第40話C 終わらないデイ・バイ・デイ
ヒビキVSゲイツ
ゲイツ「お前達の事も調べさせてもらったぞ、このハレンチボーイ&ティーチャー」
スズネ「ハレンチティーチャー!?」
ゲイツ「やらしいんだぁ!教え子の少年と狭いコックピットでイチャついちゃって!
    ぬふふ…ゲイツ様にもプラーベートレッスンをして欲しいな~!」
スズネ「わ、私は教師として常にヒビキ君を指導しようと頑張ってきたのに…!それを…それを…」
ヒビキ「落ち着いてください、スズネ先生!」
ゲイツ「おちち突いてください、スズネ先生…だって!まあ、そのコスチュームじゃ、そっちの彼もおかしな気分になるわな」
スズネ「や、やっちゃいなさい、ヒビキ君!情け容赦なく、木っ端微塵になるまで!!」
ゲイツ「情け容赦なく、おっぱいジンに…だって!やらしいなぁ、ほんと!」
スズネ「あなたって人はぁぁぁっ!!」

ヒイロVSゲイツ
ゲイツ「もしかして、お前さん…ドーリアン外務次官のアレ?」
ヒイロ「………」
ゲイツ「やっぱり、そうか!いやぁ…マリーメイアの反乱は私も興奮したなぁ!
    あの記念館の中でリリーナちゃんとナナリーちゃんがヒヒ爺のデキム・バートンにバニーガールをさせられていたと思うと…」
ヒイロ「………」
ゲイツ「続き聞く?」
ヒイロ「消えろ」

五飛VS敵
五飛(ナタク…。お前の両腕には多くの人の想いと願いが宿っている
   俺自身の、俺の仲間の…そして、あいつの…!
   駆けろ、双頭の龍よ!ここからが俺達の真の戦いだ!!)

刹那VSゲイツ
ゲイツ「知ってるぜ!お前、刹那・F・セイエイだろ?」
刹那「………」
ゲイツ「それではご一緒に!刹那・F・SAY YEAR!!
    ノリが悪いなぁ!もう一度いくぜ!刹那・F・SAY YEAR!!」
刹那「…お前とはわかり合えない…」

キリコVS敵
キリコ(フィアナ…。お前の夢見た戦いのない世界…
    俺は、それを見つけてみせる。今の俺に残されたのは、それだけだ)

キリコVSゲイツ
ゲイツ「キリコちゃ~ん!アレギウムでは…」
キリコ「それ以上、口を開くな」
ゲイツ「な!ゲイツ様の小粋なトークを…」
キリコ「口を開くなと言った」

ロジャーVSベック
ベック「久しぶりだなぁ、ロジャー・スミス!」
ロジャー「こちらは顔も見たくはなかったがな」
ベック「うぬぼれてんじゃねえ!そりゃ、こっちの台詞よ!
    ここで会ったが1万2000年目!今日こそ決着をつけてやるぜ!」
ロジャー「待て、ベック!その1万2000年に何の意味がある!?」
ベック「知るかよ!俺様の頭の中に浮かんだ数字よ!」
ロジャー(この符号…単なる偶然とは思えない…
     1万2000年の環とパラダイムシティの住民の失われたメモリー…。そこに何の関係がある…)

ロジャーVSゲイツ
ゲイツ「カモン・ネゴシエイター!このゲイツ様もトークになら、ちょっとばかり自信ありだ!」
ロジャー「ビッグオー!アクション!」
ゲイツ「ちょ!おま!少しは人の話を聞けっての!」
ロジャー「相手が人ならば、私も対話を試みる!だが、妖怪の類なら話は別だ!」
ゲイツ「おお!さすがはネゴシエイター!私の力を認めるか!」
ロジャー「こうなるから話をしたくないのだ…!
     今回ばかりは私は自分の職務を放棄する!ビッグオー!アァァクション!!」

ゼロVSゲイツ
ゲイツ「前から気になってた事、言っていいかね?」
ゼロ「好きにしろ」
ゲイツ「お前のゼロって名前…Z-ERO…要するに、『最後のエロス』って意味か?」
ゼロ「!」
ゲイツ「いぃやっほぉぉぉぉ!あのゼロから、一本取ったぜ!」
ゼロ「貴様は危険過ぎる…!色々な意味で!」

宗介VS敵
宗介「アル…」
アル「どうしました、軍曹?」
宗介「いい調子だな」
アル「お互いにですね」
宗介「行くぞ!今の俺達ならやれる!!」

宗介VSゲイツ
ゲイツ「ようやくラムダ・ドライバを駆動させたか!待ってたぜ、ベイビーちゃん!」
宗介「俺はお前のような奴に付き合っている暇はない」
ゲイツ「冗談、キツいね!このゲイツ様はアマルガムの隊長さんなのよ?いわゆる、ラスボスってやつだ!
    その私以上の強敵がいるか!?いや、いない!」
宗介「反語表現か」
ゲイツ「以外にインテリ!」
宗介「授業でやったからな」
ゲイツ「授業だと!?ミスリルは授業も教えてくれるのか!?」
宗介「俺にとってはミスリル以上に大切な場所だ…!そして、そこにはお前以上の強敵が待つ!」
ゲイツ「その敵とは!?」
宗介「まだ残っている夏休みの宿題だ!!」
ゲイツ「何だ、そりゃぁぁ!!」
[PR]
by 7071sprw | 2014-07-03 23:20 | 第3次Z マップ | Comments(0)