タグ:スーパーロボット大戦L ( 20 ) タグの人気記事
オリジナル系・1
南雲一鷹
援護攻撃
悠 「兄さん、俺の腕も見ていてくれ!」
  アリス「あれがハルノと悠さんのコンビネーション…」 「アリス、俺達も負けてられねえぜ!」
甲児 「甲児さんだけじゃねえ!俺もいるんだ!」
豹馬 「コン・バトラーの攻撃だけで終わると思ったら大間違いだ!」
健一 「ボルテスのパワーとラッシュバードのパワーを続けてくらえば!」
剣児 磁偉具 「ジーグを援護するぜっ!」
葵 「さすがダンクーガ…すげえ迫力だったぜ!」
ヒイロ 「ヒイロさんにあやかって、俺もいいトコをっと!」
カトル 道明寺 「早瀬軍団って事で、連携をね!」
シン 「シンさんに続くぜっ!」
キラ 「あれがキラ・ヤマトの戦い方か…!俺には真似できねえな…!」
アスラン 「手伝いますよ、アスランさん!」
ゴオ 「猿渡さんに肩を並べるのは、ちと申し訳ねえ気がするが…!」
ダイヤ 「カイキンクの炎不足は俺がカバーするぜ!」
    「ガイキングの炎だけじゃ物足りねえってか!そんな贅沢な奴にはよ!」
アルト 「ようやく追いついたぜ、アルトさん!」
バルキリー 「バルキリーについてくのも一苦労だぜ…!」
イクサー1 「離れてくれ、イクサー1!」
      「加納さん、俺も手伝うぜ!」
イクサー2 アトロス 剣 「横取りじゃねえからな!?後で怒るなよ!」
イクサー3 「ハチャメチャな戦い方だな、おい…」
      「霞さん、イクサー3!タッグマッチといこうぜ!」
浩一 「浩一、こっちは任せな!」
森次 静流 鉄也 ノイン 「評価は優しめでお願いしますよ!」
山下 「山下さん、こっちからも攻撃するっスよ!」
矢島 「矢島、前衛は俺がやるからよ!」
沢渡 ジャック ユリアンヌ 宗美 「加藤機関の援護ってのもやっぱ慣れねえな…」
シンジ 「碇、お前は別の奴を狙え!」
援護防御
悠 「まずい、兄さんに当たる!?」
  「兄さんをやらせるかよ!」
  アリス「ストレイバードが危険です!前に出ます!」
甲児 「甲児さんをやらせるかよ!」
豹馬 「これくらいなら俺の方で引き受けます、豹馬さん!」
健一 「ボルテスの前に俺を倒していきな!」
剣児 「剣児さんに手出しさせっか!」
葵 「ダンクーガは正義の味方の看板だ!やらせるかよ!」
ヒイロ 「ヒイロさんにゃ、いらねえ世話かもしれねえが!」
カトル 道明寺 「軍団員同士の助け合いだぜ!」
シン 「ガードは任せてくれ、シンさん!」
キラ 「アスランさんから聞いてた通りだ。考え事でもしてたんスか!?」
アスラン 「アスランさん、悩むのは後ッスよ!」
ゴオ 「あの攻撃は引き受けるぜ、猿渡さん!」
ダイヤ アリス「一鷹さん、カイキンクが狙われています!」
    「ガイキングのカバーに入る!」
アルト 「アルトさんの動きを読める相手かよ!」
イクサー1 「間に合う!イクサー1を助けるぜ!」
      「危ねえ!加納さん!」
イクサー3 「攻撃する前とした後は、右見て左見て、もっかい右見とけ!」
      「霞さん!今のうちにタッチだ!」
浩一 「すぐ修復されると思って手を抜くなよ、浩一!」
森次 静流 鉄也 ノイン 「まだ教えてもらいてえ事があるんだ!見過ごせるかよ!」
山下 「山下さん、借りは一つ返しましたよ!」
矢島 「気負うな、矢島!」
EVA 「A・T・フィールドでもあの攻撃じゃ…!なら!」
攻撃
悠 「どうしても戦うってのかよ、兄さん…!」
  アリス「どうしてしまったのですか、悠さん!?」 「問答無用なのかよ…!」
  アリス「ストレイバード、捕捉しました!」 「大人しく当たってもらえるわけがねえ…相手はあの悠兄さんなんだぜ!」
浩一 「浩一だろ!?何やってんだ!」
   「そいつから降り…なくていいから、とにかく話を聞け!」
   「落ち着け!俺は偽者なんかじゃねえ!」
   「くそっ!話を聞けっつってんだろーが!!」(反撃)
   アリス「一鷹さん、このままじゃ!」 「でも、相手は浩一なんだぜ!?全力は出せねえよ…!」(反撃)
浩一(第08話) アリス「ラインバレルの動き、メチャクチャです!」 「くっ…今の俺であいつを止められるのか…?」
       「浩一、怒りで我を忘れてるのか…?」 アリス「すさまじい気迫を感じます…!」
       「矢島が死んだのは浩一のせいじゃねえ!」
       「こいつは…とてもじゃないが手加減なんてできねえ!」(反撃)
       アリス「どうするんです、一鷹さん!」 「どうって…とにかくラインバレルの足を止めねえと…!」(反撃)
       「矢島の事は俺もショックだよ!でも、このままじゃお前は…!」
森次 「森次さん…!あんた、何バカな事やってんだ!」 アリス「一鷹さん、うかつに踏み込んでは…!」
   アリス「森次さん…何故です!?」 「勝てなくたって構わねえ…!俺はあいつをぶん殴る!」
   「俺達だって成長してる!いつまでも見下してんじゃねえ!!」(後半)
   アリス「あの頃の私達じゃありません!」 「真実を話してもらうぜ、森次玲二!」(後半)
道明寺 「道明寺…お前!」 アリス「一鷹さん、落ち着いてください…!」
    「早瀬軍団じゃなかったのかよ!」
    アリス「HFS-19迅雷…侮れません!」 「くそっ、道明寺の奴!」
    「早瀬軍団ってのは嘘だったのかよ!」(反撃)
    「道明寺…やってくれるじゃねえか!」 アリス「一鷹さん、反撃を!」(反撃)
    アリス「あの人…かなり戦い慣れています!」 「くそっ、道明寺!」(反撃)
矢島 ランカ 「とりあえず戦う…!状況が変わるまでは戦うしかねえ!」
       「俺達にできるのはこれしかねえか…!」
ハグレマキナ 「矢島をやったってのはマジなのかよ…!」
       「くそっ…矢島をよくも…!」
       「てめえが矢島を殺したのか!」(反撃)
       「よくも…矢島を…!」(反撃)
ゴオ アリス「杏奈さんの想いを届けるために…」 「いくぜ…猿渡さん!」
   「相手はあのゴーダンナー、でも、ビビってる場合じゃねえ!」 アリス「全力を尽くしましょう!」
   アリス「一鷹さん!強制合体プログラムが完成するまで、頑張ってください!」 「ああ…やってみるよ!」(反撃)
   「さすがに超強いぜ、猿渡さん…」 アリス「だからって、諦めるわけにはいきません!」(反撃)
ハニワ幻神 アリス「ハニワ幻神接近!」 「パワーなら負けやしねえ!」
      「相手はハニワ幻神だ!」 アリス「旧式のはずなのにあのパワー…まったく油断できません!」
      「ラッシュバード、ハニワ幻神を蹴散らすぜ!」
      「ハニワ幻神め、邪魔しやがって!」 アリス「急いでお掃除しましょう!」(反撃)
      「ジーグだって仲間にいるんだ。ハニワ幻神なんて怖くねえ!」(反撃)
      アリス「ハニワ幻神、射程圏内!」 「当然逃がさねえぜ。反撃開始だ!」(反撃)
擬態獣 「擬態獣には、必殺技の贈り物をさせてもらうぜ!」
    「俺はLOTUSとして擬態獣と戦う!苦しめられたみんなのためにもな!」
    「擬態獣相手に遠慮はいらねえ!」 アリス「はい!全力で行きましょう!」 
ダリウス軍 アリス「一鷹さん!この位置なら先手が取れます!」 「よっしゃ!ダリウス野郎に一発かましてやる!」
      アリス「相手はダリウス軍ですね!」 「こいつは負けられねえな!」
      「来やがったな、ダリウス軍!」 アリス「出力安定!やっちゃってください!」
      「しつこいぜ、ダリウス軍!」 アリス「機体は問題ありません!反撃してください!」(反撃)
      「くそ!後手に回ったか! アリス「ダリウス軍、嫌いです!」(反撃)
      アリス「相手は追撃の構えを見せています!」 「ダリウスなんかに、好き放題やらせるか!」(反撃)
ザフト兵(第06話)  「地球には俺や博士が暮らしてた街があるんだ!潰されてたまったよ!」
         アリス「地球に暮らす人々を、殺してしまうつもりなのですか!?」
         「こんなバカでかいもんを落とされたら、地球は…!」
         アリス「邪魔しないでください!」 「あいつを倒さないと、メテオブレイカーが危ねえ!」(反撃)
         「あいつら、マジで地球を滅ぼす気なのかよ!」(反撃)
         「くっそぉ、テロリストなんかに…!」 アリス「落ち着いてください、一鷹さん!」(反撃)
SEED系一般兵 「人間同士で戰爭してる場合じゃないってのに!」
         アリス「同じ人間なのに、何故そこまで拒絶するのですか!?」 「無駄だ、アリス!あいつらが聞く耳を持ってりゃ苦労しねえ!!」
         アリス「敵機、来ます!わからず屋です!」 「ラッシュバード、負けるなよ!」
         「人間同士で戰爭してる場合かよ!」(反撃)
         「相手が誰だろうが!」 アリス「撃ってくるのならしょうがありません!」(反撃)
         「ダメだ、奴の方がスピードが上だ!」 アリス「ファイトです、一鷹さん!根性で追いついてください!!」(反撃)
SEED系一般兵(後半) 「すまねえ、博士…ラッシュバードを戦争に使っちまって…」 アリス「一鷹さん…今は戦うしかないみたいです…」
戦艦 アリス「敵艦、来ます!」 「アリス、ラプラスウォールをスタンバイしとけ!」
   アリス「敵艦、レンジ内です!」 「艦砲射撃が来る前に、先制攻撃だ!」
   「でかいのが相手だろうと…やってみせる!」(反撃)
   アリス「敵艦の砲撃が途絶えました!」 「よし、チャンスだ!」
   アリス「一鷹さん、反撃しますか…?」 「ああ…やりたかねえけど、あいつらを止めねえと!」(反撃)
イクサー系 ジャック 「アリス、お前なら目で追えるだろ!?」 アリス「無茶を言わないで下さい!」
           アリス「ほ、本当に仕掛けてもいいんでしょうか!?」 「気持ちはわかるが、やるしかねえだろうよ!」
           「小さいし、速いし…当てられる気がしねえ!」
           「小さいし、速いし…当てられる気がしねえ!」 アリス「でも、やられっぱなしでは!」(反撃)
           「本当にやり返してもいいんでしょうか!?」 「気持ちはわかるが、やるしかねえだろうよ!」(反撃)
使徒 「近づきゃ危ねえ。だけど遠くから狙うにもこっちにゃ…!」 アリス「迷ってる間に使徒が目の前ですよぉ!」
   「上から狙えば、あのバリアを抜けるか…!?」
   「シンジの手助けをしねえとな!」
   「くそっ、使徒に狙われるなんて最悪だぜ…!」(反撃)
   アリス「か、かろうじて反撃可能!」 「苦し紛れでバリアが破れりゃいいが!」(反撃)
   「ラッシュバードの武器であのバリアを破れるのか…!?」 アリス「当たって砕けるしかありません!」(反撃)
兵士 「てめえら、いったい何なんだ!?」 アリス「黙ってないで、何とか言って下さい!」
   「博士の居場所を喋ってもらうぜ!」
   アリス「一鷹さん、相手の能力は未知数です!」 「だからって、ためらってなんかいられねえ!こっちから仕掛ける!」
   アリス「敵機の能力が一部判明しました!」 「よし、ここから反撃だ!」(反撃)
   「てめえら、博士を返せ!!」(反撃)
兵士(後半) 「行くぜ、GreAT!俺の『可能性』をとくと見やがれ!」
       アリス「もうあなたのところの製品は使いません!」 「事情を知らねえ人達にゃ酷だが、トップがお前らじゃ信用できないんだよ!GreAT!」
       「分析される前に叩く!」
       「正体がわかりゃ、容赦はしねえ!」
リーブス 「こいつらは大した事ねえ!やるぞ、アリス!」 アリス「はい、一鷹さん!」
     アリス「一鷹さん、あの時の不明機です!」 「ああ、わかってる。今日こそ手がかりをつかんでやる!」
     「さすがに速い…けど、逃がさねえ!」(反撃)
     アリス「あの戦闘機にも隙があります!」 「攻撃タイミングの指示をくれ!」(反撃)
インペリアルヴァレイ アリス「一鷹さん、あの機体、多分かなり硬いです!」 「なら、こっちの全力をぶつけてやる!!」
           「あいつ…強い!」 アリス「恐らくあれが指揮官機です!」
           アリス「機体性能をサーチ!ジェネレーターはすごいですけど、特殊な防御手段はなさそうです!」 「よし!仕掛けるぞ、アリス!」
      「見た目以上の強さだ…!」 アリス「弱気にならないでください!諦めなければ道は拓ける…らしいです!」(反撃)
      アリス「一鷹さん、反撃を!」 「ああ。相手が強いからってびびってるわけにはいかねえよな!!」(反撃)
HL-1 「姿形は真似できても、俺達の絆までは真似できねえはずだ!」
     「お前みたいな人形に負けやしねえ!」
     「どこまで学んだか知らねえが、肝心なトコが学べてないぜ!」 アリス「私やハルノは学習したんです…人間の素晴らしさを!」
     「お前みたいな人形にやられる俺達じゃねえんだよ!」
グロリア アリス「博士の頭脳をよくも悪用してくれましたね!」 「てめえは許さねえ!LOTUSとして…そして、ひとりの人間としてなぁっ!!」
     「大統領だか何だか知らねえが、てめえの上から目線にはうんざりだ!」 アリス「絶対にあなたを止めてみせます!」
     アリス「一鷹さん、パワー全開でやっちゃいましょう!」 「ああ、あんな野郎にやられるわけにいはいかねえ!」
     「大統領だか何だか知らねえが、てめえは間違いなく大悪党だ!」 アリス「反撃しましょう、一鷹さん!あの人には私も遠慮しません!」(反撃)
     アリス「一鷹さん、パワー全開でやり返しましょう!」 「ああ!あんなヤローにやられっ放しじゃ、ラッシュバードの名が泣くぜ!」(反撃)
ボス系 「てめえを倒しゃ、一区切りだろ!」
    アリス「ついに来ましたね…!」 「踏ん張れよ、ラッシュバード!ここ一番の大勝負だぜっ!!」
    「相手が誰だろうと、退くわけにはいかねえ!」 アリス「LOTUSとして、私達は戦います!」
    「さすがに強いが、退くわけにはいかねえ!」 アリス「LOTUSとして、私達は戦います!」(反撃)
    「ここまで来たんだ。ハッピーエンドを迎えさせてもらうぜっ!」(反撃)
被ダメージ
悠 「かすり傷で済んだか…!だが、ありゃあ本気だった…!」
  「あんなパワーは出せねえはずだ…!」 アリス「悠さんとハルノの腕の成せる業なんですね…!」
  アリス「悠さん!ハルノ!もうやめて下さい!ラッシュバードは…!」 「ストップだ、アリス!!博士を探したいのは俺達も一緒なんだからよ…!」
回避
悠 「う、運良く避けられた…何て腕だよ、兄さん…」

