タグ:第2次スーパーロボット大戦OG ( 52 ) タグの人気記事
キョウスケ
キョウスケ・ナンブ
援護攻撃
エクセレン 「何をやっている、おれが止めを撃つぞエクセレン!」
       「エクセレン、援護するぞ……!」
       「下がれ、エクセレン!おれも仕掛ける!」
ブリット 「ブリット、援護に入る……下がれ……!」
クスハ 「クスハ、後はおれに任せろ」
ラミア 「ラミア、お前は先に行け」
     「ラミア、援護するぞ……!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護に入るぞ……!」
タスク 「タスク!おれが行く!」
アラド 「アラド、目の前に集中しろ」
ゼンガー 「隊長、こっちで合わせる……!」
      「隊長が仕留め切れんか!ならばおれが……!」
マサキ 「マサキ、援護に入るぞ……!」
ラウル 「ラウル、後は任せろ」
コウタ 「コウタ、援護するぞ!」
アクセル 「アクセル、ここはおれが行く」
      「アクセル、奴の止めはおれが刺す!」
イング 「イング、ここは任せろ!」
アリエイル 「後は任せろ、アリエイル!」
        「援護するぞ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ、後は引き受ける!」
      「奴はおれに任せろ、ヒューゴ!」
アクア 「アクア、援護する!」
     「下がれ、アクア。後はおれがやる……!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、後は任せろ!」
       「分の悪い賭けではないがな」
       「援護に入るぞ、ジョッシュ!」
リム 「リム、後は俺が引き受ける!」
トウマ 「トウマ、援護する!」
少佐系 「少佐、援護に入ります」
アルトアイゼン搭乗 「アルト、ここで決めるぞ!」
援護防御
エクセレン 「下がれ、エクセレン!」
       「エクセレン、ここはおれに任せろ」
ブリット 「迂闊だぞ、ブリット!」
ラミア 「下がれ、ラミア!」
リュウセイ 「リュウセイ、気を抜くな!」
ラウル 「迂闊だぞ、ラウル!」
コウタ 「下がれ、コウタ!」
アクセル 「アクセル、ここはおれが引き受ける!」
イング 「イング、下がれ!」
アリエイル 「後退しろ、アリエイル!」
ヒューゴ 「下がれ、ヒューゴ!」
アクア 「アクア、気を抜くな!」
ジョッシュ 「ここは退け、ジョッシュ!」
       「その賭けは分が悪いぞ!」
リム 「リム、下がれ!」
トウマ 「トウマ、後退しろ!」
アルトアイゼン搭乗 「鈍い分、装甲は厚いんでな」
             「フォローに入る!アルト向きの相手だ!」
攻撃
カークス 「お前の野心がどうであろうと、おれには関係ない……!」
      「魔装機神と同等か、それとも……!」
      「サイバスターほどのスピードがないのであれば……!」
フェイル 「フェイル王子、こちらも黙ってやられるつもりはない……!」
      「力の使い方を誤った者の末路は決まっている……!」
ヴォルクルス 「人に仇なす邪神か。ある意味、能書きをたれる人間よりわかり易い」
         「ヴォルクルス、お前の手札を見せてみろ!」
ラ・ギアス系 「こちらもその手の機体とは戦い慣れているのでな……!」
         「魔装機だろうと、懐に飛び込めば……!」
         「魔装機か。対PT戦と同じ要領でいけるはずだ……!」
アルベロ アーマラ 「胡散臭さは、見た目だけではないらしいな」
             「何が本当の目的か知らんが……!」
             「お前が何者だろうと、おれにとってはサマ師の一味に過ぎん……!」
ガルベルス 「ツェントル・プロジェクトのジョーカーか……!」
        「全部入りと言うわけか。豪勢だな」
エルデ 「全てを取り込む、か。やれるものなら、やってみせろ……!」
     「お前が求める結果など……興味はない!」
ドゥバン 「勝負だ、ドゥバン・オーグ……!」
      「至高の支配者か。ありがちな題目だな」(最終)
      「お前は、己の運命の受け入れ方を間違った……!」(最終)
エグレッタ 「結果は同じだ……返り討ちになるぞ」
アーマラ 「今度はお前が狩られる番だ……!」
      「おれ達まで狩れると思うなよ……!」
ブーステッド・チルドレン 「道を正すつもりがないのなら……!」
                「アラドのかつての仲間と言えど、敵ならば容赦はしない……!」
ジンライ 「あの特機、ダブルGばりのケレン味だな……!」
      「3番目のダブルG……相手に取って不足はない!」
      「ダブルGと言えど、近距離戦では負けん……!」
量産型ジンライ 「下忍相手に後れは取らん……!」
          「頭数を揃えたところで!」
トウマ 「その機体を止める。待っていろ……!」
     「まずは奴を止める!」
ガイアセイバーズ 「お前達の真意はわかった。ならば、やることは一つだ」
            「守護者を騙るサマ師共が……!」
            「ガイアセイバーズ……ただで済むと思うなよ」
            「お前達の題目が、いつまでも通用すると思うな」
            「名誉などいらん。無論、汚名もな……!」
泰北 「勝負だ、泰北!」
夏喃 「行くぞ、夏喃!」
泰北 夏喃 「四神の超機人か……!」
        「桃源郷などに興味はない」
光龍 「どんな化け物だろうと……!」
     「孫光龍……お前のショーに興味はない!」
     「光龍、お前の暇潰しに付き合う気はない……!」
     「龍ならば、その逆鱗ごと打ち砕く……!」
超機人 「超機人……相手にとって不足はない!」
イルイ 「ガンエデン……お前の結界を貫く!」
     「悪いが、元から信心深い質じゃない……!」
妖機人 「アインストよりはわかり易い連中だ……!」
     「つくづく化け物とは縁があるらしいな……!」
ゼブ 「そのふざけた態度がどこまで保つか……!」
ロフ 「真っ向勝負というわけか、ロフ。いいだろう……!」
セティ 「セティ、やることはインスペクターと同じか……!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン、退き際を見誤ったな!」
        「お前達は最後の一手でしくじる……!」
ゲスト系  「その諦めの悪さが命取りになる……!」
       「お前達のような客を招いた覚えはない……!」
       「ゲストだろうがインスペクターだろうが、やることは決まっている!」
ウンブラ 「ウンブラ、お前の御託に興味はない」
コンターギオ 「笑ってられるのも今の内だぞ……!」
ペルフェクティオ 「”破滅の王“か。シンプルな肩書きだな」
           「お前がルイーナの頭ならば……潰す!」
メリオルエッセ 「好きなだけ御託を並べるといい。おれのやることは一つだ」
          「そう簡単に絶望などせんぞ……!」
          「メリオルエッセ……おれを止められるか?」
          「やることはシンプルだ。互いにな」
          「この世界に干渉した者がどうなるか、身を以て知れ……!」
ルイーナ 「お前達がいくら湧いて出ようと……!」
      「ルイーナの雑魚に用はない……!」
      「お前達がまき散らす恐怖ごと排除あるのみ……!」
      「ルイーナ……この世界にお前達の居場所はない」
アルテウル 「アルテウル……サマ師共の元締めか」
        「これまでのツケを払ってもらうぞ、アルテウル!」
ユーゼス 「ユーゼス、貴様も全賭けというわけだな。だが、こちらはそれ以上だ!」
      「因果応報……その言葉の意味を教えてやる!」
      「ユーゼス、おれの賭けに付き合ってもらうぞ!」
指揮官系 「隊長機……!頭を取る!」
化け物系 「化け物共の相手は慣れている……!」
       「わかり易い怪物だな……」
ボス系 「あの大きさなら、狙いをそれほど絞る必要はないな……!」
被ダメージ
カークス 「魔装機神を相手にするより楽か……!」
エルデ 「易々とおれを取り込めると思うなよ!」
ドゥバン 「その程度か、ドゥバン」
      「アレス・ガイスト……食いついてきたか!」
ジンライ 「踏み込みの速度は……さすがダブルGと言ったところか」
超機人 「化け物に食いつかれるとはな……!」
イルイ 「神の力とやらは、その程度か!」
ゲスト系 「インスペクターよりはやるらしい……!」
ペルフェクティオ 「そう簡単に、破滅など……!」
メリオルエッセ 「その一撃、受け止めたぞ、メリオルエッセ……!」
          「おれを倒せると思うなよ、メリオルエッセ……!」
ユーゼス 「サマ師が……調子に乗るな!」
パワー系 「見かけなりの力はあるようだな……!」
       「向こうも力押しというわけか……!」
回避
エルデ 「お前と溶け合う気などない……!」
ドゥバン 「ドゥバン、それがお前の手か」
      「所詮はそんなものか、ドゥバン」
アーマラ 「確かにヒュッケバイン以上の運動性だが……!」
ジンライ 「ダイゼンガーほどのキレはないようだな……!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ……お前達のショーに付き合う気はない」
            「その手には乗らんぞ、ガイアセイバーズ」
            「ガイアセイバーズ……目論見通りにいくと思うなよ」
泰北 夏喃 「仙人だけあって、酔狂な手だな」
超機人 「超機人……見た目だけか」
     「超機人の力はその程度か?」
イルイ 「神を名乗っておいて、それか!」
妖機人 「ブラフ混じりの手などに!」
     「面白い芸だった」
ゲスト系 「インスペクターと大差ないようだな」
      「結局、言うこととやることはインスペクターと同じか」
ペルフェクティオ 「破滅するのは、お前の方だ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセなどと、名ばかりは大層だがな」
          「お前の御託はもういい」
          「題目はそこまでにしてもらおうか」
ユーゼス 「ユーゼス、お前の計画にほころびが見えているぞ」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-26 08:33 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
エクセレン
エクセレン・ブロウニング
援護攻撃
キョウスケ 「キョウちゃ~ん!あらいやん、私ったら大胆?」
       「どいてどいて~!援護しちゃうわよ、キョウスケ」
       「もう、あんまり世話焼かせないでよね、キョウスケ」
       「んふふふ~、これもラブラブアタックね!」
       「あふんの呼吸よ、キョウスケ。……阿吽だっけ?」
       「言わなくてもわかってるわよ、キョウスケ!」
ブリット 「ブリット君、お姉さんが援護してあ・げ・る」
      「ブリット君、こういうトコも奥手ねえ」
      「ブリット君、なかなかやるじゃない!」
クスハ 「クスハちゃん、手伝っちゃうわよ!」
     「クスハちゃんの後ろには、私がいるのよね!」
ラミア 「エクセのお姉様に任せてちょうだい!」
     「私を呼んだよね、ラミアちゃん!」
     「はいは~い!ラミアちゃん、後はお任せ!」
     「ここで美女姉妹の勢揃いでございま~す!」 
     「ラミアちゃんからのキラーパスっと!」
ライ 「色男さ~ん、援護はいかが?お安くするわよ」
ヴィレッタ 「お姉さま~!後ろから失礼~!」
カチーナ 「カチーナ中尉に続いて、こっちもツッコミ入れましょうか!」
ラッセル 「ラッセル君、男はもっと強気じゃなきゃね」
タスク 「タスク君、ツッコミが甘いわよ!……なんでやねん!」
ラーダ 「んふふふふ~、ヨガヨガ天国へようこそ!」
アラド 「アラド君、後ろ、後ろ~っ!……行っちゃったのね」
ゼンガー 「ボス、役に立つ部下でしょ?お給料……上げてくれる?」
カーラ 「カーラちゃんに続いて、こっちも華麗に踊りましょっか!」
ラウル 「ラウル君、後はお姉さんにお任せ!」
コウタ 「コウタ君、手伝っちゃうわよ!」
アクセル 「さっすが、元隊長さん!こっちも続くわよ!」
      「あらん、タイミングばっちりじゃない、アクセル!」
      「援護するわね、こいつがな!」
アルフィミィ 「アルフィミィちゃん、ここはお姉さんが手伝うわよ!」 
        「小エクセの次は、大エクセってことで!」
イング 「イング君、後は任せて!」
     「イング君からのバトン、受け取ったわよ!」
アリエイル 「アリエイルちゃん、お姉さんが面倒見るわよ!」
       「アリエイルちゃん、後はお任せ!」
ヒューゴ 「ヒューゴ君、フォローするわよ!」
      「援護するわね、ヒューゴ君」
アクア 「年上女房のよしみってことで」
     「アクアちゃんってば、結構大胆ねん!」
ジョッシュ 「分の悪い賭けは好きだったり、好きじゃなかったり」
       「ジョッシー、後は任せて!」
リム 「リムちゃん、お姉さんも頼りにしてね!」
    「リムちゃん、こっちからも行くからね!」
トウマ 「トウマ君、後はおまかせよん!」
     「可愛い男の子にはサービスしちゃう!」
マサキ 「マーサ、後はお姉さんにお任せ!」
テュッティ 「お姉さん役のよしみってことで」
ミオ 「ミオちゃん、フォローするわよ!」
リューネ 「わお!いいアプローチじゃない、リューネちゃん!」
サフィーネ 「むむっ、お色気路線じゃ負けらんないかも!」
少佐系 「少佐、後はお任せってことで!」
援護防御
キョウスケ 「ちょっとキョウスケ!前に出過ぎだって!」
       「キョウスケ、フォローはお任せよん!」
       「キョウスケの傍には私がいるってこと、忘れないでよね!」
       「キョウちゃんのためなら、え~んやとっと!」
ブリット 「ブリット君、危ない!」
ラミア 「ラミアちゃん、今の内に逃げて!」
     「ラミアちゃん、いくら身体が頑丈だからって……!」
     「ラミアちゃんの方が頑丈だと思うけど……」
クスハ 「クスハちゃん、無茶はダメダメよん!」
アクセル 「身代わりになるわよ、これでもね!」
アルフィミィ 「ちょっと!ウチの子に手を出さないでくれる!?」
イング 「イング君、下がって!」
アリエイル 「こんなこともあり得いる……とか言ってる場合じゃなくて!」
ヒューゴ 「ヒューゴ君、下がって!」
アクア 「アクアちゃん、ここは引き受けるわよ!」
リム 「リムちゃん、無理は禁物よ!」
トウマ 「トウマ君、やる気があるのはわかるけどね」
ミオ 「ミオちゃん、ツッコミ過ぎは危ないって!」
攻撃
ガテゼルク 「あらら、わっかり易い悪者さんねぇ」
        「意外に単純な性格なのね。あの手のコンピュータとしては、どうなのかしらん」
カークス 「゛超“って付いてる以上、油断は禁物よね……!」
フェイル 「悪いけど、私はマーサ側に付くわよ!」
カークス フェイル 「こうなったら、あの人を止めるっきゃないわね……!」
            「悪いけど、あなたの野心に加担する気はないの!」
ルオゾール 「私がお姫様役ってことで、どうかしらん?捕まる気はないけどね」
        「邪神官、魔術師……いよいよもってロープレね、ロープレ!」
デモンゴーレム 「文字通り湧いて出てくるのよね、あれ」
          「まとめて埋立地へご案内!」
ヴォルクルス 「あれ、アインストの知り合いってことはないわよね?」
         「さあて、魔神を倒してお姫様を助け出すわよ!いたらの話だけど」
ヴォルクルス(合体) 「美女に触手……特定のジャンルじゃ、お約束よね」
ラ・ギアス系 「地上のマシンも捨てたものじゃないわよ?」
        「地上に帰るまで、やられるわけにはいかないのよね」
        「さあて、ラ・ギアスを駆け抜けるわよ!」
        「魔装機って、結構種類があるのね」
オレグ 「アインストは、もういなくなったってのに!」
     「言っとくけど、私はアインストじゃないわよ」
アルベロ 「怪しいわよね……見た目とか、色々」
      「見た目は、パーソナルトルーパーっぽいけどね」
      「メディウス……相応の覚悟をしてもらうわよ!」(後半)
      「アクアちゃんの気持ちを考えると、放っておくわけにはいかないのよね……!」(後半)
ガルベルス 「全部入りってわけね。おかわりはいらないから!」
        「随分とたくましくなっちゃって。成長期ってわけでもないでしょうに」
        「行くわよ、強面さん!」
エルデ 「何でもかんでも一つになっちゃたら、色々とつまんないわよね」
     「いやまったく、女の執念は怖いわよねぇ」
ドゥバン 「豪腕激砕って感じ?砕かれるつもりはないけど」
      「アリエイルちゃんに手出しはさせないわよ!」
      「そういうリサイクルは、良くないと思うけど」
      「アインストの力を手に入れたって、ろくなことにはならないわよ……!」(後半)
      「ドゥバン、あなたが思っているような結果にはならないわよ!」(後半)
      「あなたを止めるわよ、ドゥバン……!」(後半)
エグレッタ 「あの子、意外と根に持つタイプだったのね」
       「リベンジはノーサンキューなのよね」
       「名前を変えて再デビューって、よくある話よね」
アーマラ 「物騒なアイテムをお持ちなのね。それ、変形しないの?」
      「あの子、意外にツンデレちゃんだったりしてね」
ブーステッド・チルドレン 「わかってるでしょうけど、遊びじゃ済まないわよ」
                「お姉さんの相手をするのは、十年早いわよ!」
                「悪いけど、あなた達の踏み台になる気はないのよね」
                「随分と吹っ切れた子達ねぇ」
ジンライ 「あのニンジャロボ、他のメカと合体しないのかしらん?」
      「ニンジャって言っても、大きなカエルには乗ってないのね」
      「無人のニンジャロボって、放っておくと大変なことになるのよね」
      「わお、ジャパニーズ・ニンジャ!……ニンジャって、元々日本発よね」
      「山を越え、谷を越えて来たって感じ?」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズって名前だけ聞くと、正義の味方っぽいけどね」
            「嫌疑に異議あり!ってことで、逆転判決を勝ち取るわよ!」
            「あなた達、推定無罪って言葉、知ってる?」
            「どうも感じ悪いのよね、あなた達は」
泰北 「ネギを背負ってるのは亀……じゃなくて、カモね。しかも、大砲だし」
    「泰北の大砲……とか言ってる場合じゃないわね」
夏喃 「朱雀王って言うと、悪霊退散な感じね」
    「燃えるいい女……って、超機人に性別ってあるのかしらん?」
    「大人の火遊びは命取りになると申しまして」
    「クスハちゃんに目を付けるなんて、いい趣味してるじゃない?」
泰北 夏喃 「仙人を増やして千人に……って、冗談言ってる場合じゃないわね」
        「人類皆平等ならぬ皆仙人って、どうなのかしらん」
        「悪いけど、人間やめる気ないのよね」
窮奇王 「見るからに速そうじゃない?でも、お姉さんも負けないわよ!」
     「あれ、虎王機ちゃんのお兄さんか何か?」
饕餮王 「饕餮って、読めても字は書けないわよねぇ」
     「食べるならともかく、食べられるのはちょっとねぇ」
四凶 「悪食は、消化に悪いわよ!」
光龍 「清々しいぐらいの上から目線ね。もっとも、ホントに上の方にいるけど」
    「あれで坊やが背中に乗ってたら、昔話が始まっちゃうわね」
イルイ 「後出しの神様なんて、ありがたくも何ともないわよ!」
     「悪いけど、籠の中の鳥になる気はないのよね!」
孟槐 「いやん!ちょっとあれ、可愛くない?」
苦辛公主 「可愛い顔して何とやら……って感じ?」
帝江 「人生には大事な3つの袋がありまして……って、何袋かしら、あれ」
    「ようく見ると、あれ……ちょっとマズくない?」
抱鴞 「あらん、プリティなお尻ちゃんねぇ」
何羅魚 「何でカメラ目線なのかしらね、あれ」
     「あらん、お魚大車輪って感じ?」
妖機人 「こっちも巫女さんのコスプレとかした方がいいのかしらん」
     「美少女妖怪ハンター登場~!ってな感じで」
     「妖怪降参!退散だっけ?」
     「あの手の敵は、ちゃっちゃか片付けていかないと!」
ゼブ 「ああいう喋り方をして、疲れないのかしらん」
    「そ~んじゃま、いくわ~よ!」
ロフ 「むむ?おぬし、女難の相があるぞよ?」
    「固そうな相手よね、色んな意味で」
セティ 「あの人、何か他人って気がしないのよね」
     「セティ、意外に気が合うかもね、あなたとは」
     「さあて、女同士で火花を散らせましょっか!」
ゼブ ロフ セティ 「インスペ四天王と比べて、キャラ的にどうなのかしらん」
            「諦めの悪い宇宙人さん達ね、ホント」
ゼゼーナン 「むしろ、あなたの方がサル山の大将さんって感じ?」
        「ゼゼーナン、悪いけど、あなたの出番はもう終わりよ!」
ゲスト系 「あなた達、バーター出演ってわけじゃないわよね、ゲストだけに」
      「迷惑なお客さんには、さっさと帰ってもらいましょっか!」
      「ゲストって言ってるけど、招いた覚えはないのよね」
      「宇宙人の相手は慣れてるのよ、おかげ様でね」
アクイラ 「頭にそんなものをかぶって……いやん」
      「あいにく、ゴリマッチョさんに興味はないのよね」
イグニス 「あらあら、燃えてるわね。熱くないのかしら」
      「火遊びなんてするつもりはないけどね」
グラキエース 「氷の美女って感じね。凍りたくはないけど」
         「文字通りのクールビューティーって感じ?」
ウンブラ 「あのフードの中身、実は美少女だったりしてね」
      「やっぱり、中身が気になっちゃうわよね」
コンターギオ 「あなた、何たらもエクボって奴?」
