カテゴリ:スーパーロボット大戦OG2( 5 )
ラミアについて
ラミアのいわゆる、
言語変換機能が壊れた状態
のセリフが、スーパーロボット大戦Aに比べて
かなり少なくなった印象がある。
一部をあげると、
b0074593_23534191.jpg
b0074593_23535311.jpg


b0074593_2354228.jpg
b0074593_23543928.jpg


b0074593_23545198.jpg
b0074593_2355540.jpg


b0074593_23551644.jpg
b0074593_23335087.jpg


b0074593_2334366.jpg
b0074593_19515698.jpg


こんな感じで、賛否両論あったかもしれないが、
途中でイメージが違うという普通の理由で直ってしまうのが
惜しかった。
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:56 | スーパーロボット大戦OG2 | Comments(0)
備考
・OGシリーズ(インパクト系も)は、反撃時は特殊セリフが発生しない。
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:41 | スーパーロボット大戦OG2 | Comments(0)
OG2・1
キョウスケ
援護攻撃
エクセレン 「下がれ、エクセレン!俺も仕掛ける!」
       「エクセレン、援護するぞ…!」
       「何をやっている、俺がとどめを撃つぞエクセレン!」
ブリット 「ブリット、援護に入る。…下がれ…!」
ゼンガー 「隊長、こっちで合わせる…!」
       「隊長が仕留め切れんか!ならばおれが…!」
タスク 「タスク!おれが行く!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護に入るぞ…!」
攻撃
ウォーダン 「貴様の手の内はわかっている、ウォーダン・ユミル」
        「ウォーダン・ユミル…!」
アクセル 「接近戦での勝負…望む所だ、アクセル・アルマー」
       「勝負だ、アクセル・アルマー」
       「おれを倒せると思うな、アクセル・アルマー」
       「貴様は何者だ…!?」(第22話のみ)
レモン 「お前とエクセレン…いったい何の関係がある?」
ヴィンデル 「理想と共に消え去れ、ヴィンデル・マウザー!」
アルフィミィ 「この感じ…いったい何だ?」
        「正体を現せ…!」
        「お前の目的は何だ?」
        「真実を教える気がないなら、それで構わん。ただし、ただで済むと思うな」
        「元の世界には帰さん。ここで朽ち果てろ…!」
エクセレンS 「エクセレン…お前らしくない話だな…!」
         「エクセレン!おれだ、キョウスケだ…!わからないのか!?」
         「お前はおれが取り戻す。それまで待っていろ、エクセレン」
ウェンドロ ノイ・レジセイア 「ゴタクはいい。後は頭を潰すだけだ…!」
ノイ・レジセイア 「貴様が女王蜂か…!」
被ダメージ
ウォーダン 「ゼンガー少佐と同等の力か。だが…!」
        「その剣…俺の命までには届かん!」
アクセル 「そう簡単にはやられん、アクセル・アルマー…!」
       「くっ…!アクセルのほうが一枚上手だったか…!」
アルフィミィ 「お前は…何が言いたい?」
        「おれを惑わせられると思うな…!」
エクセレンS 「攻撃に迷いが…?エクセレン、何とかならないのか!」
         「敵に回すと、これほど厄介な相手だったとはな…!エクセレン!」
         「エクセレン…!撃ち落とすわけにもいかん…!正気に戻れ!」
回避
アクセル 「お前の手の内は読めたぞ、アクセル・アルマー」
       「貴様との勝負に負けるつもりはない…!」
アルフィミィ 「何故、おれに付きまとう?」
        「何故、おれを呼ぶ?お前はいったい何者だ?」
エクセレンS 「エクセレン…!おれに当てる気か…!」

エクセレン
援護攻撃
キョウスケ 「キョウちゃ~ん!あらいやん、私ったら大胆?」
        「どいてどいて~!援護しちゃうわよ、キョウスケ」
        「もう、あんまり世話焼かせないでよね、キョウスケ」
ブリット 「ブリット君、お姉さまが援護してあ・げ・る」
ラミア 「エクセのお姉様に任せてちょうだい!」
ゼンガー 「ボス、役に立つ部下でしょ?お給料…上げてくれる?」
ライ 「色男さ~ん、援護はいかが?お安くするわよ?」
ヴィレッタ 「お姉さま~!後ろから失礼~!」
攻撃
アルフィミィ レモン 「どういうこと?あなたは…私の何なの?」
             「あなたは…私なの!?」

エクセレンS
攻撃
キョウスケ 「アナタ…ワタシノ何…?」
        「キョウスケ…キョウ…スケ…?」
        「気ニナル…胸ガモヤモヤ…スル…」
被ダメージ
キョウスケ 「キョウスケ…無駄…ヨ…」
        「キョウスケ…ワタシ…ハ…」
        「キョウ…スケ…?」
回避
キョウスケ 「キョウスケ…アナタ…」

