魔装機神ROE・1
マサキ・アンドー
援護攻撃
テュッティ 「テュッティ、後は任せな!」
ヤンロン 「どうした、ヤンロン?俺がとどめ刺していいのか?」
ミオ 「よーし、ミオ!俺がカタを付けてやるぜ!」
リューネ 「リューネ、後は俺に任せな!」
セニア 「俺に任せときな、セニア!」
プレシア 「てめぇ、プレシアに何しやがる!」
ゲンナジー 「後は俺がやってやるぜ、ゲンナジー!」
ザッシュ 「討ち漏らしたな、ザッシュ。ま、後は俺がやってやるよ!」
ファング 「ファング、手伝うぜ!」
ロドニー 「よし、おっさん!後は俺がカタを付けてやるぜ!」
ジノ  「お前まで討ち漏らすのかよ。しょうがねぇな」
ツレイン 「後は任せな、ツレイン!俺がフォローしてやる!」
ガエン 「ちっ、お前を手伝うのはあんまり面白くねぇんだがな」
サフィーネ 「てめぇの手伝いなんざごめんだが、ま、今回は特別だ」
シュウ 「ちっ、シュウめ。てめぇの後始末くらい自分でやれっての!」
援護防御
テュッティ 「テュッティ、俺の後ろに下がれ!」
ヤンロン 「無理すんな、ヤンロン!」
ミオ 「ちっ、ザムジードのタフさを過信し過ぎだぞ、ミオ!」
リューネ 「させるかっ!リューネ、俺に任せろっ!」
セニア 「無理すんな、セニア!」
プレシア 「危ねぇっ!プレシア、下がれ!!」
ゲンナジー 「ゲンナジー、俺が受け持つ!」
ザッシュ 「何やってる、ザッシュ!ぼーっとしてんじゃねぇ!」
ファング 「ファング、俺の後ろに回れ!」
ロドニー 「おっさん!無理すんなって!」
ジノ 「ジノ!下がれ!」
ツレイン 「ツレイン、そいつはお前にゃ受けきれねぇ!任せろ!」
ガエン 「手間かけさせんな、ガエン!」
サフィーネ 「てめぇなんざ、勝手にくたばりゃいいんだけどな。ま、仕事だ」
シュウ 「ちっ、シュウ、てめぇを護るとはな。まったく世も末だぜ」
攻撃
エリック 「まったく、なんなんだ、こいつは?ちゃっちゃと片付けちまうか」(シナリオ【晩餐会】)
     「見た目はザコだが、どうやらパワーだけはあるみてぇだな。」 「一応、用心しとくか」(シナリオ【晩餐会】)
     「マジでイカれてやがんな、てめぇは!あんまり関わりたくねぇ相手だぜ」(シナリオ【晩餐会】)
     「またてめぇかよ、エリック!いい加減てめぇの面は飽きたぜ!」
     「ったく、何度やられても懲りねぇってのは、」 「バカのバカたる所以だな」
     「しつこいんだよ、てめぇは!何かっつーと突っかかってきやがって!」 
     「いい加減、バカのお守りをするのはうんざりだっての!」 「もう、出て来んな!」 
     「バカのクセに力だけはありやがる……まさにバカ力ってヤツか」 「とにかくさっさと片付けねぇとな」
リコ 「サンドリーブ姉妹ねぇ……」 「確かに、外見だけで舐めてかかるワケにゃいかねぇ相手だな」
   「単なる身体能力だけなら、確かに十台半ばってのは一つのピークだよな……」 「手強そうだぜ!」
   「リコ・サンドリーブ……」 「なるほど、エースと呼ばれるだけの事はありそうだ。こいつは要注意だな」
   「リコか……こんな戦いで命を落とすんじゃねぇぞ」(後半)
   「こんな形で、また戦うことになるとはな……」 「わかってるだろうが、無理すんじゃねぇぞ、リコ!」(後半)
   「ち……一度情がうつっちまうと戦いにくいぜ」 「こんなトコで死ぬんじゃんぇぞ、ニコ!」(後半)
ニコ  「サンドリーブ姉妹……ニコか。」 「この若さでエースだってんなら、よっぽどの才能だって事だな」
   「なるほど、こいつぁ子供だと思ってかからねぇ方がよさそうだ。」 「いくぜ、ニコ!」
   「その若さで、これだけの腕となると、よっぽど師匠がよかったんだな。」 「遠慮せずにいくぜ、ニコ!」
   「くっ……よりにもよってお前かよ、ニコ。やりにくいったらありゃしねぇぜ」(後半)
   「それぞれ立場があるってのはわかる……」 「けど、お前はここで死ぬべきじゃねぇ!生き延びろよ、ニコ!」(後半)
