HEROMAN
ジョセフ・カーター・ジョーンズ
援護攻撃
ウィル 「ウィル、目的は同じはずだ!」
     「ウィルは下がってて。あとは僕たちが!」
九郎 「魔法は使えませんけど、お手伝いさせて下さい!」
援護防御
九郎 「ここでやられたら、迷探偵呼ばわりされちゃいますよ!」
攻撃
タマ 「ヒーローマン、タマを止めるんだ!」 ヒーローマン「ムウン!」
    「あのタマを…何とかしないと!」 ヒーローマン「……」
実験体01 実験体02 「今までと違うスクラッグ兵でも、ヒーローマンなら!」
ウィル ニック 「ヒーローマン、ヘルメットを!」 ヒーローマン「ムウン!」
          「僕らが目を覚まさせてあげる!」 ヒーローマン「……」
ニック ヒーローマン「……」 「どうしてこうなるの、ニック!」
ミナミ ヒーローマン「……」 「あのロボットを止めなきゃ…!」
ゴゴール 「こいつをやっつけなくちゃ、戦いは終わらない!」 ヒーローマン「ムウン!」
       「よくもウィルとニックを!」 ヒーローマン「……」
ゴゴール(最終) 「ゴゴール!何度だって僕たちが止めてみせる!」 ヒーローマン「ムウン!」
スクラッグ 「スクラッグは僕らでやっつけるんだ!」 ヒーローマン「……」
        「ヒーローマン、スクラッグを!」 ヒーローマン「……」
        ヒューズ「たのむ、世界を救ってくれ、ジョーイ!」 「はい、全力を尽くします!」(第44話)
        ヒューズ「ジョーイ、そのアーマーなら多少の無茶も大丈夫だ」 「…わかりました!ヒーローマン!」(第44話)
        ヒューズ「NIAが開発した装備、存分に使ってくれ!」 「はい!行こう、ヒーローマン!」(第44話)
        サイ「頼んだぜ、俺達のヒーロー!」 「うん、行ってくる!」(第44話 最終話)
        ホリー「お前の戦い、あたし達が見届けてやる!」 「ありがとう、姉ちゃん!」(第44話 最終話)
        ヒーローマン「……」 「センターシティの二の舞にはさせない!」(第44話)
イルボラ 連邦軍兵士 「手加減なんかしてるほど余裕はないし…!どうすればいい…!?」
ハウンドバジュラ(第23話) 「ヒーローマン、どうにか安全に助ける方法を考えよう!」 ヒーローマン「……」
アマガツ 「僕とヒーローマンで何とかしてみせる!」 ヒーローマン「ムゥン!」
異星人系 「ヒーローマン、あの宇宙人をやっつけて!」
       ヒーローマン「……」 「どうして地球を狙うの!?」
       「人間を襲ってどうしようっていうんだ!」
       「カートゥーンみたいにはいかないかも知れないけど!」
       「僕らの星で好きにはさせない!」
       「スクラッグ以外の侵略者だって、僕らで!」
       「もう少しの間だけ戦うよ、ヒーローマン!」 ヒーローマン「ムウン!」(最終)
ノーヴル 「ヒーローマン、僕達はずっと一緒だ。だから!一緒に未来を掴むんだ!」 ヒーローマン「ンンーッ!」
カリ・ユガ 「この世界を救うんだ!だって僕らはヒーローなんだから!」 ヒーローマン「ンンーッ!」
       ヒーローマン「……」 ジョーイ「必ずやり遂げてみせる!そして生きて帰るんだ!」
被ダメージ
ウィル ヒーローマン「ウグッ!」 「やめてよ、ウィル!」
    ヒーローマン「ヌウゥゥゥゥ…!」 「ウィル、元に…元に戻って!」
    ヒーローマン「グアアァァァァッ!」 「ウィル、元に…元に戻って!」
ニック ヒーローマン「……」 「くっ!待ってて、ニック!」
     ヒーローマン「ンォォォォ…!」 「ニック…どうして!」
ゴゴール ヒーローマン「…!」 「くっ、他のスクラッグより格段に速い!」
      ヒーローマン「ヌオォォォォ…!」 「ヒーローマンが!あれがゴゴールの本気!?」
      ヒーローマン「グアアァァァァッ!」 「僕らがここで倒さなきゃ多くの人たちが…!」
ゴゴール(最終) 「強くなったのはゴゴール、お前だけじゃない!」 ヒーローマン「ムン…!」
          ヒーローマン「ンォォォォ…!」 「これ以上、この星のエネルギーを吸って強力になったら…!」
          ヒーローマン「ヌオアァァウゥゥ!」 「ゴゴールを倒さなくちゃ…この星が!」
スクラッグ 「ヒーローマンなら、スクラッグの攻撃なんて!」 ヒーローマン「ムン…!」
       ヒーローマン「ヌオォォォ…!」 「ああっ!スクラッグのやつ、ヒーローマンを!」
       ヒーローマン「グアアァァァァツ!」 「耐えて、ヒーローマン!スクラッグなんかに、負けちゃダメだ!」
       「ヒ、ヒーローマンが!」 ヒューズ「信じるんだ、ジョーイ!君たちは多くの困難を乗り越えてきたじゃないか!」(第44話)
       「くそっ!どうすれば…!」 ホリー「男なら下を向くな!前を見据えろって!」(第44話)
ミナミ 「ヒーローマンは化学の力をも超越する!」 ヒーローマン「……」
     「ヌウゥゥゥ…!」 「ううっ!あんな人をのさばらせてちゃ…!」
      ヒーローマン「ヌオアァァウゥゥ!」 「そんな!ヒーローマンがあんなロボットに!」
回避
ウィル ヒーローマン「……」 「やめてよ、ウィル!」
ニック ヒーローマン「ムンッ!」 「くっ!待ってて、ニック!」
ゴゴール ヒーローマン「ムンッ!」 「よし!ゴゴール相手でも、ヒーローマンは大丈夫みたいだ!」
ゴゴール(最終) ヒーローマン「ムンッ!」 「ゴゴール!何度来たって同じことだ!」
スクラッグ 「スクラッグなんかに、ヒーローマンは好き勝手させない!」
       ホリー「そうだ、慎重に行け!ジョーイ!」 「わかってるよ、姉ちゃん!」(第44話)
       ヒューズ「上手く使いこなしてるみたいだな」 「はい。ヒューズさんのマニュアルのおかげです」(第44話)
       ヒューズ「不具合がないようで良かったよ」 「今のところ、特に問題ありません」(第44話)
ミナミ ヒーローマン「……」 「ヒーローマンばっかり付け狙ったって!」

