カテゴリ:スーパーロボット大戦MX( 15 )
備考
・基本的には攻撃時にしか特殊セリフは発生しない。

・反撃時に専用の特殊セリフを持つキャラも一部存在する。
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:13 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
オリジナル系
ヒューゴ・メディオ
攻撃
???(アルベロ) 「逃がさんぞ、メディウス・ロクス!」
            「その機体、返してもらうぞ!!」
            「それ以上、パワーアップはさせん!」
            「行くぞ、メディウス!!」
            「メディウス・ロクス!これ以上、好きにはさせんぞ!」
アルベロ 「どうしても…どうしても退かないというのならっ!!」(前半)
       「こんなことをしたって、あんたの息子は帰ってこないんだぞ!!」(前半)
       「くっ!こうするしかないのか、隊長!!」(前半)
       「いくぞ隊長!…いや、アルベロ・エスト!」
       「アルベロ・エスト!あんたは俺が止めてやる!!」
       「アルベロ!覚悟を決めてもらうっ!」
       「アルベロ!あんたの戦いを終わらせてやる!」
テルグム フロンス 「雑魚は消えろ!」
             「落ちろ、虫ども!」
シエストラ デクストラ 「メディウスの手駒などっ!」
               「AI1の番犬ごときにっ!」
エルデ(最終) 「AI1!お前は神でも、人間でもない!ただの機械だ!!」
          「お前に、世界を終わらせる権利などない!」
          「奴の暴走を止めなきゃ、世界が終わる!!」
          「AI1、お前だけは俺達の手で!」
被ダメージ
アルベロ 「こっちのクセを踏まえた攻撃か…!」(前半)
       「ぐあっ…!隊長!一体何があったんだ!?」(前半)
       「や、やはり、隊長の方が一枚上手か!」(前半)
       「くっ…!?隊長に手の内を読まれているのか!?」(前半)
       「お、俺は…隊長には勝てないのか!?」(前半)
       「た、隊長…!つ、強い…!!」(前半)
       「アルベロ!手加減は不要だぞ!」
       「どうした、アルベロ!その程度か!?」
       「くそっ!奴の…アルベロの先を行ってやる!!」
       「アルベロ…!俺の動きを見切ったか!」
       「お、俺の悪運の強さは…あんたが一番よく知っているはずだ!」
       「ぐううっ!アルベロ…!俺がこの程度で死ぬと思うなよ!」
???(アルベロ) 「メディウス・ロクス…!こっちの出方を窺っているのか!?」
            アクア 「誰!?誰がメディウスに乗っているの!?」
            「くっ!メディウスの方が速い!?」
            「うおっ!何で奴は俺のクセを知っているんだ!?」
            「調子に乗るなよ、メディウス・ロクス!」
            「こ、このままでは…メディウスに落とされる!」
            「ぐあっ…!これが…メディウスの実力なのか!?」
エルデ(最終) 「奴の…AI1の力はこの程度じゃないはずだ!」
          「ぐっ!奴を止めるのは今しかないというのに!」
          「お…俺達を取り込めると思うなよ!AI1!!」
回避
???(アルベロ) 「似ている…あの人の動きに…!」
            「奴の間合いの取り方…覚えがあるぞ!?」
            「あの動き…まさか…!?」
            アクア「どういうこと!?こっちのデータと違う…!」
アルベロ 「隊長の実力はこんなものじゃない。油断をするわけには…!」
       「当たりはしないぞ、アルベロ!」
       「アルベロ!いつまでも昔の俺だと思うなよ!」
       「隊長!今からでも遅くない!メディウスを捨ててくれ!」
       「隊長…!一体何があったんだ!?」
エルデ(最終) 「AI1!俺はここだ!」
          「エルデ・ミッテ!そいつはお前の子供なんかじゃない!ただの化け物だ!」

