第59話 「灼熱の巨大要塞」
秋水VSレジアーネ
レジアーネ「ガーディアル・ブラッドがリミッターを解除した以上、お前達には万に一つの勝ち目もないよ!」
秋水「んな事、やってみなきゃわかんねえだろうが!」
フェアリ「レジアーネ!あなたとヘルルーガはヴォートの意思を受け継いだ私達が倒します!」
秋水「地球とガディソードの未来を切り拓く剣となってな!」

秋水VSヘルルーガ
秋水「ヘルルーガ!決着をつけさせてもらうぜ!」
ヘルルーガ「フン、貴様が赤月 秋水。フェアリの機体を乗りこなすという地球人か
      貴様らの『XENONドライブ』がどの程度のものか…見せてもらう!
      私を失望させるような戦いはするなよ?」
秋水「へっ、言ってくれるぜ!
見せてやるよ!俺とフェアリさんの実力をな!」
フェアリ「ヘルルーガ!あなたの野望は、ここで断たせてもらうわ!」

秋水VSヘルルーガ(戦闘後)
秋水「く…なんてパワーだ!」
フェアリ「秋水様、あのアラウンザーという機体…XENONで動いているようです!」
秋水「アラウンザーにも『XENONドライブ』が?」
フェアリ「ええ…
私達の機体と比べ、パワーも数段上です!」
秋水「ただでかいだけじゃないって事か…」
フェアリ「ものすごいエネルギー数値…これを暴走させずに制御できるなんて…」
ヘルルーガ「フハハハハハ!さすがに驚いたようだな、フェアリ!
      XENONの研究は私の方が先に進めていたのだよ。
当然、お前よりも高度な研究をな!」
フェアリ「なんですって!?」
ヘルルーガ「『XENON』の力を完全に制御するには膨大な実験データの解析が必要なのだ
      お前の研究を支援し、開発のヒントを与えたのはそのためだ
フェアリ「……」
ヘルルーガ「フフフ…お前達は始めから我が手の上で踊っていたのだ!」
フェアリ「そんな…」
秋水「フェアリさん!ここまで来たらそんな事どうだっていいじゃないか!
   現に、俺達はヘルルーガを追い詰めている!奴の言葉に動揺しちゃダメだ!」
フェアリ「そうですね、秋水様
     もう大丈夫です!共にヘルルーガを倒しましょう!」
秋水「おう!」

光珠VSレジアーネ
光珠「ガーディアル・ブラッドにあんな機能があったなんて…!」
レジアーネ「今まではお前達の実力に合わせてやってたのさ!けど、もう遠慮はしないよ!
      さあ!そろそろこの戦いに幕をおろさせてもらうよ!」
フェアリ「それはこちらの台詞です!
レジアーネ!あなたとヘルルーガはヴォートの意思を受け継いだ私達が倒します!」
光珠「地球とガディソードの未来を切り拓く剣となってね!」

光珠VSヘルルーガ
光珠「あなたがヘルルーガね!決着をつけさせてもらうわ!」
ヘルルーガ「フン、貴様が赤月 光珠。フェアリの機体を乗りこなすという地球人か
      貴様らの『XENONドライブ』がどの程度のものか…見せてもらう!
      私を失望させるような戦いはするなよ?」
光珠「なによ、偉そうにっ!
見せてあげるわ!私とフェアリさんの力を!」
フェアリ「ヘルルーガ!あなたの野望は、ここで断たせてもらうわ!」

