カテゴリ:スパロボL マップ( 55 )
プロローグ第01話 アナザー・エンカウンター
健一VSバジュラ
健一「ボアザン星での決戦以来、久しぶりの戦いだ。気を抜くんじゃないぞ!」
日吉「わかってるって、健一兄ちゃん!」
めぐみ「左近寺博士の特訓のおかげでいつでも臨戦態勢よ!」
大次郎「ボルテスの力、怪物どもに見せてやっど!」
一平「…ギリアム大尉と約束したんだ。無事に帰るってな!だから、負けるわけにはいかねえんだ!」
健一「よし、みんな行くぞ!」

アルトVSバジュラ
アルト「化け物め!ここから…この艦から出て行けっ!」
オズマ「貴様、何をしている!素人はおとなしく引っ込んでろ!」
アルト「俺はあのパイロットのために戦うんだ!命がけでこの艦を守ろうとしたあの男のために!」
オズマ「……
    いいだろう。ギリアムに免じて許してやる!
    その代わり、そいつを絶対に落とすんじゃねえぞ!」
アルト「ああ、わかった!」

オズマVSバジュラ
オズマ「俺はもう、二度とランカにつらい思いをさせないと誓ったんだ!一匹残らず根絶やしにしてやる!」

ミハイルVSバジュラ
ミハイル「装甲はバルキリー並、すばしっこさまでバルキリー並…。あれがバジュラかよ…!」

ルカVSバジュラ
ルカ「おそらくは生物でありながらゴーストに電磁妨害をかけてくるバジュラ…
   シモン、ヨハネ、ペテロにキャラクタイズAIを搭載する事も視野に入れたほうがいいのか…?」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:53 | スパロボL マップ | Comments(0)
プロローグ第02話 ギャラクシー・チェイス
アルトVSバジュラ
アルト「バジュラめ、さっきまでの借りを返してやる!」

アルトが全弾発射で敵を撃墜
アルト「スカル4、1機撃破!」
健一「体に染み付いた歌舞伎の動きを機体にトレースさせるとは…!」
大次郎「まっこち、兄さんの胡蝶返しのごたる…!見事なもんじゃ!」
オズマ「馬鹿が…。撃ったらすぐに次の索敵だって言ってるだろ!」
ジェフリー「若い頃の誰かのようだ」
オズマ「うぐっ…」

ルカVSバジュラ
ルカ「データは十分集まった。あとはこいつらを倒すだけだ!」

クランVSバジュラ
クラン「知性体ですらない化け物に我らゼントランが遅れをとるものか!」

カナリアVSバジュラ
カナリア「生存者の処置もある。片付けねばな、早く」

ジェフリーVSバジュラ
ジェフリー「船団本隊にバジュラを向かわせてはならん。可能な限り派手に暴れろ!」
ボビー「OK、ボス!」

シンVSバジュラ
シン「セカンドステージが強奪されたり、こんなのが現れたり…。どうなってるんだ、世界は!」

レイVSバジュラ
レイ「やはり世界は混乱を極める…。ならば、俺のやるべき事はひとつ」

ルナマリアVSバジュラ
ルナマリア「確かに擬態獣じゃないみたいね…!こっちの攻撃が全然当たりそうにないもの!」

タリアVSバジュラ
タリア「ミネルバの初陣がこんな怪物相手になるとはね…。総員、気を引き締めてかかりなさい!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:52 | スパロボL マップ | Comments(0)
第01話 クロガネに導かれし少年達
一鷹VS五飛
五飛「正しい者は強くなければいけない。その意味が貴様にわかるか?」
一鷹「わからねえし、考えてる余裕もねえ。いっぱいいっぱいなんでな!」
五飛「ならば教えてやる。ナタクの力をもってな!」

一鷹VS沢渡
沢渡「ド素人だって手加減しねえ!てめえの惨めな死に様を想像するんだな!」
一鷹「誰が死ぬかよ!想像するなら、博士や兄さんとの感動の再会シーンを想像するぜ!」

