タグ:スーパーロボット大戦W ( 15 ) タグの人気記事
オリジナル系
カズマ・アーディガン
援護攻撃
ブレス 「任せな、親父!とどめは俺がやる!」
     「ヤキが回ったな、親父!俺がフォローしてやるぜ!」
シホミ 「援護するぜ、姉さん!その代わり、給料アップを頼むぜ!」
     「甘いぜ、チイ姉!俺が手本を見せてやる!」
ヒイロ 「ヒイロ!こいつは貸しだぜ!!」
デュオ 「デュオ!美味しい所をありがとよ!!」
カトル 「OKだ、カトル!いただきだぜ!」
ノイン 「教官殿!特訓の成果をお見せします!!」
ブレード 「Dボゥイさん!あんたに続くぜ!!」
イーベル 「甘いぜ、ユミ!そこで俺のフォローを見てな!」
アキト 「よっしゃ、アキトさん!援護するぜ!!」
アキト(劇場版) 「アキトさん!こいつはいつかのラーメンの礼だ!」
オーガン 「上出来だ、トモル!俺も負けてられねえな!」
宗介 「手を貸すぜ、宗介!後は任せな!」
マオ 「サー、イエッサー!特訓の成果をお見せします!!」
凱 「さっすが勇者!俺も見習わせてもらうぜ!!」
甲児 「見てな、甲児!撃墜スコアは俺がいただきだ!」
鉄也 「さすがだぜ、鉄也さん!俺も続くぜ!」
竜馬 「OKだ、リョウ!次は俺の番だ!!」
キラ 「後は任せときな、キラ!」
ロウ 「ロウさん!今度、メシ奢ってくれよ!!」
劾 「続くぜ、劾!俺の腕を見てな!」
プレア 「無理すんな、プレア!俺に任せな!」
攻撃
アリア 「お前には聞きたい事がある!逃がしゃしねえ!!」
     「アリア!そっちがやる気なら、こっちも力尽くでいくぜ!!」
アプリカント 「てめえが誰だろうと関係ねえ!いくぞ!!」
        「うおおおおっ!勝負だ、アプリカント!!」
インファレンス 「覚悟しやがれよ、インファレンス!親父に代わってお仕置きしてやる!!」
         「インファレンス!そっちがその気なら相手になってやるぜ!!」
         「インファレンス!てめえには負けるわけにはいかねえ!」
クリティック 「てめえのみてえなド腹黒野郎は許しちゃおけねえ!」
        「批評家さんよ!叫ばせてやるぜ、ヒヒョーってな!!」
        「てめえ!何も産み出せねえくせに口だけは一丁前かよ!!」
ラダム系 「いくぜ!害虫退治だ!!」
テッカマン系 「いくぜ!マグロは酢飯とノリで巻いてやる!」 ミヒロ「それは鉄火巻だよ、お兄ちゃん!!」
        「スピードじゃ負けるが、つかまえちまえばこっちのもんだ!!」
木星トカゲ系 「いくぜ!今日は昆虫採取だ!」 ミヒロ「ゴキブリが出ませんように…」
ゾンダー系 「俺のトレイラー魂を機界化できると思うなよ!!」
甲児 「くそっ!マジンガーZと戦うはめになるなんて!!」
    「マジンガーは、味方じゃなかったのかよ!?」
機械獣 「来やがれ、機械獣!俺が相手になってやるぜ!!」
ガルラ系 「ファーラ姫のためにも負けてられねえぜ!」
ザフト系 「ここはザフっとやらせてもらうぜ!」 ミヒロ「…苦しいよ、お兄ちゃん…」
      「人間同士で争ってる場合じゃないっていうのによ!」
異星人系 「地球は絶対に渡しゃしねえ!」
       「まとめて地球から叩き出してやるぜ!」
       「とっとと自分の星に帰りやがれってんだ!」

ブレスフィールド・アーディガン
援護攻撃
カズマ 「上出来だ、カズマ。後は父の威厳を見せてやる」
     「仕方ないな…。親として青い尻をぬぐってやろう」
     「まだまだだな、カズマ。詰めが甘いぞ」
ユリカ 「援護するぞ、ミスマル艦長」
攻撃
異星人系 「地球は俺達の魂の故郷だ。お前達には渡さん…!」
       「さて、地球からお帰り願おう」
甲児 「マジンガーZが相手となると、分が悪いな!」
    「人質がいるから、手を抜くわけにはいかんな…本気でいかせてもらおう!」

アリア・アドヴァンス
攻撃
カズマ 「お姉ちゃん達とミヒロのためにも、あんたは倒す!」
     「あんただけには負けないんだから!」
     「馬鹿カズマ!あんたは絶対にあたしが倒す!」
シホミ 「ごめん、お姉ちゃん…少しだけ我慢してね!」
     「待っててね、お姉ちゃん、チイ姉ちゃん!迎えに行くから!」

アプリカント
援護攻撃
カズマ 「まだまだだな、カズマ・アーディガン。ケツの青みが取れていないぞ」
     「ブレスの代わりだ。今日は俺が援護してやる」
攻撃
カズマ 「カズマ・アーディガン…成長の跡が全く見られんな…!」
     「せめてお前は私の手で葬ってやる…!」
     「甘いな。悪いクセがそのまま残っている」
シホミ 「さすがだな、ヴァルストークの力、充分に引き出している」
     「ヴァルストークの力、見せてみろ…!」
クリティック 「ブレスフィールド・アーディガンの名において、お前を倒す!」
        「クリティック…お前の暴走は俺達が止める!」

インファレンス
攻撃
カズマ 「カズマ・アーディガン…君だけは僕が倒す…!」
     「カズマ・アーディガン、君の存在は目障りなんだ」
     「ヴァルザカード…その存在は許されないんだよ」 

インファレンス(最終)
攻撃
カズマ 「気に入らねえんだよ、ヴァルザカード!消えやがれ!!」
     「カズマ!てめえは俺の手で倒す!完膚なきまでにな!!」
     「てめえは目障りなんだよ、だから、叩き潰す!!」

クリティック
攻撃
カズマ 「ブレスフィールド・アーディガンの用意したカウンター…消去する…!」
     「ヴァルザカード…その存在は許されないのだ…!」
アプリカント 「私の中にあるお前への感情…ここで決別する…!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:52 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
ガンダムW
ヒイロ・ユイ
援護攻撃
デュオ 「詰めが甘いぞ、デュオ」
トロワ 「トロワ…援護する」
カトル 「カトル…後は任せろ」
五飛 「五飛…後は俺がやる」
ノイン 「ノイン…後は任せろ」
ゼクス 「ゼクス…援護する」
攻撃
五飛 「もうやめろ、五飛!」
    「お前が戦えば戦うほど、平和の犠牲が無駄になっていく!」
    「五飛、自爆スイッチを押せ!」
アスラン 「ターゲット、X303イージス…」 「…行くぞ!」
イザーク 「ターゲット確認、X102デュエル…」 「破壊する!」
ディアッカ 「目標確認、X103バスター…」 「火力の違いを…教えてやる!」
ニコル 「ターゲット確認、X207ブリッツ…」 「逃がしはしない!」
ザフトガンダム系 「フェイズシフト装甲か。ならば…」 「最大出力で直撃させるまでだ!」
            「装甲が何であろうと、破壊してみせる…」 「最大出力、攻撃開始!」
ガンダム系 「目標をガンダムタイプと確認」 「撃墜する」
        「ガンダムタイプ・ターゲット・ロックオン」 「攻撃開始!」
        「ターゲット確認、ガンダムタイプ…」 「破壊する」
        「ガンダムの使い方を教えてやる」 「…行くぞ!」
クルーゼ 「クルーゼ、ゼロが見せてくれた未来の中に…」 「お前は存在しない!」
       「貴様に人類を裁く権利などない!」 「クルーゼ…お前を殺す!」

デュオ・マックスウェル
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ!お前らしくねえな!」
     「ヒイロ、貸しにしとくぜ!」
カトル 「カトル!なんでも自分で背負い込むなよ!」
     「カトル!こっちからも行くぞ!」
トロワ 「トロワ!手を貸すぜ!」
     「トロワ!俺がケリをつけてやる!」
五飛 「手伝ってやるぜ、五飛!」
    「五飛!手伝うぜ!」
ノイン 「ノイン!俺にまかしてくれよ!」
ゼクス 「おかげで、隙ができたぜ!サンキュー、ゼクス!」
攻撃
ゼクス 「ゼクス!容赦はしないぜっ!」
甲児 「クソッ!コックピットに直撃だけはさけねぇと!」
    「マジンガーZが相手かよ!?」
    「しかたねぇ…たとえ超合金Zだろうと、斬り刻んでやるぜ!」
被ダメージ
ゼクス 「あいつがこの程度だとは思えねえが…!」
     「つうっ、さすがに手強いな!」
     「へへっ…さすがに奴相手じゃ、これ以上はキツいか…」


トロワ・バートン
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、援護する」
デュオ 「デュオ、こちらからも仕掛ける」
カトル 「カトル、後は任せてくれ」
五飛 「五飛、援護する」
攻撃
ヒイロ 「ヒイロか…」
デュオ 「デュオか…」
カトル 「カトル…どういうことだ?」
ガンダム系 「ガンダムには余程縁があるらしい」

カトル・ラバーバ・ウィナー
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、援護するよ!」
デュオ 「デュオ、後は僕が!」
トロワ 「トロワ、後は任せて!」
五飛 「五飛、続いて行きます!」
攻撃
トロワ 「トロワ…君なのか…!?」
五飛 「…仕方ありません。行きますよ、五飛!」
    「五飛…どうしても戦うのかい!?」
ガンダム系 「敵は…ガンダム…!」
甲児 「うまく避けてください!」
    「マジンガーZと戦うことになるなんて…」
    「なんとかマジンガーZを行動不能にさせないと…」

張五飛
援護攻撃
ヒイロ 「ヒイロ、そこをどけ!」
デュオ 「デュオ!後は俺がやる!」
トロワ 「トロワ!やつは俺が倒す!」
カトル 「カトル!後は俺がやる!」
攻撃
ヒイロ 「俺と貴様は同類だ!戦場でしか己の存在意義を見出す事が出来んのだ!」
     「兵器を捨て、兵士を捨てればそれで平和になるという考えは間違っている!」
     「俺は兵器として扱われた人間達の代弁者だ!」
     「俺はリリーナ・ピースクラフトを認めない!」
     「俺は貴様を含む、全ての兵士のためにたたかっている!」
     「俺は貴様と戦ってみたかった!」
ゼクス 「ゼクス…貴様は正しいのかっ!」
被ダメージ
ゼクス 「上等だ、ゼクス!最後まで相手になってやる!!」
回避
ゼクス 「ゼクス…それがお前の選んだ道かっ!!」

ルクレツィア・ノイン
援護攻撃
ゼクス 「あなたの傍から離れないと言ったはずです!」
攻撃
甲児 「くっ!マジンガーZの動きを止めねば!」
    「マジンガーを撃破するしか手はないのか!?」
    「マジンガー相手にどこまで戦えるか…?」

