タグ:第3次スーパーロボット大戦α ( 33 ) タグの人気記事
備考
・比較的、特殊セリフは発生しやすい。

・発生しやすいが、何となく一部に低確率でしか発生しない特殊セリフがある
 気がする。

・ルリアの「ナッキーパンチ!」は発生しにくい部類に入る気がする。
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 23:48 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(1)
オリジナル系・1
トウマ・カノウ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウセイ!後は任せな!」
ゼンガー 「ゼンガー!俺も続くぞ!」
レーツェル 「レーツェル、見ていてくれよ!」
バラン 「バラン!後は任せてくれ!」
援護防御
リュウセイ 「隙があるぜ、リュウセイ!」
ゼンガー 「退くんだ、ゼンガー!」
レーツェル 「任せてもらうぜ、レーツェル!」
バラン 「あんたには借りもあるしな…!」
攻撃
ゼンガー 「ゼンガー・ゾンボルト…!俺はあんたを超える!」
      「あの夏の日の巨人が、今俺の目の前にいる…!」
      「ゼ…ンガー…!ゾン…ボル…ト…!!」(LIOH時)
バラン 「強大な相手だからこそ俺は戦う!」
     「その鉄球ごと、蹴り砕いてやる!」
     「俺の名前を敗北と共に刻んでやる!」
     「奴は…奴だけは俺が倒す!」
     「今までの借り…この技で返す…!」(後半)
     「俺の誇りと闘志を懸けて…勝負だ、バラン・ドバン!」(後半)
ゴラー・ゴレム隊 「その仮面ごと蹴り砕いてやる!」
          「来るなら来い!何人が来ようと蹴り倒してやる!」
ハザル エイス シヴァー 「お前に聞こえるか…罪なき人々の怒りと悲しみの声が!」
             「お前達が人々にしてきたことを倍にして返す!」
          「お前を倒すことには微塵の迷いもない!」
                 「行くぞ!俺がこの戦い、決してやる!」
ルアフ シヴァー 「偽りの神…偽りの正義…!俺が蹴り砕く!」
            「お前が神ならば、俺は闘神になる…!」
ケイサル 「ケイサル・エフェス!お前の怨念は俺が蹴り砕く!」
       「散っていった魂に誓う!この戦い、必ず勝利すると!」
       「最後の勝負だ!行くぞ、ミナキ、大雷凰!!」
STMC バッフ・クラン系 「俺が倒れるか、そっちの打ち止めが先か、勝負だ!」
                 「数で来るなら片っ端から蹴り砕くだけだ!」
                 「来るなら来い!数に負ける俺じゃないぞ!」
撃破神雷
バラン 「勝負ありだ、バラン・ドバン…!」
ハザル エイス 「地獄で自らを悔いろ…悪党…!」
ルアフ シヴァー 「過ぎ去った時に消えろ、ガンエデン…!」
ケイサル 「銀河に消えろ…ケイサル・エフェス!」
プロトデビルン 「お前達に俺の心は渡さない…!」
STMC 「人類の天敵だろうと俺は負けん…!」
被ダメージ
バラン 「くそっ!あいつ…遊んでいるのか…!」
     「どうした、バラン!それがお前の本気かよ!」
     「この力を…俺は乗り越えてみせる!」
     「バラン・ドバン…!さすがにやる…!」
     「限界を超えろ…そうでなければ奴には勝てない…!」
     「お前には…お前だけには負けられないんだ!」
ハザル 「ハザル・ゴッツォ、当てただけかよ!」
      「く…流石に部隊を率いているだけの事はある…!」
      「ハザル!俺は死んでも負けを認めないぞ!」
ルアフ 「どうした、ガンエデン!その程度か!」
     「創世神の力、見せてもらったぜ…!」
     「甘いぜ、ガンエデン…!俺はまだ生きてるぞ!」
シヴァー 「黒幕なら黒幕らしく本気で来い!」
       「くそっ!やるな、黒幕…!」
       「負けるかよ…!お前を倒して戦いを決めるんだ!」
ケイサル 「お前の怨念など、この大雷凰に通じるものか!」
       「くっ…!こいつのドス黒い気に飲まれるか…!」
       「ぐあっ!怨念に取り込まれる…!」
回避
バラン 「バラン・ドバン!俺はここだ!」
     「奴の息吹を聞け…それが出来ればかわせる…!」
ハザル 「ハザル…お前の攻撃は見切った!」
ルアフ 「来い、ガンエデン!俺はここにいるぞ!」
シヴァー 「シヴァー・ゴッツォ!どこを狙っている!」
ケイサル 「怨念で濁った目で俺を捉えられるものか!」

クスハ・ミズハ
援護攻撃
ブリット 「ブリット君、私も!」
      「雷虎の援護に入ります!」
リュウセイ 「リュウセイ君、手伝うわ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタさん、援護しますっ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、後は任せてください!」
レーツェル 「レーツェルさん、続きますっ!」
援護防御
ブリット 「ブリット君、危ない!」
      「雷虎のカバーに入らなきゃ!」
リュウセイ 「下がって、リュウセイ君!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタさん、大丈夫ですか!?」
       「ヴィレッタ大尉、後退してください!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、下がってください!」
レーツェル 「レーツェルさん、ここは私が!」
攻撃
孫光龍 「孫光龍…私はあなたには従いません!」
      「負けはしない…!例え、応龍の超機人が相手でも!」
      「あれが四霊の超機人…!」
      「人界を守るのが超機人の役目なのに!」(後半)
      「四神の超機人の力、思い知ってもらいます!」(後半)
エツィーラ 「超機人はあなたの玩具じゃありません!」
        「エツィーラ・トーラー!あなたに真・龍虎王は渡しません!」
ハザル 「ハザル・ゴッツォ!あなたには負けません!」
ルアフ シヴァー 「ゲベル・ガンエデン…!私達や真・龍虎王はあなたには従いません!」
シヴァー 「シヴァー・ゴッツォ!あなたの目論見は私達が打ち砕いてみせます!」
ケイサル 「超機人や私達の役目、今こそ果たしますっ!」
       「私達やみんなの世界を守るため…霊帝ケイサル・エフェス、あなたを倒します!」
STMC 「数で攻めて来たって!」 ブリット「負けはしない!」
      「STMC、接近!行きます!」 ブリット「ああ、わかった!」
被ダメージ
孫光龍 「応龍の力はこんなものじゃないはず…!」
      「あ、あの大きさに惑わされちゃ駄目…!」
      「負けられない!こっちだって龍の超機人だもの!」(後半)
エツィーラ 「エツィーラ!あなたの念には負けません!」
       「あ、あの人の念に引きずられる…!?」
ハザル 「ハザル!これ以上あなたの好きにはさせません!」
ケイサル 「こんな怨念を世界に広げるわけには…!」
       「この邪念を…はね返さなきゃ!」
回避
孫光龍 「あの龍王機に捕まるわけにはいかない…!」
     「あれが四霊の超機人の力…!」
ケイサル 「その怨念は、私達には届きません!」

ブルックリン・ラックフィールド
援護攻撃
クスハ 「クスハ、後は俺がやる!」
     「ここは任せてくれ、クスハ!」
リュウセイ 「リュウセイ、後は任せろ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護します!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、援護します!」
レーツェル 「レーツェルさん、後は俺がやります!」
        「レーツェルさん、後は任せてください!」
イルイ 「イルイ、後は俺達がやる!」
援護防御
リュウセイ 「リュウセイ、突っ込み過ぎだぞ!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、ここは引き受けます!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、下がってくさい!」
レーツェル 「レーツェルさん、今の内に!」
        「レーツェルさん、後退を!」
イルイ 「イルイは俺達が守る!」
攻撃
バラン 「バラン・ドバン!いざ勝負!!」
     「行くぞ、バラン・ドバン!」
キャリコ 「似ている…!あの男と…!」
      「行くぞ!キャリコ・マクレディ!」
キャリコ スペクトラ 「奴らの正体が何であっても!」
スペクトラ 「行くぞ!スペクトラ!」
孫光龍 「例え四霊の超機人が相手でも!」
      「その逆鱗、貫いてやる!」
      「勝負だ!孫光龍!!」
      「孫光龍!超機人を弄んできた報い、今こそ受けろ!」(後半)
エツィーラ 「エツィーラ・トーラー!超機人の怒りを思い知れ!」
        「エツィーラ!お前に超機人の力を見せてやる!」
ハザル 「ハザル!これ以上好きにはやらせないぞ!」
      「勝負だ!ハザル・ゴッツォ!」
ルアフ シヴァー 「ゲベル・ガンエデン!お前はイルイとは違う!」
シヴァー 「シヴァー!お前の野望など、俺達が打ち砕いてやる!」
ケイサル 「ケイサル・エフェス!お前の怨念は俺達が消し去る!」
     「この銀河に生きる全ての人達のために!霊帝ケイサル・エフェス、お前を打ち砕く!!」
STMC 「STMCをここで食い止めるぞ!」 クスハ「ええ!」
     「行くぞ、宇宙怪獣!」 クスハ「ここから先は通しません!」
被ダメージ
孫光龍 「孫光龍め、こちらの出方を見るつもりか…?」
      「どうした、それが四霊の超機人の力か!?」
      「見ていろ!四神の力で四霊を超えてみせるっ!!」(後半)
      「ぐっ!四霊の超機人などに屈するものか!」
      「ぐうっ!応龍め…負けはしないぞ!!」
エツィーラ 「エツィーラめ、様子見のつもりか?」
        「エツィーラの手に乗るわけにはいかない…!」
ハザル 「ハザル!こんなもので俺を止められるものだと思うな!」
      「ぐっ!ハザルめ、やってくれる!!」
ルアフ シヴァー 「ゲベル・ガンエデン!俺達はお前の言いなりにはならないぞ!」
            「ゲベル・ガンエデン!お前の声はもう届かないぞ!」
ケイサル 「くっ!これが霊帝の力か…!?」
       「くっ!奴の怨念に引きずられてたまるか!」
       「何て強い邪念なんだ…!」
念動能力者 「くっ…!この念は…!!」
回避
キャリコ 「キャリコ、それがお前の手か!」
孫光龍 「どうした、孫光龍!俺はここだ!!」
      「孫光龍!そう簡単に俺を捉えられると思うな!」
エツィーラ 「お前の手は通用しないぞ、エツィーラ!」
ハザル 「見切ったぞ!ハザル・ゴッツォ!」
ルアフ シヴァー 「ガンエデン!俺はここだ!」
ケイサル 「その怨念、受けるわけにはいかない!」

