人気ブログランキング |
第55話 「失われた者たちへの鎮魂歌」
秋水VSムゲ帝王
秋水「ムゲ帝王…お前を倒せば、ガディソードとの戦いを回避できるかもしれねえ!
   地球だけじゃなくガディソードのためにもお前とはここで決着をつける!」
ムゲ帝王「フフフ…敗れ去るのはお前達だ。この地に足を踏み入れた事を後悔するがいい」
秋水「へっ!負けねえよ!この宇宙に平和を取り戻すまではな!」
フェアリ「行きましょう、秋水様!」
秋水「おう!突っ込むぜ!」

光珠VSムゲ帝王
ムゲ帝王「我が聖域に足を踏み入れた愚行、後悔するがいい」
光珠「冗談!あなたみたいな悪を放っておけるわけないじゃない!
   あなたを倒せば、ガディソードとの戦いを回避できるかもしれない…
   地球だけじゃなくガディソードのためにも帝王様にはお隠れになってもらうわ!」
フェアリ「行きましょう、光珠様」
光珠「OK!エンジン全開よ!」

アムロVSムゲ帝王
アムロ「こ、こいつの周囲に集まっているのは…人の魂…!?」
ムゲ帝王「私をこの場に立たせるとはな。貴様たちを少々甘く見ていたのかもしれん
     だが、それもここまでだ。貴様達に未来はない」

クリスVSムゲ帝王
クリス「ムゲ帝国との戦い、ここで決着をつけてみせる!」
ムゲ帝王「健気なものだ。だが、その気勢がいつまで続くかな」

シローVSムゲ帝王
シロー「赤い宇宙が消えた今なら、相手がムゲ帝王だろうと!」
ムゲ帝王「その程度でいい気になるな。あれは私の力の一端に過ぎぬ」

カミーユVSムゲ帝王
ムゲ帝王「ここまで戦い抜いてきた貴様達の力は認めてやろう。だが、その勢いもここまでだ」
カミーユ「何だ、このプレッシャーは…!?こいつ…いったい何者なんだ…!?」

ジュドーVSムゲ帝王
ムゲ帝王「なかなかやるようだが、所詮は人の力…。進化の究極である私には及ぶべくもない」
ジュドー「進化だとかそんな事知るか!あんたみたいに他人に迷惑をかける奴は許しちゃおけないんだよ!」

ケーンVSムゲ帝王
ケーン「妙な小細工までして残念だったな!あの程度で負ける俺達じゃねえんだよ!」
ムゲ帝王「どうやら私は貴様らを過小評価していたようだ。ここより先はそれなりの対応をしてやろう」

ケーンVSギルガザムネ
ケーン「ヨロイ武者の幽霊なんてシャレにならねえぜ!
    こんなとこに迷い出てこねえで、とっとと墓の中に戻りやがれ!」

甲児VSムゲ帝王
甲児「どんな術を使ったかは知らねえがおかげで俺達の怒りの炎は爆発寸前だ!覚悟しやがれ!」
ムゲ帝王「その怒りの炎とやらと一緒に、貴様達の精神エネルギーを吸い取ってくれる」
甲児「俺達の怒りをなめんじゃねえぞ!下手に触ればヤケドじゃすまねえぜ!」

甲児VSガラダブラ
甲児「また機械獣と戦うはめになるとはな!だが、何度出てこようとこの俺がいる限り、叩き潰してやるぜ!」

ワッ太VSムゲ帝王
ムゲ帝王「赤い宇宙においてデスガイヤーを倒すとはな。さすがは銀河中の猛者を集めただけの事はある」
ワッ太「いまさら俺達を誉めたって手加減なんかしてやらないからな!」
ムゲ帝王「威勢のいいことだ。だが、私とそれに従う亡者の力を目にして正気でいられるかな」
ワッ太「うるさい!幽霊や死神よりも借金や倒産のほうがよっぽど怖いぜ!
    訳のわかんない力を使うお前なんかに負けるもんか!」

仁VSムゲ帝王
ムゲ帝王「地球の守護者エルドランに選ばれし者よ。銀河を統べる大いなる力に屈するがいい」
仁「ライジンオーは絶対に無敵だ!相手が幽霊でも悪霊でも恐れはしないぜ!」

仁VSジャークライジンオー
仁「今日はムゲとの決戦なんだ!邪悪獣はお呼びじゃないぜ!」

剣人VSムゲ帝王
剣人「てめえがどんな罠を仕掛けようと関係ねえ!俺達はそいつを突破しててめえをブッ倒す!ただそれだけだぜ!」
ムゲ帝王「無知は罪だ。お前も亡者の一人となり、己の無力さを悔いるがいい」

