タグ:スパロボOGS外伝 ( 25 ) タグの人気記事
キョウスケ エクセレン
キョウスケ・ナンブ
援護攻撃
エクセレン 「何をやっている、俺が止めを撃つぞエクセレン!」
       「エクセレン、援護するぞ…!」
       「下がれ、エクセレン!おれも仕掛ける!」
ブリット 「ブリット、援護に入る…下がれ…!」
クスハ 「クスハ、後はおれに任せろ」
ラミア 「ラミア、お前は先に行け」
     「ラミア、援護するぞ…!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護に入るぞ…!」
タスク 「タスク!おれが行く!」
アラド 「アラド、目の前に集中しろ」
ゼンガー 「隊長、こっちで合わせる…!」
      「隊長が仕留め切れんか!ならばおれが…!」
マサキ 「マサキ、援護に入るぞ…!」
ラウル 「ラウル、後は任せろ」
フィオナ 「フィオナ、先に行け」
コウタ 「コウタ、援護するぞ!」
アクセル 「アクセル、ここはおれが行く」
      「アクセル、奴の止めはおれが刺す!」
フォルカ 「フォルカ、後は任せろ」
少佐系 「少佐、援護に入ります」
アルトアイゼン搭乗 「アルト、ここで決めるぞ!」
援護防御
エクセレン 「下がれ、エクセレン!」
       「エクセレン、ここはおれに任せろ」
ブリット 「迂闊だぞ、ブリット!」
ラミア 「下がれ、ラミア!」
リュウセイ 「リュウセイ、気を抜くな!」
ラウル 「迂闊だぞ、ラウル!」
フィオナ 「フィオナ、下がれ!」
コウタ 「下がれ、コウタ!」
アクセル 「アクセル、ここはおれが引き受ける!」
フォルカ 「フォルカ、ここは任せてもらおう」
アルトアイゼン搭乗 「鈍い分、装甲は厚いんでな」
           「フォローに入る!アルト向きの相手だ!」
攻撃
ムラタ 「ムラタ、お前の剣がどれほど速くても…!」
     「お前が剣を語るのか?…笑わせるな…!」
     「お前程度では、あの男には及ばん…!」
バルトール 「さすが新型…ロックオンから攻撃までが早いな」
       「お前に俺の手札が読めるか…?」
       「今わかっていることはただ一つ…新型は敵だ」
       「お前の手はわかった!」
       「対応できるか?おれの手に…!」
       「学習してみろ。出来るものならな…!」
       「ショーダウンだ。俺の手を見て驚くな、バルトール…!」
ラミア(バルトール) 「ラミア、お前は…!」
            「ラミア、お前の居場所はそこじゃない…!」
            「いざという時には止めてやる…そう約束した!」
            「その機体を止める!待っていろ…!」
ユルゲン 「ODEシステムを止められるかどうか…賭けてみるか?」
      「お前のジョーカーは見せてもらった。今度はこちらの番だ…!」
      「悲しみに耐えられず、それから逃げることを選んだ男が作り出したシステムなど…」「俺達には通用せん!」
デュミナス 「デュミナス…お前の疑問を終わらせてやる…!」
       「デュミナス!後は…地獄で計算しろ…!」
フェルナンド アルコ ミザル 「守るもののない拳…どれ程のものか…!」
マグナス 「撃ち貫く…!ふざけた信念ごとな!」
      「少し黙っていてもらおうか…!」
アルティス 「閃光の速さか。当たってしまえば終わりだ…!」
修羅将 「雑兵共より手応えはありそうだな」
修羅系 「闘争の世界か。やはり気に入らんな…!」
     「弱い奴ほどよく吠えると言うがな」
     「雑兵に用は無い…!」
アルカイド 「結局、力が物を言うわけか。アルカイド…!」
       「生憎だが、珍客はもう十分なんでな」
       「ここでケリをつけるぞ、修羅王!」
フラットフィッシュ 「開きになるくらいでは済まんぞ…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「そのニヤケ面、潰させてもらう…!」
タッドボール 「雑魚に用は無い…!」
イエッツト系 「アインストの成れの果てか…!」
        「だんまりなのは同じか」
        「進化した姿がそれか。おぞましい話だな…」
ソ-ディアンズ・ガード 「お前が守っている物がなんであろうとも…!」
ダークブレイン 「正念場か。ここでこちらのカードを全て出す…!」
         「ダークブレイン…文字通り、頭を潰す…!」
シュウ 「正念場という奴だな、シュウ・シラカワ」
     「お得意の逃げは通用せん。シュウ、ここで決着だッ!」
被ダメージ
ムラタ 「浅いな、ムラタ」
     「所詮は信念の無い剣だ」
     「奴の剣を見切れなかったか…!」
バルトール 「主力機として採用されただけのことはあるか…!」
       「チッ、さすがに当ててくるか…!」
       「バルトールの反応が速くなってきたか…!」
ラミア 「遠慮はいらんぞ、ラミア!」
     「ラミア…これでやられるほど、俺は柔じゃない!」
     「これくらいなら何発でも受けられるが…解決にはならん…!」
     「ラミア、お前は!?」
     「さすがに何発ももらえん…!早く何とかしなくてはな」
     「手加減しながら戦える相手でもない…!どうする…!?」
ユルゲン 「俺を甘く見るなよ、ユルゲン!」
      「覚えていろ。…お前が断った道、それが何かを…!」
デュミナス 「デュミナス、つまらん計算は命取りだぞ」
       「お前の計算通りに事が進むと思うなよ」
       「それが計算の限界だ、デュミナス!」
フェルナンド 「ヤルダバオト程ではないようだな」
マグナス 「マグナス、頑丈なのはこちらも同じでな」
アルティス 「閃光…下らんな、速いだけか」
アルカイド 「延々と技を繰り出した割には、浅いな」
       「その拳…受け止めたぞ。修羅王…!」
       「ぐうっ!まだ俺は立っているぞ、修羅王!」
修羅将 「それで将軍だと?なめるな…!」
     「伊達に二つ名を持っているわけではないようだな…!」
     「さすがに雑兵共とは違うか…!」
修羅系 「お前の芸はそれで終わりか?」
イエッツト系 「少しは進化しているらしいな」
        「その程度で止められると思うなよ、イエッツト…!」
        「調子に乗るなよ、イエッツト…!」
ダークブレイン 「お前の計算通りに事が進むと思うなよ」
         「そのでかい脳で考えた結果がこれか?」
         「ダークブレイン…お前のごたくは聞き飽きた!」
シュウ 「相変わらずだな。遊びのつもりか?シュウ」
     「ここからが面白くなるぞ…シュウ・シラカワ…!」
ボス系 「なるほど、この威力…!だが、一撃でこちらを仕留める事はできんらしいな…!」
回避
バルトール 「奴らのあのパターン…ラミアか…」(14話以降)
       「データが更新されていないようだな」
       「同じような手が通用しないのは、こちらも同じでな」
ラミア 「かわし続けて…チャンスを待つしかないか…!」
修羅系 「所詮は雑兵か」
     「そのレベルの修羅神などに…!」
イエッツト系 「変わったのは、名前だけか?」
        「アインストとさほど変わらんようだな」
ボス系 「どんなに強力な攻撃だろうと、回避に集中すれば!」

エクセレン・ブロウニング
援護攻撃
キョウスケ 「キョウちゃ~ん!あらいやん、私ったら大胆?」
       「どいてどいて~!援護しちゃうわよ、キョウスケ」
       「もう、あんまり世話焼かせないでよね、キョウスケ」
       「んふふふ~、これもラブラブアタックね!」
ブリット 「ブリット君、お姉さんが援護してあ・げ・る」
      「ブリット君、こういうトコも奥手ねえ」
クスハ 「クスハちゃん、手伝っちゃうわよ!」
ラミア 「エクセのお姉様に任せてちょうだい!」
     「私を呼んだよね、ラミアちゃん!」
     「はいは~い!ラミアちゃん、後はお任せ!」
     「ここで美女姉妹の勢揃いでございま~す!」 
ライ 「色男さ~ん、援護はいかが?お安くするわよ」
ヴィレッタ 「お姉さま~!後ろから失礼~!」
カチーナ 「カチーナ中尉に続いて、こっちもツッコミ入れましょうか!」
ラッセル 「ラッセル君、男はもっと強気じゃなきゃね」
タスク 「タスク君、ツッコミが甘いわよ!…なんでやねん!」
ラーダ 「んふふふふ~、ヨガヨガ天国へようこそ!」
アラド 「アラド君、後ろ、後ろ~っ!…行っちゃったのね」
ゼンガー 「ボス、役に立つ部下でしょ?お給料…上げてくれる?」
マサキ 「マーサ、後はお姉さんにお任せ!」
リューネ 「わお!いいアプローチじゃない、リューネちゃん!」
カーラ 「カーラちゃんに続いて、こっちも華麗に踊りましょっか!」
ラウル 「ラウル君、後はお姉さんにお任せ!」
コウタ 「コウタ君、手伝っちゃうわよ!」
アルフィミィ 「アルフィミィちゃん、ここはお姉さんが手伝うわよ!」 
アクセル 「さっすが、元隊長さん!こっちからも行くわよ~!」
      「あらん、タイミングばっちりよ、アクセル!」
フォルカ 「んふふ~、お姉さんが援護してヤルダバ!」
少佐系 「少佐、後はお任せってことで!」
援護防御
キョウスケ 「ちょっとキョウスケ!前に出過ぎだって!」
       「キョウスケ、フォローはお任せよん!」
       「キョウスケの傍には私がいるってこと、忘れないでよね!」
ブリット 「ブリット君、危ない!」
ラミア 「ラミアちゃん、今の内に逃げて!」
     「ラミアちゃん、いくら身体が頑丈だからって…!」
クスハ 「クスハちゃん、無茶はダメダメよん!」
攻撃
ムラタ 「どっちもこっちも後ろからバッサリ…って感じ?」
     「わお!武者我亜里怨再び!」
バルトール 「さてさて、新型さんの腕前のほうはいかが?」
       「ムッツリさんねえ。ボスみたいに名前名乗ってみる?」
       「ちょっとちょっと!さっきと動きが違うじゃないの!」
       「同じ手が通用しないってんなら、いろいろやってみるしかないわね!」
       「こっちだって、色々学習してるのよね!」
       「あららん、熱烈歓迎?」
       「そう簡単にこっちの手は読ませないわよ!」
ラミア(バルトール) 「待ってて、ラミアちゃん。すぐに悪い魔法使いの呪いを解いてあげるからね!」
            「多少揺れても、エアバッグがあるから大丈夫よね?」
ラミア(ヴァルシオン改) 「…ラミア・ラヴレスの意地を、意思を見せて…!」
              「もう一度巡ってきたこのチャンス…!今度こそは…!」
ユルゲン 「あなたの悲しみはわかるわ…でも私達はそういうのを乗り越えてきたもの。自分自身の意思でね」
      「ラミア・ラヴレスの仇…!あの子の生きる道を奪った罪…ただでは済まさない!」
      「迷宮の中に消えなさい、ユルゲン博士!永久に!」
デュミナス 「デュミナス、クイズの答えはこれよ!」
       「あなたとナゾナゾやる気はないのよね!」
マグナス 「あらら、色々とメタボっちゃってる御様子…」
      「いやん!あの修羅神…ちょっと可愛くない?」
メイシス 「さあさ、ペンギン帝国へご案内~!」
      「ヴィレッタお姉様ばりのクールビューティーねぇ」
アルティス 「閃光って言っても、眩しいわけじゃないのね」
ミザル 「回りまくりドリル天国、ゴ~!」
アルカイド 「敵将アルカイド討ち取ったり~…って感じでひとつ」
       「修羅王さん…もう悔いはないかしら?」
修羅系 「そんじゃま、修羅場にご案内!ってことで」
     「これじゃ、何とか動物ランドよね」
     「さぁて、今週のビックリオドロキメカ~!」
フラットフィッシュ 「華麗に登場!って感じ?って、ヒラメだっけ!」
フラットフィッシュ タッドボール 「んじゃま、怪獣退治ときましょっか!」
                  「わお!あんなのがいるなんて、大宇宙の神秘って奴?」
                  「さすがにおつまみには大きい…かな?」
タッドボール 「悪趣味よね~…おったまげジャクシって感じ?」
        「あれで脚がついていたら、アナゴイヌよね」
イエッツトクノッヘン 「新型のホネホネちゃん?ロックンロールはいかが?」
イエッツトグリート 「前から思ってたんだけど、アレって顔熱くないのかしらね?」
イエッツトレジセイア 「全部入りアインスト・リターンズ!しつこい話よねぇ」
            (「要は受信機を壊せばいいのよね!」)
イエッツト系 「前みたいに声は聞こえないけど…」
        「わお、地球に優しくないリサイクルよねぇ」
        「ゴキちゃん並にしぶといわねぇ、あれ」
        「別の物が混じってれば、再生は可能…ってこと?」
        「不法コピーはノーサンキューよん!」
ダークブレイン 「ダークブレイン…いかにもって感じの名前よね」
         「頭が大きいから、賢いとは限らないのよね~!」
         「わお!さすがに大迫力ね。でも、引き下がれないのよね…!」
シュウ 「正念場の正念場!きっちりカタをつけさせてもらうわよ!」
     「最後の締めはビシッといかないとね!」
     「もう、お約束の展開ねえ。シラカワ博士?」
     「あなたが信じているものが何かは分からないけど…ここで終わるわけにはいかないのよね」
被ダメージ
ムラタ 「ずんばらばらりん…とはいかないのよね」
     「ぐっ!落武者になる気はないのよね!」
バルトール 「わわっ!私の苦手な攻撃ばっかり!本当にこっちのデータを持ってるっての!?」
       「ちょっと!私を誘拐したって、身代金は出なくてよ?」
       「くっ!バルトールの性能が上がってきたみたいね…!」
       「いやん、スリーサイズのデータなら教えるから!」
       「悪いけど、あなた達と一緒になるつもりなんてないのよね!」(14話以降)
ラミア 「早くラジコンのコントローラを壊さないとね…」
     「そう簡単に正気に戻るとは思ってないけど…」
     「ぐずぐずしてる時間はあんまないわね」
     「敵になったほうが強いってのは、お約束ぅ~!?」
     「ラ、ラミアちゃん!もうちょっと優しく!」
ユルゲン 「私、珍しく本気で怒ってるのよね、ユルゲン博士…!」
      「くうっ!ラミアちゃんの痛みに比べたら、これくらい!」
デュミナス 「くっ!こういう答えはノーサンキューなのよね」
マグナス 「ご、ごっつぁんです!なんて言ってる場合じゃないって?」
メイシス 「ペ、ペンギンちゃんが見えたり見えなかったり…」
アルティス 「閃光とか言ってるくせに火が飛んでくるってのはどうなのよ!?」
アルカイド 「ううっ、あれじゃミスター何とかね」
修羅系 「はいはい、もうそんなに暴れないの!」
     「こんな所で修羅場はご勘弁!」
     「わお!変な悲鳴は上げなくてよ!」
イエッツト系 「わお!ちょっとは進化してるのかしらね」
        「うわっ!私はお仲間じゃないって!」
ダークブレイン 「我思う、故に我在り…とか言ってる場合じゃないって!」
         「惜しかったんじゃなぁい?ダクブレちゃん!」
シュウ 「な、なるへそ…こういう所がネオなのね」
ボス系 「さ、さっすが大将さん…当たるときっついわね~!」
     「わお、さすが悪玉としては説得力のある攻撃ね…いたた」
     「何から何までインチキ臭くない!?これは、ちょっとヤバめかも…!」
回避
ウェンディゴ 「あれでシンバル持ってたらちょっと可愛いかも!」
ムラタ 「よらば斬るぞ…って感じ?寄ってきたのは向こうだけど」
     「ん~、時代を間違えてるんじゃなぁい?ミスターサムライ」
バルトール 「そう簡単にこっちの手は読ませないわよ!」
       「ふ~ん…目がいっぱいついてるのにねぇ」
       「こっちだって、色々学習してるのよね!」
       「ちょっとお勉強が足りないんじゃない?」
       「お姉さんを誘拐しようたって、そうはいかないわよ!」
ラミア 「ラミアちゃん、あなたの居場所はそこじゃない…!」
ユルゲン 「排除されるのはあなたの方よ、ユルゲン博士!」
デュミナス 「とりあえず、狙いの付け方は間違ってるってことで」
       「このミスを取り返そうなんて思わないでね」
       「ハ~イ、ミス~!…って誰がハイミスよ!」
マグナス 「マグナス0点!…とか言ってみたりして」
メイシス 「氷漬けの美女になるのは、やぶさかじゃないけどね」
アルティス 「閃光見切ったり!ってな感じでいかが?」
アルカイド 「まるで技のデパートね。しょーこーけん、ってのはないのかしらん?」
       「技のネーミング、そこまでストレートだと味があるけどねえ」
修羅系 「はいはい、暴れるのはそこまで!」
     「悪いけど、ランキングポイントはあげられなくてよ?」
フラットフィッシュ 「わお!意外と伸縮自在なのね」
           「そんなトコに目がついてて、ちゃんと前が見えるのかしらねえ」
イエッツト系 「アインストとビミョーに変わってる?」
        「海賊版撲滅キャンペーン実施中なのよね」
        「今度は私を呼ぶ気はないみたいね」