クォヴレー・ゴードン
援護攻撃
アラド 「アラド、続けていくぞ」
ゼオラ 「ゼオラ、後は任せろ」
リュウセイ 「リュウセイ、連携で仕掛ける!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ、後は俺がやる!」
援護防御
アラド 「アラド、早く交代しろ!」
ゼオラ 「ゼオラ、あの敵は俺に任せろ!」
リュウセイ 「リュウセイ、すぐに離脱を!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ、俺がお前を守る」
攻撃
キャリコ 「俺は…奴を知っている…!?」
      「あの男…俺と同じ…?」
      「行くぞ、キャリコ!」
      「もう俺はお前の部下じゃない!」
      「キャリコ…これが俺の選択だ!」
      「キャリコ…いやギメル!お前の存在を抹消する!」
      「俺の写し身か…!」(イングラム化)
スペクトラ 「この感じ…もしや、奴は!?」
       「スペクトラ…もう以前の俺じゃない!」
       「行くぞ、スペクトラ!」
       「ダレット、消えてもらうぞ!」
バルシェム 「奴らは、いったい…!?」
        「知っている…俺は、奴らを…!」
        「ゴラー・ゴレム隊か!」
        「虚ろな存在…奴らも、俺も」
        「虚ろな者共よ…」(イングラム化)
エイス 「あいつも俺と同じような存在か!」
     「行くぞ、エイス・ゴッツォ!」
ハザル 「ハザル…俺はもう、お前の操り人形じゃない!」
      「ハザル!これが俺の選んだ道だ!」
      「ハザル・ゴッツォ!覚悟をしてもらう!」
シヴァー 「シヴァー、お前の計画は俺が阻止する!」
      「俺を操れると思うな、シヴァー・ゴッツォ!」
      「お前にこのアストラナガンを渡しはしない!」
     「シヴァー、俺を思いのままに出来ると思うな」(イングラム化)
ルアフ 「奴の力を手にするために…俺達は!」  
     「ゲベル・ガンエデン…お前も俺と同じ、虚ろな存在に過ぎん!」
     「偽りの神、偽りの人…共に滅び去るのが運命か」
ケイサル 「ケイサル・エフェス…まつろわぬ者達の王!」
      「霊帝…お前を倒し、全てを終わらせる!」
      「霊帝…お前を倒すために、俺はここまで来た!」
撃破アイン・ソフ・オウル
ルアフ 「ガンエデンよ…」 「虚空の彼方に消え去れっ!!」
ケイサル 「霊帝ケイサル・エフェス…」 「この一撃で冥界へ行けっ!!」
被ダメージ
キャリコ 「動きを読まれた!?…いや、知っているのか、奴は…!?」
      「ぬあっ…!さすがにやるな…キャリコ!」
      「奴らは何者だ!?何故俺のことを…!?」
      「ぐあっ!やはりキャリコの方が一枚上手か…!」
      「俺はまだ死なんぞ、キャリコ!」
      「キャリコ…!これ以上はやらせん!」
スペクトラ 「スペクトラの読みを上回るしかない…!」
       「スペクトラ!油断ならない相手だ…!」
       「まだだスペクトラ!まだ俺は!」
バルシェム 「やはり、奴らが相手では…!」
シヴァー 「シヴァー!俺はお前の下には戻らない!」
       「こ、これが奴の…シヴァーの力か!」
回避
キャリコ 「何だ…この感覚は…」
      「俺は奴の攻撃パターンを知っている…?」
      「俺の身体が、奴の攻撃を覚えている…?」
      「無駄だ、キャリコ!」
      「お互い手の内は分かっているということだ」
スペクトラ 「甘く見るな、スペクトラ!」
ハザル 「ハザル、俺はここだ!」
シヴァー 「シヴァー、もうお前の手は通用しない!」
ルアフ 「ガンエデン!お前の攻撃など届かんぞ!」
ケイサル 「霊帝…俺の魂をお前にくれてやるわけにはいかない!」

セレーナ・レシタール
援護攻撃
アイビス 「アイビス!手を貸すよ!」
スレイ 「パートナーを信用しなさいって!」
     「行くよ、レッド・コンビネーション!」
ヴィレッタ 「ま…昔の事は水に流すということで…」
援護防御
アイビス 「アイビスはやらせないよ!」
スレイ 「パートナーぐらいは守ってみせる!」
     「あの日の後悔は繰り返さない…!」
ヴィレッタ 「大尉には借りがあるからね」
攻撃
ヴィレッタ 「正体を現せ!ヴィレッタ・バディム!」
       「連邦の軍人に化けても、その正体はお見通しだよ!」
キャリコ 「あいつの仲間であるのなら、容赦はしない!」
      「仮面の部隊の隊長か!ならば、私の敵だ!」
スペクトラ 「その仮面…お前の生命ごと叩き割ってやる!」
       「隊長、みんな…私が無念を晴らしてあげるよ!」
       「お前は…!お前だけは私の手で討つ!!」
       エルマ「セレーナさん!あいつです!」 セレーナ「行くよ、エルマ!みんなの仇を討つ!」
       「あいつだけは、この手で…!」 エルマ「僕も同じ気持ちです!」
ハザル 「仮面の部隊は根絶やしにする!無論、お前も含めてだ!」
     「お前が仮面の部隊の元締めか!ならば、私の敵だ!」
ルアフ シヴァー 「ミッション・ドール…私一人でも遂行する!」
シヴァー 「あの子を保護することが、今の私の任務だ!」
      「シヴァー・ゴッツォ!地獄で隊長やみんなに詫びてもらうぞ!」
      「全ての元凶め!私はお前を許さない!」
ケイサル 「お前を倒せば全てが終わる…そう、私の復讐もね!」
       「仲間の仇を追っていたら、最後は悪霊の王とはね!」
バルシェム 「隊長やみんなを殺した相手だ!容赦はしないよ!」
        「仮面の部隊か!ならば、一人残らず叩き潰す!」
撃破RVV
ルアフ シヴァー 「ガンエデン、覚悟!」 「アディオス、ドールケースさん…」
ケイサル 「消えろ、ケイサル・エフェス!」 「アディオス、霊帝…アディオス、私の戦い」
被ダメージ
スペクトラ 「くっ…奴はまだ本気を見せていない…!?」
       「くっ…やはり、こいつ…強い!」
       「熱くなるだけで勝てる相手じゃないか…!」
       「この生命に代えても、仲間の仇は討つ…!」
       「こうなったら、奴と刺し違えてでも…!」
ハザル 「直撃を食らったら危なかった…!」
      「あの攻撃をもう一度食らったら終わる…!」
      「駄目だ…奴を叩かなくては私の戦いは終わらない…!」
ルアフ シヴァー 「かすっただけでこの威力…これがガンエデンの力…!」
            「創世神の力…伊達じゃないってことね…!」
            「生命に代えても、ミッション・ドールは完遂させる…!」
シヴァー 「このダメージ…奴の手の平の中ってこと…?」
       「さすがは黒幕…口先だけじゃないってことね…」
       「黒幕め…!こうなったらお前と心中してやる…!」
ケイサル 「これがラスボスの実力!?笑わさないでよ!」
       「この攻撃と悪意…!最強であると同時に、最凶ね…!」
       「ここで倒れたら、今までの戦いが全て無駄になる…!」
回避
スペクトラ 「お前の攻撃になど当たるものか!」
       「どうした、私はここだよ!」
ハザル 「大外れだよ、司令官さん!」
ルアフ シヴァー 「さすがに、その攻撃には当たってはやれないね!」
シヴァー 「悪巧みばかりで実戦はからっきしみたいね!」
ケイサル 「最後の最後でヘマはしないよ!」
バルシェム 「仮面のおかげで照準がズレてるんじゃない?」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:39 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
オリジナル系・2
アイビス・ダグラス
援護攻撃
クスハ 「OKだよ、クスハ!後は任せて!」
ブリット 「やるじゃない、ブリット!」
アラド 「頑張ったね、アラド!私も続くよ!」
ゼオラ 「ゼオラ!あたし達にも頼ってよね!」
セレーナ 「あたし達、仲間だよね?」
     「アレグリアスを援護する!」
スレイ 「スレイ、後は任せて!」
    「ベガリオンとアルテリオンの連携で!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉に続くよ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、続かせてもらうよ!」
レーツェル 「トロンベの人を援護する!」
イルイ 「イルイ!後は私達に任せて!」
    「イルイの攻撃…無駄にはしない!」
援護防御
セレーナ 「アレグリアスは後退を!」
     「余計なお世話かもしれないけど…」
スレイ 「下がって、スレイ!」
    「だから合体するって言ったのに!」
イルイ 「イルイはやらせないよ!」
    「約束したんだ…イルイは守ってみせる!」

攻撃
ルアフ シヴァー 「お前はイルイとは違う…お前はガンエデンそのものだ!!」
         「ガンエデン…お前はこの星でも同じ事をするの!?」
         ツグミ「ガンエデン、あなたが人類を縛るのなら…」 「私達はお前を乗り越えてみせる!」
ケイサル 「この星々のきらめき…お前の闇に塗りつぶさせはしない!」
     「悪霊は闇に還れ!この銀河は生きている者の世界なんだ!」
     ツグミ「フィリオ…あなたも力を貸して…!」「この生命あふれる世界を、悪霊から守るために…!」
     スレイ「この銀河の全ての生命のために…!」「ケイサル・エフェス! お前を討つ!」
STMC 「あたしの夢を、お前たちに壊させはしない!」
     「銀河はお前たちのものじゃない!みんなのものだ!」
     「あたしはお前達を倒す!この銀河の人々のために!」
プロトデビルン 「あたしの夢や生きる力…お前達に渡しはしない!」
        「あたしの夢はあたしの物だ!お前達に吸わせるものか!」

スレイ・プレスディ
援護攻撃
セレーナ 「今回は私が合わせてやる」
     「フォローは私に任せておけ」
アイビス 「シリーズ77の連携だな!」
ヴィレッタ 「大尉、私に任せてもらうぞ!」
レーツェル 「レーツェル、援護してやるぞ!」
援護防御
セレーナ 「一応はパートナーだからな…」
     「まあ、義務のようなものだ」