         「インスペクターとかゲストより宇宙人っぽいのよね、彼」
ペルフェクティオ 「お呼びじゃないのよ、あなたみたいな王様はね!」
           「ペルフェクティオって、舌を噛みそうな名前よね」
           「出てきたばかりで悪いけど、ご退場願うわよ!」
メリオルエッセ 「ここでストップよ、メリオルエッセ!」
          「お相手願うわよ、メリオルエッセ!」
ルイーナ系 「あの手の敵は、ちゃっちゃか片付けていかないと!」
        「お姉さんは、そう簡単には怖がらないのよね」
        「ホント迷惑よね、ルイーナって!」
        「早々にご退場願うわよ、ルイーナ」
アルテウル 「アルテウル、何か色々企んでたみたいだけど……!」
        「アルテウル、そろそろご退場願うわよ!」
ユーゼス 「ユーゼス、アインストと同じ過ちを犯してるって気づいてる?」
       「まったく、夢見がちな年頃ってわけじゃないでしょうに!」
化け物系 「騎士が魔物を退治するのって、いかにもファンタジーよね」
スピード系 「スピードなら、このライン・ヴァイスちゃんもなかなかのものよん!」
被ダメージ
オレグ 「結構な言い掛かりよねぇ」
     「あたた……恨み骨髄って感じね」
     「だから、アインストじゃないってのに!」
カークス フェイル 「考え方を変える気はないみたいね……!」
ヴォルクルス 「ヴォルクルスさん、それで終わりかしら?」
ラ・ギアス系 「いてて、ラ・ギアスのメカもなかなか……」
       「速いわね、あの魔装機……!」
       「あ、あの魔装機、結構やるじゃないの!」
アルベロ 「あらら。結構速いわね、メディウス」
      「やっぱ、中身も成長してる?」(後半)
エルデ 「悪いけど、一緒になる相手はあなたじゃないのよね」
     「いやホント、どういう仕組みなのかしらね、あれ」
     「くうう~!見事なまでの弾けっぷりよね……!」
ドゥバン 「くう~!見た目通りの剛腕ね!」
      「イエッツトをコントロール出来るわけなんてないのに……!」(後半)
      「そのままいくと戻れなくなるわよ、ドゥバン……!」(後半)
      「ううっ!早くアレス・ガイストを止めないと……!」(後半)
      「人間を支配する前に、あなたが終わっちゃうわよ!?」(最終)
      「くっ!たった一人でやれることなんて、限られてるんじゃない!?」(最終)
ドゥバン ブーステッド・チルドレン 「あの子、聞く耳持たないって感じねぇ」
アーマラ 「あたた……あの斧は要注意ね」
      「くっ!斧だけにOH!NO!……とか言ってる場合じゃないわね」
ブーステッド・チルドレン 「もう、ホントに……アラド君達とは大違いね」
                「あたた……可愛げがないんだから」
ジンライ 「いてて……手癖の悪いニンジャさんねぇ」
      「何々?何のニンポーなの、あれ!」
      「こ、こっちはドロンする気なんてないのよね!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズって言っても、大したことないわね」
            「やってくれるじゃない、ガイアセイバーズさん!」
泰北 「う~ん、善哉……とか言ってる場合じゃないわよね」
夏喃 「いやん、私もあなたのタイプなのかしら?」
夏喃 イグニス 「危ない火遊びねぇ、ホント」
          「ちょっとぉ!丸焦げになるってば!」
          「ちょっと、ちょっと、燃え過ぎじゃない?」
泰北 夏喃 「くっ!まだここからよ、仙人さん!」
四凶 「さ、さすがにやるわね、四凶の超機人は……!」
光龍 「こ、このままじゃ、こっちがねんねしちゃうわよ!」
イルイ 「あたた……神様を自称するだけはあるわね」
     「こ、ここは神頼みってわけにはいかないわよねぇ……!」
孟槐 何羅魚 「あらら、見かけによらないわね~」
妖機人 「あんなのにやられたら、成仏できないわよねぇ」
     「ん?何か用かい?って、誰かがもう言ってるわよね」       
     「キモ可愛いって言っても、あれはちょっとねぇ」
ゼブ 「そ~こそこやる~じゃな~いの!」
セティ 「やるじゃないの、セティちゃん!」
ゲスト系 「お客様の接待も程々にしとかないとね」
      「二番煎じってわけじゃないみたいだけどね」 
      「はぁ~い、今週のゲストは……なんて言ってる場合じゃないわね」
コンターギオ 「いやん、もう。あれのイメージソースって何なのかしらん」
         「爬虫類系は、ちょっとアレなのよね」
ペルフェクティオ 「”破滅の王”ったって、そんなものかしら?」
           「ペ、ペルフェク、ペルフェテ……やっぱり、言いにくいわ~」
メリオルエッセ 「そんなんじゃ、お姉さんは怯まないわよ?」
          「ホント、色んな意味で濃いわよね、メリオルエッセって」
          「それで終わりかしら、メリオルエッセさん?」
          「やってくれるじゃない、メリオルエッセさん!」
メリオルエッセ ペルフェクティオ 「くううっ!反省はしても、絶望なんてしないから!」
ルイーナ系 「悪いけど、この程度じゃ怖がんないのよね」
        「ルイーナ相手で怖がるわけにはいかないものね」
ユーゼス 「くっ!さっさと絶交したいわね、あなたとは!」
       「い、色々言ってる割には、私を倒せないじゃない……!?」
回避
ガテゼルク 「口先だけかしら、ガテゼルクさん?」
カークス 「伊達に”超”って付いてるわけじゃなさそうね」
カークス フェイル 「力の使い時と使い所を間違ったら、意味ないわよ」
ルオゾール 「イケメンならぬインケンメンは、ノーサンキューってことで」
ヴォルクルス 「見るからに邪神って感じよね」
         「ヴォルクルスさん、それで終わりかしら?」
ラ・ギアス系 「魔装機には捕まんないわよ!」
        「その魔装機じゃ、追いつけないわよ!」
オレグ 「結構な言い掛かりよねぇ」
     「逆恨みのお相手をするつもりはないのよ」
アルベロ 「黒くて速いってのはライバルのセオリー、って感じ?」
      「見た目は成長しても、中身はそうじゃないみたいね」(後半)
ガルベルス 「ギミックてんこもりねえ、あれ」
       「ホント、いい性格してるわね、あの人」
エルデ 「これ以上ないくらいにキレまくってるわね、あの人」
     「エルデ、あなたの妄想に付き合う気はないわよ!」
ドゥバン 「あんなので殴られたら、痛そうよねぇ」
      「エキセントリックよね、あの子」
      「ドゥバン、あなたの思い通りにならないわよ!」(後半)
エグレッタ 「そう簡単に、リベンジなんかさせないわよ!」
       「結構、根に持つタイプだったのね」
ジンライ 「大した忍法じゃないわね」
      「大きなガマガエルとか、召喚しないのかしら」
ブーステッド・チルドレン 「子供だからって、甘く見ないわよ?」
                「おイタが過ぎると、お姉さん怒るわよ?」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズって言っても、大したことないわね」
            「ガイアセイバーズさん、私はここよん!」
            「ガイアセイバーズって名前だけはご大層だけどね」
泰北 「やっぱ、亀さんはノロマよねぇ」
    「善哉より、お汁粉の方が好みだったりして」
夏喃 「雀さん、こっちこっち!」
    「見るからに性格キツそうな超機人よね」
    「クスハちゃんに目を付けるなんて、いい趣味してるわね」
夏喃 イグニス 「丸焼きになるつもりなんてないのよね」
          「そっちと火遊びする気はないのよね」
泰北 夏喃 「あなたのお誘いには、乗れないのよね」
        「霞を食べる生活なんて、つまらないじゃない?」
        「強引な勧誘はお断りよ!」
四凶 「悪趣味な顔よねぇ、ホント」
    「あなた達の餌になる気なんてないわよ!」
光龍 「人間もそう捨てたものじゃないわよ、光龍」
    「面白おかしく生きるのはいいけど、あなた達の下じゃあね」
イルイ 「私達を封じ込めようったって、そうはいかないわよ!」
     「結果的には、信じる者も救われないんでしょ?」
妖機人 「はいはい、妖怪退散、退散!」
     「動物園に寄贈した方がいいかしらん?……って、迷惑よね」
     「ん?何か用かい?って、誰かがもう言ってるわよね」
ゼブ 「当~たらないのよね~!」
    「残念で~した、っと!」
ロフ 「レディの扱いがなってないんじゃない?」
セティ 「セティちゃん、こっちも速さには自信あるのよ?」
     「やっぱ、他人って気がしないわよね」
ゲスト系 「二番煎じってわけじゃないみたいだけどね」
      「ホント、あなた達も懲りないわよねぇ」
      「お客さんの相手は、チャッチャカやってかないと!」
イグニス 「あらら、熱血君ねぇ」
グラキエース 「マンモスじゃないんだから、氷づけは勘弁ね」
ウンブラ 「あなた、男なの?女なの?」
コンターギオ 「あれで青かったら、結構アレな感じよね」
         「ホント、あの人、何類なのかしらん?」
ウェントス 「それで終わりかしら、優男さん?」
ペルフェクティオ 「こっちの世界に居座られちゃ、困るのよね」
           「ペルフェクティオ、こっちの水は苦いわよ!」
メリオルエッセ 「そんなんじゃ、お姉さんは怯まないわよ?」
          「ホント、色んな意味で濃いわよね、メリオルエッセって」
          「それで終わりかしら、メリオルエッセさん?」
ルイーナ 「ルイーナなんかには捕まらないわよ!」
      「笑いと幸せを振りまくってんなら、ともかくね」
      「恐怖や絶望の押し売りは勘弁ね」
ユーゼス 「あなたの大風呂敷、私達が畳んであげるわよ!」
      「どんな縁があったか知らないけど、あなたの昔話には興味ないのよね!」
特機系 「重そうな感じだけど、そこそこ動くのね」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-26 08:31 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
リュウセイ
リュウセイ・ダテ
援護攻撃
キョウスケ 「こっちからも行くぜ、キョウスケ中尉!」
       「キョウスケ中尉、後は引き受けた!」
エクセレン 「エクセレン少尉、援護するぜ!」
ブリット 「ブリット!後は任せろ!」
クスハ 「いい位置だぜ、クスハ!」
     「クスハ、後は任せろ!」
ライ 「援護するぜ、ライ!」
    「ライ、コンビネーション・アタックだ!」
    「ライ!フォーメーションDだ!」
アヤ 「アヤ、後は任せろ!」
    「フォーメーションDで行くぜ、アヤ!」
    「アヤ、俺がとどめを刺す!」
ヴィレッタ 「さすが隊長……!俺も負けてられねえ!」
      「隊長、援護するぜ!」
マイ 「マイ、コンビネーションでいくぞ!」
    「マイ、後は俺が引き受けるぜ!」
    「頑張ってんな、マイ!」
タスク 「タスク!どこへ行くんだ!?」
レオナ 「レオナ、援護するぜ!」
イルム 「イルム中尉、援護するぜ!」
リオ 「援護するぞ、リオ!」
リョウト 「手伝うぜ、リョウト!」
ラトゥーニ 「援護するぜ、ラトゥーニ!」
       「ラトゥーニ、お前は先に行け!」
       「よし!後は任せろ、ラトゥーニ!」
アラド 「手を貸すぜ、アラド!」
ユウキ 「ユウ、後は引き受けたぜ!」
カーラ 「カーラ、こっちからも行くぜ!」
コウタ 「援護するぜ、コウタ!」
ミチル 「ミチル、後は任せな!」
イング 「イング、援護するぜ!」
アリエイル 「援護するぜ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、後は任せてくれ!」
アクア 「手を貸すぜ、アクア少尉!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、後は俺がやる!」
リム 「援護するぜ、リム!」
トウマ 「トウマ、後は任せろ!」
マサキ 「マサキ、後は任せろ!」
ミオ 「ミオ、こっちからも行くぜ!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、危ねえ!」
エクセレン 「エクセレン少尉、下がってくれ!」
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ライ 「ライ、貸しにしとくぜ!」
    「下がれ、ライ!」
アヤ 「アヤ、早く逃げろ!」
    「アヤ、ここは俺が引き受ける!」
ヴィレッタ 「隊長!危ねえっ!」
       「ヴィレッタ隊長、早くこっちの後ろにっ!」
マイ 「マイ、下がれ!」
    「マイ、無理すんな!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ!今の内に逃げろ!」
       「ラトゥーニ、あいつは俺に任せろ!」
アラド 「何やってんだ、アラド!」
コウタ 「コウタ、後ろに下がれ!」
ミチル 「ミチル、やせ我慢すんな!」
イング 「下がれ、イング!」
アリエイル 「下がれ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、ここは任せろ!」
アクア 「アクア少尉、離脱してくれ!」
ジョッシュ 「下がれ、ジョッシュ!」
リム 「リム、無理すんな!」
トウマ 「ここは退け、トウマ!」
マサキ 「マサキ、今の内に!」
ミオ 「危ねえぞ、ミオ!」
攻撃
ジョグ 「勝負だ、ジョグ!」
ガテゼルク 「コンピューターなんぞにやられてたまるか!」
カークス 「カークス将軍!あんたは力の使い方を間違ってるんじゃねえのか!」
フェイル 「地上とラ・ギアスのハイブリッドマシンか!」
      「あんた、もしかしてわかっててこんなことを……!?」
デモンゴーレム 「ようし、ゴーレム退治だ!」
         「ゴーレムなんぞに!」
ヴォルクルス 「いかにも邪神って感じの面構えじゃねえか……!」
        「行くぞ、ヴォルクルス!」
ラ・ギアス系 「相手は魔装機か!」
        「魔装機相手でも負けやしねえ!」
アルベロ 「行くぞ、メディウス・ロクス!」
      「てめえがどんなに進化しようと!」
ガルベルス 「サーベラスとガルムレイドのニコイチってわけか!」
        「俺を噛み砕けると思うなよ!」
エルデ 「エルデ、てめえに見せてやるぜ……AI1が行き着く先をよ!」
ドゥバン 「行くぜ、ドゥバン!」
      「ドゥバン、てめえ一人だけで何が出来るってんだ……!」(後半)
      「ドゥバン……ここで引導を渡してやる!」(最終)
エグレッタ 「エグレッタ!てめえ、性懲りもなく!」
アーマラ 「奴はヤバい……それは確実にわかる!」
      「念じゃねえ……だが、あれには覚えがある……!」
      「あいつ、前にもどこかで……いや、今は!」
      「念じゃねえが、この感じは……いや、それより!」
      「てめえなんぞに狩られてたまるか!」
      「Rシリーズまで狩れると思うなよ!」
      「アーマラ、てめえはいったい……!」
      「この違和感の正体……見極めさせてもらうぜ!」
      「ガリルナガン……あれに負けるわけにはいかねえ!」
ジンライ 「相手がダブルGなら、油断は出来ねえ……!」
      「行くぜ、忍者ロボ!」
      「勝負だ、ジンライ!」
量産型ジンライ 「忍者軍団をここで食い止める!」
トウマ 「まずはその機体を止める!」
ブーステッド・チルドレン 「自分の欲が最優先だってのか、てめえらは……!」
                「ラトゥーニ達は、てめえらと違うんだよ!」
                「てめえらは、自分の過去をそういう風に受け止めんのか……!」
ガイアセイバーズ 「行くぞ、ガイアセイバーズ!」
            「俺達がそんなに目障りだってんなら……!」
            「こっちだってな、引き下がるつもりはねえんだよ!」
            「ガイアセイバーズ!てめえらの好きにはやらせねえ!」
虎王機 「虎王機!お前の目を覚ませてやるぜ!」
泰北 「行くぞ、武雀王!」
    「ガチで行くぜ、泰北!」
夏喃 「勝負だ、雀武王!」
    「夏喃!俺は仙人なんぞになる気はねえ!」
泰北 夏喃 「四神の超機人が敵になるとはな……!」
窮奇王 「行くぜ、窮奇王!」
饕餮王 「覚悟しやがれよ、饕餮王!」
四凶 「その見た目にビビる俺じゃねえ!」
光龍 「光龍、ありきたりな台詞かも知れねえが……勝負はやってみなきゃわからねえ!」
    「デカさも念も、化け物クラスか!けどな!」
    「孫光龍……その念、ブチ抜いてやる!」
超機人 「中国四千年の神秘が相手ってわけか!」
クストース 「相手がクストースだろうと、ここで引き下がれるか!」
イルイ 「守ることと縛ることは、同義じゃねえぜ、ガンエデン!」
     「ガンエデン!てめえを倒し、結界を破ってやる!」
妖機人 「退治してやるぜ、妖機人!」
     「行くぞ、妖怪野郎!」
ゼブ 「そこを動くんじゃねえぞ、ゼブ!」
ロフ 「正面からブチ当たってやるぜ、ロフ!」
セティ 「行くぞ、セティ!」
ゼブ ロフ セティ 「ゲストの指揮官機か!」
ゼゼーナン 「覚悟してもらうぜ、ゼゼーナン!」
        「俺達に目を付けたのが、そもそも間違いだったんだよ!」
ゲスト系 「ゲスト、てめえらの好きにはやらせねえ!」
      「まったく、懲りねえ連中だな!」
      「ゲストなんざ蹴散らしてやるぜ!」
アクイラ 「行くぜ、アクイラ!」
イグニス 「勝負だ、イグニス!」
グラキエース ウェントス 「あいつ、他のメリオルエッセと違うぞ……!?」
                「あのメリオルエッセは……!」
コンターギオ 「コンターギオ、そこを動くんじゃねえぞ!」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ!てめえの勝手な理屈で世界を滅ぼされてたまるか!」
           「てめえにあっさり潰されるほどこの世界は脆かねえぜ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセを目の前にして、引き下がるわけにはいかねえ!」
          「あのメリオルエッセは俺に任せろ!」
          「乗り越えてやるさ、てめえらが与える恐怖ってやつをよ!」
ルイーナ系 「早くルイーナを何とかしねえと!」
        「ルイーナを倒す!」
        「やらせねえぞ、ルイーナ!」
        「行くぜ、ルイーナ!」
指揮官系 「隊長機か!行くぜ!」
特機系 「パワー勝負なら、こっちだってお手のもんだぜ!」
     「こっちだってスーパーロボットだ、負けやしねえ!」
ユーゼス 「てめえが元凶ってわけか、ユーゼス!」
      「前世の記憶ごとてめえの存在を消してやる!」
      「てめえがイングラム教官を操っていた……それだけで充分だぜ、俺がてめえを倒す理由はな!」
被ダメージ
フェイル 「デュラクシール……一筋縄じゃいかねえぜ!」
ヴォルクルス 「あの図体で、いい動きしやがる!」
         「くっ、邪神なんぞに!」
ラ・ギアス系 「ラ・ギアスのメカもやるじゃねえか!」
        「くそっ、魔装機のパワーを侮ったか!」
エルデ 「あんなのと一つになってたまるか!」
ドゥバン 「まだ終わりじゃねえぜ、ドゥバン!」
アーマラ 「チッ、あの斧は要注意だな!」
      「浅いぜ、アーマラ!」
      「ぐうっ!奴に狩られてたまるか!」
      「アーマラめ、絶妙にタイミングを合わせてきやがる……!」
      「何でこうもアーマラに動きを読まれるんだ!?」
ジンライ 「くっ!打ち込みの速さは、さすがダブルGってことか!」
泰北 「何てもんを撃ち込んできやがるんだ、あの亀ロボは!」
夏喃 「やってくれたな、夏喃!」
    「ぐっ!雀武王、奴は速い!」
四凶 「四凶の超機人は、伊達じゃねえってことか!」
    「や、奴に食われてたまるか!」
光龍 「真面目にやれ、孫光龍!」
    「くそっ、半端じゃねえぜ!あの龍はよ!」
    「光龍!まだ俺は戦えるぜ!」
超機人 「ヘッ、さすが超機人ってことか!」
イルイ 「あ、あの念に取り込まれたら……!!」
ゼブ 「ちっ、あの口調に騙されたぜ!」
ロフ 「やるな、ロフ!」
    「くっ!今のは効いたぜ、ロフ!」
ゼブ ロフ セティ 「指揮官機相手に油断は禁物だってのに!」
ゲスト系 「ゲストめ、やってくれるぜ!」
      「インスペクターより一枚上手か!」
アクイラ 「やるじゃねえか、アクイラ!」
イグニス 「かすった程度だぜ、イグニス!」
      「イグニスめ、よくも!!」
コンターギオ 「効いてねえぞ、コンターギオ!」
         「コンターギオ!てめえっ!」
ペルフェクティオ 「こ、こんな所で破滅するわけにはいかねえんだよ!」
ルイーナ系 「うぐっ!ルイーナなんぞに!」
ユーゼス 「くっ、ユーゼス……てめえの思い通りにはならねえぞ!」
      「ユーゼス……てめえだけはっ!!」
      「て、てめえとの因縁なんざ……願い下げなんだよ!」
回避
フェイル 「デュラクシール……当たりさえしなければ!」
デモンゴーレム 「ゴーレムなんぞにやられるか!」
ヴォルクルス 「邪神ってのは、その程度かよ!」
ラ・ギアス系 「魔装機には負けねえ!」
エルデ 「てめえの妄想に俺達を巻き込むんじゃねえ!」
ドゥバン 「ドゥバン、俺はここだ!」
アーマラ 「この感じ、どこかで……!」
      「俺を狩れると思うなよ!」
      「甘いぜ、アーマラ!」
ジンライ 「どうした、それでもダブルGか!」
ブーステッド・チルドレン 「てめえらと遊ぶ気はねえんだよ!」
ガイアセイバーズ 「当たらねえぜ、ガイアセイバーズ!」
            「甘いぜ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズ、てめえらにはやられねえ!」
