第52話B 決死のエンドゲーム
(前半)
スザクVSジノ
ジノ「スザク!お前はラウンズの責務を忘れたのか!」
スザク「今の僕はナイトオブゼロ!自分自身の心のために戦う戦士だ!」
ジノ「そんな言い訳が…!」
スザク「言い訳をしているいのは君だ、ジノ!心に嘘をついて戦っている君は僕の敵ではない!」

スザクVSアーニャ
アーニャ「スザク…」
スザク「アーニャ…!どうしても戦うというのなら…!」
アーニャ「私には何もない…。だから…戦うしかない…」

スザクVSビスマルク
スザク「バルトシュタイン卿か」
ビスマルク「枢木スザク!貴様の目的はナイトオブワンになる事と聞いた!
      しかし、私こそが唯一のナイトオブワン…!貴様ごときに譲る道理はない!」
スザク「今の僕はナイトオブゼロ!ナイトオブワンすら超えてみせる!」
ビスマルク「プライドなき名前など!」

カレンVSジノ
カレン「退きなよ、ジノ!あんたはこんな戦いをするような男じゃないはずだ!」
ジノ「そうだとしても…!私はラウンズだ!」
カレン「だったら、あんたを縛ってるラウンズを…ブリタニアの全てを破壊してやるよ!」

(後半)
クロウVSマリリン
クロウ「どこまでも節操ねえな、お前もファイヤバグも…!」
マリリン「だって、殿下が連邦と協力するって決めたんだもん
     でも、おかげでこうしてフラフラちゃんと戦う事が出来たから、大満足ダヨ!」
クロウ「俺もお前を叩き潰せるんなら、ラッキーだと思う事にするぜ!」
マリリン「そういうポジティブな所、ダ~イスキ♥」

クワトロVSシュナイゼル
クワトロ「シュナイゼル・エル・ブリタニア…。自ら前線へと出てきたか」
シュナイゼル「クワトロ・バジーナ特佐…。いや、敢えてシャア・アズナブルと呼ばせてもらおう
       失礼ではあったが、トレーズ閣下から、あなたの経歴についても聞かせてもらったよ」
クワトロ「……」
シュナイゼル「偉大な父を越えられず、私情に囚われ、目先の雑事をこなすだけのあなたでは私は倒せない」
クワトロ「その小さき事を忘れた人間が世界を動かす危険さを私は知っている
     そんな男の創る世界を私は否定する…!」

アムロVSシュナイゼル
アムロ「シュナイゼル・エル・ブリタニア!お前のやろうとしている事は人間を飼い慣らす事だ!」
シュナイゼル「そうする事が世界の平穏にとって最適な道であるからだよ」
アムロ「そんなものは言い訳だ!人の可能性を信じず、安易な道を行く者にこの世界を好きにさせるわけにはいかない!」

ヒイロVSシュナイゼル
ヒイロ「シュナイゼル・エル・ブリタニア…。お前ではゼロには勝てない」
シュナイゼル「根拠のない妄言に付き合っている暇はない。君の言葉はまもなく否定される」
ヒイロ「その未来をお前には見せない
    平和の意味を履き違える男は俺にとっても敵だ」

シンVSシュナイゼル
シン「あんたは!こんな要塞で世界を支配する気か!」
シュナイゼル「世界に平穏をもたらすためにはやむを得ないのだよ 」
シン「どんな言い訳をしようと、あんたのやろうとしている事は力による支配だ!
   それを平気で正当化するような人間を俺は信じる事は出来ない!」

キラVSシュナイゼル
キラ「あなたのやろうとしている事は恐怖で人を支配しようとする事です…!」
シュナイゼル「否定はしないよ。だが、その力は民衆が平和を否定した時にのみ振りかざされるものだ
       私の行使する力は、言わば罰なのだよ」
キラ「誰かが誰かに罰を与える…。そんな構造を許せば、世界はいつまで経っても変わらない…!
   このままでは何度も悲劇を繰り返す事が何故あなたは理解できないんです!?」
シュナイゼル「全ての人間を救う事は出来ない。だから、私はその犠牲を最小限に止めるやり方を選択するのだよ」
キラ「最初から誰かが傷つく事を良しとするあなたを僕は認めません…!だから、あなたは僕達が止めます!」

刹那VSシュナイゼル
シュナイゼル「ソレスタルビーイング…。君達の存在を世界は歓迎しない」
刹那「俺達の行為は世界の歪みを生み出した。その責は取らなければならない」
シュナイゼル「高潔な事だ。自分が天の使いにでもなったつもりかな?」
刹那「俺に…ソレスタルビーイングに正義はない。だが、それでもやらなければならない事がある
   シュナイゼル・エル・ブリタニア…!お前が創ろうとしている歪んだ世界は俺が破壊する!」

ロジャーVSシュナイゼル
ロジャー「あのイカルガでの会談の時から私は今日という日が来るのをどこかで感じていた
     シュナイゼル・エル・ブリタニア。あなたはまるで天使のように優しく、悪魔のように恐ろしい」
シュナイゼル「私を悪魔のように思えるのは君が私の敵だからだよ
       多くの民衆にとって私は優しき統治者でしかない」
ロジャー「残念だよ、シュナイゼル殿下。出来れば多くの人間の前であなたの仮面を弁舌で砕きたかった
     だが、あなたが最も短絡的な手段を取る以上、私もそれに合わせよう!」

ゼロVSシュナイゼル
シュナイゼル「ついに雌雄を決する日が来たね、ルルーシュ」
ゼロ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアは死んだ!ここにいるのは世界を独善から救う男、ゼロだ!」
シュナイゼル「君の存在自体が独善だよ。その矛盾を抱えながら、この私に向かってくるとはね」
ゼロ「今の俺は一人じゃない…!黒の騎士団とZEXISという仲間が…平和を願う人達がいる!
   その願いのために俺は戦う!シュナイゼル・エル・ブリタニア!それが理解できないお前では俺には勝てない!」

スザクVSシュナイゼル
シュナイゼル「残念だよ、枢木卿。君こそがゼロ打倒の力になってくれると思っていたのだがね」
スザク「シュナイゼル殿下…!自分の敵は誰かの幸せや平和を奪う者です!」
シュナイゼル「私も敵と見なすか…。必要悪という言葉を実践していた君の行動とは思えないね」
スザク「俺は…あなたも過去の自分も否定する!形を変えようと悪は悪だ!
    だから、戦う!自分の心に正直に向き合って!」

カレンVSシュナイゼル
カレン「シュナイゼル!あんたはそうやって結局は力で他人を支配するのか!」
シュナイゼル「そうせざるを得ない状況に世界は追い込まれている
       私が起たなければ、世界はルルーシュによってもっと悲惨な状況になっていただろう」
カレン「あんたもルルーシュと同じだよ!人はチェスの駒じゃないんだ!
    それがわかってない奴に世界を統べる資格があるものか!」

ジェレミアVSシュナイゼル
シュナイゼル「ジェレミア卿…。あれほど忠義に厚いはずだった君が私に剣を向けるとはね」
ジェレミア「今の私の君はゼロ様だけです
      その目指すもののためなら、私はあらゆるものと戦いましょう!」
[PR]
by 7071sprw | 2012-07-31 23:52 | 第2次Z2 マップ | Comments(0)