悠凪・グライフ
援護攻撃
一鷹 「油断するな、一鷹!」
   「…もう少し腕を上げろ」
   ハルノ「アリス、もう少しやりようがあるだろう」
援護防御
一鷹 「くっ…!あの馬鹿、気づいていないのか…!」
   「装甲をあてにし過ぎだ。自重しろ、一鷹!」
   ハルノ「アリスの反応速度では追いつけないか…!」
攻撃
一鷹 ハルノ「ラッシュバードから降りろ、一鷹!」 「そいつは俺のものだ…!」
ハルノ「アリス、これも博士を救うためだ」 「余計な話はするな。俺達は戦うだけだ」
兵士 ハルノ「前方、GreAT!」 「1機たりとも逃がさん…!」
   「GreATか…!」 ハルノ「ここは退けません!」
   ハルノ「GreATに仕掛けます!」 「ああ、すべて落とす…!」
   「そちらから来てくれるとは、好都合だ」 ハルノ「GreAT…落ちてもらいます!」(反撃)
   ハルノ「GreATに先手を取られましたね」 「だが、ここまでだ…!」(反撃)
   ハルノ「GreAT機、離脱するつもりです!」 「逃がさん…絶対に!」(反撃)
インペリアルヴァレイ 「借りは返す…!」 ハルノ「そして、博士は返してもらう…!」
HL-1 ハルノ「私と同じ性能を持つ戦闘用AI…」 「動揺するな。俺達の方が腕も経験も上…40秒で仕留めるぞ」
     「ハルノ…!」 ハルノ「問題ありません。私だって多くの事を学びましたから…!」
     ハルノ「私の同型AI…」 「奴は所詮人形だ!お前とは違う!」
     ハルノ「HL-1…かなり際どい調整をされているようです」 「俺達ならば問題ない。反撃を開始する」(反撃)
     「確かに高性能だ…だが!」 ハルノ「同じ戦闘用AIとして、負けるわけにはいきません!」(反撃)
     「ハルノ、お前には俺がいる!」 ハルノ「ありがとうございます、悠さん。それがHL-1にはない私達の強さ!」(反撃)
グロリア 「じいさんの頭脳を利用した貴様を、俺は許さない!」
     ハルノ「あなたはここまでです!ルド・グロリア!」
     「俺達を弄んだ報いを受けろ!」 ハルノ「これで終わりだ、ルド・グロリア!」
     「どれほど強大な力を持ってしても、俺達を止めることはできん!」 ハルノ「いくぞ、ルド・グロリア!」(反撃)
     「ヤツが目の前にいるんだ!怯んでなどいられん!」 ハルノ「悠さん、反撃しましょう!」(反撃)
     ハルノ「ルド・グロリア…調子に乗っていられるのもそこまでだ」 「見せてやる、俺達の可能性を!」(反撃)
被ダメージ
一鷹 「ラッシュバードの力はそんなものではないはずだ…!やはり貴様には相応しくない…!」
   ハルノ「有効な武器も提言できないか。お手伝いが聞いて呆れる…!」
   ハルノ「くっ…!だが、ここまでは想定内。LOTUSの中では足手まといの部類に過ぎない」
   「ちっ…!だがラッシュバードは俺が…!」 ハルノ「悠さん、焦りは禁物です!」
   「なるほど、無力ではないようだ。だが、その程度では命を落とす事になる」
   ハルノ「くぅっ!ここまで生き残ってきたのは、まぐれではないようだな…だが!」
   ハルノ「レッドゾーン突入!」 「やはりラッシュバードの力は凄まじい…!あの力ならば…!」
   「ぐううっ!ここで退き下がっては、じいさんは…!」
回避
一鷹 「やはり、その程度か…一鷹!」
   ハルノ「狙いが甘い。読みが浅すぎる!」 「やはり一鷹にラッシュバードは任せられん!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:46 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
オリジナル系・2
HL-1
攻撃
一鷹 「ラッシュバードか…。お前達の『可能性』、見せてもらう!」
   「一鷹!お前達の力、計らせてもらう!」
   「そろそろデータも取り終わる。ラッシュバード、葬り去ってやろう!」(反撃)
   「ちょうどいい。こちらも今のお前達の力を調べたいと思っていたところだ!」(反撃)
悠 「悠凪、HL-0…お前達の役目は既に既に終了している。二人まとめて退場してもらおう」
  「悠凪…ハルノと同型であるこの私が相手をしてやろう!」
  「まだ、このインペリアルヴァレイに挑むつもりか?なぜ理解しない、お前達では勝てないと!」(反撃)
  「あの時理解したはずだ!このインペリアルヴァレイに、ストレイバードでは勝てないと!」(反撃)
甲児 「マジンカイザー…データとの誤差を修正するためにも、その力、確認させてもらう!」
   「マジンカイザー…なぜデータを超えた力を出せる…?」
豹馬 健一 「超電磁エネルギーがどれほどのものか、見せてもらおうか!」
      「このインペリアルヴァレイに、超電磁など通用するものか!」
剣児 「パーツを換装されては厄介だ。コックピットを潰す!」
   「銅鐸の力を取り戻したところで、こちらの勝利が揺らぐ事はない!」
ダイヤ 「ガイキングか…データは既に揃っている」
    「熱き炎を秘めた少年よ、私は子供が相手でも遠慮はしない!」
ゴオ 「最新技術の結晶であるこの機体に、ゴーダンナーの力など通用しない!」
   「擬態獣にてこずるような貴様では、私に勝てん!」
アルト 「そんな紙のような装甲でインペリアルヴァレイの攻撃に耐えられるか?」
    「VF-25メサイア…『可能性』を秘めているとは思えんな」
ヒイロ 「確かにお前はSクラスの兵士のようだ、ヒイロ・ユイ」 「だが戦闘特化型アンドロイドを超えられるかな」
    「ゼロシステムで私の軌道を予測できるかな?」
シン 「この機体は、以前お前が戦った試作機とは違う。それを教えてやろう!」
   「お前は時折、予測を超えた力を発揮するようだが、私に通用するかな?」
キラ 「ZGMF-X20Aストライクフリーダム…」 「確かに優秀な機体のようだが、それでもインペリアルヴァレイは倒せん!」
   「スーパーコーディネーター、キラ・ヤマト…」 「戦闘特化型アンドロイドである私の動きについてこれるか!?」
葵 「野獣の力を解放しようと、このインペリアルヴァレイには勝てん!」
  「ダンクーガが蓄えた地球の生物情報、我々が有効活用する!」
イクサー系 「異星人の人造人間か…その力、見せてもらおう!」
      「人造人間対アンドロイドか。面白い!」
浩一 「ラインバレルの未知の能力…解明する必要がある!」
   「城崎天児の遺産…その力、見せてもらおう!」
シンジ 「お前を倒して、暴走状態のデータを取らせてもらう!」
    「エヴァンゲリオン初号機…!あの機体のデータは不可解な点が多い」

HL
援護攻撃
HL-1 「了解、上位者を支援する」
援護防御
HL-1 「了解、上位者を防衛する」
攻撃
一鷹 「ラッシュバード捕捉。これより撃墜する」
悠 「ターゲットをストレイバードに固定。これより対象の排除を開始する」

ルド・グロリア
攻撃
一鷹 「一鷹君、君の成長は特に素晴らしかったよ」 「だが、あまりにも予想の上を行き過ぎた」
   「グライフ博士、見ているかね?博士の最高傑作同士の戦いだ!」
   「この私が悪…?」 「違うね。この戦いの敗者が悪となる」(反撃)
   「次元の力を扱う機体は、このガルトデウスだけで十分だよ」(反撃)
悠 「グライフ博士、見ているかね?」 「これからあなたの大切なご家族を葬って差し上げよう!」
  「ガルトデウスの実質的な開発者は君のおじいさんだ」 「それに殺されるのなら本望だろう!」
  「インペリアルヴァレイを倒したその力は『可能性』になり得る」 「だが私には勝てんよ」
甲児 「魔神皇帝、この私と対峙するにふさわしい」 「では、世界の命運をかけた勝負といこう!」
鉄也 「君の不屈の意思は好意に値するが、その剣を私に向けるのならば!」
豹馬 「5人の脳波が一致せねば、合体もできない不完全なシステム…」 「そんなものでこの私が倒せると思うかね?」
健一 「ボルテスV…貴様らがボアザンから帰ってきていれば、我々の世界も違っていたかもしれんがな!」
剣児 「もはや君のような馬鹿には、何を言ってもわかるまい!」
ダイヤ 「ダリウスを救い、地上を救い、次はこの世界を救うか」 「君にそれができるかね?」
ゴオ 「愛や絆の力など、戦いにおいては意味を成さない事を私が証明しよう!」
葵 「獣を超え、人を超え、そして神をも超える存在か…」 「しかし、私を超える事は不可能!」
アルト 「バジュラとの和解には感謝しているよ」 「君達のおかげで、残るは無能な民衆の駆除だけだよ!」
ヒイロ 「ヒイロ・ユイ…こちらの世界での伝説の指導者の名か」 「だが、これからは私が伝説の指導者になる!」
シン 「せっかく私が君達の望む争いなき世界を与えようというのに!」
キラ 「私によって統治される世界…それが私の望むこの世界の姿なのだよ!」
イクサー1 「宇宙の流れ者風情が私の地球制圧の邪魔をするつもりとは…」 「分をわきまえたまえ!」
イクサー3 「何もわからぬイクサーの小娘に用はない。そこをどきたまえ!」
浩一 「正義の味方のご登場か…」 「ならばこの世界に見せつけるだけだよ。正義を語る事の無意味さをな!」
シンジ 「EVAのA.T.フィールド…ガルトデウス相手にどこまで通用するかね?」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:45 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
超電磁系
葵豹馬
援護攻撃
健一 「もう一体、超電磁ロボがいる事を忘れてもらっちゃ困るぜ!」
   「ボルテスに負けてられないぜ!」
ゴウ 「ゴーダンナーに負けてられないぜ!」
   「猿渡さん!手を貸すぜ!」
杏奈 ちずる「杏奈ちゃん、後は私達が!」
   「杏奈ちゃんをフォローするぞ!」
静流 ちずる「豹馬!静流さんの攻撃で隙ができたわ!」
   小介「静流さん、後はコン・バトラーが!」
光司 「光司さん、交代だ!」
ミラ 十三「ミラさんを援護するで!」
   「ミラさん!あとは任せてくれ!」
ルウ ちずる「ルウちゃん!手伝うわ!」
援護防御
健一 「健一、助けに来たぜ!」
   「ボルテスVはやらせねえよ!」
ゴウ 「猿渡さん!背中ががら空きだぜ!」
   「危ねえ、ゴーダンナー!」
杏奈 十三「豹馬、杏奈ちゃんの前に出るんや!」
   「杏奈ちゃん、前に出過ぎだ!」
静流 「静流さん!ここはコン・バトラーに任せてくれ!」
   大作「豹馬!静流さんが危なか!」
光司 ちずる「光司さん、下がってください!」
ミラ 「ミラさんはやらせねえ!」
   小介「ミラさん!コン・バトラーが盾になります!」
ルウ 小介「ルウさん!危険です!」
攻撃
擬態獣 「また出やがったな、擬態獣!」
十三「潰しても潰しても沸いてくる、ゴキブリみたいな奴らやな!」 「まったくだぜ!」
    小介「豹馬さん!戦い慣れた相手でも、油断は禁物です!」 「わかってるって!」
    ちずる「擬態獣ね!」 「俺達の敵じゃねえよ!」
    大作「怖か相手じゃなかばい!」 「ああ。擬態獣なんざに負けてたまるかよ!」 
    「やりやがったな、擬態獣!逃がさねえぞ!!」(反撃)
    「反撃するぜ、十三!」 十三「いつでもいけるで、豹馬!奴らを根絶やしにしたれ!」(反撃)
    「やってくれたな、擬態獣!」 大作「豹馬、落ち着きんしゃい!」(反撃)
    ちずる「隙ができたわ!今よ、豹馬!」 「よし!こいつを食らえ、擬態獣!」(反撃)
    小介「豹馬さん!あの擬態獣を追撃すべきです!」 「逃がすつもりはねえよ!」(反撃)
ゴオ ちずる「杏奈ちゃんの思いを届けなきゃ!」 「ああ、やってみせるぜ!」
   「正気にもどってくれ!猿渡さん!」
   十三「豹馬、どうするんや!相手はあの猿渡さんなんやで!?」 「無茶は承知だ!全力でぶつかるしかねえ!!」(反撃)
   「反撃するぜ、小介!」 小介「ゴーダンナーが相手でも、怯んではいられません!」(反撃)
 
剛健一
援護攻撃
豹馬 「豹馬、後は任せろ!」
   「コン・バトラーVに負けてられるか!」
アルト 「スカル4の前に出る!」
    「スカル4を援護する!」
    「アルト、油断するな!」
オズマ 「ボルテスをスカル1の盾に!」
    「スカル1を援護する!
    「オズマ隊長、危険です!」
ミシェル 「スカル2の前に出る!」
     「スカル2を援護する!」
     一平「何やってんだ、ミハエル!」
ルカ 「スカル3、さがれ!」
   「スカル3、あとはこちらがやる!」
クラン 「クラン大尉、ここはボルテスが!」
    日吉「クラン大尉、あとはボルテスが!」
    めぐみ「クラン大尉!お手伝いします!」
カナリア めぐみ「カナリア中尉、ボルテスの後ろへ!」
     めぐみ「カナリア中尉、ここはボルテスが!」
     一平「健一、ケーニッヒモンスターを守れ!」
ジェフリー 大次郎「マクロスば落とされるわけにはいきもはん!」
      「艦長!あとは俺達に任せてください!」
      「マクロス・クォーターに続く!」
援護防御
豹馬 「下がるんだ、コン・バトラーV!」
   「コン・バトラーVはやらせん!」
攻撃
バジュラ 日吉「お兄ちゃん!バジュラが来たよ!」 「任せろ、日吉!あんな奴らにボルテスは負けない!」
     大次郎「まっこち虫のごたる!」 「この一撃で倒してやる!」
     めぐみ「健一、バジュラよ!油断しないで!」 「問題ない!!」
     一平「あんな羽虫、叩き落せ!」 「よぉし、行くぞ!」
     「あれがバジュラ…人類の敵か!」
     「俺達もS・M・Sの仲間だ!奴らにだけは負けられん!!」(反撃)
     めぐみ「健一、反撃よ!」 「よし!バジュラにボルテスの力を思い知らせてやる!」(反撃)
     「先手を取られはしたが…!」 大次郎「全力で反撃じゃ!」(反撃)
     「おのれ、バジュラめ!」 一平「健一!思いっきりやり返せ!」(反撃)
     「くそっ、バジュラめ!」 日吉「お兄ちゃん!この位置なら反撃できるよ!!」(反撃)
バジュラ戦艦 「あれがバジュラの戦艦か!」
       日吉「バジュラの戦艦だ…!」 「怯むな、日吉!ボルテスⅤなら勝てる!」
       一平「でかいな…」 「だが、退くわけにはいかない!」
       「あれだけ大きければ、外しはしない!」 大次郎「兄さん、油断は禁物じゃっど!」
       めぐみ「バジュラの母艦よ、健一!」 「ボルテスⅤの力を見せてやる!」
       「俺達もS・M・Sの仲間だ!奴らにだけは負けられん!!」(反撃)
       一平「砲撃がやんだぞ!」 「今がチャンスだ!」(反撃)
       大次郎「隙ありじゃ、兄さん!」 「ああ、ここでバジュラ戦艦を沈める!」(反撃)
       「奴の火力はあなどれない!」 日吉「でも、負けられないよ!」(反撃)
       「バジュラ母艦に反撃するぞ!」 めぐみ「いいわ、健一!」(反撃)
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:43 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
マクロスF・1
早乙女アルト
援護攻撃
健一 「健一!あとは俺がやる!」
   「ボルテスに続くぜぇぇぇーっ!」
オズマ 「離されてたまるかよ!」
    「見てろ!今にあんたを超えてやる!」
ミシェル 「見とけよ、ミハエル!俺だってやれるってことを!」
     「ミハエル、フォローが必要か?」
     「連携で行くぞ、ミシェル!」(後半)
     「一発必中じゃなかったのか!?」(後半)
ルカ 「遅れるなよ、ルカ!」
   「ルカ、あとは任せろ!」
クラン 「どいてくれ、クラン大尉!」
    「クラン大尉、援護する!」
カナリア 「ケーニッヒに続くぜ!」
     「カナリア中尉、ここは自分が!」
ジェフリー 「マクロス・クォーターに続くぜぇぇーっ!」
      「艦長!あとは俺にやらせてくれ!」
ブレラ 「言っとくが俺の邪魔はするなよ!」
    「ブレラ!アイツは俺がやる!」
援護防御
健一 「何やってんだ、健一!的にされてるぞ!」
   「ボルテス、危ねえ!」
オズマ 「アンタらしくないんじゃねぇか!?」
    「どうしたってんだよ、隊長!」
ミシェル 「お前はコソコソ隠れて撃ってろよ!」
     「ミハエル、何やってやがる!」
     「ミシェル!くそっ!」(後半)
     「ミシェル、早く狙撃ポイントに!」(後半)
ルカ 「ルカ、今助けてやる!」
   「ルカ、無茶しやがって!」
クラン 「クラン大尉、奴は俺が引き受ける!」
    「クラン大尉、ここは俺が盾に!」
カナリア 「カナリア中尉、今の内に後退を!」
     「ケーニッヒが狙いかよ!」
ジェフリー 「そいつを沈められてたまるかよ!」
      「何やってんだ、クォーターは…!」
ブレラ 「ブレラ、こいつは貸しにしておくぜ!」
    「らしくないぜ、ブレラ!」
攻撃
ランカ 「目を覚ませ、ランカァァァーッ!!」
    「お前の歌が、俺達を滅ぼそうとするなら!」
    「くそっ…俺はっ!」
    「こいつはランカじゃないっ!」(後半)
    「ランカのフリなんかしやがって…正体を現せ!」(後半)
    「お前の夢を…お前の歌を奴らに利用されていいのかよ!?」(反撃)
    「ランカァ!それがお前の歌いたかった歌なのかよ!?」(反撃)
    「くっ…やるしかないのかよ!」(反撃)
    「偽者とわかれば、手加減などしない!」(反撃)(後半)
    「化けの皮を剥がしてやる!」(反撃)(後半)
ブレラ 「ブレラ、貴様!」
    「ブレラの野郎かっ!」
    「ブレラ、テメエェェェーっ!」(反撃)
    「ブレラの野郎…!」(反撃)
バトル・ギャラクシー 「待ってろランカ、すぐに助ける!」
           「ランカは返してもらうぜ!」
           「よくも騙してくれたな、ギャラクシー!」(後半)
           「ランカさえ救出できればこっちのもんだ!」(後半)
           「ランカを人質にしていようが、上手いことやってやるさ!」(反撃)
           「ランカ、必ず助けてやる!だから今は我慢してくれ…!」(反撃)
           「ランカを取り戻した今、お前なんか!」(反撃) (後半)
           「ギャラクシー、ふざけた真似を!」(反撃) (後半)
ゴースト 「決められたプログラム通りなら!」
     「機械なんかに殺されてたまるかよ!」
グレイス 「ブレラのバルキリーと同型機!?」
     「ギャラクシーの生き残りか!?」
グレイス(最終) 「俺がすべてを終わらせる!」
        「お前らの野望の生贄になる気はない!」
        「誰がお前らの言いなりになるかよ!」(反撃)
        「よくもシェリルを、ランカを…!」(反撃)
バジュラ 「俺達はこの戦いを生き抜いてみせる!」
     「くたばれ、バジュラ共!」
     「バジュラがいる限り空は戦場になる!」
     「この化け物め!」
     「生き残るのがお前達か俺達かなら、俺は!」
     「俺達が生き残るには、こいつらを殺すしかないんだ!」
     「逃がすかよぉっ!バジュラァァァーッ!!」(反撃)
     「人間の底力…見せてやるぜ、バジュラ共!」(反撃)
     「生き残るのは俺達だ!」(反撃)
     「戻って仲間を呼ばれる前に何とかしないと!」(反撃)
バジュラ戦艦 「バジュラの母艦…!」
       「ハリネズミだろうが何だろうが!」