夏喃 「無駄だぜ、夏喃!」
泰北 夏喃 「ハッ、龍虎王の方が強いぜ!」
四凶 「前の戦いで、化け物とは戦い慣れてんだよ!」
    「四凶の超機人つっても、大したことねえな!」
光龍 「てめえの念には引きずられねえ!」
   「いくら念が強くても、当たらなきゃな!」
イルイ 「てめえの加護なんざ、必要ねえ!」
妖機人 「妖怪退散、ってな!」
     「化け物に抱きつかれても嬉しかねえんだよ!」
ロフ 「ロフ、狙いが甘いぜ!」
セティ 「無駄だ、セティ!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン、てめえなんぞにやられるか!」
ゲスト系 「学習してねえようだな、ゲスト!」
アクイラ 「しっかり狙え、アクイラ!」
イグニス 「口だけか、イグニス!」
コンターギオ 「どこ見てんだ、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「届かねえぜ、ペルフェクティオ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセってのはそんなもんか!?」
ユーゼス 「ユーゼス!その手は食わねえぜ!」
       「ユーゼス……てめえが俺に何を見せようと!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-26 08:28 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
ライ アヤ
ライディース・F・ブランシュタイン
援護攻撃
ATXチーム 「さすがだな、ATXチーム」
        「ATXチームのバックアップを!」
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護する」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてもらおう!」
リュウセイ 「リュウセイ、フォーメーションDを仕掛けるぞ」
       「リュウセイ、後は俺がやる!」
       「射線軸から退避しろ、リュウセイ」
       「上出来だ、リュウセイ。こちらも続く!」
アヤ 「大尉、こちらからも攻撃します」
    「大尉、援護します!」
    「連携ですね、大尉!」
ヴィレッタ 「隊長、援護します」
       「隊長、続けていきます!」
マイ 「マイ、後は俺に任せろ」
    「援護するぞ、マイ!」
イルム 「イルム中尉、後は自分が!」
     「さすがはイルム中尉……相手に隙が出来た!」
レオナ 「とどめを忘れるな、レオナ!」
     「レオナ、後は俺に任せろ!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、援護するぞ!」
アラド 「アラド、先を急ぐな!」
     「まったく、ああいう所はリュウセイと同じだな……」
シャイン 「王女、お下がりください」
      「シャイン王女、援護します!」
レーツェル 「続けていくぞ、兄さん」
       「エルザム兄さん、援護する!」
       「我が一族の絆……とくと見るがいい」
       「俺達の連携……かわせまい!」
カイ 「カイ少佐、続けていきます!」
イング 「イング、後は俺がやる!」
アリエイル 「アリエイル、後は任せろ!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、援護する!」
アクア 「アクア少尉、援護する!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、援護する!」
リム 「リム、後は任せろ!」
援護防御
リュウセイ 「リュウセイ、攻撃ばかりに気を取られるな!」
       「リュウセイ、油断は禁物だぞ!」
アヤ 「大尉を狙ってきたか……!」
    「大尉をやらせはしない……!」
ヴィレッタ 「隊長、早く離脱を!」
イルム 「イルム中尉、ここは自分が!」
レオナ 「レオナ、無茶をするな!」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ!」
シャイン 「王女、御身は自分が守ります!」
レーツェル 「兄さん、この場は俺が預かる!」
イング 「離脱しろ、イング!」
アリエイル 「下がれ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、ここは自分が!」
アクア 「アクア少尉、後退を!」
ジョッシュ 「下がれ、ジョッシュ!」
リム 「後退しろ、リム!」
少佐系 「少佐、今の内に後退を!」
攻撃
カークス 「過ぎた野望は身を滅ぼすことになる……!」
フェイル 「あなたも我が父と同じく、敢えて力を行使すると言うのなら……俺はそれを止める側に回る!」
      「秩序は、力のみで作り上げられるべきではない……あなたもわかっているはずだ!」
シュテドニアス将軍系 「……地上世界でも通用する腕の持ち主だな」
ラ・ギアス系 「魔装機に後れは取らん」
        「ラ・ギアスのマシンの力、見せてもらおうか!」
        「あの魔装機は任せてもらおう!」
デモンゴーレム 「ゴーレムよ、無に戻るがいい!」
          「デモンゴーレムを排除する!」
ヴォルクルス 「邪神などという代物が存在しているとはな……!」
スレイ 「知人であろうと、敵ならば倒す!」
アルベロ 「ターゲット、メディウス・ロクス……!」
      「メディウス……どのように変化しようとも!」(後半)
エルデ 「その妄執と共に消え失せろ、エルデ!」
     「エルデ、貴様の妄想に付き合う気はない!」
ドゥバン 「アレス・ガイスト……好きにはやらせん!」
      「行くぞ、ドゥバン・オーグ!」
      「ドゥバン、お前の暴走を止める!」(最終)
エグレッタ 「地の底へ還れ、エグレッタ!」
       「亡者の復讐など……!」
アーマラ 「黒い凶鳥か……!」
      「お前も呪われた宿命に殉ずるがいい……!」
マシンナリー・チルドレン 「マシンナリー・チルドレンか……!」
ブーステッド・チルドレン 「子供と遊んでいる暇はない」
                「ブーステッド・チルドレン……行く手を阻むなら、容赦はしない!」
ジンライ 「ダブルGを倒すためのダブルGか……!」
      「ターゲット、ジンライ!」
      「ジンライ……止めてみせる!」
量産型ジンライ 「量産型などに!」
トウマ 「早急に機体を止めなければ……!」
ガイアセイバーズ 「何を守るための剣なのだ、お前達は」
            「ガイアセイバーズ……お前達には屈しない」
            「俺達の存在が余程目障りなようだな……」
泰北 「防御力に秀でた超機人というわけか」
夏喃 「朱雀の超機人か……!」
泰北 夏喃 「お前達の理想郷などに興味はない」
        「限られた数の人間しか救う気がないのであれば、賛同できんな」
        「仙道にすがらねばならんほど、困窮しているわけではないのでな」
        「四神であろうと、敵ならば倒す!」
四凶 「超機人ではなく、災いをもたらす魔物にしか見えんな」
    「四凶……その名の通り、凶事……」
光龍 「孫光龍……我が先祖からの因縁、ここで断つ!」
    「光龍、貴様が何を言おうと!」
イルイ 「ガンエデン、お前のような神は不要だ!」
     「あんなものが地球の守護神などと……!」
妖機人 「妖機人など!」
     「前方のデモンを撃破する!」
ゼブ 「こちらの油断を誘う気なのだろうが……」
ロフ 「ある意味、わかり易い相手だが……」
    「力で押してくる相手は、戦い易い」
セティ 「行くぞ、セティ!」
ゼブ ロフ セティ 「頭を抑えれば……!」
            「指揮官機狙いで行く」
ゼゼーナン 「貴様に勝機はないぞ、ゼゼーナン!」
        「退き際を見失ったな、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「諦めの悪い連中だな……!」
      「インスペクターと同じ轍を踏むがいい……!」
      「ゲスト、地球圏から去れ!」
アクイラ 「ここまでだ、アクイラ!」
イグニス 「イグニス、お前の炎でも焼けぬものがある!」
グラキエース 「氷を操るメリオルエッセか……!」
ウンブラ 「ウンブラ……貴様が何を企もうと!」
コンターギオ 「好きにはやらせんぞ、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「貴様がもたらす破滅、ここで食い止めてみせる!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセを捕捉。攻撃を開始する!」
          「そう簡単に絶望などせんぞ……!」
          「メリオルエッセ……ここで仕留めてみせる!」
ルイーナ系 「ルイーナの雑魚に用はない!」
        「ここでルイーナを阻止しなければ……!」
        「消え失せろ、ルイーナ!」
        「ルイーナを排除する!」
アルテウル 「アルテウル、お前の本当の目的は何だ」
ユーゼス 「過去にどんな因縁があろうと……貴様はここで消滅することになる!」
       「ユーゼス、貴様の運命に終止符を討つ!」
指揮官系 「指揮官狙いで行く!」
       「頭を抑えれば!」
被ダメージ
化け物系 「化け物に食いつかれるとはな」
フェイル 「デュラクシールがこの程度だとは思えんが……」
      「王子、あなたには屈しない!」
      「王子、自分もここで終わるわけにはいかない!」
ルオゾール 「奴め、怪しげな術を!」
ヴォルクルス 「くっ……!これが邪神の力か……!」
ラ・ギアス系 「あの魔装機、なかなかの速さだな」
        「あの魔装機、油断ならんな」
        「このラ・ギアスで散る気はない……!」
エルデ 「AI1……迂闊に近づくのは危険か」
     「エルデ!お前が望む結果は、お前一人で見るがいい!」
ドゥバン 「やるな、ドゥバン・オーグ……!」
アーマラ 「チッ、あの斧に気を取られたか!」
      「奴め、ヒュッケバイン以上の力を……!」
ジンライ 「ダブルGの名を冠するだけのことはあるか!」
      「くっ!ジンライを振り切れなかったか!」
量産型ジンライ 「数を減らさねば、こちらが不利か……!」
夏喃 「それで終わりか、夏喃!」
    「ぐっ!やるな、夏喃!」
泰北 夏喃 「龍虎王並のパワーを持っているのか……!」
        「これが人ならざる者の力か……!」
光龍 「応龍皇……見た目ほどの力はないようだな」
    「遊んでいるつもりか、光龍!」
    「孫光龍、貴様には屈しない!」
四凶 「四凶め、予測しにくい攻撃を……!」
    「やはり、並の超機人ではないな……!」
イルイ 「紛い物の神などに……!」
     「ガンエデン……お前の呪縛を解き放ってみせる!」
妖機人 「化け物に食いつかれるとはな!」
ゼブ 「ちっ、あの口調に乗せられたか……!」
ロフ 「くうっ!ロフめ、やるな!」
ゼゼーナン 「その機体を扱い切れてないようだな、ゼゼーナン」
        「往生際が悪いな、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「インスペクターより非力だな」
      「地球圏から立ち去れ、ゲスト!」
      「ゲスト相手に手間取るわけにはいかん!」
アクイラ 「一押し足りなかったな、アクイラ!」
イグニス 「俺を焼き尽くすことは出来んぞ、イグニス!」
      「あの炎の餌食になるわけにはいかん!」
ウンブラ 「ウンブラ、まだ決着は付いていない!」
コンターギオ 「浅いな、コンターギオ!」
         「コンターギオ、そんなもので俺は怯まん!」
ペルフェクティオ 「効かんぞ、ペルフェクティオ!」
           「くうっ!ここでペルフェクティオを食い止めなければ……!」
メリオルエッセ 「そんなもので俺を絶望させる気か」
          「ぐっ!まだだ、メリオルエッセ!」
          「メリオルエッセ……一筋縄ではいかんか」
ルイーナ系 「ここでルイーナを阻止してみせる……!」
ユーゼス 「その程度か、ユーゼス・ゴッツォ!」
       「ユーゼス、貴様との因縁など!」
回避
カークス 「無駄だ、カークス将軍!」
フェイル 「王子、あなたの覚悟はわかりました」
      「王子、それで自分を止めることは出来ません」
      「デュラクシール……ここで止めてみせる!」
ヴォルクルス 「邪神などにやられはしない!」
ラ・ギアス系 「その魔装機では俺は捉えられん」
        「その魔装機では追いつけんぞ」
エルデ 「その欲望に飲み込まれるわけにはいかん」
ドゥバン 「甘いな、ドゥバン・オーグ!」
エグレッタ 「何のためにその翼を持っているのだ?」
      「遅いな、エグレッタ」
アーマラ 「消えるのは俺ではなく、貴様の方だ!」
      「凶鳥との因縁はもう必要ない……!」
ジンライ 「2号機ほどのスピードはないようだな」
      「それで他のダブルGを倒そうなどと!」
ガイアセイバーズ 「遠慮はいらんぞ、ガイアセイバーズ」
            「ガイアセイバーズ、お前達の好きにはやらせん」
泰北 「遅いな、泰北!」
夏喃 「夏喃、好きにはやらせん!」
泰北 夏喃 「四神の超機人と言えど……!」
        「龍虎王や虎龍王より非力だな」
四凶 「四凶と言えど、そんなものか」
光龍 「光龍、どこを見ている?」
    「その巨体では、細かく狙うことなど出来んか」
イルイ 「お前のような神など、不要だ!」
ゼブ 「無駄だ、ゼブ!」
ロフ 「遅いぞ、ロフ!」
ゼゼーナン 「悪あがきだな、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「インスペクターより非力だな」
      「地球圏から立ち去れ、ゲスト!」
イグニス 「それで終わりか、イグニス!」
コンターギオ 「コンターギオ、お前では無理だ」
ペルフェクティオ 「この世界から去れ、”破滅の王”!」
メリオルエッセ 「破滅の運命など、受け入れん!」
          「それで俺を恐怖させることは出来ん」
ルイーナ系 「ルイーナ……ここで食い止めてみせる」
        「ルイーナなどに!」
ユーゼス 「ユーゼス、お前が創る世界などに興味はない!」

アヤ・コバヤシ
援護攻撃
キョウスケ 「援護するわ、キョウスケ中尉!」
エクセレン 「エクセレン、後は任せて!」
ラミア 「ラミア少尉、援護するわ!」
リュウセイ 「リュウ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
       「リュウ!連携攻撃を仕掛けるわ!」
       「続けていくわよ、リュウ!」
ライ 「さすがね、ライ!このタイミングなら!」
    「連携で行くわよ、ライ!」
    「ライ!いつものフォーメーションで行くわよ!」
    「援護するわ、ライ!」
ヴィレッタ 「隊長が隙を作ってくれた……!」
       「隊長との連携なら……!」
マイ 「あなたと私なら……やれる!」
    「マイ、後はこちらに任せて!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
ラーダ 「ラーダさん、後は私が!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、こちらからも行くわ!」
アラド 「あの子ったら……ああいう所はリュウとそっくりなんだから」
カイ 「カイ少佐、援護します!」
イング 「イング、援護するわ!」
アリエイル 「アリエイル、後は任せて!」
ヒューゴ 「援護するわ、ヒューゴ少尉!」
アクア 「アクア、後は任せて!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、後は私が!」
リム 「リム、援護するわ!」
マサキ 「援護するわ、マサキ!」
     「マサキ、援護するわ!」
リューネ 「リューネ、あなたは他の敵を!」
      「手伝うわよ、リューネ!」
少尉系 「少尉、後は私が!」
少佐系 「少佐、私も続きます!」
援護防御
キョウスケ 「後退して、キョウスケ中尉!」
エクセレン 「エクセレン、下がって!」
ラミア 「ラミア少尉、後は任せて!」
リュウセイ 「リュウ、前に出過ぎよ!」
       「リュウ、無茶しちゃダメよ!」
ライ 「ライ、あなたに頼ってばかりは……!」
    「ライ、ここは任せて!」
ヴィレッタ 「隊長、ここは退いてください!」
       「ヴィレッタ隊長、今の内に離脱を!」
カイ 「カイ少佐、離脱を!」
イング 「イング、下がりなさい!」
アリエイル 「アリエイル、後退して!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、離脱を!」
アクア 「アクア、ここは私が!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、下がりなさい!」
リム 「リム、離脱して!」
マサキ 「マサキ、無茶しちゃダメよ!」
リューネ 「リューネ、下がって!」
少佐系 「少佐、今の内に!」
SRXチーム 「少しは、リーダーらしいことをさせてね!」
攻撃
カークス 「カークス将軍、力での解決を図っても……!」
フェイル 「こうなることがわかっていたのですか、あなたは……!」
デモンゴーレム 「ゴーレムなんかに負けるものですか!」
ヴォルクルス 「この邪念は……強過ぎる……!」
ラ・ギアス系 「魔装機が相手ならば……!」
        「魔装機相手でもやってみせるわ!」
アルベロ 「ターゲット、メディウス・ロクス……!」
エルデ 「念動能力者でもないのに、ここまで強力な念を発するなんて……!」
ドゥバン 「行くわよ、ドゥバン!」
      「ドゥバン・オーグ……ここで止めてみせる!」
アーマラ 「ガリルナガン……強敵ね……!」
      「あなたの獲物にはならない……!」
ジンライ 「ダブルGと言えど!」
      「行くわよ、ジンライ!」
トウマ 「トウマ、あなたを必ず救い出す!」
ガイアセイバーズ 「行くわよ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズ、あなた達の好きにはやらせない!」
夏喃 「行くわよ、夏喃!」
泰北 夏喃 「相手が四神の超機人であっても……!」
        「この念は……人間じゃない……!」
        「彼らの言葉に惑わされてはいけない……!」
        「気をしっかり持たないと、付け込まれる……!」
四凶 「四凶の超機人……油断できない相手ね」
光龍 「孫光龍……何て強力な念の力なの!?」
     「この圧迫感に飲み込まれるわけには……!」
イルイ 「ガンエデン……あの念に打ち勝たなければ、私達に未来はない!」
セティ 「行くわよ、セティ!」
ゼゼーナン 「これで終わらせるわ、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「ゲストの好きにはやらせないわ!」
      「あなた達が何度地球に来ようと!」
      「地球をあなた達に渡すつもりはない!」
グラキエース 「彼女は、何かが違う……!」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ……抗ってみせるわ、あなたに!」
メリオルエッセ 「相手がメリオルエッセでも!」
          「あなた達が恐怖や絶望をもたらすというのなら!」
ルイーナ系 「行くわよ、ルイーナ!」
        「ルイーナを止めてみせる!」
ユーゼス 「ユーゼス・ゴッツォ……あなたとの因縁、ここで断ち切る!」
      「ユーゼス!イングラム少佐に代わってあなたを討つ!」
被ダメージ
エルデ 「あうっ!彼女の思念に引きずられる……!」
アーマラ 「くっ!あなたに狩られるつもりはないわ!」
ガイアセイバーズ 「ガ、ガイアセイバーズに負けるわけには……!」
夏喃 「か、夏喃!私はまだ!」
光龍 イルイ 「こ、こっちの念に干渉してくる……!?」
         「こ、これではあの念に飲み込まれる!」
         「このプレッシャー……強力過ぎる……!」
超機人 「超機人の力、侮れないわね……!」
     「超機人……生半可なことでは勝てない……!」
ゲスト系 「ゲストを振り切れなかった……!」
      「こ、ここでゲストに屈するわけには!」
ペルフェクティオ 「こ、これが破滅の力……!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ……一筋縄ではいかない相手ね……!」
ルイーナ 「くっ、ルイーナなんかに!」
      「こ、ここでルイーナを防がなければ!」
アルテウル 「アルテウル……あの男を放っておくわけには!」
ユーゼス 「こ、これがユーゼスの力……!でも!!」
回避
フェイル 「フェイル王子、これ以上の戦いは……!」
ヴォルクルス 「ヴォルクルスに捕まるわけには……!」
エルデ 「早く彼女を止めなければ……!」
ドゥバン 「当たらないわよ、ドゥバン!」
アーマラ 「あの斧を受けるわけにはいかない!」
      「届かないわよ、アーマラ!」
ガイアセイバーズ 「無駄よ、ガイアセイバーズ!」
夏喃 「夏喃、私はここよ!」
泰北 夏喃 光龍 イルイ 「あの念に囚われるわけには!」
光龍 「彼の念をまともに受けるわけにはいかない……!」
超機人 「超機人とも互角に戦ってみせる!」
     「当たらなければ、超機人と言えど!」
イルイ 「念の結界を維持しつつ、あんな攻撃をするなんて……!」
ゼゼーナン 「当たらないわよ、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「ゲストにやられるものですか!」
      「インスペクターよりはやるようだけど……!」
メリオルエッセ 「破滅の運命を受け入れるつもりはないわ!」
ルイーナ系 「ルイーナにやられるわけには!」
        「無駄よ、ルイーナ!」
アルテウル 「アルテウル……何なの、この感じは……!」