アクア・ケントルム
攻撃
アルベロ 「あなたが…どうしてもAI1を手放さないと言うのなら!」
       「ミッテ先生!あなたはAI1に取りつかれているんです!!」
       「ミッテ先生!どうしてあなたが!?」
       「メディウス・ロクスさえ壊せば、ミッテ先生は…!!」
       「メディウス…!もう止められないの!?」
       「これ以上、メディウスを放っておくわけには!」
       「お願い、先生!もうやめて下さい!!」
       「そのままじゃ、あなたもAI1に取り込まれるのよ!アルベロ・エスト!」
メディウス・ロクス(最終) 「あ、あれが…先生の怨念…!?」
エルデ(最終) 「もうこうするしかない…!!」
          「エルデ…!せめて、せめて私の手でっ…!」
          「エルデ!私があなたを止めてみせる!」
          「AI1!これで最後よ!!」
テルグム フロンス 「もう!うっとうしい虫ね!」
             「邪魔をしないで!私はミッテ先生に用があるの!」
シエストラ デクストラ  「メディウスの手先なんかに!」
被ダメージ
アルベロ 「あの動き…!?先生が私の考えを読んでいるの!?」
       「メディウスの動きは…私の読み以上…!?」
       「ミッテ先生が私の敵になるなんて!」
       「もう先生と戦うしか……ない……!」
       「くううっ!割り切らなきゃ、私がやられる!!」
回避
アルベロ 「私は…先生にとって何でもない存在…!」
      「私は…私は先生と戦いたくないんです!」
      「先生!メディウス・ロクスから下りてください!!」
      「私は…先生と戦いたくないんです!」

アルベロ・エスト
攻撃
ヒューゴ 「所詮は欠陥機…俺の敵ではない!」(前半)
      「そのような不安定な機体で何ができる!」(前半)
      「貴様も、部下や息子たちの所へ逝け!!」
      「息子の所へ逝け!ヒューゴ・メディオ!」
      「あの時に死んでいれば、苦しむことはなかったものを!」
アクア 「ヒューゴと運命を共にするがいい」
被ダメージ
ヒューゴ 「そのような欠陥機で、メディウスを取り返すつもりか?」(前半)
      「やはり、出力が安定していないようだな」(前半)
      「言ったはずだ!その機体でメディウスは倒せんと!!」(前半)
      「どうした?このメディウスを取り戻すのではなかったのか?」
      「ヒューゴ!迷いは命取りになるぞ!!」
      「俺の教えを生かし切れていないようだな…!」
      「さすがだな…俺が見込んだだけのことはある!」
      「こ、この力…!未練を断ち切ったか!」
      「苦しみを力に変えたか!だがそれは俺とて同じこと!」
      「うおおっ!?奴は俺を越えるというのか!?」
      「こ、これが…奴の実力か!?」
      「ぐうっ!…詰めの甘さが命取りになると教えたはずだ!」
アクア 「フン!奴と同じで詰めが甘い!!」
     「あの女、こちらの動きを見切ったのか!?」
回避
ヒューゴ 「所詮は欠陥機。メディウスには追いつけん」(前半)
      「乗っている者が未熟ではな」(前半)
      「ヒューゴ、以前のくせは直っていないようだな!」
      「忘れたか!?お前を育てたのはこの俺なのだぞ!」

エルデ・ミッテ
攻撃
アクア 「あなたは私たちの計画には不要な存在なのよ」
     「アクア…私はあなたのことを何とも思っていなかったわ」
     「アクア…あなたは教え甲斐のある生徒だった。でも…それだけよ」
     「嫌だったのよ。あなたみたいな女につきまとわれるのはね」
     「あなたに私の考えが読めて?アクア」
被ダメージ
アクア 「少しは頭をひねったようね、アクア」
     「ありがとう、これでAI1の経験値が上がるわ、アクア」
     「あの子にしてはいい読みね」
     「いい読みだわ、アクア」
     「あの子が…!私の予測を上回ったというの…!?」

