人気ブログランキング |
22-a 砂塵の果て
セレーナVSイザーク
イザーク「貴様は!よくもぬけぬけと何度も姿を現せるな!」
セレーナ「ま、その辺は割り切らないとね…。それより、あんまりうるさいと、神隠しにあうことになるわよ…?」
エルマ「や、闇討ちにするつもりですか!?」

セレーナVSディアッカ
セレーナ「あら」
ディアッカ「あんたか…。全く、やれやれだぜ」
セレーナ「微妙な評価をしてくれるわね…!」

カミーユVSディアッカ
カミーユ「長射程も一長一短だ!この角度なら!」
ディアッカ「弱点くらいこっちも把握してるっつーの。調子に乗るなよ!」

コウVSバルトフェルド
コウ「軍人としてのあなたは、尊敬に値すると言っていいかも知れない…!」
バルトフェルド「そりゃどうも」
コウ「だが、俺達は敵として出会った!あなたが退かぬと言うのなら、俺もまた退くわけにはいかない!」
バルトフェルド「それも答えの一つだ!来たまえ、コウ・ウラキ少尉!」

バニングVSバルトフェルド
バニング「長いようで短い付き合いだったな、アンドリュー・バルトフェルド!」
バルトフェルド「全くだ。ここでお別れするのが惜しい。まさに好敵手だったよ、君達は」

ジュドーVSバルトフェルド
ジュドー「くそっ!同じ砂漠の敵でも、あいつとは大違いだぜ!」
バルトフェルド「誰に重ねているのかは知らんが、先入観で相手を測るのは良くないぞ」

アムロVSバルトフェルド
バルトフェルド「光栄だね、あのアムロ・レイと直に刃を交わすことが出来るとは!」
アムロ「そこまでの技量と度量を持ちながら、何故無益な争いをする!?」
バルトフェルド「力を持つ者は自分が間違っているとは思わないものさ。そういう意味で君達は危険な存在…
         そう、コーディネーターにとって忌むべき存在なのさ!」

ヒイロVSバルトフェルド
バルトフェルド「君は何のために戦っているのかね?」
ヒイロ「…その質問をする者は、大半は己の戦う理由に迷いを生じさせている」
バルトフェルド「おやおや」
アイシャ「ふられたわね、アンディ」
バルトフェルド「ま、そう上手くはいかんさ」

キラVSイザーク
イザーク「見つけたぞ、ストライク!傷の礼をさせてもらう!!」
キラ「あいつ…!僕達を追ってきたのか!?」

キラVSディアッカ
キラ「バスターが相手なら砂を巻き上げて…!」
ディアッカ「ちっ!ビームの減衰率が高すぎる!大気圏内じゃこんなかよ!」

キラVSバルトフェルド
バルトフェルド「君の相手は僕だよ、奇妙なパイロット君」
キラ「くっ!バクゥとは動きが違う!でも!」
バルトフェルド「やはりね…。大したもんだよ、君は
          群に入って日も浅いだろうに、僕のラゴゥを捉えるなんてね 
          やはり、君は何か違う…!本当にバーサーカーなのかも知れんな!」

ムウVSイザーク
ムウ「砂漠に不慣れみたいだな!後ろががら空きだぜ!」
イザーク「戦闘機ごときが生意気なんだよ!」

ムウVSディアッカ
ディアッカ「いい加減に落ちろ!」
ムウ「ちっ!やらせるかよ!」

ムウVSバルトフェルド
ムウ「短い付き合いだったが、ここでお別れだ!」
バルトフェルド「そうだねぇ、そろそろ飛び回られるのも目障りになってきたのでね!」

カガリVSバルトフェルド
カガリ「いくぞ、卑怯者っ!!」
バルトフェルド「やはり、死んだ方がマシな口かね、君は!!」

イサムVSバルトフェルド
イサム「虎だか狼だか知らねえが、この俺に当てようなんざ100年早えぇ!」
バルトフェルド「アイシャの腕を甘く見ないほうがいいぞ」
アイシャ「おだて過ぎよ、アンディ」

ガムリンVSバルトフェルド
ガムリン「まさか、同胞と戦うことになろうとは…!」
バルトフェルド「我々コーディネーターを同胞と言うか。ま、同じ地球人であることに違いはないがね」
アイシャ「星の海から来た人達にすれば、コーディネーターとナチュラルの違いなんて小さいものなのかも知れないわね」
バルトフェルド「が、今は敵同士…戦うしかない!」

ミリアVSバルトフェルド
ミリア「このエースのミリアを敵に回して、ただで済むと思わないことね!」
アイシャ「怒らせちゃったわね」
バルトフェルド「ちょっと厄介な敵だな。頼むよ、アイシャ」
by 7071sprw | 2006-04-10 11:03 | 第3次α マップ