ユーゼス 「ユーゼス!あなたに敗れるわけにはいかない!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-26 08:27 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
ヴィレッタ マイ
ヴィレッタ・バディム
援護攻撃
キョウスケ 「援護するわ、キョウスケ中尉」
エクセレン 「エクセレン、後は任せなさい」
ATXチーム 「ATXチームへ。連続攻撃を行う」
ラミア 「ラミア、連携で行く」
リュウセイ 「リュウセイ、後は私に任せなさい」
       「リュウセイ、攻撃はもっと正確に行いなさい」
       「詰めが甘いわね。後で特訓よ」
ライ 「援護するわ、ライ」
    「ライ、連携で行くわ!」
アヤ 「続けて行くわよ、アヤ」
    「アヤ、あなたは先に行きなさい」
マイ 「マイ、援護するわ」
    「マイ、後は私に任せて」
リョウト 「リョウト、援護するわ」
リオ 「リオ、後は引き受けるわ」
ラーダ 「ラーダ、後は任せて」
ギリアム 「援護するわ、ギリアム少佐」
カイ 「カイ少佐、後は私が」
テツヤ 「スティール2へ。これより援護に入る」
レフィーナ 「ドラゴン2へ。これより援護に入る!」
クルト 「アイアン3へ。これより援護する」
イング 「イング、援護するわ!」
アリエイル 「アリエイル、後は任せなさい」
マサキ 「マサキ、援護するわ」
リューネ 「リューネ、後は任せなさい」
少佐系 「少佐、援護するわ」
少尉系 「少尉、連携を仕掛けるわ」
中尉系 「続けていくわよ、中尉!」
援護防御
キョウスケ 「下がりなさい、キョウスケ中尉」
エクセレン 「エクセレン、すぐに離脱を!」
リュウセイ 「回避がなってないわね。後で特訓よ」
       「下がりなさい、リュウセイ」
ライ 「ライ、すぐに離脱を!」
アヤ 「アヤ、回避運動を取りなさい」
マイ 「マイ、下がりなさい」
リョウト 「下がりなさい、リョウト!」
リオ 「リオ、離脱しなさい!」
ギリアム 「ギリアム少佐、後退を!」
ラーダ 「ラーダ、ここは私が引き受けるわ」
アラド 「アラド、お前にも特訓が必要ね」
イング 「イング、離脱しなさい!」
アリエイル 「アリエイル、後退しなさい!」
マサキ 「マサキ、下がりなさい!」
リューネ 「リューネ、後退しなさい!」
少尉系 「少尉、早く離脱を!」
中尉系 「中尉、すぐに後退を!」
攻撃
ガテゼルク 「あなたを直接ハッキングしてあげるわ」
アルベロ 「ターゲット、メディウス・ロクス……!」
      「隊長機を仕留める!」
エルデ 「歯止めが利かぬセプタギンというわけね……!」
     「エルデ……進化の果てにあるものは一つよ」
ドゥバン 「ドゥバン・オーグ、お前は……」
      「ドゥバン、お前は行くべき道を誤った……!」(最終)
エグレッタ 「覚悟しなさい、エグレッタ!」
アーマラ 「あの機体、あの動きは……!」
      「黒焔の狩人か……!」
      「ガリルナガン……厄介な相手ね」
      「アーマラ、お前はいったい……!?」
      「可能性があるとすれば……いや、それは……!」
ジンライ 「ダブルGの3号機か……!」
      「まさに暗殺者といった風体ね」
トウマ 「手遅れになる前に……!」
マシンナリー・チルドレン 「マシンナリー・チルドレン……大本を断たねばならないわね」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ、お前達に屈しはしない……!」
            「ガイアセイバーズ、お前達を操る者は……!」
            「ガイアセイバーズ……手並みを見せてもらうわ」
泰北 夏喃 「四神の超機人……相手にとって不足はないわ」
光龍 「孫光龍……お前の戯言に興味はないわ」
    「細かい狙いは必要ないようね……!」
四凶 「四凶の実力、見せてもらうわ」
    「四凶の超機人……生半可な攻撃は通用しないわね」
クストース 「ターゲット、クストース……!」
イルイ 「人に造られた神……いえ、ただの機械ね」
     「絶対的な結界は……檻に過ぎないわ!」
セティ 「セティ、侮りと過信は命取りになるわ」
ゼゼーナン 「進退窮まったわね、ゼゼーナン……!」
ゲスト系 「ゲスト機を撃破する」
      「お前達はインスペクターと同じ結末を迎えることになる……!」
      「地球に干渉した結果がどうなるか、知らぬわけではないでしょう?」
      「まだ地球に未練があるようね」
ペルフェクティオ 「お前が言う破滅の運命など、私達は受け入れない……!」
メリオルエッセ 「ターゲット、メリオルエッセ」
          「メリオルエッセ……手応えはありそうね」
          「メリオルエッセ……偽りの存在……!」
ルイーナ系 「ターゲット……ルイーナ」
        「ルイーナを排除する」
        「ルイーナ……お前達の好きにはやらせない」
アルテウル 「アルテウル、あの男は……!」
       「可能性があるとすれば、彼もまた……!」
ユーゼス 「ユーゼス・ゴッツォ、お前の枷は通用しない!」
      「ユーゼス……イングラムに代わってお前を討つ!」
特機系 「迂闊に間合いに飛び込むのは危険ね」
被ダメージ
カークス フェイル 「やはりただの魔装機ではないわね……!」
ヴォルクルス 「怪物と戯れる趣味は無いわ!」
ラ・ギアス系 「魔装機のパワーを甘く見たわけではないけど……!」
         「……ラ・ギアスの機動兵器を侮るわけにはいかないわね」
アルベロ 「メディウスはこちらのスピードに順応している……!?」
      「メディウスは力を増している……!?」
エルデ 「あれに吸収されるわけには……!」
ドゥバン 「押しが弱いわね、ドゥバン!」
アーマラ 「動きが読まれている?いや、あるいは……」
      「あのパイロットに同調しているわけではないのに……!」
      「私の癖を知っている……!?」
      「くっ!そう簡単にお前の獲物にはならない!」
      「ガリルナガンを振り切れなかったか!」
ジンライ 「量産型とは一味違うわね」
      「ジンライにここまで踏み込まれるとは……!」
ガイアセイバーズ 「やるわね、ガイアセイバーズ」
夏喃 「余裕を見せているつもりか、夏喃」
泰北 夏喃 「くっ!特機と同じような戦い方は通用しない……!」
四凶 「四凶の超機人はその程度なのかしら?」
   「さすがにやるわね、四凶の超機人は……!」
光龍 「これ以上、応龍皇の直撃を受けるわけには……!」
妖機人 「予測しにくい動きをする……!」
     「あの動きに惑わされたか……!」
クストース 「ここでクストースを止めなければ……!」
イルイ 「くうっ!これが神の力などと!」
セティ 「浅いわね、セティ」
     「セティ、まだ私は倒れていない!」
ゲスト系 「くっ、ゲストに後れを取るとは……!」
イグニス 「手加減はいらないわ、イグニス」
ペルフェクティオ 「これがペルフェクティオの力か……!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ相手で怯むわけにはいかない……!」
         「メリオルエッセ……一筋縄ではいかないようね!」
         「メリオルエッセを甘く見たつもりはないが……!」
ユーゼス 「詰めが甘いわね、ユーゼス!」
       「くうっ!ユーゼス、まだ私は!」
       「ユーゼス、お前が創造主になるなどと!」
特機系 「あのパワーに押し負けたか……!」
スピード系 「見た目以上の速さね……!」
回避
カークス フェイル 「超魔装機と言えど……!」
フェイル 「無駄よ、フェイル王子」
ラ・ギアス系 「PT戦の応用で戦えるわね」
        「この世界で果てる気はないわ」
アルベロ 「見た目はパーソナルトルーパー……しかし……!」
エルデ 「エルデ・ミッテ……完全に暴走しているわね」
ドゥバン 「ドゥバン、その手は通用しない!」
エグレッタ 「進歩していないようね、マシンナリー・チルドレンは」
アーマラ 「油断は出来ないわね、あの機体相手で……!」
      「ある意味、呼吸が合う……これは……」
ジンライ 「無人機では限界があるようね」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ、お前達に遅れは取らない……!」
イルイ 「お前という神の存在を信じる気はないわ」
ゲスト系 「インスペクターと大差ないわね」
      「過去の教訓を活かせていないようね」
      「インスペクターが得たデータを活用していないようね」
アクイラ 「見た目は速そうでも、それではね」
ペルフェクティオ 「それで終わりかしら、ペルフェクティオ」
メリオルエッセ 「メリオルエッセと言えど、この程度なら!」
          「それで戦くほど、柔ではないわ」
ルイーナ系 「ルイーナに捕まるわけにはいかない」
ユーゼス 「ユーゼス、お前の望みは成就しない……私達がいる限り」
       「お前との因縁は、ここで終わりにする……!」
特機系 「やはり、運動性には難があるようね」

マイ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウが隙を作ってくれた……!」
       「リュウ、後は任せて!」
       「リュウと私の連携で!」
ライ 「ライディース、援護する……!」
    「ライディース、続けていく!」
アヤ 「二人で力を合わせれば!」
    「アヤ、私も続く……!」
    「アヤの力になる……!」
ヴィレッタ 「隊長、援護する……!」
       「ヴィレッタ隊長、後は私が……!」
アラド 「アラド、もう離脱するの……!?」
ラトゥーニ 「手伝うよ、ラトゥーニ」
       「ラトゥーニ、後は任せて」
シャイン 「シャイン王女、後は私が……!」
マサキ 「マサキやシロ、クロのためにも……!」
イング 「イング、援護する……!」
援護防御
リュウセイ 「危ない、リュウ!」
       「私がリュウを守ってみせる!」
ライ 「ライディース、下がって!」
アヤ 「アヤをやらせはしない!」
ヴィレッタ 「隊長、下がって!」
ラトゥーニ 「ラトゥーニ、早く逃げて!」
イング 「イング、今の内に……!」
攻撃
デモンゴーレム 「あれは、邪念に縛られしモノ……!」
エルデ 「お前に取り込まれるつもりはない……!」
アーマラ 「あの黒い機体……この感じは……」
      「この違和感はいったい……!」
      「違う……あのパイロットは何かが違う……!」
ブーステッド・チルドレン 「ラトゥーニ達に手出しはさせない……!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ、お前達には負けない……!」
            「ガイアセイバーズの好きにはさせない!」
光龍 「あの男の念は強い……!」
    「光龍の念に引きずられるわけにはいかない……!」
イルイ 「イルイは昔の私と同じ……だから!」
     「あれが私の力のルーツだなんて……!」
ゼゼーナン 「私達の星にもう干渉するな!」
グラキエース ウェントス 「あのメリオルエッセ、もしかして……!」
ペルフェクティオ 「あの男が負の波動の中心なら……!」
メリオルエッセ 「お前達相手に絶望などするものか……!」
          「負の念に引きずられるものか……!」
ルイーナ系 「ルイーナを放っておくわけには……!」
        「ルイーナを止めなきゃ……!」
        「ルイーナは負の念に囚われてる……!」
ユーゼス 「私を……私をレビと呼ぶな!」
       「ユーゼス、私はお前を許さない!」
       「ユーゼス……お前のせいで私は!」
被ダメージ
ヴォルクルス 「ううっ!これが邪神の力なのか!」
         「こ、この破壊の念は……!」
エルデ 「気と念を緩めたら、取り込まれる……!」
     「こ、このままじゃ、取り込まれる!?」
アーマラ 「あの黒い奴……速い!」
      「何なんだ、あいつの動きは!」
ガイアセイバーズ 「邪魔をするな、ガイアセイバーズ!」
            「くっ、ガイアセイバーズめ!」
            「ガイアセイバーズなんかに!」
            「ガイアセイバーズめ、よくも!」
            「くうっ!ガイアセイバーズに負けるわけには……!」
泰北 夏喃 「人の姿をした人ならざる者……油断できない!」
        「くっ……念がまとわりついてくる……!」
        「こ、これが超機人の力……!!」
        「超機人……何てパワーなんだ!」
イルイ 「あ、あの念を何とかして跳ね返さなきゃ……!」
妖機人 「あの妖機人、やっぱり気持ち悪い……!」
     「妖機人に追いつかれた……!」
     「妖機人の動きを捉えられない!?」
ペルフェクティオ 「こ、この破壊の念は……!」
           「ペルフェクティオ、お前の波動なんか!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ、まだ私はやられていないぞ……!」
          「あのメリオルエッセは……強い!」
ルイーナ系 「ルイーナを振り切れなかった!?」
        「うっ!ルイーナに!」
        「やってくれたな、ルイーナ……!」
        「あのルイーナを引き離さなきゃ……!」
ユーゼス 「それで終わりか、ユーゼス・ゴッツォ!」
      「ユーゼス……!この世界から消えるのは、お前の方だ!」
      「ユーゼス、お前の思い通りにはいかない!」
      「くううっ!ユーゼス、私はまだ!」
      「ううっ……!お前を倒すまで、私は!!」
念動能力者 「あいつの念が……突き刺さる……!」
化け物系 「くっ、あの邪念に!」
      「怪物なんかにやられはしない!」
回避
ヴォルクルス 「いくら邪神と言っても!」
         「怪物なんて、怖くない!」
アーマラ 「私の中の何かが反応してる……!?」
ガイアセイバーズ 「無駄だ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズなんかに!」
泰北 夏喃 「人の念じゃない……それとは別の……!」
光龍 「あの念は、強過ぎる……!」
イルイ 「ガンエデンに同調しちゃいけない……!」
妖機人 「リュウが見せてくれたアニメに、あんなのが出てたけど……」
     「妖機人に捕まってたまるものか!」
     「あいつ、ちょっと気持ち悪い……」
ペルフェクティオ 「そういう波動には耐性がある!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセでも私には触れられない!」
          「無駄だ、メリオルエッセ!」
ルイーナ系 「ルイーナなんかに!」
        「ここから去れ、ルイーナ!」
ユーゼス 「ユーゼス、もうお前には囚われない……!」
       「あの念に縛られたら、お終いだ……!」
       「お前との因縁は、こちらから断ち切る!」
       「お前を放っておけば、私のような人間が増える……!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-25 09:10 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
ラミア
ラミア・ラヴレス
援護攻撃
キョウスケ 「中尉、後はお任せしちゃったり……いや、お任せを」
       「中尉、援護しますです」
       「中尉と私の連携ならば……!」
       「中尉の後に続く……!」
エクセレン 「エクセ姉様、後は私が」
       「エクセ姉様、援護するですの」
       「エクセ姉様……後は私に任せるということか」
ブリット 「ブルックリン少尉、援護する」
クスハ 「クスハ、後は私に任せろ」
ATXチーム 「これがATXチームの連携か」
ラトゥーニ 「援護するぞ、ラトゥーニ」
       「ラトゥーニ、あの敵は私に任せろ」
アラド 「アラド、どこへ行くつもりだ?」
     「待て、アラド。……もう遅いか」
ゼオラ 「ゼオラ、お前は先に行け」
     「ゼオラ、援護する」
ギリアム 「ギリアム少佐、あの敵は私が」
カイ 「隊長、援護します」
    「カイ少佐、援護しちゃいますのことよ」
ラウル 「援護するぞ、ラウル」
アクセル 「隊長、後はボク……いや、私が」
      「アクセル隊長、バックアップします」
      「隊長……ああ見えてこちらの動きも計算の内か」
      「フッ……以前では考えられなかった連携だな」
コウタ 「熱くなり過ぎるな、コウタ」
イング 「イング、バックアップする」
     「イングのカバーに入る」
アリエイル 「的確な攻撃だな、アリエイル」
       「彼女とはタイミングが合わせやすい」
       「彼女は私の動きも計算に入れていたか……」
ヒューゴ 「後は任せろ、ヒューゴ少尉」
      「ヒューゴ少尉、カバーに入る」
アクア 「アクア、援護する」
     「連携で行くぞ、アクア」
ジョッシュ 「ジョッシュ、援護する」
       「ジョッシュ、あのターゲットは私が引き受ける」
リム 「リム、後はボク……もとい、私が」
    「道を空けてくれ、リム」
SRXチーム 「SRXチームを援護する」
少尉系 「援護するぞ、少尉」
少佐系 「少佐、後は私が」
    「少佐、あの敵は私が」
援護防御
キョウスケ 「中尉、すぐに後退を」
       「中尉を狙ってきたか……!」
       「中尉、逃げちゃってくださりませ」
エクセレン 「エクセ姉様、今の内に離脱を」
       「エクセ姉様、お下がりなさってください」
ブリット 「少尉、今の内に後退を」
ラトゥーニ 「下がれ、ラトゥーニ」
アラド 「アラド、ペナルティだぞ」
ゼオラ 「ゼオラ、私が時間を稼ぐ」
カイ 「隊長、お下がりなすって」
    「危険でございましょう、隊長」
ラウル 「無理をするな、ラウル」
アクセル 「アクセル隊長、迂闊でございますです」
      「隊長をやらせるわけには……!」
コウタ 「コウタ、前に出過ぎるな!」
イング 「下がれ、イング」
アリエイル 「速やかに離脱しろ、アリエイル」
        「退け、アリエイル」
ヒューゴ 「後退するんだ、ヒューゴ少尉」
アクア 「下がるんだ、アクア」
ジョッシュ 「ここは後退すべきだ、ジョッシュ」
リム 「リム、そこから離脱しろ」
少佐系 「少佐、すぐに後退を」
     「少佐、後退しなんせ」
     「少佐、危なかったりなんかしちゃったりして」
攻撃
アルベロ 「ターゲット、メディウス・ロクス。攻撃開始」
      「ツェントル・プロジェクトの機体……敵ならば、容赦はしない」
      「クライ・ウルブズの生き残りか」(第39話~)
      「いかに進化しようとも……!」(後半)
      「メディウス……進化の果てに何を望む?」(後半)
エルデ 「全てを飲み込み、その先に何を求める……!?」
     「AI1の暴走を止めてみせる……!」
ドゥバン 「アリエイルの生き方を認めないと言うのなら……!」
      「アリエイルに手出しはさせん」
      「ターゲット、アレス・ガイスト」
      「行くぞ、ドゥバン・オーグ」
      「虚ろな存在による支配は、虚構に過ぎん……!」(後半)
      「お前は、己の存在意義の見出し方を誤っている」(後半)
      「宿命に抗う方法は、他にもあるはずだ……!」(後半)
      「ドゥバン、お前は至高の支配者にはなり得ん……!」(最終)
アーマラ 「容易く狩れると思うな」
      「ターゲット、ガリルナガン。攻撃する」
エグレッタ 「指揮官様のキャニスか」
       「隊長機を撃破する」
ジンライ 「機体構造がダブルGと似ている……!」(第22話)
      「ターゲット、ジンライ。攻撃開始」
      「ダブルGと言えど、敵ならば……!」
量産型ジンライ 「量産型ジンライを排除する」
トウマ 「雷鳳を止める……!」
ブーステッド・チルドレン 「ラトゥーニや、アラド、ゼオラはお前達と違う」
                「お前達は過去の有り様に縛られすぎている」
                「一角を突き崩す!」
ガイアセイバーズ 「私達の存在を否定するのであれば……!」
            「GS機を排除する!」
            「我らシャドウミラーと似て非なる存在……」
            「行くぞ、ガイアセイバーズ」
            「ターゲット、GS機。攻撃開始」
虎王機 「虎王機を捕捉する!」
夏喃 「行くぞ、夏喃」
泰北 夏喃 「超機人を撃破する」
        「四神の超機人か……」
        「古の機械人形……その力を見せてもらおうか」
光龍 「人ならざる者が、仙人になれるわけがあるまい……!」
    「私を導けるものなら、導いてみろ」
イルイ 「お前も私と同じく、人に造られし存在か……!」
     「守護と支配……それは似て非なるもののはず!」
妖機人 「冗談はその姿だけにしてもらおうか」
     「妖機人を撃破する」
     「ターゲット、妖機人。攻撃を開始する」
     「前方の妖機人を排除する」
ゼブ ロフ セティ 「ゲスト指揮官機を撃破する」
            「お前達は、インスペクターと同じ轍を踏むことになる」
            「前任者達と同じ運命を辿るがいい」
ゼゼーナン 「お前もウェンドロと同じだ。我々の前に現れたことが敗因となる!」
ゲスト系 「諦めの悪い連中だな」
      「ゲスト機、確認。攻撃開始」
      「ゲスト機を排除する」
      「ターゲット、ゲスト機。攻撃する」
イグニス 「行くぞ、イグニス」
ウンブラ 「ウンブラ、お前の言葉に惑わされはしない」
コンターギオ 「コンターギオ……お前の享楽に付き合う気はない」
ウェントス 「あの男は、他のメリオルエッセとは違う……!」
ペルフェクティオ 「お前達はこの世界へ来るべきではなかった……」
           「そうやって、この世界に干渉した者の末路を……今、教えてやる!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセを撃破する」