エルデ・ミッテ(最終)
攻撃
アクア 「私は最初からこういう女なのよ!あなたが勘違いをしてただけ!
     ウフフフ…アハハハ…ハハハハハ!」
     「アクア!あなたも溶かしてあげるわ!」
     「あなたの安っぽい正義はもう充分!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:12 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
マジンガー系
兜甲児
援護攻撃
さやか 「さやかさん、後は俺がやるぜ!」
ボス 「ボス!こいつは貸しにしといてやる!」
鉄也 「鉄也さん、いいタイミングだぜ!」
    「よ~し、鉄也さん!続けていくぜ!」
ジュン 「ジュンさん、後は任せてくれ!」
デューク 「デューク・フリード、後は任せろ!」
      「続いていくぜ、デューク・フリード!」
マリア 「マリアちゃん、助太刀するぜ!」
竜馬 「リョウ!助太刀するぜ!」
隼人 「後は任せろ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ!後は俺に任せろ!」
援護防御
さやか 「さやかさん、今の内に!」
ボス 「何やってんだ、ボス!」
鉄也 「下がってくれ、鉄也さん!」
    「鉄也さん、ここは俺が!」
ジュン 「ジュンさん、ここは引き受けるぜ!」
デューク 「下がるんだ、デューク・フリード!」
       「ここは任せろ、デューク!」
マリア 「マリアちゃん、危ない!」
竜馬 「リョウ、ここは任せろ!」
隼人 「ハヤト、後は引き受けたぜ!」
弁慶 「大丈夫か!?ベンケイ!」

弓さやか
援護攻撃
甲児 「甲児君、後は私に任せて!」
    「甲児君、そこどいて!」
ボス 「ボスに負けてられないもんね!」
鉄也 「鉄也さん、後は任せて!」
ジュン 「ジュンさん、あたしも!」
援護防御
甲児 「甲児君、無茶しないで!」
    「危ない、甲児君!」
ボス 「ボス、ここは任せて」
鉄也 「鉄也さん、ここは私が!」
ジュン 「ジュンさん、今の内よ!」

ボス
援護攻撃
甲児 「兜ぉ!てめえにだけいいカッコはさせねえぜ!」
さやか 「好き、好き、さやかちゃん大好きよ~ん!チュチュチュのチュ~!」
鉄也 「鉄也、そいつは俺にやらせろ!」
ジュン 「ジュ~ン!正義の味方がお手伝いに参りましたわよ~ん!」
デューク 「デューク・フリード!詰めが甘えぞ!」
マリア 「マリアちゅわ~ん、今おそばにいくからね~!」
援護防御
甲児 「感謝しろよ、兜ぉ!」
さやか 「さやか、安心しな。俺様が守ってやるぜい!」
鉄也 「ウッシッシッシ。鉄也ぁ、もう足手まといとは呼ばせねえぜ!」
ジュン 「ジュン、助けに来たぜぃ!」
デューク 「危ねえ!デューク・フリード!」
マリア 「マリアちゃんに手を出すやつぁ、このボスが許さねえ!」

剣鉄也
援護攻撃
甲児 「甲児君、続けていくぜ!」
    「力を貸すぜ、甲児君!」
さやか 「さやかさん、手を貸すぞ!」
ボス 「ボス、止めは任せろ!」
ジュン 「ジュン、後は任せろ!」
デューク 「大介君、後は俺がやる!」
マリア 「マリア、後は任せろ!」
竜馬 「リョウ!手を貸すぜ!」
隼人 「後は任せろ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ、後は俺がやる!」
援護防御
甲児 「甲児君、油断をするな!」
    「甲児君、危ない!」
さやか 「さやかさん、今の内に下がれ!」
ボス 「ボス、無茶をするな!」
ジュン 「ジュンをやらせるものか!」
デューク 「大介君、今の内に下がれ!」
マリア 「後退するんだ、マリア!」
竜馬 「リョウ!ここは引き受けるぜ!」
隼人 「下がるんだ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ、ここは任せろ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:09 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
UCガンダム系
ジュドー・アーシタ
援護攻撃
カミーユ 「カミーユさん、手伝うよ!!」
ルー 「ルー、後は俺がやるっ!」
ビーチャ 「ビーチャ、いいタイミングだぜ!」
エル 「エル、そこをどいてくれ!」
モンド 「やるじゃないか、モンド!」
イーノ 「イーノ、手を貸すぜ!」
プル 「見てろよ、プル!こっちからも!」
プルツー 「後は任せろ、プルツー!」
援護防御
カミーユ 「任せてよ、カミーユさん!!」
ルー 「ルー、下がれっ!」
ビーチャ 「何やってんの、ビーチャ!!」
エル 「エル、気を抜くな!」
モンド 「しっかりしろよ、モンド!」
イーノ 「イーノ、早く逃げろっ!」
プル 「プルは俺が守るっ!!」
プルツー 「プルツーをやらせるかよ!」