リュウセイ・ダテ
援護攻撃
クスハ 「クスハ、手を貸すぜ!」
ブリット 「ブリット、後は任せろ!」
アラド 「手を貸すぜ、アラド!」
ゼオラ 「ゼオラ、援護するぜ!」
アイビス 「アイビス!お前らは先に行け!」
ヴィレッタ 「隊長、援護するぜ!」
ゼンガー 「ゼンガー少佐、後は俺達に任せてくれ!」 
レーツェル ライ「兄さん、援護する!」
援護防御
アラド 「何やってんだ、アラド!」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ隊長、早くこっちの後ろに!」
      「隊長、危ねえ!」
レーツェル ライ「ここは任せろ、兄さん!」
攻撃
クォヴレー 「クォヴレー!てめえ、どういうつもりだ!?」
      「エヴェッド・システムさえ破壊すれば!」
バラン 「勝負だ!バラン・ドバン!」
    ライ「フッ…まさにリュウセイ向きの相手だな」
キャリコ 「こいつ…!この感じは!?」
     「行くぞ、キャリコ・マクレディ!」
     「てめえは…てめえはイングラム教官じゃねえ!!」
     ライ「その仮面の下の顔、今日こそ暴かせてもらうぞ!」
     ライ「キャリコ・マクレディ!しょせん偽者は偽者にすぎん!」
スペクトラ 「行くぞ、スペクトラ!」
      「俺の邪魔をするな!スペクトラ!」
孫光龍 ライ「あれだけ大きければ外しようがあるまい!」
    ライ「相手は超機人だ!油断するなよ、リュウセイ!」
エツィーラ マイ「トーラーの名を持つ者、私を操れると思うな!」
      マイ「エツィーラ…!お前には惑わされない!」
      アヤ「あの念には…惑わされない!」
ハザル 「ハザル!てめえだけは許せねえっ!」
    「ハザル!バンプレイオスの力を思い知らせてやるぜ!!」
    ライ「ハザル・ゴッツォ…!あの時の借り、今こそ返す!」
ルアフ シヴァー 「ガンエデン!てめえの暴走は俺達が止めてやる!」
ルアフ 「ルアフ!てめえだって、元は人間だったんだろうが!」
シヴァー ライ「シヴァー・ゴッツォ…!今日こそ引導を渡してやる!」
     「シヴァー・ゴッツォ!てめえ、人間を何だと思ってやがるんだ!?」
     「シヴァー!手前の計画なんざ、俺達がブッ潰してやる!」
     アヤ「あなたの手はもう通用しないわよ!シヴァー・ゴッツォ!」
     アヤ「シヴァー!もう私を自由に出来ると思わないで!」
ケイサル 「ケイサル・エフェス!今こそてめえの全てを終わらせてやるぜ!」
     ライ「霊帝ケイサル・エフェス!その怨念、俺達が断ち切る!」
ゴラー・ゴレム隊 「ハザルの手下共め!そこをどきやがれ!」
プロトデビルン ライ「奴に取り付かれるなよ、リュウセイ!」 「よっしゃ、いくぜ!」
STMC ライ「STMC接近…!叩き落せ!」 「ああ、任せろ!」
攻撃念動爆砕剣
ケイサル 「行くぞ、ケイサル・エフェス!」 「その怨念ごと叩き斬ってやるッ!!」
攻撃一撃必殺砲
ケイサル 「消え失せろ!ケイサル・エフェス!俺達の…いや、全ての世界からなぁぁっ!」
被ダメージ
キャリコ 「キャリコめ、俺達のクセまで知ってやがるのか!!」
      ライ「キャリコめ、確実にこちらを狙ってきたか」
      「ちっ、こっちの手はお見通しってわけか、キャリコ!」
スペクトラ 「くそっ!上等じゃねえか、スペクトラ!」
キャリコ スペクトラ 「ちっ!あいつらの連携を何とかしなきゃ!」
ハザル 「ハザルめ、よくもやりやがったな!」
    「この念…!こっちの動きが読まれている!?」
    「ハザル!てめえに二度もやられてたまるか!!」
    マイ「ハザル、お前などに屈するものか!」
エツィーラ アヤ「な、何て巨大な念…いえ、怨念なの!?」
      アヤ「くっ!あ、あの念に引きずられる…!」
      アヤ「この念は…強過ぎる!」
      マイ「くっ…!私の念を乱すものが…!」
      マイ「この念…まとわりついてくる…!」
シヴァー 「ぐっ!てめえなんぞに操られてたまるか!」
     「くっ…!てめえの念なんざ、跳ね返してやる!!」
     ライ「シヴァーめ…マイ達に干渉してきているのか!」
     「チッ、シヴァーめ…!プレッシャーをかけてきやがる!」
ケイサル 「れ、霊帝め…!てめえだけには負けられねえんだよ!!」
回避
エツィーラ アヤ「…強い念を感じる…。でも…!」
      アヤ「こちらに干渉するつもりね…!でも、無駄よ!」
ハザル マイ「ハザル、お前などに捕まるものか!」

マイ・コバヤシ
援護攻撃
リュウセイ 「リュウ、後は任せて!」
      「リュウが隙を作ってくれた!」
ヴィレッタ 「隊長、援護する!」
アラド 「アラド、私も手伝う!」
ゼオラ 「ゼオラ、援護する!」

援護防御
リュウセイ 「危ない、リュウ!」
      「私がリュウを守ってみせる!」
ヴィレッタ 「隊長、下がって!」
アラド 「アラド、突っ込みすぎだ!」
ゼオラ 「ゼオラ、下がって!」

攻撃
バルシェム 「操り人形は…もうたくさんだ!」
      「かつての私と同じ…操り人形か」

ヴィレッタ・バディム
援護攻撃
クスハ 「クスハ、後は私に任せなさい!」
ブリット 「ブリット、後は引き受けるわ!」
クォヴレー 「さすがに呼吸を合わせやすいわね…!」
      「クォヴレー、ここは任せて!」
アラド 「言うまでもなく先に行ったわね…アラド」
ゼオラ 「ゼオラ、援護するわ!」
アイビス 「アイビス、後は私に任せなさい!」
リュウセイ 「リュウセイ、お前は先に行きなさい!」
マイ 「援護するわ、マイ!」
ゼンガー 「援護するわ、ゼンガー少佐!」
レーツェル 「レーツェル、後は私が!」
援護防御
クォヴレー 「下がりなさい、クォヴレー!」
アラド 「アラド、前に出過ぎよ!」
リュウセイ 「リュウセイ、何をしている!」
      「無茶をするな、リュウセイ!」
マイ 「マイ、私の後ろに下がりなさい!」
攻撃
クォヴレー 「クォヴレー、あの人の声を聞きなさい!」
      「イングラム…彼を導いて!」
      「イングラム…あなたに私の声が届けば…!」
キャリコ 「お前はイングラムではない…!」
     「あの男は…イングラム!?」
     「行くわよ、キャリコ・マクレディ!」
     「キャリコ!私はバルマーには戻らない…!」
スペクトラ 「私と同じ存在…。だが」
      「行くわよ、スペクトラ!」
      「この感覚…あれに乗っているのは!?」
      「お前は何者なの…!?」
      「私はお前とは違う…!」
      「スペクトラ、お前の存在を認めるわけにはいかない!」
ハザル 「ハザル、お前を許しはしない!」
    「ゴッツォの名を持つ者…容赦はしないわ!」
    「ハザル、お前を見逃すわけにはいかない!」
バルシェム 「虚ろな存在…もうこれ以上は!」
      「バルシェムシリーズ…お前達の好きにはやらせないわ」
ルアフ シヴァー 「あれがもう一つのガンエデン…」
シヴァー 「シヴァー!私達がお前の計画を止めてみせる!」
     「シヴァー!ユーゼスと同じ所に葬ってあげるわ!」
ケイサル 「ケイサル・エフェス!消滅するのはお前の方だ!」
     「虚無に帰りなさい!ケイサル・エフェス!」
バルマー系 「バルマーとの因縁…この手で絶ってみせる!」
      「私にとって、お前達は倒すべき敵…!」
STMC 「フッ…揃いも揃ったようね…!」
     「どうやら、役者が揃ったようね!」
     「ターゲット、STMC!」
     「何としても食い止めなければ…!」
2Lサイズ以上 「狙いをつけるまでもないわね…!」
被ダメージ
キャリコ 「さすがに狙いは正確ね、キャリコ」
     「キャリコ、私を倒せるのはイングラムだけよ!」
     「うっ…!キャリコの方が一枚上手だったようね…!」
スペクトラ 「スペクトラに先を読まれたか…!」
      「フッ…相手が相手だけにやりにくいわね」
      「自分の顔が…それほど嫌なのか!」
      「間違いない、向こうは私の手を知っている…!」
      「私と同じ顔…それがお前の憎しみの源か!」
      「くっ…確実に当ててきたわね、スペクトラ!」
      「スペクトラ、やはり、お前は…!?」
      「私への憎しみが原動力となったか…!」
ハザル 「ハザル!私を止められると思っているのか!」
ルアフ 「くっ…!バルマーを支配してきた力は伊達ではないということか…!」
ケイサル 「これが、ケイサル・エフェスの怨念か!」
     「あの怨念に飲み込まれるわけにはいかない!」
バルマー系 「うっ…!私はバルマーに屈しはしない!」
      「バルマーを倒す…!それが私に与えられた使命よ!」
回避
クォヴレー 「イングラム…いや、クォヴレー!私のことがわからないの!?」
キャリコ 「この攻撃パターンは…まさか!」
     「やはり…イングラムに似ている!?」
スペクトラ 「頭に血が上ったあなたでは、私は捉えられない」
      「お前の手は読めるわ、スペクトラ」
      「仕掛け方も似ているようね」
      「何故、奴には私の手がわかる…?」
ハザル 「ゴッツォの名を持つ者、お前の手には乗らない!」
シヴァー 「バルマーの呪縛は、もう通用しない!」
バルシェム 「所詮、私達の真似事でしかないわね」

ゼンガー・ゾンボルト
援護攻撃
ブリット 「俺を呼んだか、ブルックリン!!」
アラド 「アラド・バランガ!後は俺に任せろ!」
アイビス 「アイビス・ダグラス!助太刀する!!」
リュウセイ 「リュウセイ・ダテ!踏み込みが足りんぞ!」
ヴィレッタ 「後は任せろ!ヴィレッタ・バディム!!」
レーツェル 「この呼吸…昔のままだな、我が友よ!」
      「俺を呼んだか、レーツェル!」
      「レーツェル!後は俺が引き受ける!」
バラン 「バラン・ドバン!助太刀する!!」
    「俺を呼んだか、バラン・ドバン!!」
イルイ 「イルイ!後は俺が引き受ける!」
援護防御
レーツェル 「下がれ、レーツェル!」
攻撃
トウマ 「貴様にダブルGを駆る資格はない!」
    「ゆくぞ、雷凰!!」
    「トウマ!貴様の意地を見せろ!!」
    「貴様もダブルGを駆る男なら、意地を見せろ!!」
    「ダブルG!相手にとって不足無しッ!!」
    「大雷凰、いざ勝負!!」
    「大雷凰!貴様に俺が倒せるか!!」

バラン 「受けよ、バラン・ドバン!我が必殺の一撃を!!」
    「我が剣を受けよ!バラン・ドバン!!」
    「バラン・ドバン!相手にとって不足なしッ!!」
    「バラン・ドバン!いざ尋常に勝負!!」
エツィーラ 「エツィーラ・トーラー!いざ尋常に勝負!!」
孫光龍 「その逆鱗、打と意地を以って貫き通すッ!」
ルアフ シヴァー 「我はゼンガー!ゼンガー・ゾンボルト!偽神を断つ剣なり!!」
シヴァー 「シヴァー!この俺に貴様の卑劣な手は通用せん!」
     「シヴァー・ゴッツォ!いざ尋常に勝負!!」
ケイサル 「霊帝ケイサル・エフェル!冥府への案内つかまつるッ!!」
     「滅せよ霊帝!因果地平の彼方へ!!」(竜巻斬艦刀使用時)
     「我はゼンガー!ゼンガー・ゾンボルト!悪霊を断つ剣なりッ!!」
STMC 「破壊の化身共よ、このゼンガー・ゾンボルトが相手だ!!」
     「数に臆する俺ではない!」
     「貴様らの布陣、このダイゼンガーが突き崩す!」
     「いかなる敵であろうとも、斬艦刀にて切り捨てるのみ!」
     「眼前の敵は全て打ち砕くのみ!」
被ダメージ
バラン 「バラン・ドバン!貴様の一撃、確かに受け止めた!!」
    「ぐっ!この俺を揺るがしたか、バラン・ドバン!」
    「この気迫…!見事なり、バラン・ドバン!!」
    「まだだバラン・ドバン!まだ俺は倒れんぞ!!」
ルアフ シヴァー 「その程度で神を名乗るか、ゲベル・ガンエデン!」
         「ガンエデン…!貴様などに、屠られる俺ではない!!」
ケイサル 「貴様の怨念など、この俺には通用せん!!」
     「霊帝!貴様を倒すまで、この俺は死なん!!」
回避
トウマ 「踏み込みが甘いぞ!トウマ!!」
    「どうした、雷凰!遠慮はいらんぞ!」
    「もっと踏み込んで来い!大雷凰!!」
バラン 「甘いぞ、バラン・ドバン!」
    「笑止なり!バラン・ドバン!!」
    「その程度か!バラン・ドバン!」
ルアフ シヴァー 「偽神など、この俺の相手ではない!」
ケイサル 「霊帝!貴様に俺を捉えることは出来ん!!」

