タグ:スーパーロボット大戦Z ( 32 ) タグの人気記事
オリジナル系・1
ランド・トラビス
援護攻撃
アサキム 「手を貸すぜ、兄弟!」
ツィーネ 「OKだ、姐さん!後は俺に任せな!」
レーベン 「だらしねえな、レーベン!手伝ってやるぜ!」
援護防御
アサキム 「兄弟はやらせねえ!」
ツィーネ 「姐さんは俺の後ろに下がってな!」
レーベン 「レーベンには世話になってるからな!」
攻撃
セツコ 「アサキムをやるってんなら、俺が相手になるぜ!」
     「あんたに恨みはないが、これも兄弟のためだ!」
アサキム 「てめえとは真っ向勝負だ!行くぜ、アサキム!」
      「アサキム!てめえには聞きたいことが、山ほどある!」
      メール「アサキム…こんな事になるなんて…」 「しょげるな、メール!奴は目の前にいるんだ!」
      「メール!あいつを殴って、すっきりさせるぞ!」 メール「OK、ダーリン!思いっきり、いっけぇっ!!」
      メール「あたし、あなたの事、信じてたのに!」
      メール「アサキム!よくもあたし達を騙したわね!」
      「恨みも礼も、全部込み込みでいっくぜぇっ!!」
ツィーネ 「姐さんには世話にもなったし、騙されもしたな!」 メール「それぜ~んぶ、ここで返すからね!」
      メール「行くよ、おっぱいオバケ!」 「個人的な恨みはやめようぜ、メール!」
      「アサキムのレコか!こいつは手強いぜ!」
      「姐さんよ!ちいと痛い目に遭ってもらうぜ!」
      メール「ボディはかなわない分、若さで勝負!」
      メール「おっぱいオバケ!覚悟しなさいよ!」
レーベン メール「レーベン大尉、かっこ悪い!」 「メールにも呆れられてるぜ、レーベン!」
      メール「女の敵!許さないんだから!」
      メール「嘘つきレーベン大尉!大っ嫌い!」
      「ライオン対決といこうか!」
      「女嫌いもそこまでいっちゃあ、完全にビョーキだな!」
      「みっともねえぞ、レーベン!その根性、叩き直してやる!」
      「お前とは上手くやってきたつもりだったけどよ…」 メール「腹が立つより悲しいよ、レーベン大尉!」
シュラン 「理屈じゃ敵わねえが、殴り合いなら負けねえぞ!」
      「そのメガネを叩き割って、詫びをいれさせてやる!」
エーデル 「美人さんの小さな嘘は可愛いもんだが…」 メール「人を騙す悪女は許さないんだから!」
      メール「ダーリン!デレデレしたら、許さないからね!」 「悪党に甘い顔はしねえ!覚悟しな、准将さん!」
      「残念だぜ、准将さん。あんた…ちょいとイカしてたのによ…!」
      「地球の聖母が、ヒステリー魔女だったとはな!」
ジ・エーデル メール「最後に出てきて美味しい所を全部持っていくなんて!」 「そうは問屋が卸さねえ!覚悟しな、ジ・エーデル!!」
        「嫌いじゃなかったぜ、ジイさん!だが、ここまでだ!」
        「キテレツなのは見た目じゃなくて、頭の中だったってわけか!」
        「てめえ勝手な寝言は、あの世で言ってな!」 メール「あんたなんかに、あたし達の世界は渡さない!」
ウォーカーマシン メール「ウォーカーマシンが相手なら、がっぷり四つで!」
          「俺の噂を知りながら、仕掛けてくるかよ!」
オーバーマン メール「オーバースキルだって怖くないんだから!」
        「どうにもオーバーマンは素走っこくっていけねえ!」
シベ鉄系 「俺の熱さは、シベリアの雪だって溶かすぜ!」
堕天翅 「あいつらの不気味さは、勘弁してほしいぜ!」
     「てめえらが出てくると、辛気臭くなんだよ!」
     メール「あいつら…何か気持ち悪い…!」
連邦兵 「連邦のド汚いやり口は、うんざりだぜ!」
ザフト系 「議長さんの思い通りにゃさせねえよ!」
軍隊系 「いけねえな!国をバックに偉そうにしてんのは!」
     「相手が軍隊だろうと、俺はやりたいようにやる!」
飛行ユニット 「野郎!空飛んでないで、降りてこいってんだ!」
        メール「こらーっ!飛んでないで、降りてきなさいよ!」
チラム系 エウレカセブン系 メール「もう!頭の上でぶんぶんうるさーいっ!」
               「ヒラヒラ飛び回ってうっとうしいんだよ!」
百鬼帝国系 「鬼退治といこうか!」
       「相手は鬼だ!メール、豆、持って来い!」
      メール「鬼は~外!!福は~内!!」
異星人系 「地球観光は、ここまでにしてもらうぜ!」
      「宇宙からやって来るとは、ご苦労なこった!」
      「暴れ宇宙人め!とっとと自分の星に帰んな!!」
      メール「未知との遭遇って奴だね!負けないから!」
      メール「相手が宇宙人でも!」
      メール「悪い宇宙人は、地球から出ていけーっ!」
黒歴史系 「黒歴史の遺産だろうと、ぶっ飛ばしてやるぜ!」
      「骨董品は大人しく土ん中に帰んな!」
      「お先真っ暗な未来なんて、欲しかねえんだよ!」
ボス系 「頭を潰せば勝負はつく!シンプルに行くぜ!」
     「ゴタクはいらねえ!カタぁつけようぜ、大将!」
     「他人様の幸せを、ブッ壊した落とし前だ!!」
リアル系ボス系 「理屈はもう結構!何と言われようと、俺はあんたを認めねえ!」
         「あんたは、人を引っ張ってく器じゃねえな!」
         「要するにてめえは悪党!それさえわかりゃ、やるこたぁ一つ!」
ZEUTH 「こうなっちまったら手加減はしねえ!悪く思うなよ!」
       「まさか、お前らとタマの取り合いになるとはな…!」
       「命令だからって、ダチにケンカ売ってくるとはよ!」
       「昔のよしみだ…ワンパンで沈めてやるぜ!」
       メール「あたし達の邪魔をするのなら…!」
       メール「わからんちんなんてやっつけちゃえ!」
被ダメージ
ツィーネ メール「ダーリン!あの女の攻撃には、当たっちゃダメ!」
      メール「あ、あたしの若さに嫉妬してるの!?」
      メール「いじわる魔女の攻撃なんて、怖くないもん!」
      メール「べ~っだ!ぜんぜんきいてないよ~!」 「そういう事やってから小娘って言われんだよ」
      「いやん!くすぐったいじゃないの、姐さん!」
      「悪いな!俺じゃあんたの趣味は満足させられねえよ!」
      「燃えてきたぜ!やっぱり俺と姐さんの相性はチリバツだ!」
      「まだだぜ、姐さん!これっぽっちじゃ、俺は止まらねえ!」
      「姐さんの趣味に付き合うのは、ここまでにさせてもらう!」
      メール「や、やだ!あの女に負けるのだけは、絶対にや!」
      メール「負けちゃダメ、ダーリン!あの女、絶対に笑ってるよ!」
      「やり過ぎだぜ、姐さん…!さすがに笑えねえ!!」
アサキム 「ヤワな攻撃だな、アサキム!俺をナメんなよ!」
      「そんなんじゃ、悲鳴どころかあくびも出ねえぜ!」
      「さすがは元兄弟!やってくれるじゃねえかよ!」
      「っ!危ねえ…!思わず声が出そうだったぜ!」
      「アサキム!もう後戻りは出来ねえぞ!!」
      「俺は痛みに負けねえ…!てめえにもだ、アサキム!!」
レーベン 「女をいじめるのが趣味の男じゃ、この程度が関の山だな!」
      「レーベン!俺をやりたきゃ、てめえも本気で来い!」
      「ライオン対決ってんなら、こん位はやってくれないとな!」
      「もっと来いや、レーベン!俺はくたばるには程遠いぜ!」
      「女をいじめるだけかと思えば、やるじゃねえかよ!」
      「まずい!奴に負けたら、ガンレオンが丸刈りにされる…!」
エーデル 「まだまだだ、准将さんよ!俺はこの程度じゃ倒れねえ!」
      「こいつが統治者様の攻撃かい!笑わせてくれるぜ!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!遊びじゃ、俺の熱さは止められねえぜ!」
        「どうした、ジイさん!こんなんで楽しいのかよ!」
回避
ツィーネ 「あんたの攻撃に当たると、メールがうるさいんでな…!」
      メール「おっぱいが重いから、動きが鈍いのよ!」 「それ、ひがんでんのか?」
      「悪いな、俺じゃあんたの趣味を満足させられねぇよ!」
      「悪いな、姐さん!あんたの趣味にゃ付き合えんぜ!」
      メール「あんたの攻撃なんか、絶対当たってやるもんか!」
      メール「ダーリンをたぶらかしたら、許さないんだから!」
アサキム 「笑わせんな!スカすのは見掛けだけにしとけ!」
      「俺を倒すなら、熱風疾風でかかってきな!」
      「アサキム!俺に悲鳴を上げさせるんじゃねえのか!?」
レーベン 「なめんな、レーベン!お前の癖なんざ、お見通しだ!!」
      「そんなブチ切れ攻撃が当たると思ってんのかよ!」

セツコ・オハラ
援護攻撃
トビー 「中尉の攻撃に続きます!」
     「トビー!フォローします!」(第16話以降)
デンゼル 「チーフ!私が援護します!」
レーベン 「レーベン大尉、さすがです!」
ツィーネ 「今は仲間ですから…!」
援護防御
トビー 「前に出過ぎです、中尉!」
     「トビー!ここは私を頼ってください!」(第16話以降)
デンゼル 「チーフ、後退して下さい!」
レーベン 「レーベン大尉、今の内に後退を!」
ツィーネ 「仲間なんですから、守ります!」
攻撃
ランド 「あの人…アサキムの仲間なの!?」
     「あんな男を兄弟と呼ぶなんて…!」
デンゼル トビー 「私は…私達のグローリー・スターのために戦います…!」
          「あの人達は、私の知るチーフでも、トビーでもない…!」
          「敵だとわかっている…!わかってはいるけど…!」
ツィーネ 「あの人の背後に、アサキムがいるならば…!」
      「アサキムの仲間なら、私の敵なんだ…!」
      「あなたの趣味に付き合ってなんていられない!」(第32話以降)
      「アサキムに従うのなら、容赦はしないわ!」(第32話以降)
アサキム 「チーフの仇!覚悟!」
      「チーフとトビーの仇…!私が討ってみせる!」(第47話以降)
      「あなたは…!あなただけは!」(第47話以降)
      「この悲しみが力になるのなら、それをあなたにぶつける!」(第47話以降)
      「アサキム・ドーウィン!あなただけは、私の手で!」(第47話以降)
      「全てを話してもらう!あなたを倒して!!」(第47話以降)
      「こんな悲しみは、私一人で十分だから…!」(第47話以降)
      「チーフとトビーと私の思いを一つに…!」 「アサキム・ドーウィン、覚悟っ!!」(ザ・グローリースター使用時)
      「チーフとトビーの無念を、この一撃にっ!!」(ザ・グローリースター使用時)
レーベン 「あなたの優しさは忘れない…。たとえ、嘘だったとしても…!」
      「レーベン大尉…!あなたが、そんな人だったなんて!」
シュラン 「あなたに欺かれた人達の怒り…受けてもらうわ!」
      「人の心は計算では計れない…!それを知りなさい!」
エーデル 「エーデル・ベルナル…!これは人々と私の怒りよ!」
      「世界はあなたのような独裁者を必要としていない!」
      「世界はあなた一人のものではない!みんなのものよ!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!あなただけが望む世界なんて、認めはしない!」 
        「この世界は、あなたの遊び場じゃない!みんなの生きる場所よ!」
        「私は正義の味方じゃない!あなたの敵よ!」
        「この世界を、あなたに渡しはしない!!」(ザ・グローリースター使用時)
オーバーマン 「あれはマシンなの!?着ぐるみなの!?」
        「不思議な力を使われる前に!」
        「オーバースキルは使わせない!」(後半)
オーバーデビル 「世界を氷漬けにさせるものか!」
ウォーカーマシン 「土木作業用のマシンが、武装を積んでいる…?」
          「あのパワー…甘く見ていたら、こっちがやられる…!」
エウレカセブン系 チラム系 「変則的な動きに惑わされたら、やられる…!」
エウレカセブン系 「リフの動きに惑わされはしない…!」(後半)
エゥーゴ 「私は軍人なんだ…!命令なら、戦わなくては!」
      「あの人達がエゥーゴ…反地球連邦組織…!」
ティターンズ 「あの人達はどうして状況を理解してくれないの…!?」
        「こんな状況でも、自分達の理屈を押し通すなんて!」
        「軍人の本分を見失った人達なんかに…!」
連邦兵 「今の連邦を止めるには、戦うしかない…!」
     「連邦の暴走を見過ごすわけにはいかない…!」
ザフト系 「デュランダル議長の危険性に気付かないのなら…!」
      「世界の状況が見えてない人達なんかに…!」
      「私だって何が正しいかわからないけど…!」
      「こんな戦いを続けていては…!」
      「人類同士が争っている場合じゃないのに…!」
空中ユニット 「高度を取られたら、追いきれない!」
        「今のバルゴラなら、空中戦でも!」(後半)
堕天翅 「あの敵…見ていると魂が吸い込まれそうになる…!」
     「な、何なの…!?恐怖がわきあがってくる…!」
     「自分の中の恐怖に打ち勝ってみせる…!」(後半)
異星人系 「未知の敵だろうと、ひるんではいられない…!」
      「地球を好きにさせるわけにはいかない…!」
      「異星人を倒さなくては、人々が危険にさらされる!」
黒歴史系 「あの力…!あれが黒歴史の遺産!」
      「黒歴史を再来させないためにも…!」
      「遥か過去からの戦いに終止符を打つ…!」
      「戦いは終わらせる!黒歴史は繰り返させない!」
ボス系 「攻撃目標、敵司令官…!決着をつける!」
     「人々を苦しめてきた報いを受けてもらうわ!」
     「あなたの野望は、私達が力で止める!」
リアル系ボス系 「人々の悲しみが理解出来ない人間に、世界は任せられない!」
         「人類に必要なのは指導者よ!支配者じゃないわ!」
         「一人の人間に未来を決定する権利はないわ!」
2Lサイズ以上 「パワーで押し切られたら勝ち目は無い…!」
         「スピードでかく乱するしかない…!」
         「パワーで負けるなら、スピードで勝負する!」(後半)
         「勢いに圧倒される前に、勝負を決める…!」(後半)
ZEUTH 「あなた達と戦う事になるなんて…」
       「あの人達は強い…!ためらいは自分を殺す事になる!」
       「戦うしかない…!今のあの人達は敵なんだ!」
トライチャージ 「チーフ、中尉…!お願いします!」
トライチャージ(トビー小隊員) 「私もグローリー・スターです!やってみせます!」
トライチャージ(デンゼル小隊員) 「スター3、こちらもOKです!」
被ダメージ
ツィーネ 「ネズミをいたぶるネコにでもなったつもり…!?」(第32話以降)
      「いやらしいやり方…!あの人のやりそうな事ね!」(第32話以降)
      「負けを認めたら、あの人を喜ばせるだけだわ…!」(第32話以降)
      「この程度なの、ツィーネ!笑わせてくれるわね!」(第32話以降)
      「負けない…!あの人にもアサキムにも…悲しみにも!」(第32話以降)
      「本気を出したという事なの、ツィーネ・エスピオ!?」
アサキム 「遊ばれているの、私…!?」(第47話以降)
      「こうやって、じわじわといたぶるつもりなの…!?」(第47話以降)
      「アサキムは、まだ遊んでいる…!ひるんではいられない!」
      「あの男は嘲りの笑いを上げている…!負けるものか!」(第47話以降)
      「アサキム・ドーウィン!!」(第47話以降)
      「チーフ、トビー…!私は最後まで諦めません!!」(第47話以降)
レーベン 「悪意に満ちた攻撃…!直撃を食ったら終わりだ!」
      「レーベン大尉…!私は弱い女じゃないんです!」
      「そんなに女性が憎いんですか、レーベン大尉!?」
      「ここでひるんだら、レーベン大尉の思う壺だわ…!」
      「このままじゃ、大尉の闇に飲まれてしまう…!」
      「レーベン大尉の悪意が、私を追い詰めていく…!?」
回避
トビー 「トビー…。いや…トビーじゃない…!」
トビー デンゼル 「あの動き…私の知ってる人のものだ…」
デンゼル 「あの人はチーフじゃない…。チーフじゃないんだ…」
ツィーネ 「攻撃に当たれば、あなたを喜ばせる事になる…!」(第32話以降)
      「私は遊び気分では倒せないわよ、ツィーネ!」(第32話以降)
アサキム 「そうやって私を油断させるつもり…!?」(第47話以降)
      「アサキム…!あなたの思い通りにはさせない!」(第47話以降)
レーベン 「レーベン大尉…!私だって強くなっているんです!」
      「そんな敵意剥き出しの攻撃…みたくなかったです…」
エーデル 「あなたの悪意に飲まれてなるものか!」
      「エーデル・ベルナル!私はまだ生きている!」
ジ・エーデル 「世界も私も、あなたの思い通りにはならない!」
        「ジ・エーデル・ベルナル!私はまだ戦えるわよ!」

トビー・ワトソン
援護攻撃
セツコ 「可愛いルーキーちゃんを助けてやるか!」
     「パートナーは助け合わなきゃな!」(第16話以降)
デンゼル 「チーフ!こいつはツケにしとくぜ!」
援護防御
セツコ 「うちのルーキーに手ぇ出すとはよ!」
     「大事な相棒はやらせねえよ!」(第16話以降)
デンゼル 「おケがないのがチーフの魅力ってな!」
攻撃
セツコ 「偽者め!叩き落して化けの皮を剥いでやる!」
     「あんたは俺達の誇りにケンカ売ったんだよ!」
     「本物のグローリー・スターの戦いを見せてやる!」
     「バルゴラの偽者が相手とはよ…!気分悪いぜ!」
アサキム 「チーフの仇だ!お前だけは許さねえ!」
      「アサキム!お前を倒すのが今の俺達の任務だ!!」
      「話してもらうぜ!俺達を狙う理由をな!」
      「これで終わりだ、アサキム!」(バーレイ・サイズ使用時)
      「チーフの仇っ!くらえぇぇっ!!」(バーレイ・サイズ使用時)
エゥーゴ 「心情的には、あんたらに同意したいところなんだけどよ…!」
      「悪く思うなよ…!これも任務なんでな!」
ティターンズ 「エリートさんよ!自分だけが正しいと思ったら大間違いだぜ!」
        「勝手な野郎共だぜ!いったい何様のつもりだ!」
異星人系 「どこの世界だろうと、地球を好きにはさせねえぜ!」
      「あいにくだったな!この地球には俺達がいるんだよ!」
トライチャージ 「今日は俺が仕切らせてもらうぜ!」
トライチャージ(セツコ小隊員) 「俺達はおヒップにくっつかせてもらうぜ!」
トライチャージ(デンゼル小隊員) 「スター2、いつでもOKです!」
被ダメージ
セツコ 「あいつ、実戦慣れしてやがる…!テクニックは俺以上か…!?」
     「くそっ!偽者にやられちゃ格好つかないんだよ!」
     「何なんだ、あの女…!俺やチーフ以上のパイロットだってのか!?」
     「負けるかよ…!俺達は、グローリー・スターだ!!」
アサキム 「遊んでんじゃねえ、アサキム!本気で来い!」
      「くそっ!チーフの仇も討てずにやられてたまるか!」
      「バルゴラは俺達の誇りだ!てめえごときにやらせるかよ!」
      「くっそおおっ!!刺し違えてでも、てめえだけは!!」
      「チーフ!悪いが、俺はまだそっちに行く気はねえ!」
回避
アサキム 「ドサクサ紛れでなけりゃ、チーフもやられやしなかった…!」
      「てめえにやられちゃ、チーフに会わせる顔がねえんだよ!」