ダークブレイン 「いくら頭がよくっても、それじゃあねえ」
         「はぁい、ダークブレインさん!手の鳴る方へ!」
シュウ 「シラカワ博士、それが奥の手ってことでOK?」
     「変わったのは名前だけなんじゃなぁい?」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 21:07 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
ブリット クスハ ラミア
ブルックリン・ラックフィールド
援護攻撃
キョウスケ 「さすがだ…!このタイミングなら、いける!」
       「あの人には余計な真似かもしれないけど…逃がすわけには!」
       「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてください!」
       「手伝います!エクセレン少尉!」
       「少尉!どこへ行くんですかっ!」
       「続けていきます、エクセレン少尉!」
クスハ 「クスハ、後は俺がやる!」
     「ここは任せてくれ、クスハ!」
     「先に行ってくれ、クスハ!」
ラミア 「ラミアさんは次のターゲットを!」
     「ラミアさん、後は引き受けます!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護します!」
タスク 「タスク、詰めが甘いぞ!」
     「悪いが、タスク…とどめは俺が刺す!」
レオナ 「レオナ、援護するぞ!」
リオ 「リオ!助太刀する!」
リョウト 「リョウト、手を貸すぞ!」
アラド 「アラド、援護するぞ!」
     「後ろがガラ空きだぞ、アラド!」
ゼンガー 「ゼンガー隊長、援護します!」
      「ゼンガー少佐、連携攻撃で行きます!」
レーツェル 「レーツェルさん、後は任せてください!」
ユウキ 「ユウ!後は任せてくれ!」
     「助太刀するぞ、ユウ!」
カーラ 「一本決めるまで油断するな!カーラ!」
ラウル 「ラウル、後は任せろ!」
フィオナ 「援護するぞ、フィオナ!」
アクセル 「アクセルさん、助太刀します!」
コウタ 「コウタ、後は任せろ!」
リシュウ 「リシュウ先生!助太刀します!」
フォルカ 「フォルカさん、後は俺が!」
少佐系 「少佐、後は自分が!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、下がってください!」
エクセレン 「エクセレン少尉!早く後ろへ!」
       「少尉、何やってんですっ!」
クスハ 「無茶をするな!クスハ!」
     「クスハ!離脱するんだ!」
ラミア 「ラミアさん、今の内に離脱を!」
リュウセイ 「リュウセイ、突っ込み過ぎだぞ!」 
タスク 「下がれ、タスク!」
レオナ 「レオナ、後退しろ!」
リオ 「リオ!前に出すぎだ!」
リョウト 「リョウト!奴は俺に任せろ!」
アラド 「アラド、どこを見ているんだ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、下がってください!」
レーツェル 「レーツェルさん、後退を!」
ユウキ 「後退しろ、ユウ!」
カーラ 「カーラ、早く下がるんだ!」
ラウル 「下がるんだ、ラウル!」
フィオナ 「フィオナ、離脱するんだ!」
コウタ 「コウタ、前に出過ぎだ!」
フォルカ 「フォルカさん、退いてください!」
攻撃
ラミア(第10話) 「ラミア少尉、行きます!」
アラド 「行くぞ、アラド!」
ゼオラ 「行くぞ、ゼオラ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、遠慮はしないぞ!」
ムラタ 「ムラタ、お前の剣は曇っている!」
     「人を斬るためだけに振るう剣なんて!」
     「真剣勝負だ、ムラタ!」
     「お前の剣速を超えてやる!」
ミロンガ 「あいつの運動性を甘く見るわけにはいかない…!」
      「模擬戦の時と同じようにいくと思うなよ!」(11話以降)
バルトール 「あいつらを止めなければ、多くの人々が…!」
       「俺の動きがお前に見切れるか!」
       「奴らのデータを上回ってみせる!」
       「人間の力を甘く見るなよ!」
       「必ずODEシステムを止めてみせる!」(13話以降)
       「人間を部品にする機動兵器なんて!」(13話以降)
バルトール(洗脳系) エミィ 「コックピットは外さなければ…!」
                「制御装置を壊す!」
                「コックピットは狙えない…!」
ラミア 「必ずODEシステムを止めてみせる!」
     「コックピットは外さなければ…!」
ユルゲン 「捕らえられた人々を返してもらうぞ、ユルゲン博士!」
      「必ずODEシステムを止めてみせる!」 
      「ユルゲン!よくもラミア少尉を!!」
ティス ラリアー デスピニス 「お前達の真意は、いったいなんなんだ…!?」
デュミナス 「勝負だ、デュミナス!」
       「デュミナス!俺がお前の暴走を止めてやる!」
マグナス 「あいつ、ふざけた真似を!」
      「遊び気分で戦うな!」
      「重震のマグナス!お前の好きにはさせない!」
メイシス 「女だからって…手加減すれば、こっちがやられる!」
      「勝負だ!氷槍のメイシス!」
アルティス 「行くぞ、閃光のアルティス!」
       「奴より速く打ち込む!」
ミザル 「お前が何を企もうと…俺は負けはしないっ!」
      「正々堂々と勝負しろ!」
アルカイド 「修羅王!お前を倒して、この戦いを終わらせる!」
       「修羅王…!その気迫を打ち破ってみせる!」
修羅将 「相手が修羅の将軍でも!」
修羅系 「修羅界など俺達には不要だ!」
     「戦いだけが、全てじゃないはずだ!」
     「ここでお前達の戦いを終わらせてやる!」
     「この世界を、お前達の好きにはさせない!」
     「永遠に闘争が続く世界なんて!」
     「修羅神など、打ち砕いてやる!」
フラットフィッシュ タッドボール 「その見た目にひるむ俺じゃない!!」
                  「生き物だったら、倒せるはずだ!」
鋳人 「俺の力を吸えると思うなよ!」
    「虎龍王の激しい怒りを感じる…!」
    「奴も槍を使うのなら!」
イエッツト系 「化け物共め、覚悟しろ!」
        「数で攻めてきたって!」
        「逃がしはしないぞ、イエッツト!」
ダークブレイン 「ダークブレイン!いざ勝負!」
         「ダークブレイン!この世界…いや、全ての世界から去れ!」
シュウ 「DC戦争の時からこの機会を狙っていたとでも言うのか!?」
     「ついに本性を見せたな、シュウ・シラカワ!」
被ダメージ
ミロンガ 「くそっ!これじゃ模擬戦の時と同じだ!」(11話以降)
バルトール 「バルトールめ、俺の動きを見切ったのか!?」
ラミア 「ラミア少尉だけに狙いは正確だけど…!」
デュミナス 「ぐうっ!これがデュミナスのパワーか!」
修羅系 「これが修羅神の実力か!」
化け物系 「お前のまやかしは通用しないぞ!」
ダークブレイン 「ダークブレインめ、やってくれる!」
回避
ムラタ 「お前の剣など届かない!」
バルトール 「そう簡単に俺の動きを解析できると思うなよ!」
ラミア 「あれは…ラミア少尉じゃない!」
デュミナス 「少なくとも、今の攻撃は失敗だったぞ!デュミナス!」
修羅系 「お前の拳は通用しない!」
     「修羅神の力はそんなものか!?」
鋳人 「お前のまやかしは通用しないぞ!」
    「どうした、化け物!」
    「槍の動きを見極めれば!」
ダークブレイン 「遠慮はいらないぞ、ダークブレイン!」

クスハ・ミズハ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、手伝います!」
ブリット 「ブリット君、私も!」
      「ブリット君、後は任せて!」
ラミア 「ラミアさん、援護します!」
リュウセイ 「リュウセイ君、手伝うわ!」
ヴィレッタ 「大尉、続けて行きます!」
タスク 「タスク君、後は任せて!」
     「タスク君、どこへ行くの!?」
レオナ 「レオナ、援護するわ!」
     「レオナには余計なお世話かもしれないけど…」
リオ 「後は任せて、リオ!」
    「リオ、頑張ってるのね…!」
リョウト 「リョウト君が隙を作ってくれた…!」
ラトゥーニ 「援護するわ、ラトゥーニ!」
アラド 「先走っちゃダメよ!アラド君!」
レーツェル 「レーツェルさん、続きますっ!」
マサキ 「マサキ君、後は私が!」
リューネ 「リューネ、援護するわ!」
ユウキ 「ユウキ君、後は私が!」
カーラ 「カーラ、援護するわ!」
アイビス 「アイビスさん、援護します!」
ラウル 「手伝うわ、ラウル君!」
フィオナ 「フィオナ、後は私が!」
リシュウ 「リシュウ先生、後は任せてください!」
コウタ 「コウタ君、後は任せて!」
フォルカ 「フォルカさん、私も続きます!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、離脱してください」
エクセレン 「エクセレンさん、ここは任せてください!」
ブリット 「ブリット君、無茶しないで!」
ラミア 「離脱してください、ラミアさん!」
リュウセイ 「下がって、リュウセイ君!」
タスク 「タスク君、危ない!」
レオナ 「レオナ、ここは任せて!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
リョウト 「リョウト君、後退して!」
アラド 「アラド君、よそ見しちゃダメ!」
レーツェル 「レーツェルさん、ここは私が!」 
マサキ 「マサキ君、無理しないで!」
リューネ 「リューネ、早く逃げて!」
ユウキ 「ユウキ君、後退して!」
カーラ 「カーラ、早く逃げて!」
アイビス 「アイビスさん、早く離脱してください!」
ラウル 「ラウル君、ここは任せて!」
フィオナ 「フィオナ、下がって!」
リシュウ 「先生!無理しないでください!」
コウタ 「コウタ君、早く逃げて!」
フォルカ 「フォルカさん、逃げてください!」
攻撃
ラミア(第10話) 「行きます、ラミア少尉!」
アラド 「行くわよ、アラド君!」
ゼオラ 「何とかして、ゼオラの動きを捉えなきゃ…!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ相手に油断は出来ない…!」
バルトール 「バルトールを野放しにしておくわけには!」
       「バルトールを止めてみせます!」
       「もうあなた達には捕まらない!」
ラミア 「ラミア少尉!必ず助けますから!」
ユルゲン 「最初から割り切って多くの人を不幸にするなんて…許せない!」
デュミナス 「デュミナス…あなたは答えの求め方を間違ったんです!」
       「誰だって過ちを犯します…でも、あなたは!」
アルカイド 「修羅王…あなたとこの戦いを止めて見せます!」
       「私達の世界を、修羅界にはさせません!」
修羅将 「あなた達が、兵を退かないと言うのなら!」
修羅系 「これ以上の乱暴は許しません!」
     「私達の星を、あなた達の好きにはさせません!」
     「これ以上、この混乱を続かせるわけには!」
     「戦いを続けるための戦いなんて…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「あんなお魚がいるなんて…!」
                  「ちょっと気持ち悪いけど…逃げません!」
                  「見た目より動きが速い…!気をつけなきゃ!」
鋳人 「あれは人の魂を…生命力を吸う…!」
    「龍虎王が激しい敵意を抱いている…!?」
    「あれは敵…龍虎王の敵…!」
    「あの怪物の狙いは、私達と龍虎王…!」
イエッツト系 「アインストに何か別の物が混じってる…!?」
        「あれはアインストとは違う…!」
エミィ 「何とかして、あの子を機体から降ろさなきゃ…!」
ソーディアンズ・ガード 「あれがソーディアンの主なの…!?」
ダークブレイン 「ダークブレイン!あなたに私達の世界を渡しはしません!」
         「その闇を、振り払ってみせます!」
         「あれを壊さなければ、この戦いは終わらない…!」
シュウ 「あのグランゾンから、得体の知れない邪念を感じる…!」
     「最後の戦い…ここで負けるわけにはいかない!」
被ダメージ
バルトール 「ああっ!あのバルトール、パワーアップしてるの!?」
       「早くバルトールを止めなきゃ!」
       「バ、バルトールの動きが速くなっている…!」
ラミア 「くっ!ラミア少尉、私は!」
     「ううっ、ラミア少尉を助けるまでは…!」
ユルゲン 「ユルゲン博士!そんなもので私は止められません!」
      「ユルゲン博士、私はまだ!」
デュミナス 「デュミナス、あなたには…!」
       「こ、こんなのは答えじゃない…!」
アルカイド 「う、受け止められた…修羅王の攻撃を…!」
       「しゅ、修羅王には勝てないの…!?」
       「つ、次もあの拳を受けたら…!」
修羅将 「ううっ、他の修羅とは力が違う…!」
     「あ、あの技をまともに…!」
修羅系 「ここで修羅を食い止めなきゃ…!」
     「しゅ、修羅神の動きについていけなかった…!」
     「負けられない…!あの人達には!」
鋳人 「あ、あの槍に注意しなきゃ!」 
    「瞬発力は虎龍王並だわ!」
    「ううっ、力が抜けていく…!」
    「わ、私の念も吸い取ろうとしてる…!?」
フラットフィッシュ タッドボール 「あ、あのお魚、強い…!!」
イエッツト系 「くっ!アインストより動きが速い!?」
エミィ 「早く機体に取り付かなきゃ!」
     「動きが速くて捕まえられない…!」
ダークブレイン 「ここでやられたら、私達の地球が…!」
         「お、おびただしい数の人の念が…!」
         「くっ!ダークブレイン…あなたに負けるわけにはいきません!」
         「くうっ…!ここでダークブレインに負けたら…!」
シュウ 「あの人が手加減なんてするはずがない…!」
     「このままじゃ、グランゾンに…!」
     「シラカワ博士、私はまだ戦えます!」
回避
アラド ゼオラ ラトゥーニ ラミア(第10話) 「実戦と同じにやってみせる!」
バルトール 「バルトールのことは…よく知っているもの」
       「あれには囚われない…!」
       「あたしのデータを持っていたって!」
デュミナス 「デュミナス、私はここよ!」
アルカイド 「修羅王の拳を受けたら、ただじゃ済まない…!」
修羅将 「あれが修羅の将軍の力…!」
     「私にもあの拳が見切れた!」
修羅系 「凄い技…でも!」
フラットフィッシュ タッドボール 「お魚に食べられるつもりなんてないもの!」
鋳人 「あれに触れられたら、力を吸われちゃう…!」
    「私達を集中的に狙ってる!」
イエッツト系 「あの動きには惑わされない…!」
        「あんな動きをしてくるなんて…!」
ダークブレイン 「邪悪な闇の思念…でも、負けません!」
シュウ 「シラカワ博士、あなたは…!」
ボス系 「凄い攻撃…!でも!」
     「ここで負けられないもの!絶対に!」

ラミア・ラヴレス
援護攻撃
キョウスケ 「中尉、後はお任せしちゃったり…いや、お任せを」
       「中尉、援護しますです」
       「中尉と私の連携ならば…!」
       「中尉の後に続く…!」
エクセレン 「エクセ姉様、後は私が」
       「エクセ姉様、援護するですの」
       「エクセ姉様…後は私に任せるということか」
ブリット 「ブルックリン少尉、援護する」
ATXチーム 「これがATXチームの連携か」
ラトゥーニ 「援護するぞ、ラトゥーニ」
       「ラトゥーニ、あの敵は私に任せろ」
アラド 「アラド、どこへ行くつもりだ?」
     「待て、アラド。…もう遅いか」
ゼオラ 「ゼオラ、お前は先に行け」
     「ゼオラ、援護する」
ギリアム 「ギリアム少佐、あの敵は私が」
カイ 「少佐、後は私が」
    「少佐、あの敵は私が」
ラウル 「援護するぞ、ラウル」
アクセル 「隊長、後はボク…いや、私が」
      「アクセル隊長、バックアップします」
      「隊長…ああ見えてこちらの動きも計算の内か」
      「フッ…以前では考えられなかった連携だな」
フォルカ 「先に行け、フォルカ」
援護防御
キョウスケ 「中尉、すぐに後退を」
       「中尉を狙ってきたか…!」
       「中尉、逃げちゃってくださりませ」
エクセレン 「エクセ姉様、今の内に離脱を」
       「エクセ姉様、お下がりなさってください」
ブリット 「少尉、今の内に後退を」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ」
アラド 「アラド、ペナルティだぞ」
ゼオラ 「ゼオラ、私が時間を稼ぐ」
カイ 「少佐、すぐに後退を」