レーツェル・ファインシュメッカー
援護攻撃
トウマ 「トウマ、私が力を貸そう」
クスハ 「クスハ、後は任せたまえ」
ブリット 「ブリット、援護するぞ」
アラド 「アラド、後は任せたまえ」
ゼオラ 「ゼオラ、後は私が引き受けた」
アイビス 「アイビス、後は私が引き受けた」
リュウセイ 「ライ、私が力を貸そう」
ヴィレッタ 「ヴィレッタ大尉、援護する!」
ゼンガー 「続くぞ、友よ!」
     「友を追うのだ、トロンベよ!」
バラン 「バラン・ドバン、援護する!」
援護防御
トウマ 「トウマよ、この場は任せてもらおう」
クスハ 「下がりたまえ、クスハ!」
ブリット 「ブリット、いったん下がるのだ!」
アラド 「アラド、後退するのだ!」
ゼオラ 「ゼオラ、下がりたまえ!」
アイビス 「退くのだ、アイビス!」
リュウセイ 「ライ、いったん退がるのだ!」
ヴィレッタ 「ここは退け、ヴィレッタ大尉!」
ゼンガー 「我が友よ!この場は任せてもらおう」
     「友よ、あの敵は私が引き受けよう!」
バラン 「退くのだ、バラン・ドバン!」
攻撃
バラン 「バラン・ドバン…しばしの間、相手をしていただこう」
    「ここは譲れんぞ、バラン・ドバン!」
    「その力…見せてもらおうか、バラン・ドバン」
キャリコ 「素性は明かせんというわけか…!」
     「キャリコ・マクレディ…相手にとって不足はない!」
孫光龍 「孫光龍…しばしの間、相手をしていただこう!」
    「孫光龍…!諸々の因縁、ここで断ち切る!」
ハザル 「ハザル…!相応の覚悟をしてもらおう」
    「私の行く手を阻めると思うな、ハザル・ゴッツォ!」
エツィーラ 「エツィーラ、そちらの遊びに付き合う気は毛頭ない…!」
シヴァー 「シヴァー…お前の企みなど、我がトロンベで蹴散らすまで!」
     「シヴァー・ゴッツォ…その真意、見せてもらうぞ」
ケイサル 「霊帝!今こそ全ての決着をつける時!」
     「霊帝よ!その怨念、我らが振り払ってみせよう!」
ゴラー・ゴレム隊 「フッ…影同士、相応しい対決かも知れんな」
攻撃シュツルム・アングリフ
ケイサル 「駆け抜けろ、トロンベ!」 「そして、砕け散れ!ケイサル・エフェス!!」
被ダメージ
バラン 「さしものお前でも、竜巻の勢いを止めることは出来ん!」
キャリコ 「この私に手加減など不要だ、キャリコ!」
孫光龍 「孫光龍…応龍の力はそんなものか?」
シヴァー 「こちらの品定めをしているのか、シヴァー?」
     「くっ…さすがに侮りがたいな、シヴァー・ゴッツォ」
回避
バラン 「その程度か?バラン・ドバン」
キャリコ 「フッ…何をしている、キャリコ・マクレディ」
孫光龍 「意外に素直な攻撃だな、孫光龍」
ハザル 「欲望のみで戦ってる者の攻撃などに!」
ルアフ 「フッ…神罰は降らなかったようだな」
シヴァー 「考えとは裏腹に、攻撃は素直なものだな…シヴァー」
ケイサル 「霊帝!冥界へは一人でいくがいい!」

イルイ・ガンエデン
援護攻撃
ゼンガー 「ゼンガー…あなたにガンエデンの加護を」
クスハ 「クスハ…あなたにガンエデンの加護を」
ブリット 「ブリット…あなたにガンエデンの加護を」
クスハ ブリット 「四神の超機人に、ガンエデンの加護を」
アラド 「アラド…今度は私があなたを助ける番です」
ゼオラ 「ゼオラ…あなたにガンエデンの加護を」
アイビス 「アイビス…今度は私があなたを助ける番です」
攻撃
ケイサル 「ゲベル…私達の使命は終わったのです…」
     「ゲベル…彼らを約束の地へ誘う時が来たのです」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:37 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
オリジナル系・3
バラン・ドバン 
援護攻撃
トウマ 「ワシを呼んだか、トウマ・カノウ!」
ゼンガー 「ワシを呼んだか、ゼンガー・ゾンボルト!」
レーツェル 「レーツェル、助太刀いたす!」
ルリア 「ルリア、ここはワシに任せい!」
援護防御
トウマ 「退がれい、トウマ・カノウ!」
ゼンガー 「退くのだ、ゼンガー・ゾンボルト!」
レーツェル 「ここは任せよ、レーツェル!」
ルリア 「ルリア、無茶をするでない!」
攻撃
トウマ 「若造!覚悟せい!!」
    「ゆくぞ、トウマ・カノウ!」
    「その闘志、ワシが粉砕してくれようぞ!」
    「トウマ・カノウ!何度立ち上がろうと、ワシが打ち倒してくれる!」
    「参るぞ!雷凰!」
    「雷凰、お主にわが鉄球が見切れるか!?」
    「参るぞ!大雷凰!」(後半)
    「大雷凰!いざ尋常に勝負!!」(後半)
ゼンガー 「ゼンガー・ゾンボルト、いざ尋常に勝負!」
     「わが魂を止められるか、ダイゼンガー!?」
     「その太刀ごと打ち砕いてくれる!」
     「ダイゼンガー!相手にとって不足なし!!」
     「これぞ漢と漢の勝負!参るぞ、ゼンガー・ゾンボルト!」
レーツェル 「ゼンガー・ゾンボルトの盟友か!相手にとって不足なし!」
      「レーツェル・ファインシュメッカー、ワシの前を駆け抜けられると思うでないぞ!」
     「レーツェル・ファインシュメッカー、いざ勝負!」
エツィーラ 「エツィーラ、この女狐めが!」
     「シヴァーとお主の企みなどこのワシが粉砕してくれる!」
孫光龍 「その巨龍もろとも粉微塵にしてくれる!」
キャリコ 「キャリコ・マクレディ、ワシの邪魔をするでない!」
ゴラー・ゴレム 「ゴラー・ゴレム!そこをどけいっ!」
       「仮面の部隊など蹴散らしてくれるわ!」
ハザル 「ゴッツォの若造めが!」
   「ワシは姫のご意思に従って戦っているのだ!」
   「姫をお主達の好きにはさせん!」
ゴッツォ系 「ゴッツオ家が台頭するバルマーに、もはや義はないわ!」
     「この銀河に和をもたらすため、あえて裏切り者の汚名を受けようぞ!」
ルアフ 「陛下、今のバルマーに義はありませぬ!」
   「アルマナ様のためにも、ワシはガンエデンを討つ!」
    「このバラン・ドバン、義のためあえて不義を成す!」
シヴァー 「シヴァー、ゴッツオ!獅子身中の虫めが!」
     「シヴァー!お主の野望、このワシが打ち砕いてくれる!」
ケイサル・エフェス 「怨霊の王よ、わが渾身の一撃を受けよ!」
         「霊帝の呪縛から解き放たれるときがきたのだ!」
撃破(ドバン・インパクト)
ケイサル・エフェス 「怨・霊・退・散!」
被ダメージ
トウマ 「フン、お主の闘志など通用せんわ!」
    「雷凰、何するものぞ!」
    「ふん…速さだけはなかなかのものだな、若造」
    「うぬっ、やりおったな、若造!」
    「大雷凰、何するものぞ!」(後半)
    「馬鹿者がぁ!その程度の蹴りでワシが倒せるか!!」
    「わ、若造…!これが貴様の気迫、そして闘志か!!」
    「だ、大雷凰!何という速さだ!!」(後半)
    「この重い蹴り…!我が魂を揺るがせたか!!」
ゼンガー 「ダイゼンガー!お主の剣、受けきったぞ!」
     「ふははは!それでワシを断つ気か!?」
     「ぬうっ!見事な打ち込みだ、ゼンガー・ゾンボルト!」
     「ぐうう…!これが斬艦刀の斬れ味か!」
     「ぬうう!我が魂まで断つ気か、ダイゼンガー!」

ルリア・カイツ
援護攻撃
トウマ 「援護するぞ、トウマ!」
クォヴレー 「続けていくぞ、クォヴレー!」
セレーナ 「セレーナ、手を貸す!」
バラン 「バラン様、後は私が!」
ヒイロ 「ヒイロ、援護する!」
援護防御 
トウマ 「トウマ、お前を死なせるわけにはいかない!」
    「姫様のためにも、お前を守る!」
クォヴレー 「クォヴレー、お前は下がれ!」
バラン 「バラン様、迂闊です!」
ヒイロ 「ヒイロ、ここは私が引き受ける!」
攻撃
トウマ 「そこをどけ!姫様を襲う不埒者め!」
    「こやつがバラン様が気にかけている戦士か…!」
    「姫様のお命は私が守る!」
クォヴレー 「あの者、ゴラー・ゴレム隊の…!」
      「やはり、あの男は…!」
      「我らに楯突くとは、どういうつもりだ!?」
      「敵側についたのも、任務の内というわけか」
セレーナ 「お前の輪舞など、通用しない!」
     「姫様を騙した報い、その身で受けるがいい!」
念動能力者(味方) 「あの者と姫様の邂逅は避けねば…!」
          「その力は陛下や姫様にとって妨げとなる…!」
          「あの者、アルマナ様と同じような力を…!」
          「お前達の存在は危険だ…!」
          「あの者を、アルマナ様に近付けるわけには…!」
ハザル 「ハザル!アルマナ様をお前の好きにはさせない!」
    「バルマーを蝕む者共め…!」
ハザル シヴァー 「ゴッツォの者共…!お前達は姫様の敵だ!!」
エツィーラ 「エツィーラ!姫様はお前の玩具ではない!」
孫光龍 「孫光龍、お前を野放しにするわけにはいかない!」
ルアフ 「私の真の主はお前ではない!アルマナ様だ!」
    「アルマナ様はお前の贄ではない!」
    「あれは…我らの神などではない!」
シヴァー 「シヴァー!姫様のためにもお前を倒す!」
     「シヴァー・ゴッツォ!この奸賊めが!」
ケイサル 「バルマー…、いや銀河を蝕む怨霊め!」
     「ケイサル・エフェス…お前も我らの神などではない!」
ゴラー・ゴレム隊 「ゴッツォの手先共め、下がれ!」
         「ゴラー・ゴレム!お前達に姫様を渡しはせん!」
バルマー兵 「今一度考えろ、真の敵が何であるかを…!」
      「私はバルマーには戻らぬ…!」
      「反逆者、裏切り者…好きに呼ぶがいい…!」
STMC 「奴らこそが禍つ神…!」
     「銀河を蝕む破壊神共め…!」
     「下がれ、物の怪め!」
被ダメージ
トウマ 「この程度か…バラン様の眼鏡違いのようだな…」
    「ぐっ!地球の戦士もやる…!」
    「大雷凰…見掛け倒しというわけではあるまい!」
    「これが大雷凰の力か…!」