デンゼル・ハマー
援護攻撃
セツコ 「いいぞ、少尉!後は俺に任せとけ!」
トビー 「俺に華を持たせてくれるか、トビー!」
援護防御
セツコ 「少尉!ガッツは買うが、ここは下がれ!」
トビー 「たるんでるぞ、トビー!後で説教だ!」
攻撃
セツコ 「あの女…!かなり出来るぞ!」
     「グローリー・スターは、俺と中尉の二人だ!」
     「そのバルゴラもどきは破壊する!」
     「偽者め!GSアクションの真髄を見せてやる!」
エゥーゴ 「元は同じ連邦軍でも、今は反乱軍だ!」
      「命令ならば、相手が誰だろうと戦うまでだ…!」
ティターンズ 「この状況で仕掛けてくるとは、どこまで身勝手な奴らだ!」
        「地球育ちのエリートは、状況が見えていないようだな!」
異星人系 「まさか別の世界でも、異星人と戦うことになるとはな…!」
      「別の世界の地球でも、お前達の好きにはさせん!」
トライチャージ 「グローリー・スター、チャージ・セット!」
トライチャージ(トビー小隊員) 「スター3、遅れるなよ!」
トライチャージ(セツコ小隊員) 「頼むぞ、スター3。トップはお前だ」
被ダメージ
セツコ 「ちいっ!偽者の方が熟成が進んでいるのか!?」
     「くそっ!もどきに負けてはグローリー・スターの名が泣く!」
     「何者だ、あの女…!?スター1の俺が押されているだと!?」
     「負けるか…!栄光の星の名に懸けて、奴を落とす!!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 17:06 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
オリジナル系・2
ツィーネ・エスピオ
援護攻撃
ランド 「あんたの熱さで火照ってきたよ…!」
セツコ 「お嬢ちゃんは、下がって見てな…!」
アサキム 「アサキムを支えるのは、私の役目よ…!」
      「あなたについていくわ、アサキム…!」
レーベン 「相変わらずの甘ちゃんだね、レーベン」
シュラン 「シュラン、あんたが仕留め損なうとはね」

援護防御
ランド 「暑苦しい悲鳴は聞きたくないからね…!」
セツコ 「世話の焼けるお嬢ちゃんだよ…!」
アサキム 「アサキム…私が守る!」
      「あなたは私を救ってくれる人…!やらせはしない!」

攻撃
ランド 「あんなツルペタがお気に入りとは趣味の悪い男だよ…!」
     「あんたの暑苦しさ、嫌いじゃないんだけどね」
     「幼な妻と一緒に地獄に行きな…!」
     「私にも聞かせておくれよ。あんたの悲鳴を…!」
セツコ 「不幸のヒロイン気分に浸らせてやるよ…!」(第32話以降)
     「気に入らないんだよ、その目の奥の光が…!」(第32話以降)
アサキム 「さようなら、アサキム…。私は自分の選んだ道を行く…!」
      「あなたの教えてくれた自由の意味…私は忘れない…」
レーベン 「坊や、そんなに女が怖いのかい?」
      「フフフ…女の魅力を教えてあげるよ…!」
エーデル 「エーデル・ベルナル…!お前に世界は背負えない!」
      「ボロを出したね、エーデル!お前はそこまでの器なんだよ!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!私はお前の操り人形ではない!」
        「もう騙されない…!お前が愛しているのは、自分だけだ!」
少年 「坊や、火遊びにつきあってあげるよ…!」
    「おいで、坊や…。未知の世界を教えてあげる」
    「背伸びしたい年頃?可愛いじゃない…」
青年 「フフ…いいもんだね、大人の男ってのは!」
    「大の男が悲鳴を上げる…。想像するだけでゾクゾクするよ…!」
    「思い出しなよ、思春期のトキメキを…!」
女性 「お前と私…どっちの魅力が上かしらね…!」
    「ゾクゾクくるね、女の悲鳴ってのは…!」
    「私は女も嫌いじゃないのさ…!」
被ダメージ
ランド 「あんたは貧相な小娘とママゴトでもしてな!」
     「あんたの熱さってのは見かけ倒しかい?」
     「やっぱり、あんたは熱いよ!それでこそザ・ヒートだ!」
     「コブのない小娘っていうコブ付きが、よくも!」
     「や、やっぱり、あんたはザ・クラッシャーだよ!!」
     「メール・ピーター!小娘が調子に乗るな!!」
セツコ 「お笑いだね!それで仲間の仇が討てるのかい!?」(第32話以降)
     「お前の見た地獄なんてのは、所詮その程度なのさ!」(第32話以降)
     「悲劇のヒロインが、戦士面するんじゃないよ!」(第32話以降)
     「グローリー・スター!お前は神経を逆なでしてくれる!」(第32話以降)
     「あの小娘、戦士としても目覚めつつあるのか!?」(第32話以降)
     「グローリー・スター!よくも!!」(第32話以降)
アサキム 「アサキム…!私もためらいは捨てる!」
      「あなたと私の進む道はもう交わらない…!」
エーデル ジ・エーデル 「世界が欲しいなら、私を倒してからにするんだね!」
             「物事が、全てお前の思う通りになると思うな!」
回避
ランド 「役立たずの小娘を連れてるから、そうなるのさ!」
     「そんな暑苦しい攻撃は、願い下げなんだよ!」
セツコ 「お前にだけはやられるわけにはいかないんだよ!」(第32話以降)
     「ハハハ!涙で照準がずれちまったかい!?」(第32話以降)
アサキム 「アサキム…!私もためらいは捨てる!」
      「あなたと私の進む道はもう交わらない…!」
エーデル ジ・エーデル 「世界が欲しいなら、私を倒してからにするんだね!」
             「物事が、全てお前の思う通りになると思うな!」

アサキム・ドーウィン
援護攻撃
ランド 「獅子の後には狼が続く…!」
ツィーネ 「ツィーネ…後は僕が狩ろう」

援護防御
ランド 「獅子の前には狼が立つ…!」
ツィーネ 「下がるんだ、ツィーネ」
      「ツィーネ…君には余計な真似かな?」

攻撃
ランド 「怒りと悲しみが、君の本性を露わにする…」
     「君なら、相当の苦痛に耐えられるだろう?」
     「僕が全てを思い出させてやろう」
     「獅子の涙滴が、新たな扉を開く…」
     「さあ、苦痛の咆哮を聞かせてくれ…」
セツコ 「目覚めるんだ。人の苦痛を糧にして」
     「君が求めるものは、僕を超えた先にある」
     「宝球は人の悲しみによって輝きを増す…!」
ランド セツコ 「逃がさないよ。君は、僕にとって珠玉の贄なんだ」
         「僕は君の事をよく知っている。悲しみに彩られた過去…そして絶望」
         「フフフ…今度は君から何を奪おうか」
         「徐々に…徐々に奪っていく。君にとって大切なものを」
ツィーネ 「ツィーネ…君にも最上の苦痛を与えよう」
      「ツィーネ…君の役目は終わった」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル…君に至高の快楽を与えよう」
        「ジ・エーデル…天の獄が君を待っている」
        「道化芝居は終わりだ、ジ・エーデル」
∀ガンダム 「破壊と再生の蝶は目覚めるか否か…」
       「大罪は購えない。この僕のように…」
レントン アポロ 斗牙 「創造の力は、重き枷…」
             「君達が目指すものは天?それとも…」
             「君達も、僕と同じ道を歩むか…?」
             「その力は、僕が求めるものか否か…」
エウレカ 「人ならざる者が、人の心を知ろうとする。その答えは…」
      「その翼で君はどこまで飛ぶつもりなんだい?」
桂 「特異点…君はどこまで行けるかな?」
   「桂木桂…君の運命は数奇だね。僕と似ているかも知れない…」
ロジャー 「全てを忘れられる者は、ある意味幸せさ」
      「忘却の彼方にあるものは…」
デューク 万丈 マリン 「君の過去は悲しみに彩られているようだね」
             「そうだね、君の悲しみを押し流すものは…」
SEED主人公系 「君達自体が争いの種…僕にとっては都合がいいが」
         「戦いは止まず、悲しみは果てる事がない」
ニュータイプ 「君に僕の心が覗けるかい?」
        「人の心はモザイクだね…まるでこの世界のようだ」
        「魂の解放など有り得ないのさ」
        「分かち合うがいいさ。苦しみも、悲しみも…」
マジンガー系 「正義の魔神か…矛盾しているね」
        「神と悪魔の中道を選んだというわけか…」
ゲッターロボ 闘志也 「その力が成長すれば、いずれ君達は…」
           「悠久の時を彷徨えば、善悪の基準は反転する…」
被ダメージ
ランド セツコ 「あの力を引き出すには、さらなる絶望が必要か…」
         「フン、まだ痛みが必要か…!」
         「悲しみを糧とし、命を削れ。そうすれば…ククク」
         「その怒りと悲しみ…フフフフフ」
         「怒りに身を震わせ、力を解放するんだ…」
         「フフフ…憎悪と悲嘆が入り交じり、そして…!」
         「ククク、さらなる苦痛を君に与えれば…」
         「激情に身を委ねろ…そして力を解放するんだ…」
         「そう、それでいい…もがけ、もがくんだ…!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル…僕は君のものにはならない」
        「楽しむがいい、ジ・エーデル。今の内に…!」
∀ガンダム 「黒く塗り潰してくれ…人の歴史を、そして、僕の生き様を…!」
       「僕は見てきた…この目で、人の戦いの歴史を…」
桂 「あの力が僕にも干渉している…?」
ロジャー 「黒き裁定者…僕を裁く事ができるか?」
万丈 「日輪でも、僕の闇を照らす事は出来ない…」
マリン 「悲しみのブルー…いい色だ」
     「フッ…君に明日を救うことが出来るか?」
レントン アポロ 斗牙 「君達は何を創る?何を生み出す?」
             「機械仕掛けの神…歪みを矯正できるのか?」
             「目指すは神か、それとも…」
             「創造は破壊…破壊は創造…フフフフ」
             「ククク…贄の神は多ければ多いほどいい…!」
             「淘汰されるべきは機械の神か、それとも…」
SEED主人公系 「争いの無い世界は堕落する…」
         「人は人である限り、争いを捨てられない」
ニュータイプ 「人が進化しても、世界が壊れていては意味がない」
        「人の革新に何の意味がある?」
        「僕の考えが君に読めるか?」
        「僕には君の焦りがわかる。君はどうだ?」
        「人が人である限り、真の革新は訪れない…」
        「人の心に光はあるか?それは世界を救えるか…?」
マジンガー系 「魔神の力を魔神として使わぬ限りは…」
        「光と闇…その二つが混在しているようだな」
回避
ランド 「獅子と言えど、狼を捕らえることは出来ない」
ランド セツコ 「どうやら、まだ贄が必要らしい」
         「フン…君の怒りもたかが知れているな」
         「君は僕が見込んだ贄なんだ。落胆させないでくれ」
         「あと何人殺せば、君は本気になる?」
セツコ 「それで仇を討つだと?」
     「これでまた、君が絶望してくれればいいが」
     「どうした?僕が見えないのか?」
ツィーネ 「ツィーネ…君が僕に刃向かうとはね…」

レーベン・ゲネラール
援護攻撃
ランド 「ザ・ヒート!自分も熱く続きます!」
セツコ 「スター3!後は自分に任せてください!」
援護防御
ランド 「ザ・ヒート!いくら何でも無茶し過ぎです!」
セツコ 「スター3!ここは後退を!」
攻撃
アサキム 「アサキム・ドーウィン!お前の目的は何だ!?」
      「アサキム…!お前が何を企んでいようと!」
ツィーネ 「自分はあなたのような女性をもっとも嫌悪します…!」
      「アサキムに従うのなら、容赦はしない!」
女性 「じょ、女性でも容赦はしませんよ!」
    「女性が戦場に立つのは、賛成できません…!」
    「女性を攻撃するのは心苦しいのですが…」
連邦軍兵 ティターンズ 「地球連邦の腐敗を見過ごすわけにはいかない…!」
             「一人一人が変わらなければ、連邦に未来はない!」
             「嘆かわしい…!これが連邦軍の実態か!」
異星人系 「この美しい地球をお前達に渡しはしない!」
      「地球を外敵から守るのは、我々の務めだ!」
被ダメージ
女性 「女性のそういった振る舞いは賛成しかねます…!」
    「戦っても無駄です!女性の方は下がってください!」
    「駄目だ…!女性が相手では力が出せない!」
    「女性と言えど、侮れない敵か…!」
    「じょ、女性は怖い…!やっぱり怖い…!」
    「女性はたおやかであるべきだと、自分は思います!」
回避
女性 「女性に触れられるわけにはいかない…!」
    「ふう…やっぱり、女の人は怖い…」

レーベン・ゲネラール(敵)
援護攻撃
ツィーネ 「さすがだツィーネ!やる事がえげつない…!」
シュラン 「見事だ、シュラン!さすがは俺の心の友!」
     「いいぞ、シュラン!俺も続くぞ!!」
エーデル 「エーデル准将!自分も続かせていただきます!」
     「この攻撃!エーデル准将に捧げます!」

援護防御
ツィーネ 「らしくないな、ツィーネ!」
シュラン 「シュラン!お前は俺が守る!」
エーデル 「エーデル准将!お下がりを!」

攻撃
ランド 「ザ・ヒート!真の獅子の力を思い知らせてやる!」
     「暑苦しい男め…!見ているだけでムカムカする!」
     「アサキムに代わって、俺が悲鳴を上げさせてやる!!」
セツコ 「甘い顔をしてやったからといって、勘違いするなよ!」
     「鬱陶しい女め、やっと始末がつけられる!」
     「メソメソ泣いていれば、まだ可愛げがあったものを!」
女性 「寄るな、女!汚らわしい!!」
    「エーデル准将以外の女に生きる権利はない!!」
    「お前など、あの方の前ではゴミクズ以下だ!」
    「女など、この世から全て消えてなくなれぇぇっ!!」
被ダメージ
女性 「どうした、女?己の非力さを愛嬌で誤魔化すか?」
    「やはり女の力など、取るに足らんという事だ」
    「女ぁ!これ以上、俺を怒らせたいか!!」
    「やはり女という生き物は、存在してはならなぁぁい!」
    「女!女!女ぁ!があああああっ!!」
    「クソ女がっ!お前ら全員まとめて駆除だ!!」
回避
女性 「ウスノロ女が!お前ごときに触れさせるか!」
    「俺の身体に触れていい女性は、この世界にただ一人だ!」
被撃破
女性 「女ぁぁ!くたばれぇぇ!」

シュラン・オペル
援護攻撃
レーベン 「レーベン…君の手伝いをしよう」
     「レーベン…」
攻撃
ランド 「目障りな男だ。見れば見るほど、暑苦しい」
     「アサキムに利用される前に、ここで潰す」
セツコ 「悲しみか…。 そういった感情に溺れてみたいものだ」
     「アサキムが気にかけていた女…。ここで潰しておく」
被ダメージ
ランド 「ザ・ヒート…完全に名前負けだな」
     「あれが大極へ至る鍵の一つだと?信じられんな」
     「あの男…確かに底が見えない…!」
     「アサキムが望む力を発揮しつつあるのか…?」
     「何故だ…!?何故、修理屋風情に、この私が…!」
     「あれは大極の力ではない…!あの男自身の強さか!」
セツコ 「大極へ至る道は遠いな」
     「哀れなものだな。代償を払って得た力が、この程度とは」
     「これが、アサキムの求めた力の一端か…!」
     「悲しみの乙女の力を、引き出しつつあるか」
     「あれは大極の力ではない…!あの女自信の強さか!」
     「あの女の技量…エース級まで上がっているのか?」
回避
ランド 「傷だらけの獅子は、まだ目覚めていないか」
     「アサキムが求めるレベルには、未だ到達していないようだ」
セツコ 「アサキムが求める力には程遠いようだな」
     「悲しみの乙女の力も、この程度か…」

エーデル・ベルナル
攻撃
ランド 「痛みの悲鳴を上げる間も与えぬ!」
     「お前の暑苦しい顔など見たくもないわ」
セツコ 「泣き叫べ…!お前を仲間の所に送ってやろう!」
    「お前には過ぎたものなのだ…その力は」
    「大極の力は、この私が持つに相応しい」
ツィーネ 「哀れな放浪者ツィーネよ…裏切りの報いを受けよ!」
ガンダムX系 「月の力もニュータイプも、全て私のものだ!」
キングゲイナー系 「私の存在は、オーバースキルを超える」
ザブングル系 「イノセントが求めた理想社会は、私の手で完成する!」
レントン ホランド 「体制に従わぬ愚か者供め!世界から消えろ!」
∀ガンダム 「蝶の羽は開かせん。その力は私のものとする!」
ニュータイプ 「人類の変革など勝手にさせぬ。それを決めるのは私だ!」
SEED主人公系 「自由も正義も運命もお前たちには無い!全て私のものだ!」
桂 「特異点の存在など不要!私が新世界を創る!」
アクエリオン 「堕天翅も人間も、全ては私のしもべだ」
ロジャー 「大いなる力の使徒め…!この世界を統べるのは私だ!」
マジンガーZ 「鉄の城だろうと、私の前では無力!」
グレートマジンガー 「偉大な勇者よ、お前に敗北を与えよう」
デューク 「何が宇宙の王者だ…それを名乗れる者は、私だけだ!」
勝平 「神ファミリー…お前達の居場所などないのだ!」
万丈 「日輪も地球も月も、全て私のものだ!」
マリン 「母星を捨てた裏切り者め…私が始末してやろう」
闘志也 「トリニティエネルギーは渡してもらうぞ」
斗牙 サンドマン 「エルゴの力も創星の力も、私に跪け!」
ゲッター系 「鬼を倒したお前達も、この私に倒されるのだ」