   「逃げられねぇ戦いってワケか……容赦はしねぇが、脱出だけはしろよ、ニコ」(後半)
ライコウ 「くそっ!どうにも気が乗らねぇぜ。こいつら相手に戦うってのはよ!」
     「あまり進んで戦いたくねぇが、そうも言ってられねぇな。」 「ちゃんと脱出しろよ、ライコウ!」 
     「こういう戦いってのは、俺の性に合わねぇ……」 「けど、手は抜けねぇんだ。悪いな、ライコウ」
ガエン 「ヴォルクルス教団の実行部隊……」 「要するに暗殺者だろうが!まともにやりぁ、こっちが有利だ!」
     「陰からこそこそ人の命を狙うような卑怯なヤツに、この俺が負けるかよっ!」
     「まともに立会いさえすりゃ、てめぇなんぞに負けるかっ!」
ウーフ 「ちっ、まったく、厄介な野郎だぜ!」 「構えに隙がねぇ。ただの暗殺者じゃねぇって事か」
     「腕は立つみてぇだが、てめぇなんぞにやられるわけにゃいかねぇんだよ!」 「ウーフ!」
     「先手を取ったぜ、ウーフ!今度こそ逃がさねぇから、覚悟しやがれ!」
     「ヴォルクルスなんざ、世界に害を及ぼすだけの邪神だろうが!」 「そんなヤツの手下が、偉そうにっ!」
     「ヴォルクルス教徒ってのは、いくら倒してもキリがねぇな……」 「いったいどれくらいいやがるんだ!」
マドック 「本気でいくぜ、マドックの爺さん!」
     「マドック爺さん……手は抜かねぇからな!」
     「年寄りの冷や水ってトコだな、マドック爺さん!」
ティアン 「ティアン……あんたとマジにやり合う事になるたぁな」
      「相変わらず元気そう……ってのも変だな」
      「遠慮はしねぇぜ、ティアン!」
フェイル 「殿下……いくぜっ!」
      「フェイル殿下……全力でいくぜ!」
      「殿下……俺は……」
ゼオルート 「おっさん……成長した俺の姿、見せてやるぜ!」
       「おっさんとは練習でよくやり合ったよな……」
       「おっさん……全力でいくぜ!」
レッフェン 「少しはもののわかる人だと思ってたが、結構頭が固ぇんだな、」 「ダスドレーシュ将軍!」
      「将軍クラスともなりゃ、戦術にも色々裁量ができるだろうに……」 「失望したぜ、ダスドレーシュ将軍!」
      「軍人としちゃ立派かも知れねぇが、」 「命令を逃げ道に使うようじゃ、たかがしれてるってもんだぜ!」
ザンボス 「ナセル・ザンボス……だったな。なるほど、一応は歴戦の戦士ってトコか」
      「まったく、そのしつこさだけは尊敬するぜ、ザンボス!」 「結果は変わんねぇがな!」
      「人命最優先の脱出装置ってのは確かにいいと思うが……」 「こうも同じヤツと戦うとなるとなぁ」
      「軍人としちゃあ、あんたは優秀だよ、ザンボス。」 「だからこそ、今の内に引っ込んでた方がいいぜ」
      「実力行使が割に合わねぇって事、教えてやるぜ、ザンボス!」
リシェル 「どうもな……こういうヤツって戦ってて気持ち悪いんだよなぁ……」
      「シュテドニアスってのは、他に人がいねぇのか?」  「何でこいつが毎度毎度出てくんだよ」
      「どういうポリシーだか知らねぇし、干渉する気もねぇが……」 「相手にはしたくねぇな」
デミン 「ジェン・デミン……中国人か」 「ヤンロンとはまったく違ったタイプの野郎だな」
    「いちいち言葉遣いが嫌らしいんだよ、てめぇは!覚悟しな、デミン!」
    「デミン、てめぇ……戦いを娯楽だと思ってやがるな!?」 「舐めすぎなんだよ、てめぇは!」
ムデカ 「マーガレットといい、てめぇといい、個人的感情だけで動きやがって!」
     「てめぇの頭の中には復讐しかねぇのかよ!?ムデカ!」
     「義理堅いのも、ここまでくると迷惑だぜ!」
マーガレット 「ラセツと何があったのかは知らねぇが……邪魔するんなら倒すぜっ!」
        「マーガレット……憎しみだけで戦い続けるつもりか!」
        「いい加減にしやがれってんだよ!マーガレット!」
