タグ:スーパーロボット大戦NEO ( 13 ) タグの人気記事
オリジナル系・1
稲葉駆
援護攻撃
天音 「天音だけ戦わせておけるか…!」
    「天音、あとは俺にまかせとけ!」
シャル 「協力するぜ、シャル!」
     「バトンタッチだ、シャル!」
ザンパ 「後ろから失礼するぜ、ザンパ!」
     「俺も参加させてもらうぜ、ザンパ!」
リバリス 「リバリス、一人で無理すんなって!」
      「助太刀するぜ、リバリス!」
援護防御
天音 「早くさがれ、天音!危ねえぞ!」
    「たった1人の弟なんだ!やらせるかよ!」
シャル 「らしくねえぞ、シャル!どうしたってんだ!?」
     「心配すんな、シャル!ちゃんとフォローするからよ!」
ザンパ 「しっかりしろ、ザンパ!狙われてるじゃねえか!」
     「ザンパ、次は期待するなよ!」
リバリス 「リバリスの奴、調子でも悪いのか…?」
      「仕方ねえ…援護するぜ、リバリス!」
攻撃
シャル 「アームドファントマは俺達に必要なんだ!絶対に渡さねえ!」
     「そっちがその気なら、相手になってやるぜ!」
ザンパ 「ちょこまかと!焼き鳥にしちまうぞ!」
リバリス 「エルンストだか何だか知らねえが、俺達の邪魔すんな!」
      「お前らの事情なんて、知ったこっちゃねえんだよ!」
キャオス 「間違ってるぜ、キャオス!あんたらのやり方はさ!」
      「心が伴ってねえ力は、ただの暴力になっちまうんだよ!」
アマネ 「兄として、お前の行動を見過ごす事はできねえ!」
     「ためらわねえし、迷わねえ…!天音を救うまで!」
     「天音!お前を止めるのは俺の役目だ!」
     「あの機体を落としゃ、なんとかなるかもしれねえ…!」
ラルヴァ 「世界を護ってみせるぜ、ラルヴァ!お前の手からな!!」
      「天音を操りやがって!絶対に許さねえ!」
      「最後の大勝負だ!いくぜ、シグザリアス!!」
邪神ドラゴ 「この星の未来を闇に沈めるわけにゃいかねえんだ!」
ワルーサ 「心の光でお前を討つ!いくぞ、ワルーサ!」
ゴクアーク 「俺達の町を大魔界にさせてたまるかよ!」
機械神 「人を想う心のねえ奴に、俺達が負けるか!」
ドン・ハルマゲ 「何度復活しても無駄だぜ、ゴブーリキ!俺達がいる限りな!」
皇帝 「邪竜族の魔の手から、アースティアを守ってみせるぜ!」
デビルウルタリア 「二度と増殖できねえよう、完全に消し去ってやるぜ!」
盗賊 「悪事を働くのもここまでにしてもらうぜ!」
被ダメージ
シャル 「そんなんじゃ俺達を捕えるのは無理だな!」
     「くっ、警告代わりって奴かよ!」
     「そんなに気が強くちゃあんた、絶対にもてないだろ!」
     「あいつ、見た目は可愛いくせになんてパワー持ってやがる…!」
     「ったく!おっかねえ女がいたもんだぜ…!」
     「ぐっ…!あの女にここまでやられちまうとは…!」
ザンパ 「どうやら大盗賊ってのはハッタリみてえだな」
     「あのペンギン、結構やってくれるぜ…!」
     「さすが盗賊団のボス、一筋縄じゃいかねえか…!」
     「もう完全に怒った!その羽飾り、ぜんぶむしり取ってやるからなっ!」
リバリス 「様子見はここまでにしとくんだな、リバリス!」
      「リバリス、この借りは必ず返すぜ!」
      「好き勝手やれるのもここまでだぜ、リバリス!」
      「くそっ!リバリスの奴、戦い慣れしてやがる!」
      「くそっ…!このままじゃ、アームドファントマを奪われちまう…!」
      「天音を救うためにも…お前にやられるわけにはいかねえんだ!」
キャオス 「余裕かましてられるのも今の内だぜ、キャオス!」
      「シグニクスにやられるシグザリアスじゃないぜ!」
      「やるな、キャオス!伊達に歳はとってねえってわけか!」
      「見せてやるぜ、キャオス!俺とシグザリアスの意地をな!」
      「キャオスめ!とんでもねえもん造りやがって!」
アマネ 「天音の奴、俺を試してるのか…!?」
     「天音、お前、遊んでるのか!」
     「本気なんだな、天音!!」
     「やめろ、天音!自分が何してるかわかってるのか!?」
     「ラルヴァに利用されてんのが、何でわかんねえんだよ!?」
     「うぐっ!これじゃあ、兄としての面目丸潰れだぜ…!」
     「ぐあっ…!兄貴として、絶対に退くかよっ!!」
ラルヴァ 「ラルヴァ!そんなもんじゃ俺はやられねえぞ!」
      「ラルヴァの力がこの程度のはずがねえ…!油断は禁物だな!」
      「負けるかよ!人の命をもてあそぶような奴に!」
      「ぐっ…!これがラルヴァの力だってのか!」
      「俺が足を止めるのは、ラルヴァ!お前をぶっ倒した後だ!」
      「最後の最後で棄権するわけにはいかねえっ!!」
盗賊 ザンパ 「盗賊さん、これじゃあ勝負にならねえぜ」
        「そいつが盗賊仕込みの戦法ってわけか。けどな!」
回避
シャル 「牽制か…?あの女、一体どういうつもりだ…?」
     「言っとくが、これはシグザールっていうより俺の力だぜ!」
リバリス 「どうだ!これでもまだ俺達を捕まえる気か!?」
      「他の研究素材でも探すんだな、リバリス!」
キャオス 「キャオス、あんたの思い通りにゃさせねえぜ!」
アマネ 「天音、俺はお前にやられるわけにゃいかねえんだ!」
     「天音の奴、危ねえ事しやがって…!」
ラルヴァ 「お前の攻撃パターンはシグザリアスが覚えてるんでな!」
      「その図体じゃ、シグザリアスに追いつくのは無理だな!」
盗賊 ザンパ 「ハズレだぜ、盗賊さん!」
        「そんな狙いじゃ当たらねえなぁ、盗賊さん!」

稲葉天音
援護攻撃
駆 「兄さんが見てるんだ…!ちゃんとやらなきゃ…!」
   「手伝うね、兄さん!」
シャル 「ここでやらないと、シャルさんに怒られちゃう…!」
     「シャルさん、あとは僕が!」
ザンパ 「ザンパさん、交代しよう!」
     「一人じゃ無理だよ、ザンパさん!」
援護防御
駆 「兄さんに怪我させるもんか…!」
   「兄さんに守ってもらってばかりじゃない…!」
シャル 「シャルさん、しっかり!」
     「早く逃げて、シャルさん!」
ザンパ 「前に出過ぎだよ、ザンパさん!」
     「今助けるよ、ザンパさん!」
攻撃
シャル 「ごめんなさい、お姉さん!」
     「イオニアを、お姉さんに渡すわけにはいかないんです!」
エルンスト系 「僕はあなた達の研究材料じゃありません!」
エルンスト系 ラルヴァ 「放っておいてくれないなら、戦うしか…!」
盗賊 「盗賊の好きにさせる僕じゃありません!」
    「何も盗らせたりするもんか…!」
被ダメージ
シャル 「もしかしてあのお姉さん、手加減してくれた…?」
     「あのお姉さん、思った以上に優しい人かも…」
     「あ、あのお姉さん…見た目より強い…!」
     「どうしても…見逃してくれないんですね、お姉さん!」
     「くっ!僕じゃあのお姉さんには敵わない…!」
     「ほ、本気でイオニアを沈める気なんですか、お姉さん…!」
エルンスト系 「エルンストの人達、これで諦めてくれればいいけど…」
        「研究のためだからって、暴力をふるうのはどうかと思います!」
        「あなた達は…そんなにイオニアが欲しいんですか!?」
        「このままじゃ、あの人達に捕まっちゃう…!」
        「あの人達、イオニアの弱点を知ってるっていうの…?」
回避
シャル 「お姉さんの好きにはやらせません!」
     「少しでも気を抜いたら、お姉さんにやられちゃう…!」
エルンスト系 「あなた達に捕まるわけにはいきません…!」

シャーリィ・ルノイエ
援護攻撃
駆 「シグザール…やっぱりまだ完全じゃないみたいね…」(第20話以降)
   「アームドファントマの調子が悪いって言うの…?」(第20話以降)
   「シグザリアスでも仕留めきれないなんて…!」(第25話以降)
   「駆、それだけやってくれれば十分よ!」
   「駆、あとは私にまかせておきなさい!」
天音 「手伝うわよ、天音!」
    「天音、ここは連携していくわよ!」
ザンパ 「追撃をかけるわ、ザンパ!」
リバリス 「しょうがないわねえ…リバリス、手を貸すわ!」
      「悪いわね、リバリス!美味しいところはもらうわ!」
援護防御
駆 「駆、この借りは高くつくわよ!」
   「駆はやらせない!」
   「たまには年下の面倒も見ないとね!」(第20話以降)
   「もっとしっかり使いこなしなさいよね!」(第20話以降)
天音 「下がって、天音!あれは私が受けるわ!」
    「その大きさじゃ避けられなくても仕方ないわね…」
ザンパ 「早く後退しなさい、ザンパ!」
リバリス 「油断しすぎよ、リバリス!」
      「どきなさい、リバリス!命を無駄にする気!?」
攻撃
駆 「私の言う通りにしないから、痛い目を見るのよ!」
   「その力、あんたが扱うには危険過ぎるのよ!」
天音 「子供が相手だからって、手加減してらんない…!」
    「いい子だから、私の言う事を聞きなさい!」
リバリス 「リバリス、あんたに私の邪魔はさせないわよ!」
      「リバリス、あんた達の考えじゃ世界は救えないのよ!」
キャオス 「何度でも言ってやるわ、キャオス・レール!あなたの考えは間違ってる!」
      「キャオス・レール、あの力はあなた自身も滅ぼすのよ!」
アマネ 「迷ってる時間なんて…ないから…!」
     「天音、あなたは私が止めてみせるわ!」
ラルヴァ 「ラルヴァ!世界をあんたの好きにはさせないわよ!」
      「消えるのは私達じゃなく、ラルヴァ!あんたの方よ!」
ドン・ハルマゲ 「二度と甦れないようにしてあげるわ、ゴブーリキ!」
邪竜族 「邪竜族の侵略は必ず食い止めてみせる…!」
     「あんた達を歓迎する準備はできてるわ!」
被ダメージ
駆 「シグザールに引けをとるメルヴェーユじゃないわよ!」
   「伝承にあるほどの力はないようね、シグザール!」
   「なによ、あいつ!結構やるじゃない!」
   「くっ!シグザールも本領発揮ってわけね!」
   「やられてたまるもんですか…!その機体は必ず回収してみせる!」
   「あんたに負けたら、兄様に会わす顔がないのよ…!」
天音 「イオニアに大した武器がないのは、わかってるのよ!」
    「どうしたの、君!遠慮はいらないわよ!」
    「子供だからって甘く見過ぎたかしら…」
    「君、抵抗するのもここまでにしておきなさい!」
    「くっ!あんな小さい子にここまでやられるなんて…!」
    「それだけの力を使うなんて…正気なの、君!」
リバリス 「リバリス、この分は10倍にして返すわよ!」
      「少しはやるようになったみたいね、リバリス」
      「やるじゃない、リバリス!伊達に戦闘隊長は務めてないってわけね!」
      「リバリス!まさかあの時の事、根に持ってるんじゃないでしょうね!?」
      「屈辱だわ…!リバリスにここまでやられるなんて…!」
      「デバ・ジノーを操ってるの、本当にあのリバリスなの…!?」
キャオス 「データ集めもそこまでにしておくのね、キャオス・レール!」
      「キャオス・レール!そんな物じゃイオニアは落とせないわよ!」
      「よくもやってくれたわね、キャオス・レール!」
      「つ、強い…!これがキャオスの力なの…!?」
      「こ、これがキャオスの手に入れた力だっていうの…!?」
      「負けない…!ここで負けたら、キャオスが正しい事になっちゃうじゃない!」
アマネ 「くっ!天音の奴、イオニアの行動パターンを読んでる…!」
     「天音、余裕を持ってられるのも今だけよ!」
     「ぐっ!こっちも本気でいかなきゃまずいってわけね…!」
     「ア、アルシグノスの力がこれ程だったなんて…!」
     「くっ…!何が天音をここまで凶暴に…!?」
     「天音、あんたねぇっ!いい加減にしなさいよ!!」
ラルヴァ 「ラルヴァ、そんな攻撃でやられるイオニアじゃないわよ!」
      「完全に覚醒される前に、ラルヴァを倒さないと!」
      「自分で造っただけあって、イオニアの事をよくご存知のようね…!」
      「好きにできるのもここまでよ、ラルヴァ!」
      「あんなバケモノにやられてたまるもんですか…!」
      「最後の最後でやられるわけにはいかないのよ!」
回避
駆 「なによ、あいつ!駄目駄目じゃないの!」
   「ま、シグザールも使う人次第ってわけね」
天音 「そんな巨体じゃ、メルヴェーユを捉えるなんて無理よ!」
    「どうやら、イオニアを上手く制御できてないみたいね!」
リバリス 「リバリス、あんたのいいようにやらせる私じゃないわよ!」
      「メルヴェーユの性能を忘れたのかしら、リバリス!?」
キャオス 「キャオスの奴…様子見でもしてるつもりなの…?」
      「キャオス・レール、昔のままの私じゃないわよ!」
アマネ 「天音、私の操縦テクを甘く見ない事ね!」
     「天音ほどとはいかなくても、これくらいはできるのよ!」
ラルヴァ 「好きにできると思わない事ね、ラルヴァ!」
      「ラルヴァの攻撃に当たったら、シャレじゃ済まないもんね…!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 23:15 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
オリジナル系・2
ザンパ
援護攻撃
駆 「兄ちゃん、あとは俺にまかせるペン!」
   「兄ちゃんもまだまだ詰めが甘いペン!」
天音 「天音、力を貸すペン!」
    「天音だけを戦わせておくわけにはいかんペン!」
シャル 「さっすが姐さん!作戦通りだペン!」
     「姐さんに負けてられんペン!」
少年 「子供達だけにまかせておけんペン!」
援護防御
駆 「兄ちゃんがやられたら、天音が悲しむペン…!」
   「兄ちゃん!無茶しちゃいかんペン!」
天音 「天音!そこは危険だペン!」
    「天音、あの時の借りを返すペン!」
シャル 「姐さんをやらしゃしないっペン!」
     「姐さんのピンチは見過ごせんペン!」
少年 「子供相手に大人気ないペン!」
攻撃
駆 「その剣は高く売れそうだペン!」
   「その身体中のクリスタル、俺が売り払ってやるペン!」
天音 「どこぞの城じゃあるまいし、空なんて飛ぶんじゃないペン!」
    「その船は俺がいただくペン!」
リバリス 「あの時の借りを返してやるペン!」
      「勉強は苦手っペン!だから、お前達も苦手っペン!」
キャオス 「あんたにアースティアはまかせられんペン!」
      「諸悪の根源は元から断つペン!」
アマネ 「目を覚ますペン、天音!そいつから降りるペン!」
     「言葉が届かないから、拳でわからせるしかないペン…!」
ラルヴァ 「ラルヴァ!世界を壊される前に、俺がお前を壊してやるペン!」
      「これが最後の大博打!みんなで生き残るペン!」
ラムネス ダ・サイダー 「勇者御一行の旅は、ここで終わりペン!」
             「勇者伝説の代わりに、ザンパ伝説を広めてやるっペン!」
アイアンリーガー系 「リーグ中と同じ活躍はさせんペン!」
           「俺に勝ちたきゃ、ホッケーリーガーでも連れてくるペン!」
リューナイト系 「リューを倒せば、俺の名も上がるってものペン!」
         「リューだろうとペンパーダの敵じゃないペン!」
少年 「子供のアイドルになる気はないペン!」
    「来週のこの時間からは、無敵盗賊ペンパーダが始まるっペン!」
ボス系 「悪人を放っておくわけにはいかんペン!」
     「世界のピンチだってのに、何考えてんだペン!」
サイズ7以上 「でっかいだけの機体に負ける俺じゃないペン!」
        「身体の大きさだけが勝敗を決めるわけじゃーーーないっペン!」
被ダメージ
天音 「気に入ったペン!その船、何としても手に入れてやるペン!」
    「信じられん力ペン…!あの船はいったいなんだっペン!?」
    「諦めんペン!必ずあの船を手に入れてやるっペン!」
アマネ 「天音、本当にやる気かペン!?」
     「天音!これ以上はやめるっペン!」
     「負けないペン…!必ず天音を救い出してみせるペン!」
サイズ7以上 「でっかいだけあって、すごい威力ペン…!」
回避
アマネ 「天音、本当にやる気かペン!?」
サイズ7以上 「なんだ、ただでっかいだけだペン」
        「小回りはペンパーダの方が上だペン!」