ジ・エーデル・ベルネル
攻撃
ランド 「グッバイ、ザ・ヒート!君の暑苦しさは忘れない!」
     「いくよ、ザ・クラッシャー!…怒った?」-
セツコ 「ハハハ!アサキムに代わって、ボクが泣かせてやろう!」
     「フフフ…君の耳裏の匂い、かいでみたかったよ」
ツィーネ 「バイバイ、ツィーネ!捨てたオモチャに未練はないよ!」
ガンダムX系 「ハハハハハ!君達とお月見するのも悪くないね!」
キングゲイナー系 「ボクはオーバースキルを超えるよ!見せてあげようか?」
ロジャー 「残念だよ。君とは口ゲンカで勝負したかったんだけどね」
ジロン 「いいねえ…その野性のバイタリティ!まるでコメディだ!」
エウレカセブン系 「君達の反抗期は長過ぎる。そろそろ大人になりなよ」
∀ガンダム 「さあて、昆虫採集だ。蝶の羽根をむしってやるよ!」
SEED主人公機 「自由、正義、運命!それも全~部ボクのものだよ!」
ニュータイプ 「僕の意識を読んでみな、ニュータイプ。ハッピーになれるよ!」
アクエリオン系 「堕天翅も人間も、どっちもボクにはゴミなんだよ!」
桂 オルソン 「君達、時空を修復する人。ボク、壊す人って事で」
甲児 「神にも悪魔にもなれるんなら、ボクは悪魔を選ぶね!」
鉄也 「いいねえ!無謀にも巨悪に立ち向かう偉大な勇者!」
デューク 「宇宙の王者を裸の王様にしてやろう!」
勝平 「もう一回言うよ。君達の戦いは報われる事はないよ」
万丈 「君も酔狂だねえ。金持ちの道楽って奴かい?」
マリン 「地球のブルーはボクのもの。あの色は大嫌いだがね!」
闘志也 「ハハハ!あの世で風見博士によろしく伝えてくれ!」
斗牙 「創星の力なんてものは、ボクしか持っちゃ駄目なのさ!」
ゲッターロボ 「三つの心が一つになっても、まだまだボクには敵わない!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 17:02 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
ダイナミック系
兜甲児
援護攻撃
さやか 「さやかさん、後は俺がやるぜ!」
ボス 「ボス!こいつは貸しにしといてやる!」
鉄也 「鉄也さん、いいタイミングだぜ!」
    「よ~し、鉄也さん!続けていくぜ!」
ジュン 「ジュンさん、後は任せてくれ!」
デューク 「デューク・フリード、後は任せろ!」
      「続いていくぜ、デューク・フリード!」
マリア 「マリアちゃん、助太刀するぜ!」
竜馬 「リョウ!助太刀するぜ!」
隼人 「後は任せろ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ!後は俺に任せろ!」
援護防御
さやか 「さやかさん、今の内に!」
ボス 「何やってんだ、ボス!」
鉄也 「下がってくれ、鉄也さん!」
    「鉄也さん、ここは俺が!」
ジュン 「ジュンさん、ここは引き受けるぜ!」
デューク 「下がるんだ、デューク・フリード!」
       「ここは任せろ、デューク!」
マリア 「マリアちゃん、危ない!」
竜馬 「リョウ、ここは任せろ!」
隼人 「ハヤト、後は引き受けたぜ!」
弁慶 「大丈夫か!?ベンケイ!」
攻撃
エーデル ジ・エーデル 「最後の勝負だ!行くぜ、マジンガー!」
アサキム エーデル ジ・エーデル 「てめえだけは許しちゃおけねぇんだよ!」
円盤獣 「円盤獣?TFOと変わんねえよ!」

弓さやか
援護攻撃
甲児 「甲児君、後は私に任せて!」
    「甲児君、そこどいて!」
ボス 「ボスに負けてられないもんね!」
鉄也 「鉄也さん、後は任せて!」
ジュン 「ジュンさん、あたしも!」
援護防御
甲児 「甲児君、無茶しないで!」
    「危ない、甲児君!」
ボス 「ボス、ここは任せて」
鉄也 「鉄也さん、ここは私が!」
ジュン 「ジュンさん、今の内よ!」

ボス
援護攻撃
甲児 「兜ぉ!てめえにだけいいカッコはさせねえぜ!」
さやか 「好き、好き、さやかちゃん大好きよ~ん!チュチュチュのチュ~!」
鉄也 「鉄也、そいつは俺にやらせろ!」
ジュン 「ジュ~ン!正義の味方がお手伝いに参りましたわよ~ん!」
デューク 「デューク・フリード!詰めが甘えぞ!」
マリア 「マリアちゅわ~ん、今おそばにいくからね~!」
援護防御
甲児 「感謝しろよ、兜ぉ!」
さやか 「さやか、安心しな。俺様が守ってやるぜい!」
鉄也 「ウッシッシッシ。鉄也ぁ、もう足手まといとは呼ばせねえぜ!」
ジュン 「ジュン、助けに来たぜぃ!」
デューク 「危ねえ!デューク・フリード!」
マリア 「マリアちゃんに手を出すやつぁ、このボスが許さねえ!」

剣鉄也
援護攻撃
甲児 「甲児君、続けていくぜ!」
    「力を貸すぜ、甲児君!」
さやか 「さやかさん、手を貸すぞ!」
ボス 「ボス、止めは任せろ!」
ジュン 「ジュン、後は任せろ!」
デューク 「大介君、後は俺がやる!」
マリア 「マリア、後は任せろ!」
竜馬 「リョウ!手を貸すぜ!」
隼人 「後は任せろ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ、後は俺がやる!」
援護防御
甲児 「甲児君、油断をするな!」
    「甲児君、危ない!」
さやか 「さやかさん、今の内に下がれ!」
ボス 「ボス、無茶をするな!」
ジュン 「ジュンをやらせるものか!」
デューク 「大介君、今の内に下がれ!」
マリア 「後退するんだ、マリア!」
竜馬 「リョウ!ここは引き受けるぜ!」
隼人 「下がるんだ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ、ここは任せろ!」
攻撃
エーデル ジ・エーデル 「俺の生命が燃え尽きる時は、貴様の生命も地獄の炎へ投げこんでやるぞ」
             「生命を燃やす時が来た!行くぞ!」

デューク・フリード
援護攻撃
甲児 「甲児君と僕の力で!」 
    「甲児君、後は任せろ!」
鉄也 「手を貸すぞ、鉄也君!」
ひかる 「ひかるさん、後は僕に任せてくれ!」
マリア 「マリア、力を貸すぞ!」
竜馬 「リョウ君、後は引き受ける!」
ゲッターロボ 「援護するぞ、ゲッターチーム!」
援護防御
甲児 「油断するな、甲児君!」
    「甲児君、無茶はいけない!」
鉄也 「下がるんだ、鉄也君!」
ひかる 「ひかるさんは下がってくれ!」
     「早く逃げるんだ、ひかるさん!」
マリア 「マリア、無茶するな!」
     「マリアは僕が守ってみせる!」
竜馬 「リョウ君!ここは僕に任せてくれ!」
ゲッターロボ 「後退するんだ、ゲッターチーム!」
攻撃
アサキム 「アサキム・ドーウィン!貴様の目的が何であろうと!」
エーデル 「エーデル・ベルナル!お前に指導者の資格はない!」
エーデル ジ・エーデル 「僕は許さない!欲望のままに人々の命を奪う者を!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!人々の命も地球も、お前の玩具ではない!」
        「お前の醜い野望は、この僕が打ち砕いてみせる!」
ガンダル 「観念しろ、ガンダル司令!」
      「勝負だ、ガンダル司令!」
ベガ大王 「ベガ大王!ここで決着をつける!」
ベガ獣 「ベガ獣の好きにはやらせない!」
     「そこまでだ、ベガ獣!」
円盤獣 「円盤獣は僕に任せろ!」
     「逃がさんぞ、円盤獣!」
異星人系 「侵略者め!地球は僕達の手で守ってみせるぞ!」
      「この地球をお前達に渡しはしない!」
ZEUTH 「くっ、戦うしかないのか…!」
       「今はこうするしかない…!」
被ダメージ
ガンダル 「効いてはいないぞ!ガンダル司令!」
      「ガンダル司令!まだ勝負はついていない!」
      「これ以上はやらせんぞ、ガンダル司令!」
ベガ大王 「ベガ大王!そんなもので怯みはしないぞ!」
      「ベガ大王…!僕はまだ挫けちゃいない!」
      「僕は倒れん!ベガ大王、お前を倒すまでは!」
ベガ星連合軍 「ううっ…!ベガ星連合軍に屈してなるか!」
回避
ガンダル 「ガンダル司令、僕はここだぞ!」
ベガ大王 「僕を止める事は出来ないぞ、ベガ大王!」
円盤獣 「円盤獣などに!」
ベガ獣 「無駄だぞ、ベガ獣!」

ルビーナ
援護攻撃
甲児 「甲児さん、お手伝いします!」
デューク 「デューク、私も続きます!」
ひかる 「ひかるさん、今はお手伝いします!」
マリア 「マリア、後は私がやります」
援護防御
甲児 「甲児さん、下がってください!」
デューク 「デュークをやらせはしない!」
ひかる 「ひかるさん、あなたを守ります!」
マリア 「今の内に後退しなさい、マリア!」
攻撃
ベガ大王 「お父様…ルビーナは、自らの意志で戦います!」
      「お父様!戦いをお止めにならないのなら…!」
ベガ星連合軍 「ベガ星連合軍のやってきたことを私は許さない!」
        「今の私は王女ではありません!かかってきなさい!」
被ダメージ
ベガ大王 「お父様…!やはり戦うのですね…!」
      「お父様…!ルビーナは覚悟を決めました!」

ベガ大王
攻撃
デューク 「死ねぃ!グレンダイザー!!」
      「デュークフリード!お前は殺しておくべきだった!」

ベガ兵
マジンガーZ 「くたばれ、マジンガーZ!」
グレートマジンガー 「何が偉大な勇者だ!」
マジンガー系 「マジンガーめ、死ねぇ!」
        「これで終わりだ、マジンガー!」
デューク 「もらったぞ、グレンダイザー!」
      「グレンダイザー!あの世へ行け!」
      「死ね!デュークフリード!」
      「デュークフリード!その首をもらうぞ!」
ゲッター系 「ゲッター!貴様だけは許せん!」
       「覚悟しろ、ゲッターロボ!」
       「ゲッターめ!バラバラにしてやる!」
勝平 「月見などするつもりはない!」
万丈 「俺こそが貴様の敵だ!生きて太陽を見られると思うなよ!」
無敵系 「何が無敵だ!笑わせるな!」
アクエリオン 「機械天使…!文字通り昇天しろ!」
        「合体しても無駄だ!」
        「合体しなければ我らと戦えんのか!」
∀ガンダム 「そのヒゲ、むしりとってやる!」
被ダメージ
マジンガーZ 「マジンガーZ…大した事はないな」
        「俺をなめるなよ、マジンガーZ!」
        「マ、マジンガーZめ!」
        「マジンガーZ…勝負はこれからだ!」
        「マ、マジンガーZ…!貴様を倒すまでは!」
        「マジンガーを敵に回した俺が馬鹿だった!」
グレートマジンガー 「それで偉大な勇者だと?笑わせるな!」
           「もっとグレートな攻撃をしてこい!」
           「うぐっ…まさしく、奴は勇者!」
           「グレート…グレートな奴だぜ!」
           「ゆ、勇者はマジンガー…認めるしかないか…!」
           「おのれ、グレートマジンガーめ!」
マジンガー系 「マジンガーめ…様子見のつもりか?」
        「ふん、マジンガーなど恐ろしくないわ!」
        「やってくれたな、マジンガー!」
        「マジンガー…噂以上じゃないか!」
        「こ、これがマジンガーの実力か!」
        「お、恐るべし、マジンガー…!」
ボスボロット 「そんなポンコツで何が出来る!」
        「ボ、ボロボロにされてたまるか!」
デューク 「笑止なり、グレンダイザー!」
      「何の真似だ?デュークフリード!」
      「ハッ!何が宇宙の王者だ!」
      「甘いぞ、デュークフリード!」
      「おのれ、グレンダイザー!」
      「デュークフリード、貴様!」
      「まだ我らに楯突く気か、デュークフリード!」
      「ま、まさしく奴は宇宙の王者…!」
      「デュークフリード…!奴を倒すまでは!」
      「グレンダイザー!こうなったら刺し違えてでも!」
ゲッター系 「調子に乗るなよ、ゲッターロボ!」
       「手加減などいらんぞ、ゲッター!」
       「フン、それがゲッターの力か?」
       「ゲッターめ、俺を倒せると思うなよ!」
       「うわあっ!ゲ、ゲッターが!」
       「まだ俺は生きているぞ、ゲッターロボ!」
       「こ、これがゲッターのパワーか!」
       「ゲッターめ…何て奴だ!」
       「これで勝ったと思うなよ、ゲッターロボ!」
       「ええい!ゲッターに負けてなるものか!」
       「ゲ、ゲッター…奴の力はいったい…!?」
マリア 「奴の妹と言えど、大した事はないな」
     「女ごときにここまでやられるとは!」
アクエリオン 「合体しても大した事はないな!」
        「派手なのは見た目だけか!」
        「こ、このままじゃこっちがバラバラにされる!」
        「み、見た目も攻撃も派手じゃないか!」
        「こっちも合体すれば強くなれるんだ!」
        「は、派手にやられちまったぜ…!」
ロジャー 「それが貴様の交渉とやらか?」
      「こ、これのどこが交渉なんだ!?」
      「ま、待て!話せばわかる!交渉を!!」
無敵系 「どうした?無敵の名は飾りか?」
     「それで無敵だと?笑わせるぜ、まったく!」
     「や、奴は本当に無敵なのか!?」
     「無敵だと言うのなら、俺を倒してみせろ!」
     「む、無敵だ…!奴は無敵だ!!」
勝平 「ガキの出る幕じゃないのさ!」
    「ガ、ガキにこうもやられるとは!」
    「こ、子供だと侮ったか!」
    「つ、月だけに運が尽きた…か!」
万丈 「金持ちの道楽に付き合う気はない!」
    「よ、世の中は金か!?金が物を言うのか!?」
    「こ、これが日輪の力なのか…!?」
合体系 「ハッ!人数だけを揃えてもな!」
     「伊達に大勢乗せているわけではないらしい…!」

流竜馬
援護攻撃
甲児 「続けていくぜ!甲児君!」
鉄也 「鉄也さん!後は任せてくれ!」
ミチル 「ミチルさん、力を貸すぜ!」
援護防御
甲児 「甲児君、大丈夫か!」
鉄也 「鉄也さん、今の内に!」
ミチル 「下がるんだ、ミチルさん!」
攻撃
ジ・エーデル 「これが最後の勝負だっ!!」(シャイン・スパーク時)
鉄甲鬼 「正々堂々と勝負だ、鉄甲鬼!」
ヒドラー 「覚悟しろ、ヒドラー元帥!」
グラー 「グラー!お前だけは許せん!」
ブライ 「これまでだ、ブライ大帝!」
百鬼帝国 「行くぞ、百鬼ロボット!」
      「百鬼帝国、覚悟しろ!」
      「俺達が相手だ、百鬼共!」
ZEUTH 隼人「リョウ!遠慮してたら、こっちがやられるぞ!」

神隼人
攻撃
アサキム 竜馬「行くぞ!ハヤト、ベンケイ!」 「吐いてもらうぜ、全ての謎を!!」
      「覚悟しろ、アサキム!」
エーデル 「あんたには、すっかり騙されちまったな!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル…!寝言は寝て言え!」 竜馬「これが最後の勝負だっ!!」
        「お前のようなフザけた野郎は許しちゃおけねえ!」 竜馬「よおし!行くぞ、みんなっ!」
ヒドラー 「貴様の顔も見飽きたぜ、ヒドラー元帥!」
ブライ 「ブライ大帝、覚悟しろ!」
百鬼帝国 「鬼退治は俺に任せろ!」
      「百鬼ロボ、俺が相手をしてやる!」
      「覚悟はいいな、百鬼帝国!」
コルニクス 「フッ…焼き鳥にしてやるぜ!」
ZEUTH 「フン…因果なことだぜ、まったく…!」
      「こうなっちまったら仕方ねえ!やるぜ!」
      弁慶「くそおっ!どうすりゃいいんだ…!」 「余計な事を考えるな、ベンケイ!」

車弁慶
攻撃
百鬼帝国 「百鬼帝国の好きにはやらせねえ!」

早乙女ミチル
援護攻撃
竜馬 「リョウ君、後は任せて!」
隼人 「ハヤト君、あたしも続くわ!」
弁慶 「ベンケイ君、後は私が!」
援護防御
竜馬 「ここは任せて、リョウ君!」
隼人 「ハヤト君、今の内に下がって!」
弁慶 「前に出すぎよ、ベンケイ君!」
攻撃
ヒドラー 「許さないわよ、ヒドラー元帥!」(ブライに対しても同セリフ発生)
      「ヒドラー元帥、逃がさないわよ!」
ブライ 「ここで決着をつけるわよ、ブライ大帝!」
     「覚悟しなさい、ブライ大帝!」
百鬼帝国系 「行くわよ、百鬼ロボ!」
       「許さないわよ、百鬼ロボ!」
       「百鬼ロボを確認。攻撃します!」

独眼鬼
攻撃
ゲッター系 「ゲッターの首!この独眼鬼がもらった!」

牛剣鬼
攻撃
ゲッター系 「我が息子、牛餓鬼の無念、晴らしてくれる!」

鉄甲鬼
援護攻撃
ゲッター系 「俺も続くぞ、ゲッターロボ!」
援護防御
ゲッター系 「ゲッターは俺が倒す!貴様にはやらせん!」
攻撃
ゲッター系 「ゲッターロボ!勝負しろっ!!」
       「ゲッターと俺のメカ鉄甲鬼、どちらが上か勝負だ!」
       「行くぞっ!ゲッターロボッ!!」

グラー
攻撃
ゲッター系 「ゲッターもこれで最後だ!」
鉄甲鬼 「鉄甲鬼!ブライ様に逆らった罪、その身で償え!」
被ダメージ
ゲッター系 「ゲッターロボも所詮この程度か!」
       「お、おのれ、ゲッターロボ!」
       「お、恐るべし、ゲッターロボ!!」
回避
ゲッター系 「ゲッターロボ、恐るるに足らずよ!」

