第58話A 閃光!!進化の果て!
クロウVSインベーダー(C&S)
クロウ「バアル…人類の天敵…。こんな奴等が宇宙にうじゃうじゃいると思うと気が滅入ってくるぜ」
インベーダー(コーウェン)「鍵を持つ者よ! お前の力を我等の進化に捧げよ!」
インベーダー(スティンガー)「そうすれば、お前を同胞として認めてやる!」
クロウ「お断りだ。エゴむき出しの化け物と仲良くやっていけるほど、俺は寛大な男じゃねえんだ
    お前等が地球に手を出したのが運の尽きだ!インサラウムを叩く前にお前達を潰す!」

カミーユVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「いかんな、これは…!」
インベーダー(スティンガー)「この者も進化の萌芽を、その身に宿すか!」
カミーユ「お前達に人類の…俺の生き方を決める権利はない!
     そこをどけ、インベーダー!人類の未来をお前達に渡すものか!!」

アムロVSインベーダー(C&S)
アムロ「進化…。新たな時代を迎えてようとしている今、その可能性の芽を摘ませるわけにはいかない!」
インベーダー(コーウェン)「この男…人類の進化の先頭を走るか」
インベーダー(スティンガー)「ならば、ここで葬るまで!」
アムロ「俺はここで終わるわけにはいかない!まだ見ぬ人類の未来のためにも!」

ヒイロVSインベーダー(C&S)
ヒイロ「………」
インベーダー(コーウェン)「どうした、人間よ!」
インベーダー(スティンガー)「恐怖で声も出ないか!」
ヒイロ「お前達の語る言葉に興味はない
    ターゲット確認…。攻撃目標、インベーダー!」

ガロードVSインベーダー(C&S)
ガロード「化け物の親玉め! いつまでデカい面してんじゃねえぞ!」
インベーダー(コーウェン)「空元気とは健気なものだ」
インベーダー(スティンガー)「だが、容赦はしない。進化を受け入れぬお前達が悪いのだ」
ガロード「訳のわからない事をくっちゃべってるな!お前達の薄気味悪い顔をティファにこれ以上、見せてたまるものか!」

ロランVSインベーダー(C&S)
ロラン「自分達以外の存在を滅ぼそうとするのなら僕はあなた達と戦います!」
インベーダー(コーウェン)「全ては我々の進化を拒む者の罪!」
インベーダー(スティンガー)「そのような者に生きる資格はない!」
ロラン「誰かが誰かの生命を決める事は許されません!あなた達は僕の…全ての生命の敵です!」

シンVSインベーダー(C&S)
シン「お前達は宇宙に戦いを起こす者だ!」
インベーダー(コーウェン)「我々こそが宇宙最強の生物なのだ」
インベーダー(スティンガー)「故にそれに従わない者を滅ぼす権利がある!」
シン「だったら、ここで俺達に滅ぼされても文句を言うなよ!俺がお前達の相手になってやる!」

キラVSインベーダー(C&S)
キラ「ここで僕達が負けたら、地球はインベーダーのものとなってしまう!」
インベーダー(コーウェン)「そうではない。宇宙全ての星が我々のものなのだ!」
インベーダー(スティンガー)「地球もその一つに過ぎないのだよ!」
キラ「だけど、あの星で人は生きている!その人達を守るために僕は戦う!」

刹那VSインベーダー(C&S)
刹那「異種…。外宇宙には、このような生物もいるのか…」
インベーダー(コーウェン)「銀河の片隅でひっそりと生きているお前達ではわかるまい!」
インベーダー(スティンガー)「宇宙は弱肉強食!そして、その頂点に立つのが我等なのだ!」
刹那「それはお前達が他者を理解しようとしないからだ
   俺は信じたい…!違う種の生命体とも、わかり合う事が出来る事を!」