オンガレッド 「てめぇみてぇに口の上手いヤツは信用できねぇんだよ!」
        「テロリストが偉そうな口利くんじゃねぇ!オンガレッド!!」
        「無関係な人間を巻き込んで、能書き垂れんじゃねぇ!」
アクレイド 「アクレイド……だったよな。」 「このおっさん、操者としちゃ、大した能力はなさそうだが……」
       「厄介な指揮をしてるじゃねぇか、アクレイド!」 「なら、先にてめぇを潰してやるぜ!」
       「なるほどな、敵がやたらしつけぇのはてめぇの仕業だったんだな、」 「アクレイド!」
ヴォルクルス 「毎度毎度の事ながら……」 「いい加減見飽きたぜ、その不気味な面はよ!」
        「何が神だ!てめぇなんざ、ただの怨念の塊だろうが!」
        「いい加減しつこいんだよ、てめぇは!今度こそ、息の根を止めてやるぜっ!」
ラスフィトート 「なるほどな……確かにこいつはヴォルクルスとは違うぜ」
         「調和神だと?何が調和だっ!」 
         「もう……てめぇには惑わされねぇ!」
テューディ 「未練ばかり残しやがって……成仏しろってんだよ、テューディ!」
       「テューディ……哀れだぜ。この俺が、因果の鎖を断ち切ってやる!」
       「今度こそ……終わりにしようぜ、テューディ……」
エルシーネ 「エルシーネ……よくもよくも、たばかってくれたな!」
       「てめぇは……てめぇだけは、絶対に赦さねぇっ!」
       「エルシーネ……てめぇは一体……」 「いや、考えるのは後だ!今はてめぇを倒すだけっ!」
エラン 「どっちが本物か……はっきりさせてやろうじゃねぇか!」
    「人を偽者呼ばわりしやがって!」
    「上から目線で能書きたれやがって!覚悟しやがれっ!」
サフィーネ 「またてめぇか、サフィーネ。やりにくいんだよ、お前は」
       「今度は敵ってワケか。だからって手は抜かねぇぜ!」
       「さーて、覚悟を決めろよな、サフィーネ!」
モニカ 「金魚のフンその2か。」 「セニアのヤツも困った妹を持ったもんだぜ!」
    「王族の義務を放棄して、愛に生きるってか?」 「ラブロマンス映画じゃねぇっての!」
    「元皇女だろうと何だろうと、敵になるっつーんなら容赦はしねぇ!」
テリウス 「相変わらず何考えてんのかわかんねぇな、テリウス」
      「ただの坊ちゃんだと思ってたが、案外できるようになってきてるな、」 「テリウス!」
      「なるほどな。結構場数を踏んできたってトコか?油断はしねぇぜ、テリウス!」
シュウ 「シュウ!てめぇはいつもいつも、邪魔ばっかりしやがって!」
     「いい加減、そろそろケリをつけようぜ、シュウ!!」
     「俺の前に立ち塞がるんなら、容赦はしねぇぞ、シュウ!」
アドバーザリー隊 「正直気が進まねぇが……やるしかねぇんだよな」
         「しょうがねぇな……手加減はしねぇぜ!」
         「やるからには全力でいくぜっ!」
         「まさかこんな事になるとはな……けど、遠慮はしねぇ!」
         「ちっ……どうもやりにくい相手だぜ」
         「ま、これも戦いだからな。手加減はしねぇぜ」
         「しょうがねぇな……邪魔するんならぶっ倒す!」
         「やると決まった以上、遠慮はしねぇ!」
         「こうなったら、本気でいくぜ!」
         「戦いの中じゃ手を抜いたら死ぬ。覚悟を決めろよ!」
一般兵  「てめぇらが、この俺に勝てると思うなよ!」
      「見せてやるぜ!魔装機神の力ってのをな!」
      「俺の相手をするには10年早いんだよ!」
      「ケガしたくなかったらどいてろ!」
      「ザコが……邪魔すんじゃねぇ!」
      「一撃で片をつけてやるぜ!」
      「逃げるんなら今の内だぜ!」
