第08話 戦うボーイ・ミーツ・ガール
ヒビキVS敵
ヒビキ(不思議な感じだ…
    今、俺の胸の中には大事な人達が危険にさらされた怒りで満ちている…!
    その怒り…受けてもらうぞ!!)

ヒビキVSガウルン
ヒビキ「今の俺では、あの男には勝てない…」
スズネ「ヒビキ君…!」
ガウルン「潔いな、少年…!だけど、抵抗してくれなきゃこっちとしてはつまらないんだよ!」
ヒビキ「勘違いするな、山犬。勝てないからと言って、お前のような奴に屈するつもりはない…!」
ガウルン「ほう…」
ヒビキ「お前は俺の身近な人間を危険にさらした…!
    そのツケは払ってもらうぞ!」

カミーユVSガウルン
カミーユ「あの男…強い!」
ガウルン「ほう…俺の動きについてこられるとはニュータイプって奴かもな」
カミーユ「こいつは!遊び気分で戦っているのか!」
ガウルン「それの何が悪い?人生ってのは、遊びみたいなもんだろ?」
カミーユ「そういう男の危険性は知っている!ここで奴は止めなくては!」

リディVSガウルン
ガウルン「おいおい!新兵がこんな所に出てきて、何をしようってんだい!」
リディ「確かに自分は未熟だが、ロンド・ベルの一員として、果たすべき義務がある!」
ガウルン「気に入ったよ、グリーンボーイ!お前さんにはとびっきり残酷な戦場の現実を教えてやるとするか!」
リディ「お断りだ!自分とて、まだ死ぬつもりはない!」

甲児VS敵
甲児「よくもクラスのみんなを危険な目に遭わせてくれたな!
   許さないぞ、お前等!俺が2年4組を代表して、みんなの怒りを晴らしてやる!」

甲児VSガウルン
ガウルン「知ってるぜ、マジンガーZ!映画で見たより随分と小さいんだな!」
甲児「何っ!?」
ガウルン「ハハッ!冗談だよ、冗談!お詫びに遊んでやろうか、スーパーロボット?」
甲児「こいつ…!遊び半分で俺とマジンガーに向かってきた事を後悔させてやるぞ!」

さやかVS敵
さやか(待っていてね、かなめ、詩織、恭子…
    転校してきたばかりの私に優しくしてくれたみんな…。それを怖がらせた奴等は、私が退治するから!)

ボスVS敵
ヌケ「やりましょう、ボス!」
ムチャ「みんなを危ない目に遭わせた奴等にかける情けはありませんよ!」
ボス「おう!2年4組の番を張ってる、このボス様だ!クラスのみんなの借りは、まとめて返すぜ!!」

正太郎VSガウルン
ガウルン「ICPO名物の少年捜査官クンね。仕事熱心もいいが、あんまり大人の事情に首を突っ込むと怪我じゃすまないよ」
正太郎「お前の事は知っているぞ、ガウルン!世界中に指名手配されている恐ろしい男だって事を!」
ガウルン「その俺に向かってくるとは…。いやはや、子供の無知というのは怖いものだ」
正太郎「その余裕もここまでだ、悪党!鉄人で必ずお前を倒してやる!」

ワッ太VSガウルン
ガウルン「これはこれは、小学生社長サマではないですか!」
ワッ太「もしかして、俺って有名人!?」
ガウルン「社長のオモチャもご立派ですが、私のASにも面白いものが積んでありましてね」
ワッ太「父ちゃんから受け継いだ俺のトライダーをオモチャ扱いするな!
    丁寧なしゃべり方に騙されるところだったけど、お前はとんでもない悪党だな!」
ガウルン「おや…バレましたか?」
ワッ太「悪党だったら、容赦なしだ!お前がオモチャ扱いしたトライダーでやっつけてやるぞ!」

キリコVS敵
キリコ(フィアナ…
    俺は、この世界でお前と共に生きるために戦う)

キリコVSガウルン
ガウルン「まさか、こんな所で噂の『触れ得ざる者』に出会えるとは、今日はとんだラッキーデーだ!」
キリコ「………」
ガウルン「どうやら、あんたは自分の噂に興味がないようだな…
     だが、覚悟しな!あんたの存在は必ず争いの火種になるぜ!」

アルトVS敵
アルト(たった一ヶ月だけの付き合いなのに…それも自分からは、ほとんど話しかけるような事はしなかったのに、こんな気持ちになるとはな…)
   「やるぞ…!クラスのみんなのためにも、お前達は許さない!!」

アルトVSガウルン
ガウルン「やれやれ…頭上をうるさいハエが飛んでいるか…」
アルト「あのAS…!遊んでいるようで隙がない…!」
ガウルン「ほう…ちょっとは出来るようだな、兄さん。褒めてやるよ」
アルト「ふざけるな!いつまでも遊び気分でやれると思うなよ!」
ガウルン「だったら、兄さん…!出来るもんなら、俺を本気にさせてみな!」

オズマVSガウルン
ガウルン「あんたが、この部隊の隊長さんのようだな!」
オズマ「こいつは…危険過ぎる!」
ガウルン「さすがは隊長さんだ!強者は強者を知るってやつか!」
オズマ「だとしても退くわけにはいかん!俺がこいつを止めるしかない!」

ミシェルVS敵
ミシェル「クラスの女の子達や神楽坂先生はきっと怖い思いをしただろうな…
     お前達には、そのツケをその身で払ってもらおうか!」

葵VSガウルン
くらら「葵!あの男…!」
葵「わかっている…!あたし達と同じで刺激を求める獣だ!」
ガウルン「ご同輩ってのはわかるもんだね。仲良くしようか、お嬢さん方」
エイーダ「黙りなさい!私達はあなたのように欲望をまき散らす戦争屋とは違います!」
ガウルン「細かい違いはいいんだよ!とっとと楽しもうぜ、殺し合いをよ!」
葵「うるさいよ、戦争屋!あんたみたいな男に付き合うつもりはないよ!」

宗介VSガウルン
ガウルン「新型のASとはな!随分と潰し甲斐のありそうな獲物になってくれたな、カシム!」
宗介「黙れ、ガウルン…!」
ガウルン「そうつれなくするなよ!せっかくの再会なんだから楽しもうぜ、たっぷりと!」
宗介「俺はお前に用などない!」

宗介VSガウルン(イベント後)
ガウルン「最高だぜ、カシム!俺達は史上初のラムダ・ドライバ搭載機同士の戦いってのをやってるんだぜ!」
宗介「この装備がどんなものだか知らないが、お前を倒すためなら使いこなしてみせる!」
ガウルン「いいね、いいね、カシム!その殺気…少しだけだが昔のお前を思い出したよ!
     あの頃の汚れない純粋な殺意の塊のお前をな!」
宗介「黙れ、ガウルン!そのよく動く口を、今すぐ閉じてやる!」
[PR]
by 7071sprw | 2014-07-04 13:35 | 第3次Z マップ | Comments(0)