ブリット
援護攻撃
キョウスケ 「あの人には余計な真似かも知れないけど…逃がすわけには!」
        「キョウスケ中尉、援護します!」
クスハ 「クスハ、援護するっ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、連携攻撃で行きます!」
       「ゼンガー少佐、援護します!」
レーツェル 「レーツェルさん、後は俺がやります!」
タスク 「タスク、詰めが甘いぞ!」
レオナ 「レオナ、援護するぞ!」
リョウト 「リョウト、手を貸すぞ!」
ユウキ 「助太刀するぞ、ユウ!」
      「ユウ!後は任せてくれ!」
カーラ 「一本決めるまで油断するな!カーラ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護します!」
攻撃
ウォーダン 「行くぞ!ウォーダン・ユミル!」
アルフィミィ 「虎龍王、お前はあいつを知っているのか!?」
エクセレンS 「エクセレン少尉!しっかりして下さい!」
         「いつものノリはどうしたんです!エクセレン少尉!!」
ウェンドロ 「決着をつけるぞ!ウェンドロ!」
       「地球をお前達などに渡しはしない!」
ノイ・レジセイア 「お前の勝手な都合で世界をリセットされてたまるか!」
シャドウミラー 「この世界をお前達の好きにはさせない!」
          「永遠に闘争が続く世界なんて!」
被ダメージ
ウォーダン 「ウォーダンの太刀筋を見切らなければ…!」
        「くっ…!実力はゼンガー少佐と互角か!」
        「ぐっ!この力、ゼンガー少佐と同じ…!?」
アルフィミィ 「人の念じゃない…!あいつはいったい…!?」
        「あの思念に引きずられちゃ駄目だ!」
        「うああっ!な、何だ、こいつの力はっ!?」
エクセレンS 「エクセレン少尉!しっかりして下さい!」
         「エクセレン少尉!目を覚ましてください!」
         「しょ、少尉!本気なんですね!?」
ウェンドロ 「様子見のつもりか?ウェンドロ!」
       「インスペクターのボスを目の前にして、引き下がれるか!」
       「ウェンドロ!お前などに負けはしないぞ!」
シャドウミラー 「手加減はいらないぞ!ショドウミラー!」
          「やるな、シャドウミラー!」
          「シャドウミラー!お前達に屈しはしない!」
回避
ウォーダン 「見切ったぞ、ウォーダン・ユミル!」
アルフィミィ 「この感覚…!あいつの思念なのか?」
エクセレンS 「少尉!アインストに取り込まれては駄目です!」
ウェンドロ 「虎龍王のスピード…甘く見るなよ、ウェンドロ!」
シャドウミラー 「俺はここだぞ、シャドウミラー!」

クスハ
援護攻撃
ブリット 「ブリット君と力を合わせれば…!」
レオナ 「続けて行くわ、レオナ!」
リオ 「リオ、頑張ってるのね…!」
リョウト 「リョウト君が隙を作ってくれた…!」
タスク 「タスク君、後は任せて!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタさん、援護しますっ!」
リュウセイ 「リュウセイ君、援護するわ!」
       「リュウセイ君は先に行って!後は私達が!」(後半)
レーツェル 「下がってください、レーツェルさん!」
ユウ 「ユウ君、ここは私が!」
カーラ 「カーラ、援護するわ!」
攻撃
エクセレンS 「エクセレンさん、しっかりしてくださいっ!」
アルフィミィ 「あの子の思念は…!」
ウェンドロ 「私達を裁くのはあなたじゃありません!」
ノイ・レジセイア 「お願い、龍虎王!アインストを倒すためにあなたの力を貸して!」
シャドウミラー 「戦争が永遠に続く世界なんて…私達は望んでいません!」
インスペクター 「私達の星をあなた達の好きにはさせません!」
被ダメージ
アルフィミィ 「あの子に…こっちの動きが読まれてるの…?」
        「もうあなたに操られたりはしません!」
        「こ、この感じ…まさか、あの子は!?」
エクセレンS 「エクセレン少尉、キョウスケ中尉や私達のことを思い出してください!」
         「エクセレンさんから別の思念を感じる…!?」
         「お願いです!いつものエクセレン少尉に戻ってください!」
ウェンドロ 「私達はインスペクターには屈しません!」
       「これがディカスティスの力…!?」
       「ま、負けられない!インスペクターの人達には!」
回避
アルフィミィ 「龍虎王があの子に反応してる…!」
エクセレンS 「もしかして…外してくれたんですか?エクセレン少尉…」
ウェンドロ 「インスペクターには負けません!」

ラミア
攻撃
エキドナ 「行くぞ、W16…」
ウォーダン 「W15か…」
アクセル 「行きます…隊長…!」
       「勝負です、アクセル隊長…!」
       「隊長…どうかお覚悟を」
レモン 「レモン様、これが私の戦いです…!」
ヴィンデル 「ヴィンデル様…この世界に私達の居場所は…!」