ラウル 「無理をするな、ラウル」
アクセル 「アクセル隊長、迂闊でございますです」
      「隊長をやらせるわけには…!」
フォルカ 「フォルカ、前に出過ぎだ」
攻撃
ミロンガ 「新型機の性能を見せてもらおう」
      「VTX-000、ミロンガ…」
      「バルトールのプロトタイプか…」
バルトール 「バルトールの性能は把握している」
       「バルトール…撃破する!」
       「二度と私を取り込めると思うな」
       「繰り糸が切れてもなお動く人形か…」
デュミナス 「デュミナス、お前は答えを求める方法を間違えた…!」
       「自分自身に対する疑問…それは誰にでもあるもの。だが…!」
アルカイド 「修羅王…ヴィンデル・マウザーと同じく、お前の理論は間違っている」
       「この世から去れ、修羅王…!」
修羅系 「彼らはシャドウミラーと同じだ…!」
     「闘争は永遠には続かん。この世界ではな」
     「戦うための存在…以前の私と同じだな」
     「ターゲット…修羅神!」
     「修羅よ…お前達はこの世界に相応しくない存在だ!」
イエッツトレジセイア 「頭を潰せば、乱れが生じる。セオリーだ」 
ダークブレイン 「私達は規格外の存在…お前の思い通りにはならん!」
         「覚悟してもらおう、ダークブレイン!」
被ダメージ
バルトール 「バルトールの攻撃力が上がってきたか…」
       「再び私をコアにするつもりか…?」
デュミナス 「くっ!これがデュミナスの実力か…!」
ダークブレイン 「ダークブレイン…こちらの動きを読み切ったか」
アクセル 「アクセル隊長…さすがにやる」
回避
ミロンガ 「ミロンガの命中精度は今一つのようだな」
バルトール 「二度目はないぞ、バルトール」
       「お前が持っている私のデータは、もう使えんぞ」
デュミナス 「デュミナス…私の存在を否定できると思うな」
ダークブレイン 「計算が甘いようだな、ダークブレイン」
レモン 「レモン様…私はここです」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:57 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
ヴィレッタ マイ
ヴィレッタ・バディム
援護攻撃
ATXチーム 「ATXチームへ。連続攻撃を行う」
ラミア 「ラミア、連携で行く」
リュウセイ 「リュウセイ、後は私に任せなさい」
       「リュウセイ、攻撃はもっと正確に行いなさい」
       「詰めが甘いわね。後で特訓よ」
ライ 「援護するわ、ライ」
    「ライ、連携で行くわ!」
アヤ 「続けて行くわよ、アヤ」
    「アヤ、あなたは先に行きなさい」
マイ 「マイ、援護するわ」
    「マイ、後は私に任せて」
ラーダ 「ラーダ、後は任せて」
ギリアム 「援護するわ、ギリアム少佐」
ダイテツ 「スティール2へ。これより援護に入る」
レフィーナ 「ドラゴン2へ。これより援護に入る!」
テツヤ 「アイアン3へ。これより援護する」
少佐系 「少佐、援護するわ」
少尉系 「少尉、連携を仕掛けるわ」
中尉系 「続けていくわよ、中尉!」
援護防御
リュウセイ 「回避がなってないわね。後で特訓よ」
       「下がりなさい、リュウセイ」
ライ 「ライ、すぐに離脱を!」
アヤ 「アヤ、回避運動を取りなさい」
マイ 「マイ、下がりなさい」
ギリアム 「ギリアム少佐、後退を!」
ラーダ 「ラーダ、ここは私が引き受けるわ」
少尉系 「少尉、早く離脱を!」
中尉系 「中尉、すぐに後退を!」
攻撃
ミロンガ 「バルトールと同じ要領で落とせるはず…!」
      「ミロンガの運動性能を侮るわけにはいかないわね」
バルトール 「バルトール相手に同じ手は通用しない…」
       「アップグレードする前に落とす!」
       「タイムリミットが近い…。急がなければ!」(14話 15話)
デュミナス 「デュミナス…私があなたの疑問に答えてあげるわ」
アルカイド 「修羅王アルカイド…この世界から去りなさい!」
修羅系 「地球人はお前達が思っているほど楽な相手ではないわ…!」
     「お前達の世界での理屈が、ここでも通用すると思わないことね」
     「力で全てが解決できるわけではないわ…!」
     「ある意味、わかりやすい連中ね」
ダークブレイン 「ダークブレイン…人形使いの正体はお前か…!」
         「闇の彼方に消え去るのはお前の方よ、ダークブレイン!」
被ダメージ
バルトール 「くっ!ODEシステムに取り込まれるわけには…!」
       「うっ!バルトールに動きを読まれたか…!!」
アルカイド 「これが修羅王の力か…!」
ダークブレイン 「くっ!こちらの動きを的確に計算しているようね…!」
回避
バルトール 「次は別のパターンで回避しなければならないわね」
       「データの更新などさせないわ」
デュミナス 「お前は人形使い…それとも使われている方かしら…?」
修羅将 「この世界を修羅に渡しはしない…!」
ダークブレイン 「読みが甘かったようね、ダークブレイン」

マイ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウが隙を作ってくれた…!」
       「リュウ、後は任せて!」
ライ 「ライディース、援護する…!」
    「ライディース、続けていく!」
アヤ 「二人で力を合わせれば!」
    「アヤ、私も続く…!」
    「アヤの力になる…!」
ヴィレッタ 「隊長、援護する…!」
       「ヴィレッタ隊長、後は私が…!」
ラトゥーニ 「手伝うよ、ラトゥーニ」
       「ラトゥーニ、後は任せて」
シャイン 「シャイン王女、後は私が…!」
マサキ 「マサキやシロ、クロのためにも…!」
援護防御
リュウセイ 「危ない、リュウ!」
       「私がリュウを守ってみせる!」
ライ 「ライディース、下がって!」
アヤ 「アヤをやらせはしない!」
ヴィレッタ 「隊長、下がって!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、早く逃げて!」
攻撃
バルトール 「人間を操り人形にするマシンなんて…!」(12話以降)
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、待ってて。必ず助ける…!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:56 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
SRXチーム
リュウセイ・ダテ
援護攻撃
ブリット 「ブリット!後は任せろ!」
クスハ 「いい位置だぜ、クスハ!」
     「クスハ、後は任せろ!」
タスク 「タスク!どこへ行くんだ!?」
レオナ 「レオナ、援護するぜ!」
ライ 「援護するぜ、ライ!」
    「ライ、コンビネーション・アタックだ!」
    「ライ!フォーメーションDだ!」
アヤ 「アヤ、後は任せろ!」
    「フォーメーションDで行くぜ、アヤ!」
    「アヤ、俺がとどめを刺す!」
ヴィレッタ 「さすが隊長…!俺も負けてられねえ!」
      「隊長、援護するぜ!」
マイ 「マイ、コンビネーションでいくぞ!」
    「マイ、後は俺が引き受けるぜ!」
    「頑張ってんな、マイ!」
イルム 「イルム中尉、援護するぜ!」
リオ 「援護するぞ、リオ!」
リョウト 「手伝うぜ、リョウト!」
ラトゥーニ 「援護するぜ、ラトゥーニ!」
       「ラトゥーニ、お前は先に行け!」
       「よし!後は任せろ、ラトゥーニ!」
アラド 「手を貸すぜ、アラド!」
マサキ 「マサキ、後は任せろ!」
ユウキ 「ユウ、後は引き受けたぜ!」
カーラ 「カーラ、こっちからも行くぜ!」
援護防御
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ライ 「ライ、貸しにしとくぜ!」
    「下がれ、ライ!」
アヤ 「アヤ、早く逃げろ!」
    「アヤ、ここは俺が引き受ける!」
ヴィレッタ 「隊長!危ねえっ!」
       「ヴィレッタ隊長、早くこっちの後ろにっ!」
マイ 「マイ、下がれ!」
    「マイ、無理すんな!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ!今の内に逃げろ!」
       「ラトゥーニ、あいつは俺に任せろ!」
アラド 「何やってんだ、アラド!」
マサキ 「マサキ、今の内に!」
攻撃
ミロンガ 「バルトールのプロトタイプか…」
      ライ「リュウセイ、ミロンガの運動性を甘く見るなよ!」 「ああ!」
バルトール 「覚悟しやがれ、新型!」
       「要は相手が予測出来ねえ方法で仕掛けりゃいいんだろうが!」
       「人間を生体コアにするマシンなんて!」(13話以降)
       「誰も乗ってねえんなら、遠慮はしねえ!」(13話以降)
       ライ「正面上方、バルトール!」 「ああ、任せろ!」
バルトール(洗脳系) 「間違いねえ…あれにはあいつらが乗ってる!」
バルトール(洗脳系) エミィ 「待ってろ…すぐに助け出してやる!」
                「機体をうまく止められれば、助けられる!」
                「コックピットに当てるわけにはいかねえ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ!今助けてやる!」
ユルゲン 「多くの人間をコアにする防衛システムなんて、本末転倒じゃねえか!」
デュミナス 「行くぞ!デュミナス!」
       「デュミナス!てめえは答えの求め方が間違っているんだ!」
フェルナンド ライ「奴はヤルダバオトと同等の力を持っている。ぬかるなよ」 「ああ、任せろ!」
マグナス ライ「奴の耐久力を侮るなよ」 「了解!仕掛けるぞ!」
アルティス ライ「相手は閃光のアルティス…油断するなよ!」 「了解!行くぜ!」
ミザル 「正面きっての勝負なら、負けやしねえぞ!」
     「てめえら、やり方が卑怯なんだよ!」
アルカイド 「奴は修羅の王…!生半可な攻撃は通用せん。全力でやれ」 「よっしゃ!行くぜ!」
修羅将 ライ「接近戦なら負けねえぜ!」 リュウセイ「奴は兵卒ではない。気をつけろ!」(表記とボイスが逆)
     ライ「奴は上級の修羅神だ。間合いに気をつけろ」 「ああ!」
修羅系 「てめえらの生き方を俺達に押し付けるな!」
     「勝負だ、修羅神!」
     「接近戦なら負けねえぜ!」
     ライ「左下方、レンジ3!修羅神が来る!」 「よし!こっちから仕掛けるぞ!」
     ライ「リュウセイ、修羅共の暴虐を食い止めろ!」 「ああ、任せろ!」
     ライ「無防備に修羅神の懐に飛び込むなよ」 「ああ!」
イエッツト系 ライ「正面下方、イエッツトだ!」 「よっしゃ!行くぜ!」
        ライ「右上方レンジ3!イエッツトが来る!」 「了解!行くぜ!」
        ライ「アインストとはパターンが違う。気をつけろ!」 「ああ!」
怪物系 「相手は怪獣か…!ヘッ、望む所だぜ!」
     「行くぞ、怪獣野郎!」
     「怪獣退治の専門家ってわけじゃねえが、やるしかねえ!」
     ライ「リュウセイ、奴に食いつかれるなよ!」 「ああ!」
ソーディアンズ・ガード 「奴は修羅神と違う。慎重に行け」 「了解!仕掛けるぞ!」
ダークブレイン ライ「計算だけで全てが決まるわけではない。そのことを奴に教えてやれ」 「よっしゃ!行くぜ!」
           「てめえが全ての元凶かっ!!」
           「ここでケリをつけるぞ!ダークブレイン!」
シュウ ライ「以前のグランゾンとは桁違いだ。気をつけろ!」 「了解!仕掛けるぞ!」
被ダメージ
カイル 「くそっ!ここで長引いたら、ラトゥーニ達が生体コアにされちまう!」
バルトール 「チッ!バルトールに動きを読まれちまったか!」
       「新型め、俺の邪魔をするんじゃねえ!」
バルトール (洗脳系) 「ちいっ!こっちは簡単に手出しできねえってのに!」 
デュミナス 「ぐあっ!やってくれたな、デュミナス!」
修羅系 「く!あの修羅神、なかなか素早いじゃねえか!」
怪物系 「ちっ!ハッタリだけじゃねえってことか!」
     「ぐっ!これじゃ本当に怪獣モノだぜ!」
ダークブレイン 「この…!上等じゃねえか、ダークブレイン!」
回避
バルトール 「データが足りねえようだな、バルトール!」
       「性能差だけで負けてたまるか!」
       「あいつら、能力を上げてきていやがるのか!?」
デュミナス 「少なくとも、今の狙いは間違いだったな!」
ダークブレイン 「いくら頭が良くてもそんな動きじゃあな!」

ライディース・F・ブランシュタイン
援護攻撃
ATXチーム 「さすがだな、ATXチーム」
        「ATXチームのバックアップを!」
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護する」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてもらおう!」
リュウセイ 「リュウセイ、フォーメーションDを仕掛けるぞ」
       「リュウセイ、後は俺がやる!」
       「射線軸から退避しろ、リュウセイ」
       「上出来だ、リュウセイ。こちらも続く!」
アヤ 「大尉、こちらからも攻撃します」
    「大尉、援護します!」
    「連携ですね、大尉!」
ヴィレッタ 「隊長、援護します」
       「隊長、続けていきます!」
マイ 「マイ、後は俺に任せろ」
    「援護するぞ、マイ!」
イルム 「イルム中尉、後は自分が!」
     「さすがはイルム中尉…相手に隙が出来た!」
レオナ 「とどめを忘れるな、レオナ!」
     「レオナ、後は俺に任せろ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、援護するぞ!」
アラド 「アラド、先を急ぐな!」
     「まったく、ああいう所はリュウセイと同じだな…」
シャイン 「王女、お下がりください」
      「シャイン王女、援護します!」
レーツェル 「続けていくぞ、兄さん」
       「エルザム兄さん、援護する!」
       「我が一族の絆…とくと見るがいい」
       「俺達の連携…かわせまい!」
カイ 「カイ少佐、続けていきます!」
援護防御
リュウセイ 「リュウセイ、攻撃ばかりに気を取られるな!」
       「リュウセイ、油断は禁物だぞ!」
アヤ 「大尉を狙ってきたか…!」
    「大尉をやらせはしない…!」
ヴィレッタ 「隊長、早く離脱を!」
イルム 「イルム中尉、ここは自分が!」
レオナ 「レオナ、無茶をするな!」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ!」
シャイン 「王女、御身は自分が守ります!」
レーツェル 「兄さん、この場は俺が預かる!」
少佐系 「少佐、今の内に後退を!」
攻撃
ミロンガ 「どうやら、この事態は最初から仕組まれていたようだな」
      「あの新型、どういうつもりだ…!?」
      「ミロンガか。奴のスピードを侮るわけにはいかん」
バルトール 「ターゲット、バルトール…!」
       「奴らに対して同じ手は通用しにくい…!」
       「あのバルトールは…無人機か」(12話以降)
       「制限時間内にODEシステムを止めなければ…!」(14話以降)
バルトール(洗脳系) 「今はこうするしかない…!」
            「コックピットに当てるわけにはいかん!」
            「機体の動きさえ止めれば!」
デュミナス 「デュミナス!答えの求め方を誤ったな!」
アルカイド 「アルカイド!修羅の道はお前一人で往くがいい!」
修羅将 「貴様らの理屈が通用すると思うな!」
    「兵卒共より腕は立ちそうだな!」
修羅系 「修羅共よ、この世界から立ち去れ!」
     「ここはお前達がいるべき世界ではない!」
フラットフィッシュ タッドボール 「宇宙を泳ぐ魚など…ナンセンスだな」
イエッツト系 「イエッツト…『今』というわけか」
        「人の手で生まれ変わったアインストなど!」
        「イエッツト!貴様らに未来はない!」
ソ-ディアンズ・ガード 「ソーディアンごと消え去るがいい!」
ダークブレイン 「闇に消えろ、ダークブレイン!」
シュウ 「やはり、貴様とはこうなる運命だったようだな」
被ダメージ
バルトール 「くっ!一手ごとにモーションがアップグレードしている!」
       「チッ、こちらのパターンを読まれたか!」
アルカイド 「修羅王…こちらの耐久力を甘く見るなよ!」
       「あの剛拳をまともに食らっては…!」
修羅将 「フッ…さすがに兵卒共とは一味違うようだ」
     「これが上級修羅神のパワーか!」
修羅系 「伊達に戦い続けてきたわけではないようだな」
     「修羅共に足止めを食うわけには!」
イエッツト系 「パワーはアインスト以上か!」
        「それなりの進化をしてるということか…!」