光珠VSヘルルーガ(戦闘後)
光珠「う…なんてパワー…!」
フェアリ「光珠様、あのアラウンザーという機体…XENONで動いているようです!」
光珠「アラウンザーにも『XENONドライブ』が?」
フェアリ「ええ…
私達の機体と比べ、パワーも数段上です!」
光珠「ただ大きいだけじゃないって事ね…」
フェアリ「ものすごいエネルギー数値…これを暴走させずに制御できるなんて…」
ヘルルーガ「フハハハハハ!さすがに驚いたようだな、フェアリ!
      XENONの研究は私の方が先に進めていたのだよ。
当然、お前よりも高度な研究をな!」
フェアリ「なんですって!?」
ヘルルーガ「『XENON』の力を完全に制御するには膨大な実験データの解析が必要なのだ
      お前の研究を支援し、開発のヒントを与えたのはそのためだ
フェアリ「……」
ヘルルーガ「フフフ…お前達は始めから我が手の上で踊っていたのだ!」
フェアリ「そんな…」
光珠「フェアリさん!ここまで来たらそんな事どうだっていいじゃない!
   現に私達はヘルルーガを追い詰めているのよ!あんな言葉に動揺しちゃダメ!」
フェアリ「そうですね、光珠様
     もう大丈夫です!共にヘルルーガを倒しましょう!」
光珠「そうこなくっちゃ!」

ジークが出撃
ジーク「ヘルルーガ!今から、お前を討ちに行く!首を洗って待っていろ!」

サリーが出撃
サリー「ヘルルーガ…あなたの陰謀のせいで多くの人達が苦しんで来た…
    でも、それもここで終わり!これ以上、あなたの好きにはさせないわ!」

アムロが出撃
アムロ「難攻不落の要塞でも、必ず弱点があるはずだ…
    そこを突いてやる…!」

アムロVSヘルルーガ
ヘルルーガ「フハハハハ!新型ガンダムの威力、見せてもらおうか!」
アムロ「でかいだけで勝てると思うな!」
ヘルルーガ「フフフ…所詮モビルスーツなど我がアラウンザーの前では虫けらに過ぎぬ!」
アムロ「νガンダムは伊達じゃない!」

アムロVSヘルルーガ(戦闘後)
ヘルルーガ「フ…しぶといパイロットだ
      奴は機体の性能以上を引き出しているようだな
      面白い…。貴様の腕でどこまでやれるか、見せてもらおう!」
アムロ「く…パワーが違いすぎる…!
    だが負けるわけにはいかない!こいつだけは…やらなきゃいけないんだ!!」

クリスが出撃
クリス「もう戦争はたくさん…
    これで終わりにしてみせる!」

クリスVSヘルルーガ
ヘルルーガ「さあ、遠慮はいらん!ここまで辿り着いた貴様らの力を示すがよい!
      そして証明してみせよ!貴様達が最強の相手であると!」
クリス「言われなくても、そのつもりよ!私達の力はあなたのような身勝手な人を倒すためのものなのだから!」

バーニィVSヘルルーガ(戦闘後)
バーニィ「う…こいつ…!ただでかいだけじゃないぞ!」
ヘルルーガ「なめられたものだな。このアラウンザーはそのような攻めではビクともせん!
      貴様ごときでは相手にならん。出直して来い!」
バーニィ「く…くそ!負けてたまるか!」

シローが出撃
シロー「ここまで生き延びたんだ。誰一人として死なせはしない!
    みんなの命は俺が守る!」

シロー VSレジアーネ
シロー「もうやめるんだ!自分たちの本拠地が廃墟になってもいいのか!?」
レジアーネ「アハハハハ!そんな甘ちゃんがよく今まで生き残ってこれたね!」
シロー「話し合おう!そうすれば、こんな戦いはしなくて済む!」
レジアーネ「あいにくあたしは戦いが大好きなんだよ!
      このゾクゾクする感覚がたまらないんでね!!」
シロー「な、なんだと!?」
レジアーネ「ククク…そうだ。そうやってもっと闘争本能を剥き出しにしておくれよ
      そうじゃないとつまらなくなるだろう?」
シロー「…こ、こいつは…」
レジアーネ「さあ、始めようじゃないか!地獄のパーティーをね!」