          「メリオルエッセ機、確認。攻撃開始」
          「メリオルエッセ……私に絶望を与えられるか?」
          「恐怖、絶望……その何たるかを私に教えてもらおうか」
          「お前達もこの世界に干渉するか……」
ルイーナ系 「ルイーナを排除する」
        「ターゲット、ルイーナ機。攻撃開始」
        「雑魚のルイーナに用はない」
アルテウル 「お前は、ヴィンデル様と似ている……!」
        「目指すものはDCやシャドウミラーと同じか……!」
ユーゼス 「異界への扉……それは禍いを生む源!」
      「ユーゼス……過去の記憶と共に消えろ!」
      「お前の前世など……私には縁のない話だ!」
被ダメージ
アルベロ 「メディウス・ロクス……こちらもデータを取らせてもらったぞ」
エルデ 「くっ……!こちらも学習させてもらうぞ、AI1!」
ドゥバン 「アレス・ガイスト……こちらに食いついてきたか」
      「その程度か、ドゥバン」
      「やるな、ドゥバン……!」
      「ドゥバン、力押しだけで私は倒せんぞ!」
      「ドゥバン……奴に押し負けるわけには!」
      「くっ!スピードはドゥバンの方が上か!」
四凶 「上位クラスの超機人……一筋縄ではいかんか」
超機人 「パワーは超機人の方が上か。しかし……!」
イルイ 「人造とは言え、神を名乗るだけのことはあるか……!」
ゲスト系 「インスペクターよりはやるようだな……!」
ペルフェクティオ 「くっ……!これが、破滅の力か……!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセのデータを再検証しなければ……!」
ユーゼス 「ユーゼス・ゴッツォ……奴の因縁に取り込まれるわけには!」
回避
アルベロ 「メディウス・ロクスのデータを更新……」
エルデ 「私を取り込めると思うな!」
ドゥバン 「ドゥバン、それで終わりか」
      「当たらんぞ、ドゥバン」
      「徒労だったな、ドゥバン」
ブーステッド・チルドレン 「そんな連携ではな」
泰北 夏喃 「お前の導きなどいらん」
超機人 「超機人……買いかぶり過ぎたか」
      「超機人の力はその程度か?」
イルイ 「まやかしの神など、我らには不要だ……!」
妖機人 「フェイントが多い奴だ」
     「独特の攻撃パターンだな」
ゼブ ロフ セティ 「ヴィガジ達とそう変わらんようだな」
            「インスペクターと同じく、こちらを侮り過ぎだ」
ゲスト系 「お前達が何度地球圏へ現れようと……!」
      「インスペクター戦のデータが使えるな」
イグニス 「甘いな、イグニス」
コンターギオ 「コンターギオ、お前の手には乗らん」
ペルフェクティオ 「それで”破滅の王”などと……!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセのデータを更新……」
          「そんなもので私に恐怖を与えることは出来ん」
ユーゼス 「これもお前の計画の内か?」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-25 09:08 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
カチーナ ラッセル
カチーナ・タラスク
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ!ここはあたしがシメるぜ!」
エクセレン 「エクセレン!もうちょい気合を入れやがれ!」
ブリット 「ブリット!詰めが甘いぜ!」
ラッセル 「ラッセル!あいつはあたしがやる!」
      「ラッセル!もっと思い切っていけってんだよ!」
      「そこをどきな、ラッセル!」
タスク 「仕留め切れなかったな、タスク!あとで仕置きだッ!!」
     「しょうがねえ……面倒見てやるぜ、タスク!」
レオナ 「レオナ、手伝ってやるぜ!」
     「レオナ!奴はあたしに任せな!」
ラーダ 「ラーダ!後はあたしがやるぜ!」
アラド 「アラド!その調子でドンドン行け!」
レフィーナ 「ヒリュウ改へ!援護するぜ!」
ゼンガー 「こっちも突っ込むぜ、大将!」
ミチル 「いいぞ、ミチル!次もその調子で行け!」
リューネ 「リューネ、後は任せな!」
SRXチーム 「後は任せな、SRXチーム!」
オクト小隊 「これがオクト隊の連携だぜ!」
オクト小隊 ミチル 「舎弟の面倒はちゃんと見なきゃな!」
新入り 「新入りの面倒を見てやらなきゃな!」
     「先輩のいい所ってのを、見せてやらなきゃな!」
援護防御
ラッセル 「ラッセル!早く逃げろ!」
      「ラッセル!ボサッとすんな!」
タスク 「タスク!あたしの仕置きの方が痛てえぞ!」
レオナ 「らしくねえな、レオナ!」
アラド 「アラド!てめえもタスクと一緒に後で仕置きだ!」
ミチル 「そこをどけ、ミチル!」
     「受け止めようっていう根性は気に入った!」
リューネ 「リューネ!ここは任せろ!」
オクト小隊 「あたしの舎弟に手を出すんじゃねえ!」
新入り 「新入りに手出しはさせねえ!」
     「ここは任せな、新入り!」
攻撃
ジョグ 「地底にも活きのいいのがいるじゃねえか!」
カークス 「力は正義ってか。だけど、時と場合によるんじゃねえか!?」
デモンゴーレム 「デモンゴーレム!粉々にしてやらぁ!」
ラ・ギアス系 「魔装機だろうが何だろうが、負けねえぜ!」
        「あの魔装機は、あたしが落とす!」
ガルベルス 「あたしが先に噛み付いてやるぜ!」
       「フン……赤かったら、気に入ってたけどな!」
エルデ 「エルデ!寝言は寝て言いやがれ!」
     「あんなのに取り込まれてたまるかよ!」
     「チッ、ギリギリセーフのグロさだな……!」
ドゥバン 「なかなか面白い奴じゃねえか!」
     「地球の支配なんざ、てめえにゃ過ぎた野望だぜ!」(最終)
エグレッタ 「その羽根、もぎ取ってやるぜ!」
アーマラ 「生意気な小娘にゃ、お仕置きが必要だな!」
      「その得物、あたし向きだ!寄越しな!」
ブーステッド・チルドレン 「ガキが!生意気なことを言いやがって!」
                「ガキ共が!調子に乗るんじゃねえ!」
ジンライ 「ダブルGか、面白え!」
      「忍者だろうが、あたしは負けねえ!」
量産型ジンライ 「下忍共に用はねえんだよ!」
トウマ 「悪いが、少々荒っぽく行くぜ!」
ガイアセイバーズ 「覚悟しやがれ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズ!ただじゃ済まさねえからな!」
            「ガイアセイバーズ!てめえらを許す気はねえ!」
            「ブッ飛ばしてやるぜ、ガイアセイバーズ!」
ククル 「そんなに踊りたきゃ、ダンスホールにでも行きやがれ!」
虎王機 「ブン殴って、正気に戻してやるぜ!」
泰北 「てめえの甲羅をブチ壊してやる!」
夏喃 「その高慢ちきな面、張り倒してやる!」
夏喃 カナフ 「焼き鳥にしてやるぜ!」
窮奇王 「さーて、虎狩りといくか!」
饕餮王 「饕餮王……あいつの面はムカつくぜ!」
光龍 「相手がデカけりゃデカいほど、燃えるってもんだ!」
    「孫光龍!そのニヤけ面、張っ倒してやる!」
超機人 「超機人か、面白え!やってやるぜ!」
ザナヴ 「猫には首輪を付けなきゃな!」
ケレン 「でっけえフカヒレだな!」
クストース 「てめえらまとめて動物園行きだ!」
イルイ 「てめえみたいな神様は、願い下げなんだよ!」
     「ガンエデン!あたしらを封印できると思うなよ!」
何羅魚 「ちっ!ガン見しなきゃ当たらねえし……ええい!」
     「てめえ、マジで気色悪いんだよ!」
     「駄目だ、あいつが一番駄目だ……くそっ!」
     「くそっ、あの宇宙ヒラメを思い出すぜ!」
抱鴞 「パッと見はともかく、あの顔がちょっとなぁ」
    「アインストは平気だったが、奴は微妙だなぁ」
妖機人 「ああいう化け物は平気だぜ!」
     「あいつは許容範囲内だ!」
ゼブ 「てめえの喋り方はイラつくんだよ!」
    「早回しで喋れ、早回しで!」
ロフ 「勝負だ、ロフ!」
ゼブ ロフ セティ 「フン……今回は白目と剃ってる奴ァいないのか?」
            「てめえら、何様のつもりだ!お客様か!?」
ゼゼーナン 「ゼゼ公……あたしらの前に出てきたらただじゃ済まないぜ?」
        「覚悟しやがれ、ゼゼ公!」
ゲスト系 「てめえらが何度ちょっかいを出してこようが!」
      「ひでえ目に遭う前に、さっさと帰れってんだ!」
      「ゲストだろうがインスペクターだろうが、あたしらの敵じゃねえ!」
      「宇宙人め、性懲りもなく!」
アクイラ 「あれか?お前も剃ってんのか!?」
イグニス 「イグニス!火傷すんのはてめえの方だ!」
ウンブラ 「何だかはっきりしねえ野郎だな!」
ペルフェクティオ 「てめえなんざお呼びじゃねえんだよ、ペル野郎!」
メリオルエッセ 「勝負だ、メリオルエッセ!」
          「ビビらせてみろよ、このあたしを!」
          「メリオルエッセ……てめえらなんざ怖くねえぜ!」
ルイーナ系 「とっちめてやるぜ、ルイーナ!」
        「ルイーナの好きにやらせるか!」
        「さっさとルイーナを始末しなきゃな!」
        「ルイーナなんざ、ブチのめしてやる!」
アルテウル 「アルテウル!てめえは許しちゃおけねえ!」
ユーゼス 「何だかんだ言って、てめえは他人のフンドシを使ってるだけだろうが!」
      「ユーゼス!天国か地獄か選べ!てめえの行き先だ!」
化け物系 「化け物め、狩ってやるぜ!」
指揮官系 「頭を潰す!そいつがセオリーだ!」
特機系 「重量級は殴り甲斐があるぜ!」
被ダメージ
エルデ 「あんなのにやられちゃ、成仏出来ねえ!」
ジンライ 「ちっ、忍者だけに素早いってか!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズめ、調子に乗るなよ!」
            「ガイアセイバーズに負けるわけにはいかねえんだ!」
泰北 「ぐっ!ノロマな亀なんぞに!」
夏喃 「野郎、鳥だけあって速いな!」
四凶 「くそっ!化け物め、やってくれるぜ!」
イルイ 「ヘッ……神頼みってわけにはいかねえな……!」
何羅魚 「ええい、誰だよ!あんなのを作ったのは!」
      「くっ!しっかり見なきゃ、かわせねえ!」
      「ラッセル!あいつの顔にモザイク入れろ!」
      「ぐっ!早く倒さなきゃ、別の意味でヤベえ!」
      「えーい、これじゃ夢にまで出てきやがるぜ、あいつは!」
      「な、何で魚が陸にいるんだよ……!」
ゼゼーナン 「ええい、ゼゼ公め!悪あがきしやがって!」
ゲスト系 「うぐっ!ゲストなんかにやられてたまるかよ!」
      「インスペクターより一枚上手かよ!」
ペルフェクティオ 「ぐあっ!あいつの糧になんてなってたまるか!!」
           「とどめを刺し損なったな、ペルフェクティオ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセめ、やるじゃねえか!」
ルイーナ 「チッ!ルイーナめ、調子に乗るなよ!」
ユーゼス 「ったく、あいつの言ってることもやってることも意味わかんねえ!」
回避
デモンゴーレム ヴォルクルス 「どうした、化け物!」
ラ・ギアス系 「魔装機なんざ、怖かねえぜ!」
ブーステッド・チルドレン 「ガキの遊びだな!」
ジンライ 「どうした、それでもダブルGか!」
ガイアセイバーズ 「あたしを甘く見るなよ、ガイアセイバーズ!」
            「ざまぁ見ろ、ガイアセイバーズ!」
泰北 「亀なんぞに捕まるかよ!」
泰北 夏喃 「超機人たって、大したことねえな!」
四凶 「見掛け倒しってのは、まさにこのことだな」
    「どうした、化け物!」
    「まあ、化け物らしい攻撃だが、当たらなきゃ意味がねえ!」
何羅魚 「くそっ、近寄るんじゃねえ!」
     「てめえなんざ刺身にして……いや、無理だ!」
イルイ 「神にだって、出来ねえことはあるんだよ!」
ゼゼーナン 「何やってんだ、ゼゼ公!」
メリオルエッセ 「あたしをなめるなよ、メリオルエッセ!」
ユーゼス 「その仮面、剥ぎ取ってやるぜ!ユーゼス!」
ボス系 「その攻撃で、当てられねえとは情けねえ!」
     「フン、どんな大物かと思いきや……案外大したことねえな」

ラッセル・バーグマン
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、援護します!」
カチーナ 「カチーナ中尉!前に出過ぎです!」
      「カチーナ中尉に追いつかなければ!」
      「よし……!中尉のいつものタイミングだ!」
タスク 「タ、タスク少尉!どこへ!?」
     「タスク少尉、焦っちゃ駄目だ!」
レオナ 「レオナ少尉、後は任せて!」
     「さすがレオナ少尉だ……!」
ラーダ 「ラーダさん、後は自分に任せて下さい!」
     「ラーダさん、援護します!」
アラド 「アラド、まだ終わってないぞ!」
レフィーナ 「レフィーナ艦長、援護します!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、援護します!」
ギリアム 「援護します、ギリアム少佐!」
カイ 「カイ少佐、後は自分が!」
ミチル 「ミチル、後は任せてくれ!」
イング 「イング、後は任せて!」
アリエイル 「アリエイル、後は自分が!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、援護します!」
アクア 「アクア少尉、後は自分が!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、後は任せて!」
リム 「リム、援護するよ!」
マサキ 「マサキ、援護する!」
テュッティ 「テュッティさん、援護します!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、後は任せて下さい!」
ミオ 「ミ、ミオ!どこへ行くんだ!?」
リューネ 「リューネ、君は先へ行くんだ!」
      「リューネ、後は任せて!」
モニカ 「王女、後は任せてください!」
SRXチーム 「SRXチームのバックアップを……!」
少佐系 「少佐、援護します!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、自分が引き受けます!」
エクセレン 「エクセレン少尉、離脱して下さい!」
カチーナ 「先走っちゃ駄目です!カチーナ中尉!」
       「中尉をやらせはしない!」
      「カチーナ中尉!左から敵が!!」
タスク 「タスク少尉、早く下がるんだ!」
レオナ 「レオナ少尉、離脱を!」
ラーダ 「ラーダさん、後退を!」
     「ラーダさん、自分が楯になります!」
アラド 「アラド、敵に気づいてないのか!?」
レフィーナ 「ヒリュウ改をやらせるものか!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、離脱して下さい!」
ギリアム 「ギリアム少佐、ここは任せて下さい!」
カイ 「カイ少佐、ここは自分が!」
ミチル 「ミチル、危ない!」
イング 「イング、離脱するんだ!」
アリエイル 「アリエイル、離脱を!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、離脱を!」
アクア 「アクア少尉、後退して下さい!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、危ない!」
リム 「リム、早く逃げるんだ!」
マサキ 「マサキ、早く逃げるんだ!」
テュッティ 「テュッティさん、ここは自分が!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、下がって下さい!」
ミオ 「ミオ、よそ見しちゃ駄目だ!」
リューネ 「リューネ、そこから離れて!」
      「リューネ、ここは引き受ける!」
モニカ シャイン 「王女、ここは任せて下さい!」
少佐系 「少佐!ここは自分が引き受けます!」
攻撃
カークス 「これ以上、戦乱を広げるわけには……!」
デモンゴーレム 「岩の怪物なんかに負けるものか!」
ラ・ギアス系 「魔装機とだって、互角に戦ってみせる!」
        「魔装機相手だって、やってみせる!」
エルデ 「AI1……これ以上はやらせないぞ!」
ドゥバン 「行くぞ、ドゥバン・オーグ!」
      「アレス・ガイスト……厄介な相手だな……!」
      「ドゥバン、お前を止めてみせる!」(後半)
エグレッタ 「マシンナリー・チルドレンの生き残りがいたなんて……!」
       「強敵でも、一度は戦った相手なんだ。何とかしてみせる!」
アーマラ 「あれもヒュッケバインなのか……!」
シエンヌ 「何となくカチーナ中尉に似ているような……」
ブーステッド・チルドレン 「ブーステッド・チルドレンを甘く見るわけには……!」
                「子供だからって、油断は出来ない……!」
ジンライ 「ジンライ……勝てるのか!?」
      「ダブルGと戦うことになるなんて……!」
量産型ジンライ 「ジンライの量産型か……!」
トウマ 「コックピットを狙うわけにはいかない……!」
サイリオン 「捕捉できるのか、あれを……!?」
ガイアセイバーズ 「行くぞ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズ、お前達の好きにはやらせない!」
            「反逆者の汚名を着せられたまま、終わってたまるものか!」
虎王機 「虎王機、何としても止めなければ……!」
泰北 「そのガード、何としても突き崩す!」
泰北 夏喃 「四神の超機人と言えど、怯みはしないぞ……!」
        「仙人になるつもりなんてない!」
        「強制的な尸解なんて、やらせるものか!」
四凶 「あれも超機人……!?怪物にしか見えないぞ!」
    「四凶と言えど、負けるわけにはいかない!」
光龍 「な、何て大きな龍なんだ……!」
    「孫光龍……一筋縄ではいかない相手だ……!」
イルイ 「地球圏の封印なんて、やらせるものか!」
     「あんなものが地球の守護神だなんて……!」
何羅魚 「中尉の代わりに倒さなきゃ……!」
     「カチーナ注意にも苦手な物があるんだな……」
妖機人 「あの妖機人は、自分が何とかします!」
     「行くぞ、妖機人!」
     「あのデモンは、任せてください!」
ゼブ ロフ セティ 「指揮官機相手でも怯むものか!」
            「ゲストの指揮官機か……!」
ゼゼーナン 「まだ戦う気なのか、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「前方のゲスト機を撃破します!」
      「行くぞ、ゲスト!」
      「ゲスト、お前達の好きにはやらせないぞ!」
ペルフェクティオ 「あれが“破滅の王”……ここで食い止めてみせる!」
メリオルエッセ 「本当に怖いのは、カチーナ中尉のお仕置きだ!」
          「メリオルエッセ……油断は出来ない!」
          「相手がメリオルエッセでも、やってみせる!」
          「中尉に日夜鍛えられているんだ……そう簡単には怖がらないぞ!」
ルイーナ 「前方のルイーナ機を撃破します!」
       「ルイーナ……食い止めてみせる!」
       「何としてもルイーナを退けなければ!」
アルテウル 「あの男がガイアセイバーズの総司令官……!」
ユーゼス 「ユーゼス・ゴッツォ……何としても、ここで倒してみせる!」
       「ユーゼス!お前の思い通りにはさせないぞ!」
被ダメージ
カークス 「効いてませんよ、カークス将軍!」
フェイル 「効きませんよ、フェイル王子!」
      「ぐううっ……!フェイル王子、あなたは……!」
ヴォルクルス 「邪神の攻撃だって、耐えてみせる……!」
         「まだだ、まだ邪神の攻撃に耐えられる!」
ラ・ギアス系 「この程度なら、魔装機とも戦える!」
エルデ 「迂闊に飛び込んだら、取り込まれてしまう……!」
     「ま、まずい!このままじゃ、取り込まれる!」
エグレッタ 「マシンナリー・チルドレンを甘く見たつもりはないけど……」
アーマラ 「あの斧を何とか止めさえすれば……!」
      「まだ受け止められる、あの斧を!」
ジンライ 「受け止めたぞ、ジンライ!」
      「ジンライ……思っていた程じゃないかもな」
      「これ以上はやらせないぞ、ジンライ!」
      「お、重いな、ジンライの攻撃は……!」
ブーステッド・チルドレン 「ブーステッド・チルドレン……さすがにやるな」
                「子供だからって、油断したわけじゃないが……!」
ガイアセイバーズ 「効いていないぞ、ガイアセイバーズ!」
            「それがどうしたんだ、ガイアセイバーズ!」
泰北 「受け止めたぞ、泰北!」
    「防御力なら、こっちだって自信があるんだ!」
夏喃 「効いていないぞ、夏喃!」
泰北 夏喃 「ちょ、超機人……敵に回すとこれ程の……!」
四凶 「四凶の力が、この程度だと思えないけど……!」
    「な、何をやったんだ、あの化け物は!」
    「つ、次も耐えてみせるぞ、四凶の攻撃に!」
光龍 「耐えてみせたぞ、孫光龍!」
    「相手が四霊だろうと、受け止めてみせる!」
イルイ 「これがお前の加護か、ガンエデン!」
     「ううっ、ガンエデンに屈してなるものか……!」
妖機人 「な、何なんだ、あの動きは!」
     「くっ、妖機人の動きは読みにくい……!」
ゼブ 「何なんだ、あの男の口調は……」
ロフ 「受け止めたぞ、ロフ!」
    「ロ、ロフ……強い……!!」
ゼゼーナン 「無駄だ、ゼゼーナン!」
        「まだだ!まだ終わっちゃいないぞ、ゼゼーナン!」
ゲスト系 「ゲスト!これ以上はやらせないぞ!」
      「インスペクターと同じくらいの強さか」
イグニス 「効いていないぞ、イグニス!」