オズマ・リー
援護攻撃
健一 「そいつは俺の獲物だぜ?ボルテスの諸君!」
   「ボルテスV!これより援護する!」
アルト(初期) 「素人にしてはいい腕だが…!」
       「おい素人!それを落としたら承知せんぞ!」
アルト 「撃ったらすぐに次の索敵だって言ってるだろうが!」
    「でかしたぞ、アルト!」
ミシェル 「よくやったミシェル!」
     「ミシェル、牽制ご苦労!」
ルカ 「ルカ、代われ!」
   「スカル3、追撃はこちらで行う!」
クラン 「詰めが甘いぞ、クラン!」
    「協力感謝だ、クラン・クラン!」
カナリア 「ラビット1、花道感謝する!」
     「一気に片付けるぞ、カナリア!」
ジェフリー 「聞こえるか、マクロス・クォーター!これよりこちらからも援護する!」
      「俺の獲物も取ろうってのか?」
ブレラ 「ランカの兄同士、仲良くやろうぜ!」
    「こちらスカル1だ!これよりお前を援護する!」
援護防御
健一 「ボルテスV!突出しすぎだ!」
   「ボルテスをやらせる訳にはいかん!!」
アルト(初期) 「そこの素人!すぐに逃げろ!」
       「危なっかしくて見てられん!!」
アルト 「遅いぞアルト!」
    「アルト、できるだけ下がっていろ!」
ミシェル 「スカル2、後退遅いぞ!」
     「俺の部下に手は出させん!」
ルカ 「スカル3、何をやってる!」
   「ルカ、出過ぎだ!」
クラン 「ゼントランも万能じゃないだろ!」
    「クラン、ここは下がれ!」
カナリア 「お前には色々世話になってるしな!」
     「ケーニッヒでは間に合わん!」
ジェフリー 「大事な女達を守れんようではな!」
      「俺達の旗艦はやらせん!」
ブレラ 「ブレラ、突出し過ぎだ!」
    「貴様、ランカを泣かすつもりか!」
攻撃
ランカ 「ランカ!目を覚ませ!」
    「ランカ!本当にこれがお前の望みなのか!?」
    「ランカ、お前は必ず俺が救ってやる!」(後半)
    「もう惑わされん!待っていろ、ランカ!」(後半)
    「お前が銀河を滅ぼすというのなら…俺は!」(反撃)
    「ランカ!それがお前の出した答えなのか!?」(反撃)
    「いい加減、正体を現せ!偽ランカ!」(反撃)(後半)
    「待ってろ、ランカ!必ず俺が助けてやる!」(反撃)(後半)
ブレラ 「貴様らの企みは俺達が潰してやる!」
    「ランカの夢を…アイツの歌を道具になどさせん!」
グレイス(最終) 「超時空ネットワークなんざ、余計なお世話だ!」
        「人の妹をテメェの野望の道具にしやがって!」
        「俺達が簡単に引き下がると思うなよ、グレイス・オコナー!」(反撃)
        「ここまで織り込み済みとはな…!だが、これで終わりにしてやる!」(反撃)
バトル・ギャラクシー 「安心しろ、ランカ!俺達がすぐに助けてやる!」
           「ランカァァァーッ!!」
           「化けの皮が剥がれたな、ギャラクシーよ!」(後半)
           「こいつで終わりだ、ギャラクシー!」(後半)
           「待ってろ、ランカ!すぐに俺達がお前を助けてみせる!」(反撃)
           「ランカを人質にしたところで、降伏などしない!」(反撃)
           「お返しだ!ギャラクシー!」(反撃) (後半)
           「ギャラクシー…貴様はここで静める!」(反撃) (後半)
ゴースト 「ふんっ、機械ごときが俺の相手とはな!」
     「機械なんぞに俺の攻撃は読めまい!」
バジュラ 「現れたな、バジュラ!」
     「バジュラはこの俺が必ず!」
     「生き残ってみせる、必ず!」
     「バジュラなんぞに遅れはとらん!」
     「くたばれぇっ!バジュラ共!」
     「この化け物がぁぁぁーっ!」
     「バジュラめ、返り討ちだ!」(反撃)
     「お出ましか、バジュラ共!」(反撃)
     「俺達人間はバジュラなどに負けん!」(反撃)
     「フロンティアに手を出したことを後悔させてやる!」(反撃)
バジュラ戦艦 「くたばれよ、デカブツがぁぁぁーっ!」
       「そのままバジュラ共の棺おけにしてやるぜ!」

ミハエル・ブラン
援護攻撃
健一 「援護するぜ!ボルテス!」
   「獲物はこちらで頂くぜ、一平!」
アルト(初期) 「ったく詰めの甘い奴め!」
アルト 「アルト、反論は受け付けないぜ!」
    「お見逸れしましたよ、アルト先生!」
オズマ 「獲物は頂ますよ、隊長!」
    「たまには部下を頼ってもいいんじゃないですか?」
ルカ 「熱くなるなよ、ルカ」
   「俺達はチーム、だろ?」
クラン 「付き合いが長いってとこ見せてやろうぜ!」
    「交代だ、クラン!」
カナリア 「ケーニッヒだけじゃないんだな、これが!」
     「いつもながら派手ですねぇ、カナリア中尉!」
ジェフリー 「艦長、援護します!」
      「後ろからの援護は得意なんでね!」
ブレラ 「バックアップは任せてもらうぜ!」
    「ブレラのおかげでこっちからも狙えるぜ!」
援護防御
健一 「俺が守ってあげちゃうぜ、めぐみちゃん!」
   「後退しろ、ボルテスⅤ!」
アルト(初期) 「素人君は早く逃げな!」
アルト 「この馬鹿野郎!とっとと下がれ!」
    「世話かけさせんなよ、姫!」
オズマ 「隊長をやらせるわけにはいかない!」
    「隊長、今の内に!」
ルカ 「ルカ、一人で抱え込むなよ!」
   「ルカ、もっとチームを頼れ!」
クラン 「悪い、待たせたか?」
    「クランはやらせんっ!」
カナリア 「中尉は一時後退を!」
     「中尉、奴は俺が引き受けます!」
ジェフリー 「戻る艦を沈められちゃ困るんだよ!」
      「おっと、こいつはやらせないぜ!」
ブレラ 「まっ、ランカちゃんが悲しむしね!」
    「感謝しろよ、ブレラ少佐」
攻撃
ランカ 「ランカちゃん、君の歌をそんな事に使わせていいのか!?」
    「くそっ、どうすりゃいいんだ!目を覚ませ、ランカちゃん!!」
    「ランカちゃんの歌を利用するなんて、許さないぜ!」(後半)
    「今度は俺達がランカちゃんを助ける番だ!」(後半)
    「ホントだったら素敵なキスで目を覚ますのがお約束なんだけど…!」(反撃)
    「やるしかないってのか!?」(反撃)
ブレラ 「お前がランカちゃんを連れ出さなけりゃ、こんな事には!」
    「ランカちゃんを道具にしやがって!」
バトル・ギャラクシー 「囚われの歌姫を助けるのが、俺達ナイトの仕事ってわけだ!」
           「ランカちゃん、もうちょっと辛抱してくれよ!」
           「バトル・ギャラクシー、終わりにしてやるぜ!」(後半)
           「よくもランカちゃんに化けてくれやがったな!」(後半)
           「上手いことやらないと、ランカちゃんが!」(反撃)
           「早いとこランカちゃんを助けないと!」(反撃)
ゴースト 「悪いが俺には、お前らの動きが見えてるんだよ!」
     「すばしっこい奴だ…でも狙えなくはない!」
グレイス(最終) 「ランカちゃんを道具にしてくれた礼は、高くつくぜ!」
        「元凶はしっかりいぶっ潰さないとなぁ!」
        「ここまで狡猾な女だとは思わなかったぜ!」(反撃)
        「グレイス女史、黒幕には退場してもらう!」(反撃)
バジュラ 「バジュラめ、くたばりやがれ!」
     「こいつならバジュラ相手でも!」
     「この虫ケラめぇ!」
     「お前らにフロンティアをやらせるかよ!」
     「しゃあない、このバジュラは俺が片付けるか!」(反撃)
     「バジュラなんぞにモテても嬉しくないんだよね、俺は!」(反撃)
     「バジュラ、S・M・Sをナメたら高くつくぜ?」(反撃)
     「人間様ナメんなってんだ!」(反撃)
バジュラ戦艦 「ハリネズミみたいな艦だろうが、やるしかねぇ!」
       「こいつがバジュラの母艦ってんなら!」

ルカ・アンジェローニ
援護攻撃
健一 「健一さん!あとは僕が!!」
   「ボルテスⅤに続きます!」
アルト 「アルト先輩、一緒に戦いましょう!」
    「アルト先輩、あとは僕が!」
オズマ 「隊長、加勢します!」
    「僕の出番ですね、隊長!」
ミシェル 「ミシェル先輩、お手伝いします!」
     「ミシェル先輩、僕のことも忘れないでくださいよ!」
クラン 「大尉、援護します!」
    「大尉、お待たせしました!」
カナリア 「カナリアさん、フォローは任せてください!」
     「カナリアさん、あとは僕がやります!」
ジェフリー 「マクロス・クォーターに続きます!」
      「こちらスカル3、援護します!」
ブレラ 「ブレラさん、ここは連携でいきましょう!」
    「この隙をつけば!」
援護防御
健一 「健一さん、代わります!」
   「ボルテスV、そこは危険です!」
アルト 「アルト先輩、危ない!」
    「先輩はやらせるもんか!」
オズマ 「隊長、逃げて!」
    「いけない、隊長っ!」
ミシェル 「先輩、ここは僕に任せてください!」
     「ミシェル先輩っ!」
クラン 「大尉、ここは下がってください!」
    「大尉の分は僕が…!」
カナリア 「カナリアさん、僕が壁になります!」
     「間に合ってよかった…!」
ジェフリー 「まずい!マクロス・クオーターが!」
      「マクロス・クォーターは僕が守る!」
ブレラ 「ブレラさん、代わります!」
    「ブレラさん、そこは危険です!」
攻撃
ランカ 「フロンティアを、ナナセさんを守るためなら僕は戦う!」
    「ナナセさんに嫌われるかもしれない…でも、やるしかない!」
    「待っていてください、ランカさん!」(後半)
    「ナナセさん、必ずランカさんを連れて帰ります!」(後半)
    「ランカさん…どうしてっ!」(反撃)
    「止めてください、ランカさん!でないと僕は!」(反撃)
ブレラ 「バジュラを守るなんて、何を考えているんです!」
    「あなたさえいなければ、ランカさんは!」
バトル・ギャラクシー 「必ず助けますから、必ずっ!」
           「ランカさんは絶対に取り戻す!」
           「ランカさんを取り戻せば、容赦はしない!」(後半)
           「目標確認、バトルギャラクシー!」(後半)
           「手を出せないと思ったら、大間違いだ!」(反撃)
           「ナナセさんのためにも、ランカさんは絶対に助ける!」(反撃)
ゴースト 「ゴーストのことは熟知してるつもりだ!」
     「敵の回避プログラムを予想して!」
グレイス(最終) 「僕達の未来、あなたには渡さない!」
        「バジュラの女王さえ倒せれば!」
        「地球だけのためじゃない…全銀河系のためにも倒すんだ!」(反撃)
        「あなたに支配されるなんて真っ平ゴメンだ!」(反撃)
バジュラ 「負けられない!生き残るためにも!」
     「バジュラは僕が倒すんだ!」
     「バジュラ相手でも勝ってみせる!」
     「これでもくらえ、バジュラ!」
     「バジュラ…僕らの敵!」(反撃)
     「ウチで開発したこれなら、バジュラ相手でも!」(反撃)
     「逃がさないぞ、バジュラ!」(反撃)
     「1対1なら望むところだ、バジュラ!」(反撃)
バジュラ戦艦 「こいつらがいる限り、僕らに未来は!」
       「船ごとバジュラを叩けば!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:41 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
マクロスF・2
クラン・クラン
援護攻撃
健一 「ボルテスVの援護に入る!」
   「ボルテスに続くぞ!」
アルト 「よく見ておけアルト、これがゼントラーディの戦い方だ!」
    「アルト、手を休めるな!」
オズマ 「独り占めは許さんぞ、オズマ!」
    「オズマ、バックアップは任せておけ!」
ミシェル 「獲物は頂くぞ、ミシェル!」
     「ミシェル、連携で行くぞ!」
ルカ 「ルカ、悪いがそいつは私が頂く!」
   「ルカ、敵を叩くのはこちらに任せておけ」
カナリア 「ケーニッヒモンスターに続くぞ!」
     「我々で戦場に性別など関係ないことを証明してやろう!」
ジェフリー 「クォーターに続くぞ!」
      「クォーターの援護に入る!」
ブレラ 「アンタレス1、この場は私が引き継ぐ!」
    「アンタレス1の援護に入る!」
援護防御
健一 「ボルテス、的にされるぞ!」
   「狙われているぞ、ボルテスV!」
アルト 「アルト、生き延びて見せろ!」
    「アルト!この馬鹿者が…!」
オズマ 「オズマ、遅くなってすまん!」
    「オズマ、らしくないんじゃないか?」
ミシェル 「そんな事ではジェシカに笑われるぞ!」
     「ミシェルッ!」
ルカ 「ルカ、早く戦域から離脱しろ!」
   「ルカ、交代だ!」
カナリア 「カナリア、後退を支援する!」
     「ケーニッヒは一時後退しろ!」
ジェフリー 「クォーター、狙われているぞ!」
      「それをやらせるわけにはいかない!」
ブレラ 「死にたいのか、アンタレス1!」
    「アンタレス1、ここは下がれ!」
攻撃
ランカ 「アルトは答えを出した!そして私も覚悟はできている!」
    「ランカ…!悪いが今はまだバジュラを許す気になれん!」
    「ランカ!すぐにアルトを迎えに行かせるからな!」(後半)
    「許さんぞ、グレイス!ランカは返してもらう!」(後半)
    「気は進まんが、私もここは退けん!」(反撃)
    「悪く思うなよ、オズマ。やられたらやり返す!」(反撃)
ブレラ 「お前はいったい何を考えている、ブレラ・スターン!」
    「ブレラ・スターン!私が相手をしてやる!」
バトル・ギャラクシー 「下手に手は出せんが、ここなら!」
           「これ以上、大切な者達を失ってたまるか!」
           「ギャラクシー、沈んでしまえ!」(後半)
           「迂闊に手は出せんが、やりようはある!」(反撃)
           「早くランカを救出せねば埒があかんぞ!」(反撃)
           「もう遠慮はしない!ギャラクシー、叩き潰してやる!」(反撃) (後半)
ゴースト 「機械ごときが我々ゼントラーディより優秀とは思えんがな!」
     「ゴーストごとき私一人で充分だ!」
グレイス(最終) 「グレイス、お前の夢はここで終わりだ!」
        「どちらにしても、ここでやらねば明日はない!」
        「お前達に支配される人生などお断りだ!」(反撃)
        「お前の野望は今日ここで私が潰す!」(反撃)
バジュラ 「虫の一匹くらいは仕留めてみせる!」
     「バジュラなどに遅れはとらん!」
     「これでどうだ、バジュラ共!」
     「生きて帰れると思うな、バジュラ!」(反撃)
     「さしずめ飛んで火に入る宙の虫だな!」(反撃)
     「慌てなくても私が一匹残らず倒してやる!」(反撃)
バジュラ戦艦 「これがバジュラの母艦か、行くぞ!」
       「母艦ごと潰してやる!」