一鷹VSデミトリー
デミトリー「加藤機関に戦いを挑むとは愚かな奴め…」
一鷹「好きでこうなったわけじゃねえ。黙って死ぬわけにはいかねえ…そう思っただけだ!」
デミトリー「無駄なあがきを…。貴様に明日があるかどうかを想像しろ!」

一鷹VS浩一
一鷹「浩一、戦うのをやめろ!どうしてお前がアルマなんかに乗ってるんだ!」
浩一「お前が誰か知らないが、正義のスーパーロボット面するなんて10年早いんだよ!
   この街の平和は俺が守る。俺は正義の味方だ!!」
一鷹「俺だ!一鷹だ!」
浩一「んなワケあるかよ!嘘をつくならもっとマシな嘘をつけってんだ!」
一鷹「くそっ、やるしかねえのかよ!」

一鷹VS敵
一鷹「博士と兄さんを追うためにもまずはこいつらを叩き潰す!
   シミュレーターの経験がどこまで通用するかわからねえが、やれるだけやってやる!
   アリス!お前はとりあえず俺の指示に従ってくれ!」
アリス「はい!」

葵VS浩一
朔哉「暴れるのも大概にしやがれってんだ!」
浩一「俺に逆らう気かよ?なら、ダンクーガは正義のロボットじゃない!」
ジョニー「最近は正義の味方で通してた気がするんですが…」
くらら「ちょっと残念かもね」
葵「くららさん!残念がってる場合じゃないから!」

葵VS敵
葵「指揮官クラスが3機とはね。さすがに今日は力入ってる感じ」
ジョニー「沢渡拓郎にデミトリー・マガロフ、アルトロンガンダムの張五飛…どれも一騎当千の猛者ですね」
くらら「あら、ずいぶん詳しいのね?」
ジョニー「『月刊男の裏社会』で加藤機関特集が組まれてたんですよ」
朔哉「一騎当千、上等じゃないか。やってやるよ!」

浩一VS五飛
浩一「俺が正義なんだ!俺と戦う奴はすべて悪だ!」
五飛「いいだろう。正義を名乗りたいのなら、お前の力を見せてみろ!」

浩一VS沢渡
沢渡「さっきまで素人だったガキが努力もしないで力を手に入れる!
   つくづくムカつく存在だぜ、ファクターって奴はよ!」
浩一「そうだ、俺は力を手に入れたんだ!正義の力を見せてやるよ!」

浩一VSデミトリー
デミトリー「素人の貴様が加藤機関三番隊隊長の私に勝てると思うな!」
浩一「正義は必ず勝つんだ!それくらい子供だって知ってるぜ!」

浩一VS敵
浩一「俺はもう泣いているだけの俺じゃない!何もできない俺じゃない!
   今日から俺が正義の味方だ!俺はもう誰にも負けない!この先も…ずっと!!」
城崎「……」

山下VS浩一
山下「早瀬浩一!無駄な抵抗はやめて、僕らの言う事を聞くんだ!」
浩一「黙れ!人の事をバカ呼ばわりする奴の言う事なんか聞けるかよ!」
山下「バカだからバカと言ったんだ!このバカ野郎!」
浩一「もう許さねえ!絶対倒す!」

山下VS敵
山下「今日は森次さんがいないから、僕がしっかりしなきゃ!さあ、かかって来い!」

美海VS浩一
美海「浩一君!戦うのはやめて、私達と一緒にJUDAへ行きましょう!」
浩一「俺に指図をするんじゃない!女だからって容赦しないからな!」

美海VS敵
美海「このままじゃ御崎町が壊滅しちゃう…!私達が頑張らなきゃ!」

味方VS五飛
五飛「加藤久嵩、すべては真の正義のために…そうだな?」
加藤「そうだ」
五飛「わかった。貴様の目、今一度信じるぞ」
加藤「……」
五飛(見極めねばならん…。今、この世界に何が必要なのかを)
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:51 | スパロボL マップ | Comments(0)
第02話 特訓、マッハドリル
シズナVS敵
シズナ「ええか、イズナ。思いっきり大暴れするで!他の奴らに負けられへんからな!」
イズナ「負けられないって…。別に競争してるわけじゃないんだから」
シズナ「アホ!戦いは競争や!手柄の多い方が出世するんや!気合い入れなアカンで!」