百人衆
攻撃
マジンガー系 「マジンガーなど敵ではないわ!」
        「勝負だ!マジンガー!」
        「マジンガー!ここが貴様の墓場となるのだ!」
ゲッター系 「ゲッターロボ…くたばれ!」
       「地獄へ落ちろ!ゲッターロボ!」
       「行くぞ、ゲッターロボ!」
デューク 「くたばれ、グレンダイザー!」
被ダメージ
マジンガー系 「魔神が来ようと、鬼は退かん!」
        「ぐっ!マジンガーめ、調子に乗るなよ!」
        「な、何としてもマジンガーの息の根を止めねば…!」
ゲッター系 「ゲッターめ、笑わせてくれる!」
       「ゲッターロボとはこの程度のものか?」
       「ぐあっ!ゲッターめ!!」
       「許すまじ、ゲッターロボ!!」
       「ゲ、ゲッターめぇ…!この命に代えても!」
       「わ、我らと恐竜帝国は違う…!違うのだ!!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 16:55 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
オーガス系・1
桂木桂
援護攻撃
シャイア 「シャイアさん、グローマを下がらせろ!」
      「俺の活躍、見てろよ、ミムジィ!」
マーイ 「マーイ、やるじゃないか。続くぜ!」
リーア 「それでは、リーアのお手伝いと行きますか!」
アテナ 「ちぇっ、娘と飛ぶってのも変な感じだぜ…」
     「アテナ!後は父さんがやってやる!…照れるなぁ」
オルソン 「どうした、オルソン?調子が悪いのか?」
      「昔のキレがないぜ、オルソン!」
女性 「後は、あなたの騎士にお任せあれ」
    「夜霧に包まれ逃避行…ってな感じで行こうか!」
援護防御
シャイア 「駄目だぜ!俺にとっちゃグローマは愛の巣なの!」
      「ミムジィ!前、前!」
マーイ 「マーイ、助けに来たぜ」
リーア 「リーア、俺がいないと調子出ないのか?」
オルソン 「オルソン、いつかの借りを返すぜ!」
      「何やってんだい?もう歳だね、オルソン!」
アテナ 「後方確認が甘いぜ、アテナ!」
     「アテナ!危ないっ!!」
女性 「女の子を守るのは男の務めってね!」
    「俺のハニーをやらせるか!」
攻撃
アサキム 「嫌いなんだよね…!そうやって、陰でこそこそしてる奴は!」
      「お前…俺と同じ存在なのか…?」
レーベン 「女の子っていいもんだぜ!俺が教えてやろうか?」
      「女嫌いって事は、人生の99%損しちゃってるぜ?」
エーデル 「いくら美人でも、許せないことがあるんだよ!」
      「女性の小さな支配欲は魅力的だ…。だが、エーデル!君の野望は醜いんだよ!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!いくら俺でもあんたの趣味にはついていけないぜ!」
        「何でも思い通りにいっちゃ、つまんないんだよ、マニアさん!」
アテナ 「まるで鏡の中の俺と戦ってるみたいだ!」
     「くそっ!何が悲しくて娘と戦わなきゃなんないんだよ!」(第41話)
オルソン 「オルソン!たとえお前でも容赦はしないぜ!」
チラム系 「チラムの連中は気に入らないんでね!」
      「特異点、特異点と…しつっこいぜ!おたくら!」
      「例えチラムが俺達の地球だったとしても!」(第29話A以降)
エマーン系 「エマーンにまで嫌われちゃたまんないね!」
       「あぁくそ、人を商品扱いしやがって!」
エマーン艦長 「シャイアの妹にまで追っかけられるとはね!」(第29話A 第41話)
女性 「落としてみせるさ、機体ごと君をね!」
    「相手がご婦人なら、話は別ってね」
    「知ってた?俺、戦場でも撃墜王なんだぜ…」
    「状況がわかってない悪い子は俺がお仕置きだ!」
    「戦いなんてやめて、俺と遊ばない?」
    「どうしても君が武器を下ろさないなら…」 「丸裸にさせてもらう!」 「その後は、俺と…楽しもうじゃないの!」 「ごちそうさま。…脱出できたよね?」(一斉射撃時)
    「習慣でね。つい女性は落としたくなっちまうのさ」(一斉射撃時)
    「縁があったら、また逢いたいね」(一斉射撃時)
地上ユニット 「地べたにいたんじゃ、オーガスには届かないぜ!」
ギンガナム 「硬派の相手は軟派の代表、この桂木桂様が務める!」
       「カチカチのお侍さんめ!少しは頭をやわらかくしな!」
リアル系ボス系 「自分勝手なんだよ、あんたは!」
         「世界が一人の力だけで変わると思うな!」
         「俺は俺のやり方で世界を守る!あんた達の好きにはさせない!」
怪物系 「あんなバケモノまで出てくるとはね!」
エウレカセブン系 「サーファーはナンパが基本!俺も負けてられないな!」
堕天翅 「天翅って言うなら、恋のキューピッドがよかったな!」
百鬼帝国系 「まさか、オーガスで鬼退治とはね!」
       「鬼って言うなら、ティナの親父さんの方が上だぜ!」
異星人系 「変わっちまっても地球は地球、出て行ってもらうぜ!」
      「この世界じゃ、異星人なんかで驚いてられないって!」
ZEUTH 「悲しいかな、あんた達のやり方はよく知ってるからな!」
       「まさか、あんた達と本気でやる事になるとはね…!」
       「相手が戦友とは…悲しいご時勢だぜ…!」
トライチャージ 「オルソン、アテナ!突っ込むぞ、ついて来い!」
         「娘とその恋人とのチームプレイか…複雑な気分」
トライチャージ(マーイ リーア) 「ちゃんと飛ぶんだよ、お嬢ちゃん達!」
被ダメージ
アテナ 「俺と同じ動きをするからか?当てられるなんて!」
     「後で父親の労り方って奴を教えてやらないとな!」
     「下手に出てればいい気になって…このオテンバ娘!」
     「なんてこった…!自分の娘に殺されかけてるなんて!」
オルソン 「加減してくれてるな、オルソン!」
      「そんなにチラムが大事かよ、オルソン!」
      「うあっ…!オルソン、本気らしいな…!」
チラム系 「正規の軍人さんが武器の使い方もわかんないのか?」
      「やれやれ、随分と錬度が落ちたもんだ」
      「やってくれるじゃないの、チラムの連中!」
      「こいつ…ちゃんとした訓練を受けてきたようだな!」
      「チラムめ、実戦馴れした隊を充ててきやがったか!」
      「チラムめ…!どうやら捕獲じゃなく、俺を殺す気になったか!」
エマーン系 「戦いには向いてないぜ、あんた達は!」
       「エマーンめ、こっちが手加減してるのをいいことに!」
       「へたくそエマーンめ!これじゃ俺、死んじまうぞ!」
男性 「男のくせに、ずいぶんとお上品な攻撃だな!」
    「男に追いかけられるのは、嫌だねぇ」
    「あ~やだやだ。これだから男って奴は…」
    「本気で頭に来たぜ!相手が男なら容赦無しだ!」
女性 「…もしかして、本当は俺と戦うのが嫌だとか?」
    「綺麗なバラには棘がある…。忘れていたよ」
    「女性にやられたのなら悪い気は…やっぱりするな…!」
    「うわっと!女性のヒステリーには近づかないに限る!」
    「も、もしかして君、相当の男嫌い?」
2Lサイズ以上 「大男、総身に知恵が…の割にやるじゃない」
         「デクの坊かと思ったが、少し甘く見すぎたみたいだ!」
         「お、思いっきりやってくれちゃって…!」
         「こらこら!こっちは華奢なんだぞ!」
LFO 「ええい!文字通り、波に乗ってやがるぜ!」
地上ユニット 「あいた!よく地上から当てたもんだ!」
        「嘘だろ!どうやって地上から!?」
飛行ユニット 「へえ…空戦でオーガスについてくるとはね」
        「チッ!ドッグファイトで遅れを取るとはな!」
回避
アテナ 「そんな戦法は大昔に俺がやってるぜ!」
     「何て女だ!逃げ回るので精一杯だぜ!」
オルソン 「何すんだよ、オルソン!話せばわかる!」
チラム系 「チラムの連中め、どうしても俺が欲しいのか!?」
      「雑な動きだ…。新兵さんかい?」
エマーン系 「どうもやりにくいね、エマーン相手だと」
男性 「俺を取り合うのは、女の子だけでいいの!」
    「あんまりしつこいと女の子に嫌われるぞ?」
女性 「襲われるのは戦場以外でお願いしたいね」
    「欲しいのはビンタじゃなくて、キスなんだけどな」
2Lサイズ以上 「力任せにやったってねぇ」
         「ふぅ、あんなのをモロに食らっちゃたまらんぜ!」
飛行ユニット 「空戦で負けるわけにはいかないのよね!」
地上ユニット 「そんな対空攻撃じゃ、こっちには当たらないな!」

シャイア
援護攻撃
桂 モーム「桂様ぁ、あたしの頑張りを見ていてください!」 「張り切ってるわね、モーム」
   「桂!今、援護するわ!」
  大尉「チャラチャラと女にうつつを抜かすから失敗するのだ!」
マーイ 「下がって、マーイ!こちらも仕掛けるわ!」
リーア 「リーア、後退して!グローマが攻撃するから!」
アテナ 「アテナさんの支援を!」
オルソン 「桂の親友を助けます!」
援護防御
桂 「オーガスを援護して!」
   「桂をやらせるわけにはいかないもの!」
   「オーガスの前に出ます!桂を守るのよ!」
   大尉「後ろにも目をつけんか、桂!」
マーイ 「マーイ、グローマの陰へ!」
リーア 「リーアをやらせては駄目!」
アテナ 「アテナさん、いくら何でも無茶です!」
オルソン 「特異点は必ず守り切ります!」

攻撃
エーデル ジ・エーデル ミムジィ「いよいよね、シャイア…!」 「みんな、生き残るための最後の戦いです!絶対に生きて帰って、また会いましょう!」
チラム兵 「まずいわね、チラム軍がこっちを狙ってきてる!」 ミムジィ「やむを得ないわね。仕掛けましょ、シャイア!」
      「モーム、狙ってる?」 モーム「任せてください!チラムは逃がさないんだからぁ!」
エマーン兵 ジャビー「エマーンの追撃部隊です!」 「エマーンとしての誇りまで失って…!」
       「マニーシャと話し合うためには…!」 モーム「シャイアさん、悲しそう…」(第29話A 第41話)
       大尉「何をしておる!身の程知らずの商人どもを蹴散らすのだ!」 ミムジィ「エマーン同士がこうまで対立するなんて…!」
       ミムジィ「シャイア…」 「ミムジィ、これは私達二人の問題でもあるの。任せて頂戴」(第29話A 第41話)
被ダメージ
チラム兵 ミムジィ「軍事国家はこれだから嫌いよ!」
      「チラム人って本当に乱暴ね…!」 ミムジィ「向こうも必死なのね…!」
      「チラムが相手なら、迂闊に動くべきじゃなかった…!」 ジャビー「後悔しても始まりません。何とか対策を考えましょう」
エマーン兵 「無駄よ、マニーシャ。私達の信念は揺るぎません」(第29話A 第41話)
       ミムジィ「当ててきた…。本国は私を殺す事も辞さないと言うの…!?」
       ミムジィ「トーブ家の息のかかった人達でしょ?何とかならないの!?」 「出来たら最初からそうしてるわよぉ!」
       「攻撃をやめて、マニーシャ!」 ミムジィ「誤解を解かない限り、話を聞いてくれそうもないわ…!」(第29話A 第41話)
       モーム「きゃあっ!わ、分からず屋!石頭!」 「頭が痛い話ね…!これが元老院の決定だなんて…!」
       ミムジィ「くうっ!!シャイア、向こうは本気よ!」 「マニーシャ…。私の言葉を聞いてくれないのね…」(第29話A 第41話)
回避
チラム系 ミムジィ「チラムは旧型の照準機を使ってるんですもんねぇ」
エマーン兵 「元老院が手加減を命じたとは思えないけど…」
       「マニーシャ、ためらいがあるなら、攻撃をやめて!」(第29話A 第41話)
       ミムジィ「やめて!これ以上はラース家も黙っていられないわよ!」

マーイ
援護攻撃
桂 「桂、あたしが来たからには大丈夫よ!」
シャイア 「チーフ、手伝うわ!」
リーア 「リーア、後はお姉さんに任せなさい!」
     「ちょっと、リーア!あたしに押し付ける気!?」
アテナ 「敵だと怖いけど、味方にすると頼もしいわ~!」
オルソン 「やるわね、オルソンさん!」
援護防御
桂 「桂ったら、ヒーローにしては抜けてるんだから!」
シャイア 「チーフったら警戒が甘すぎよ!」
      「あたし達のファクトリーを好きにはさせないわ!」
リーア 「リーア!狙われてるわ!」
     「花咲く前に散らせてたまりますか!」
アテナ 「どうしたのアテナ!隙だらけじゃない!」
オルソン 「もう一人の特異点、絶対に守り切らなきゃ!」
攻撃
エーデル ジ・エーデル 「この世界をあなたの好きにさせるもんですか!」
             「あなたを倒して平和を手に入れてみせるわ!」
アテナ 「チラムのエースが相手じゃ、当たる気がしな~い!」
チラム兵 「しつこいのよね、チラムは!」
      「性懲りもなく襲ってくるのね、チラムって!」
エマーン系 「エマーンとなんて戦いたくないのに~!」
       「戦闘力を奪うだけにしなくっちゃ…!」
フロスト兄弟 「双子のタッグマッチなら負けないんだから!」
        「悪い双子なんかに負けないんだから!」
ZEUTH 「やだぁ、戦いにくいよ~!」
       「結局敵になっちゃったんだ…残念…!」
       「これもファクトリー存続のため!やるしかないのよ…!」
被ダメージ
チラム兵 「チラムの攻撃なんて、効かないんだから!」
      「さすが本職の軍人さん!早く離脱しなきゃ!」
      「えーん、チラムに襲われて死ぬなんて嫌よぅ!」
エマーン系 「同胞なんだからこのまま逃がしてちょうだいよ!」
       「うえっ!本国は本気であたし達を消す気なの!?」
       「呪ってやる!チーフには悪いけどトーブ家を呪ってやるぅ!」
飛行ユニット 「え!?空中戦でモラーバーが追いつかれたの!?」
        「ああーん!運動性もスピードも、モラーバーの上なの!?」
        「ス、スピードで負けちゃ振り切れない~!」
地上ユニット 「嘘ぉ!?下からの攻撃に当たっちゃった!?」
        「下からじゃ、こっちの動きが丸見え!?」
        「もうダメ!撃ち落されちゃう~!」
回避
チラム兵 「もう、チラムに追っかけられるのはこりごり!」
      「へっへー、チラム人の攻撃になんか当たらないもーんだ!」
エマーン系 「力で訴えるなんて、エマーンらしくないじゃない!」
飛行ユニット 「空中戦なら、こっちの方が強いんだから!」
地上ユニット 「べーっだ!こっちは空飛んでるんだから!」

リーア
援護攻撃
桂 「桂!あたしもやっちゃうわよ!」
シャイア 「迎撃はあたし達の役目でしょ、チーフ?」
マーイ 「フォローするわよ、おねえたま!」
     「マーイ、あたしもいく!」
アテナ 「さすがねぇ、あの子…!よーし、あたしも!」
オルソン 「ま、オルソンさんったらカッコつけちゃって!」
援護防御
桂 「ヒーロー『桂』を守る、あたしはヒロイン!?」
シャイア 「チーフ!下がって、下がって!」
      「グローマはやらせないんだから!」
マーイ 「マーイを落とさせるもんか!」
     「たった一人の双子の姉の危機、黙って見過ごすと思う!?」
アテナ 「気をつけなさいよね、アテナ!」
オルソン 「らしくないじゃない、オルソンさん!」
攻撃
エーデル ジ・エーデル 「命懸けてここまで来たんだもの…!最後まで頑張る!」
             「この戦いに生き残れたら…本気で結婚相手を探さなきゃ…!」
アテナ 「ええい!チラムのエースが相手でも!」
チラム系 「もう!しつこいチラムは大っ嫌い!」
      「チラム相手なら手加減はしないわよ!」
エマーン系 「エマーンが相手なんて嫌なのに~!」
       「チーフ、何とか説得してよ~!」
フロスト兄弟 「悪い双子はあっちに行けーっ!」
        「よおし!悪い双子はあたしとマーイが相手になってあげる!」
ZEUTH 「うう、これでいいのかな…!」
       「これが現実なのよね…許して…!」
       「敵になったら戦うしかないんだから…!」
被ダメージ
チラム系 「効いてないよ、チラムの軍人さん!」
      「むぅ…!さすが戦闘のプロ中のプロ、チラム軍ね!」
      「ダ、ダメ…やっぱりプロの軍人には勝てない…!」
エマーン系 「い、一応手加減してくれてるのね…チーフの妹さん達…」
       「きゃん!マニーシャさん達、本気で本気なの!?」
       「あうっ!エマーン人同士なら話し合いましょうよ~!」
地上ユニット 「あれ?下から何か当たったかな?」
        「む、向こうの対空装備、凄過ぎるぅ~!!」
飛行ユニット 「嘘ぉ!?モラーバーのスピードについてきた!?」
        「もうやだ!スピードで負けちゃ絶対に勝てない~!」
回避
チラム系 「あたしはここよ、チラムの軍人さん!」
      「チラムの人も張り切っちゃってまあ…」
エマーン系 「やめてよぉ!同じエマーンの仲間じゃないの!」
地上ユニット 「アハハッ!下からじゃ当たらないよ!」
飛行ユニット 「空中戦なら、負けないわよ!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 15:59 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
オーガス系・2
アテナ・ヘンダーソン
援護攻撃
桂 「認めたくないけど…いいコンビネーションだ!」
   「お父様、続きます!」(最終話)
オルソン 「おじさま、フォローします!」
      「あの人の期待に応える!」
援護防御
桂 「軽薄男め…不注意に突っ走るからだ…!」
オルソン 「おじさま!危ない!」
攻撃
エーデル ジ・エーデル 「こちらアテナ機…!最終目標を確認した!」
        「お前の薄汚れた欲望で、この世界を好きにさせはしない!」
        「おじさまやお父様との未来…お前に潰させるものか!」
桂 「特異点、決着をつけるぞ!」
   「ディテクターⅡに反応…!奴が特異点か!」
   「特異点のデバイス!挨拶をしに来たぞ!」
   「貴様を捕らえるのが、こちらの任務だ!」
   「貴様さえ…貴様さえ、お母様を捨てなければ!」(第29話A以降)
   「貴様が父親だなどと、私は認めないっ!」(第29話A以降) 
シャイ ア 「ファクトリーのハウス程度、私一人で!」
     「ハウスに攻撃をかければ、特異点も黙ってはいられまい…!」
オルソン 「…おじさま…!」
      「…裏切り者を発見した!攻撃を開始する!」
エマーン系 「エマーンのデバイスか…敵ではないな!」
モビルスーツ系 「この世界では、モビルスーツなど無用の長物だ!」
2Lサイズ以上 「その巨体でナイキックについてこられるか!」
         「パワーの差はスピードでカバーする…!」
異星人系 「地球の混乱に付け込む侵略者め!相手になるぞ!」
      「時空が破壊されようと地球は地球だ!お前達に渡すか!」
トライチャージ(オルソン小隊員) 「了解です、おじさま!」
被ダメージ
桂 「怖気づいたか、特異点!」
   「女遊びにかまけていた男が、私に直撃させられるものか!」(第29話A以降)
   「あんな男の攻撃をまとも受けてしまうなんて!」(ボイスはまともに受けて)(第29話A以降)
   「さすがは特異点…!私が出た意味があったようだ!」
   「こうまで私の手を読むとは…!どういう相手だ!?」
   「くっ!撃墜しようと思えば、出来たはずなのに…!」(第29話A以降)
オルソン 「おじさま…!」
オーガス系 「商船の自警団では、その程度が関の山だな」
       「出会い頭の事故のようなものだ!調子に乗るなよ、エマーン!」
       「エマーンだからと甘く見過ぎたか…!」
モビルスーツ 「モビルスーツでは、こちらの軌道を追い切れまい!」
2Lサイズ以上 「巨体の割りには、細かい動きも出来るものだ」
         「くっ!直撃を食らえば、もっていかれるか!」
         「くっ…!こうもサイズの差が露骨に出るとはな…!」
         「スピードではこちら、パワーでは向こうに分があるか!」
         「ちいっ!あの強大な力が、我がチラムにあれば…!」
トライチャージ(オルソン小隊員) 「了解です、おじさま!」
回避
桂 「特異点も噂ほどではないようだな!」
   「貴様の攻撃になど、意地でも当たるものか!」(第29話A以降)
オルソン 「おじさま…!」
オーガス系 「所詮は商人の集まりだな…」
2Lサイズ以上 「その巨体ではこちらを追い切れまい!」
         「さすがにパワーはある。パワーだけはな…」

オルソン・D・ヴェルヌ
援護攻撃
桂 「焦るなよ、桂」(第09話Bのみ)
   「キャリアの差を見せてやる、桂!」
   「桂、年長者の格を見せてやろう」
シャイア 「世話になっている分の恩返しはせんとな」
アテナ 「お前の信頼だけは裏切らんつもりだ、アテナ」
     「フッ…さすがだな、アテナ!」
援護防御
桂 「桂、後ろがお留守だぞ!」(第09話Bのみ)
   「桂、何度言ったらわかる?少しは背中に気を配れ!」
   「迂闊だ、桂!お前は特異点なんだぞ!?」
シャイア 「チッ…エマーンに情が移るのは好ましくないが…!」
アテナ 「ティナの遺言を守らぬわけにはいくまい!」
     「アテナはやらせん!」
攻撃
アサキム 「アサキム・ドーウィン…何を知り、何を企む…?」
エーデル 「その手腕…世界の修復に使われればよかったのだがな…!」
エーデル ジ・エーデル 「お前を倒し、一人一人の力で世界を修復してみせる!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!お前に特異点の力は使わせはしない!」
桂 「あれが特異点か…!」
   「特異点、こちらに来てもらうぞ」
   「お前の生きるべき世界はチラムなのだぞ!」
   「行くぞ、桂!」
シャイア 「ハウス発見…!作戦を開始する!」
アテナ 「アテナ!今は退け!」
     「アテナ…こちらの邪魔をするなら…!」
エマーン系 「エマーンか…邪魔をするのなら仕方が無い…!」
       「エマーンの腕つきデバイスか…無謀な!」
リアル系ボス系 「可能性を否定するような者に、未来を語る資格はない!」
         「独善でこの世界を修復出来るものか!」
トライチャージ(桂 アテナ) 「作戦開始だ。行くぞ、桂!アテナ!」
トライチャージ(桂小隊員) 「余計な事を言ってる場合か、桂!」
被ダメージ
桂 「腕は落ちていないようだな…!全く厄介な奴だ」
   「桂め…!こちらの言葉は届かんか…!」
アテナ 「さすがだな、アテナ…!的確な攻撃だ…!」
チラム系 「俺がチラム出身と知っても、手加減はしちゃくれんか…!」
エマーン系 「やるな、エマーン…!甘く見過ぎていたか!」
回避
桂 「どうした、桂!腕が鈍ったか!」
   「くっ…!俺の言う事がわからんのか、桂!」
アテナ 「迷いは隙を生むぞ、アテナ!」
エマーン系 「くっ!エマーンめ…」
       「デバイスの使い方がなっていないな!」