コンターギオ 「それで終わりか、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「う、受け止めたぞ、”破滅の王”の攻撃を……!」
           「な、何をしたんだ、ペルフェクティオは!?」
メリオルエッセ 「そんなもの、怖くはないぞ!」
          「ううっ!メリオルエッセは手強いぞ!」
          「カ、カチーナ中尉の方が、もっと怖いんだ!」
          「お、恐れるな……恐れちゃ向こうの思う壺だ!」
ルイーナ 「くっ!ルイーナに食いつかれたか!」
      「ルイーナにやられるわけには……!」
ユーゼス 「そんなものは通用しないぞ、ユーゼス!」
       「ユ、ユーゼス……まだやられたわけじゃない!」
回避
妖機人 「妖機人に捕まってたまるか!」
化け物系 「化け物なんて怖くないぞ!」
ゲスト系 「インスペクターと同じ要領で行けるな」
ルイーナ 「ルイーナにやられてたまるか!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-25 09:06 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
ブリット クスハ
ブルックリン・ラックフィールド
援護攻撃
キョウスケ 「さすがだ……!このタイミングなら、いける!」
       「あの人には余計な真似かもしれないけど……逃がすわけには!」
       「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてください!」
       「手伝います!エクセレン少尉!」
       「少尉!どこへ行くんですかっ!」
       「続けていきます、エクセレン少尉!」
クスハ 「クスハ、後は俺がやる!」
     「ここは任せてくれ、クスハ!」
     「先に行ってくれ、クスハ!」
ラミア 「ラミアさんは次のターゲットを!」
     「ラミアさん、後は引き受けます!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護します!」
タスク 「タスク、詰めが甘いぞ!」
     「悪いが、タスク……とどめは俺が刺す!」
レオナ 「レオナ、援護するぞ!」
リオ 「リオ!助太刀する!」
リョウト 「リョウト、手を貸すぞ!」
アラド 「アラド、援護するぞ!」
     「後ろがガラ空きだぞ、アラド!」
ゼンガー 「ゼンガー隊長、援護します!」
      「ゼンガー少佐、連携攻撃で行きます!」
レーツェル 「レーツェルさん、後は任せてください!」
ユウキ 「ユウ!後は任せてくれ!」
     「助太刀するぞ、ユウ!」
カーラ 「一本決めるまで油断するな!カーラ!」
ラウル 「ラウル、後は任せろ!」
アクセル 「アクセルさん、助太刀します!」
コウタ 「コウタ、後は任せろ!」
リシュウ 「リシュウ先生!助太刀します!」
イング 「イング、援護するぞ!」
アリエイル 「アリエイル、援護する!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、援護します!」
アクア 「アクア少尉、後は自分が!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、援護するぞ!」
       「後は任せろ、ジョッシュ!」
       「ジョッシュ、お前が嫌だと言っても援護する!」
リム 「リム、後は任せてくれ!」
トウマ 「トウマ、フォローは任せろ!」
テュッティ 「テュッティさん、援護します!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、自分が援護を!」
ミオ 「ミオ、後は任せろ!」
プレシア 「プレシア、後は俺が!」
少佐系 「少佐、後は自分が!」
援護防御
キョウスケ 「キョウスケ中尉、下がってください!」
エクセレン 「エクセレン少尉!早く後ろへ!」
       「少尉、何やってんですっ!」
クスハ 「無茶をするな!クスハ!」
     「クスハ!離脱するんだ!」
ラミア 「ラミアさん、今の内に離脱を!」
リュウセイ 「リュウセイ、突っ込み過ぎだぞ!」 
タスク 「下がれ、タスク!」
レオナ 「レオナ、後退しろ!」
リオ 「リオ!前に出すぎだ!」
リョウト 「リョウト!奴は俺に任せろ!」
アラド 「アラド、どこを見ているんだ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、下がってください!」
レーツェル 「レーツェルさん、後退を!」
ユウキ 「後退しろ、ユウ!」
カーラ 「カーラ、早く下がるんだ!」
ラウル 「下がるんだ、ラウル!」
コウタ 「コウタ、前に出過ぎだ!」
イング 「イング、離脱しろ!」
アリエイル 「下がるんだ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、離脱を!」
アクア 「アクア少尉、後退を!」
ジョッシュ 「下がれ、ジョッシュ!」
       「ジョッシュ、奴は俺が引き受ける!」
       「ジョッシュ、お前が嫌だと言っても盾になる!」
リム 「下がるんだ、リム!」
トウマ 「トウマ、迂闊だぞ!」
テュッティ 「テュッティさん、ここは自分が!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、ここは引き受けます!」
ミオ 「いかん、ミオ!」
プレシア 「プレシア、下がるんだ!」
攻撃
ジョグ 「行くぞ、ジョグ!」
ガテゼルク 「コンピューターの擬似人格か!」
カークス 「カークス将軍!その野心は危険だ!」
フェイル 「フェイル王子……武力による統一は、また別の争いを生むんじゃないんですか!?」
カークス フェイル 「超魔装機……いざ勝負!」
          「相手が超魔装機でも!」
デモンゴーレム 「デモンゴーレム……さっさと退治してやる!」
          「土に還れ、デモンゴーレム!」
          「デモンゴーレムに手間取るわけには!」
ヴォルクルス 「行くぞ、ヴォルクルス!」
        「あんな怪物を野放しにするわけにいくか!」
ラ・ギアス系 「あの魔装機は俺が引き受ける!」
        「魔装機……後手に回るわけにはいかない!」
ノイエDC 「ノイエDCの残党……こうなると、腐れ縁だな」
       「こんな所にまであいつらが……いや、お互い様だな」
アルベロ 「行くぞ、メディウス・ロクス!」
      「目的が何だろうと、成功法で仕掛ける!」
      「どこに行き着くつもりなんだ、あの機体は!」(後半)
      「メディウスがどう進化しようと!」(後半)
ガルベルス 「ツェントル・プロジェクトの最終機と言えども!」
       「奴がMODEL-X……!」
エルデ 「あれに取り込まれるわけにはいかない!」
     「エルデ・ミッテ!お前の欲望に他人を巻き込むな!」
     「エルデの邪念が、あの形になったのか……!」
ドゥバン 「行くぞ、ドゥバン・オーグ!」
      「あの図体なら、スピードはこちらの方が上だ!」
      「お前の暴走は、俺達が止めてやる!」(最終)
      「この世界を、お前一人で支配するなどと!」(最終)
エグレッタ 「行くぞ、エグレッタ!」
       「あいつが指揮官機か!」
アーマラ 「あいつも凶鳥の眷属だと言うのか……!」
      「行くぞ、アーマラ!」
ブーステッド・チルドレン 「ブーステッド・チルドレンか……!」
ジンライ 「相手はダブルGの新型か!」
      「行くぞ、ジンライ!」
      「ジンライより先に踏み込まなければ……!」
量産型ジンライ 「量産型のジンライか!」
ガイアセイバーズ 「お前達が地球の守護者などと!」
            「ガイアセイバーズ、お前達に屈するものか!」
            「汚名は必ず返上してみせる!」
            「行くぞ、ガイアセイバーズ!」
ククル 「マガルガの動きに惑わされるものか!」
     「行くぞ、ククル!」
虎王機 「俺の声を聞け、虎王機!」
     「虎王機を取り戻すためには……!」
     「虎王機、俺の念に応えてくれ!」
     「虎王機!俺達のことを思い出せ!」
泰北 「勝負だ、武王機!」
    「勝負だ、泰北!」
    「武雀王!お前の装甲がどんなに強固でも!」
夏喃 「行くぞ、雀王機!」
    「行くぞ、夏喃!」
    「夏喃、お前の導きなど不要だ!」
    「夏喃!クスハに手出しはさせない!」
    「雀武王!虎龍王の力を思い知れ!」
    「雀武王、お前には負けない!」
泰北 夏喃 「超機人は、人界を守る存在じゃないのか!」
        「奴も四神の超機人……後れを取るものか!」
窮奇王 「窮奇王、お前の速さを超えてやる!」
     「虎龍王!窮奇王に牙を剥け!」
     「どちらが速いか勝負だ、窮奇王!」
饕餮王 「饕餮王……四凶の超機人か!」
     「上位の超機人が相手でも、怯むものか!」
四凶 「四凶の超機人を超えるぞ、虎龍王!」
光龍 「四霊の超機人を倒す!行くぞ、虎龍王!」
    「孫光龍!俺も虎龍王も、お前に従う気はない!」
超機人 「俺達は、虎龍王や龍虎王と共に戦う!」
クストース 「行くぞ、クストース!」
       「ここでクストースを食い止める!」
イルイ 「ガンエデン!俺達はお前の加護など必要としていない!」
妖機人 「妖機人を倒す!」
     「その見かけには騙されない!」
     「妖機人め、覚悟しろ!」
     「行くぞ、妖機人!」
ゼブ ロフ セティ 「ゲストの指揮官機か!」
            「指揮官機を落とせば!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン!お前の企みを打ち砕く!」
ゲスト系 「ゲストの好きにはやらせない!」
      「ゲストもインスペクターも俺達の星には必要ない!」
      「お前達が何度地球圏に現れようと!」
      「ゲスト機を撃破する!」
アクイラ 「行くぞ、アクイラ!」
イグニス 「勝負だ、イグニス!」
グラキエース ウェントス 「あのメリオルエッセは……!」
                「あいつは他のメリオルエッセとは違う……!?」
ウンブラ 「ウンブラ、お前が何を言おうと!」
コンターギオ 「コンターギオ!お前の好きにはやらせない!」
ペルフェクティオ 「お前を倒し、門を閉じる!」
           「遺跡へ還れ、ペルフェクティオ!」
メリオルエッセ 「相手がメリオルエッセなら、退くわけにはいかない!」
         「メリオルエッセ!先手はもらうぞ!」
ルイーナ系 「行くぞ、ルイーナ!」
        「ルイーナ機を排除する!」
        「ここでルイーナを食い止める!」
        「ルイーナめ、これ以上はやらせない!」
アルテウル 「アルテウル!お前を倒し、汚名を返上する!」
        「お前のせいで、俺達は濡れ衣を……!」
ユーゼス 「お前が新しい人類の祖などと、誰が認めるものか!」
      「ユーゼス!お前の計画はここで潰えることになる!」
被ダメージ
エルデ 「くそっ!これじゃ奴に飲み込まれる……!」
ジンライ 「ぐっ!さすがダブルG、踏み込みが速い!」
      「うぐっ!ジンライを振り切れない!」
ゲスト系 「ぐうっ!奴はインスペクター以上……!?」
虎王機 「くっ!やめろ、虎王機!」
     「こ、虎王機、俺はお前を……!!」
夏喃 「雀武王の力はその程度か!」
    「くっ!夏喃め!」
    「ぐあっ!夏喃め、よくも!!」
泰北 夏喃 「同じ四神なら、まだやりようがあるはずだ!」
        「同じ四神の超機人にやられてたまるか!」
窮奇王 「くっ!窮奇王を振り切れなかったか!」
饕餮王 「饕餮王、奴の動きは!」
四凶 「こ、これが四凶の力か……!」
光龍 「くそっ、光龍め!」
    「し、四霊の名は伊達じゃないと言うことか……!」
超機人 「くそっ!ここから四神の意地を見せてやる!」
イルイ 「ガ、ガンエデン……この念は!!」
妖機人 「くっ!トリッキーな動きを!」
ゲスト系 「くうっ!奴はインスペクター以上……!?」
ペルフェクティオ 「こ、ここでペルフェクティオを止めなければ……!!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセにやられるわけには!!」
ユーゼス 「アダマトロン……この力はいったい!?」
回避
フェイル 「無駄です、フェイル王子!」
エルデ 「あんなのに取り込まれてたまるか!」
ジンライ 「見切ったぞ、ジンライ!」
ガイアセイバーズ 「俺を甘く見るなよ、ガイアセイバーズ!」
            「無駄だ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズなどに!」
虎王機 「虎王機!俺がわからないのか!」
夏喃 「夏喃、俺はここだ!」
    「それで終わりか、雀武王!」
泰北 夏喃 「こっちだって四神の超機人なんだ!」
窮奇王 「窮奇王を振り切ったぞ!」
四凶 「それが四凶の超機人の力か!」
光龍 「当たらないぞ、孫光龍!」
    「その龍は見掛け倒しか!」
イルイ 「ガンエデン!お前の光には惑わされん!」
妖機人 「物の怪などに!」
     「妖機人相手で後れを取るものか!」
     「妖機人なんかに!」
ロフ 「当たらないぞ、ロフ!」
ゲスト系 「インスペクターと大差ないということか」
イグニス 「無駄だ、イグニス!」
コンターギオ 「それで終わりか、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「無駄だ、ペルフェクティオ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセと言えど!」
ルイーナ 「ルイーナにやられるものか!」
      「ルイーナにやられるわけには!」
ユーゼス 「お前が言う因縁、断ち切ってみせる!」

クスハ・ミズハ
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、手伝います!」
ブリット 「ブリット君、私も!」
      「ブリット君、後は任せて!」
ラミア 「ラミアさん、援護します!」
リュウセイ 「リュウセイ君、手伝うわ!」
ヴィレッタ 「大尉、続けて行きます!」
タスク 「タスク君、後は任せて!」
     「タスク君、どこへ行くの!?」
レオナ 「レオナ、援護するわ!」
     「レオナには余計なお世話かもしれないけど……」
リオ 「後は任せて、リオ!」
    「リオ、頑張ってるのね……!」
リョウト 「リョウト君が隙を作ってくれた……!」
ラトゥーニ 「援護するわ、ラトゥーニ!」
アラド 「先走っちゃダメよ!アラド君!」
レーツェル 「レーツェルさん、続きますっ!」
ユウキ 「ユウキ君、後は私が!」
カーラ 「カーラ、援護するわ!」
アイビス 「アイビスさん、援護します!」
ラウル 「手伝うわ、ラウル君!」
リシュウ 「リシュウ先生、後は任せてください!」
コウタ 「コウタ君、後は任せて!」
ミチル 「ミチル君、手伝うわ!」
イング 「イング君、私が援護を!」
アリエイル 「アリエイル、後は任せて!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、援護します!」
アクア 「手伝います、アクア少尉!」
ジョッシュ 「ジョッシュ君、後は私が!」
リム 「リム、援護するわ!」
トウマ 「トウマ君、後は任せて!」
マサキ 「マサキ君、後は私が!」
テュッティ 「テュッティさん、援護します!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、援護します!」
ミオ 「ミオ、手伝うわ!」
リューネ 「リューネ、援護するわ!」
プレシア 「後は任せて、プレシア!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、離脱してください」
エクセレン 「エクセレンさん、ここは任せてください!」
ブリット 「ブリット君、無茶しないで!」
ラミア 「離脱してください、ラミアさん!」
リュウセイ 「下がって、リュウセイ君!」
タスク 「タスク君、危ない!」
レオナ 「レオナ、ここは任せて!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
リョウト 「リョウト君、後退して!」
アラド 「アラド君、よそ見しちゃダメ!」
レーツェル 「レーツェルさん、ここは私が!」 
ユウキ 「ユウキ君、後退して!」
カーラ 「カーラ、早く逃げて!」
アイビス 「アイビスさん、早く離脱してください!」
ラウル 「ラウル君、ここは任せて!」
リシュウ 「先生!無理しないでください!」
コウタ 「コウタ君、早く逃げて!」
ミチル 「ミチル君、避けないつもりなの……!?」
イング 「イング君、離脱して!」
アリエイル 「アリエイル、ここは私が!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、離脱してください!」
アクア 「アクア少尉、後退して下さい!」
ジョッシュ 「ジョッシュ君、下がって!」
リム 「リム、危ない!」
トウマ 「トウマ君、無茶をしないで!」
マサキ 「マサキ君、無理しないで!」
テュッティ 「テュッティさん、離脱してください!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、ここは任せてください!」
ミオ 「ミオ、よそ見はダメよ!」
リューネ 「リューネ、早く逃げて!」
プレシア 「プレシア、今行くわ!」
攻撃
フェイル 「フェイル王子、あなたが下した決断は……!」
      「王子、私はあなたを止めます!」
デモンゴーレム 「デモンゴーレムを放っておくわけには……!」
        「アインストとは、わけが違うみたいだけど……!」
ヴォルクルス 「あの邪念は強過ぎる……!」
        「ヴォルクルス……ここで食い止めてみせる!」
エルデ 「あれには……色々な念が混ざっている……!」
     「AI1……何としても止めなければ!」
アーマラ 「あれはヒュッケバインじゃない……!」
      「あのパイロットから感じる違和感は……!」
ブーステッド・チルドレン 「相手がブーステッド・チルドレンなら……!」
                「あの子達もブーステッド・チルドレン……!」
ジンライ 「ダブルGと戦うことになるなんて……!」
      「ダブルGの3号機……しかも無人の……!」
      「あんな機体が造られていたなんて……!」
量産型ジンライ 「3号機の量産型……!」
ガイアセイバーズ 「汚名を着せられたままで終われない……!」
            「負けられない……ガイアセイバーズには!」
            「ガイアセイバーズ……あなた達の好きにはさせません!」
ククル 「あの踊りに気をつけなきゃ……!」
     「マガルガの動きに惑わされちゃいけない……!」
虎王機 「龍人機もあなたを助けたがってる!」
     「虎王機!私とブリット君の下へ帰ってきて!」
     「虎王機、あなたを正気に戻すためには……!」
     「私やブリット君、龍王機のことを思い出して!」
泰北 「玄武の超機人なら、スピード勝負で!」
    「武雀王の守りは固い……でも、隙は必ずあるはず!」
夏喃 「朱雀の超機人……油断は出来ない!」
    「雀武王相手に、油断は出来ない……!」
    「夏喃……あなたの導きなんていりません!」
    「私は仙人になる気なんてありません!」
    「夏喃、あなたに何を言われようと……!」
    「あなたの下へ行く気はないんです!」
泰北 夏喃 「私の信じる四神の超機神は、龍虎王と虎龍王です!」
        「四神同士の戦いが、避けられない宿命だと言うのなら!」
        「龍人機が警戒してる……!」
窮奇王 「スピードは窮奇王の方が上……だけど!」
饕餮王 「饕餮王……あの凶々しさは……!」
四凶 「四凶の超機人には負けられない……!」
    「四凶の超機人が相手でも……!」
光龍 「孫光龍……何て強い念なの……!」
    「あの人の言葉に惑わされちゃ駄目……!」
超機人 「私は、人間の味方をしてくれる龍虎王を信じます!」
     「私は、龍虎王と虎龍王と共に戦います!」
イルイ 「私に与えられた力……あなたを倒すために使います!」
     「地球の封印なんてさせません!」
妖機人 「妖機人を放っておくわけには!」
     「妖機人を止めなきゃ!」
ゼブ ロフ セティ 「地球への干渉を諦めるつもりはないんですね……!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン、あなたの目論見通りにはいきません!」
ゲスト系 「何度地球圏に現れたって!」
      「あなた達が、何度地球に来ようと!」
      「私達の星に干渉すると言うのなら……!」
      「私達がいる限り、ゲストの好きにはさせません!」
ペルフェクティオ 「破滅は、私達で食い止めてみせます!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセが相手でも!」
          「メリオルエッセ……あなた達の好きにはやらせません!」
ルイーナ 「ルイーナを野放しにしておくわけには……!」
      「ルイーナを止めてみせます!」
      「ルイーナを放っておいたら、負の念が広がる……!」
アルテウル 「あなたの……あなたのせいで私達は!」
ユーゼス 「ユーゼス・ゴッツォ、あなたとの因縁、こちらから断ち切ります!」
      「新人祖なんて、私達の世界には必要ありません!」
被ダメージ
フェイル 「フェイル王子……私もここで退くわけにはいかないんです!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズにやられるわけには!」
虎王機 「くっ!やめて、虎王機!」
     「ううっ……私のことがわからないの……!?」
泰北 「くっ、迂闊に武雀王の間合いに飛び込んだら……!」
    「くうっ……武雀王に力負けしている……!?」