ウィリアム・ディヴィス
援護攻撃
ヒーローマン 「どいてろ、お前ら!」
         「ふん、獲物がかぶっただけだ…!」(後半)
         「ジョーイ、お前の親父は諦めなかったんだろ!?」(後半)
援護防御
ヒーローマン 「お前らには借りがある!」
         「光と影はセット…そうだろ!?」(後半)
         「勘違いするなよ。借りを返しただけだ!」(後半)
攻撃
ニック 「口で言ってもわからないようだな、ニック…!」
     「目を覚ませ、ニック!」
     「俺もお前も、もう人間じゃない…!だから…!」(後半)
     「ニック…!」(後半)
ゴゴール 「この力があればゴゴールだろうが!」
       「どっちが虫ケラか教えてやる、ゴゴール!」
ゴゴール(最終) 「終わるのはこの星じゃない!お前だ!」
           「あのクリスタルを破壊すれば、全ては終わる!」
           「今度こそ終わらせてやる、ゴゴール!」 
スクラッグ 「実験結果はお前らで試してやる!」
       「今度こそ、この力でスクラッグをぶちのめす!」
       「この身体になったからわかる…。スクラッグの弱点が!」(後半)
       「スクラッグはこの世界から消す!」(後半)
       「スクラッグの痕跡の全てを破壊する!」(後半)
       「スクラッグの残党は俺が狩る!」(後半)
操 「何としても止めてみせる!」
ブレラ 「俺が始末すれば、誰の手も汚さずに済む…!」
怪物系 「リナを守るためなら、どんな相手だろうと!」
     「真実は時に残酷だとは、俺がいった言葉だったな…!」
     「戦いを望んでいないとわかった後も、戦いを強いられる…!」
ノーヴル 「たとえお前が正しいとしても、とやかく指図される筋合いはない…!」
カリ・ユガ 「俺のためじゃない…リナのために俺は戦う!」
       「最後くらい、ヒーローにならせてもらおうか…!」
被ダメージ
ニック 「くっ!ニック、お前…」
     「ぐああっ!…ニック…本気なのか…!」
ゴゴール 「よし!ゴゴール相手にやりあえる!」
       「あいつを放っておいたら、俺やニックのようなやつが増えちまう…!」
ゴゴール(最終) 「以前と違うのは貴様だけではない」
           「早くゴゴールを倒さないと、このままでは手がつけられなくなる…!」
スクラッグ 「随分と必死だな、スクラッグ!」
        「ううっ…!やはりその力、この世界に残してはならない!」
回避
ニック 「くっ!ニック、お前…」
ゴゴール 「よし!ゴゴール相手にやりあえる!」
ゴゴール(最終) 「以前と違うのは貴様だけではない」
スクラッグ 「随分と必死だな、スクラッグ!」