シローVSヘルルーガ
シロー「長かった戦いもこれで終わる…!みんな、いいか!ここまで来たら死ぬ事は許されない!
    誰一人欠ける事なく勝利をこの手に掴むんだ!」
ヘルルーガ「いいぞ…!貴様達の強さの源はその心の強さにあるのだ
      しかし、それも私には通じぬ!絶対の支配者たるこの私にはな!」

カミーユが出撃
カミーユ「ヘルルーガ!俺はお前を許さない!
     お前みたいな大人がいるから戦争がなくならないんだ!」

カミーユVSヘルルーガ
カミーユ「ヘルルーガ!お前は戦いを生む源だ!生かしてはおけない!」
ヘルルーガ「身の程知らずが…!力の差というものを知るが良い!」

クワトロが出撃
クワトロ「人類は覚醒し、人は互いにわかり合える。ニュータイプの時代は目の前に来ているのだ
     だが、ヘルルーガは人々の争いを増幅させ、時代を逆行させようとしている…
     奴のようなオールドタイプにこの星の未来を渡すわけにはいかんな!」

ファVSレジアーネ
ファ「相手のウィークポイントを突けば、私でも…!」
レジアーネ「フン…!よたよたやってんじゃないよ!お前じゃ話にならないんだよ!」
ファ「ば…馬鹿にして!見てなさい!」

ジュドーが出撃
ジュドー「終わらせるぜ、この戦い!」

ジュドーVSヘルルーガ
ジュドー「俺には…いや、俺達にはわかる…。あんたみたいな人間を許しちゃいけないって事が!」
ヘルルーガ「戯れ言を!私は今まさにガディソ-ドだけでなく、全宇宙に君臨しようとしているのだぞ!
      その私を許さぬなど、貴様ごときが言う台詞ではないわ!」
ジュドー「わかれよ!誰かが無理矢理に人の上に立ったって、戦いの連鎖は途切れないんだよ!」

ジュドーVSヘルルーガ(戦闘後)
ヘルルーガ「無駄だ!モビルスーツごときでアラウンザーにかなうものか!」
ジュドー「くそっ!負けられるかってんだよぉっ!」
プル「ジュドー!無理をしちゃダメだよ!」
ジュドー「わかってるよ!でも、こいつだけは倒さなきゃなんないんだ!」
プル「そうだけど!
熱くなりすぎだよぉ!ジュドー!!」
ジュドー「プ…プル…
     ありがとう…。少し、冷静になんなきゃな」

ケーンが出撃
ケーン「へへ…もうちょっとだけ頑張ってくれよ、ドラグナーちゃん
    この戦いが終わったらピッカピカに磨いてやるからな!」

ケーン VSヘルルーガ
ヘルルーガ「これが、D兵器か…。大した代物とは思えんな…」
ケーン「なんだとーっ!」
タップ「おい、ケーン!ガツンとやってやろうぜ!」
ライト「見せつけてやろうぜ。俺達の実力ってやつをね!」
ケーン「あたぼうよ!
    ヘルルーガのおっさん!強がってられるのも今のうちだぜ!」

甲児が出撃
甲児「さあ、出て来いヘルルーガ!お前の野望もここまでだ!
   この兜甲児様が相手になってやるぜ!」

甲児VSヘルルーガ
ヘルルーガ「アラウンザーが起動した今、貴様達に訪れるのは絶望に満ちた地獄だけよ!」
甲児「うるせえっ!悪党が大層な口、利いてんじゃねえ!
   てめえは俺がブッ倒してやる!神も悪魔も超えた正義の魔神、このマジンカイザーでな!」

甲児 VSヘルルーガ(戦闘後)
甲児「うっ、…く!い、痛えじゃねえか!」
ヘルルーガ「フン!マジンカイザーとやら…まだ報告にあった性能に達しておらぬぞ…
      兜甲児よ!この私を失望させるな!」
甲児「ちっくしょう!動け!動けぇっ!動いてくれ、マジンカイザー!
   マジンカイザーは負けない!絶対に負けないんだぁっ!」