    「ぶ、武雀王……何て破壊力なの!?」
夏喃 「あの目に魅入られたら、危ない……!」
    「雀武王を振り切れない!?」
    「夏喃と雀武王のシンクロは、私達以上……それはわかってる!」
夏喃 光龍 「あ、あの人……私を弄んでる……!」
        「こ、このままじゃ、あの人に……!!」
泰北 夏喃 光龍 「何度でも言います!あなたの下には行きません!」
窮奇王 「窮奇王……さすがに速い!」
四凶 「四凶の超機人には勝てない……!?ううん、そんなことない!」
光龍 「あ、あの人……私を弄んでる……!」
    「こ、これが応龍の力なの!?」
イルイ 「この念に……何とかして打ち勝たなきゃ……!!」
妖機人 「きゃっ!何なの、今の動きは!?」
ゼブ ロフ セティ 「さ、さすがゲストの指揮官機……!」
ペルフェクティオ 「こ、これが“破滅”の力……!!」
メリオルエッセ 「ここでメリオルエッセを振り切らなきゃ……!」
          「メリオルエッセ相手に油断したわけじゃないけど……!」
ユーゼス 「ううっ……あの人の前世には、私も……!?」
回避
カークス 「カークス将軍!力を急激に行使しても!」
フェイル 「フェイル王子、私は……!」
エルデ 「AI1……人の念まで飲み込もうとしてるの……!?」
ジンライ 「さすがダブルG……危なかったわ」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズには負けられないもの!」
            「もうあなた達には騙されない!」
虎王機 「虎王機、私の声を聞いて!」
夏喃 「雀武王を振り切れた!」
    「あの人に捕まるわけには……!」
    「夏喃、もう私に構わないでください!」
    「夏喃、あなたの思い通りにはいきません!」
泰北 夏喃 「同じ四神に負けるわけには!」
        「こっちも四神の超機人だもの……!互角に戦ってみせます!」
四凶 「これなら、四凶とも互角に戦える……!」
光龍 「孫光龍!私はここですっ!」
イルイ 「あの念と光に囚われるわけには……!」
妖機人 「妖機人には負けません!」
     「あ、あんまり間近で見たくないな……」
ペルフェクティオ 「破滅の運命なんて、受け入れるつもりはありません!」
メリオルエッセ 「ここでメリオルエッセを食い止めなきゃ!」
ルイーナ 「ルイーナに捕まるわけには!」
ユーゼス 「ユーゼス、あなたが私に何を見せようと!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-24 09:18 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
タスク レオナ
タスク・シングウジ
援護攻撃
キョウスケ 「分の悪い賭け……合点承知!」
       「キョウスケ中尉、その賭け乗ったぁ!」
エクセレン 「姐さん、頼りにしてくださいよ!」
       「エクセ姐さん、お呼びとあれば即参上ッス!」
ブリット 「ブリット、もう一本打ち込むぜ!」
クスハ 「クスハ、俺が手伝ってやるぜ!」
ラミア 「ラミアさん、手伝うッス!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護するっス!」
      「ここで援護しなきゃ、後でブン殴られるんだろうなぁ」
ラッセル 「ラッセル、後は任せな!」
ラーダ 「ラーダ姐さん、手を貸すぜ!」
レオナ 「レオナちゃんのためなら、エーンヤコーラ!」
     「レオナちゃん、少しは頼りにしてくれよ!」
     「二人のラブラブアタックの前に敵はねえ!」
     「よし、俺も行くぜ、レオナ!」
リオ 「リオ、あいつは俺に任せろ!」
リョウト 「リョウト、とどめはもらうぜ!」
アラド 「人のふり見て我がふり直せ、かな?」
ゼンガー 「親分!あっしも行きやすぜ!」
ユウキ 「わりぃがユウキ、手柄はもらったぜ!」
カーラ 「カーラ、後はドーンと俺に任せな!」
ラウル 「ラウル!こいつはアフターサービスだ!」
コウタ 「べらぼうめぃ!こいつも持ってけぃ!」
ミチル 「もうかりまっか?」
     「カチーナ組のよしみだ、手ぇ貸すぜ!」
アリエイル 「手ぇ貸すぜ、アリエイル!」
アクア 「アクアさん、頼りにしてくれよ!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、後は任せろ!」
リム 「リムちゃん、ここはタスク兄さんに任せな!」
グラキエース 「ついてくぜ、ラキちゃん!」
         「クールビューティー……たまんないね!」
テュッティ 「テュッティ姉さんのためなら、頑張るっス!」
ミオ 「よっしゃあ!続くぜ、ミオ!」
プレシア 「プレシアちゃん、タスク兄さんが助太刀するぜ!」
モニカ 「王女様のフォローは、このタスクめが!」
少佐系 「少佐!こっちからも行くっス!」
女性 「可愛い子ちゃんに手ぇ出す奴ぁ、このタスク様が許さねえ!」
援護防御
キョウスケ 「中尉、その賭けはさすがにまずいッス!」
エクセレン 「姐さん、困った時のタスク・シングウジッス!」
ブリット 「何やってんだ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、無理すんな!」
ラミア 「ラミアさん、この場は引き受けるッス!」
ラッセル 「ラッセル、早く逃げろ!」
ラーダ 「ラーダ姐さん、あいつの相手は俺が!」
レオナ 「レオナ、下がれ!!」
     「レオナに手ェ出すんじゃねえ!」
     「レオナちゃん、後でご褒美よろしくね!」
     「人の彼女に何してやがんだ!」
リオ 「逃げるんだ、リオ!」
リョウト 「リョウト、早く逃げろ!」
アラド 「アラド!そこどけ!すぐどけ!」
ユウキ 「お前らしくねえな、ユウキ!」
カーラ 「カーラ、どこ見てんだ!」
ラウル 「ラウル、ここは俺に任せろ!」
コウタ 「てやんでい!べらぼうめぃ!」
ミチル 「ぼちぼちでんな……って状況じゃねえな!」
アリエイル 「アリエイル、ここは任せろ!」
アクア 「アクアさん、早く逃げろ!」
ジョッシュ 「下がれ、ジョッシュ!」
リム プレシア 「ここはタスク兄さんが引き受けた!」
         「妹に手を出す奴は許さねえ!」
グラキエース 「危ねえ、ラキちゃん!」
テュッティ 「テュッティ姉さん、下がってくれ!」
ミオ 「ミオ、無茶すんな!」
モニカ 「危ねえ、王女さん!」
女性 「騎士の出番はここでないと!」
攻撃
カークス ゼゼーナン 「過ぎた野望は身を滅ぼすぜ、おっさんよ!」
フェイル 「フェイル王子……方法は他にもあるんじゃねえのか!?」
デモンゴーレム ヴォルクルス 「へっ、ファンタジー物っぽくなってきたじゃねえか!」
エルデ 「目玉焼きにしてやるぜ、AI1!」
     「俺が一緒になる相手は、てめえじゃねえ!」
ドゥバン 「てめえのやってることは、寿命を縮めてるだけなんじゃねえのか……!」(最終)
アーマラ 「行くぜ、斧持ち!」
      「狩ることはあっても、狩られるのは御免だっつーの!」
アーマラ セティ 「あれでツンデレだったら、俺好み……なんて言ってる場合じゃねえ!」
ジンライ 「行くぜ、忍者野郎!」
      「ヘッ、ダブルGと戦う日が来るなんてな!」
      「よーし、忍法勝負だ!」
トウマ 「暴れ馬を取り押さえるとすっか!」
ガイアセイバーズ 「勝負だ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズ、とっちめてやるぜ!」
            「最初っから怪しいと思ってたぜ、てめえらはよ!」
虎王機 「虎王機!言うこと聞かねえと、毛皮にしちまうぞ!」
泰北 「鶴は千年、亀はブッ倒してやりまんねん!」
    「行くぜ、ゴリマッチョジジイ!」
夏喃 「てめえなんざ、焼き鳥にしてやらあ!」
    「女好きってトコは、まぁ共感できるが……それ以外はな!」
    「男装の麗人ってのもいいなぁ……とか言ってる場合じゃねえ!」
泰北 夏喃 「桃源郷にはちょいと興味があるがな……こちとら人間をやめる気はねえ!」
        「四神の超機人か。相手に取って不足はねえ!」
窮奇王 「とっつかまえて、虎縞パンツにしてやる!」
饕餮王 「そんなにひもじいなら、てめえの身体でも食ってろってんだ!」
四凶 「四凶の超機人が相手でもやってやる!」
光龍 「あれだけデカけりゃ、狙いが適当でも当たらぁ!」
    「あの野郎、マジシャンか怪盗みてえな格好しやがって!」
イルイ 「あんたみたいな女神様は、御免被るぜ!」
妖機人 「何か今回、あの手の奴が多くねえか!?」
     「妖怪退治ってのも悪くねえ!」
ゼブ 「勝負だ、ゼ~ブ!」
ロフ 「行くぜ、ロフ!」
    「ガチンコ勝負は望むところだぜ、ロフ!」
ゼゼーナン 「正念場だな、ゼゼーナンのおっさんよ!」
ゲスト系 「ゲスト!てめえらを招いた覚えはねえ!」
      「てめえらみたいな客は……ぶぶ漬けでも食うていきなはれ!」
      「ゲストめ、地球圏から出て行きやがれ!」
アクイラ 「ゴリマッチョに用はねえんだよ!」
イグニス 「暑苦しい野郎だな、てめえはよ!」
グラキエース 「氷の美女……好みっていやあ、好みなんだけど……」
ウンブラ 「あいつ、もしかして、女……!?」
コンターギオ 「コンターギオ!てめえ、実は宇宙人だろ!」
         「冗談はその顔だけにしろ、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ!てめえは遺跡の中にすっ込んでろ!」
メリオルエッセ 「俺にとって怖いのは、怒ったレオナちゃんだけなんだよ!」
          「行くぜ、メリオル野郎!」
ルイーナ系 「そこをどきやがれ、ルイーナ!」
        「この俺が、ちょっとやそっとのことでビビると思うなよ!」
        「行くぜ、ルイーナ!」
アルテウル 「アルテウル……大したサギ師だぜ、てめえはよ!」
ユーゼス 「ユーゼス!てめえの箱庭なんぞに興味はねえんだよ!」
指揮官系 「目立つ奴からブッ叩く!」
特機系 「重量級なら、ガチンコ勝負で行くぜ!」
被ダメージ
カークス 「超魔装機ってのは、そんなもんかい?」
ラ・ギアス系 「チッ、魔装機は結構素早いな」
        「ラ・ギアスのメカもなかなかのもんだな!」
エルデ 「チッ、女の執念ってのは厄介だぜ……」
アーマラ 「その斧、受け止めたぜ!」
アーマラ セティ 「性格もやることもきっついね、割と」
夏喃 「遠慮はいらねえぜ、夏喃!」
饕餮王 「あいつの顔、あんま近くで見たくねえなぁ」
光龍 「応龍皇……もしかして、見かけ倒し?」
イルイ 「くっ!澄ました顔してやることえげつねえな」
     「いちいち光りやがって……眩しいんだよ!」
ゼブ 「効~いてな~いんだな、こ~れが」
ロフ 「どうした!遠慮はいらねえぜ、ロフ!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン、背中がすすけてるぜ!」
アクイラ 「えーい、筋肉はノーサンキューだっつーの!」
イグニス 夏喃 「それで何を燃やそうってんだ、おい?」
グラキエース 「女に冷たくされるのは、慣れてんだよ!」
コンターギオ 「笑わせんなよ、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「てめえの餌になんてならねえぜ、ペル公!」
ユーゼス 「あの野郎、わけのわからねえこと言いやがって!」
      「ユーゼス!てめえの前世なんて知るかよ!」
回避
ジンライ 「ヘッ、大したことねえな、てめえの忍法は」
ガイアセイバーズ 「甘いんだよ、ガイアセイバーズ!」
            「おととい来やがれってんだ、ガイアセイバーズ!」
夏喃 「ふん、スピードは虎龍王の方が上だな」
四凶 「四凶つっても、その程度かい!」
光龍 「なかなか面白い出し物だったぜ、孫光龍。けど、アンコールはなしな!」
光龍 イルイ 「あんな広範囲の攻撃、よく避けたな、俺」
化け物系 「えーい、妖怪退散!」
       「さー、化け物はお化け屋敷に行った、行った!」
ゲスト系 「長居する客は嫌われるっつーの!」
      「ぶぶ漬けはでねえぜ?」
アクイラ 「ゴリマッチョに近寄られても嬉しかねえ!」
イグニス 「ヘッ、火傷はしたくねえからな!」
ウンブラ 「実は美少女……ってことはねえよなあ、やっぱ」
コンターギオ 「何やってんだ、コンターギオ?」
ペルフェクティオ 「ん、何の王様だったっけ、あんた?」
ルイーナ 「ルイーナなんぞに捕まってたまるか!」
ユーゼス 「妄想を垂れ流すんじゃねえよ!」

レオナ・ガーシュタイン
援護攻撃
ブリット 「援護するわ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、後は私に任せなさい」
タスク 「まずまずの牽制と言ったところね、タスク」
     「仕方ないわね……手伝ってあげるわ、タスク」
     「勘違いしないでね。あなたを追いかけているのではなくてよ」
     「待ちなさい、タスク!相手はまだ動けるわよ!」
ライ 「援護するわ、ライディース!」
    「ここは任せてもらうわよ、ライディース」
アヤ ヴィレッタ 「大尉、バックアップに入ります!」
カチーナ 「カチーナ中尉、援護します!」
ラッセル 「少尉、後は私が!」
リオ 「援護するわ、リオ!」
リョウト 「リョウト、後は任せなさい!」
ユウキ 「ユウキ、あなたは前方の敵機を!」
カーラ 「カーラ、射線軸から退避なさい!」
アラド 「あの子、やっていることはタスクと同じね」
レフィーナ 「ドラゴン2へ。援護を行います!」
アイビス 「アイビス、後は私が!」
スレイ 「スレイ、後は私に任せなさい!」
     「援護するわ、スレイ!」
イング 「イング、援護するわ」
アリエイル 「援護するわ、アリエイル」
ジョッシュ 「援護するわ、ジョッシュ!」
リム 「リム、後は任せなさい」
マサキ 「援護するわ、マサキ」
リューネ 「リューネ、後は任せて」
少佐系 「少佐、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット、早く離脱を!」
クスハ 「後退しなさい、クスハ」
カチーナ 「中尉、今の内に後退を!」
ラッセル 「少尉、早く離脱を!」
タスク 「どこを見ているの、タスク!」
     「タスク、早く退避なさい!」
     「タスク!調子に乗ってはダメよ!」
ライ 「ライディース……!あなたらしくないわね」
リオ 「リオ、下がりなさい!」
リョウト 「リョウト、今の内に退避なさい!」
アラド 「周りをよく見なさい、アラド!」
ユウキ 「ユウキ、私が時間を稼ぐわ!」
カーラ 「カーラ、よそ見をしていてはダメよ!」
アイビス 「アイビス、離脱を!」
スレイ 「スレイ、早く離脱なさい!」
     「スレイ、後退を!」
イング 「下がりなさい、イング!」
アリエイル 「アリエイル、後退を!」
ジョッシュ 「下がりなさい、ジョッシュ」
リム 「リム、離脱を!」
マサキ 「マサキ、離脱を!」
リューネ 「リューネ、下がって!」
攻撃
カークス フェイル 「超魔装機……その力が如何ほどのものであっても!」
            「急激な力の行使は、混乱を招くだけよ……!」
フェイル 「フェイルロード王子……これが、私達の答えです!」
ヴォルクルス 「邪神ヴォルクルス……ここで食い止めなければ!」
デモンゴーレム 「土塊に還りなさい」
ラ・ギアス系 「ラ・ギアスの機動兵器……その力、見せてもらうわ」
         「魔装機……仕留めてみせる!」
ノイエDC兵 「あなた達は、バン大佐の遺志を履き違えている……!」
        「その妄執……振り払ってあげるわ」
スレイ 「成すべきことを見失っているようね、スレイ」
     「スレイ、私を捉えられて?」
     「彗星はどこを目指して飛んでいるのかしら?」
アルベロ 「ターゲット、メディウス・ロクス……!」
       「どのように変化しようとも……!」(後半)
エルデ 「エルデ・ミッテ……その妄念、断ち切ってあげるわ!」
     「エルデ……その欲望と共に潰えなさい!」
ドゥバン 「ターゲット、アレス・ガイスト……!」
      「ドゥバン・オーグ……あなたに私を止めることが出来るかしら?」
      「ドゥバン……あなたの運命は変わらなくてよ」(後半)
エグレッタ 「マシンナリー・チルドレン……性懲りもなく!」
       「エグレッタ、もう一度地の底へ還りなさい!」
アーマラ 「あれも凶鳥の眷属……!」
      「その斧で、私を狩れると思わないことね」
      「あなたの存在を消し去ってあげるわ」
エグレッタ アーマラ 夏喃 窮奇王 「その翼で私に追いつけて?」
ブーステッド・チルドレン 「子供に構っている時間はなくてよ」
                「子供と言えど、私の前に立ち塞がるのなら、相応の覚悟をなさい」
ジンライ 「ダブルGの3号機と言えど……!」
      「ダブルG……相手に取って不足はなくてよ」
      「ターゲット、ジンライ……!」
量産型ジンライ 「無人機などに……!」
ガイアセイバーズ 「身の潔白は、自らの行動で証明するわ」
            「ガイアセイバーズ……あなた達のやり方を認めるわけにはいかない」
            「あなた達に地球圏の守護者たる資格はあるかしら?」
            「私は、あなた達の大義を否定する……!」
虎王機 「虎王機……正気に戻りなさい!」
泰北 「ターゲット、武雀王……!」
夏喃 「夏喃……私のプライド、そう簡単には崩せなくてよ」
泰北 夏喃 「あなた達の理想郷などに興味はなくてよ」
        「あなた達の導きなど、不要よ」
        「四神の超機人……私が相手よ!」
光龍 「光龍、退屈な時間を終わらせてあげるわ……!」
    「孫光龍……あなたの思い通りにはいかなくてよ!」
四凶 「四凶の名に相応しい化け物ね……!」
妖機人 「悪趣味な怪物ね……!」
     「ターゲット・デモン……!」
イルイ 「ガンエデン……あなたの結界は、人類の進歩を妨げることになる!」
     「偽りの神には惑わされなくてよ!」
ゼブ 「私を甘く見ないことね、ゼブ」
ロフ 「行くわよ、ロフ!」
セティ 「セティ、私を捉えることが出来るかしら?」
ゼゼーナン 「もう逃げ場はないわ、ゼゼーナン」
       「ゼゼーナン、悪あがきはおよしなさい」
ゲスト系 「ゲスト……阻止してみせるわ!」
      「あなた達が何度干渉してこようと……!」
      「あなた達……地球圏から去りなさい!」
アクイラ 「アクイラ……あなたの好きにはさせなくてよ」
イグニス 「行くわよ、イグニス」
グラキエース 「この私を前にして、どこまで冷静でいられるかしら?」
ウンブラ 「行くわよ、ウンブラ」
コンターギオ 「覚悟なさい、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ……闇の中へ去りなさい!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ……相手にとって不足はなくてよ」
          「絶望も恐怖も振り払ってみせる……!」
          「メリオルエッセ……この私を怯ませられて?」
ルイーナ系 「ルイーナ……これ以上、先には進ませないわ」
       「ルイーナ……ここから消え去りなさい!」
       「ルイーナを阻止しなければ……!」
アルテウル 「アルテウル……その真意、見極めさせてもらうわ」
ユーゼス 「ユーゼス・ゴッツォ……あなたの悪しき声を砕く!」
      「どんな漆黒い闇が嘲笑おうと……私が望む結果は一つ!」
指揮官系 「頭を抑える……!」
      「指揮官機を落とせば……!」
被ダメージ
ラ・ギアス系 「魔装機……なかなかのものね……!」
        「ラ・ギアスにも手練れはいるようね」
スレイ 「フッ、やるわね、スレイ」
     「ベガリオン……なかなかの運動性ね」
     「彗星の名は伊達ではないわね……!」
リオン系 「さすが最新鋭機、と言っておくわ」
エルデ 「あの妄念に飲み込まれるわけには……!」
     「私のプライドまで飲み込めると思わないことね……!」
ドゥバン 「アレス・ガイストに捕捉されるなんて……!」
エグレッタ 「マシンナリー・チルドレンを甘く見たつもりはないけど……!」
アーマラ 「あの斧に気を付けなければ……!」
      「パワーもスピードもヒュッケバイン以上……!」
ジンライ 「反応速度は、アウセンザイターと同レベル……!」
      「さすが、ダブルG……!」
夏喃 「夏喃、私は怯まないわ」
    「虎龍王並の運動性を持っているというの……?」
    「武雀王……侮れないわね」
    「夏喃、私の心はまだ折れていなくてよ……!」
泰北 夏喃 「仙人が人以上の存在であっても……!」
四凶 「これが四凶の実力……!」
    「あなたの餌食になるつもりはなくてよ……!」
光龍 「孫光龍……遊んでいるつもりなの……!?」
    「孫光龍、あなたには屈しない……!」
    「応龍皇……何という力なの!」
イルイ 「慈悲の心、とでも言うつもりかしら?」
     「ううっ……ガンエデン、あなたは人類の未来を閉ざす存在よ!」
妖機人 「妖機人を振り切れないなんて……!」
ゼブ 「口調と裏腹に攻撃は速い……!」
ロフ 「くうっ!ロフ……油断ならないわね」
セティ 「くっ!いい読みね、セティ」
    「セティ、まだ私は倒れていないわ!」
ゼゼーナン 「そんなものかしら、ゼゼーナン」
       「くうっ!ゲストとの戦いに終止符を打つまでは……!」
ゲスト系 「インスペクターより少しはやるようね」
アクイラ 「アクイラ……言うだけのことはあるようね」
イグニス 「それで終わりかしら、イグニス」
      「まだ勝負はついていなくてよ、イグニス!」
グラキエース 「やるわね、グラキエース」
         「くっ……正確な攻撃ね、グラキエース」
ウンブラ 「ウンブラ、私は怯んでいなくてよ!」
コンターギオ 「何の真似かしら、コンターギオ?」
         「コンターギオ……笑っていられるのは、今の内よ!」
ペルフェクティオ 「”破滅の王”の力……こんなものではないはず!」
           「くうっ!ペルフェクティオ、あなたの糧になるつもりはなくてよ!」