実験体01
攻撃
ヒーローマン 「うう…貴様は俺の手で…!」
        「白いヤツは俺がやる!」
被ダメージ
ヒーローマン 「白いヤツ…こんなものか?」
         「ぐうう…!し、白いヤツ…!」
回避
ヒーローマン 「白いヤツ…こんなものか?」

実験体02
援護攻撃
実験体01 「実験体01、次は俺だ!」
ゴゴール 「ゴゴール様、俺にも戦わせて下さい!」
攻撃
ヒーローマン 「お前の首をゴゴール様が欲しておられる!」
         「見つけたぞ、白いヤツ!」
被ダメージ
ヒーローマン 「ヒヒヒヒ!図体の割に軽い攻撃だなぁ!」
         「ぐうっ!これがゴゴール様が気にかけたパワーか…!」
         「あくまでもゴゴール様に逆らう気か!」
回避
ヒーローマン 「パワーはあるけど、ずいぶんとウスノロだなぁ!」

ニコラス・デ・カルロ
攻撃
ヒーローマン 「ジョーイ…お前なんて消えろぉぉ!」
         「ジョーイ、お前だってその力を手に入れて変わっただろ!」
浩一 劉備 「何が正義の味方だ!俺を助けてくれなかったくせに!」
        「正義だ正義だと、ヒーローみたいな事言ってるんじゃねぇ!」
ジョウ 海動 曹操 「あんた、俺の嫌いなタイプだ!ウィルみたいでさぁ!」
             「いつも振り回してるんだろ!?あんたの気分でさぁ!」
被ダメージ
ヒーローマン 「ジョーイ、お前だってわかるだろ!俺の気持ちが!」
         「ジョーイ、お前俺を殺す気なんだろ!」
回避
ヒーローマン 「俺に対して攻撃したな…ジョーイ!」
         「パワーはあるけど、ずいぶんとウスノロだなぁ!」

ゴゴール
攻撃
ヒーローマン 「二匹仲良く消してやろう!」
         「白い奴…。その力、見せてもらおう!」
ウィル 「実験体01、役立たずに用はない!」
     「不出来な実験体は処分せねばなるまい」
ソレスタルビーイング 「人間如き虫ケラが、スクラッグと対話をしたいだと?馬鹿馬鹿しいわ!」
              「我らスクラッグに交渉は通じない。死か服従かだ!」
              「お前達も、家畜を殺すのにお伺いは立てないだろう?」
オーラバトラー 「虫ケラが、虫ケラに乗り込んだところで!」
被ダメージ
ヒーローマン 「少々期待はずれだな、白い奴」
         「フッフッフッフッ…辺境の星の力など、この程度!」
         「確かにその力、我らスクラッグの脅威になりかねん!」
         「ぐうっ…!図に乗るなよ、小僧!」
         「ぐお…ッ!詰めが甘かったなぁ…小僧ぉぉっ!」
ウィル 「実験体を私より強く作ると思っていたのか?」
     「おのれぇぇっ!出来損ないの分際でぇぇっ!」
回避
ヒーローマン 「フン、ただの木偶人形だったか」