ゼクス・マーキス
援護攻撃
ノイン 「ノイン、下がれ!私が仕留める!」
     「さすがだな、ノイン!」
攻撃
五飛 「五飛、お前もトレーズの亡霊にとらわれているのか?」
マリーメイア兵 「トレーズの亡霊がさまよっている以上、大人しく棺桶の中で眠っているわけにはいかんのでな!」
          「第2のミリアルドを生み出させるような真似はさせん!」
          「平和に馴染めない男も、少しは役に立つということだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:50 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
テッカマンブレード
テッカマンブレード
援護攻撃
アキ 「アキ!俺と代わるんだっ!!」
    「アキ、無茶するな!!」
ノアル 「ノアル、後は任せろ!!」
     「ノアル、交代だっ!!」
バルザック 「バルザック、下がれ!後は俺がやる!」
        「どけっ!バルザック!!」
レイピア 「後は任せろ!ミユキ!!」
      「いいぞ、ミユキ!!」
イーベル 「ユミ!後は俺がやる!」
       「ユミ、ここは俺が!」
ベスナー 「ナターシャの攻撃に続く!」
       「さすがだな、ナターシャ!」
ゾマー 「よくやったな、ダービット!」
     「ダービット、交代だ!」
デッド 「まかせろ、デッド!」
     「デッド、援護する!」
攻撃
ダガー 「ダガー!貴様らの野望は、この俺が打ち砕く!!」
    「ダガー!貴様だけはゆるさん!!」
    「これで終わりだ、ダガー!!」
    「テッカマンダガー!!」
    「ダガー!ここで決着を付けてやる!!」
    「たとえこの身が砕けようとも…ダガー、貴様は倒す!」
    「テッカマンダガー!貴様はこの俺が倒す!!」
    「ダガー!!」
    「フリッツ!!」
    「ダガー!すぐに終わらせてやる!」
ランス 「ランス!貴様らの野望は、この俺が打ち砕く!!」 
    「これで終わりだ、ランス!!」
    「テッカマンランス!!」
    「ランス!ここで決着を付けてやる!!」
    「たとえこの身が砕けようとも…ランス、貴様は倒す!」
    「ランス!貴様だけはゆるさん!!」
    「ランス!!」
    「モロトフ!!」
アックス 「アックス!貴様らの野望は、この俺が打ち砕く!!」
     「これで終わりだ、アックス!!」
     「いくぞ!アックス!!」
     「テッカマンアックス!お前の相手は俺だ!!」
     「テッカマンアックス!!」
     「たとえこの身が砕けようとも…ランス、貴様は倒す!」
     「アックス!ここで決着を付けてやる!!」
     「アックス!!」
     「ゴダードッ!!」
     「いつまでも昔の俺だと思うな!ゴダード!!」
ソード 「ソード!貴様らの野望は、この俺が打ち砕く!!」 
    「これで終わりだ、ソード!!」
    「いくぞ!ソード!!」
    「テッカマンソード!お前の相手は俺だ!!」
    「テッカマンソード!!」
    「ソード!ここで決着を付けてやる!!」
    「ソード!!」
    「フォン!!」
エビル  「エビル…ッ」「貴様らの野望は、この俺が打ち砕く!!」
     「エビル!!」
     「エビルゥゥゥーッ!!」
     「たとえこの身が砕けようとも…エビル、貴様は倒す!」
     「シンヤァーッ!!」
     「これで終わりだ、エビル!!」
     「いくぞ!エビル!!」
     「テッカマンエビル!お前の相手は俺だ!!」
     「テッカマンエビル!!」
     「テッカマンエビルゥゥゥーッ!!」
     「エビル!ここで決着を付けてやる!!」
     「エビル!貴様はこの俺が倒す!!」
     「エビル!貴様だけはゆるさん!」
オメガ 「オメガ…これで全てを終わりにしてやる!!」
    「オメガ!ここで決着を付けてやる!!」
    「たとえこの身が砕けようとも…オメガ、貴様は倒す!」
    「オメガァァァーッ!!」
    「オメガ!貴様らの野望は、この俺が打ち砕く!!」
    「オメガ!貴様だけはゆるさん!!」
    「テッカマンオメガ!!」
    「テッカマンオメガァァァーッ!!」
    「ケンゴ兄さん!!」
    「いくぞ!オメガ!!」
    「これで終わりだ、オメガ!!」
    「オメガ!これが最後の戦いだぁ!」
ラダム系 「俺は貴様らラダムに負けはしない!!」
      「いくぞ!ラダム!!」
      「俺はラダムを倒す!何があろうとも、この手で!!」
      「どけっ!ザコども!!」
      「貴様らの野望は…俺がこの手で打ち砕く!」
      「貴様らラダムに地球を好きにはさせない!!」
      「貴様らの野望は叩き潰す!この俺が必ず!!」
      「俺はどんなことをしてでも…ラダムを倒さなければ!!」
      「俺の家族を奪ったのは…貴様らラダムだ!!」
      「貴様らにこの地球を渡しはしないっ!!」
      「ラダムーッ!うおおおおおおっ!!」
被ダメージ
エビル 「ぐうっ!これがシンヤの…エビルの執念なのか…!」
回避
エビル 「シンヤ、いや、エビル!貴様の攻撃など受けるものか!!」
     「エビル!俺はここで死ぬわけにはいかないんだ!!」

ノアル・ベルース
援護攻撃
ブレード 「Dボゥイ!俺がやる!」
      「もういっちょオマケだ、Dボゥイ!」
      「まったくデンジャラスボウイじゃなくてデストロイドボウイだぜ!」
アキ 「アキ、フォローは俺がっ!」
    「アキ、任せろ!」
    「アキ!下がれ!」
バルザック 「ツメが甘いぜ!バルザック!」
        「俺からも行くぜ!バルザックさんよ!」
        「撃ちもらすなんて、バルザックさんらしくないな!」
イーベル ベスナー ゾマー 「先代スペースナイツの力、見せてやる!」
                   「おいしい所は、先輩に譲れよ!」
攻撃
ラダム系 「ラダムのザコは引っ込んでろ!!」
       「ラダム獣なんかにやられる、この俺じゃねえぜ!!」
       「おいラダム獣!この俺にやられる用意は出来たのか!?」
       「ザコばっかまあ…毎度毎度!」
       「フン、ラダム獣ごとき!!」
       「毎度毎度のザコ掃除ってわけね!」
甲児 「マジンガーが相手かよ!?」
    「まさかマジンガーを攻撃することになるとはな!」
    「まったく…マジンガー相手じゃ、時間稼ぎも楽じゃねぇぜ!」

バルザック・アシモフ
援護攻撃
ブレード 「ブレード、貴様は用ずみだ!」(一部のみ)
      「この役立たずがっ!」(一部のみ)
      「Dボゥイ!もうお前の出番はない!」(一部のみ)
      「Dボウイ!援護するぜ!」(二部のみ)
      「らしくないぜ!Dボウイ!」(二部のみ)
      「あんまり無理するなって、Dボウイさんよぉ!」(二部のみ)
アキ 「あんまり無理するなって、アキさんよ!」
   「アキ、俺の活躍を見てろよ!」
   「アキ、俺にまかせろ!!」
ノアル 「ノアル、お前には無理だ!」
     「ノアル!どけぇぇぇーっ!!」
     「あんまり無理するなって、ノアルさんよぉ!」
イーベル ベスナー ゾマー 「おおっと!新米テッカマンばかりに気をとられないでくれよ!!」
攻撃
ソード 「へっ!俺は惚れてもねぇ女と心中する趣味はねぇよ!」
     「けっ!しつこい女は…」 「嫌いだぜぇ!!」
エビル 「テッカマンエビルか!?ちょっと分が悪いかな…」
     「たとえテッカマンエビルと言えども…、こいつを全部打ち込めば!」
     「テッカマンエビルか!もうでかいツラさせねぇぜ!」
ラダム系 「ヘイ!そんなに壊して、責任取れるのかい?ラダムさんよ!」
      「おいおい!あんまり荒らすなよ?ええ?ラダムさんよ!!」
      「くらえっ!ザコどもめ!」
      「ザコラダムなんか、相手になるかよ!」
      「これまでの借り、このソルテッカマンで返してやるぜ!」
      「こいつを食らえぇ!化け物さんよ!」

如月アキ
援護攻撃
ブレード 「任せて、Dボウイ!!」
      「Dボウイ!後は私達が!」
      「Dボウイ、私達が仕留めるわ!」
ノアル 「ノアル!任せて!」
     「ノアル!援護するわ!」
バルザック 「ブルーアース号をバルザックの前に!」
        「バルザック!そこをどいて!」
イーベル 「ユミ!後は私が!」
ベスナー 「交代よ!ナターシャ!」
ゾマー 「ダービット、私が仕留めるわ!」
攻撃
エビル 「Dボウイはあなたのお兄さんなのよ!どうしてそんなに憎いの!?」

テッカマンレイピア
援護攻撃
ブレード 「守ってみせる…お兄ちゃんを…!」 
      「お兄ちゃん!私もお兄ちゃんの力に!!」
アキ 「守ってみせる…アキさんを…!」 「お兄ちゃんの仲間を!!」
ノアル 「守ってみせる…ノアルさんを…!」 「お兄ちゃんの仲間を!!」
バルザック 「守ってみせる…バルザックさんを…!」 「お兄ちゃんの仲間を!!」
攻撃
エビル 「シンヤ兄さん!思い出して!」 
     「思い出して!あの頃の私たち3人のことを!」
     「シンヤ兄さん!もうやめて!」
オメガ 「ケンゴ兄さん!思い出して優しかった頃のことを!」
     「ケンゴ兄さん!もう…もうやめて!!」


テッカマンダガー
攻撃
ブレード 「死ねっ!テッカマンブレード!!」
      「今度こそ…死ねブレード!!」
      「テッカマンブレード…お前は俺が必ずこの手で!」
      「楽に死ねるとは思うなよ…裏切り者よ!!」
      「フハハハ!裏切り者ブレードよ!宇宙のチリになれ!」
      「テッカマンブレード…今度こそ息の根を止めてくれるわ!」
      「さらばだ!ブレード!!」
被ダメージ
ブレード 「おのれブレード!!やるじゃないか!」
回避
ブレード 「死ぬのは貴様の方だ!裏切り者ブレードッ!!」

テッカマンランス
攻撃
ブレード 「ブレードの始末なら私ひとりで十分だ!」
      「エビルとの違いを見せてやる…」 「…裏切り者の貴様の命をここで消す事によってな!」
被ダメージ
ブレード 「おのれブレードッ!まだ来るのかっ!!」
      「ぐおっ!私がエビルに劣っているというのか!?」

テッカマンアックス
援護攻撃
エビル 「シンヤ坊、後はワシに任せろ!」
     「シンヤ坊を守るのはワシの役目!」
攻撃
ブレード 「攻撃は最大の防御だと教えただろうがっ!」
      「さらばだっ!ブレードッ!!」
      「ブレードッ!食らえぇーっ!!」
      「フン、強情なところは変わっていないなタカヤ坊…いや!ブレード…」
      「そろそろ試合終了といこうじゃないか?ブレードッ!」
      「死ねっ!ブレードッ!!」
      「ブレードか?死ねぇーっ!!」
      「タカヤ坊、悲しむことはない…どうせ勝つのはワシの方よ!」
      「裏切り者!死ねぇーっ!!」
ノアル 「ふんっ!ガラクタがっ!!死ねぇぇぇーっ!!」
     「うっとおしいガラクタ共めがっ!これでも食らえぇーっ!!」
     「貴様はガラクタ!くたばれっ!」
被ダメージ
ブレード 「ほう…少しは腕を上げたな?タカヤ坊」 「こいつは力勝負でも結構楽しめそうだ!」
      「やりおるわタカヤ坊!だが、シンヤ坊はもっと強いぞ!」
      「ぬおっ!ブレードッ!!」
回避
ブレード 「フフフ…ツメが甘いな、タカヤ坊!」
被撃破
ブレード 「み、見事だ…タカヤ坊…!だが、その力をもってしてもエビル様には…!」

テッカマンソード
援護攻撃
エビル 「エビル様との連携をかわせるか!」
     「エビル様!ここはあたしが!」
オメガ 「ケンゴはあたしが守る!!」
攻撃
ブレード 「ブレード!…これで最後だっ!!」
      「来たわね…ブレード!」
      「ブレードッ!覚悟!!」
      「ブレードッ!死ねぇーっ!!」
      「裏切り者にふわさしい…最後だ!!」
アキ 「貴様のような紛い物テッカマンなどに私の気持ちは敗れはしない!」
    「貴様がブレードを愛するように私もケンゴを愛している!負けるものかっ!!」
被ダメージ
ブレード 「おのれブレードッ!やらせぬぞっ!」
      「ブレード、貴様にここまで追い詰められるとは…」
     
