第35話B 明日へのあがき・2
刹那VSルーク・アダモンP
沙慈「ルイス…!ルイスゥゥゥゥッ!!」
刹那「黙れ、リボンズ・アルマーク…!俺は…俺はガンダムじゃない!
   俺はガンダムを超えてみせる!!」
(戦闘後)
刹那「俺は…止まるわけにはいかない!」
沙慈「刹那の想いが僕にも伝わってくる…」
刹那「俺は…!俺自身と世界を変えるために戦う!」

ロックオンVSルーク・アダモンP
ロックオン「…アニュー…!俺は…お前を救えなかった!
      だが、俺はまだお前の所には行けねえ!俺の敵を狙い撃つまでは!!」
(戦闘後)
ロックオン「アニュー!
      やるぜ、アニュー…!俺はお前のためにも狙い撃つ…!」

ロックオンVSルーク・アダモンP(アニュー生存時)
ロックオン「…兄さん…!俺は…ずっとあんたの影を追っていたかもしれない…!
      だがよ!そんな俺にも戦う理由が出来たんだよ!」
(戦闘後)
ロックオン「愛してるぜ、アニュー!」
アニュー「ラ、ライル…!」
ロックオン「俺は俺とアニューのために戦う!その邪魔は誰にもさせねえ!」

アレルヤVSルーク・アダモンP
ピーリス「大佐!私は…私は!
     アンドレイ少尉!何故、お前は自分の父を殺した!!」
アレルヤ「マリー!!」
ピーリス「私はマリーではない!ソーマ・ピーリスだ!!」
アレルヤ「だけど…!君はマリーでもある!だから、僕は君を守る!!」
     マリー・パーファシーもソーマ・ピーリスも僕は守るんだ!!」
(戦闘後)
アレルヤ「僕は!!」
ハレルヤ(やりゃぁ出来るじゃねえかよ、アレルヤ)
アレルヤ「ハレルヤ…!」
ハレルヤ(見せてもらうぜ、アレルヤ。お前の戦いってのをよ)

ティエリアVSルーク・アダモンP
ティエリア「リボンズ・アルマーク!僕は…僕はお前の思い通りにならない!
      僕の中で今でも彼の想いが生きている!僕は…ソレスタルビーイング!僕はZEXISなんだ!」
(戦闘後)
ティエリア「僕は自分の意思で戦うんだ!
      誰の思い通りにもならない…!僕の戦いは僕自身の意思によるものだ!
      その邪魔は誰にもさせない!」

スメラギVSルーク・アダモンP
スメラギ「エミリオ…!私は…!」
フェルト「ロックオン…クリス…リヒティ…」
ミレイナ「い、いや!パパ、ママ!怖いです!」
アニュー「こ、来ないで、リボンズ!私は…イノベイターじゃない!」
ラッセ「ガタガタ言ってんじゃねえ!」
スメラギ「ラッセ…」
ラッセ「死ぬのを覚悟した人間に怖いもんなんてあるかよ!やるぜ!!」
(戦闘後)
スメラギ「みんな!ラッセに負けてられないわよ!」
ミレイナ「はいです!」
フェルト「私達はみんなの想いを背負って戦う…!」
アニュー「この愛すべき世界のために…!」
ラッセ「その通りだぜ!」
スメラギ(ありがとう、ラッセ。あなたの強さにみんなが救われたわ)

アクエリオンVSルーク・アダモンP
アポロ「すまねえ、バロン…!俺はお前を救えなかった…!」
シリウス「私の中の翅が…!天翅の記憶が…!」
シルヴィア「い、行かないで、お兄様!!」
ピエール「エ、エスペランサァァァァッ!!」
麗華「私は…みんなを…不幸にする…」
つぐみ「麗華先輩!先輩!!」
ジュン「ぼ、僕のフィギュアが!」
リーナ「フフ…不動司令がこの様子を見たら、何て言うかしらね…」
シルヴィア「!」
アポロ「くそっ!無様を晒してると、またあのオッサンがやってくるのかよ!
    もう説教も特訓もたくさんだっ!」
(戦闘後)
アポロ「うおおおっ!アクエリオォォォン!!」
シリウス「我々は敵より何よりも己に負けてはならない…!」
ピエール「おうよ!やるぜ、みんな!」
麗華「不幸など…乗り越えてみせると決めた!」
つぐみ「先輩と一緒に私も!」
ジュン「ランカさんの歌があれば、何も怖くはない!」
シルヴィア「アポロ!」
アポロ「おう!あのデカブツにお返しといくぜ!」

レントンVSルーク・アダモンP
レントン「エウレカ!もう会えないなんて嫌だ!俺は君を!!」
ニルヴァーシュ「もきゅ!」
レントン「ニルヴァーシュ…」
ニルヴァーシュ「もきゅ~!」
レントン「そうだ…そうだよな!俺が諦めてどうするんだよ!」
(戦闘後)
レントン「待っててくれ、エウレカ!
     そうだ!エウレカはきっと俺を待っている!」
ニルヴァーシュ「もきゅ!」
レントン「俺はエウレカを迎えにいく!そのためにインサラウムに負けるわけにはいかないんだ!」