剣児VS壱鬼馬
壱鬼馬「ジーグよ!今日こそ貴様を倒し、銅鐸を妃魅禍様に献上する!」
剣児「何だよ、銅鐸って!ワケのわからねえ事言ってんじゃねえ!」
壱鬼馬「ならば何も知らぬまま、死ぬがいい!」

剣児VS敵
剣児「俺のお楽しみタイムの邪魔しやがって!てめえら、覚悟はできてんだろうな!」

鏡VS壱鬼馬
壱鬼馬「チョコマカとうるさいハエめ!叩き落してくれる!」
つばき「あいにく、黙ってやられるほど私達は親切じゃないの!」
鏡「つばき、大火焔偶の弱点を探せ!すべてはそれからだ!」

鏡VS敵
つばき「何よ、剣児の奴ったら!あんな不純な動機で訓練を受けてたなんて許せない!」
鏡「気持ちはわかるが落ち着くんだ、つばき。戦闘中だぞ」
つばき「わかってるわよ!ああもう、それもこれも全部、エロ剣児が悪いんだわ!」

柳生VS敵
柳生「剣児君との遊びの時間は終わり。ここからは本気だよ!」
早乙女「おう!任せとけ、隊長!」
身堂「一気に蹴散らしてやる!」

甲児VS敵
甲児「久しぶりのマジンガーでの実戦だ。肩慣らしに付き合ってもらうぜ、ハニワ野郎ども!」

さやかVS敵
さやか「鉄也さんやジュンさんの分まで戦ってみせるわ!」

ボスVS敵
ボス「いいか、お前ら!大活躍してつばきちゃんにいいとこ見せるぞ!」
ムチャ「ボス!さやかの事は諦めたのかよ!?」
ボス「バカ言うな!さやかとつばきちゃん、両手に花を目指すのよ!」
ヌケ「さすがでしゅね、ボス!」
ボス「行くぞ、オラーッ!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:50 | スパロボL マップ | Comments(0)
第03話 戦う女、戦いたくない女、戦えない女
ゴオVS敵
ゴオ「杏奈…。俺はお前がどこかでこの戦いを見ていると信じている。そして、お前が帰って来る事も…!」

ミラVS敵
ミラ「杏奈ちゃんがいない今、ゴオの支えは一人でも多く必要なの…!」

静流VS敵
静流「ミラもゴウも本調子じゃないわ…。ならば、私にできるのは一体でも多く敵を倒す事だけ!」

光司VS敵
光司「何だろうがかかって来い!倍返しにしてやるぜ!」

豹馬VS敵
豹馬「誰が呼んだか知らねえがゾロゾロと出てきやがって!」
ちずる「敵にそんな事を言ってもしょうがないでしょ?」
小介「それに、今回は特殊な状況下での戦いです。油断できませんよ!」

イクサー1VSコバルト
コバルト「たとえイクサーロボに乗ろうともディロスθの敵ではない!覚悟するがいい、イクサ-1!」
イクサ-1「コバルト!あなた達の思うようにはさせません。私は命の続く限り戦います!」

イクサー1VS擬態獣
渚「嫌ぁ!なんでこんな目に遭わなきゃいけないの!?」
イクサー1「クトゥルフの怪物とは違う…。ですが、怯むわけにはいきません!」

イクサー1VS敵
イクサー1「…!?渚、どうしたのです?私とシンクロして下さい
      このままではイクサーロボの本来のパワーを出す事ができません」
渚「出して!ここから出してよぉっ!」
コバルト「アハハハッ、所詮このディロスθとはパワーが違う!イクサー1など敵ではない!」
イクサー1「渚…!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:49 | スパロボL マップ | Comments(0)
第04話 現れた炎の巨人
一鷹VS鉄獣
一鷹「アリス、熱はどうだ?無理はしてねえか?」
アリス「な、何とか家事に置き換えて思考・演算中。おおかた問題ありません!」
一鷹「確かにちょっとばかり動きが鈍ってるが…ま、この程度なら問題ねえな。いくぜっ!」