クォヴレー 「間違いない!この手は、ゴラー・ゴレム隊の…!」
      「ただ裏切ったわけではないようだな!」
セレーナ 「得意なのは小細工だけではあるまい」
「うっ…!あの女の動きに惑わされたか!」
ハザル 「ぐうっ!ハザルめ、よくも…!」
エツィーラ 「ここで倒れるわけにはいかない…姫様があの者に狙われてる以上…!」
ルアフ ケイサル 「ううっ!たとえ、相手が神であろうとも!」
シヴァー 「私がいる限り、姫様には手出し出来ぬと思え!」
     「我らを欺いた相手に屈してなるものか!」
ハザル シヴァー 「さすがはゴッツォの名を持つ者ということか…!」
         「やはり、ゴッツォ家の者を放っておくわけには…!」
ゴラー・ゴレム隊 「仮面の者よ、私を倒せると思うな!」
回避
トウマ 「見切ったぞ、雷凰」
    「見切ったぞ、大雷凰」
クォヴレー 「ゴラー・ゴレムらしからぬ動きだな…」
セレーナ 「お前の舞など、通用しない!」
孫光龍 「その図体では、私に追いつけまい!」
    「それが超機人の実力か!?」
ハザル 「ハザル、私を甘く見ないでもらおう」
エツィーラ 「エツィーラ、お前の手には乗らない」
ルアフ 「偽神の攻撃などに!」
    「ゲベル・ガンエデン…お前に、姫様を渡すものか!」
シヴァー 「意外と単純な手だな、シヴァー・ゴッツォ」
     「アルマナ様のためにも、ここは通さない!」
ゴラー・ゴレム隊 「ゴラー・ゴレム、お前達の手は通用しない」
         「その程度か、仮面の者よ」
STMC 「さすがに動きは鈍いようだな」
     「その見かけには騙されん」

キャリコ・マクレディ
攻撃
クスハ・ブリット 「超機人…我らの物にならぬのなら破壊するまで」
        「お前たちの真の主が何者か…教えてやろう」
クォヴレー 「アイン、俺が相手をしてやろう」
      「迂闊だな、アイン」
        「アイン、自分の立場が分かっていないようだな」
        「この俺に逆らうか、アイン・バルシェム」
        「壊れるがいい、アイン」
        「お前にとりついた者、俺にも感じられるぞ」 (後半)
        「アイン、お前には俺を超えることはできん」 (後半)
        「アストラナガンごと消滅させてやる」 (後半)
        「消えうせろ…俺のオリジナルごとな」(後半)
ヴィレッタ 「オリジネイターなど、我らには不要だ」
       「イングラム同様消滅するがいい」
      「ヴィレッタ・バディム、お前も俺達と同じ存在なのだ」
       「ヴィレッタ、もうお前に用はない…」
リュウセイ 「リュウセイ・ダテ、お前のことは良く知ってるぞ」
       「行くぞ、リュウセイ」
       「イングラムに見出されし者、か…」
       「リュウセイ・ダテ、お前達の力を奉げるときが来た」
       「イングラムに導かれし者よ、その力を見せろ」
       「その身も力も我らバルマーに奉げるのだ…」
       「見せてもらおうか、地球のサイコドライバーの力を…!」
       「フッ、イングラムの遺産か」
       「SRX計画の成果、見せてもらおうか」
       「SRX…破壊する」
       「イングラムの計画など、無意味だったことを教えてやる」
バラン 「消滅しろ、バラン・ドバン」
     「離反者は何人であろうとも始末する」
     「おとなしく生贄になっていればよかったものを…」
     「もうお前達に帰る場所はない」
      「離反者には死あるのみ…」
被ダメージ
クォヴレー 「アイン、それがお前の限界だ」
       「ほう、アイン、この俺に当てるとはな」
        「フン、やるなアイン」
       「アインの攻撃が俺の予測を上回るとはな…」
        「アイン、お前が俺を超えるというのか!」
       「ク…これがアインの実力だと!?」
ヴィレッタ 「期待外れだな、ヴィレッタ」
      「フッフッフ…遠慮はいらんぞ、ヴィレッタ」
       「ヴィレッタ、お前に俺を倒せるか?」
      「様子見のつもりか?ヴィレッタ」
       「ぐう…ヴィレッタ、お前は!」
       「俺はイングラムとは違う。俺は消滅などする気はない」
リュウセイ 「遠慮は無用だぞ、リュウセイ・ダテ」
回避
クォヴレー 「アイン、お前の手の内は分かっている」
ヴィレッタ 「俺を失望させるな、ヴィレッタ」
リュウセイ 「どうした?リュウセイ・ダテ」

スペクトラ・マクレディ
援護攻撃
キャリコ 「援護するわ、キャリコ」
     「キャリコには、私が付き従っている…」

援護防御
キャリコ 「キャリコ、あなたは私が守る」
     「キャリコ、あなたを失うわけにはいかない!」

攻撃
クスハ・ブリット 「超機人、あくまで我らに楯突くつもりね」
         「超機人…我らのものにならぬなら、破壊するまで!」
         「あなた達の真の主が何者か、教えてあげるわ」
クォヴレー 「アイン、機能不全に陥っているようね」
       「相手をしてあげるわ、アイン」
       「アイン、自分の任務を確認なさい」
       「アイン…あなたの存在を消し去るわ」
       「厄介なものに取り付かれたようね、アイン」
       「壊れなさい、アイン・バルシェム」
       「お別れよ、アイン」
       「アイン…お前がオリジネイターを超えるなどと!」(後半)
       「アイン…もうお前の存在を許すわけにはいかない!」(後半)
       「そのアストラナガンは、お前には過ぎた力だ!」(後半)
セレーナ 「フフ…まだ生きていたの?」
     「まだ生きていたのね、セレーナ・レシタール」
     「お前も仲間の処へ送ってあげるわ…」
     「目障りなのだ、お前は…!」
     「ふふ、まだ生きていたのね」
ヴィレッタ 「オリジネイターの実力、見せてもらうわ!」
      「その存在、抹消してあげるわ…ヴィレッタ・バディム」
      「ヴィレッタ…私の前から消え失せなさい」
      「ヴィレッタ…お前も、私と同じで人形に過ぎないのよ」
      「お前を抹消すれば、この姿は私だけのものになる!」(素顔)
      「お前の存在を終らせてやる!」(素顔)
リュウセイ 「リュウセイ・ダテ…抵抗すれば、死あるのみよ」
      「リュウセイ・ダテ…お前達の力を奉げる時が来た!」
      「イングラムに導かれし者よ、その力を見せなさい」
      「ゴレム計画が成就すれば、お前達の存在など!」
      「その身も力も、我らバルマーに捧げなさい」
      「見せてもらうわ。地球のサイコドライバーの力を」
      「SRXアルタード…クロスゲートの守護者であり、破壊者」
      「SRX計画の成果、見せてもらうわ」
      「イングラムの遺産か…」
バラン 「離反者は何人であろうと始末する」
    「おとなしく生贄になっていればよかったものを」
ルリア 「もうお前達に帰る場所はないわ」
    「どんな身分の者であろうとも、離反者には死あるのみ」
被ダメージ
クォヴレー 「まだまだね、アイン」
      「アインの動き…こちらの計算を上回っている!?」
      「うっ…アイン、やってくれる!」
      「これがアインの力だというのか!?」
セレーナ 「無駄よ。お前には私は倒せない」
     「くっ、執念のなせる業か…!」
     「お前だけは…お前だけは私が殺してやる!」
ヴィレッタ 「考え方も似ているということか…!」
      「さすがだと言っておくわ、ヴィレッタ」
      「フフフ…やるわね、ヴィレッタ」
      「ヴィレッタ…お前に負けるわけには…!」
      「ええい…あの女のほうが優れているなどと…!」
      「やはり、あの女の存在を許すわけにはいかない…!」
回避
クォヴレー 「アイン、お前の手の内はわかってるわ」
セレーナ 「フフフ…それで仲間の敵が討てるの?」
     「まだ生きていたのね、セレーナ・レシタール」
ヴィレッタ 「フッ…私はここよ、ヴィレッタ」

孫光龍
攻撃
クスハ ブリット アラド ゼオラ アイビス 「神の子…イルイを返してもらおうか」
                          「さあ、ガンエデンの神子を返したまえ」
                          「イルイは僕と共にいるべきなんだよ」
                           「イルイを守るのは君たちではなく…僕の役目なのさ」
クスハ ブリット 「ふふふ…君たちの超機人はどこへいったんだい?」
           「選ばれし強念者か。けど…肝心の超機人が、ねぇ」
           「超機人に選ばれし者よ…その力をバラルの神に奉げたまえ」
           「君達もイルイと共に来たまえ」
           「ふふふ…超機人を失った君たちに何が出来るんだい?」
           「竜王機よ、おろかな四神のシモベたちに」「裁きの雷をくれてやれ」
           「四神の超機人…再び僕の目の前に立ち塞がるか」 (後半)
           「さて、古からの戦いに決着をつけようか」 (後半)
           「超機人としての格の差を教えてあげよう」 (後半)
           「青龍ごときが、応龍にかなうと思っているのかい?」 (後半)
           「文字通り尻尾を巻いて逃げ出すなら今のうちだよ」(後半)
           「四霊と四神…力の差は歴然なのさ」(後半)
ゼンガー 「ふふ、君と戦っていると昔戦った男を思い出すよ」
    「僕は暑苦しい奴が嫌いでねぇ…」
    「闘志だけではどうにもならないという事を教えてあげよう」
    「ふふふ…その物言い、昔が懐かしいねぇ…」
    「その剣の構え…因縁だね」
念動能力者 「所詮は永き時を経て薄まった念者の血…僕の敵じゃないね」
     「君と僕じゃ、念の力のレベルが違うんだよ」
      「なかなかの念を持っているようだね。けど…」
      「君も念者なら僕の力が分かるだろう?」
       「ふっ、君も僕と同じ力を持っているようだね」
クォヴレー ヴィレッタ バラン ルリア 「今さら、地球人の味方して何になるっていうんだい?」
                         「自分の主に逆らうなんて勇気あるねぇ」
                         「ま、僕もある意味裏切り者だけどねぇ」
被ダメージ
念動能力者 「ち…!癪に障る念だな…!」
         「言っておくが、君の念は僕には通用しないよ」
         「くっ、この念の力は…僕を超えているのか!?」
クスハ・ブリット 「ふふふ、言ったろう?こいつは四霊の超機人、四神とは格が違うのさ」(後半)
           「神に逆らうのは悪魔…と相場が決まってるんだけどね…」(後半)
           「あくまでも僕達に逆らうか。まったく…昔と同じだねえ」(後半)
           「くっ!四神の超機人ごときに!!」 (後半)
           「チッ、四神が四霊の力を上回るなど!」(後半)
           「ば、馬鹿な!運命は繰り返すというのか!?」(後半)
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:35 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
オリジナル系・4
エツィーラ・トーラー
援護攻撃
孫光龍 「光龍、後は私に任せな」
援護防御
孫光龍 「遊びが過ぎたみたいだねえ、光龍」
攻撃
クスハ・ブリット 「四神の超機人、あれも手に入れたいもんだねえ」
         「光龍のかわりに私が相手をしてやるよ」
クォヴレー 「フン、ゴラーゴレムの出来損ないか」
       「完全に壊してやるよ、人形!」
        「フッフッ、お前の血は何色だい?」
        「人形の分際でおいたが過ぎたようだね」
ルリア 「裏切り者にはたっぷりと、お仕置きしてやらないとね」
     「見せしめにじっくりといたぶってやるよ」
      「馬鹿だね、バルマーを裏切るなんて」
バラン 「あんたもつくづく愚かだねえ、バラン・ドバン!」
    「お前が敵に回ったところでどうということはないんだけどね」
     「そのオンボロごと始末してやるよ、バラン・ドバン!」
リュウセイ 「さ、お前の念の力を見せてみな」
      「ふ~ん、なかなかいい念を持ってるじゃないか」
       「ふふふ…お前の念は私とジュモーラには通用しないよ!」
       「ふふふ…ジュデッカ以上の地獄を見せてやるよ!」
      「お前にトーラーの名は不相応だったってことさ」
       「残念だねえ、バルマーに残っていれば私の元へ来られたのに」
子供 「坊や、可愛がってあげるよ」
    「お姉さんが遊んであ・げ・る」
    「手玉にとってあげるよ、坊や」
    「じっとしてるんだよ、坊や。すぐに気持ちよくなるからね」
    「ふふふ…お姉さんが魔法見せてあげる」
    「ふふふ…好きだよ、坊やみたいな子は」
若者 「むさい男を相手にするのは気が進まないんだけどね」
  「もう少し若けりゃ楽しめるんだけどね」
  「可愛い坊やなら気も乗って来るんだけど」
壮年 「ああいう濃いのはうんざりなんだけどね」
    「しょうがない。親父でも敵は敵だしね」
   「むさい親父はさっさと片付けるに限るね」
被ダメージ
クスハ・ブリット 「チッ、格下の超機人が…!やってくれるじゃないか!」
          「こ、これが四神の力だって言うのかい!?」
クォヴレー 「なかなかやるじゃないか、人形!」
ヴィレッタ 「ええい、裏切り者の分際で!」
リュウセイ 「おや、お前の念はその程度かい?」
子供 「可愛いのは顔だけじゃない様だねぇ」
 「坊や…!もうただじゃ済まさないよ!」
回避
念動能力者 「お前の念は分かりやすいからねえ」
子供 「坊や、お姉さんはこ・こ・よ」