リバリス・ムイラブ
援護攻撃
駆 「黒き巨人は本調子じゃないのか…?」
   「黒き巨人でも仕留め切れんとは…!」
   「よくやってくれた、駆!」
   「駆だけにいい格好はさせん!」
シャル 「援護するぞ、シャル!」
     「シャルだけが相手ではないぞ!」
ザンパ 「いい動きだったぞ、ザンパ!」
キャオス 「キャオス様、あとは私がやります!」
      「キャオス様が見ておられるのだ…結果を出さねば!」

援護防御
駆 「黒き巨人に手出しはさせん!」
   「キャオス様を救うまで、倒れられては困る!」
   「駆!そこをどくのだっ!」
   「集中力を切らすな、駆!」
シャル 「シャルよ、俺を見直したか!?」
     「ええい!このお転婆娘が!」
キャオス 「キャオス様、ここは私めにおまかせを!」
      「キャオス様をやらせはせん!」
攻撃
駆 「アームドファントマは、我々にこそ相応しいのだ!」
   「その機体の奪取をキャオス様が望んでおられるのだ!」
イオニア 「それだけ巨大ならば、狙われて当然だ!」
      「方舟を落とせば、我らの勝利は決まったようなもの!」
シャル 「俺の前に顔を出すとはいい度胸だな、シャル!」
     「シャルよ、もはや貴様に未練などない!」
キャオス デビルウルタリア 「なんたる失態!ここは俺がケリをつけねば!」
               「この失態、俺がケリをつける!」
アマネ 「貴様、やみくもに戦いを広げてなんとする!」
     「赤き巨人か…!相手にとって不足なし!」
ラルヴァ 「ラルヴァよ!貴様をこの世界から抹消する!」
      「人が造りし神ならば、人によって壊されるのが道理というもの!」
デビルウルタリア 「制御できぬとあらば、殲滅するしかあるまい!」
          「これがDG細胞の本性か…!」
アイアンリーガー系 「貴様達は球遊びだけやっていればよい!」
           「スクラップにされても文句は聞かんぞ!」
ラムネス ダ・サイダー 「世界は我らに任せ、今一度眠りにつくがいい!」
             「現代の勇者となるのは貴様らではなく、我らエルンストだ!」
リューナイト系 「リューの力、確かめさせてもらうぞ!」
         「伝説のリューと事を構えることになるとはな…!」
地球出身 「異世界の者が、この世界の事に首を突っ込むな!」
      「異分子どもが!排除してくれる!」
邪竜族 「世界の終焉は我らが阻止してみせる!」
被ダメージ
駆 「無駄な抵抗をするな!速やかにこちらに引き渡せ!」
   「完全に覚醒される前に奴を鹵獲せねば…!」
   「黒き巨人め…!この報いは必ず受けてもらうぞ!」
   「その力…やはり野放しにはできん!」
   「その力、やはり貴様が使うには危険すぎる!」
   「なんという破壊力…!これが黒き巨人の力か…!」
イオニア 「方舟に大した火力がないのは調査済みだ」
      「この程度で済ませてくれるとは…。優しい少年だ」
      「方舟め…力を取り戻しつつあるというのか!」
      「相手はあの方舟だ…!この結果は仕方がないというもの!」
      「なんだ、この力は!?伝承とは違うではないか!」
      「馬鹿な…!そのような力を使えば、貴様もただでは済まんぞ!」
シャル 「貴様にしては随分と大人しい攻撃ではないか」
     「シャルの奴、俺をからかっているつもりか…?」
     「ふざけた外見のくせに、パワーだけは一端だな!」
     「まったく、貴様という女は遠慮を知らんのか!?」
     「うぬっ!シャルにここまでしてやられるとは…!」
     「はっきり言ってやろう!貴様の性格は大いに問題がある!」
キャオス 「おやめください、キャオス様!」
      「くっ…!この一発には愛が感じられない…!」
      「俺の言葉はキャオス様に届かないのか…!」
回避
駆 「黒き巨人を乗りこなすなど、貴様では無理だ!」
   「アームドファントマの使い方を熟知していないと見た!」
天音 「子供に好きにさせるものかっ!」
    「少年よ、抵抗するのもそこまでにするのだ」
シャル 「シャル、お前の行動パターンはとうに読めている!」
     「貴様の気性と同じで荒い攻撃だ!」
キャオス 「おやめください、キャオス様!」

キャオス・レール
援護攻撃
リバリス 「詰めが甘いですよ、リバリス」
      「下がりなさい、リバリス。あとはこちらで引き受けます」

援護防御
リバリス 「リバリス…この弁明はあとで聞かせてもらいますよ」
      「リバリス、それでは部下に示しがつきませんよ」
攻撃
駆 「シグザリアスの操縦者よ、覚悟はできていますね」
   「その機体、何としてもエルンストの物に…!」
   「従わぬのであれば、シグザリアスなど不要!」(シグニクス搭乗時)
   「古代の巨人は現代の巨人によって倒されるのです!」(シグニクス搭乗時)
シャル 「シャル、これがお前達が否定した力です!」(シグニクス搭乗時)
     「シャル、エルンストを去った事を後悔なさい!」(シグニクス搭乗時)
リバリス 「リバリス、これよりお前を排除します」(シグニクス搭乗時)
      「リバリス、これよりお前を排除します!」(シグニクス搭乗時)

ラムネス ダ・サイダー 「我々の手で今一度封印してさしあげましょう」
             「勇者が世界を救う時代は終わったのです」
リューナイト系 「リュー使いよ、世界は我々にまかせておけばよいのです」
         「そのリューの戦力では、邪竜族を阻めはしません」
被ダメージ
駆 「シグザリアスがこの程度とは思えません。各員、油断せぬように」
   「完全な復活とはいかなかったようですね、シグザリアス」
   「その程度ですか、シグザリアス?」(シグニクス搭乗時)
   「アームドファントマの有無が、勝敗を決めるわけではないのです!」(シグニクス搭乗時)
   「その機体…やはり我々の管理下に置かざるを得ませんね」
   「さすがはシグザリアス…期待を裏切らない性能です」
   「どうやら、シグザリアスのデータを修正する必要があるようですね…」(シグニクス搭乗時)
   「くっ、伝承に偽りなしという事ですか…!」(シグニクス搭乗時)
   「古代の兵器に敗れては、我らエルンストの存在意味が…!」
   「くっ!あの少年、こうもシグザリアスの力を引き出すとは…!」(シグニクス搭乗時)
   「認めません!シグザリアスがシグニクス以上だなどと…!」(シグニクス搭乗時)
シャル 「お前ではその船を完璧に扱うのは不可能です」
     「シャル、ウルタリアの性能を知らぬお前ではないでしょう?」
     「イオニアとでは機動性が違うのです!」(シグニクス搭乗時)
     「遠慮はいりませんよ、シャル。あなたの本気を見せてみなさい!」(シグニクス搭乗時)
     「それなりにやるようになりましたね、シャル」
     「イオニアにここまでの力があるとは知りませんでした…」
     「あの巨体でシグニクスに当ててくるとは…!」(シグニクス搭乗時)
     「これ以上はお止めなさい、シャル!」(シグニクス搭乗時)
     「シャル、いつまで私に逆らい続ければ気が済むのです!」
     「お前達兄妹は、随分と私が気に入らないようですね…!」
     「そんな!シャルが私を超えるというのですか…!?」(シグニクス搭乗時)
     「シャル、ブラス!私はお前達だけには負けられないのです!」(シグニクス搭乗時)
回避
駆 「強大な力も使う者次第という事です」
   「それではあの少年を救う事などできはしません」
   「その程度ですか、シグザリアス?」(シグニクス搭乗時)
   「アームドファントマの有無が、勝敗を決めるわけではないのです!」(シグニクス搭乗時)
シャル 「シャル、戦いとは公式通りにはいかないものです」
     「シャル、お前の戦闘データはこちらにあります」
     「イオニアとでは機動性が違うのです!」(シグニクス搭乗時)
     「遠慮はいりませんよ、シャル。あなたの本気を見せてみなさい!」(シグニクス搭乗時)

アマネ
攻撃
駆 「兄さん、これが現実さ」
   「勝負だよ、兄さん!」
   「フフフフフ!楽しませてよ、兄さん!」
シャル 「フフフ、シャルさんにイオニアの制御は無理だよ」
     「ちゃんと操縦できてるか、試させてもらおうかな」
ザンパ 「バイバイ、ザンパ」
     「僕が助けた命だ!僕が奪っても文句はないよね?」
ラムネス 「残念だけど、僕の欲する世界に勇者は不要なんだ」
      「クラスメイトのよしみさ。すぐに楽にしてあげるよ」
小学生 「君達、いつまでヒーローごっこをしてるつもりさ!」
被ダメージ
駆 「どうしたんだい、兄さん…本気で戦おうよ!」
   「なーんだ、兄さんってぜんぜん大した事ないんだ」
   「痛いよ、兄さん!…って言えば、手を抜いてくれるかな?」
   「兄さんが本気なら、僕はその上をいかないとね!」
   「いいよ、兄さん!その強いままの兄さんで最期を迎えてね!」
   「それでこそ僕の憧れた兄さんだ!けどね…けどねぇぇぇっ!」
シャル 「非力だね、シャルさん」
     「僕の代わりが全然務まってないみたいだねぇ、シャルさん」
     「シャルさん、子供相手にムキになってどうするのさ」
     「やるじゃないか、シャルさん!口だけじゃないんだね」
     「やっぱり怖い人だね、シャルさんはさ!」
     「くっ!これ以上は許さないよ、シャル!」
ザンパ 「フフフ、ザンパにはお似合いの攻撃だよ」
     「ま、ザンパにはこれが精一杯かな?」
     「半獣人の分際で僕に逆らうのかい?」
     「そんなふざけた機体で僕と張り合うなんて…!」
     「よくも…よくもやってくれたね、ザンパ!」
     「半獣人にここまでやられるなんて…!」
回避
駆 「迷ってるのかな、兄さん?それとも…それが実力かな?」
   「フフフ…兄さんの癖はわかってるよ」
シャル 「まあ、シャルさんがイオニアをうまく扱えるはずがないか」
ザンパ 「ザンパ、君が僕に勝てるわけないだろ」
     「どうしたんだい、ザンパ。手を抜いているのかな?」

ラルヴァ
攻撃
駆 「シグザリアス…二度と邪魔はさせぬ…」
駆 天音 「我が分身よ、我に服従せよ…!」
      「醜き争いの源を絶たん…」

エルンスト兵
援護攻撃
リバリス 「リバリス殿の攻撃に耐えるとは、何という奴…!」
     「リバリス殿の活躍、確かに見せてもらいました!」
キャオス 「キャオス様、後はこちらにおまかせを!」
     「貴様など、キャオス様がとどめを刺すまでもない!」

援護防御
リバリス 「リバリス殿、我らがお守りします!」
      「リバリス殿に手出しはさせん!」
キャオス 「お下がりください、キャオス様!」
      「キャオス様の前に出るぞ!」

攻撃
駆 「黒き巨神よ、我々にアームドファントマを渡すのだ!」
   「古代エルンスト人の遺産!その力を見せてみよ!」
シャル 「裏切り者め!目に物見せてくれる!」
     「同胞のよしみで見逃すとでも思ったか!?」
アイアンリーガー系 「アイアンリーガーといえど容赦はせんぞ!」
           「強制引退させられたくなければ、そこをどけ!」
ラムネス ダ・サイダー 「勇者だけが世界を救えると決まったわけではない!」
             「その力、言い伝え通りか確かめてやる!」
リューナイト系 「リューが相手だろうと、退くわけにはいかん!」
         「骨董品で我らの科学力と勝負するつもりか!」
地球出身 「この世界の事に、貴様らが首を突っ込むな!」
      「異世界の超兵器が相手か…!」
デビルウルタリア キャオス 「くっ…!完全に制御できなかったとは…!」
               「失策は、我ら自身の手で決着をつける!」
邪竜族 「邪竜族め、貴様達にアースティアは渡さん!」
     「ミスティックシールドを破らせはせんぞ!」
被ダメージ
駆 「貴様ごときにアームドファントマを使いこなせるものか!」
   「その機体は我らが使ってこそ意味があるのだ!」
   「黒き巨人め、あくまで我らに協力するのを拒むか!」
   「ぐっ…!さすがにキャオス様が欲する力だけの事はある!」
   「アームドファントマを手に入れずして、倒れるわけにはいかんのだ!」
   「その力の正体、何としても解き明かさねばならん!」
アイアンリーガー系 「所詮、貴様達に戦いは無理なのだ!」
           「大人しくスポーツだけしてればよい物を!」
           「速い…!素早さだけは敵わんか…!」
           「ええい、ちょろちょろと!我らをかく乱するつもりか!」
           「リーガーにこれ程のパワーがあるとは…!信じられん!」
           「あ、あのリーガーには我らの知らない装置でも積んでいるのか!?」
ラムネス ダ・サイダー 「名ばかりの勇者めが!」
             「その力、妖神には通じても我らには通じはせん!」
             「守護騎士め…!よくもやってくれたな!」
             「さすがはゴブーリキを封じただけの事はある…!」
             「ぐっ!守護騎士にこれ程の力があったとは…!」
             「古代の機体に負けたとあっては、エルンストの誇りが…!」
リューナイト系 「リューなど我らの敵ではない!」
         「そんな力では、迫り来る脅威から世界を守れはせん!」
         「これがリューか…!確かに素晴らしい性能をしている!」
         「面白い!そのリュー、何が何でも欲しくなった!」
         「こ、これがリューの真の力だというのか…!」
         「ぐうっ…!こうなれば、奴のミストが切れた隙を狙うしか…!」
回避
駆 「貴様ごときにアームドファントマを使いこなせるものか!」
   「その機体は我らが使ってこそ意味があるのだ!」
アイアンリーガー系 「所詮、貴様達に戦いは無理なのだ!」
           「大人しくスポーツだけしてればよい物を!」
ラムネス ダ・サイダー 「名ばかりの勇者めが!」
             「その力、妖神には通じても我らには通じはせん!」
リューナイト系 「リューなど我らの敵ではない!」
         「そんな力では、迫り来る脅威から世界を守れはせん!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 23:12 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
新ゲッターロボ系
流竜馬
援護攻撃
甲児 「甲児の次は俺だあっ!」
鉄也 「続くぜ、鉄也!」
剣 「どきな、剣!あとは俺がやる!」
援護防御
甲児 「甲児の奴、少しは考えて行動しろってんだ!」
鉄也 「しゃあねえ、援護してやるぜ、鉄也!」
剣 「剣、何チンタラしてやがる!」
攻撃
安部晴明 「晴明!てめえはとっとと地獄に落ちやがれ!」
      「覚悟しやがれ、晴明!」
      「ケリつけてやるぜ、晴明!!」
      「晴明!貴様にもゲッターの恐ろしさを、たっぷりと見せてやるぜっ!」
邪神ドラゴ 「神だろうがなんだろうが、見下してんじゃねえ!」
       「てめえが神だろうと、くたばってもらうまでよ!」
       「神が死ぬ様を、拝ませてもらおうじゃねえか!」
ドン・ハルマゲ 「大昔のバケモンだろうが、俺達に勝てると思うなあ!!」
         「世界平和なんか二の次だ!俺はてめえが気に入らねえだけよ!」
アマネ 「今すぐ目ぇ覚まさせてやるぜ!どデカい一発食らわせてな!!」
ラルヴァ 「てめえに教えてやるぜ、ラルヴァ…!俺達の力をなあ!!」
      「覚悟しな、ラルヴァ!てめえは俺達がぶっ倒す!」
被ダメージ
安部晴明 「てめえの恨みも、俺の前じゃ無意味ってわけだ!」
      「ふざけんなっ、この粘着野郎!」
      「そうすんなりと俺達を殺れると思うなよ、晴明!」
      「晴明の野郎…!好き勝手やってくれやがって!」
      「ぐうっ…!てめえに呪い殺されてたまるかってんだ!」
邪神ドラゴ 「この程度で神だぁ…?笑わせんじゃねえっ!」
       「どうしたよ、神様!俺達はまだ生きてるぜ!」
       「ゲッター線が…俺達がそんなに怖いか!」
回避
安部晴明 「甘いぜ、晴明!」
      「往生際が悪いんだよ、晴明!」
邪神ドラゴ 「神様ってのも、意外と大した事ねえな!」
       「どうした!神様ってのはそんなもんかよ!?」

