第56話 「ガディソード前衛要塞」
フェアリVSヴォート
ヴォート「フェアリ、今行くぞ…」
フェアリ「そ…そんなはずない…。ヴォートは…私の目の前で…!」
ジーク「フェアリ、しっかりしろ!あれはもうヴォートではない!」
フェアリ「でも…ヴォートが語りかけて…」
ジーク「秋水!お前がしっかりリードするんだ!」
秋水「そんな事言っても…!」
フェアリ「す、すみません…秋水様…」
秋水「フェアリさん、とにかく落ち着いてくれ!」

光珠VSヴォート
ヴォート「フェアリ、今行くぞ…」
フェアリ「そ…そんなはずない…。ヴォートは…私の目の前で…!」
ジーク「フェアリ、しっかりしろ!あれはもうヴォートではない!」
フェアリ「でも…ヴォートが語りかけて…」
ジーク「光珠!お前がしっかりリードするんだ!」
光珠「そんな事言っても…!」
フェアリ「す、すみません…光珠様…」
光珠「フェアリさん、とにかく落ち着いて!」

ジークVSヴォート
ジーク「ヘルルーガを止めるためにも俺は殺られるわけにはいかん!
    昔のヴォートに戻る保証がないというならば仕方ない。ここで倒すまでだ!」

アムロVSヴォート
アムロ「機体を停止させればパイロットを殺さずに済む…!やってみせるさ!」

クリスVSヴォート
クリス「フェアリさんの声が聞こえなかったの!?もし聞こえているのならすぐに戦闘をやめなさい!」
ヴォート「……」
クリス「反応がない…。やはりこのパイロット、操られている…!?」

シローVSヴォート
シロー「パイロットはフェアリさんの元恋人なんだ。コックピットは避けなくては…!」

カミーユVSヴォート
カミーユ「記憶を消すだけでなく、意思まで奪うなんて…!こんな事が許されるものか…!」

ジュドーVSヴォート
ジュドー「人間を道具みたいに使いやがって!なんだってこんなむごい真似ができるんだよ!」

ケーンVSヴォート
ケーン「ちっきしょう!このままじゃこっちが殺られちまう…!
    くそっ!とっととこいつを止めなきゃまずいぜ!」

甲児VSヴォート
甲児「くそっ!相手は操られてるだけかもしんねえってのに戦うしかねえのかよ!」

ワッ太VSヴォート
ワッ太「ただでさえ数が多くて厄介だってのに敵の中にフェアリさんの知り合いがいるなんて…
    くそっ!どうすればいいんだよ!?」

仁VSヴォート
仁「フェアリさんの知ってる人を倒すわけにはいかないってのに…!
  くそっ!いったい、どうすりゃいいんだよ…!?」

剣人VSヴォート
剣人「てめえがどんだけのパワーを持ってるか知らねえが、こちとら逃げも隠れもしねえ!
   真っ向勝負だ!かかってきやがれ!」

キッドorボウィーVSヴォート
アイザック「今の我々にはあなたを救う術も時間もない…」
ボウィー「てなわけで申し訳ないけど少し痛い目、見てもらうよ」
キッド「ま、俺達は戦場で出会っちまったんだ…。悪く思うなよ…」

忍VSヴォート
忍「てめえとフェアリさんの関係がどうだろうと俺達の邪魔をするんなら容赦はしないぜ!」

號VSヴォート
號「なめんなよ!俺は向かってくる相手には容赦しねえぜ!
  そっちがやるってんならとことんまで相手になってやるぜ!」

ダバVSヴォート
ダバ「この人もクワサンと同じように操られてるというのか…?」

ミト王子VSヴォート
ミト王子「人を人とも思わぬガディソードの行ない…許すわけにはいかぬ!」

士郎VSヴォート
シュテッケン「烈の精神をここで絶やすわけにはいかねえ!」
士郎「あなたとフェアリさんの間に何があったかが知りませんが、邪魔をするのであれば倒すまでです!」

ロックorピートVSヴォート
ブルース「悲劇の再開には同情する…」
ロック「けど、オイラ達もここで殺られるわけにはいかないんでね」
ピート「悪いがそこをどいてもらうぜ」

エイジVSヴォート
エイジ「レイ!攻撃箇所は機関部、コックピットを避ける!パイロットの生存を優先するんだ!」
レイ「レディ」
[PR]
by 7071sprw | 2007-02-11 02:30 | スパロボXO マップ | Comments(0)