第12話 放課後の来訪者
浩一VS宗美
宗美「噂のラインバレルが相手ですか。再生能力が高いそうですが…いつまでもちますかねぇ?」
浩一「ラインバレルはそんじょそこらのマキナとは違うんだよ!正義の力を見せてやる!」
宗美「正義、正義と…虫唾が走りますね!」

浩一VSジャック
浩一「な、何だ、こいつ?人間じゃないか!」
ジャック「俺の力はマキナをはるかに凌駕する!覚悟しろ!」
浩一「マジかよ、加藤機関にもイクサー1みたいなのがいるのか!?」

浩一VS沢渡
沢渡「日本角、少しはまともになったか!?」
浩一「当たり前だ!あの頃の俺とはひと味違うぜ!」
沢渡「おもしれえ。それじゃ楽しませてもらおうか!」

浩一VSデミトリー
デミトリー「ラインバレル…今までは任務ゆえ手加減をしてきたが、今日は手加減せんぞ!」
浩一「やっと本当の力の使い方がわかったんだ。やられてたまるか!さあ、来いっ!」

浩一VSユリアンヌ
ユリアンヌ「ラインバレルの坊や…。今日も遊んであげるわよ」
浩一「あいにく俺は急いでるんだ。あんたの相手はこれっきりだぜ!」

浩一VSマサキ
浩一「お前達が何をしようとしてるか知らないが、そんな企みはこの俺が食い止めてやる!」
マサキ「…ラインバレル。早瀬浩一か」
   (単なる子供としか思えんが…加藤総司令は早瀬浩一を『想像以上の少年』と評していた
    何がそう思わせるのか…)

森次VS宗美
宗美「ヴァーダント…これは厄介な相手ですね…。ですが、私も退くわけにはいきません」
森次「ならば、この手で退けるまでだ…!」

森次VSジャック
ジャック「貴様の剣の腕は噂に聞いている。俺と勝負してもらうぞ!」
森次「超人的な身体能力、か…。よかろう。かかって来い」

森次VS沢渡
沢渡「ヴァーダント!てめえの戦い方はどうにもムシが好かねえんだよ!」
森次「…任務遂行には常に冷静な判断力と的確な対応が求められるのだ。感情に走りすぎては目標は達成できん」
沢渡「スカしてんじゃねえ。てめえだって俺と同類だろうが!」

森次VSデミトリー
デミトリー「森次玲二…LOTUS随一と言われる貴様の剣技、見せてもらうぞ!」
森次「よかろう。恐怖とともに脳裏に焼きつけるがいい!」

森次VSユリアンヌ
ユリアンヌ「あら、玲二…。私と戦うつもりかしら?」
森次「…無論だ。行くぞ!!」
ユリアンヌ「お手柔らかに頼むわよ…」

森次VSマサキ
マサキ「邪魔をするな、森次玲二。それがこの世界のためだ」
森次「…そうはいかない。止めさせてもらう!」

山下VS宗美
宗美「砲撃戦用のマキナですか…。飛び込まれては手も足も出ないでしょう?せいぜい、逃げ回ってはどうです?」
山下「持ち場を離れるわけにはいかない…!森次さんに言われた事ッスから!」

山下VSジャック
山下「ええっ!?人間?いや、でもセンサーにはアルマの反応が…」
ジャック「戸惑いを捨てられぬようだな。ならばここで死ね!」

山下VS沢渡
沢渡「相変わらず鈍くせえ図体してやがる。さっさと終わらせるぜ!」
山下「近距離じゃちょっと不利だけど、僕だって特務室の人間なんだ!負けてらんないッスよ!」

山下VSユリアンヌ
ユリアンヌ「さあ、撃ってらっしゃい、坊や。この私に当てる事ができるかしら?」
山下「馬鹿にして…。僕を甘く見ないほうがいいッスよ!」

山下VSデミトリー
デミトリー「リフレクターコアを使うマキナか…。お前を倒して、データ収集などできんようにさせてもらう!」
山下「そうはさせるか!ハインドの実力、見せてやるッスよ!」

山下VS敵
山下「戦域情報の取得と支援砲撃…森次さん直々の指名だ。自分の仕事は絶対に果たすッスよ…!」

美海VS宗美
宗美「来るべき世界のため、死んでもらいますよ。ペインキラーのファクターさん…」
美海「世界のためにも…私は退けない!何があっても!」
宗美「さあ、美しく歌いなさい!」