神隼人
援護攻撃
甲児 「援護するぞ、甲児!」
鉄也 「鉄也、あとはこちらにまかせろ!」
剣 「ポジションチェンジだ、剣!」
援護防御
甲児 「何をしている、甲児!下がれ!」
鉄也 「こちらの背後に回れ、鉄也!」
剣 「うかつだぞ、剣!」
攻撃
安部晴明 「やっかいな術を使われる前に、片付けてやる!」
      「争いを楽しむのもここまでだ、晴明!」
邪神ドラゴ 「たとえ貴様が神だろうと、俺の邪魔はさせねえ!」
ラルヴァ 「貴様のくだらん野望もここまでだ!」
      「存在を抹消してやるぞ、ラルヴァ!永久になっ!」
被ダメージ
安部晴明 「少しはやるようだな、晴明!」
      「せ、晴明…!よくもっ!!」
邪神ドラゴ 「くっ…!バケモノがっ!!」
       「奴の力は計り知れん…!だが、やられるわけにはいかねえっ!」
回避
安部晴明 「お前の攻撃など既にお見通しだ、晴明!」
邪神ドラゴ 「くっ…!奴の攻撃に当たるわけには…!」

武蔵坊弁慶
援護攻撃
甲児 「甲児の次は俺が相手だ!」
鉄也 「鉄也、あとはゲッター3にまかせろ!」
剣 「詰めが甘いぞ、剣!」
援護防御
甲児 「無茶するな、甲児!」
鉄也 「下がれ、鉄也!あれは俺が受け止める!」
剣 「剣を狙ったつもりだろうが、そうはいかん!」
攻撃
安部晴明 「晴明は俺が倒す!」
      「晴明!てめえの面を見るのもこれで最後だ!」
邪神ドラゴ 「悪がのさばる世界など俺は認めん!」
       「災いをもたらす神なんざ、俺がぶっ飛ばしてやる!」
ザーラ 「お前を倒せば組織は崩壊する!いたってシンプルだ!」
ラルヴァ 「正真正銘の最終決戦だ!絶対に勝ってやらあっ!」
被ダメージ
安部晴明 「くそっ!晴明の野郎がここまでの力を持ってやがるとは…!」
邪神ドラゴ 「人間の力を甘く見るなよ!」
       「これなら神といえど、恐るるに足らんな!」
       「ちきしょう!俺達人間は奴に敵わないってのか!?」
回避
安部晴明 「そんな攻撃に当たると思ったか、晴明!」
邪神ドラゴ 「人間の力を甘く見るなよ!」
       「これなら神といえど、恐るるに足らんな!」

安部晴明
攻撃
剣 「神が創りし人形とて、乗り手が人ではな」
   「神の血は、今ここで絶えるのだ!」
真吾 「そのエネルギーを見過ごすわけにはいかん!」
    「人形に命を宿させるわけにはいかぬのだっ!!」
甲児 鉄也 「光子力エネルギー!それもまた人には過ぎたものなのだ!」
     「魔神どもが!我が邪魔はさせぬぞ!」
竜馬 「流竜馬!ゲッターと共に滅するがいい!」
    「覚悟はよいか、流竜馬」
ゲッターロボ 「現世に地獄を体現するわけにはいかぬのだっ!」
        「すべての災いの源、ゲッターロボ!ここで滅びよ!!」
        「ゲッターロボめ!ここで息の根を止めてくれるわ!!」
        「お主への恨み、今ここで晴らしてくれるわ!」
被ダメージ
ゲッターロボ 「意味がないではないか、ゲッター!これでは貴様と戦う意味がないではないか!」
        「よくもやってくれたな、ゲッターロボ!」
        「それでこそ貴様らを待ち続けた甲斐があるというものだ!」
        「これぞまさに破滅の力…!ゲッター線とは…ゲッター線とはぁぁ!!」
        「お、恐るべし…ゲッターロボ!」
回避
ゲッターロボ 「意味がないではないか、ゲッター!これでは貴様と戦う意味がないではないか!」
        「これで精一杯というわけではあるまいな、ゲッターロボ?」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 23:07 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
ライガー系
大牙剣
援護攻撃
リュウ・ドルク 「手を貸すぜ、ドルク!」
         「ドルクの次は俺が相手だ!」
甲児 「甲児さん、あとは俺にまかしてくれ!」
鉄也 「よぉし、鉄也さんと同じ奴を狙うぜ!」
竜馬 「続いていくぜ、竜馬さん!」
援護防御
リュウ・ドルク 「ドルク!こいつは俺が受け止めるぜ!」
         「油断するな、ドルク!」
甲児 「甲児さん!危ない!」
鉄也 「援護するぜ、鉄也さん!」
竜馬 「竜馬さん、ここはまかせてよ!」
攻撃
ドル・サタン 「釧路のみんなの仇!今とってやる!」
        「お前のせいで学校のみんなが…!許せねぇぇ!!」
ドル・ガイスト 「そんなメカでライガーに勝てると思うなよ!」
         「ドル・ガイスト!本当の獣の力がどういうものか、今見せてやるぜ!」
真一 「真一!お前の思いは俺が聞き届ける!」
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク!お前は俺が倒す!」
         「勝負だ!リュウ・ドルク!」
ザーラ 「決着をつけてやるぜ、ザーラ!」
     「ドラゴの復活は俺が食い止めてみせる!」
邪神ドラゴ 「ドラゴがなんだ!俺はちっとも怖くねえぞ!」
       「邪神を叩き潰すまで、俺は戦い続ける!!」
ドラゴ帝国系 「いくぞ、バケモノ!」
        「ドラゴ帝国は俺がぶっ潰してやる!」
アマネ 「天音!お前の暴走は俺が止めてやる!」
     「天音!どうしても戦うってんなら相手になるぜ!」
ラルヴァ 「ドラゴと同じように、お前も俺達がぶっ倒してやる!」
      「受けてみろ、ラルヴァ!俺達人間の力を!」
安部晴明 「ドラゴに手を貸す奴は、俺が許さねえ!」
ボス系 「こいつで、お前達との戦いを終わりにしてやる!」
     「てめえらの悪さもこれまでだ!」
被ダメージ
ドル・サタン 「学校のみんなの仇をとらずに、やられてたまるか!」
        「痛ぇ!伊達にドラゴの将軍じゃないってわけか…!」
        「あ、あいつ…ものすごいパワーだ!」
ドル・ガイスト 「へん!自慢のメカも、大した事ないな!」
         「くそっ!ドル・ガイストの罠にはまっちまったか…!」
         「お前みたいな姑息な奴に、やられるわけにはいかねえ!」
真一 「くっ!真一…!」
    「よせ、やめるんだ、真一!」
リュウ・ドルク 「それでライガーを倒すつもりか、リュウ・ドルク!」
         「俺はお前に負けない!」
         「リュウ・ドルクの奴、すごい迫力だ!」
         「くそっ!見た目通りの凶悪な攻撃しやがって!」
         「まだだ、リュウ・ドルク!まだ決着はついちゃいねえ!」
         「駄目だ、まるでパワーが違う…!こいつには敵わねえのかよ…!」
ザーラ 「大した力は持っちゃいないようだな、ザーラ!」
     「ぐっ!ザーラもいよいよ本気を出してきたわけかよ!」
     「ザーラを倒さないまま終わってたまるかぁっ!!」
邪神ドラゴ 「どうやらまだ本調子じゃないようだな、ドラゴ!」
       「なんだ、そんなもんかよ、ドラゴ!」
       「こ、これがドラゴの力なのかよ…!」
       「まだだ!俺はまだ生きてるぜ、ドラゴ!」
       「死んだって…死んだっててめえなんかに負けるもんかっ!」
       「ドラゴの奴、一体どれだけの力を持ってやがるってんだ!」
回避
ドル・ガイスト 「ドル・ガイスト!大口叩いといてその程度かよ!」
真一 「くっ!真一…!」
    「よせ、やめるんだ、真一!」
リュウ・ドルク 「俺はお前に負けない!」
         「リュウ・ドルク!お前の好きにさせるかよ!」
         「どうしたリュウ・ドルク!俺はここだぜ!」
ザーラ 「これでドラゴの親玉とは、笑わせてくれるぜ!」
     「お前に苦しみを捧げてたまるかよ!」
邪神ドラゴ 「あんなの食らったら、いくらライガーでもイチコロだぜ!」

ドル・サタン
援護攻撃
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク!とどめは私が!」
         「加勢するぞ、ドルク!」

援護防御
リュウ・ドルク 「ドルクは私が守ってみせる!」
         「ドルク!私に構わず逃げろ!」
攻撃
剣 「私が葬ってやるぞ、ライガー!」
   「もらったぞ、ライガー!」
ドル・ガイスト 「貴様を腹心としたのは間違いだった!」
         「ドル・ガイスト!貴様だけは私が!」
ザーラ 「死ね!ザーラ!」
     「私は貴様を倒し、新たな帝国を築く!」

被ダメージ
剣 「そこまでだ!ライガー!!」
   「フッ、ライガーとはこの程度か」
   「うっ!やってくれたな、ライガー!」
   「やはり一筋縄ではいかぬようだな、ライガー!」
   「ライガー!お前を倒さずして倒れるわけにはいかんのだ!」
   「くっ!ライガーの力がこれ程とは…!」
ドル・ガイスト 「ドル・ガイスト、自慢のメカニックも大した事はないな」
         「ガイスト!それが貴様のやり口か!」
         「ドル・ガイスト!貴様にだけはやられてなるものか!」

回避
剣 「無駄な動きが多いな、ライガー!」
   「私をドラゴナイトと同じと思うなよ、ライガー!」
ドル・ガイスト 「ドル・ガイスト、自慢のメカニックも大した事はないな」

ドル・ガイスト
攻撃
剣 「ライガーといえど、我がメカニックの敵ではない!」
   「現れたな、ライガー!」
リュウ・ドルク 「死ね!リュウ・ドルク!!」
         「獣の心を持った殺人メカ、それこそ真の戦士なのだ!」
ドル・サタン 「さらばだ、ドル・サタン!」
        「裏切りの代償は死と決まっている」
被ダメージ
剣 「本当にそれでお終いか、ライガー?」
   「貴様は獅子ではない。地を這いずり回るネズミだ!」
   「どうやら調教が必要なようだな、ライガー!」
   「おのれ!やってくれたな、ライガー!」
   「ライガー!私に狙いを絞ってきたか!」
   「ぐっ!どうやら獅子を本気で目覚めさせてしまったようだ…!」
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク、お前のどこが美しい野獣だというのだ?」
         「フッ、その程度の力で魔竜王を名乗るとは…」
         「リュウ・ドルクも所詮はくだらん人間…。この辺が関の山というわけだ」
         「これが魔竜王ドルガの力か…面白い!」
         「リュウ・ドルク!貴様にだけはやられはせん!」
         「認めん!この私がリュウ・ドルクに引けを取るなど認めてたまるか!」
ドル・サタン 「あなたの力はそんな物ですかな、ドル・サタン殿?」
        「くっ!さすがは氷の将軍と謳われただけのことはある!」
        「うぐっ!ドル・サタンめ、よくも!!

回避
剣 「我がメカニックは、バイオアーマーすら凌駕するのだ!」
   「ライガーも私の前では赤子も同然というわけだ」
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク!貴様の思い通りにはさせぬぞ!」
         「フフフ…リュウ・ドルクともあろう者がいいザマだな」
ドル・サタン 「あなたの力はそんな物ですかな、ドル・サタン殿?」

リュウ・ドルク
援護攻撃
剣 「剣、あとは私にまかせるのだ!」
  「剣!私も続かせてもらうぞ!」
  「どくのだ、ゆい、まい!あとは私がやる!」(ベガルーダ搭乗時)
  「ゆいとまいだけを戦わせるわけにはいかん!」(ベガルーダ搭乗時)
ドル・サタン 「続かせてもらうぞ、ドル・サタン!」
援護防御
剣 「剣!お前を死なせはせん!」
   「油断するな、剣!」
   「我が妹達に手出しはさせん!」(ベガルーダ搭乗時)
   「ゆい、まい!ドルガの陰に入るのだ!」(ベガルーダ搭乗時)
ドル・サタン 「下がれ、ドル・サタン!ここは私が盾になる!」
攻撃
剣 「ゆくぞ、ライガー!」
   「ライガー!貴様を倒すのはこの私だ!」
   「大牙剣よ!今日こそすべてを終わりにしてやるぞ!」(後半)
   「長き戦いに幕を下ろすときが来たようだな、ライガー!」(後半)
   「駄馬が!私の前に立つな!」(ベガルーダ搭乗時)
ドル・サタン 「ドル・サタン!私は貴様を倒してでも進まねばならないのだ!」
        「そこをどくのだ、ドル・サタン!」
ドル・ガイスト 「貴様のメカニックなど、ガラクタの集まりでしかない!」
         「ドル・ガイスト!今日が貴様の命日となるのだ!」
ザーラ 「女帝ザーラ!今こそ貴様の夢が終わる時と知れ!」
     「貴様の最後だ!祈れ、ザーラ!!」
邪神ドラゴ 「邪神ドラゴ!この世を闇で満たさせはせん!」
       「ドラゴを倒す!それがアーガマの血を引く私の役目だ!」
安部晴明 「晴明!貴様の存在をこの世から抹消する!!」
      「邪なる者よ!去れぇぇぇっ!!」
ラルヴァ 「邪神ラルヴァよ!この地で永遠の眠りにつくがいい!!」
      「醜き欲望のために、世界を崩壊させてなるものか!」
被ダメージ
剣 「ライガー、貴様を強者と認めたのは間違いだったようだ」
   「これが本気というわけではあるまいな、ライガー」
   「大してパワーは上がっていないらしいな、ライガー!」(後半)
   「やるな、ライガー!それでこそ私が認めた戦士だ!」
   「嬉しいぞ、ライガー!そうこなくては面白くない!」
   「また腕を上げたな、ライガー!だが、勝負はこれからだ!」(後半)
   「想像以上にやってくれるな、ライガー!」
   「見事だ、ライガー!しかし私は負けん!」
   「ライガーめ…!どれほどの力を得たというのだ!?」(後半)
ドル・サタン 「どうした、ドル・サタン!攻撃に迷いが見えるぞ!」
        「ドル・サタン!これ以上向かってくるなら、貴様でも容赦はせんぞ!」
        「どうやら本気のようだな、ドル・サタン!」
ドル・ガイスト 「戦士としての美学を捨てた貴様に、私を倒すことはできん!」
         「くっ!こうもドル・ガイストにしてやられるとは…!」
         「ドル・ガイスト!これが貴様の言うメカニックの力か…!」
ザーラ 「私とドルガの力を忘れたか!」
     「そう簡単に私を倒せると思うな、ザーラ!」
     「おのれ、ザーラ!許さん!!」
     「ザーラめ!私をドラゴの生贄にするつもりか!」
     「女帝ザーラ!私の死まで貴様の好きにはさせんぞ!」
     「地獄の扉を開くのは私ではない!貴様だ、ザーラ!!」
邪神ドラゴ 「ドラゴがこの程度とは思えん…!油断はできんな…!」
       「くっ!あの巨体で何というスピードだ!」
       「いかに傷を負おうと、私はドラゴに屈しはしない!」
       「私は貴様の生贄になるつもりはない!」
       「ドラゴを滅せずして、私は倒れるわけにはいかん!」
       「何だ、この震えは…!この私が怯えているというのか…!?」
回避
剣 「あまり私をがっかりさせないでくれ、ライガー!」
   「ライガー、どうやら私は貴様を過大評価していたようだ」
ドル・サタン 「ドル・サタン!どうしても私と戦うつもりか!?」
        「どうした、ドル・サタン!攻撃に迷いが見えるぞ!」
ドル・ガイスト 「戦士としての美学を捨てた貴様に私を倒すことはできん!」
ザーラ 「ザーラ!貴様の事はよくわかっているつもりだ!」
     「やはりそうきたか、ザーラ!」
邪神ドラゴ 「ドラゴ!私とドルガを甘く見るなよ!」
       「苦しみを貴様に捧ぐわけにはいかん!」

女帝ザーラ
援護攻撃
リュウ・ドルク 「見事な攻撃だったぞ、リュウ・ドルク」
         「リュウ・ドルク、下がってよいぞ」

援護防御
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルクをやらせるわけにはいかん!」
         「何をしておるか、リュウ・ドルク!」