甲児VS鉄獣
甲児「戦った事のねえ奴も混じってやがるな…
   だが、俺だって伊達に機械獣軍団と戦ってきたわけじゃねえって事を教えてやるぜ!」

剣児VS鉄獣
剣児「こいつらがダリウス軍か。結構でけえな…。だけどよ、図体ばっかりデカくたって勝てねえって事を思い知らせてやるぜ!」

豹馬VS鉄獣
豹馬「ダリウス軍め、擬態獣や機械獣相手に戦ってきたこの豹馬様に勝てると思うなよ!」

ゴオVS鉄獣
ゴオ「ダンナーのパワーなら鉄獣だろうが魔獣だろうが関係ねえ!」

ダイヤVS鉄獣
ダイヤ「地上のみんなが作ってくれたこのパーツ…俺の炎で、ガイキングに負けないぐらい燃え上がらせてみせるぜ!」

ピュリアVS鉄獣
ピュリア「ダイヤにああ言った手前、絶対に生き残らないとな…!」

山下VS鉄獣
山下「そろそろ森次さんも帰ってくる頃だ。いいトコ見せるッスよ!」

イクサー1VS鉄獣
イクサー1「渚…心配しないで下さい。地球を狙う侵略者達は私が倒してみせます!」

葵が断空剣で敵を撃破
葵「キレイ…。これが断空剣…?」
ジョニー「なぜ、こんなにダンクーガは強い…?何のために…」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:48 | スパロボL マップ | Comments(0)
第05話 紅の衝撃・蒼の戦慄
一鷹VS浩一
一鷹「浩一!いつものお前に戻ってくれ!俺達、友達じゃねえか!」
浩一「黙れ!南雲になりすました奴の言う事なんか聞けるかよ!それ以上、俺に近づくんじゃない!」

甲児VS???
甲児「てめえの目的は何だ!?加藤機関に協力するってんなら容赦しないぜ!」
???「……」
甲児「答えねえのか、答えられねえのか…どっちにしても退く気はなさそうだな。なら、相手になってやるぜ!」

剣児VS???
剣児「スピードが自慢みてえだが、俺だって特訓で覚えたやり方があんだよ!
   さあ来い、俺のおっぱい!しっかり受け止めてやっからな!」
???「…!?」

豹馬VS???
小介「まったくデータがありません。慎重に戦って下さい、豹馬さん!」
十三「かなりすばしっこい相手のようや。ぼんやりしとったらアカンで!」
豹馬「わかってらあ!」

ゴオVS???
ゴオ「お前は何者だ!どうしてダンクーガを狙う!?」
???「……」
ゴオ「答えねえんなら、加藤機関ともども対処するまでだ!」

山下VS浩一
山下「ラインバレルは、どうしてこんなバカをファクターにしちまったんだろ…」
浩一「誰がバカだ!俺は正義の味方だぞ!」
山下「それを決めるのは君じゃない!そんな事もわかんないからバカだって言うんだよ!」

美海VS浩一
美海「早瀬君、話し合いましょう。私達は戦うべきではないわ!」
浩一「うるさい!だったら戦うな…!正義の味方は俺ひとりで十分なんだよ!」
美海「そう…仕方ないわね。それなら少し手荒な方法をとらせてもらうわよ!」

シズナVS浩一
シズナ「ええか、イズナ。このアホに怖い夢見せたりぃや!そんで、ラインバレルから引きずり出すんや!」
イズナ「わかったよ、姉さん。ラインバレルを手に入れるためだ。僕は心を鬼にするよ!」

葵VS???
くらら「ちょっと、あなた何者よ!ダンクーガのマネでもしてるつもりなの?」
???「……」
ジョニー「どこの組織の所属だとか教えてもらえませんか?」
???「……」
葵「話すだけ無駄のようね。だったらお望み通り、戦ってあげるわ!」

イクサー1VS???
イクサー1「やめなさい!私達はこの地球を守るために戦っているのですよ!?」
???「フン…それはこちらも同じだ」
イクサー1「いいでしょう。あなたに退く気がないのなら、相手になります!」