美海VSジャック
美海「えっ!?嘘でしょ…人間?」
ジャック「貴様の想像力はその程度のものか。LOTUSの人間ならば少しは違うと思ったが、残念だな!」

美海VS沢渡
美海「私達LOTUSがいる限り、あなた達に世界制服なんかさせないわ!」
沢渡「威勢だけは認めてやる。だが、俺達の作戦の邪魔はさせねえ!」

美海VSデミトリー
デミトリー「力なき者よ、想像しろ。お前がもがき苦しみ、倒れる姿を!」
美海「私は倒れない!絶対に後には退かないわ!ペインキラー、いくわよ!」
 
美海VSユリアンヌ
ユリアンヌ「ふうん…。玲二が護衛をつけるなんて珍しい事もあるものね」
美海「森次さんを知っているの…?」
ユリアンヌ「少なくともあなたよりは長い付き合いのつもりよ、お嬢ちゃん」

美海VSマサキ
美海「私だって役に立ってみせる!」
マサキ「拠点防衛型マキナ、ペインキラーか。運用方法が非効率的だな」

シズナVS宗美
シズナ「ウチらの目標はデカいマキナや!他のに構っとる暇はないで!」
イズナ「でも、だからってタリスマンを無視するのは危険だよ!」
宗美「私の危なさがわかっているようですね。さあ、たっぷり痛めつけてあげましょう!」

シズナVSジャック
シズナ「な、なんや、おっさん!生身で戦おうなんて、悪い冗談やで!」
ジャック「ためらうのは結構だが、私は一切遠慮はせんぞ!」

シズナVS沢渡
イズナ「姉さん、四番隊の隊長だよ!」
シズナ「わかっとる!ナーブクラックの一撃を食らわせて、あとは放置や!」
沢渡「てめえの幻覚も、そのコードに当たらなきゃどうって事はねえ!突っ込むぜ!」

シズナVSデミトリー
デミトリー「これ以上、グラン・ネイドルに近づけるわけにはいかん!」
シズナ「ウチらにも意地っちゅうもんがあるんや。やられてたまるかいな!」
イズナ「絶対に作戦を阻止してみせる!」

シズナVSユリアンヌ
ユリアンヌ「非戦闘用マキナが私に何の用?ちゃんと楽しませてもらえるのかしら?」
シズナ「ディスィーブなめとったらあかんで!イズナ!このおばはんに怖い夢でも見せたるんや!」
イズナ「わかった。いくよ!」

シズナVSマサキ
シズナ「そこのデカブツ!次元をどうたらしとるらしいが、即刻やめてもらうで!」
イズナ「やめないのなら、あんなイメージやこんなイメージを送りますよ!」
マサキ「できるものなら、やってみるがいい」

カトルVS五飛
カトル「五飛、加藤機関は何を企んでいるんだ!君の正義を否定する気はないけど、こんな戦いは無意味だよ!」
五飛「無意味かどうかはいずれわかる。さあ、俺と戦え!」
カトル「五飛!」
五飛「くどいぞ!カトルッ!」

イクサー1VSジャック
ジャック「聞いているぞ、宇宙からやってきたLOTUSの協力者が名うての使い手だと…」
イクサー1「なるほど…あなたは全身を改造し、その力を得ているのですね」
ジャック「さあ、どちらが優れているか手合わせ願おうか…」
イクサー1「いいでしょう。かかってきなさい!」

イクサーロボVSジャック
ジャック「残念だ…。お前のような使い手と生身で打ち合えぬとは」
渚「いいの、イクサー1?あのおじさん、イクサー1と戦いたがっているみたいよ?」
イクサー1「渚が許してくれるのであれば、一度手を合わせるのも悪くないでしょう
      どうやら彼は…剣に生きるためだけに戦っているようですから」

味方VS宗美
宗美「私は加藤機関二番隊隊長、中島宗美!君達に恨みはないが、来たるべき世界のためだ…!」

味方VSジャック
ジャック「LOTUS…俺を満足させられる敵はどこにいる…」
[PR]
by 7071sprw | 2011-02-13 11:36 | スパロボL マップ | Comments(0)