ワッ太が出撃
ワッ太「ひょえー!でかい基地だなぁ!」
柿小路「社長、これは要塞です!要塞ですぞ!」
ワッ太「だから、何?基地とは違うの?」
厚井「要塞は戦うために作られた基地です。特に守りは堅く、うかつに攻め込むとひどい目にあいます!」
木下「どこから敵ロボットが出てくるかわかりません!注意してください!」
郁恵「他のみんなと足並みを揃えてください」
ワッ太「OK、わかったよ!」

ワッ太VSヘルルーガ
ワッ太「最強の最高傑作だろうと叩き壊してやる!それでこの依頼は無事完了だ!」
ヘルルーガ「そうだな、終わりにしてやる…!
      貴様の死をもってな!」
ワッ太「そんな事させるもんか!トライダーがやられたら我が社はすぐに倒産しちまうんだ!
    地球も竹尾ゼネラルカンパニーも潰させるもんか!」

ワッ太VSヘルルーガ(戦闘後)
ワッ太「ふう…こいつ、硬いなぁ~」
柿小路「社長!何事も積み重ねですぞ!」
木下「そうです。地道に行きましょう!」
厚井「危なくなったらすぐに戻ってください!万全の修理体勢で待っています!」
郁絵「くれぐれも無理をしないでくださいね?」
ワッ太「わかってるって!頼りにしてるよ、みんな!」

仁が出撃
飛鳥「吼児、仁、行こうぜ!」
吼児「僕達の地球を守るんだ!」
仁「あったりまえだぜ!俺達は地球防衛組なんだからな!」
マリア「その意気よ!
    地球防衛組、出動!」

仁VSヘルルーガ
仁「やいやい、ヘルルーガ!よくもジャーク帝国と手を組んで地球を狙いやがったな!」
ヘルルーガ「それも策略よ。おかげで邪魔なジャーク帝国を始末する事ができたのだからな」
飛鳥「卑怯者め!お前もジャーク帝国と同じく、僕達が倒す!」
ヘルルーガ「甘いな、小僧ども!地球の守護神といえど、このアラウンザーの前ではお前達と同じく赤子同然よ!」
吼児「そんな事、やってみるまでわかるもんか!」
飛鳥「今こそ僕達、地球防衛組はエルドランからの使命を果たしてみせる!」
仁「食らえ、ヘルルーガ!これがお前の言う最強の…
  絶対無敵の力だーっ!」

剣人が出撃
剣人「弾児、悪りいな…。こんな戦いに巻き込んじまって…」
弾児「何言ってやがる。俺は感謝してるんだぜ?こんな俺でも人様の役に立てるって事にな
   あの時のまま世の中を恨んで生きてたらと思うとゾッとするぜ…」
剣人「そうだな…。過去にこだわってちゃ前には進めねえ。人はみんな未来に生きるべきなんだ
   行くぜ、弾児!争いの歴史なんざ、俺達の手で断ち切ってやろうぜ!」
弾児「おう!」

剣人VSヘルルーガ
ヘルルーガ「よくぞ、ここまでの強者に育った。誉めてつかわすぞ!」
弾児「てめえなんぞに誉められてもちっとも嬉しかねえぜ!」
剣人「俺達が嬉しいのはてめえみたいな野郎をこの手でブン殴れるって事だぜ!
   俺達は未来に向かって生きる!ヘルルーガ!戦いに取り憑かれたてめえはここで消えろ!」

キッドが出撃
キッド「コズモレンジャーJ9!お呼びとあらば、即参上!」
アイザック「いくぞ!みんな!」
お町「OK!」
ボウィー「イェーイ!」

キッドorボウィーVSヘルルーガ
ヘルルーガ「我が最高傑作アラウンザーを前にしても恐れもせず、逆に向かって来るとはな!さすがは私の認めた最強の者達だ!」
お町「下品な笑いはそこまでにしてね、ガディソードの親玉さん」
アイザック「夜空の星が輝く陰で悪の笑いがこだまする…」
ボウィー「星から星に泣く人の涙背負って宇宙の始末!」
キッド「銀河旋風ブライガー、お呼びとあらば、即参上!
    あの世に行っても覚えときな!」