テッカマンエビル
攻撃
ブレード 「兄さん。俺はむしろ感謝してるのさぁ」 「ラダムになったおかげで…、兄さんとの勝負にケリがつけられる事をねぇ!」
     「兄さん!とっても嬉しいよ!」 「今俺は生きている事のすばらしさを、この肌で感じているよ!!」
     「やる気だね?兄さん…」 
     「自分と戦ってるみたいじゃないか…兄さん…」
     「昔はこうして、よく稽古をしたねぇ…タカヤ兄さん!!」
     「兄さん…今日こそ兄さんを地獄に送ってあげるよ…」
     「逃がさんぞ!ブレードォォォォッ!!」
     「さらばだ!ブレードッ!!」
     「ブレード…これが最後だ!」
     「俺の持つ力を全てかけて…兄さんを倒す!」
     「さらばだっ!ブレェェェードッ!!」
     「いつまでもくだらない人間であろうとするから、隙がでるんだ…」
     「人間?あんな不完全な生き物に、どうしてそこまでこだわるのさ!」
     「最高だ…最高だよ兄さん!こんなにも充実した時を過ごせるなんて!」
     「死ね、ブレードぉ!!」
     「逃がさんぞぉ!ブレードォォォーッ!!」
     「昔はこうやってケンカもしたよね…ええ!?兄さん!!」
     「兄さん…決着をつけよう!」
     「もともと一つだったものが二つに別れたんだ…」 「どちらか勝った方が生き残っていけばいい…」
     「腕がうずいてきたよ…。兄さんに俺の攻撃が見切れるかな!?」
アキ 「フフフ…兄さんの女か…」
レイピア 「ふっふっふっふ…ミユキ?兄として哀れに思うよ…」 「お前が完全なテッカマンになれなかった事をね…」
      「死ぬがよい!この出来そこないがぁぁぁーっ!!」
      「死ぬがよい!この出来そこないがぁああ!!」
      「レイピア…せめてこの兄の手で葬ってやる!テッカマンの姿のままでなぁ!!」
      「死ねえぇぇえ!レイピアァァアア!!」
      「レイピア…死にぞこないめ」
ソルテッカマン 「そんな玩具で俺の相手が務まると思ったか!」
テッカマンアキ 「紛い物のテッカマンになってまで兄さんを救いたいのか?」
デッド 「野良犬め…。貴様など元から眼中にない!!」
テッカマン系 「貴様らがいくらテックシステムを解析したところで我々ラダムの敵ではない!」
被ダメージ
ブレード 「さすがだね、兄さん。やっと勝負らしくなってきた」
      「どうしたぁ!ブレードォ!!」
      「俺たちは双子だよな!兄さんの好きな兄弟愛はどうしたんだい!?」
      「俺たちは双子だよなぁ!兄さんの好きな兄弟愛はどうしたんだい!?」
      「とどめをさすのかい?兄さん…。弟であるこの俺を…」
回避
ブレード 「どうしたんだい?マトはここだよ、兄さん」
      「どうしたんだい?的はここだよぉ、兄さん!」
反撃不能
ブレード 「どうしたぁ? 臆病風にふかれたかい? 兄さん!!」
      「兄さん!怖いのかい?いつものようにかかってきなよ!ねぇ!」

テッカマンオメガ
攻撃
ブレード 「不完全な貴様がよもや我らをここまで追い込もうとはな…」
      「残るは、この私ひとりだ…最後のひとりもその手にかけてみるか!?」 「この兄をもっ!!」
      「テッカマンブレード…、裏切り者の末路は、死あるのみ!」
      「ほぅ…よくぞここまで来たなタカヤよ…」
      「ついに来たかタカヤ…いや、ブレード!!」
      「裏切り者を生かしておいてはならぬ!!」
      「我らラダムに逆らった代償を今、払ってもらおう!」
      「裏切り者を生かしておいてはならぬ!」
テッカマン系 ソルテッカマン系 「紛い物のテッカマンなどに!」
      「所詮紛い物や失敗作…我らラダムの敵ではなぁぁぁぁぁぁい!!」
被ダメージ
ブレード 「どうした、タカヤ!貴様の怒りと憎しみとは、その程度の物なのか!?」 「どうだ!?タカヤよ!!」
      「くぉ!…なぜに我らラダムの支配を拒む!真理だというのがわからぬのかっ!!」
      「おのれ、死にぞこないがぁぁぁーっ!!」
回避
ブレード 「これまでか?ここまでなのか?ブレードよ!!」

テッカマンイーベル
援護攻撃
ブレード 「Dさんのために、がんばるもん!」
ノアル バルザック 「ソルテッカマンが頑張ってるのに私が頑張らないでどうするの!」
レイピア 「ミユキさん!後はあたしがやりますっ!」
ベスナー 「もうナターシャさんの足手まといにはならないもん!」
ゾマー 「ダービットさん、援護します!」
アキ 「チーフ、任せてください!」
攻撃
エビル 「Dさんの弟さんでも勝って見せるんだから!」
オメガ 「例えあなたがDさんのお兄さんでも…!!」
デッド 「同じテッカマンなのに、同じ人間なのに、どうしてちゃんとしないんです!」「そんな人、あたし嫌いです!」
    「なんでテッカマン同士が戦わなきゃならないのよ!」

テッカマンベスナー
援護攻撃
ブレード 「Dボゥイ、援護は任せてください!」
イーベル 「手伝うわよ、ユミ!」
ゾマー 「ダービットの後に続くわ!」
アキ 「チーフの援護を!」

テッカマンゾマー
援護攻撃
ブレード 「さすがだな、Dボゥイ!」
イーベル 「ユミ、ボサッとしてるな!」
ベスナー 「ナターシャ!任せろ!」
アキ 「チーフの援護はこの俺が!」
デッド 「デッド、続くぜ!」

テッカマンアキ
援護攻撃
ブレード 「今度は私があなたを助ける番よ!」
ノアル 「やるわね!ノアル!」
バルザック 「バルザックとの連携で!」
レイピア 「ミユキさん、無理しないで!」
イーベル 「ユミ!詰めが甘いわ!」
ベスナー 「ナターシャ、相変わらずいい腕ね!」
ゾマー 「ダービットだけじゃないのよ!」

テッカマンデッド
援護攻撃
ブレード 「ブレード、手伝ってやる!」
ゾマー 「ダービットとの連携で!」
攻撃
ブレード 「死ね!ブレード!!」
      「ブレード!あんたを倒せるのは俺だけだ!」
      「ブレード!貴様はこの俺の手で倒す!」
アキ 「赤い悪魔め!」
    「赤いテッカマン!」
スペースナイツ 「スペースナイツ!俺はお前らを許さない!」
          「俺はあの日のことを決して忘れない!いや、忘れられないんだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:45 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
デトネイター・オーガン
オーガン
攻撃
ラダム系 「ラダムの侵略を許すわけにはいかない…」
       「ラダムにこの地球を渡すわけにはいかない!」
ラング 「ラング!私を行かせてくれ!」
     「くっ!ラングかっ!?」
     「ラング!たとえ、あなたの命令でもここを退くわけにはいかない」

オーガン(トモル)
攻撃
ラング 「この星には我々イバリューダーが失ってしまったものがあるんだ、ラング!」
     「守るべきものがないあなたにはわからない…この星には守るに値するものがあるのだ」
     「ラング、あなたが相手であろうと…!」
ゾア 「破壊の中でしか自分を見いだすことの出来ない悪魔め!」
    「教えてやるぞ、慈愛の心が力になることを。そして人のみが持つ無限の可能性を!」
    「ゾア!貴様ぁぁぁーっ!!」
    「ゾアか!ならば俺が相手になる!!」
ラダム系 イバリューダー系 「ここはお前達がくる所じゃない!出て行けぇぇぇーっ!!」
                  「悪魔め!許さん!!」
回避
ラング 「右と思い、左に動く。上と念じ、下へと動く。思念は読めても動きは読めまい!」

三剣陽子
援護攻撃
オーガン 「礼のひとつもしておこうと思ってね!」
      「少年、見つけたようだな。…守るべき対象を!」

ラング
攻撃
オーガン 「オーガン!この私に勝てるかっ!」
      「そこまでだオーガン、この星と運命を共にしろ!」
      「オォォォガァン!!」
      「オーガン、ミーク様はお前が我らイバリューダーの脅威となると予見された」
ラダム系 「ラダムの奴らの好きにはさせん!」
       「我らイバリューダーにラダムがかなうものか!」
被ダメージ
オーガン 「その程度か?オーガン!」
      「オーガン、貴様とあろうものが!」
      「オーガン、なぜだ…勇者とまで言われたお前が!?」
      「オォォガァン!貴様っ!」
      「オーガン!ミーク様に楯突いた貴様だけは許さん!」
      「オーガン、何がこれほどにもお前を!」
回避
オーガン 「どうした、オーガン!」
      「帰って来い、オーガンよ!」

リーブ
攻撃
オーガン 「オーガン…なぜだ!?」
      「デトネイターのあなたがどうして!?」


ゾア
攻撃
オーガン 「フフフ…オーガン、運命には何者も逆らうことはできない」
      「オーガン…その地に何があるというのだ!」
      「暗黒の縁へと堕ちていくのだ、オーガン!」
      「ミーク様の親衛隊長でありながら裏切るとは…許せんぞ、オーガン!!」
      「オーガン、イバリューダーに生まれし者はイバリューダーに帰れ!」
      「オーガン、思い出すのだ。あの戦いに明け暮れた日々を、破壊の素晴らしさを!」
被ダメージ
オーガン 「あきらめろ!オーガン!」
      「オーガン、どうあがこうと未来を変えることなどできはせん!」
      「もっと怒れ、そして憎め!破壊の意志こそが我らの心理」
      「オーガン、思い出すのだ。あの戦いに明け暮れた日々を、破壊の素晴らしさを!」
      「感じるぞ…イバリューダーの本能を!破壊の意志を!」
      「やはりオーガン、お前はイバリューダーのデトネイターよ!」
      「その姿、その力こそイバリューダーの勇者の証!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:44 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
機動戦艦ナデシコ
テンカワ・アキト
援護攻撃
ユリカ 「ユリカ!どけぇーっ!」
ガイ 「ガイ!任せてくれ!」
リョーコ 「リョーコちゃん!後は俺がっ!」
ヒカル 「ヒカルちゃんの後に続く!」

ミスマル・ユリカ
援護攻撃
アキト 「アキト、あなたのために急いできたの!」
    ルリ「アキトさんに続きます」
ガイ 「ナデシコをヤマダさんの前に!」
   ルリ「がんばってますね、ヤマダさん」
リョーコ 「リョーコさんの後に続きます!」
      ルリ「リョーコさん、まかせて下さい」
イズミ 「イズミさんの支援を!」
     ルリ「イズミさんのギャグで引いたところを攻撃します」
ヒカル 「援護します、ヒカルさん!」
     ルリ「ヒカルさんのおかげで隙ができました」
アカツキ 「アカツキさんの後に!」
      ルリ「アカツキさん、援護します」

ダイゴウジ・ガイ
援護攻撃
アキト 「アキト、どけぇぇぇーっ!!」
     「コック、おいしい所は俺様がいただくぜ!」
     「ちきしょう!コックばかりに活躍させねぇぜ!」
ユリカ 「おっと艦長!ここはこのダイゴウジ・ガイ様に任せな!」
     「俺様に任せな、艦長!」

スバル・リョーコ
援護攻撃
アキト 「テンカワの代わりに相手になってやるぜ!」
     「テンカワ、ったく手間かけさせやがって!」
ユリカ 「艦長!オレに任せな!」
イズミ 「どけ、イズミ!とどめはオレがっ!」
ヒカル 「ヒカル!交代するぜ!」
アカツキ 「ロン毛!後はオレがやる!」

アマノ・ヒカル
援護攻撃
アキト 「アキトくん!後はあたしがやるね~!」
ユリカ 「艦長!助けに来たよ!」
リョーコ 「リョーコだけで終わりじゃないよ!」
イズミ 「イズミの後に、続きまぁ~す!」
アカツキ 「後は任せてよ。アカツキくん!」

アカツキ・ナガレ
援護攻撃
アキト 「どうしたテンカワ君、君らしくないな!」
ユリカ 「艦長、ボクに任せてくれたまえ!」
リョーコ 「リョーコ君、支援するよ!」

白鳥九十九
援護攻撃
元一郎 「元一郎、援護する!」
サブロウタ 「三郎太、交代だ!」

月臣元一郎
援護攻撃
サブロウタ 「三郎太!あまいぞ!」

高杉三郎太
援護攻撃
元一郎 「月臣少佐、援護します!」

ホシノ・ルリ(劇場版)
援護攻撃
リョーコ 「ナデシコをリョーコさんの前に」
イズミ 「イズミさんの後に続きます」
ヒカル 「ヒカルさんを支援してください」

タカスギ・サブロウタ
援護攻撃
ルリ 「艦長!援護に来たぜ!」
    「艦長!任せてくれ!」

ダイゴウジ・ガイ(劇場版)
援護攻撃
アキト 「アキト、どけぇぇぇーっ!!」
     「ちきしょう!アキトばかりに活躍させねぇぜ!」
     「俺より目立つなって言ってんだろ、アキト!」
ルリ 「おっと艦長!ここはこのダイゴウジ・ガイ様に任せな!」
    「俺様に任せな、艦長!」

スバル・リョーコ(劇場版)
援護攻撃
アキト 「アキトの代わりに相手になってやるぜ!」
     「アキト、ったく手間かけさせやがって!」
ルリ 「ルリ!あたしに任せな!」
イズミ 「どけ、イズミ!とどめはあたしがっ!」
ヒカル 「ヒカル!交代するぜ!」
アカツキ 「落ち目!後はあたしがやる!」