桂VSルーク・アダモンP
アテナ「オルソン…!」
桂「フランチェスカ、マダム・リン、フランソワーズ…」
アテナ「お前という男は、こんな時も!」
桂「ティナ…ミムジィ…」
アテナ「母様…」
桂「そうだ…!ティナの遺してくれたアテナと、ミムジィのためにも俺は負けちゃ駄目なんだ!」
(戦闘後)
桂「ありがとうよ、次元獣
  走馬灯のように歴代のカノジョを見せてもらったぜ」
アテナ「お前という男は!真面目にやれ!」
桂「もちろん、そうするさ!一番大事な人に会える日まで死ぬわけにはいかないんでね!」

アルトVSルーク・アダモンP
アルト「違う…!俺が飛ぶのは俺の心のままだ!何かを演じているんじゃない!
    シェリル、ランカ!どこだ!?俺を…俺を…
    …そうじゃない!俺が…あいつ等を守らなきゃならないんだ!!」
(戦闘後)
アルト「俺は俺の心のままに飛ぶ!!
    俺の心は俺のものだ!次元獣にも親父にも渡してたまるかよ!
    行くぞ!これが俺の決めた俺の戦いだ!」

ミシェルVSルーク・アダモンP
ミシェル「姉さん、ロックオンさん…。俺…一人前のスナイパーになれたかな…
     …少しだけ嬉しかったよ。悪夢でも二人に会えたからな!」
(戦闘後)
ミシェル「っと!危なかったぜ!
     ありがとうよ、次元獣。悪くない悪夢だったぜ
     お礼だ…!一発、熱いのを叩きこんでやるぜ!」

クランVSルーク・アダモンP
クラン「くっ…行くな…!行かないでくれ、ミシェル!!」
ネネ「お姉様…」
ララミア「やっぱり、ミシェルの事が…」
クラン「い、今のはナシだ! 忘れろ!忘れてくれぇぇっ!!」
(戦闘後)
クラン「よくも…!よくもぉぉぉっ!!
    よくもやってくれたな、次元獣!私の秘密をばらしたお前は絶対に許さん!!」
ネネ「お姉様…それは八つ当たりでは…」

カナリアVSルーク・アダモンP
カナリア「…エディ…
     大丈夫だ。ママは必ずお前とパパの所に帰る…!」
(戦闘後)
カナリア「そうだ…!私には帰る場所がある!
     感謝するぞ、次元獣!悪夢とはいえ、エディに会わせてくれたのだからな!」

ジェフリーVSルーク・アダモンP
ミーナ「だ、駄目…!このままじゃ原稿が落ちる!」
ラム「助けて、ボビー大尉!」
モニカ「艦長!ああ、艦長!!」
ボビー「オズマ…!ア、アタシ…ノンケだけど!」
キャシー「ボビー大尉!オズマは私の…!」
ジェフリー「くっ…!傷の痛みと同時に心の傷もえぐってくるか…!
      だが、我々に後退はない!この胸にS.M.Sの誇りある限り!」
モニカ「艦長!」
ジェフリー「やるぞ!!各員、意地と誇りを見せろ!!」
(戦闘後)
ジェフリー「ここから反撃に移る!各員、集中しろ!」
モニカ「了解です、艦長!」
キャシー「ボビー大尉、よろしいですか?」
ボビー「もちろんよ!アタシの純情をもてあそんだ借りはたっぷり返すわよ!」

バサラVSルーク・アダモンP
ミレーヌ「パパ…ママ…もう会えないの…」
レイ「スティファン…!俺を許してくれないのか…」
バサラ「下らねえ…!下らねえぜ、こんなのはよ!
    お前がみんなのテンションを下げるなら、俺がハートに火を点けてやるぜ!」
ビヒーダ「!!」
バサラ「うおおおっ!俺の歌を聴けぇぇぇぇっ!!」
(戦闘後)
ミレーヌ「バサラ!」
バサラ「行くぜっ!!
    お前じゃ俺のハートの炎は消せやしねんだ!!
    もっと過激に行くぜ!!」

ガムリンVSルーク・アダモンP
ガムリン「金竜隊長! フィジカ!俺は…誰も守れなかった…!!
     だけど!ミレーヌさんだけは守ってみせる!それが俺の戦いだ!!」
(戦闘後)
ガムリン「やるぞ!過激にファイアー!!」
ミレーヌ「ガ、ガムリンさん…」
ガムリン「見ていてください、ミレーヌさん!私の戦いを!!」

味方VSウェイン
ウェイン「歴代のナイトオブナイツがこのディアムドと共にインサラウムを守って戦ってきた
     今の俺にそこまでの力があるとは思えねえ…
     だが、明日の俺は違う!殿下が真の聖王になろうとするように俺も最強の騎士になってみせる!」
[PR]
by 7071sprw | 2012-08-01 09:40 | 第2次Z2 マップ | Comments(0)