攻撃 
剣 「我が力を受けてみよ、ライガー!」
   「ライガーよ、雌雄を決する時が来たようじゃのう!」
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク!我が下を去ったのを後悔するがよい!」
         「貴様だけは我が手で葬り去らねば気が済まぬ!」
被ダメージ
剣 「ライガーといえど、我の前では赤子も同然」
   「ライガーよ、我を他の者と同じと思わぬことじゃ!」
   「少しばかりライガー侮っていたようじゃな…!」
   「やりおる…!さすがはアーガマの化身と言ったところか!」
   「お、おのれ!ライガーめ!!」
   「将軍共がライガーを倒しておれば、このような事には…!」
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク!貴様ごときが我に勝てると思うたか!」
         「リュウ・ドルク、どうやら貴様を買いかぶっていたようじゃ」
         「リュウ・ドルク!我が寵愛を受けしお前が我に刃を向けるか!」
         「くっ!リュウ・ドルクがここまでの力を持っていたとは!」
         「こ、このような事になるのならば、あの時ひと思いに…!」
         「リュウ・ドルク!貴様を殺さずして、倒れるわけにはいかんのじゃ!」
回避
剣 「ライガーといえど我の前では赤子も同然!」
   「ライガーよ、我を他の者と同じと思わぬことじゃ!」
リュウ・ドルク 「リュウ・ドルク!貴様ごときが我に勝てると思うたか!」
         「リュウ・ドルク、どうやら貴様を買いかぶっていたようじゃ」

邪神ドラゴ
攻撃
剣 リュウ・ドルク 「我に従い、跪くのだ。アーガマの末裔達よ」
           「100万年の恨み、晴らしてくれるわ!」
甲児 鉄也 「神か悪魔にしかなれぬ力では、我には勝てぬ」
       「フッフッフッフッフッフッ、こいつは砕き甲斐がありそうだ」
竜馬 「破滅を呼ぶ者を放っておくわけにはおかぬ!」
    「消滅せよ、ゲッターロボ!」
被ダメージ
剣 リュウ・ドルク 「100万年前のようにはいかぬぞ」
           「アーガマよ、貴様の末裔に何ができるというのだ?」
           「フッ、100万年前より楽しめそうだな」
           「アーガマの末裔共め!よくも!」
           「アーガマの人形ごときが、我に勝てると思ったか?」
           「おのれ、アーガマの末裔ども!許さん!!」
           「再び貴様らに封印されるわけにはいかぬ!」
回避
剣 リュウ・ドルク 「100万年前のようにはいかぬぞ!」
           「アーガマよ、貴様の末裔に何ができるというのだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 23:05 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
ライジンオー系
日向仁
援護攻撃
マリア 「さっすが勉!いい作戦だぜ!」
ガンバーチーム 「ガンバーチーム、俺達も頑張るぜ!」
         「真のヒーローは忘れた頃にやって来る…ってか?」
ザウラーズ 「応援に来たぜ、ザウラーズ!」
       「ザウラーズの隣には、俺達がいたりして!」
ダンケッツ 「ダンケッツ!勝利は俺達がもらうぜ!」
       「俺達もやるぜ、ダンケッツ!」
援護防御
マリア 「バクリュウオーをやられてたまるかってんだ!」
ガンバーチーム 「おい、ガンバーチーム!元気にも程があんだろ!」
         「ガンバーチーム!それじゃ、ヒーローの名が泣くぜ!」
ザウラーズ 「次も守ってやれるとは限らないぜ、ザウラーズ!」
       「こいつは貸しにしとくぜ、ザウラーズ!」
ダンケッツ 「ダンケッツをやらせるかってんだ!」
       「こういうところで経験の違いが出て来るんだよな!」
攻撃
スイガラー 「俺が来たからには、禁煙タイムの始まりだ!」
オセッカイザー 「勝負だ、オセッカイザー!」
         「オセッカイザー、本当の正義の力を見せてやるぜ!」
         「その笑い方やめてくれ…気が抜けるんだよ…」

ベルゼブ 「くらえっ!ジャークサタン!」
      「好きにはやらせねえぜ!ジャークサタン!」
      「観念しろ!5次元人」
      「へっ、毎回飽きねえでよく出てくるぜ。ケチョンケチョンにしてやる!」
      「地球をジャーク帝国には渡さねえ!」
ワルーサ 「俺達は絶対に無敵だ!貴様らなんかに地球は渡さない!」
      「けりをつけてやるぜ、ワルーサ!」
      「これで5次元帝国も終わりだ、ワルーサ!」
邪悪獣 「それ以上はやらせないぞ!邪悪獣!」
      「そこまでだ、邪悪獣!」
      「散々暴れやがって、かんべんしねえぞ、邪悪獣!」
      「いくぜ、邪悪獣!」
ゴクアーク 「地上に出てきたのを後悔させてやるぜ、ゴクアーク!」
       「大魔王だろうが何だろうが、ブッ倒すまでだ!」
機械神 「受けてみやがれ、機械神!俺達、人間の力を!」
     「機械神!存在しちゃいけないのはお前の方だ!」
アマネ 「天音、お前は俺達が止めてやるぜ!」
     「少し乱暴にいかせてもらうぜ、天音!」
ラルヴァ 「飛鳥!吼児!ラルヴァに絶対無敵の力を見せてやろうぜ!」 吼児「うん!」 飛鳥「頼むぞ、仁!」
被ダメージ
ワルーサ 「くそっ!これがワルーサの実力ってわけかよ!」
      「ワルーサの奴、すごいパワー持ってやがる…!」
      「負けるもんか…!陽昇町は必ず守ってみせる!」
      「まだだ、ワルーサ!まだ勝負はついてねえぞ!」
邪悪獣 「あの邪悪獣、もう許さねえ!」
     「くっそぉ!邪悪獣の奴、やりたい放題やりやがって!」
     「くそっ!邪悪獣にここまでやられるとはよ…!」
     「いったい何なんだよ!?あの邪悪獣のパワーは!」
回避
ベルゼブ 「へっ!ジャーク帝国の奴らも大したことねえぜ!」
ワルーサ 「ワルーサの奴、危ない真似しやがって!」
      「ワルーサ!お前の好きにさせる俺じゃないぜ!」
邪悪獣 「へっ!邪悪獣なんて目じゃないぜ!」
     「そんな攻撃じゃ当たんないぜ、邪悪獣!」

白鳥 マリア(バクリュウオー・バクリュウドラゴン)
援護攻撃
仁 「仁、ひとまず離れて!」
援護防御
仁 「仁、無茶ばっかりしないで!」
   「危ない!じぃぃぃーん!!」
   「バクリュウドラゴン、お願い!仁たちを守って!」
攻撃
ベルゼブ 「ジャークサタン!地球防衛組が相手になるわ!」
        「ベルゼブ、いい加減にしなさいよ!」
ワルーサ 「観念しなさい、ワルーサ!」
邪悪獣 「邪悪獣!バクリュウドラゴンが相手よ!」
     「邪悪獣め!バクリュウオーの力、見せてあげるから!」
     クッキー「マリアちゃん、来る~っ!」 「あの邪悪獣の動きを止めるのよ!」

ベルゼブ
援護攻撃
仁 「加勢するぞ、ライジンオー!」
ワルーサ 「ワルーサ様、止めはおまかせください!」
援護防御
仁 「前に出すぎだぞ、ライジンオー!」
ワルーサ 「ここはおまかせを、ワルーサ様」
攻撃
仁 「これまでだな、ライジンオー」
   ファルゼブ「ライジンオーの最期も近いわ」 「とどめだ、ライジンオー!覚悟しろ!」
   「ライジンオー、ここでけりをつけてやる!」
   「ここで終わりだ、ライジンオー!」 ファルゼブ「ゆっくりと相手をしてやるぞ…フフフ」
   「ゆくぞ、ライジンオー!戦士の誇りにかけて、お前達を倒す!」
   「ゴッドライジンオー、今日こそ決着をつけてくれるぞ!」
   「逃がさんぞ!ゴッドライジンオー!」
   「ゆくぞ、ゴッドライジンオー!」
   「防衛組め、思い知らせてくれる!」
エルドラン系 ファルゼブ「エルドランのロボットめ!」 「我ら5次元人の力、たっぷりと思い知らせてくれる!」
ワルーサ 「私を甘く見るなよ、ワルーサッ!」
ゴクアーク 「地上を大魔界にさせはせん!」
       「魔王ゴクアークよ!地上から立ち去るがいい!」
機械神 「機械神よ!これが心を理解した者の力だ!」
     「心なき貴様に、私は負けん!」
ラルヴァ 「決着は、このジャークサタンがつけてくれる!」
      タイダー「ベルゼブ様!ワシ達の絶対無敵の力を見せてやるダ!」 「フッ、そうだな」
被ダメージ
仁 「ライジンオーのパワーとはその程度か?」
   ファルゼブ「慌てるな、ひよっ子どもめがっ!」
   「ええい、好きにはさせん!」 ファルゼブ「早くライジンオーをやっつけるのよ」
   「いつも、いつも、貴様という奴は!」 ファルゼブ「このままじゃ済まさないわ!」
   「やってくれたな、ライジンオーめ!」
   「何がライジンオーだ!何が地球防衛組だ!…おのれ、思い知らせてやる!」
エルドラン系 「なぜだ…なぜ小学生相手に勝つことができんのだ…!?」
        「何故だ!?何故、子供相手にこうもやられる!?」
ワルーサ 「私を甘く見るなよ、ワルーサ!」
回避
仁 「甘いぞ、ライジンオー!」
   「ライジンオーとはこの程度か」
   「子供なんかになめられてたまるかぁっ!」
ワルーサ 「私を甘く見るなよ、ワルーサ!」

ワルーサ
攻撃
仁 「ライジンオーよ…今度は余が自ら相手してくれる。光栄に思うがよい。フフフハハハハハ…!」
被ダメージ
仁 「口ほどにもないな、ライジンオー…」
   「やりおったな、ライジンオー!見ておれぇっ!」
   「なんだと!こんな小僧どものどこにこんな力が…!?」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 23:00 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
ガンバルガー系
霧隠虎太郎
援護攻撃
防衛組 「よぉし、防衛組に続けていくぜ!」
     「防衛組に負けてらんないぜ!」
鷹介 「交代だ、鷹介!」
    「鷹介!いいトコはもらうぜ!」
力哉 「いいぞ、力哉!続けて攻撃だぁ!」
    「力哉の次は俺が相手だ!」
ザウラーズ 「続かせてもらうぜ、ザウラーズ!」
       「ここはザウラーズと連係プレーだ!」
ダンケッツ 「ダンケッツにだけ戦わせておけるかよっ!」
       「こっちからもいくぜ、ダンケッツ!」
援護防御
防衛組 「カバーに入るぞ、防衛組!」
     「防衛組をやらせっかよ!」
鷹介 「大丈夫か、鷹介!?」
    「鷹介!それじゃ百合香ちゃんに笑われちゃうぜ!」
力哉 「無茶しすぎだぞ、力哉!」
    「待ってろ、力哉!すぐ行くぜ!」
ザウラーズ 「助太刀するぜ、ザウラーズ!」
       「ザウラーズを狙ったつもりだろうが、甘いぜっ!」
ダンケッツ 「ダンケッツ!ここは任しときな!」
       「後ろで見てな、ダンケッツ!」
攻撃
ゴクアーク 「魔界に帰れ!ゴクアーク!!」
       「魔王ゴクアーク!お前は俺達が倒してやらあ!」
       力哉「俺達の世界を魔界にされてたまるか!」 「そのためにも、ゴクアーク!ここで決着をつけてやるぜ!」
       「魔王が相手だからって、ビビるかよ!」 鷹介「やろう、虎太郎君!地上は僕達が守るんだ!」
       「鷹介!力哉!これで大魔界との戦いを終わりにするぞ!」 鷹介「おう!」
サイアーク 「封印するだけじゃ済まさないぜ、サイアーク!」
レツアーク 「みんなまとめてやっつけてやるぜ、レツアーク!」
ワルーサ 「地球に来たのは間違いだったな、ワルーサ!」
      「やい、ワルーサ!お前が一番迷惑なんだよ!」
機械神 「これで機械化帝国もお終いだぜ、機械神!」
     「犬になるのも嫌だけど、機械にされるのはマジ勘弁だぜ!」
アマネ 「待ってろよ、天音!今、助けてやっかんな!」
     「天音の奴め!いい加減、目ぇ覚ませってんだよ!」
ラルヴァ 「最終最後の大決戦だ!鷹介、力哉、準備はいいな!?」 力哉「とっくにできてるぜ!」 鷹介「エルドランに託された使命!今こそ果たそう!」
      力哉「最後の最後にとんでもないのが出てきたな…!」 鷹介「でも、僕達は絶対負けないよ!」 「さあ!覚悟しろ!ラルヴァ!!」
魔界獣 「魔界獣!どっからでもかかってこぉい!」
     「いくぜ、魔界獣!」
ダークゴウザウラー 「偽者がオリジナルに勝てるかよ!」
           「偽者が弱いのはお約束なんだな、これが!」
被ダメージ
ゴクアーク 「どうやら、かなりお疲れのようだな、ゴクアーク!」
       「どうした、ゴクアーク!すごいのは外見だけかぁ!」
       「ゴクアークめ!調子に乗るなよ!」
       「くっそぉ、ゴクアークの奴!やってくれるぜ…!」
       「ゴクアーク!死んだって俺達は負けないからな!」
       「俺達の底力を見せてやるぜ、ゴクアーク!!」
魔界獣 「どうした、魔界獣!お前の力はこんな物か!」
     「魔界獣なんか、ち~っとも怖くなんかないもんね!」
     「これ以上はやらせないぜ、魔界獣!」
     「魔界獣め!少しは手加減してくれてもいいじゃねえか!」
     「あ、あの魔界獣、強えよ…」
     「負けるもんか…!ここで俺達がやられたら世界が大魔界になっちまう…!」
回避
ゴクアーク 「ゴクアークの奴、びっくりさせやがって!」
       「ひゃー!あんなのに当たったら一巻の終わりだぜ!」
魔界獣 「やーい、魔界獣!くやしかったらここまでおいでぇ!」
     「魔界獣なんかに当てられてたまるかよ!」

風祭鷹介
援護攻撃
防衛組 「防衛組だけが相手じゃないぞ!」
虎太郎 「虎太郎君!あとは僕にまかせて!」
     「虎太郎君、ここは協力していこう!」
力哉 「お待たせ、力哉君!」
    「僕もやるよ、力哉君!」
ザウラーズ 「ザウラーズの皆さん、あとは僕がやります!」
ダンケッツ 「交代しよう、ダンケッツ!」
援護防御
防衛組 「ここはまかせてよ、防衛組!」
虎太郎 「いくらなんでも無茶しすぎだよ、虎太郎君!」
     「虎太郎君!今、助けにいくよ!」
力哉 「力哉君、僕が守るから安心して!」
    「4番打者にケガさせるわけにはいかないもんね」
ザウラーズ 「ザウラーズに手出しはさせないよ!」
ダンケッツ 「僕がカバーするよ、ダンケッツ!」
攻撃
ゴクアーク 「お前もこれで最後だ!ゴクアーク!」
       「復活したのなら、もう一度封印するだけだ!」
ワルーサ 「この次元から出て行け、ワルーサ!」
機械神 「否定しかしない機械なんかに僕は負けないよ!」
アマネ 「天音君、痛いだろうけど我慢してね…!」
魔界獣 「そこまでだ、魔界獣!」
     「魔界獣退治なら僕の出番だ!」
被ダメージ
ゴクアーク 「大魔王に負けるゲキリュウガーじゃないぞ!」
       「ゴ、ゴクアークの魔界パワーがここまでだなんて…!」
       「絶対に…絶対に大魔界に降参なんかするもんか!」
魔界獣 「これ以上はやらせないよ、魔界獣!」
     「よくもやったな、魔界獣!」
     「ここで魔界獣にやられたら、約束を破る事になっちゃう…!」
回避
ゴクアーク 「ゴクアークの攻撃に当たるわけにいかない…!」
魔界獣 「魔界獣の好きにさせる僕じゃないぞ!」

流崎力哉
援護攻撃
防衛組 「続かせてもらうぞ、防衛組!」
虎太郎 「虎太郎の次は俺だ!」
     「一人じゃ無理だ、虎太郎!」
鷹介 「鷹介だけに苦労させらんないもんな!」
    「手を貸すぞ、鷹介!」
ザウラーズ 「ザウラーズだけが相手じゃないぞ!」
ダンケッツ 「ダンケッツも結構やるじゃないか!」
援護防御
防衛組 「防衛組、援護するぞ!」
虎太郎 「待たせたな!虎太郎!」
     「無理するな、虎太郎!」
鷹介 「鷹介、今の内にさがるんだ!」
    「待ってろ、鷹介!今助ける!」
ザウラーズ 「ザウラーズ、いったん下がるんだ!」
ダンケッツ 「ダンケッツ!ここは俺がくいとめる!」
攻撃
ゴクアーク 「俺達の世界を魔界にされてたまるか!」
       「ゴクアークめ!もうお前の好きにはさせないぞ!」
       「魔王ゴクアーク!お前を倒して俺はプロ野球選手になるんだ!」
ワルーサ 「皇帝ワルーサ!お前にこの世界は渡さないぞ!」
機械神 「野球への想いまで機械化できると思うな!」
ゴールドアーム 「くそっ!できれば野球で白黒つけたかったぜ…!」
アマネ 「天音!そんな事やってないで、俺達の所に戻ってこいよ!」
魔界獣 「世界を大魔界にさせてたまるか!」
     「魔界獣め、覚悟しろ!」
被ダメージ
ゴクアーク 「ゴクアークの奴、一体どういうつもりなんだ…?」
       「まだだぞ、ゴクアーク!まだ勝負はついちゃいない!」
       「俺は…俺達は…大魔界なんかに屈したりしない!!」
魔界獣 「これなら魔界獣なんて怖くないぞ!」
     「くっ!魔界獣めぇ、よくも!」
     「魔界獣を倒さないまま、引っ込むわけにはいかない…!」
回避
ゴクアーク 「強大な魔力だろうが、当たらなければ問題ない!」
魔界獣 「そんな攻撃が俺に当たると思うなよ、魔界獣!」