アマノ・ヒカル(劇場版)
援護攻撃
アキト 「アキトくん!後はあたしがやるね~!」
ユリカ 「艦長!助けに来たよ!」
リョーコ 「リョーコだけで終わりじゃないよ!」
イズミ 「イズミの後に、続きまぁ~す!」
アカツキ 「後は任せてよ。落ち目のアカツキくん!」

アカツキ・ナガレ(劇場版)
援護攻撃
アキト 「どうしたテンカワ君、君らしくないな!」
ルリ 「ルリくん、ボクに任せてくれたまえ!」
リョーコ 「リョーコ君、支援するよ!」

ミスマル・ユリカ(劇場版)
援護攻撃
アキト 「アキト、あたしも戦えるよ!」
ガイ 「ナデシコをヤマダさんの前に!」
リョーコ 「リョーコさんの後に続きます!」
イズミ 「イズミさんの支援を!」
ヒカル 「援護します、ヒカルさん!」
アカツキ 「アカツキさんの後に!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:42 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
フルメタル・パニック!!
相良宗介
援護攻撃
マオ 「ウルズ2!ここは俺が!」
    「マオ!俺に任せろ!」
    「ウルズ2、支援する!」
クルツ 「クルツ!俺と代われ!」
     「クルツ!ここは任せろ!」
     「クルツ、いいタイミングだ!」
テッサ 「大佐殿!ここは私が処理します!」
     「大佐殿!下がっていてください!」
クルーゾー 「中尉殿!支援します!」
        「中尉殿!私が処理します!」
攻撃
ザイード 「ザイードォォォーッ!!」
      「ザイード、何故!?」
ガウルン 「ガウルゥゥゥーンッ!!」
      「何度お前が立ちふさがろうと、俺は負けない!」
      「ガウルン、貴様は殺すっ!!」
      「カシム、カシムと…慣れなれしいんだよーっ!!」

メリッサ・マオ
援護攻撃 
宗介 「まったく、ソースケの奴!」
    「ウルズ7、代わるわ!」
    「ソースケ、あなたらしくないわね!」
クルツ 「ウルズ6!隊長に任せなさい!」
     「ウルズ6!何やってんの!」
     「こらウルズ6!ツメがあまいんだから!」
テッサ 「テッサ!お姉さんに任せなさい!」
    「テッサ!あんたは後ろに下がってな!」
ボン太くん 「こら着ぐるみ!ちゃんとトドメをさしなさい!」
        「まったく…ボン太くんを援護するなんてね!」
        「着ぐるみの後に続くわ!」
クルーゾー 「ベン!借りを返すわ!」
        「ベン!下がって!」
攻撃
ラムダ・ドライバ搭載機 「油断してる隙を突けばラムダ・ドライバだって!」

クルツ・ウェーバー
援護攻撃
宗介 「ソースケ、いいとこあるじゃん、オレの見せ場をとっといてくれるなんてよ!」
    「ソースケ!ここはスナイパーのオレ様にまかせろよ!」
    「ソースケ!まかせろ!」
マオ 「姐さん、手伝うぜ!」
    「オレは姐さんのためになら喜んで命を投げ出すぜ!」
    「姐さん、オレに惚れ直すぜ!」
    「陰から見守る、ナイトのつもりだったのによ!」
テッサ 「テッサちゃん、あなたのナイトが助けに来ましたよ~!」
     「テッサちゃん、ここは任せてちょ~だい!」
ボン太くん 「ボン太くんの可愛さに油断してると命取りだぜ!」
       「どうもやりにくいんだよな…着ぐるみの援護は…」
       「そこの着ぐるみ!あんまりチョロチョロすんな!」
クルーゾー 「中尉殿、援護に参りました!」
        「ヘッ!男のケツはごめんだね!」
女性 「可愛い子ちゃん、オレ、クルツ・ウェーバー!よろしくぅ!」
    「貸しとくぜ?帰ったらひとつデートという事で!」
    「キミは、ボクが守って見せる!」
    「助っ人料は、キミの熱い口付けにまけとくぜ!」
攻撃
タクマ 「オラ来い、バケツ頭…」
     「要は、装甲がないトコを狙えばいいんだろ!」
女性 「うひょ~君みたいな娘になら撃ち落とされても良い~」
    「コレ終わったら、デートしよう~」
    「ね~ね~、こんな事してないで、俺と恋の逃避行してみない?」
    「君のハートを狙い撃ち!!」
    「は~い、ハニー!俺の熱いハートを受け取ってくれ!」
    「ボクちゃんの熱い思い、受け取ってくれるよね?ハニー!」

テレサ・テスタロッサ
援護攻撃
宗介 「サガラさん、ダナンで援護します!」
マオ 「メリッサの前方に出ます!」
クルツ 「ウェーバーさん、援護します!」
クルーゾー 「クルーゾー中尉の援護に!」
攻撃
タクマ 「タクマ…ごめんなさい…」
     「私があの時タクマを殺してさえいれば…」
     「私がずっと傍に居てあげる…安心して眠りなさい…」

ガウルン 「あなただけは、許す訳にはいきません!」
      「あなたには、高いツケを払ってもらいます!」

ザイード
攻撃
宗介 「許せよ、カシム…」
    「カシムか…?」
    「カシムが相手か…」

セイナ
援護攻撃
タクマ 「タクマ!あなたにばかり任せてられない!」
     「タクマ!しっかりしなさい!」

タクマ
援護攻撃
セイナ 「姉さん!ここは、ボクに任せて!」
     「姉さん!大丈夫!?」

攻撃
宗介 「そこか!相良宗介っ!!」
テッサ 「ボクの気持ちに気付かなかった鈍感なテスタロッサさん…」
     「もういい、手に入らないなら壊してしまおう…」
     「テスタロッタさん、君の事、ボクは結構好きだった…」


ガウルン
攻撃
宗介 「愛してるぜぇ~、カシム~!」
    「うれしいぜ、カシム~!」
    「さぁ、どうする?カシム~!」
    「よ~、カシム!」
    「がっかりだぜ、カシム~!」
    「踊れよ!カシム!!」
    「カァ~シィ~ムゥ~!」
    「会えてうれしいぜ!カシム!」

ベルファンガン・クルーゾー
援護攻撃
宗介 ボン太くん 「サガラ!ここは私に任せろ!」
           「甘いぞ軍曹!確実にトドメを刺せ!」
マオ 「メリッサ!こいつは貸しにしといてやる!」
    「メリッサ!支援する!」
クルツ 「ウルズ6!貴様それでもSRTか!?」
     「ウェーバー、貴様には無理だ!」
テッサ 「ダナンの死角からならば!」
     「大佐!支援いたします!」


ゲイツ
攻撃
宗介 「ミスリルの不良品VSゲイツ選手!感動的な戦いの幕開けだぁ~!!」
    「おーおー来た来た、噂に違わず、なかなかの美人だな」
玉芳 「うふふふん!やっと会えたね、ユイファンちゃ~ん!」
    「マイ・ハニィィィーッ!!」
被ダメージ
宗介 「くそっ!ミスリルの出来損ないめ!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:40 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
ガオガイガー・1
獅子王凱
援護攻撃
氷竜 「後は任せろ、氷竜!」
炎竜 「援護するぜ、炎竜!」
超竜神 「任せろ、超竜神!」
ボルフォッグ 「援護するぞ、ボルフォッグ!」
ビッグボルフォッグ 「援護するぞ、ビッグボルフォッグ!」
マイク 「よしいいぞ、マイク!」
風龍 「後は任せろ、風龍!」
雷龍 「援護するぜ、雷龍!」
激龍神 「激龍神、とどめは任せろ!」
幻竜神 「任せろ、幻竜神!」
強龍神 「強龍神、とどめは任せろ!」
J 「Jの攻撃で体勢が崩れたか!ならば!」
光竜 「光竜、後は任せてもらうぜ!」
闇竜 「待たせたな、闇竜」
天竜神 「天竜神、援護するぞ!」
攻撃
ピッツァ 「空に命を懸けてきたのは!お前だけじゃないっ!」
ペンチノン 「機界四天王…ペンチノンかっ!?」
プリマーダ 「くらえっ!プリマーダ!!」
ポロネズ 「行くぞ!ポロネズ!!」
ゾンダリアン 「思い通りにはさせないぞ、ゾンダリアン!!」
         「これで決着をつけるぞ!機界四天王!」
パスダー 「俺達は最後まであきらめない。それが、勇者だからだ!!」
       「俺達の勇気、お前に見せてやるぜ!EI-01!!」
合体原種 「合体原種!貴様らの思い通りにさせてたまるか!」
原種 「貴様ら原種の好きにはさせないぜ!」
    「勝負だ!機界31原種!」
    「覚悟しろ!原種!」
EI-15 「本物にあって偽者にないもの…それはっ!」「勇者の証だあぁぁっ!!」
Zマスター 「宇宙に必要なのは、お前達の機界昇華じゃない!」
       「滅ぶべきはZマスター、お前の方だ!!」
機界新種 「命!今助け出す!」
       「機界新種!命を返してもらうぞ!!」
護 「そんな力は勇気の証にならないぞ!護!」
   「護!一体どうしたっていうんだ!?」
パルパレーパ 「勝負だ!パルパレーパ!」
          「エヴォリューダーの真の力を見せてやるぜ!パルパレーパ!」
ピア・デケム 「パルス・アベル!貴様らの企みもここまでだ!」
         「ジェネシックガオガイガ―に勝てると思うなよ!ピア・デケム!」
遊星主系 「ソール11遊星主!俺は貴様らを破壊する!!」
     「勇気ある誓いのため…俺はお前達と戦う!」
ゾンダー系 「行くぞっ!ゾンダー!」
      「勝負だ!ゾンダー!」
甲児 「マジンガーZ…今は戦うしかない!」
    「くそっ!マジンガーZと戦うしかないのか…」
    「ここは時間を稼ぐんだ…いくぞ!マジンガーZ!」
被ダメージ
ピッツァ 「当てただけか、ピッツァ!」
      「ピッツァめ…!何て速さなんだ!」
      「ぐあっ!何としても、奴のスピードに追いつかなければ…!」
ゾンダリアン 「気合が足りないぜ、機界四天王!」
         「この程度か、機界四天王!」
         「ぐあっ!やるな、機界四天王!!」
         「こ、これがゾンダリアンの力か!」
         「機界四天王め!俺はまだあきらめたわけじゃない…!」
         「や、奴らを倒す方法は…必ずあるはずだっ!」
パスダー 「勝負はこれからだぜ、パスダー!」
       「パスダーめ!俺はまだ倒れないぞ!!」
       「ぐあっ!俺達ではパスダーを倒せないのか…!」
合体原種 「当てただけで俺を倒せると思っているのか!合体原種!」
       「ぐっ…これが合体した原種の力か!?」
       「ぐっ…!このパワー、EI-01以上だ!」
Zマスター 「勇者王の力…甘く見るなよ!Zマスター!」
       「くっ!これ以上はやらせないぜ、Zマスター!」
       「ぐわあああ!こ、これがZマスターの…ザ・パワーの力か!!」
機界新種 「命を助けるまで引くわけには行かない!」
       「ぐぅ…!命を救うまでやられるわけには…!」
       「ぐぅ…!このままでは物質昇華が!」
護 「護、偽りの力など無意味だ!」
  「Gストーンの力を完全に引き出しているというのか…!?」
  「護っ!もう止めろぉ!!」
パルパレーパ 「相手が神を名乗ろうと俺達は負けない!」
         「たいした事ないぜ!パルパレーパ!」
         「こ、これがラウドGストーンの力だというのか…!」
         「まだだ!まだ俺の勇気は折れちゃいないぞ、パルパレーパ!」
原種 「原種といってもこの程度なら!」
    「無駄だ、原種!」
    「ぐあっ!原種がここまでの力を持つとは!」
    「くっ…!やはりゾンダーとは違うか!」
    「こ、これが原種のパワーだというのか…!」
    「まだだ!まだ俺は倒れちゃいないぜ、原種!」
ゾンダー系 「ゾンダー相手に油断するわけにはいかない…!」
        「やってくれたな、ゾンダーめ!」
回避
ピッツァ 「あのスピードを殺さなければ意味がない!」
      「空だからといって、お前に利があると思うな!」
パスダー 「かわしてやるぜっ!パスダー!!」
ゾンダリアン 「機界四天王!お前たちを倒すまではっ!」
         「お前たちの連携を崩してやるぜ!」
合体原種 「でかくなった分、動きが鈍くなっているようだな!」
       「パワーが上がっても、当てられなくてはな!」
Zマスター 「そんな攻撃に当たると思ったか、Zマスター!」
       「ザ・パワーを制御しきれていないようだな!Zマスター!!」
機界新種 「これに当たるわけには…!」
       「外れた!?命!!」
護 「護!もう止めるんだ!」
  「やめろーっ!護!」
パルパレーパ 「これで神を名乗るとはな!」
         「お前の攻撃など予想済みだ!パルパレーパ!」
ピア・デケム 「ジェネシックガオガイガーのスピードを甘く見るなよ!ピア・デケム!」
         「パルス・アベル!貴様の思い通りにはさせない!」
原種 「俺達を甘く見るなよ!原種!」
    「ガオガイガーをなめるなよ、原種!」
ゾンダー系 「ゾンダー!俺はここだ!」