忍が出撃
アラン「藤原、準備はいいか?」
忍「おう!体中の血液がたぎって今にも爆発しそうだぜ!」
沙羅「この大勝負、負けられないわ!」
亮「ああ、気合入れていくぜ!」
雅人「忍、いつものアレやってよ」
忍「うおおおおっ!やぁぁってやるぜ!」

忍 VSヘルルーガ
ヘルルーガ「フフ…こやつがムゲ・ゾルバドスとの決戦で活躍したというダンクーガか
      その実力を見せてもらおう!」
沙羅「なめやがって!吼え面かかせてやろうじゃない!」
亮「そうだな。奴の望みを叶えてやろうぜ、忍!」
忍「ああ…あの長髪野郎にドデカイのを食らわせてやる!
  いくぞっ!みんな!」
雅人「おうっ!!」

號が出撃
號「奴らの思い通りにはさせねえぜ!」
剴「宇宙の平和は俺達が守る!」
翔「この…真ゲッターロボで!」
號「いくぜっ!」

號VSヘルルーガ
ヘルルーガ「さあ、私の渇きをうるおしてくれ!貴様達の力でな!」
號「人を道具のように言うんじゃねえ!俺達はてめえの思う通りにはならねえぜ!
  行くぜ、翔!剴!あの野郎をぶっちめる!」
剴「やろうぜ、號!こっちはいつでもOKだ!」
翔「ここまで来たら遠慮はいらん!思いっきりやれ、號!」
號「食らえ、高慢ちきジジイ!これがゲッターの…
  俺達の力だああああああっ!」

號VSヘルルーガ(戦闘後)
ヘルルーガ「フン!これが恐竜帝国を滅ぼしたというゲッターロボの戦闘力だと?
      噂ほどではないようだな」
號「んだとぉっ!勝負はこれからだぜ!おっさんよぉ!」
ヘルルーガ「フ…どうやら機体の性能よりもパイロットに問題があるようだ」
號「なにぃっ!!」
翔「フ…まあ、そう思われても仕方ない
だが忘れてもらっては困る
  このゲッターロボは私達ゲッターチームが動かしてるって事をな!」
剴「その通り!リーダーの頭は山猿並でも3人集まれば無敵だぜ」
號「て、てめえら!」
翔「ヘルルーガ!私達を倒せるものならやってみるがいい!」

ダバが出撃
ダバ「人々の平和を脅かす者はカモン家の名にかけて打ち倒す!
   いくぞ、ヘルルーガ!」
リリス「いけーっ、ダバー!」

ダバVSヘルルーガ
ヘルルーガ「最強という言葉が誰に相応しいか…今こそ証明してくれる!」
ダバ「最強なんて肩書きに興味はない!俺達の求めるのは力でなく、自由と平和だ!
   それを奪うお前はこの手で討つ!俺達の力はそのためのものだ!」

ダバVSヘルルーガ(戦闘後)
ダバ「あのマシン…パワーが桁違いだ!」
ヘルルーガ「フフフ…どうした、カモン・マイロード。踏み込みが浅いぞ?」
ダバ「そんな誘いに乗るものか…。ここは持久戦で行く!」

ミト王子が出撃
ミト王子「この戦いは宇宙全体の平和のための戦いなんだ。だから絶対に負けられない…」
カークス「お供しますぞ、王子」
スケード「さあ、参りましょう!」
ミト王子「謀略めぐらす不届き者!余の正義の刃受けてみよ!」
 