アイビス
援護攻撃
スレイ 「スレイ!私も続く!」
攻撃
スレイ 「ナンバー01の誇りはどうしたのよ、スレイ!」
     「どんな理由があろうと、あたしはあんたを止めなくちゃならない!」
     「スレイ!こんな戦いに何の意味があるのよ!?」
     「あたし達の夢を…フィリオの夢を捨てるつもりなの!」
エクセレンS 「エクセレン少尉!止めさせてもらうよ!」
         「少尉!らしくないよ、こんなのは!」
アギーハ 「相手が異星人でもスピード勝負なら!!」
ウェンドロ 「勝手な理由で、あたし達の夢をあきらめてなるか!」
ボス系 「お前を倒して人類は…あたしは飛んでみせる!」
被ダメージ
スレイ 「駄目だ!スレイに遊ばれている!!」
     「く…!遊んでいるの、スレイ!!」
     「このままじゃ、スレイの的になるだけだよ!」
     「こ、これが01と04の実力差なの!」
     「く…!スレイを振り切れない!」
     「スレイ…スレイ…スレイーッ!!」
     「だ、駄目だ…。やっぱり、あたしじゃスレイには…!」
回避
スレイ 「やれる!思ったよりも実力差はない…かも知れない!」
     「あんたなんかに…あんただけには負けてなるものか!!」
     「スレイ!あんたには負けられない!!」

スレイ
援護攻撃
アイビス 「下がれ、アイビス!お前には無理だ!」
      「何をやっている!前線でうかつに動くな!」
攻撃
アイビス 「その機体の所有者は、兄様の夢を実現させる者だ!」
被ダメージ
アイビス 「教えてやる…!貴様にナンバー01の真の力を!」

ラトゥーニ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウセイ、援護するわ…!」
シャイン 「シャイン王女、後は私が…」
攻撃
ゼオラ 「ゼオラ…騙されてるのはあなたの方…」
     「ゼオラ…アラドはあなたを助けるために…」
オウカ 「オウカ姉様…私の話を聞いて…!」
     「オウカ姉様…本当のことを思い出して…!」
     「姉様…私は姉様を…!」

カイ
援護攻撃
ゼンガー 「力を貸すぞ、ゼンガー!」
レーツェル 「レーツェル、連携で行くぞ!」
ギリアム 「ギリアム、援護する!」
攻撃
DC兵 「貴様らDCなどに!」
     「DCめ!これ以上はやらせんぞ!」
インスペクター 「行くぞ、異星人共!」

ゼンガー
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ!トドメは俺が刺す!」
        「俺を呼んだか、キョウスケ・ナンブ!」
エクセレン 「下がれ、エクセレン!」
        「エクセレン!踏み込みが足りんぞ!」
ブリット 「後は任せろ、ブルックリン!」
      「いい攻撃だったぞ、ブリックリン!」
カイ 「カイ少佐!自分が助太刀を!」
ギリアム 「後は任せてもらおう、ギリアム」
レーツェル 「この呼吸…昔のままだな、我が友よ!」
攻撃
ウォーダン 「ウォーダン・ユミル!いざ尋常に勝負!」
        「真っ向勝負!ウォーダン・ユミル!」
        「我が剣を受けよ!ウォーダン・ユミル!」
アクセル 「この男…出来る」

レーツェル
援護攻撃
ライ 「ライディース、後は任せろ」
カイ 「カイ少佐、援護します」
ゼンガー 「援護するぞ、我が友よ」
ギリアム 「ギリアム…私が力を貸そう」
攻撃
アーチボルド 「我が前に現れたか、アーチボルド・グリムズ…!」
         「アーチボルド・グリムズ…!」
回避
シュテルン・レジセイア 「隕石ごときに…我がトロンベの動きを見切れはせん!」

ギリアム
援護攻撃
イルム 「援護するぞ、イルム」
カイ 「カイ少佐、援護します」
ゼンガー 「援護するぞ、ゼンガー!」
レーツェル 「レーツェル、援護する!」
マサキ 「マサキ…後は任せてもらおう」
攻撃
ヴィンデル 「ヴィンデル・マウザー!システムXNと共に消え去れ!」

ライ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウセイ、フォーメーションWを仕掛けるぞ!」
       「上出来だ、リュウセイ!こちらも続けて行く!」
アヤ 「大尉、こちらからも攻撃します!」
    「アヤ大尉、連続攻撃を仕掛けます!」
ヴィレッタ 「隊長、援護します!」
       「上手い連携だ…。さすがだな…!」
マイ 「マイ、援護はまかせろ!」
    「援護するぞ、マイ!」
イルム 「さすがはイルム中尉…相手に隙ができた…!」
     「イルム中尉、後は自分が!」
レーツェル 「俺達の連携…かわせまい!」
レオナ 「レオナ、連携を仕掛ける!」
     「トドメを忘れるな、レオナ!」
攻撃
アーチボルド 「貴様との因縁…断ちきってみせる!」
         「アーチボルド・グリムズ…!貴様だけは許さん!」

