第11話C 戦端
ヒビキが出撃
キリコ「………」
ヒビキ「キリコ…。どうして俺をパートナーに指名した?」
キリコ「………」
ヒビキ「俺は戦う事に向いてないんじゃなかったのか?」
キリコ「考えが変わった」
ヒビキ「え…」
キリコ「お前は自分の心を偽ってでも戦おうとしている
    …お前も俺と同じという事だ」
ヒビキ「キリコ…」
スズネ(ヒビキ君は自分の心を偽っている…?もしかして、ジェフリー艦長が話そうとしていたのはその事なの…)

シャッコが出撃
キリコ「………」
シャッコ「…おそらく、あのニーバの所にはカン・ユーがいる
     奴はア・コバのバトリングではそれなりの顔役だそうだ」
キリコ「………」
シャッコ「気をつけろ、キリコ。あのニーバという男…お前個人を標的にしている」
キリコ「レッドショルダーに恨みを持つ人間か…」

アルトが出撃
キリコ「………」
アルト「そのニーバという男はお前と戦うためにフィアナをさらったのか?」
キリコ「ああ…」
アルト「ふざけやがって!人の生命を何だと思ってやがる!
    俺がフォローする。キリコ、お前はそいつに馬鹿な事をしたと後悔させてやれ」
キリコ「そのつもりだ」
アルト(馬鹿な奴だ…。確かに目的通り、キリコと戦う事は出来るだろうが、自ら死にに来るようなもんだ
    それなりにつきあいの長い俺でさえ、今のキリコは怖いくらいだからな)

オズマが出撃
キリコ「………」
オズマ「そのニーバという男…自らPSと名乗ったのか?」
キリコ「ああ…」
オズマ「たとえ、戦闘力は強化されていようと自分の欲望のために女をさらうような奴は最低最悪のクソ野郎だ
    やるぞ、キリコ。必ずフィアナを取り戻す!」
キリコ「…すまない」
オズマ「礼などいらん。彼女は俺にとっても戦友だからな」
   (わかるぞ、キリコ。お前の腹の中が怒りでたぎってるのが…
    お前の突撃ラブハート…見せてもらう)

ミシェルが出撃
キリコ「………」
ミシェル「心配するな、キリコ。向こうだって馬鹿じゃない。人質を傷つけるような真似はしないさ」
キリコ「………」
ミシェル「俺をパートナーに選んだって事は援護を頼むって事だろ?
     任せておきな。俺のスナイピングでお前の救出劇をばっちりサポートするぜ」
キリコ「…すまない」

ルカが出撃
キリコ「………」
ルカ「このエリアに接近する機体があります。おそらくAT…機体数は2機です」
キリコ「来たか」
ルカ「以前に対戦したPSのデータを用意しました。そのニーバという男と戦う時にもきっと役に立つと思います」
キリコ「助かる」
ルカ「はは…キリコさんから、そんな言葉が聞けるなんて嬉しいです
   でも、僕も…キリコさんの気持ち、わかりますから
   その…ここだけの話ですけど、僕にも好きな人がいるんです…。その人のためなら、僕も…」
キリコ「…来るぞ」

クランが出撃
キリコ「………」
クラン「そのニーバという男…!女を人質に取るとは戦士の風上にもおけんな!
    そんな奴がパーフェクトを名乗るなど片腹痛い!奴に敗北を味わわせて、必ずフィアナを救い出すぞ!」
キリコ「…すまん」
クラン「礼など要らん。…ただ少しフィアナがうらやましいな」
キリコ「うらやましい?」
クラン「私も女だからな。お前ほどの男に、そこまで想われている彼女は幸せものだ」
キリコ「…そうか」

カナリアが出撃
キリコ「………」
カナリア(余計な言葉は要らんようだな。いつも以上に集中している
     キリコに隙はない。私はそれをフォローするだけだ)
キリコ「…来るか」

宗介が出撃
キリコ「………」
宗介「………」
キリコ「………」
宗介「…一つ聞いていいか?」
キリコ「何だ?」
宗介「敵の戦力もわからん状態で勝算はあるのか?」
キリコ「………」
宗介「そういう問題ではないという事か。お前らしくないな」
キリコ「では、お前はどうだ?」
宗介「俺が出撃したのは任務だからだ」
キリコ「違う。ハンカ自治州での戦いの事だ」
宗介「…!」
  (あの時、俺は…千鳥を救出するために戦った…。勝算も効率も関係なく…
   あれは任務だったからか…?それとも、俺の中の別の何かが…)
キリコ「時間だ。来るぞ」

クルツが出撃
キリコ「………」
クルツ「………」
キリコ「…何をしている?」
クルツ「風向きと強さを確認していた
    これで準備はバッチリだ。どんな相手だろうと外しゃしねえぜ」
キリコ「…当てにさせてもらう」
クルツ「は…よせよ!お前にそんな言葉を吐かれるとケツの辺りがかゆくなるぜ
    だがよ、せっかくのご指名だ。フィアナのためにも、この勝負…やるぜ」
キリコ「ああ…」

マオが出撃
キリコ「………」
マオ「そのニーバって男、あんたがレッドショルダーだって事を知ってたんだね…」
キリコ「ああ…」
マオ「逆恨みから女を人質に取るような野郎だ。気にする必要はないさ」
キリコ「わかっている」
マオ(気合は十分…。隣にいるこっちが怖いくらいだよ)

ヒビキVSニーバ
ヒビキ「お前はそれ程までしてキリコと戦いたいのか!人質を取ってまでして!」
ニーバ「それの何が悪い!俺の戦いは俺のものだ!」
ヒビキ「貴様…!自分のした事を地獄で後悔しろ!」
スズネ(誰かの生命が危険にさらされた時、ヒビキ君は強い怒りをあらわにする…
    そこにヒビキ君の真の戦う理由があるの…?)

キリコVSニーバ
ニーバ「待っていたぞ、レッドショルダー!貴様を殺せる今日という日を!」
キリコ「………」
ニーバ「あのオロムの荒野での地獄を…!貴様達に味わわされた地獄を俺は今日まで一度たりとも忘れなかった!
    その怒りと憎しみを晴らすために俺はPSに志願した!
    身体の半分に機械を埋め込まれようと、貴様を殺せるのなら悔いはない!」
キリコ(この男も未だに地獄を引きずるか…)

シャッコVSニーバ
ニーバ「俺の邪魔をするな、クエント人!」
シャッコ「この男…PSと言ったが、フィアナとは違う…!もっと忌むべき存在だ!」
ニーバ「俺をギルガメスのポンコツと同じと思うなよ!より進化したPS…それが俺だ!」
[PR]
by 7071sprw | 2014-07-04 13:22 | 第3次Z マップ | Comments(0)