ミト王子VSヘルルーガ
ヘルルーガ「エドン国の最強ロボと謳われたダイオージャこそ、我が最強たるを証明するには丁度いい相手!
      さあ、アラウンザーの業火の前にひれ伏すがいい!」
ミト王子「愚かなり、ヘルルーガ!
     心が正しければ、相手が何者だろうと恐れる事はない!
     悪に染まりし者よ!最強を名乗るに足る理由が何か、今こそ、その目でしかと見よ!」

士郎が出撃
シュテッケン「いいか!士郎、佐馬、ライラ!
       戦いとは1つの正義に順ずる精神の発露なんだ。これが『烈』だ!
       ディーゴは俺達に『烈』の生き様を示してくれた!」
佐馬「ああ…その通りだ」
ライラ「いよいよ私達の『烈』を燃やす時が来たわ!」
シュテッケン「戦って、戦い抜いて、『烈』の花火を上げるんだ!」
士郎「銀河烈風バクシンガー!参る!」

士郎VSヘルルーガ
ヘルルーガ「アラウンザーを駆る私こそ、全宇宙に君臨するに相応しき存在!
      数多の軍団を壊滅させてきた貴様達を倒し、それを証明してくれる!」
士郎「あなたは大きな勘違いをしています。確かにその機体は強力です。ですが、それはあなた自身の力ではありません
   いえ…それどころかその力におぼれ、他人の心を踏みにじるあなたは弱い心の持ち主です!」
ライラ「それすらもわかっていないあなたが全宇宙に君臨するつもりでいるとはね…」
佐馬「滑稽にも程があるでござるよ」
ヘルルーガ「我が思惑によって生きながらえた身であるにもかかわらず、私にそのような口を利くとは…
      目障りだ!消滅せよ、銀河烈風隊!」
シュテッケン「そうなるのはてめえだ、ヘルルーガ!
       やるぜ、みんな!ディーゴから引き継いだ『烈』の魂、奴に見せてやるんだ!」
士郎「おう!」
シュテッケン「烈風…ここにあり!」

ロックが出撃
ブルース「さて、これがラストゲームだ。オールインといこうか!」
ロック「待ってました!」
ピート「フィナーレは派手にいこうぜ!」
バーディ「イェイイェーイ!」

ロックorピートVSヘルルーガ
ヘルルーガ「私を止める者などこの世にはおらぬ!アラウンザーこそ無敵の最強兵器なのだ!」
ピート「最後の最後にとんでもない奴が残っていたもんだぜ、こりゃ」
ロック「しかし、こいつを最後にこの戦いを終わりにしたいもんだぜ」
バーディ「そうね…
     思い返してみれば、ビッグゲームが始まってから今までいろんな事があったわねぇ」
ピート「ほ~んと。正に青春のド真ん中を駆け抜けてきたって感じだぜ」
ブルース「キメて夜空を振り見れば、思い出星の数々に、かけた嵐の夢の後、か…
     では諸君、最後に意地と度胸の大勝負と行こうか!」
ロック「イェイイェイ!」

エイジが出撃
エイジ「地球は僕の第2の故郷だ。滅ぼさせはしない!
    頼むぞ、レイ!」
レイ「レディ!」

エイジ VSヘルルーガ
エイジ「レイ!接触して敵の性能を洗い出すぞ!」
レイ「レディ!」
ヘルルーガ「フ…貴様がグラドスとの混血…エイジ・アスカか!」
エイジ「…!?」
ヘルルーガ「ジュリア・アスカによるグラドスの刻印の発動は私の計画には追い風となった
      その行為を助けたお前には感謝しなくてはならんな」
エイジ「思い上がるな!貴様に感謝してもらう理由はない!
    貴様は人を操り、己が野望の犠牲とするのをいとわない…
俺は絶対に許さない!
    ここで決着をつけてやる!」
ヘルルーガ「よかろう!来るが良い!エイジ・アスカよ!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-02-11 02:23 | スパロボXO マップ | Comments(0)