シュウ 「俺達相手に様子見など必要あるまい」
     「くっ!これがネオ・グランゾンのパワーか!」
回避
バルトール 「バルトール…簡単に俺の手が読めると思うなよ!」
       「こちらの動きを読まれるわけにはいかん…!」
アルカイド 「修羅の王と言えど、この程度か」
修羅将 「これでは兵卒共と変わらん」
修羅系 「修羅の兵卒などに…」
     「所詮は有象無象の集まりか」
フラットフィッシュ 「魚と戯れる趣味は無いのでな」
イエッツト系 「その程度か、イエッツト」
        「アインストとほぼ同じパターンか」
ダークブレイン 「全てがお前の計算通りに行くと思うな!」
シュウ 「手加減は不要だぞ、シュウ・シラカワ」

アヤ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
       「リュウ!連携攻撃を仕掛けるわ!」
       「続けていくわよ、リュウ!」
ライ 「さすがね、ライ!このタイミングなら!」
    「連携で行くわよ、ライ!」
    「ライ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
    「援護するわ、ライ!」
ヴィレッタ 「隊長が隙を作ってくれた…!」
       「隊長との連携なら…!」
マイ 「あなたと私なら…やれる!」
    「マイ、後はこちらに任せて!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
ラーダ 「ラーダさん、後は私が!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、こちらからも行くわ!」
アラド 「あの子ったら…ああいう所はリュウとそっくりなんだから」
マサキ 「援護するわ、マサキ!」
リューネ 「リューネ、あなたは他の敵を!」
カイ 「カイ少佐、援護します!」
少尉系 「少尉、後は私が!」
少佐系 「少佐、私も続きます!」
援護防御
リュウセイ 「リュウ、前に出過ぎよ!」
       「リュウ、無茶しちゃダメよ!」
ライ 「ライ、あなたに頼ってばかりは…!」
    「ライ、ここは任せて!」
ヴィレッタ 「隊長、ここは退いてください!」
       「ヴィレッタ隊長、今の内に離脱を!」
少佐系 「少佐、今の内に!」
SRXチーム 「少しは、リーダーらしいことをさせてね!」
攻撃
ミロンガ 「トライアル機が敵になるなんて…!」
バルトール 「敵の予測を上回りさえすれば!」
       「バルトールに同じパターンの攻撃は通用しない…!」
       「人間の思念を強制的に統一しようだなんて…!」(13話以降)
バルトール(洗脳系) 「制御装置さえ壊せば…!」
            「まだ間に合う…!助けられる!」
            「待っていなさい!今助けてあげる!」
被ダメージ
バルトール 「くうっ!こちらのパターンを見切られてしまったの!?」
回避
バルトール 「そう簡単にこちらのパターンを読ませるものですか!」
       「私の動きを読み取れなかったみたいね」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:56 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
カチーナ ラッセル
カチーナ・タラスク
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ!ここはあたしがシメるぜ!」
エクセレン 「エクセレン!もうちょい気合を入れやがれ!」
ブリット 「ブリット!詰めが甘いぜ!」
ゼンガー 「こっちも突っ込むぜ、大将!」
タスク 「仕留め切れなかったな、タスク!あとで仕置きだッ!!」
     「しょうがねえ…面倒見てやるぜ、タスク!」
レオナ 「レオナ、手伝ってやるぜ!」
     「レオナ!奴はあたしに任せな!」
ラッセル 「ラッセル!あいつはあたしがやる!」
      「ラッセル!もっと思い切っていけってんだよ!」
      「そこをどきな、ラッセル!」
ラーダ 「ラーダ!後はあたしがやるぜ!」
アラド 「アラド!その調子でドンドン行け!」
リューネ 「リューネ、後は任せな!」
レフィーナ 「ヒリュウ改へ!援護するぜ!」
SRXチーム 「後は任せな、SRXチーム!」
援護防御
ラッセル 「ラッセル!早く逃げろ!」
      「ラッセル!ボサッとすんな!」
タスク 「タスク!あたしの仕置きの方が痛てえぞ!」
レオナ 「らしくねえな、レオナ!」
アラド 「アラド!てめえもタスクと一緒に後で仕置きだ!」
リューネ 「リューネ!ここは任せろ!」
攻撃
ミロンガ 「試作機でも容赦はしねえぜ!」
バルトール 「あたしのデータがそう簡単に取れると思うなよ!」
       「バルトールめ!あたしが退治してやる!」
       「このヒョロ野郎が!覚悟しやがれ!」
バルトール(洗脳系) 「じっとしてろ!今助けてやる!」
            「心配すんな!ちゃんと助けてやるからよ!」
            「要は機体を止めりゃいいんだろうが!」
            「悪いが、少々荒っぽくいくぜ!」
デュミナス 「デュミナス!少なくともてめえはあたしの敵だ!」
アルカイド 「修羅王!真っ向勝負だ!」
修羅将 「目立つ奴は真っ先に狙われるんだよ!」
     「隊長機を落とせば、後は烏合の衆だろうが!」
     「エースを落とせば金星だぜ!」 
     「肩書きで戦争するわけじゃねえんだよ!」
修羅系 「ああいう連中はわかりやすくて好きだぜ!」
     「正面からのドツキ合いなら、負けやしねえ!」
ダークブレイン 「ダークブレイン!その頭、カチ割ってやるぜ!」
赤い機体 「赤い奴には三倍のダメージを与えてやる!」
      「機体だけじゃなく、てめえ自身も赤く染めてやるぜ!」
ボス系 「覚悟を決めな!大将らしくな!」
     「こうなりゃ狙いは一つ!総大将の首だ!」
     「総大将を倒せば、あたしらの勝ちだ!」 
被ダメージ
バルトール 「ええい、もうデータを取られちまったのか?」
       「うっ!バルトールにこっちの手を読まれちまったか!」
ボス系 「さすがに総大将だけあって、いい攻撃してきやがる」
     「もっと気合を入れな、総大将さんよ!」
     「かすっただけでこれかよ。さすが、敵の大将だぜ…!」
回避
ティス ラリアー デスピニス 「ガキの相手はしてられねえぜ!」
ダークブレイン 「おいおい、その脳ミソは飾りかよ?」
ボス系 「ガタイがデカい分、狙いも適当だな!」

ラッセル・バーグマン
援護攻撃
カチーナ 「カチーナ中尉!前に出過ぎです!」
      「カチーナ中尉に追いつかなければ!」
      「よし…!中尉のいつものタイミングだ!」
タスク 「タ、タスク少尉!どこへ!?」
     「タスク少尉、焦っちゃ駄目だ!」
レオナ 「レオナ少尉、後は任せて!」
     「さすがレオナ少尉だ…!」
ラーダ 「ラーダさん、後は自分に任せてください!」
     「ラーダさん、援護します!」
アラド 「アラド、まだ終わってないぞ!」
レフィーナ 「レフィーナ艦長、援護します!」
リューネ 「リューネ、君は先へ行くんだ!」
少佐系 「少佐、援護します!」
援護防御
カチーナ 「先走っちゃ駄目です!カチーナ中尉!」
       「中尉をやらせはしない!」
      「カチーナ中尉!左から敵が!!」
タスク 「タスク少尉、早く下がるんだ!」
レオナ 「レオナ少尉、離脱を!」
ラーダ 「ラーダさん、後退を!」
     「ラーダさん、自分が楯になります!」
アラド 「アラド、敵に気づいてないのか!?」
レフィーナ 「ヒリュウ改をやらせるものか!」
リューネ 「リューネ、そこから離れて!」
少佐系 「少佐!ここは自分が引き受けます!」
攻撃
ウェンディゴ 「あのサル、動きが速い。仕留められるか…!?」
ミロンガ バルトール 「新型とはいえ、弱点はあるはずだ!」
            「向こうが連携で来るなら、こちらも!」
バルトール(洗脳系) 「何とかして助け出さなければ!」
            「コックピットを狙うわけにはいかない…!」
ラミア 「ラミア少尉、必ず助けてみせます!」
ユルゲン 「もうあれはユルゲン博士じゃない…!」
デュミナス 「デュミナス!お前が間違っているのは明白だ!」
修羅将 「肩書きだけで勝敗が決するものか!」 
修羅系 「これ以上、あいつらの好きにはさせない!」
     「修羅はみんながみんな、ああなのか…!?」
     「この世界を修羅に渡すわけにはいかない!」
     「カチーナ中尉の方がよっぽど怖い…!」
     「ああいうタイプには慣れてる…!」
     「わめいたって、怖くはないぞ!」
フラットフィッシュ 「あいつを放っておくのは危険だ…!」
           「ひ、ひらめはもう食べられない…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「魚じゃない!宇宙生物だ…!」
                  「気味が悪い…なんて言ってられない!」
イエッツト系 「あいつら、見た目が前と違う…!」
        「アインストと同じ戦法で対処できるはずだ…!」
        「アインストの生き残りがいたなんて…!」
怪物系 「見た目に誤魔化されはしないぞ!」
     「とりあえず叩く!中尉ならそうする!」
ダークブレイン 「ダークブレイン!この世界から消え去れ!」
シュウ 「ここでグランゾンに負けたら、今までやってきたことが台無しになる…!」
     「最終目標を確認…!」
ボス系 「虐げられる者の気持ちがわかるか、お前に!」 
     「ここで負けたら、地球圏が!」
     「な、何て大きい奴なんだ…!」
     「あいつを倒せば、この戦いが終わる!」
     「大きさだけで勝敗が決するものか!」
被ダメージ
バルトール 「もうこっちの動きに対応しているのか!?」
       「さ、さすがは次期主力機と言うことか!」
       「くそっ!戦うたびに性能が上がっている!」
修羅系 「修羅め、様子見のつもりか…!?」
     「こ、ここで修羅を食い止めなければ!」
     「あいつら、力任せの攻撃ばかり…!」
     「修羅め、やりたい放題やってくれる!」
     「あ、あの手のタイプには免疫があるはずなのに…!」
     「うぐっ!名実共に修羅場ってことか!」
フラットフィッシュ タッドボール 「あいつ、本当に生物なのか!?」
                  「あ、あれじゃまるでアインストだ!」
                  「このままじゃ、こっちが伸されてしまう!」
回避
バルトール 「よし、バルトールの裏をかけたぞ!」
修羅系 「こっちだって鍛えられているからな!」
フラットフィッシュ 「あんな魚に食いつかれるのは御免だ!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:55 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
タスク レオナ
タスク・シングウジ
援護攻撃
キョウスケ 「分の悪い賭け…合点承知!」
       「キョウスケ中尉、その賭け乗ったぁ!」
エクセレン 「姐さん、頼りにしてくださいよ!」
       「エクセ姐さん、お呼びとあれば即参上ッス!」
ブリット 「ブリット、もう一本打ち込むぜ!」
クスハ 「クスハ、俺が手伝ってやるぜ!」
ラミア 「ラミアさん、手伝うッス!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護するっス!」
      「ここで援護しなきゃ、後でブン殴られるんだろうなぁ」
ラッセル 「ラッセル、後は任せな!」
ラーダ 「ラーダ姐さん、手を貸すぜ!」
レオナ 「レオナちゃんのためなら、エーンヤコーラ!」
     「レオナちゃん、少しは頼りにしてくれよ!」
     「二人のラブラブアタックの前に敵はねえ!」
     「よし、俺も行くぜ、レオナ!」
リオ 「リオ、あいつは俺に任せろ!」
リョウト 「リョウト、とどめはもらうぜ!」
アラド 「人のふり見て我がふり直せ、かな?」
ゼンガー 「親分!あっしも行きやすぜ!」
ユウキ 「わりぃがユウキ、手柄はもらったぜ!」
カーラ 「カーラ、後はドーンと俺に任せな!」
ラウル 「ラウル!こいつはアフターサービスだ!」
フィオナ 「アフターサービスだよ、フィオナちゃん!」
コウタ 「べらぼうめぃ!こいつも持ってけぃ!」
フォルカ 「手伝ってヤルダバ!」
少佐系 「少佐!こっちからも行くっス!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、その賭けはさすがにまずいッス!」
エクセレン 「姐さん、困った時のタスク・シングウジッス!」
ブリット 「何やってんだ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ラミア 「ラミアさん、この場は引き受けるッス!」
ラッセル 「ラッセル、早く逃げろ!」
ラーダ 「ラーダ姐さん、あいつの相手は俺が!」
レオナ 「レオナ、下がれ!!」
     「レオナに手ェ出すんじゃねえ!」
     「レオナちゃん、後でご褒美よろしくね!」
     「人の彼女に何してやがんだ!」
リオ 「逃げるんだ、リオ!」
リョウト 「リョウト、早く逃げろ!」
アラド 「アラド!そこどけ!すぐどけ!」
ユウキ 「お前らしくねえな、ユウキ!」
カーラ 「カーラ、どこ見てんだ!」
ラウル 「ラウル、ここは俺に任せろ!」
フィオナ 「無理すんなよ、フィオナちゃん!」
コウタ 「てやんでい!べらぼうめぃ!」
フォルカ 「守ってヤルダバ!」
女性 「騎士の出番はここでないと!」
攻撃
ムラタ 「ムゥラタだ!」
     「真っ向勝負だ、ムッチー!」
ウェンディゴ 「サルはすぐに去る!」
        「勝負だ、メカモンキー!」
バルトール 「OEDシステムだか何だか知らねえが!」
       「ブチ落としてやるぜ、バルトール!」
       「無人機なら、遠慮はしねえ!」
       「新型だろうが何だろうが、ブッ壊してやるぜ!」
バルトール(洗脳系) エミィ 「普通にやったら、コックピットにゃ当たらずに済む!」
                「待ってろよ、すぐに助けてやるからな!」
ラミア 「ちいと荒っぽくやっても、あのエアバッグがありゃあ…!」
ユルゲン 「ユルゲン!あの世へ行ってラミアさんに死ぬほど詫びてきやがれ!」
デュミナス 「デュミナス!てめえが出したクイズの答えは、これだ!」
アリオン 「そのキャラは嫌いじゃねえけどな!」
      「馬刺しにしてやるぜ!」
マグナス 「そのマゲ、ちょん切ってやる!」
      「そうやって楽しんでいられるのも今の内だぜ!」
メイシス 「こちとら、冷たくあしらわれるのには慣れてんだ!」
ミザル 「あんたの手札は、気にいらねぇんだよ!」
     「あんたみたいにヒネた野郎は、性に合わねえんだよ!」
アルカイド 「修羅王!てめえの理屈が俺達に通用すると思うんじゃねえ!」
       「行くぜ!修羅のかしゅら!」
修羅系 「千年前からシングウジ家に伝わる奥義…見せてやるぜ!」
     「てめえらの都合なんざ、しゅらねえぜ!」
     「あいつ、濃いキャラしてやがんなぁ…!」
     「真っ向勝負だ!修羅神!」
     「拳と拳の勝負だ!」
     「修羅共め、覚悟しやがれ!」
     「百烈パンチをブチこんでやるぜ!」
フラットフィッシュ 「ひらめ一匹止められないとあっちゃ、最強の盾の名が泣くんだよ!!」
           「勝負だ!宇宙ひらめ!」
           「逃がさねえぞ!てめえも勝ち札もな!」
タッドボール 「行くぜ!宇宙おたまじゃくし!」
        「おたまじゃくしはひらめの子!じゃねえ!」
イエッツト系 「再生怪獣は弱いってのがお約束だぜ!」
        「そういうリサイクルはノーサンキューだっつーの!」
化け物系 「妖刀なしでも化け物退治っ!」
      「てめえのトリックなんざすぐに見抜いてやるぜ!」
ダークブレイン 「覚悟しやがれ!脳ミソ野郎!!」
シュウ 「オーラスだ!俺の全てをここに賭けるぜ!」
     「あの野郎…!とんでもねえ種明かしをしやがって!」
ボス系 「男タスク・シングウジ、一世一代の大博打を打つっ!」
     「来た…来たぜぇ!ここ一番の大勝負ってのがよ!」
     「相手が大物なら大物な分だけ燃えるぜ!」
     「男としてこの大勝負に負けるわけにはいかねえ!」
被ダメージ
ウェンディゴ 「チッ、あのサル手癖が悪いぜ!」
ムラタ 「浅いんだよ、ムッチー!」
バルトール 「勘じゃバルトールには勝てねえってのか!?」
       「くっ!こっちの動きがバレトール!」
       「くそっ!みすみすデータを取られちまうなんて!」
       「ふざけんなよ、盗人野郎!」
ラミア 「美人に何やられても怒りません!」
     「や、やられる前に助け出さねえと…!」
     「あいつ!敵になった方が強いじゃねえか!」