モンド・アガケ
援護攻撃
ジュドー 「ジュドー、手伝ってやるよ!」
ルー 「手伝ってやるよ、ルー!」
ビーチャ 「ビーチャ、後は任せてくれよ!」
エル 「エル、後は任せろっ!」
イーノ 「イーノ、俺も続くぜっ!」
援護防御
ジュドー 「何やってんだ、ジュドー!」
ルー 「ルー、危ないっ!」
ビーチャ 「ビーチャ、危ないっ!」
エル 「エル、今の内に!」
イーノ 「今の内に逃げるんだ、イーノ!」

エルピー・プル
援護攻撃
ジュドー 「ジュドー、待ってて!あたしも!」
プルツー 「さっすがプルツー!いい感じ!」
       「おいてかないでよぉ、プルツー!」
援護防御
ジュドー 「ジュドーは、あたしが守る!」
プルツー 「プルツー、危ない、下がって!」

プルツー
援護攻撃 
ジュドー 「ジュドー、射線をあけろ!」
プル「プル、後は私が!」
   「いいタイミングだ、プル!」
援護防御
ジュドー 「ジュドー、下がって!」
プル 「プルはやらせない!」
    「プル、無理をするな!」

アムロ・レイ
援護攻撃
カミーユ 「カミーユ、下がれ!後は俺がやる!」
ジュドー 「ジュドー、後は任せろ!」
ブライト 「続けていくぞ、ブライト!」
援護防御
カミーユ 「うかつだぞ、カミーユ!」
ジュドー 「前に出過ぎだ、ジュドー!」
ブライト 「ブライト、前に出過ぎだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:09 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
グレンダイザー
デューク・フリード
攻撃
ベガ大王 「悪魔め!覚悟しろ!!」
       「ベガ大王、覚悟!」
ベガ大王親衛隊 「ベガ大王親衛隊!僕は許さん!」
           「お前達ベガ星連合軍はけだもの以下だ…!けだもの以下だ!」
円盤獣 「行くぞ、円盤獣!」
ベガ獣 「ベガ獣、覚悟しろ!」

ズリル
攻撃
デューク 「いくぞ、デューク・フリード!」
      「いくぞ、グレンダイザー!!」
      「デューク・フリード!貴様の命は今日限りだ!」
      「デューク・フリード!貴様はこの俺が倒す!」

モルス
攻撃
デューク 「我がモール星人の命…その武器でどれだけ奪った!?」
被ダメージ
デューク 「この程度の力で我がモール星が…!?」
       「ぐおっ!?グレンダイザー…許せん!」
       「ぬうう…!デューク!貴様も道連れだ!」
回避
デューク 「グレンダイザー、こんなものか!」

ベガ大王
攻撃
デューク 「デューク・フリード!お前は殺しておくべきだった!」
      「死ね、グレンダイザー!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:08 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
ダイモス
竜崎一矢
援護攻撃
京四郎 「京四郎!トドメは俺に任せろ!」
援護防御
京四郎 「ナナ!無茶をするなっ!」

