第17話A 夜の新宿大決戦
クロウVS敵
クロウ「さっきの次元震がアイムの仕業だとしたら、次元獣は奴が呼んだ事になるのか…
    いったい奴は何者だ…?本当に次元震動を起こす力を持っているのか…」

クロウVSヘテロダイン
クロウ「次元獣といい、こいつらといい、別の次元からは厄介な奴ばかりやってきやがる…
    俺にとっちゃ飯の種だが、街の皆さんにとっちゃ大迷惑だ。出るんなら、人のいない所に出やがれ…!」

甲児VS飯塚
飯塚「てんでなっちゃいないな。お前はマシンのパワーを使いこなせてない」
甲児「この人…女将と同じ事を…!」
飯塚「だが、筋は悪くない。軍に入れば、俺が鍛えてやるぞ」
甲児「たとえ、未熟だろうと俺はマジンガーで戦っていくと決めたんだ…!
   行くぞ、コクボウガー!腕が足りない分は気合でカバーだ!」
飯塚「フン…いい若いもんが根性論とはな。お前の教官は、余程アナクロな人間のようだ」

甲児VSヘテロダイン
甲児「飯塚さん!借りを返すためにも、あんたにはこんな所で死なれちゃ困るんだよ!
   待っててくれよ!こんなスジコはバラバラにして、すぐにイクラにしてやるからな!」

赤木VS飯塚
飯塚「多少は動けるようになったが、まだまだだな」
赤木「先生…!」
飯塚「サラリーマンなら、サラリーマンらしく出世の事でも考えておくんだな」
赤木「俺はサラリーマンだから…仕事だから、ダイ・ガードに乗っているんじゃありません!」
飯塚「これは仕事だ」
赤木「そんな人には負けられませんね!」
飯塚「自分の仕事も満足に出来ない奴に何が出来る!」
赤木「くっ…!」

赤木VSヘテロダイン
赤木「行くぞ、スジコダイン!覚悟しろよ!」
いぶき「ちょっと、赤木君!飯塚さんがいるのを忘れてないでしょうね!」
赤木「もちろん!でも、あの人の事だから、少し位のダメージなら大丈夫!」
青山「毎度の根拠のない自信か…」
赤木「根拠なんてなくたって、やるしかないんだ!」
青山「OKだ。俺達しかコクボウガーを救えない以上、四の五の言ってる場合じゃない」
いぶき「結局、赤木君に引っ張られちゃうのよね…」
赤木「付き合ってもらいますよ、いぶきさんも!俺達三人が揃わなきゃ、ダイ・ガードは力を発揮できないんですからね!」

ワッ太VS飯塚
飯塚「子供が乗り回すにはちょいと大き過ぎるな、こいつは」
ワッ太「俺のトライダーはオモチャじゃない!うちの会社と地球の平和を守るためのスーパーロボットなんだ!」
飯塚「行ってる事は立派だが、乗ってるのが仮免の子供じゃ、やれる事はたかが知れてるな」
ワッ太「言ったな!俺だって遊びでやってるんじゃないのを力ずくで教えてやる!」
飯塚「やれるもんなら、やってみろ。大人を甘く見るなよ」

ワッ太VSヘテロダイン
ワッ太「コンニャロー!おっちゃんを人質に取るなんてやり方が汚いぞ!
    頼むぜ、赤木さん!こんな奴は新兵器でさっさとやっつけちゃってくれよな!」

タケルVSヘテロダイン
タケル「飯塚さんの反応が弱くなっている…!急がなくては!
    しっかりして下さい、飯塚さん!今、赤木さんがあなたを助けますから!」

シモンorカミナVSヘテロダイン
カミナ「やいやいやい!いきなり現れて、人様を飲み込むとはふてえ野郎だ!」
シモン「無駄だよ、アニキ!相手は人間じゃないんだから!」
カミナ「そういう問題じゃねえのよ、シモン!こいつは気合を入れるための儀式みたいなもんよ!
    ついでに食われちまったおっさんに俺がいるって事を教えてやりゃあ、気力ももつってもんよ!」
シモン「アニキ…ちゃんと考えてるんだね」
カミナ「あたぼうよ!さあいくぜ、シモン!ドリルで奴をぶち抜いてやるぞ!」
シモン「それじゃ駄目なんだって!やっぱり、何も考えてないんだ!」

アルトVSヘテロダイン
アルト「こっちの地球にはこんな怪物までいるのかよ…!
    くそっ!気分は怪獣映画の主人公だ!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-07-06 15:11 | 第2次Z マップ | Comments(0)