スタイガーヘンリー
援護攻撃
アテナ 「アテナ少尉め、口ほどにも無い…!」
ロベルト 「隊長、私も共に参ります!」

援護防御
アテナ 「アテナ・ヘンダーソンも口だけのようだな!」
ロベルト 「奴らの手は速い!隊長は後退を!」

攻撃
桂 「特異点は俺が生け捕りにする!」
   「奴は生きたまま捕らえねばならない!」
   「特異点センサーの反応が強い…!奴に間違いない!」
   「国のためではない、死んだ者のために特異点を殺す!」(第50話A)
   「俺達自身が納得するためだ!特異点をこの世から消し去る!!」(第50話A)
シャイア 「ハウス発見!攻撃を開始する!」
      「こちらヘンリー!ハウスに仕掛ける!」
アテナ オルソン 「裏切り者め!地獄に葬らねば気がすまん!」
オーガス系 「チッ!空戦での機動は互角か!」
       「エマーンなど戦闘面では素人。叩き潰してくれる!」
       「エマーンのデバイスなど、いくら来ようと!」
地上ユニット 「地表を這いずり回るノロマにやられるものか!」
2Lサイズ以上 「見せかけの威圧感などに惑わされるか!」
         「パワー頼りの機体など!」
         「あんな不可思議な兵器まで存在するとは!」
被ダメージ
桂 「特異点め…!パイロットとしても一流か!」
   「ええい、くそっ!奴だけは俺の手で必ず倒す!」
   「まだだ…!ロベルト隊長の無念を晴らすまでは!」(第50話A)
アテナ オルソン 「チラムを捨てた者などの攻撃に!」
          「ちいっ!裏切り者め、まだ抵抗する気か!」
エマーン系 「エマーンめ!まぐれ当たりでいい気になるなよ!」
回避
桂 「あがけ、特異点…!お前にはまず絶望を与えてやる!」
   「フフフ…特異点め、焦っているな…!」
アテナ オルソン 「チラムを捨てた者などの攻撃に!」
エマーン系 「戦闘の素人が軍人相手に戦えるものか!」

ロベルト
援護攻撃
アテナ 「俺の下では不満のようようだな、アテナ少尉!」
ヘンリー 「お前もまだまだ甘いな、ヘンリー!」

援護防御
アテナ 「何をやってるか、アテナ少尉!」
ヘンリー 「言い訳は聞かんぞ、ヘンリー!」

攻撃
桂 「特異点!絶対に逃がさんぞ!」
   「俺の軍人生命にかけて、特異点は確実に奪取する!」
   「逃がさんぞ、特異点!」
シャイア 「ハウスに攻撃をかける!特異点あぶりだし作戦だ!」
      「特異点奪取任務のためだ!母船を叩く!」
アテナ オルソン 「裏切り者め!俺の怒りを思い知れ!」
エマーン系 「エマーンめ!どうあっても邪魔をする気か!」
       「目障りだ、素人共!」
スーパーロボット系 「パワーでは劣るが、スピードではどうかな!?」
被ダメージ
桂 「くううっ!特異点め…やってくれる!」
エマーン系 「あのデバイス、予想以上の動きを…!」
アテナ オルソン 「おのれぇ、脱走兵が!」
回避
桂 「おっと…!特異点に殺されちゃ敵わん!」
アテナ オルソン 「裏切り者ごときに!」
エマーン系 「エマーンにやられては、チラム軍人の恥だからな!」

チラム兵
攻撃
桂 「特異点センサーに反応…?仕掛けてみるか…!」
   「奴だ!特異点を逃がすな!」
   「いたぞ!特異点だ!」
シャイア 「グローマか!沈めっ!」
      「ハウス発見!攻撃開始!」
アテナ オルソン 「裏切り者め!」
          「脱走兵にかける情は無い!」
エマーン人 「エマーン人が群れたところで!」
       「エマーンのデバイスなど!」
2Lサイズ以上 「あんな巨大なデバイスが存在するのか!」
被ダメージ
桂 「くっ!特異点め!」
   「何だ!?特務部隊のアテナ少尉と似たような戦法を…!」
   「くそ…!これ以上特異点の好きにさせてなるか!」
   「くっ…!特異点に好き勝手やらせるわけには!」
   「特異点め!並の腕じゃないぞ!」
アテナ オルソン 「ぐっ!裏切り者の分際で!」
          「ちっ!裏切り者め、腕だけは達者なようだ!」
          「あ、あんな奴が敵に回るとは…!」
エマーン人 「エマーンにしてはやる!」
回避
桂 「特異点め、その程度か!」

チラム艦長
攻撃
桂 「特異点を捕捉しろ!」
   「特異点の機体を狙え!逃がすなよ!」
シャイア 「ファクトリーの艦を狙い撃て!」
      「ハウスを攻撃!敵の目を引き付けろ!」
アテナ オルソン 「裏切り者に容赦するな!」
エマーン艦長 「エマーンの艦を沈めろ!」
エマーン系 「エマーンの連中を逃がすな!」
被ダメージ
桂 「特異点め…厄介な奴だ」
   「威嚇とは随分と余裕だな、特異点め!」
   「特異点め…!好きにはやらせんぞ!」
エマーン系 「駆け引きは不要だ、エマーンの諸君!」
       「エマーンごときが、我らと対等に渡り合うなど…!」

エマーン兵
援護攻撃
桂 オルソン 「特異点をフォローするんだ!」
援護防御
桂 オルソン 「特異点は絶対に守り切る!」
攻撃
桂 オルソン 「これがトーブ家の意思だ、特異点…!」
        「エマーンを救うためだ、恨むなよ…!」
シャイア 「シャイア様…!すみませんが、マニーシャ様の命令です…!」
チラム系 「チラムが相手となると、分が悪いが…!」
      「向こうはプロだ。何とか隙を見つけなければ…!」
キングゲイナー系 「シベ鉄の指名手配を受けている連中か!」
ザブングル ウォーカーギャリア 「珍しいウォーカーマシンだな!商品になりそうだ!」
エウレカセブン系 「いい機会だ!捕まえて連邦に引き渡してやる!」
ロジャー 「その口で値切ろうとしても無駄だ!」
被ダメージ
桂 オルソン 「特異点め、苦し紛れか…!」
        「噂通り、特異点は腕利きらしい…!」
        「と、特異点捕獲なんて無理だ!」
シャイア 「グローマめ…抵抗する気か!」
      「うぐっ!さすがマニーシャ様の姉上、的確な攻撃を…!」
      「グ、グローマめ!ここまでやるとは!」
チラム系 「チラムの軍人にしては…手強くはないな」
      「くそっ!チラムに好きにやられてたまるか!」
      「せ、戦闘ではチラムに敵わない!」
ザブングル ウォーカーマシン 「あの程度のロボットじゃ、捕まえて売っても商品にならないな」
回避
桂 オルソン 「特異点がためらっている…?」
シャイア 「大人しく特異点を引き渡せ、グローマ…!」
チラム系 「脅しのつもりか、チラムめ…!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 15:56 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
ゴッドシグマ系
壇闘志也
援護攻撃
テラル 「後は任せろ、テラル!」
サンドマン 「ダブルゴッドシグマのパワー、受けてみやがれ!」
ゲッターロボ 「チームワークなら俺達も負けないぜ!」
援護防御
テラル 「テラル、危ない!」
サンドマン 「似た名前同士、助け合わなきゃな!」
攻撃
アサキム 「アサキム!お前の悪巧みもここまでだ!」
エーデル 「一度は世話になったあんただ…!この手でケリをつける!」
      キラケン「綺麗な花には毒があると言ったものだが…」 ジュリィ「この女の猛毒は世界を腐らせる!」 「エーデル、覚悟を決めやがれ!」
ジ・エーデル 「こいつでジ・エンドだ!ジ・エーデル!!」
       ジュリィ「ジ・エーデル…ひたすら不愉快な男だ…!」 キラケン「やったれ、闘志也!遠慮はいらないぞ!」 「おう!あんな野郎にこれ以上デカい顔されてたまるか!」
テラル 「テラル!そこを動くんじゃねえぞ!!」
     「ここまでだ、テラル!覚悟しろ!!」
     キラケン「テラル!覚悟おおっ!!」
     キラケン「テラル!お前を倒して、恨みを晴らしちゃる!」
     ジュリィ「エルダーの司令官か!それなら遠慮せんぞ!」
風見 「博士!あんたの考えは絶対に間違っているぜ!」 ジュリィ「風見博士は…俺達が討つ!」
    「風見博士…!その性根、叩き直してやる!」
    ジュリィ「あなた以上の科学者になる事が俺の目標だった!」
    ジュリィ「科学者としてではない!男として勝負を挑むぞ、博士!!」
    キラケン「博士、ワシじゃ!可愛い謙作だぞ!」 「よせ、キラケン…!もう戦うしかねえんだ!」
    キラケン「風見博士…博士はワシが倒す!」
    キラケン「エルダーなんぞに魂を売っちまって!許さんぞ、博士!」
ガガーン 「人類の平和のためにも…貴様のような奴は生かしておかん!」
      「ガガーン!俺はお前を絶対に許さん!」
      ジュリィ「ガガーン!今日が貴様の最後の日だ!」
      ジュリィ「俺の命をここで燃やす…!勝負だ、ガガーン!」
      キラケン「ワシらの怒りを受け取れ、ガガーン!」
      キラケン「いくぞ、ガガーン!イオのみんなの仇じゃあ!!」
      「ガガーン!刺し違えてでも貴様は倒す!!」(ビッグウイング使用時)
      「ガガーン!これが俺達の最後の切り札だ!」!!」(ビッグウイング使用時)
エルダー系 キラケン「イオのみんなの仇、とってみせるわい!」
       キラケン「エルダーめ、覚悟せい!」
       ジュリィ「貴様らなんぞにトリニティエネルギーを渡すものかよ!」
       ジュリィ「俺が造ったロボットとお前らの科学力…どちらが上かな?」
       ジュリィ「闘志也、エルダーだ!油断するなよ!」 「わかってらあ!」
       「あいつらにトリニティエネルギーは渡さん!」
       「イオの仲間を返してもらうぜ!」
       「エルダーの雑魚共め!叩き落してやる!」
コスモザウルス 「さあ行くぞ!コスモザウルス!」
         「コスモザウルスめ、覚悟しやがれ!」
         「出たな、コスモザウルス!」 キラケン「やっちまえ、闘志也!」
         ジュリィ「相手はコスモザウルスか!」
         ジュリィ「コスモザウルスに遅れを取る俺じゃない…!」
         ジュリィ「コスモザウルスの弱点はあそこだ!」 「サンキュー、ジュリィ!行くぜ!」
ベガ大王 「ベガ星連合軍もこれで終わりだ!」(トリニティウイング使用時)
ブライ 「科学要塞島をこのままぶち抜いてやる!」(トリニティウイング使用時)
ガットラー 「ガットラー!これでお終いにしてやる!」(トリニティウイング使用時)
ブッチャー 「覚悟しろ、ガイゾック!!」(トリニティウイング使用時)
堕天翅 「天使も悪魔もまとめて片付けてやるぜ!」
    ジュリィ「オカルトなんざ科学の力で吹き飛ばしてやれ!」 「ああ!行くぞっ!」
異星人系 「地球も母星だ!てめえらなんかに渡すものか!」
      「エルダーに手を貸すって言うんなら、相手になるぜ!」
2Lサイズ以上 キラケン「このデカブツめーっ!」
ボス系 「ジュリィ、キラケン!最後の勝負だ!」 ジュリィ「おう!」
     キラケン「正念場だぜ、闘志也…!やったれい!」 「ここ一番の大勝負だ…!行くぞ、ジュリィ、キラケン!」
     「貴様を野望を許すわけにはいかぬ!」 ジュリィ「大将さえ叩いてしまえば勝負は決まる!いけ、闘志也!」
ZEUTH 「今は敵同士だ…!戦うしかない…っ!」
       「目を覚ませよ!お前らは誰かに利用されてるんだ!」
       「昔のダチと戦うことになるとはよ…!」 
       ジュリィ「昨日の友は今日の敵…せちがらい世の中だぜ」
       ジュリィ「悪いな…俺は闘志也達ほどセンチじゃないんだ!」
       キラケン「今はこうするしかないんじゃあ!」
デューク 「デュークフリード!そんなやり方じゃ、地球を守るなんて無理だぜ!」
マリン 「マリン…!こんなことになっちまうとはな…!」
     キラケン「雷太…!今回ばかりは本気で行かせてもらうぜ!」
     キラケン「すまねえ、雷太!手は抜けないんじゃ!」
アクエリオン ジュリィ「闘志也!奴らの分離と再合体に気をつけろ!」「くそっ!敵に回すとこれほど厄介な連中はいないぜ!」
被ダメージ
テラル 「それでおしまいかい、総司令官殿!」
     ジュリィ「偉そうにしている割には、大したことないな!」
     キラケン「ちっとも効かんぞ、テラル!」
     キラケン「この程度でへこたれるワシらじゃないわい!」 「テラル!俺達を甘く見るなよ!」
     キラケン「ぐおっ!テラルめ、ワシの怒りの炎はまだ燃え尽きんぞ!」
     ジュリィ「他のエルダーとはワケが違う!」 「さすがにやってくれるな、総司令さんは!」
     「さすがテラル…!一筋縄じゃいかないな!」
     「テラルめ!血も涙もない奴だぜ!」
     「愛する人達を守るため…テラル!貴様には負けんぞ!」
     ジュリィ「我々の科学力では、テラルに勝てんのか…!?」
     ジュリィ「闘志也!テラル相手に無茶は禁物だ!」 「うるせぇっ!敵の大将を前にして無茶もヘチマもねえ!」
     キラケン「まだじゃあ!テラルにだけは負けられん!!」
ガガーン 「ガガーン!貴様の負けだ!無駄な抵抗をするんじゃねえ!」
      ジュリィ「悪あがきはよせ、ガガーン!」
      キラケン「ガガーンめ、ワシらをおちょくっとる…!」
      キラケン「覚悟を決めろ、ガガーン!」 「貴様も年貢の納め時だ…!」
      ジュリィ「くそっ!ガガーンの相手は無謀だったか!」
      キラケン「イオのみんなの仇を目の前にして、倒れるわけにはいかないんじゃ!」
      「ガガーンめ、よくもやってくれたな!」
      「ガガーンの野郎、悪あがきをしやがって!」
      「くそっ…!奴に負けたら、イオも地球もエルダーも救うことは出来ないんだ…!」
      キラケン「闘志也、何しとるんじゃあ!」 ジュリィ「ガガーンのロボ相手に真っ向勝負は無茶だ!」 「おのれ、ガガーン…!!」
      ジュリィ「ぐっ…!エルダーの総大将め、パワーが桁違いだ…」
      キラケン「ぐおおっ!この攻撃を何とかせんとガガーンは…倒せん…っ!!」
      キラケン「うおおっ!ガガーンめ、何という馬鹿力じゃ!?」 「負けるな、キラケン…!みんなのためにも戦うんだ!」
エルダー系 「エルダーなんかにモテても嬉しくないぜ!」
       ジュリィ「チッ、エルダーめ!」
       キラケン「イオもこんな攻撃を受けてやられたんじゃ…!」
       ジュリィ「やれる…!エルダーなんか目じゃない!」
       「エルダーめ、これ以上はやらせんぞ!」 キラケン「ゴッドシグマのパワーで押し切るんじゃ!」
       「くっ!イオの仲間のためにも、負けるもんか!」
       ジュリィ「トリニティエネルギーは貴様らには渡さん!」
       キラケン「エルダーめ、ワシの根性はこの程度じゃ折れんぞ!」 ジュリィ「根性根性、根性か。他に何かないのか?」
       ジュリィ「エルダーめ…!悔しいが、さすがだぜ!」
       「エルダーめ…!絶対、降参なんてしねえからな!」
       「ちっ!エルダーめ、ゴリ押ししてきやがる!」 ジュリィ「パワーはシグマの方が上のはずだ!あきらめるな!」
       キラケン「さ、さすがはエルダー軍じゃ…!」
異星人系 「くっ、異星人め!」
回避
テラル 「テラルめ、遊んでいるのか?」
     「総司令の名が泣くぜ、テラル!」
     ジュリィ「当てられないのか?エルダーの総司令官殿」
     キラケン「エルダーの総司令といっても、ワシには敵わんようじゃのう!」
ガガーン 「ガガーン!貴様の思うようにはさせんぞ!」
      「ゴッドシグマをなめるなよ、ガガーン!」
      キラケン「見え見えの攻撃に当たると思ったか、ガガーン!」
エルダー系 ジュリィ「エルダーの連中も、こいつの運動性は予想外だったようだな」
       キラケン「エルダー軍め!ワシの操縦を見たか!」
       「エルダーめ、ざまぁ見やがれ!」
       「残念だったな、エルダー野郎!」
       「へっ!エルダーの攻撃なんかに当たるもんかい!」

リーツ
援護攻撃
テラル 「テラル閣下!ここはこの私めが!」
援護防御
テラル 「テラル閣下!お下がりください!」
攻撃
闘志也 「貴様のトリニティエネルギー、渡してもらおう!」
     「我らの科学力を以てすれば、ゴッドシグマなど!」
     「ゴッドシグマめ、ここまでだ!」
戦艦 「母艦を落とせば、勝負は決まる!」
    「対艦戦だ!攻撃開始!」
被ダメージ
闘志也 「笑止なり、ゴッドシグマ」
     「どうした、ゴッドシグマ!その程度か!?」
     「ぬうう…これがトリニティエネルギーの力か!」
     「ゴッドシグマめ、侮り難い…!」
     「恐るべきはトリニティエネルギー!悪魔の力よ!!」
     「ゴッドシグマめ…!これ以上はやらせんぞ!!」
被撃破
闘志也 「うぬぬぬぬ…おのれ、ゴッドシグマめぇ…!」

テラル
援護攻撃
リーツ 「リーツ!焦っては倒せるものも倒せんぞ!」
援護防御
リーツ 「大事な部下達をやらせはせん!」
攻撃
闘志也 「ゴッドシグマ…!その存在を抹消する!」
     「我らの科学力を以てすれば、ゴッドシグマなど…!」
スーパー系 「地球人め…あのような戦闘ロボットまで持っていたか…!」
被ダメージ
闘志也 「その程度か、ゴッドシグマよ!」
     「地球人は、まだトリニティエネルギーを使いこなしていないようだ」
     「ゴッドシグマめ…これが奴の真の力か…!」
     「おのれ、壇闘志也!」
     「ぐああああっ!お、おのれ、ゴッドシグマ!!」
     「これが…トリニティエネルギーの力…!」
スーパー系 「あの恐ろしいエネルギー…あれが宇宙に破壊をもたらすのだ!」
回避
闘志也 「大人しくトリニティエネルギーを渡した方が身のためだぞ?」
スーパー系 「あのエネルギーも危険だ…!早々に処分する!」
被撃破
闘志也 「うぬぬぬぬ…おのれ、ゴッドシグマめぇ…!」