リュウセイ
援護攻撃
ラトゥーニ 「よし!後は任せろ、ラトゥーニ!」
       「援護するぜ、ラトゥーニ!」
ライ 「ライ!フォーメーションDだ!」
    「突っ込みが足りねえぞ、ライ!」
   「ライ!貸しにしとくぜ!」
アヤ 「アヤ、フォーメーションDだ!」
    「連携攻撃だ、アヤ!」
ヴィレッタ 「隊長、援護するぜ!」
       「さすがは隊長…俺も負けてられねえ!」
マイ 「マイ、コンビネーションでいくぞ!」
    「マイ、後は俺が引き受けるぜ!」

イルム
援護攻撃
リュウセイ 「ほらよ、リュウセイ。手伝ってやるぜ」
ライ 「ライよ、お前にしちゃ、詰めが甘いな」
アヤ 「大尉、援護するぜ!」
リン 「伊達にコンビは組んでなかったってこと…教えてやるぜ!」
    「こういう時は、息が合ってるんだけどな」

リン
援護攻撃
イルム 「お互い、勘は衰えていないようだな」
      「イルム、昔のタイミングだ…行くぞ!」

アヤ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
ライ 「ライ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
ヴィレッタ 「隊長が隙を作ってくれた…!」
       「隊長との連携なら…!」
マイ 「あなたと私なら…やれる!」
    「マイ、後はこちらに任せて!」

タスク
援護攻撃
レオナ 「レオナ、少しは頼りにしてくれよ?」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護するッス!」
ラーダ 「ラーダ姉さん、手を貸すぜ!」
攻撃
アーチボルド 「あんたの手札は気にいらねえんだよ!」

レオナ
援護攻撃
タスク 「タスク…詰めが甘くてよ!」
攻撃
アーチボルド 「アーチボルド…!あなただけは!」
DC兵 「今のDCにマイヤー総司令やビアン総帥の遺志など存在しない…!」

リオ
援護攻撃
ブリット 「ブリット君、援護するわよ!」
タスク 「タスク君、詰めが甘いわよ!」
レオナ 「レオナ、手伝うわ!」
リョウト 「手伝うわ、リョウト君!」

リョウト
援護攻撃
リオ 「リオ、後は僕に任せて」

ヴィレッタ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウセイ、後は私に任せなさい」
ライ 「援護するわ、ライ」
アヤ 「続けていくわよ、アヤ」
ラーダ 「ラーダ、援護するわ」
マイ 「マイ、ここは任せて下がりなさい」

マイ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウが相手の隙を作ってくれた…!」
        「リュウ、後は任せて!」
ライ 「ライディース、援護する…」
アヤ 「アヤと私で力を合わせれば…!」
ヴィレッタ 「隊長、援護する…!」
攻撃
オウカ 「ラトゥーニ達のためにも…その機体を破壊する!」

ラーダ
援護攻撃
アヤ 「…アヤ…私の力も…」
ヴィレッタ 「…ヴィレッタ…こちらからも…」

カチーナ
援護攻撃
キョウスケ 「詰めが甘いぞ、キョウスケ!」
        「キョウスケ、シメはあたしがやるぜ!」
エクセレン 「エクセレン、もうちょっと気合入れやがれ!」
        「ヘラヘラやってねえで、そこをどけ!エクセレン!」
タスク 「あたしにやらせんな!タスク!」
     「タスク、仕留め切れなかったな!?あとで仕置きだっ!!」
ラッセル 「ラッセル、あたしがやる!下がってろ!」
攻撃
エクセレンS 「じっとしてろ!今助けてやる!」
被ダメージ
エクセレンS 「操られてるのなら、しょうがねえ…勘弁しといてやるぜ、エクセレン」
         「チッ!早く正気に戻りやがれ、エクセレン!」
         「エクセレンめ!戻ってきたら、超絶な仕置きをくれてやる!」
回避
エクセレンS 「避け続けるにも限界があるぜ…!おい、目ェ覚ませ!」

ラッセル
援護攻撃
カチーナ 「カチーナ中尉、後は任せてください!」
       「よし…!中尉のいつものタイミングだ!」
ラーダ 「ラーダさん、援護します!」