キッドorボウィーVSムゲ帝王
ボウィー「残念だったな。あんたの部下のモヒカン野郎は倒させてもらったぜ」
キッド「後はあんたを倒せばムゲ帝国もジ・エンドってわけだ」
ムゲ帝王「調子に乗るのもそこまでだ。亡者どもが冥府で貴様達の到着を待っているぞ」

忍VSデスガイヤー将軍
デスガイヤー将軍「この宇宙にいる限り、貴様に勝利はない!絶望に打ちひしがれて死ぬがいい!」
忍「こんなセコい真似しなきゃ俺達に勝てねえくせに偉そうにほざくんじゃねえよ!
  いいからとっととかかってきな!この空間ごと、てめえをぶった切ってやるぜ!」

忍VSムゲ帝王
沙羅「やっとムゲ帝王のご登場ってわけかい!」
雅人「これまでの借り。キッチリ返させてもらうよ!」
亮「お前がどこから来たかは知らないが、俺達に戦いを挑んだのは間違いだったな」
アラン「ここまで来ればデータは必要ない…俺達がすべき事はただ1つ」
忍「てめえをブッ倒し、地球に帰るだけだぜ!」
ムゲ帝王「フフフ、この感じだ。貴様たちのような者に会うと、戦いに明け暮れていた昔を思い出す…
     久々の戦場、楽しませてもらうとしよう」

忍VSムゲ帝王(イベント後)
忍「しぶとい野郎だ!さすがに悪霊を操る化け物だけはあるぜ!」
ムゲ帝王「この宇宙は私自身なのだ。貴様らがいかに強かろうと宇宙そのものを消す事はできまい
     まして、私は進化の究極体…。進化の過程にある者が終着点に達した私に勝てるはずがあるまい」
雅人「あんまり俺達を甘く見ないでもらいたいね!」
沙羅「人類の理想があんたみたいな奴だなんて、ゾッとするね!」
アラン「俺達はお前を認めない!俺達が進化するとしても、お前とは別の道を進ませてもらう!」
亮「貴様のような邪悪な存在を断ってな!」
ムゲ帝王「おしゃべりもそこまでだ。悪霊共よ…奴らの魂を喰らうがいい」
忍「来やがれ!俺達の生命の力…野生が悪霊共を吹き飛ばしてやるぜ!
  いくぜ、みんな!
  やぁぁぁってやるぜっ!」

葉月博士VSムゲ帝王
葉月博士「これがムゲ帝国との最後の戦いとなる!各員、健闘を祈る!」
ムゲ帝王「ここまで来たのは見事だ。だが、私の聖域に踏み込んだ以上、それなりの覚悟はしてもらうぞ」

號VSムゲ帝王
號「モヒカン野郎同様、てめえもコテンパンにブチのめしてやるぜ!」
ムゲ帝王「かかって来るがいい。そうすれば、いくら貴様のような愚か者でも私の力を理解できよう」

ダバVSムゲ帝王
ムゲ帝王「肉体を滅ぼすだけでは済まさん…。その魂、亡者達に取り込まれよ」
ダバ「そうはいかない!この世界は生きている人間のものだ!死者の力などに負けはしない!」

ミト王子VSムゲ帝王
ムゲ帝王「ここは私が治める地だ。悪霊の前には貴様達の力など通用せぬと知れ」
ミト王子「黙れ、ムゲ・ゾルバドス!光あふれるこの銀河を暗黒の世界に変えさせるわけにはいかぬ!
     余とダイオージャがおぬしの邪を払ってみせる!」

士郎VSムゲ帝王
佐馬「拙者達が怖いからっておかしな罠を仕掛けてくれちゃって」
士郎「あなたも帝王の座に就く者なら、正面から挑んできたらどうなんです?」
ムゲ帝王「下等な者どもを相手にするのに全力を出す必要がどこにある?」
ライラ「私達を甘く見ると痛い目に遭うって事、知らないみたいね」
ディーゴ「貴様にも狼の牙の切れ味を見せてやろう!」
シュテッケン「悪は…斬る!」

ロックorピートVSムゲ帝王
ムゲ帝王「フフフ…伝わってくるぞ。絶望が貴様達の心を支配しようとしているのがな」
ブルース「そうかな?我々の心にあるのは絶望ではない。…希望だ」
バーディ「そういう事。あなたにだって負ける気はないのよね」
ロック「ま、絶望を知るのは俺達じゃなくあんたの方だって事だ!」

エイジVSムゲ帝王
エイジ「ムゲ・ゾルバドス!お前の作り上げた帝国もここまでだ!」
ムゲ帝王「帝国は私がいれば何度でも復活する。その前に目障りな貴様達だけは片付けておくとしよう」
by 7071sprw | 2007-02-11 02:32 | スパロボXO マップ | Comments(0)