氷竜
援護攻撃
凱 「隊長殿、援護します!」
炎竜 「炎竜、連携だ!」
風龍 「風龍、後は私が!」
雷龍 「雷龍、援護する!」
激龍神 「激龍神だけではないぞ!」
J 「続けていきます、キングジェイダー!」
  「続けていきます、Jアーク!」
光竜 「よくやったぞ、光竜」
闇竜 「いい攻撃だったぞ、闇竜!」
天竜神 「天竜神、後は私に任せてくれ」
攻撃
ポロネズ 「ポロネズ、覚悟!」
ゾンダリアン 「勝負だ、ゾンダリアン!」
         「逃がしはしないぞ、ゾンダリアン!」
合体原種 「合体原種!勇者の力を見せてあげます!」
       「合体したとしても、どこかに弱点があるはず…!」
Zマスター 「すごい威圧感だ!しかし、負けません!」
       「これがZマスター…」
原種 「勇者の力は原種にだって負けません!」
    「これ以上地球を好き勝手させませんよ、原種!」
遊星主 「ソール11遊星主、覚悟してもらいます!」
ゾンダー系 「そこだ!ゾンダー!」
甲児 「この状況を何とかしなければ…」
    「マジンガーZ!よけてください!」
    「マジンガーが相手ならば、手加減はできません!」
被ダメージ
ゾンダリアン 「ゾンダリアンの力は、この程度ではないはず…!」
        「ゾンダリアン…!油断のならない相手だ」
        「こ、これがゾンダリアンの力…!」
合体原種 「合体の仕方がなっていないぞ!」
       「合体原種め!狙いを私に絞ってきたのか!」
       「合体することで、ここまでパワーをアップさせたか!」
Zマスター 「Zマスター!貴様を倒すまで私は倒れはしない!」
        「これ以上はやらせませんよ、Zマスター!」
原種 「原種といえどこの程度なら!」
    「原種め…やってくれる!」
    「原種核を抜き取るまで負けはしない!」
ゾンダー系 「予測通りの攻撃力だな、ゾンダー!」
        「予測範囲内のダメージだ、ゾンダー!」
        「ぐあっ!ゾンダーめ…やるな!!」
回避
ゾンダリアン 「私はここだ、ゾンダリアン!」
合体原種 「巨体ゆえに、小回りがきかないようだな!」
原種 「どこを狙ってるんです、原種!」
ゾンダー系 「ゾンダーの攻撃など、当たりはしない」

炎竜
援護攻撃
凱 「僕も援護します、隊長!」
氷竜 「続けて行くぜ、氷竜!」
J 「キングジェイダー、トドメは任せろ!」
  「Jアーク、トドメは任せろ!」
風龍 「よくやったな、風龍!」
雷龍 「詰めが甘いぜ、雷龍!」
激龍神 「激龍神の死角から!」
光竜 「ナイスな攻撃だったぜ、光竜!」
闇竜 「闇竜、後に続かせてもらうぜ!」
天竜神 「後は任せろ、天竜神!」
攻撃
プリマーダ 「行くぞ、プリマーダ!」
        「お前の踊りは、ここで終わる!」
ゾンダリアン 「ゾンダリアン!行くぞっ!」
合体原種 「合体できるのはお前だけじゃないんだぜ!」
       「デカくなったからって、調子に乗るんじゃねえぜ!」
Zマスター 「何てパワーしてやがんだ、こいつ…!だが、負けてらんねぇ!」
       「こいつがZマスターか!」
原種 「地球を原種の好きにはさせないぜ!」
    「原種!お前の相手はこの僕だ!」
遊星主 「覚悟してもらうぜ、ソール11遊星主!」
ゾンダー系 「くらえ、ゾンダー!」
        「観念しろ、ゾンダー!」
甲児 「くそっ!マジンガーが相手なら、こっちも本気でいくぜ!」
    「マジンガーZ…かわしてくれよ!」
    「隊長!何とかするあてがあるのかよ!?」
被ダメージ
ゾンダリアン 「遠慮はいらないぜ、ゾンダリアン!」
         「ゾンダリアン相手に…油断は禁物ってことか!」
         「ぐあっ!?こ、これが、ゾンダリアンの力か!」
合体原種 「合体の仕方がなっていないな!」
       「ぐわっ!合体したのは伊達じゃないか!」
       「これが合体した力か!身をもって知っちまったぜ!」
Zマスター 「どうしたZマスター!僕はまだ倒れちゃいないぜ!」
        「こ、これ以上はやらせねえぜ、Zマスター!」
原種 「原種といっても、この程度なら!」
    「原種め…やってくれるじゃねぇかよ!」
    「僕が倒れるのは貴様の原種核を抜いてからだ!」
ゾンダー系 「ゾンダー!その程度で僕を倒せると思うな!」
        「その程度か、ゾンダー!」
        「ぐあっ!ゾンダーめ…よくも!」
回避
ゾンダリアン 「残念だったな、ゾンダリアン!」
合体原種 「デカブツめ!動きについてこられないか!」
原種 「甘いぜ、原種!」
ゾンダー系 「ゾンダー!僕はここだぜ!」

超竜神
援護攻撃
凱 「ガオガイガー、援護します!」
激龍神 「激龍神、援護するぞ!」
J 「続けて行かせてもらうぞ、キングジェイダー!」
光竜 「我々の戦い方を見ていろ、光竜!」
闇竜 「後は任せろ、闇竜!」
天竜神 「天竜神の後に続くぞ!」
攻撃
プリマーダ 「観念しろ、プリマーダ!」
パスダー 「EI-01、お前を倒すためなら!!」
       「最後の力を振り絞るぞ!パスダー!」
ゾンダリアン 「ここで決着をつけるぞ、ゾンダリアン!」
         「ゾンダリアンの思う様にはさせん!」
         「勝負だ、機界四天王!」
合体原種 「合体はお前らの専売特許じゃない!」
       「機界昇華は、我々が食い止める!」
Zマスター 「最後に勝利を握るのはお前じゃない!我々、勇気ある者達だ!」
        「Zマスター、これが最後の勝負だ!」
護 「護隊員、何故だ!?」
原種 「超竜神の力…その身で思い知れ、原種!」
    「この超竜神が相手だ、原種!」
遊星主 「相手が創造主だろうと我々はあきらめない!」
     「我々の勇気を甘く見たな、ソール11遊星主!」
ゾンダー系 「ここまでだ、ゾンダー!」
甲児 「マジンガーZ!戦うしかないのか!」
    「マジンガーZを止めなければ!」
    「ここは時間を稼ぐしかない!」
被ダメージ
ポロネズ 「それでは傷一つつかんぞ、ポロネズ!」
      「許さん…許さんぞ、ポロネズ!」
プリマーダ 「効きはしないぞ、プリマーダ!」
        「プリマーダ!まだ私は倒れんぞ!」
        「プリマーダ…!しょ、勝負はこれからだ…!」
ゾンダリアン 「その程度か、機界四天王!」
         「ぐあっ!ゾンダリアンの力がこれほどとは!」
         「ぐうっ!機界四天王め、本気を出してきたか!」
         「ぐおっ!さ、さすがは…機界四天王…!」
合体原種 「合体してこの程度なら、負ける気はしない!」
       「ぐわっ!合体原種め、やってくれる!」
       「ぐっ!こ、この力…合体しただけのことはある!」
Zマスター 「まだだ!まだ倒れはしないぞ、Zマスター!」
       「こいつ…ザ・パワーを完全に引き出している!」
原種 「どうした原種!その程度で倒れると思ったか!」
    「まだ勝負はついてないぞ、原種!」
    「こ、これがGGGを壊滅させた力か!」
回避
ボロネズ 「無駄だったようだな、ポロネズ!」
プリマーダ 「プリマーダ!私を捉えることはできない!」
ゾンダリアン 「当たりはしないぞ、ゾンダリアン!」
合体原種 「合体してこの程度なら、負ける気はしない!」
Zマスター 「ザ・パワーを持て余しているようだな!」
原種 「どうした原種!その程度で倒れると思ったか!」

ボルフォッグ
援護攻撃
凱 「隊長、続けて行きます!」
  「凱機動隊長、続けて行きます!」
氷竜 「援護します、氷竜!」
炎竜 「援護します、炎竜!」
超竜神 「超竜神、援護します!」
風龍 「援護します、風龍!」
雷龍 「援護します、雷龍!」
激龍神 「激龍神、援護します!」
J 「敵はキングジェイダーに気を取られている!」
  「Jアークの陰から仕掛ける!」
光竜 「下がってください、光竜!フォローします!」
闇竜 「闇竜、後は私に任せるのです!」
天竜神 「天竜神、牽制は充分です!」
攻撃
ペンチノン 「あなたを倒せれば、本望です!」
      「ここで決着をつけます!」
パスダー 「決着をつけましょう!EI-01!」
     「ここで私の力を全て使います!」
     「全てはあなたを倒すためにっ!!」
ゾンダリアン 「最後です!ゾンダリアン!」
合体原種 「これで最後です、Zマスター!」
       「合体原種!私達の束ねた勇気、見せてあげましょう!」
       「そのパワーはさすが!だが、そこまでです!」
Zマスター 「Zマスター!全ての決着をつけます!」
護 「護隊員!何故!?」
  「護隊員…!あなたは…!?」

原種 「機界31原種確認、攻撃します!」
    「原種を倒すことは我々の使命!」
    「地球を機界昇華させはしません!」
遊星主 「私達の勇気を甘く見ましたね、ソール11遊星主」
    「ソール11遊星主!真の勇気の力、思い知らせてあげましょう!」
ゾンダー系 「そこだ、ゾンダー!」
        「ゾンダー!あなたの相手は私です!」
甲児 「なんとかこの状況を打開せねば…」
    「あしゅらの隙さえ見つければ…」
    「時間を稼がねば…」
被ダメージ
ペンチノン 「そろそろ決着をつけねばなりませんね…!」
      「うぐっ!あ…あなたにだけは、負けません!」
      「あなたを倒すことが、私の任務なのです!」
ゾンダリアン 「この程度ですか、ゾンダリアン!」
       「ゾンダリアン相手に油断をするわけにはいきません!」
       「ぐっ!これがゾンダリアンの力ですか!」
合体原種 「合体原種の力、この程度ですか!」
       「かすっただけで、この威力…やはり、侮るわけにはいきません!」
       「合体しただけのパワーはあるようですね…!」
       「このパワー…!複数の原種の力によるものですか…!」
       「このパワー…何としても、この場でこいつを倒さなくては…!」
       「ぐあっ!このままでは奴の巨体に取り付くことも出来ない!」
Zマスター 「Zマスター!この程度では私は倒せませんよ!」
       「私のデータは持っていないようですね、Zマスター」
       「この力…!我が身と引き換えにしても倒さなくては…!」
       「この凄まじいエネルギー量…計測不能です!」
       「このままでは地球は機界昇華されてしまう!」
       「Zマスター!私の生命を懸ける時が来たようです!」
原種 「このデータ、今後の対原種に使わせていただきます」
    「恐るべきは原種…!完全にかわしたと思っていたのですが…!」
    「この力…さすがはゾンダーを生み出したもの…!」
    「くっ…!確かにパワーはゾンダーの比ではないようです…!」
    「この生命に代えてもお前達を倒す…!それが私の任務です!」
    「こ、これが原種の力ですか!」
ゾンダー系 「ゾンダーの攻撃など効きはしません!」
      「このままあのゾンダーを引きつけます!」
      「あのゾンダーは私に任せてもらいます!」
遊星主 「この程度の攻撃で私達の勇気は消せはしない!」
      「この勇気…再び消させるものですか!」
      「ソール11遊星主!勝負はこれからです!」
      「ぐっ!これがソール11遊星主の力ですか!」
      「この身体が砕けようと、私の勇気は消えはしません!」
      「あなた方が神を名乗ろうとも、我々は決して屈しません!」
回避
ゾンダリアン 「無駄です、ゾンダリアン!」
       「ゾンダリアン…次も私がお相手しましょう!」
合体原種 「その巨体では私のスピードについて来られないようですね」
       「その巨大な目でも私の姿は捉えられまい!」
原種 「私を捉えられなかったようですね、原種!」
    「どこを狙っているのです、機界31原種!」
Zマスター 「どうやら私を見失ったようですね、Zマスター」
       「直撃を受ければたたでは済まないか…!」
ゾンダー系 「ゾンダー!私はここです!」
        「ゾンダー、あなたに私を捉えることは出来ませんよ!」
遊星主 「ソール11遊星主!私はここです!」
      「遅いですよ、ソール11遊星主!」