シャイン
援護攻撃
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、お手伝い致しますわ!」

テツヤ
攻撃
リー 「艦尾テスラ・ドライブを狙え!」

リー
攻撃
テツヤ 「私に勝てると思うな、テツヤ・オノデラ」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:40 | スーパーロボット大戦OG2 | Comments(0)
OG2・2
ユウキ
援護攻撃
ブリット 「ブリット、後は俺に任せろ」
タスク 「下がれ、タスク。後は俺の仕事だ」
リョウト 「リョウト、俺も続くぞ」
カーラ 「カーラ、後は任せろ!」
     「カーラの攻撃、無駄にはしない…!」
     「よくやった、カーラ。充分な牽制だ」
攻撃
エクセレン 「変幻自在?いや、セオリー無視か…」
アルトアイゼン 「やるな…!時代に逆行したコンセプトをここまで使いこなすとは…!」
ヴァイスリッター 「長射程を誇ろうと、懐に飛び込めば…!」
念動能力者 「この感覚…非常識な」
前作のキャラ 「油断のならん相手だ」
アーチボルド 「踏みにじられた俺達の想い…倍にして返す!」
         「ビアン総帥の掲げた理想、貴様達から返してもらう!」
ウェンドロ 「人が人を裁くなどと…!」
ウェンドロ ヴィンデル 「俺達の…DCの戦いを無駄にはさせない…!」
ヴィンデル 「散っていった同志の想い、受けるがいい!」
ノイ・レジセイア 「相手が創造主だろうと未来は自分の手でつかむ…!」
被ダメージ
キョウスケ 「く…!さすがはキョウスケ・ナンブと言うべきか…!」
アラド 「相変わらずだな、曹長。詰めが甘いぞ」
     「アラド曹長…どうやら一皮むけたようだな」
前作のキャラ 「さすがにやる。紙一重で直撃だったぞ」
          「L5戦役の立役者…!伊達ではないようだな…!」
          「ちっ!噂どおりの腕前だということか!」
念動能力者 「ち…!何だ、この頭痛は?」
「この感覚…!まるで身体が縛られているようだ」
アーチボルド 「どうした、少佐。それがあなたの本気か…!」
         「アーチボルド!貴様に屈してなるものか!」
         「ぐうっ!あの男にだけは負けられん!」
回避
前作のキャラ 「噂ほどではないと言うことか」
カイ 「さすがは元教導隊。紙一重か…!」
念動能力者 「このざらつく感じは…何だ?」
アーチボルド 「どうした、少佐。俺はここにいるぞ…!」

カーラ
援護攻撃
クスハ 「クスハ!後はあたしに任せて!」
レオナ 「任せて、レオナ!後はあたしがやるよ!」
リオ 「リオ!見せ場をサンキュ!」
ユウキ 「ユウ!後はお任せ!」
      「さっすが、ユウ!あたしも続くよ!」
      「ユウのフォローはあたしがするよ!」
攻撃
エクセレン 「ああ、もう何よ!このパターン破りな動きは!」
        「ああ、もう!チョコマカと動き回ってくれちゃって!」
カイ 「元教導隊だからって、遠慮はしないよ!」
念動能力者 「何だろう…不思議な感じがする…」
         「あたしの意識が相手とシンクロしてる…!?」
前作のキャラ 「試してあげるよ、L5戦役の立役者の力を!」
          「噂以上にやるみたいだね、こいつ…!」
アーチボルド 「許さない…!あんた達を信じて戦ったみんなのためにも!」
         「DCのため…地球のため…あたしがあんたを倒す!」
ウェンドロ 「言ってることはともかくそのやり方は許せないよ!」
ウェンドロ ヴィンデル 「あたし達の世界はあたし達が創る!そのために…勝つ!」
ヴィンデル 「あんたはこの世界にいちゃいけないんだよ!」
        「そんなに戦いたいんなら、あたしが相手になるよっ!」
ノイ・レジセイア 「創造主でも神様でもあたし達の未来は渡すもんか!」
被ダメージ
キョウスケ 「さすがはキョウスケ・ナンブ…って感心してる場合じゃない!」
前作のキャラ  「ホント、可愛くない!ちょっと気を抜いたら直撃だったよ…!」
           「やるじゃない!L5戦役の立役者はフロックじゃないようだね!」
カイ 「やるじゃない、元教導隊!伝説の男達ってのはこうじゃなくちゃね!」
エクセレン 「ちょ、ちょっと!あんな無茶なモーションでどうして直撃させるのよ!」
        「ちょっと、誰よ!エクセレン・ブロウニングがお笑い担当だって言ったのは!?」
アラド 「甘いよ、アラド!攻撃は一撃必殺でなきゃ!」
     「へえ…!少しは腕を上げたじゃない、アラド!」
念導能力者 「どうしたのよ?こっちの動きが向こうにシンクロしてる…?」
         「な、何…?これって…向こうの発するプレッシャー…?」
         「く…何、これ…?相手のプレッシャーにあたしが追い込まれてる?」
アーチボルド 「そんな攻撃、あたしに効くと思ってるの、少佐さん!」
         「な、何よ…!ただのイヤミ野郎じゃないじゃないの!」
         「負けるもんか…!あんたに負けたら全てが無駄になっちゃうんだ!」
回避
カイ 「教導隊の伝説もおとぎ話ってところ?」
前作のキャラ 「あらら?L5戦役の立役者ってのはまぐれだったの?」
念動能力者 「何だろう…向こうとあたしの動き、変にシンクロしてる…」
アーチボルド 「へへん、少佐!達者なのは口だけのようだね!」