ユルゲン 「くっ!てめえなんぞと一緒になってたまるか!」
      「時間がねえ!早くODEシステムを止めねえと…!」
ティス デスピニス 「あ、あの可愛い声に騙された!」
デュミナス 「デュミナス!てめえの読み通りに行くと思うなよ!」
       「ミスがあってもそれを取り返す!」
アリオン 「ま、まさにダークホースってか!?」
メイシス 「び、美人に何されても怒らねえけどよ!」
      「うぅっ、冷たくされた~!」
      「年上の色っぽいお姉さんもなかなか…なんていってる場合か!」
      「ううっ、まさに氷の美女…!」
      「レ、レオナのお仕置きよりキツい…!」
      「び、美人にゃ何されたって怒らねえ…なんて言ってる場合じゃねえ!」
アルカイド 「へっ!効いてねえぞ、修羅王さんよ!」
修羅系 「チッ!ここは動物園じゃねえっつーの!」
     「ぐうっ!相手が修羅だけに修羅場だぜ!」
     「しゅ、朱に交われば、修羅シュシュシュ~!」
     「修羅共め、調子に乗りやがって!」
     「ぐうっ!やかましいだけの野郎じゃねえってか!?」
     「て、てめえらと延々と戦う気なんてねえんだ!」
     「ヤ、ヤバい…!マジに修羅場だ!」
フラットフィッシュ 「遠慮はいらねえぜ、ひらめ野郎!」
           「どーんと勝負に来いよ!ひらめ野郎!」
           「うぐっ!ひらめに食われてたまるかよ!」
           「ぐうっ!そうだ、俺を狙ってこい!」
フラットフィッシュ タッドボール 「笑ってられんのも今の内だぜ!」
タッドボール 「ガチンコ勝負で行こうぜ!おたまじゃくし野郎!」
化け物系 「この!何しやがんだ、化け物!」
      「ええい、化け物に動きを読まれちまうとはな!」
      「くそっ!退治されるのは俺の方じゃねえ!」
ダークブレイン 「もういっちょ来いや!ダークブレイン!」
         「見た目通りの攻撃をしてきやがってぇ…!」
         「ちきしょう!ダークブレインめ!」
         「よ、予想以上じゃねえか、ダークブレイン…!!」
         「ちっきしょ~!全て計算づくってことかよ!?」
シュウ 「ええい、もう!勝手にシラカワ!」
     「や、やりやがったな、シュウ!」
     「あいつ、化け具合がハンパじゃねえ…!!」
ボス系  「くっ、さすが総大将戦だ…緊張感が違うぜ!!」
      「こ、このザマじゃ、大金星なんざ狙えねえぜ…!」
      「うぐうっ!!大ボスの攻撃ってのは、一味も、二味も違うぜ…!」
回避
バルトール 「てめえの動きはバレトール!」
デュミナス 「これも一つの過ちってやつだ!」
アルカイド 「はお~!すげえ技だな、ありゃ」
       「くっ!頭にピキピキ来やがる…!」
修羅系 「ヘッ、わかりやすい敵は嫌いじゃねえぜ!」
     「およ?それで終わりかしゅら?」
     「顔もギャグなら攻撃もギャグだな!」
フラットフィッシュ 「待ちやがれ、ひらめ野郎!」
           「おい、ひらめ!遠間からチクチクやったって、俺は倒せねえぞ!」
           「はぁい、お客さん!こっちにもいい娘がおりまっせ!」
ダークブレイン 「頭の良さだけで勝負が決まるかよ!」
         「てめえの計算より俺の読みの方が上だ」
         「頭の回転速度なら負けねえぜ!」
シュウ 「読みが甘いんだよ、シュウ!」
ボス系 「いくら大ボスの攻撃でも、当たらなきゃ意味ないぜ!」
     「ひゅ~~っ!さすが大ボス、いい攻撃しやがんぜ!」
     「言ってる事も、やってる事も御大層だけどねぇ」

レオナ・ガーシュタイン
援護攻撃
ブリット 「援護するわ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、後は私に任せなさい」
タスク 「まずまずの牽制と言ったところね、タスク」
     「仕方ないわね…手伝ってあげるわ、タスク」
     「勘違いしないでね。あなたを追いかけているのではなくてよ」
     「待ちなさい、タスク!相手はまだ動けるわよ!」
ライ 「援護するわ、ライディース!」
    「ここは任せてもらうわよ、ライディース」
アヤ ヴィレッタ 「大尉、バックアップに入ります!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護します!」
ラッセル 「少尉、後は私が!」
リオ 「援護するわ、リオ!」
リョウト 「リョウト、後は任せなさい!」
アラド 「あの子、やっていることはタスクと同じね」
レフィーナ 「ドラゴン2へ。援護を行います!」
ユウキ 「ユウキ、あなたは前方の敵機を!」
カーラ 「カーラ、射線軸から退避なさい!」
スレイ 「スレイ、後は私に任せなさい!」
少佐系 「少佐、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット、早く離脱を!」
クスハ 「後退しなさい、クスハ」
カチーナ 「中尉、今の内に後退を!」
ラッセル 「少尉、早く離脱を!」
タスク 「どこを見ているの、タスク!」
     「タスク、早く退避なさい!」
     「タスク!調子に乗ってはダメよ!」
ライ 「ライディース…!あなたらしくないわね」
リオ 「リオ、下がりなさい!」
リョウト 「リョウト、今の内に退避なさい!」
アラド 「周りをよく見なさい、アラド!」
ユウキ 「ユウキ、私が時間を稼ぐわ!」
カーラ 「カーラ、よそ見をしていてはダメよ!」
スレイ 「スレイ、早く離脱なさい!」
攻撃
ウェンディゴ 「動物型の敵が多いわね。誰の趣味?」
ムラタ 「ある意味、潔い男ね。でも、その生き方を認めるわけにはいかなくてよ」
バルトール 「あんな物で地球圏を守ろうだなんて…!」
       「バルトールを野放しにするわけにはいかないわ…!」
       「無機質なコピーデータ相手に、遅れを取るわけには!」
       「まずは彼らの連携を崩さなくては!」
       「ODEシステムは地球圏を守る盾にはなり得ないわ…!」
       「バルトールを倒すのに手間取れば、面倒なことになる…!」
ラミア 「彼女の機体の動きを止めなければ…!」
     「少尉、あなたを元に戻す方法は、これしかなくてよ」
     「ラミア少尉…荒療治で行くわよ!」
     「少尉の繰り糸を断ち切る…!」
ユルゲン 「ODEシステムは地球圏を守る盾にはなり得ないわ…!」
デュミナス 「デュミナス…あなたの存在そのものが過ちなのよ!」
       「デュミナス…あなたに私の存在を否定することが出来て?」
マグナス 「無礼な真似は許さなくてよ!」
      「あなたの快楽に付き合う気はなくてよ!」
メイシス 「氷槍のメイシス…油断をするわけにはいかない」
アルカイド 「あなたの死と共に、この戦いは終わりを告げる!」
       「修羅王…あなたの理を認めるわけにはいかない!」
修羅将 「修羅の将軍…実力はいかほどかしら?」
修羅系 「あなた達の世界の理屈が、私達の世界でも通用すると思わないことね…!」
     「名は体を表す…というわけね」
     「あれではまるで蛮族ね…!」
     「私達があなたの戦いを終わらせてあげるわ!」 
     「修羅神…相手にとって不足はないわ」
     「争うなら、あなた達だけでやりなさい!」
     「ここはあなた達がいるべき世界ではなくてよ!」
     「この世界の全ての人が、戦いを望んでいるわけではなくてよ!」
     「あなた達修羅には屈しない…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「何て禍々しい姿…!」
                  「宇宙を泳ぐ魚なんて…!」
                  「あれを野放しにするわけにはいかない!」
                  「早く片付けなければ…!」
                  「その顔、その笑み…不愉快だわ!」
                  「敵意と邪悪な意思を感じる…!」
タッドボール 「雑魚を相手に手間取る私ではなくてよ!」
鋳人 「妖怪だとでも言うの…!?」
    「敵意と邪悪な意思を感じる…!」
イエッツト系 「この世界から彼らを駆逐しなければ!」
        「ここはあなた達がいるべき世界ではなくてよ!」
        「あれを野放しにするわけにはいかない!」
        「アインストの成れの果てなんて…!」
ソーディアンズ・ガード 「あれがソーディアンの守護神…!」
ダークブレイン 「ダークブレイン…!あなたの考え通りに事は進まなくてよ!」
シュウ 「シラカワ博士…やはり、あなたとはこうなる運命だったのね」
ボス系 「この戦いに終止符を打たせてもらうわ!」
被ダメージ
ムラタ 「あの切っ先をかわさなければ…!」
バルトール 「くっ!ODEシステムの本領発揮というわけかしら…!?」
       「バルトールの速度が上がった…!?」
      「早くODEシステムを止めなければ…!」
       「相手の計算を上回らなければ…!」
       「くっ!時間が経てば経つほど能力が…!」
       「こちらのパターンを見切られた!?」
       「学習能力の速さは相当なものね…!」
       「操り人形などに負けはしない!」
ラミア 「つっ!さすがラミア少尉…!」
     「私のパターンは抑えてるというわけね、少尉」
     「ラミア少尉…この程度で私は倒せなくてよ!」
ティス ラリアー デスピニス 「彼らの言動に惑わされてはいけない…!」
デュミナス 「ううっ!ただ問いかけるだけの存在ではないようね…!」
       「デュミナス!私はまだ!」
       「ここで私を倒せなかったのが、あなたの過ちよ!」
マグナス ミザル 「あ、あんな男に追い込まれるなんて…!」
メイシス 「こ、これが氷槍の実力…!」
アルティス 「つっ!閃光の名は伊達ではないようね!」
修羅系 「場慣れしてるのは、あなた達だけじゃなくてよ!」
     「修羅神…予想以上のパワーだわ」
     「伊達に闘争を繰り返しているわけではないようね…!」
     「ううっ!ここで修羅を食い止めなければ!」
フラットフィッシュ 「くっ!妙なのは見た目だけではないようね…!」
           「動きは魚そのものね…!」
           「魚だけに生命力は半端じゃない…!」
           「あなたの食料になるつもりはなくてよ!」
イエッツト系 「くうっ!アインストよりも力が増している!」
        「基がアインストなら、同じような戦い方が通用するはず!」
ダークブレイン 「ううっ!これが暗黒の力…!」
         「くううっ!ダークブレイン、あなただけは!」
シュウ 「あうっ!グランゾンとは桁違いの…!」
     「シラカワ博士!私はまだ倒れていなくてよ!」
回避
DC系 「あなた達の志がどのようなものでも…!」
     「もうDCの名を捨てなさい!」
ムラタ 「あなたの刃は届かないわ!」
バルトール 「そう簡単にデータを取らせるつもりはないわ」
       「最新鋭機といえど、反応に限界があるようね」
       「所詮は操り人形…」
       「それが無人機の限界よ!」
ラミア 「本来のあなただったら、当てられていたわ」
     「…戸惑いはないというわけね、少尉」
ユルゲン 「博士、あなたに私を排除することはできないわ」
      「ODEシステムは万能ではなくてよ」
ティス ラリアー デスピニス 「悪いことは言わないわ。さっさとうちにお帰りなさい」
                「子供と遊んでいる暇はなくてよ」
マグナス ミザル 「力押しの勝負でも負ける気はなくてよ!」
アルティス 「それで閃光を名乗るなんて…」
アルカイド 「私を倒せなければ、あなたの目的を達成することは出来なくてよ」
修羅将 「あなたの拳は私には届かないわ」
     「技の名前だけは大仰ね」
     「よく舌を噛まないものね」
修羅系 「こちらの理屈は通用しなさそうね」
     「修羅と言っても、この程度なのかしら?」
     「戦い方が乱雑ね」
フラットフィッシュ タッドボール 「深海魚のほうがまだましよ」
                  「釣りをする趣味はなくてよ」
                  「冗談は見た目だけにしてほしいわね」
鋳人 「物の怪と遊ぶ趣味はなくてよ!」
イエッツト系 「あんなものに取り付かれてたまるものですか!」
        「動きはアインストに似ているけど…」
ダークブレイン 「フフッ、私の動きを計算し切れなかったわね」
         「あなたほどの頭脳を以てしても、私の動きを見切れなかったようね」
シュウ 「シラカワ博士、私はここよ」
     「これがあなたの真意というわけね、シラカワ博士!」
ボス系 「大きい分、狙いが絞り込めていないようね」
     「見た目と実力の釣り合いが取れていないようね」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:52 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
リオ リョウト
リオ・メイロン
援護攻撃
ブリット 「ブリット君、援護するわよ!」
クスハ 「クスハ、下がって!後は私が!」
     「まだよ、クスハ!私からも!」
タスク 「タスク君、詰めが甘いわよ!」
レオナ 「レオナ、手伝うわ!」
リュウセイ 「リュウセイ君、援護するわ!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
リョウト 「リョウト君、気を抜いちゃダメよ!」
      「手伝うわ、リョウト君!」
      「リョウト君、私も行くわ!」
      「後は私が…ってことね、リョウト君!」
ラーダ 「ラーダさん、手伝います!」
アラド 「待ちなさいよ、アラド君!」
ユウキ 「ユウキ君、後は任せて!」
カーラ 「カーラ、まだ終わってないわよ!」
艦長 「こちらリオ!艦長、援護します!」
テツヤ 「これよりスティール2の援護に入ります!」
レーツェル 「これより、アイアン3の援護に入ります!」
レフィーナ 「これより、ドラゴン2の援護に入ります!」
ラウル 「ラウル君、後は引き受けるわ!」
フィオナ 「フィオナ、あなたは先に行って!」
コウタ 「手伝うわよ、コウタ君!」
援護防御
ブリット 「ブリット君、前に出過ぎよ!」
クスハ 「クスハ!あなたは早く逃げて!」
     「今行くわよ、クスハ!」
タスク 「タスク君!何やってんのよ!」
レオナ 「レオナ、すぐに後退して!」
リュウセイ 「リュウセイ君、早く後ろに!」
イルム 「イルム中尉、離脱してください!」
リョウト 「リョウト君、ディフェンスは私に任せて!」
      「リョウト君!無理しないで!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に逃げて!」
アラド 「アラド君!装甲を過信しちゃダメ!」
ユウキ 「下がって!ユウキ君!」
カーラ 「カーラ!ちゃんと集中しなきゃダメよ!」
ラウル 「ラウル君、下がって!」
フィオナ 「フィオナ、迂闊よ!」
コウタ 「コウタ君、よそ見しちゃダメだって!」
中尉系 「中尉、私が時間を稼ぎます!」
大尉系 「大尉、ここは任せてください!」
少佐系 「少佐、後退してください!」
攻撃
ウェンディゴ 「お札を貼って、岩の下に閉じ込めてやるから!」
        「考えて攻撃しなきゃ、動きを読まれる!」
        「反省する気なんてないみたいね…!」
        「データを取られる前に落とすっ!」
ムラタ 「年季の差は、気合でカバーして見せるわ!」
     「自分の楽しみのために人を斬るあなたは、間違いなく悪よ!!」
     「ムラタ!あなたの生き方なんて絶対認めないから!!」
カイル 「あなた達、いったい何を企んでいるの!?」
ミロンガ バルトール 「あんな兵器、許してたまるものですか!」
            「考えて攻撃しなきゃ、動きを読まれる!」
バルトール 「ODEシステムは私達の手で止めてみせるわ!」(14話以降)
       「人をただの部品にする機械なんて…許せない!」(14話以降)
       「データを取られる前に落とすっ!」(14話以降)
       「行くわよ、バルトール!」
バルトール(洗脳系) エミィ 「機体さえなんとかすれば…!」
ラミア 「ラミア少尉!その機体を破壊します!」
ユルゲン 「ユルゲン博士!あなたの考えは間違ってるわ!」
      「ODEシステムは私達の手で止めてみせるわ!」
デュミナス 「デュミナス!私達の存在を消せるものなら消してみなさい!!」
       「デュミナス!あなたの間違いを正してあげるわ!」
フォルカ 「勝負よ!『髪の毛』の修羅神!」
マグナス 「マグナス!あなたに正義なんてないわ!」
      「あなたの楽しみに付き合う気なんてないわ!」
      「あの修羅神、見た目はちょっと可愛いけど…」
マグナス ミザル 「あなたがどんな手を使おうと、私は負けない!」
          「あなたのやり方は許せない!」