夕月京四郎
援護攻撃
一矢 「一矢!後は任せろ!」

和泉ナナ
援護防御
一矢 「危ない!お兄ちゃん!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:07 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
ゲッターロボ
流竜馬
援護攻撃
甲児 「続けていくぜ!甲児君!」
鉄也 「鉄也さん!後は任せてくれ!」
ミチル 「ミチルさん、力を貸すぜ!」
援護防御
甲児 「甲児君、大丈夫か!」
鉄也 「鉄也さん、今の内に!」
ミチル 「下がるんだ、ミチルさん!」
攻撃
ヒドラー 「覚悟しろ、ヒドラー元帥!」
ブライ 「これまでだ、ブライ大帝!」
百鬼帝国 「行くぞ、百鬼ロボット!」
被ダメージ
百鬼帝国 「俺達にかなうと思っているのか、百鬼ども!」
       「百鬼帝国め…調子に乗るなよ!」
       「ぐあっ!!だが、百鬼帝国に負けるわけにはいかない!!」

神隼人
攻撃
ヒドラー 「貴様の顔も見飽きたぜ、ヒドラー元帥!」
ブライ 「ブライ大帝、覚悟しろ!」
百鬼帝国 「鬼退治は俺に任せろ!」
       「百鬼ロボ、俺が相手をしてやる!」
       「覚悟はいいな、百鬼帝国!」
被ダメージ
百鬼帝国 「それじゃ百鬼帝国の名が泣くぜ!」
       「ほう…やるな、百鬼帝国め!」
       「百鬼帝国め、このまま俺が引き下がると思うなよ!」

車弁慶
攻撃
百鬼帝国 「百鬼帝国の好きにはやらせねえ!」

ブライ
攻撃
ゲッター 「何としてもこやつらを倒し、ゲッター線増幅装置を奪い取るのだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:07 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
マシンロボ・クロノスの大逆襲
ロム・ストール
援護攻撃
ジェット 「ジェット、次は俺が行く!」
ドリル 「ドリル!後は任せろ!」
ジム 「ジム!続けていくぞ!」
レイナ 「レイナ!後は俺に任せるんだ!」
援護防御
ジェット 「ジェット、お前らしくもない!」
ドリル 「ドリル!無茶しすぎだ!」
ジム 「下がれ、ジム!」
レイナ 「レイナ!俺に心配をかけさせるな!」
攻撃
ディオンドラ 「ディオンドラ!くらえっ!!」
        「ディオンドラ!今度は何を企んでいる!?」
        「今度は何を企んでいるんだ、ディオンドラ!」
        「ディオンドラ、いつまでも調子に乗るな!」
デビルサターン6 「デビルサターン6!ここでも悪事を働くか!」
           「今こそ決着をつけるぞ、デビルサターン6!」
           「今度こそ倒してやるぞ、デビルサターン!!」
           「デビルサターン6!貴様の攻撃は読めている!」
バグ 「バグ!天空宙心拳をこれ以上汚させはせん!」
ガデス 「ガデェェス!!」
     「ここまで来て貴様には負けんぞ、ガデス!」
     「ガデス!貴様ぁぁぁっ!!」
ギャンドラー 「ここでも悪事を働くか!許さんぞ、ギャンドラー!」
         「ギャンドラー、貴様らを見逃すわけには行かない!!」
         「たとえ天が許しても、貴様らの所業…俺が許さん!」
被ダメージ
ギャンドラー 「所詮はその程度か、ギャンドラー!」
         「ギャンドラーの戦力が増強されている!?」
回避
ギャンドラー 「貴様らギャンドラーの攻撃などに!」

デビルサターン6
攻撃
バイカンフー 「往生せいや!バイカンフー!!」
         「バイカンフー!勝負や!!」
被ダメージ
バイカンフー 「どうしたバイカンフー!踏み込みが甘いで!!」

アシュラ
攻撃
バイカンフー 「わざわざでっかくなってくれるとは、外れる弾がなくてありがたいぜ!」
         「かかったな、バイカンフー!!」
ケンリュウ 「ここまでだ、ケンリュウ!!」
        「くたばれ!ケンリュウ!!」
被ダメージ
バイカンフー 「天空宙心拳恐るるに足りず!」
         「天空宙心拳、恐れるに足りず!」
         「キライの弟子といってもこの程度か!」
         「お、おのれ!バイカンフーめ!!」
         「これがクロノス最強の力か…!」