アーチボルト
攻撃
ライ 「フフフ…行きますよ、ライディース君」
ライ レーツェル レオナ 「フッ…因縁ですね」

アラド
援護攻撃
キョウスケ 「ATX計画コンボ、行くぜぇっ!!」
        「アルト譲りの突進力、見せてやるぜっ!!」
ラトゥーニ 「ラト、後は任せろ!ちゃんとやるから!」
ゼオラ 「フォーメーションIだな、ゼオラ!」
     「ゼオラ、ドンピシャだぜ!」
オウカ 「姉さん、援護するぜ!」
攻撃
アーチボルド 「覚悟しろ、アーチボルド!」
         「卑怯な手は通用しねえぞ、アーチボルド!」
ゼオラ 「ゼオラ、俺は、お前を…!」
     「おれの話を聞け!ゼオラ!」
     「コックピットは外さなきゃ…!!」
     「ゼオラ!こうするしかねえのかよ!?」
オウカ 「オウカ姉さん!姉さんは騙されてるんだ!」
     「あの頃の姉さんに戻ってくれ!」
アンサズ スリサズ 「黙って聞いてりゃ、言いたい放題言いやがって!」
             「てめえ、何様のつもりだ!」
             「何が新人類だ、ふざけんな!」
             「欠陥品、欠陥品って、うるせえんだよ!」
クエルボ 「セロ博士!どういうつもりなんだ!?」
アギラ 「アギラ!てめえだけは絶対に許せねえ!!」
アインストアイゼン 「偽アルトなんざブッ潰してやる!」
ボス系   「デカくて強けりゃ、偉いのかよ!?」
       「こうなったら、本命狙いだっ!」
被ダメージ
ゼオラ 「ええい!強情なところは相変わらずかよ、ゼオラ!」
     「遠慮なしかよ、ゼオラの奴!!」
     「ゼオラ!おれは諦めねえぞ!!」
     「おれの戦うべき相手は…お前じゃないんだ!!」
オウカ 「姉さん!おれのことがわからねえのか!?」
     「くっ…!さすが姉さん、狙いが正確だぜ…!けどな!」
     「くうっ!や、やっぱり、姉さんには…!!」
ボス系   「ボスキャラを目の前にして引き下がれるか!」
       「この大一番、負けてたまるかよっ!!」
       「親玉を目の前にして、やられるかよっ!」
回避
ゼオラ 「ゼオラ!おれはそう簡単にやられねえぞ!」
     「何とかして、ファルケンに取り付かなきゃ…!」
アーチボルド 「あんたの手の乗るかよ、アーチボルド!」
オウカ 「オウカ姉さん!おれの話を聞いてくれ!」
スリサズ アンサズ 「てめえらがそんなに偉いってのかよ!?」
             「どうしても、おれを倒す気か!」
ボス系 「大風呂敷を広げて、結果がこれじゃあな!」

ゼオラ
援護攻撃
エクセレン 「援護します、エクセレン少尉!」
ラトゥーニ 「ラト、後は私が!」
アラド 「アラド、いつものタイミングね!」
     「もう!世話が焼けるんだから!」
オウカ 「オウカ姉様、あまり無理をしないで!」
攻撃
アラド 「よくもラトを連れ去ってくれたわね!」
     「ラトを返してもらうわよ!アラド・バランガ!」
     「アラド・バランガ!あなたは私の敵よ!」
     「絶対に許さない…!あなただけは!!」
アーチボルド 「あなたみたいな人がいるから!」
クエルボ 「私達の邪魔をしないでください、博士!」
アギラ 「セトメ博士!あなただけは許せない!」
ウェンドロ 「地球から出ていきなさいよっ!」
被ダメージ
アラド 「この腕でどうやってラトを…」
     「少しはやるようね…アラド・バランガ!」
     「くっ!アラド・バランガがこれ程の腕を持ってるなんて…!」

マサキ
援護攻撃
リューネ 「リューネ、ここは任せなっ!」
      「リューネ、手を貸すぜ!!」
シュウ 「シュウ…!妙な真似をしやがったら…このままてめえを撃つ!」