メイシス 「女だてらに…なんて言いたくないけど!」
      「女と女の勝負!負けないわよ!」
ミザル 「男らしく、正々堂々とした勝負をしなさいよ!」
     「卑怯者に明日はいらないわ!」
     「あなたみたいな男、許しておけないわ!」
アルカイド 「修羅王!あなたの正義を認めるわけにはいかない!!」
       「この事態を収拾するには…修羅王、あなたを倒すしかない!」
修羅将 「引き下がりはしない…!相手が修羅の将軍でも!」
修羅系 「あなた達の暴挙は、私達が食い止めてみせるっ!」
     「あなた達が来たおかげで、この世界は!」
     「修羅!これ以上の悪行は許さないわよ!」
     「さあ、覚悟なさい!修羅!」
フラットフィッシュ タッドボール 「私、ああいうのには強いんだから!」
                  「ニヤニヤ笑うんじゃないわよ!」
                  「気味悪がったりなんてしないわよ!」
鋳人 「この感じ、何なの…!?」
    「この邪悪な念は、いったい…!?」
イエッツト系 「アインストが復活するなんて…!」
        「アインストが基になっているなら、同じ戦法が通用するはず!」
化け物系 「あなた達に悪意があるのなら!」
      「あんなのがこれ以上増えたら…!」
      「化け物相手に容赦はしないわよ!」
ソーディアンズ・ガード 「あなたと同じように、私にも守るものがある!」
ダークブレイン 「これだけは間違いない…!あなたは悪よ!ダークブレイン!」
         「世の中全てが計算通りに行くものですか!」
シュウ 「本性を現したわね、シラカワ博士!」
     「シラカワ博士!あなたの勝手な理屈なんて聞くものですか!」
被ダメージ
ムラタ 「ムラタ!私はまだ戦えるわよ!」
ミロンガ 「くっ!ミロンガの動きが見えない!」
バルトール 「ただの機械に負けはしないわよ!」(14話以降)
       「生体コアなんかにされてたまるもんですか!」(14話以降)
       「データを持っていたって、それを応用できなければ!」
       「性能だけで、勝敗が決まるもんですか!」
ティス ラリアー デスピニス 「ううっ!子供だからって甘く見たつもりはないのに!」
デュミナス 「私達の存在を否定されてたまるもんですか!」
       「こっちの動きが、完璧に見切られている…!?」
マグナス 「こっちは楽しくなんかないわよ!」
      「くっ!あんなふざけた人に…!」
      「あなたの遊びに付き合っている暇はないわ!」
      「ううっ…!私はあなたを楽しませるために戦ってるわけじゃない…!」
      「こ、このままじゃホントに潰されちゃう!」
      「きゃあっ…!遊び感覚の相手なんかに…!」
ミザル 「悪の力なんて、所詮はそんなものよ!」
     「それがあなたの正義だというの!?」
     「あなたの言ってる事ややっている事を…認めてたまるもんですか!」
     「くうっ!悪には絶対に屈しないわ!!」
     「卑怯者なんかに…負けないわよ!」
アルカイド 「うう…っ!大口を叩くだけのことはあるみたいね」
       「それがあなたの正義だと言うの!?」
       「い、今までの修羅とは比べ物にならない…!」
修羅系 「修羅なんかにやられてたまるもんですか!」
     「あの修羅神、思った以上に速い!」
フラットフィッシュ タッドボール 「い、今の攻撃は何!?何をしてきたの!?」
                  「くっ!人型を相手にするのとは、わけが違う…!」
鋳人 「まるで何かを吸い取られるような…!?」
    「ううっ!何なの、あの槍は!?」
イエッツト系 「数だけじゃない…!パワーもある!」
ダークブレイン 「こ、これがダークブレインの力…!?」
         「よ、よくもやってくれたわね!ダークブレイン!」
シュウ 「あの人…手加減でもしているつもりなの!?」
     「な、何なの、あのグランゾンは!?」
回避
ムラタ 「悪意に染まった剣で、私は斬れないわ!」
DC系 「ノイエDCの残党なんかに!」
ティス ラリアー デスピニス 「それがあなた達の手口ってわけね…!」
                「子供と遊んでいる暇はないわ!」
デュミナス 「どう?私達の動きが計算できたかしら?」
       「ここで間違いは犯さない!」
マグナス 「悪意を持った攻撃なんかに当たるもんですか!」
       「こっちは真剣にやってるんだから!」
       「あなたみたいなふざけた人に!」
      「何が重震よ!」
ミザル 「例え正攻法で来たって!」
アルカイド 「さすが修羅王…凄い攻撃ね」
       「行ける…!これなら修羅王に勝てる!」
修羅系 「そんな修羅神なんかに!」
     「そうやって暴れまわることが、あなた達の正義だって言うの!?」
鋳人 「妖怪退散!」
イエッツト系 「アインストとさほど差はないみたいね」
        「当たらないわよ、イエッツト!」
ダークブレイン 「どこを見てるの、ダークブレイン!?」
シュウ 「残念だったわね、シラカワ博士!」
     「シラカワ博士!私を甘く見ないで!」
ボス系 「地球圏を守るためにも、当たるわけには!」
     「どんない凄い攻撃でも、ちゃんと回避できれば!」

リョウト・ヒカワ
援護攻撃
ブリット 「援護するよ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、後は僕が!」
タスク 「援護するよ、タスク!」
レオナ 「レオナ、援護するよ!」
リュウセイ 「リュウセイ、バックアップするよ!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
リン 「リン社長、後は任せて下さい!」
リオ 「リオ、後は僕に任せて!」
    「リオが作ってくれたチャンスを逃すわけには!」
    「わかってるよ、リオ。後は僕がやる!」
    「リオ、ここからは僕の仕事だ!」
ラーダ 「ラーダさん、後は僕が!」
ギリアム 「援護します、ギリアム少佐!」
アラド 「アラド!先を急いじゃ駄目だ!」
ユウキ 「ユウ、こっちからもいくよ!」
カーラ 「カーラ、君は先に行って!」
ラウル 「援護するよ、ラウル!」
フィオナ 「フィオナ、後は任せて!」
コウタ 「コウタ、先走っちゃ駄目だよ!」
フォルカ 「フォルカさん、僕も行きます!」
艦長 「こちらリョウト!艦長、援護します!」
少尉系 「少尉、後は任せてください!」
少佐系 「少佐、援護します!」
大尉系 「大尉、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット、あいつは僕に任せて!」
クスハ 「クスハ、危ないっ!」
タスク 「タスク、早く下がって!」
レオナ 「レオナ、ここは僕に任せて!」
リュウセイ 「リュウセイ、ここは僕が引き受ける!」
イルム 「イルム中尉、ここは僕が!」
リン 「リン社長、下がってください!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
    「リオ、突っ込み過ぎちゃダメだ!」
    「リオ、君は僕が守る!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に離脱を!」
アラド 「アラド、周りをよく見るんだ!」
ユウキ 「ユウ、君は離脱を!」
カーラ 「カーラ、無茶しちゃ駄目だ!」
ラウル 「ラウル、無茶しちゃいけない!」
フィオナ 「離脱するんだ、フィオナ!」
コウタ 「コウタ、早く下がって!」
フォルカ 「フォルカさん、ここは僕が!」
少尉系 「少尉、すぐに離脱を!」
少佐系 「少佐、後退してください!」
大尉系 「大尉、離脱してください!」
攻撃
ウェンディゴ 「見た目だけじゃない。動きもサルなのか…!」
        「対PT戦のパターンは通用しない…!」
ムラタ 「あのガーリオン、かなり改造されている…!」
     「戦う目的は人それぞれだけど…あなただけは!」
ミロンガ 「攻略方法はバルトールと同じでいけるはずだ…!」
      「あれが4機目のトライアル機…!」
バルトール 「人間を生体コアにする機動兵器なんて…!」(14話以降)
       「早くODEシステムを止めなければ、多くの人達が犠牲になってしまう!」(14話以降)
       「あのバルトールから生体反応は検出されていない。ならば…!」
       「ODEシステムはそのまま膨張を続ければ、結果は…!」
       「バルトール相手に手間取るわけにはいかない…!」
       「多くの人を捕らえて、何をする気なんだ!」
バルトール(洗脳系) 「コックピットを狙わずに…!」
            「ODEシステムから切り離せば!」
            「すぐに助けるから、もう少しだけ辛抱して!」
            「動きを止めさえすれば…!」
            「軌道を読めば、動きを抑えられる!」
ラミア 「彼女を制御している装置を壊せば…!」
     「致命傷は与えない…!少尉を助け出すために!」
ユルゲン 「あれはもうユルゲン博士じゃない。ODEシステムそのものなんだ…!」
      「ODEシステムはそのまま膨張を続ければ、結果は…!」
      「早くODEシステムを止めなければ、多くの人達が犠牲になってしまう!」
デュミナス 「デュミナス…僕がお前を止めてみせる!」
       「僕はお前と違う答えを出してみせる!」
フェルナンド 「能力はヤルダバオトと同じか、それとも…!」
マグナス 「遊び感覚で戦うなんて…!」
アルカイド 「修羅王!こっちにだって退けない理由があるんだ!」
       「力には力…あの人を止めるにはそれしかないのか…!」
修羅将 「あの修羅は、只者じゃない…!」
     「僕達の世界に戦いの秩序なんていらない!」
修羅系  「あなた達が、地球圏への干渉を止めないのなら!」 
      「僕達の戦いは、戦争を続けるためのものじゃない!」
      「修羅、お前達の好きにはさせない!」
      「混戦へ陥る前に…!」
      「量産型の修羅神か…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「あれじゃ、まるでアインストだ…!」
                  「人間があんなものを作り出したなんて…!」
鋳人 「あいつ、まるでこちらの心を探っているような…!」
    「何なんだ、この感じは…!?」
イエッツト系 「イエッツト…彼らは危険だ!」
        「アインストは滅び去ったはずなのに…!」
ソーディアンズ・ガード 「あれがソーディアンの本当の主なのか…!?」
エミィ 「コックピットを狙わずに…!」
     「すぐに助けるから、もう少しだけ辛抱して!」
     「動きを止めさえすれば…!」
     「軌道を読めば、動きを抑えられる!」
     「彼女を制御している装置を壊せば…!」
ダークブレイン 「ダークブレイン!お前の計算外の結果を出してみせる!」
         「ダークブレイン!僕達はお前の秩序を必要としていない!」
シュウ 「シラカワ博士…僕達はここで倒れるわけにはいかない!」
     「シラカワ博士、いつかはこうなるような気がしていた…!」
ボス系 「倒すしかない!地球圏を救うためにも!」
被ダメージ
ミロンガ バルトール 「これ以上、彼らの経験地を上げるわけには…!」
            「しまった!こっちの予測が甘かったか!」
            「さすが新型…!反応速度が速い…!」
            「ううっ!僕らのデータは十分に持っているってことか!」
バルトール 「くっ!早速データを活かしてきたか…!」
       「バルトールのデータ更新速度が上がっている…!?」(14話以降)
       「くうっ!時間が経てば経つほど、向こうの性能が上がってしまう…!」(14話以降)
バルトール(洗脳系) エミィ 「こっちが先に落とされるわけにはいかない!」
                「あ、諦めない!必ず助け出してみせる!」
デュミナス 「こ、このまま存在を否定されるわけにはいかないんだ!」
アルカイド 「修羅王!僕はまだ戦えるぞ!」
修羅将 「くうっ!量産型以上だってことはわかってたけど…!」
修羅系 「こ、これが修羅の戦いか…!」
イエッツト系 「くっ…!アインストより手強い!」
ダークブレイン 「ううっ!向こうの計算速度を上回らなきゃ…!」
シュウ 「ただパワーアップしただけじゃない。あのグランゾンは…!」
回避
DC系 「DC戦争はとっくの昔に終わったんだ!」
ムラタ 「あのガーリオン、特機並の加速を…!」
バルトール 「彼らに行動パターンを読まれるわけにはいかない…!」
       「こっちだって、そっちのデータを入手しているんだ!」
       「同じ回避パターンを使わなければ、いける!」
       「時間がない…!早くマスターコアを止めないと!」(14,15話)
バルトール(洗脳系) エミィ 「ここで手間取っていたら、助けられるものも助けられなくなる…!」
ティス ラリアー デスピニス 「君と遊んでいる時間はないんだ!」
                「口調はああでも、攻撃は…!」
デュミナス 「デュミナス…それが答えなのか!?」
デュミナス ダークブレイン 「僕の計算の方が正しかったみたいだね…!」
マグナス 「勢いだけは物凄いけど…!」
アルカイド 「修羅王!戦いだけで全てが解決するわけじゃない!」
       「あれが最強の修羅神か…!」
修羅将 「あんな技を、生体エネルギーで賄っているなんて…!」
     「やっぱり量産型とは違う。当たっていたら危ないところだった…!」
修羅系 「これ以上、僕達の世界に干渉するな!」
     「僕は君達を楽しませるために戦ってるんじゃない!」
     「量産型の修羅神なんかに!」
     「囲まれると危ない。気をつけなきゃ…!」
鋳人 「あの槍に気をつけなきゃ…!」
イエッツト系 「行動パターンはアインストとさほど変わらないみたいだ」
ダークブレイン 「僕達の意思を取り込まれてたまるものか!」
シュウ 「シラカワ博士、あなたの手は通用しない!」
     「ネオ・グランゾンの力はこんなものじゃないはずだ…!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:51 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
イルム ラーダ
イルムガルト・カザハラ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ、後は任せろ!」
       「援護するぜ、キョウスケ!」
リュウセイ 「ほらよ、リュウセイ…手伝ってやるぜ!」
       「リュウセイ、あいつは俺が落とす!」
ライ 「ライよ、お前にしちゃ詰めが甘いな」
アヤ ヴィレッタ 「大尉、援護するぜ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、後は任せな!」
アラド 「…気が早いねぇ、アラドの奴」
シャイン 「こっちがエスコートされてちゃ、しょうがねえな」
カイ 「カイ少佐、ここは俺が!」
    「こき使ってくれるねえ、少佐も」
マサキ 「マサキ、お前は先に行け!」
リューネ 「援護するぜ、リューネ!」
女性 「後でお茶に付き合ってくれよな」
    「お礼はデートって事でよろしく!」
援護防御
若者 「これも先輩の務め、ってね!」
女性 「女の子は大事にしないとな!」
    「その誘いは俺が受けてやるぜ!」
攻撃
バルトール 「怪しげな新商品にゃ気をつけろ、ってね!」
       「不良品はきっちり始末しなきゃな!」(13話以降)
       「本末転倒なんだよ、ああいうシステムはな!」(13話以降)
デュミナス 「デュミナス!あんたの悩みに付き合う気はないんだよ!」
修羅系 「戦うだけの人生なんてつまらねえぜ!」
ダークブレイン 「そろそろお開きにしようぜ、ダークブレイン!」
女性 「美しい薔薇には棘があるってか?」
    「敵でなきゃ、即効で口説いてたんだけどな」
    「出来れば、こういう形で会いたくなかったねぇ」
被ダメージ
女性 「何とまあ…情熱的なことで」
    「チッ!これじゃ口説いてる余裕なんてねえな」
     「可愛い顔してやってくれるぜ、まったく!」
    「女性に何されても怒らない…てなわけにはいかないか」
    「もう少し優しくしてもらいたいもんだね、女性には」
    「キッツい女はあいつ一人だけで十分だぜ…!」
回避
バルトール 「まったく…とんでもない新型機だな、ありゃ!」
       「やれやれ、あいつを作った奴の顔が見たいぜ!」
女性 「どうせなら、スマートに口説いてもらいたいもんだね」
    「お嬢さん、強引なアプローチは嫌われるぜ?」
    「ついでに連絡先も教えてくれないか?」
    「積極的なのは男として嬉しいけどねぇ」
ボス系 「おお!?凄い攻撃だな、こりゃ」
     「それに当たるわけにはいかねえな!」
     「大将さんよ、もっとしっかり狙うこった」