ゴクアーク
援護攻撃
サイアーク 「馬鹿め!サイアークだけだと思ったか!」
レツアーク 「手を貸してやるぞ、レツアーク」

援護防御
サイアーク 「サイアーク、あまり手をかけさせるでない!」
レツアーク 「下がれ、レツアーク!」

被ダメージ
虎太郎 「どうした、ガンバーチーム。貴様の力はそんなものか」
     「奇跡でも起こさぬ限り、ワシを倒すことなど不可能だ!」
     「ガンバーチームめ、ふざけた真似をしおって!」
     「よ、よくもやりおったな、ガンバルガー!」
     「ガンバルガーめ!勝負をかけてきおったか!」
     「わからぬ!なぜこうもガンバーチームにおくれを取るのだ!?」
エルドラン系 「フハハハハ。エルドランも草葉の陰で泣いておるぞ」
        「所詮は借り物の力…本物とは比べ物にならぬ」
        「ぬっ…伊達にエルドランに選ばれておらんか…!」
        「エルドランまでとは言わぬが、それなりにやるようだな!」
        「エルドランめ!余計な物を残しおって!」
        「地上の子供達め、よくも…!」
回避
虎太郎 「今までのようにいくと思うなよ、ガンバーチーム」
     「ガンバーチームよ、まさか魔界獣相手のつもりではあるまいな?」
エルドラン系 「その力、上手く使えておらんようだな」
        「エルドラン、どうやらあてが外れたようだな!」

サイアーク
援護攻撃
ゴクアーク 「ゴクアーク、あとは引き受けたぞ!」
レツアーク 「加勢するぞ、レツアーク!」

援護防御
ゴクアーク 「ゴクアーク、防御は我にまかせよ!」
レツアーク 「油断したな、レツアーク」

攻撃
虎太郎 「ガンバルガーよ、覚悟はできておろうな」
エルドラン系 「エルドランに選ばれた不幸を呪うがいい!」
被ダメージ
虎太郎 「どうした、ガンバルガー!遠慮はいらんぞ?」
     「おのれ、ガンバルガーめ!よくも我に傷を!」
     「ぐっ…!ガンバルガーにこれほどの力があるとは…!」
エルドラン系 「エルドランめ、力を託す相手を誤ったようだな!」
        「ぐっ!エルドランの力をこうも使いこなすとはな…!」
        「こ、これがエルドランの…人間どもの力だというのか!?」
回避
虎太郎 「どうした、ガンバルガー!遠慮はいらんぞ?」
エルドラン系 「エルドランめ、力を託す相手を誤ったようだな!」

レツアーク
援護攻撃
ゴクアーク 「ゴクアークに代わり、とどめを刺してやる!」
サイアーク 「どいておれ、サイアーク!」

援護防御
ゴクアーク 「何を遊んでいるのだ、ゴクアーク!」
サイアーク 「油断だぞ、サイアーク!」

攻撃
虎太郎 「ガンバルガーはこのレツアークが葬ってくれる!」
エルドラン系 「エルドランゆかりの物は、すべて破壊してくれる!」
被ダメージ
虎太郎 「いつまで無駄なあがきを続ける気だ、ガンバーチーム!」
     「ガンバルガーめ、まだ我が魔力に屈せぬか!」
     「お、おのれ、ガンバルガー!!」
エルドラン系 「これでエルドランの代わりとは…笑わせてくれる」
        「エルドランの前に、貴様達を屠らねばならんようだな!」
        「エルドラン相手ならともかく、あんな小僧らにここまで…!」
回避
虎太郎 「いつまで無駄なあがきを続ける気だ、ガンバーチーム!」
エルドラン系 「これでエルドランの代わりとは…笑わせてくれる」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 22:58 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
ゴウザウラー系
峯崎拳一
援護攻撃
防衛組 「防衛組と同じ奴を攻撃するぜ!」
     「防衛組だけにいいかっこはさせないぜ!」
ガンバーチーム 「ガンバーチーム!あとは俺達にまかせろ!」
         「ガンバーチームに負けてられないぜ!」
金太 「金太の次は俺達が相手だ!」
    「やるな、金太!でも俺達だって!」
洋二 「続かせてもらうぜ、洋二!」
    「洋二に代わって倒してやるぜ!」
ダンケッツ 「ダンケッツ!俺達も戦うぜ!」
       「ダンケッツだけで、終わりじゃないんだぜ!」
援護防御
防衛組 「防衛組をやらせるか!」
仁 「気をつけろ、仁!狙われてるぜ!」
金太 「金太!危ねえ!」
    「金太、操縦テクは俺の方が上みたいだな!」
洋二 「こいつは貸しだぜ、洋二!」
    「洋二!ぼーっとしてんなよな!」
ガンバーチーム 「ガンバーチーム!ここは俺達が盾になるぜ!」
         「忍術を使う暇もなかったのかよ!?」
ダンケッツ 「ダンケッツには指一本触れさせないぜ!」
       「ダンケッツ!俺達の後ろに下がれ!」
年下 「下級生を守るのは上級生の役目ってね!」
攻撃
電気王 しのぶ「力がすべてだなんて間違っている!」 「その曲がった根性!叩き直してやるぜ!」
     「これでお前も終わりだ、電気王!」
エンジン王 五郎「拳一!エンジン王に僕達の力を見せてやろう!」 「よおし、そうするか!」
       「エンジン王!お前のエンジンは俺達が止めてやるぜ!」
原子王 「勝負だ、原子王!」
     教授「形は上手く似せたようですね!」 「けど、所詮は偽者にすぎないぜ!」
ダークゴウザウラー 「偽者は全部、俺達がぶっ壊してやる!」
機械神 「くらえ、機械神!心ある命の力を!!」
     「くらえ、機械神!」
     「みんな!これで機械化帝国との戦いを終わりにするぞっ!!」 金太「OK!!」
機械化獣 しのぶ「私達で機械化獣をぶっとばしてやりましょう!」 「おうよ!」
      「世界を機械にされてたまるかあ!」
      「さぁ来い、機械化獣!」
ワルーサ 「この次元からいなくなれ、ワルーサ!」
      「ジャーク帝国もここまでだ、ワルーサ!」
ゴクアーク 「大魔王がなんだ!俺はちっとも怖くないぞ!」
       「大魔界の野望は、俺達がぶっ潰してやる!」
アマネ 「天音!痛いかも知れないけど、我慢してくれよ!」
     「戦わなきゃ救えないなら、俺は戦う!」
ラルヴァ しのぶ「私達が熱血最強な限り!」 ひろみ「世界をお前の好きにさせるもんか!」「さあ、覚悟しろよ!ラルヴァ!!」
      「最後の戦いだ!気合を入れろよ、みんな!」 金太「おう!」
被ダメージ
電気王 「これでよく力がすべてだとか言う気になるよな」 秀三「まったくだぜ!」
     五郎「油断するな、拳一。電気王はこんな物じゃないはずだ!」 「わかってるよ!」
     教授「気をつけてください!すごい電気量です!」 拳一「どうりでさっきからビリビリくるわけだ…!」
     「電気王の奴、おっかない攻撃しやがって…!」 ユカ「お願いだから、もうやめて~!」
      しのぶ「電気王の奴、なんて強さなの…!?」 「ゴウザウラーはまだ戦えるんだ!泣き言を言うな!」
      エリー「情けないわよ、拳一!電気王にやられっぱなしじゃない!」 「仕方ないだろっ!あいつの強さは半端ないんだからさ!」
エンジン王 「エンジン王の奴、やってくれるじゃねえか…!」 しのぶ「だからあれほど甘く見ちゃ駄目って言ったじゃない!」
       教授「どうやらエンジン王は簡単に決める気はないようです」 「なんでそんな真似すんだよ?」 エリー「私達が知るもんですか!」
       「エンジン王の奴、よくも!」 しのぶ「落ち着いて、拳一!焦ったらエンジン王の思う壺よ!」
       教授「拳一君、まずはエンジン王を止めるのが先決かと!」 「わかったぜ、教授!」
       ひろみ「うわあああ!」 「エンジン王の奴、乱暴な真似しやがって…!」
       「みんな、エンジン王なんかに負けんな!根性出せ!」 エリー「そうね!頑張りましょう、みんな!」 五郎「おう!」
原子王 「あいつ、本当にキングゴウザウラーを基にしてんのかぁ?」 しのぶ「それにしてはパワーがないわよねぇ」
     ひろみ「思ったよりダメージが少ないよ!」 「完全なコピーとはいかなかったみたいだな!」
     「原子王の奴、ダークゴウザウラーを完璧に使いこなしてやがる!」
     秀三「機体性能は互角と見た!」 「なら、あとはパイロットの腕次第ってわけか…!」
     育代「私達、本当に原子王に勝てるの?」 「諦めんな!足りないパワーは気合でカバーするんだ!」
     ボン「あいつ、ゴウザウラーより強いってのかよ!?」 教授「す、少なくとも、パワーは上のようです!」 「偽者が本物より強いなんて、あってたまるかあっ!」 
機械神 「機械神の奴、余裕かましやがってぇ!」 金太「そいつが命取りになると教えてやろうぜ、拳一!」
     教授「最低限の損傷で済みました!」 「なら、今のうちに機械神をやっつけてやるぜ!」
     「機械神の奴、やってくれるぜ!」 金太「伊達に機械化帝国のボスじゃないってわけか…!」
     洋二「き、機械神がこんなに強いなんて…!」 「ビビんな、洋二!ビビったらその時点で負けだぞ!」
     「たとえ宇宙が機械になったって、お前には負けるもんかあっ!」 洋二「ここからだって、必ず逆転してみせるぞ!」
     「踏ん張れ、みんな!」 しのぶ「6年2組の意地、機械神に見せてやりましょう!」
機械化獣 「大した事ない機械化獣だぜ!」
      「どうした、機械化獣!それで精一杯か?」
      「つっ…!よくもやったな、機械化獣!」
      しのぶ「機械化獣に手こずっているようじゃ、機械化帝国は倒せないわよ!」 「わかってるよ!うるさいなぁ!」
      ひろみ「拳一君、いったん下がろうよ!」 「ダメだ!あの機械化獣をこのままにはできねぇ!」
      「機械化獣の奴!滅茶苦茶やりやがって…!」 しのぶ「絶対に許さないわよ!」
回避
電気王 しのぶ「パワーがいくらあったって…!」 「当てられなきゃ意味ないぜ!電気王!」
     「あんまし俺達を甘く見んなよ、電気王!」
エンジン王 「エンジン王の奴!びっくりさせやがって!」 エリー「じゃあ、次は私達があいつを驚かせてやりましょう!」
       「なんだぁ!?これもエンジン王の作戦なのか!?」 教授「わかりません!ただ、油断だけはしないでください!」
原子王 教授「原子王の攻撃、外れました!」 「俺達のデータは、入ってなかったみたいだな!」
     「ゴウザウラーの扱いは俺達の方が長いんだ!」 ひろみ「その分の差が出たみたいだね!」
機械神 「どうだ、機械神!これでも機械に欠点はないって言えるのかよ!」
     しのぶ「拳一、気をつけて!あんなのに当たったら、ただじゃ済まないわよ!」 「ああ!わかってる!」
機械化獣 「機械化獣の好きにさせる俺じゃないぜ!」
      「どうした、機械化獣!俺様はここだぜ!」

白金太郎
援護攻撃
防衛組 「防衛組だけが相手じゃないんだぜ!」
ガンバーチーム 「続かせてもらうぜ、ガンバーチーム!」
拳一 「拳一、あとは俺が何とかするぜ!」
    「とどめはもらうぜ、拳一!」
洋二 「洋二以上の攻撃をお見舞いしてやる!」
    「洋二だけが相手じゃないぞ!」
ダンケッツ 「ダンケッツ、あとは俺にまかせろ!」
援護防御
防衛組 「防衛組は早く下がってくれ!」
ガンバーチーム 「ガンバーチーム!いくらなんでも無茶しすぎだ!」
拳一 「チームワークを乱すなよな、拳一!」
    「クラスのみんなをやらせてたまるか!」
洋二 「張り切りすぎだぞ、洋二!」
    「どうしたんだ、洋二!動きが鈍いぞ!」
ダンケッツ 「ダンケッツに手出しさせるかよ!」
攻撃
電気王 「電気王は俺が倒してみせる!」
     「そんなに力が好きなら、たっぷりと見せてやるぜ!」
エンジン王 「無事に帰れると思うなよ!エンジン王!」
       「お前のエンジン、砂でも詰めてぶっ壊してやるぜ!」
原子王 「原子王め!俺達の真似しといて偉そうにするなよな!」
     「パワーで敵わない分は、技でカバーしてみせる!」
機械化獣 「覚悟しろ、機械化獣!」
      「これ以上、機械化帝国の好きにさせるかよ!」
ワルーサ 「ここで決着をつけてやるぜ、ワルーサ!」
ゴクアーク 「これ以上、大魔界の好きにさせてたまるかよ!」
被ダメージ
電気王 「どうした、電気王!本気でかかって来い!」
     「くっ…!パワーは電気王の方が上だっていうのかよ!?」
     「やらせない…!力がすべてだなんて言うお前にだけは負けられないんだ!!」
エンジン王 「エンジン王め、様子見でもしてるのか…?」
       「つ、強い…!これがエンジン王の力か!?」
       「くっそぉ!エンジン王にここまでやられちまうなんて!!」
原子王 「機体が良くったって、乗ってる奴がお前じゃあな!」
     「マグナザウラーの力も入ってんだもんな!そりゃ強いはずだぜ!」
     「これはお前の力じゃなく、ダークゴウザウラーの力だからな!勘違いするなよ!」
機械神 「どうだ、機械神!これでもまだ自分を完璧な存在と言うつもりか!?」
     「どうした、機械神!俺はまだやられちゃいないぞ!」
     「諦めるもんか…!ここでやられちまったら、地球が機械になっちまう!」
機械化獣 「機械化獣なんかにやられるマグナザウラーじゃないぜ!」
      「機械化獣の奴、よくもやりやがったな!」
      「頑張れ、マグナザウラー!機械化獣なんかに負けるな!」
回避
電気王 「電気王の奴、自分で言ってる程の実力はないみたいだな!」
エンジン王 「俺を甘く見るなよ、エンジン王!」
原子王 「合体してる分、スピードは遅くなってるみたいだな!」
機械神 「機械神の攻撃に当たったら、ただじゃ済まないからな!」
機械化獣 「やっぱりそこに攻撃してきたな、機械化獣!」

火山洋二
援護攻撃
防衛組 「防衛組、あとは僕にまかせてよ!」
ガンバーチーム 「ガンバーチームにだけまかしておけるもんか!」
拳一 「拳一達だけじゃない!僕だっているんだ!」
    「ゴウザウラーの次はグランザウラーが相手だ!」
金太 「早くどいて、金太!敵が逃げちゃう!」
    「金太、僕もやるよ!」
ダンケッツ 「続けて攻撃するよ、ダンケッツ!」
援護防御
防衛組 「防衛組をやらせるもんか!」
ガンバーチーム 「ガンバーチーム!危ないっ!」
拳一 「6年2組のみんなをやらせるもんか!」
    「拳一、あの攻撃は僕が受けるよ!」
金太 「金太の奴、どこか調子でも悪いのか?」
ダンケッツ 「ダンケッツ!いくらなんでも出過ぎだ!」
攻撃
電気王 「電気王は僕が倒してみせる!」
     「電気王!これでお前も最期だ!」
エンジン王 「エンジン王が相手だからって、退くもんか!」
       「覚悟しろ、エンジン王!」
原子王 「ダークゴウザウラーが何だ!僕は恐れず戦うぞ!」
     「これ以上、偽者を造られてたまるもんか!」
機械化獣 「機械化なんて諦めて、ここから出てってよ!」
      「あの機械化獣は僕が倒す!」
ワルーサ 「この次元まで好きにさせないよ、ワルーサ!」
ゴクアーク 「大魔界に帰れ!ゴクアーク!」
被ダメージ
電気王 「電気王の奴、もしかして電力不足なのか?」
     「電気王め、いったいどれだけの電力を蓄えてるって言うんだよ!?」
     「電気王の奴、どれだけの力を持ってるんだよ!?」
エンジン王 「エンジン王!そんな攻撃で僕を倒せると思わないでよ!」
       「僕を本気で怒らせたね!エンジン王!」
       「こ、この力…!電気王以上だ!」
原子王 「いくら外見を真似たって、パワーがそれじゃあね!」
     「原子王!これ以上、お前の思い通りにはさせないからな!」
     「グランザウラーだけじゃ、やっぱりキツイか…!」
機械神 「機械神の力があの程度のわけがない…気は抜けないぞ!」
     「くっ…!これが機械新の力なのか…!」
     「今までの頑張りをここで台無しにするわけにはいかない!」
機械化獣 「あの機械化獣、大した事ないぞ!」
      「機械化獣め、よくもやったな!」
      「あの機械化獣、いくらなんでも強過ぎるよ!」
回避
電気王 「スピードは電気王よりこっちの方が上みたいだ!」
エンジン王 「僕を甘く見ないでよ、エンジン王!」
原子王 「原子王の奴、うまくダークゴウザウラーを使えてないみたいだ」
機械神 「機械神!すべてが思い通りにいくと思わないでよ!」
機械化獣 「機械化獣の攻撃なんかに当たるものか!」