リューネ
援護攻撃
マサキ 「マサキ、後はわたしがやるよっ!」
      「マサキ、手伝うよ!」

シュウ
援護攻撃
マサキ 「礼には及びませんよ、マサキ…」

エキドナ
攻撃
キョウスケ「ターゲット、ベーオウルフ確認…」
ラミア 「W17か…」

ウォーダン
攻撃
キョウスケ 「ベーオウルフ!貴様を粉砕する!」
        「我が剣の錆となれ!キョウスケ・ナンブ!」
ラミア 「W17!ベーオウルフと共に散れ!」
ゼンガー 「ゼンガー・ゾンボルト!いざ尋常に勝負!」
       「真っ向勝負!ゼンガー・ゾンボルト!」
       「ゼンガー・ゾンボルト!我が剣を受けてみよ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:36 | スーパーロボット大戦OG2 | Comments(0)
OG2・3
オウカ
攻撃
ラトゥーニ 「あなたは連邦の者達に騙されているのよ」
       「ラト…私のいうことを聞きなさい」
       「私と一緒に母様の所へ戻るのよ、ラト」
       「ラト…私の下へ帰るのよ」
       「聞き分けのない子ね、ラト」「抵抗しては駄目…」
       「安心して…機体を動けなくするだけ」
アラド 「許しません…アラド・バランガ、お前だけは!」
     「アラド・バランガ…私のラトを連れ去った憎むべき敵…!」

オウカG
攻撃
ラトゥーニ 「ラトゥーニ11…」
アラド 「ブロンゾ28…」
ゼオラ 「ブロンゾ27…」
被ダメージ
ラトゥーニ 「ラトゥーニ11…」
アラド 「ブロンゾ28…」
ゼオラ 「ブロンゾ27…」
回避
ラトゥーニ 「ラトゥーニ11…」
アラド 「ブロンゾ28…」
ゼオラ 「ブロンゾ27…」

クエルボ
被ダメージ
ラーダ 「手加減はいらない、ラーダ。僕は本気だ」
      「ラーダ…!僕の道はまだ閉ざさせない…!」
      「うぐっ!今日こそ、君と本当の決別だね、ラーダ…!」
      「後悔はしてないさ…君の手にかかるなら、それもまた…」
スクール系 「スクールの出身者は機体に枷をはめられているのか…?」
        「よし…僕の研究結果は良好のようだ…」
        「君達が僕を許せないのはわかる…!」

アギラ
攻撃
オウカ 「アウルム1!この出来損ないの人形めが!」
アヤ マイ スクール系 「もうお前達に用はない!アウルム1とともにここで死ねい!」
被ダメージ
ラトゥーニ 「ラトゥーニ11!貴様などに!」
アヤ マイ 「こ、これが特能研の失敗作の力か!?」
アラド 「ブロンゾ28、やはり不良品じゃな」
     「おのれ、ブロンゾ28!欠陥品の分際で!!」
ゼオラ 「お前も27号と同じ不良品じゃ」
     「ええい、ブロンゾ27め!奴の人格も消しておくべきじゃった!」
オウカ 「アウルム1め、調整してやった恩を忘れおって!」
アヤ マイ スクール系 「ええい!忌々しい人形共めがっ!!」

メキボス
援護攻撃
シカログ 「悪いな、シカログ!いただくぜ!」
アギーハ 「どうしたんだ?裏のリーダーさんよ」
ヴィガジ 「だからてめぇはツメが甘いんだよ」
攻撃
イルム 「地球人にはお前のような奴がいるんだな」
      「ハッ、味な真似をしてくれるじゃねえか」
マサキ 「スピードがあればいいってもんじゃねえぜ?」
      「覚悟しな、サイバスター!」
ウェンドロ 「ウェンドロ!!俺がこの手で始末をつけてやる!」
被ダメージ
イルム 「格好だけかよ?全く話にならんな」
      「このくらいは当然なんだろ?色男さんよ!!」
      「口先だけじゃなかったようだな…!!」
マサキ 「どうした、サイバスター?それがてめえの実力かよ?」
      「なかなかやるじゃねえか、サイバスター!」
      「この力…興味深いぜ、サイバスター…!」
回避
イルム 「実力も格好も悪いな!色男!」
マサキ 「その程度かよ、魔装機神とやらの力は!」

ヴィガジ
攻撃
レーツェル ゼンガー 「貴様…!貴様だけは…!」
               「よくも俺の邪魔をしてくれたな!許さんぞ!!」
マサキ 「勝負だ、サイバスター!」
被ダメージ
レーツェル ゼンガー 「今度は貴様が遅れを取る番のようだな…!」
              「この俺が何度も遅れを取ってたまるか…!!」
              「ぐっ、そう何度もやられてたまるか…!!」
マサキ 「魔装機神とは名ばかりのものらしいな」
      「やってくれたな、サイバスター!!」
      「サイバスターめ、よくも!!」

アギーハ
援護攻撃
メキボス 「貸しにしとくよ、メキボス!」
ヴィガジ 「ヴィガジ!あんたは詰めが甘いんだよ!」
シカログ 「手伝うわよ、ダーリン♥」
      「わかってるわよぉ、手柄はダーリンのものよ♥」