ダルトン
援護攻撃
ガガーン 「ガガーン総司令…!私に今一度のチャンスを!」
攻撃
闘志也 「ゴッドシグマよ、今日で貴様もお終いだ!」
     「ゴッドシグマを倒し、俺は祖国に凱旋する!」
テラル 「裏切り者には罰を与えてやらねばならん!」
     「テラルめ、よくもぬけぬけと…!殺せ!殺してしまえ!!」

戦艦 「艦を叩け!奴らの帰る場所を潰すのだ!」
スーパーロボット系 「こいつらのエネルギーも危険だ!機体を破壊しろ!!」
           「地球人め…!どれだけ危険なエネルギーを持っているのだ!」
被ダメージ
闘志也 「ハハハハハ!非力よのう、ゴッドシグマ!」
     「地球人には、トリニティエネルギーなど過ぎた力なのだ!」
     「うぬう、ゴッドシグマめ!腹立たしい奴よ!」
     「つうっ!恐るべきはトリニティエネルギーか!」
     「ぐうっ!トリニティエネルギーさえ奪えば…!」
回避
闘志也 「ゴッドシグマとは、その程度のものか?」
     「遅いぞ、ゴッドシグマ!」
被撃破
闘志也 「お、おのれ!ゴッドシグマめぇっ!!」

メサ
援護攻撃
ガガーン 「お任せください、ガガーン総司令!」
ダルトン 「ダルトン、手を貸すぞ!」

援護防御
ガガーン 「ガガーン総司令閣下に忠誠心を見せる時だ!」
ダルトン 「ダルトン、こいつは貸しにしておくぞ!」

攻撃
闘志也 「トリニティエネルギー…放置するわけにはいかん!」
     「貴様を倒し、トリニティエネルギーを手に入れる!」
テラル 「わめけ、テラル!それが裏切り者に相応しい末路だ!」
     「地球人ごときと下らぬ友情ごっこをしたばかりにな!」
     「フン!地球人などと友情を結んだ結果がこれだ!」

被ダメージ
闘志也 「ハハハ、どうした、ゴッドシグマ?」
     「みじめよのう、ゴッドシグマ!」
     「ゴッドシグマめ、調子に乗るなよ!」
     「これがトリニティエネルギーの力か…!」
     「だ、壇闘志也よ!取引をしよう、な!」
     「お、恐るべし、トリニティエネルギー…!」
回避
闘志也 「フフフ…無様だな、ゴッドシグマ」
被撃破 
闘志也 「むぐぐぐぐ…!おのれ、ゴッドシグマめ…!」

ガガーン
援護攻撃
ダルトン 「ダルトン、この役立たずめが!」
メサ 「メサ、手ぬるい!勝利はこうして掴むのだ!」

攻撃
闘志也 「ゴッドシグマ!覚悟しろ!」
     「憎きゴッドシグマめ、いよいよ最期だな!」
     「トリニティ・エネルギー発生装置を奪ってしまえば…!」
     「トリニティエネルギーは私がいただく!」
テラル 「テラルめ…!夢や希望で祖国が救えるものか!」
     「司令官は一人でよい…!フハハハハハ…!」

デューク 「貴様が愛する地球も、いずれはベガ星連合軍と同じになるのだ!」
勝平 「ビアル星人の血統は、ここで潰えるのだ!」
    「ビアル星は滅びた!だが、我が祖国エルダーは永遠に栄えるのだ!」
マリン 「S-1星人の裏切り者に何が出来る!?」
サンドマン 「貴様を倒せばヒューギが悔しがるだろうな」
       「ヒューギに代わって、貴様を血祭りにあげてくれよう!」
       「奴もゴッドシグマか!叩き潰してくれる!」
       「ゴッドシグマという名、許せんな!」
被ダメージ
闘志也 「ゴッドシグマ…すぐに貴様の墓標を立ててやるぞ」
     「ゴッドシグマ…手こずらせおって!」
     「おのれ、ゴッドシグマ!小癪な真似をしおって!」
     「ぬおお!ゴッドシグマごときに倒されるこのガルゴスではない!」
     「うぐっ!シグマめ、私と刺し違える気か!?」
サンドマン 「待っておれ。そちらのゴッドシグマもすぐに片付けてやる…!」
回避
闘志也 「ゴッドシグマ…すぐに貴様の墓標を立ててやるぞ」
風見博士
攻撃
闘志也 「ワシが設計したゴッドシグマじゃ、弱点も知っておる!」
     「ジュリィ…!お前のようなヒヨっ子にワシは越えられん…!」
     「キラケン!お前にワシの夢がわかってたまるか!」
テラル 「所詮お前は人類の敵よ。フフフフフ…!」
     「さあ、テラル!ワシの手にかかって死ねぃ!」

アクエリオン 「機械天使アクエリオン!貴様の翅をむしってやる!」
勝平 兵左衛門 「ビアル星人の遺産など、叩き潰してくれる!」
万丈 「破嵐創造の息子め!貴様の存在は目障りだ!」
甲児 鉄也 「光子力エネルギーをワシに渡せいっ!」
デューク 「デュークフリード!異星人は地球から出て行け!」
マリン 「マリン・レイガン!貴様はスパイに決まっておる!」
サンドマン 「どういうことだ?!あやつもゴッドシグマなのか!?」
       「ぬお!ここにもゴッドシグマがいるのか!」
       「クライン・サンドマン!貴様の正体を知っておるぞ!」
竜馬 「得体の知れないエネルギーを使いおって!」
被ダメージ
闘志也 「どうした、闘志也?やはり、ワシに攻撃出来んか?」
     「フフフ…。私抜きではゴッドシグマもそんなものか」
     「ジュリィめ!トリニティエネルギーを使いこなしているのか!?」
     「許さんぞ、闘志也ぁっ!!」
     「闘志也!闘志也ぁっ!!貴様だけは!!」
     「ワ、ワシの造ったロボットにワシが倒されるというのか…!?」
回避
闘志也 「ククク…そうだ、当てちゃあいかんぞ、闘志也」

エルダー兵
援護攻撃
テラル 「テラル様、とどめはお任せを!」
リーツ 「後はお任せください、リーツ司令!」
ダルトン 「ダルトン様に続け!」
メサ 「援護します、メサ司令!」
ガガーン 「ガガーン総司令!後は私めが!」

攻撃
闘志也 「ゴッドシグマ…諸悪の根源め!」
     「何としてもゴッドシグマを!」
     「消え失せろ、ゴッドシグマ!
     「ゴッドシグマ発見!攻撃開始!」
     「ゴッドシグマもろともに叩き落す!」
テラル 「テラル!この裏切り者めが!」
     「離反者には死あるのみ!」
     「裏切り者に情は無用!」

サンドマン 「奴もゴッドシグマか!」
被ダメージ
闘志也 「トリニティエネルギーがどうしたというのだ!」
     「その程度か、ゴッドシグマ!」
     「ゴ、ゴッドシグマめ!奴だけは!」
     「ちいっ!あれがトリニティエネルギーの力か!」
     「ゴ、ゴッドシグマには勝てないのか!」
     「き、危険だ!やはり、トリニティエネルギーは危険すぎる!」
回避
闘志也 「ゴッドシグマといえど、恐れることはない!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 02:57 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
バルディオス系
マリン・レイガン
援護攻撃
デビット 「デビット、1機じゃ無理だ!」
フリック 「フリック!後はバルディオスに任せろ!」
アフロディア 「援護するぞ、アフロディア!」
援護防御
デビット 「博士を悲しませるわけにはいかないからな!」
フリック 「フリック、危ない!」
アフロディア 「アフロディアはやらせん!」

攻撃
アサキム 「アサキム!お前の思い通りに行くと思うなよ!」
      「アサキム!お前を倒す!」
エーデル 「エーデル・ベルナル!お前に明日を救うことは出来ない!」
ジ・エーデル 雷太「奴か…!事件を裏から操っていたのは!」
        「ジ・エーデル!地球は地球を愛する全ての人のものだ!」
        オリバー「最後の大勝負だ!一気に決めようぜ!」 雷太「おうよ!この勝負、絶対に負けるわけにはいかねえ!」  「ジ・エーデル!希望のブルーはお前には渡さない!」
フリック 雷太「油断するな、マリン!奴は敵だぞ!」 「…フリック…」
      オリバー「マリン!こうなったら戦うしかないぜ!」 「そうなのか…!?本当に戦うしかないのか…!?」
      「くっ!フリック…!」
アフロディア 「バルディオスのパワーを思い知れ、アフロディア!!」
        「アフロディア!あの青い海を見て、何も感じないのか!?」
        「アフロディア…!俺達は戦うしかないのか…!?」(第40話B)
        オリバー「ハッ!司令官のご登場ってわけかい!」
        オリバー「覚悟しろよ、アフロディア!」
        雷太「女だからって容赦せんぞ!」
        雷太「覚悟しろ、アフロディア!」
ガットラー 「貴様の野望もここまでだ!ガットラー!!」
       「父さんと研究所のみんなの仇!今こそ!!」
       オリバー「ガットラー!貴様に殺された人々の無念は俺達が晴らす!」
       雷太「決着をつけてやるぜ、ガットラー!」
       雷太「長かったお前らとの戦いも、これでお終いだ!」
       雷太「ようやく親玉のお出ましか!」 オリバー「マリン、全力でぶちかませ!」 「元からそのつもりだ!行くぞっ!!」
       オリバー「前方に敵旗艦!」 雷太「ガットラーの野郎か!」 「やるぞ、二人共!!」
       「ガットラー!刺し違えても、貴様を倒す!!」「行くぞ、ガットラー!俺達の命の全てをぶつけてやる!」(バルディロイザー使用時)
       「ガットラー!刺し違えても、貴様を倒す!!」 オリバー「付き合うぜ、マリン!」 雷太「おう!俺達は生きるも死ぬも一つだ!」 「オリバー、雷太!お前達の命は預かった!」 「地球に生きる全ての人達の怒り、思い知れっ!」(バルディロイザー使用時)
アルデバロン系 「亜空間へ逃げられる前に倒す!」
         オリバー「お前達に地球を渡してなるか!」
         オリバー「マリン、お仲間相手だからって、手を抜くなよ!」 「うるさい!黙っていろ!」(前半)
         雷太「マリン、今さら戦えないなんて言うなよ!」 「無駄口を叩くな、行くぞ!」(前半)
         雷太「仲間の恨みは俺が晴らす!」
         「アルデバロン、確認!」 雷太「やってやろうぜ、マリン!」
         雷太「S-1星人は俺が叩きのめしてやる!」
         雷太「出やがったな!アルデバロンのクソッタレどもめ!」 「徹底的に叩いてやる!」
         「地球を第二のS-1にさせるものか!」
         「アルデバロンめ、逃がすものか!」 オリバー「気負いすぎるなよ、マリン!」
         「アルデバロンは俺の敵だ!」
         「行くぜ、ガットラーの手先共!」
異星人 「地球の青い空と海を、侵略者に渡してなるか!」
     「侵略者め…!俺が相手になってやる!」
     「地球は俺達が守る!」
ボス系 「雷太、オリバー!ここで奴らと決着をつける!」 雷太「覚悟はとっくに出来てるぜ!」 オリバー「いけ、マリン!俺達の力をぶつけてやれ!」
ZEUTH 「そこをどいてくれ!俺達は進まなくてはならないんだ!」
       「お前達だろうと、邪魔するなら…!」
       「くそっ!戦わなければならないのか…!」
勝平 「神ファミリー…わかり合えると思ったのに…!」
闘志也 「ゴッドシグマが相手でも、退くわけにはいかない!」
     「相手になってやるぞ、闘志也!」
被ダメージ
フリック 「フリック、本気なのか!?」
      「やめろ、フリック!お前は、そんな奴じゃない!」
アフロディア 「くそっ!アフロディアめ!」
        「そんな攻撃で俺を倒せると思うなよ、アフロディア!」
        「甘いな、アフロディア!全く効いちゃいないぜ!」
        雷太「どうした、アフロディア!お前の実力はその程度か!?」
        オリバー「女のくせにやってくれるぜ」 「甘く見るな、オリバー!あいつはそこいらの男より強い!」 
        オリバー「こちらの動きを読んだ!?アフロディアの奴!」
        雷太「くっそー!アフロディアめ、滅茶苦茶やりやがって…!」
ガットラー 「俺を倒せると思うなよ、ガットラー!」
       「ガットラー!そんなもので俺の怒りの炎は消せはしないぞ!」
       雷太「どうした、総統!効いちゃいねえぞ!」
       「こ、これがガットラーの力なのか…!」
       「スピリットガットラーが相手だろうと、俺は負けはしない!」
       雷太「ガットラーめ…!よくもやりやがったな!」
       オリバー「ガットラー!お前にだけはやられるわけにはいかない!」
       雷太「負けるものか!ガットラーに地球人の意地を見せてやる!」
       雷太「くっ!さすがは敵の総統だぜ…!」 オリバー「マリン、ひとまず退け!」 「お前達は脱出しろ!俺は一人でもガットラーと戦う!」
アルデバロン系 オリバー「どうした!?そんなんじゃ、ご自慢の科学力が泣いてるぜ!」
         雷太「おっ、今日のアルデバロン、いやに弱いな」 オリバー「違うな、俺達が強いのさ」
         雷太「ハッ!S-1星人など、恐れるに足らんぜ!」 「油断は禁物だぞ、雷太!」
         雷太「そんなもんかよ、S-1星人!」
         「効きはしないぞ、アルデバロン!」
         オリバー「今までのように行くと思うなよ!」
         オリバー「アルデバロンめ!数で押してきたか!」
         雷太「アルデバロンの連中め、調子に乗りやがって!」 「焦るな、雷太!まだバルディオスは戦える!」
         雷太「S-1星人め、やってくれるじゃねえか!」
         「アルデバロンの連中め!よくも!」
         「ガットラーの手先め、やってくれる!」
         「うぐっ!父さんの仇を討つまでは…!」
         オリバー「貴様らにやられちゃ、死んでいった仲間に会わす顔がないぜ!」
         雷太「こ、ここでやられたら地球はS-1星人どもに…!」
回避
フリック 「フリック…外してくれたのか…?」
      「よせ、フリック!俺はお前と戦いたくない!」
アフロディア 「お前の考えなどお見通しだ、アフロディア!」
       「司令官の名が泣いているぞ、アフロディア!」
       雷太「これが司令官の攻撃かよ!聞いて呆れるぜ!」
ガットラー 「甘いぞ、ガットラー!」
       「そんな攻撃が当たると思うなよ、ガットラー!」
        オリバー「これで総統の地位にいるとはな!笑わせてくれるぜ!」
        雷太「どうした、ガットラー!俺はこっちだ!」
アルデバロン系 「ご自慢の亜空間戦術もたかが知れてるな!」
         オリバー「地球人をなめるなよ、S-1星人!」
         雷太「ブルーフィクサーをなめるなよ、S-1星人!」

デビット・ウェイン
援護攻撃
マリン 「そこで俺の活躍を見てな、マリン!」
     「バルディオスに続く!」
援護防御
マリン 「マリン、バックアップするぞ!」
     「ブルーフィクサーの名が泣くぜ、マリン!」

攻撃
アフロディア 「敵旗艦を確認!攻撃を開始する!」
        「アフロディア、貴様はここで倒す!」
ガットラー 「ガットラー…お前だけは許さん!」
       「お前が奪ってきた命を償え、ガットラー!」

アルデバロン系 「そこをどけ、S-1星人!」
         「地球人を甘く見るなよ!」
異星人系 「地球は俺達の星だ…お前達に渡すもんか!」
      「異星人め…地球から叩き出してやる!」
      「侵略者に屈するほど、地球人はヤワじゃない!」
被ダメージ
アルデバロン系 「アルデバロンってのは、この程度なのかい?」
         「アルデバロンめ、よくもフィクサー1に!」
         「アルデバロンめ…やってくれる!」
         「くそっ!S-1星人め…よくも!」
         「くっ…!地球人の意地を見せてやる!」
         「アルデバロン!俺の命をくれてやるわけにはいかない!」
回避
アルデバロン系 「地球人を甘く見るなよ、S-1星人!」
         「どうした、S-1星人!俺とフィクサー1はここだ!」

キャリン・フリック
援護攻撃
マリン 「後は任せろ、マリン!」
    「ついていくぞ、マリン!」

援護防御
マリン 「マリンはやらせん!」
攻撃
マリン 「メカの操縦には生まれも育ちも関係ない!正々堂々と勝負だ!」
    「昔の俺は死んだんだ、マリン!殺したのはお前だ!」
    「マリン!俺はお前から受けた屈辱を一生忘れない!」
アフロディア 「今までの礼をさせてもらうぞ、アフロディア!」
       「悪いな、マリン!アフロディアは俺が倒す!」
ガットラー 「ガットラー!貴様にS-1星人の明日を渡しはしない!」
      「その野望と共に消えろ、ガットラー!」

アルデバロン系 「ガットラーの思い通りにはさせない!」
被ダメージ
マリン 「遠慮はいらんぞ、マリン!本気でかかって来い!」
    「ようやくやる気になったか、マリン!」
    「そうだ、マリン!それでいいんだ…!」
    「バルディオス…!あれだけの力なら、ガットラーをも…!」
回避
マリン 「マリン!昔の悪いクセもそのままだな!」
    「これだからお坊ちゃんは甘いんだ!」
アフロディア 「何度も貴様に欺かれる俺じゃない!」
       「どこを狙っている、アフロディア!」
ガットラー 「俺はここだ、ガットラー!」
被撃破
マリン 「マリン…達者でな…」

ローザ・アフロディア
援護攻撃
ガットラー 「ガットラー総統!後はお任せください!」
援護防御
ガットラー 「総統をお守りするのだ!」
攻撃
マリン 「裏切り者マリンを殺せ!バルディオスごと叩き潰すのだ!!」
     「弟の…ミランの仇はこの手で討つ!」
     「マリン!私はお前を絶対に許さない!」
     「覚悟しろ、マリン!ここをお前の墓場にしてやる!」
     「この戦いは続く…。お前を倒すまで…!」(第44話)
     「お前を…殺す…!それが私の使命だ!」(第44話)
     「あいつは敵だ…敵なのだ…!」(第44話)
     「マリン…またお前と戦わねばならないのか…!」(第44話)
被ダメージ
マリン 「全力で来い、バルディオス!」
     「どうした、バルディオス!この程度がお前の力か!?」
     「やってくれたな、マリン!生かしては帰さんぞ!」
     「おのれ、バルディオス!」
     「くっ!こうなったらバルディオスもろとも!」
     「私は死なん!マリン、貴様を殺すまではな!!」
回避
マリン 「フフフ…悔しいか、マリン!」
     「ハハハ!無様だな、バルディオス!」
被撃破
マリン 「マリン!この屈辱は必ず!」
     「マリン、今日は私の負けだ…!だが、次こそは!」

ネグロス
攻撃
マリン 「あれにはマリン・レイガンが乗っている!必ず落とせ!」
     「バルディオス!お前の存在は目障りだ!」
被ダメージ
マリン 「噂ほどではないな、バルディオス!」
     「口ほどにもないな、マリン・レイガン!」
     「バルディオスめ、よくも!」
     「バルディオス…!こちらの想像以上のパワーだ!」
     「ええい!バルディオスをこれ以上近付けさせるな!」
     「裏切り者め…!どこまで我々の邪魔をすれば気が済むのだ!」