バグ
被ダメージ
ロム 「ロム!貴様では俺に勝つことはできん!」

グルジオス
援護攻撃
ディオンドラ 「どけ、ディオンドラ!」
ガデス 「ガデス様、ここはこの私めに」

援護防御
ディオンドラ 「ちっ!ディオンドラめ、しくじりおって!」
ガデス 「ご安心を、ガデス様!」

攻撃
バイカンフー 「バイカンフーはワシの手で倒してみせるわ!」
         「バイカンフーになったところでぇ!!」
         「闇が光に勝つこともあるという事を教えてやる!」
被ダメージ
バイカンフー 「バイカンフーになってもその程度かぁ!!」
         「ハッ!その程度で正義をかざすとは!」
         「チッ、いい気になるなよ、バイカンフー!」
         「毎度毎度、ギャンドラーの邪魔ばかりしおって!」
         「おのれぇ…!貴様さえいなければ!!」
         「ゆ、許さんぞ!!キライの馬鹿弟子どもが!!」
レイナ 「少々おてんばが過ぎますぞ?レイナお嬢様…?」
回避
ロム 「フハハ、どうしたロム・ストール!?」

ガデス
攻撃
ロム 「いまいましいクロノスの者どもが!」
被ダメージ
ロム 「剣狼の導きだと?その程度でか…!?」
    「その程度か!?天空宙心拳が聞いてあきれるわ!!」
    「ロム・ストール…どこまでもワシに逆らうか…!」
    「ワシに勝ったつもりか!甘いぞロム・ストール!!」

ギャンドラー
攻撃
ロム 「何が天空宙心拳だ!」
    「ロム・ストールがなんぼのもんでえ!」
    「目障りなんだよォ!ロム!」
    「ここで会ったが百年目!覚悟、ロム・ストール!」
レイナ 「ヒャハハ!ロムの妹かよォ!イタダキーーッ!!」
     「ゲヘヘヘヘ、お嬢ちゃん、お茶でもどうだい?」
マシンロボ系 「お前らさえいなきゃよぉ!」
         「てめえらか!いつもいつも、いっつも邪魔しやがって!!」
被ダメージ
ロム 「なんとかかんとか拳、きかねえじゃねえかよ!」
    「何が剣狼だよ!ぬるいぜ!」
    「正義の味方も大した事ねえな!」
    「ギャハハハ!今度はギャンドラーの勝ちかぁ!?」
    「や、やるじゃねえか。ロム・ストール!」
    「てめぇ、ロム!調子に乗ってんじゃねぇぞ!」
    「てて、天空宙心拳が何だってんだよぉ!」
    「これがロムの本気かよ!本気出すなよ!!」
    「天空なんちゃら拳って、こんなに痛えのかよ~!?」
レイナ 「おいおい、いけねえな、お嬢ちゃん!」
     「か~わいい攻撃してくれちゃって!」
     「痛ってぇ~!このアマ、なめやがって!」
     「女のくせに何てパワーだよ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:06 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
新世紀エヴァンゲリオン
碇シンジ
援護攻撃
レイ 「綾波!援護するよ!」
アスカ 「アスカ!後は僕が!」
トウジ 「トウジ、続けて行くよ!」
援護防御
レイ 「綾波!下がって!」
アスカ 「アスカ!前に出過ぎだよ!」
トウジ 「トウジ!無茶しちゃダメだ!」
攻撃
バルディエル 「トウジ!トウジ、答えてよ!!」
EVA量産機 「よくも…!よくもアスカをっ!」
         「ミサトさんとの約束…守ってみせる…!」
被ダメージ
カヲル 「カヲル君!何でこんな事を!?」
     「カヲル君!待って!!」
     「カ、カヲル君!本気なの!?」
回避
バルディエル 「僕には戦えない…友達が…友達が乗ってるんだ…!」
カヲル 「カヲル君!?やめて!やめてよ!!」