ラーダ・バイラバン
援護攻撃
エクセレン 「エクセレン、あなたは先に行って…」
ブリット 「ブリット、私の力も…」
ラミア 「ラミア少尉の援護を…」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ、こちらからも…」
アヤ 「…アヤ、私の力も…」
カチーナ 「カチーナの援護を…」
ラッセル 「援護するわ、ラッセル…」
タスク 「タスク、後は任せて…」
レオナ 「援護するわ、レオナ…」
リオ 「リオ、私の力も…」
リョウト 「リョウト、後は任せて…」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、後は任せて…」
アラド 「アラド、先を急いではダメ…」
ゼオラ 「ゼオラ、手伝うわ…」
シャイン 「シャイン王女、お手伝いします…」
カイ 「カイ少佐、援護します…」
ギリアム 「ギリアム少佐、お手伝いします…」
レフィーナ 「ヒリュウの援護を…」
援護防御
エクセレン 「エクセレン、今の内に…!」
ブリット 「後退して、ブリット…!」
ラミア 「ラミア、下がって…!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ、今の内に…!」
カチーナ 「カチーナ、無茶しないで…!」
ラッセル 「ラッセル、今の内に…!」
タスク 「タスク、迂闊よ…!」
リオ 「…リオ、無理は禁物よ」
リョウト 「リョウト、逃げて…!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、後退して…!」
アラド 「アラド、もっと集中しなきゃ…!」
     「逃げて、アラド…!」
ゼオラ 「ゼオラ、今の内に…!」
少佐系 「少佐、後退を…!」
シュッツバルト搭乗 「敵という風を防ぐ林となる…!」
攻撃
カイル 「彼らの意思が融合されつつある…?」
バルトール 「何か…意思のようなものが介在している…?」
       「あの機体に人は乗っていない…」
       「早くODEシステムを止めなければ…!」
ユルゲン 「やはり…あれはもうユルゲン博士じゃない…」
デュミナス 「あなたの疑問や迷い…それは…」
修羅系 「あなた達にこの世界を変貌させる権利はない…!」
     「彼らに迷いやためらいはない…」
     「闘いだけが全てではないはず…!」
     「あの闘争心の裏にあるものは…」
被ダメージ
バルトール 「これは人の思念…?いえ、違うわ!」
ユルゲン 「人の思念を完全にデータ化することはできないわ…!」
修羅系 「ううっ…強いのは闘争心だけじゃない…!」
回避
修羅系 「何という闘争心なの…!?」
     「彼らの命が吸われている…!」
     「この強烈な破壊衝動は…!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:45 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
アラド ゼオラ
アラド・バランガ
援護攻撃
キョウスケ 「分の悪い賭け、おれも乗るッス!」
エクセレン 「エクセレン少尉、こっちもびっちりばっちりッス!」
ラミア 「ついて行きますよ!ラミアさん!」
     「ラミアさん、援護するでございます!」
      「ラミア少尉、こっちからも突っ込みます!」
      「ラミア少尉、援護しますです!」
ATXチーム 「これでおれもATXチーム入りだぁ!」
マイ 「マイ、こっちからも行くぜ!」
タスク 「タスク少尉!ツッコミ二番手、いきます!」
ラーダ 「援護ッスか?よ~がす!」
ラトゥーニ 「ラト、後は任せろ!ちゃんとやるから!」
       「ここはおれが締めるぜ、ラト!」
       「ラト、おれを信じて先に行け!」
       「ラト、呼ばれてないけど、手伝いに来たぜ!」
ゼオラ 「あいつの尻に敷かれてるわけじゃねえからなっ!」
     「フォーメーションIだな、ゼオラ!」
     「おれ達のコンビネーション、見せてやるぜ!」
     「ゼオラ、ドンピシャだぜ!」
シャイン 「シャイン王女、援護するッス!」
      「王女さん、ラトの代わりにおれが手伝うッス!」
カイ 「カイ少佐!おれ、ちゃんとやりますから!」
    「ここは突っ込んでいいんスよね、少佐!」
ユウキ 「ユウキ少尉、おれも行きます!」
カーラ 「待ってくださいよ!リルカーラ少尉!」
ラウル 「ラウルさん、続けて行くッス!」
フィオナ 「フィオナさん!後はお任せッス!」
コウタ 「コウタ!手伝うって言っただろ!」
少尉系 「少尉、おれも突っ込むッス!」
アルトアイゼン 「ATX計画コンボ、行くぜぇっ!!」
         「アルト譲りの突進力、見せてやるぜっ!!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、装甲はこっちの方が上ッス!多分!」
エクセレン 「エクセレン少尉、蝶のように逃げちゃってください!」
ラミア 「ラミアさん、こっちで引き受けます!」
     「ラミア少尉!ここはおれが!」
マイ 「マイ、無理すんな!」
タスク 「すみません、タスク少尉!ツッコミ、入れます!」
ラーダ 「ラーダさん、早いとこ逃げてください!」
ラトゥーニ 「ここはおれに任せろ、ラト!」
       「ラト、こういう時は頼ってくれよな!」
        「ラトをやらせはしねえぞ!」
ゼオラ 「ゼオラ!お前との約束、守ってみせるっ!」
     「ゼオラはおれが守る…!」
     「ゼオラ!早く下がれっ!!」
     「ゼオラに手を出すな!後でうるせえぞ!!」
シャイン 「ロイヤルガードだ!いっけぇ!」
      「シャイン王女、早く逃げるッス!」
カイ 「カイ少佐!頑丈なのが取り柄ッスから!」
ユウキ 「ここはおれの出番ッスよ、ユウキ少尉!」
カーラ 「無茶ッスよ、リルカーラ少尉!」
ラウル 「ラウルさん、危ないっ!」
フィオナ 「フィオナさん、早く逃げて!」
コウタ 「コウタ!おれが言うのもなんだが、無茶は禁物だぜ!」
少尉系 「踏み込み過ぎッスよ、少尉!」
攻撃
ブリット クスハ 「少尉、遠慮なしで行くッス!」
          「分離したら強さは半分!…だったらいいなぁ…」
アイビス 「行くぜ、アイビスさん!」
ウェンディゴ 「勝負だ!メカコング!」
ミロンガ 「透明になったりするんじゃねえぞ!」
      「勝負だ!ミロンガ!」
      「高速戦闘が得意なのはてめえらだけじゃねえぞ!」
      「いつぞやの模擬戦のようにはいかないぞ!」(12話)
バルトール 「お前らのパーツなんかになってたまるかよ!」
       「野良犬ならぬ野良バルトールかよ!」
       「ODEシステムの生体コアなんかになってたまるか!」
       「バルトール!お前らの手口はわかってるぜ!」
ラミア 「ラミア少尉!必ず助けてみせます!」
     「おれ達だって助かったんだ!少尉だって!」
ユルゲン 「おれ達の思い出をODEシステムに消されてたまるか!」
      「ODEシステムなんて、おれ達にとっちゃ余計なお世話なんだよ!」
タッドボール 「行くぜ!スペースおたまじゃくし!!」
タッドボール フラットフィッシュ 「どう見ても美味そうに見えねえ!」
フラットフィッシュ 「煮付けにしてやるぜっ!」
           「ひらめの一本釣りだっ!」
イエッツトクノッヘン 「骨にしてやるぜ!…って、もう骨か」
イエッツトグリート 「草刈りだっ!」
イエッツト系 「覚悟しやがれ、イェッツト!!」
        「アインストの新型なんか、ブッ倒してやる!」
        「勝負だ、化け物!」
        「イエッツツ!ええい、言いにくいぜ!!」
ティス 「ティス!こっちは冗談でやってんじゃねえんだ!」
     「ティス!おれを甘く見るんじゃねえぞ!」
ティス ラリアー デスピニス 「年上の意地ってのを見せてやる!」
                「子供だからって、お前らがやったことは!」
                「あいつらの見た目に惑われちゃダメだ!」
デュミナス 「デュミナス!おれがお前を否定してやるぜ!!」
       「こっちは間違いだらけの人生を歩んできたんだ!てめえの世話になる必要なんてねえ!」
フェルナンド 「勝負だ、髪の毛野郎!」
アリオン アルティス 「ウマいことなんて、やらせねえからな!」
            「レーツェルさんが気に入りそうな奴だな…!」
            「馬に蹴られて何とやらだ!」
マグナス 「あの図体なら、おれでも当てられる!」
      「血ィ見て暴れ出すなよ!」
メイシス 「氷づけになるのは御免だからな!」
ミザル 「勝負だ、ドリルロボ!」
アルカイド 「修羅王!あんたの都合をおれ達の世界に押しつけるんじゃねえ!」
       「修羅王!生き残るのはおれ達の方だ!」
修羅系 「わかりやすい敵は戦いやすいぜ!」
     「戦いが全てだなんて、もうそんなのは勘弁なんだよ!」
     「あんたらの戦いに、これ以上付き合う気はねえ!」
     「修羅神はおれ向きの相手だぜ!」
エミィ 「辛抱してくれよ、ショウコ!」
     「ショウコ、その機体から降ろしてやるから!」
     「ショウコ!おれは諦めねえからな!」
ダークブレイン 「ダークブレイン!てめえの計算通りに事が進むと思うなよ!」
         「ダークブレイン!おれが計算外の出来事を起こしてやるぜ!」
ソーディアンズ・ガード 「剣の化け物なんぞに!」
シュウ 「ネオ・グランゾン…!おれ達の手でブッ壊す!」
     「最後のトリは…あいつかっ!!」
被ダメージ
ブリット クスハ 「ううっ!分離しても強さは半分じゃねえ!」
          「うあっ!ほ、本当に遠慮なしだ…!」
アイビス 「ぐうっ!さ、さすがアイビスさん…!」
ウェンディゴ 「見ザル、効かザル…って奴だ!」
ミロンガ 「ちっ!あいつの性能は良く知ってんのに!」
      「まだおれはやられねえ!ザマぁミロンガ!」
バルトール 「バルトールめ、やってくれたな!」
       「ぐうっ!早くODEシステムを何とかしなきゃ…!」
       「チッ!もう二度とバルトールなんぞに!」
       「あ、あのバルトール…賢くなってやがんのか!?」
ラミア 「ラミア少尉、おれはこの程度じゃくたばらないッス!」
ユルゲン 「ユルゲン博士!おれのタフさを甘く見るなよ!」
タッドボール フラットフィッシュ 「刺身になるつもりなんてねえんだよ!」
                  「うわ~、近くで見るとマジで気色わりぃ」
                  「駄目だ、どう見ても美味そうに見えない!」
フラットフィッシュ 「くっ!調子に乗るなよ、ひらめ野郎!」
イエッツト系 「何だ、アインストとあんま変わらねえんだな」
        「効いてないぜ、イエッツト!」
ティス ラリアー デスピニス 「か、可愛い顔してババンバンかよ!」
                「く、くっそ~!やりづらい相手だぜ!」
デュミナス 「効かないぜ、デュミナス!」  
       「一度や二度の失敗くらいで!」
       「デュミナス!まだ勝負は終わっちゃいねえぞ!」
       「こ、ここからだ!デュミナス!」
フェルナンド 「拳一つでダウンなんてしねえぜ!」
アリオン アルティス 「これがウマに蹴られて何とやらって奴か…」
            「くっ!ウマいことやりやがって!」
            「あ、あいつ!何て馬力なんだ!」
マグナス 「そう簡単には潰れねえぜ!」
      「力任せってのは、嫌いじゃねえけどな!」
      「くそっ!ダイエットしろ、ダイエット!!」
メイシス 「こ、こっちは冷凍睡眠なんかするつもりはねえんだ!」
アルティス 「や、やられてたまるディクト!」
ミザル 「ドリル野郎にやられてたまるか!」
アルカイド 「こ、こんなこともアルカイド!」
       「この世界を修羅界なんかにされてたまるか!」
       「た、戦いの年季が違うってのか…!?」
       「ううっ…!伊達に修羅の王様をやってねえってことか!」
       「くそっ!こんな戦いをいつまでも続けられてたまるか!」
修羅系 「ゼオラのパンチの方がよっぽど効くぜ!」
     「ゼオラのパンツ…じゃない、パンチほどじゃねえな!」
     「それで終わりか、修羅!」
     「こ、これがホントの修羅場かよ!」
     「べろばぁっ!なんて言わねえからな!」
ショウコ 「これくらい我慢できるぜ、ショウコ!」
ダークブレイン 「何がどうなってんだか、よくわかんねえな、あいつの攻撃は…!」
         「これもお前の計算通りかよ!?」
         「くそっ!ダークブレインめ!!」
         「おれのしぶとさを見せてやるぜ、ダークブレイン!」
シュウ 「シュウ・シラカワ…あんたに倒されるわけにはいかねえ!」
     「どこらへんがネオなんだか説明してみろ!」
     「こ、これがグランゾンのホントの力かよ!!」
     「だ、伊達にネオってついてるわけじゃねえみてえだな…!」
ボス系 「この大一番、負けてたまるかっ!!」
     「くそっ!親玉を目の前にして、やられるかよっ!!」
回避
ブリット クスハ アイビス 「実戦よりも上手くいったかも…」
ウェンディゴ 「見ザル、聞かザル、当たらザル!」
ミロンガ 「もっと動きをよくミロンガ!」
バルトール 「目がたくさんあったって、これじゃ意味ねえぞ!」
       「バルトール、動きがバレとーる!」
       「二度とお前らに捕まってたまるか!」
ティス ラリアー デスピニス 「攻撃する気があるのかないのか、どっちだ!」
                「言葉の割に、やることがえげつない…!」
                「見た目と裏腹な攻撃をしてきやがって!」
修羅系 「動物のエサになるつもりはねえ!」
     「修羅と修羅場なんて洒落にならねえからな!」
タッドボール フラットフィッシュ 「食べるのはともかく、食べられるのは御免だ!」
                  「おれはお前らの食い物じゃねえからな!」
デュミナス 「少なくともてめえの前じゃ間違いは起こさねえ!」
ダークブレイン 「どうした!頭が重すぎるんじゃねえのか!?」

ゼオラ・シュバイツァー
援護攻撃
エクセレン 「少尉、援護します!」
ラミア 「ラミアさん、援護します!」
     「ラミア少尉、援護します!」
ラーダ 「ラーダさん、続けて攻撃します!」
ラトゥーニ 「やっぱり息が合うわね、あの子とは!」
       「わかったわ、ラト!後は任せて!」
       「ラト、あなたは先に行って!」
アラド 「もう!世話が焼けるんだからっ!」
     「アラド、いつものタイミングね!」
     「ちょっと、アラド!どこ行くのよっ!?」
     「アラド、フォーメーションIで行くわ!」
シャイン 「シャイン王女、後は私が!」
カイ 「援護します、カイ少佐!」
フィオナ 「フィオナ、後は任せて!」
新教導隊 「教導隊のコンビネーション、見せてあげるわ!」
援護防御
エクセレン 「下がってください、少尉!」
ラミア 「ラミア少尉、そこから離脱してください!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に!」
ラトゥーニ 「ラト、そこをどいて!」
       「ラトをやらせるわけには!」
アラド 「アラド!よそ見してる場合じゃないわよ!」
     「ちょっ、アラド!?何やってんのよ!」
     「アラド!さっさと後退しなさい!」
     「もう!アラドったら!」
シャイン 「王女、危ないっ!」
カイ 「少佐、早く離脱してください!」
フィオナ 「フィオナ、早く下がって!」
攻撃
ブリット クスハ 「では行きます、少尉!」
バルトール 「さあ、行くわよ!バルトール!」
       「今までのお礼をさせてもらうわよっ!」
ラミア 「ラミア少尉、その機体を破壊します!」
     「少尉を助けるには、こうするしかない…!」
ユルゲン 「何としてもODEシステムを止めなきゃ…!」
      「他の人を私達のような目に遭わせないためにも…!」
      「私達はあなたと一つになんてならないわよ!」
デュミナス 「デュミナス!私はあなたの疑問になんて付き合う気はない!」
修羅将 「上級の修羅神…でも、負けやしない!」
     「将軍相手に油断は出来ないわ…!」
修羅系 「修羅!あなた達の好きにはやらせないから!」
     「暴れまわっていられるのもここまでよ!」
     「行くわよ、修羅!」
フラットフィッシュ タッドボール 「あんな怪物、さっさと退治してやるわ!」
                  「お魚が食べられなくなったら、どうしてくれるのよっ!」
                  「あんな気持ち悪い魚なんか!」
イエッツト系 「アインストのモーションデータを応用して…!」
        「さあ、行くわよ!イエッツト!」
エミィ 「我慢してね、ショウコ!」
     「ショウコ、必ず助けてあげるから!」
ダークブレイン 「全てがあなたの思い通りに行くなんて思わないで!」
         「さあ、覚悟しなさい!ダークブレイン!」
