第26話A 絶望の中で掴んだ光
ミストVSケジナンorエンゲorジャボリ
ミスト「シベ鉄の残党め。敵対していたディガルドと組むなんて…思ったよりしたたかなんだな!」

ゲイナーVSケジナンorエンゲorジャボリ
ゲイナー「シベ鉄はシベリアだけにいればいいんだ!」

ゲインVSケジナンorエンゲorジャボリ
ゲイン「懐かしい顔ぶれが揃ってるな…。そうか、ディガルドの手先になったか。変わり身の早さは一流だな!」

ゲインVSカシマル
ゲイン「天下の運行部長サマが侵略行為の片棒を担がされるとはね…。ずいぶん落ちぶれちまったな!」
カシマル「この作戦が成功すれば、私はまたダイヤの管理を任せてもらえるんです!だから私は絶対に勝つんですよ!」

サラVSカシマルorケジナンorエンゲorジャボリ
サラ「会社の利益や利権を守るために武力行使するって言うなら、まだ理屈が通ってる気がするけど…
   今のあんた達がやってる事はただの侵略行為よ!」

ヤッサバVSケジナン
ヤッサバ「ケジナン!ディガルドの手先になっちまうとは情けねえな!」
ケジナン「うるせえっ!お前達がオーバーデビルを倒さなきゃこんな事にはならなかったんだ!」
ヤッサバ「逆恨みか?相変わらずだな…。その腐った根性、この俺が叩き直してやる!」

シンシアVSカシマル
シンシア「さっきはよくもやってくれたわね!たっぷりお返しするから覚悟しなさい!」
カシマル「裏切り者のシンシア…あんなもんじゃ、まだ足りません!もっといたぶって差し上げましょう!」

ヴァンVS敵
ヴァン「俺はダンだ!簡単な事じゃないか難しく考えるからいけなかったんだ!」

ヴァンVSウー
ウー「こいつ、あれだけ痛めつけたというのにわずかな日数の間に立ち直り、電磁シールドまで会得するとは…!
   この数日の間に何があった!?」
ヴァン「愛…かな…?」
ウー「愛だと…?私は同志のために、愛を…母を捨てたというのに!」
ヴァン「じゃあ、無理だ!捨てる奴には俺を止められない!」

ヴァンVSカロッサ
カロッサ「お前死んだら、同志、喜んでくれる!そしたら、捨てられない!ずっと…ずっと、寂しくない!」
メリッサ「カロッサ…」
ヴァン「生意気なガキだな…。いいか、俺はガキでも容赦はしねえ!覚悟してかかってきやがれ!」
カロッサ「お前…旧式!俺達、ネオオリジナルの敵じゃない!絶対に、潰す!」

ネロVSウー
ウー「な、何だ、このパワー押ししかできそうもない、鈍重なヨロイは!」
ホセ「貴様、エルドラを侮辱したな?」
ネロ「俺達のエルドラソウルが、パワーだけが取り柄のヨロイかどうか、その目で…その体で、確かめてみろっ!」

ネロVSカロッサ
カロッサ「お前達、邪魔者!同志のために消す!全部!いいか、メリッサ!」
メリッサ「うん!」
バリヨ「口のきき方も知らん悪ガキのようだな…」
ネロ「言う事を聞かない悪ガキは、尻を叩いて教育するもんだと昔から決まってる!」
ホセ「ならば俺達が、悪ガキどもを教育し直してやろう!」
カロッサ「うるさい!教育なんかされない!お前達、みんな倒す!」

プリシラVSウー
ウー「ほう。こんなお嬢さんが私に楯突こうというのか?」
プリシラ「女の子だと思ってバカにしてると、ひどい目にあうわよ!」

プリシラVSカロッサ
プリシラ「ええっ!?こんな子供がヨロイに乗ってるの?」
カロッサ「子供じゃない!俺も!メリッサも!同士のために戦う、戦士!
     オリジナルセブンだ!馬鹿にするな!」
プリシラ「おかしいよ…。あなた達みたいな子が戦うなんて…!
     いいわ、私が助けてあげる!」
メリッサ「助ける…?私達を?」
カロッサ「メリッサ!そいつ、敵!言う事聞くな!
     お前、メリッサ惑わす!絶対に許さないっ!」
[PR]
by 7071sprw | 2009-05-17 14:43 | スパロボK マップ | Comments(0)