ゼオ・ガットラー
援護攻撃
アフロディア 「アフロディア、トドメはワシがもらうぞ!」
        「馬鹿者め!それでもS-1星のコマンドか!」

援護防御
アフロディア 「下がるのだ、アフロディア!」
        「アフロディアはやらせん!」

攻撃
マリン 「S-1星の裏切り者めが!」
     「マリン!見せしめのため、にここで貴様を倒す!」
     「バルディオスめ!ひとひねりにしてくれる!」
デューク 「異星の王子よ、お前が愛する地球はこのワシの物となるのだ!」
勝平 「ガイゾックへの復讐のために戦うか…。フフ、健気だな」
    「所詮お前達も放浪者よ…」
闘志也 「ガガーンの獲物を横取りしてやるとするか」
     「トリニティエネルギーは我らがいただこう」
斗牙 「こいつがゼラバイアの標的か!」
異星人系 「気に入らんな。ここにも地球人に味方する者がいるか」
被ダメージ
マリン 「笑わせるな、マリン!貴様の憎しみは、その程度か!」
     「バルディオスといえど、このワシの敵ではないわ!」
     「さすがだ、マリン!ワシが見込んだ男だけの事はある!」
     「くっ!裏切り者の分際で!」
     「S-1星人の未来に、同じS-1星人の貴様が立ち塞がるとはな!」
     「マリン!ついに、お前はここまで来たか!」
闘志也 「こ、これがトリニティエネルギーの力か!?」
異星人系 「お前達や…マリンを引き付ける何かが地球にはあるのか…!」
      「何故だ…!?何故、貴様らは地球に味方する!?」
回避
マリン 「無駄だ、マリン!貴様にワシを倒す事は出来ん!」
     「ワシを失望させてくれるなよ、マリン」

アルデバロン兵
攻撃
マリン 「マリン・レイガン!貴様だけは許さん!」
     「行くぞ、バルディオス!」
     「S-1星の裏切り者め!」
     「バルディオス!奴だけは!」
被ダメージ
マリン 「マリン・レイガン…!裏切り者めが!」
     「マリン・レイガンめ!よくも!」
     「くっ…!バルディオスがここまでのメカとは!」
     「どれほど脅しをかけようとも…!S-1星人はお前を許さない!!」
     「バルディオスめ!もろともに貴様をーっ!!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-07 02:51 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
無敵系
神勝平
援護攻撃
宇宙太 「ザンブルじゃ足手まといだってんだよ、宇宙太!」
恵子 「恵子は後ろで黙って見てろ!」

兵左衛門 「何やってんだよ、ビアルは!」
万丈 「ダイターンに続くぜ!」
    「万丈の兄ちゃん、後は任せな!」
援護防御
宇宙太 「へへ~、貸しにしとくぜ、チュウちゃん!」
恵子 「トロトロやってるとやられちまうぞ、恵子!」

兵左衛門 「爺ちゃん達をやらせるかよっ!」
      「ビアルには俺の家族が乗ってんだ!」
万丈 「ダイターンの死角はザンボットがカバーするぜ!」
    「万丈の兄ちゃんには世話になったからな!」
攻撃
アサキム 「お前の悪巧み、全て喋ってもらうぞ!」
      「お前みたいな陰険な奴はぶっ飛ばしてやる!」
エーデル ジ・エーデル 「俺達を騙してきた恨み、ここで晴らしてやる!」
ジ・エーデル 「誰の感謝もいらねえ…俺達の地球、この手で守ってみせる!!」
        「このクソオヤジ!ふざけてるんじゃねえ!」
        「地球はお前のオモチャじゃないんだ!絶対に渡すもんかよ!」
        宇宙太「正念場だ…しくじるなよ、勝平!」 恵子「勝平、この命、預けるわ!」 「こいつで最後だ…!絶対に生きて帰るぞ、宇宙太、恵子!」
ブッチャー 「ブッチャー!てめえ…いい加減にしろお!」
       「キラ・ザ・ブッチャー!覚悟しろ!」
       「キラ・ザ・ブッチャー!」
       恵子「キラー・ザ・ブッチャー、覚悟っ!」
バンドック 「バンドックめ、これでとどめだっ!」
       宇宙太「バンドックにゃ生半可な攻撃は通用しねえが…!」
第8号 「ガイゾック!ご先祖様の仇だぁぁぁっ!!」
     「くたばれ、ガイゾックの親玉!みんなの仇だぁぁぁっ!!」
メカ・ブースト 「メカ・ブーストは俺が相手になってやる!」
         「くらえ、メカ・ブースト!」
         恵子「メカ・ブースト確認!攻撃を開始します!」
シロッコ ハマーン 「人類の革新だとか何だとか、てめえはそんなに偉いってのかよ!?」
リアル系ボス系 「この頭でっかち野郎!口先でごまかされるかよ!」
         「理屈はどうでもいい!お前は信用出来ないんだよ!」
百鬼帝国系 「ほらよ!鬼は豆でも食らいやがれ!」
       「鬼退治はこの勝平様に任せとけっ!」
怪物系 「化け物相手なら容赦はしねえぞ!」
     「化け物退治はザンボットに任せろっ!」
異星人系 「人の星に土足で入って来やがって!覚悟しろよ!」
      「せっかく守ってきた地球を、お前の好きにさせるかよ!」
      「こいつ、とっとと地球から出て行けってんだ!」
      「ガイゾックに協力するってんなら、俺が相手になってやる!」
日本内 「日本から叩き出してやる!」
ZEUTH 恵子「こんな戦い…しなくていいはずなのに…!」 「んなろー!改めてザンボットの力、見せてやるぜ!」
       宇宙太「やりにくい相手だぜ、全くさ…!」 「んなろー!改めてザンボットの力、見せてやるぜ!」
ゲイナー 「ゲームじゃ負けても、ここでは勝つ!」
ジロン 「ジロン!自慢のギャリアごと、こてんぱんにしてやるぜ!」
マリン 「マリンの兄ちゃん!悪いがいくぜ!!」
竜馬 「ゲッターが相手でもやるしかねえ!」
被ダメージ
ブッチャー 「無駄な抵抗はやめろ、ブッチャー!」
       宇宙太「ブッチャーめ!俺達を見くびってやがるな!?」
       「くっ!まだ俺はピンピンしてるぜ、ブッチャー!!」
       「ブッチャー…!てめえにだけは負けるわけにはいかねえんだ!」x
バンドック 恵子「かすめただけでこの衝撃…!バンドック、何て力なの…!」
       恵子「バンドックを目の前にして、あきらめるもんですか!」
       宇宙太「くっ!バンドック相手じゃ、一筋縄じゃいかないか…!」
       恵子「ああっ!こ、これがバンドックの力なの!?」
メカ・ブースト 「何だい、何だい!見かけ倒しかよ、メカ・ブースト!」
         「メカ・ブーストめ、よくもやりやがったな!」
ガイゾック 「ガイゾックの攻撃なんてチョロいもんだぜ!」
       「ガイゾックにやられるザンボットじゃないんだよ!」
       「くそおおおっ!ガイゾックの奴らめ、よくも!!」
回避
ブッチャー 「見たか、ブッチャー!」
メカ・ブースト 恵子「あのメカ・ブースト、こっちを狙ってきた!」
         「ノロいぜ、メカ・ブースト!」

神兵左衛門
援護攻撃
勝平 「ザンボット3を援護するんじゃ!」
    「勝平を孤立させるな!ビアルも続くぞ!」
    源五郎「勝平、後はこちらがやる!」
    一太郎「勝平、こっちも行くぞ!」
    源五郎「いいぞ、ザンボット3!後は任せろ!」
    一太郎「援護するぞ、勝平!」
宇宙太 「下がれ、宇宙太!ビアルからも援護する!」
一太郎「宇宙太!ザンブルのパワーを当てにしすぎだ!」
恵子 「今は無理に仕掛けんでもいいぞ、恵子!」
一太郎「恵子、後はこちらに任せるんだ!」

援護防御
勝平 「勝平!突っ込んでばかりではいかんぞ!」
    「勝平をビアルで守るんじゃ!」
    源五郎「勝平!お前は下がっていろ!」
    源五郎「ザンボット3をやらせるか!」
一太郎「勝平、無茶をするな!」
    一太郎「調子に乗りすぎだぞ、勝平!」
宇宙太 「ここでザンブルを失うわけにはいかん!」
一太郎「宇宙太、いったん避難しろ!」
恵子 「恵子!ここはいったん退くんじゃ!」
一太郎「恵子!ザンベースでは耐えられん!」

攻撃
エーデル ジ・エーデル 「ついにここまで来たか…!各員、気を抜くなよ!」
             「命を懸ける時が来たようじゃな…!行くぞ!」
一太郎「キングビアル、最終攻撃目標を確認!」
ブッチャー 「ここでブッチャーを倒せば戦況も変わる!」
バンドック 「ガイゾックの基地を叩く!各員、準備はいいな!」
       一太郎「ガイゾックの基地を叩くチャンスだ!」
       一太郎「バンドック!前方、距離2000!」
メカ・ブースト 「メカ・ブーストの1体くらい、ビアルでやってみせるわ!」
         一太郎「メカ・ブースト、接近します!」
         「攻撃目標を前方のメカ・ブーストに固定しろ!」
ガイゾック 源五郎「ガイゾックが相手なら、容赦はせん!」
       源五郎「ご先祖と地球の人達の怒り、受けるがいい!」 
ZEUTH 「やるしかあるまい…!この場所にいる以上は…!」
       「差別と偏見とエゴと欲…それがこの結果か…!」
       「やむを得ん…!攻撃しなければ、こちらがやられる!」
被ダメージ
バンドック 一太郎「バンドックの攻撃だ…直撃を受けたら危なかったな…!」
       「お、おのれ、バンドックめ…!」
       「バンドックめ!刺し違えてでも奴だけは…!」
       一太郎「こ、このままではバンドックと共倒れになってしまう!」
       一太郎「くそおっ!バンドッグに正面からぶつかるのは無謀すぎたか!」
メカ・ブースト 「勝平!メカ・ブーストを引き付けられないか!?」
         一太郎「勝平!こっちにメカ・ブーストが!」
         「メカ・ブーストめ!厄介な攻撃をしてきおる!」
         一太郎「何とかこのメカ・ブーストの弱点を見つけ出さないと…!」
         「おのれ、メカ・ブーストめ!」
         一太郎「ダ、ダメだ!我々だけではメカ・ブーストに勝てん!」
ガイゾック 「ガイゾックめ、人間をナメているようじゃな…」
       一太郎「ううっ!このままじゃ、ご先祖様に申し訳が立たない!」

キラー・ザ・ブッチャー
攻撃
勝平 ギッザー「ええい!ザンボット3か!」
    ギッザー「ブッチャー様!ザンボット3です!」 「フッフッフッ、死ね!神ファミリーの者ども!!」
    バレター「ザンボット3め、性懲りもなく来おったか!」 「今日が貴様らの最後の日だ!」
    バレター「ザンボットが近づいております、ブッチャー様!」 「撃ち落とせえ!」
    バレター「レーダーがザンボット3を捉えました!」 「撃ち落とせえ!」
勝平 兵左衛門 ギッザー「ブッチャー様、あれは神ファミリーですぞ!」
兵左衛門 ギッザー「神ファミリーの基地か!忌々しい奴らめ!」 「フッフッフッ、死ね!神ファミリーの者ども!!」
闘志也 バレター「あれがトリニティエネルギーのゴッドシグマか!」
     ギッザー「エルダーが狙っておるゴッドシグマか!」
マリン ギッザー「相手はバルディオスだ!亜空間に逃がすな!」
     バレター「バルディオスです!亜空間に逃げられる前に攻撃を!」
斗牙 バレター「ブッチャー様!グラヴィオンが来ます!」
    ギッザー「攻撃目標、グラヴィオン!」
ガンダム系 バレター「ガンダム接近!種類はコンピューターが分析中!」

第8号
攻撃
勝平 兵左衛門 「神ファミリー…我が力で討ち滅ぼしてくれる…」
         「ビアル星の生き残り…悪しき生物は悪しき星へ流れるか…」

破嵐万丈
攻撃
エーデル ジ・エーデル 「消滅するのは僕達でなく、お前の方だ!」
             「この世界を混乱させているのは、お前だ!」
             「お前を見逃すほど、僕は寛大じゃない!」
ティターンズ 「ティターンズに正義はない!正義は…そして、日輪は我にあり!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-05 23:33 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
ザブングル系
ジロン・アモス
援護攻撃
ラグ 「ラグ!後は任せろ!」
エルチ 「どうだい、エルチ!文化的だろ!」
コトセット 「コトセット!そこをどいてくれ!」
ブルメ 「ブルメばかりにいいカッコさせられないのよね!」
ダイク 「ダイクの奴、珍しく目立っちゃって!」
チル 「偉いぞ、チル!作戦通りだ!」
ビリン 「ビリン!後はこっちでやる!」
マリア 「燃えてるなぁ、マリアの奴!俺も負けてられない!」
援護防御
ラグ 「ラグ!さっさと逃げろ!」
エルチ 「お前のジロンがエルチを守るよ!」
     「むしろこっちを守ってほしい…」(アイアン・ギアー搭乗時)
ブルメ 「カッコつけんな、ブルメ!」
ダイク 「天下のサブキャラでも、いてもらわなきゃ困る!」
チル 「チルに何するんだ!」
ビリン 「下がれ、ビリン!下がるんだ!」
マリア 「油断するな、マリア!」
女性 「女は大事にしろって、親父が言ってたからさ!」
子供 「子供を守る!これ、男の役目!」
攻撃
アサキム 「小難しい話はもうたくさんだ!」
      「アサキム!あんたの企みなんざ知るかよ!」
エーデル 「エーデルさん!あんたのやってきた事は許せない!」
      「もう俺達を騙せると思うなよ!」
ジ・エーデル 「ギャグはなし!最後の最後はシリアスに行くぞぉーっ!!」
        「大トリを務めるのは、このジモン・アモスだっ!」
        「ジ・エーデル!あんたはここで終わりだ!」
シベ鉄系 「俺達だってエクソダスだっ!」
      「シベ鉄のやってる事は、イノセントと変わらないんだよ!」
ティンプ 「まだ出番が欲しいのかよ、ティンプ!」
      「ティンプ!逃がすかーっ!逃がすかよーっ!」
      「ティンプ!いい加減に観念しろ!」
      「ティンプ!お前だけは許せないんだよぉっ!」
      「ティンプめぇっ!ここで会ったが百年目だぁっ!」
      「父の仇!母の仇―っ!」
ホーラ 「しつこいぞホーラ!怒ったってタレ目のくせに!」
     「このぉ…タレ目のくせに!」
     「お前なんかに主役の座は渡さないぞ!」
     「ホーラ!性懲りもなく!」
     「タレ目のくせにライバルキャラ気取りかよ!」
グレタ 「後家だ!後家が出たーッ!」
     「後家がまた出たーっ!!」
     「こんなことしていないで、新しい恋でも探してなさいよ!」
スエッソン 「同じ丸顔相手に負けてたまるかよ!」
ザブングル系 「悪役は出てこなくていいんだよ!」
        「お前らとの腐れ縁も、ここまでだ!」
フロスト兄弟 「そういう余裕の態度って、腹が立つんだよ!」
美形 「顔で勝負が決まるわけじゃあない!行くぞぉっ!!」
ムーンレィス 「月から来たといっても同じ人間なんだ!だったら、勝てる!」
Gビット メックスブルート 「くそーっ!いったい、どれが本体なんだよ!?」
モビルスーツ 「相手がモビルスーツだからって、負けてたまるか!」
        「ウォーカーマシンより性能が上でもな、要は腕の問題なんだよ!」
飛行ユニット 「見てろ!地べたに叩き落してやる!」
        「空を飛んでるからって、有利だと思うな!」
異星人系 「宇宙人なんかに好き勝手やらせるかってんだ!」
      「宇宙人め!星まで吹っ飛ばしてやるぞ!」
ZEUTH 「何でこんなことになっちまったのさ!」
       「そこをどけよ!あんた達だろうと許せないことがあるぞ!」
トライチャージ 「ダイク!ブルメ!出番だぞ!」
         「チル!ラグ!準備はいいか!?」
         「エルチ!ファットマン!よ~く狙えよ!」
被ダメージ
シベ鉄系 「遠慮はいらないぜ、シベ鉄!」
      「シベ鉄め!俺達を甘く見るなよ!」
      「くーっ、シベ鉄め!いい武器、使ってる!」
      「うわっ!もしかして、シベ鉄も本気で来てる!?」
ティンプ 「悪あがきするな、ティンプ!」
      「ティンプめ、俺はそう簡単にくたばらないぞ!」
      「俺をなめるな、ティンプ!」
      「覚えてろよ、ティンプ!俺は絶対にあきらめないからな!」
ホーラ  「ただのかっこつけだと思ってたら…やるじゃないか、ホーラ!」
      「どうしたホーラ、そんなもんかよ!」
      「タレ目が!よくもやったな!」
      「そんなに頑張っても、主役の座はやれないよ!」
      「ホーラめ!やってくれるぜ、まったく!」
グレタ 「いい加減しつこいぞ、グレタ!」
     「女の執念って、ホント怖い!」
レコア 音翅 「凄いのね、恋する女って!」
美形 「美形に悪者はいないはずじゃなかったのか…!?」
寒冷地 「寒くても背中を丸めないっ!」
     「う~…隙間風が寒すぎるぜ…!」
回避
シベ鉄系 「こっちの動きは列車より速いんだよ!」]
     「う、うわっ!もしかして、シベ鉄も本気で来てる!?」
ティンプ 「ティンプ!お前の弾なんかに当たってたまるかよ!」
ホーラ  「どーこ狙ってるんだ、ホーラ!」
グレタ 「グレタの奴、ホントしつこい!」
DC兵 「地上の戦闘じゃ、俺達の方が一枚上手なの!」
モビルスーツ 「噂のモビルスーツも大したことないね!」
        「あら?モビルスーツったって、そんなもんかい!」
飛行ユニット 「空から狙い撃ちしたって、当たりゃしないよ!」
寒冷地 「これくらいの寒さ、どうってことないっ!」

ラグ・ウラロ
攻撃
ティンプ 「あんたにジロンはやらせないよ!」
      「ティンプ!あんたの出番はこれで終わりだよ!!」
ホーラ 「エルチよりあたしの方がいい女だってこと、教えてやるよ!」
     「ホーラ!エルチのことはあきらめたのかい!?」
グレタ 「年増女は引っ込んでな!」

エルチ・カーゴ
攻撃
ホーラ 「ホーラ、好きなあたしを撃てるっていうのかい!?」
     「キッド・ホーラ、見損なったよ!」
     「口説いたって無駄だよ!誰があんたの嫁になるか!」
ゲラバ 「あたしを傷つけたら、あなたホーラに殴られるわよ!」
     「ゲラバ!いっつも金魚の糞みたいにホーラにくっついて!」
ギア・ギア 「偽者は引っ込んでなさいよ!」

チル
攻撃
ホーラ 「や~い、タレ目~!」
ゲラバ 「あはははは!変な顔~!」
グレタ 「あたいの方が絶対いい女なんだよ~!」
     「女が終わってしまったオバハンのくせに~っ!」

コトセット・メムマ
攻撃
同型艦 「はっはっは!アイアン・ギア―の扱いはこっちのほうが上だよ!」
     「ばっきゃろう!新しけりゃいいってもんじゃないんだよ!」
被ダメージ
同型艦 「どうしたどうした、アイアン・ギアークラスの力はそんなものじゃないぞ!」
     「うぐっ…型は同じなのに、何でこうも差が出るの!?」
     「まあ、同型艦だから力も互角だわな」