電気王
攻撃
拳一 「ゴウザウラーよ!私の強さに痺れるがいい!」
    「死ね、ゴウザウラー!」
エルドラン系 「ゴウザウラー共々、葬り去ってくれる!」
        「何が地球の守護者か!我が前に跪かせてやる!」
アイアンリーガー系 「無能な機械は排除するのみ!」
被ダメージ
拳一 「どうした、ゴウザウラー!お前の力はその程度か!?」
    「期待はずれだったな、ゴウザウラー!」
    「嬉しいぞ、ゴウザウラー!予想以上の力だ…!」
    「なかなかやるな、ゴウザウラー!だが、次はこうはいかん!」
    「どうした、ゴウザウラー!もっと私を楽しませてはくれんのか!?」
    「ぐっ!ゴウザウラーのどこにこれほどの力があるというのだ!?」
    「こうなれば、ゴウザウラー!お前も道連れだ!」
回避
拳一 「フフフ、無様だな、ゴウザウラー!」
    「どうした、ゴウザウラー!もっと私を楽しませてはくれんのか!?」

エンジン王
攻撃
拳一 「ゴウザウラーを血祭りにするとしましょう!」
    「お前達の計算外のパワー!是非とも私達の物に!」
    ギルターボ「ファーザー、ゴウザウラーに仕掛けるよ」 「許可します。叩きのめしてやりなさい」
エルドラン系 「お前にもゴウザウラーと同じ力があるようですね!」
        ギルターボ「あいつを倒すよ、ファーザー」 「そうですね。サンプルは1体いれば十分です」
被ダメージ
拳一 「どうしたのです!?早く計算外のパワーを発揮しなさい!」
    「ゴウザウラーとはその程度なのですか?」
    「さすがはゴウザウラー、油断なりませんね」
    「やってくれますね、ゴウザウラー!」
    ギルターボ「ゴウザウラーがここまでやるなんて…!?」 「あのパワーは一体どこから来るのだ!?」
    「そうです!そのパワーこそ私の求めていた物なのです!」
    「ええい!ゴウザウラーのパワーはどこから来るというのです!?」
回避
拳一 「どうしました、ゴウザウラー!?私達はここですよ!」
    「電気王は、この程度の相手に負けたのですか」

原子王
援護攻撃
機械神 「機械神様に成り代わりて、とどめを刺してくれる!」
援護防御
機械神 「お下がりください、機械神様」
攻撃
拳一 「ダークゴウザウラーは、貴様以上の力を有しているのだ!」
    「私は貴様と同じ力を手に入れたのだ!」
エルドラン系 「ゆくぞ、エルドランのロボット!」
        「エルドランのロボットめ、決着をつけてくれる!」
被ダメージ
拳一 「私は機体性能頼りの貴様らとは違う!」
    「貴様のデータはすべて我が手にあるのだ!」
    「ダークゴウザウラーの基となっただけあって、素晴らしい力だ!」
    「キングゴウザウラーめ…少しはやるようだな…」
    「なぜだ!?同じ機体で、なぜこうもパワーに差が出る!?」
エルドラン系 「地球の子供など、私の敵ではない!」
        「どうした、エルドランのロボット?それで精一杯か?」
        「この力…機械神様が危惧されるだけの事はある!」
        「この原子王が子供に負けるなど…あっていいわけがない!!」
        「エルドランめ…!目障りな存在を残しおって!」
回避
拳一 「私は機体性能頼りの貴様らとは違う!」
    「貴様のデータはすべて我が手にあるのだ!」
エルドラン系 「地球の子供など、私の敵ではない!」
        「どうした、エルドランのロボット?それで精一杯か?」

機械神
攻撃
拳一 「キングゴウザウラー、今日で貴様も終わりだ!」
    「余直々に始末してくれるぞ、キングゴウザウラー!」
エンジン王 「エンジン王!余に反旗を翻すとは馬鹿な奴!」
       「己が愚行、命をもって償うがいい!」

エルドラン系 「心の力など、余の前では役にも立たぬ!」
        「エルドランに選ばれたのが運の尽きだ!」
アイアンリーガー系 「貴様の内に燃える炎など、余がかき消してくれる!」
           「貴様も機械なら、鋼鉄の秩序に従うのだ!」
真吾 「そのエネルギーだけは、消滅させねばならぬ!」
    「機械が心を持つなど、あってはならぬのだ!」
被ダメージ
拳一 「ザウラーズよ、余を機械王と同じと思うでないぞ」
    「キングゴウザウラーも我が前ではゴミに過ぎぬ!」
    「キングゴウザウラーめ…ただでは済まさん!」
    「いいだろう、地球の子供達よ!雌雄を決しようではないか!」
    「よ、よくもやりおったな、キングゴウザウラー!」
    「おのれ、許さん…キングゴウザウラー!!」
エンジン王 「己の力量もわきまえずに、謀反を起こすとはなぁ」
       「エンジン王、貴様ごときが余に勝てると思ったか!」
       「エンジン王、貴様っ!」
       「どこまで余に刃向かえば気が済むのだ、エンジン王!」
       「やめろ、エンジン王!やめぬか!!」
       「ぬぅ…!エンジン王にここまでの力があったとは…!」

アイアンリーガー系 「無能な機械は我が帝国に必要ない!」
           「こ、この力…機械化獣になれば相当な物に…」
           「機械である貴様達が、なぜ心を持つ必要があるのだ!?」
           「ぐあっ!あ、あやつらの力、余を凌駕するというのか…!?」
           「機械である貴様になぜそこまでの力が出せる!?なぜだ!?」
回避
拳一 「ザウラーズよ、余を機械王と同じと思うでないぞ」
    「キングゴウザウラーも我が前ではゴミに過ぎぬ!」
エンジン王 「己の力量もわきまえずに、謀反を起こすとはなぁ」
       「エンジン王、貴様ごときが余に勝てると思ったか!」
アイアンリーガー系 「無能な機械は我が帝国に必要ない!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 22:54 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
ダイテイオー系
大桃タロウ
援護攻撃
防衛組 「防衛組だけが相手じゃないんだぜっ!」
     「あとは俺達にまかせてくれ、防衛組!」
ガンバーチーム 「ガンバーチームと一緒に戦えるなんて、夢みたいだぜ!」
         「ガンバーチームが見てんだ!張り切っちゃうぜ、俺!」
ザウラーズ 「ザウラーズに続けて攻撃するぜ!」
       「援護するぜ、ザウラーズ!」
ヒリュウ 「やっぱ一人じゃ無理みたいだな、ヒリュウ!」
      「ヒリュウに負けてたまるかっ!」
援護防御
防衛組 「早くさがってくれ、防衛組!」
     「防衛組に手出しはさせないぜ!」
ガンバーチーム 「ガンバーチームにゃ、指一本触れさせないぜ!」
         「ガンバーチーム!あぶなああい!」
ザウラーズ 「ザウラーズに手出しさせるかっ!」
       「ちゃんと守らないと、カケルに何言われるかわかんないからな!」
ヒリュウ 「ヘマしてんじゃねーぞ、ヒリュウ!」
      「これは貸しにしとくぜ、ヒリュウ!」
攻撃
ワルーサ 「ワルーサは俺達がやっつける!」
      「迷惑の元を刈り取ってやるぜ!」
ゴクアーク 「大魔王ゴクアーク!覚悟ぉ!!」
       「ガンバルガーに代わって、俺達がぶっ倒してやる!」
機械神 「鋼鉄の秩序もこれでお終いだぜ!機械神ッ!!」
     「心のない奴が完璧な存在だなんて!そんな事あってたまるか!」
アマネ 「馬鹿なやるのもここまでだ、天音!」
     「言ってもわからないのなら、力ずくでわからせてやる!」
ラルヴァ 「やい、ラルヴァ!お前のわがままで、世界を壊させやしないぜ!」
      「俺達の完全勝利で、この戦いを終わらせるんだ!!」 ヒリュウ「おう!」
鬼獣 「へへっ、モモタロウ様の鬼退治だぜ!」
    カケル「鬼退治をするなら…」 「俺達ダンケッツの出番だ!」
被ダメージ
ワルーサ 「ワルーサも大した事ないぜ!」
      「ジャーク帝国との最後の戦いで、寝てるわけにはいかねえんだ!」
      「なんつー力…!これがワルーサの実力ってわけかよ…!」
ゴクアーク 「大魔界の魔王が聞いてあきれるぜ!」
       「さすがは大魔王ゴクアーク!やってくれるじゃねえか!」
       「くっそぉ…!ゴクアークにここまで好きにさせちまうなんて…!」
機械神 「機械神の奴、遊んでやがんのか?」
     「くっそぉ~、機械神の奴!調子に乗りやがってぇ!」
     「くそっ、機械神の奴!なんてパワーを持ってやがんだ!」
回避
ワルーサ 「ワルーサの野郎、身の毛もよだつ攻撃してきやがって!」
ゴクアーク 「どんなにすごい魔力を持っていようが、当てられなきゃ意味ないぜ!」
機械神 「計算通りにはいかなかったようだな、機械神!」

月城ヒリュウ
援護攻撃
防衛組 「地球防衛組の次は僕が相手だ」
     「援護の要請、受け取ったぞ、防衛組」
ガンバーチーム 「ガンバーチームだけで終わりだと思わない事だ」
         「牽制ご苦労だった、ガンバーチーム」
ザウラーズ 「ザウラーズに代わって僕が相手をしよう」
       「後は僕が引き受けよう、ザウラーズ」
モモタロウ 「ダイテイオーに代わって、僕が君を成敗する」
       「ダイテイオーだけにまかせておくわけにはいかないな」
援護防御
防衛組 「防衛組、次はちゃんとよけてくれ」
     「防衛組の3人は何をやっているんだ」
ガンバーチーム 「隙を作るな、ガンバーチーム」
         「次もかばってやれるとは限らないぞ、ガンバーチーム」
ザウラーズ 「動きが鈍いぞ、ザウラーズ」
       「それだけ乗っていて誰も攻撃に気づかないとは…」
モモタロウ 「醜態をさらしたな、ダイテイオー」
       「そんなことで、世界を守れると思っているのか、ダイテイオー」
攻撃
ワルーサ 「5次元帝国の侵略は、僕が止めてみせる!」
ゴクアーク 「大魔界とのラストバトルだ。負けは許されない…!」
機械神 「鋼鉄の秩序を胸に…朽ち果てろ、機械神!」
被ダメージ
ワルーサ 「皇帝ワルーサ、あまり人間を甘く見ない事だ」
      「さすがは皇帝ワルーサ…やってくれる!」
      「ワルーサ…ここで僕を倒せなかったのを後悔する事になるぞ!」
ゴクアーク 「魔力が十分ではないようだな、ゴクアーク」
       「あくまで封印されるのを拒むか、ゴクアーク!」
       「魔界の力に飲み込まれるわけにはいかない!」
機械神 「この僕を鋼鉄の秩序で縛れると思うなよ、機械神!」
     「抵抗するのもここまでだ、機械神!」
     「ぐっ…!確かに宇宙の支配者を気取るだけの事はある…!」
回避
ワルーサ 「5次元帝国のボスも、僕にかかればこんな物だ!」
ゴクアーク 「大魔王が相手だろうと、ひるむ僕じゃない!」
機械神 「攻撃が正確過ぎて、逆に読みやすいというものだ」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 22:49 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
アイアンリーガー系
マグナムエース
援護攻撃
マッハウィンディ 「シルバーキャッスルの旗の元に!」
          「ウィンディ、一緒に熱い試合をしよう!」
ワット 「交代だ、ワット!」
アンプ 「アンプ!次の一投は俺にまかせてくれ!」
ゴールドアーム 「ゴールドアーム!残りは俺にまかせてくれ!」
         「アームに代わって俺が相手だ!」
ゴールドマスク 「続かせてもらうぞ、マスク!」
         「待たせたな、マスク!」
ゴールドフット 「あとは俺にまかせるんだ、フット!」
         「ゴールドフットだけが相手だと思わない事だ!」
援護防御
マッハウィンディ 「ウィンディ!今助ける!」
          「ウィンディをやらせはしない!」
ワット 「その場から離れるんだ、ワット!」
アンプ 「アンプを狙ったようだが、そうはさせん!」
ゴールドアーム 「大丈夫か、アーム!」
         「カバーするぞ、アーム!」
ゴールドマスク 「奴の挑発に乗っては駄目だ、マスク!」
         「マスク、俺の後ろまで下がるんだ!」
ゴールドフット 「待たせたな、フット!」
         「フット!もっと周囲に気を配るんだ!」
攻撃
ゴールドアーム 「思い出せ、アーム!心燃やしたあの日々を!」
         「ゴールドアーム!俺のすべてをぶつけてお前を目覚めさせてみせる!」
ゴールドマスク 「ゴールドマスク!野球リーガーとしての誇りを取り戻せ!」
         「ゴールドマスク!俺のすべてをぶつけて、お前を止めてみせる!」
ゴールドフット 「熱い魂を呼び戻すんだ、ゴールドフット!」
         「呪縛から解き放ってやるぞ、ゴールドフット!」
機械化獣 「心なき機械に、俺は負けはしない!」
機械神 「受けてみろ、機械神!これが俺の魂の叫びだあああっ!」
ラルヴァ 「邪神ラルヴァ!お前の過ちは俺が打ち砕いてみせる!!」
      「俺のすべてを…この一球に注ぎ込む!!」
被ダメージ
ゴールドアーム 「アーム!リーガー魂を失ったお前の球などこんな物だ!」
         「型代に過ぎない今のお前に俺を倒すことはできない!」
         「まだだぞ、アーム!これでは俺から三振を取ったとは言えん!」
         「いい球だ、アーム!しかし、俺の心に響きはしない!」
ゴールドマスク 「マスク!真の野球リーガーに、こんな技は必要ないはずだ!」
         「マスク!これでは牽制にもならないぞ!」
         「まだラフプレーを続ける気か!?ゴールドマスク!」
         「マスク!俺達が戦う場所はこんな所ではない!」
ゴールドフット 「フット!本来のお前のシュートはこんな物じゃないはずだ!」
         「フット!俺達が本当に戦うのは、ここではないはずだ!」
         「フット!相手を圧倒するだけの力など、何の意味もないぞ!」
         「フット!今のお前からは自分を磨こうとする気概が感じられない!」
回避
ゴールドアーム 「心のない技に意味はないといったはずだぞ、アーム!」
         「どうした、アーム!ボールに切れがないぞ!」
ゴールドマスク 「やはり、そう来たか!マスク!」
         「ゴールドマスク!今のお前では俺の相手にならない!」
ゴールドフット 「フット!今のお前のシュートは受けるに値しない!」
         「ゴールドフット!心の乱れがボールに出ているぞ!」