クラン・クラン(マイクローン)
援護攻撃
アルト 「アルト、このまま仕留めるぞ!」
    「どけっ、アルト!私がやる!」
オズマ 「オズマ、バックアップは任せておけ!」
    「独り占めは許さんぞ、オズマ!」
ルカ 「ルカ、悪いがそいつは私が頂く!」
   「ルカ、敵を叩くのはこちらに任せておけ」
カナリア 「ケーニッヒモンスターに続くぞ!」
     「我々で戦場に性別など関係ないことを証明してやろう!」
ジェフリー 「クォーターに続くぞ!」
      「クォーターの援護に入る!」
ブレラ 「我らゼントラーディはサイボーグに遅れは取らん!」
    「美味しい所は頂くぞ!」
援護防御
アルト 「アルト、生き延びて見せろ!」
    「アルト!この馬鹿者が…!」
オズマ 「遅くなってすまん、オズマ」
    「オズマ、らしくないんじゃないのか?」
ルカ 「ルカ、早く戦域から離脱しろ!」
   「ルカ、交代だ!」
カナリア 「カナリア、後退を支援する!」
     「ケーニッヒは一時後退しろ!」
ジェフリー 「クォーター、狙われているぞ!」
      「それをやらせるわけにはいかない!」
ブレラ 「ここは貸しにしておいてやる!」
    「お前の相手はこの私だぁ!」
攻撃
ランカ 「バジュラの親玉に成り下がるとは!」
    「バジュラの導き手になったならば、私はお前を討つ!」
    「ランカ!すぐにアルトを迎えに行かせるからな!」(後半)
    「許さんぞ、グレイス!ランカは返してもらう!」(後半)
    「くっ…戦闘は避けられんか!」(反撃)
    「この歌…だがやるしかない!」(反撃)
ブレラ 「お前はいったい何を考えている、ブレラ・スターン!」
    「ブレラ・スターン!私が相手をしてやる!」
バトル・ギャラクシー 「下手に手は出せんが、ここなら!」
           「これ以上、大切な者達を失ってたまるか!」
           「ギャラクシー、沈んでしまえ!」(後半)
           「迂闊に手は出せんが、やりようはある!」(反撃)
           「早くランカを救出せねば埒があかんぞ!」(反撃)
           「もう遠慮はしない!ギャラクシー、叩き潰してやる!」(反撃) (後半)
ゴースト 「機械ごときが我々ゼントラーディより優秀とは思えんがな!」
     「ゴーストごとき私一人で充分だ!」
グレイス(最終) 「お前の下らぬ野望のせいでミシェルはっ!」
        「お前達に支配される人生などお断りだ!」
        「グレイス・オコナー、返り討ちにしてくれる!」(反撃)
        「我々はお前などに屈しはせん!」(反撃)
バジュラ 「虫の一匹、私の敵ではないわ!」
     「バジュラなどに遅れを取ってたまるか!」
     「ミシェルの仇、取らせてもらう!」
     「これならどうだ、バジュラ!」
     「逃がさんぞ、バジュラ共!」(反撃)
     「こんなところまで…!バジュラめ!」(反撃)
     「バジュラなど私の敵ではない事を、証明してやろう!」(反撃)
バジュラ戦艦 「これがバジュラの母艦か、行くぞ!」
       「母艦ごと潰してやる!」

カナリア・ベルシュタイン
援護攻撃
健一 「ボルテスV!ここで仕留めるぞ!」
   「こいつは私が頂くぞ、健一!」
アルト 「こいつは私が頂くぞ、アルト!」
    「アルト、巻き込まれるなよ!」
オズマ 「どいてくれ、オズマ!」
    「こちらラビット1、スカル1に続くぞ!」
ミシェル 「ミシェル、私から離れろ!」
     「ミシェル、手を貸すぞ!」
ルカ 「ルカ、道を開けてくれ!」
   「ルカの策にまんまとかかったな!」
クラン 「私からもデートのお誘いだ!」
    「私も女の意地を見せてやるさ!」
ジェフリー 「艦長!美味しい所はこちらで頂く!」
      「ラビット1からマクロス・クォーターへ!こちらからも援護する!」
ブレラ 「アンタレス1!巻き込まれたくなければ離れろ!」
    「味方ならば援護は惜しまん!」
援護防御
健一 「油断するなよ、健一!」
   「ボルテスV、後退急げ!」
アルト 「注意不足だぞ、アルト!」
    「まったく世話の焼ける新入りだ…!」
オズマ 「オズマ!出過ぎだ!」
    「気にするな、チームだ!」
ミシェル 「来い!お前の相手は私だ!」
     「狙われてるぞ、ミシェル!」
ルカ 「ルカ、後退急げ!」
   「無理をするな、ルカ!」
クラン 「クランの後退の時間くらいは!」
    「クラン、もう心配はいらん!」
ジェフリー 「クォーターを失うわけには…!」
      「我らの母艦はやらせん!」
ブレラ 「下がれ、アンタレス1!」
    「アンタレス1、何をやっている…!」
攻撃
ランカ 「お前がフロンティアを滅ぼそうというなら!」
    「それがお前の導き出した答えなのか!?」
    「必ず取り戻す、ランカを!」(後半)
    「ランカの姿を利用するとは、下種な奴め!」(後半)
    「オズマには悪いが、私にも守れねばならないものがある!」(反撃)
    「フロンティアには一歩たりとも近づかせん!」(反撃)
ブレラ 「バジュラ側につくとは、正気か!」
    「お前が連れ出したせいでランカは…!」
バトル・ギャラクシー 「ランカは返してもらうぞ!」
           「必ず取り戻す、ランカを!」
           「よくも我々を欺いてくれたな!」(後半)
           「もう容赦はしない!沈め、ギャラクシー!」(後半)
           「ランカ、大人しくしていろよ!」(反撃)
           「ランカは我々が必ず救い出してみせる!」(反撃)
ゴースト 「ゴーストだろうがこいつの爆撃からは逃れられん!」
     「人間の思考をなめるなよ!」
グレイス(最終) 「これがバジュラの親玉…何というデカさだ!」
        「エディ、私に力を貸してくれ!」
        「グレイス・オコナー、この時を待っていたぞ!」(反撃)
        「お前のシナリオどおりにはいかせない!」(反撃)
バジュラ 「フロンティアは我々が守る!」
     「お前達に殺されてたまるか!」
     「この化け物共がぁぁっ!」
     「何故襲う!?我々を!」
     「敗北がフロンティアの全滅を意味する以上、これくらいで負けられるか!」(反撃)
     「私の前に現れたということは死にたいということか!了解した、全力で応えてやる!」(反撃)
     「お前達には決して負けん!負けられないんだ!」(反撃)
バジュラ母艦 「母艦ごとバジュラを焼き払ってやる!」
       「ウジャウジャと出てくる前に蹴散らすまで!」

ジェフリー・ワイルダー
援護攻撃
健一 「ボルテスV、残りはこちらで預かろう!」
   「あとは我々に任せてもらおうか、ボルテスの諸君!」
アルト 「アルト准尉、ここからは我々の仕事だ!」
    ボビー「あとは任せなさい、姫!」
オズマ 「奴は我々が仕留める!」
    キャシー「オズマ、そこをどいて!」
ミシェル 「こちらの術中にはまったようだな!」
     キャシー「上手く誘導してくれたようね!」
ルカ ボビー「まだ終わっちゃいないぜぇぇぇっ!」
   「スカル3の情報どおり、ここからなら追撃可能のようだ」
クラン 「ピクシー小隊のおかげで道は開かれた!」
    キャシー「クラン大尉、巻き込まれないよう注意してください!」
カナリア ボビー「ケーニッヒに負けてらんないわね!」
     「あとはこのクォーターで仕上げる!」
ブレラ ボビー「シスコンお兄ちゃんはどいてなさい!」
    「ブレラ・スターン、協力に感謝する!」
ルル 「大空魔竜に続け!」
   「キャプテン・ルル、あとは任せていただこう!」
タリア 「ミネルバを援護する!」
    「あとは引き受けましょう、グラディス艦長!」
援護防御
健一 ボビー「ボルテスのみんな、守ってあげちゃうわよん!」
   ミーナ「本艦はボルテスVの前に出ます!」
アルト 「フッ…まだまだ力不足か?」
    ボビー「助けに来たぜ、お姫様ぁ!」
オズマ ボビー「お待たせぇ、オズマァ!」
    キャシー「オズマッ!」
ミシェル 「このクォーターを盾にするがいい!」
     「うちのスナイパーに手を出そうなど!」
ルカ 「S・M・Sの結束を甘く見るなよ!」
   「ここは我々が前に出る!」
クラン キャシー「クラン大尉はクォーターの後方へ!」
    「全クルーは衝撃に備えよ!」
カナリア 「我々が相手では不足かね?」
     ボビー「頑丈さはこっちが上でしょ!」
ブレラ ボビー「アンタレス1は下がってな!」
    「あれの相手はこちらで引き受けよう!」
ルル 「ボビー!本艦を大空魔竜の前に出せ!」
   「クォーターを大空魔竜の盾とする!」
タリア 「ボビー!本艦をミネルバの前に出せ!」
    「グラディス艦長、一時後退を!」
攻撃
ランカ ボビー「ランカちゃん!私達がわからないの!?」
    「ランカ・リー、まさかこのような形で再開するとはな!」
    「我らが歌姫は返してもらうぞ!」(後半)
    ボビー「ランカちゃん!私達が目を覚まさせてあげるわ!」(後半)
    ボビー「ランカちゃんが敵だなんて…!でもフロンティアのためには…!」(反撃)
    「まさか我らの歌姫と、敵対せねばならんとはな!」(反撃)
    「お前は何者だ?正体を現せ!」(反撃)(後半)
    ボビー「よくもランカちゃんの姿を利用してくれたわね!」(反撃)(後半)
ブレラ 「やはりギャラクシーの…いや、グレイス・オコナーの犬だったか!」
    「我々を出し抜いてくれた礼は、しっかりさせてもらおう!」
バトル・ギャラクシー 「間違っても沈めるなよ!」 ボビー「ちょっと我慢してね、ランカちゃん!」
           「諸君、目的はランカ・リーの救出だ!間違うなよ!?」
           「ボビー、心置きなくやって構わん!」 ボビー「ぶっ潰してやるぜぇ、ギャラクシー!」(後半)
           ボビー「ランカちゃんを人質にした報いは、受けてもらうわよっ!」(後半)
           キャシー「ランカさんが人質にされてる内は、撃墜させちゃだめよ!」 ボビー「まっかせなさい!」(反撃)
           「彼女を救出するまでは、直撃は避けろよ!」(反撃)
           「人質を取り返した以上、存分に戦わせてもらう!」(反撃) (後半)
           ボビー「さっきまでと一緒と思うなよ!ギャラクシーがあぁぁぁっ!」(反撃) (後半)
ゴースト ミーナ「敵はゴーストV9です!」 「構わん、人間の恐ろしさ見せてやれ!」
     「ゴーストV9か…どうだね?」 ボビー「我々の敵じゃありませんね!」
     「生憎だがうちのクルーは無人機などに怖気づくほどヤワではない!」 ボビー「そういうこと!」(反撃)
     ボビー「さすがに速いわねぇ…でも火力はこっちが上だっての!」(反撃)
グレイス(最終) 「グレイス・オコナー!我らはお前の野望を潰すために来た!」
        「この宇宙はお前の好きにはさせんぞ、グレイス・オコナー!」
        「我らに退路はない。グレイス・オコナーの野望はここで叩き潰す!」(反撃)
        「ここで怯んでは銀河すべてが奴のものになってしまう。何としても勝たねばならん!」(反撃)
バジュラ 「バジュラ共に思い知らせてやれ!我々S・M・Sの実力を!」
     「バジュラなどに遅れはとらん!」
     「バジュラを倒さねば我らに明日はない!」
     モニカ「本艦前方、バジュラです!」 ボビー「それじゃあ虫退治といきましょうか!」
     ボビー「艦長、前方のバジュラを掃討します!」 「ああ、徹底的に叩きのめせ!」
     モニカ「バジュラ、捉えました!」 「ではバジュラを掃討する!」
     「諸君、これよりバジュラとの戦闘を開始する!」 ボビー「やってやるぜぇぇ!」
     「艦にバジュラを取り付かせるな!」(反撃)
     ボビー「バジュラくらい軽~く捻ってやるわ!」 「頼もしい限りだな」(反撃)
     「我々はバジュラに対して逃げることは許されん!」(反撃)
     ボビー「すばしっこい虫共が!」(反撃)
バジュラ戦艦 「これより本艦はバジュラ空母艦との戦闘に入る!」
       ラム「艦長、最大船速ならこっちの勝ちです!」 「ではバジュラの母艦を叩くとしよう!」
       「ここでバジュラ母艦を落とせば戦況は有利になる!」 ボビー「じゃあ巣ごと焼き払ってやりますか!」(反撃)
       ボビー「母艦対決ってわけね」 「では我々も負けていられんな!」(反撃)
被ダメージ
バジュラ ボビー「こんなもんならバジュラも怖くないわねぇ」 ラム「ですねぇ~!」
     「バジュラは我々を甘く見ているらしいな!」
     「バジュラ共のお出ましか」 モニカ「そのようですね…」
     キャシー「これがバジュラの力…!」 ボビー「怖かったら降りてもいいわよぉ?」
     ボビー「このバジュラ共がぁぁぁっ!」 キャシー「落ち着いてください、大尉!」
     「諸君、大丈夫かね?」 モニカ「バジュラなんかに負けてられません!」
     「我らの敗北はフロンティアの終わりを意味する事を忘れるな」
     キャシー「ここは一度撤退して立て直したほうが…!」 「キャシー、我々は不退転の決意をもって臨んでいるはずだが…?」
     ボビー「私達は負けられないのよ…わかったかぁ、バジュラ共ぉぉぉっ!」 ラム「あっちゃ~、ボビー大尉マジギレ…」
     「バジュラは我々を狙っているようだな…」 キャシー「この船がフロンティアの要と判断したというの!?」

ブレラ・スターン
援護攻撃
アルト 「アルト、戦いに情けなど無用だ!」
    「貴様を援護する!」
オズマ 「オズマ・リー、援護する!」
    「ランカの頼みであれば!」
ミシェル 「こちらからも支援する!」
     「スカル2、交代だ!」
ルカ 「スカル3、戦闘はこちらで引き継ぐ!」
   「お前の仕事はここまでだ、スカル3!」
クラン 「やむをえん…加勢する!」
    「そこのゼントラーディ、どいてもらおう!」
カナリア 「モンスター級に引けは取らない!」
     「そこでゆっくり見学しておけ!」
ジェフリー 「アンタレス1よりマクロス・クォーターへ、貴艦を援護する!」
      「これよりマクロス・クォーターの支援にまわる!」
援護防御
アルト 「どけっ、スカル4!」
    「とっとと下がれ、アルト!」
オズマ 「スカル1、奴は俺が引き受ける」
    「ランカを泣かせたくはないからな!」
ミシェル 「下がれ、スカル2!」
     「スカル2、お前は前に出るな!」
ルカ 「交代だ、スカル3!」
   「死にたくなければ下がれ、スカル3」
クラン 「前時代的な機体では…!」
    「下がれ、ゼントラーディ!」
カナリア 「貴様の後退を支援する!」
     「俺の足を引っ張るつもりか…?」
ジェフリー 「旗艦は大人しくしていろ!」
      「ちっ、マクロス・クォーターが…!」
攻撃
アルト 「ランカを傷つけさせはしない!」
    「俺の妹から離れろ!」
    「これが俺とランカの使命だ!」(反撃)
    「バジュラの星を守る事こそが、俺達の使命!」(反撃)
オズマ 「オズマ・リー、貴様を排除する!」
    「ランカはもう、お前を必要としていない!」
    「お前がランカにしてやれる事などない!」(反撃)
    「オズマ・リー、ランカの使命のために死ね!」(反撃)
グレイス 「お前達の野望を叩きのめす…それが俺の成すべき償いだ!」
     「よくも俺とランカを弄んでくれたな!」
     「もうお前達に繋がれるのは遠慮させてもらう!」(反撃)
     「使えない駒は処分というわけか…ならばその駒の手で死ね!」(反撃)

グレイス・オコナー
攻撃
アルト 「シェリルと一緒に逝きなさい!」
ブレラ 「我らの支配を脱したか、ブレラ!」
    「もうお前の利用価値はなくなった。処分してあげるわ!」
    「リトルクィーンと…妹と一緒にあの世に逝きなさい!」(反撃)
    「仕方ない。使えぬコマなどもはや不要!」(反撃)
マクロス系 「お別れよ、フロンティアの虫ケラ共!」
      「ひれ伏すがいい!運命すら支配する、神にも等しき我が力に!」
      「まさかS・M・Sにこんな戦力があったなんてね…でもここでお終いよ!」(反撃)
      「フロンティアの虫ケラ共!神にも等しき我らに逆らうつもりか!」(反撃)

