第38話B 過去からの刺客
クロウVSルキアーノ
クロウ「驚いたぜ。吸血鬼殿がナイトオブラウンズになっていたとはな」
ルキアーノ「その口ぶり…貴様、ブリタニアの人間のようだな?
      わかったぞ!その独特の動き…貴様、ファイヤバグか!」
クロウ「……」
ルキアーノ「あのクズの生き残りがいるとはZEXISの程度も知れたものだ!」
クロウ「…俺に、その言葉を否定する権利はねえさ。俺はご察しの通りの人間だからな
    だがな、好き嫌いで言わせてもらえば、あんたは圧倒的に後者だぜ!」
ルキアーノよかろう!ブリタニアのクズは、このナイトオブテンが責任を持って始末してやる!」
クロウ「やれるもんならやってみな!こうして敵味方に分かれた以上、心置きなくあんたを潰せるってもんだぜ!」

ヒイロVSルキアーノ
ルキアーノ「ガンダム…!この私の伝説を彩る生贄になってもらおう!」
ヒイロ「ナイトオブラウンズにも下品な男がいるのだな」
ルキアーノ「何っ!?」
ヒイロ「戦いを楽しむような男に付き合う暇はない」

ゼロVSルキアーノ
ルキアーノ「貴様を倒せば、黒の騎士団は終わりだ!」
ゼロ「そこをどけ…!お前ごときに構っている時間はないのだ!」
ルキアーノ「そんなに自分の部下が心配か?だが、安心するがいい。あの女とはすぐに冥府で再会する事になる
      私が貴様の大事なもの…生命を奪ってやる事でな!」

扇VS敵
扇(千草…。君はブリタニアの軍人に戻っていたのか…
  俺は今でも君が…)
玉城「ぼけっとしてるな、扇!敵は目の前にいんだぞ!」
扇「あ、ああ…!すまない!」

星刻VSルキアーノ
星刻「噂は聞いているぞ、ブリタニアの吸血鬼!」
ルキアーノ「これはお笑いだ!中華連邦の虎と恐れられていた男がゼロに尻尾を振るとはな!」
星刻「ゼロは天子様と我が祖国を救った男だ!それを愚弄する事は天子様を侮辱するのと同じだ!
   天子様のため…!ナイトオブテン、貴様を討つ!」
[PR]
by 7071sprw | 2012-08-01 00:12 | 第2次Z2 マップ | Comments(0)