第53話 「嵐のザールへ、全艦出撃せよ!」
秋水VSザクロン
ザクロン「地球人など、すべて私が叩きのめしてくれる!」
秋水「やれるもんならやってみやがれ!地球人のド根性を見せてやるぜ!」

秋水VSドルメン大帝
ドルメン大帝「貴様にはわかるまい!我らクローンの悲劇が!憎しみが!」
秋水「わからねえよ!わからねえけどな…!
   だからって、他人の幸せを踏みにじってきたお前達を許すわけにはいかねえぜ!」

光珠VSザクロン
光珠「何、このでっかい人!?これもロボットなの…?」
ザクロン「フフフ、ロボット帝国の技術力を甘く見ない事だ」

光珠VSドルメン大帝
フェアリ「自分が辛い思いをしたからといって他人を不幸にするなんて間違っています!」
光珠「結局、あなたがやってる事はあなたの言うエリオスの人と同じじゃない!」
ドルメン大帝「それがなぜいけない!ワシはやられた事をやり返したまでの事!
       そうでなければ、他人痛みをわからぬ馬鹿者どもにはクローンの無念はわからぬのだからな!」
光珠「そんな考えで戦火を広げてるなんて!許せない…!」

アムロVSザクロン
アムロ「こいつ…人間じゃない。機械生命体だとでも言うのか?」
ザクロン「フッフッフッ。人間よ、不完全な貴様らとは違うのだ。ロボット帝国の力に恐れおののくがいい!」

アムロVSドルメン大帝
アムロ「クローンだろうと、あなたはあなたでしょう!あなた自身の生き方をすればいいのに!」
ドルメン大帝「それを許さなかったのがエリオス帝国だ!
       だから憎んだ!クローンを容認するエリオスを!この世界を!」
アムロ「それはあなたのエゴだ!そんな理由で戦うなんて…!」

クリスVSザクロン
ザクロン「地球のロボットなど、私がすべて廃棄処分にしてくれる!」
クリス「そうはさせない!私達がいる限り!」

クリスVSドルメン大帝
ドルメン大帝「ザール星間帝国こそワシの生きている証!貴様らに壊させるものか!」
クリス「憎しみがここまで人に力を与えるの…!?」

シローVSザクロン
シロー「お前がどこの誰だろうと、俺達に勝てると思うな!」
ザクロン「群れねば何もできん地球人どもが!私の力を思い知るがいい!」

シローVSドルメン大帝
シロー「頭を叩けば戦いは終わる…!ここですべての決着をつけてやる!」
ドルメン大帝「馬鹿め!終わるのは貴様達の方だ!」

カミーユVSザクロン
ザクロン「星間連合の総司令官の名に懸けて貴様達を破壊してくれる!」
カミーユ「そう簡単にやられる俺達じゃない!」

カミーユVSドルメン大帝
カミーユ「なぜ多くの人を苦しめる!お前には虐げられた者の苦しみがわかるはずだ!!」
ドルメン大帝「わからんのか!人間の欲望こそが、クローンを生んだのだ」
カミーユ「人のエゴがクローンを生んだ事はわかる
     その苦しみを知るお前が、なんで世界を正しい方向に導かなかったんだ!」
ドルメン大帝「フハハハハ!愚か者め!他を従わせる力なくば、何も成せぬわ!!」
カミーユ「そのゆがんだ気を吐き出せ!!」
ドルメン大帝「えーい!黙れっ、若造!!」

ジュドーVSザクロン
ジュドー「ザールの本星まであと一歩なんだ!邪魔するな!」
ザクロン「この私がいる限りドルメン大帝のもとへは行かせはせん!」

ジュドーVSドルメン大帝
ジュドー「憎しみだけで生きて何が楽しいのさ!
     クローンだろうと何だろうと生きてるのには違いないんだろ!?だったら、別の生き方だって出来たはずだ!」
ドルメン大帝「その通りだ!だから、ワシはザール星間帝国を作った!クローンの無念を晴らすためにな!」
ジュドー「そうやって憎しみの連鎖を作る事で誰が幸せになるっていうんだよ!なぜ、そんな簡単な事がわからないんだ!」

ケーンVSバリア衛星
ケーン「弱い奴ほど引きこもるってな!殻に閉じこもってるなら力づくで引きずり出してやるぜ!」

ケーンVSザクロン
ザクロン「ロボット帝国のためにも貴様達は生かしてはおけん!覚悟しろ!」
ケーン「自国の心配なんかする前に、自分の身の心配をするんだな!」

ケーンVSドルメン大帝
ドルメン大帝「楯剣人同様、貴様も地獄に送ってくれる!」
ケーン「地獄に落ちるのはてめえの方だ!地球にまで手を伸ばしたのを後悔しやがれ!」

甲児VSバリア衛星
甲児「どんだけ強力なバリアだか知らねえがそんなものパリーンとブチ割ってやるぜ!」

甲児VSザクロン
ザクロン「ここまでたどり着いたのは誉めてやろう。しかし、それもここで終わりだ!」
甲児「別にてめえみたいな奴に誉めて欲しくてここまできたわけじゃねえ!
   その偉そうなしゃべりも今日までだ!ここでてめえは倒す!」