甲児VSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「光の神の力!その存在は許されない!」
インベーダー(スティンガー)「それを使う者は我等が抹殺する!」
甲児「ゼウス…。遥か過去、あんたも光子力でこいつ等と戦っていたんだな…
   その力と意志は俺が受け継いだ! 宇宙の破壊魔と俺は戦う!
   このマジンガーZと共に!世界を守るために!!」

竜馬VSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「そんなちっぽけなゲッター線で…!」
インベーダー(スティンガー)「我等を倒せると思うなよ!」
隼人「真ゲッターのゲッター線量ではこいつ等を飽和状態に持ち込むのは難しいか!」
弁慶「どうする、竜馬!」
竜馬「俺達の武器はゲッター線だけじゃねえ!
   ゲッター線が足りなきゃ、ぶん殴って、切り裂いて、ぶち抜くだけだ!この化け物は必ず叩き潰す!!」

號VSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「真ドラゴンよ!」
インベーダー(スティンガー)「もう貴様は用済みだ!我等が消滅させてやろう!」
凱「そうはいくかよ!真ドラゴンは號と共に生まれ変わったんだ!」
渓「その名も真ゲッタードラゴン!あたし達の希望だよ!」
號「俺達は戦う…!三人の…いや全ての人類の力を合わせて!
  行くぞ、ゲッタァァァァァッ!!」

正太郎VSインベーダー(C&S)
正太郎「やれ、鉄人!あの化け物から地球を守るんだ!」
インベーダー(コーウェン)「我等の進化を受け入れぬ者め!」
インベーダー(スティンガー)「歯向かうなら鉄クズにしてくれる!」
正太郎「自分達以外の存在を認めない破壊魔め!そんな奴等に鉄人が負けるもんかっ!!」

タケルVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「お前の超能力も我等の果てしない進化の前には無力に等しい!」
インベーダー(スティンガー)「泣き叫んで許しを請うても、もう遅いぞ!」
タケル「愛や勇気を理解できないお前達に地球を…この宇宙を渡しはしない!
    見せてやるぞ!お前達が捨ててきた人間の心の強さを!!」

キリコVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「因果律を越えて存在する異能生存体!」
インベーダー(スティンガー)「その力を我等の進化に加えてくれる!」
キリコ「お断りだ。俺はそんなものには興味はない」

ゲイナーVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「哀れを通り越して笑わせてくれる!」
インベーダー(スティンガー)「そんな小さな機体で我等に挑むとは!」
ゲイナー「戦いは大きさじゃない!生命の価値もだ!
     思い上がったお前達に僕がそれを教えてやる!やるぞ、キング…ゲイナァァァッ!!」

ジロンVSインベーダー(C&S)
ジロン「近くで見ると改めて大きさにびっくりだ!」
インベーダー(コーウェン)「これこそが究極の進化!」
インベーダー(スティンガー)「ゲッター線が導く至高の存在!」
ジロン「進化ってのは、よくわからないがお前達みたいになるのは真っ平御免だ!
    行くぞ、インベーダー!お前達が馬鹿にする人間の力を見せてやる!」

勝平VSインベーダー(C&S)
勝平「行くぞ、化け物の親玉!お前達のわけのわからない話を聞くのはもうたくさんだ!」
インベーダー(コーウェン)「進化の真実を理解できないものに…」
インベーダー(スティンガー)「この宇宙に生きる資格はない!」
勝平「うるせえ!俺の生命をお前達に勝手に決められてたまるか!」

万丈VSインベーダー(C&S)
万丈「暗黒の宇宙からやってくる破壊魔よ!ここから先は通さない!」
インベーダー(コーウェン)「人間ごときが我等を止められると思うな!」
インベーダー(スティンガー)「思うな!」
万丈「その人間には無限の可能性が秘められている!その芽を摘もうとする者は僕とダイターン3が相手になろう!」