新統合軍兵
攻撃
マクロスF系 「S.M.Sが相手じゃ、分が悪すぎる!」
       「S.M.Sの高性能機を相手に、どこまでやれるんだ!?」
       「お前らもフロンティアの人間だろうが!」
       「逃げ出したネズミ共が!」
       「S.M.Sなんぞ!」
       「裏切り者は始末する!」
       「こちらの性能が劣っているとしても、裏切り者を逃がすわけにはいかん!」(反撃)
       「邪魔をするな、裏切り者!」(反撃)
       「敵にまわすには厳しい連中だ…!」(反撃)
       「海賊などに遅れを取るとは!」(反撃)
       「貴様らがその気なら、こっちだって!」(反撃)
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:39 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
ヒイロ・ユイ
援護攻撃
デュオ 「詰めが甘いぞ、デュオ」
トロワ 「トロワ…援護する」
カトル 「カトル…後は任せろ」
五飛 「五飛…後は俺がやる」
ゼクス 「ゼクス…援護する」
ノイン 「ノイン…後は任せろ」
ヒルデ 「ヒルデ。後は任せろ」
シン 「シン・アスカ…後は俺がやる」
キラ 「キラ・ヤマト、援護する」
援護防御
デュオ 「デュオ…貸しにしておく」
トロワ 「後退しろ、トロワ」
カトル 「気にするな、カトル」
五飛 「下がれ、五飛」
ノイン 「下がれ、ノイン」
ゼクス 「後退しろ、ゼクス」
ヒルデ 「ヒルデ。後は任せろ」
シン 「シン・アスカ、借りを返す」
キラ 「下がれ、キラ・ヤマト」
攻撃
トロワ 「相手はトロワか」
    「いくぞ、トロワ」
    「お前の戦い方は把握している」
    「トロワ、一発は一発だ」(反撃)
    「本気でやらせてもらうぞ、トロワ」(反撃)
    「手加減の必要はなさそうだな」(反撃)
レイ 「ザフトの新型、レジェンドを確認…」 「直撃させる!」
   「攻撃対象はレジェンド…!」 「破壊する!」
ビッグゴールド 「ビッグゴールド、逃がしはしない…!」 「直撃させる!」
        「攻撃目標、ビッグゴールド」 「攻撃開始!」
ムーンWILL 「攻撃目標、オリジナルダンクーガ」 「直撃させる!」
        「ターゲットはオリジナルダンクーガ…」 「破壊する!」
セントラル 「人類のマキナ化など、受け入れる気はない」 「直撃させる!」
      「攻撃目標、セントラル」 「破壊する!」
バトル・ギャラクシー 「バトル・ギャラクシーを確認…」 「直撃させる!」
           「攻撃目標、バトル・ギャラクシー」 「破壊する!」
グレイス(最終) 「攻撃目標、バジュラクィーン」 「直撃させる!」
        「バジュラクィーンを確認…」 「攻撃開始!」
グロリア 「攻撃目標、敵要塞兵器…」 「直撃させる!」
     「お前の企みはここまでだ、ルド・グロリア」 「攻撃開始!」

デュオ・マックスウェル
援護攻撃
ヒイロ 「貸しにしとくぜ、ヒイロ!」
トロワ 「トロワ!手を貸すぜ!」
カトル 「カトル!こっちからも行くぞ!」
五飛 「手伝ってやるぜ、五飛!」
ヒルデ 「ヒルデ、手伝いに来たぜ!」
ディック 「お前も死神って呼ばれてるんだろ?まっ、仲良くやろうぜ!」
アスカ 「さて、アスカの次は俺の番だぜ!」
援護防御
ヒイロ 「恩に着ろよ、ヒイロ!」
トロワ 「トロワ、ここは任せろ!」
カトル 「下がれ、カトル!」
五飛 「五飛!今の内に!」
ヒルデ 「ヒルデ、待たせちまったか?」
アスカ 「アスカのヤツ、油断してやがんな?」
攻撃
トロワ 「俺は手加減は苦手だぜ、トロワ!」
    「まったく…お前って、いつもそうだよな!」
    「全力で行くけど死ぬなよ、トロワ!」(反撃)
    「今度は俺の番だぜ、トロワ!」(反撃)
五飛 「いつまでそっちにいるつもりだよ、五飛!」
   「五飛が相手かよ…こりゃあ、気が抜けないぜ!」
   「五飛!邪魔すんな!」(反撃)
   「死神の鎌は錆付いちゃいないぜ、五飛!」(反撃)

トロワ・バートン
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、援護する」
デュオ 「デュオ、こちらからも仕掛ける」
カトル 「カトル、後は任せてくれ」
五飛 「五飛、援護する」
援護防御
ヒイロ 「後退しろ、ヒイロ」
デュオ 「うかつだったな、デュオ」
カトル 「カトル、無理をするな」
五飛 「下がれ、五飛」
攻撃
ヒイロ 「来たか、ヒイロ…」
    「ヒイロか…」
    「反撃させてもらうぞ、ヒイロ」(反撃)
    「手を抜くつもりはないようだな。こちらも同じだ、ヒイロ」(反撃)
デュオ 「デュオ、俺は俺の任務を遂行するだけだ」
    「俺にはまだやる事がある、デュオ」
    「デュオか…」(反撃)
    「こちらからもいくぞ、デュオ」(反撃)
カトル 「カトルか…」
    「俺にはまだやる事がある、カトル」
    「反撃させてもらうぞ、カトル」(反撃)
    「カトル、俺はまだやる事がある」(反撃)
ゼクス 「お前との戦いも運命というわけか、ゼクス」
    「フッ…お前に遠慮は無用だな、ゼクス」
    「決闘を希望か、ゼクス…」(反撃)
    「ライトニングカウントは健在というわけか」(反撃)

カトル・ラバーバ・ウィナー
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、援護するよ!」
デュオ 「デュオ、後は僕が!」
トロワ 「トロワ、後は任せて!」
五飛 「五飛、続いて行きます!」
浩一 「早瀬君、僕が手伝います!」
援護防御
ヒイロ 「大丈夫ですか、ヒイロ!」
デュオ 「デュオ、無茶をしないで!」
トロワ 「トロワ、僕が守ります!」
五飛 「下がってください、五飛!」
浩一 「早瀬君!油断しないで下さい!」
攻撃
トロワ 「トロワ…いや、名無しさん。いくよ!」
    「トロワが相手なら手加減しないと…」
    「トロワ…反撃させてもらうよ!」(反撃)
    「こちらからも行くよ、トロワ!」(反撃)
五飛 「…仕方ない。いくよ、五飛!」
   「五飛…どうしても戦うんだね」
   「さすがに五飛は手ごわいね」(反撃)
   「僕も僕の戦いをするよ、五飛!」(反撃)
ゴオ 「何とかして、ゴーダンナーを止めないと!」
   「巨人戦争の英雄…僕達で止められるのか?」
   「さすがに強いな、ゴーダンナーは…でもっ!」(反撃)
   「猿渡さん!…やはり声は届かないか!」(反撃)

張 五飛
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、そこをどけ!」
デュオ 「デュオ!後は俺がやる!」
トロワ 「トロワ!やつは俺が倒す!」
カトル 「カトル!後は俺がやる!」
援護防御
ヒイロ 「ヒイロ!奴の相手は俺がする!」
デュオ 「下がれ、デュオ!」
トロワ 「トロワ!そこをどけ!」
カトル 「油断するな、カトル!」
攻撃
デュオ 「デュオか…理解しろとは言わん。俺と戦え!」
    「俺は俺の選んだ道を行く!勝負だ、死神!!」
    「いいだろう…相手になってやる、デュオ!」(反撃)
    「全力で来い、死神!」(反撃)
カトル 「カトル…平和のために、俺は悪になる!」
    「カトル、これが俺の選んだやり方だ!」
    「カトル…今はまだ戻る事はできん!」(反撃)
    「俺が戦う意味…それがわからねば平和など崩れ去るぞ、カトルッ!」(反撃)
ゼクス 「トールギスか…」
    「ゼクスか…相手にとって不足はない!」
    「ゼクス、それが貴様の全力か!」(反撃)
    「貴様にも俺とナタクを止めることはできん!」(反撃)
浩一 「力を手にしたところで、所詮は子供だ!」
   「貴様は正義を理解しているか?」
   「貴様は何も理解していない!」(反撃)
   「子供が…貴様に力を振るう資格などない!」(反撃)
浩一(第08話) 「ラインバレル…どれほどの力を秘めているというのか…」
       「感情が機体を暴走させているのか?…未熟者め!」
       「復讐の鬼と化したか、ラインバレル!」
浩一(後期) 「見せてみろ!正義を名乗るに相応しい力を!」
      「俺の前に立つか…ならば貴様の力、見せてもらうぞ!」
      「力は正義ではない…だが、力のない正義など何もできはしない!」
      「貴様が正義を名乗るなら、俺よりも強くなくてはならない!」(反撃)
      「まだまだ未熟だな、ラインバレル!そんな力では何も守れんぞ!」(反撃)

ゼクス・マーキス
援護攻撃
ノイン 「さすがだな、ノイン!」
    「ノイン、下がれ!私が仕留める!」
援護防御
ノイン 「ノイン、下がっていろ!」
    「ノインでは荷が重いか…!」
攻撃
トロワ 「手加減はできんぞ、トロワ・バートン!」
    「今は敵同士だ。いくぞ、トロワ・バートン!」
    「この戦い方…トロワ・バートンか!」(反撃)
    「砲撃戦用のガンダムか!ならば懐に飛び込むまで!」(反撃)
五飛 「張五飛…トレーズの幻影は振り切れたのか?」
   「私の前に立ったということは、決闘を望むか…張五飛!」
   「こちらからもやらせてもらうぞ、張五飛!」(反撃)
   「ふっ、相手に不足はない!」(反撃)
ゴオ 「彼が相手では、厳しい戦いになるな」
   「さすがはゴーダンナー…凄まじい気迫だ!」
   「あなたは、まだ倒れるべきではない!」(反撃)
   「やはり強いな…ゴーダンナー!」(反撃)

ルクレツィア・ノイン
援護攻撃
ゼクス 「あなたの傍から離れないと言ったはずです!」
援護防御
ゼクス 「ゼクス、ここは下がってください!」
攻撃
ゴオ 「強制合体プログラムが完成するまで、時間を稼ぐ!」
   「猿渡ゴオ…敵にまわすとこれほど恐ろしいとは…!」
   「さすがは英雄と呼ばれた男…しかし、退くわけにはいかない!」(反撃)
   「凄まじい気迫に空気が震えるようだ…!」(反撃)

ヒルデ・シュバイカー
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、私も戦うわ!」
     「援護するわ、ヒイロ!」
デュオ 「デュオ、先に行って!」
     「後始末は任せる…ってことね、デュオ」
トロワ 「援護するわ、トロワ!」
カトル 「ここは任せてもらうわよ、カトル!」
五飛 「私だってやれるのよ、五飛!」
ゼクス 「ゼクスさん!援護します!」
ノイン 「ノインさん、私も続きます!」
アスカ 「2号機に続くわ!」
援護防御
ヒイロ 「カバーするわ、ヒイロ!」
デュオ 「デュオ、よそ見をしちゃ駄目よ!」
     「デュオはやらせない!」
トロワ 「今の内に下がって、トロワ」
カトル 「カトル、ここは任せて!」
五飛 「突っ込みすぎよ、五飛!」
ゼクス「私がカバーします、ゼクスさん!」
ノイン「ノインさん、下がってください!」
アスカ 「もう、A.T.フィールドに頼り過ぎよ!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:37 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY・1
シン・アスカ
援護攻撃
ヒイロ 「援護しますよ、ヒイロ・ユイ!」
レイ 「レイ!後は俺に任せてくれ!」
ルナマリア 「ルナ、あいつは任せろ!」
タリア 「ミネルバに続く!」
アスラン「アスラン、援護する!」
キラ 「フリーダムに続く!」
タリア 「ミネルバに続く!」
ステラ 「ステラ!後は俺がやる!」
援護防御
ヒイロ 「ヒイロ・ユイ、無茶しないでください!」
レイ 「レイ、俺が盾になる!」
ルナマリア 「ルナは俺が守る!」
キラ 「フリーダム!下がれ!」
アスラン 「何やってるんです、アスラン!」
タリア 「ミネルバは後退を!」
ステラ 「大丈夫だ、ステラ!俺が守るから!」
攻撃
レイ 「レイ!俺は議長の考えに賛成できない!」
   「デスティニープランなんて必要ない!俺達の力で望む未来を作るんだ!!」
   「戻って来いよ…レイ!」
   「頼む、レイ!退いてくれ!」(反撃)
   「くそっ…レジェンドを落としたくはないけど…!」(反撃)
   「レイ…お前と戦いたくなんてないんだ!」(反撃)
オーブ兵 「何がオーブの理念だっ!」
     「これがアスハの綺麗事の結果かよっ!」
     「連合側についたってんなら、容赦しない!」(後半)
     「結局こうなるのかよ!オーブなんて…!」(反撃)
     「俺の家族を守れなかったお前らなんかっ!」(反撃)
     「オーブの理念とやらはどうしたんだよっ!」(反撃)(後半)
ゴオ 「巨人戦争の英雄…俺達で止められるのか?」
   「何とかして、ゴーダンナーを止めないと!」
   「猿渡さん!!」 「くっ、声は届かないか…!」(反撃)
   「杏奈さんを…みんなを悲しませないために!!」(反撃)

レイ・ザ・バレル
援護攻撃
シン 「シン、熱くなり過ぎるな。一度、下がれ!」
ルナマリア 「ルナマリア、やればできるんだな」
アスラン 「アスラン、援護に入ります!」
キラ 「キラ・ヤマトの後に続く!」
ムウ デュオ 「この動き…合わせやすい」
マリュー 「さすがアークエンジェル…いい攻撃だな」
ラクス 「エターナルを援護する!」
援護防御
シン 「シン、突っ込み過ぎだ…!」
ルナマリア 「迂闊だぞ、ルナマリア!」
キラ 「キラ・ヤマト…あなたをやらせはしない!」
アスラン 「アスラン、すぐに離脱を!」
マリュー 「油断するな、アークエンジェル!」
ラクス 「あなたにはまだやるべき事がある!」
デュオ 「まさか死神を守るはめになるとはな」
攻撃
シン 「シン…お前が共に来てくれていたら!」
   「ギルを守るためなら…シン、お前でも討つ!」
ルナマリア 「ルナマリア、議長の理想が理解できないのなら…!」
      「かつての仲間であっても、ためらいはしない!」
タリア 「議長に刃を向けるのなら、ミネルバであろうと沈める!」
    「艦長…あなたはギルを裏切らないと思ったのに!」
キラ 「フリーダムは…俺が討つ!!」
   「お前の存在は、ギルとギルの示す世界には不要なんだ!」
   「キラ・ヤマト…お前の存在だけは許さない!!」
   「お前は今度こそ消えなくてはならない…!俺達と一緒に!!」
   「これは因果というものだ!キラ・ヤマト!」
アスラン 「いきますよ、アスラン!」
     「アスラン!あなたが相手だろうと!」
ムウ 「そんな機体に乗ったところで!」
   「お前だけが、のうのうと生き残って!」
   「俺は…お前の存在を認めない…!」
マリュー 「アークエンジェル!邪魔をするならば!」
     「ザフトの敵に回るのならば、容赦はしない!」
ラクス 「人々を扇動するだけのお前にギルの邪魔はさせない!」
    「ラクス・クライン!ギルの示す世界にお前は必要ない!」
デュオ 「死神のガンダムか…だが俺の闇は死神をも凌駕する!」
    「来い、死神!貴様の闇など振り払ってやる!!」
ゴオ 「まったく、無茶な命令だ」
   「強いな…さすが英雄と呼ばれた男だ」
   「動きを止めると言っても、これではな…」
被ダメージ
シン 「シン、ギルの理想を受け入れろ!」
   「シン、本気でなければ俺は止められないぞ!」
   「シン、お前は本当に強くなった…」
   「シン、なぜわからないんだ!」
ルナマリア 「お前の力はこの程度だ、ルナマリア!」
      「非力だな、ルナマリア!」
      「ルナマリアがこれほどやるとはな…くっ!」
      「さすがに赤だな、ルナマリア!」
      「俺を…ギルを殺すのか、ルナマリア!」
キラ 「俺に情けをかけるつもりか、キラ・ヤマト!」
   「ヒトの夢と言われたお前の力…こんなものか!?」
   「くうっ!ギルのためにもお前は俺が倒す…!」
   「お前にだけは…やられるわけにはいかない!」
   「キラ…ヤマト!!」
アスラン 「アスラン!あなたでは俺は止められない!」
     「見苦しいですよ、アスラン!」
     「さすがはアスラン…やってくれる!」
ムウ 「これも因果ということか…」
   「攻撃の意思を感じさえすれば!」
   「くっ…!こいつ、以前とは違う!」
   「死すべき運命の男にここまでやられるとは…!」
回避
シン 「シン、本気でなければ俺は止められないぞ!」
   「シン、ギルの理想を受け入れろ!」
ルナマリア 「それでも赤か、ルナマリア!」
      「非力だな、ルナマリア!」
キラ 「その程度か、キラ・ヤマト!」
   「スーパーコーディネーターの力…こんなものではないだろう!」
アスラン 「アスラン!あなたの攻撃パターンはインプット済みだ!」
     「見苦しいですよ、アスラン!」
ムウ 「攻撃の意思を感じさえすれば!」
   「これも因果ということか…」

ルナマリア・ホーク
援護攻撃
シン 「シン、後は任せて!」
レイ 「やるわね、レイ!でも、私だって!」
キラ 「フリーダムを援護します!」
アスラン 「さすがアスラン!見事な攻撃ね!」
タリア 「ミネルバ!援護します!」
ステラ 「ステラ!私も手伝うわ!」
援護防御
シン 「シン…私が守る…!」
レイ 「遠慮しないの、レイ!」
アスラン 「アスランはやらせない!」
タリア 「ミネルバ!後退してください!」
ステラ 「ステラ!前に出過ぎ!」
攻撃
レイ 「どうしてもやるっていうの、レイ!」
   「レイ!手加減なんてできないわよ!」
   「デスティニープランなんて必要ないわ!私の未来は私が選ぶ!」
   「もう戻れないの?レイ!」(反撃)
   「レジェンドの相手はちょっと厳しいわね!」(反撃)
   「こちからも行くわよ、レイ!」(反撃)
ゴオ 「あんなの、私達で止められるの…?」
   「さすが巨人戦争の英雄、威圧感が段違いね…!」
   「猿渡さん、止まって…!」