甲児VSドルメン大帝
ドルメン大帝「我らクローンのためにもエリオスの再興などさせるものか!」
甲児「エリオスの再興なんて知るかよ!俺達が戦うのは、てめえとザールのやり口が許せねえからだ!」

ワッ太VSジルバ
ワッ太「また出たな、変なロボット!今度こそペシャンコにしてやる!」
ジルバ「ま、なんて野蛮なのかしら!ん~もう!ジルバ、そういうのキライキライ!
    そんな事、言う人はう~んと派手にブッ壊しちゃうんだから!」
ワッ太「ブッ壊すって…。あんたも充分、野蛮じゃないか…」

ワッ太VSザクロン
ザクロン「地球のロボットよ。俺はお前を倒す…倒さねばならん!」
ワッ太「お前がどこのどいつか知らないけど、トライダーは負けない!
    トライダーは宇宙の無敵ロボだ!」

ワッ太VSザクロン(戦闘後)
ザクロン「ハッハッハ!思ったよりパワーはあるようだな!だが、抵抗するのもここまでだ!」
ワッ太「くっそぉ!こんな凄い奴、今まで見たことない!」
柿小路「社長!このままではジリ貧になるだけです!ここは一か八か積極的にうってでましょう!」
木下「そ、そうですね!パーッとやりましょう!パーッと!」
郁恵「でも、どうやって?相手の攻撃は正確すぎるわ!」
厚井「心配いらん!奴の行動はコンピュータではじき出したようにパターンがある!」
ワッ太「そうか!そのパターンの隙をつけば!」
柿小路「頼みましたぞ、社長!我が社の未来の運命と銀河の平和を!」
ワッ太「よーし、まかしときっ!」

ワッ太VSドルメン大帝
ドルメン大帝「この世界がクローンを否定するというなら、膳銀河の覇権を握った後、世界そのものを作り変えるまでだ!」
ワッ太「あんたの言いたい事もわかるよ!でも、世界を変えたいからって戦いを起こすのは間違ってるんだよ!
    あんたが戦いをやめる気がないってんなら俺達が相手になってやる!」

仁VSバリア衛星
仁「こんなものまで用意してるなんて!よっぽど俺達が怖いんだな!」

仁VSザクロン
仁「随分と長い付き合いになったが、あんたらともこれで最後だ!」
ザクロン「Bクラスの星の原住民が生意気な口を利くでない!」

仁VSドルメン大帝
仁「いい加減に観念しな!あんたの野望は俺達が阻止してやるぜ!」
ドルメン大帝「ぬううう…!ワシはやられん…やられるわけにはいかん…!クローンを認めぬこの世界を変えるまでは!」

剣人VSカブト将軍
カブト将軍「ハハハハハ!怖気づいたか!ザールに楯突く馬鹿どもが!
      とどめをさしてやる!楯剣人、覚悟ーっ!!」
剣人「なにを!負けるかぁっ!!」

剣人VSボイダー将軍
剣人「今まで世話になったな、岩石野郎!ザールもろとも粉々にしてやるぜ!」
ボイダー将軍「やらせん!やらせはせんぞ!ザール帝国が崩壊すれば俺は…俺は!」

剣人VSザクロン
ザクロン「ドルメン大帝の信頼に応えるためにも、貴様だけは何としても倒してみせる!」
剣人「そんな台詞はいらねえからとっととかかって来やがれ!
   クロッペンの後釜を務める奴がどれ程のものか確かめてやるぜ!」

剣人VSドルメン大帝
ドルメン大帝「くらえ、ダルタニアス!貴様もワシの痛みを知れ!」
剣人「うああああ!」
ドルメン大帝「思い知れ!地獄の業火で焼き尽くしてくれる!
       くらえっ!楯剣人!ウワッハハハハハハハハ!」

剣人VSドルメン大帝(2回目)
剣人「ドルメン!お前のためにどれ程の人が苦しんだ事か!今こそたっぷりと思い知らせてやる!」
ドルメン大帝「こしゃくな!今こそ地獄の底に落としてやる!」
弾児「そうなるのはてめえの方だ!せいぜい、地獄の業火に焼かれてきな!」
剣人「やるぞ、弾児、ベラリオス!こいつを倒して銀河に平和を取り戻すんだ!俺達みんなの力でな!」

キッドorボウィーVSザクロン
ザクロン「偉大なるマザーコンピュータ、シグマ様のためにも貴様達を生かしておくわけにはいかん!」
キッド「他人に指示されなきゃ動けない奴がでかい口叩くとはね…」
アイザック「自分の考えで動く事のできない者に未来はない。これだけは覚えておくがいい!」