忍VSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「獣の野性を宿す者達よ!」
インベーダー(スティンガー)「より強き者に屈するがいい!」
忍「化け物のくせに大した自信だぜ!お前等の大好きな進化なら、俺達だってしてきてるんだ!
  お前等に見せてやるぜ!獣を超え、人を超えた神の戦士の力ってやつを!」

葵VSインベーダー(C&S)
葵「さすがはグロの王様…。とてつもない化け物ね」
インベーダー(コーウェン)「人間よ、我等の進化を理解したか」
インベーダー(スティンガー)「ならば、その身をゲッター線に委ねるがいい」
葵「冗談!あんた達と一つになるなんて、あたしの美意識が許さないのよね!
  そういうわけなんで、さっさと化け物は退治させてもらうよ!」

ワッ太VSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「小僧め、我等の進化を拒むか!」
インベーダー(スティンガー)「愚かだね、本当に!進化の意味を理解できないとは!」
ワッ太「俺はあんまり勉強は出来ないけど、お前達みたいに誰かに迷惑をかける事がよくない事だってのはわかってる!」
ワッ太「行くぞ、宇宙の鼻つまみ!お前達に地球を好きにさせるものか!」

赤木VSインベーダー(C&S)
赤木「やるぞ!こんな奴等を地球に入れるわけにはいかないんだ!
インベーダー(コーウェン)「自らの無力さに気付かぬ愚か者め!」
インベーダー(スティンガー)「宇宙の塵に変えてやろう!」
赤木「まだ俺達にはやる事があるんだ!こんな所でお前達の相手をしている暇はない!
   進化が何だ!平社員だって進化すれば社長になるんだ!」

マリンVSインベーダー(C&S)
マリン「こいつ等をここで放置しておいたら、地球だけでなく他の星にまで被害が及ぶ!」
インベーダー(コーウェン)「その通り!我等はこの宇宙最強の生物だ!」
インベーダー(スティンガー)「我々は果てしない宇宙を旅する!その全てを手にするために!」
マリン「そうはさせない!美しき銀河の星々は、そこに住む人々のものだ!!」

闘志也VSインベーダー(C&S)
闘志也「化け物だ、化け物だと思っていたが、ここまで想像を絶する連中とはな!」
インベーダー(コーウェン)「恐れおののけ、人間よ!」
インベーダー(スティンガー)「我等こそ、この宇宙の覇者だ!」
闘志也「どうやらオツムの方は進化から取り残されてるようだな!
    この俺達がいる限り、お前達はここで終わりなんだよ!!」

ロジャーVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「黒いメガデウスよ!」
インベーダー(スティンガー)「お前の存在は許されない!」
ドロシー「ビッグオーの事を知っている?」
ロジャー「無駄な知識を抱えて肥大化した連中だ。驚くべき事ではない
     だが、このような言葉の通じない相手と話す舌は持ち合わせていない!よって、ここは力による解決を選択しよう!」

斗牙VSインベーダー(C&S)
エイジ「この化け物…!下手すりゃ星よりもデカいんじゃないか!」
インベーダー(コーウェン)「我等の進化は果てしない!」
インベーダー(スティンガー)「より大きく、より早く、より強く! それが我々の進化だ!」
エイジ「だったら、とっとと倒すに限るぜ!」
斗牙「行くぞ、みんな!僕達は紅の牙となり、悪しき破壊魔を討つ!」

アポロVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「機械天使よ! お前の力も我等の前では無力に等しい!」
インベーダー(スティンガー)「怯えよ!泣き叫べ!既に宇宙は我々のものとなったのだ!」
アポロ「愚かな…
    ここに俺達がいるのに勝手に勝った気になってんじゃねえ!
    いつまでも偉そうな面をしてんじゃねえよ!とっととそこをどきやがれ!!」