マッハウインディ
援護攻撃
マグナムエース 「マグナム!サイドチェンジだ!」
         「交代だ、マグナム!」
ワット 「ワット!ナイスアシストだぜ!」
アンプ 「アンプ!それだけやれれば十分だぜ!」
ゴールドアーム 「続くぜ、アーム!」
         「野球の次は、サッカーで勝負だ!」
ゴールドマスク 「アシストするぜ、マスク!」
         「マスク!あとは俺に任せておけ!」
ゴールドフット 「フット!コンビプレイでゴールを狙うぞ!」
         「ポストプレイはまかせろ、フット!」
援護防御
マグナムエース 「マグナムがヘマするとはよ!」
         「危ねえ!マグナム!」
ワット 「ディフェンスラインまで下がれ、ワット!」
アンプ 「カバーするぜ、アンプ!」
ゴールドアーム 「待たせたな、アーム!」
         「ちゃんとマークしておけ、アーム!」
ゴールドマスク 「マスク!囲まれてるぞ!」
         「気をつけろ!狙われてるぞ、マスク!」
ゴールドフット 「助けに来たぜ、フット!」
         「どうした、フット!息が上がってるぜ!」
攻撃
ゴールドアーム 「勇気を呼び戻すんだ!ゴールドアーム!」
         「アーム!お前の回路に熱い風を注ぎ込んでやるぜ!」
ゴールドマスク 「俺達の本当の戦いを忘れるな、マスク!」
         「マスク!お前は俺が止めてやる!」
ゴールドフット 「受け取れ、フット!俺の熱い魂を!!」
         「フット!サーカーリーガーの誇りを思い出させてやるぜ!」
機械神 「鋼鉄の秩序なんざ、俺が蹴り砕いてやる!!」
ラルヴァ 「ラルヴァ、俺達の夢を壊せると思うな!」
      「史上最大のキックオフだ!いくぜっ!!」
サイズ7以上 「図体はデカいが、スピードはどうだ!?」
被ダメージ
ゴールドアーム 「アーム、そんな球で俺の心は折れないぜ!」
         「アーム!あの迫力はどこにいっちまったんだ!?」
         「これからだぜ、アーム!本当の戦いは!」
         「アーム!スポーツマンシップはどうしちまったんだよ!?」
ゴールドマスク 「マスク!そんなラフプレーで潰れる俺じゃないぜ!」
         「マスク!乱闘なら他でやるんだな!」
         「マスクの奴、完全に自分を見失ってやがる…!」
         「ちっ!マスクにこれほどの力があったとはよ…!」
ゴールドフット 「フット!それがお前の望んだ力だというのか!?」
         「戦うフィールドを間違えるな、フット!」
         「フットの奴、ふざけた真似しやがって!」
         「降参はしないぜ、フット!絶対にな!」
回避
ゴールドアーム 「俺を甘く見るなよ、アーム!」
         「コントロールが乱れてるぜ、アーム!」
ゴールドマスク 「マスク!決め技がなけりゃ、俺には勝てないぜ!」
         「真の戦いの意味を思い出せ、マスク!」
ゴールドフット 「俺の足を忘れたか、フット!」
         「どうした、フット!技がサビついちまったか!?」

ワット
援護攻撃
マグナムエース 「あたしもやるよ、マグナム!」
         「交代するわ、マグナム!」
マッハウィンディ 「あとは引き受けるわ、ウィンディ!」
          「ウィンディ、ここはタッグでいきましょう!」
アンプ 「後はあたしにまかせるんだよ、アンプ!」
     「アンプ、次はあたしが投げるよ!」

ゴールドアーム 「サポートするわ、ゴールドアーム!」
ゴールドマスク 「ゴールドマスク、あたしも混ぜてもらうよ!」
ゴールドフット 「ゴールドフットだけで終わりじゃないよ!」
援護防御
マグナムエース 「マグナム、ディフェンスはあたしにまかせて!」
         「交代して、マグナム!攻撃が迫ってるわ!」
         「どうしたんだい、マグナム!あんたらしくもない!」
マッハウィンディ 「シューズでも滑ったのかい、ウィンディ!?」
          「ウィンディを倒そうったってそうはいかないよ!」
アンプ 「妹のピンチを見過ごすわけにはいかないからね!」
     「アンプには指一本触れさせないよ!」

ゴールドアーム 「ゴールドアーム、それじゃ最終フレームまでもたないよ!」
ゴールドマスク 「もっと集中するんだよ、ゴールドマスク!」
ゴールドフット 「気をつけて、ゴールドフット!狙われてるよ!」
攻撃
ゴールド三兄弟 「勝負だよ、ゴールド三兄弟!」
         「思い出すんだよ、ゴールド三兄弟!アイアンリーガーの誇りを!」
機械神 「機械神!あんたにあたし達を否定する権利はないのさ!」
ラルヴァ 「あんたの悪行もここまでさ、ラルヴァ!」
被ダメージ
ゴールド三兄弟 「いつまでこんな事を続ける気だい、ゴールド三兄弟!?」
         「ゴールド三兄弟、あんた達の実力はこんな物じゃないはずだよ!」
         「あの熱い魂はどうしたんだい、ゴールド三兄弟!?」
         「ゴールド三兄弟!そんな物じゃ、あたしの回路には響かないよ!」
         「もう止めな、ゴールド三兄弟!」
         「くっ!あんた達の技はそんな事のためにあるんじゃないだろ!?」
回避
ゴールド三兄弟 「いつまでこんな事を続ける気だい、ゴールド三兄弟!?」
         「ゴールド三兄弟、あんた達の実力はこんな物じゃないはずだよ!」

アンプ
援護攻撃
マグナムエース 「マグナムみたいにやってみせる!」
         「マグナム、今の内に肩を休ませて!」
マッハウインディ 「ウインディの近くにいて正解だったわね!」
          「いいシュートだったわ、ウインディ!」
ワット 「後はまかせて、姉さん!」
     「私達のコンビプレイ、見せてやるわ!」

ゴールドアーム 「ゴールドアームだけが相手じゃないわよ!」
ゴールドマスク 「ゴールドマスク!援護するわ!」
ゴールドフット 「ゴールドフットぐらいにはやってみせるわ!」
援護防御
マグナムエース 「下がって、マグナム!」
         「マグナムに怪我させたりしない!」
マッハウインディ 「ウインディ!あれは私が受けるわ!」
          「ウィンディはやらせない!」
ワット 「姉さんは私が守ってみせる!」
     「姉さん、危ない!」

ゴールドアーム 「ゴールドアームを狙うなんて!」
ゴールドマスク 「下がって!ゴールドマスク!」
ゴールドフット 「ゴールドフット!カバーに入るわ!」
攻撃
ゴールド三兄弟 「ゴールド三兄弟…勝負!!」
         「目を覚まして!ゴールド三兄弟!」
機械神 「覚悟してもらうわよ、機械神!」
ラルヴァ 「最高の一投で、この戦いを終わらせてみせる!」
被ダメージ
ゴールド三兄弟 「本来の力なら、ストライクを取れていたはずよ!」
         「あなた達に負けないくらいには、特訓したつもりよ!」
         「さすがはゴールド三兄弟…やるわね!」
         「思い出して、ゴールド三兄弟!本当の力を!」
         「お願い!もう止めて、ゴールド三兄弟!」
         「あなた達…本当にアイアンリーガー魂を忘れてしまったの…!?」
回避
ゴールド三兄弟 「本来の力なら、ストライクを取れていたはずよ!」
         「あなた達に負けないくらいには、特訓したつもりよ!」

ゴールドアーム
援護攻撃
マグナムエース 「せっかくだ、俺の球も見ていけ!」
         「ピッチャー交代だ!」
マッハウィンディ 「ウィンディ!お前だけを戦わせやしないぜ!」
          「後は俺に任せな、ウィンディ!」
ワット 「手伝うぜ、ワット」
アンプ 「アンプ、俺も混ぜてもらうぜ!」
ゴールドマスク 「マスクだけが相手じゃねえんだぜ!」
ゴールドフット 「フットだけで終わりだと思うな!」
ゴールドマスク ゴールドフット 「こいつが俺達兄弟のプレーだ!」

援護防御
マグマムエース 「マグナム!危ねえっ!」
        「マウンドを降りるには早いぜ、マグナム!」
マッハウィンディ 「ウィンディ!そいつは俺が受けるぜ!」
         「ウィンディ、ムキになるんじゃねえ!」
ワット 「ワット、次は避けろよ!」
アンプ 「こいつは貸しだぜ、アンプ!」
ゴールドマスク 「マスク!俺の後ろまで下がれ!」
         「しっかりしろ、マスク!」
ゴールドフット 「フット、冗談やってる場合じゃねえぜ!」
         「フットを狙うとはいい度胸してやがる!」

攻撃
マグナムエース 「粉微塵にしてやるぜ、マグナム!」
         「マグナム!二度とマウンドに立てなくしてやるぜ!」
マッハウインディ 「ここで眠れ、ウィンディ…。永遠になぁ!」
          「ウィンディ!故障者リストに載るだけじゃ済まさねえぜ!」
機械神 「受けてみやがれ、機械神!俺の魂のこもった一球を!!」
ラルヴァ 「これでゲームセットだ!ラルヴァ!!」
DG系 「てめえらだけは、俺の手で始末してやる!」
被ダメージ
マグナムエース 「俺のオイルを熱くさせた奴が、この程度だったとはな!」
         「とんだワイルドピッチだな、マグナム!」
         「そうだ!それでこそマグナムだ!」
         「嬉しいぜぇ、マグナム!本気になってくれてよぉ!!」
         「マグナム!俺は二度とてめえに負けるわけにはいかねえ!」
         「な、なんなんだ…!このうちから溢れ出る物は…!?」
マッハウインディ 「腑抜けた攻撃してくれんじゃねえか!ええ、ウェンディよ!」
          「C級リーグからやり直してくるんだな、ウインディ!」
          「ウィンディ!やっぱりお前は最高だ!」
          「どうした、ウィンディ!てめえのシュートはこんな物か!?」
          「ウィンディ、貴様ぁ!」
          「ただ重いだけじゃねえ…!なんだ、あのシュートは…!?」
DG系 「この程度の奴に、取り込まれちまってたとはよ…!」
     「二度とてめえらに操られるわけにはいかねえ!」
サイズ7以上 「どうした、デクの棒!」
        「大したパワーだ!無駄にデカイ図体はしてねえって事か!」
        「くっ…!やっぱ体格の差だけはどうにもならねえってのか…!」
回避
マグナムエース 「俺のオイルを熱くさせた奴が、この程度だったとはな!」
         「とんだワイルドピッチだな、マグナム!」
マッハウインディ 「腑抜けた攻撃してくれんじゃねえか!ええ、ウェンディよ!」
          「C級リーグからやり直してくるんだな、ウインディ!」
DG系 「この程度の奴に、取り込まれちまってたとはよ…!」
サイズ7以上 「図体がでかい分、鈍い攻撃だぜ!」

ゴールドマスク
援護攻撃
マグナムエース 「だらしねえぞ、マグナム!一撃で決めろ!」
         「マグナム、交代だ!」
マッハウィンディ 「俺も続くぜ、ウィンディ!」
          「ウィンディだけで終わりだと思うな!」
ワット 「ワットだけに任せておけるかってんだ!」
アンプ 「アンプ!いい球だったぜ!」
ゴールドアーム ゴールドフット 「後は俺にまかせてくれ、兄貴!」
               「兄貴には負けてらんねえからな!」

援護防御
マグナムエース 「危ねえ、マグナム!!」
         「マグナム、大丈夫か!?」
マッハウィンディ 「ウィンディ、ひとまず下がりな!」
          「隙だらけだぞ、ウィンディ!」
ワット 「ワット!しっかりしろ!」
アンプ 「もっと集中するんだ、アンプ!」
ゴールドアーム ゴールドフット 「兄貴はやらせねえ!」
                「兄貴!今、助ける!!」

攻撃
マグナムエース 「終わりだ、マグナム!」
         「俺の力を思い知れ、マグナム!」
マッハウィンディ 「お前の自慢の足は、俺がぶっ潰してやる!」
          「覚悟しな、ウィンディ!」
機械神 「機械神!俺は心の絆を信じる!!」
ラルヴァ 「ラルヴァ!お前を倒せば俺達の優勝だ!!」
DG細胞系 「DG細胞は、俺が消滅させてやる!」
サイズ7以上 「でかい奴にビビる俺じゃねえ!」
被ダメージ
マグナムエース 「マグナムゥ!そんなんで俺に勝とうってか!?」
         「どうしたマグナム!ワイルドピッチなんじゃねえか!?」
         「マグナム!てめえの球はもう見飽きてんだよ!」
         「くそっ!一瞬だが奴の球を見失っちまったぜ!」
         「マグナムのこの力は一体どこから来るんだ!?」
マグナムエース マッハウィンディ 「そう何度もお前達に負けてたまるか!」
マッハウィンディ 「ウィンディ!それじゃあファンがガッカリしちまうぜ!」
          「ウィンディ!今のお前じゃ、熱くなれねえんだよ!」
          「やってくれるじゃねえか、ウィンディ!」
          「ウィンディ!調子に乗ってられんのも今だけだぜ!」
          「ただ重いだけじゃねえ…!何かが伝わってきやがる!」
DG細胞系 「そう何度もてめえらの好きにさせるか!」
       「奴め…!今度は俺を破壊するつもりか!」
サイズ7以上 「迫力はあるみたいだが、肝心の中身がな!」
        「あれだけのデカブツだ…これくらいやって当然か!」
        「ぐあっ!デカイだけあって、すげえパワーしてやがる!」
回避
マグナムエース 「マグナムゥ!そんなんで俺に勝とうってか!?」
         「どうしたマグナム!ワイルドピッチなんじゃねえか!?」
マッハウィンディ 「ウィンディ!それじゃあファンがガッカリしちまうぜ!」
          「ウィンディ!今のお前じゃ、熱くなれねえんだよ!」
DG細胞系 「そう何度もてめえらの好きにさせるか!」
サイズ7以上 「迫力はあるみたいだが、肝心の中身がな!」

ゴールドフット
援護攻撃
マグナムエース 「マグナム、俺に代われ!」
         「マグナムだけに気を取られやがったな!」
マッハウィンディ 「ウィンディ!ツートップで行こうぜ!」
          「ナイスアシストだ、ウィンディ!」
ワット 「俺のはワットより痛えぞ!」
アンプ 「へっ、アンプだけが相手じゃねえぞ!」
ゴールドアーム 「続くぜ、兄貴!」
         「兄貴、後は俺にまかせてくれ!」
ゴールドマスク 「どけ、マスク!早くスペースを空けろ!」
         「マスクだけじゃねえ!俺だっているんだ!」

援護防御
マグナムエース 「マグナム、こいつは貸しにしとくぜ!」
         「マグナムが避けられねえとはな!」
マッハウィンディ 「おっと!ウィンディに手出しはさせねえぜ!」
          「ウィンディ!それでもストライカーのつもりか!」
ワット 「じっとしてろ、ワット!俺がカバーする!」
アンプ 「後でなんか奢れよ、アンプ!」
ゴールドアーム 「兄貴、カバーするぜ!」
         「これが兄弟の絆って奴だ!」
ゴールドマスク 「おう、マスク!手ぇ抜くんじゃねえ!」
         「心配すんな、マスク!俺がついてるぜ!」

