第58話 「皇帝ワルーサを倒せ!!」
秋水VS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「世の邪魔をさんざんしてきたのだ。ゆっくりと苦しみながら死ぬがいい」
秋水「こうしている間にもヘルルーガはろくでもない事を準備してるに違いないんだ!のんびりしてる時間はないぜ!
   フェアリさん、フルパワーで一気にあいつを叩くぜ!」
フェアリ「了解しました、秋水様!」

光珠VS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「世の邪魔をさんざんしてきたのだ。ゆっくりと苦しみながら死ぬがいい」
光珠「こうしている間にもヘルルーガはろくでもない事を準備してるに違いないもの!のんびりやってる時間はないわ!
   フェアリさん、一気にあいつをやっつけるわよ!」
フェアリ「了解しました、光珠様!」

アムロVS皇帝ワルーサ
アムロ「ジャーク帝国との戦いもこれで終わりだ!」
皇帝ワルーサ「蚊トンボがいくら騒いだところで痛くもかゆくもないわ!」

クリスVS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「余が直々に相手をしてやろうというのだ…。死ぬ覚悟はできておろうな?」
クリス「負けるもんですか!陽昇町をこんなにした相手に負けてたまるもんですか!」

シローVS皇帝ワルーサ
シロー「今まで迷惑かけられた分のお返しをさせてもらうぞ!」
皇帝ワルーサ「馬鹿め!攻撃の時間など与えぬわ!」

カミーユVS皇帝ワルーサ
カミーユ「地球をお前達の好きにはさせない!ここで決着をつけてやる!」
皇帝ワルーサ「余に逆らう気か?ならば相応の罰を与えるとしよう」

ジュドーVS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「ジャーク帝国皇帝である世に逆らった罪は重いぞ」
ジュドー「そっちこそ!今まで暴れまわった分のツケ、きっちり払ってもらうぜ!」

ケーンVS皇帝ワルーサ
ケーン「3次元侵略に来たお前らが一番迷惑なんだ!とっとと5次元に帰りやがれ!」
皇帝ワルーサ「そうはいかん。まずはこの星…その後は全銀河を我がジャーク帝国が支配するのだ」

甲児VS皇帝ワルーサ
甲児「とうとう出てきやがったな、皇帝ワルーサ!てめえを倒して、ジャーク帝国との因縁も終わらせてやらあ!」
皇帝ワルーサ「面白い。貴様の実力がいかほどのものか、確かめてくれるわ!」

ワッ太VS皇帝ワルーサ
ワッ太「よくも陽昇町をこんなにしやがって!絶対に許さねえからな!」
皇帝ワルーサ「貴様に許しを請う必要がどこにあるというのだ。余はジャーク帝国の皇帝、ワルーサなのだぞ」
ワッ太「何を偉そうにっ!この竹尾ワッ太とトライダーG7が相手になってやらあ!」

仁VSベルゼブ
ベルゼブ「ライジンオー!今日こそ決着をつけてくれるぞ!」
仁「ここで負けたら俺たちの町がなくなっちまう!」
飛鳥「町だけじゃない!そこに住む父さんや母さんも!」
吼児「学校の先生や商店街の人達も!」
仁「だから負けるわけにはいかねえんだ!行くぜ、ベルゼブ!最後の勝負だ!」

仁VSベルゼブ(ワルーサ撃破後)
仁「もうやめよう、ベルゼブ!ワルーサはいなくなったんだ!
  俺達が戦う理由なんてもうないじゃないか!」
ベルゼブ「黙れ!私は戦士の誇りにかけて貴様を倒す!
     ゆくぞっ!」