マイク・サンダース13世・C
援護攻撃
凱 「ガオガイガー、支援するもんね!」
  「ガオファイガー、支援するもんね!」
氷竜 「氷竜、続いて行くもんね!」
炎竜 「炎竜、続いて行くもんね!」
超竜神 「超竜神、続いて行くもんね!」
ボルフォッグ 「ボルフォッグの後に続くもんね!」
ビッグボルフォッグ 「ビッグボルフォッグの後に続くもんね!」
風龍 「風龍、続いて行くもんね!」
雷龍 「雷龍、続いて行くもんね!」
光竜 「後はマイクに任せるもんね、光竜!」
闇竜 「後はマイクに任せるもんね、闇竜!」
天竜神 「天竜神、マイクの活躍見るもんね!」
攻撃
合体原種 「ビッグだからってマイク、負けないもんね!」
       「一度に全部、倒してやるもんね!」
Zマスター 「Zマスター、許さないもんね!」
       「Zマスター!絶対やっつけてやるもんね!」
原種 「原種核はマイクが取るもんね!」
    「マイクの方が原種より強いもんね!」
遊星主 「心の炎までは消せなかったみたいだもんね!」
     「宇宙の収縮なんて止めるもんね!」
     「ソール11遊星主、覚悟するもんね!」
被ダメージ
合体原種 「ビッグサイズだからって、マイク、負けないもんね!」
       「こ、このままじゃ地球がヤバイもんね…」
       「げ、原種が合体しただけあるもんね!」
Zマスター 「Zマスターもたいしたことないもんね!」
       「さ、さすがはZマスター…。やってくれるもんね…!」
       「OH!エネルギー量が違いすぎるもんね!!」
原種 「この程度なら、原種も怖くないもんね!」
    「原種にだって負けないもんね!」
    「き、機界昇華なんてさせないもんね!」
遊星主 「遊星主、絶対許さないもんね!」
     「マイク、最後まで諦めないもんね!」
回避
合体原種 「大きい分、動きが鈍いもんね!」
Zマスター 「Zマスター!その手は食わないもんね!」
原種 「原種だってバリバリーンにはついてこれないもんね!」
遊星主 「遊星主!マイクを甘く見ないことだもんね!」

マイク・サウンダース13世・B
援護攻撃
凱 「ガオガイガー、支援するっぜ!」
氷竜 「氷竜、続いて行くっぜ!」
炎竜 「炎竜、続いて行くっぜ!」
超竜神 「超竜神、続いて行くっぜ!」
ボルフォッグ 「ボルフォッグの後に続くっぜ!」
ビッグボルフォッグ 「ビッグボルフォッグの後に続くっぜ!」
風龍 「風龍、続いて行くっぜ!」
雷龍 「雷龍、続いて行くっぜ!」
幻竜神 「幻竜神、続いて行くっぜ!」
強龍神 「強龍神、続いて行くっぜ!」
光竜 「後はマイクに任せるっぜ、光竜!」
闇竜 「後はマイクに任せるっぜ、闇竜!」
天竜神 「天竜神、マイクの活躍見るっぜ!」
攻撃
原種 「マイクの方が原種よりも強いっぜ!」
    「原種核はマイクが取るっぜ!」
合体原種 「ビッグだからってマイクは、負けないっぜ!」
       「一度に全部、倒してやるっぜ!」
Zマスター 「Zマスター!絶対やっつけてやるっぜ!」
       「Zマスター、許さないっぜ!」
遊星主 「心の炎までは消せなかったみたいだっぜ!」
     「宇宙の収縮なんて止めてやるっぜ!」
     「ソール11遊星主、覚悟するっぜ!」
被ダメージ
原種 「この程度なら、原種も怖くないっぜ!」
    「原種にだって負けないっぜ!」
    「き、機界昇華なんてさせないっぜ!」
合体原種 「ビッグサイズだからって、マイクは負けないっぜ!」
       「こ、このままじゃ地球がヤバイっぜ…」
       「げ、原種が合体しただけあるっぜ!」
Zマスター 「Zマスターもたいしたことないっぜ!」
       「さ、さすがはZマスター…。やってくれるっぜ…!」
       「OH!エネルギー量が違いすぎるっぜ!!」
回避
原種 「原種だって、マイクにはついてこれないっぜ!」
合体原種 「大きい分、動きが鈍いっぜ!」
Zマスター 「Zマスター!その手は食わないっぜ!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:37 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
ガオガイガー・2

風龍
援護攻撃
氷竜 「氷竜先輩、なかなかやりますね!」
炎竜 「炎竜先輩、なかなかやりますね!」
超竜神 「超竜神の後に続きます!」
雷龍 「雷龍、おおざっぱすぎるぞ!」
J 「Jアークの援護を!」
  「キングジェイダーの援護を!」
光竜 「光竜、よくやりました!」
闇竜 「闇竜、よくやりました!」
天竜神 「天竜神、僕が援護を!」
攻撃
原種 「少しは抵抗させてもらいますよ、原種!」
    「原種、僕が相手だ!」
合体原種 「合体しても接合部は弱いはずです!」
       「合体原種に負けるわけにはいきません!」
Zマスター 「Zマスター、巨大な力には決して屈するわけにはいかない!」
       「Zマスター、僕の勇気を見せてあげます!」
遊星主 「ソール11遊星主の好きなようにはさせません!」
被ダメージ
原種 「原種の攻撃など大したことはありません!」
    「くっ!やりますね、31原種!」
    「浄解するまで、諦めません!」
合体原種 「合体したのに、この程度ですか?」
       「合体原種の攻撃を受け続けるわけには!」
       「これが合体原種の力…」
Zマスター 「サイズの割には弱い攻撃ですね!」
       「Zマスターの攻撃は避けられないのか!?」
       「巨大なだけはある…!すごいパワーだ!」
回避
原種 「原種の攻撃に当たるわけには!」
合体原種 「合体して大きくなったら、その分死角も大きくなります!」
Zマスター 「勇気ある者には当たりませんよ、Zマスター!」

雷龍
援護攻撃
凱 「隊長、俺に任せてください!」
氷竜 「氷竜先輩、なかなかやるな!」
炎竜 「炎竜先輩、なかなかやるな!」
超竜神 「超竜神だけじゃねぇ!」
風龍 「風龍、ツメが甘いぜ!」
J 「Jアークだけにやらせねぇぜ!」
  「キングジェイダーだけにやらせねぇぜ!」
光竜 「さすがだぜ、光竜!」
闇竜 「さすがだぜ、闇竜!」
天竜神 「天竜神、交代だ!」
攻撃
原種 「原種だか何だか知らねぇが、覚悟しな!」
    「原種の相手はこの俺だぜ!」
合体原種 「フン、合体したって怖くねぇぜ!」
       「合体しなきゃ、俺達には勝てないようだな!」
Zマスター 「でかけりゃ、いいってもんじゃねえぞ!」
       「Zマスター!いくらでかくても叩き潰してやるぜ!」
遊星主 「ソール11遊星主、お前達を蹴散らしてやるぜ!」
被ダメージ
原種 「お前ら原種にやられる俺じゃねぇぜ!」
    「原種のくせになかなかやるじゃねぇかよ!」
    「今のうちに攻撃してこい。どうせお前は俺に核を抜かれるんだ!」
合体原種 「合体しても大したことはないぜ!」
       「そろそろ、俺たちも合体か?」
       「さすがに合体しただけのことはあるぜ!」
Zマスター 「これじゃあ、俺の相手としては力不足だな!」
       「まったく、やってくれるぜ…その馬鹿でかい図体は伊達じゃねえってか!」
       「どんなにパワーがあろうとも、俺達の勇気の炎は消せないぜ!」
回避
原種 「甘いんじゃねぇの、原種さんよ!」
合体原種 「合体した分、動きに無駄が多いぜ!」
Zマスター 「さすがに小さい的は苦手なようだな!」

激龍神
援護攻撃
凱 「ガオガイガー援護する!」
超竜神 「超竜神、援護するぜ!」
J 「キングジェイダーに続く!」
  「Jアークに続く!」
天竜神 「天竜神と連携をとるぜ!」
攻撃
原種 「今すぐ原種核を抜いてやる!」
    「原種、激龍神が相手だ!」
合体原種 「こっちだって合体じゃあ、負けてねぇぜ!」
       「原種が束になったて、勝てるぜ!」
Zマスター 「Zマスターを勇気で打ち砕く!」
       「行くぞ、Zマスター!」
遊星主 「ソール11遊星主が相手でも、負けん!」
     「いくら創造主だとしても!」
被ダメージ
原種 「原種の攻撃がその程度だとはな!」
    「くそっ!原種め!」
    「原種にしちゃあ、やるな…」
合体原種 「ん…合体したんじゃなかったっけ?」
       「合体原種…悪くない攻撃だぜ!」
       「合体は伊達じゃなかったようだな!」
Zマスター 「Zマスターでも、こんなもんかぁ!?」
       「Zマスター!その大きさを生かしていないようだな!」
       「Zマスタ-のパワーに消し飛びそうだぜ!」
遊星主 「ソール11遊星主、お前らに勇気ある者を止められるものか!」
回避
原種 「どうだっ!原種!」
合体原種 「合体原種、簡単に見切れるぜ!」
Zマスター 「Zマスター、どこを狙っている!」

幻竜神
援護攻撃
凱 「ガオガイガー、援護します!」
強龍神 「強龍神、援護するぞ!」
J 「続けて行かせてもらうぞ、キングジェイダー!」
光竜 「我々の戦い方を見ていろ、光竜!」
闇竜 「後は任せろ、闇竜!」
天竜神 「天竜神の後に続くぞ!」
攻撃
Zマスター 「最後に勝利を握るのはお前じゃない!我々、勇気ある者達だ!」
       「Zマスター、これが最後の勝負だ!」
原種 「幻竜神の力…その身で思い知れ、原種!」
    「この幻竜神が相手だ、原種!」
遊星主 「相手が創造主だろうと我々はあきらめない!」
     「我々の勇気を甘く見たな、ソール11遊星主!」
被ダメージ
Zマスター 「まだだ!まだ倒れはしないぞ、Zマスター!」
       「こいつ…ザ・パワーを完全に引き出している!」
原種 「どうした原種!その程度で倒れると思ったか!」
    「まだ勝負はついてないぞ、原種!」
    「こ、これがGGGを壊滅させた力か!」
回避
Zマスター 「ザ・パワーを持て余しているようだな!」
原種 「どうした原種!その程度で倒れると思ったか!」

強龍神
援護攻撃
凱 「ガオガイガー援護する!」
幻竜神 「幻竜神、援護するぜ!」
J 「キングジェイダーに続く!」
  「Jアークに続く!」
天竜神 「天竜神と連携をとるぜ!」
攻撃
原種 「今すぐ原種核を抜いてやる!」
    「原種、強龍神が相手だ!」
Zマスター 「Zマスターを勇気で打ち砕く!」
       「行くぞ、Zマスター!」
遊星主 「ソール11遊星主が相手でも、負けん!」
     「いくら創造主だとしても!」
被ダメージ
原種 「原種の攻撃がその程度だとはな!」
    「くそっ!原種め!」
    「原種にしちゃあ、やるな…」
Zマスター 「Zマスターでも、こんなもんかぁ!?」
       「Zマスター!その大きさを生かしていないようだな!」
       「Zマスタ-のパワーに消し飛びそうだぜ!」
遊星主 「ソール11遊星主、お前らに勇気ある者を止められるものか!」
回避
原種 「どうだっ!原種!」
Zマスター 「Zマスター、どこを狙っている!」