攻撃
マグナムエース 「マウンドから引きずりおろしてやるぜ、マグナム!」
         「マグナム!ここで決着をつけようじゃねえか!」
マッハウインディ 「嬉しいぜ、ウィンディ!てめえと戦えるとはよ!」
          「ウインディ!お前を倒すのは俺だぁっ!」
機械神 「お前のルールを押し付けるな、機械神!」
ラルヴァ 「やい、ラルヴァ!お前はレッドカードで退場だ!」
DG細胞系 「感染する前にぶっ倒してやる!」
被ダメージ
マグナムエース 「どうした、マグナム!全力でかかって来い!」
         「コントロールが乱れてるぜ、マグナム!」
         「球威が落ちてるぜ、マグナム!」
         「そんな球、今の俺には何の意味も成さねえ!」
         「まだだぜ、マグナム!まだやられやしねえ!」
         「何だ!?身体の奥にあるものが、痺れてやがる…!」
マッハウインディ 「あんな奴をライバルと思ってたとはよ!」
          「俺が昔のままだと思うなよ、ウィンディ!」
          「楽しいなぁ、ウインディ!本当に!」
          「それでこそマッハウィンディだ!」
          「ウィンディの野郎!よくも!」
          「俺はもう!お前に負けるわけにはいかねえんだ!」
DG細胞系 「操られてた時の俺だと思うんじゃねえぞ!」
       「まったく、タチの悪い細胞だぜ!」
サイズ5以上 「どうした!立派なのは体格だけか!?」
        「ケッ!とんだ見掛け倒しだな!」
        「あの図体で俺についてきやがるとはよ!」
        「クソッ!やはりパワーは向こうが上か!」
回避
マグナムエース 「どうした、マグナム!全力でかかって来い!」
         「コントロールが乱れてるぜ、マグナム!」
マッハウィンディ 「あんな奴をライバルと思ってたとはよ!」
          「俺が昔のままだと思うなよ、ウィンディ!」
DG細胞系 「操られてた時の俺だと思うんじゃねえぞ!」
サイズ7上 「スピードなら負けねえ!」
        「その図体で俺を捉えられるかってんだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 22:42 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)
ラムネ&40系
ラムネス
援護攻撃
ココア 「へへ~ん、ミルク達の動きにひっかかったな!」
     「やっぱ決めはミルク達じゃなくオレだよなぁ!」
     「ミルク、ココア!乱入させてもらうぜ!」
ダ・サイダー 「どけよ、ダ・サイダー!敵が逃げちゃうじゃないか!」
        「ダ・サイダー、主役の活躍ってのを見せてやるぜ!」
援護防御
ココア 「もしかしてココアの計算が外れたのか…?」
     「ミルク!無茶して前に出るから…!」
ダ・サイダー 「みっともないぞ、ダ・サイダー!」
        「ダ・サイダー、これは貸しだかんな!」
攻撃
ダ・サイダー タマQ「ラムネス!ダ・サイダーに仕掛けるミャ!」 「OK!」
        「勝負だ!ダ・サイダー!」
        「覚悟しろ、ダ・サイダー!」
        「ダ・サイダー!お前にクイーンサイダロンはもったいないぜ!」 
        タマQ「ラムネス!クイーンサイダロンを取り戻すミャ!」 「わかった!」
        「クイーンサイダロンに負けるキングスカッシャーじゃないぞ!」 タマQ「いくミャ、ラムネス!」
ダ・サイダー(洗脳) 「ドン・ハルマゲの奴!汚い真似しやがって!」
            「目を覚ませ!ダ・サイダー!」
ドン・ハルマゲ タマQ「ラムネス!何としてもゴブーリキを倒すミャ!」 「わかってる!こいつで決めるぞ!」
         「ゴブーリキは俺が倒す!!」 タマQ「ボクもやるミャ、ラムネス!」
         「お前の野望もこれまでだ、ドン・ハルマゲ!!」
         「ゴブーリキ!覚悟ぉっ!!」(最終)
         「今度こそ本当に終わりだ、ゴブーリキ!」 タマQ「覚悟するミャ!」(最終)
         タマQ「ラムネス、5000年に渡る宿命に幕を下ろすミャ!」 「ああ!いくぞ、ゴブーリキ!!」(最終)
         「ダ・サイダー、行くぞ!」 ダ・サイダー「おう、ゴブーリキめ!覚悟しろよぉ!!」(ロイヤルスカッシュ使用時)
モンスカー 「いくぞぉ!モンスカー!」
       「雑魚ロボは主役ロボより弱い!これゲームのお約束ってね!」 タマQ「いいから早く攻撃するミャ!」
       タマQ「ラムネス!モンスカーが来たミャ!」 「先に行って倒してやる!」
邪竜族 「ゴブーリキだけじゃない!邪竜族からもこの世界を守ってみせるぜ!」
     「覚悟しろ、邪竜族!」
アマネ 「なんとしても天音を助けないと…!」
     「天音!難しい事言ってないでオレ達の所に帰ってこいよ!」
ラルヴァ 「やい、ラルヴァ!お前もこれでお終いだあああ!!」
      タマQ「これが最後の戦いだミャ、ラムネス!気合を入れるミャ!!」 「わかった!熱血パワー全開でいくぞ!!」
化け物系 「来い、バケモノ!オレが相手になってやる!」
      「モンスター退治は勇者の仕事だ!」
悪党 「悪の野望はオレが打ち砕いてやるぜ!」
被ダメージ
ダ・サイダー 「どうしたダ・サイダー!?それがお前の全力か!?」
        「ダ・サイダーの奴、やけに弱いな…」 タマQ「いったい何を企んでるんだミャ?」
        タマQ「たいしたダメージは受けとらんミャ」 「ま、ダ・サイダーの攻撃だしな」
        タマQ「思ったよりダメージが少ないミャ」 「まあ、ダ・サイダーが操縦してるんじゃな」
        「タマQ、クイーンサイダロンの力はこんな物なのか?」 タマQ「そんなハズないミャ!用心するミャ!」
        「ダ・サイダー!まだオレの力がわかってないみたいだな!」
        「ダ・サイダーの奴、結構やるじゃん!」 タマQ「伊達に戦闘隊長は努めてないミャ!」
        タマQ「ダ・サイダーはボク達に狙いを定めたようだミャ!」 「あんまりしつこいと嫌われるぞ、ダ・サイダー!」
        「ダ・サイダーめ!好き勝手やりやがって!」
        タマQ「どうしたんだミャ、ラムネス!ダ・サイダーにいいようにやられてるミャ!」 「ダ・サイダーにというより、クイーンサイダロンにだけどな…!」
        タマQ「さすがはキングスカッシャーと同等の力を持ってるだけあるミャ!」 「感心してないで、何かアドバイスしてくれよ、タマQ!」
        「ダ・サイダーも本気になってきたか…!」
        「ダ・サイダーにここまでやられるなんて…!」
        「ここまでやられると、お前のシャレと一緒で笑えないぜ…!」
        「ダ・サイダー!お前がオレより強いなんて絶対に認めないからな!」
        「こら、ダ・サイダー!自分の役割を間違えるな!!」
        「主役としてダ・サイダーにやられるわけにはいかない!」 タマQ「主役じゃなく、勇者として限界ギリギリまで戦うミャ!」
        「くっそぉ!ダ・サイダーにここまでやられるなんて…!」 タマQ「奴ら、完璧にクイーンサイダロンを使いこなしてるミャ!」
        「クイーンサイダロン…!恐ろしい奴…!」
ダ・サイダー(洗脳) 「クールキャラはお前に似合わないぜ、ダ・サイダー!」
            「くそっ…!ダ・サイダーの分からず屋め!」
            「ダ・サイダー!いい加減にしないとこっちも本気になるぞ!」
            「もうやめろ、ダ・サイダー!」
ドン・ハルマゲ 「キングスカッシャーをただの守護騎士と思うなよ、ゴブーリキ!」
         「なんだぁ?ゴブーリキってこの程度なのか?」
         「ゴブーリキ!俺はお前に負けやしないぞ!!」 タマQ「ちょっと待つミャ!今、打開策を考えてるところだミャ!」
         タマQ「ラムネス!このままゴブーリキの好きにさせるわけにはいかんミャ!」 「わかってる!二度も同じ真似させるか!」
         「タマQ!ゴブーリキに弱点とかはないのか!?」 タマQ「すまんミャ!ボクも知らんミャ!」
         「まだだ…!まだオレはやられちゃいないぞ、ゴブーリキ!!」
         「くそっ!ゴブーリキの奴、なんてパワーだ…!」 タマQ「5000年前より強力だミャ…!」
         タマQ「ラムネス!ボク達は絶対にゴブーリキを倒さなきゃならないんだミャ!」 「わかってる!最後の力をふりしぼるぞ!!」
モンスカー 「くっ!許さないぞ、モンスカー!」
回避
ダ・サイダー 「どうした、ダ・サイダー!オレはここだぁ!」
        「危なかったぁ…思わず、ギョッとしちゃったぜ!」 タマQ「ラムネス、それじゃダ・サイダー並だミャ…」
         タマQ「よくやったミャ、ラムネス!」 「ま、あれだけ大きけりゃ嫌でも眼に入るかんね!」
        「い、今のはギリギリだった…!」 タマQ「一時たりとも気は抜けんミャ!」
         タマQ「操縦に関してはこちらに分があるようだミャ!」 「そりゃ守護騎士に乗ってからの時間が違うからね!」
ダ・サイダー(洗脳) 「やめるんだ、ダ・サイダー!お前はオレ達の仲間なんだぞ!」
            「ダ・サイダー!元に戻ってくれ!」
ドン・ハルマゲ タマQ「避けたのにすごい衝撃だミャ!」 「こりゃ、当たったらただじゃ済まないぞ…!」
         「何とか避けれたか…」 タマQ「ゴブーリキの攻撃パターンは前回と同じのようだミャ!」

アララ・ココア
援護攻撃
ラムネス 「ラムネス、 あとは私達にまかせてください~」
      「ラムネスと同じのを狙いますわ~」
      「ラムネス、あとは私達が!」(テンポアップ時)
      ミルク「ラムネス、あたし達も戦うわ!」
      ミルク「手伝うわ、ラムネス!」
      レスカ「援護するよ、ラムネス!」
ダ・サイダー 「援護しますわ、ダ・サイダー」
        「ダ・サイダー~、あとはこっちで引き受けますわ~」
        「続きますわよ、ダ・サイダー!」
        ミルク「ダ・サイダーに負けてらんないかんね!」
        ミルク「どいてよ、ダ・サイダー!敵が逃げちゃうじゃない!」
        レスカ「バトンタッチだよ、ダ・サイダー!」
        レスカ「ダ・サイダーだけにいいカッコはさせないよ!」
援護防御
ラムネス 「ラムネスは守ってみせますわ…」
      「あらあら…それじゃダメですわ、ラムネス~」
      「ラムネスはやらせませんわ!」
      ミルク「ラムネス!危ない!」
      ミルク「ちょっとラムネス!何やってんのよ!」
      レスカ「あたし達がカバーするよ、ラムネス!」
ダ・サイダー 「ダ・サイダー、もっとしっかりやってください~」 
        「お姉様が愛するダ・サイダーがピンチですわ~」 レスカ「だ、誰があんな奴!」
        「ダ・サイダー、早く下がるのです!」
        ミルク「クイーンサイダロンはやらせないんだから!」
        ミルク「次はちゃんとやってよね、ダ・サイダー!」
        レスカ「何やってんのダ・サイダー!しっかりおし!」
        レスカ「早くさがるんだよ、ダ・サイダー!」
攻撃
ダ・サイダー ミルク「いつまでも邪魔させないわよ!ダ・サイダー!」
        ミルク「ダ・サイダー、覚悟しなシャレ!なんちゃって!」
        「まさか守護騎士に攻撃することになるなんて…」
        「クイーンサイダロンは返していただきますわ~」
レスカ ミルク「覚悟しなさいよ!この色気ボケの歳増!」
ドン・ハルマゲ ミルク「ゴブーリキは私達の手で倒してやるんだから!」
         レスカ「復活したからって何だっていうんだい!」
モンスカー ミルク「覚悟なさいよ!モンスカー!」 「さあ、いきましょ~!」
       「ミルク、モンスカーに攻撃しますわよ~」 ミルク「OKよ!」
被ダメージ
ダ・サイダー ミルク「何すんのよ!この連敗ダジャレ男!」
レスカ ミルク「この色気ボケのフンドシ歳増め!よくもやってくれたわねぇ!」

ダ・サイダー
援護攻撃
ラムネス 「とどめはもらうぜ、ラムネス!」
      「ラムネス!仕上げは俺様にまかせろ!」
ココア 「なかなかの攻撃だったぜ、レスカ!」
     「レスカ!牽制ご苦労!」
援護防御
ラムネス 「真っ赤に燃えてる俺様に、まっかせなさい!」
      「ラムネス!さっさと俺様の陰に入れ!」
      「何チンタラやってんだ、ラムネス!」
ココア 「さがれ、レスカ!さがるんだっ!」
     「どけ、レスカ!あれは俺様が受け止める!」
女性 「女の子を泣かせるのは、俺様の主義じゃないからな!」
攻撃
ラムネス 「くたばれ、ラムネス!!」
      レスカ「ダ・サイダー!キングスカッシャーをスクラップにしたれや!」 「お、おう…」
      レスカ「出てきたね、キングスカッシャー!」
      「ラムネス!お前の冒険はここまでだ!」 ヘビメタコ「続きはあの世でやるじゃん!」(乗り換え後)
       ヘビメタコ「伝説の勇者もこれでお終いじゃん!」 「そういう事だ!悪く思うな、ラムネス!」(乗り換え後)
      「ラムネス!今までのようにいくと思うなよ!」(乗り換え後)
ドン・ハルマゲ 「すごく強い俺様が、ゴブーリキを退治してやるぜ!!」
         「ゴブーリキ!てめえもこれまでだ!」 ヘビメタコ「観念しろじゃん!」
         ヘビメタコ「ドン・ハルマゲのハゲェ!覚悟するじゃん!」 「言うじゃねえか、ヘビメタコ!」
         「今度こそブッ倒してやるぜ、ゴブーリキ!」(最終)
         「ゴブーリキ!これでお前も本当に最期だ!!」 ヘビメタコ「今度こそ成仏しろじゃん!」(最終)
         ヘビメタコ「進化したからってなんだってんじゃん!」 「俺様に倒される事に変わりはないぜ!!」(最終)
モンスカー 「ドン・ハルマゲの雑魚どもが!蹴散らしてやるぜ!」
       「モンスカーごときが俺様を倒せると思うな!」
邪竜族 「邪竜族にこの世界を渡すかってんだ!」
     「勇者ダ・サイダーがいる限り!邪竜族の侵略はありえなぁい!」
機械神 「心がなけりゃ、俺様のシャレの面白さもわからんか…!」
アマネ 「野郎!やっかいな奴に取り憑かれやがって!」 ヘビメタコ「ウチらは他人の事言えないじゃん…」
ラルヴァ ヘビメタコ「2つの世界を壊させはしないじゃん!」「ラルヴァ!てめえは次元の狭間で眠ってやがれ!」 
      「ラルヴァ!てめえに聞かせるシャレはねえ!」 ヘビメタコ「今回は超マジでいかせてもらうじゃん!」
サイズ7以上 「でかいだけで俺様に勝てると思うなあっ!」
被ダメージ
ラムネス ヘビメタコ「ラムネスも大した事ないじゃん!」 「ま、条件が同じなら俺様が負けるわけねーよな!」(乗り換え後)
      「クイーンサイダロンはキングスカッシャーより強い!それが事実だ!」(乗り換え後)
      「くっ!ラムネスにいいようにさせちまうとはな…!」
      「ラムネスの野郎!よくも!」
      「ちっ…!結構ダメージを受けちまったか!」 ヘビメタコ「さすがに勇者だけの事はあるじゃん!」(乗り換え後)
      「ラムネス!何回もお前にやられてたまるか!」
      「どうした、クイーンサイダロン!キングスカッシャーに負けるんじゃねえ!」(乗り換え後)
      「こうなりゃ、とことん相手になってやるぜ、ラムネス!」 ヘビメタコ「地獄の底まで付き合ってやるじゃん!」(乗り換え後)
ドン・ハルマゲ 「どうした、ゴブーリキ!妖神の力ってのはその程度なのか!?」
         ヘビメタコ「損傷は軽いじゃん、ダーリン!」 「ゴブーリキといえど、俺様の敵じゃないってわけだ!」
         「ゴブーリキの奴も本気になったってわけか…!」(ボイスは「マジになった」)
         「どうした、ゴブーリキ!俺様はまだ生きてるぞ!」
         「ゴブーリキの野郎、何てパワーしてやがる…!」 ヘビメタコ「伊達に妖神は名乗ってないじゃん!」
         「くそおおおっ!ゴブーリキの奴、馬鹿強だぜ…!」
         「お前をブッ倒すまで、俺様はやられるわけにはいかんのだ!」
         「ゴブーリキの奴、なんて攻撃してきやがんだ!」 ヘビメタコ「次食らったら、一巻の終わりじゃん!」
回避
ラムネス 「無様じゃねえか、ラムネス!」
      「どうした、ラムネス!」 ヘビメタコ「そんなところ狙って、どうするじゃん!?」
ドン・ハルマゲ ヘビメタコ「ダーリン!今のは紙一重じゃん!」 「ゴブーリキの野郎、危ねえ真似しやがって…!」
         「俺様はここだぜ、ゴブーリキ!」

ドン・ハルマゲ
攻撃
ラムネス 「5000年前の恨み、今こそ晴らしてくれる!」
      「死ねいぃ、ラムネスよ!」
ココア 「聖なる三姉妹め!ワシの邪魔はさせんぞ」
     「三姉妹め、厄介な力を使われる前に片付けてくれるわ!」
ダ・サイダー 「ダ・サイダーよ、今日が貴様の命日となるのだ!」
        「逃がさんぞ、ダ・サイダー!」
被ダメージ
ラムネス 「諦めろ、ラムネス。貴様に勝ち目はない」
      「先代ほどの実力はないようだ、な」
      「ラムネス、本気でワシに勝てると思っているのか?」
      「粋がるのもここまでだ、ラムネス!」
      「おのれ、ラムネス!忌々しい奴!」
      「ぬううう…!許さんぞ、ラムネス!」
ココア 「力を使わぬ貴様らなど恐るるに足りぬわ」
     「そんな艦でよくもワシに傷を!」
     「くぅ…ち、力が入らん…!これが聖なる三姉妹の力だというのか…!」
ダ・サイダー 「ダ・サイダーめ、くだらん真似をしおって」
        「甘い!甘いぞ、ダ・サイダー!」
        「あくまでワシに楯突くか、ダ・サイダー!」
        「ダ・サイダー!貴様ぁ!」
        「貴様にクイーンサイダロンを与えたのが間違いだったか…!」
        「ダ・サイダーごときにここまでやられるとは…!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-12-17 22:41 | スーパーロボット大戦NEO | Comments(0)