シュウ 「私達の最終ターゲット…ネオ・グランゾン!」
     「お互い覚悟を決めましょう、博士…!」
被ダメージ
ブリット クスハ 「まだまだです、少尉!」
          「さ、さすが少尉…!このままじゃ、負ける…!」
アイビス 「くうっ…!アステリオンについていけない…!」
バルトール 「あのバルトール、スピードが上がっている…!?」
       「ううっ!生体コアなんかになってたまるもんですか!」
       「あううっ!バ、バルトールを振り切れない!」
ユルゲン 「ODEシステムなんかに取り込まれてたまるもんですか!」
アルカイド 「な、何て力…!あれが、修羅王…!」
       「も、もう一度あの拳を食らったら落とされる…!」
修羅将 「や、やっぱり、他の修羅とは違う…!」
     「つ、強い…!一撃一撃が重いわ…!」
修羅系 「修羅にここまでやられるなんて…!」
     「くっ、修羅神の動きが見切れなかった…!」
     「ううっ!どういう技なのよ、いったい!?」
ダークブレイン 「まだよ!あなたの計算外の結果を出してみせるわ!」
         「ロジックだけで、私達を倒せると思わないで!」
シュウ 「ち、違う…!グランゾンとは違う!」
     「ううっ…!ネオ・グランゾンを倒すまでは…!」
回避
ブリット クスハ 「実戦と同じようにやってみせる!」
ミロンガ 「新型だからって!」
バルトール 「その機体のことは良く知ってるんだから!」
       「二度とあなた達に捕まりはしないわよ!」
       「ODEシステムなんかに!」
ミザル 「これもあなたの計算通りなのかしら?」
アルカイド 「当たらないわよ、修羅王!」
       「パワーは凄いけど、スピードは他の修羅神並ね!」
修羅将 「スピードは量産型とそんなに変わらないみたいね」
     「それでも将軍なの!?」
修羅系 「いくらすごい技を出してきたって!」
フラットフィッシュ 「ちょっと!あんまり寄ってこないでよ!」
イエッツト系 「アインストとあんまり動きが変わらないわね!」
化け物系 「お化けなんか怖くないんだから!」
ダークブレイン 「どう?あなたの計算外の動きでしょ!」
         「コンピューターなんかに負けはしないわ!」
シュウ 「運動性はグランゾンとあんまり変わってないわね!」
     「最後の最後でやられてたまるもんですか!」
ボス系 「どんなに凄い攻撃をしてきたって、当たらなきゃ意味はないわ!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:42 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)
ラトゥーニ シャイン
ラトゥーニ・スゥボータ
援護攻撃
ラミア 「援護します、ラミア少尉」
     「ラミア少尉、フォローします」
リュウセイ 「援護するわ、リュウセイ」
       「リュウセイの力になる…!」
       「リュウセイの邪魔にならないように…」
ライ 「少尉、援護します」
マイ 「マイ、後のことは気にしないで。私がやるから…!」
    「マイ、手伝うわ」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、援護します」
レーツェル 「艦長、後は私が」
カイ 「カイ少佐、バックアップに入ります」
アラド 「アラド…こっちの攻撃に当たらないでね」
     「アラド、先を急ぎすぎ…」
     「続けて攻撃するわ、アラド」
ゼオラ 「さすがゼオラ…こっちの動きも計算に入れてる…」
     「フォーメーションIね、ゼオラ」
     「ゼオラが離脱した…私も攻撃を」
シャイン 「シャイン王女、そちらに合わせます」
      「シャイン王女、後は私が…!」
      「王女のコントロールをフォロー……攻撃!」
      「シャイン王女の動きに合わせて…!」
ラウル フィオナ 「エクサランスのバックアップを…」
フィオナ 「フィオナ、援護するわ」
新教導隊 「新教導隊の連携を見せてあげる…!」
援護防御
ラミア 「ラミア少尉、離脱を!」
リュウセイ 「リュウセイ…危ない…っ!」
       「リュウセイは…私が守る!」
       「あの人を失いたくない…!」
マイ 「マイ、無理をしないで…!」
アラド 「いくら身体が頑丈だからって…!」
ゼオラ 「ゼオラ、回避に専念して!」
シャイン 「シャイン王女、早く私の後ろに!」
      「シャイン王女、コントロールを預かります!」
      「王女、コントロールをこちらに!」
カイ 「カイ少佐、後退して下さい…!」
スクール系 「もう仲間を失いたくない!」
攻撃
ウェンディゴ 「類人猿の行動パターンが組み込まれているみたいね」
        「見た目よりも動きが俊敏…」
ミロンガ 「ミロンガの運動性を侮ってはダメ…」
      「あれがゲシュタルト…ミロンガ…」
      「ターゲット、ミロンガ…!」
ミロンガ バルトール 「まず彼らの連携を崩さないと…!」
バルトール 「VTX-001…バルトール…」
       「あなた達のデータは持っている…」
ラミア 「少尉を機体から引き離さなければ…!」
     「ラミア少尉…必ず助けてみせる…!」
     「助け出してみせる…必ず…!」
     「もう昔のような想いをするのは嫌…」 
     「制御装置を破壊すれば…!」
ユルゲン 「あれはもうユルゲン博士じゃない…!」
      「必ずODEシステムを止めてみせる…オウカ姉様との想い出を守るためにも…」
デュミナス 「間違いは誰にでもあること…でも…」
       「最終ターゲット…デュミナス…!」
フラットフィッシュ タッドボール 「明らかに人の手が加えられた生物…」
                  「あれは魚じゃない…」
                  「魚の行動パターンに似てはいるけど…」
フェルナンド 「ターゲット、ビレフォール」
        「性能はヤルダバオトとほぼ同等…」
マグナス 「命中させやすい修羅神だけど…!」
アルカイド 「あなたの勝手な概念を押しつけないで…!」
       「戦いを終わらせようとする意思はなくならない…!」 
       「終わりの無い闘争は…世界を消耗させていくだけ…!」
修羅将 「指揮官用の修羅神…油断は出来ない」
     「量産型の修羅神と同じ手は通用しない…」
     「あの修羅神、パワーは特機と同等か、それ以上…」
修羅兵 「量産タイプの修羅神…」
     「そんなに戦いたいなら、相手になってあげる…」
     「…戦う時と場所を選ばないのね」
鋳人 「あれはアインストじゃない…」
    「該当、相似データなし…」
イエッツト系 「何のためにあんなものを…」
        「ターゲット、イエッツト…!」
        「アインストと似て非なるもの…」
エミィ 「もう昔のような想いをするのは嫌…」
     「少しだけ我慢して、ショウコ…!」
     「ショウコ、あなたを助けてみせる…!」
     「助け出してみせる…必ず…!」
     「制御装置を破壊すれば…!」
ソーディアンズ・ガード 「あれは修羅神じゃない…!」
ダークブレイン 「最終ターゲット…ダークブレイン…!」
         「あなたに私達の全てを解析することは出来ない…!」
シュウ 「ファイナルターゲット、ネオグランゾン…!」
     「シラカワ博士…私達の手であなたを止める」

被ダメージ
ミロンガ 「ここで手間取っていたら、ゲシュタルトのアビリティが向上する…!」
ミロンガ バルトール 「さすが新型…でも…!」
            「見た目よりも動きが速い…!」
            「さすがに運動性はPTより上ね…!」
            「運動性はともかく、攻撃力は…」
            「彼らの連携に惑わされた…!」
            「スペック・データ以上の力を…!」
バルトール 「が、学習能力が高い…!」
       「バルトールの性能が上がってきている…!?」
ラミア 「パターンをアレンジしないと、ラミア少尉には…」
     「さすが、ラミア少尉…!」
     「あなたを助けるまで、倒れるわけには…!」
ユルゲン 「ユルゲン博士、私は機械の部品じゃない…!」
デュミナス 「これがデュミナスの力…!」
アルカイド 「うくっ!さすがに攻撃が重い…!」
修羅将 「くっ!これが上級修羅神の力…!」
     「さすがにあの修羅神は…強い」
修羅系 「くっ!修羅神に押し切られた…!」
     「戦うためだけに生きているなんて…!」
フラットフィッシュ 「私はあなたの獲物じゃない…!」
イエッツト系 「アビリティはアインストよりも上…」
        「アインストの対戦データが通用しない…!?」
ダークブレイン 「くうっ!ダークブレイン…私はまだ戦える…!」
シュウ 「ネオ・グランゾン…!こちらの予想以上の力を…!」
回避
ミロンガ 「ゲシュタルトのモーション・データを更新…」
ミロンガ バルトール 「ODEシステムはデータを更新していないの…?」
            「学習はしているみたいだけど…!」
            「こっちだって、データを最適化しているもの…」
            「解析速度でも負けてはいない…!」
バルトール 「もうバルトールには捕まらない…!」
ラミア 「早く機体に取り付かなきゃ…!」
     「ラミア少尉…」
     「こちらの手の内は知られている…でも…!」
ユルゲン 「意思の統合なんて、私は望まない…」
ティス ラリアー デスピニス 「あなた達には惑わされない…」
デュミナス 「あなたは今、間違いを犯した…」
       「存在の否定なんて…!」
フェルナンド 「闘いだけが全てじゃないはず…」
        「ヤルダバオトとはパターンが違う…!」
マグナス「押し潰されるつもりなんてない…」
メイシス 「凍るのは嫌だもの…」
アルカイド 「これまでの修羅神とアビリティが違う…」
       「さすが修羅の王…だけど」
修羅将 「さすがに量産型の修羅神とは違う。でも…」
     「上級の修羅神と言えど…」
     「上級修羅神のモーション・データを更新…」
修羅系 「ただ暴れているだけ…」
     「闇雲に攻撃してきてるだけ…」
     「修羅神のデータ、収集…」
     「修羅は力押しで来る。間合いに気をつけないと…」
フラットフィッシュ 「こちらを捕食するつもりなの…?」
           「まるで怪獣…リュウセイが喜びそう」
イエッツト系 「早くイエッツトを排除しなければ…」
        「行動パターンはアインストと似ている…」
怪物系  「人間や機械じゃなくても…パターンは読める」
      「生物のようでもあり、機械のようでもある…」
ダークブレイン 「ダークブレイン…あなたが計算した通りの結果にはならない」
         「あなたの計算を上回ってみせる…」
シュウ 「グランゾンのアビリティ・データを応用すれば…!」
     「シラカワ博士、あなたの本当の目的は…!」

シャイン・ハウゼン
援護攻撃
ライ 「続いていきますわ、ライディ様!」
    「ライディ様、お手伝いしたしますわ!」
    「ライディ様には余計なお世話かも知れませんけど…!」
マイ 「マイも頑張っていますのね。なら、私も!」
    「マイ、お手伝い致しますわ!」
ラトゥーニ 「協力しちゃったりしますわ、ラトゥーニ!」
       「タイミングはバッチリですわ、ラトゥーニ!」
       「私達の連携をお見せ致しますわ!」
アラド 「アラド、後はお任せくださいませ!」
     「アラド!ちょっとお待ちなさいませ!」
ゼオラ 「ゼオラ、私も行きますわ!」
     「援護しますわ、ゼオラ!」
オウカ 「ラトゥーニ達のためにも、お力になります!」
レーツェル 「ライディ様のお兄様、お手伝い致しますわ!」
ラウル 「ラウル、お手伝い致しますわ!」
フィオナ 「フィオナ、後はお任せくださいませ!」
コウタ 「コウタ、援護致しますわ!」
アルフィミィ 「アルフィミィ、後はお任せくださいませ!」
フォルカ 「フォルカ、拳を…いえ、手をお貸ししますわ!」
援護防御
ライ 「ライディ様、危のうございますっ!」
    「ライディ様、御守り致します!」
    「ライディ様のお役に立ちたい…!」
マイ 「マイ、早く下がりなさいませ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、お下がりなさいませ!」
       「今は私が守る番でございます!」
アラド 「アラド!骨まで切らせてはダメですわよ!」
     「アラド、何をやってるんでございますの!?」
ゼオラ 「ゼオラ、ここは私が引き受けますわ!」
レーツェル 「ライディ様のお兄様、お下がりくださいませ!」
ラウル 「ラウル、お逃げなさいませ!」
フィオナ 「フィオナ、ここは私が!」
フォルカ 「お助けいたしますわ、フォルカ!」
攻撃
ラミア 「お助け致します。待っていて下さいませ!」
     「ラトゥーニのお友達は私のお友達。お助け致しますわ!」
バルトール 「数で攻めて来ても!」
       「操り人形には負けませんわ!」
       「放っておけば、多くの民が大変な目に…!」
ティス ラリアー デスピニス 「あなた達の目的はいったい何ですの!?」
                「私と同い年ぐらいの子なのに…!」
デュミナス 「私は、あなたがやっていることが間違っていると思います!」
マグナス 「行きますわよ、暴れんぼう将軍!」
メイシス 「氷漬けになるつもりはございません!」
アルカイド 「修羅の王様!覚悟なさいませ!」
       「王としての責務、それはわかります…!でも、私にも守るものがあるのです!」
修羅将 「あれが敵の将軍…!」
     「将軍相手に油断は禁物ですわ!」
修羅系 「あなた達!暴れるのはいい加減になさいませ!」
     「乱暴狼藉は許しませんわよ!」
     「無礼者!覚悟なさいませ!」
     「しゅ、修羅神!…ちょっと言いにくいですわ!」
フラットフィッシュ 「焼き魚にしてやりますわ!」
           「宇宙を泳ぐお魚なんて非常識ですわ!」
化け物系 「お化け退治ですわ!」
      「アインストを見た後ですもの。怖くありません!」
      「怪獣なんて怖くありません!」
      「頑張って、3分で退治してみせますわ!」
      「お化けが相手でも、ひるんだりしませんわ!」
ソーディアンズ・ガード 「その剣、ヘシ折ってやりますわ!」
ダークブレイン 「頭でっかちの機械に、私達の未来を渡しはしませんわ!」
シュウ 「ここでシラカワ博士を止めなければ!」
     「シラカワ博士!私はここで退いたりはしません!」
ボス系 「不退転の決意で挑みますわ!」
     「ここが正真正銘の正念場でございます!」
     「国や、多くの人達を守るためにも、ここで負けるわけにはいきません!」
被ダメージ
ラミア 「ううっ…ここで手間取っていたら、助けられない…!」
バルトール 「ううっ…!バ、バルトールに捕まってしまったら…!」
デュミナス 「ぐううっ、間違ってしまったのは、私の方…!?」
マグナス 「こ、このままでは潰されてしまいます!」
アルカイド 「あ、あんな凄い拳に耐えるなんて…ありがとうですわ、フェアリオン…」
修羅将 「きゃああっ!あ、あの修羅神は!」
フラットフィッシュ 「ううっ!魚に食べられるのは御免でございます!」
イエッツト系 「ううっ、アインストより強い…!」
化け物系 「ぐううっ!やっぱりお化けは嫌です!」
      「こ、怖くなんてありません!お化け相手でも!」
ダークブレイン 「ダ、ダークブレインに負けるわけには…!」
シュウ 「くううっ…!シラカワ博士、私はまだ!」
回避
ラミア 「あなたを助けるまで、やられちゃったりはしません!」
ミロンガ 「ゲシュタルトより、こちらのスピードの方が上ですわ!」
デュミナス 「少なくとも、あなたの狙いは間違っていましたわ!」
マグナス 「あのような物にぶつかられたら、潰されてしまいますわ!」
メイシス 「このフェアリオンを凍らせることなんて出来ませんわ!」
アルティス 「閃光と言えど、私のフェアリオンには追いつけません!」
アルカイド 「修羅の王様、私はここですわよ!」
修羅系 「修羅の者!無礼は許しませんわよ!」
     「修羅さん、こちら!でございますわ!」
     「もう乱暴はお止めなさい!」
フラットフィッシュ 「そのまま魚河岸にでもお行きなさいませ!」
化け物系 「お化けなんかにやられませんわ!」
      「そのままお化け屋敷にでもお行きなさいませ!」
      「や、やっぱりちょっと気持ち悪い…!」
ソーディアンズ・ガード 「斬られちゃうのは嫌ですもの!」
シュウ 「シラカワ博士!私はここにおりますわ!」
ボス系 「す、凄い攻撃ですのね…!」
     「かわせましたけど…油断は禁物ですわ」
     「あんなのに当たるわけにはいきませんわ…!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-03-06 20:41 | スパロボOGS外伝 | Comments(0)