第32話 忘却の霧の中
ヒビキVS敵
スズネ「行くわよ、ヒビキ君…!準備は出来てる!?」
ヒビキ「………」
スズネ「どうしたの!?敵は目の前にいるのよ!」
ヒビキ「わかっています!」
   (あの時見たスズネ先生…いったい何だったんだ…)

桂VS敵
桂「くっ…」
モーム「どうしました、桂様!?」
桂「大丈夫だ…。戦える…」
 (とは言ったものの、この頭痛…。こっちの世界に跳ばされてきた時、以来だぜ)

シモンVS敵
シモン「俺のドリルは…!嵐を呼び、いつか天まで届く!」
ヴィラル「どうした、シモン?何を熱くなっている」
シモン「理由なんて知るか…!ただ、俺は俺の心のままにドリルを回し、進んでいくだけだ!」

葵VS敵
葵(何だろう…。あたしの中の何かが、目を覚まそうとしている…
  押さえつければ、押さえつけるほどあふれてくる…!この感じ…何だか懐かしい…!)

アマタVS敵
アマタ(何だろう…。この心が澄み切っていく感覚…
    まるでアクエリオンと自分が一つになっていくようだ…。この感覚…ミコノさんも感じているのか…)
[PR]
by 7071sprw | 2014-07-04 08:08 | 第3次Z マップ | Comments(0)