ハザル・ゴッツォ
攻撃
トウマ 「その闘志ごと貴様を葬ってくれる!」
    「闘志や気合で勝てるほど、俺は甘くはないわ!」
クスハ・ブリット 「超機人など、所詮は過去の遺物!消え去るがいい!」
          「消滅しろ、過去の遺物め!」
          「四神の力を合わせたとて、この俺には勝てぬ!」
クォヴレー 「消え失せろ、人形」
      「思い上がるなよ、人形めが!」
      「フッフッフ…人形の分際で、この俺に楯突くとはな」
      「人形め…この俺が直々に処分してやる!!」
セレーナ 「馬鹿な女よ!俺の誘いに乗ればよかったものを!」
     「俺の誘いを断ったことを地獄で後悔させてやる!」
リュウセイ 「リュウセイ・ダテ、お前も生贄にしてやるよ!」
      「その両刃の剣、叩き折ってくれる!」
      「同胞ともども消滅しろ!SRX!」
      「お前もあの女と同じ目に遭わせてやる!」
      「リュウセイ・ダテ…憎いか、この俺が?ハハハ!」
      「新たな力を得たところで、この俺に勝つことはできん!」
      「憎め…憎むがいい、この俺を!フハハハ!!」
ゼンガー 「ゼンガー・ゾンボルト、貴様の口上を聞く気はない!」
     「その大刀、この俺が叩き折ってくれる!」
バラン 「容赦はせんぞ、バラン・ドバン!」
    「バラン・ドバン、俺に勝てると思っているのか?」
    「愚かな男だとは思っていたが…ここまでとはな」
ルリア 「裏切り者には死すら生ぬるい!」
    「バルマーを裏切った罪…その命であがなえ!」
    「この俺が、直々に裁きを下してくれるわ!」
被ダメージ
トウマ 「どうした!この程度がお前の闘志か!」
    「笑わせるな!この程度で何が闘志だ!」
    「何っ!?この俺が気圧されているだと!」
    「何だ、こいつの発する気…これは!?」
    「こ、こいつの闘志が俺にプレッシャーを与えているだと!?」
    「こいつの気…!これが闘志の力なのか!?」
クスハ・ブリット 「四神と言えど、俺とヴァイクランには勝てぬわ!」
         「思い知れ!超機人の力も、遠い伝説の中だ!」
         「ええい…過去の遺物が思い上がるなよ!!」
         「少しは価値のある骨董品のようだな…!」
         「ぬうっ!四神の力と、パイロットの力が一つになったか!?」
         「ぬおおっ!?二人の念が一つになり、俺に迫ってくるだと!?」
クォヴレー 「ハッハッハ!楽しいものだな、人形遊びは!」
      「この程度の力で俺に刃向かうとはな…!」
      「人形めが!よくも主人の機体に傷をつけてくれたな!」
      「人形風情が!よくもヴァイクランを!!」
      「に、人形が、主人を追い詰めるなど…!」
      「馬鹿な!?この力、本当にあの人形のものなのか!?」
セレーナ 「無駄だ女。正面からでは俺には勝てんぞ!」
     「絶望したか、女!すぐに仲間に会わせてやるぞ!」
     「チッ…この女の執念のなせる業か!」
     「ぐっ!ちょこまかと目障りな奴め!!」
     「馬鹿な…!一兵士に俺が負けることなどあってはならん!!」
     「こいつの執念…もはや一つの力か…!」
リュウセイ 「リュウセイ・ダテ!これが貴様の限界だ!」
      「滑稽を通り越して哀れだな。リュウセイ・ダテ」
      「リュウセイ・ダテ!貴様―っ!!」
      「チッ…怒りが奴に力を与えているのか!?」
      「お、お前だけには…負けるわけにはいかないのだ!!」
      「これがリュウセイ・ダテの真の力なのか!?」
ゼンガー 「噂の斬艦刀とやらはこの程度か!?」
     「貴様にも断てぬものがあるということだ」
     「ぬうっ…これが斬艦刀の切れ味か!」
     「さすがは地球のサムライ…!楽しませてくれる!」
     「恐るべし斬艦刀…!恐るべしゼンガー・ゾンボルト…!」
     「やるな、地球のサムライ!俺に相応しい相手よ!!」
バラン 「無駄だ、バラン・ドバン!俺は既に貴様を超えている!」
    「ドバン家の誇りも地に堕ちたものだな!」
    「ぬぅっ!これがベミドバンのパワーか!」
    「ぐっ…!さすがと言うべきか、バラン・ドバン!」
    「バラン・ドバン!俺は、貴様を超えてみせる!!」
    「バラン・ドバン…!よくも…!よくも!!」
回避
トウマ 「貴様ごときの闘志など俺には通用せん!」
クスハ・ブリット 「カビの生えた遺物などにやられる俺ではない!」
クォヴレー 「人形が主人を倒せると思っているのか!?」
セレーナ 「どうした女。俺を倒すのではなかったのか?」
リュウセイ 「ハハハ!それで俺を倒す気か、リュウセイ・ダテ!」
      「己の無力さを知るがいい。リュウセイ・ダテ!」
ゼンガー 「そんな大振りに当たる俺ではないわ!」
バラン 「どうした、バラン・ドバン。それが貴様の本気か!?」

ルアフ・ガンエデン
攻撃
念動能力者 「ナシムの血を引きし者達か…」
        「ナシムのルーツは消し去らなければならない」
        「ふふふ、君もレヴ・エヴェットに加えてやろう…」
バラン 「君の考えなんてどうでもいいけど、見せしめは必要だからね」
    「おやおや、人形風情が…人間気取りかい?」
    「操り人形はだまって操られていればよかったものを…」
    「ふふふ、君は霊帝の何たるかを知らない…」
被ダメージ
クスハ・ブリット 「四神ごときの力で、僕を倒せると思っているのか?
        「どうあっても、僕のシモベになる気はないようだね」
         「大人しくガンエデンに付き従っていればいいものを…」
         
シヴァー・ゴッツォ
攻撃
クォヴレー 「因果地平の彼方へ消え去れ、汝に取り付いた者と共に」
      「彷徨える魂よ…我が前へ現れたか」
      「人形の分際で、創造主に逆らうとはな」
      「イングラム…ユーゼス…クォヴレー…因果の鎖は断ち切れぬ!」
      「バルシェム…土塊に戻るがいい」
      「クォヴレー…汝は因果の鎖から逃れることはできん」
リュウセイ 「イングラムの遺産か…笑止」
      「クロスゲートの破壊者などと…小賢しい」
バラン 「バラン・ドバン…真の愚者よ」
    「我を屠れると思っているのか?バラン・ドバン」
    「ドバン家の血、ここで絶やしてやろう」
    「汝もアルマナも…もう要らぬ」
    「神となった我に刃向かう愚かさを知れ」
イルイ 「ガンエデンは2体も要らぬ」
    「ナシムの力も我が物としてくれよう」


ケイサル・エフェス
攻撃
クスハ ブリット 「我に敵なし」
リュウセイ 「滅せよ、鋼の魂よ」
グレートマジンガー 「朽ち果てよ、偉大な勇者よ」 「汝らの命が、燃え尽きる時が来た」
マジンガーZ 「滅びよ、鉄の城よ」
マジンカイザー 「砕けよ、鋼鉄の皇帝」
豹馬 「消え失せろ、希望の星よ」
鋼鉄ジーグ 「全滅するのは、汝らだ」
鋼鉄ジーグ 勇者系 バーチャロン系 「その鋼鉄の肉体、打ち砕いてくれよう」
コスモ 「滅びよ、無限力」