      「さあて、覚悟しろよ!目にもの見せてやるぜ」
      「逃げ場はねぇぜ。観念するんだな」
      「そんじゃ、いっちょ揉んでやるぜ!」
      「てめぇなんぞに、かまってる暇はねぇんだよ!」
      「すぐに終わらせてやるぜ」
      「さっさと片付けちまうか」
      シロ「こんなザコ、一ひねりだニャ」 「任せとけ!」
      クロ「いけるわ、マサキ!」 シロ「カッコよく決めちまいニャ!」 「わかってらぁ!」
ボス系 「ちっ、構えに隙がねぇな、やりやがる」
    「このプラーナ……ただもんじゃねぇな」
    「なるほど、こいつは手強そうだぜ」
    「ふん、相手にとって不足なし、か」
    「少しは手応えがありそうじゃねぇか」
    「ほう、いい構えしてんじゃねぇか。相手にとって不足はねぇぜ」
    「ちったぁ歯ごたえがありそうだな」
    「面白ぇ……ちったぁやりそうだな」
    クロ「マサキ、油断しちゃダメよ」 「ああ、わかってる」
被ダメージ
フェイル 「どうした、殿下?パワーが上がってないぜ!」 「以前の俺と同じだと思うなよ!」
     「くっ、容赦なしかよ、殿下。けど、そうでなくちゃ修行にならねぇか!」
     「くっ、すげぇパワーだ……さすがは殿下……」
ゼオルート 「おっと、おっさんにしてはぬるい攻撃だな」
       「いい攻撃だぜ。……思い出すよな、昔結構やり合った事」
       「ぐあっ!手加減なしかよ、おっさん!」
ムデカ 「ちっ、当たっちまったか。しつこい野郎だぜ、ムデカ」
     「ちっ、まともに当たったか。調子に乗るなよ、ムデカ!」
     「くっ……執念だけでここまでやりやがるのか、ムデカ」
マーガレット 「そんなもんか。出直すんだな、マーガレット!」
        「つっ、その執着心だけは褒めてやるよ、マーガレット!」
        「くそっ、しつっけぇな、マーガレット……このままじゃまずいぜ……」
エラン 「ふん、偉そうに言っといてその程度か。笑わせやがるぜ、エラン!」
    「くっ、なるほどな……言うだけの事はあるぜ、エラン」
    「うおっ!」 「何てパワーしてやがんだ、ゼルヴォイドってのは!」
テューディ 「以前の俺と同じだと思うなよ。」 「この程度のダメージ、何ともねぇんだよ、テューディ!」
       「く、油断しちまったか……さすがにやるな、テューディ!」
       「づうぅっ!」 「テューディの心の闇は、ここまででけぇのか……」
サフィーネ 「この程度の力しかねぇんなら、すっこんでろ、サフィーネ!」
       「ったく、お前とやり合う気はないって言ってんだろうが、サフィーネ!」
       「くそっ!サフィーネ相手にここまでやられちまうのかよ!」
シュウ 「甘く見てたな、シュウ。サイバスターの力をよ!」
     「やるじゃねぇか、シュウ。まあ、そうでなくちゃ面白くねぇんだがな」
     「ぐうっ!」 「相変わらずえぐい攻撃してきやがるな、シュウ」
リコ ニコ 「ちっ、マジで狙ってきてるな……!」
      「このっ!ちょいと本気で行かねぇとマズいな……!」
      「ちいいっ!こいつはマジでやってるな……!」 「何とかしねぇと!」
回避
フェイル 「俺も成長してるからな、殿下。そう簡単には当たらねぇぜ!」
ゼオルート 「へへっ、おっさんの太刀筋は何度も見てきたからな」
ムデカ 「甘いぜ、ムデカ!」
マーガレット 「復讐だけに囚われてりゃ、見えるもんも見えねぇんだよ、」 「マーガレット!」
エラン 「へっ、口先だけだな、偉そうなのは!」
テューディ 「またそれか……わかってんだよ、テューディ!てめぇの攻撃パターンは!」
サフィーネ 「てめぇと遊んでる暇はねぇんだよ、サフィーネ!」
シュウ 「どうした!?腕が落ちたんじゃねぇか、シュウ!」
[PR]
by 7071sprw | 2012-04-30 13:09 | 魔装機神ROE | Comments(0)