第51話A シュナイゼルの仮面
クワトロVSシュナイゼル
クワトロ「シュナイゼル・エル・ブリタニア…。やはり、トレーズとは道を違えたか 」
シュナイゼル「クワトロ・バジーナ特佐…。いや、敢えてシャア・アズナブルと呼ばせてもらおう
       失礼ではあったが、トレーズ閣下から、あなたの経歴についても聞かせてもらったよ」
クワトロ「……」
シュナイゼル「偉大な父を越えられず、私情に囚われ、目先の雑事をこなすだけのあなたでは私は倒せない」
クワトロ「その小さき事を忘れた人間が世界を動かす危険さを私は知っている
     そんな男の創る世界を私は否定する…!」

アムロVSシュナイゼル
アムロ「シュナイゼル・エル・ブリタニア!お前のやろうとしている事は人間を飼い慣らす事だ!」
シュナイゼル「そうする事が世界の平穏にとって最適な道であるからだよ」
アムロ「そんなものは言い訳だ!人の可能性を信じず、安易な道を行く者にこの世界を好きにさせるわけにはいかない!」

ヒイロVSシュナイゼル
ヒイロ「シュナイゼル・エル・ブリタニア…。お前ではゼロには…ルルーシュには勝てない」
シュナイゼル「根拠のない妄言に付き合っている暇はない。君の言葉はまもなく否定される」
ヒイロ「その未来をお前には見せない
    平和の意味を履き違える男は俺にとっても敵だ」

ヒイロVSルルーシュ
ヒイロ「ゼロ…」
ルルーシュ(フ…やはり、こうなる運命だったか…
      だが、ヒイロ…。俺はお前に討たれるわけにはいかない!)

シンVSシュナイゼル
シン「あんたは!ゼロを…ルルーシュを討つためにどれだけの人達を犠牲にするつもりだ!」
シュナイゼル「ペンドラゴンの住民達は既に彼のギアスによって精神を支配されている。やむを得ない措置だったのだよ」
シン「だったら、ルルーシュを狙え!どんな言い訳をしようと、あんたのやったことは虐殺だ!
   それを平気で正当化するような人間を俺は信じる事は出来ない!」

キラVSシュナイゼル
キラ「あなたのやろうとしている事は恐怖で人を支配しようする事です…!」
シュナイゼル「否定はしないよ。だが、その力は民衆が平和を否定した時にのみ振りかざされるものだ
       私の行使する力は、言わば罰なのだよ」
キラ「誰かが誰かに罰を与える…。そんな構造を許せば、世界はいつまで経っても変わらない…!
   このままでは何度も悲劇を繰り返す事が何故あなたは理解できないんです!?」
シュナイゼル「全ての人間を救う事は出来ない。だから、私はその犠牲を最小限に止めるやり方を選択するのだよ」
キラ「最初から誰かが傷つく事を良しとするあなたを僕は認めません…!だから、あなたは僕達が止めます!」

刹那VSシュナイゼル
シュナイゼル「ソレスタルビーイング…。この期に及んで介入行動を取るとはね」
刹那「俺達の行為は世界の歪みを生み出した。その責は取らなければならない」
シュナイゼル「高潔な事だ。自分が天の使いにでもなったつもりかな?」
刹那「俺に…ソレスタルビーイングに正義はない。だが、それでもやらなければならない事がある
   シュナイゼル・エル・ブリタニア…!お前が創ろうとしている歪んだ世界は俺が破壊する!」

スメラギVSルルーシュ
スメラギ(恐れていた、この日が来てしまった…)
ルルーシュ(ミス・スメラギ…)
スメラギ(勝てるの、あのゼロに…)
ルルーシュ(相手が彼女でも負けるわけにはいかない。俺は…!)

キリコVSルルーシュ
キリコ「……」
ルルーシュ(来るがいい、キリコ。神の座を蹴ったお前と神の座を求める俺との戦いだ)

ロジャーVSシュナイゼル
ロジャー「あのイカルガでの会談の時から私は今日という日が来るのをどこかで感じていた
     シュナイゼル・エル・ブリタニア。あなたはまるで天使のように優しく、悪魔のように恐ろしい」
シュナイゼル「私を悪魔のように思えるのは君が私の敵だからだよ
       多くの民衆にとって私は優しき統治者でしかない」
ロジャー「残念だよ、シュナイゼル殿下。出来れば多くの人間の前であなたの仮面を弁舌で砕きたかった
     だが、あなたが最も短絡的な手段を取る以上、私もそれに合わせよう!」

ロジャーVSルルーシュ
ロジャー「残念だよ、ゼロ。君と戦うのならば、このような無粋なやり方を取りたくなかった」
ドロシー「ロジャー…」
ロジャー「今は何も言うまい…。これが彼の選んだ道ならば、それに付き合おう!」

カレンVSシュナイゼル
カレン「シュナイゼル!あんたはそうやって結局は力で他人を支配するのか!」
シュナイゼル「そうせざるを得ない状況に世界は追い込まれている
       私が起たなければ、世界はルルーシュによってもっと悲惨な状況になっていただろう」
カレン「あんたもルルーシュと同じだよ!人はチェスの駒じゃないんだ!
    それがわかってない奴に世界を統べる資格があるものか!」

カレンVSルルーシュ
カレン「ルルーシュ!」
ルルーシュ「黒の騎士団のエースが来たぞ!何としても叩き落とせ!」
カレン「ルルーシュ…。もうあんたには何を言っても届かないんだね…
    だったら、あたしは戦う!黒の騎士団として、ZEXISとして!」

カレンVSジノ
ジノ「カレンか…!」
カレン「そこをどきな、ジノ!迷っているような奴に討たれる程、紅月カレンは安くないよ!」

カレンVSスザク
カレン「スザク!あんた、いったい何を考えてるんだ!?」
スザク「今の僕はナイトオブゼロ…!皇帝ルルーシュの剣だ!
    このアルビオンならば、君の紅蓮に後れを取る事もない!」
カレン(わからない…。あれだけ憎み合っていたルルーシュとスザクがどうして…)

扇VSルルーシュ
扇「ゼロ…いや、ルルーシュ…!お前は俺達が…黒の騎士団が倒す!」
ルルーシュ「フ…来るか、扇。だが、お前では私の相手を務めるには全てが足りない!
      お前に見せてやろう。ブリタニア皇帝の…世界の王の力を!」

味方VSルルーシュ
ルルーシュ「シュナイゼル…そして、ZEXIS。お前達さえ排除すれば、我が覇道を阻む者はいない
      この戦いを以って、世界は新たなる時代を迎える!皇帝ルルーシュの名の下に!」

味方VSスザク
スザク「ルルーシュの敵は僕が排除する…!
    僕はナイトオブゼロ…!皇帝ルルーシュの剣だ!」

味方VSジェレミア
ジェレミア「陛下の敵は全て、このジェレミア・ゴットバルトが相手をする!
      さあ、来るがいい!我が忠義の刃を恐れぬのならば!」

味方VSアーニャ
アーニャ「みんな、記憶してあげる。ルルーシュもZEXISも…」
[PR]
by 7071sprw | 2012-07-31 23:55 | 第2次Z2 マップ | Comments(0)