バルマー兵
攻撃
リュウセイ 「奴の動力源を狙え!」
      「トロニウムを爆発させれば!」
バラン ルリア 「帝国に刃向かうものは、誰であろうと全て敵だ!」
        「裏切り者めが!」
        「反逆者には死を!」
        「何人であろうと、裏切り者には容赦せん!」
        「離反者にかける情けはない!」
コスモ 「我らをバッフ・クランと同じにするなよ!」
    「イデオンは我らバルマーがもらい受ける!」
    「もらったぞ、イデオン!」
    「巨神め!これを食らえ!」
    「行くぞ、巨神め!」
スーパーロボット 「見掛け倒しめ!」
         「所詮は力だけの機体だ!」
         「装甲の隙間を狙えば!」
         「その装甲、貫いてやる!」
         「狙いやすい敵だな!」
         「大きい分、小回りが利かんはずだ!」
         「その図体が命取りだ!」
ガンダム系 「ガンダムの実力、見せてもらおうか!」
        「ガンダムタイプか!落とすぞ!」
        「行くぞ、ガンダムタイプ!」
バルキリー系 「バルキリータイプか!落ちろ!」
          「当てさえすれば、一撃で落とせる!」
          「たかが戦闘機、捻り潰してやる!」
          「そんな貧弱な機体で!」
被ダメージ
バラン ルリア 「裏切り者などにやられるか!」
         「手心を加えたとでもいうのか、裏切り者め!」
         「反逆者め!あくまでもバルマーに逆らうか!」
         「よくも恥ずかしげもなく我らの前に姿を現せるな!」
「裏切り者め、やってくれる!」
         「くっ…!裏切り者め、調子に乗るなよ!」
「ううっ…!やはり、離反者は早急に片付けねば…!」
「反逆者め、絶対に許さんぞ!」
「陛下の御恩を忘れた愚か者めが…!!」
コスモ 「フン、これが伝説の巨神だと?」
     「イデオンとはこの程度のものか?」
     「こ、これがイデオンの力なのか!?」
     「巨神め、こちらの予想以上の力を…!」
     「奴らも巨神の力を制御できていないのか!?」
「ぐっ、やはりあの巨神は危険過ぎる!」
「危険だ!あの巨神は危険すぎる!」
「ぐうっ!何としてもあの巨神を止めなければ!」
「おのれ!巨神めぇぇっ!!」
スーパーロボット 「その巨躯で俺を捉えられると思っているのか?」
          「その図体とパワーを持て余してるようだな!」
          「力だけで我らバルマーを倒せると思うな!」
「やはり見かけ倒しだな!」
「うぐっ!見かけによらず素早い!」
「くっ!ただ大きいわけではないらしいな!」
「ううっ…!大きさに見合ったパワーだということか!」
「ええい、その図体に惑わされはせんぞ!」
「奴は一体どのような動力源を持っているのだ!?」
「だめだ!あのパワーには勝てない!」
「こ、これが奴らの底力なのか!?」
ガンダム系 「ガンダムとはその程度のものか?」
       「何が抵抗のシンボルだ。笑わせる!」
       「調子に乗るなよ、ガンダム!」
       「うぐっ! これがガンダムの力か!」
「ガンダムと言えど、我らには敵わぬようだな」
「ガ、ガンダムめ!よくも!」
「我らバルマーに仇なすか、ガンダム!」
「噂ほどではないな、ガンダム!」
「ちっ、やはり奴は他のモビルスーツとは違う!!」
「ぐううっ!ガンダムには勝てんのか!?」
「馬鹿な!この機体でガンダムと互角に戦えんのか!?」
バルキリー系 「しょせんは小型戦闘機、非力だな!」
       「地球人の戦闘機など恐るるに足らん!」
       「バルキリーなど我らの相手ではない!」
       「ぐっ!ただの戦闘機ではないということか!」
       「チョロチョロと目障りな戦闘機め!」
       「おのれ、カトンボめ!」
       「だめだ!奴のスピードに追いつけん!」
       「くそっ!戦闘機ごときに何故ここまで!」
       「ぐあっ!カトンボごときにっ!!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:33 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
バーチャロン
チーフ
援護攻撃
フェイ 「フェイ、お前は先に行け」
ハッター 「ハッター、援護する」
援護防御
フェイ 「集中しろ、フェイ。これは、遊びじゃない!」
ハッター 「迂闊だぞ、ハッター。貴様、MARZ指導要綱戦闘教義24番を忘れたか!?」
     「迂闊だぞ、ハッター。貴様、補習室行きだ!」
攻撃
ルアフ シヴァー 「怨恨、妄執に凝り固まった機械神、ということか…!」
         「怨恨、妄執に凝り固まった機械神か…!」
ケイサル 「愚かしいまでの力への執着…霊帝ケイサル・エフェス!貴様には超特別指導が必要だ!!」
     「霊帝ケイサル・エフェス…貴様を超特別指導する!」
     「ケイサル・エフェス、平行世界への関与は犯罪だ!貴様を超特別指導する!!」
パルパレーパ 「怨恨、怨讐に凝り固まった機械神!貴様には、特別指導が必要だ!」
       「愚かしいまでの力への執着…貴様には超特別指導が必要だ!」

フェイ・イェン・ザ・ナイト
援護攻撃
チーフ 「チーフ、続くよ!」
ハッター 「ハッター!ヌルっ!!」
援護防御
チーフ 「チーフ、サポート任せて!!」
ハッター 「ハッター!ショボっ!!」
攻撃
ルアフ 「さー観念!ゲベゲベくん!!」
ケイサル 「ステレオタイプなラスボスね!ウザッ!」
「あなたがいると元の世界に帰れないの!!」
「ステレオタイプなラスボスねっ!」
「ステレオタイプなラスボスねっ!覚悟!」

アファームド・ザ・ハッター
援護攻撃
チーフ 「ヘイ、兄弟!手を貸すぜ!」
フェイ 「フェイ・イェン!後は俺に任せろ!」
援護防御
チーフ 「兄弟!助けに来たぜ!」
フェイ 「フェイ・イェン!こいつは貸しにしとくぜっ!」
攻撃
ルアフ シヴァー 「ガンエデン!俺は貴様の前に立ちはだかるぞ!」
ケイサル 「霊帝ケイサル・エフェス!貴様を粉砕する!ぞっ!!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:31 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
マジンガー系
兜甲児
援護攻撃
さやか 「さやかさん、後は俺に任せなって!」
ボス 「ボス!こいつは貸しにしといてやる!」
鉄也 「よ~し、鉄也さん!続けていくぜ!」
   「鉄也さん、こいつは俺がやりますよ!」
ジュン 「ジュンさん、後は任せてくれ!」
竜馬 「リョウ!助太刀するぜ!」
隼人 「後は任せろ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ!後は任せろ!」
援護防御
さやか 「さやかさん、今の内に!」
    「危ない、さやかさん!」
ボス 「ボス、だから足引っ張んなって!」
鉄也 「鉄也さん、大丈夫ですか」
   「鉄也さん、ここは俺が!」
   「下がってくれ、鉄也さん!」
ジュン 「ジュンさん、ここは引き受けるぜ!」
竜馬 「リョウ、ここは任せろ!」
隼人 「ハヤト、後は引き受けたぜ!」
弁慶 「大丈夫か!?ベンケイ!」
攻撃
ルアフ シヴァー ケイサル 「神は神でも、こっちは魔神だぜ!」
              「ただの神が、魔神に勝てるわけねえだろ!」
ケイサル 「行くぜ、マジンガー!最後の勝負だ!」
地獄大元帥 「地獄大元帥!今度こそ倒してやらあ!」
要塞系 「化け物要塞め、この兜甲児が相手だ!」

弓さやか
援護攻撃
甲児 「甲児君、後は私に任せて!」
   「甲児君、そこどいて!」
ボス 「ボスに負けてられないもんね!」
鉄也 「鉄也さん、後は任せて!」
ジュン 「ジュンさん、あたしも!」
援護防御
甲児 「危ない、甲児君!」
   「甲児君、無茶はしないで!」
ボス 「ボス、ここは任せて」
鉄也 「鉄也さん、ここは私が!」
ジュン 「ジュンさん、今の内よ!」

ボス
援護攻撃
甲児 「兜ぉ!てめえにだけいいカッコはさせねえぜ!」
さやか 「好き、好き、さやかちゃん~!大好きよ~ん!チュチュチュのチュ~!」
鉄也 「鉄也、そいつは俺にやらせろ!」
ジュン 「ジュ~ン!正義の味方がお手伝いに参りましたわよ~!」
援護防御
甲児 「感謝しろよ、兜ぉ!」
さやか 「さやか、安心しな。俺様が守ってやるぜい!」
鉄也 「ウッシッシッシ。鉄也ぁ、もう足手まといとは呼ばせねえぜ!」
ジュン 「ジュン、助けに来たぜぃ!」

剣鉄也
援護攻撃
甲児 「力を貸すぞ、甲児君!」
   「甲児君、続けていくぜ!」
さやか 「さやかさん、手を貸すぞ!」
ボス 「ボス、トドメは任せろ!」
   「ボス!お前は引っ込んでいろ!!」
ジュン 「ジュン、後は任せろ!」
竜馬 「リョウ、手を貸すぜ!」
隼人 「後は任せろ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ、後は俺がやる!」
援護防御
甲児 「甲児君、危ない!」
   「甲児君、油断をするな!」
さやか 「さやかさん、今の内に下がれ!」
ボス 「ボス!お前は引っ込んでろ!!」
   「ボス、無茶をするな!」
ジュン 「大丈夫か、ジュン!?」
    「ジュンをやらせるものか!」
竜馬 「リョウ、ここは引き受けるぜ!」
隼人 「下がるんだ、ハヤト!」
弁慶 「ベンケイ、ここは任せろ!」
攻撃
ルアフ シヴァー 「造り物の神が、魔神に勝てると思うな!」
ケイサル 「俺の生命が燃え尽きる時は、貴様の生命も地獄の炎へ投げこんでやるぞ」
地獄大元帥 「地獄大元帥の息の根はこの俺が止める!」
      「これでトドメだ、地獄大元帥!」
闇の帝王 「闇の帝王!暗黒の世界に帰れ!!」
     「決着をつけるぞ、闇の帝王!!」
戦闘獣 「戦闘獣め、覚悟しろ!」
    「これでもくらえ、戦闘獣!」
被ダメージ
戦闘獣 「戦闘獣の攻撃など通用するものか!」
    「くっ!戦闘獣の攻撃をもろに受けるとはな!」
    「何だと!?戦闘獣がここまでのパワーを持っているのか!」
回避
戦闘獣 「戦闘獣の動きなど余裕でかわせるぜ!」

地獄大元帥
被撃破
マジンガーZ 「おのれ、マジンガーZめ!!」

闇の帝王

攻撃
甲児 「兜家の血脈、我が手で断ってくれるわ!」
   「兜甲児!我が手で地獄に落ちるがよい!」
鉄也 「剣鉄也、貴様はここで死ぬのだ!」
   「剣鉄也、貴様に絶望を味あわせてやろう!」
竜馬 「ゲッターロボなどワシの敵ではないわ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:30 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
ゲッターロボ
流 竜馬
援護攻撃
甲児 「続けて行くぜ、甲児君!」
鉄也 「鉄也さん、後は任せてくれ!」
ミチル 「ミチルさん、力を貸すぜ!」
援護防御
甲児 「甲児君、大丈夫か!?」
鉄也 「鉄也さん、今の内に!」
ミチル 「下がるんだ、ミチルさん!」 
攻撃
ルアフ ケイサル 「三つの力が一つになれば、俺達に倒せぬ敵などいない!」
         「どんな敵であろうとも!ゲッターで相手をしてやる!」
ケイサル 「これで終わりだ!ケイサル・エフェス!」
闇の帝王 「闇の帝王!これで最後だっ!」
ゴール 「帝王ゴール、覚悟!」
    「今日こそ決着をつけるぞ、帝王ゴール!!」
STMC 「ゲッター線の意味…!それは、この戦いに勝利することだ!」
     「お前達を地球に行かせてなるものか!」
攻撃シャインスパーク
ルアフ シヴァー 「ガンエデン!これで終わりだ!!」
ケイサル 「ケイサル・エフェス!ゲッターの力、今こそ思い知れ!」

神隼人
攻撃
ゴール 「帝王ゴール!今日こそ引導を渡してやるぜ!」
ボス系 「貴様を倒して、終わりにしてやるぜ!」

早乙女ミチル
援護攻撃
竜馬 「リョウ君、後は任せて!」
隼人 「ハヤト君、あたしも続くわ!」
弁慶 「ベンケイ君、後は私が!」
援護防御
竜馬 「ここは任せて、リョウ君!」
隼人 「ハヤト君、今の内に下がって!」
弁慶 「前に出すぎよ、ベンケイ君!」
攻撃
地獄大元帥 「許さないわよ、地獄大元帥!」
闇の帝王 「行くわよ、闇の帝王!」
フローラ 「勝負よ、フローラ将軍!」
竜魔帝王 「覚悟しなさい、竜魔帝王!」