イクサー1VS浩一
イクサー1「あなたは何をもって正邪を判断しているのです!?」
浩一「俺が正義だ!俺が認めないものはすべて悪だぁぁっ!!」
イクサー1「違います。人間は正義と悪の心を持ち、ゆえに完全である事ができるのです
      あなたがしている事は悪の心から生み出されているものにすぎません!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:47 | スパロボL マップ | Comments(0)
第06話 空が落ちる日
シンVSサトー
シン「擬態獣だってダリウスだってわけわかんない奴らだっているんだぞ! 
誰だって言いたい事はある!だけど、今こんなものを落としてどうなるんだよ!」
サトー「そうでもせねば浮かばれぬ魂もある!既に苦しみ、討たれた同胞は嘆く事すらできぬのだ!」

レイVSサトー
レイ「ザラ議長が道半ばで討たれたのはそれが間違った道だったからだ。それがなぜわからない?今、必要なのは…」
サトー「想い届かぬ道が正しくあるものか!」

ルナマリアVSサトー
ルナマリア「あなた達の計画は絶対に潰してみせる!私達の命に代えても!」
サトー「コーディネーターの誇りを忘れた軟弱者!我らの計画、貴様らに邪魔はさせん!」

アスランVSサトー
アスラン「こんな事はやめるんだ!パトリック ザラの望んだ世界は…!」
サトー「貴様にパトリック ザラの何がわかるというのだ!」
アスラン「俺は…俺は!」

イザークVS敵
イザーク「ユニウスセブンを落とさせてたまるか!俺たちにとっては地球は母なる星だからな!」

ディアッカVS敵
ディアッカ「ヤブをつついたら色んなものが出てくるとはよ…!」

ハイネVS敵
ハイネ「頼むぜ、ザクファントム。ジンやゲイツとは違うところを見せてくれよ!」

鉄也VS敵
鉄也「俺を前に退かんとはいい度胸だ。このグレートマジンガーがとことん相手になってやるぜ!」

ジュンVS敵
ジュン「地球のピンチは必ず私達で救ってみせるわ!」

味方VSモビルドール
イザーク「ディアッカ、もしやあのモビルスーツは…!?」
ディアッカ「ああ、ありゃ人間にできる芸当じゃないぜ…」
ハイネ「…おそらくモビルドールシステムで動いているな」
タリア「前大戦時、ブルーコスモス派が使用したあの兵器を…?」
アーサー「馬鹿な!あれはユニウス条約を待たずして廃棄されたはずだぞ!?」
ハイネ「ここまでデカイ事をやる連中だ。モビルドールを持ち出すくらい朝飯前なんじゃない?」
健一「モビルドール…無人兵器の類か」
ディアッカ「ああ。ウチの隊長より融通が利かない困った奴らさ」
ルカ「僕達が使っている『ゴースト』と似たようなものですね」
健一「ならば、運用理由も同じはずだ。パイロット不足か、それとも…」
ミシェル「玉砕覚悟の作戦か、かな」
ルカ「どうやら旧式のようですね。僕達をアンノウンと認識して挙動が鈍っています
   モビルドールが僕達を学習して無機質な死神になる前に撃破してしまいましょう」
レイ「所詮、奴らは機械人形。死神になどなれん」
イザーク「その通りだ。モビルドールが出てきたとて気後れするな!我々の任務は変わらん!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:46 | スパロボL マップ | Comments(0)
第07話A 混迷する世界
一鷹VSザムザザー
一鷹「こいつを抑えておけば、ミネルバも逃げやすくなるはずだ!アリス、足止め作戦だ!」
アリス「どうにかして組み付きましょう。パワーならこちらも負けてはいません!」

剣児VSザムザザー
剣児「悪いがメシの恩は忘れねえんだ。覚悟しろよ、この野郎!」

ゴオVSザムザザー
ゴオ「こんな化け物がミネルバに取り付いたらひとたまりもないぞ。俺が何としても阻止してやる!」

イクサー1VSザムザザー
イクサー1「渚…。あなたの待つ日本を守るためにも、そしてこの星を守るためにも私は戦います!」

森次VSトロワ
森次「…パイロットはトロワ・バートンか。ならば、お前はプリベンタの…」
トロワ「人違いだ。俺はトロワじゃない」

森次VSザムザザー
森次「防御装置に頼っているのが見え見えだ。その程度のパイロットごとき、私のヴァーダントの敵ではない!」

シンVSトロワ
シン「なんでガンダムが連合にいるんだよ!?コロニーの自由の象徴じゃなかったのかよ!だったらプラントの味方だろ!?」
トロワ「残念だが、俺は連合に拾われた名もない兵士だ。このガンダムも拾い物だ」

