スレイ
スレイ・プレスティ
援護攻撃
レオナ 「後は任せろ、レオナ・ガーシュタイン!」
    「さすがと言っておく。後詰めはまかせろ」
アイビス 「フォローは私に任せておけ」
      「上出来だ。後は任せろ!」
      「シリーズ77の連携だな!」
援護防御
レオナ 「らしくないぞ、レオナ・ガーシュタイン!」
     「どうやら腕が落ちたようだな、レオナ」
アイビス 「まったく、世話を焼かせる!」
攻撃
ライ 「お前を倒して私の実力を証明してやる!」
レオナ 「お前にも実力の差を見せ付けてやる!」
     「あの時の決着を、この場でつけてやる!」
アイビス 「お前さえ……お前さえいなければ!」
      「お前にアルテリオンに乗る資格はない!」
      「アイビス!実力の違いを見せてやる!」
      「TDのエースは誰なのか教えてやる!」
レーツェル 「例え相手があなたでも、退けない事情がある!」
教導隊 「さすがは元教導隊だ…!だが、伝説もここまでだ!」
      「元教導隊か…。敬意を払わせてもらおう」
ノイエDC兵 「まだDCの名にすがるか……」
       「DCの亡霊め……まだ目が覚めないか!」
リオン系 「兄様のリオンシリーズを汚す者達め……!」
      「新型リオンシリーズ……その性能を試してやる」
      「その機体とシリーズ77……格の違いを教えてやる!」
サイリオン 「貴様らごときが、カリオンの後継機を使いこなせるものか……!」
       「カリオンの真の後継機は、その機体ではない!私のベガリオンだ!」
アルベロ 「プロジェクトTDとツェントル・プロジェクト……どちらが上か、教えてやる!」
エルデ 「兄様と私達の夢を、お前にくれてやるわけにはいかん!」
ガイアセイバーズ 「行くぞ、ガイアセイバーズ!」
            「ガイアセイバーズなどに後れを取るか!」
            「お前達は、守るべきものを履き違えた愚か者だ……!」
超機人 「超機人!相手にとって不足なしだ!」
     「古代の亡霊め……!」
イルイ 「待っていろ、イルイ!お前を呪縛から救い出す!」
     「ガンエデン!人の心を縛る魔神め!」
     「人類を縛るものが、神であるものか!」
妖機人 「化け物め……!やらせるものか!」
     「化け物に後れを取る私ではない!」
ゼゼーナン 「ゼゼーナン!その野望と共に果てろ!」
ゲスト系 「地球は地球人のものだ……!それを教えてやる!」
      「地球に手を出した愚かさを知るがいい」
      「異星人め、性懲りもなく!」
      「ゲストもインスペクターも、やることは同じか」
ペルフェクティオ 「ペルフェクティオ!この世界から消え失せろ!」
メリオルエッセ 「お前達が与える絶望などに屈するか……!」
          「メリオルエッセ!私が恐怖を与えてやる!」
ルイーナ 「怯えるのは、お前達の方だ!」
       「ルイーナめ!好きにはやらせんぞ!」
ユーゼス 「ユーゼス!お前の計画は、ここで潰える!」
スピード系 「高速戦闘で、私に勝てると思うなよ!」
       「ナンバー01のスピードに付いてこられるか!」
被ダメージ
レオナ 「どうやら、ライバルだったのは過去の話のようだな」
アイビス 「無駄なあがきをしてくれるな、アイビス!」
      「理解できないのか、アイビス。当然の結果であることが!」
      「くっ、奴の反応速度が上がっているだと!」
      「どうやら、見くびり過ぎたようだよ、アイビス!」
      「やってくれるな、アイビス!」
      「くっ……!少しは腕を上げたようだな……!」
      「おのれ……!おのれ、アイビス!」
      「馬鹿な……!奴にこれ程までの力があるとは……!」
レーツェル 「く……かわしきれない……!やはり、あの人は別格なのか!」
        「くうっ!この人には私の動きまで読まれるか…!」
        「やはり…やはり、あの人には及ばないのか…!」
教導隊 「フン、教導隊と言えど、この程度か」
     「紙一重のところで……!これが教導隊の実力か……!」
ジンライ 「くっ!機械ごときに当てられるとは!」
      「馬鹿な!?私の動きまで解析していると言うのか!?」
      「認めない……!機械などに敗北を認めるものか!」
ゲスト系 「ほう……わざわざ星を越えてきただけの事はあるな」
      「くうっ!地球をお前達などに渡してなるか!」
      「……教えてやる……地球人の……私の底力を……!」
スピード系 「チッ、どうやらスピードは互角か……!」
       「見せてやる……!お前に真のスピードというものを!」
回避
アイビス 「お前ではアルテリオンを使いこなせまい!」
      「アイビス……お前の焦りが伝わってくるぞ」
      「どうした、アイビス。それが攻撃のつもりか?」
      「フン、これがお前の実力だ……」
レオナ 「フン…たった数年で、実力に差がついたな」
レーツェル 「紙一重だった…!やはり、あの人は…!」
教導隊 「相手が元教導隊だろうと、臆することはないか」
リオン系 「それで新型だと?笑わせるな!」
      「新型リオンであろうと、私には追いつけない!」
サイリオン 「ふん、スピードだけはカリオン以上だな」
エルデ 「そんな動きで私を取り込めると思うなよ!」
ジンライ 「見え見えの動きだ。所詮は機械だな」
ガイアセイバーズ 「それで地球の守護者だと?笑わせるな!」
            「姑息な手を使わなければ、この程度か」
泰北 「亀だけあって、ノロマだな」
超機人 「過去の遺物では、私の相手は務まらないぞ!」
     「虚仮威しか、超機人!」
イルイ 「ガンエデン!お前に私達の夢は縛れはしない!」
妖機人 「化け物に構っている暇はない」
     「衝動そのままの攻撃だな」
ゲスト系 「地球人の力、私の力……甘く見るなよ!」
      「所詮はインスペクターと同程度か……!」
      「これで地球人の実力がわかったろう!」
ペルフェクティオ 「お前が与える破滅などに!」
メリオルエッセ 「遅いぞ、メリオルエッセ!」
          「私の心を砕くには力不足だな、メリオルエッセ!」
ルイーナ 「甘いぞ、ルイーナ」
       「これで私に恐怖を与えるつもりか!」
ユーゼス 「ユーゼス!その程度で新人祖を名乗るか!」
2Lサイズ以上 「その図体では、こちらの動きに付いてこられまい!」
          「く……!かわしているだけでは勝てん……!」
スピード系 「なかなかのスピードだ。だが、まだまだだな!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-02-22 21:39 | 第2次スーパーロボット大戦OG | Comments(0)