第14話 信頼と覚悟と
クロウVS次元獣
クロウ「こいつら…いったい何のために、ここに来たんだ?
    近くで次元震が発生した形跡もない…。まるで待ち伏せしてやがったかのようだぜ」

甲児VS機械獣
甲児「熱海で倒した機械獣か!性懲りも無く、また出てきやがって!」
あしゅら「黙れ、兜甲児!このストロンガーT4はDr.ヘルの手によってさらなる強化を受けたのだ!
     もうこれで貴様達に遅れを取る事はない!覚悟するがいい!」
甲児「だったら、ご自慢の機械獣を返り討ちにして、世界征服なんてのは考えるだけ無駄だってのを教えてやる!」

カミナVS機械獣
あしゅら「ええい!貴様達さえ余計な事をしなければ、このような事にならなかったのに!」
カミナ「何が余計な事だ!俺達に喧嘩を売った以上、只で済むと思うなよ!
    やるぞ、シモン!あの男女に俺達とグレン団の力、見せ付けてやれ!」
シモン「でも、俺達…グレン団じゃなくてZEXISじゃ…」
カミナ「細けえ事は気にするな!悪党をぶっ倒す事には変わりはねえんだ!」
シモン「う、うん!」

カミナVS敵
カミナ「シモン!ゼロの野郎はやってくれやがったんだ!次は俺達の番だ!」
シモン「わかったよ、アニキ!」
カミナ「行くぜ!真っ赤に燃えるグレン団が黒の騎士団に負けてたまるかよ!」

ゼロVS機械獣
あしゅら「ええい!よくも我々を罠にはめてくれたな!」
ゼロ(本来はお前達のために用意したのではなかったのだがな
   だが、感謝するぞ。お前達のおかげで、俺はより強く自分の正当性を主張する事が出来るからな!)

ゼロVS敵
ゼロ(多少の計算違いはあったが、ここまでは俺の計算通りだ
   後は、こいつらを片付ければ、全ては収まる。そのためにも、この戦い…負けられん…!)

カレンVS敵
カレン「ゼロがいれば、あたし達は勝てる…!
    あたしもやるんだ…!ゼロと一緒に正義を成すんだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2011-07-06 15:15 | 第2次Z マップ | Comments(0)