綾波レイ
援護攻撃
シンジ 「碇君、射線をあけて…」
アスカ 「弐号機のバックアップに回ります」
トウジ 「3号機のバックアップに回ります」
援護防御
シンジ 「…あなたは死なないわ。私が守るもの」
アスカ 「弐号機の援護に入ります」
トウジ 「3号機の援護に入ります」

惣流・アスカ・ラングレー
援護攻撃
シンジ 「バカシンジ!これは貸しにしとくわよ!」
レイ 「あたしがこいつの後?ムカつく!」
トウジ 「あんた、足手まといだってのに!」
援護防御
シンジ 「トロくて見てらんないわよ!バカシンジ!」
レイ 「まったく、何やってんのよ!ファースト!」
トウジ 「新米は引っ込んでなさいよ!」
攻撃 
バルディエル 「嘘でしょ…!?3号機が敵だなんて!」
ゼルエル 「間の抜けた顔がムカつくのよ!」
EVA量産機 「そのニヤケ面、ぶっ潰してやるから!」
被ダメージ
ゼルエル 「A・Tフィールドは中和しているはずなのになんで平気なのよっ!!」
       「そのうっとおしい両手…もぎ取ってやる!」
EVA量産機 「ふん、問題は数だけってわけね」
         「ちきしょう…数しか能がないくせにッ!」

渚カヲル
攻撃
シンジ 「これも運命だったんだよ」
     「悲しまないで、シンジ君」
     「生と死は等価値…それが理解できた時、君こそが…」
     「シンジ君、これは通過儀礼なんだ。君達が君達の未来を得るためのね」
     「やあ…また会ったね、シンジ君」
EVA 「EVAシリーズ…リリンの希望か…」
綾人 「世界の調律…それもまた一つの可能性だね…」
    「君の歌声は僕には届かないよ」
被ダメージ
シンジ 「ダメだよ、シンジ君…心を閉ざしちゃいけない」
     「それが君の出した答えなら…僕は構わないよ」
     「そうだ、シンジ君…君達には未来が必要だ」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:05 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)
Gガンダム
チボデー・クロケット
援護攻撃
ドモン 「こいつの後ってのが気に入らねえが…仕方ねえ!」
サイ・サイシー 「どいてろ、チャイニーズ!俺がやってやる!」
ジョルジュ 「相変わらずキザな攻撃だぜ、まったくよ!」
アルゴ 「おっさん!トドメはまかせな!」
アレンビー 「てめえの攻撃は軽いんだよ!こうやるんだ!」
レイン 「がんばるじゃねえの、レイン。シメは俺がやるぜ!」
援護防御
ドモン 「お前に一撃入れるのは俺なんだよ!」
サイ・サイシー 「世話焼かせるな、チャイニーズ!」
ジョルジュ 「ジョールジュ!てめえはすっこんでろ!」
アルゴ 「おっさん、無理すんなよ!」
アレンビー 「アレンビー!ガードがお留守だぜ!」
レイン 「ヘイ、ガール!ここはナイトに任せな!」
攻撃
ドモン 「ドモン…この力なら…もうお前には負けない…!」(DG)
     「ヘイ、ジャパニーズ!お互い手加減は無しだぜ!」
デビルガンダム 「ここがてめえの最終ラウンドだ、デビルガンダム!」

サイ・サイシー
援護攻撃
ドモン 「アニキ!後はおいらがやるよ!」
チボデー 「チボデーのアニキ!おいらがフィニッシュするぜ!」
ジョルジュ 「そんじゃま、おいらも美しくいきますか!」
アルゴ 「おっさん!コンビネーションといくぜ!」
アレンビー 「おいらも派手に舞ってみるか!」
レイン 「レイン姉ちゃん、結構やるじゃん!」
援護防御
ドモン 「ドモンのアニキ!危ないって!」
チボデー 「何がチャンピオンだよ!うかつだって!」
ジョルジュ 「エレガントもいいけど、気をつけなよ?」
アルゴ 「おっさん!って必要なかったかも」
アレンビー 「踊るのもいいけど、避けるの忘れてるよ!」
レイン 「レイン姉ちゃん、見てらんないって!」
攻撃
ドモン 「今度は、おいらが勝つ!勝負だ、キング・オブ・ハート!」
     「ドモンのアニキ!お互い手加減はなしだぜ!」
     「アニキ…今度はおいらが勝つ…負けねェ!」(DG)
デビルガンダム 「デビルガンダム!ここで消えてもらうぜ!」
          「ここで会ったが百年目!カタをつけさせてもらうぜ!」

