーター 「コーディネーターめ、よくもっ!!」
            「コーディネーターめ…よくやる!」

ザフト兵
援護攻撃
赤服 「赤服に続くぞ!」
    「さすがは赤服!エリートは伊達ではない!」
攻撃
ストライクガンダム 「本来ならこいつもザフトの戦力になるはずだったものを!」
             「フェイズシフト装甲だろうと!」
フリーダムガンダム 「フリーダムだと…!?自由こそ我らザフトが望むものだ!」
ジャスティスガンダム 「ジャスティスだと…!?正義は我らザフトにありだ!」
マリュー 「天使の名などと生意気な!」
      「木馬もどきが!」
      「この墜天使めがっ!」

ザフト士官
攻撃
マリュー 「足つきを狙え!逃がすな!」
      「足つきを沈めるぞ!攻撃開始!」
ラクス 「相手はザフトの歌姫ではない!反逆者だ!」
     「相手は反逆者だ!余計な情けは無用だ!」
     「逃がさんぞ!裏切り者めが!」
被ダメージ 
マリュー 「この程度がナチュラルの新鋭艦の攻撃とはな」
      「笑わせるなよ、足つきめ」
      「これがナチュラル共の新鋭艦の力か…!」
      「ナチュラルめ…このような艦を造っていたとは!」
      「足つきめ…!さすがは連邦の切り札というわけか!」
      「いかん!これ以上、足つきの攻撃を受けるな!」
ラクス 「最新鋭艦の攻撃が、この程度とはな」
     「裏切り者め!無駄な抵抗を!」
     「敵艦の動きは速いぞ!後手に回るな!」
     「くっ!さすがは砂漠の虎が指揮する艦だ!」
     「むうっ…!最新鋭艦なだけはある…!」
     「ぬううっ!裏切り者にここまでやられるとは!」
回避
マリュー 「しょせんはナチュラルの艦だ。この程度だろう」
      「足つきめ!それが攻撃のつもりか!」
ラクス 「裏切り者の攻撃など!」
     「我がザフトの最新鋭の艦とは思えんな!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:46 | スーパーロボット大戦J | Comments(0)