タリア・グラディス
援護攻撃
シン アーサー「シン!後はこちらに任せろ!」
レイ 「レイ!流れ弾に当たらないようにね!」
ルナマリア 「ルナマリアを援護します!」 アーサー「了解!ミネルバ前進!」
キラ 「フリーダムに続くわよ!」
アスラン 「アスラン、ここはこっちでやるわ!」
マリュー 「アークエンジェルに後れを取るわけにはいかないわ!」 アーサー「了解です、艦長!」
ラクス 「エターナルに続いて本艦も砲撃を!」 アーサー「了解しました!」
ジェフリー アーサー「マクロスに続いて本艦も攻撃!」
      「マクロス・クォーターを援護します!」
ルル 「大空魔竜!あとは本艦が引き受けます!」
   アーサー「これより本艦は大空魔竜を援護します!」
援護防御
シン 「シン、今の内に後退なさい!」
レイ 「レイ、ここはひとまず後退なさい!」
ルナマリア アーサー「ルナマリア!赤服が情けないぞ!」 「ミネルバの後ろで立て直しなさい!」
キラ 「フリーダムを守るわよ!」
アスラン 「後退して良いわよ、アスラン」
マリュー 「アークエンジェルを沈ませるわけにはいかないわ!」
     「大天使様を守るわよ!」
ラクス 「急速回頭!エターナルの盾になります!」
    「お姫様をお守りするわよ!」
ジェフリー 「マクロス・クォーター、後退してください!」
      「ミネルバをマクロスの盾とします!」
ルル アーサー「大空魔竜は本艦の後方へ!」
   「大空魔竜が危険だわ!ミネルバ前進!」
被ダメージ
レイ 「来たわね、レイ…」
   「さすがにミネルバのことをわかってるわね…!」
   アーサー「艦長!レイの奴、本当に本艦を沈める気ですよ!」 「くっ…!」
回避
レイ 「手の内を知ってるのはお互い様でしょ?」

イザーク・ジュール
援護攻撃
シン 「俺の動きをよく見ておけ、シン・アスカ!」
レイ 「レイ・ザ・バレル!後は俺がやる!」
ルナマリア 「少しはやるようだな!それでこそ赤だ!」
ハイネ 「ハイネ!こちらも続けていく!」
キラ 「さすがにやるな、キラ・ヤマト!」
アスラン 「下がれ、アスラン!」
ディアッカ 「ディアッカ!お前は後方支援だ!」
援護防御
キラ 「フリーダムは何をやっている!」
アスラン 「腕が鈍ったか?アスラン!」
ディアッカ 「前に出過ぎだ、ディアッカ!」
赤服 「下がれ!赤服が泣くぞ!」
   「何をやっている!それでも赤か!」
攻撃
キラ 「2年前のようにはいかんぞ、フリーダム!」
   「フリーダムか、面白い!」

ディアッカ・エルスマン
援護攻撃
シン レイ ルナマリア 「元気があっていいねぇ、ルーキーってのは!」
          「さすがザフトレッド、やるねぇ!」
ハイネ 「FAITHってのはダテじゃないってわけか!」
キラ 「キラ!後は俺がやる!」
アスラン 「珍しくタイミングが合うじゃんか」
ムウ 「おっさん!俺も続くぜ!」
イザーク 「続くぜ、イザーク!」
     「後詰めは任せな、イザーク!」
ラクス 「相変わらず無茶な歌姫様だ!」
援護防御
シン レイ ルナマリア 「後輩は守ってやんないとな!」
ハイネ 「FAITHがそんなんでどうするよ!」
キラ 「下がってな、キラ!」
アスラン 「こいつは貸しだぜ、アスラン!」
ムウ 「どいてな、おっさんよ!」
イザーク 「何だよ、助けてほしいのか?」
     「イザーク!今の内に後退しろ!」
ラクス 「歌姫様はやらせねえよ!」
攻撃
キラ 「瞬殺覚悟で戦いますか!」
   「やべっ!フリーダムに勝てるわけねえじゃん!」
アスラン 「イザーク隊長にばれない程度に…まあ、とりあえず戦う真似でもしとこうかな!」
     「うまく急所をはずしてっと!」
ムウ 「おっさん!生きてたのかよ!」
   「狙いを外して…攻撃っと!」
マリュー 「ミリアリアは元気かな?」
     「ここは本気出すわけにはいかないからな!」

ハイネ・ヴェステンフルス
援護攻撃
アスラン 「いいぞ、アスラン!さすがだ!」
シン 「シン、後は俺がやる!」
レイ 「レイ、援護する!」
ルナマリア 「ルナマリア、フォローする!」
キラ 「やっぱ前大戦のエースってのは違うな!」
イザーク 「イザーク、フォローする!」
ディアッカ 「ディアッカ、後は俺がやる!」
ラクス 「ラクス様、ここは自分が!」
援護防御
アスラン 「どうした、アスラン!らしくないぞ!」
シン 「シン!早く下がれ!」
レイ 「レイ、口だけじゃ生き残れないぜ!」
ルナマリア 「どうした、ルナマリア!赤服は飾りか?」
キラ 「キラ!ここは俺が!」
イザーク 「イザーク!ここは俺が!」
ディアッカ 「ディアッカ、何してんだ!」
ラクス 「ラクス様はやらせん!」
攻撃
ゴオ 「さすがにこの場面で割り切っちゃ、ダメだよな…!」
   「さて、勝負だ!ゴーダンナー!!」
   「やれやれ…彼の力をみくびってたな」(反撃)
   「こいつは、なかなかキツいね…!」(反撃)
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:35 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY・2
キラ・ヤマト
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ・ユイ、援護するよ!」
シン 「シン、君と共に…!」
レイ 「レイ、後は僕が!」
ルナマリア 「ルナマリア、下がって!後は僕が!」
アスラン 「アスラン、次は僕が!」
カガリ 「急ぎ過ぎだよ、カガリ!」
マリュー 「マリューさん、前に出過ぎです!」
ラクス 「ラクス、後は任せて!」
ムウ 「ムウさん、後は任せてください!」
ブレラ 「ブレラ、君の分も僕が戦うよ!」
援護防御
ヒイロ 「危ない、ヒイロ・ユイ!」
シン 「シン、僕が代わりに!」
レイ 「レイ、君は死んではいけない!」
ルナマリア 「前に出過ぎだ、ルナマリア!」
アスラン 「アスラン、僕が盾になる!」
カガリ 「カガリ、迂闊だよ!」
マリュー 「アークエンジェルはやらせない!」
ラクス 「ラクスは僕が守る…!」
ムウ 「無茶しすぎです、ムウさん!」
ブレラ 「ブレラ!僕が代わりに!」
攻撃
レイ 「君は他の誰でもない!君自身だ!」
   「世界も君も闇で包ませやしない!」
   「その生命は君だ!彼じゃない!」
ブレラ 「何なんだ!?このやり辛い感じは…!」
    「退いてくれ!君とは戦いたくない!」
被ダメージ
レイ 「以前の物よりパワーダウンしているのか…!?」
   「あの機体をここまで操れるなんて…!」
   「あの動き…やっぱり、君は!?」
   「この力…!間違いない!」
回避
レイ 「あの動きは…!」

アスラン・ザラ
援護攻撃
シン 「シン、詰めが甘いぞ!」
レイ 「レイ、援護する!」
ルナマリア 「よくやったぞ、ルナマリア!」
キラ 「後は任せろ、キラ!」
   「キラ、俺も続くぞ!」
カガリ 「下がるんだ、カガリ!」
    「カガリ、後は俺がやる!」
ムウ 「一佐、後はこちらが!」
マリュー 「アークエンジェルは下がれ!」
ラクス 「ラクスだけを戦わせるわけには!」
イザーク 「イザーク、後は任せろ!」
ディアッカ 「ディアッカ、後は俺がやる!」
タリア 「艦長、後は自分が!」
ハイネ 「さすがだな、ハイネ」
援護防御
シン 「出過ぎだ、シン!何をやっている!」
レイ 「下がれ、レイ!俺に任せろ!」
ルナマリア 「俺の背後に回れ、ルナマリア!」
キラ 「キラ、俺達はまだ死ねない!」
   「下がるんだ、キラ!ここは俺が!」
カガリ 「カガリをやらせはしない!」
    「カガリ、君は俺が守る!」
ムウ 「一佐、後は自分が!」
マリュー 「ラミアス艦長!後退を!」
ラクス 「大丈夫か、ラクス!?」
イザーク 「イザーク、相変わらずだな!」
ディアッカ 「ディアッカ、お前は下がれ!」
タリア 「ミネルバをやらせるか!」
ハイネ 「ハイネ!俺がカバーする!」
攻撃
レイ 「レイ!お前も議長も、間違っている!」
   「どうしても敵対するのか、レイ!」
   「そこをどけ、レイ!」
ゴオ 「何とか動きを止めないと…!」
   「彼を失えば、悲しむ人が大勢いる!」
   「シングルドライブのゴーダンナーで、ここまで戦えるなんて…!」(反撃)
   「猿渡ゴオ、やはり…強い!」(反撃)
被ダメージ 
レイ 「レイ!気持ちだけで俺は倒せないぞ!」
   「よせ、レイ!議長の言いなりになっては駄目だ!」
   「くっ!レイ、俺は…!」
   「あの戦い方…あれではまるで…!」
   「くっ!レイのあの力…どこから来る!?」
回避
レイ 「レイ…お前、まさか…」
   「やはり来たか、レイ…」

カガリ・ユラ・アスハ
援護攻撃
シン 「シンに続くぞ!」
キラ 「キラ、後は任せろ!」
   「キラの作った隙をつけば!」
アスラン 「アスラン、お前は先に行け!」
     「支援するぞ、アスラン!」
援護防御
シン 「シン、ここは私が引き受ける!」
キラ 「キラ!無茶し過ぎだ!」
アスラン 「早く逃げろ、アスラン!」
     「死なせないからな、お前!」

マリュー・ラミアス
援護攻撃
タリア 「ミネルバの援護を!」
キラ 「キラ君の援護を!」
ムウ 「フラガ機の援護を!」
ラクス 「エターナルに続いて、攻撃を!」
援護防御
タリア 「ミネルバの盾になります!」
キラ 「キラ君、アークエンジェルの影に入って!」
ムウ 「フラガ機の前に出ます!」
ラクス 「エターナルの盾になります!」

ムウ・ラ・フラガ
援護攻撃
シン 「後は俺に任せな、坊主!」
レイ 「レイ・ザ・バレル、ポジションチェンジだ!」
ルナマリア 「なかなかの攻撃だったぜ、お嬢ちゃん!」
キラ 「凄い奴だよ、お前は!」
   「相変わらず凄い奴だよ、お前は!」
アスラン 「続かせてもらうぞ、アスラン!」
     「お前も腕を上げたな、アスラン!」
マリュー 「マリュー、俺も続けていくぜ!」
     「アークエンジェルを援護する!」
ラクス 「凄いもんだねえ。歌姫の艦は!」
    「相変わらずみたいだな、ピンクのお姫様も!」
イザーク 「いい攻撃だったぜ、イザーク!」
ディアッカ 「ディアッカ、年の功って奴を見せてやる!」
ステラ 「偉いな、ステラは」
援護攻撃
シン 「俺が盾になってやるぜ、坊主!」
   「坊主はやらせるか!」
レイ 「後退しろ、レイ・ザ・バレル!」
ルナマリア 「気を抜くなよ、嬢ちゃん!」
キラ 「余計な事に気を取られるな、キラ!」
   「らしくないぜ、キラ!」
アスラン 「たまには当てにしてくれよな、アスラン!」
マリュー 「俺の帰る場所を守るぜ!」
     「マリューは守ってみせる!」
ラクス 「こっちの旗頭はやらせん!」
イザーク 「油断するな、イザーク!」
ディアッカ 「お兄さんが助けてやるぞ、ディアッカ!」
ステラ 「二度もステラを失うわけには!」
攻撃
レイ 「レイ・ザ・バレル…奴と同じなのか!?」
   「レイ・ザ・バレルか!」
   「まさか、あいつ…親父と奴のように…」
被ダメージ
レイ 「やはりな…!この動き…奴と同じクセがある!」
   「何だ…?俺はあの機体に怯えてるのか…!?」
   「くっ!動きを読まれ…いや、察知されたのか…!」
回避
レイ 「お前さんの手の内は読めるんだよ!」
   「間違いない…この動き、奴と同じだ…!」

アンドリュー・バルトフェルド
援護攻撃
キラ 「いい攻撃だったぞ、キラ!」
アスラン 「アスラン、援護する!」
カガリ 「下がれ、カガリ!後はこちらでやる!」
マリュー 「さすがはラミアス艦長!お見事でしたよ!」
援護防御
キラ 「キラ、力尽きるにはまだ早いぞ!」
アスラン 「下がれ、アスラン!」
カガリ 「お前が落とされたらオーブはどうなる!」
マリュー 「フォローするぞ、アークエンジェル!」
ムウ 「鷹の丸焼きなんて見たくないんでね」
ラクス 「フォローするぞ、エターナル!」

ラクス・クライン
援護攻撃
タリア 「ミネルバの援護を!」
キラ 「フリーダムの援護を!」
アスラン 「ジャスティスに続くのです!」
マリュー 「アークエンジェルに続きます!」
援護防御
タリア 「本艦を盾に!ミネルバを守ります!」
キラ 「フリーダムは後退を!」
アスラン 「ジャスティスの前へ!」
マリュー 「本艦をアークエンジェルの前へ!」

ヒルダ・ハーケン
援護攻撃
キラ 「ラクス様のナイトに続くよ!」
   「キラ様、そいつは私がやるよ!」
アスラン 「かつての英雄の力はそんなもんかい?」
ムウ 「ナチュラルにしてはやるじゃないか!」
マリュー 「大天使様の援護なんて光栄だね!」
ラクス 「ラクス様、どこまでもお供しますよ!」
    「ラクス様、ここは私にお任せを!」
援護防御
キラ 「いくら特別でも数で来られちゃね!」
   「ラクス様が悲しむのを見たくないのさ!」
アスラン 「あんたの正義を貫くためにも…今は下がりな!」
ムウ 「ここは貸しにしておくよ!」
マリュー 「私らの大天使様はやらせないよ!」
ラクス 「ラクス様、お下がりください!」
    「ラクス様をやろうなんざ甘いんだよ!」

ステラ・ルーシェ
援護攻撃
シン 「シン!」
ムウ 「ネオの敵、ステラがやっつける!」
葵 「ステラ、くららを手伝う!」
援護防御
シン 「ステラがシン、守る!」
ムウ 「ネオッ!」
葵 「くららはステラが…!」
攻撃
シン 「知らない…あんたなんか知らない!!」
   「図々しい奴!消えろぉぉっ!!」
葵 「何なんだ、お前はっ!」

スティング・オークレー
援護攻撃
ネオ 「ネオに続く!」
援護防御
ネオ 「ネオ、俺が受け止めるぜ!」
攻撃
シン 「性能が互角なら、腕の違いを見せてやるぜ!」
   「覚悟しな、合体野郎!」
ガナーザクウォーリア 「赤いからって、強いわけじゃあるまい!」
被ダメージ
シン 「何だ?お前のは故障でもしてんのか?」
   「それで俺を倒すつもりか、新型!」
   「ハッ!とても兄弟機とは思えないぜ!」
   「くっ…!やるじゃねえか、合体野郎!」
   「あの新型、味な真似を!」
   「ちいっ!合体野郎め、よくも!」
   「くっ!あのパイロット…ただじゃ済まさんぞ!」
回避
シン 「拍子抜けだな、ガンダム!」
   「おいおい!それでもザフトのエースかよ!」

ネオ・ロアノーク
援護攻撃
スティング 「スティング、悪いがとどめはもらうぞ!」
援護防御
スティング 「後退しろ、スティング!」
攻撃
シン 「今さら許しを請う気はないが…!」
   「坊主!あれに誰が乗っているのかわかっているのか!?」
レイ 「何なんだ、君はいったい!?白い坊主君!」
    「何だ、あいつ…!この感じは…!」
ルナマリア 「そんな機体に乗っているのに、射撃は苦手と見たね!」
キラ 「いつまでも自由にやらせておくつもりはないんでな!」
   「奇妙な乱入者君はご退場願おう!」
アスラン 「隊長同士、勝負と行こうか!」
タリア 「俺はその艦が嫌いでね!」
    「因縁の決着と行こうか!」
マリュー 「大天使様が相手だろうと!」
     「アークエンジェルか…!」
ガナーザクウォーリア 「赤いからって止まるわけにはいかないな!」
インパルスガンダム 「連合もザフトも、似たような機体を作るもんだ!」
被ダメージ
シン 「その程度じゃ物足りないな、ザフトのエース君!」
   「あんまりいい気になるなよ、ザフトのエース君!」
   「くっ!さすがはザフトの虎の子の機体だ!」
   「この実力…!強いのは機体とパイロット…どっちだ!?」
レイ 「それじゃ俺は落ちないぞ、白い坊主君!」
   「面白くないな、こうも君にやられると…!」
   「相性がいいのか、悪いのか…奇妙な相手だよ!」
   「くっ!相性は最悪と見るべきだな!」
キラ 「くっ!やはり一筋縄ではいかん相手だったか!」
   「何だ、この動き!?どこかで…!?」
タリア 「ちっ!アーモリーワンで出航前に潰しておけばよかったよ!」
    「さすがはザフトの最新鋭艦、やってくれるよ!」
ガナーザクウォーリア 「まずいな…赤い機体はエースの証だったか!」
赤服 「ザフトの赤服も程度が落ちたもんだ!」
   「二年の間にザフトの質も落ちたもんだ」
   「ザフトも寝ぼけてるわけじゃなさそうだ!」
   「ぬっ!ザフトのエースがここにもいたか…!」
   「っと!赤服を少し甘く見すぎていたか!」
   「この実力…!伊達に赤じゃないか!」
回避
レイ 「君の攻撃に当たる俺じゃない」
   「何故だろうね…君の攻撃してくるタイミングがわかる」
キラ 「来たな、フリーダム!」
   「殺気のない攻撃なんて怖くないんだよ!」
タリア 「そんな艦砲射撃に当たるわけがないだろう!」
    「新鋭艦が泣いているってもんだ」
赤服 「それで赤服とはね…。ザフトも人手不足なのかな?」
インパルスガンダム 「機体のパワーに頼ってるからそうなる!」