メリオルエッセ 「私を絶望させるには程遠いわ」
          「くっ!油断ならないわね、メリオルエッセは」
ルイーナ 「こんなことで恐怖する私でなくてよ……!」
ユーゼス 「ユーゼス……この力、やはり危険ね」
      「くうっ!私達がいる限り、あなたが新たな人祖になることがなくてよ!」
回避
カークス 「カークス将軍……あなたを止めてみせる」
フェイル 「フェイルロード王子、あなたは……!」
ヴォルクルス 「邪神と言えど、互角に戦えるようね」
ラ・ギアス系 「その魔装機で、私は捉えられなくてよ」
         「魔装機よりこちらの方が速いわね」
スレイ 「遅いわね、スレイ」
     「それがベガリオンの実力かしら?」
リオン系 「新型のリオンシリーズでも、ズィーガーリオンは捉えられなくてよ」
      「最新鋭のリオンにしては遅いわね」
エルデ 「その欲望、尽きることはないようね」
ドゥバン 「アレス・ガイスト……見た目通り、動きは遅いわね」
      「無駄よ、ドゥバン」
エグレッタ 「甘いわね、エグレッタ」
アーマラ 「消えるのは私ではなく、あなたの方よ!」
エグレッタ アーマラ 夏喃 窮奇王 「その翼は見掛け倒しかしら?」
ジンライ 「それでもダブルGなのかしら?」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ、あなた達では私を止められなくてよ」
            「ガイアセイバーズの実力は、その程度なのかしら?」
夏喃 「夏喃、あなたの思い通りにはいかなくてよ」
泰北 夏喃 「四神の超機人と言えど……!」
        「龍虎王や虎龍王ほどの力は持っていないようね」
四凶 「それでは四凶の名が泣くわね」
光龍 「あなたの念でも、私を縛ることは出来ない!」
イルイ 「私達の世界に、あなたのような存在は不要よ」
ゼブ 「その口調には惑わされないわ」
ロフ 「正攻法だけに読み易くてよ、ロフ」
セティ 「遅いわね、セティ」
ゼゼーナン 「諦めなさい、ゼゼーナン」
ゲスト系 「インスペクターと同じレベルだと思っていたけれど……」
      「ゲストには屈しないわ!」
アクイラ 「アクイラ、私を狙っても無駄よ」
イグニス 「あなたの炎で、私を焼くことは出来なくてよ」
グラキエース 「私を凍てつかせることは出来なくてよ」
コンターギオ 「その手は通用しないわ、コンターギオ」
ペルフェクティオ 「破滅するのは、私達ではないわ!」
メリオルエッセ 「それがあなた達の言う恐怖なのかしら?」
          「それで私を怯ませようなんて……」
ルイーナ系 「ルイーナ……ここで食い止めてみせる」
        「ルイーナなどに!」
ユーゼス 「ユーゼス、あなたの戯言を聞く気はなくてよ」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-24 09:15 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)
リョウト リオ
リョウト・ヒカワ
援護攻撃
ブリット 「援護するよ、ブリット!」
クスハ 「クスハ、後は僕が!」
タスク 「援護するよ、タスク!」
レオナ 「レオナ、援護するよ!」
リュウセイ 「リュウセイ、バックアップするよ!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
リオ 「リオ、後は僕に任せて!」
    「リオが作ってくれたチャンスを逃すわけには!」
    「わかってるよ、リオ。後は僕がやる!」
    「リオ、ここからは僕の仕事だ!」
ラーダ 「ラーダさん、後は僕が!」
ギリアム 「援護します、ギリアム少佐!」
アラド 「アラド!先を急いじゃ駄目だ!」
ユウキ 「ユウ、こっちからもいくよ!」
カーラ 「カーラ、君は先に行って!」
ラウル 「援護するよ、ラウル!」
コウタ 「コウタ、先走っちゃ駄目だよ!」
イング 「援護するよ、イング!」
     「イング、後は僕が!」
アリエイル 「アリエイル、後は任せて!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、援護します!」
アクア 「アクア少尉、援護します!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、後は任せて!」
リム 「リム、援護するよ!」
艦長 「こちらリョウト!艦長、援護します!」
少尉系 「少尉、後は任せてください!」
少佐系 「少佐、援護します!」
大尉系 「大尉、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット、あいつは僕に任せて!」
クスハ 「クスハ、危ないっ!」
タスク 「タスク、早く下がって!」
レオナ 「レオナ、ここは僕に任せて!」
リュウセイ 「リュウセイ、ここは僕が引き受ける!」
イルム 「イルム中尉、ここは僕が!」
リオ 「リオ、早く下がって!」
    「リオ、突っ込み過ぎちゃダメだ!」
    「リオ、君は僕が守る!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に離脱を!」
アラド 「アラド、周りをよく見るんだ!」
ユウキ 「ユウ、君は離脱を!」
カーラ 「カーラ、無茶しちゃ駄目だ!」
ラウル 「ラウル、無茶しちゃいけない!」
コウタ 「コウタ、早く下がって!」
イング 「イング、下がって!」
     「逃げるんだ、イング!」
アリエイル 「下がるんだ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、後退して下さい!」
アクア 「アクア少尉、離脱を!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、離脱して!」
リム 「リム、危ない!」
少尉系 「少尉、すぐに離脱を!」
少佐系 「少佐、後退してください!」
大尉系 「大尉、離脱してください!」
攻撃
カークス 「一方的な抑圧は、後で大きな反発を呼ぶことになります!」
フェイル 「フェイルロード王子……僕はあなたには従えない」
デモンゴーレム 「デモンゴーレムを排除する!」
ヴォルクルス 「あれが邪神ヴォルクルスか……!」
ラ・ギアス系 「あの魔装機は僕に任せて!」
        「魔装機相手でもやってみせる!」
        「対PT戦の応用でいけば……!」
アルベロ 「メディウス・ロクス……慎重に行かなきゃ」
      「これ以上、メディウスを進化させるわけには……!」
エルデ 「急激な進化は自滅を促す……でも、それを待ってはいられない!」
     「エルデ・ミッテ!あなたの妄想に付き合う気はない!」
ドゥバン 「行くぞ、ドゥバン・オーグ!」
      「ターゲット、アレス・ガイスト!攻撃開始!」
      「ドゥバン、お前が求めているものは危険過ぎる!」
アーマラ 「よくもヒュッケバインを……!」
      「あの斧には気を付けなきゃ……!」
      「ヒュッケバインの仇討ちをさせてもらう!」
      「ガリルナガン……油断は出来ない!」
ジンライ 「ジンライ……これ以上はやらせない!」
      「相手がダブルGでも!」
      「勝負だ、ジンライ!」
      「DMLのような揺らぎはない……!」
ガイアセイバーズ 「汚名は必ず振り払ってみせる!」
            「ガイアセイバーズの好きにはさせない!」
            「彼らのやり方を認めるわけには!」
虎王機 「虎王機、正気に戻るんだ!」
泰北 「武雀王……迂闊に近付くのは危険だな」
夏喃 「雀武王……四神の超機人か!」
泰北 夏喃 「四神の超機人と戦うことになるなんて……!」
        「四神の超機人が相手でも、怯むものか!」
        「あなた達の理想を受け入れるつもりはない!」
四凶 「四凶の超機人……何て禍々しさだ……!」
    「四凶が災いを為すと言うのなら、僕は戦う……!」
    「四凶と言えど、やってみせる!」
光龍 「孫光龍……何て強い念なんだ……!」
    「念も機体も大き過ぎる……だけど!」
イルイ 「ガンエデン……機械仕掛けの神なんかに!」
     「ガンエデン……その結界、必ず破ってみせる!」
妖機人 「妖機人を退治しなきゃ!」
     「妖機人相手で手間取るわけには!」
ゼブ 「勝負だ、ゼブ!」
ロフ 「ロフ……あなたには負けない!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン……あなたの目論見はここまでだ!」
ゲスト系 「ゲスト機を撃破する!」
      「僕達の星に干渉するな!」
      「ゲストの干渉なんて必要ない!」
アクイラ 「アクイラ……お前達の糧なんかにならない!」
イグニス 「行くよ、イグニス!」
コンターギオ 「覚悟してもらうよ、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「門の向こう側に還れ、”破滅の王“!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ……慎重にいかなきゃ」
          「メリオルエッセを前にして、退くわけにはいかない」
          「相手がメリオルエッセでも……!」
ルイーナ系 「ここでルイーナを食い止める!」
        「前方のルイーナを排除する!」
        「ルイーナの好きにはやらせない!」
アルテウル 「アルテウル・シュタインベック……あれが黒幕か……!」
ユーゼス 「ユーゼス!因果地平の彼方に消えろ!」
      「お前が新たな人類の祖などと、誰が認めるものか……!」
指揮官機 「指揮官機を落とせば……!」
被ダメージ
ラ・ギアス系 「あの魔装機……強いな!」
エルデ 「AI1に取り込まれるわけには……!」
アーマラ 「くうっ!あの斧、厄介だな……!」
ジンライ 「さ、さすがダブルG……!」
四凶 「四凶の動きは読みにくい……!」
光龍 「何とかしてあの念を振り払わなければ……!」
イルイ 「ここで負けたら、地球が封印されてしまう……!」
妖機人 「妖機人に食いつかれるなんて……!」
ロフ 「ロフ……僕はまだ戦える!」
イグニス 「や、やるな、イグニス!」
コンターギオ 「やってくれたな、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「こ、これが”破滅の王”の力なのか……!」
ユーゼス 「ユーゼス……僕は諦めない!お前との因縁を断つ!」
回避
カークス 「無駄です、カークス将軍!」
フェイル 「当たりませんよ、フェイルロード王子!」
ヴォルクルス 「ヴォルクルス……当たっていたら、ただじゃ済まなかったかも」
ラ・ギアス系 「魔装機のデータを取っておこう」 
        「あの魔装機は、それほど速くなさそうだ」
エルデ 「あれと共に自滅する気はない……!」
アーマラ 「性能はヒュッケバインより上みたいだけど……」
      「あの斧を食らうわけには……!」
ジンライ 「ダブルG……踏み込みの速さはさすがだね」
泰北 「武雀王、間合いを上手く取れば、戦える!」
夏喃 「雀武王、動きは速いけど……!」
泰北 夏喃 「あの念に囚われないようにしなければ……!」
四凶 「四凶とも何とか戦えるな……!」
光龍 「何て攻撃をするんだ、あの龍は……!」
イルイ 「囚われてたまるか!あの機械の神に!」
妖機人 「予測しづらい動きだけど……!」
     「妖機人にはやられない!」
ゼブ ロフ セティ 「上手く指揮官機の注意を引けば!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン、もう観念するんだ!」
ゲスト系 「ゲストにやられるわけには!」
      「ゲストとインスペクター……そんなに変わりないみたいだね」
アクイラ 「アクイラ、僕はここだ!」
イグニス 「当たらないよ、イグニス!」
コンターギオ 「無駄だよ、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「あの負の波動を受けるわけには……!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセ……動きをよく見れば!」
ルイーナ系 「よし、ルイーナを振り切った!」
ユーゼス 「ユーゼス、お前が何をしようと……!」

リオ・メイロン
援護攻撃
キョウスケ 「キョウスケ中尉、援護します!」
エクセレン 「エクセレン少尉、後は任せてください!」
ブリット 「ブリット君、援護するわよ!」
クスハ 「クスハ、下がって!後は私が!」
     「まだよ、クスハ!私からも!」
ラミア 「続いていきます、ラミア少尉!」
タスク 「タスク君、詰めが甘いわよ!」
レオナ 「レオナ、手伝うわ!」
リュウセイ 「リュウセイ君、援護するわ!」
イルム 「イルム中尉、援護します!」
リョウト 「リョウト君、気を抜いちゃダメよ!」
      「手伝うわ、リョウト君!」
      「リョウト君、私も行くわ!」
      「後は私が……ってことね、リョウト君!」
ラーダ 「ラーダさん、手伝います!」
アラド 「待ちなさいよ、アラド君!」
ユウキ 「ユウキ君、後は任せて!」
カーラ 「カーラ、まだ終わってないわよ!」
テツヤ 「これよりスティール2の援護に入ります!」
クルト 「これより、アイアン3の援護に入ります!」
レフィーナ 「これより、ドラゴン2の援護に入ります!」
ラウル 「ラウル君、後は引き受けるわ!」
コウタ 「手伝うわよ、コウタ君!」
ミチル 「ミチル君、ただ突っ込むだけじゃダメよ!」
イング 「援護するわ、イング!」
アリエイル 「手伝うわ、アリエイル!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、援護します!」
アクア 「アクア、続けて行くわよ!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、援護するわ!」
リム 「リム、後は任せて!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、援護します!」
プレシア 「プレシア、後は任せて!」
艦長 「こちらリオ!艦長、援護します!」
援護防御
ブリット 「ブリット君、前に出過ぎよ!」
クスハ 「クスハ!あなたは早く逃げて!」
     「今行くわよ、クスハ!」
タスク 「タスク君!何やってんのよ!」
レオナ 「レオナ、すぐに後退して!」
リュウセイ 「リュウセイ君、早く後ろに!」
イルム 「イルム中尉、離脱してください!」
リョウト 「リョウト君、ディフェンスは私に任せて!」
      「リョウト君!無理しないで!」
ラーダ 「ラーダさん、今の内に逃げて!」
アラド 「アラド君!装甲を過信しちゃダメ!」
ユウキ 「下がって!ユウキ君!」
カーラ 「カーラ!ちゃんと集中しなきゃダメよ!」
ラウル 「ラウル君、下がって!」
コウタ 「コウタ君、よそ見しちゃダメだって!」
イング 「下がって、イング!」
ヒューゴ 「ヒューゴ少尉、後退してください!」
アクア 「アクア、早く逃げて!」
ジョッシュ 「ジョッシュ、下がって!」
リム 「リム、無茶しちゃダメよ!」
ヤンロン 「ヤンロンさん、離脱してください!」
プレシア 「プレシア、無理しないで!」
中尉系 「中尉、私が時間を稼ぎます!」
大尉系 「大尉、ここは任せてください!」
少佐系 「少佐、後退してください!」
攻撃
ジョグ 「ジョグ、相手になってあげるわ!」
サフィーネ 「勝負よ、紅蓮のサフィーネ!」
ガテゼルク ユーゼス 「その仮面、剥がしてやるわ!」
フェイル 「それが……あなたの正義だと言うのなら……!」
デモンゴーレム 「悪霊はさっさと退散なさい!」
シュテドニアス兵 「あなた達の行動は、ラ・ギアスを混乱させるだけじゃないの!?」
ラ・ギアス系 「あの魔装機は私に任せて!」
        「相手が魔装機でも!」
ノイエDC兵 「召喚された者同士で戦ったって!」
        「ノイエDC……こんな所にまで!」
アルベロ 「メディウス・ロクス……油断は出来ない!」
エルデ 「エルデ・ミッテ!あなたの暴走は、私達が食い止めてみせる!」
ドゥバン 「勝負よ、ドゥバン!」
エグレッタ 「覚悟なさい、エグレッタ!」
アーマラ 「あんなもの、ヒュッケバインじゃない……!」
      「悪のヒュッケバイン……勝負よ!」
ブーステッド・チルドレン 「彼らの連携を崩さなきゃ!」
              「ラトゥーニ達に手出しはさせない!」
ガイアセイバーズ 「ガイアセイバーズ、あなた達の好きにはやらせない!」
            「勝負よ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズ、あなた達には屈しないわ!」
虎王機 「虎王機、私達のところへ戻って!」
夏喃 「雀武王……龍虎王と対を成す存在……!」
    「勝負よ、夏喃!」
泰北 夏喃 「たとえ相手が四神の超機人でも!」
       「何が桃源郷よ!そんなもの、不要だわ!」
四凶 「あれが四凶の超機人……!」
光龍 「孫光龍!あなたの好きにはさせないわ!」
    「孫光龍、あなたは間違いなく悪よ!」
イルイ 「イルイ、待ってて!必ず助けてあげるから!」
     「人造の神なんて、神じゃない!ただの機械よ!」
妖機人 「行くわよ、妖機人!」
     「妖機人を放っておくわけには!」
ゼブ 「あなた、シャキっと喋ったらどうなの!?」
ロフ 「勝負よ、ロフ!」
セティ 「行くわよ、セティ!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン、あなたに正義なんてないわ!」
ゲスト系 「ゲスト!地球圏から出て行きなさい!」
      「ゲストの好きにはやらせない!」
イグニス 「イグニス!あなた達の横暴を私は許さない!」
      「勝負よ、イグニス!」
グラキエース ウェントス 「あのメリオルエッセは……!」
ウンブラ 「覚悟なさい、ウンブラ!」
コンターギオ 「行くわよ、コンターギオ!」
         「コンターギオ、笑ってられるのも今の内よ!」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ!破滅するのはあなたの方よ!」
メリオルエッセ 「メリオルエッセが相手でも、引き下がりはしない!」
          「メリオルエッセ……あなた達がまき散らす恐怖、食い止めてみせる!」
ルイーナ系 「ルイーナを食い止めなきゃ!」
        「勝負よ、ルイーナ!」
        「ルイーナは私達の手で倒してみせる!」
ユーゼス 「ユーゼス!あなたの計画は、私が打ち砕いてやるわ!」
      「あなたは新人祖になんてなれやしない!私達が、そんなことさせない!」
化け物系 「さあ、化け物退治よ!」
被ダメージ
ジョグ 「ジョグ、まだ勝負は付いてないわよ!」
ラ・ギアス系 「あの魔装機、動きが速いわ!」
        「あの魔装機……強い!」
        「ここでやられたら、地上に帰れなくなる!」
夏喃 「夏喃、遊んでいるつもり!?」
    「夏喃、まだやられちゃいないわよ!」
光龍 「お、応龍皇……何て力なの……!?」
    「光龍!まだ私は戦えるわ!」
超機人 「さ、さすが超機人ってこと……!?」
      「こ、これが超機人の力……!」
イルイ 「こ、ここで負けたら、地球が封印されたままになってしまう!」
妖機人 「くっ!妖機人に取り付かれるなんて!」
     「こっちが退治されちゃ、意味がないじゃない!」
     「あの妖機人、見掛け倒しじゃないってことね!」
アーマラ 「あのパワー、ヒュッケバインを超えてる……!!」
ガイアセイバーズ 「くううっ!ガイアセイバーズに負けるわけにはいかないのよ!」
ゲスト系 「くうっ!ゲストに負けてたまるもんですか!」
      「イ、インスペクターより上手ってこと!?」
イグニス 「イグニス、詰めが甘いわよ!」
コンターギオ 「うっ!コンターギオ、あなたなんかに!」
         「よくもやってくれたわね、コンターギオ!」
メリオルエッセ 「絶望なんてするもんですか……!!」
ルイーナ 「くっ!あのルイーナ、速い!」
      「ルイーナにここまで押されるなんて……!」
      「くうっ!ルイーナにやられるわけには!」
ユーゼス 「ガ、ガンエデンよりも強い……!!」
ボス系 「あ、あの邪念に飲み込まれるわけには!」
回避
ジョグ 「甘いわよ、ジョグ!」
カークス 「あなたの正義を認めるわけにはいかない!」
フェイル 「デュラクシール……特機並のパワーね……!」
ラ・ギアス系 「魔装機神ほどのパワーはないようね」
エルデ 「私を取り込めると思わないことね!」
     「エルデ!あなたの歪んだ欲望は、私達が打ち砕く!」
アーマラ 「ヒュッケバインの偽物なんかに!」
ガイアセイバーズ 「あなた達に地球圏の守護者なんて名乗らせないわ!」
            「ガイアセイバーズ!あなた達には負けないわよ!」
夏喃 「夏喃!あなたの思い通りにはいかないわよ!」
光龍 「孫光龍!その手には乗らないわ!」
    「それで終わりかしら、孫光龍!」
超機人 「人に仇なす超機人に負けるもんですか!」
イルイ 「あなたみたいな神様なんて必要ないわ!」
     「あなたは地球を呪縛する悪よ!」
妖機人 「妖機人なんかに!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン!あなたの目論見もここで終わりよ!」
イグニス 「イグニス、私を甘く見ないことね!」
コンターギオ 「どこを見てるの、コンターギオ!」
ペルフェクティオ 「そんなもの、通用しないわよ!ペルフェクティオ!」
メリオルエッセ 「そう簡単に私達が絶望すると思わないことね!」
          「メリオルエッセ、私はここよ!」
ルイーナ 「ルイーナなんかにやられるもんですか!」
      「当たらないわよ、ルイーナ!」
ユーゼス 「ユーゼス!最後に生き残るのは、あなたじゃないわ!」
      「これもあなたの計画通りってわけかしら!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-24 09:13 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)