ソルダートJ
援護攻撃
凱 「詰めが甘いな、凱!」
  「よくやった、ガオガイガー!」
  ルネ「詰めが甘いんだよ、凱!」
光竜 ルネ「光竜、良くやったよ!」
闇竜 ルネ「とどめはもらうよ、闇竜!」
天竜神 ルネ「天竜神、後は任せな!」
勇者系 「続くぞ、勇者よ!」
     ルネ「勇者に続かせてもらうよ!」
     ルネ「勇気ある誓いの絆、見せてやるよ!」
攻撃
合体原種 腕原種 「あの時の決着、今こそつける!」
            「その声は…!腕原種、貴様か!」
            「戦士としてのケジメ…今ここでつけさせてもらう!」
Zマスター 「全てはZマスターを倒すために!」
        「我らが使命…今こそ果たす!」
凱 「思い出せ!貴様が誰なのかを!」
   「貴様が相手なら…死力を尽くすしかあるまい!」
原種 「原種など私の敵ではない!」
    「貴様の核…我らがいただく!」
    「原種確認!攻撃を開始する!!」
パルパレーパ 「神を名乗るだけの力…見せてもらうぞ!」
          「パルパレーパ!これで終わりにさせてもらうぞ!」
ピア・デケム 「貴様を止めるのはアベルの戦士である私の役目!」
        「アルマは帰してもらうぞ!パルス・アベル!」
        「貴様の艦載機は発進に時間がかかる。悪いが先手を取らせてもらうぞ!」
        ルネ「これで終わりにさせてもらうよ!パルス・アベル!」
        ルネ「今までの借り…返させてもらうよ!ピルナス!!」
        ルネ「ピア・デケム!あたし達の真の実力を味わいな!!」
遊星主 ルネ「宇宙収縮現象はあたし達が止めてみせる…!」
     ルネ「ソール11遊星主!あんたらの悪巧みもここまでだ!」
     ルネ「覚悟してもらうよ!ソール11遊星主!」
     ルネ「遊星主の動力源を直接叩く!」
被ダメージ
合体原種 「うまく連結していないようだな、合体原種!」
       「どうした原種共!私はまだ倒れていないぞ!」
Zマスター 「ザ・パワーに振り回されている…!?ならば、今の内に!」
       「こ、これが、ザ・パワーを取り込んだ力か!」
       「我ら生命あるもののあがき…とくと見せてやる!」
       「ぐっ…!私が死ぬのは、貴様を倒してからだ!!」
ピア・デケム ルネ「さすがは快楽の女神…お優しいことで」
        ルネ「勇ましいのは図体だけのようね!」
        「おのれぇ…パルス・アベルめ!」
        ルネ「ぐっ…やってくれるじゃないか、ピア・デケム!」
        「くっ!私が死ぬのは貴様を倒してからだ!」
        ルネ「ぐっ…相手が死神だろうと、この生命はくれてやらないよ!」
        ルネ「ピルナス!これで勝ったと思わないことだね!」
原種 「完全に目覚めていないようだな、原種!」
回避
ピア・デケム 「ピア・デケム!スピードは私の方が上だったな!」
        「そう何度も同じ手を食うか!」
        ルネ「くっ!この馬鹿力に当たるわけには…!」

光竜
援護攻撃
凱 「凱兄ちゃんの次は私なんだから!」
   「凱兄ちゃん、私もやるよ!」
炎竜 「炎竜兄ちゃんに続きまぁす!」
氷竜 「後は任せて、氷竜兄ちゃん!」
ボルフォッグ 「ボルフォッグさん、私に任せて!」
ビッグボルフォッグ 「ビッグボルフォッグさん、私に任せて!」
マイク 「私も頑張るもんね、マイクさん!」
風龍 「後は任せて、風龍兄ちゃん!」
雷龍 「雷龍兄ちゃんに続きまぁす!」
J 「ルネ姉ちゃん、援護するね!」
闇竜 「闇竜、援護に入るね!」
攻撃
遊星主 「ソール11遊星主を発見!仕掛けます!」
     「ソール11遊星主!絶対に許さないんだからぁ!」
     「この銀河のために、あたしだって戦うんだから!」
被ダメージ
遊星主 「効かないよ!ソール11遊星主!」
     「ソール11遊星主!まだ負けてないわよ!」
     「負けない…この勇気がある限り…!」

闇竜
援護攻撃
凱 「凱さん!私も続きます!」
  「凱さんの作ってくれた隙、見逃しません!」
炎竜 「続けて行きます、炎竜兄様」
氷竜 「後は任せてください、氷竜兄様!」
ボルフォッグ 「続きます、ボルフォッグさん!」
ビッグボルフォッグ 「続きます、ビッグボルフォッグさん!」
マイク 「マイクさん!後は任せてください!」
風龍 「後は任せてください、風龍兄様!」
雷龍 「続けて行きます、雷龍兄様」
J 「援護します、ルネさん!」
光竜 「後は任せて、光竜!」
攻撃
遊星主 「ソール11遊星主を発見!攻撃に移ります!」
     「ソール11遊星主…あなた達は許しません!」
     「この銀河のために…私も戦います!」
被ダメージ
遊星主 「この程度で神を気取るつもりですか?」
     「くうっ!これが遊星主の本当の力…!」
     「ソール11遊星主!私は…私は負けません!」

天竜神
援護攻撃
凱 「凱さん、続けていきます!」
炎竜 氷竜 超竜神 激龍神 「兄様、後は任せてください!」
ボルフォッグ 「続きます、ボルフォッグさん!」
ビッグボルフォッグ 「続きます、ビッグボルフォッグさん!」
マイク 「後は任せてください、マイクさん!」
J 「援護します、ルネさん!」
攻撃
遊星主 「覚悟しなさい!ソール11遊星主!」
      「地球の未来は天竜神が守るわ!」
被ダメージ
遊星主 「ソール11遊星主!この程度で私達は止まらないわよ!」
     「やるわね、ソール11遊星主!」
     「ソール11遊星主!私達の勇気は負けない!」
     「くっ!これがソール11遊星主の力!?」
     「負けられない…銀河の人々のためにも!」
     「ソール11遊星主…!私はまだ生きてるわよ…!」
回避
遊星主 「ソール11遊星主!その程度なの!」
     「攻撃がなってないわよ、ソール11遊星主!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:33 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
ガオガイガー・3
ピッツァ
攻撃
凱 「行くぞ!サイボーグ!」
  「凱!決着をつけるぞ!」
  「空の戦いで私に勝てると思っているのか?!凱」
  「勝負だ、ガオガイガー!」
勇者系 「所詮は地球のロボット!」
被ダメージ
凱 「効かんぞ、ガオガイガー!ははははっ!」
  「こ、これがガオガイガーの力だというのか!?」
  「ぐあぁ!サイボーグごときに、それほどの力が!?」

ペンチノン
攻撃
凱 「黒いロボット…ガオガイガー!」
超竜神 「赤と青のロボットめ!」
ボルフォッグ 「望む所だ…今こそお前にとどめをさしてやる」
         「ウィィィ!ここがお前の墓場だ。紫のロボットよ!」
被ダメージ
凱 「効かないぞ、ガオガイガー」
   「ガ…ガオガイ…ガー!おのれぇぇぇぇっ!!」
   「ウィィィィ!?ガオガイガーには、これ程の力がぁ!?」
ボルフォッグ 「紫のロボット、お前はその程度か」
         「ウィィィ!?やるではないか、紫のロボット」
         「き、貴様!紫のロボット!?」
勇者系 「青の星のロボットなど、しょせんはこの程度」
     「緑色の力で動くロボット、危険だ!」

ポロネズ
援護攻撃
プリマーダ 「私とプリマーダの力で!」
攻撃
凱 「死ね、ガオガイガー!!」
氷竜 「受けてもらいます!青のロボット!」
炎竜 「受けてもらいます!赤のロボット!」
超竜神 「受けてもらいます!赤と青のロボット!」
勇者系 「ふふふ…行くぞ、カインの遺産!」
被ダメージ 
凱 「ガオガイガーとて、その程度!」
  「ほう…さすがはカインの遺産ですな」
  「お、おのれぇっ、カインの遺産めぇっ!」
氷竜 「たいしたダメージは無いようですよ、青のロボット?」
    「青のロボット、あなたには負けませんよ!」
    「ゆ…許さんぞ、青のロボット!」
炎竜 「たいしたダメージは無いようですよ、赤のロボット?」
    「赤のロボット、あなたには負けませんよ!」
    「ゆ…許さんぞ、赤のロボット!」
超竜神 「たいしたダメージは無いようですよ、赤と青のロボット?」
     「赤と青のロボット、あなたには負けませんよ!」
     「ゆ…許さんぞ、赤と青のロボット!」
回避
凱 「ははははっ!これは面白いですな、ガオガイガー!」
氷竜 「青のロボット、無駄だったようですね!」
炎竜 「赤のロボット、無駄だったようですね!」
超竜神 「赤と青のロボット、無駄だったようですね!」

プリマーダ
援護攻撃
ボロネズ 「私達の力を見せてあげましょう!」
攻撃
凱 「黒いロボット、ガオガイガー…美しくないわっ!」
超竜神 「赤と青のロボット…ちょっとだけ美しいわよ」
氷竜 「青のロボット…ちょっとだけ美しいわよ」
炎竜 「赤のロボット…ちょっとだけ美しいわよ」
被ダメージ
凱 「黒いロボット…所詮、そこまでねぇ」
   「許さないわよ…ガオガイガー!!」
   「くぅぅぅっ!黒いロボットガオガイガー…もう許さないよ!」
氷竜 「可愛そうねぇ青のロボット…」
    「ぐっ、ちょっと美しくないわよぉ、青のロボット」
    「ま、まさか青のロボットに、これ程の力がぁ!?」
炎竜 「可愛そうねぇ赤のロボット…」
    「ぐっ、ちょっと美しくないわよぉ、赤のロボット」
    「ま、まさか赤のロボットに、これ程の力がぁ!?」
超竜神 「可愛そうねぇ赤と青のロボット…」
     「ぐっ、ちょっと美しくないわよぉ、赤と青のロボット」
     「ま、まさか赤と青のロボットに、これ程の力がぁ!?」
回避
凱 「美しくないわぁ、黒いロボット」
氷竜 「どうしたの、青のロボット?」
炎竜 「どうしたの、赤のロボット?」
超竜神 「どうしたの、赤と青のロボット?」

パスダー
攻撃
勇者系 「カインの遺産は消去する…!」
     「おのれ、カインの遺産…!」
被ダメージ 
勇者系 「無駄だ…カインの遺産共よ…」
     「おのれ…カインの遺産共め…!」
     「こ、これがカインの遺産の力なのか!?」

合体原種
攻撃
凱 「そこで待つがいい…カインの遺産よ」
  「カインの遺産よ…ここで朽ちるがよい」
勇者系 「Gストーンを持つとはいえ、敵ではない」
J 「アベルの遺せし災い…今こそ原始分解してくれようぞ」
  「キングジェイダーといえど、我が敵ではない」
被ダメージ
凱 「Gストーンの輝きなど、私の前では役に立たぬわ」
  「カインの遺産め…やってくれるではないか」
  「ぬおおっ!これがカインの遺産の力か!」
J 「アベルの遺し災いといっても、この程度ならば…」
  「もはや許さぬぞ、キングジェイダー」
  「こ、この力!赤の星の時以上だ…!」

腕原種
攻撃
凱 「サイボーグ凱、ここが貴様の墓場となるのだ!」
  「カインの遺産め…宇宙のチリにしてくれる!」
J 「今度こそ葬り去ってくれるぞ、キングジェイダー!」
  「あの時の決着をつけてやろう…ソルダートJ!」
  「J002、貴様も仲間の下へ送ってやる!」
勇者系 「私に勝てると思うなよ、Gストーンのロボット!」
     「Gストーンなど私の前では無意味だ!」
被ダメージ
凱 「フッフッフ…どうしたのだ、カインの遺産よ?」
  「ほう、さすがEI-01を倒しただけはある…だがそこまでだ!」
  「ぐおおおおおぉぉ!カインの遺産のパワーがこれ程とはぁっ!」
J 「貴様の弱さは相変わらずだな…キングジェイダー!」
  「来たか、ソルダートJ!」
  「くっ、やってくれるではないか!キングジェイダー!」
  「お、お前は赤の星で消去しておくべきだった!」

Zマスター
攻撃
凱 「Gストーンなど、我の前では無意味だ」
  「カインの残し遺産よ、消えるがいい…」
J 「貴様など恐るるに足らぬぞ、キングジェイダー」
  「キングジェイダー、目障りな奴め…」
  「赤の星…アルマよ…これでお終いにしてくれようぞ」
勇者系 「所詮はカインの遺産の模造品…消えよ」
     「Gストーンを持つロボットと言えど、我の敵ではない」
被ダメージ
凱 「カインの遺産といえど、所詮この程度…」
  「Gストーンの力がこれ程とは…」
  「これが青の星の力…!?」
  「カインの遺産よ、我がこのままで終わると思わぬことだ!」
J 「どうした、キングジェイダー…お前の力はそんなものか?」
  「これで我らの抑止力とは…呆れさせてくれる」
  「これがアベルの残し災いか…」
  「やってくれるではないか、キングジェイダー」
  「これがソルダート士団の力か」
  「許さぬ…許さぬぞ、キングジェイダー…!」