ゴール
攻撃
マジンガー系 「マジンガー!今日が貴様の命日だ!」
         「マジンガーめ、八つ裂きにしてくれる!」
ゲッターチーム 「ゲッター、貴様らさえいなければ…!」
         「おのれ、ゲッター!貴様さえいなければ!」
         「ゲッターロボ!ここが貴様の墓場だっ!」
鋼鉄ジーグ 「ジーグめ、バラバラにしてくれる!!」
       「死ねい!鋼鉄ジーグ!」
戦艦 「奴らの母艦を沈めるのだ!」
被ダメージ
マジンガー系 「フン…マジンガー、ゲッター共々後で血祭りにあげてやる」
        「おのれマジンガー…ワシらの邪魔をするか!」
  「おおぉっ!これがマジンガーの力なのか…!」
ゲッターチーム 「今のがゲッターの力だと?笑わせるな」
     「さすがはゲッター、一度は我々を窮地へ追い込んだだけのことはある」 
          「ぐっ…ゲ、ゲッターロボ、いまいましい奴らめ…!」
鋼鉄ジーグ 「フフフ…やりおるわ、鋼鉄ジーグめ」
         「ぬおっ!おのれ、鋼鉄ジーグ!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:29 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
鋼鉄ジーグ
鋼鉄ジーグ
援護攻撃
美和 「ミッチー、続けていくぜっ!」
アムロ 「アムロ大尉!後は鋼鉄ジーグに任せてくれ!」
     「アムロ大尉!俺も続くぜ!」
援護防御
美和 「ミッチー、危ねえ!下がってろ!」
アムロ 「危ない、アムロ大尉!」
     「アムロ大尉、あんたは俺が守るぜ!」
攻撃
ルアフ シヴァー 「この不死身の司馬宙が…鋼鉄ジーグが、貴様を叩きのめしてやる!」
            「俺の生命を火と燃やして…貴様と戦っている!」
ケイサル 「怨念の塊など、鋼鉄ジーグが打ち砕く!」
       「闇の世界へ帰れ!ケイサル・エフェス!」
イキマ 「イキマ、地獄へ送り返してやるぜ!」
     「イキマ、決着をつけてやる!」
ミマシ 「勝負だ、ミマシ!」
     「ミマシ!今日を貴様の命日にしてやる!」
アマソ 「アマソ、貴様に勝ち目はない!」
     「アマソ、観念しやがれ!」
ヒミカ 「ヒミカ!今日こそお前を倒す!」
     「ヒミカ!貴様の思い通りにはさせないぞ!」
ハニワ幻人 「ハニワ幻人め!死ねえっ!」
         「行くぞ、ハニワ幻人め!」
         「来い、ハニワ幻人!鋼鉄ジーグが相手だ!」
フローラ 「行くぞ、フローラ将軍!!」
       「フローラ将軍!勝負だ!」
竜魔帝王 「竜魔帝王!これで終わりにしてやるぜ!!」
ガンダム系 「行くぞ、ガンダム!鋼鉄ジーグが相手だ!!」
ハニワ幻人 「ハニワ幻人め!死ねえっ!」
        「行くぞ、ハニワ幻人め!」
        「来い、ハニワ幻人!鋼鉄ジーグが相手だ!」 
ロボット獣 「勝負だ、ロボット獣!」
        「ロボット獣め、バラバラにしてやるぜ!」
        「覚悟しろ、ロボット獣!」
2Lサイズ以上 「図体のでかさで勝負が決まると思うなよ!」
          「そのでかい図体に風穴を空けてやるぜ!」
          「大きいからって調子に乗るんじゃねえぞ!」
被ダメージ
イキマ 「どうした?そんなもんか、イキマ!」
      「イキマ!この程度で俺が逃げると思うなよ!!」
      「イキマの奴、どうやら本気できやがったみたいだぜ!!」
ミマシ 「おとといきやがれ、ミマシ!」
     「やるじゃないか、ミマシの奴!」
     「ち、ちっきしょう!ミマシめ!やりやがったな!」
アマソ 「アマソ!その程度じゃ俺は倒れないぜ!」
     「鋼鉄ジーグを甘く見たな、アマソ!」
     「うぐっ!アマソめ、このままじゃすまさないぞ!」
ヒミカ 「どうしたヒミカ、遠慮はいらないぜ!」
     「ヒミカ!俺は負けない!必ず勝ってみせる!」
     「こ、これがヒミカの力なのか…!?」
ハニワ幻人 「やりやがったな、ハニワ幻人!」
         「ハニワ幻人め、調子に乗るなよ!」
         「く、くそぉっ!ハニワ幻人なんかに!!」
回避
イキマ 「相手が悪かったな、イキマ!」
ミマシ 「当たりはしないぜ、ミマシ!」
アマソ 「アマソ!出直してきやがれ!」

卯月美和
援護攻撃
鋼鉄ジーグ 「宙さん、手伝うわ!」
援護防御
鋼鉄ジーグ 「宙さん、熱くなりすぎちゃダメよ!」
攻撃
イキマ 「勝負よ、イキマ!」
ミマシ 「ミマシ、覚悟しなさい!」
アマソ 「逃がさないわよ、アマソ!」
ヒミカ 「ヒミカ!今日こそ決着をつけるわ!」
ハニワ幻人 「行くわよ、ハニワ幻人!」
        「逃がさないわよ、ハニワ幻人!」
フローラ 「行くわよ、フローラ将軍!」
      「フローラ将軍!逃がさないわよ!」
竜魔帝王 「竜魔帝王!許さないわよ!」
       「覚悟しなさい、竜魔帝王!」
ロボット獣 「逃がさないわよ、ロボット獣!」
       「相手がロボット獣だからって!」

イキマ
攻撃
マジンガー系 「マジンガーめ、鋼鉄ジーグもろとも叩き潰してやる!!」
ゲッターチーム 「貴様も鋼鉄ジーグ同様、バラバラにしてくれるわ!」
鋼鉄ジーグ 「鋼鉄ジーグめ、さらし首にしてやるわ!!」
美和 「たかが小娘一人、ひねり潰してやる!」
被ダメージ 
マジンガー系 「小癪なマジンガーめ、もう許さんぞ!」
鋼鉄ジーグ 「ふはは!無様なものだな、鋼鉄ジーグ!」
        「鋼鉄ジーグめ…!その首、叩き落すまでは!」
        「こうなったら鋼鉄ジーグ…貴様も道連れだ!!」

ミマシ
攻撃
マジンガー系 「覚悟はいいか、マジンガー!」
ゲッターチーム 「トカゲ共に代わってワシらが引導を渡してやる!」
鋼鉄ジーグ 「邪魔はさせんぞ!鋼鉄ジーグ!!」
        「鋼鉄ジーグ!貴様の運命は決まったぞ!」
美和 「貴様を落とせば、ジーグは終わりだ!」
被ダメージ
マジンガー系 「ぬうう…!マジンガーを先に倒すべきか?」
          「うぐっ!忌々しいマジンガーめ!」
ゲッターチーム 「むうっ!ゲッターめ、許さんぞ!!」
           「ふふふ…トカゲ共を苦しめただけの事はある!」
鋼鉄ジーグ 「司馬宙!貴様などワシの敵ではないわ!」
         「うむむ、鋼鉄ジーグめ、やりおるわ!」
         「ぬうう…!バラバラになるのは奴ではなく、このワシか!?」

アマソ
攻撃
マジンガー系 「ミケーネに代わって貴様らを片付けてやる」
ゲッターチーム 「貴様らもマグマへ叩き落してやる!」
鋼鉄ジーグ 「鋼鉄ジーグめ!バラバラにしてやるぞ!」
        「いかに鋼鉄ジーグといえども、この幻魔要塞にはかなうまい!」
美和 「貴様では話にならん!鋼鉄ジーグを呼んで来い!」
被ダメージ
マジンガー系 「どうやら貴様も死にたいらしいな、マジンガー!」
         「おのれマジンガー、俺の邪魔をするな!」
ゲッターチーム 「ぐうっ!調子に乗るな、ゲッターロボ!」
           「こ、これがゲッター線の力だと!?」
鋼鉄ジーグ 「ジーグめ、首を洗って待っておれ!」
         「お、おのれ!鋼鉄ジーグ、必ずやおれの手で!」
         「や、やりおったな、鋼鉄ジーグ!」

フローラ将軍
援護防御
竜魔帝王 「帝王様、お下がりください!」
攻撃
鋼鉄ジーグ 「鋼鉄ジーグ、お前は目障りなのだ!」
        「鋼鉄ジーグ、私の使命はお前を倒すこと!」
        「司馬宙、覚悟っ!」
美和 「ビッグシューターを破壊すれば、鋼鉄ジーグなど!」
    「卯月美和、お前から始末してやる!」
マジンガー系 「マジンガー!私が相手だ!」
          「幻魔要塞の力をもってすればマジンガーなど!」
ゲッター 「地底にはまだ我らがいるのだ、ゲッターロボ!」
       「ゲッターロボめ!覚悟しろ!」
被ダメージ
鋼鉄ジーグ 「司馬宙、そこまでだな!」
        「非力だな、鋼鉄ジーグ!」
        「調子に乗るなよ!鋼鉄ジーグ!」
        「おのれ、鋼鉄ジーグ!ここまでやるとは…!」
        「こ、鋼鉄ジーグめ…!好きにはさせんぞ!」
        「恐るべし、鋼鉄ジーグ!これが奴の真の力か!」
美和 「ええい、卯月美和め!邪魔立てするな!」
    「卯月美和め、いちいち小うるさい…!」
マジンガー系 「幻魔要塞には無駄だ、マジンガー!」
          「ううっ…!マジンガーめ、これ以上は!」
          「こ、これが本当のマジンガーの力なのか…!」
ゲッター 「ゲッターロボ!噂ほどではないようだな!」
       「これがゲッターロボの力なのか…!」
       「ゲッターロボめ…!このままでは…!」

ヒミカ
攻撃
鋼鉄ジーグ 「奴を倒し、銅鐸の秘密を手に入れるのだ!!」
        「死ねぇぃ!鋼鉄ジーグ!!」
        「殺せ!司馬宙を処刑するのだ!!」
        「ジーグ!霊魂の恐ろしさを思い知るがいい!」
美和 「奴を倒せば、ジーグは手も足も出なくなるぞ!!」
被ダメージ 
鋼鉄ジーグ 「ええい、鋼鉄ジーグめ!邪魔だてするな!」
         「うぬぅぅ…!鋼鉄ジーグめ、よくも!!」
         「おのれ、鋼鉄ジーグ!呪い殺してくれようぞ!」

竜魔帝王
攻撃
マジンガー系 「噂のマジンガーの力、見せてみるがいい!」
          「マジンガーなど俺の敵ではないわ!」
ゲッター 「ゲッターロボめ!俺が相手をしてやる!」
       「勝負だ、ゲッターロボ!」
鋼鉄ジーグ 「鋼鉄ジーグ!ここが貴様の墓場だ!!」
        「鋼鉄ジーグ!地獄でヒミカが待っておるぞ!」
        「覚悟するがいい、鋼鉄ジーグ!」
被ダメージ
鋼鉄ジーグ 「鋼鉄ジーグ!貴様では俺に勝てん!」
         「こ、鋼鉄ジーグめ!ただでは済まさんぞ!」
         「こ、鋼鉄ジーグ!貴様だけは許さん…許さんぞ!!」
マジンガー系 ゲッター 「マジンガーだろうがゲッターだろうが、この竜魔船を止められると思うな!」
マジンガー系 「マジンガーめ!調子に乗りおって!」
          「マ、マジンガーめ!よくもやりおったな!」
ゲッター 「ゲッターロボめ…!やってくれるわ!」
       「ゲッターロボめ!貴様も道連れにしてくれる!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:28 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)
ライディーン
ひびき洸
攻撃
ルアフ シヴァー 「行くぞ、ガンエデン!俺達の未来をお前に渡しはしない!」
           「ガンエデン!俺達の未来はこの手で作ってみせる!」
ケイサル 「ケイサル・エフェス!託された人々の想い…お前にぶつけてやる」
宇宙怪獣 「行くぞ、破壊神!俺とライディーンが相手だ!」
       「虚空からの破壊神…ここを通しはしない!」
[PR]
by 7071sprw | 2006-04-09 18:27 | 第3次スーパーロボット大戦α | Comments(0)