第43話A 闇を断つ牙
クロウVSムーンWILL
クロウ「聞かせてもらうぜ、物知りさん。黒の英知ってのが何かをな」
ムーンWILL「焦らずとも、お前はいずれ知る事になる。それが鍵を持つ者の宿命だ」
クロウ「要するに自然にわかるって事か…。だったら、遠慮する必要はないようだな」
ムーンWILL「遠慮だと?」
クロウ「お前に尋ねる必要がないんなら、とっとと潰させてもらうぜ…!この頭でっかちのペシミストが!」

甲児VSムーンWILL
ムーンWILL「光の神の遺産を継ぎし者よ!今からでも遅くはない…!その力を我等に捧げよ!」
甲児「ゼウスの事を知っていながら、よくそんな事が言えたもんだぜ!
   俺はあいつの心と共に戦ってるんだ!あいつの願いである人類を守るためにな!
   だから、お前を倒す!この光り輝く神の拳で!!」

ゲッターロボVSムーンWILL
ムーンWILL「愚かなお前達では、あれの胎動を感じ取る事は出来まい」
號「…!」
凱「そういうハッタリに引っかかると思ったら、大間違いだぜ!」
渓「行くよ、號!あんな身勝手な奴にあたし達の未来を渡しちゃならないんだ!」
號「そうだ…!俺達も…未来のために戦う!」

竜馬VSムーンWILL
ムーンWILL「哀れだな、ゲッター線の戦士よ」
竜馬「ゲッター線の戦士…?」
ムーンWILL「呪われし宿命に囚われた亡者よ!この私が因果の鎖から解き放ってくれよう!」
竜馬「ぐだぐだとわからねえ事をよ!
   俺の生き方を決めるのは俺自身だ!お前ごときにとやかく言われる筋合いはねえんだよ!」

タケルVSムーンWILL
ムーンWILL「マーズよ!あの方に歯向かうお前の愚かしさは筆舌し難いものだ!」
タケル「あの方とは、ゲシュタルトの背後にいる者か!」
ムーンWILL「この私がデビルリングより先にお前の生命をあの方に捧げてくれる!」
タケル「そうはいくか、ムーンWILL!俺はお前を倒し、お前に力を与えた者を必ず突き止めてみせるぞ!」

忍VSムーンWILL
ムーンWILL「ダンクーガよ!あの偏り暗黒の力を得た私は既にお前すら凌駕すると存在となった!」
忍「そうかよ!そいつはよかったな!」
沙羅「そういう事は、あたし達を倒してから言いな!」
雅人「って事は、永遠に言う機会はないね!」
亮「当然だ。虎の威を借る狐では俺達の野生には勝てん」
ムーンWILL「言わせておけば…!」
アラン「藤原!言ってわからない愚か者には結果で思い知らせてやれ!」
忍「おう!最初かkら、そのつもりだぜ!
  覚悟しやがれよ、ムーンWILL!お前が憧れたダンクーガの力、嫌というほど見せてやるぜ!!」

葵VSムーンWILL
葵「ムーンWILL!今度こそ、あんたに引導を渡してやるよ!」
ムーンWILL「笑止!一度まぐれで倒したからといって、それを自分の力だと思うなよ!」
くらら「だったら、何度でもあなたを倒して、私達の力を見せてやるまでよ!」
朔哉「もっとも、お前みたいな面倒な奴にそう何度も関わる気はないがよ!」
ムーンWILL「それはこちらも同じ事よ!我がオリジナルダンクーガが最強のダンクーガである事を教えてやる!」
ジョニー「あつかましいですよ。インチキなオカルトパワーで生き返ったくせに」
エイーダ「二度とよみがえれないように今日は徹底的にやります!」
葵「行くよ、みんな!今こそあたし達の野生を燃え上がらせる!
  やぁぁってやろうじゃんっ!!」

F.S. VSムーンWILL
ムーンWILL「アースWILLよ!小賢しくも人間ごときと組んで、この私に挑むというのか!」
WILL「今の私は彼等の仲間だ。彼等と共に未来を信じて、戦うまでだ」
田中司令「その通りです、WILLさん。共に頑張ろうではないですか!」
F.S.「ムーンWILL…!人のみの持つ無限の可能性を信じられないお前は我々の敵だ!
   今ここで我々の因縁に決着をつける!WILLと人類の力を一つにして!」

F.S.VS敵
ウラジミール「ドラゴンズハイヴの各機能、正常に作動中」
セイミー「機関部も絶好調だよ!」
ルゥ「WILLさん、頼みます!」
WILL「今は私もドラゴンズハイヴのクルーであり、ZEXISの一員だ。この力尽きるまで君達と共に戦おう」
田中司令「では、司令…ご指示を」
F.S.「我々の決意はWILLが述べた通りだ
   各員の生命は私が預かる…!今こそ全員の力で、この世界を覆う邪悪な霧を掃う!」

アブソリュートノヴァビーストを使用
WILL「ドラゴンズハイヴのエネルギー充填率、120%を突破!」
F.S.「チームD…!君達にドラゴンズハイヴの力を託す!」
田中司令「用意はいいですか、葵さん!」
葵「いつでもいいわよ!」
F.S.「未来へと翔べ、ダンクーガ!!」
葵「やってやろうじゃん!」

斗牙VSムーンWILL
ムーンWILL「ここにも私に逆らう愚か者がいるか!」
エイジ「人類の未来も可能性も信じられない頭でっかちよりはマシなつもりだぜ!」
斗牙「ムーンWILL!僕達がいる限り、お前に人類の未来を閉ざさせはしない!
   僕達は牙なき人達の牙だ!この力でお前を討つ!」

サンドマンVSムーンWILL
サンドマン「哀れだな、ムーンWILL」
ムーンWILL「何っ!?」
サンドマン「強者の威を借り、偽りの生命にすがるお前は哀れで…そして、醜悪だ」
ムーンWILL「黙れ!人間ごときが、この私に何を言う!」
サンドマン「その人間の持つ限りなき可能性を私達がお前に教えよう!
      今こそ宿命のデュエルの時!儚くも美しく舞え、ゴッド∑グラヴィオンよ!」

サンドマンVS敵
サンドマン「アヤカよ…。もう少しだけ待っていてくれ
      私はあらゆる世界の平和のために戦う…。だが、それは贖罪のためだけではない
      君と共に進む未来のため!私はこの生命を懸けて邪悪と戦う!」

超重炎皇斬を使用
サンドマン「グランナイツの諸君…!邪悪を焼き尽くす炎を、今ここに!」
斗牙「了解だ、サンドマン!」
エイジ「行くぜ、みんな!ダブルグラヴィオン、奇跡の超重合神だ!」

シモンVSムーンWILL
ムーンWILL「螺旋の男よ、自らが災厄を呼び込む存在と知りながら、それでも戦うか」
シモン「俺はいつだって精一杯生きてきた…!目の前に立ちふさがる壁はドリルで貫いて!
    だから、お前とも戦う!お前が人類の未来を闇に閉ざす壁だというなら、俺のドリルで穴を開ける!
    そして、未来に光を取り戻す!」
[PR]
by 7071sprw | 2012-08-01 00:05 | 第2次Z2 マップ | Comments(0)