アルトVSインベーダー(C&S)
アルト「バジュラとだって心を通わせる事が出来た!それなのにお前達は…!」
インベーダー(コーウェン)「そんなものは幻想だ!宇宙の理は戦いなのだ!」
インベーダー(スティンガー)「我等はその頂点に立つ存在! 銀河を渡る者も、いずれ我等が駆逐する!」
アルト「そうはさせるか!自分達以外の存在を認めないお前達はここで俺達が倒す!」

バサラVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「時空すら歪める生命の力の持ち主よ!」
インベーダー(スティンガー)「我等の進化を受け入れるがいい!」
バサラ「下らねえぜ!俺は俺の生きたいように生きる!
    行くぜ、お前等!この銀河全てが俺のステージだ!!」

桂VSインベーダー(C&S)
桂「進化ってのは、どうにもつまらないものらしい」
インベーダー(コーウェン)「お前は何を言っている?」
インベーダー(スティンガー)「この強大な力を目にしても、その価値がわからないのか?」
桂「男も女もないような生物になっちまう事のどこが素晴らしい事だよ!
  その姿を見る限り、俺はあんた等の示す進化ってのはノーサンキューだな!」

レントンVSインベーダー(C&S)
エウレカ「イマージュ達も言っている! あれは危険だって!」
インベーダー(コーウェン)「次元の狭間に巣食う者め!」
インベーダー(スティンガー)「何故、我々に干渉する!」
レントン「決まっている!お前達が欲望のままに他の生物を滅ぼす存在だからだ!
     俺もお前達と戦う!エウレカと地球の人達を守るために!」

シモンVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「螺旋の男よ!お前の進む先に待つのは果てなき戦いだ!」
インベーダー(スティンガー)「我等がお前を楽にしてやろう!アンチスパイラルに代わって!」
シモン「大きなお世話だ!俺の進む先を決めるのは俺自身だ!
    その前に立ちふさがる壁がどれだけ高く、どれだけ大きくても俺のドリルはそれを突き抜ける!
    それが俺の生き方だぁぁぁっ!!」

ゼロVSインベーダー(C&S)
インベーダー(コーウェン)「お前も進化の意味が理解できないか?」
インベーダー(スティンガー)「ならば、死ぬがいい!地球全ての住民と共に!」
ゼロ「多くの人間達が生命を懸けて守り、そして、その未来に希望を込めた我々の世界!それをお前達に渡しはしない!
   お前達の示す進化など、我々の世界の未来には不要なのだ!」

ゼロVS敵
ゼロ(ナナリー…。もう二度と会えないのだとしても、俺はお前とお前の愛する世界を守るために戦う!
   俺はゼロ…!世界を支配しようとする悪と戦い続ける!)

スザクVS敵
スザク(多くのものを失った僕にも残されたものがある。それを守るために僕は戦う…!
    憎しみも悲しみも超えて、ルルーシュと仲間と共に!)

ユーサーVS敵
ユーサー(クロウ・ブルースト…。そして、マルグリット、エスター…
     このような所で死す事は許さぬ…!我等の決着をつけるのは、あの赤き星だ!)
(戦闘後)
クロウ「…!」
ユーサー「わかるか、揺れる天秤。偽りの黒羊の力を得た余のスフィアの力はそなたを遥かに凌駕する
     この力の前に敵はない…!火星の大地に下りる前にそなた等は自らの敗北を知るがいい!」
クロウ「気が早いぜ、皇子サマ。俺はこう見えても堅実に目の前の事から片付けていくタイプなんでな
    精々頑張りな。お互いにインベーダーのエサにならないように祈るぜ」

ユーサーが撃墜
ユーサー「この程度では聖王機は落ちん!」
セツコ「!」
ランド「野郎…!」
ユーサー「悲しみの乙女、傷だらけの獅子…。そなた達にもわかるだろう、余のスフィアの高まりが
     尽きぬ水瓶…ジ・インサリアス・アークライナス…。この力ある限り、余は無敵だ…!」
[PR]
by 7071sprw | 2012-07-31 22:52 | 第2次Z2 マップ | Comments(0)