ジョルジュ・ド・サンド
援護攻撃
ドモン 「ドモン!後は私に任せて!」
チボデー 「もう少し美学のある戦いをしたらいかがですか?」
サイ・サイシー 「相変わらず元気ですね、あなたは!」
アルゴ 「私はエレガントに攻めさせていただきましょう!」
アレンビー 「飛んだり跳ねたりばかりが美しさではないのでね」
レイン 「マドモアゼル・レイン、後はお任せを」
援護防御
ドモン 「ドモン!前に出すぎてはいけない!」
チボデー 「場当たり的にパンチを出すからこうなるのですよ!」
サイ・サイシー 「中国4000年の体術も少し分が悪いようですね」
アルゴ 「おっと、あなたに気遣いは無用でしたか?」
アレンビー 「たとえお転婆娘でも、女性を守るのが騎士の役目!」
レイン 「お気になさらず。女性を守るのも騎士の役目」
攻撃
ドモン 「もうあなたには負けない!負けないと言っているんですよォ!」(DG)
     「ドモン!あなたとの決着、ここでつけましょう!」
     「相手はキング・オブ・ハート!相手にとって不足はありません!」


アルゴ・ガルスキー
援護攻撃
ドモン 「ドモン、後は俺に任せろ!」
チボデー 「フィニッシュブローは撃たせてもらう…!」
サイ・サイシー 「どけ!サイ・サイシー!」
ジョルジュ 「美学など関係ない。打ち砕くだけだ!」
アレンビー 「攻撃に華やかさなどはいらん!」
レイン 「女だてらによくやるものだ」
援護防御
ドモン 「お前を倒すのは俺だ、ドモン!」
チボデー 「得意のフットワークはどうした?」
サイ・サイシー 「サイ・サイシー!ボサッとするな!」
ジョルジュ 「美学では、ダメージは防げんぞ!」
アレンビー 「調子に乗りすぎだ、アレンビー!」
レイン 「あまり無理をするな、レイン・ミカムラ!」
攻撃
ドモン 「いつも勝てると思うなよォ…!ドモン・カッシュ!」(DG)
    「ドモン!お前と戦うと血が踊る!」
    「お前との決着はつけておかねばならん!」


アレンビー・ビアズリー
援護攻撃
ドモン 「ドモン!これで決めるよ!」
チボデー 「ハァイ、チャンプ。邪魔するよ!」
サイ・サイシー 「アチョーッ!って、こんな感じにね!」
ジョルジュ 「あたしもエレガントにやっちゃうから!」
アルゴ 「あたしは軽やかにいくわよ!」
レイン 「レイン!女の子の力、見せてやろうよ!」
キラル 「キラルー!あたしも続くよ!」
援護防御
ドモン 「ドモン!あんた無茶しすぎだよ!」
チボデー 「ガードが甘いんじゃない?チャンピオン!」
サイ・サイシー 「アチョー!…と参上!」
ジョルジュ 「エレガントなのもいいけど、世話は焼かせないでよ!」
アルゴ 「んもう、代わりに守ってほしいくらいだよ!」
レイン 「レイン、今の内に!」
キラル 「どうしたのキラル!?集中集中!」
攻撃
ドモン 「さあ、楽しもうよ、ドモン!」
     「あんたとのファイト、ドキドキするよ!」


キラル・メキレル
援護攻撃
アレンビー 「手を貸すぞ!アレンビー!!」
援護防御
アレンビー 「いかんっ…!アレンビー!!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-10 00:04 | スーパーロボット大戦MX | Comments(0)