サトー
攻撃
ザフト 「パトリック ザラの執った道こそ唯一正しかったと何故気付かぬか!」
    「クライン派に飼いならされた者共などに!」
    「貴様らもザフトなら分かるだろう!我らの想いが!」(反撃)
    「ザフトといえど邪魔をするならば葬り去るのみ!」(反撃)

連合軍兵
攻撃
キラ 「キラ・ヤマトめ!やはり我らに敵対するのか!?」
インパルスガンダム 「ザフトの新型とて!」
          「新型だろうと怯むものか!」
ガンダム系 「ガンダムのことはよく知っているんでな!」
       「ガンダムタイプが何だというんだ!」
       「ガンダムと言えど!」
       「あれもガンダムなのか…!?」
       「ガンダムを落とせば、俺もエースだ!」
戦艦 「ブリッジを潰す!」
    「デッキを破壊する!」
    「母艦を沈めれば!」
    「砲台を無力化する!」
ザフト系 「くたばれ、空のバケモノ!」
      「調子に乗るなよ、コーディネーターめ!」
      「滅びろ、コーディネーター!」
      「貴様らがユニウスセブンを落とさなければ…!」
被ダメージ
キラ 「ちっ!本気で戦いを止めようと言うのか…!」
    「ぐっ!だが、直撃させてこないのなら!」
    「フリーダムめ!とどめを刺さんつもりか!?」
インパルスガンダム 「あれがザフトの新型の力か!」
ガンダム系 「くそっ!ガンダムめ!」
       「ガ、ガンダムに落とされるわけには!」
       「ガンダムの名は伊達じゃないらしいな…!」
       「ちっ!量産型とは一味も二味も違う!!」
       「お、俺だってガンダムに乗れば!」
       「相手がガンダムでも、やりようはあるはずだ!」
戦艦 「戦艦の火力とて、受け方しだいで!」
    「あの火力でこの程度!?訓練の成果だな!」
    「くっ…!これを突破さえすれば…!」
    「くっ!まだだ、艦を落とすまでだ!」
    「せ、戦艦の火力の前では…っ!」
    「な、何という火力だ!!」
ザフト系 「機体がそれでは意味があるまい、コーディネーター!」
      「ナチュラルだからと甘く見たな!」
      「口ほどにもないぞ、コーディネーター!」
      「我々と大差ないようだな、コーディネーター!」
      「コーディネーターめ、よくも!」
子供 「ううっ、子供だと侮ったか!」
回避
キラ 「威嚇だとでも言うのか…?」
インパルスガンダム 「新型は欠陥機のようだな!」

連合軍艦長
攻撃
キラ 「奴め…!何度我らの前に立ち塞がるというのだ!」
    「これ以上戦場を混乱させてはならん!落とせ!」
マリュー 「裏切り者のアークエンジェルめ!」
ザフト系 「空のバケモノ共を掃討せよ!」
      「大義はこちらにある!コーディネーター相手に遠慮はいらんぞ!」
被ダメージ
キラ 「奴は直撃させてこない!落とすなら今だ!」
    「ちっ…!余裕を見せつけているつもりか!」
    「ちぃっ!フリーダムめ!」
    「テロリストの世迷言に、耳を貸してはならん!」
    「このままでは丸裸にされる!」
    「こ、これでは生殺しではないか!」
ザフト系 「くっ!ザフトなどに!」
      「どうした、コーディネーターめ!」
      「気後れするな!敵はバケモノなのだ!殲滅せねばならんのだ!」
      「コーディネーターめ…!やはり、奴らは!」
      「やはり…プラントから根絶やしにせねば…!」
      「まだだ!忌々しい砂時計を全て破壊するまでは!」

オーブ兵
攻撃
キラ 「フリーダムに勝てるとは思えんが…!」
ザフト 「ザフトを倒す!それが我々に下された命令だ!」
    「今の我らにとって、ザフトは敵なのだ!」
被ダメージ
キラ 「手加減は無用だ、フリーダム!」
   「フリーダム…!さすがに速い!」
   「ただでは下がらんぞ、フリーダム!」
   「フリーダムに敵わないとしても、退くわけにはいかんのだ!」
   「や、やはりフリーダムを抑える事など…!」
   「ぐうっ!そうだ…それいいのだ、フリーダム!」

ザフト兵
攻撃
シン 「な…デスティニーだと!?」
   「議長を裏切るつもりか!」
インパルスガンダム 「敵機捕捉!インパルス…!」
          「くっ!インパルスまでもが離反するとは…!」
セカンドステージ 「セカンドステージの機体と戦うことになるとは!」
         「その機体、本来は我々のものなのだ!」
キラ 「大人しく眠っていればいいものを!」
   「またも我らの邪魔をするか!」
アスラン 「何度我らを裏切るつもりだ!アスラン・ザラ!」
     「今更、貴様が出てきたところで!」
ラクス 「兵士や民を扇動するのなら、お前は逆賊だ!」
被ダメージ
キラ 「手加減をしてるつもりか、キラ・ヤマト!」
   「お、おのれ、フリーダム!」
   「ぐうっ…!貴様らの行動は偽善に過ぎない!」
アスラン 「同胞を討つつもりはない、という事か…!」
     「だ、駄目だ!とてもFAITHには勝てない!」
回避
キラ 「コックピットを狙ってこないのは、わかっている!」
   「そんな力で戦争を止めるだと?笑わせてくれる!」
インパルスガンダム 「データはあるのだ…避けるくらいは!」

ザフト艦長
攻撃
シン 「デスティニー…!その刃をプラントに向けるのか!」
キラ 「フリーダムを落とせ!」
アスラン 「FAITHが敵に回るとは!」
マリュー 「目標、アークエンジェル!砲撃開始!」
ラクス 「…クライン派か…惑わされてはならんぞ!」
戦艦 「テロリスト共の艦だ!確実に仕留めろ!」
被ダメージ
シン 「血迷ったか、デスティニー!」
キラ 「うぐっ!は、早くフリーダムを落とせ!」
   「止めは刺さんと言うのか、フリーダム…!」
マリュー 「おのれ、足つきめ!」
ラクス 「クライン派め、まともに相手をする気はないというのか…?」
    「クライン派め、無駄な抵抗を!」
    「奴らめ、ついに本性を現し始めたな!」
アスラン 「裏切り者め!貴様に情けをかけられる覚えはない!」
     「くううっ!裏切り者め!!」
回避
キラ 「わざと外したとでも言うのか!?」
ラクス 「力を以って示さねば、我らザフトは止められんぞ!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:33 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
鉄のラインバレル・1
早瀬 浩一
援護攻撃
一鷹 「南雲、こっちは任せろって!」
カトル 「カトルには借りがあるからな!」
森次 「森次さん、あとは俺がやりますよ!」
   「援護攻撃くらいこなしてみせますよ!」
山下 「山下、後は俺とラインバレルに任せろ!」
   「山下、そんな奴に何手こずってんだよ!」
   「ひとりで勝手に無茶しやがって!」(後半)
   「山下君、ナイスな展開だぜ!」(後半)
美海 「九条さんの造ったチャンス、活かしてみせるぜ!」
   「待てって、九条さん!」
   「美海、詰めは俺がやる!」(後半)
   「美海、フォローは任せろ!」(後半)
シズナ 「イズナ、よくやったな!あとは任せとけ!」
    「俺も見せてやるよ!美しくスマートな戦いってやつを!」
矢島 「矢島、あとは俺に任せろ!」
   「俺達の連携見せてやるぜ!」
道明寺 「加勢するぜ、道明寺!」
    「俺だって強くなってるってとこ見せてやるぜ、道明寺!」
沢渡 「共同戦線だし、手を貸してやるよ!」
   「お前らの事、許したわけじゃないからな!」
ユリアンヌ 「アルマなんだから無理すんなって!」
      「速過ぎだっての…!援護する方の事も考えろよ!」
宗美 「宗美さん、援護しますよ!」
   「宗美さん、お待たせしました!」
ジャック 「ジャックさん、助太刀するぜ!」
     「その強さで六番隊って!」
シンジ 「碇、あとは俺がやる!」
    「あとは俺に任せろ、碇!」
主人公系 「ヒーローの手助けをしてこそ、正義の味方だろ!」
早瀬軍団 「早瀬軍団の連携、見せてやるぜ!」
援護防御
一鷹 「南雲、油断すんな!」
カトル 「お前の相手はカトルじゃない!俺だっ!」
森次 「不要なんて言わせませんよ!」
   「森次さん、ここは俺が…!」
山下 「無茶すんな、山下!」
   「山下、前に出過ぎだ!」
   「生きてるか!?山下君!」(後半)
   「山下君、助けに来たぞ!」(後半)
美海 「九条さんはやらせない…!」
   「九条さん…!待ってろ、今…!」
   「大丈夫か、美海!」(後半)
   「美海…!」(後半)
シズナ 「何やってるんだよ、お前ら!」
    「シズナ、ここは俺が何とかする!」
矢島 「矢島、今度は俺がお前を守る番だ!」
   「二度と矢島は死なせない!」
道明寺 「それでも早瀬軍団かよ!」
    「お前、ホントのん気だよなぁ」
沢渡 「おっさん、下がれって!」
   「おっさん、無茶すんなって!」
ユリアンヌ 「べ、別に何も期待してないって…!」
      「あんた死にたいのかよっ!?」
宗美 「宗美さん、危ない…!」
   「いくらタリスマンでも…!」
ジャック 「ジャックさん、俺が盾に…!」
     「突っ込みすぎだぜ、ジャックさん!」
シンジ 「碇、先輩を頼ってもいいんだぜ!」
    「後輩を見捨てる俺じゃない!」
主人公系 「ヒーローはこんなところで倒れちゃダメなんだ!ここは俺が守る!」
早瀬軍団 「軍団員をやらせるかっての!」
攻撃
一鷹 「お前は友達を騙る詐欺師だ!悪はこの俺が倒す!!」
   「南雲はただの中学生だ!正義の味方の俺とは違う!!」
   「俺の友達が、んなロボットに乗ってるわけないだろ!」
   「あくまで南雲だって言い張るのか!なら、何で俺に攻撃してくるんだ!」(反撃)
   「化けの皮が剥がれたな!友達なら俺を攻撃するわけがない!」(反撃)
森次 「森次さん、あんた一体何なんだよ!」
   「何やってんだよ、森次さん!」
   「石神のおっさんを、何で撃ったんだよ!」
   「そんなに人をコケにして楽しいのかよ!」
   「あんたが相手でも、必ず勝って世界の全てを守ってみせる!」
   「上等だぜ!やってやるよ、森次さん!」(反撃)
   「いつまでも人を見下してんじゃねえ!」(反撃)
山下 美海 シズナ 「他のアルマと違うんだろうが、所詮ラインバレルの敵じゃないぜ!」
          「お前も俺のラインバレルを奪いに来たんだな!」(反撃)
          「ラインバレルは俺のものだ!誰がお前らなんかに!」(反撃)
道明寺 「調子いい事いいやがって…この嘘つき野郎!」
    「森次さんだけじゃなくお前もかよ、道明寺!」
沢渡 「俺の町を襲ってきやがった奴だな!」
ユリアンヌ 「速さだけで勝てると思うなよ!」
      「ガキだと思ってたら、痛い目にあうぜ!」
ジャック 「小さくて素早くても、当てさえすれば!」
     「人間サイズのアルマ…!?」
デミトリー 「前の俺とは一味違うってとこ、見せてやるよ!」
宗美 「なんで異世界の奴らなんかに加担してんだよ!」
   「加藤機関のマキナか、上等だよ!」
マサキ 「そこまでだぜ、デカブツ野郎!」
    「デカイって事は、それだけ当てやすいって事だろ!」
マサキ(最終) 「グダグダと御託ばっか並べやがって!」
       「どうやらお前を倒さないと、先へは進めないようだな!」
マサキ(第37話) 「よくも城崎をーっ!」
        「殺してやる…殺してやる…殺してやるぅぅぅーっ!」
桐山 「あんたのしている事は、正義なんかじゃない!」
   「俺は…あんたの正義を全力で否定してやる!」
   「うっとおしい奴だな、あんた!」(反撃)
   「中学生パワーをナメんなよ!」(反撃)
矢島 「今度こそケリをつけようぜ、矢島!」
   「俺は何と言われようが後悔しない。城崎にこの力をもらった事を!」
   「また俺に守られろって言いたいのかよ!?」(反撃)
   「俺だってバカなりに考えて、ここまで来たんだよ!」(反撃)
加藤機関隊長 「アルマなんて、ラインバレルの敵じゃないんだよ!」(初期)
       「俺がいる限りこの町で好きにはさせない!」(初期)
       「性懲りもなくラインバレルを狙いに来たのか!?」
       「他のアルマと違うって事は、こいつが隊長機か!」
加藤機関兵 「俺は正義の味方として…お前ら加藤機関を必ず倒す!」
      「加藤機関…!」
量産型マキナ 「俺は人間だ。正義の味方だぁぁぁーっ!」
       「マキナなんかになってたまるか!」
ダイヤ 「このガイキングの偽者め!」
    「お前は偽者だ!つまり悪だ!!」
    「色を塗り忘れるなんて、さすが偽者だな!」
葵 「何でダンクーガが俺のラインバレルを欲しがるんだ!」
  「ダンクーガも正義の味方だと思っていたのに!よくも俺を裏切ったな!!」
  「正義の味方は俺だ!お前じゃない!」
ハグレマキナ 「テメェだけは絶対に逃がさねえ!!」
       「よくも矢島をぉぉぉーっ!」
       「しぃぃぃねぇぇぇーっ!!」
       「矢島…矢島…矢島ぁぁーっ!!」
セントラル 「お前を倒して世界を救う!それが俺の正義だ!」
      「誰がお前なんかとひとつになるかよ!」
      「俺はお前らから世界を守る正義の味方だぞ…!?」 「ぜってぇ負けらんねえんだよっ!」(反撃)
      「退けねえ…ここだけは絶対に退けるかぁぁぁっ!」(反撃)

城崎 絵美
攻撃
道明寺 「道明寺君、退いてください!」
    「早瀬君がこんな時に…!」
    「道明寺君、あなたという人は!」(反撃)
    「早瀬君のお友達でも許さない…!」(反撃)