攻撃
アイビス 「ガーリオンもどきが!調子に乗るんじゃない!」
       「お前もサイバスターと一緒に落としてやるよ!」
マサキ 「風の魔装機神の実力、見せてもらおうじゃないか」
      「どっちが速いか、思い知らせてやる!」
      「覚悟しな、サイバスター!」
リューネ 「目障りなんだよ!小娘がっ!」
       「年増呼ばわりしたことを死ぬほど後悔させてやるよ!」
被ダメージ
アイビス 「何だ、こないだのはまぐれかい?」
       「ええい、ガーリオンもどきなんかに!」
       「よくも…!バラバラにしてやるからね!!」
マサキ 「風の魔装機神ってのはその程度なのかい?」
      「ふん、風の魔装機神を名乗るだけのことはあるようだね」
      「ええい!よくもやってくれたね、サイバスター!」
リューネ 「若いだけが取り柄みたいだねえ」
       「やってくれるじゃないか、小娘っ!!」
       「くっ!あんな小娘に!!」
回避
アイビス 「所詮はガーリオンもどきだってことか」
マサキ 「何だ、それが魔装機神の実力かい?」
      「スピードはあたいの方が上なのさ、サイバスター!」
リューネ 「どこ狙ってるんだい、小娘!」

ウェンドロ
攻撃
マサキ 「フフフ…いただくよ、サイバスター!」
SRX 「その機体、君達には過ぎたオモチャだよ」
被ダメージ
ブリット クスハ 「ディカスティス相手に互角か。さすが超機人とか言うマシンだね」
マサキ 「それがサイバスターの力か。ちょっと失望したよ」
      「くっ…!サイバスターめ…!」
SRX  「そ、そんな危険な玩具でよくもこの僕を…!」

アクセル
攻撃
キョウスケ 「ベーオウルフ、貴様だけはおれの手で…!」
        「決着をつけるぞ、ベーオウルフ!」
        「ベーオウルフ…勝負…!」
エクセレン 「この女…レモンの…」
ラミア 「W17、おれが完全に壊してやる」
     「レモンの玩具ごときが…!」
     「人形が…このおれに逆らうか」
     「壊れた人形の分際で…!」
被ダメージ
キョウスケ 「ふん…さすがにやるな、ベーオウルフ」
      
アンサズ
援護攻撃
スリサズ 「僕達の連携を見せてやるよ」
攻撃
アラド 「スリサズの言う通り、汚点は消さなきゃならないか…」
被ダメージ
アラド 「アラド・バランガ…君じゃ無理だよ」
     「調子に乗るなよ、アラド・バランガ…君ごときが」
     「アラド・バランガ…!お前のような欠陥品に!」
回避
アラド 「アラド・バランガ…君の能力がここまで低いなんてね」

スリサズ
攻撃
アラド 「アラド・バランガ!お前の存在を抹消する!」
被ダメージ
アラド 「このぐらいの抵抗は許してやるよ、アラド・バランガ」
     「アラド・バランガ…調子に乗るなよ!」
     「必ず消してやる!アラド・バランガ、必ずな!」
回避
アラド 「欠陥品は欠陥品…そういうことだ、アラド・バランガ」

アルフィミィ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ…」
エクセレン 「エクセレン…」

ノイ・レジセイア
攻撃
アルフィミィ 「まさか…おまえが理解していなかったとはな…!」
被ダメージ
アルフィミィ 「自分が何をしているか…よく考えろ…!」

一般兵
攻撃
R-2 「エンジンは狙いから外す!」
ジガンスクード SRX 「フン、図体がでかいだけの機体だ!」
               「装甲に一点集中攻撃をしかければ!」
トロニウムE、BE搭載機 「動力源に当たるなよ…!」
ヒュッケバインMk-Ⅱ 「その機体も一号機と同じようになるがいい!」
SRX系 「何がSRX計画だ!笑わせるな!」
      「Rシリーズなど、ただのハリボテに過ぎん!」
ATX系 「たかが欠陥機などに!」
     「旧式の改造機など楽勝だ!」
     「時代遅れの機体など、消してしまえ!」
ヒュッケバイン系 「アダ名どおりに消え去れ!」
グルンガスト系 「超闘士…相手にとって不足はない!」
           「グルンガストを落とせば、手柄になる!」
戦艦系 「接近すれば、戦艦と言えど!」
      「母艦さえ落とせば、貴様らも終わりだ!」
      「母艦さえ沈めれば!」
      「対艦攻撃を仕掛けるぞ!」
被ダメージ
ATX系 「見かけだけでなく、中身も違うというのか!?」
      「あ、あれがATX計画の改造機か…っ!」
      「い、今の瞬発力…!あれで旧型機だと!?」
ヒュッケバイン系 「ヒュッケバインなど、所詮は失敗作よ」
           「ヒュッケバインよりもこちらの機動力が上だったな!」
           「機体が良くても、腕前がそれではな!」
           「ぐううっ!失敗作の後継機ごときに…何故だ!?」
           「あれがヒュッケバインの力…なのか!」
           「こ、この威力…!まさに不幸を呼ぶ機体…!」
           「うぐあっ!消え去るのは俺の方なのか!?」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:34 | スーパーロボット大戦OG2 | Comments(0)