ティンプ・シャローン
攻撃
ジロン 「しつこいぞ、ドマンジュウ!」
     「フフフ…小僧、また会ったな、これでお前もいよいよ最後だ」
     「兄ちゃんよ、そんなんで長生きすんのは可哀想だからよ、一思いにやったんぜ!」
     「兄ちゃんとの腐れ縁もここまでにさせてもらうぜ…!」
     「悪いな、兄ちゃん…。俺は不死身なのさ…!」
     「皆さんもドマンジュウ顔は見飽きたって言ってるぜ…!」
     「三日の掟を破ってまで俺を追いかけるたあ、見上げた根性だぜ!」
ラグ  「女のツッパリはたいがいにしたほうがいい」
ザブングル系 「イノセントはやられたが、俺は生きてんだよ…!」
        「フン…てめえらごときに何度もやられるかよ!」
        「兄ちゃん、姉ちゃん達には散々世話になったな!」
ゲイン 「悪いが、ニヒルは俺の専売特許だ…!」
     「兄ちゃんの狙撃と俺の早撃ち…どっちが上かな?」
女性 「その可愛いおめめをつぶさせてもらうぜ!」
   「相手が悪かったな、お嬢ちゃんよ」
子供 「大人を本気にさせちまっちゃあ、駄目だ。覚悟しな!」
被ダメージ
ジロン 「兄ちゃんの顔もそろそろ見飽きたな…次で終わりにさせてもらうぜ」
     「ちっとばかし張り切りすぎなんだよ、ドマンジュウ!」
     「へへへ…兄ちゃんよ、見せ場を作ってくれるじゃねえか!」
回避
ジロン  「おっと、そう熱くなるなっての、兄ちゃん」

キッド・ホーラ
攻撃
ジロン 「タレ目じゃない!黙れドマンジュウ!」
     「このドマンジュウが!俺の前から消えな!」
     「エルチは俺がいただくぜ、ドマンジュウ!」
ラグ 「うるさい!お前には手加減なしだ、この男女!」
    「邪魔をするな、この男女!」
    「この男女!まだ俺の邪魔をするか!」
エルチ 「お嬢さん、命が惜しくないんですか!?」
     「お嬢さん、あんたは俺の嫁さんになってくれりゃあいいんだ!」
     「今からでも遅くありません!俺の嫁に!」
     「お嬢さん!あんたが俺の嫁さんになってくれてりゃ、こんな事には!」
主人公系 「てめえを倒して今日から俺が主人公だ!」
      「主役の座はもらった!」
ウォーカーギャリア 「全放火を緑のウォーカーマシンに集中しろ!」
被ダメージ
ジロン 「くっそー、ジロンの奴!」
エルチ 「お、お嬢さん…そうまでして俺を…!」
     「やめろ!エルチは殺したくない!」
女性 「女だったらもう少し大人しくしてな!」
    「女だと思ってたらつけ上がりやがって…!」
主人公系 「この!いつまでも主人公面できると思うな!」
回避
ジロン 「どうしたドマンジュウ!腹の調子でも悪いのかい?」
     「てめえとは格ってモンが違うんだよ、ドマンジュウ!」
ラグ 「くっ!調子に乗るなよ、男女!」
エルチ 「お嬢さん、俺を狙ったってのか…!」
女性 「女相手には手加減してやってもいいんだぜ!」

ゲラバ・ゲラバ
攻撃
エルチ 「エルチめ!じたばたせずに大人しくしやがれ!」
     「このアバズレが!」

グレタ・カラス
攻撃
ジロン 「どこだ、ジロン…そこか!」
     「あんただけは逃がさないよ、ジロン・アモス!」
チル 「なめたことすんじゃないよ!女以前のチビのくせに!」
    「チビはひっこんでな!」
    「この~!お尻にアザが残ってるくせに!」
ザブングル系 「父ちゃん、仇は必ず取るからね!」
        「あんたらのせいで、あたしの父ちゃんは死んだんだ!父ちゃ~ん!!」
        「父ちゃんの仇、討たせてもらうよ!」
少年 「観念しな、坊や達!あっはははは」
    「フン!どんなガキ共が操っていても、このグレタ姐さんにはかないやしないよ!」
    「後家の恐ろしさを思い知らせてやるよ、ガキ共!」
青年 「悪いけど、渋さにかけちゃ、あんたより父ちゃんの方が上だね!」
女性 「小娘があたしに歯向かうのは10年早いんだよ!」
    「この小娘が!女の年季の違いってもんを教えてやるよ!」
美形 「あんた、いい男だねぇ…。父ちゃんほどじゃないけどさ!」
被ダメージ
主役系 「どうした、どうした、それで主役を張ってるつもりかい!?」
ジロン 「丸顔の分際でよくもやってくれたね、ジロン!」
     「ジロン!あたしがそう簡単に父ちゃんの所に行くと思うんじゃないよ!」
少年 「調子に乗るんじゃないよ、ガキ共!」
女性 「あたしの域に達するには年季が足りないよ!」
    「若さだけで勝負が決まると思うんじゃないよ!」
    「やってくれるじゃないか!可愛い顔しちゃってさ!」
回避
ジロン 「今度はあたしを追っかけようってのかい、ジロン!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-05 23:28 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)
Zガンダム系・1
カミーユ・ビダン
援護攻撃
ガロード 「迂闊に仕掛けるな、ガロード!」
ロラン 「ロラン!後はこちらでやる!」
クワトロ 「クワトロ大尉!あいつは僕が!」
アムロ 「アムロさんの動きに合わせられるか…!?」
ブライト 「ブライトキャプテン!援護します!」
エマ 「エマ中尉!僕も行きます!」
レコア 「レコアさんは下がって!ここは僕が!」
ヘンケン 「ヘンケン艦長だけに無理をさせるものか!」
カツ 「カツ!出しゃばるのはよせ!」
ファ 「深追いするな、ファ!」
フォウ 「フォウ!君がそんなに前に出る事はないんだ!」
サラ 「サラ!先走っちゃ駄目だ!」
ハマーン 「ハマーン!独りよがりでは倒せるものも倒せない!」
シン 「シン、迂闊に飛び込むな!」
ニュータイプ 「味方の動きを感じれば…!」
中尉系 「中尉、後は任せてください!」
援護防御
ガロード 「周囲にも気を配れ、ガロード!」
ロラン 「ロラン、後退するんだ!」
クワトロ 「前に出過ぎです、クワトロ大尉!」
アムロ 「アムロさん!…やらせはしない!」
ブライト 「アーガマを落とさせるものかよ!」
      「ブライトさん、艦を下がらせて!」
エマ 「エマ中尉!動かなきゃ危険です!」
レコア 「目先の敵に惑わされちゃ駄目です、レコアさん!」
ヘンケン 「ラーディッシュは守り抜かなければ!」
カツ 「カツ!戦場でよそ見をするな!」
ファ 「ファ、下がれ!」
フォウ 「フォウ…僕が守ってみせる!」
シン 「シン、ここは任せろ!」
中尉系 「中尉、僕が盾代わりになります!」
攻撃
アサキム 「アサキム・ドーウィン!全てが思い通りに行くと思うな!!」
      「傍観者を気取るなら、手を出すな!」
エーデル 「エーデル!人を操り、かどわかす女め!」
ジ・エーデル 「わかれよ!そのドス黒いエゴが世界を駄目にするって!」
エーデル ジ・エーデル 「お前のエゴのために、どれだけの人の命が失われたか!」
シン 「やめろ、シン!それじゃ、自分自身までも滅ぼすぞ!」
レコア 「レコアさん、シロッコは危険だとわからないのか!?」
     「レコアさん、こんなの勝手じゃないですか!?」
ジェリド ヤザン 「お前の楽しみだけで人を殺していいのか!?そうじゃないだろ!」
          「戦場ではしゃぐんじゃない!」
          「貴様…!人がいっぱい死んでいくのを感じないのか!」
ジェリド 「動き過ぎたな!ジェリド!」
カクリコン 「カクリコン中尉、お前も俺の邪魔をするつもりか!?」
ヤザン 「ヤザン!戦争は遊びじゃないんだよ!!」
     「ヤザン!貴様のような奴を許すわけにはいかない!」
     「これでもお前は戦いを楽しむと言うのか、ヤザン!」
フォウ 「フォウ!サイコガンダムが君を戦いに駆り立てているんだ!」
     「フォウ!君は戦っちゃいけない!君は…!」
     「サイコ・ガンダムを破壊する!そうすれば!」
バスク 「バスク・オム!これで最後にさせてもらう!」
サラ 「利用されているだけだと、何故わからない!」
    「サラ!?サラか!!」
シロッコ 「目の前の現実も見えない男が!」
ハマーン 「ハマーン!お前には地球の重さと大きさが理解できていない!」
      「ハマーン!こんな戦いに何の意味がある!」
ティターンズ 「ティターンズだから偉いって言うのかよ!」
        「地球を汚染しているだけのティターンズなど!」
        「ティターンズのやり方を認めるわけにはいかない!」
ギンガナム 「どこまでもターンタイプを弄ぶのか!」
       「そのモビルスーツは、人の手に余るものなんだ!」
デュランダル 「ギルバート・デュランダル!あなたのやり方を俺は認めない!」
ニュータイプ 「こっちにプレッシャーをかけて来る相手か…!」
        「そんなプレッシャーなんて!」
リアル系ボス系 「人をエゴの道具にして!それは一番やっちゃいけないことなんだぞ!!」
ZEUTH 「目の前の状況が理解出来ないのか!?」
       「向かってくるのなら、その力を奪う!」
      「こんなやり方じゃ駄目だって、まだわからないのか!」
ガロード 「目先の目的だけで動くな、ガロード!!」
ゲイナー 「ゲイナー!もっと現実を見るんだ!」
トライチャージ 「大尉!アムロさん!行きます!」
トライチャージ(小隊員) 「はい!クワトロ大尉!」
被ダメージ
ジェリド 「ジェリド!それでお前の気が済むのか!?」
      「ジェリドめ、やってくれる!」
ヤザン 「まだ俺を狙っているのか、ヤザンは!」
     「ヤザンめ…こっちに狙いをしぼっているのか!?」
     「ヤザンめ!これで俺を倒せると思うな!」
フォウ 「フォウ、君はそのマシンに操られているんだ!」
     「フォウ!自分のやっている事がわかっているのか!?」
     「フォ、フォウ…正気に…戻らないのか…?」
シロッコ 「シロッコ…!俺はまだ!」
ハマーン 「ハマーンに捕まるわけには!」
ニュータイプ 「あのプレッシャーに惑わされたのか!?」
        「そんなプレッシャーなんて!」
        「こ、この強いプレッシャーは何なんだ!?」
回避
レコア 「レコアさん!レコアさんが僕を殺そうだなんて!」
フォウ 「君は戦っちゃいけない!フォウ、君は!!」
     「フォウ、僕だ、カミーユ・ビダンだ!」
ジェリド 「それで終わりか、ジェリド!」
      「ジェリド!無駄なことは止めろ!」
ヤザン 「ヤザンめ…どうしても俺を落とすつもりか!」
サラ 「やめろ、サラ!!」
シロッコ 「シロッコ…!あなたの思い通りにいくものか!」
ハマーン 「ハマーン!お前の手には乗らない!」
フロスト兄弟 「あいつ…!破壊しか考えていないのか!」
        「言って聞く相手じゃないなら…!」
ギンガナム 「貴様の春など、地球にも宇宙にも来させちゃいけないんだ!」
ミネルバ(最終) 「議長!攻撃をやめなければ、次は!」
子供 「子供の遊びに付き合うつもりはない!」

クワトロ・バジーナ
援護攻撃
カミーユ 「さすがだな、カミーユ…!」
アムロ 「腕は鈍っていないな、アムロ!」
エマ 「エマ中尉、無理をするな!」
レコア 「レコア、焦り過ぎだぞ…!」
ロベルト 「ロベルト、まだツメが甘いな」
アポリー 「アポリー、下がれ。後は私が引き受ける」
ハマーン 「今一度お前に手を貸すぞ、ハマーン!」
援護防御
カミーユ 「距離を取れ、カミーユ!」
アムロ 「ブランクのせいとは言わせんぞ、アムロ!」
エマ 「エマ中尉、一度下がれ!」
レコア 「レコア、何に気を取られている…!」
アポリー 「下がれ、アポリー!」
ロベルト 「ロベルト、そこから離脱しろ!」
ハマーン 「隙を見せるとはらしくないな、ハマーン!」
攻撃
アサキム 「許せんな。陰から我々をコントロールしようとするやり方は…!」
エーデル ジ・エーデル 「貴様のエゴ…古き体制とともに消し去る!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル…その歪んだ欲望が世界を押し潰すのだ!」
ハリー 「金色のモビルスーツに乗る者が他にもいたとはな!」
    「金色の機体…油断はできんな!」
ギンガナム 「そのモビルスーツの業、貴様が背負えるものではない!」
レコア 「あの機体に乗っているのは…レコア・ロンドか!」
     「せめて私の手で、その業を払わせてもらう!」
バスク 「新しい時代を作るのは、老人ではない!」
フォウ ハマーン 「この感覚…アムロ・レイ…いや、ララァ・スンか!?」
        「この強烈な波動は以前にも覚えがある…!」
シロッコ 「私が冷静でないだと!?」
      「シロッコ、姑息な真似を!」
      「パプテマス・シロッコ!覚悟してもらおう!」
ハマーン 「ハマーン!私はただ世界を誤った方向に持っていきたくないだけだ!」
      「やはり…ハマーン・カーンか!」
      「そんな決定権がお前にあるのか!?」
      「ハマーン・カーン、死んでもらう!!」
      「これであの武器は使えまい、ハマーン!」
ミネルバ(最終) 「デュランダル!若者の未来をお前が管理するなどと!」
          「デュランダル、運命は自らの手で切り開くものだ」
ニュータイプ 「前方からプレッシャーが来たか…だが!」
        「この感覚、アムロ・レイ…いや、ララァ・スンか…!?」
強化人間 「くっ…もう一度、同じことが繰り返されるというのか!」
      「マシンに精神を引きずられているのか…!」
ティターンズ 「地球の汚染も気にせずに、よくもそんな事を!」
        「ティターンズは地球とコロニーが地続きでないと、いつになったらわかるんだ!」
        「地球連邦が第二のザビ家になろうとしているのがわからないのか!」
ZEUTH 「頼もしさも裏を返せば、こうも強いプレッシャーとなるか…!」
       「ためらいは自分を殺すだけだ…!」
トライチャージ 「アポリー、ロベルト、仕掛けるぞ!」
トライチャージ 「私に続け、カミーユ!アムロ!」
トライチャージ(小隊員)  「任せるぞ、アムロ」
被ダメージ
シロッコ 「くっ!これがシロッコのプレッシャーか!」
ハマーン 「ハマーン…こちらの出方を伺ってるとでもいうのか?」
      「いい読みだ、ハマーン!」
      「やるな、ハマーン・カーンめ…!」
      「ええい、ハマーンめ!やってくれる!」
ニュータイプ 「このプレッシャー…やはりな!」
        「間違いない、相手はニュータイプか強化人間…!」
回避
レコア 「レコア・ロンド…本気か…?」
     「やはり女だな…!攻撃によく現れている…!」
シロッコ 「ティターンズののシンボルだとでも言うのか、あれが!」
ティターンズ 「ジャミトフの私兵などに!」
ギンガナム 「あれではまるで…ジオングだな」
ミネルバ(最終) 「デュランダル、まずは自分の運命を見定めてもらおうか」
ニュータイプ 「この感覚…あれは危険だ!」
子供 「歪んだ育てられ方をすれば、こうもなるか…!」
    「無邪気だからこそ困る…!」

アムロ・レイ
援護攻撃
ガロード 「ガロード、勢いはいいが、詰めが甘いぞ!」
ロラン 「ロラン!俺の戦い方を見ていろ!」
カミーユ 「カミーユ…!後は俺がやる!」
クワトロ 「シャアにしては、らしくない!」
ブライト 「ブライト!あいつは俺に任せろ!」
カツ 「カツ!前に出過ぎだぞ!」
シン 「モビルスーツの性能を引き出せ、シン!」
キラ 「キラ、後は任せろ!」
アスラン 「援護するぞ、アスラン!」
中尉系 「中尉、道を空けてくれ!」
援護防御
ガロード 「ガロード!すぐに後退しろ!」
ロラン 「ロラン!その位置では!」
カミーユ 「カミーユ!後ろにも気をくばれ!」
クワトロ 「シャア!何をしている!?」
ブライト 「アーガマは落とさせん!」
      「ブライト!艦を下がらせろ!」
シン 「シンのカバーに入る!」
キラ 「下がれ、キラ!」
アスラン 「アスラン、後退しろ!」
中尉系 「機体を前に出す!いいな、中尉!」
攻撃
アサキム 「お前の存在は危険だ…!ここで止めてみせる!」
      「アサキム・ドーウィン!全てを話してもらう!」
エーデル 「お前の過ぎた野心に世界を巻き込むな!」
      「エーデル・ベルナル!世界を導く力は、お前にはない!」
ジ・エーデル 「ジ・エーデル!貴様の望む世界を俺は認めない!」
        「消えろ、ジ・エーデル!その醜いエゴと共に!」
アベル パトゥーリア 「ニュータイプを欲しがった結果がこれか…!」
シロッコ 「パプテマス・シロッコ…!そのプレッシャーを止める!」
      「シロッコ!一握りの天才だけで変えられるほど、世界は小さくない!」
ハマーン 「このプレッシャー…!シロッコと同じレベルか!」
      「ハマーン・カーン!退く気がないのなら!」
      「ハマーン・カーン!お前達は人類の革新を急ぎすぎている!」
      「ハマーン!これ以上、お前の好きにやらせはしない!」
      「お前の動きは捉えたぞ、ハマーン!」
フロスト兄弟 「お前達のエゴ…認められるものじゃない!」
ギンガナム 「ギンガナム!貴様の思うようにはさせん!」
       「ギム・ギンガナム!貴様の妄言など!」
       「貴様のエゴを認めるわけにはいかない!」
ミネルバ(最終) 「デュランダル!人の生き方まで支配する気か!」
          「ギルバート・デュランダル…貴様は上からしか物を見ていない!」
デューイ 「デューイ・ノヴァク!一人の人間の力で世界が救えるものか!」
      「お前のやろうとしている事は、希望の芽を摘む事だ…!」
ティターンズ 「ティターンズには借りもある。遠慮はしない!」
        「そこか!ティターンズのモビルスーツ!」
ニュータイプ 「前方からプレッシャーが来る…そこだ!」
        「シャア!?いや違う…あれは別のニュータイプだ!」
        「チッ、邪気がきたか!」
        「身体にまとわりつく敵意…奴からか!」
強化人間 「この感覚…!?相手は強化人間か!」
      「どの世界でも人は過ちを繰り返すと言うのか…!」
      「歪んだ悪意…その元を止める!」
フォウ 「カミーユをそちら側へは行かせん!」
     「サイコミュ・システムさえ破壊してしまえば、後は…!」
ZEUTH 「話を聞かないというのなら…!」
       「力ずくで来るのなら応戦するしかない…!」
       「彼らは何者かに利用されているのか…!」
ジャミル 「部隊を退かせろ、ジャミル!さもないと…!」
ガロード レントン 「子供の理屈が通らない場もあるんだ…!」 
           「実戦経験の少ない子供が相手か…!」
トライチャージ 「大尉、カミーユ!俺に合わせてくれ!」
被ダメージ
ニュータイプ 「これが奴のプレッシャーだというのか!?」
        「金縛りだと…!?」
        「この感じ…やはりニュータイプか!」
        「敵意がそのまま力になっているのか…!?」
        「プレッシャーをかけて来たのはこいつか!?」
回避
フォウ 「ニュータイプとは違う…!何だ…!?」
     「人工的なものか…?違和感が拭えん…!」
シロッコ 「こちらの誘いに乗ったな、シロッコ!」
      「貴様の存在感は鋭利すぎる!」
ハマーン 「戦いをやめるつもりはないのか、ハマーン!」
ネオ・ジオン兵 「ジオンの亡霊などに!」
ニュータイプ 「あの感じ…!敵はニュータイプか!?」
        「そんなプレッシャーなど!」
[PR]
by 7071sprw | 2008-12-04 23:21 | スーパーロボット大戦Z | Comments(0)