人気ブログランキング |
第38話C 心奥
ヒビキorアドヴェントVS敵
アドヴェント「以前より腕を上げたようだな、ヒビキ」
ヒビキ「え…」
アドヴェント「君ならば、あのガドライトを超える事も出来る!さあ行くんだ!」

ヒビキorアドヴェントVSアンナロッタ
アンナロッタ「イミテーションと我々の邪魔者が手を組んだか!」
アドヴェント「彼をイミテーションと呼ぶ事は許されない。彼こそはガドライト・メオンサムを超える可能性を秘めた男なのだからな」
ヒビキ「アドヴェントさん…」
アドヴェント「行こう、ヒビキ!彼女を倒す事が、我々からガドライトへの宣戦布告だ!」
ヒビキ「はい!」

ヒイロVSテイタニア
テイタニア「この男…強い!」
ヒイロ「………」
テイタニア「強靭かつ冷静な意思…!こいつもキリコ・キュービィーと同じタイプの戦士か!」
ヒイロ「お前は勘違いをしている」
テイタニア「何っ!?」
ヒイロ「俺もあいつも冷静などとは程遠い。お前もいつかそれを思い知る事になる」

刹那VSアンナロッタ
アンナロッタ「不幸な男だな、貴様は」
刹那「何…?」
アンナロッタ「貴様はいずれ絶望を知る。自らの存在が、この星の未来を閉ざした時に…!
       その運命から逃れたくば、私にここで討たれろ!」

キリコVSテイタニア
テイタニア「触れ得ざる者、キリコ・キュービィー…!お前の存在は許されない!」
キリコ「フィアナはどこだ?」
テイタニア「知っても無駄だ。あの女は既にお前の手の届かぬ所にいる」
キリコ「もう一度、聞く。フィアナはどこだ?」
テイタニア「貴様…」
キリコ「………」
テイタニア「私を倒す事が出来たら、その答えを教えてやる…!つまり、お前があの女の居場所を知る事はない!
      お前の死を父上に捧げる!それが私の存在する意味だ!」

ロジャーVSアンナロッタ
アンナロッタ「パラダイムシティのネゴシエイターか…!」
ロジャー「アンナロッタ・ストールス嬢といったか…。君とも一度、話をしてみたかったよ」
アンナロッタ「得意の交渉術で命乞いでもするつもりか?」
ロジャー「そうではない。…君達はどうやら訓練された兵士の一団と見るが、その組織の背景について聞きたい
     それがわかれば、君達の無為とも言える行為もいくらかは理解できるかも知れないのでね」
アンナロッタ「我々の戦いを無為と言うか…!」
ロジャー「当然だろう。君達がこの星を襲う事に理由らしい理由が見当たらない
     もしガドライトが言うように暇つぶしだとしたら、私は君達を心の底から軽蔑する」
アンナロッタ「黙れ!我々は…!」
ロジャー「逆上して暴力に訴えるか
     残念だよ…!やはり、君達とは相容れないメンタリティのようだ!」

ゼロVSアンナロッタ
アンナロッタ「こそこそと我々の存在をかぎ回っていた男か…!」
ゼロ「俺の事をどうこう言う前に自分達の方こそ、こそこそと立ち回っていた事を恥じるのだな、卑怯者め」
アンナロッタ「我々を侮辱する気か!」
ゼロ「この程度で激高するとは余程、自分達の行いを恥じていたようだな」
アンナロッタ「貴様…!そうまでして私を怒らせたいか!」
ゼロ「言っておくぞ、ジェミニス!先に俺を怒らせたのはお前達の方だ!」

C.C. VSテイタニア
C.C.「哀れだな、お前達は」
テイタニア「何っ!?」
C.C.「お前達は自分達が崇める者が何者であるかを知っているのか?」
テイタニア「貴様…!マーティアルの神を愚弄する気か!?」
C.C.「まあいい。お前達が何を信じていようと、それは私には関係ない話だ」
   (だが、それが奴である以上、お前達はいずれ絶望と対峙する事になる…)

カレンVSテイタニア
カレン「マオさんから話は聞いている!あんたがフィアナをさらった奴か!」
テイタニア「なかなかの腕だな!だが、ネクスタントである私に勝てると思わない事だな!」
カレン「あんたを倒すのは、あたしじゃない…!キリコだよ!
    だけど、あたしの友達を苦しめるような奴にはそれなりに痛い目に遭ってもらう!」

宗介VSテイタニア
テイタニア「この男…!以前に戦った時と比べて、まるで覇気というものが感じられんな!」
宗介「くっ…!」
テイタニア「どうやら私の買いかぶりだったようだな…!雑魚には用はない!引っ込んでいるがいい!」
by 7071sprw | 2014-07-03 23:22 | 第3次Z マップ | Comments(0)