ゴゴール(最終)
攻撃
ヒーローマン 「小僧…そして白い奴…あの時の礼がまだだったなぁ!」
         「小僧…また貴様かぁ!」
ウィル 「この死にぞこないがぁっ!」
     「私の復活を、随分と邪魔立てしてくれたらしいなぁ!」
ソレスタルビーイング 「想いが通じれば共存に繋がると思っているのか?馬鹿馬鹿しい!」
              「対話だと?言ったはずだ、交渉の余地などないと!」
浩一 「貴様は選ばれし者などではない!我らスクラッグこそが選ばれし者!」
    「正義の味方など…既に手遅れだ!」
葵 「この星の生命の力を集約した兵器か…。ならばその力、喰らってやろう!」
   「貴様の持つ生命の力、全て我が糧としてやる!」
被ダメージ
ヒーローマン 「おお、二匹ともいい目をするじゃないか。私が憎いか?」
         「ぐうっ、やはり私を脅かす存在は、貴様らか!」
         「貴様らぁぁっ!何度私の邪魔をすればぁぁっ!」
ウィル 「実験体01…。貴様の執念深さには驚かされるなぁ」
     「ほう…!スクラッグの力、完全にものにしたか…!」
     「き、貴様を実験体にしたのが間違いだったというのか!?」

スクラッグ兵士
援護攻撃
ウィル 「実験体01、敵は確実に排除せよ!」
ニック 「その調子だ、実験体02!」
ゴゴール 「ゴゴール様の手を煩わせるまでもない!」
援護防御
ウィル ニック 「大事なサンプルを壊されては困る!」
          「貴重な実験体を失うわけにはいかんのでな!」
ゴゴール 「ゴゴール様には指一本触れさせん!」
攻撃
ヒーローマン 「白いヤツを討てば、ゴゴール様がお喜びになる!」
        「見つけたぞ、白いヤツ!」
        「やはり来たか、ヒーローマン!しかしもう手遅れだ!」(第44話)
ウィル 「実験体01を発見。処分する!」
     「使えぬ駒は排除せよとの事だ」
被ダメージ 
ヒーローマン 「なるほど、報告通りの強さだ…!」
         「ど、どうなってる!?白いヤツ…報告と違うぞ!」
ウィル 「おのれぇ!サンプル選びに失敗したか…!」
     「ぐぬううっ!まさか実験体に追い詰められるとは…!」
回避
ヒーローマン 「その力も当たらなければ怖くはない!」
ウィル 「手に取るようにわかるぞ、同じスクラッグだからなぁ」

ドクター・ミナミ
攻撃
ヒーローマン 「この日を心待ちにしていたぞ、ゴースト!」
         「勝負だ、ゴースト!」
         「リベンジを果たす時がやってきた!」
         「さあ、行くぞ!悪の手先ゴースト!」
         「オーバーテクノロジーと言っても、所詮ゴーストも精密機械!」
ウェスト 「天才はこの世に二人もいらん!」
      「貴様の作る兵器など、あっさりと!」
      「貴様のような品の無い科学者など!」
被ダメージ
ヒーローマン 「スクラッグを壊滅させた力とは、こんなもんかよ!」
         「元気がないぞ、ゴースト!ぬっははは!」
         「ちっ、私の計算と合わんとは…!だが、それでこそゴースト!」
         「なんのぉ!ゴーストめ、これくらい織り込み済みよ!」
         「おぉのれ!ゴーストォォォッ!」
         「ぐぬうう!ゴーストを倒さねば、私の輝かしい未来がぁっ!」
ウエスト 「何号の何だか知らんが、ただのデクの坊のようだな」
      「ぐぬうっ!頭を使った戦い方をするかと思えば…!」
      「おのれ、おのれ、おのれぇぇ!変態科学者などにこの私がぁぁ!」
回避
ヒーローマン 「伊達に高―い授業料は払っていない!」
ウエスト 「貴様のぶーっ細工なロボの攻撃など、当たらぬわ!」
[PR]
by 7071sprw | 2013-06-05 12:13 | スーパーロボット大戦UX | Comments(0)