森次 玲二
援護攻撃
浩一 「早瀬、正義の味方を名乗るなら、まずはその甘さを捨てることだ…!」
   「早瀬、バックアップは引き受ける!」
山下 「山下、よくやった。残りは私がやる!」
   「この距離はハインドよりも私とヴァーダントの距離だ!」
美海 「九条、敵機の誘導よくやった!」
   「九条、詰めが甘いぞ!」
シズナ 「イズナ、バックアップはこちらに任せておけ!」
    「シズナ、バックアップはこちらに任せておけ!」
    「ディスィーブは他の友軍機の援護に向かえ!」
道明寺 「桐山の作った迅雷か…」
    「なるほど…確かに早瀬よりセンスはある」
矢島 「敵は、長距離戦に長けたアパレシオンだけではないということだ!」
   「まだこちらからの攻撃は可能だ」
ジャック 「お前と組むことになるとはな」
     「私が手を貸そう」
沢渡 「自称加藤機関のエースの実力、確かに見せてもらった」
   「イダテンのバックアップに入る」
沢渡(敵) 「所定のポイントに到着、援護を開始する」
ユリアンヌ 「ユリアンヌ、あとは私が処理しよう」
      「ツバキヒメによる敵機の足止めを確認した!」
ユリアンヌ(敵) 「ツバキヒメの援護行動に入る」
宗美 「ヴァーダントはこれよりタリスマンの支援行動に入る!」
   「この距離はヴァーダントの距離でもあるということを忘れては困るな」
宗美(敵) 「タリスマンの攻撃だけでは足りないか」
援護防御
浩一 「早瀬、お前の正義とはその程度か!」
   「情けないぞ、早瀬!」
山下 「山下、お前はまだ私に頼るつもりか?」
   「目の前の戦いに集中しろ、山下!」
美海 「ペインキラーはそのまま後退しろ!」
   「九条、下がれ!」
シズナ 「シズナ、何をしている!」
    「イズナ、何をしている!」
    「ディスィーブはここを後退しろ!」
矢島 「それでもファクターか?」
矢島 道明寺 「お前が落ちると早瀬が面倒だからな」
道明寺 「迅雷はここを離れ友軍の援護を!」
沢渡 「熱くなり過ぎだな…冷静になれ」
   「加藤機関のエースもこの程度とはな」
ユリアンヌ 「戦いに集中しろ!」
      「ツバキヒメで回避しきれないとはな」
ジャック 「お前もヤキが回ったようだな」
     「お前の身体能力もその程度か」
宗美 「タリスマンはこの場を即時撤退!」
   「いくらタリスマンといえど…!」
攻撃
浩一 「ラインバレルを無力化する!」
   「ここまでにしてもらおうか、早瀬!」
   「死なない程度にやらせてもらう!」(反撃)
   「何を言っても無意味か!」(反撃)
浩一(第08話A) 「ファクターが制御しきれていない…この上なく厄介だな」
        「ラインバレルが暴走とはな!」
        「ファクターとして覚醒したか…しかし!」(反撃)
        「ヴァーダントが怯えるほどの力か、面白い!」(反撃)
浩一(敵時) 「早瀬、どれほど力をつけたか見せてみろ」
      「いくら正義を語っても…実行できなければただの戯言だ」
      「早瀬、どれほど力をつけたか見せてみろ」
      「私と戦ってもらうぞ…早瀬」
      「人を救えぬ正義になど意味はない!」(後半)
      「正義の味方が聞いて呆れる」(反撃)
      「今日も私に負けて、また涙を流すか?」(反撃)
      「早瀬、お前は私に勝てない」(反撃)
      「抗ってみろ正義の味方。できないのなら…ここで死ね!」(反撃) (後半)
山下 「山下、お前も早瀬のように抗って見せろ!」
   「自分がいかに未熟で力のない存在か、その身で実感させてやろう!」
   「戦えるか?この私と!」
   「言いたいことは…それだけか?」(反撃)
美海 「九条、私に勝てると思っているのか?」
シズナ 「私に幻覚が通じるか、試してみるか?」
矢島 「もう一度死んでみるか?」
道明寺 「特自上がりに私の相手が務まるか?」
沢渡 「同じ近距離タイプのアルマか」
ユリアンヌ 「私に色気などという物は無意味!」
ジャック 「加藤機関を抜けてまで、私と敵対するか」
デミトリー 「銃火器に特化しているようだが、撃たせる前に終わらせれば問題ない」
宗美 「その名どおりの防御力かどうか、試してやろう!」
マサキ 「グラン・ネイドル…その力、見せてもらおう」
    「とんだ大物がかかったな」
マサキ(最終) 「我々はお前達とひとつになる事など望んでいない!」
       「生憎だが、それ以上先に進ませるわけにはいかん!」
ハグレマキナ 「この機体…加藤機関か!?」
       「力づくで取り押さえる!」
加藤機関隊長 「隊長格だろうが問題ない!」
加藤機関兵 「加藤機関は我々が駆逐する」
      「調子にのるなよ…テロリストが!」
量産型マキナ 「心なきマキナなどに!」
       「お前達とひとつになどなるつもりはない!」
セントラル 「我々はお前達とひとつになる事など望んでいない!」
      「生憎だが、それ以上先に進ませるわけにはいかん!」
      「目標から仕掛けてきたか。あまりに軽率な行動だな」(反撃)
      「社長や久嵩の意志を無駄にするつもりはない!」(反撃)
被ダメージ
浩一 「少しはできるようになったと思っていたが、この程度か」
   「私がいなければ、JUDAの主戦力などこの程度か」
   「前に戦ったときとお前は何も変わっていないな、早瀬」
   「私を殺す事すらできないとはな…」
   「ぐっ…やはりラインバレルは特別か」
   「なるほど…少しはできるようになったようだな」
回避
浩一 「相変わらずの力任せか…!」
   「ヴァーダントの死角に気づいたのは褒めてやろう。だが来るのが分かれば対応は可能だ」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:28 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)
鉄のラインバレル・2
山下 サトル
援護攻撃
一鷹 「南雲、後始末は僕がやっとくよ!」
浩一 「ラインバレルのバックアップは僕が!」
   「早瀬にばっか、いいとこ取られてたまるかっての!」
森次 「森次さん…!やっぱり、すごい…!」
「森次さん、あとは僕に任せて下さい!」
美海 「美海さん、バトンタッチ!」
   「美海さん、あとはハインドが引き受けるッス!」
シズナ 「イズナ、次は僕が行かせてもらうよ!」
    「JUDAのコンビネーション、見せてやるよ!」
道明寺 「道明寺だけじゃないよ!」
    「道明寺、暴れ過ぎだって!」
矢島 「矢島君、サポートに入るよ!」
   「アパレシオンが仕掛けた今なら!」
沢渡 「加藤機関にいいとこ取られてたまるかっての!」
   「ダテに隊長じゃないって事ッスか!」
ユリアンヌ 「ツバキヒメほど速くないけどやってみせる!」
      「後は僕とハインドに任せてもらうッスよ!」
ジャック 「ジャックさん、僕も続きます!」
     「奴がジャックさんに気を取られてるうちに!」
宗美 「タリスマンだけじゃないッスよ!」
   「宗美さん、便乗させてもらいますよ!」
援護防御
一鷹 「南雲、狙われてるって!」
浩一 「もう安心していいよ、早瀬!」
   「何やってんのさ、早瀬!」
森次 「森次さん、ここは僕が…!」
「森次さんに近付くなぁぁぁーっ!」
美海 「美海さん、ここは退いてください!」
   「ペインキラーはやらせないっスよ!」
シズナ 「シズナ、ここは貸しにしとくよ!」
    「ディスィーブはやらせないっスよ!」
矢島 「矢島君、下がって…!」
   「アパレシオンじゃ、こいつは無理だ!」
道明寺 「突っ込み過ぎだよ、道明寺!」
    「道明寺、危ないっ!」
沢渡 「貸しを作るのも悪くないッスね!」
   「しょうがないッスね!」
ユリアンヌ 「ハインドの装甲なら耐えられる!」
      「何やってるんスか!」
ジャック 「ジャックさん、ハインドの後ろに…!」
     「ジャックさん、大丈夫ッスか!?」
宗美 「いくらタリスマンでも無茶ッスよ!」
   「宗美さん、奴は僕が食い止めます!」
攻撃
浩一 「素人ファクター君なんかには負けないッスよ!」
   「僕達と一緒にJUDAに行こう!」
   「手間かけさせないでほしいんだけど!」(反撃)
   「これだから素人ファクターは!」(反撃)
浩一(第08話) 「ったく、こんなところで暴れんなっつーの!」
       「暴れるしか能がないのかっての!」
浩一(第08話A イベント後) 「こいつは早く止めないと!!」
              「何なんスか、このマキナは!」
森次 「森次さん…一体どうして!?」
   「見損ないましたよ、森次さん!」
   「僕が…森次さんを終わらせる…!」
   「なんで…なんでッスか!?森次さん!」
   「訳わかんないッスよ、森次さん!何でなんスか!?」(反撃)
   「こんなのないッスよ、森次さん!」(反撃)
ユリアンヌ 「マキナに勝てると思ってるんスか?加藤機関のオバさん!」
宗美 「加藤機関のマキナか!」
   「近距離戦でも受けて立つッスよ!」
桐山 「森次さんには悪いけど、こいつだけは!」
   「変形できるくらいで良い気になるなよ!」
ハグレマキナ 「何考えてんだ、このマキナのファクターは!」
       「どこから来たんだよ、コイツは!」
マサキ(最終) 「命に代えてもお前らだけは倒す!」
       「お前らを受け入れる気はない!」
加藤機関隊長 「これからやられる自分の姿を想像するんだね!」
       「加藤機関は僕らが叩き潰す!」
       「加藤機関は僕らJUDAが倒す!」
       「アルマがマキナに勝てると思ってるんスか?」
加藤機関兵 「加藤機関に遠慮はしないッスよ!」
      「加藤機関のザコに用はないんだよね!」
量産型マキナ 「機械なんかに負けるかっての!」
       「異世界の奴らの好きになんかさせないっての!」
       「機械人間はこっち来んなっての!」(反撃)
       「僕らファクターを侮ってもらっちゃ困るッスよ!」(反撃)
セントラル 「命に代えてもお前達は倒す!」
      「お前らを受け入れる気はない!」
      「誰がお前らなんかと一緒になるかっての!」(反撃)
      「とことん抵抗させてもらうッスよ!」(反撃)
被ダメージ
森次 「そんなんじゃ僕は落ちませんよ!」
   「仲間を騙して、傷つけて…それが森次さんのやりたい事だったんスか!?」
   「こんなのが森次さんの正義なんスか!?」
回避
森次 「馬鹿にするなぁぁぁーっ!!」

九条 美海
援護攻撃
浩一 「がんばろ、浩一君!」
   「やっぱり浩一君はカッコいいな…」
森次 「マキナとの連戦ならどう!?」
   「あとは私だけで大丈夫です、森次さん!」
山下 「サトル君、援護するね!」
   「ハインド・カインドのサポートに入ります!」
シズナ 「ディスィーブの攻撃を無駄にはしない!」
    「イズナ君、連携で行くよ!」
道明寺 「迅雷のバックアップは私が!」
    「道明寺君、追撃は私が!」
矢島 「アパレシオンの牽制に合わせれば!」
   「矢島君、それじゃあ足りない!」
沢渡 「イダテンに続けて行きます!」
   「加藤機関に負けてられない!」
ユリアンヌ 「ツバキヒメのスピードに対応できてない今なら!」
      「パワー不足は攻撃を重ねれば!」
ジャック 「ジャックさんの近距離攻撃だけじゃない!」
     「ジャックさん、後は私が!」
宗美 「タリスマンの攻撃だけじゃ終わらない!」
   「サポートは任せてください、宗美さん!」
援護防御
浩一 「浩一君は…私が守る!」
   「浩一君の助けになりたい!」
森次 「森次さん、危ない!」
「私でも森次さんの盾くらいなら!」
山下 「サトル君は私が守る!」
   「サトル君、後退を!」
シズナ 「シズナちゃん、ここは任せて!」
    「シズナちゃん、イズナ君!」
矢島 「助けに来たよ、矢島君!」
   「矢島君、下がって!」
道明寺 「道明寺君、ここは私が代わりに…!」
    「迅雷の装甲じゃ…!」
沢渡 「敵機が接近中、気をつけて!」
沢渡 ユリアンヌ 「その攻撃はアルマの装甲じゃ…!」
ユリアンヌ 「ここはペインキラーが引き受けるから!」
ジャック 「ペインキラーの後ろに隠れて!」
     「このままじゃジャックさんが…!」
宗美 「宗美さん、ここは引き受けます!」
   「タリスマンはやらせない!」
攻撃
浩一 「いけません!そんな戦い方では周辺地域が!」
   「止めなくちゃ、早瀬君を!」
   「そんな風に力を使っちゃいけない!」(反撃)
   「むやみに戦うだけが、正しいわけじゃないの!」(反撃)
浩一(第08話) 「もう止めてください!」
浩一(第08話A イベント後) 「何としてもラインバレルを止めないと!」
              「怒りで我を失ってる…だったら!」
              「止めてください、早瀬君!」(反撃)
              「そんな風に力を使っちゃいけない!」(反撃)
森次 「森次さん!何を考えてるんですか!?」
   「森次さん…どうして!」
   「馬鹿にするなぁぁぁーっ!!」(反撃)
ユリアンヌ 「いくら速くても、当てられさえすれば!」
ジャック 「このサイズ差なら負けっこない!」
宗美 「あの槍にさえ注意すれば勝機はある!」
   「加藤機関のマキナ…!」
マサキ 「なんて大きなマキナ…!」
    「マキナ同士なら、やってみなきゃわかんないでしょ!」
マサキ(最終) 量産型マキナ  「この世界を…浩一君が守ろうとしてる場所を絶対守る!」
              「私達の世界を好きにはさせない!」
              「異世界からの侵略は私達がさせない!」
              「私達の世界を守らなくちゃ…!」(反撃)
              「マキナ人間なんかに負けてられない!」(反撃)
ハグレマキナ 「こいつのせいで早瀬君が!」
       「所属不明のマキナだなんて!」
迅雷AI 「特自の迅雷…!?」
     「機械なんかに負けない!」
加藤機関隊長 「アルマなんかに負けられない!」
       「加藤機関は私達JUDAが!」
       「今度の狙いは何なんですか!」
       「加藤機関…!」
加藤機関兵 「加藤機関は私達が倒す!」
      「加藤機関の好きにはさせない!」
セントラル 「この世界を…浩一君が守ろうとしてる場所を絶対守る!」
      「私達の世界を好きにはさせない!」
      「浩一君へのこの気持ちは渡せない!」(反撃)
      「ここで止めなくちゃ…私が!」(反撃)

遠藤 シズナ
援護攻撃
浩一 「早瀬だけにええカッコさせられへん!」
   「早瀬、そこでウチらの活躍を指くわえて眺めてたらいいわ!」
山下 「山下、後はウチらに任しとき!」
   イズナ「特務室の連携、見せてあげますよ!」
美海 イズナ「ディスィーブはこれよりペインキラーの援護に入ります!」
   「ミウミウ、お疲れさーん!」
道明寺 「道明寺、何をチンタラやってんねん!」
    「道明寺、手ぇ貸したる!」
矢島 「新入りに手本見したるわ!」
   「矢島さん、追撃は僕達に任せてください!」
ジャック 「行くでぇ、ジャックはん!」
     イズナ「敵がジャックさんに気を取られてる隙に!」
沢渡 「しゃーない、助けたる!」
   「まっ、アルマにしてはやるやんか!」
ユリアンヌ 「オバハンだけにええカッコさせへん!」
      イズナ「加勢します!」
宗美 「タリスマンだけで終わりやない!」
   イズナ「姉さん、僕達も宗美さんに続くよ!」 「わかった!」
援護防御
浩一 「気ぃ付けや早瀬!」
   「アホのひとつ覚えで突っ走るんやない!」
山下 「山下、何しとんのや!」
   イズナ「山下さん、遅くなってすいません!」
美海 イズナ「美海さん、ここは後退して下さい!」
   「ミウミウ、助けに来たで!」
矢島 イズナ「間に合ったみたいですね!」
   「まっ、早瀬の親友らしいしな!」
道明寺 「それは迅雷じゃ無理や…!」
    「道明寺、ここは貸しにしたるわ!」
沢渡 イズナ「ちょっとは考えて動いてください!」
   「感謝せぇよ!」
ユリアンヌ 「共同戦線やし、助けたるわ!」
      イズナ「避けきれない分は僕達が!」
ジャック イズナ「ディスィーブが盾になります!」
     「ジャックはん、ここは任しとき!」
宗美 「無茶すんなぁ、宗美はんも!」
   イズナ「ここは僕達が凌ぎますから!」
攻撃
浩一 イズナ「早瀬さん!すぐに戦闘を停止してください!」
   「何勝手に暴れてくれてんねん!」
   「やるで、イズナ!こいつはどつかな分からんタイプや!」(反撃) 
   「自分、正義を履き違えとるわ!」 イズナ「ですからここは、大人しく投降してください!」(反撃)
森次 イズナ「森次さん、どうして…!」
   「この裏切りもんがぁぁぁーっ!」
   イズナ「やめようよ、姉さん!森次さんに勝てるわけないよ!」 「何ビビってんねや!やってみな分からんやろ!」(反撃)
ユリアンヌ イズナ「高速タイプのアルマだよ、姉さん!」 「んなもん関係あらへん!」
宗美 「このファクターの面汚しがっ!」
   イズナ「加藤機関のファクターさん、勝負です!」
マサキ 「あんだけデカいんや、外さへん!」
    イズナ「ディスィーブより大きい…!」 「ビビるんやない!」
マサキ(最終)  「こいつを倒さんと、ウチらの世界は終わりや!」
        イズナ「この世界の人間を、マキナ人間になんて絶対にさせない!」
桐山 「覚悟しぃや、桐山!」
   イズナ「有線が無線に勝てないかどうか、試してみますか?」
ハグレマキナ イズナ「こちらの指示に従う気がないのなら、強制的に取り押さえるだけさ!」
       「どっから沸いてきたか知らんけど、ウチらの仕事を増やしおって!」
加藤機関隊長 イズナ「加藤機関の野望は僕達が阻止してみせます!」
       「加藤機関の隊長さんかいな!」
       「アルマなんかに負けへん!」
加藤機関兵 「出よったな加藤機関!」
      イズナ「あなた達の好きにはさせません!」
量産型マキナ イズナ「お前ら全員、僕が食らってやる!」
       イズナ「何があっても人間をあんなものに…マキナ人間なんかにさせちゃいけないんだ!」
       イズナ「僕が今すぐお前達を解放してやる!」(反撃)
       イズナ「マキナ人間なんかに!」 「なってたまるかぁぁぁーっ!」(反撃)
セントラル  「こいつを倒さんと、ウチらの世界は終わりや!」
       イズナ「この世界の人間を、マキナ人間になんて絶対にさせない!」 
       イズナ「逃がすもんか!」 「せや!こいつ叩きのめしてみんなで帰るんや!」(反撃)
       「イズナ、こいつだけは…あとちょっと頑張ってや!」 イズナ「わかってるよ、姉さん!」(反撃)
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-12 22:24 | スーパーロボット大戦L | Comments(0)