シンVSザムザザー
シン「パワーーではかなわなくっても機動力で勝負してやる!」

シンVSオーブ兵
シン「連合軍と手を組むだなんてオーブは何を考えてるんだよ!
結局…結局アスハは何も守れていないじゃないかっ!」

シンVS連合兵
シン「いきなり核まで撃つなんて…。お前達はそんなに戦争がしたいのかよ!」

レイVS敵
レイ「これだけの部隊が既に配備されていとは…オーブが情報をリークしていたという事か」

ルナマリアVS敵
ルナマリア「何がなんでも私達をテロリストの仲間だって言いたいの!?
って、余計な口を利いている暇はなかったわね…!」

タリアVS敵
タリア「もはや我々に退路はない。前方のモビルスーツ部隊を突破し、ここから脱出する!」

味方VSトロワ
トロワ「連合内も慌しくなってきたな。だが、新鋭艦ミネルバの性能だけはこの目で確かめさせてもらう」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:45 | スパロボL マップ | Comments(0)
第07話B 驕れる牙に吹く風
一鷹VS敵
一鷹「これまでいろんな敵と戦ったけど、こんなに制限の多い戦いは初めてだぜ。だが、やるしかねえ!」

甲児VS敵
甲児「気に入らないから皆殺しにするなんて…どんだけ子供じみた考えなんだよ!もっと大人になりやがれ!!」

鉄也VS敵
鉄也「くそっ、馬鹿な選択をしやがって!プラントに核を撃ったところで、また泥沼の戦争が始まるだけだろうに!」

豹馬VS敵
豹馬「あっちのボルテスVとやらには負けらんねえぜ!」
十三「ええぞ、豹馬!その調子や!」
ちずる「もう、豹馬ったら。十三も、変に焚き付けないで」
大作「ばってん、豹馬はそれくらいが一番力を発揮できるタイプたい」

健一VS敵
健一「異世界とはいえ、人類に刃を向ける事になるとはな…」
一平「郷に入っては郷に従え、さ。やるしかねえ」
めぐみ「こちらの世界のしきたりはあとでコン・バトラーVの人達に聞くのがいいんじゃない?」
大次郎「あの人達はよう似ちょっごたっけ、仲良うなるっ気がすっど」

ダイヤVS敵
ダイヤ「平気で核ミサイルなんか使いやがって!お前達には人の心ってもんがないのかよ!
    みんなの心をひとつにしなきゃ、ダリウスにも擬態獣にも勝てねえぞ!」

アルトVS敵
アルト「ったく、他人のケンカに巻き込まれるなんざまっぴらごめんだってのに…!」
オズマ「たとえ望まずとも、すべてを巻き込む…それが戦争って奴だ。そんな事もわからずにS.M.Sに入ったわけじゃあるまい?」
アルト「わかってるさ!」
オズマ「ならいい。さっさと終わらせるぞ!」

ルカVS敵
ルカ「僕だってS.M.Sなんだ…!どんな任務だってやってみせる!」

クランVS敵
クラン「さて、いくか。ミシェル、私が見えないからってまた泣くんじゃないぞ」
ミシェル「うっさいんだよ、クラン!ガキの頃の話をいつまでも!」
クラン「気合いは十分のようだな。頼むぞ、ミシェル」
ミシェル「…!ったく、そんな頼りないかねえ、俺」

カナリアVS敵
カナリア「ラピッド1、迎撃開始!狙い撃つ、核だけをっ!」

イザークVS敵
イザーク「お前達は過去の悲劇をまた繰り返すつもりなのか!それがお前達の望みか!」

ディアッカVS敵
ディアッカ「核ミサイルは全部撃ち落としてやる!プラントには傷ひとつ付けさせやしない!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:44 | スパロボL マップ | Comments(0)