ギムレット
攻撃
凱 「あなたとの腐れ縁も今日でお終いです!」
  「いけませんねぇ、GGGの勇者王ですか!」
勇者系 「GGGのメカを葬りさたっとあれば宣伝効果は抜群です」
      「あなたを倒せば、世界中の紛争地域からバイオネットに依頼が殺到するでしょう」

天海護
攻撃
凱 「僕は間違っていない…間違っているのは凱兄ちゃんの方だ!」
   「邪魔しないで、凱兄ちゃん!」
   「今こそ、僕は凱兄ちゃんを超えるんだ!」
被ダメージ
凱 「ガオガイガーの装甲は良く知ってるはずだよね、凱兄ちゃん?」
   「ほ、本気なんだね、凱兄ちゃん…」
   「痛い…痛いよ、凱兄ちゃん…」
回避 
凱 「凱兄ちゃん、僕だって勇者なんだよ!」

パルパレーパ
攻撃
凱 「ジェネシックも所詮は物質!」
  「滅びを呼ぶ悪魔よ…されぇぇぇ!!」
  「破壊神は創造主によって滅ぼされるが定め!」
  「エヴォリューダー凱…貴様はここで死すのだ!」
J 「Jジュエルの輝きなど消し去ってくれる!」
  「精神制御の必要など最早ない…ここで葬り去ってくれる!」
勇者系 「勇者だと?そんな言葉…神の前では無意味だ」
     「貴様らのGストーンなど我らラウドGストーンの敵ではない!」
被ダメージ
凱 「ふっ…悲しき破壊神」
  「滅びの悪魔とて、神には勝てぬわ!」
  「破壊神の力は創造主をも超えるのか!?」
J 「戦士とは強者を指す言葉…貴様にその資格はない」
  「戦士ごときに神を倒せると思っているのか!」
  「おのれ、出来損ないの分際で!」
回避
凱 「当たらねば破壊も出来まい」
J 「愚かな…再び倒されに来るとは」

ピア・デケム
攻撃
凱 アベル「ジェネシック、滅びるのはあなたです」
  アベル「私達には勝てませんよ、ジェネシック」
  アベル「私達の邪魔はさせませんよ、ジェネシック」
  アベル「パスキューマシーンの力を使わねば倒せないようですね、ジェネシック!!」
  アベル「破壊神といえど私たちには勝てません…絶対に」
J アベル「もはやあなたを操る必要はありません。消えなさい」
  アベル「Jジュエルの輝きなど、私達には何の役にも立ちません」
  アベル「あなた達もアルマのようにしてあげましょう」
  アベル「やはりあなたは不良品のようですね、J002」
  ピルナス「いう事を聞くとお言い!可愛い子猫ちゃん!」
被ダメージ
凱 アベル「どうしました、ジェネシック?それで本気ですか?」
  アベル「フフ…この程度なら破壊神も怖くはありませんね」
  アベル「よくもやってくれましたね!ジェネシック!」
  アベル「これが破壊神の…ジェネシックの力…」
J アベル「戦士といっても所詮はこの程度…私達の足下にもおよびません」
  アベル「さすがはソルダート師団の生き残りですね」
  アベル「それほど抵抗するなら仕方ありません。粉々にしてあげましょう」
  アベル「不良品にここまでやられるなんて!」 ピルナス「これじゃお仕置きできないじゃない!」
回避
凱 アベル「真面目にやっているのですか?ジェネシック」
J アベル「やはりあなたは不良品ですね」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:32 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)
マジンカイザー
兜甲児
援護攻撃
さやか 「さやかさん、後は俺に任せなって!」
ボス 「ボス、何モタモタしてんだよ!」
鉄也 「鉄也さん、こいつは俺がやりますよ!」
ジュン 「ジュンさん、後は俺が始末つけてやるぜ!」
ローリィ 「ローリィさん、ロールさん、無理しないで!あとは俺がやる!」
攻撃
あしゅら 「あしゅら男爵!この俺は、逃げも隠れもしないぜ!」
      「行くぜ、あしゅら男爵!」
      「あしゅら男爵!てめえの出番はこれで終わりだぁ!」
      「来るなら来い、あしゅら男爵!」
ガラダブラ 「へっ!ツギハギだらけの機械獣に負けてたまるか!」
機械獣 「機械獣め!こいつを食らいやがれ!」
     「機械獣なら、俺に任せろってんだぁ!」
     「行くぜ、機械獣!俺が相手になってやるぜ!」
ミケーネ系 「お前らミケーネの野望は…、俺が打ち砕く!!」
被ダメージ
あしゅら 「へっ、あしゅらめ!調子が悪いみたいじゃねえか!」
      「あしゅら男爵!てめえじゃ俺には勝てねえよ!」
      「あしゅら男爵め、覚えてろよ!」
      「おお、あしゅら男爵…てめえにだけは負けねえぞぉ!」
機械獣 「まっ、機械獣じゃそんなもんだろうよ」
     「くそぉー!機械獣相手に油断しちまったかぁ!?」
     「やいやい機械獣!この借りは倍にして返してやるぜ!」
     「チキショー!機械獣の分際でよくもやりやがったなぁ!」
妖機械獣 「新型といってもその程度か?」
     「今までの機械獣とはどうやら違うようだな」
回避
あしゅら 「あしゅら男爵!こっちだ、こっち!」
      「どうだあしゅら男爵!この兜甲児、そう易々と負けねえぜぇっ!」
      「見たか!あしゅら男爵!」
機械獣 「あ~らよっと!機械獣の攻撃なんかに当たるかよ!」

弓さやか
援護攻撃
甲児 「安心して、甲児くん!あとは私が戦うわ!」
ボス 「うまくいったわね、ボス!」
鉄也 「鉄也さん、次は私がやってみるわ!」
ジュン 「ジュンさん、わたしも手伝うわ!」
ローリィ 「ローリィさん、ロールさん、私も!」
攻撃
あしゅら 「あしゅら男爵!あなた達の勝手にはさせないわ!」
機械獣 「機械獣は私が食い止めるわっ!」
      「かかってきなさい、機械獣!」
妖機械獣 「それ以上やらせないわ、新型機械獣!」
被ダメージ
妖機械獣 「…攻撃力も破壊力も、今までの機械獣とぜんぜん違うわ!」

ボス
援護攻撃
甲児 「兜ぉ、安心しろ!俺様が来たからには、あいつは倒してやるぜ!」
さやか 「さやか、俺もやるぜ!」
鉄也 「鉄也、たまには俺にもオイシイとこよこせよ!」
ジュン 「ジュン、やっぱ、俺様の助けが必要だろ!?」
ローリィ 「ローリィちゃん、ロールちゃん!任しとけぃ!!」
攻撃
甲児 「兜!さやかのことは、この俺様にまかせろ!」
    「さやかを助けるためとは言っても、マジンガーZの相手は辛いぜ!」
    「さやかを助けるためだ!兜、すまねえ!」
あしゅら 「いくぞ、あしゅら男爵!鯵のヒラキにしてやるぜ!」
機械獣 「やいやい、機械獣!好きにはさせねえぞ!」
      「機械獣なんか、クソくらえだぜ!」
妖機械獣 「新型だろうがクワガタだろうが、俺様がとっ捕まえて、ボッコボコにぶん殴ってやる!」

剣鉄也
援護攻撃
甲児 「待ってろ兜!俺がとどめを刺してやるぜ!」
さやか 「さやかさんは下がってな!後は俺がやる!」
ボス 「どいてろ、ボス!お前には無理だ!」
ジュン 「ジュン、こいつは俺の獲物だ!どけ!」
ローリィ 「ローリィさん、ロールさん、退いてくれ!俺がやる!」
攻撃
甲児 「兜!貴様を止めるのは俺だ!」
    「この隙にさやかを救出するんだ…!」
    「くそっ!兜と戦うしかないのか!?」
あしゅら 「あしゅら男爵、覚悟!」
あしゅらマジンガー 「そんな人類の守り神はこの俺が叩き潰してやる!」
             「こいつだけはこの俺が叩き潰してやる!」
機械獣 「機械獣は俺に任せろ!いくぜ、機械獣!」
     「来やがったな、機械獣ども!俺が相手になってやる!!」
被ダメージ
甲児 「何っ!血迷ったか、兜!」
あしゅら 「話にならんな、あしゅら男爵!」
      「つぅ!あしゅら男爵め、なかなかいい攻撃だったぜ…だが!」
      「ぐはっ!やるな、あしゅら男爵…だが一人では死なん!」
戦闘獣 「くそー!こいつは機械獣よりはるかに強い!」

炎 ジュン
援護攻撃
甲児 「甲児くん!次は私が行くわ!」
さやか 「さやか!今度は私がやってみるわ!」
ボス 「ボス、邪魔よ!どいて!」
鉄也 「鉄也!ここは私に任せて!」
ローリィ 「ローリィさん!ロールさん!続けて行くわ!」
攻撃
あしゅら 「あしゅら男爵、覚悟っ!」
機械獣 「機械獣、私が相手よ!!」

ローリィ
援護攻撃
甲児 「甲児くん!私達に任せて!」
さやか 「さやかさん!私達も手伝うわ!」
ボス 「ボスくん!私達でなんとかするわ!」
鉄也 「鉄也くん!ここは私達がやってみるわ!」
ジュン 「ジュンさん!私達も!!」

あしゅら男爵
攻撃
甲児 「おのれ、マジンガー!この手で倒してやる!」
    「にっくき兜甲児!これでもくらえ!」
    「マジンカイザーめ、叩きのめしてくれる!」
    「お前は間もなくマジンガーZと同じ運命をたどるのだ!」
    「死ねぇっ、兜甲児!」
グレートマジンガー 「トドメだ、グレートマジンガー!」
被ダメージ
甲児 「おのれ、兜甲児!必ずお前をあの世へ送ってやる!」
    「くっ!兜甲児め、このままでは…!」
鉄也 「おのれ、剣鉄也!このくたばりぞこないめが!」

ハーディアス
攻撃
女性 「このブス!」
    「このブス!あんたなんか死んでおしまい!」
被ダメージ
甲児 「なんなのよ!マジンカイザー!」

バーダラー
攻撃
甲児 「待っていたぞ!兜甲児!」
    「兜甲児、貴様さえ殺せば!」
    「兜甲児、死ねっ!!」
被ダメージ
甲児 「のおぉぉぉーっ!!マジンカイザーの力がこれほどとは!?」

ドレイドウ
攻撃
マジンガー系 「マジンガー軍団もこれまでだ!!」
         「貴様らマジンガー軍団も、最後だな!!」
被ダメージ
甲児 「恐るべしマジンカイザー!」

ゴーゴン
攻撃
甲児 「マジンカイザーめ、地の底へ叩き落してやる!」
ゲッターチーム 「地獄へ行けい!ゲッターロボ!!」
被ダメージ
甲児 「ふはは!こそばゆいぞ、マジンカイザー!」
    「マジンカイザーめ…邪魔をする気か!」
    「うぬぅぅ!マジンカイザーめ、貴様だけは!」
ゲッターチーム 「どうした、ゲッター?遠慮はいらんぞ!」
          「ぐははは!そこまでか、ゲッターロボ!」
          「ゲ、ゲッターめ…味な真似をしおって!」

暗黒大将軍
攻撃
甲児 「マジンカイザーは我がミケーネの地上支配における最大の障害…」 「なんとしても、地獄に葬り去ってくれる!」
    「兜甲児!ここを貴様の墓場にしてやる!」
    「兜甲児!ここで貴様は死ぬのだ!!」
    「くたばるがいい、兜甲児ぃいいい!そして、マジンカイザー!!」
    「くたばるがいい、兜甲児ぃいいい!」
被ダメージ
甲児 「どうした!?兜甲児!!そんなことでは倒せんぞ!」
    「兜甲児め!これで勝てると思うたか!?」
    「ぐうっ…死なばもろともだ、兜甲児!!」
マジンガー系 「光子力研究所の連中め…こざかしい真似を…」
[PR]
by 7071sprw | 2007-03-29 22:31 | スーパーロボット大戦W | Comments(0)