キッドorボウィーVSドルメン大帝
お町「驚きね…悪党にも五分の理ってやつ?」
ボウィー「ほんとほんと。ま…この世界、どこもキレイ事だけじゃないしね」
アイザック「しかし、それが他人の幸せを奪う理由になりはしない!」
キッド「てめえに泣かされた人々のためにも、この始末は俺達J9が引き受けてやるぜ!」
ドルメン大帝「やれるものならやってみるがいい!貴様らにはクローンが受けてきた苦しみと屈辱に見合う苦痛を味わわせてやる!」

忍VSザクロン
ザクロン「コンピュータの指示通りに戦えば負けはない。行くぞ!」
忍「俺達の野生をてめえのコンピュータごときで計れると思うなよ!」

忍VSドルメン大帝
亮「哀れな男だ…。その境遇に負けて道を見失ったか…」
ドルメン大帝「黙れ!全銀河を統べるワシは勝者だ!」
忍「そうかよ!過去に縛られて八つ当たりしてるようじゃとてもそうは見えないがな!」
ドルメン大帝「ザール星間帝国の帝王たるこのワシになめた口を利きおって!」
忍「いつまでも王様気取りでいるんじゃねえよ!てめえの歪んだ野望は俺達がブッ潰す!」

號VSザクロン
ザクロン「地球のロボットの実力がどれ程のものか…そして地球人とはどんな生物か私自身の目で確かめてやる!」
號「そいつはご苦労なこった!せっかく出てきたところ悪いが、とっとと引っ込んでもらうぜ!」

號VSドルメン大帝
號「ジジイ、顔色が悪いみてえだが、もしかして俺達にビビってんのかよ!」
ドルメン大帝「ふざけおって!貴様、楽に死ねると思うなよ!」

ダバVSザクロン
ダバ「機体の大きさで戦いが決まるわけじゃない!」
ザクロン「その通り…勝敗を決めるのは搭載されたコンピュータの優秀さだ!」
ダバ「それはどうかな!その答えは俺達が出してやる!」

ダバVSドルメン大帝
ドルメン大帝「ワシの話を聞いてなお、エリオス再興に力を貸すというのか!?」
ダバ「確かにあなたの境遇には同情の余地がある…
   だからといって、人を不幸にするあなたをこのままには出来ない!
   その怒りを正しき方向に向けていれば、この戦いは起きなかった!あなたにはその責任を取ってもらう!」

ミト王子VSザクロン
ザクロン「エドン国のミト王子か!相手にとって不足無しだ!」
ミト王子「このダイオージャに臆せぬとは余程の手練れと見た…!いざ尋常に勝負!」

ミト王子VSドルメン大帝
ドルメン大帝「どの国も王族が考えるは唯ひとつ!己が一族の繁栄だ!」
ミト王子「それはおぬし個人の欲望であろう!真の君主たるもの、まず考えるべきは国の繁栄!
     そして、その国の礎となるのは民!すなわち王とは民の繁栄を願うものなり!
     それがわからぬ愚か者にこの銀河を渡すわけにはいかぬ!」

士郎VSザクロン
シュテッケン「俺達の狙いはドルメン唯一人!そこをどいてもらおうか!」
ザクロン「貴様らの作戦などお見通しよ!ここで死ぬがいい!」

士郎VSドルメン大帝
シュテッケン「世の中をこれだけ荒らしたんだ!それなりの覚悟はできてるだろうな!?」
ドルメン大帝「貴様らこそ、ワシの銀河制覇という夢を邪魔したのだ!それ相応の苦しみを受けてもらうぞ!」
ディーゴ「面白れえ。烈の精神とあんたの恨み…どちらが強いか勝負といこうか!」

ロックorピートVSザクロン
ザクロン「こちらにはコンピュータの指示あるのだ!それがある限り、私に負けはない!」
ピート「あいにくこっちにはコンピュータの思考を読むのが得意なお方がいるんでね」
ブルース「ふっ…」
ロック「ま、相手が悪かったと思って早々に退場するんだな」

ロックorピートVSドルメン大帝
ピート「人を呪わば穴二つ、って言葉を知ってるかい?」
ドルメン大帝「その言葉がどうかしたのか?」
ブルース「あなたがエリオスを呪い、滅ぼしたように、あなたもあなたに虐げられた人々の恨みによって御自身の身を滅ぼすのですよ」
ドルメン大帝「言うではないか!だが、ワシの恨みが奴らと同等と思うなよ!」
ロック「俺達がぶつけるのは恨みなんかじゃねえ!てめえに好き放題された人達の無念だ!そこんところ、勘違いするんじゃねえ!」

エイジVSザクロン
エイジ「そちらがパワーでくるのならば、こちらは機動力で勝負だ!」
ザクロン「ちいっ!小うるさいハエめ!叩き落してやる!」

エイジVSドルメン大帝
エイジ「どんな過去があろと、それが侵略の理由になりはしない!」
ドルメン大帝「黙れ!ワシこそがザールの大帝にしてこの銀河を統べる者なのだ!」
[PR]
by 7071sprw | 2007-02-11 02:33 | スパロボXO マップ | Comments(0)