仁VS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「おとなしく余に世界を差し出しておれば苦しまずに済んだものを」
飛鳥「冗談じゃない!僕達はエルドランに地球の未来を託されたんだ!」
吼児「世界が5次元人に好き勝手されてるのを、机の前でなんてじっとしてられるもんか!」
仁「新しい世界に飛び出したおかげで俺達は色々な経験ができた…
  そして、夢見る事がいかに大事かを知ったんだ!」
皇帝ワルーサ「一人では何も出来ない3次元人が余に対して生意気な口を利くでない!」
飛鳥「一人じゃ何も出来ないから僕達は力を合わせて生きてるんだ!」
吼児「くじけそうな時は戦う勇気を支えあってね!」
仁「行くぞ、飛鳥!吼児!」
飛鳥「おう!」
吼児「うん!」
仁「夢見る力は絶対無敵だぁぁっ!」

剣人VS皇帝ワルーサ
剣人「てめえら悪人共を一秒でも早く倒して地球を静かで平和な星にするんだ!
   俺達みんなの力でな!」
皇帝ワルーサ「無駄だ!人間の力をいくら集めようと5次元の支配者である余には勝てぬわ!」

キッドorボウィーVS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「この混乱した世界を永遠の闇で包んで安定させてやろうというのだ。何が不満だ?」
アイザック「陽は沈んでもまた昇る。どんな闇の時代もいつかは朝が来る。この町はそれを名前にしている」
お町「そうそう。明けない夜はないってやつね」
ボウィー「で、俺ちゃん達の役目はその闇に巣食う悪党退治なわけよ」
キッド「つまり、お前みたいな奴を倒すのが俺達J9の仕事なのさ!」

忍VS皇帝ワルーサ
雅人「長い間てこずらせてくれたけど、あんた達と戦うのもこれで最後だ!」
皇帝ワルーサ「ゴミ同然の3次元人の分際で余に逆らうとは…。身の程を知るがいい」
沙羅「ハン!そうやって見下してるがいいさ!」
亮「皇帝ワルーサ。ゴミのような存在とは貴様のように驕り高ぶり、他人の命を軽く見る奴の事だ!」
忍「覚悟しな、クズ野郎!俺達の怒りの炎で焼却処分にしてやるぜ!」

號VS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「ジャーク帝国の皇帝である余が自ら相手をしてやろうというのだ。光栄に思うがいい」
號「皇帝だろうが何だろうが、気に入らねえ奴はブッ潰す!それが俺のやり方だ!
  ついでに言うなら、てめえみたいな大迷惑野郎は最高に気に入らねえんだよ!」

ダバVS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「地球を支配した後、お前達の星も支配下においてくれる」
ダバ「そうはさせるか!この世界に迷惑を広げさせはしない!」

ミト王子VS皇帝ワルーサ
ミト王子「お前をこのままにしておいては他の星々も餌食になりかねん!」
皇帝ワルーサ「貴様ごときに倒される余ではないわ!」

士郎VS皇帝ワルーサ
皇帝ワルーサ「余のジャークパワーで貴様達を消し去ってくれる」
佐馬「確かに街1つ浮かせるこのパワーは伊達じゃねえな」
シュテッケン「だが、そんなわけのわからねえ力に恐れおののく俺達じゃねえ!」
士郎「ディーゴから受け継いだ『烈』の精神ある限り、僕達は負けるわけにはいきません…!」
ライラ「あなたは私達が地獄に送ってあげる!」
士郎「いざ、勝負!」

ロックorピートVS皇帝ワルーサ
ロック「ゴールは間近に迫ってるんだ。ジャーク帝国の皇帝さんだろうと俺達の邪魔はさせないぜ!」
皇帝ワルーサ「馬鹿め!貴様達が辿り着く先は暗黒の世界よ!」
バーディ「どうやら私達のレール上に立った人達がどうなったか、ご存知ないようね」
ピート「こりゃ、身を持って体験してもらうしかないね」
ブルース「蹴散らせ、ロック!」
ロック「イェイ!まかしときな!」

エイジVS皇帝ワルーサ
エイジ「皇帝ワルーサ!お前を倒して、地球での戦いを終わりにしてみせる!」
皇帝ワルーサ「できもせぬ事を考えるとは愚かな奴だ」
エイジ「やってみせる…。いや、やらなくてはならないんだ!この星に生きるすべての生命のために!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-02-11 02:25 | スパロボXO マップ | Comments(0)